図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2020年8月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

圧力空間からのガス送達及び媒体移送を行う既知の装置を簡略化及び改良すること。

解決手段

媒体、特にタイヤシール剤を送達する装置であって、媒体は圧縮機Pによって容器からタイヤへと送達され、圧縮機は、パイプライン9によってタイヤに接続することができ、容器に対する接続部10はこのパイプライン9内に出る、装置において、パイプライン9は、タイヤの上流狭窄部27を有する。

概要

背景

圧力空間からガス移送する装置、特に、この容器から車両のタイヤシール剤送達する、及びタイヤに空気を入れる装置が、特許文献1から既知である。特許文献1に開示されているシール剤容器には、圧縮機を接続することができる。この圧縮機は、シール剤容器からシール剤を圧送するためにシール剤容器内に存在する空気を圧縮する膜圧縮機の様相を呈することもできる。

さらに、圧力空間からガスを送達する装置、特に、この容器から車両のタイヤにシール剤を送達する、及び/又はタイヤに空気を入れる装置であって、ピストンが圧力空間内で揺動することができる装置が、特許文献2から既知である。ピストンは歯車部材とも協働し、この歯車部材により、駆動ユニット駆動シャフト回転運動を揺動へと変換する。

概要

圧力空間からのガスの送達及び媒体の移送を行う既知の装置を簡略化及び改良すること。媒体、特にタイヤシール剤を送達する装置であって、媒体は圧縮機Pによって容器からタイヤへと送達され、圧縮機は、パイプライン9によってタイヤに接続することができ、容器に対する接続部10はこのパイプライン9内に出る、装置において、パイプライン9は、タイヤの上流狭窄部27を有する。

目的

本発明により解決される課題は、圧力空間からのガスの送達及び媒体の移送を行うこのような既知の装置を簡略化及び改良することである

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

媒体、特にタイヤシール剤送達する装置であって、前記媒体は圧縮機(P)によって容器からタイヤへと送達され、前記圧縮機は、パイプライン(9)によって前記タイヤに接続することができ、前記容器に対する接続部(10)はこのパイプライン(9)内に出る、装置において、前記パイプライン(9)は、前記タイヤの上流狭窄部(27)を有することを特徴とする、装置。

請求項2

前記狭窄部(27)はベンチュリ管様相を呈することを特徴とする、請求項1に記載の装置。

請求項3

前記容器に対する前記接続部(10)は、前記狭窄部(27)の上流の前記パイプライン(9)内に出て、該パイプライン(9)において、前記狭窄部(27)の方向に、軸方向に象ののような形で延びていることを特徴とする、請求項1又は2に記載の装置。

請求項4

媒体、特にタイヤシール剤を送達する装置であって、前記媒体は、圧縮機(P)によって容器からタイヤへと送達され、前記圧縮機(P)の圧縮チャンバー(7)は、パイプライン(9)によって前記タイヤに接続することができ、前記容器に対する接続部(10)はこのパイプライン(9)内に出る、装置において、パイプライン(9)と接続部(10)とは弁ユニット(8)として組み合わされ、該弁ユニット(8)は、前記圧縮チャンバー(7)にバヨネット式に接続することができることを特徴とする、装置。

請求項5

前記圧縮チャンバー(7)には頂部カラー(15)が成形されており、該頂部カラー(15)は係止装置を備え、前記弁ユニット(8)のフック状成形部(21)が前記頂部カラー(15)の下に達することを特徴とする、請求項4に記載の装置。

請求項6

弁ユニット(8)と圧縮チャンバー(27)との間の接続開口(24)は、シール(23、25)によって占められていることを特徴とする、請求項4又は5に記載の装置。

請求項7

前記シールは可撓性の円盤ディスク(23)であることを特徴とする、請求項6に記載の装置。

請求項8

前記シール(25)はシャトルコックの形態であることを特徴とする、請求項6に記載の装置。

請求項9

媒体、特にタイヤシール剤を送達する圧縮機であって、前記媒体は容器からタイヤへと送達され、該圧縮機(P)のモーター(1)は、動力取出歯車(4)を介してピストンロッド(5)に偏心して接続され、該ピストンロッド(5)は、圧縮チャンバー(7)内のピストン(6)を動かす、圧縮機において、前記動力取出し歯車(4)はその上流に伝動歯車(3)を備えることを特徴とする、圧縮機。

請求項10

前記動力取出し歯車(4)は、それぞれ歯部(14.1、14.2)を有する2つの半歯車(4.1、4.2)からなり、一方の前記半歯車(4.1)の前記歯部(14.1)は或る弧度に渡って延在し、他方の前記半歯車(4.2)の前記歯部(14.2)は別の弧度にわたって延在することを特徴とする、請求項9に記載の圧縮機。

請求項11

各場合の前記弧度は180度であることを特徴とする、請求項10に記載の圧縮機。

請求項12

前記伝動歯車(3)は、互いに重なって位置する2つの歯車(11、12)からなり、該2つの歯車(11、12)は、前記動力取出し歯車(4)の一方の前記半歯車(4.1)又は他方の前記半歯車(4.2)と交互に相互作用することを特徴とする、請求項9〜11のいずれか1項に記載の圧縮機。

請求項13

一方の歯車(11)は、他方の前記歯車(12)よりも大きい直径を有することを特徴とする、請求項12に記載の圧縮機。

技術分野

0001

[関連出願の相互参照
本出願は、2014年9月24日に出願された独国特許出願第102014113837.6号に対する優先権を主張し、その開示全体引用することにより本明細書の一部をなす。

0002

本発明は、媒体、特にタイヤシール剤送達する装置であって、媒体は圧縮機によって容器からタイヤへと送達され、圧縮機は、パイプラインによってタイヤに接続することができ、容器に対する接続部はこのパイプライン内に出る、装置に関する。

背景技術

0003

圧力空間からガス移送する装置、特に、この容器から車両のタイヤにシール剤を送達する、及びタイヤに空気を入れる装置が、特許文献1から既知である。特許文献1に開示されているシール剤容器には、圧縮機を接続することができる。この圧縮機は、シール剤容器からシール剤を圧送するためにシール剤容器内に存在する空気を圧縮する膜圧縮機の様相を呈することもできる。

0004

さらに、圧力空間からガスを送達する装置、特に、この容器から車両のタイヤにシール剤を送達する、及び/又はタイヤに空気を入れる装置であって、ピストンが圧力空間内で揺動することができる装置が、特許文献2から既知である。ピストンは歯車部材とも協働し、この歯車部材により、駆動ユニット駆動シャフト回転運動を揺動へと変換する。

先行技術

0005

独国特許出願公開第102004042911号
国際公開第2010/066448号

発明が解決しようとする課題

0006

本発明により解決される課題は、圧力空間からのガスの送達及び媒体の移送を行うこのような既知の装置を簡略化及び改良することである。

課題を解決するための手段

0007

上記課題の解決は、一方では、パイプラインがタイヤの上流狭窄部を有することで達成される。

0008

好ましい例示の一実施形態において、この狭窄部はベンチュリノズルと同様である。これは、パイプライン内でガス流圧力増加又は加速が起こることを意味する。これにより、送達される媒体、特にタイヤシール剤用の吸引パイプラインにおける吸気流が増大し、それにより、タイヤシール剤が対応する容器からより迅速に完全に吸い出されて先へ移送され、特にタイヤに受け取られることが確実になる。当然ながら、本発明の範囲は、パイプライン内におけるガス流の加速につながる任意の狭窄部を含む。ベンチュリノズル構成は、例示の実施形態の1つにすぎない。

0009

本発明の好ましい例示の一実施形態において、移送される媒体用のタンクに対する接続部が単純にパイプライン内に出るのではなく、媒体用の対応する供給ラインがガス流パイプラインに沿って延びている。これは、象ののような形で行われる。これにより、ガス流への媒体の送達が更に向上する。

0010

上述の装置は、パイプラインと接続部とが、圧縮チャンバーバヨネット式に接続することができる弁ユニットとして組み合わされるという点で更に改良されている。従来は、この「シリンダーヘッド」は、多くの個別部品からなり、多くのシールを備えることから主要な問題となっていた。本発明によれば、他方で、シリンダーヘッドは単一片として形成され、好ましくはプラスチック製である。シリンダーヘッドは、圧縮チャンバーにバヨネット式に接続することができるように更に設計されている。すなわち、シリンダーヘッドは、圧縮チャンバーに取り付けられ、僅かに回され、圧縮チャンバー又は圧縮チャンバーが位置するシリンダー取外し可能に接続される。

0011

この単純な発明に関して、圧縮チャンバーには頂部カラー成形されており、頂部カラーは、弁ユニットに対するバヨネット様の接続を可能にする係止装置を備える。このために、カラーは、異なる形態を有する係止装置を周縁部に備える。1つの形態は、対応する成形部を有する弁ユニット(ここでも同様にバヨネット接続が可能である)をカラー上に取り付けることができることを確実にする。弁ユニット上の成形部はフックを備え、このフックは、弁ユニットが回されるとカラーの下に達する。回転運動はカラーの停止端によって制限される。

0012

本発明によれば、弁ユニットと圧縮チャンバーとの間に更に別のシールが設けられることが好ましい。1つの好ましい例示の実施形態において、このシールはディスクの形状であり、弁ユニットが圧縮チャンバーからの加圧ガス用の出口開口に対して取り付けられると、弁ユニット又は対応する成形部によって押圧される。ディスク状シールは可撓性であり、それにより、加圧ガスは、特にシールの縁部を押し上げ、それにより送達パイプラインに入り込むことができる。他方、空気が取り入れられる場合、シールは、圧縮チャンバーに対する開口を気密に閉鎖する。

0013

本発明の別の実施形態において、シールはシャトルコック形態を有し、圧縮チャンバーに対する開口を閉鎖するためのボールを備える。圧縮チャンバーからの加圧ガスの圧力下では、シャトルコックが持ち上がり、対応するウェブに対して柔軟に固定される。

0014

しかし、本発明はまた特に、圧縮機及び圧縮機の動作モードの向上に関する。ここでは、圧縮機はモーターを備え、モーターは、動力取出歯車を介してピストンロッド偏心して接続され、ピストンロッドにより圧縮チャンバー内のピストンを動かす。本発明によれば、動力取出し歯車の上流には伝動歯車が挿入されている。伝動歯車及び動力取出し歯車は、どの歯部係合するかに応じて異なる動力伝達が起こるように互いに調整されている。このために、動力取出し歯車は、互いに重なる2つの半歯車からなることが企図される。各半歯車は歯部を有するが、この歯部は全周にわたって延在するのではなく、所定の弧度にわたってのみ延在する。好ましい例示の実施形態では、この弧度は180度である。

0015

他方、伝動歯車は、互いに重なって位置する2つの歯車からなり、これらの2つの歯車は、動力取出し歯車の一方の半歯車又は他方の半歯車と交互に相互作用する。一方の歯車は、他方の歯車よりも大きい直径を有する。より小さい直径の歯車は、より大きい直径の歯車よりも、動力取出し歯車に対して大きな力を印加することができる。したがって、圧縮チャンバー内で空気を圧縮する必要がある場合、より小さい直径の歯車が動力取出し歯車の対応する歯部に係合する。

0016

他方、空気が取り入れられるだけの場合、より大きい直径の歯車が、この歯車と協働する動力取出し半歯車の歯部に係合する。

0017

本発明の更なる利益、特徴及び詳細は、好ましい例示の実施形態の以下の記載及びまた図面の補助によって明らかになる。

図面の簡単な説明

0018

本発明に係る圧縮機の斜視図である。
図1の圧縮機の上面図である。
X方向において見た図2の圧縮機の一部を示す図である。
伝動歯車と動力取出し歯車との相互作用を示す斜視図である。
本発明に係る圧縮チャンバー及び弁ユニットの機構の分解図である。
弁ユニットが取り付けられている図5の圧縮チャンバーの斜視図である。
図6と同様の、弁ユニットが取り付けられている圧縮チャンバーの例示の実施形態の機構の長手方向断面の一部を示す図である。
別の実施形態における図7の長手方向断面の斜視図である。
様々な使用位置のうちの1つにおける、弁ユニットが取り付けられている圧縮チャンバー、及び連接棒のように駆動されるピストンロッドの別の例示の実施形態の長手方向断面図である。
様々な使用位置のうちの1つにおける、弁ユニットが取り付けられている圧縮チャンバー、及び連接棒のように駆動されるピストンロッドの別の例示の実施形態の長手方向断面図である。
様々な使用位置のうちの1つにおける、弁ユニットが取り付けられている圧縮チャンバー、及び連接棒のように駆動されるピストンロッドの別の例示の実施形態の長手方向断面図である。
様々な使用位置のうちの1つにおける、弁ユニットが取り付けられている圧縮チャンバー、及び連接棒のように駆動されるピストンロッドの別の例示の実施形態の長手方向断面図である。

実施例

0019

図1によれば、本発明に係る圧縮機Pはモーター1を備える。モーター1はファン2によって冷却される。別段図示していないモーターシャフトには、伝動歯車3が嵌まっており、伝動歯車3は動力取出し歯車4と相互作用する。

0020

動力取出し歯車4は、ピストンロッド5に偏心して接続され、ピストンロッド5により圧縮チャンバー7内のピストン6(図3)を動かす。この圧縮チャンバー7には弁ユニット8が取り付けられ、弁ユニット8は、例えばタイヤに対するパイプライン9と、例えばタイヤシール剤用の容器に対する接続部10とを備える。

0021

この圧縮機の動作モードは以下のとおりである。

0022

伝動歯車3は、モーター1による回転動作の中に置かれ、その回転動作を動力取出し歯車4に伝達する。これはさらに、圧縮チャンバー7内のピストンロッド5を動かす。これは特に図9図12に示されている。このようにして、空気が圧縮チャンバー7から弁ユニット8及びパイプライン9へと圧送される。次に、接続部10を通して、媒体、特にタイヤシール剤が、別段図示していない容器から吸い出されるか、又はパイプライン9内に更に圧送され、ひいては、例えばシールされるタイヤ内にもたらされる。

0023

本発明の一部は、モーター1の動力の、ピストンロッド5又はピストン6への伝動の改良に関する。圧縮チャンバー7内の空気を圧縮するには、新たな空気を圧縮チャンバー内に吸い入れる場合よりも多くの動力が必要であることがわかっている。この動力関係に対処するために、伝動歯車3及び動力取出し歯車4の双方を2部分設計にすることが好ましい。伝動歯車3は2つの歯車11及び12からなり、歯車11及び12は、互いに重なるとともに、モーターシャフトを受ける合同な開口13を有する。さらに、歯車11はまた、歯車12よりも大きい直径を有する。

0024

動力取出し歯車4は2つの半部分4.1及び4.2からなる。各半部分は歯部14.1及び14.2によって占められている。各歯部14.1及び14.2は、特定の動力取出し半歯車4.1及び4.2の半円にわたってのみ延在するが、もう半分には歯部がない状態である。ここでもまた、歯部14.1を有する動力取出し半歯車4.1よりも、歯部14.2を有する動力取出し半歯車4.2の方が大きい直径を有することが企図される。より小さい直径の歯車12は、より大きい直径の動力取出し半歯車4.2と相互作用し、一方、より大きい直径の歯車11は、より小さい直径の動力取出し半歯車4.1と相互作用する。より小さい直径の歯車12が動力取出し半歯車4.2の歯部14.2と係合するとなれば、その伝達比はこのためより大きな力を印加することができる。そのため、この係合状態は、圧縮中により大きな力がピストン6に作用する必要がある場合に好ましい。ピストン6が戻り、圧縮チャンバー7内に新たな空気を吸い入れると、より大きい直径の歯車11が、より小さい直径の動力取出し歯車4.1の歯部14.1と係合する。

0025

本発明の更なる構想は、弁ユニット及び圧縮チャンバーの機構に関する。図5及び図6において、圧縮チャンバー7.1にバヨネット式に取り付けられる弁ユニット8.1が示されている。このために、圧縮チャンバー7.1はカラー15を有し、カラー15には係止要素が設けられている。この係止要素は、弁ユニット8.1と圧縮チャンバー7.1との間の接続開口16を囲んでいる。次に、深凹部17の上に肩部18があり、肩部18は停止端19に隣接する。

0026

また、弁ユニット8.1は、少なくとも1つのベーン20を備え、ベーン20からは、フック状成形部21が下方に突出している。組立てプロセスでは、弁ユニット8.1がカラー15の頂部に置かれ、その間、成形部21が深凹部17を横切って移動する。ここで、弁ユニット8.1を環状カラー15に対して回すことにより、フック状成形部21が肩部18を横切って移動し、フック22の下に達する。この回転は、その後、停止端19に至るまで行うことができる。この結果、図6に示されている組立て位置になる。

0027

特に図7に示されている本発明の1つの例示の実施形態において、接続開口16の領域において圧縮チャンバー7.1と弁ユニット8.1との間にシールが配置されている。このシールは、この例示の実施形態では円盤のような形状である。次に、対応する空気開口24が横長の保持部として構成されている。圧縮空気が圧縮チャンバー7.1から送達されると、特に、ディスク状シール23の縁部が持ち上がる。

0028

図9図12による、圧縮チャンバー7.2と弁ユニット8.2との間のシールの別の例示の実施形態において、シールはシャトルコックのように設計されている。このシャトルコックシール25は、空気が圧縮チャンバー7.2からもたらされているか又は圧縮チャンバー7.2内に引き込む必要があるかに応じて、弁ユニット8.2のチャンバー26内で開位置から閉位置に動く。

0029

図7及び図8に示されている本発明の構想は、更なる改良に寄与する。ここでは、タイヤシール剤用の容器に対する接続部10の下流のパイプライン9には、ベンチュリ型の狭窄部27が設けられている。このベンチュリ型の狭窄部27は、空気流を加速するという目的を有し、これにより、パイプライン9内の部分真空を増大させることで、容器からのタイヤシール剤の吸引を増大させる。これを更に向上するため、接続部10は、パイプライン9に沿って軸方向に象の鼻のような形で一定程度延びている。

0030

1モーター
伝導歯車
動力取り出し歯車
4.1 半歯車
4.2 半歯車
5ピストンロッド
6ピストン
7圧縮チャンバー
8弁ユニット
9パイプライン
10 接続部
14.1歯部
14.2 歯部
27狭窄部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ