図面 (/)

技術 害獣の積雪時捕獲具

出願人 工藤まほ河野優子
発明者 三重野丈一
出願日 2019年2月4日 (2年0ヶ月経過) 出願番号 2019-018214
公開日 2020年8月20日 (6ヶ月経過) 公開番号 2020-124152
状態 未査定
技術分野 捕獲、駆除
主要キーワード 連動部分 内側円筒体 ループ方向 縮径機構 外形ケース 外円筒体 緊締機構 ストッパーボール
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年8月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

ループ状捕獲ワイヤ縮径作動機構部上方に一定の保温空間を保持して凍結防止プレート閉蓋するように構成して、縮径作動機構部の凍結を防止し、冬場の捕獲作動に支障のないようにした害獣捕獲具に関する。

解決手段

筒状の捕獲ケース周側壁に捕獲ワイヤ導出用の切欠部を形成し、切欠部から捕獲ケース内に捕獲ワイヤを導入して捕獲ケース内でループ部を形成すると共に、捕獲ケース上部から一定の保温空間を保持して該ケース内に踏板架設し、踏板の外周側面と捕獲ケース内周側面との間で捕獲ワイヤのループ部を挟持すべく構成し、しかも筒状の捕獲ケースの上端開口部には、下方の踏板との間に保温空間を保持して隠ぺいプレートを閉蓋した。

概要

背景

概要

ループ状捕獲ワイヤ縮径作動機構部上方に一定の保温空間を保持して凍結防止プレート閉蓋するように構成して、縮径作動機構部の凍結を防止し、冬場の捕獲作動に支障のないようにした害獣捕獲具に関する。筒状の捕獲ケース周側壁に捕獲ワイヤ導出用の切欠部を形成し、切欠部から捕獲ケース内に捕獲ワイヤを導入して捕獲ケース内でループ部を形成すると共に、捕獲ケース上部から一定の保温空間を保持して該ケース内に踏板架設し、踏板の外周側面と捕獲ケース内周側面との間で捕獲ワイヤのループ部を挟持すべく構成し、しかも筒状の捕獲ケースの上端開口部には、下方の踏板との間に保温空間を保持して隠ぺいプレートを閉蓋した。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

筒状の捕獲ケース周側壁に捕獲ワイヤ導出用の切欠部を形成し、切欠部から捕獲ケース内に捕獲ワイヤを導入して捕獲ケース内でループ部を形成すると共に、捕獲ケース上部から一定の保温空間を保持して該ケース内に踏板架設し、踏板の外周側面と捕獲ケース内周側面との間で捕獲ワイヤのループ部を挟持すべく構成し、しかも筒状の捕獲ケースの上端開口部には、下方の踏板との間に保温空間を保持して隠ぺいプレート閉蓋したことを特徴とする害獣積雪捕獲具

請求項2

捕獲ケースの切欠部から導出した捕獲ワイヤの両側自由端は、それぞれワイヤループ緊締機構部に連動連結すると共に、ワイヤループ緊締機構部は、2本のワイヤ挿通パイプと、ワイヤ挿通パイプの前端部に設けたワイヤガイド体と、該パイプ後端部に設け、かつループ緊締方向にのみ捕獲ワイヤを挿通可能としたストッパー機能体と、ワイヤ挿通パイプ中に収納し、ワイヤガイド体から巻きバネ体中を通りストッパー機能体を挿通して捕獲ケース中でループを形成する捕獲ワイヤとより構成したことを特徴とする請求項1に記載の害獣の積雪時捕獲具。

請求項3

筒状の捕獲ケースの上部内周側面には、上端開口部から保温空間を保持する高さに複数の踏板支持突条突設し、該突条上端面に踏板を架設したことに特徴とする請求項1または請求項2に記載の害獣の積雪時捕獲具。

請求項4

踏板支持突条は、横断略半円形状としたことを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の害獣の積雪時捕獲具。

技術分野

0001

この発明は、害獣積雪捕獲具に関する。

0002

従来、害獣捕獲具は、基本的には踏板ループ形状の捕獲ワイヤと踏板の降下(落下)作動を捕獲ワイヤの縮径作動に連動させる捕獲ワイヤ連動機構とより構成されている。
害獣が踏板を踏むと踏板の降下作動に伴い捕獲ワイヤ連動機構を介してループ形状の捕獲ワイヤが縮径作動して害獣の脚部を捕獲する(例えば、特許文献1)。

先行技術

0003

特開2017-169554号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかし、冬場積雪地方では、捕獲具の作動部分、特にループ状の捕獲ワイヤの縮径作動機構部が凍結して動かなくなり、捕獲具の機能を果たさなくなる恐れが生じる。

0005

この発明は、ループ状の捕獲ワイヤの縮径作動機構部上方に一定の保温空間を保持して凍結防止プレート閉蓋するように構成して、縮径作動機構部の凍結を防止し、冬場の捕獲作動に支障のないようにした害獣の捕獲具に関する。

課題を解決するための手段

0006

この発明は、筒状の捕獲ケース周側壁に捕獲ワイヤ導出用の切欠部を形成し、切欠部から捕獲ケース内に捕獲ワイヤを導入して捕獲ケース内でループ部を形成すると共に、捕獲ケース上部から一定の保温空間を保持して該ケース内に踏板を架設し、踏板の外周側面と捕獲ケース内周側面との間で捕獲ワイヤのループ部を挟持すべく構成し、しかも筒状の捕獲ケースの上端開口部には、下方の踏板との間に保温空間を保持して隠ぺいプレートを閉蓋したことを特徴とする害獣の積雪時捕獲具を提供せんとするものである。

0007

また、捕獲ケースの切欠部から導出した捕獲ワイヤの両側自由端は、それぞれワイヤループ緊締機構部に連動連結すると共に、ワイヤループ緊締機構部は、2本のワイヤ挿通パイプと、ワイヤ挿通パイプの前端部に設けたワイヤガイド体と、該パイプ後端部に設け、かつループ緊締方向にのみ捕獲ワイヤを挿通可能としたストッパー機能体と、ワイヤ挿通パイプ中に収納し、ワイヤガイド体から巻きバネ体中を通りストッパー機能体を挿通して捕獲ケース中でループを形成する捕獲ワイヤとより構成したことに特徴を有する。

0008

また、筒状の捕獲ケースの上部内周側面には、上端開口部から保温空間を保持する高さに複数の踏板支持突条突設し、該突条上端面に踏板を架設したことに特徴を有する。

0009

また、踏板支持突条は、横断略半円形状としたことに特徴を有する。

発明の効果

0010

請求項1の発明によれば、踏板と隠ぺいプレートとの間に保温空間を保持しているので、積雪状況で捕獲具を使用する場合に、積雪面より下方に一定の保温空間を形成し、積雪状態冷気が捕獲具の構成機構に直接に伝播しないこととなり、踏み板を害獣が踏んだ場合、踏板降下作動をパラメータとして捕獲ワイヤのトラップ機構が作動する際に、ワイヤのループの連動縮径機構が凍結しないので、踏板降下作動から捕獲ワイヤ縮径作動までの連動を迅速に、かつ確実に行うことができる効果がある。

0011

請求項2の発明によれば、ワイヤループ緊締機構を設けて捕獲ワイヤが踏板作動を契機として縮径作動する際に、迅速にかつ円滑に連動することができ、しかもワイヤループ緊締機構は、捕獲ワイヤのループ部の左右両自由端を同時に左右端から引張る二本のワイヤ挿通パイプとそれぞれのワイヤ引張り作動を行う巻きバネ体より構成しているので、ワイヤ一端の自由端を固定する従来の捕獲具に比し、半分の時間と応力でループ部の縮径作動を行うことができ、従って害獣の捕獲作業を迅速に行うことができる効果を有する。

0012

請求項3及び4の発明によれば、踏板支持突条を筒状の捕獲ケースの内周側面に突設しているので、断面略半円形の突条の上端面に踏板を載置する作業で保温空間を容易に構成することができ、害獣の捕獲現場における捕獲具の設置が容易に行える効果がある。

図面の簡単な説明

0013

本発明の実施形態における積雪時捕獲具を示す斜視図である。
本発明の実施形態における積雪時捕獲具の内部を示す斜視図である。
本発明の実施形態における積雪時捕獲具を地面に設置した状態を示す断面図である。
本発明の実施形態における積雪時捕獲具のワイヤ緊締機構部を示す断面図である。

実施例

0014

この発明の要旨は、筒状の捕獲ケースの周側壁に捕獲ワイヤ導出用の切欠部を形成し、切欠部から捕獲ケース内に捕獲ワイヤを導入して捕獲ケース内でループ部を形成すると共に、捕獲ケース上部から一定の保温空間を保持して該ケース内に踏板を架設し、踏板の外周側面と捕獲ケース内周側面との間で捕獲ワイヤのループ部を挟持すべく構成し、しかも筒状の捕獲ケースの上端開口部には、下方の踏板との間に保温空間を保持して隠ぺいプレートを閉蓋したことを特徴とする害獣の積雪時捕獲具を提供せんとするものである。
また、捕獲ケースの切欠部から導出した捕獲ワイヤの両側自由端は、それぞれワイヤループ緊締機構部に連動連結すると共に、ワイヤループ緊締機構部は、2本のワイヤ挿通パイプと、ワイヤ挿通パイプの前端部に設けたワイヤガイド体と、該パイプ後端部に設け、かつループ緊締方向にのみ捕獲ワイヤを挿通可能としたストッパー機能体と、ワイヤ挿通パイプ中に収納し、ワイヤガイド体から巻きバネ体中を通りストッパー機能体を挿通して捕獲ケース中でループを形成する捕獲ワイヤとより構成したことに特徴を有する。
また、筒状の捕獲ケースの上部内周側面には、上端開口部から保温空間を保持する高さに複数の踏み板支持突条を突設し、該突条上端面に踏み板を架設したことに特徴を有する。
また、踏板支持突条は、横断面略半円形状としたことに特徴を有する。

0015

この発明の実施例を図面に基づき詳説する。
図1は、本発明捕獲具Aの斜視説明図であり、図2は本発明捕獲具Aの内部を示す斜視図である。符号1は、筒状の捕獲ケースであり、その周側壁1´の一部には切欠部2を形成し、この切欠部2に後述するワイヤループ緊締機構部Bの先端部を嵌着する。ワイヤループ緊締機構部Bから導出する捕獲ワイヤCは、捕獲ケース1内において、ループ部3を形成する。ループ部3は、捕獲ケース1内において水平に配置した踏板4の外周端面4´を囲繞する。なお、踏板4の外周端面4´には、環状凹部4”を形成して、ループ部3が外周端面4´に嵌着しやすくしている。また、踏板4は、捕獲ケース1の上端開口部から一定深さの保温空間Sを保持して該ケース1内に架設されている。しかも、踏板4は材質発泡樹脂等の折曲崩壊しやすく耐熱性を有する素材で構成されている。具体的には、筒状の捕獲ケース1の内周壁面複数本の踏板支持突条7を縦方向に設けており、この踏板支持突条7は捕獲ケース上端から踏板支持突条7の頭部までの間に保温空間Sを保持する高さ位置に突設しており、踏板支持突条7の上端面は横断面半円形に形成して踏板4が載置しやすくしている。

0016

また、図3に示すように、捕獲ケース1の上端開口部は隠ぺいプレート8を閉蓋して地上面と略面一に設けており、寒冷地での積雪時には地上面と共に隠ぺいプレート8に積雪して害獣のトラップ機能を果たす。

0017

従って、地面に設定した捕獲ケース1において地上積雪下の隠ぺいプレート8とその下方の踏板4との間には保温空間Sが形成されることになり、トラップ機構の連動部分の凍結を防止することができ、積雪状態でも捕獲具の有効な機能を確保することができる。

0018

また、ループ部3と捕獲ワイヤCの両側自由端C´は、図1に示すように、ワイヤループ緊締機構部Bに連結されて、害獣が隠ぺいプレート8から踏板4を踏み落とすとループ部3がワイヤループ緊締機構部Bの作動により縮径して害獣の脚部を捕縛する。

0019

ワイヤループ緊締機構部Bは、先端にワイヤガイド体10を設け、該ガイド体10に二本の内側ワイヤ挿通パイプ11,11´を連結し、外側挿貫パイプ13中に挿入された該挿通パイプ11,11´中に捕獲ワイヤCの両側自由端C´を挿通し、そのまま該挿通パイプ11,11´後端に配設したストッパー機能体12中を挿通している。内側ワイヤ挿通パイプ11、11´はそれぞれ外側挿貫パイプ13に挿貫されており、二本の外側挿貫パイプ13は、一体に外形ケース14で包皮されている。

0020

内側ワイヤ挿通パイプ11、11´中には巻きバネ15がワイヤガイド体10とストッパー機能体12との間で圧縮されて収納されており、内側ワイヤ挿通パイプ11、11´中の巻きバネ15内には捕獲ワイヤCのループ基端に位置する両側自由端C´が挿貫されている。

0021

従って、内側ワイヤ挿通パイプ11、11´中の巻きバネ15内に挿通された捕獲ワイヤCの両側自由端C´は踏板4の折曲により、ループ部の縮径作動を生起し、捕獲ワイヤCの両側自由端C´は巻きバネ15の伸長復元作動により引張られ、同時にループ部の縮径による捕縛を行う。

0022

ストッパー機能体12は、捕獲ワイヤCの左右両自由端が内円筒体12−1を挿通し、内円筒体12−1は、外円筒体12−2中に収納され、外円筒体12−2はテーパー周壁としており、内側円筒体12−1、2の周壁面にはボール用孔12−4を複数個穿設している。

0023

捕獲ワイヤCの自由端がループ方向に引張られる場合は、内円筒体12−1は、外円筒体12−2の先端開口部方向に変位して、ボール用孔12−4に位置するストッパーボール16は、捕獲ワイヤCを挟持しない位置に変位する。

0024

他方、自由端がループと反対方向に引張られる場合は、内円筒体12−1は、外円筒体12−2の後端開口部方向に変位し、各ストッパーボール16は外円筒体12−2のテーパー周壁により内側に変位して、各ストッパーボール16が、捕獲ワイヤCの自由端を挟持し、これ以上後方向に移動しないようなストッパー機能を果たす。

0025

このようにワイヤループ緊締機構部Bは構成されているので、害獣の捕獲は次のように行われる。

0026

すなわち、害獣の脚体が捕獲ケース上面の隠ぺいプレート8を踏板4と共に踏むと踏板4が捕獲ケース1の内部で下方に折曲崩壊して踏板4の外周端面4´を囲繞してループを形成した捕獲ワイヤCは、ワイヤループ緊締機構部Bの作用により、捕獲ワイヤCを引張ってループ部を縮径して害獣の脚体を捕縛する。

0027

なお、本発明は上述した実施形態に限られず、上述した実施形態の中で開示した各構成を相互に置換したり組合せを変更したりした構成、公知発明並びに上述した実施形態の中で開示した各構成を相互に置換したり組合せを変更したりした構成、等も含まれる。また、本発明の技術的範囲は上述した実施形態に限定されず、特許請求の範囲に記載された事項とその均等物まで及ぶものである。

0028

1 筒状の捕獲ケース
1´周側壁
2切欠部
3ループ部
4踏板
4´外周端面
6隠ぺいプレート
7 踏板支持用突条
8 隠ぺいプレート
10ワイヤガイド体
11内側ワイヤ挿通パイプ
11´内側ワイヤ挿通パイプ
12ストッパー機能体
12−1内円筒体
12−2外円筒体
12−4ポール用孔
13 外側挿通パイプ
14外形ケース
15巻きバネ
A捕獲具
Bワイヤループ緊締機構部
C 捕獲ワイヤ
C´両側自由端
S 保温空間

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ