図面 (/)

技術 マスク用アタッチメント及びそれを備えたマスク

出願人 株式会社無有
発明者 伊藤博
出願日 2020年5月15日 (6ヶ月経過) 出願番号 2020-085823
公開日 2020年8月13日 (3ヶ月経過) 公開番号 2020-122257
状態 未査定
技術分野 職業用、工業用またはスポーツ用保護衣
主要キーワード 各固定点 ホチキス針 シート状素材 山折線 谷折線 スイーツ ホチキス 軟質ゴム
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年8月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (18)

課題

マスク体内の空間に有害粒子侵入しにくくするマスク用アタッチメント、及びそれを備えたマスクを提供する。

解決手段

マスク用アタッチメント20は、装着者の口を覆うマスク本体10の両側端に沿って取り付けられる一対のマスク用アタッチメントである。マスク本体10の左右両側には、装着者の掛けられる一対の耳紐12が設けられている。各マスク用アタッチメント20は、切込部22を有している。切込部22には、マスク用アタッチメント20がマスク本体10に取り付けられた状態である取付状態で、各耳12の中間部の一箇所12cが固定される。

概要

背景

従来のマスクとしては、例えば特許文献1に記載されたものがある。同文献に記載されたマスクは、装着者及び口を覆うマスク本体と、マスク本体を装着者の顔に固定するための耳紐とを備えている。マスク本体は、通気性シート状素材から形成されている。耳紐は、マスク本体の左右両側に設けられている。

概要

マスク本体内の空間に有害粒子侵入しにくくするマスク用アタッチメント、及びそれを備えたマスクを提供する。マスク用アタッチメント20は、装着者の口を覆うマスク本体10の両側端に沿って取り付けられる一対のマスク用アタッチメントである。マスク本体10の左右両側には、装着者の掛けられる一対の耳紐12が設けられている。各マスク用アタッチメント20は、切込部22を有している。切込部22には、マスク用アタッチメント20がマスク本体10に取り付けられた状態である取付状態で、各耳12の中間部の一箇所12cが固定される。

目的

本発明は、上記課題に鑑みてなされたものであり、マスク本体内の空間に有害粒子を侵入しにくくするマスク用アタッチメント、及びそれを備えたマスクを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

装着者の口を覆うマスク本体の両側端に沿って取り付けられる一対のマスク用アタッチメントであって、前記マスク本体の左右両側には、前記装着者の掛けられる一対の耳紐が設けられており、当該各マスク用アタッチメントは、当該マスク用アタッチメントが前記マスク本体に取り付けられた状態である取付状態で前記各耳の中間部の一箇所が固定される第1の固定部を有していることを特徴とするマスク用アタッチメント。

請求項2

請求項1に記載のマスク用アタッチメントにおいて、前記第1の固定部は、前記各耳紐の前記中間部の前記一箇所が掛止される第1の切込部であるマスク用アタッチメント。

請求項3

請求項2に記載のマスク用アタッチメントにおいて、前記第1の切込部の終端は、前記取付状態で、前記マスク本体の上下方向について前記耳紐の上端部と下端部との間に位置するマスク用アタッチメント。

請求項4

請求項3に記載のマスク用アタッチメントにおいて、前記第1の切込部の前記終端は、前記取付状態で、前記耳紐の前記下端部よりも前記上端部寄りに位置するマスク用アタッチメント。

請求項5

請求項4に記載のマスク用アタッチメントにおいて、前記第1の切込部は、前記上下方向に対して斜めに延在しているマスク用アタッチメント。

請求項6

請求項5に記載のマスク用アタッチメントにおいて、前記第1の切込部は、当該各マスク用アタッチメントの外側端に近づくにつれて、当該各マスク用アタッチメントの上端から次第に遠ざかるマスク用アタッチメント。

請求項7

請求項3乃至6の何れかに記載のマスク用アタッチメントにおいて、前記取付状態で、前記第1の切込部の前記終端から前記耳紐の前記上端部までの前記上下方向の距離は、5mm以上20mm以下であるマスク用アタッチメント。

請求項8

請求項2乃至7の何れかに記載のマスク用アタッチメントにおいて、前記第1の切込部の始端は、当該各マスク用アタッチメントの外側端上に位置するマスク用アタッチメント。

請求項9

請求項1乃至8の何れかに記載のマスク用アタッチメントにおいて、当該各マスク用アタッチメントは、前記取付状態で前記各耳紐の中間部の他の箇所が固定される第2の固定部を有しているマスク用アタッチメント。

請求項10

請求項9に記載のマスク用アタッチメントにおいて、前記第2の固定部は、前記各耳紐の前記中間部の前記他の箇所が掛止される第2の切込部であるマスク用アタッチメント。

請求項11

請求項10に記載のマスク用アタッチメントにおいて、前記第2の切込部の終端は、前記取付状態で、前記マスク本体の上下方向について前記第1の切込部の終端と前記耳紐の下端部との間に位置するマスク用アタッチメント。

請求項12

請求項11に記載のマスク用アタッチメントにおいて、前記第2の切込部の前記終端は、前記取付状態で、前記耳紐の上端部よりも前記下端部寄りに位置するマスク用アタッチメント。

請求項13

請求項12に記載のマスク用アタッチメントにおいて、前記第2の切込部は、前記上下方向に対して斜めに延在しているマスク用アタッチメント。

請求項14

請求項13に記載のマスク用アタッチメントにおいて、前記第2の切込部は、当該各マスク用アタッチメントの外側端に近づくにつれて、当該各マスク用アタッチメントの下端から次第に遠ざかるマスク用アタッチメント。

請求項15

請求項11乃至14の何れかに記載のマスク用アタッチメントにおいて、前記取付状態で、前記第2の切込部の前記終端から前記耳紐の前記下端部までの前記上下方向の距離は、5mm以上20mm以下であるマスク用アタッチメント。

請求項16

請求項10乃至15の何れかに記載のマスク用アタッチメントにおいて、前記第2の切込部の始端は、当該各マスク用アタッチメントの外側端上に位置するマスク用アタッチメント。

請求項17

請求項1乃至16の何れかに記載のマスク用アタッチメントにおいて、当該マスク用アタッチメントは、前記マスク本体の前記両側端から食み出すように当該マスク本体に取り付けられるマスク用アタッチメント。

請求項18

請求項1乃至17の何れかに記載のマスク用アタッチメントにおいて、当該マスク用アタッチメントは、前記マスク本体の前記両側端の全体に沿って取り付けられるマスク用アタッチメント。

請求項19

請求項1乃至18の何れかに記載のマスク用アタッチメントにおいて、当該マスク用アタッチメントの厚みは、前記マスク本体の厚みよりも大きいマスク用アタッチメント。

請求項20

請求項1乃至19の何れかに記載のマスク用アタッチメントにおいて、当該マスク用アタッチメントは、前記マスク本体と異なる色を有するマスク用アタッチメント。

請求項21

請求項1乃至20の何れかに記載のマスク用アタッチメントにおいて、当該マスク用アタッチメントには、図柄が描かれているマスク用アタッチメント。

請求項22

請求項1乃至21の何れかに記載のマスク用アタッチメントにおいて、当該マスク用アタッチメントは、前記マスク本体に対して着脱可能であるマスク用アタッチメント。

請求項23

請求項1乃至22の何れかに記載のマスク用アタッチメントにおいて、当該マスク用アタッチメントは、帯電状態にあるマスク用アタッチメント。

請求項24

請求項1乃至23の何れかに記載のマスク用アタッチメントにおいて、当該マスク用アタッチメントは、抗菌成分を含有するマスク用アタッチメント。

請求項25

請求項1乃至24の何れかに記載のマスク用アタッチメントと、前記マスク本体と、を備えることを特徴とするマスク。

請求項26

請求項25に記載のマスクにおいて、前記マスク本体には、前記マスク用アタッチメントの取付位置を示す印が付されているマスク。

請求項27

請求項25又は26に記載のマスクにおいて、前記マスク本体は、保水材が収容される保水材収容部を有するマスク。

技術分野

0001

本発明は、マスク本体に取り付けられるマスク用アタッチメント、及びそれを備えたマスクに関する。

背景技術

0002

従来のマスクとしては、例えば特許文献1に記載されたものがある。同文献に記載されたマスクは、装着者及び口を覆うマスク本体と、マスク本体を装着者の顔に固定するための耳紐とを備えている。マスク本体は、通気性シート状素材から形成されている。耳紐は、マスク本体の左右両側に設けられている。

先行技術

0003

特開2012−40163号公報

発明が解決しようとする課題

0004

かかるマスクは、マスク本体で鼻及び口を覆うことにより、鼻腔内や口腔内に有害粒子ウィルス、細菌、花粉等)が入り込むのを阻止する機能を有する。しかしながら、マスク本体の両側端と顔との間に隙間が生じると、当該隙間を通じて、有害粒子がマスク本体内の空間(マスク本体と顔との間の空間)に侵入してしまうという問題がある。

0005

本発明は、上記課題に鑑みてなされたものであり、マスク本体内の空間に有害粒子を侵入しにくくするマスク用アタッチメント、及びそれを備えたマスクを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明者は、鋭意検討の結果、従来のマスクにおいてマスク本体の両側端と顔との間に隙間が生じる一因が、マスク本体の上端固定点(耳紐の上端部が固定された部位)及び下端固定点(耳紐の下端部が固定された部位)に働く耳紐からの力にあることを発見した。すなわち、マスク本体の各側端において上端固定点及び下端固定点が耳紐から内向き各固定点からもう一方の固定点に向かう方向)の力を受けることにより当該側端が弛み、それが上記隙間の原因となる。本発明者は、かかる知見の下、本発明に至った。

0007

本発明によるマスク用アタッチメントは、装着者の口を覆うマスク本体の両側端に沿って取り付けられる一対のマスク用アタッチメントであって、上記マスク本体の左右両側には、上記装着者の掛けられる一対の耳紐が設けられており、当該各マスク用アタッチメントは、当該マスク用アタッチメントが上記マスク本体に取り付けられた状態である取付状態で上記各耳の中間部の一箇所が固定される第1の固定部を有していることを特徴とする。

0008

このマスク用アタッチメントは、耳紐の中間部の一箇所が固定される第1の固定部を有している。取付状態においては、耳紐の上記箇所がマスク用アタッチメントに固定される。これにより、耳紐からマスク本体に直接働く力が緩和されるため、マスク本体の両側端が弛みにくくなる。

0009

また、本発明によるマスクは、上記マスク用アタッチメントと、上記マスク本体と、を備えることを特徴とする。

0010

このマスクにおいては、マスク本体に上述のマスク用アタッチメントが取り付けられる。取付状態においては、耳紐の上記箇所がマスク用アタッチメントに固定される。これにより、耳紐からマスク本体に直接働く力が緩和されるため、マスク本体の両側端が弛みにくくなる。

発明の効果

0011

本発明によれば、マスク本体内の空間に有害粒子を侵入しにくくするマスク用アタッチメント、及びそれを備えたマスクが実現される。

図面の簡単な説明

0012

本発明によるマスク用アタッチメント及びマスクの一実施形態を示す背面図である。
本発明によるマスク用アタッチメント及びマスクの一実施形態を示す正面図である。
マスク本体10を示す背面図である。
マスク用アタッチメント20を示す正面図である。
終端22bから上端部12aまでの上下方向の距離d1、及び終端24bから下端部12bまでの上下方向の距離d2について説明するための図である。
上記実施形態の効果を説明するための図である。
上記実施形態の効果を説明するための図である。
上記実施形態の効果を説明するための図である。
上記実施形態の効果を説明するための図である。
変形例に係るマスク用アタッチメント20を示す背面図である。
図10のマスク用アタッチメント20を下から見た様子を示す模式図である。
図10のマスク用アタッチメント20を示す展開図である。
切込部22,24の一変形例を説明するための図である。
切込部22,24の他の変形例を説明するための図である。
第1及び第2の固定部の変形例を説明するための図である。
図15の挟持部32をマスク本体10の上下方向から見た図である。
図15の挟持部34をマスク本体10の上下方向から見た図である。

実施例

0013

以下、図面を参照しつつ、本発明の実施形態について詳細に説明する。なお、図面の説明においては、同一要素には同一符号を付し、重複する説明を省略する。

0014

図1は、本発明によるマスク用アタッチメント及びマスクの一実施形態を示す背面図である。また、図2は、同実施形態を示す正面図である。マスク1は、マスク本体10、及び一対のマスク用アタッチメント20を備えている。マスク本体10は、シート状をしており、装着者の口を覆う。マスク本体10は、目、鼻及び口のうち、鼻及び口のみを覆ってもよいし、口のみを覆ってもよい。図1及び図2は、それぞれ、マスク本体10の内面(装着者の顔に対向する面)及び外面を示している。マスク本体10は、通気性を有する材料からなる。かかる材料としては、例えば、不織布、紙、又はガーゼを用いることができる。

0015

マスク本体10の左右両側には、一対の耳紐12が設けられている。マスク1の装着時、耳紐12は、装着者の耳に掛けられる。それにより、マスク本体10が装着者の顔に固定される。耳紐12は、その上端部12a及び下端部12bがマスク本体10に固定されている。マスク本体10の上端固定点(耳紐12の上端部12aが固定された部位)は、マスク本体10の上端10aの近傍に位置している。また、マスク本体10の下端固定点(耳紐12の下端部12bが固定された部位)は、マスク本体10の下端10bの近傍に位置している。耳紐12は、伸縮性を有している。耳紐12としては、例えばゴム紐を用いることができる。マスク本体10及び耳紐12としては、一般的な市販のマスク(使い捨てされるタイプ又は繰り返し使用されるタイプの何れであってもよい。)を用いてもよい。

0016

図3は、マスク本体10を示す背面図である。マスク本体10の内面には、マスク用アタッチメント20の取付位置を示す印14が付されている。本実施形態において印14は、2組の鍵印からなる。1組は、マスク本体10の左端10c付近に設けられた2つの鍵印からなり、片方のマスク用アタッチメント20の角の位置を示している。もう1組は、マスク本体10の右端10d付近に設けられた2つの鍵印からなり、もう片方のマスク用アタッチメント20の角の位置を示している。

0017

図1及び図2に戻って、一対のマスク用アタッチメント20は、マスク本体10の両側端(左端10c及び右端10d)に沿って取り付けられる。マスク用アタッチメント20は、マスク本体10に予め取り付けられていてもよいし、使用の際に装着者によって取り付けられてもよい。マスク用アタッチメント20は、正面視でマスク本体10の一部にのみ重なるように、マスク本体10に取り付けられる。このとき、マスク本体10を通じた呼吸容易性を確保する観点から、マスク本体10の大部分(マスク本体10全体の面積の3/4以上の部分)がマスク用アタッチメント20に重ならないことが好ましい。

0018

片方のマスク用アタッチメント20は、マスク本体10の左端10cに沿って取り付けられる。もう片方のマスク用アタッチメント20は、マスク本体10の右端10dに沿って取り付けられる。これらのマスク用アタッチメント20は、互いに別体に設けられており、後述する切込部22、切込部24及び固定手段26の位置や大きさ等も含めて、互いに左右対称な構造をしている。

0019

マスク用アタッチメント20は、マスク本体10の両側端から食み出すようにマスク本体10に取り付けられる。具体的には、片方のマスク用アタッチメント20は、マスク本体10の左端10cから食み出すようにマスク本体10に取り付けられる。同様に、もう片方のマスク用アタッチメント20は、マスク本体10の右端10dから食み出すようにマスク本体10に取り付けられる。このように、各マスク用アタッチメント20は、正面視でその一部のみがマスク本体10に重なるように、マスク本体10に取り付けられる。

0020

また、マスク用アタッチメント20は、マスク本体10の両側端の全体に沿って取り付けられる。具体的には、片方のマスク用アタッチメント20は、マスク本体10の左端10cの全体に沿って取り付けられる。同様に、もう片方のマスク用アタッチメント20は、マスク本体10の右端10dの全体に沿って取り付けられる。

0021

図4は、マスク用アタッチメント20を示す正面図である。同図は、一対のマスク用アタッチメント20を代表して、マスク本体10の左端10cに沿って取り付けられる方のマスク用アタッチメント20の外面を示している。ここで、マスク用アタッチメント20の外面とは、マスク用アタッチメント20がマスク本体10に取り付けられた状態(以下「取付状態」という。)で、装着者の顔に対向する面である内面とは反対側の面をいう。本実施形態において各マスク用アタッチメント20は、矩形のシート状をしている。各マスク用アタッチメント20の左右方向(マスク本体10の左右方向に等しい。)の長さは、例えば1cm以上4cm以下である。各マスク用アタッチメント20の上下方向(マスク本体10の上下方向に等しい。)の長さは、マスク本体10の左端10c及び右端10dの長さに略等しく、例えば7cm以上11cm以下である。

0022

各マスク用アタッチメント20は、切込部22(第1の切込部)及び切込部24(第2の切込部)、並びに固定手段26を有している。切込部22は、取付状態で各耳紐12の中間部の一箇所12cが固定される固定部(第1の固定部)である。取付状態で、切込部22には各耳紐12の中間部の箇所12cが掛止されることにより固定される。切込部24は、取付状態で各耳紐12の中間部の他の箇所12dが固定される固定部(第2の固定部)である。取付状態で、切込部24には各耳紐12の中間部の箇所12dが掛止されることにより固定される。耳紐12の中間部は、耳紐12における上端部12a及び下端部12bを除いた部分である。

0023

切込部22は、一直線状の切込線からなる。切込部22の長さは、例えば5mm以上15mm以下である。本実施形態において切込部22は、マスク本体10の上下方向に対して斜めに延在している。具体的には、切込部22は、各マスク用アタッチメント20の外側端に近づくにつれて、当該各マスク用アタッチメント20の上端から次第に遠ざかっている。ここで、マスク用アタッチメント20の外側端とは、各マスク用アタッチメント20の両側端のうち、取付状態でマスク本体10の中心線(マスク本体10を左右に二等分する直線)から遠い方の側端をいう。

0024

切込部22の始端22aは、各マスク用アタッチメント20の外側端上に位置している。切込部22の終端22bは、各マスク用アタッチメント20の中央部(各マスク用アタッチメント20の端部以外の部分)に位置している。すなわち、切込部22は、各マスク用アタッチメント20の外側端から中央部まで延在している。また、切込部22の全体が、各マスク用アタッチメント20の食出部(取付状態でマスク本体10から食み出す部分)内に存在している。耳紐12を切込部22に掛止するには、耳紐12を始端22aから切込部22に通して終端22bまで差し込めばよい。このとき、耳紐12の上端部12aから箇所12cまでの部分に緩みがないようにすることが好ましい。

0025

切込部22の終端22bは、取付状態で、マスク本体10の上下方向について耳紐12の上端部12aと下端部12bとの間に位置している(図1及び図2参照)。すなわち、正面視で、終端22bからマスク本体10の上端10aを含む直線までの距離は上端部12aから当該直線までの距離よりも大きく、かつ終端22bからマスク本体10の下端10bを含む直線までの距離は下端部12bから当該直線までの距離よりも大きい。

0026

切込部22の終端22bは、取付状態で、耳紐12の下端部12bよりも上端部12a寄りに位置する。すなわち、終端22bから上端部12aまでの距離は、終端22bから下端部12bまでの距離よりも小さい。取付状態で、終端22bから上端部12aまでの上下方向の距離d1(図5参照)は、5mm以上20mm以下であることが好ましい。距離d1は、上端部12aを通りマスク本体10の左右方向に延びる直線L1と、終端22bを通りマスク本体10の左右方向に延びる直線L2との間の距離として定義される。

0027

切込部24は、一直線状の切込線からなる。切込部24の長さは、例えば5mm以上15mm以下である。本実施形態において切込部24は、マスク本体10の上下方向に対して斜めに延在している。具体的には、切込部24は、各マスク用アタッチメント20の外側端に近づくにつれて、当該各マスク用アタッチメント20の下端から次第に遠ざかっている。

0028

切込部24の始端24aは、各マスク用アタッチメント20の外側端上に位置している。切込部24の終端24bは、各マスク用アタッチメント20の中央部に位置している。すなわち、切込部24は、各マスク用アタッチメント20の外側端から中央部まで延在している。また、切込部24の全体が、各マスク用アタッチメント20の食出部内に存在している。耳紐12を切込部24に掛止するには、耳紐12を始端24aから切込部24に通して終端24bまで差し込めばよい。このとき、耳紐12の下端部12bから箇所12dまでの部分に緩みがないようにすることが好ましい。

0029

切込部24の終端24bは、取付状態で、マスク本体10の上下方向について切込部22の終端22bと下端部12bとの間に位置している(図1及び図2参照)。すなわち、正面視で、終端24bからマスク本体10の上端10aを含む直線までの距離は終端22bから当該直線までの距離よりも大きく、かつ終端24bからマスク本体10の下端10bを含む直線までの距離は下端部12bから当該直線までの距離よりも大きい。

0030

切込部24の終端24bは、取付状態で、耳紐12の上端部12aよりも下端部12b寄りに位置する。すなわち、終端24bから下端部12bまでの距離は、終端24bから上端部12aまでの距離よりも小さい。取付状態で、終端24bから下端部12bまでの上下方向の距離d2(図5参照)は、5mm以上20mm以下であることが好ましい。距離d2は、下端部12bを通りマスク本体10の左右方向に延びる直線L3と、終端24bを通りマスク本体10の左右方向に延びる直線L4との間の距離として定義される。

0031

固定手段26は、各マスク用アタッチメント20の内側端(外側端とは反対側の側端)付近に配設されており、当該内側端に沿って延在している。固定手段26は、各マスク用アタッチメント20をマスク本体10に固定するための手段である。本実施形態において固定手段26は、粘着剤からなる。片方のマスク用アタッチメント20は、固定手段26を介してマスク本体10の内面に貼着されることにより、マスク本体10の左端10c付近に固定される。もう片方のマスク用アタッチメント20は、固定手段26を介してマスク本体10の内面に貼着されることにより、マスク本体10の右端10d付近に固定される。

0032

マスク用アタッチメント20は、マスク本体10に対して着脱可能である。ここで、着脱可能とは、マスク本体10及びマスク用アタッチメント20を損傷することなく、マスク用アタッチメント20がマスク本体10に取り付けられた状態と取り付けられていない状態とを交互に何度も切り替えられることをいう。かかる着脱可能なマスク用アタッチメント20は、粘着剤(固定手段26)の粘着力を適度に調整することにより実現することができる。

0033

マスク用アタッチメント20は、柔軟性を有している。マスク用アタッチメント20の材料は、マスク本体10の材料と同一であってもよいし、異なっていてもよい。マスク用アタッチメント20の材料としては、例えば、不織布、紙、ガーゼの他、ウレタン軟質ゴムシリコン等を用いることができる。本実施形態においてマスク用アタッチメント20の厚みは、マスク本体10の厚みよりも大きい。マスク用アタッチメント20は、マスク本体10と同一の色を有していてもよいし、異なる色を有していてもよい。マスク用アタッチメント20には、図柄が描かれていてもよい。かかる図柄としては、例えば、動物スイーツデザート)、乗り物、又は、アニメ漫画等のキャラクターの図柄が挙げられる。

0034

本実施形態の効果を説明する。マスク用アタッチメント20は、耳紐12の中間部の一箇所12cが固定される固定部(切込部22)を有している。取付状態においては、耳紐12の箇所12cがマスク用アタッチメント20に固定される。これにより、耳紐12からマスク本体10に直接働く力が緩和されるため、マスク本体10の両側端が弛みにくくなる。したがって、マスク本体10内の空間に有害粒子を侵入しにくくするマスク用アタッチメント20、及びそれを備えたマスク1が実現されている。

0035

さらに、マスク用アタッチメント20は、耳紐12の中間部の他の箇所12dが固定される固定部(切込部24)を有している。取付状態においては、耳紐12の箇所12dもマスク用アタッチメント20に固定される。これにより、耳紐12からマスク本体10に直接働く力が一層緩和されるため、マスク本体10の両側端が一層弛みにくくなる。

0036

このように本実施形態においては、耳紐12からの力の作用点をマスク本体10の上端固定点及び下端固定点からそれぞれマスク用アタッチメント20の切込部22及び切込部24にシフトさせることにより、耳紐12からの力をマスク本体10からマスク用アタッチメント20に逃がしている。これにより、マスク本体10の両側端の弛みの原因となる力が、マスク本体10に直接働きにくいようにすることができる。

0037

また、マスク用アタッチメント20がマスク本体10の両側端と顔との間の隙間の少なくとも一部を塞ぐため、マスク本体10内の空間の湿度を高く保ちやすくなる。当該空間の湿度を高めることにより、インフルエンザウィルス等の感染力を低下させる効果も期待できる。

0038

本実施形態においては、耳紐12の中間部の箇所12cが固定される第1の固定部として、当該箇所12cが掛止される切込部22が設けられている。これにより、簡易な構成で、第1の固定部を実現することができる。同様に、耳紐12の中間部の箇所12dが固定される第2の固定部として、当該箇所12dが掛止される切込部24が設けられている。これにより、簡易な構成で、第2の固定部を実現することができる。

0039

切込部22の終端22bは、取付状態で、マスク本体10の上下方向について耳紐12の上端部12aと下端部12bとの間に位置している。この場合、終端22bが各マスク用アタッチメント20の上端近傍図5に示した直線L1上の領域、及び直線L1よりも上の領域)に位置する場合に比して、切込部22が耳紐12から内向きの力を受けにくくなる。

0040

切込部24の終端24bは、取付状態で、マスク本体10の上下方向について切込部22の終端22bと下端部12bとの間に位置している。この場合、終端24bが各マスク用アタッチメント20の下端近傍図5に示した直線L3上の領域、及び直線L3よりも下の領域)に位置する場合に比して、切込部24が耳紐12から内向きの力を受けにくくなる。

0041

図6図8を参照しつつ、マスク用アタッチメント20が耳紐12から内向きの力を受けにくくなる機序を説明する。図6は、終端22b及び終端24bがそれぞれ各マスク用アタッチメント20の上端近傍及び下端近傍に位置する場合を示している。この場合、マスク1の装着時、終端22bが耳紐12から斜め下向きの力F1を受けるとともに、終端24bが耳紐12から斜め上向きの力F2を受ける。そのため、力F1の分力f1及び力F2の分力f2が、内向きの力となり、それぞれ終端22b及び終端24bに働く。分力f1及び分力f2は、それぞれ力F1及び力F2をマスク本体10の上下方向と左右方向とに分解したときの上下方向の分力である。かかる内向きの力が、図7に示すように、マスク用アタッチメント20の弛みを引き起こす原因となる。同図は、図6のマスク用アタッチメント20を右方向から見た図である。

0042

これに対し、図8は、マスク本体10の上下方向について、終端22bが耳紐12の上端部12aと下端部12bとの間に位置するとともに終端24bが終端22bと下端部12bとの間に位置する場合を示している。この場合、力F1及び力F2の向きは、水平(マスク本体10の左右方向)に近づく。すると、分力f1及び分力f2の値(内向きを正とする。)が小さくなる。このことは、マスク用アタッチメント20が耳紐12から内向きの力を受けにくくなることを意味する。これにより、マスク用アタッチメント20が弛みにくくなるため、マスク1の装着時、マスク用アタッチメント20の顔に対する密着度を高めることができる。

0043

切込部22の終端22bは、取付状態で、耳紐12の下端部12bよりも上端部12a寄りに位置している。かかる構成は、耳紐12からの力の作用点をマスク本体10の上端固定点からマスク用アタッチメント20の切込部22にシフトさせるのに適している。また、切込部24の終端24bは、取付状態で、耳紐12の上端部12aよりも下端部12b寄りに位置している。かかる構成は、耳紐12からの力の作用点をマスク本体10の下端固定点からマスク用アタッチメント20の切込部24にシフトさせるのに適している。

0044

切込部22の終端22bから耳紐12の上端部12aまでの上下方向の距離d1が大きい方が、上述の分力f1を小さくするのに有利である。かかる観点から、距離d1は、5mm以上であることが好ましい。他方、距離d1が大きすぎると、マスク1の装着時、各マスク用アタッチメント20の上部(図5に示した直線L2よりも上の部分)が捲れやすくなってしまう。かかる観点から、距離d1は、20mm以下であることが好ましい。

0045

切込部24の終端24bから耳紐12の下端部12bまでの上下方向の距離d2が大きい方が、上述の分力f2を小さくするのに有利である。かかる観点から、距離d2は、5mm以上であることが好ましい。他方、距離d2が大きすぎると、マスク1の装着時、各マスク用アタッチメント20の下部(図5に示した直線L4よりも下の部分)が捲れやすくなってしまう。かかる観点から、距離d2は、20mm以下であることが好ましい。

0046

切込部22は、マスク本体10の上下方向に対して斜めに延在している。この場合、切込部22の延在方向がマスク本体10の上下方向に対して垂直である場合に比して、耳紐12が切込部22に掛止された状態を安定的に維持しやすくなる。

0047

切込部24は、マスク本体10の上下方向に対して斜めに延在している。この場合、切込部24の延在方向がマスク本体10の上下方向に対して垂直である場合に比して、耳紐12が切込部24に掛止された状態を安定的に維持しやすくなる。

0048

切込部22は、各マスク用アタッチメント20の外側端に近づくにつれて、当該マスク用アタッチメント20の上端から次第に遠ざかるように斜めに延在している。同様に、切込部24は、各マスク用アタッチメント20の外側端に近づくにつれて、当該マスク用アタッチメント20の下端から次第に遠ざかるように斜めに延在している。この場合、図9に示すように、各マスク用アタッチメント20の切込部22及び切込部24に外向きの力(分力f3,f4)が働きやすくなる。分力f3は、力F1を切込部22に平行な方向と垂直な方向とに分解したときの垂直方向の分力である。また、分力f4は、力F2を切込部24に平行な方向と垂直な方向とに分解したときの垂直方向の分力である。これにより、マスク用アタッチメント20が上下に引っ張られるため、マスク用アタッチメント20を一層弛みにくくすることができる。

0049

切込部22の始端22aは、マスク用アタッチメント20の外側端上に位置している。かかる構成は、耳紐12を切込部22に通しやすくするのに有利である。同様に、切込部24の始端24aは、マスク用アタッチメント20の外側端上に位置している。かかる構成は、耳紐12を切込部24に通しやすくするのに有利である。

0050

マスク用アタッチメント20は、マスク本体10の両側端から食み出すようにマスク本体10に取り付けられる。このため、各マスク用アタッチメント20の食出部で、マスク本体10内の空間に侵入しようとする有害粒子を遮断することができる。このようにマスク本体10の外側で有害粒子を遮断することにより、マスク本体10内の空間への有害粒子の侵入を未然に防ぐことができる。

0051

マスク用アタッチメント20は、マスク本体10の両側端の全体に沿って取り付けられる。この場合、マスク用アタッチメント20がマスク本体10の両側端の一部にのみ沿って取り付けられる場合に比して、マスク用アタッチメント20による有害粒子の遮断効果を高めることができる。

0052

マスク用アタッチメント20の厚みは、マスク本体10の厚みよりも大きい。これにより、有害粒子がマスク用アタッチメント20を通り抜けにくくなる。このことも、マスク用アタッチメント20による有害粒子の遮断効果の向上に資する。また、マスク用アタッチメント20の厚みを大きくすることは、耳紐12が切込部22,24に掛止された状態を安定的に維持する上でも有利である。

0053

マスク用アタッチメント20がマスク本体10と異なる色を有する場合、マスク1のファッション性を向上させることができる。マスク用アタッチメント20に図柄が描かれている場合も、同様である。特に、動物、スイーツ、乗り物、又はキャラクターの図柄は、子供の関心を強く惹く。そのため、これらの図柄がマスク用アタッチメント20に描かれている場合、子供が嫌がらずにマスク1を装着し易くなる。

0054

マスク用アタッチメント20は、固定手段26を有している。このため、固定手段を別途用意しなくても、マスク用アタッチメント20をマスク本体10に固定することができる。特に固定手段26が接着剤である場合、マスク本体10に対するマスク用アタッチメント20の固定を容易に行うことができる。

0055

マスク用アタッチメント20は、マスク本体10に対して着脱可能である。これにより、マスク1は、マスク本体10に対してマスク用アタッチメント20が取り付けられた状態、取り外された状態の何れでも使用することができるため、装着者にとっての利便性が高まる。

0056

マスク本体10には、マスク用アタッチメント20の取付位置を示す印14が付されている。これにより、マスク用アタッチメント20を取り付ける際、マスク本体10に対する各マスク用アタッチメント20の位置合わせを容易に行うことができる。

0057

耳紐12は、伸縮性を有している。この場合、耳紐12の張力収縮力)により、耳紐12からの力の作用点に働く力が大きくなる。そのため、耳紐12からの力に起因するマスク本体10の両側端の弛みの問題が顕著となる。それゆえ、上述のように耳紐12からマスク本体10に直接働く力を緩和することのできる本実施形態が特に有用となる。

0058

本発明は、上記実施形態に限定されるものではなく、様々な変形が可能である。上記実施形態においてマスク本体10は、保水材が収容される袋状ないしポケット状の保水材収容部を有していてもよい。その場合、保水材収容部に保水材を収容した状態でマスク1を使用することにより、マスク本体10内の空間の湿度を高めることができる。

0059

上記実施形態においてマスク用アタッチメント20は、帯電状態にあってもよい。かかるマスク用アタッチメント20は、マスク用アタッチメント20の材料としてコロナ処理プラズマ処理等により静電気を帯電させた不織布等を用いることにより実現することができる。この場合、マスク用アタッチメント20の静電気で有害粒子を吸着して捕捉することができる。これにより、マスク用アタッチメント20による有害粒子の遮断効果を一層向上させることができる。

0060

上記実施形態においてマスク用アタッチメント20は、抗菌成分を含有していてもよい。その場合、雑菌繁殖するのを抑制することができるため、より衛生的にマスク用アタッチメント20ひいてはマスク1を使用することができる。

0061

上記実施形態においては、各マスク用アタッチメント20が、折り曲げられていない1枚のシートからなる場合を例示した。しかし、各マスク用アタッチメント20は、例えば図10に示すように、1枚のシートを折り曲げることにより形成されてもよい。図11は、図10のマスク用アタッチメント20を下から見た様子を示す模式図である。また、図12は、図10のマスク用アタッチメント20を示す展開図である。なお、図11においては、見やすくするため、折り曲げられたシート間に隙間を空けて図示している。

0062

各マスク用アタッチメント20は、山折線M1、谷折線V1〜V3、及び切目C1,C2を有している。山折線M1に沿って山折りするとともに谷折線V1〜V3に沿って谷折りすることにより、図10に示したマスク用アタッチメント20を得ることができる。切目C1及び切目C2は、それぞれ切込部22及び切込部24を構成している。なお、切目C1,C2は、各マスク用アタッチメント20を山折線M1及び谷折線V1〜V3に沿って折り曲げる前に形成してもよいし、折り曲げた後に形成してもよい。このように1枚のシートを折り曲げて各マスク用アタッチメント20を形成することにより、薄いシートを用いても各マスク用アタッチメント20の厚みを大きく確保することができる。

0063

上記実施形態においては、マスク用アタッチメント20の厚みがマスク本体10の厚みよりも大きい場合を例示した。しかし、マスク用アタッチメント20の厚みは、マスク本体10の厚みに等しくてもよいし、マスク本体10の厚みより小さくてもよい。

0064

上記実施形態においては、マスク用アタッチメント20がマスク本体10の両側端から食み出すようにマスク本体10に取り付けられる場合を例示した。しかし、マスク用アタッチメント20は、マスク本体10の両側端から食み出さないようにマスク本体10に取り付けられてもよい。すなわち、マスク用アタッチメント20は、正面視でマスク用アタッチメント20の全体がマスク本体10に重なるように、マスク本体10に取り付けられてもよい。

0065

上記実施形態においては、マスク用アタッチメント20がマスク本体10の両側端の全体に沿って取り付けられる場合を例示した。しかし、マスク用アタッチメント20は、マスク本体10の両側端の一部にのみ沿って取り付けられてもよい。すなわち、片方のマスク用アタッチメント20はマスク本体10の左端10cの一部にのみ沿って取り付けられてもよいし、もう片方のマスク用アタッチメント20はマスク本体10の右端10dの一部にのみ沿って取り付けられてもよい。

0066

上記実施形態においては、切込部22の始端22a及び切込部24の始端24aが各マスク用アタッチメント20の外側端上に位置する場合を例示した。しかし、始端22a,24aは、各マスク用アタッチメント20の外側端以外の端部(内側端、上端、又は下端)上に位置してもよい。

0067

上記実施形態においては、切込部22の終端22bがマスク本体10の上下方向について耳紐12の上端部12aと下端部12bとの間に位置する場合を例示した。しかし、終端22bは、各マスク用アタッチメント20の上端近傍に位置してもよい。

0068

上記実施形態においては、切込部24の終端24bがマスク本体10の上下方向について切込部22の終端22bと下端部12bとの間に位置する場合を例示した。しかし、終端24bは、各マスク用アタッチメント20の下端近傍に位置してもよい。

0069

上記実施形態においては、各切込部22,24がマスク本体10の上下方向に対して斜めに延在する場合を例示した。しかし、各切込部22,24の延在方向は、マスク本体10の上下方向に対して平行であってもよいし、垂直であってもよい。

0070

上記実施形態においては、各切込部22,24が一直線状をしている場合を例示した。しかし、各切込部22,24は、例えば図13に示すように、2本以上の線分折線)からなっていてもよい。同図において、切込部22は、始端22aからマスク本体10の左右方向に延びる線分、及び当該線分と連続し終端22bまでマスク本体10の上下方向に延びる線分からなる。同様に、切込部24は、始端24aからマスク本体10の左右方向に延びる線分、及び当該線分と連続し終端24bまでマスク本体10の上下方向に延びる線分からなる。あるいは、各切込部22,24は、例えば図14に示すように、曲線状をしていてもよい。

0071

上記実施形態においては、切込部22及び切込部24の双方がマスク用アタッチメント20に設けられた場合を例示した。しかし、マスク用アタッチメント20には、切込部22又は切込部24の何れか一方のみが設けられていてもよい。切込部24のみが設けられる場合は、切込部24が「第1の切込部」に相当する。

0072

上記実施形態においては、マスク用アタッチメント20がマスク本体10の内面に固定される場合を例示した。しかし、マスク用アタッチメント20は、マスク本体10の外面に固定されてもよい。その場合、印14は、マスク本体10の外面に付される。また、固定手段26は、マスク用アタッチメント20の内面に設けられる。

0073

上記実施形態においては、マスク用アタッチメント20に固定手段26が設けられた場合を例示した。しかし、マスク用アタッチメント20に固定手段26を設けることは、必須でない。マスク用アタッチメント20に固定手段26を設けない場合、装着者側で別途用意した粘着テープ等の固定手段により、マスク用アタッチメント20をマスク本体10に固定すればよい。

0074

上記実施形態においては、耳紐12が伸縮性を有する場合を例示した。しかし、耳紐12は、伸縮性を有していなくてもよい。その場合、耳紐12の材料としては、例えば不織布を用いることができる。

0075

上記実施形態においては、第1及び第2の固定部がそれぞれ第1及び第2の切込部である場合を例示した。しかし、第1及び第2の固定部としては、それぞれ耳紐12の中間部の箇所12c及び箇所12dを固定できるものである限り、切込み以外の手段を用いてもよい。例えば、第1及び第2の固定部は、それぞれ、図15に示す挟持部32及び挟持部34であってもよい。挟持部32は、図16に示すように、板状部32a及び連結部32bからなる。同図は、図15の挟持部32をマスク本体10の上下方向から見た図である。連結部32bの一端は、板状部32aの一部(中心を含む部分)にのみ接続されている。連結部32bの他端は、マスク用アタッチメント20に固定されている。挟持部32は、板状部32aとマスク用アタッチメント20との間に耳紐12の中間部の箇所12cを挟み込んで固定する。

0076

挟持部34は、図17に示すように、板状部34a及び連結部34bからなる。同図は、図15の挟持部34をマスク本体10の上下方向から見た図である。連結部34bの一端は、板状部34aの一部(中心を含む部分)にのみ接続されている。連結部34bの他端は、マスク用アタッチメント20に固定されている。挟持部34は、板状部34aとマスク用アタッチメント20との間に耳紐12の中間部の箇所12dを挟み込んで固定する。かかる挟持部32,34の材料としては、例えば、金属、樹脂、紙等を用いることができる。

0077

あるいは、マスク用アタッチメント20がマスク本体10に予め取り付けられている場合、第1及び第2の固定部には、それぞれ耳紐12の箇所12c及び箇所12dが、溶着接着又はホチキス留等の手段により予め固定されていてもよい。溶着としては、超音波溶着熱溶着等が挙げられる。接着は、ホットメルト接着が好ましい。ホチキス留は、樹脂製又は紙製ホチキス針を用いることが好ましい。

0078

1マスク
10 マスク本体
10a上端
10b下端
10c 左端
10d 右端
12耳紐
12a 上端部
12b 下端部
12c 中間部の一箇所
12d 中間部の他の箇所
14 印
20 マスク用アタッチメント
22 切込部(第1の固定部)
22a始端
22b終端
24 切込部(第2の固定部)
24a 始端
24b 終端
26 固定手段
32 挟持部(第1の固定部)
32a 板状部
32b 連結部
34 挟持部(第2の固定部)
34a 板状部
34b 連結部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社くらしまケアマネジメントの「 被服」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】腕を自由に動かせない状況でも、より簡易に着用できる被服を提供する。【解決手段】被服1は、木綿、化学繊維その他の生地からなるノースリーブタイプの被服本体2を有している。被服本体2は、その肩部21... 詳細

  • 淀川修好の「 足首治療用サポーターの固定具」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】 足首治療用サポーターを足首に装着する場合に、サポーターと足首の間を密着状に固定して、最適な状態で患部の治療を行うことができるようにしたサポーターの固定具を提供する。【解決手段】 短尺の帯... 詳細

  • サエス・ゲッターズ・エッセ・ピ・アの「 熱遮蔽複合クロス」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題・解決手段】本発明は、1つまたは複数の形状記憶合金(SMA)ワイヤ(103)によって互いに移動可能に接続された層の対(11、12)を少なくとも1つ備える熱遮蔽複合クロス(100)に関する。本発明... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ