図面 (/)

技術 端末装置および基地局装置

出願人 シャープ株式会社鴻穎創新有限公司
発明者 中村理浜口泰弘
出願日 2018年12月28日 (2年0ヶ月経過) 出願番号 2018-247862
公開日 2020年7月9日 (5ヶ月経過) 公開番号 2020-108103
状態 未査定
技術分野 移動無線通信システム
主要キーワード 洗濯機器 オフセットリスト キッチン機器 デアクティベート 生活機器 ポート番 多重ステップ レイヤパラメータ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年7月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

スロット内で繰り返し送信ができようされた場合に、効率的な周波数ホッピングを行うこと。

解決手段

スロット間周波数ホッピングに関する設定がRRシグナリングで行われ、かつ、1スロット内での複数繰り返し送信に関する上位層パラメータが設定された場合、現在のトランスポートブロック送信回数に基づいて、周波数ホッピングを適用する。一方、スロット間周波数ホッピングに関する設定がRRCシグナリングで行われ、かつ、1スロット内での複数繰り返し送信に関する上位層パラメータが設定されない場合、現在のスロット番号に基づいて、周波数ホッピングを適用する。

概要

背景

3GPP(Third Generation Partnership Project)で仕様化されているLTE(Long
Term Evolution)の通信ステムでは、DCI(Downlink Control Information、グラント)を基地局装置から端末装置通知し、通知されたDCIによってデータ送信を行うダ
イナミックスケジューリングが仕様化されている。ダイナミックスケジューリングでは、1つのDCIを受信した場合、1回の伝送が行われる。一方、ダイナミックスケジューリ
ングに加えて、周期的に無線リソース割り当てるSPS(Semi-Persistent Scheduling)が仕様化されている。SPSでは、1つのDCIを受信した場合においても、周期的な無線リソースの割り当てが行われるため、複数回のデータ伝送を行うことができる。

現在3GPPでは、eMBB(enhanced Mobile Broad Band)、URLLC(Ultra-Reliable and Low Latency Communications)、mMTC(massive Machine-Type Communications)をユースケースとし、第5世代移動通信(New Radio、NR)の標準化を行ってい
る。NR Rel−15ではLTEのSPSを拡張したCS(Configured scheduling)
が仕様化されている。CSでは、スロットを繰り返した伝送が可能であり、伝送の信頼度の向上が可能となっている。

Rel−16では、さらなる高信頼性パケット受信成功率99.9999%)や低遅延性(0.5msから1msの遅延)を達成するため、3GPPで行われている。(非特許文献1、非特許文献2)

概要

スロット内で繰り返し送信ができようされた場合に、効率的な周波数ホッピングを行うこと。スロット間周波数ホッピングに関する設定がRRシグナリングで行われ、かつ、1スロット内での複数繰り返し送信に関する上位層パラメータが設定された場合、現在のトランスポートブロック送信回数に基づいて、周波数ホッピングを適用する。一方、スロット間周波数ホッピングに関する設定がRRCシグナリングで行われ、かつ、1スロット内での複数繰り返し送信に関する上位層パラメータが設定されない場合、現在のスロット番号に基づいて、周波数ホッピングを適用する。

目的

本発明はこのような事情を鑑みてなされたものであり、その目的は、1スロット内での
複数PUSCH送信における周波数ホッピングの効率的な適用方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

基地局装置通信を行う端末装置であって、周波数ホッピングに関する上位層パラメータと、1スロット内での複数のトランスポートブロックの送信に関する上位層パラメータを設定する上位層処理部と、上位層処理部からの設定に基づいて送信を行う送信部を備え、前記送信部は、前記周波数ホッピングに関する上位層パラメータとして、スロット間周波数ホッピングに関する設定がされ、かつ、前記1スロット内での複数のトランスポートブロックの送信に関する上位層パラメータが設定された場合、現在のトランスポートブロックの送信回数に基づいて、周波数ホッピングを適用する端末装置。

請求項2

前記複数のトランスポートブロックは、リダンダンシーバージョンが異なる、同一の情報ビット系列から生成される請求項1記載の端末装置。

請求項3

前記送信部は、前記現在のトランスポートブロックの送信回数および無線フレーム内の現在のスロット番号に基づいて周波数ホッピングを適用する請求項1記載の端末装置。

請求項4

端末装置と通信を行う基地局装置であって、周波数ホッピングに関する上位層パラメータと、1スロット内での複数のトランスポートブロックの送信に関する上位層パラメータを設定する上位層処理部と、上位層処理部からの設定に基づいて、前記端末装置が送信する信号を受信する受信部を備え、前記受信部は、前記周波数ホッピングに関する上位層パラメータとして、スロット間周波数ホッピングに関する設定がされ、かつ、前記1スロット内での複数のトランスポートブロックの送信に関する上位層パラメータが設定された場合、前記端末装置の現在のトランスポートブロックの送信回数に基づいて、周波数ホッピングが適用されたとして受信を行う基地局装置。

請求項5

前記複数のトランスポートブロックは、リダンダンシーバージョンが異なる、同一の情報ビット系列から生成される請求項4記載の基地局装置。

請求項6

前記受信部は、前記現在のトランスポートブロックの送信回数および無線フレーム内の現在のスロット番号に基づいて周波数ホッピングを適用する請求項4記載の基地局装置。

技術分野

0001

本発明は、端末装置基地局装置およびその通信方法に関する。

背景技術

0002

3GPP(Third Generation Partnership Project)で仕様化されているLTE(Long
Term Evolution)の通信ステムでは、DCI(Downlink Control Information、グラント)を基地局装置から端末装置に通知し、通知されたDCIによってデータ送信を行うダ
イナミックスケジューリングが仕様化されている。ダイナミックスケジューリングでは、1つのDCIを受信した場合、1回の伝送が行われる。一方、ダイナミックスケジューリ
ングに加えて、周期的に無線リソース割り当てるSPS(Semi-Persistent Scheduling)が仕様化されている。SPSでは、1つのDCIを受信した場合においても、周期的な無線リソースの割り当てが行われるため、複数回のデータ伝送を行うことができる。

0003

現在3GPPでは、eMBB(enhanced Mobile Broad Band)、URLLC(Ultra-Reliable and Low Latency Communications)、mMTC(massive Machine-Type Communications)をユースケースとし、第5世代移動通信(New Radio、NR)の標準化を行ってい
る。NR Rel−15ではLTEのSPSを拡張したCS(Configured scheduling)
が仕様化されている。CSでは、スロットを繰り返した伝送が可能であり、伝送の信頼度の向上が可能となっている。

0004

Rel−16では、さらなる高信頼性パケット受信成功率99.9999%)や低遅延性(0.5msから1msの遅延)を達成するため、3GPPで行われている。(非特許文献1、非特許文献2)

先行技術

0005

Huawei, HiSilicon, Nokia, Nokia Shanghai Bell, “SID on Physical Layer Enhancements for NR URLLC”, RP-181477.
Huawei, HiSilicon, “Enhanced UL configured grant transmissions”, R1-1808100.

発明が解決しようとする課題

0006

Rel−16では、信頼性や低遅延性を向上させることになっており、1スロット内で
データ信号(PUSCH)を繰り返し送信することが検討されている。一方、Rel.15では周波数ホッピングの適用が仕様化されている。しかしながら、1スロット内でPU
SCHの繰り返し時の周波数ホッピングについては検討されていない。

0007

本発明はこのような事情を鑑みてなされたものであり、その目的は、1スロット内での
複数PUSCH送信における周波数ホッピングの効率的な適用方法を提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

上述した課題を解決するために本発明に係る基地局装置、端末装置および通信方法の構成は、次の通りである。

0009

(1)本発明の一態様は、基地局装置と通信を行う端末装置であって、周波数ホッピン
グに関する上位層パラメータと、1スロット内での複数のトランスポートブロックの送信に関する上位層パラメータを設定する上位層処理部と、上位層処理部からの設定に基づいて送信を行う送信部を備え、前記送信部は、前記周波数ホッピングに関する上位層パラメータとして、スロット間周波数ホッピングに関する設定がされ、かつ、前記1スロット内での複数のトランスポートブロックの送信に関する上位層パラメータが設定された場合、現在のトランスポートブロックの送信回数に基づいて、周波数ホッピングを適用する。
(2)本発明の一態様は、前記複数のトランスポートブロックは、リダンダンシーバージョンが異なる、同一の情報ビット系列から生成される。
(3)本発明の一態様は、記送信部は、前記現在のトランスポートブロックの送信回数および無線フレーム内の現在のスロット番号に基づいて周波数ホッピングを適用する。
(4)本発明の一態様は、端末装置と通信を行う基地局装置であって、周波数ホッピングに関する上位層パラメータと、1スロット内での複数のトランスポートブロックの送信に関する上位層パラメータを設定する上位層処理部と、上位層処理部からの設定に基づいて、前記端末装置が送信する信号を受信する受信部を備え、前記受信部は、前記周波数ホッピングに関する上位層パラメータとして、スロット間周波数ホッピングに関する設定がされ、かつ、前記1スロット内での複数のトランスポートブロックの送信に関する上位層パラメータが設定された場合、前記端末装置の現在のトランスポートブロックの送信回数に基づいて、周波数ホッピングが適用されたとして受信を行う。
(5)本発明の一態様は、前記複数のトランスポートブロックは、リダンダンシーバージョンが異なる、同一の情報ビット系列から生成される。
(6)本発明の一態様は、前記受信部は、前記現在のトランスポートブロックの送信回数および無線フレーム内の現在のスロット番号に基づいて周波数ホッピングを適用する。

発明の効果

0010

本発明の一又は複数の態様によれば、基地局装置及び端末装置は、1スロット内での複
数PUSCH送信において、効率的に周波数ホッピングを適用することができる。

図面の簡単な説明

0011

本実施形態に係る通信システム1の構成例を示す図である。
本実施形態に係る基地局装置の構成例を示す図である。
本実施形態に係る端末装置の構成例を示す図である。
本実施形態に係る1スロット内での複数トランスポートブロック送信を示す図である。
本実施形態に係る1スロット内での複数トランスポートブロック送信を行う場合、かつスロット内周波数ホッピングが設定された場合のスロット構成の一例を示す図である。
本実施形態に係る1スロット内での複数トランスポートブロック送信を行う場合、かつスロット間周波数ホッピングが設定された場合のスロット構成の一例を示す図である。
本実施形態に係る1スロット内での複数トランスポートブロック送信を行う場合、かつスロット間周波数ホッピングが設定された場合のスロット構成の別例を示す図である。
本実施形態に係る1スロット内での複数トランスポートブロック送信を行う場合、かつスロット内周波数ホッピングが設定された場合のスロット構成の別例を示す図である。

実施例

0012

本実施形態に係る通信システムは、基地局装置(セルスモールセルサービングセルコンポーネントキャリア、eNodeB、Home eNodeB、gNodeB)および端末装置(端末移動端末、UE:User Equipment)を備える。該通信システムにおいて、下りリンクの場合、基地局装置は送信装置送信点送信アンテナ群送信アンテナポート群、TRP(Tx/Rx Point))となり、端末装置は受信装置受信点受信端末受信アンテナ群受信アンテナポート群)となる。上りリンクの場合、基地局装置は受信装置となり、端末装置は送信装置となる。前記通信システムは、D2D(Device-to-Device、sidelink)通信にも適用可能である。その場合、送信装置も受信装置も共に端末装置になる。

0013

前記通信システムは、人間が介入する端末装置と基地局装置間のデータ通信に限定されるものに限定されない。つまり、MTC(Machine Type Communication)、M2M通信(Machine-to-Machine Communication)、IoT(Internet of Things)用通信、NB−IoT(Narrow Band-IoT)等(以下、MTCと呼ぶ)の人間の介入を必要としないデータ通信の形態にも、適用することができる。この場合、端末装置がMTC端末となる。前記通信システムは、上りリンク及び下りリンクにおいて、CP−OFDM(Cyclic Prefix - Orthogonal Frequency Division Multiplexing)等のマルチキャリア伝送方式を用いることができる。前記通信システムは、上りリンクにおいて、Transform precoderに関する上位層パラメータが設定された場合、Transform precodingを適用、つまりDFTを適用するDFTS−OFDM(Discrete Fourier Transform Spread - Orthogonal Frequency Division Multiplexing、SC-FDMAとも称される)等の伝送方式を用いる。なお、以下では、上りリンク及び下りリンクにおいて、OFDM伝送方式を用いた場合で説明するが、これに限らず、他の伝送方式を適用することができる。

0014

本実施形態における基地局装置及び端末装置は、無線事業者サービスを提供する国や地域から使用許可免許)が得られた、いわゆるライセンスバンド(licensed band)と
呼ばれる周波数バンド、及び/又は、国や地域からの使用許可(免許)を必要としない、いわゆるアンライセンスバンド(unlicensed band)と呼ばれる周波数バンドで通信する
ことができる。

0015

本実施形態において、“X/Y”は、“XまたはY”の意味を含む。本実施形態において、“X/Y”は、“XおよびY”の意味を含む。本実施形態において、“X/Y”は、“Xおよび/またはY”の意味を含む。

0016

(第1の実施形態)
図1は、本実施形態に係る通信システム1の構成例を示す図である。本実施形態における通信システム1は、基地局装置10、端末装置20を備える。カバレッジ10aは、基地局装置10が端末装置20と接続(通信)可能な範囲(通信エリア)である(セルとも呼ぶ)。なお、基地局装置10は、カバレッジ10aにおいて、複数の端末装置20を収容することができる。

0017

図1において、上りリンク無線通信r30は、少なくとも以下の上りリンク物理チャネルを含む。上りリンク物理チャネルは、上位層から出力された情報を送信するために使用される。
物理上りリンク制御チャネル(PUCCH)
物理上りリンク共有チャネル(PUSCH)
物理ランダムアクセスチャネル(PRACH)

0018

PUCCHは、上りリンク制御情報(Uplink Control Information: UCI)を送信する
ために用いられる物理チャネルである。上りリンク制御情報は、下りリンクデータに対する肯定応答(positive acknowledgement:ACK)/否定応答(Negative acknowledgement:
NACK)を含む。ここで下りリンクデータとは、Downlink transport block, Medium Access Control Protocol Data Unit: MACPDU, Downlink-Shared Channel: DL-SCH, Physical Downlink Shared Channel:PDSCH等を示す。ACK/NACKは、HARQ−ACK(Hybrid Automatic Repeat request ACKnowledgement)、HARQフィードバック、HARQ応答、または、HARQ制御情報送達確認を示す信号とも称される。

0019

NRは、少なくともPUCCHフォーマット0、PUCCHフォーマット1、PUCCHフォーマット2、PUCCHフォーマット3、PUCCHフォーマット4という5つのフォーマットサポートする。PUCCHフォーマット0およびPUCCHフォーマット2は、1または2のOFDMシンボルから構成され、それ以外のPUCCHは4〜14のOFDMシンボルから構成される。またPUCCHフォーマット0およびPUCCHフォーマット1の帯域幅12サブキャリアから構成される。また、PUCCHフォーマット0では、12サブキャリアかつ1OFDMシンボル(あるいは2OFDMシンボル)のリソースエレメントで1ビット(あるいは2ビット)のACK/NACKが送信される。

0020

上りリンク制御情報は、初期送信のためのPUSCH(Uplink-Shared Channel: UL-SCH)リソースを要求するために用いられるスケジューリングリクエスト(Scheduling Request: SR)を含む。スケジューリングリクエストは、初期送信のためのUL−SCHリソースを要求することを示す。

0021

上りリンク制御情報は、下りリンクのチャネル状態情報(Channel State Information:
CSI)を含む。前記下りリンクのチャネル状態情報は、好適な空間多重数レイヤ数)を示すランク指標(Rank Indicator:RI)、好適なプレコーダを示すプレコーディング行列指標(Precoding Matrix Indicator:PMI)、好適な伝送レートを指定するチャネル品質
指標(Channel Quality Indicator: CQI)などを含む。前記PMIは、端末装置によって決定されるコードブックを示す。該コードブックは、物理下りリンク共有チャネルプレコーディングに関連する。

0022

NRでは、上位層パラメータRI制限を設定することができる。RI制限には複数の設定パラメータが存在し、1つはタイプ1シングルパネルRI制限であり、8ビットで構成
される。ビットマップパラメータであるタイプ1シングルパネルRI制限は、ビット系列r7、…r2、r1を形成する。ここでr7、はMSB(Most Significant Bit)であり、r0、はLSB(Least Significant Bit)である。riがゼロの時(iは0、1、…7)、i+1レイヤに関連付いたプリコーダに対応するPMIとRIレポーティング許容されない。RI制限にはタイプ1シングルパネルRI制限の他にタイプ1マルチパネルRI制限があり、4ビットで構成される。ビットマップパラメータであるタイプ1マルチパネルRI制限は、ビット系列r4、r3、r2、r1を形成する。ここでr4、はMSBであり、r0、はLSBである。riがゼロの時(iは0、1、2、3)、i+1レイヤに関連付いたプリコーダに対応するPMIとRIレポーティングは許容されない。

0023

前記CQIは、所定の帯域における好適な変調方式(例えば、QPSK、16QAM、64QAM、256QAMAMなど)、符号化率(coding rate)、および周波数利用効
率を指し示すインデックス(CQIインデックス)を用いることができる。端末装置は、PDSCHのトランスポートブロックがブロック誤り確率BLER)=0.1を超えずに受信可能であろうCQIインデックスをCQIテーブルから選択する。ただし上位層シグナリングによって所定のCQIテーブルが設定された場合には、BLER=0.00001を超えずに受信可能であろうCQIインデックスをCQIテーブルから選択する。

0024

PUSCHは、上りリンクデータ(Uplink Transport Block、Uplink-Shared Channel:
UL-SCH)を送信するために用いられる物理チャネルであり、伝送方式としては、CP−
OFDM、もしくはDFT−S−OFDMが適用される。PUSCHは、前記上りリンクデータと共に、下りリンクデータに対するHARQ−ACKおよび/またはチャネル状態
情報を送信するために用いられてもよい。PUSCHは、チャネル状態情報のみを送信するために用いられてもよい。PUSCHはHARQ−ACKおよびチャネル状態情報のみを送信するために用いられてもよい。

0025

PUSCHは、無線リソース制御(Radio Resource Control:RRC)シグナリングを送
信するために用いられる。RRCシグナリングは、RRCメッセージRRC層の情報/RRC層の信号/RRC層のパラメータ/RRC情報要素とも称される。RRCシグナリングは、無線リソース制御層において処理される情報/信号である。基地局装置から送信されるRRCシグナリングは、セル内における複数の端末装置に対して共通のシグナリングであってもよい。基地局装置から送信されるRRCシグナリングは、ある端末装置に対して専用のシグナリング(dedicated signalingとも称する)であってもよい。すなわち
ユーザ装置スペフィック(ユーザ装置固有)な情報は、ある端末装置に対して専用のシグナリングを用いて送信される。RRCメッセージは、端末装置のUE Capabilityを含めることができる。UE Capabilityは、該端末装置がサポートする機能を示す情報である。

0026

PUSCHは、MAC CE(Medium Access Control Element)を送信するために用
いられる。MAC CEは、媒体アクセス制御層(Medium Access Control layer)にお
いて処理(送信)される情報/信号である。例えば、パワーヘッドルームは、MAC CEに含まれ、PUSCHを経由して報告されてもよい。すなわち、MAC CEのフィールドが、パワーヘッドルームのレベルを示すために用いられる。RRCシグナリング、および/または、MAC CEを、上位層の信号(higher layer signaling)とも称する。RRCシグナリング、および/または、MAC CEは、トランスポートブロックに含まれる。

0027

PRACHは、ランダムアクセスに用いるプリアンブルを送信するために用いられる。PRACHは、ランダムアクセスプリアンブルを送信するために用いられる。PRACHは、初期コネクション確立(initial connection establishment)プロシージャハンドオーバプロシージャ、コネクション確立(connection re-establishment)プロシージ
ャ、上りリンク送信に対する同期(タイミング調整)、およびPUSCH(UL−SCH)リソースの要求を示すために用いられる。

0028

上りリンクの無線通信では、上りリンク物理信号として上りリンク参照信号(Uplink Reference Signal: UL RS)が用いられる。上りリンク参照信号には、復調用参照信号(Demodulation Reference Signal:DMRS)、サウンディング参照信号(Sounding Reference Signal:SRS)、位相追従信号(Phase Tracking Reference Signal: PTRS)等が含まれる。DMRSは、物理上りリンク共有チャネル/物理上りリンク制御チャネルの送信に関連する。例えば、基地局装置10は、物理上りリンク共有チャネル/物理上りリンク制御チャネルを復調するとき、伝搬路推定伝搬路補正を行うために復調用参照信号を使用する。

0029

SRSは、物理上りリンク共有チャネル/物理上りリンク制御チャネルの送信に関連しない。基地局装置10は、上りリンクのチャネル状態を測定(CSI Measurement)するた
めにSRSを使用する。

0030

PTRSは、物理上りリンク共有チャネル/物理上りリンク制御チャネルの送信に関連する。基地局装置10は、位相追従のためにSRSを使用する。

0031

図1において、下りリンクr31の無線通信では、少なくとも以下の下りリンク物理チャネルが用いられる。下りリンク物理チャネルは、上位層から出力された情報を送信するために使用される。
・物理報知チャネル(PBCH)
物理下りリンク制御チャネル(PDCCH)
・物理下りリンク共有チャネル(PDSCH)

0032

PBCHは、端末装置で共通に用いられるマスターインフォメーションブロック(Master Information Block:MIB, Broadcast Channel: BCH)を報知するために用いられる。
MIBはシステム情報の1つである。例えば、MIBは、下りリンク送信帯域幅設定システムフレーム番号SFN:System Frame number)を含む。MIBは、PBCHが送
信されるスロットの番号、サブフレームの番号、および、無線フレームの番号の少なくとも一部を指示する情報を含んでもよい。

0033

PDCCHは、下りリンク制御情報(Downlink Control Information: DCI)を送信す
るために用いられる。下りリンク制御情報は、用途に基づいた複数のフォーマット(DCIフォーマットとも称する)が定義される。1つのDCIフォーマットを構成するDCIの種類やビット数に基づいて、DCIフォーマットは定義されてもよい。各フォーマットは、用途に応じて使われる。下りリンク制御情報は、下りリンクデータ送信のための制御情報と上りリンクデータ送信のための制御情報を含む。下りリンクデータ送信のためのDCIフォーマットは、下りリンクアサインメント(または、下りリンクグラント)とも称する。上りリンクデータ送信のためのDCIフォーマットは、上りリンクグラント(または、上りリンクアサインメント)とも称する。

0034

1つの下りリンクアサインメントは、1つのサービングセル内の1つのPDSCHのスケジューリングに用いられる。下りリンクグラントは、該下りリンクグラントが送信されたスロットと同じスロット内のPDSCHのスケジューリングのために少なくとも用いられてもよい。下りリンクアサインメントには、PDSCHのための周波数領域リソース割り当て、時間領域リソース割り当て、PDSCHに対するMCS(Modulation and Coding Scheme)、初期送信または再送信を指示するNDI(NEW Data Indicator)、下りリンクにおけるHARQプロセス番号を示す情報、誤り訂正符号化時にコードワードに加えられた冗長性の量を示すRedudancy versionなどの下りリンク制御情報が含まれる。コードワードは、誤り訂正符号化後のデータである。下りリンクアサインメントはPUCCHに対する送信電力制御TPC:Transmission Power Control)コマンド、PUSCHに対するTPCコマンドを含めてもよい。上りリンクグラントは、PUSCHを繰り返し送信する回数を示すRepetiton numberを含めてもよい。なお、各下りリンクデータ送信のためのDCIフォーマットには、上記情報のうち、その用途のために必要な情報(フィールド)が含まれる。

0035

1つの上りリンクグラントは、1つのサービングセル内の1つのPUSCHのスケジューリングを端末装置に通知するために用いられる。上りリンクグラントは、PUSCHを送信するためのリソースブロック割り当てに関する情報(リソースブロック割り当ておよびホッピングリソース割り当て)、時間領域リソース割り当て、PUSCHのMCSに関する情報(MCS/Redundancy version)、DMRSポートに関する情報、PUSCHの再送に関する情報、PUSCHに対するTPCコマンド、下りリンクのチャネル状態情報(Channel State Information: CSI)要求(CSI request)、など上りリンク制御情報を含む。上りリンクグラントは、上りリンクにおけるHARQプロセス番号を示す情報、リダンダンシーバージョンを示す情報、PUCCHに対する送信電力制御(TPC:Transmission Power Control)コマンド、PUSCHに対するTPCコマンドを含めてもよい。なお、各上りリンクデータ送信のためのDCIフォーマットには、上記情報のうち、その用途のために必要な情報(フィールド)が含まれる。

0036

DMRSシンボルを送信するOFDMシンボル番号ポジション)は、もしイントラ周波数ホッピングが適用されず、PUSCHマッピングタイプAの場合、スロットの初めのOFDMシンボルとそのスロットでスケジュールされたPUSCHリソースの最後のOFDMシンボルの間のシグナリングされた期間によって与えられる。イントラ周波数ホッピングが適用されず、PUSCHマッピングタイプBの場合、スケジュールされたPUSCHリソース期間によって与えられる。イントラ周波数ホッピングが適用される場合、ホップあたりの期間で与えられる。PUSCHマッピングタイプAに関して、先頭のDMRSのポジションを示す上位層パラメータが2である場合のみ、追加のDMRS数を示す上位層パラメータが3の場合がサポートされる。またPUSCHマッピングタイプAに関して、4シンボル期間は、先頭のDMRSのポジションを示す上位層パラメータが2である場合のみ適用可能である。

0037

PDCCHは、下りリンク制御情報に巡回冗長検査(Cyclic Redundancy Check:CRC)を付加して生成される。PDCCHにおいて、CRCパリティビットは、所定の識別子を用いてスクランブル排他的論理和演算マスクとも呼ぶ)される。パリティビットは、C−RNTI(Cell-Radio Network Temporary Identifier)、CS(Configured Scheduling)−RNTI、Temporary C−RNTI、P(Paging)−RNTI、SI(System Information)−RNTI、またはRA(Random Access)−RNTI、SP−CSI(Semi-Persistent Channel State-Information)−RNTI、MCS−C−RNTIでスクランブルされる。C−RNTIおよびCS−RNTIは、セル内において端末装置を識別するための識別子である。Temporary C−RNTIは、コンテンションベースランダムアクセス手順(contention based random access procedure)中に、ランダムアクセスプリアンブルを送信した端末装置を識別するための識別子である。C−RNTIおよびTemporary C−RNTIは、単一のサブフレームにおけるPDSCH送信またはPUSCH送信を制御するために用いられる。CS−RNTIは、PDSCHまたはPUSCHのリソースを周期的に割り当てるために用いられる。ここでCS−RNTIでスクランブリングされたPDCCH(DCIフォーマット)は、CSタイプ2をアクティベートあるいはデアクティベートするために用いられる。一方、CSタイプ1ではCS−RNTIでスクランブリングされたPDCCHに含まれる制御情報(MCSや無線リソース割当等)は、CSに関する上位層パラメータに含め、該上位層パラメータによってCSのアクティベート(設定)を行う。P−RNTIは、ページングメッセージ(Paging Channel: PCH)を送信するために用いられる。SI−RNTIは、SIBを送信するために用いられる。RA−RNTIは、ランダムアクセスレスポンス(ランダムアクセスプロシジャーにおけるメッセージ2)を送信するために用いられる。SP−CSI−RNTIは、準静的なCSIレポーティングのために用いられる。MCS−C−RNTIは、低いスペクトル効率MCSテーブルを選択する際に用いられる。

0038

PDSCHは、下りリンクデータ(下りリンクトランスポートブロック、DL-SCH)を送信するために用いられる。PDSCHは、システムインフォメーションメッセージ(System Information Block: SIBとも称する。)を送信するために用いられる。SIBの一部又は全部は、RRCメッセージに含めることができる。

0039

PDSCHは、RRCシグナリングを送信するために用いられる。基地局装置から送信されるRRCシグナリングは、セル内における複数の端末装置に対して共通(セル固有)であってもよい。すなわち、そのセル内のユーザ装置共通な情報は、セル固有のRRCシグナリングを使用して送信される。基地局装置から送信されるRRCシグナリングは、ある端末装置に対して専用のメッセージ(dedicated signalingとも称する)であってもよ
い。すなわち、ユーザ装置スペシフィック(ユーザ装置固有)な情報は、ある端末装置に対して専用のメッセージを使用して送信される。

0040

PDSCHは、MAC CEを送信するために用いられる。RRCシグナリングおよび/またはMAC CEを、上位層の信号(higher layer signaling)とも称する。PMCHは、マルチキャストデータ(Multicast Channel: MCH)を送信するために用いられる。

0041

図1の下りリンクの無線通信では、下りリンク物理信号として同期信号(Synchronization signal:SS)、下りリンク参照信号(Downlink Reference Signal: DL RS)が用いられる。下りリンク物理信号は、上位層から出力された情報を送信するためには使用されないが、物理層によって使用される。

0042

同期信号は、端末装置が、下りリンクの周波数領域および時間領域の同期を取るために用いられる。下りリンク参照信号は、端末装置が、下りリンク物理チャネルの伝搬路推定/伝搬路補正を行なうために用いられる。例えば、下りリンク参照信号は、PBCH、PDSCH、PDCCHを復調するために用いられる。下りリンク参照信号は、端末装置が、下りリンクのチャネル状態の測定(CSI measurement)するために用いることもできる。

0043

下りリンク物理チャネルおよび下りリンク物理信号を総称して、下りリンク信号とも称する。また、上りリンク物理チャネルおよび上りリンク物理信号を総称して、上りリンク信号とも称する。また、下りリンク物理チャネルおよび上りリンク物理チャネルを総称して、物理チャネルとも称する。また、下りリンク物理信号および上りリンク物理信号を総称して、物理信号とも称する。

0044

BCH、UL−SCHおよびDL−SCHは、トランスポートチャネルである。MAC層で用いられるチャネルを、トランスポートチャネルと称する。MAC層で用いられるトランスポートチャネルの単位を、トランスポートブロック(TB:Transport Block)、
または、MACPDU(Protocol Data Unit)とも称する。トランスポートブロックは、MAC層が物理層に渡す(deliverする)データの単位である。物理層において、トランスポートブロックはコードワードにマップされ、コードワード毎に符号化処理などが行なわれる。

0045

図2は、本実施形態に係る基地局装置10の構成の概略ブロック図である。基地局装置10は、上位層処理部(上位層処理ステップ)102、制御部(制御ステップ)104、送信部(送信ステップ)106、送信アンテナ108、受信アンテナ110、受信部(受信ステップ)112を含んで構成される。送信部106は、上位層処理部102から入力される論理チャネルに応じて、物理下りリンクチャネルを生成する。送信部106は、符号化部(符号化ステップ)1060、変調部(変調ステップ)1062、下りリンク制御信号生成部(下りリンク制御信号生成ステップ)1064、下りリンク参照信号生成部(下りリンク参照信号生成ステップ)1066、多重部(多重ステップ)1068、および無線送信部(無線送信ステップ)1070を含んで構成される。受信部112は、物理上りリンクチャネルを検出し(復調、復号など)、その内容を上位層処理部102に入力する。受信部112は、無線受信部(無線受信ステップ)1120、伝搬路推定部(伝搬路推定ステップ)1122、多重分離部(多重分離ステップ)1124、等化部(等化ステップ)1126、復調部(復調ステップ)1128、復号部(復号ステップ)1130を含んで構成される。

0046

上位層処理部102は、媒体アクセス制御(Medium Access Control: MAC)層、パケットデータ統合プロトコル(Packet Data Convergence Protocol: PDCP)層、無線リンク制御(Radio Link Control: RLC)層、無線リソース制御(Radio Resource Control:RRC)層などの物理層より上位層の処理を行なう。上位層処理部102は、送信部106および受信部112の制御を行なうために必要な情報を生成し、制御部104に出力する。上位
層処理部102は、下りリンクデータ(DL-SCHなど)、システム情報(MIB, SIB)などを送信部106に出力する。なお、DMRS構成情報はRRC等の上位レイヤによる通知ではなく、システム情報(MIBあるいはSIB)によって端末装置に通知してもよい。

0047

上位層処理部102は、ブロードキャストするシステム情報(MIB、又はSIBの一部)を生成、又は上位ノードから取得する。上位層処理部102は、BCH/DL−SCHとして、前記ブロードキャストするシステム情報を送信部106に出力する。前記MIBは、送信部106において、PBCHに配置される。前記SIBは、送信部106において、PDSCHに配置される。上位層処理部102は、端末装置固有のシステム情報(SIB)を
生成し、又は上位の—度から取得する。該SIBは、送信部106において、PDSCHに配置される。

0048

上位層処理部102は、各端末装置のための各種RNTIを設定する。前記RNTIは、PDCCH、PDSCHなどの暗号化(スクランブリング)に用いられる。上位層処理部102は、前記RNTIを、制御部104/送信部106/受信部112に出力する。

0049

上位層処理部102は、PDSCHに配置される下りリンクデータ(トランスポートブロック、DL-SCH)、端末装置固有のシステムインフォメーション(System Information Block: SIB)、RRCメッセージ、MAC CE、DMRS構成情報がSIBやMIBの
ようなシステム情報や、DCIで通知されない場合はDMRS構成情報などを生成、又は上位ノードから取得し、送信部106に出力する。上位層処理部102は、端末装置20の各種設定情報の管理をする。なお、無線リソース制御の機能の一部は、MACレイヤ物理レイヤで行われてもよい。

0050

上位層処理部102は、端末装置がサポートする機能(UE capability)等、端末装置
に関する情報を端末装置20(受信部112を介して)から受信する。端末装置20は、自身の機能を基地局装置10に上位層の信号(RRCシグナリング)で送信する。端末装置に関する情報は、その端末装置が所定の機能をサポートするかどうかを示す情報、または、その端末装置が所定の機能に対する導入およびテストの完了を示す情報を含む。所定の機能をサポートするかどうかは、所定の機能に対する導入およびテストを完了しているかどうかを含む。

0051

端末装置が所定の機能をサポートする場合、その端末装置はその所定の機能をサポートするかどうかを示す情報(パラメータ)を送信する。端末装置が所定の機能をサポートしない場合、その端末装置はその所定の機能をサポートするかどうかを示す情報(パラメータ)を送信しないようにしてよい。すなわち、その所定の機能をサポートするかどうかは、その所定の機能をサポートするかどうかを示す情報(パラメータ)を送信するかどうかによって通知される。なお、所定の機能をサポートするかどうかを示す情報(パラメータ)は、1または0の1ビットを用いて通知してもよい。

0052

上位層処理部102は、受信部112から復号後の上りリンクデータ(CRCも含む)からDL-SCHを取得する。上位層処理部102は、端末装置が送信した前記上りリンクデータに対して誤り検出を行う。例えば、該誤り検出はMAC層で行われる。

0053

制御部104は、上位層処理部102/受信部112から入力された各種設定情報に基づいて、送信部106および受信部112の制御を行なう。制御部104は、上位層処理部102/受信部112から入力された設定情報に基づいて、下りリンク制御情報(DCI)を生成し、送信部106に出力する。例えば制御部104は、上位層処理部102/受信部112から入力されたDMRSに関する設定情報(DMRS構成1であるかDMRS構成2であるか)を考慮して、DMRSの周波数配置(DMRS構成1の場合は偶数
キャリアあるいは奇数サブキャリア、DMRS構成2の場合は第0〜第2のセットのいずれか)を設定し、DCIを生成する。

0054

制御部104は、伝搬路推定部1122で測定されたチャネル品質情報(CSI Measurement結果)を考慮して、PUSCHのMCSを決定する。制御部104は、前記PUSCHのMCSに対応するMCSインデックスを決定する。制御部104は、決定したMCSインデックスをアップリンクグラントに含める。

0055

送信部106は、上位層処理部102/制御部104から入力された信号に従って、PBCH、PDCCH、PDSCHおよび下りリンク参照信号などを生成する。符号化部1060は、上位層処理部102から入力されたBCH、DL−SCHなどを、予め定められた/上位層処理部102が決定した符号化方式を用いて、ブロック符号畳み込み符号ターボ符号ポーラ符号化、LDPC符号などによる符号化(リピティションを含む)を行なう。符号化部1060は、制御部104から入力された符号化率に基づいて、符号化ビットをパンクチャリングする。変調部1062は、符号化部1060から入力された符号化ビットをBPSK、QPSK、16QAM、64QAM、256QAM等の予め定められた/制御部104から入力された変調方式(変調オーダー)でデータ変調する。該変調オーダーは、制御部104で選択された前記MCSインデックスに基づく。

0056

下りリンク制御信号生成部1064は、制御部104から入力されたDCIに対してCRCを付加する。下りリンク制御信号生成部1064は、前記CRCに対して、RNTIを用いて暗号化(スクランブリング)を行う。さらに、下りリンク制御信号生成部1064は、前記CRCが付加されたDCIに対してQPSK変調を行い、PDCCHを生成する。下りリンク参照信号生成部1066は、端末装置が既知系列を下りリンク参照信号として生成する。前記既知の系列は、基地局装置10を識別するための物理セル識別子などの基に予め定められた規則で求まる。

0057

多重部1068は、PDCCH/下りリンク参照信号/変調部1062から入力される各チャネルの変調シンボルを多重する。つまり、多重部1068は、PDCCH/下りリンク参照信号を各チャネルの変調シンボルをリソースエレメントにマッピングする。マッピングするリソースエレメントは、前記制御部104から入力される下りリンクスケジューリングによって制御される。リソースエレメントは、1つのOFDMシンボルと1つのサブキャリアからなる物理リソース最小単位である。なお、MIMO伝送を行う場合、送信部106は符号化部1060および変調部1062をレイヤ数具備する。この場合、上位層処理部102は、各レイヤのトランスポートブロック毎にMCSを設定する。

0058

無線送信部1070は、多重された変調シンボルなどを逆高速フーリエ変換(Inverse Fast Fourier Transform:IFFT)してOFDMシンボルを生成する。無線送信部1070は、前記OFDMシンボルにサイクリックプレフィックス(cyclic prefix: CP)を付加
してベースバンドディジタル信号を生成する。さらに、無線送信部1070は、前記ディジタル信号をアナログ信号に変換し、フィルタリングにより余分な周波数成分を除去し、搬送周波数アップコンバートし、電力増幅し、送信アンテナ108に出力して送信する。

0059

受信部112は、制御部104の指示に従って、受信アンテナ110を介して端末装置20からの受信信号を検出(分離、復調、復号)し、復号したデータを上位層処理部102/制御部104に入力する。無線受信部1120は、受信アンテナ110を介して受信された上りリンクの信号を、ダウンコンバートによりベースバンド信号に変換し、不要な周波数成分を除去し、信号レベルが適切に維持されるように増幅レベルを制御し、受信された信号の同相成分および直交成分に基づいて、直交復調し、直交復調されたアナログ
号をディジタル信号に変換する。無線受信部1120は、変換したディジタル信号からCPに相当する部分を除去する。無線受信部1120は、CPを除去した信号に対して高速フーリエ変換(Fast Fourier Transform:FFT)を行い、周波数領域の信号を抽出する。
前記周波数領域の信号は、多重分離部1124に出力される。

0060

多重分離部1124は、制御部104から入力される上りリンクのスケジューリングの情報(上りリンクデータチャネル割当て情報など)に基づいて、無線受信部1120から入力された信号をPUSCH、PUCCH及上りリンク参照信号などの信号に分離する。前記分離された上りリンク参照信号は、伝搬路推定部1122に入力される。前記分離されたPUSCH、PUCCHは、等化部1126に出力する。

0061

伝搬路推定部1122は、上りリンク参照信号を用いて、周波数応答(または遅延プロファイル)を推定する。復調用に伝搬路推定された周波数応答結果は、等化部1126へ入力される。伝搬路推定部1122は、上りリンク参照信号を用いて、上りリンクのチャネル状況の測定(RSRP(Reference Signal Received Power)、RSRQ(Reference Signal Received Quality)、RSSI(Received Signal Strength Indicator)の測定)を行う。上りリンクのチャネル状況の測定は、PUSCHのためのMCSの決定などに用いられる。

0062

等化部1126は、伝搬路推定部1122より入力された周波数応答より伝搬路での影響を補償する処理を行う。補償の方法としては、MMSE重みやMRC重みを乗算する方法や、MLDを適用する方法等、既存のいかなる伝搬路補償も適用することができる。復調部1128は、予め決められている/制御部104から指示される変調方式の情報に基づき、復調処理を行う。

0063

復号部1130は、予め決められている符号化率/制御部104から指示される符号化率の情報に基づいて、前記復調部の出力信号に対して復号処理を行う。復号部1130は、復号後のデータ(UL-SCHなど)を上位層処理部102に入力する。

0064

図3は、本実施形態における端末装置20の構成を示す概略ブロック図である。端末装置20は、上位層処理部(上位層処理ステップ)202、制御部(制御ステップ)204、送信部(送信ステップ)206、送信アンテナ208、受信アンテナ210および受信部(受信ステップ)212を含んで構成される。

0065

上位層処理部202は、媒体アクセス制御(MAC)層、パケットデータ統合プロトコル(PDCP)層、無線リンク制御(RLC)層、無線リソース制御(RRC)層の処理を行なう。上位層処理部202は、自端末装置の各種設定情報の管理をする。上位層処理部202は、自端末装置がサポートしている端末装置の機能を示す情報(UE Capability
)を、送信部206を介して、基地局装置10へ通知する。上位層処理部202は、UE CapabilityをRRCシグナリングで通知する。

0066

上位層処理部202は、DL−SCH、BCHなどの復号後のデータを受信部212から取得する。上位層処理部202は、前記DL−SCHの誤り検出結果から、HARQ−ACKを生成する。上位層処理部202は、SRを生成する。上位層処理部202は、HARQ−ACK/SR/CSI(CQIレポートを含む)を含むUCIを生成する。また上位層処理部202は、DMRS構成情報が上位レイヤによって通知されている場合、DMRS構成に関する情報を制御部204に入力する。上位層処理部202は、前記UCIやUL−SCHを送信部206に入力する。なお、上位層処理部202の機能の一部は、制御部204に含めてもよい。

0067

制御部204は、受信部212を介して受信した下りリンク制御情報(DCI)を解釈
する。制御部204は、上りリンク送信のためのDCIから取得したPUSCHのスケジューリング/MCSインデックス/TPC(Transmission Power Control)などに従って、送信部206を制御する。制御部204は、下りリンク送信のためのDCIから取得したPDSCHのスケジューリング/MCSインデックスなどに従って、受信部212を制御する。さらに制御部204は、下りリンク送信のためのDCIに含まれるDMRSの周波数配置(ポート番号)に関する情報と、上位層処理部202から入力されるDMRS構成情報にしたがって、DMRSの周波数配置を特定する。

0068

送信部206は、符号化部(符号化ステップ)2060、変調部(変調ステップ)2062、上りリンク参照信号生成部(上りリンク参照信号生成ステップ)2064、上りリンク制御信号生成部(上りリンク制御信号生成ステップ)2066、多重部(多重ステップ)2068、無線送信部(無線送信ステップ)2070を含んで構成される。

0069

符号化部2060は、制御部204の制御に従って(MCSインデックスに基づいて算出される符号化率に従って)、上位層処理部202から入力された上りリンクデータ(UL-SCH)を畳み込み符号化、ブロック符号化ターボ符号化等の符号化を行う。

0070

変調部2062は、BPSK、QPSK、16QAM、64QAM、256QAM等の制御部204から指示された変調方式/チャネル毎に予め定められた変調方式で、符号化部2060から入力された符号化ビットを変調する(PUSCHのための変調シンボルを生成する)。

0071

上りリンク参照信号生成部2064は、制御部204の指示に従って、基地局装置10を識別するための物理セル識別子(physical cell identity:PCI、Cell IDなどと称される)、上りリンク参照信号を配置する帯域幅、サイクリックシフト、DMRSシーケンスの生成に対するパラメータの値、さらに周波数配置などを基に、予め定められた規則(式)で求まる系列を生成する。

0072

上りリンク制御信号生成部2066は、制御部204の指示に従って、UCIを符号化、BPSK/QPSK変調を行い、PUCCHのための変調シンボルを生成する。

0073

ここでRel.15の周波数ホッピングについて説明を行う。端末装置は、スケジュールあるいは設定されたPUSCH送信の周波数ホッピングについて、PUSCH送信用のRRCシグナリングあるいはコンフィギュアドグラントスケジューリング用のRRCシグナリングの中で与えられる、周波数ホッピングに関する上位層パラメータによって設定される。次の2つの周波数ホッピングモードが設定されうる。1つは、スロット内(Intra-slot)周波数ホッピングであり、シングルスロットあるいはマルチスロットPUSCH送信に適用可能である。もう1つは、スロット間(Inter-slot)周波数ホッピングであり、マルチスロットPUSCH送信に適用可能である。リソースアロケーションタイプ1の場合、つまり周波数領域で連続的なRBを用いる割り当てタイプの場合、PUSCH送信に関してトランスフォームプリコーディングが有効かどうかに依らず、もし対応する検出されたDCIフォーマット、あるいはランダムアクセスレスポンスアップリンクグラントの中の周波数ホッピングフィールドが1にセットされた場合、もしくはコンフィギュアドグラントを用いたタイプ1PUSCH送信について、周波数ホッピングオフセットに関する上位レイヤパラメータが与えられた場合は、端末装置はPUSCHの周波数ホッピングを行うかもしれない。もしそうでなければ、PUSCH周波数ホッピングは適用されない。

0074

DCIフォーマット0_0あるいは0_1によってスケジュールされたPUSCH、あるいはタイプ2コンフィギュアドULグラントに基づいたPUSCH、かつリソースアロケーションタイプ1について、周波数オフセットはPUSCH送信用のRRCシグナリン
グの中の周波数ホッピングオフセットリストについての上位層パラメータによって設定される。アクティブなBWPのサイズが50RBより少ない場合、上位層が設定する2つのオフセットの内の1つがULグラントの中で指定される。アクティブなBWPのサイズが50RBと等しい、あるいは大きい場合、上位層が設定する4つのオフセットの内の1つがULグラントの中で指定される。

0075

タイプ1コンフィギュアドULグラントに基づいたPUSCHについて、周波数オフセットはコンフィギュアドグラントスケジューリング用のRRCシグナリングの中の周波数ホッピングオフセットに関する上位層パラメータで与えられる。第1のホップでの開始RBはRBstartで与えられ、第2のホップでの開始RBは(RBstart+RBoffset)mod NBWPで与えられる。ここで、RBstartはリソースアロケーションタイプ1のリソースブロック割り当て情報から計算される、UL BWP内の開始RBであり、RBoffsetは二つの周波数ホップ間のRBの周波数オフセットである。またNBWPは、BWPを構成するRB数であり、BWP内のRB数を表す。

0076

スロット内周波数ホッピングが適用された場合、第1のホップのシンボル数は、N/2を超えない最大の整数で与えられ、第2のホップのシンボル数は、NからN/2を超えない最大の整数を減算した値で与えられる。ここでNは1スロット内のOFDMシンボルでのPUSCH伝送の長さである。

0077

スロット間周波数ホッピングの場合、スロットn内での開始RBは次のように与えられる。n mod 2=0を満たすとき、つまりスロット番号が偶数のとき、開始RBはRBstartとなり、n mod 2=1を満たすとき、つまりスロット番号が奇数のとき、開始RBは(RBstart+RBoffset)mod NBWPとなる。ここでnは1無線フレーム内の現在のスロット番号であり、マルチスロットPUSCH伝送が適用され、RBstartはリソースアロケーションタイプ1のリソースブロック割り当て情報から計算される、UL BWP内の開始RBであり、RBoffsetは二つの周波数ホップ間のRBの周波数オフセットである。

0078

多重部2068は、制御部204からの上りリンクスケジューリング情報(RRCメッセージに含まれる上りリンクのためのCS(Configured Scheduling)における送信間隔
DCIに含まれる周波数領域および時間領域リソース割り当てなど)に従って、PUSCHのための変調シンボル、PUCCHのための変調シンボル、上りリンク参照信号を送信アンテナポート(DMRSポート)毎に多重する(つまり、各信号はリソースエレメントにマップされる)。

0079

ここで、CS(configured scheduling、コンフィギュアドグラントスケジューリング
)に関して説明を行う。ダイナミックグラントなしの伝送には2種類ある。1つは、RR
Cによって与えられ、configured grantとして保存されるconfigured grantタイプ1であ
り、1つは、PDCCHによって与えられ、configured grantアクティベーションあるいはデ
アクティベーションを示すL1シグナリングに基づいたconfigured grantとして保存およびクリアされるconfigured grantタイプ2である。タイプ1とタイプ2はサービングセル毎かつBWP毎にRRCで設定される。複数の設定は、異なるサービングセルにおいてのみ同時にアクティブになり得る。タイプ2に関して、アクティベーションとデアクティベーションは、サービングセル間で独立である。同じサービングセルに関して、MACエンティティはタイプ1あるいはタイプ2のどちらかで設定される。タイプ1が設定された時、RRCは次のパラメータを設定する。
・cs-RNTI:再送のためのCS−RNTI
・periodicity: configured grantタイプ1の周期
・timeDomainOffset: 時間領域におけるSFN=0に関するリソースのオフセット
・timeDomainAllocation: パラメータstartSymbolAndLengthを含む、時間領域におけるconfigured grantの配置
・nrofHARQ-Processes:HARQプロセスの数
また、タイプ2が設定された時、RRCは次のパラメータを設定する。
・cs-RNTI: アクティベーション、デアクティベーション、再送のためのCS−RNT

・periodicity: configured grantタイプ2の周期
・nrofHARQ-Processes: HARQプロセスの数
つまりConfiguredGrantConfigは、2つの方式にしたがって、ダイナミックグラントなしでアップリンク伝送を設定するために用いられる。実際のアップリンクグラントは、Configured Grantタイプ1では、RRC経由で設定され、Configured Grantタイプ2では、CS−RNTIで処理されたPDCCH経由で与えられる。

0080

上位層で設定されるパラメータrepKは、送信されたトランスポートブロックに適用される繰り返し数が定義される。repK-RVは、繰り返しに適用されるリダンダンシーバー
ジョンパターンを示す。K回繰り返し中のn回目送信機会に関して、設定されるRV系列(リダンダンシーバージョンパターン)の中の(mod(n−1、4)+1)番目の値に関連付けられた伝送が行われる。また一つのトランスポートブロックの初送は、設定されるRV系列が{0、2、3、1}の場合、K回繰り返しの最初の送信機会で開始される。設定されるRV系列が{0、3、0、3}の場合、RV=0と関連付けられたK回繰り返しのいずれかの送信機会で開始される。設定されるRV系列が{0、0、0、0}の場合、K=8の時の最後の送信機会を除く、K回繰り返しのいずれかの送信機会で開始される。いずれのRV系列に関しても、繰り返しはK回繰り返し送信後、あるいは周期P内のK回繰り返し中の最後の送信機会、あるいは周期P内に同じトランスポートブロックをスケジューリングするためのアップリンクグラントを受信した時のいずれかに初めに達した場合に終端される。端末装置は、周期Pによって算出される時間期間よりも長いK回繰り返し送信に関する時間期間が設定されることを期待しない。コンフィギュアドグラントによるタイプ1およびタイプ2PUSCH送信両方について、端末装置がrepK>1と設定された時、端末装置はそのトランスポートブロックをrepKの連続するスロットに渡って繰り返す。この時、端末装置は各スロットで同じシンボル配置を適用する。もしスロット構成の決定に関する端末装置のプロシージャが、配置されたスロットのシンボルダウンリンクシンボルとして判断(決定)する場合、そのスロットにおける送信は複数スロットのPUSCH送信に関し省略される。repKが設定された場合、値として1回、2回、4回、8回のいずれかを設定可能である。ただし、RRCパラメータ自体が存在しない場合、繰り返し数は1として送信を行う。またrepK-RVは、{0、2、3、1}、{0、3、0、3}、{0、0、0、0}のいずれかが設定され得る。なお、同一のトランスポートブロックから生成される異なるリダンダンシーバージョンの信号は、同一のトランスポートブロック(情報ビット系列)から構成される信号であるが、構成される符号化ビットの少なくとも一部が異なる。

0081

Rel.15では1スロットに1つのデータ信号(PUSCH)を配置することが仕様化されており、繰り返し送信では複数スロットに渡って繰り返し送信を行うことが仕様化されているが、Rel.16では、1スロット内で複数回PUSCH送信を繰り返し送信することが検討されている。RV系列が{0、0、0、0}の場合、1スロット内で送信開始機会を複数回設定することができる。例えば図4において点線は1スロットを示しており、1スロット内で2回の繰り返し送信が行われ、2スロットを用いて、合計4回の繰り返し送信を行うことを考える。ここで1スロット内での繰り返し数を行う場合、1スロット内での繰り返しの適用に関するRRCシグナリングが設定されているものとする。RRCシグナリングは単に適用に関するシグナリングではなく、1スロット内での繰り返し数、あるいは1スロット内での1つのPUSCHに用いられるOFDMシンボル数、スロットの分割数等を示すシグナリングであってもよい。スロット内ホッピングが設定された場合、第一のホップのシンボル数は、N/2を超えない最大の整数で与えられ、第二のホップのシンボル数は、NからN/2を超えない最大の整数を引いた数で与えられる。ここでNは、1スロット内のOFDMシンボル中の1繰り返しあたりのPUSCH伝送の長さであってもよいし、1スロット内のOFDMシンボル中の全繰り返しを考慮したPUSCH伝送の長さであってもよい。Nが1繰り返しあたりのPUSCH伝送の長さの場合、図5のようなスロット構成となる。この時、1つのPUSCH(トランスポートブロック)が連続しない複数RBを用いて送信されるため、繰り返し送信(PUSCH送信)毎に周波数ダイバーシチ効果を得ることができる。一方、Nが1スロット内のOFDMシンボル中の全繰り返しを考慮したPUSCH伝送の長さの場合、図6のようなスロット構成となる。この時、1つのPUSCH(トランスポートブロック)はホッピングが適用されることなく伝送される。スロット間ホッピングが設定され、かつ1スロット内での繰り返しの適用に関するRRCシグナリングが設定されない場合、Rel.15の周波数ホッピングと同様、スロットnにおける開始リソースブロックはスロット間周波数ホッピングで与えられる。ここでnは、1無線フレーム内の現在のスロット番号であり、マルチスロットPUSCH伝送が行われる場合に限られる。RBstartは、アンプリングBWP(Band Width Part)内の開始RBであり、リソースアロケーションタイプ1のリソースブロック割り当て情報から計算され、RBoffsetは、2つの周波数ホップ間のRBの周波数オフセットである。一方、スロット間ホッピングが設定され、かつ1スロット内での繰り返しの適用に関するRRCシグナリングが設定される場合、繰り返しkにおける開始リソースブロックは次のように与えられる。k mod 2=0を満たすとき、つまりスロット番号が偶数のとき、開始RBはRBstartとなり、k mod 2=1を満たすとき、つまりスロット番号が奇数のとき、開始RBは(RBstart+RBoffset)mod NBWPとなる。ここでkは、RRCシグナリングあるいはDCIで指定される繰り返し送信回数repK内の繰り返し数である。この場合、図7のようにホッピングが適用される。つまり、スロット間周波数ホッピングが設定されるにもかかわらず、他のRRCシグナリングの設定次第では、スロット間で周波数ホッピングを行わない。これは図6のようにスロット内で複数回の繰り返し送信を行うにもかかわらずスロット間で周波数ホッピングを行う場合、複数の繰り返しで連続して同じRBで送信を行うため、連続する繰り返し送信で周波数ダイバーシチ効果が得られないことがあるためである。本発明ではこれを避けるため、スロット間周波数ホッピングが設定されるにもかかわらず、繰り返し毎にPUSCH送信のRBにオフセットを与えて送信を行う。これにより、複数の繰り返し送信で連続して同じRBで送信しなくなるため、スロット内で繰り返し送信を行う場合に、伝送特性を大幅に改善することができる。

0082

なお、上記では繰り返し送信回数kとしたが、実際に送信を行った数ではなく、システム上見なされる送信回数であってもよい。例えば4回の繰り返し送信が認められ、何らかの理由によって最初の2回の送信を端末装置が行わなかった場合、繰り返し送信回数kは3から始まってもよい。(1ではなく0から送信回数を数える場合は、3ではなく2となる)。これにより、送信をスキップした場合においても、基地局装置と端末装置で周波数ホッピングパターン共有することができる。

0083

スロット内で繰り返し送信を行う場合のホッピングは必ずしも上記のように定義される必要はない。例えば、現在の繰り返し数だけではなく、現在の繰り返し数と1無線フレーム内の現在のスロット番号によって定義されてもよい。

0084

上記では周波数ホッピングに関するRRCパラメータは、スロット間周波数ホッピングあるいはスロット内周波数ホッピングが設定されるとしたが、これに限られず第3のパラメータが設定されてもよい。つまり繰り返し送信(ミニスロット)間でのホッピングを指定するパラメータが設定されてもよい。

0085

また1スロット内の繰り返し数が1または偶数でない場合、図8のように一部のPUSCHのみ、スロット内ホッピングが適用される可能性がある。これを避けるため、基地局は1スロット内の繰り返し送信数を1または偶数回に制限してもよい。これにより特定のPUSCH(繰り返し送信)のみでスロット内周波数ホッピングが適用されることを防ぐことができる。あるいは、1スロット内の繰り返し送信時に、繰り返し単位を構成するOFDMシンボル数に制限を加えてもよい。これはRRCパラメータを制限することによって達成される。

0086

無線送信部2070は、多重された信号をIFFT(Inverse Fast Fourier Transform)して、OFDMシンボルを生成する。無線送信部2070は、前記OFDMシンボルにCPを付加し、ベースバンドのディジタル信号を生成する。さらに、無線送信部2070は、前記ベースバンドのディジタル信号をアナログ信号に変換し、余分な周波数成分を除去し、アップコンバートにより搬送周波数に変換し、電力増幅し、送信アンテナ208を介して基地局装置10に送信する。

0087

受信部212は、無線受信部(無線受信ステップ)2120、多重分離部(多重分離ステップ)2122、伝搬路推定部(伝搬路推定ステップ)2144、等化部(等化ステップ)2126、復調部(復調ステップ)2128、復号部(復号ステップ)2130を含んで構成される。

0088

無線受信部2120は、受信アンテナ210を介して受信した下りリンク信号を、ダウンコンバートによりベースバンド信号に変換し、不要な周波数成分を除去し、信号レベルが適切に維持されるように増幅レベルを制御し、受信した信号の同相成分および直交成分に基づいて、直交復調し、直交復調されたアナログ信号をディジタル信号に変換する。無線受信部2120は、変換したディジタル信号からCPに相当する部分を除去し、CPを除去した信号に対してFFTを行い、周波数領域の信号を抽出する。

0089

多重分離部2122は、前記抽出した周波数領域の信号を下りリンク参照信号、PDCCH、PDSCH、PBCHに分離する。伝搬路推定部2124は、下りリンク参照信号(DM−RSなど)を用いて、周波数応答(または遅延プロファイル)を推定する。復調用に伝搬路推定された周波数応答結果は、等化部1126へ入力される。伝搬路推定部2124は、下りリンク参照信号(CSI−RSなど)を用いて、上りリンクのチャネル状況の測定(RSRP(Reference Signal Received Power)、RSRQ(Reference Signal Received Quality)、RSSI(Received Signal Strength Indicator)、SINR(Signal to Interference plus Noise power Ratio)の測定)を行う。下りリンクのチャネル状況の測定は、PUSCHのためのMCSの決定などに用いられる。下りリンクのチャネル状況の測定結果は、CQIインデックスの決定などに用いられる。

0090

等化部2126は、伝搬路推定部2124より入力された周波数応答よりMMSE規範に基づく等化重みを生成する。等化部2126は、多重分離部2122からの入力信号(PUCCH、PDSCH、PBCHなど)に該等化重みを乗算する。復調部2128は、予め決められている/制御部204から指示される変調オーダーの情報に基づき、復調処理を行う。

0091

復号部2130は、予め決められている符号化率/制御部204から指示される符号化率の情報に基づいて、前記復調部2128の出力信号に対して復号処理を行う。復号部2130は、復号後のデータ(DL-SCHなど)を上位層処理部202に入力する。

0092

本発明に関わる装置で動作するプログラムは、本発明に関わる上述した実施形態の機能
を実現するように、Central Processing Unit(CPU)等を制御してコンピュータを機能させるプログラムであっても良い。プログラムあるいはプログラムによって取り扱われる情報は、処理時に一時的にRandom Access Memory(RAM)などの揮発性メモリに読み込まれ、あるいはフラッシュメモリなどの不揮発性メモリやHard Disk Drive(HDD)に格納され、必要に応じてCPUによって読み出し修正・書き込みが行なわれる。

0093

なお、上述した実施形態における装置の一部、をコンピュータで実現するようにしても良い。その場合、実施形態の機能を実現するためのプログラムをコンピュータが読み取り可能な記録媒体に記録しても良い。この記録媒体に記録されたプログラムをコンピュータシステムに読み込ませ、実行することによって実現しても良い。ここでいう「コンピュータシステム」とは、装置に内蔵されたコンピュータシステムであって、オペレーティングシステム周辺機器等のハードウェアを含むものとする。また、「コンピュータが読み取り可能な記録媒体」とは、半導体記録媒体光記録媒体磁気記録媒体等のいずれであっても良い。

0094

さらに「コンピュータが読み取り可能な記録媒体」とは、インターネット等のネットワーク電話回線等の通信回線を介してプログラムを送信する場合の通信線のように、短時間、動的にプログラムを保持するもの、その場合のサーバクライアントとなるコンピュータシステム内部の揮発性メモリのように、一定時間プログラムを保持しているものも含んでも良い。また上記プログラムは、前述した機能の一部を実現するためのものであっても良く、さらに前述した機能をコンピュータシステムにすでに記録されているプログラムとの組み合わせで実現できるものであっても良い。

0095

また、上述した実施形態に用いた装置の各機能ブロック、または諸特徴は、電気回路、すなわち典型的には集積回路あるいは複数の集積回路で実装または実行され得る。本明細書で述べられた機能を実行するように設計された電気回路は、汎用用途プロセッサデジタルシグナルプロセッサ(DSP)、特定用途向け集積回路ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイFPGA)、またはその他のプログラマブル論理デバイスディスクリートゲートまたはトランジスタロジック、ディスクリートハードウェア部品、またはこれらを組み合わせたものを含んでよい。汎用用途プロセッサは、マイクロプロセッサであってもよいし、従来型のプロセッサ、コントローラマイクロコントローラ、またはステートマシンであっても良い。前述した電気回路は、ディジタル回路で構成されていてもよいし、アナログ回路で構成されていてもよい。また、半導体技術の進歩により現在の集積回路に代替する集積回路化の技術が出現した場合、当該技術による集積回路を用いることも可能である。

0096

なお、本願発明は上述の実施形態に限定されるものではない。実施形態では、装置の一例を記載したが、本願発明は、これに限定されるものではなく、屋内外に設置される据え置き型、または非可動型電子機器、たとえば、AV機器キッチン機器掃除洗濯機器空調機器オフィス機器自動販売機、その他生活機器などの端末装置もしくは通信装置に適用出来る。

0097

以上、この発明の実施形態に関して図面を参照して詳述してきたが、具体的な構成はこの実施形態に限られるものではなく、この発明の要旨を逸脱しない範囲の設計変更等も含まれる。また、本発明は、請求項に示した範囲で種々の変更が可能であり、異なる実施形態にそれぞれ開示された技術的手段を適宜組み合わせて得られる実施形態についても本発明の技術的範囲に含まれる。また、上記各実施形態に記載された要素であり、同様の効果を奏する要素同士を置換した構成も含まれる。

0098

本発明は、基地局装置、端末装置および通信方法に用いて好適である。

0099

10基地局装置
20端末装置
10a 基地局装置10が端末装置と接続可能な範囲
102 上位層処理部
104 制御部
106 送信部
108送信アンテナ
110受信アンテナ
112 受信部
1060 符号化部
1062変調部
1064下りリンク制御信号生成部
1066 下りリンク参照信号生成部
1068多重部
1070無線送信部
1120無線受信部
1122伝搬路推定部
1124多重分離部
1126等化部
1128復調部
1130復号部
202 上位層処理部
204 制御部
206 送信部
208 送信アンテナ
210 受信アンテナ
212 受信部
2060 符号化部
2062 変調部
2064上りリンク参照信号生成部
2066 上りリンク制御信号生成部
2068 多重部
2070 無線送信部
2120 無線受信部
2122 多重分離部
2124 伝搬路推定部
2126 等化部
2128 復調部
2130 復号部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】ビーム回復手順の実施が想定される場合に、RLMを適切に制御すること。本発明の一態様に係るユーザ端末は、仮想の下り制御チャネルに関する情報を受信する受信部と、前記情報に基づいて、下り制... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】同期信号ブロックを利用する無線通信システムにおいて制御チャネルの設定領域の情報を適切に通知するために、本発明のユーザ端末の一態様は、制御リソースセットの構成を示す所定ビット情報を含む... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 端末、無線通信方法及び基地局」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】マルチキャリア波形を有するUL信号を適切に送信するために、ユーザ端末は、連続する周波数リソースにわたるマルチキャリア波形を有する上り信号を、上り共有チャネルを用いて送信する送信部と、... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ