図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2020年7月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

バーコードラベルを必要とすることなく、必要な情報を効率的に読取れるようにする。

解決手段

段ボール箱7を梱包する粘着テープ1には、電子透かし技術を利用して、目に見えないように、例えば、梱包された物品に関する物品情報を含むコード情報が埋め込まれており、この粘着テープ1に埋め込まれている情報を、対応する読取り装置によって読取って検品等を行うようにし、段ボール箱1にバーコードラベルを貼付する必要をなくしている。

概要

背景

従来から、食料品農産品、工業品等の様々な物品収納保管し、あるいは移送運搬する梱包容器として、段ボール箱が多用されており、かかる段ボール箱では、フラップ等を封緘するために、梱包用粘着テープが使用されている(例えば、特許文献1参照)。

かかる段ボール箱では、その表面に、収納する物品名等を予め印刷しておくこともあるが、段ボール箱の表面に物品名等を印刷してしまうと、その物品専用の段ボール箱となり、他の物品を収納して運搬、保管等をすることができず、用途が限定されることになる。

このため、段ボール箱の表面に印刷するのではなく、必要な情報を表示したバーコードラベルを、段ボール箱に貼付し、バーコードラベルのバーコード情報を利用して、在庫管理流通管理等を行う場合も多い。

概要

バーコードラベルを必要とすることなく、必要な情報を効率的に読取れるようにする。段ボール箱7を梱包する粘着テープ1には、電子透かし技術を利用して、目に見えないように、例えば、梱包された物品に関する物品情報を含むコード情報が埋め込まれており、この粘着テープ1に埋め込まれている情報を、対応する読取り装置によって読取って検品等を行うようにし、段ボール箱1にバーコードラベルを貼付する必要をなくしている。

目的

本発明は、このような実情に着目してなされたものであって、バーコードラベルを必要とすることなく、必要な情報を効率的に読取れるようにすることを主たる目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

基材と、前記基材の少なくとも片面側に形成された粘着剤層と、読取り装置によって読取り可能な情報が印刷された印刷層とを備える、ことを特徴とする粘着テープ

請求項2

前記情報は、目に見えないように印刷されている、請求項1に記載の粘着テープ。

請求項3

前記情報が、前記読取り装置によって読取り可能なコード情報である、請求項1または2に記載の粘着テープ。

請求項4

前記情報が、当該粘着テープが貼着される梱包容器内収納される物品に関する物品情報を含む、請求項1ないし3のいずれか一項に記載の粘着テープ。

請求項5

前記印刷層を第1印刷層とし、前記情報が可変情報であり、固定情報が印刷された第2印刷層を更に備える、請求項1ないし4のいずれか一項に記載の粘着テープ。

請求項6

物品を収納した梱包容器と、該梱包容器の外面に貼着された粘着テープとを備える梱包体であって、前記粘着テープは、基材と、前記基材の少なくとも片面側に形成された粘着剤層と、読取り装置によって読取り可能な情報が印刷された印刷層とを備える、ことを特徴とする梱包体。

請求項7

前記情報は、目に見えないように印刷されている、請求項6に記載の梱包体。

請求項8

前記情報が、前記読取り装置によって読取り可能なコード情報である、請求項6または7に記載の梱包体。

請求項9

前記情報が、当該粘着テープが貼着される梱包容器内に収納される物品に関する物品情報を含む、請求項6ないし8のいずれか一項に記載の梱包体。

請求項10

読取り装置によって読取り可能な情報を、粘着テープに印刷する印刷工程と、物品を収納した梱包容器の外面に、前記情報が印刷された前記粘着テープを貼着する貼着工程とを含む、ことを特徴とする梱包方法

請求項11

前記印刷工程では、前記情報を、目に見えないように前記粘着テープに印刷する、請求項10に記載の梱包方法。

請求項12

前記情報が、前記読取り装置によって読取り可能なコード情報である、請求項10または11に記載の梱包方法。

請求項13

前記情報が、前記梱包容器に収納される前記物品に関する物品情報を含む、請求項10ないし12のいずれか一項に記載の梱包方法。

技術分野

0001

本発明は、段ボール箱梱包などに好適な粘着テープ、粘着テープを用いて梱包された梱包体、及び、粘着テープを用いた梱包方法に関する。

背景技術

0002

従来から、食料品農産品、工業品等の様々な物品収納保管し、あるいは移送運搬する梱包容器として、段ボール箱が多用されており、かかる段ボール箱では、フラップ等を封緘するために、梱包用の粘着テープが使用されている(例えば、特許文献1参照)。

0003

かかる段ボール箱では、その表面に、収納する物品名等を予め印刷しておくこともあるが、段ボール箱の表面に物品名等を印刷してしまうと、その物品専用の段ボール箱となり、他の物品を収納して運搬、保管等をすることができず、用途が限定されることになる。

0004

このため、段ボール箱の表面に印刷するのではなく、必要な情報を表示したバーコードラベルを、段ボール箱に貼付し、バーコードラベルのバーコード情報を利用して、在庫管理流通管理等を行う場合も多い。

先行技術

0005

特開平7−26221号公報

発明が解決しようとする課題

0006

上記のような在庫管理や流通管理では、例えば、倉庫に保管された段ボール箱、あるいは、入荷や出荷される段ボール箱に貼付されたバーコードラベルのバーコード情報をバーコードリーダによって読取って、読取ったバーコード情報と、在庫情報、あるいは、入荷や出荷情報とを比較して検品を行っている。

0007

このようにバーコードラベルを用いて検品を行う場合には、予め、バーコードを表示したバーコードラベルを準備し、バーコードラベルを段ボール箱に貼付する作業が必要となる。

0008

更に、バーコードラベルは、通常、段ボール箱の一箇所のみに貼付されるので、バーコードリーダによってバーコードラベルを読取れる位置が制限されることになる。このため、バーコードの読取り作業に時間を要し、検品の作業効率が低下する場合がある。

0009

本発明は、このような実情に着目してなされたものであって、バーコードラベルを必要とすることなく、必要な情報を効率的に読取れるようにすることを主たる目的とする。

課題を解決するための手段

0010

上記目的を達成するために、本発明では、次のように構成している。

0011

(1)本発明に係る粘着テープは、基材と、前記基材の少なくとも片面側に形成された粘着剤層と、読取り装置によって読取り可能な情報が印刷された印刷層とを備えている。

0012

本発明によると、粘着テープには、例えば、バーコードリーダなどの読取り装置によって読取り可能な情報が印刷されているので、かかる粘着テープによって、段ボール箱等の梱包容器を梱包することによって、梱包容器の外面には、情報が印刷された粘着テープが貼付された状態となる。

0013

この梱包容器の外面に貼付された粘着テープに印刷されている情報を、読取り装置によって読取ることができ、この情報を利用して検品等を行うことができる。

0014

したがって、従来のように、バーコードラベルを準備して、段ボール箱等の梱包容器に、バーコードラベルを貼付する必要がなく、その分、作業負担が軽減される。

0015

更に、粘着テープは、従来のバーコードラベルのように、段ボール箱等の梱包容器の一箇所のみに貼付されるのではなく、梱包の際には、梱包容器の複数の面や端縁部等の複数箇所に亘って貼着される。したがって、粘着テープに印刷された情報は、読取り装置によって、梱包容器の複数の面や端縁部等の複数箇所に亘って貼着された粘着テープから読取ることが可能となり、従来に比べて、情報の読取り作業が容易となり、読取り作業に要する時間を短縮することができる。

0016

(2)本発明の好ましい実施態様では、前記情報は、目に見えないように印刷されている。

0017

この実施態様によると、情報は、例えば、Digimarc Corporation(以下「デジマーク社」という)などの電子透かし技術を利用して、目にみえないように粘着テープに埋め込まれているので、情報を、例えば、バーコード等として粘着テープに印刷しても、バーコード等が視認されることがなく、粘着テープの美観を損なうことがない。

0018

(3)本発明の他の実施態様では、前記情報が、前記読取り装置によって読取り可能なコード情報である。

0019

この実施態様によると、粘着テープに印刷された情報が、例えば、バーコードリーダ等の読取り装置によって読取り可能なバーコードやQRコード登録商標)等のコード情報であるので、粘着テープに印刷された情報を、バーコードリーダ等の読取り装置によって容易に読取ることができる。

0020

(4)本発明の更に他の実施態様では、前記情報が、当該粘着テープが貼着される梱包容器内に収納される物品に関する物品情報を含んでいる。

0021

この実施態様によると、粘着テープに印刷された情報には、当該粘着テープが貼着される梱包容器内に収納される物品に関する物品情報を含んでいるので、粘着テープの物品情報を読取って、物品の入出荷や在庫管理等に利用することができる。

0022

(5)本発明の他の実施態様では、前記印刷層を第1印刷層とし、前記情報が可変情報であり、固定情報が印刷された第2印刷層を更に備える。

0023

この実施態様によると、予め第2印刷層に固定情報を印刷しておき、第1印刷層に可変情報を後印刷することができる。

0024

(6)本発明に係る梱包体は、物品を収納した梱包容器と、該梱包容器の外面に貼着された粘着テープとを備える梱包体であって、前記粘着テープは、基材と、前記基材の少なくとも片面側に形成された粘着剤層と、読取り装置によって読取り可能な情報が印刷された印刷層とを備えている。

0025

本発明によると、段ボール箱等の梱包容器に貼着された梱包用の粘着テープには、読取り装置、例えば、バーコードリーダなどによって読取り可能な情報が印刷されているので、この情報を、読取り装置によって読取って、梱包容器に収納された物品の検品等を行うことができる。

0026

したがって、従来のように、バーコードラベルを準備して、梱包容器に、バーコードラベルを貼付する必要がなく、その分、作業負担が軽減される。

0027

更に、粘着テープは、従来のバーコードラベルのように、段ボール箱等の梱包容器の一箇所のみに貼付されるのではなく、梱包の際には、梱包容器の複数の面や端縁部等の複数箇所に亘って貼着される。したがって、粘着テープに印刷された情報は、読取り装置によって、梱包容器の複数の面や端縁部等の複数箇所に亘って貼着された粘着テープから読取ることが可能となり、従来に比べて、情報の読取り作業が容易となり、読取り作業に要する時間を短縮することができる。

0028

(7)本発明の好ましい実施態様では、前記情報は、目に見えないように印刷されている。

0029

この実施態様によると、情報は、電子透かし技術を利用して、目にみえないように粘着テープに埋め込まれているので、情報を、例えば、バーコード等として粘着テープに印刷しても、バーコード等が視認されることがなく、粘着テープの美観を損なうことがない。

0030

(8)本発明の他の実施態様では、前記情報が、前記読取り装置によって読取り可能なコード情報である。

0031

この実施態様によると、粘着テープに印刷された情報が、例えば、バーコードリーダ等の読取り装置によって読取り可能なバーコードやQRコード(登録商標)等のコード情報であるので、粘着テープに印刷された情報を、バーコードリーダ等の読取り装置によって容易に読取ることができる。

0032

(9)本発明の更に他の実施態様では、前記情報が、当該粘着テープが貼着される梱包容器内に収納される物品に関する物品情報を含んでいる。

0033

この実施態様によると、粘着テープに印刷された情報には、当該粘着テープが貼着される梱包容器内に収納される物品に関する物品情報を含んでいるので、粘着テープの物品情報を読取って、物品の入出荷や在庫管理等に利用することができる。

0034

(10)本発明に係る梱包方法は、読取り装置によって読取り可能な情報を、粘着テープに印刷する印刷工程と、物品を収納した梱包容器の外面に、前記情報が印刷された前記粘着テープを貼着する貼着工程とを含んでいる。

0035

本発明によると、粘着テープに、読取り装置によって読取り可能な情報を印刷し、情報が印刷された粘着テープを用いて、物品を収納した梱包容器を梱包することによって、例えば、バーコードリーダなどの読取り装置によって、粘着テープに印刷されている情報を読取って、梱包容器に収納された物品の検品等を行うことができる。

0036

したがって、従来のように、バーコードラベルを準備して、梱包容器にバーコードラベルを貼付する必要がなく、その分、作業負担が軽減される。

0037

更に、粘着テープは、従来のバーコードラベルのように、段ボール箱等の梱包容器の一箇所のみに貼付されるのではなく、梱包の際には、梱包容器の複数の面や端縁部等の複数箇所に亘って貼着される。したがって、粘着テープに印刷された情報は、読取り装置によって、梱包容器の複数の面や端縁部等の複数箇所に亘って貼着された粘着テープから読取ることが可能となり、従来に比べて、情報の読取り作業が容易となり、読取り作業に要する時間を短縮することができる。

0038

(11)本発明の好ましい実施態様では、前記印刷工程では、前記情報を、目に見えないように前記粘着テープに印刷する。

0039

この実施態様によると、印刷工程では、情報を、電子透かし技術を利用して、目にみえないように粘着テープに埋め込むので、情報を、例えば、バーコード等として粘着テープに印刷しても、バーコード等が視認されることがなく、粘着テープの美観を損なうことがない。

0040

(12)本発明の他の実施態様では、前記情報が、前記読取り装置によって読取り可能なコード情報である。

0041

この実施態様によると、粘着テープに印刷された情報が、例えば、バーコードリーダ等の読取り装置によって読取り可能なバーコードやQRコード(登録商標)等のコード情報であるので、粘着テープに印刷された情報を、バーコードリーダ等の読取り装置によって容易に読取ることができる。

0042

(13)本発明の更に他の実施態様では、前記情報が、前記梱包容器に収納される前記物品に関する物品情報を含んでいる。

0043

この実施態様によると、粘着テープに印刷された情報には、梱包容器に収納される物品に関する物品情報を含んでいるので、粘着テープの物品情報を読取って、物品の入出荷や在庫管理等に利用することができる。

発明の効果

0044

本発明によれば、粘着テープには、バーコードリーダ等の読取り装置によって読取り可能な情報が印刷されているので、かかる粘着テープによって、段ボール箱等の梱包容器を梱包することによって、梱包容器の外面には、情報が印刷された粘着テープが貼付された状態となる。

0045

この梱包容器の外面に貼付された粘着テープに印刷されている情報を、読取り装置によって読取ることができ、この情報を用いて、検品等を行うことができる。

0046

したがって、従来のように、バーコードラベルを準備して、段ボール箱等の梱包容器に、バーコードラベルを貼付する必要がなく、その分、作業負担が軽減される。

0047

更に、粘着テープは、従来のバーコードラベルのように、段ボール箱等の梱包容器の一箇所のみに貼付されるのではなく、梱包の際には、梱包容器の複数の面や端縁部等の複数箇所に亘って貼着される。したがって、粘着テープに印刷された情報は、読取り装置によって、梱包容器の複数の面や端縁部等の複数箇所に亘って貼着された粘着テープから読取ることが可能となり、従来に比べて、情報の読取り作業が容易となり、読取り作業に要する時間を短縮することができる。

図面の簡単な説明

0048

図1は本発明の一実施形態に係る粘着テープの斜視図である。
図2図1のA−A線に沿う模式的な断面図である。
図3図1の粘着テープを用いた段ボール箱の梱包例を示す斜視図である。
図4は本発明の他の実施形態に係る粘着テープの図2に対応する模式的な断面図である。
図5は本発明の更に他の実施形態に係る粘着テープの図2に対応する模式的な断面図である。
図6は本発明の他の実施形態に係る粘着テープの図1に対応する斜視図である。

実施例

0049

以下、本発明の実施の形態を、図面を参照しながら説明する。

0050

図1は本発明の一実施形態に係る粘着テープの斜視図であり、図2図1のA−A線に沿う断面を模式的に示す図である。

0051

この実施形態の粘着テープ1は、例えば、段ボール箱の封緘等に使用される梱包用テープとして好適である。

0052

この粘着テープ1は、基材2を備えると共に、この基材2の一方の面側に、離型剤層3及び第1印刷層4を備え、基材2の他方の面側に、第2印刷層5及び粘着剤層6を備えている。

0053

この粘着テープ1は、その両面に、離型剤層3及び粘着剤層6を備えているので、剥離紙を必要とすることなく、離型剤層3の上に粘着剤層6を重ねるようにして、図1に示されるようにロール状に巻回することができる。

0054

基材2は、特に限定されず、樹脂フィルム紙材等を用いることができる。樹脂フィルムとしては、例えば、ポリオレフィン系樹脂ポリエステル系樹脂ポリ塩化ビニル系樹脂フッ素系樹脂生分解性フィルム等のフィルムが挙げられる。具体的には、二軸延伸ポリプロピレン(OPP)、ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリスチレン(PS)のフィルム、ポリ乳酸PLA)のフィルムなどが挙げられる。

0055

離型剤層3は、例えば、シリコーン樹脂で形成された層であり、粘着剤が粘着テープの表面に固着することを防止する。

0056

第1印刷層4は、後述のように、電子透かし技術を利用して、人の目に見えないようにコード情報が印刷された層である。このコード情報は、対応する読取り装置によって読取ることができる。コード情報には、従来のバーコードラベルのバーコード情報を含ませることができる。この実施形態では、コード情報には、当該粘着テープ1によって封緘される段ボール箱内に収納される物品に関する物品情報、例えば、物品名、製造年月日ロット番号等の可変情報が含まれている。なお、コード情報には、可変情報に限らず、例えば、当該粘着テープ1によって封緘される段ボール箱内に収納される物品の製造メーカー名やロゴマーク等の固定情報を含めてもよく、あるいは、固定情報のみであってもよい。

0057

この第1印刷層4は、予め第2印刷層5が印刷された粘着テープに対して、後印刷することができる。この第1印刷層4は、粘着テープの製造メーカー側で印刷してもよいし、粘着テープを使用するユーザー側で印刷してもよい。

0058

第2印刷層5は、例えば、背景色などが予め印刷された層である。この第2印刷層5は、公知のグラビア印刷フレキソ印刷シルクスクリーン印刷などの公知の印刷手法を採用して印刷することができる。

0059

この第2印刷層5には、固定情報を予め印刷してもよいし、粘着テープ1のデザイン性を高めるために、絵柄等を予め印刷してもよい。なお、この第2印刷層5は省略してもよい。

0060

粘着剤層6は、粘着剤で形成された層であり、粘着剤としては、例えば、アクリル系粘着剤ゴム系粘着剤シリコン系粘着剤等が挙げられ、アクリル系粘着剤が好ましい。

0061

なお、この粘着剤層6の第2印刷層5とは反対側の面には、剥離紙を設けてもよく、この場合、離型剤層3を省略してもよい。

0062

この実施形態では、粘着テープ1の第1印刷層4は、コード情報が、上記のように電子透かし技術を利用して、目に見えないように印刷されている。

0063

具体的には、デジマーク社の電子透かし技術であるDigimarcBarcode(R)(以下「デジマークバーコード」という)を使用してコード情報を、人の目に見えないように、バーコードとして粘着テープ1に埋め込んでいる。

0064

このコード情報は、粘着テープ1の表面を拡大しなければ目に見えない多数のドット情報として埋め込まれているので、殆ど視認することができない状態となっている。このコード情報は、粘着テープ1の全面、すなわち、粘着テープ1の長手方向及び幅方向に亘って、多数のバーコードとして埋め込まれている。

0065

このコード情報の埋め込みは、デジマークバーコードに対応したプリンタ、この実施形態では、デジマークバーコードに対応した熱転写プリンタによる熱転写印刷によって行われる。

0066

粘着テープ1に目に見えないように埋め込まれたバーコードは、デジマークバーコードに対応した読取り装置であるバーコードリーダによって読取ることができる。

0067

次に、上記構成を有する粘着テープ1を用いた段ボール箱の梱包方法について説明する。

0068

この実施形態に係る梱包方法は、印刷工程と貼着工程とを備えている。先ず、印刷工程では、第1印刷層4が印刷されていない状態の粘着テープに対して、第1印刷層4を、熱転写プリンタによって、コード情報としてのデジマークバーコードを印刷する。このデジマークバーコードは、段ボール箱に収納される物品に関する物品情報を含んでいる。

0069

貼着工程では、物品を収納した段ボール箱を、デジマークバーコードを印刷した粘着テープ1によって梱包し、段ボール箱に粘着テープ1を貼着する。

0070

図3は、このようにして梱包された梱包例を示す斜視図であり、粘着テープ1を、段ボール箱7の上面と底面における左右と中央に貼着した、いわゆる、H貼りした梱包例を示している。

0071

梱包容器としての段ボール箱7に、物品を収納し、粘着テープ1によって梱包することによって、段ボール箱7と粘着テープ1とを備える梱包体8が構成される。

0072

粘着テープ1に、目に見えないようにバーコードとして埋め込まれたコード情報には、従来のバーコードラベルの情報を含めることができるので、段ボール箱7を、粘着テープ1を用いて梱包することによって、段ボール箱7には、目に見えないバーコードを有する粘着テープ1が貼付された状態となり、従来のバーコードラベルを段ボール箱7に貼付する必要がない。

0073

したがって、バーコードラベルを準備したり、段ボール箱にバーコードラベルを貼付する必要がなく、従来の粘着テープを用いた梱包に代えて、本発明に係る粘着テープ1を用いて梱包すればよい。

0074

このように、バーコードラベルを準備して、段ボール箱7にバーコードラベルを貼付する必要がないので、その分、作業負担が軽減される。

0075

更に、段ボール箱7に貼着された粘着テープ1は、上記のようにコード情報が、目に見えないバーコードとして、その全面に亘って多数埋め込まれているので、図3に示される段ボール7の粘着テープ1が貼着されている、いずれの面からもバーコードリーダによって粘着テープ1のバーコードを読取ることができる。これによって、バーコードラベルが、段ボール箱の一箇所のみに貼付された従来のように、バーコードリーダによって読取ることができる位置が制限されることはなく、読取り作業に要する時間を短縮することができる。

0076

特に、倉庫などに積み上げて保管されている多数の段ボール箱7のバーコードを読取る際には、遠距離の読取りが可能なバーコードリーダを用いて、段ボール箱7のどの面からも粘着テープ1のバーコードを読取ることが可能となり、検品等の作業効率を高めることができる。

0077

また、粘着テープ1の全面に亘って多数埋め込まれているバーコードは、目に見えないので、粘着テープ1の美観を損なうこともない。更に、第2印刷層5に、絵柄等を予め印刷しておくことによって、第1印刷層4のバーコードが、絵柄等を損なうこともなく、粘着テープ1のデザイン性を高めることができる。

0078

上記実施形態では、第1印刷層4は、後印刷するものであったが、本発明の他の実施形態として、例えば、上記図2に対応する図4の模式的な断面図に示すように、第1印刷層4を予め印刷するようにしてもよい。

0079

この図4に示される粘着テープ1aは、基材2、離型剤層3、及び、粘着剤層6を備えている。この粘着テープ1aでは、基材2の一方の面には、第1印刷層4aとして、熱転写プリンタによって、コード情報が、上記実施形態と同様に、デジマークバーコードを使用して目に見えないように印刷され、更に、第2印刷層5aが印刷される。その他の構成は、上記実施形態と同様である。

0080

上記各実施形態では、第1印刷層4,4aは、熱転写プリンタによって熱転写印刷したが、本発明の他の実施形態として、例えば、上記図2に対応する図5の模式的な断面図に示すように、サーマル感熱)プリンタによって感熱印刷するようにしてもよい。

0081

すなわち、図5に示される粘着テープ1bは、上記図2に示される実施形態と同様に、基材2、離型剤層3、第2印刷層5、粘着剤層6を備えている。

0082

この実施形態では、第1印刷層4bは、感熱発色層を、感熱発色させてコード情報を、上記実施形態と同様に、デジマークバーコードを使用して目に見えないように印刷したものである。その他の構成は、上記実施形態と同様である。

0083

なお、第1印刷層4,4a,4bは、熱転写方式や感熱方式に限らず、インクジェット方式などの他の方式で印刷してもよい。

0084

上記の各実施形態では、第1印刷層4,4a,4bは、電子透かし技術を利用して、目に見えないように、コード情報を印刷したが、本発明の他の実施形態として、電子透かし技術を利用することなく、図6に示すように、コード情報であるバーコード9の多数を、粘着テープ1cの全面に亘って見えるように印刷してもよい。

0085

この実施形態の粘着テープ1cを用いて段ボール箱7を梱包することによって、段ボール箱7には、多数のバーコード9を有する粘着テープ1cが貼付された状態となり、従来のバーコードラベルを段ボール箱7に貼付する必要がない。

0086

また、粘着テープ1cには、バーコード9が、その全面に亘って多数印刷されているので、段ボール箱7のどの面からもバーコードリーダによって粘着テープ1cのバーコード9を読取ることができ、読取り作業に要する時間を短縮することができる。

0087

コード情報は、一次元のバーコードに限らず、QRコード(登録商標)等の2次元コードとして印刷してもよい。

0088

上記実施形態では、デジマーク社の電子透かし技術であるデジマークバーコードを利用してコード情報を、人の目に見えないように、粘着テープ1,1a,1bに埋め込んだが、デジマークバーコードに限らず、他の電子透かし技術を用いてもよいのは勿論である。

0089

粘着テープは、梱包用に限らず、例えば、マスキング用、結束用包装用などの他の用途に使用してもよい。

0090

1,1a,1b,1c粘着テープ
2基材
3離型剤層
4,4a,4b 第1印刷層
5,5a 第2印刷層
6粘着剤層
7段ボール箱(梱包容器)
8梱包体
9 バーコード

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 青田晶玖水晶有限公司の「 展示機能を持つ水晶パッケージ」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は展示機能を持つ水晶パッケージを開示した。【解決手段】ケース本体を含み、前記ケース本体にはケースチャンバが設置され、前記ケースチャンバの両側にはスライドチャンバが連通するように設置され、... 詳細

  • 済南惠満汽車用品有限公司の「 インスタントラーメンカップ」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】麺の出来上がりを知らせるインスタントラーメンカップを提供する。【解決手段】インスタントラーメンカップは、カップ本体22を含み、前記カップ本体の右端面にはハンドル21が固定的に設けられ、前記カッ... 詳細

  • 済寧奇康包装有限公司の「 茶葉パッケージ」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は茶葉パッケージを開示した。【解決手段】茶葉ボックスを含み、前記茶葉ボックスの右端面には機能ブロックが固定的に設置され、前記機能ブロックの中には機能溝が設置され、前記機能溝の中には開口機... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ