図面 (/)

技術 ローション剤

出願人 大正製薬株式会社
発明者 鈴木一裕有泉秀彦
出願日 2020年3月19日 (9ヶ月経過) 出願番号 2020-048660
公開日 2020年7月9日 (5ヶ月経過) 公開番号 2020-105217
状態 未査定
技術分野 他の有機化合物及び無機化合物含有医薬 化粧料 医薬品製剤
主要キーワード 選択成分 皮膚適用製剤 ドデシルヘキサデカノール 睫毛用 パンプキン ヘンイコサ ミリシルアルコール センブリ抽出液
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年7月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

ミノキシジル含有育毛剤において、くし通りが良好なミノキシジル含有ローション剤を提供することを課題とする。

解決手段

高級アルコールを配合することで、ミノキシジル含有ローション剤において、くし通りが良好であることを見出した。 すなわち、ミノキシジル、高級アルコール、pH調節剤、及び20w/v%より多くの低級アルコールを含有することを特徴とするローション剤である。pH調節剤としては無機酸又はその塩、並びに炭素数が6以下の有機酸及びその塩からなる群から選ばれる少なくとも1種が好ましい。

概要

背景

ミノキシジル化学名を6−(1−ピペリジニル)−2,4−ピリミジンジアミン−3−オキサイドと称し、育毛剤としての適応が知られており(特許文献1)、優れた育毛発毛効果を発揮する薬剤として多数の報告がある。
ミノキシジル含有ローション剤は、頭部に長期間にわたって毎日使用するものであるため、使用感においても優れたローション剤が求められている。ミノキシジルの濃度を高めたローション剤について報告されているが(特許文献2)、特許文献2のローション剤を使用した際、くし通りが悪化し、使用感が悪くなることが課題となっている。
したがって、ミノキシジルを配合したローション剤においてくし通りが良好な製剤が望まれている。
一方、高級アルコールは、乳化安定化剤起泡剤として、クリーム乳液、あるいはシャンプーなどの剤型で用いられている(特許文献3〜4)。

概要

ミノキシジル含有育毛剤において、くし通りが良好なミノキシジル含有ローション剤を提供することを課題とする。高級アルコールを配合することで、ミノキシジル含有ローション剤において、くし通りが良好であることを見出した。 すなわち、ミノキシジル、高級アルコール、pH調節剤、及び20w/v%より多くの低級アルコールを含有することを特徴とするローション剤である。pH調節剤としては無機酸又はその塩、並びに炭素数が6以下の有機酸及びその塩からなる群から選ばれる少なくとも1種が好ましい。 なし

目的

したがって、ミノキシジルを配合したローション剤においてくし通りが良好な製剤が望まれている

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ミノキシジル高級アルコールpH調節剤、及び20w/v%より多くの低級アルコールを含有することを特徴とするローション剤

請求項2

pH調節剤が、無機酸及びその塩、並びに炭素数が6以下の有機酸及びその塩からなる群から選ばれる少なくとも1種である、請求項1に記載のローション剤。

請求項3

ミノキシジルの含有量が3w/v%以上である、請求項1に記載のローション剤。

請求項4

高級アルコールの含有量が0.1〜10w/v%である、請求項1に記載のローション剤。

請求項5

高級アルコールの含有量が0.1〜5w/v%である、請求項1に記載のローション剤。

請求項6

高級アルコールの含有量が0.1〜1.5w/v%である、請求項1に記載のローション剤。

請求項7

高級アルコールの炭素数が6〜24である、請求項1、4〜6のいずれかに記載のローション剤。

請求項8

請求項9

低級アルコールの含有量が35w/v%以上である、請求項1に記載のローション剤。

技術分野

0001

本発明は、ミノキシジルを有効成分とするローション剤に関する。更に詳細には、ミノキシジル含有ローション剤の適用により生じる使用感の悪さを改善する技術に関する。

背景技術

0002

ミノキシジルは化学名を6−(1−ピペリジニル)−2,4−ピリミジンジアミン−3−オキサイドと称し、育毛剤としての適応が知られており(特許文献1)、優れた育毛発毛効果を発揮する薬剤として多数の報告がある。
ミノキシジル含有ローション剤は、頭部に長期間にわたって毎日使用するものであるため、使用感においても優れたローション剤が求められている。ミノキシジルの濃度を高めたローション剤について報告されているが(特許文献2)、特許文献2のローション剤を使用した際、くし通りが悪化し、使用感が悪くなることが課題となっている。
したがって、ミノキシジルを配合したローション剤においてくし通りが良好な製剤が望まれている。
一方、高級アルコールは、乳化安定化剤起泡剤として、クリーム乳液、あるいはシャンプーなどの剤型で用いられている(特許文献3〜4)。

先行技術

0003

米国特許第4139619号明細書
特開2001−288090号公報
特開平9−169622号公報
特表2008−500459号公報

発明が解決しようとする課題

0004

本発明は、くし通りが良好なミノキシジル含有ローション剤を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0005

本発明者らは、上記課題を解決すべく鋭意検討を重ねた結果、高級アルコールを配合すると、ミノキシジルに起因するくし通りの悪さを改善することを見出し、本発明を完成するに至った。

0006

すなわち本発明は、
(1)ミノキシジル、高級アルコール、pH調節剤、及び20w/v%より多くの低級アルコールを含有することを特徴とするローション剤、
(2)pH調節剤が、無機酸及びその塩、並びに炭素数が6以下の有機酸及びその塩からなる群から選ばれる少なくとも1種である、(1)に記載のローション剤、
(3)ミノキシジルの含有量が3w/v%以上である、(1)に記載のローション剤、
(4)高級アルコールの含有量が0.1〜10w/v%である、(1)に記載のローション剤、
(5)高級アルコールの含有量が0.1〜5w/v%である、(1)に記載のローション剤、
(6)高級アルコールの含有量が0.1〜1.5w/v%である、(1)に記載のローション剤、
(7)高級アルコールの炭素数が6〜24である、(1)、(4)〜(6)のいずれかに記載のローション剤、
(8)高級アルコールが、ジアセトンアルコールラウリルアルコールミリスチルアルコールセチルアルコールヘキシルデカノールセトステアリルアルコールステアリルアルコールイソステアリルアルコールオレイルアルコールアラキルアルコールオクチルドデカノールベヘニルアルコール、及びデシルテトラデカノールからなる群から選ばれる少なくとも1種である、(1)、(4)〜(7)のいずれかに記載のローション剤、
(9)低級アルコールの含有量が35w/v%以上である、(1)に記載のローション剤、
である。

発明の効果

0007

本発明により、くし通りが良好なミノキシジル含有ローション剤を提供することが可能になった。

0008

本発明によれば、ミノキシジル、高級アルコール、pH調節剤、及び20w/v%より多くの低級アルコールを含有するローション剤は、くし通りが良好なものとなる。
本発明のローション剤において用いるミノキシジルは、通常医薬品に用いられる品質のものを適宜使用することができる。また、本発明によれば、ミノキシジルの含有量が多くなるにつれくし通りの課題が大きくなるため、ローション剤中におけるミノキシジルの濃度が高いほど、本発明を実施する意義が大きい。具体的には、本発明のローション剤中1w/v%以上が好ましく、より好ましくは3w/v%以上であり、更に好ましくは5w/v%以上である。

0009

さらに、ミノキシジルとpH調節剤の両方を配合すると、さらにくし通りが悪化することもわかった。しかしながら、高級アルコールの配合によって、本発明のローション剤はくし通りが良好なものとなる。本発明のローション剤において用いるpH調節剤としては、本発明のローション剤の液性を7以下に調節する成分が好ましく、無機酸又はその塩もしくは炭素数が6以下の有機酸又はその塩が挙げられる。具体的にはリン酸クエン酸乳酸酒石酸塩酸酢酸ホウ酸グルコン酸硫酸リンゴ酸マレイン酸アジピン酸コハク酸等が挙げられ、好ましくはリン酸、クエン酸、乳酸、酒石酸である。これらpH調節剤を1種又は2種以上組み合わせてもよい。

0010

また、本発明のローション剤は、主薬成分のミノキシジルの安定性、使用時の肌への刺激感、薬物の浸透性、使用感等の点から、そのpHを4〜9.5の範囲に調整することが好ましく、5〜7の範囲がさらに好ましい。

0011

本発明のローション剤において用いる高級アルコールとしては、炭素数6〜36の高級アルコールが好ましく、例えばカプロイルアルコール、カプリリルアルコール、カプリルアルコール、ラウリルアルコール、ミリスチルアルコール、セチルアルコール、ステアリルアルコール、アラキルアルコール、ベヘニルアルコール、カルナービルアルコール、セリルアルコールコリヤニルアルコールミリシルアルコールメリシルアルコール、ラクセリルアルコール、ヘプタノールノナノールウンデカノールトリデカノールペンタデカノール、ヘプタデカノールノナデカノール、ヘンイコサノール、トリコサノール、ペンタコサノール、ヘプタコサノール、ノナコサノール、トリトリアコンタノール、テトラトリアコンタノール、ペンタトリアコンタノール、ヘプタトリアコンタノール、ジアセトンアルコール、ラノリンアルコール、セトステアリルアルコール、ヘキシルデカノール、イソセチルアルコール、オレイルアルコール、エライジルアルコール、イソステアリルアルコール、オクチデカノール、オクチルドデカノール、デシルテトラデカノール、ドデシルヘキサデカノールテトラデシルオクタデカノール、テトラデシルエイコサノール等が挙げられる。このうち、炭素数が6〜24のジアセトンアルコール、カプロイルアルコール、カプリリルアルコール、カプリルアルコール、ラウリルアルコール、トリデカノール、ミリスチルアルコール、ペンタデカノール、セチルアルコール、ヘキシルデカノール、イソセチルアルコール、セトステアリルアルコール、ヘプタデカノール、ステアリルアルコール、オレイルアルコール、イソステアリルアルコール、オクチルデカノール、ノナデカノール、アラキルアルコール、オクチルドデカノール、ヘンイコサノール、ベヘニルアルコール、デシルテトラデカノールがより好ましく、そのうち、ジアセトンアルコール、ラウリルアルコール、ミリスチルアルコール、セチルアルコール、ヘキシルデカノール、セトステアリルアルコール、ステアリルアルコール、イソステアリルアルコール、オレイルアルコール、アラキルアルコール、オクチルドデカノール、ベヘニルアルコール、デシルテトラデカノールがさらに好ましい。本発明の高級アルコールは、1種又は2種以上組み合わせて使用しても良い。また、本発明の高級アルコールは、1気圧、20℃で液状又は固形状のどちらを使用してもよい。1気圧、20℃で液状の高級アルコールとしては、例えば、ジアセトンアルコール、ヘキシルデカノール、イソステアリルアルコール、オレイルアルコール、オクチルドデカノール等が挙げられ、1気圧、20℃で固形状の高級アルコールとしては、例えばラウリルアルコール、ミリスチルアルコール、セチルアルコール、セトステアリルアルコール、ステアリルアルコール、アラキルアルコール、ベヘニルアルコール、デシルテトラデカノール等が挙げられる。高級アルコールの含有量は、本発明の効果の点からローション剤中0.05〜10w/v%が好ましく、0.1〜5w/v%がより好ましく、0.25〜2w/v%が更に好ましい。なお、固形状の高級アルコールを使用する場合は、ローション剤中2w/v%以上配合すると析出物が発生する場合があるため、上限は1.5w/v%が好ましい。

0012

本発明のローション剤において用いる低級アルコールとしては、炭素数1〜5のものが好ましく、例えばエタノールイソプロパノールなどが好ましく、これらを組み合わせて使用しても良い。本発明のローション剤中の低級アルコールの含有量は、全組成物中20w/v%より多くする必要がある。好ましくは35w/v%以上であり、更に好ましくは50w/v%以上である。含有量が20w/v%以下であると、本発明のローション剤を調製することができないからである。

0013

本発明のローション剤は、更に必要により多価アルコールや水を配合することができる。多価アルコールの例としては、1,3−ブチレングリコールジプロピレングリコールプロピレングリコールグリセリン等が挙げられ、これらを1種又は2種以上組み合わせてもよい。多価アルコールの配合量は、全組成物中好ましくは2〜55w/v%であり、より好ましくは5〜35w/v%である。水の配合量は、2〜75w/v%が好ましく、より好ましくは5〜50w/v%である。

0014

本発明のローション剤は、更に必要により高級脂肪酸を配合することができる。高級脂肪酸の例としては、炭素数10〜22のものが好ましく、例えばイソステアリン酸オレイン酸ステアリン酸カプリン酸ラウリン酸ミリスチン酸パルミチン酸パルミトレイン酸リノール酸リノレン酸エライジン酸アラキジン酸アラキドン酸ベヘン酸エイコサペンタエン酸ドコサヘキサエン酸等が挙げられ、これらを1種又は2種以上組み合わせてもよい。このうち、炭素数18のものが好ましく、特にイソステアリン酸又はオレイン酸が好ましい。高級脂肪酸の配合量は、全組成物中好ましくは0.1〜10w/v%であり、より好ましくは1〜6w/v%である。

0015

本発明のローション剤は、更に必要により界面活性剤を配合することができる。しかしながら、界面活性剤の添加は、使用感やミノキシジルの皮膚吸収に影響を与える可能性があり、本発明のローション剤では、界面活性剤を配合しなくても充分なくし通り改善効果が得られるため、実質的に界面活性剤を含まないものとすることが好ましい。

0016

本発明のローション剤は、上記した各成分の他に、本発明の効果を損なわない範囲で、必要な活性成分補助成分を加えることができる。本発明のローション剤に添加、配合することが好ましい薬効成分としては、メントールビタミンEアセテートパントテニルエチルエーテルヒノキチオール塩酸ピリドキシングリチルレチン酸塩酸ジフェンヒドラミンパンテノールから成る群より選ばれた成分が挙げられる。
これら選択成分添加量は、特に制約はなく、使用感やミノキシジルの安定性あるいは溶剤組成等を考慮しながら実験的に定めることができる。

0017

本発明のローション剤においては、上記した成分の他、本発明の効果を損なわない範囲で、一般の外用剤に用いられる種々の活性成分や補助成分を配合することができる。例えば、賦形剤育毛成分(6−ベンジルアミノプリンアデノシンペンタデカン酸グリセリド、何首鳥等)、血管拡張剤塩化カルプロニウムニコチン酸ベンジルセンブリ抽出液オタネニンジンエキスチクセツニンジンチンキトウガラシチンキ等)、抗ヒスタミン剤(塩酸イソチペンジル等)、抗炎症剤グアイアズレン等)、角質溶解剤尿素サリチル酸等)、殺菌剤グルコン酸クロルヘキシジンイソプロピルメチルフェノール、第4級アンモニウム塩ピロクトンオラミン等)、保湿剤ヒアルロン酸又はその塩、コンドロイチン硫酸等)、各種動植物イチイボタンピカンゾウオトギリソウ附子ビワカワラヨモギコンフリーアシタバサフランサンシシローズマリーセージモッコウセイモッコウ、ホッププラセンタノコギリヤシパンプキンシード等)の抽出物ビタミン類酢酸レチノールアスコルビン酸硝酸チアミンシアノコバラミンビオチン等)、抗酸化剤ジブチルヒドロキシトルエンピロ亜硫酸ナトリウムトコフェロールエデト酸ナトリウム、アスコルビン酸、イソプロピルガレート等)、溶解補助剤アジピン酸ジイソプロピルミリスチン酸イソプロピル、各種植物油、各種動物油アルキルグリセリルエーテル炭化水素類等)、代謝賦活剤ゲル化剤水溶性高分子等)、粘着剤香料清涼化剤ハッカ油カンフル等)、染料等の通常使用される成分を配合することができる。

0018

本発明のローション剤の調製は、常法に従い、上記各成分を含有することにより調製される。

0019

かくして得られる本発明のローション剤は、頭髪用剤睫毛用剤、眉毛用剤等の皮膚適用製剤等として使用することができる。

0020

以下に、実施例、比較例及び試験例を記載し、本発明をさらに具体的に説明するが、本発明はこれら実施例等により何ら制約されるものではない。

0021

(実施例1)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール30g、セチルアルコール0.25g、エタノール35g、リン酸適量精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH5.9のローション剤を得た。

0022

(実施例2)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、ステアリルアルコール0.1g、エタノール67g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.4のローション剤を得た。

0023

(実施例3)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、ミリスチルアルコール0.1g、エタノール67g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.4のローション剤を得た。

0024

(実施例4)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、ベヘニルアルコール0.1g、エタノール67g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.3のローション剤を得た。

0025

(実施例5)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、オレイルアルコール0.1g、エタノール67g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.4のローション剤を得た。

0026

(実施例6)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、セチルアルコール0.1g、エタノール60g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.2のローション剤を得た。

0027

(実施例7)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、セチルアルコール0.25g、エタノール60g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.2のローション剤を得た。

0028

(実施例8)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、セチルアルコール0.5g、エタノール60g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.2のローション剤を得た。

0029

(実施例9)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、セチルアルコール1.5g、エタノール67g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.4のローション剤を得た。

0030

(実施例10)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、セチルアルコール2g、エタノール67g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.5のローション剤を得た。

0031

(実施例11)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、オレイルアルコール5g、エタノール56g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.2のローション剤を得た。

0032

(実施例12)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、オレイルアルコール10g、エタノール51g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.2のローション剤を得た。

0033

(実施例13)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、アラキルアルコール0.1g、エタノール67g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.3のローション剤を得た。

0034

(実施例14)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、オクチルドデカノール0.1g、エタノール67g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.5のローション剤を得た。

0035

(実施例15)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、デシルテトラデカノール0.1g、エタノール67g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.4のローション剤を得た。

0036

(実施例16)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、ラウリルアルコール0.1g、エタノール67g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.4のローション剤を得た。

0037

(実施例17)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、ジアセトンアルコール0.1g、エタノール67g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.4のローション剤を得た。

0038

(実施例18)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、イソステアリルアルコール0.1g、エタノール67g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.4のローション剤を得た。

0039

(実施例19)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、ヘキシルデカノール0.1g、エタノール67g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.4のローション剤を得た。

0040

(比較例1)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール10g、エタノール60g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してpH6.2のローション剤を得た。

0041

(比較例2)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール30g、セチルアルコール0.25g、エタノール18g、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してローション剤を得た。

0042

(処方例)
ミノキシジル5g、1,3−ブチレングリコール3g、プロピレングリコール3g、ジプロピレングリコール3g、グリセリン3g、セチルアルコール0.5g、エタノール50g、l-メントール0.3g、塩酸ピリドキシン0.05g、ビタミンEアセテート0.08g、パントテニルエチルエーテル1g、パンテノール1g、塩化カルプロニウム2g、グリチルレチン酸0.1g、塩酸ジフェンヒドラミン0.1g、ヒノキチオール0.05g、サリチル酸0.2g、抗酸化剤適量、リン酸適量、精製水で全量を100mLとし、撹拌溶解してローション剤を得た。

0043

実施例1〜19及び比較例1〜2の処方を表1〜3に示す。

0044

0045

0046

0047

<試験例1:くし通り試験>
実施例1〜実施例19及び比較例1に関し、頭髪模型(Beaulax社製)の頭部にローション剤1mL/25cm2を塗布し、12時間から20時間後にくし通りを評価した。評価は、1(くし通りに抵抗がない)、2(くし通りにほとんど抵抗がない)、3(くし通りに抵抗がある)、4(くし通りにかなり抵抗がある)の4段階とし、2回評価した平均値が2以下のものを◎、2より大きく3以下のものを○、3より大きいものを×とした。結果を表4〜5に示す。

0048

0049

0050

表4〜5から明らかなように、比較例1のくし通りスコアの平均値が4と著しくくし通りが悪かったが、実施例1〜実施例19のくし通りスコアの平均値は、意外にも3以下であり、高級アルコールを配合することにより、比較例と比べてくし通りが改善した。

0051

<試験例2:ローション剤の調製試験>
実施例1〜実施例19及び比較例2に関し、ローションの調製試験を実施した。配合成分全てが溶解したものを○、溶解しない成分があったものを×とした。結果を表6〜7に示す。

0052

0053

実施例

0054

表6〜7から明らかなように、エタノールが18gしか含まれない比較例2は、セチルアルコールを全て溶解することができなかった。一方、実施例1〜実施例19のローション剤は、配合成分が全て溶解し、析出物のない澄明なローション剤が得られた。また、実施例9に関しては、数時間後に高級アルコール様の析出がわずかに認められたため、固形状の高級アルコールは1.5%までがより好ましい結果となった。

0055

本発明により、ミノキシジル含有ローション剤において、くし通りが良好なミノキシジル含有ローション剤を提供することが可能になった。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ