図面 (/)

技術 基地局装置、端末装置、通信方法、および、集積回路

出願人 シャープ株式会社鴻穎創新有限公司
発明者 星野正幸山田昇平高橋宏樹坪井秀和劉麗清
出願日 2018年12月21日 (2年10ヶ月経過) 出願番号 2018-239387
公開日 2020年7月2日 (1年4ヶ月経過) 公開番号 2020-102752
状態 未査定
技術分野 移動無線通信システム
主要キーワード 専用パラメータ 洗濯機器 電力調整制御 ゼロパワー キッチン機器 ブロッケージ 設定周期毎 タイムインスタンス
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年7月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (15)

課題

端末装置基地局装置が効率的に通信を行うこと

解決手段

無線通信システムにおいて、基地局装置と端末装置が、効率的に端末装置、基地局装置、通信方法、および、集積回路を提供することを目的とし、サウンディング参照信号を送信する送信部と、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を受信する受信部と、を備え、サウンディング参照信号の送信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロスを、活性化されたBWPの下り参照信号を用い見積もるよう上位レイヤより設定され、下り参照信号に特定の参照信号を設定されていない場合に、ランダムアクセス手順により特定した同期信号ブロックの参照信号を適用する。

概要

背景

現在、第5世代のセルラーシステムに向けた無線アクセス方式および無線ネットワーク技術として、第三世代パートナーシッププロジェクト(3GPP: The Third Generation Partnership Project)において、LTE(Long Term Evolution)-Advanced Pro及びNR(New Radio technology)の技術検討及び規格策定が行われている(非特許文献1)。

第5世代のセルラーシステムでは、高速・大容量伝送を実現するeMBB(enhanced Mobile BroadBand)、低遅延・高信頼通信を実現するURLLC(Ultra-Reliable and Low Latency Communication)、IoT(Internet of Things)などマシン型デバイスが多数接続するmMTC(massive Machine Type Communication)の3つがサービスの想定シナリオとして要求されている。

概要

端末装置基地局装置が効率的に通信を行うこと無線通信システムにおいて、基地局装置と端末装置が、効率的に端末装置、基地局装置、通信方法、および、集積回路を提供することを目的とし、サウンディング参照信号を送信する送信部と、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を受信する受信部と、を備え、サウンディング参照信号の送信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロスを、活性化されたBWPの下り参照信号を用い見積もるよう上位レイヤより設定され、下り参照信号に特定の参照信号を設定されていない場合に、ランダムアクセス手順により特定した同期信号ブロックの参照信号を適用する。

目的

本発明の目的は、上記のような無線通信システムにおいて、効率的な通信を可能とする端末装置、基地局装置、通信方法、および、集積回路を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

端末装置であって、第一のサウンディング参照信号を送信する送信部と、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を受信する受信部と、を備え、前記第一のサウンディング参照信号の送信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロスを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう上位レイヤより設定され、前記第一の下り参照信号に特定の参照信号を設定されていない場合に、ランダムアクセス手順により特定した第一のブロックの参照信号を適用する、端末装置であって、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む、端末装置。

請求項2

基地局装置であって、端末装置1に第一のサウンディング参照信号を受信する受信部と、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を送信する送信部と、を備え、前記端末装置1が、前記第一のサウンディング参照信号の受信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロス見積もりを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう、上位レイヤより設定し、前記端末装置1の上位レイヤが、パスロスリファレンスを提供されていない場合、または、端末装置1が、専用上位レイヤ設定を提供される前には、端末装置1が、端末装置1の特定の最近のランダムアクセス手順により選択された第一のブロックの参照信号を適用し、前記下りリンクパスロス見積もりを算出している想定に基づいて、電力制御をおこなう電力制御部をさらに備え、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号、セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む、基地局装置。

請求項3

端末装置の通信方法であって、第一のサウンディング参照信号信号を送信し、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を受信し、前記第一のサウンディング参照信号の送信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロスを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう上位レイヤより設定され、前記第一の下り参照信号に特定の参照信号を設定されていない場合に、ランダムアクセス手順により特定した第一のブロックの参照信号を適用する、通信方法であって、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号、セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む、通信方法。

請求項4

基地局装置の通信方法であって、端末装置1に第一のサウンディング参照信号を受信し、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を送信する送信し、前記端末装置1が、前記第一のサウンディング参照信号の受信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロス見積もりを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう、上位レイヤより設定し、前記端末装置1の上位レイヤが、パスロスリファレンスを提供されていない場合、または、端末装置1が、専用上位レイヤ設定を提供される前には、端末装置1が、端末装置1の特定の最近のランダムアクセス手順により選択された第一のブロックの参照信号を適用し、前記下りリンクパスロス見積もりを算出している想定に基づいて、電力制御をおこない、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号、セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む、通信方法。

請求項5

端末装置に実装される集積回路であって、第一のサウンディング参照信号を送信する送信手段と、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を受信する受信手段と、を備え、前記第一のサウンディング参照信号の送信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロスを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう上位レイヤより設定され、前記第一の下り参照信号に特定の参照信号を設定されていない場合に、ランダムアクセス手順により特定した第一のブロックの参照信号を適用する、集積回路であって、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号、セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む、集積回路。

請求項6

基地局装置に実装される集積回路であって、端末装置1に第一のサウンディング参照信号を受信する受信手段と、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を送信する送信手段と、を備え、前記端末装置1が、前記第一のサウンディング参照信号の受信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロス見積もりを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう、上位レイヤより設定し、前記端末装置1の上位レイヤが、パスロスリファレンスを提供されていない場合、または、端末装置1が、専用上位レイヤ設定を提供される前には、端末装置1が、端末装置1の特定の最近のランダムアクセス手順により選択された第一のブロックの参照信号を適用し、前記下りリンクパスロス見積もりを算出している想定に基づいて、電力制御をおこない、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号、セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む、集積回路。

技術分野

0001

本発明は、基地局装置端末装置通信方法、および、集積回路に関する。

背景技術

0002

現在、第5世代のセルラーシステムに向けた無線アクセス方式および無線ネットワーク技術として、第三世代パートナーシッププロジェクト(3GPP: The Third Generation Partnership Project)において、LTE(Long Term Evolution)-Advanced Pro及びNR(New Radio technology)の技術検討及び規格策定が行われている(非特許文献1)。

0003

第5世代のセルラーシステムでは、高速・大容量伝送を実現するeMBB(enhanced Mobile BroadBand)、低遅延・高信頼通信を実現するURLLC(Ultra-Reliable and Low Latency Communication)、IoT(Internet of Things)などマシン型デバイスが多数接続するmMTC(massive Machine Type Communication)の3つがサービスの想定シナリオとして要求されている。

先行技術

0004

RP-161214,NTTDOCOMO, “Revision of SI: Study on New Radio Access Technology”, 2016年6月

発明が解決しようとする課題

0005

本発明の目的は、上記のような無線通信システムにおいて、効率的な通信を可能とする端末装置、基地局装置、通信方法、および、集積回路を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

(1)上記の目的を達成するために、本発明の態様は、以下のような手段を講じた。すなわち、本発明の一態様における端末装置は、第一のサウンディング参照信号を送信する送信部と、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を受信する受信部と、を備え、前記第一のサウンディング参照信号の送信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロスを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう上位レイヤより設定され、前記第一の下り参照信号に特定の参照信号を設定されていない場合に、ランダムアクセス手順により特定した第一のブロックの参照信号を適用する、端末装置であって、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む。

0007

(2)また、本発明の一態様における基地局装置は、端末装置1に第一のサウンディング参照信号を受信する受信部と、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を送信する送信部と、を備え、前記端末装置1が、前記第一の第一のサウンディング参照信号の受信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロス見積もりを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう、上位レイヤより設定し、前記端末装置1の上位レイヤが、パスロスリファレンスを提供されていない場合、または、端末装置1が、専用上位レイヤ設定を提供される前には、端末装置1が、端末装置1の特定の最近のランダムアクセス手順により選択された第一のブロックの参照信号を適用し、前記下りリンクパスロス見積もりを算出している想定に基づいて、電力制御をおこなう電力制御部をさらに備え、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号、セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む。

0008

(3)また、本発明の一態様における通信方法は、端末装置の通信方法であって、第一のサウンディング参照信号を送信し、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を受信し、前記第一のサウンディング参照信号の送信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロスを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう上位レイヤより設定され、前記第一の下り参照信号に特定の参照信号を設定されていない場合に、ランダムアクセス手順により特定した第一のブロックの参照信号を適用する、通信方法であって、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号、セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む。

0009

(4)また、本発明の一態様における通信方法は、基地局装置の通信方法であって、端末装置1に第一のサウンディング参照信号を受信し、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を送信し、前記端末装置1が、前記第一のサウンディング参照信号の受信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロス見積もりを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう、上位レイヤより設定し、前記端末装置1の上位レイヤが、パスロスリファレンスを提供されていない場合、または、端末装置1が、専用上位レイヤ設定を提供される前には、端末装置1が、端末装置1の特定の最近のランダムアクセス手順により選択された第一のブロックの参照信号を適用し、前記下りリンクパスロス見積もりを算出している想定に基づいて、電力制御をおこない、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号、セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む。

0010

(5)また、本発明の一態様における集積回路は、端末装置に実装される集積回路であって、第一のサウンディング参照信号を送信する送信手段と、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を受信する受信手段と、を備え、前記第一のサウンディング参照信号の送信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロスを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう上位レイヤより設定され、前記第一の下り参照信号に特定の参照信号を設定されていない場合に、ランダムアクセス手順により特定した第一のブロックの参照信号を適用する、集積回路であって、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号、セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む。

0011

(6)また、本発明の一態様における集積回路は、基地局装置に実装される集積回路であって、端末装置1に第一のサウンディング参照信号を受信する受信手段と、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を送信する送信手段と、を備え、前記端末装置1が、前記第一のサウンディング参照信号の受信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロス見積もりを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう、上位レイヤより設定し、前記端末装置1の上位レイヤが、パスロスリファレンスを提供されていない場合、または、端末装置1が、専用上位レイヤ設定を提供される前には、端末装置1が、端末装置1の特定の最近のランダムアクセス手順により選択された第一のブロックの参照信号を適用し、前記下りリンクパスロス見積もりを算出している想定に基づいて、電力制御をおこない、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号、セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む。

発明の効果

0012

この発明によれば、基地局装置と端末装置が、効率的に通信することができる。

図面の簡単な説明

0013

本発明の実施形態に係る無線通信システムの概念を示す図である。
本発明の実施形態に係るSS/PBCHブロックおよびSSバーストセットの例を示す図である。
本発明の実施形態に係る上りリンクおよび下りリンクスロット概略構成の一例を示す図である。
本発明の実施形態に係るサブフレーム、スロット、ミニスロットの時間領域における関係を示した図である。
本発明の実施形態に係るスロットまたはサブフレームの一例を示す図である。
本発明の実施形態に係るビームフォーミングの一例を示した図である。
本発明の実施形態に係るPRACH機会に対するSSBインデックス割当の一例を示す図である。
本発明の実施形態に係るランダムアクセス手順における端末装置1と基地局装置3との間の複数のメッセージ送受信の概念図である。
本発明の実施形態に係るマスクインデックスのテーブルの一例を示す図である。
本実施形態に係る端末装置1の非競合ベースランダムアクセスプリアンブル送信処理の一例を示すフロー図である。
本実施形態に係る基地局装置3の非競合ベースランダムアクセスプリアンブルの受信処理の一例を示すフロー図である。
本発明の実施形態に係るプリアンブルインデックスの割当の一例を示す図である。
本発明の実施形態に係る端末装置1の構成を示す概略ブロック図である。
本発明の実施形態に係る基地局装置3の構成を示す概略ブロック図である。

実施例

0014

以下、本発明の実施形態について説明する。

0015

図1は、本実施形態における無線通信システムの概念図である。図1において、無線通信システムは、端末装置1A、端末装置1B、および基地局装置3を具備する。以下、端末装置1A、および、端末装置1Bを、端末装置1とも称する。

0016

端末装置1は、ユーザ端末移動局装置通信端末移動機端末、UE(User Equipment)、MS(Mobile Station)とも称される。基地局装置3は、無線基地局装置基地局、無線基地局固定局、NB(Node B)、eNB(evolved Node B)、BTS(Base Transceiver Station)、BS(Base Station)、NR NB(NR Node B)、NNB、TRP(Transmission and Reception Point)、gNBとも称される。基地局装置3は、コアネットワーク装置を含んでも良い。また、基地局装置3は、1つまたは複数の送受信点4(transmission reception point)を具備しても良い。以下で説明する基地局装置3の機能/処理の少なくとも一部は、該基地局装置3が具備する各々の送受信点4における機能/処理であってもよい。基地局装置3は、基地局装置3によって制御される通信可能範囲(通信エリア)を1つまたは複数のセルとして端末装置1をサーブしてもよい。また、基地局装置3は、1つまたは複数の送受信点4によって制御される通信可能範囲(通信エリア)を1つまたは複数のセルとして端末装置1をサーブしてもよい。また、1つのセルを複数の部分領域(Beamed area)にわけ、それぞれの部分領域において端末装置1をサーブしてもよい。ここで、部分領域は、ビームフォーミングで使用されるビームのインデックスあるいはプリコーディングのインデックスに基づいて識別されてもよい。

0017

基地局装置3から端末装置1への無線通信リンクを下りリンクと称する。端末装置1から基地局装置3への無線通信リンクを上りリンクと称する。

0018

図1において、端末装置1と基地局装置3の間の無線通信では、サイクリックプレフィックス(CP: Cyclic Prefix)を含む直交周波数分割多重(OFDM: Orthogonal Frequency Division Multiplexing)、シングルキャリア周波数多重(SC-FDM: Single-Carrier Frequency Division Multiplexing)、離散フーリエ変換拡散OFDM(DFT-S-OFDM: Discrete Fourier Transform Spread OFDM)、マルチキャリア符号分割多重(MC-CDM: Multi-Carrier Code Division Multiplexing)が用いられてもよい。

0019

また、図1において、端末装置1と基地局装置3の間の無線通信では、ユニバーサルフィルタマルチキャリア(UFMC: Universal-Filtered Multi-Carrier)、フィルタOFDM(F-OFDM: Filtered OFDM)、窓関数乗算されたOFDM(Windowed OFDM)、フィルタバンクマルチキャリア(FBMC: Filter-Bank Multi-Carrier)が用いられてもよい。

0020

なお、本実施形態ではOFDMを伝送方式としてOFDMシンボルで説明するが、上述の他の伝送方式の場合を用いた場合も本発明に含まれる。

0021

また、図1において、端末装置1と基地局装置3の間の無線通信では、CPを用いない、あるいはCPの代わりにゼロパディングをした上述の伝送方式が用いられてもよい。また、CPやゼロパディングは前方と後方の両方に付加されてもよい。

0022

本実施形態の一態様は、LTEやLTE−A/LTE−A Proといった無線アクセス技術(RAT: Radio Access Technology)とのキャリアアグリゲーションまたはデュアルコネクティビティにおいてオペレーションされてもよい。このとき、一部またはすべてのセルまたはセルグループキャリアまたはキャリアグループ(例えば、プライマリセル(PCell: Primary Cell)、セカンダリセル(SCell: Secondary Cell)、プライマリセカンダリセル(PSCell)、MCG(Master Cell Group)、SCG(Secondary Cell Group)など)で用いられてもよい。また、単独でオペレーションするスタンドアローンで用いられてもよい。デュアルコネクティビティオペレーションにおいては、SpCell(Special Cell)は、MAC(MAC: Medium Access Control)エンティティがMCGに関連付けられているか、SCGに関連付けられているかに応じて、それぞれ、MCGのPCellまたは、SCGのPSCellと称する。デュアルコネクティビティオペレーションでなければ、SpCell(Special Cell)は、PCellと称する。SpCell(Special Cell)は、PUCCH送信と、競合ベースランダムアクセスサポートする。

0023

本実施形態では、端末装置1に対して1つまたは複数のサービングセルが設定されてもよい。設定された複数のサービングセルは、1つのプライマリセルと1つまたは複数のセカンダリセルとを含んでもよい。プライマリセルは、初期コネクション確立(initial connection establishment)プロシージャが行なわれたサービングセル、コネクション確立(connection re-establishment)プロシージャを開始したサービングセル、または、ハンドオーバプロシージャにおいてプライマリセルと指示されたセルであってもよい。RRC(Radio Resource Control)コネクションが確立された時点、または、後に、1つまたは複数のセカンダリセルが設定されてもよい。ただし、設定された複数のサービングセルは、1つのプライマリセカンダリセルを含んでもよい。プライマリセカンダリセルは、端末装置1が設定された1つまたは複数のセカンダリセルのうち、上りリンクにおいて制御情報送信可能なセカンダリセルであってもよい。また、端末装置1に対して、マスターセルグループとセカンダリセルグループの2種類のサービングセルのサブセットが設定されてもよい。マスターセルグループは1つのプライマリセルと0個以上のセカンダリセルで構成されてもよい。セカンダリセルグループは1つのプライマリセカンダリセルと0個以上のセカンダリセルで構成されてもよい。

0024

本実施形態の無線通信システムは、TDD(Time Division Duplex)および/またはFDD(Frequency Division Duplex)が適用されてよい。複数のセルの全てに対してTD
D(Time Division Duplex)方式またはFDD(Frequency Division Duplex)方式が適
用されてもよい。また、TDD方式が適用されるセルとFDD方式が適用されるセルが集約されてもよい。

0025

下りリンクにおいて、サービングセルに対応するキャリアを下りリンクコンポーネントキャリア(あるいは下りリンクキャリア)と称する。上りリンクにおいて、サービングセルに対応するキャリアを上りリンクコンポーネントキャリア(あるいは上りリンクキャリア)と称する。サイドリンクにおいて、サービングセルに対応するキャリアをサイドリンクコンポーネントキャリア(あるいはサイドリンクキャリア)と称する。下りリンクコンポーネントキャリア、上りリンクコンポーネントキャリア、および/またはサイドリンクコンポーネントキャリアを総称してコンポーネントキャリア(あるいはキャリア)と称する。

0026

本実施形態の物理チャネルおよび物理信号について説明する。

0027

図1において、端末装置1と基地局装置3の無線通信では、以下の物理チャネルが用いられる。

0028

・PBCH(Physical Broadcast CHannel)
・PDCCH(Physical Downlink Control CHannel)
PDSCH(Physical Downlink Shared CHannel)
・PUCCH(Physical Uplink Control CHannel)
・PUSCH(Physical Uplink Shared CHannel)
・PRACH(Physical Random Access CHannel)

0029

PBCHは、端末装置1が必要な重要なシステム情報を含む重要情報ブロックMIB: Master Information Block、EIB: Essential Information Block、BCH:Broadcast Channel)を報知するために用いられる。

0030

また、PBCH(物理報知チャネルとも称する)は、同期信号のブロック(SS/PBCHブロックとも称する)の周期内時間インデックスを報知するために用いられてよい。ここで、時間インデックスは、セル内の同期信号およびPBCHのインデックスを示す情報である。例えば、3つの送信ビーム送信フィルタ設定、受信空間パラメータに関する擬似同位置(QCL:Quasi Co-Location))の想定を用いてSS/PBCHブロック
を送信する場合、予め定められた周期内または設定された周期内の時間順を示してよい。また、端末装置は、時間インデックスの違いを送信ビームの違いと認識してもよい。同期信号のブロックには、プライマリ同期信号とセカンダリ同期信号、物理報知チャネル、物理報知チャネルを復調するための参照信号、を含んでよい。プライマリ同期信号およびセカンダリ同期信号、物理報知チャネルを復調するための参照信号については後述する。

0031

PDCCHは、下りリンクの無線通信(基地局装置3から端末装置1への無線通信)において、下りリンク制御情報(Downlink Control Information: DCI)を送信する(また
運ぶ)ために用いられる。ここで、下りリンク制御情報の送信に対して、1つまたは複数のDCI(DCIフォーマットと称してもよい)が定義される。すなわち、下りリンク制御情報に対するフィールドがDCIとして定義され、情報ビットマップされる。

0032

例えば、以下のDCIフォーマットが定義されてよい。
・DCIフォーマット0_0
・DCIフォーマット0_1
・DCIフォーマット1_0
・DCIフォーマット1_1
・DCIフォーマット2_0
・DCIフォーマット2_1
・DCIフォーマット2_2
・DCIフォーマット2_3

0033

DCIフォーマット0_0は、PUSCHのスケジューリング情報周波数領域リソース割当及び時間領域リソース割当)を示す情報を含んでよい。

0034

DCIフォーマット0_1は、PUSCHのスケジューリング情報(周波数領域リソース割当及び時間領域リソース割当)を示す情報、帯域部分(BWP:BandWidth Part)を示す情報、チャネル状態情報(CSI:Channel State Information)リクエスト、サウ
ディング参照信号(SRS:Sounding Reference Signal)リクエスト、アンテナポー
トに関する情報を含んでよい。

0035

DCIフォーマット1_0は、PDSCHのスケジューリング情報(周波数領域リソース割当及び時間領域リソース割当)を示す情報を含んでよい。

0036

DCIフォーマット1_1は、PDSCHのスケジューリング情報(周波数領域リソース割当及び時間領域リソース割当)を示す情報、帯域部分(BWP)を示す情報、送信設定指示(TCI:Transmission Configuration Indication)、アンテナポートに関する
情報を含んでよい。

0037

DCIフォーマット2_0は、1つまたは複数のスロットのスロットフォーマット通知するために用いられる。スロットフォーマットは、スロット内の各OFDMシンボルが下りリンク、フレキシブル、上りリンクのいずれかに分類されたものとして定義される。例えば、スロットフォーマットが28の場合、スロットフォーマット28が指示されたスロット内の14シンボルのOFDMシンボルに対してDDDDDDDDDDDDFUが適用される。ここで、Dが下りリンクシンボル、Fがフレキシブルシンボル、Uが上りリンクシンボルである。なお、スロットについては後述する。

0038

DCIフォーマット2_1は、端末装置1に対して、送信がないと想定してよい物理リソースブロックとOFDMシンボルを通知するために用いられる。なお、この情報はプリエンプション指示(間欠送信指示)と称してよい。

0039

DCIフォーマット2_2は、PUSCHおよびPUSCHのための送信電力制御(TPC:Transmit Power Control)コマンドの送信のために用いられる。

0040

DCIフォーマット2_3は、1または複数の端末装置1によるサウンディング参照信号(SRS)送信のためのTPCコマンドのグループを送信するために用いられる。また、TPCコマンドとともに、SRSリクエストが送信されてもよい。また、DCIフォーマット2_3に、PUSCHおよびPUCCHのない上りリンク、またはSRSの送信電力制御がPUSCHの送信電力制御と紐付いていない上りリンクのために、SRSリクエストとTPCコマンドが定義されてよい。

0041

下りリンクに対するDCIを、下りリンクグラント(downlink grant)、または、下りリンクアサインメント(downlink assignment)とも称する。ここで、上りリンクに対す
るDCIを、上りリンクグラント(uplink grant)、または、上りリンクアサインメント
(Uplink assignment)とも称する。

0042

PUCCHは、上りリンクの無線通信(端末装置1から基地局装置3の無線通信)において、上りリンク制御情報(Uplink Control Information: UCI)を送信するために用い
られる。ここで、上りリンク制御情報には、下りリンクのチャネルの状態を示すために用いられるチャネル状態情報(CSI: Channel State Information)が含まれてもよい。また、上りリンク制御情報には、UL−SCHリソースを要求するために用いられるスケジューリング要求(SR: Scheduling Request)が含まれてもよい。また、上りリンク制御情報には、HARQACK(Hybrid Automatic Repeat request ACKnowledgement)が含まれてもよい。HARQ−ACKは、下りリンクデータ(Transport block, Medium Access Control Protocol Data Unit: MACPDU, Downlink-Shared Channel: DL-SCH)に対するHARQ−ACKを示してもよい。

0043

PDSCHは、媒介アクセス(MAC: Medium Access Control)層からの下りリンクデータ(DL-SCH: Downlink Shared CHannel)の送信に用いられる。また、下りリンクの場合
にはシステム情報(SI: System Information)やランダムアクセス応答(RAR: Random Access Response)などの送信にも用いられる。

0044

PUSCHは、MAC層からの上りリンクデータ(UL-SCH: Uplink Shared CHannel)
または上りリンクデータと共にHARQ−ACKおよび/またはCSIを送信するために用いられてもよい。また、CSIのみ、または、HARQ−ACKおよびCSIのみを送信するために用いられてもよい。すなわち、UCIのみを送信するために用いられてもよい。

0045

ここで、基地局装置3と端末装置1は、上位層(上位レイヤ:higher layer)において信号をやり取り(送受信)する。例えば、基地局装置3と端末装置1は、無線リソース制御(RRC: Radio Resource Control)層において、RRCシグナリング(RRC message: Radio Resource Control message、RRC information: Radio Resource Control informationとも称される)を送受信してもよい。また、基地局装置3と端末装置1は、MAC(Medium Access Control)層において、MACコントロールエレメントを送受信してもよい。ここで、RRCシグナリング、および/または、MACコントロールエレメントを、上位層の信号(上位レイヤ信号:higher layer signaling)とも称する。ここでの上位層は、物理層から見た上位層を意味するため、MAC層、RRC層RLC層PDCP層、NAS(Non Access Stratum)層などの一つまたは複数を含んでもよい。例えば、MAC層の処理において上位層とは、RRC層、RLC層、PDCP層、NAS層などの一つまたは複数を含んでもよい。

0046

PDSCHまたはPUSCHは、RRCシグナリング、および、MACコントロールエレメントを送信するために用いられてもよい。ここで、PDSCHにおいて、基地局装置3から送信されるRRCシグナリングは、セル内における複数の端末装置1に対して共通のシグナリングであってもよい。また、基地局装置3から送信されるRRCシグナリングは、ある端末装置1に対して専用のシグナリング(dedicated signalingとも称する)で
あってもよい。すなわち、端末装置固有(UEスペフィック)の情報は、ある端末装置1に対して専用のシグナリングを用いて送信されてもよい。また、PUSCHは、上りリンクにおいてUEの能力(UE Capability)の送信に用いられてもよい。

0047

図1において、下りリンクの無線通信では、以下の下りリンク物理信号が用いられる。ここで、下りリンク物理信号は、上位層から出力された情報を送信するために使用されないが、物理層によって使用される。
・同期信号(Synchronization signal:SS)
・参照信号(Reference Signal: RS)

0048

同期信号は、プライマリ同期信号(PSS:Primary Synchronization Signal)およびセカンダリ同期信号(SSS)を含んでよい。PSSとSSSを用いてセルIDが検出されてよい。

0049

同期信号は、端末装置1が下りリンクの周波数領域および時間領域の同期をとるために用いられる。ここで、同期信号は、端末装置1が基地局装置3によるプリコーディングまたはビームフォーミングにおけるプリコーディングまたはビームの選択に用いられて良い。なお、ビームは、送信または受信フィルタ設定、あるいは空間ドメイン送信フィルタまたは空間ドメイン受信フィルタと呼ばれてもよい。

0050

参照信号は、端末装置1が物理チャネルの伝搬路補償を行うために用いられる。ここで、参照信号は、端末装置1が下りリンクのCSIを算出するためにも用いられてよい。また、参照信号は、無線パラメータサブキャリア間隔などのヌメロロジーやFFTの窓同期などができる程度の細かい同期(Fine synchronization)に用いられて良い。

0051

本実施形態において、以下の下りリンク参照信号のいずれか1つまたは複数が用いられる。
・DMRS(Demodulation Reference Signal)
・CSI−RS(Channel State Information Reference Signal)
・PTRS(Phase Tracking Reference Signal)
・TRS(Tracking Reference Signal)

0052

DMRSは、変調信号を復調するために使用される。なお、DMRSには、PBCHを復調するための参照信号と、PDSCHを復調するための参照信号の2種類が定義されてもよいし、両方をDMRSと称してもよい。CSI−RSは、チャネル状態情報(CSI:Channel State Information)の測定およびビームマネジメントに使用され、周期的またはセミパーシステントまたは非周期のCSI参照信号の送信方法が適用される。CSI−RSには、ノンゼロパワー(NZP:Non−Zero Power)CSI−RSと、送信電力(または受信電力)がゼロである(ゼロパワー(ZP:Zero Power)CSI−RSが定義されてよい。ここで、ZP CSI−RSは送信電力がゼロまたは送信されないCSI−RSリソースと定義されてよい。PTRSは、位相雑音に起因する周波数オフセット保証する目的で、時間軸位相トラックするために使用される。TRSは、高速移動時におけるドップラーシフトを保証するために使用される。なお、TRSはCSI−RSの1つの設定として用いられてよい。例えば、1ポートのCSI−RSがTRSとして無線リソースが設定されてもよい。

0053

本実施形態において、以下の上りリンク参照信号のいずれか1つまたは複数が用いられる。
・DMRS(Demodulation Reference Signal)
・PTRS(Phase Tracking Reference Signal)
・SRS(Sounding Reference Signal)

0054

DMRSは、変調信号を復調するために使用される。なお、DMRSには、PUCCHを復調するための参照信号と、PUSCHを復調するための参照信号の2種類が定義されてもよいし、両方をDMRSと称してもよい。SRSは、上りリンクチャネル状態情報(CSI)の測定、チャネルサウンディング、およびビームマネジメントに使用される。PTRSは、位相雑音に起因する周波数オフセットを保証する目的で、時間軸で位相をトラックするために使用される。

0055

下りリンク物理チャネルおよび/または下りリンク物理シグナルを総称して、下りリンク信号と称する。上りリンク物理チャネルおよび/または上りリンク物理シグナルを総称して、上りリンク信号と称する。下りリンク物理チャネルおよび/または上りリンク物理チャネルを総称して、物理チャネルと称する。下りリンク物理シグナルおよび/または上りリンク物理シグナルを総称して、物理シグナルと称する。

0056

BCH、UL−SCHおよびDL−SCHは、トランスポートチャネルである。媒体アクセス制御(MAC:Medium Access Control)層で用いられるチャネルをトランスポ
トチネルと称する。MAC層で用いられるトランスポートチャネルの単位を、トランスポートブロック(TB:transport block)および/またはMACPDU(Protocol Data Unit)とも称する。MAC層においてトランスポートブロック毎にHARQ(Hybrid Automatic Repeat reQuest)の制御が行われる。トランスポートブロックは、MAC層が物理層に渡す(deliver)データの単位である。物理層において、トランスポートブロックはコードワードにマップされ、コードワード毎に符号化処理が行われる。

0057

図2は、本実施形態に係るSS/PBCHブロック(同期信号ブロック、SSブロック、SSBとも称される)およびSSバーストセット(同期信号バーストセットとも称される)の例を示す図である。図2は、周期的に送信されるSSバーストセット内に2つのSS/PBCHブロックが含まれ、SS/PBCHブロックは、4OFDMシンボルで構成される例を示している。

0058

SS/PBCHブロックは、少なくとも同期信号(PSS、SSS)、および/またはPBCHを含む単位ブロックである。SS/PBCHブロックに含まれる信号/チャネルを送信することを、SS/PBCHブロックを送信すると表現する。基地局装置3はSSバーストセット内の1つまたは複数のSS/PBCHブロックを用いて同期信号および/またはPBCHを送信する場合に、SS/PBCHブロック毎に独立した下りリンク送信ビームを用いてもよい。

0059

図2において、1つのSS/PBCHブロックにはPSS、SSS、PBCHが時間/周波数多重されている。ただし、PSS、SSSおよび/またはPBCHが時間領域で多重される順番図2に示す例と異なってもよい。

0060

SSバーストセットは、周期的に送信されてよい。例えば、初期アクセスに使用されるための周期と、接続されている(ConnectedまたはRRC_Connected)端末装置のために設定する周期が定義されてもよい。また、接続されている(ConnectedまたはRRC_Connected)端末装置のために設定する周期はRRC層で設定されてよい。また、接続されている(ConnectedまたはRRC_Connected)端末のために設定する周期は潜在的に送信する可能性がある時間領域の無線リソースの周期であって、実際には基地局装置3が送信するかどうかを決めてもよい。また、初期アクセスに使用されるための周期は、仕様書などに予め定義されてよい。

0061

SSバーストセットは、システムフレーム番号SFN:System Frame Number)に基
づいて決定されてよい。また、SSバーストセットの開始位置(バウンダリ)は、SFNと周期に基づいて決定されてよい。

0062

SS/PBCHブロックは、SSバーストセット内の時間的な位置に応じてSSBインデックス(SSB/PBCHブロックインデックスと称されてもよい)が割り当てられる。端末装置1は、検出したSS/PBCHブロックに含まれるPBCHの情報および/または参照信号の情報に基づいてSSBインデックスを算出する。

0063

複数のSSバーストセットにおける各SSバーストセット内における相対的な時間が同じSS/PBCHブロックは、同じSSBインデックスが割り当てられる。複数のSSバーストセットにおける各SSバーストセット内における相対的な時間が同じSS/PBCHブロックは、QCLである(あるいは同じ下りリンク送信ビームが適用されている)と想定されてもよい。また、複数のSSバーストセットにおける各SSバーストセット内における相対的な時間が同じSS/PBCHブロックにおけるアンテナポートは、平均遅延、ドップラーシフト、空間相関に関してQCLであると想定されてもよい。

0064

あるSSバーストセットの周期内で、同じSSBインデックスが割り当てられているSS/PBCHブロックは、平均遅延、平均ゲイン、ドップラースプレッド、ドップラーシフト、空間相関に関してQCLであると想定されてもよい。QCLである1つまたは複数のSS/PBCHブロック(あるいは参照信号であってもよい)に対応する設定をQCL設定と称してもよい。

0065

SS/PBCHブロック数(SSブロック数あるいはSSB数と称されてもよい)は、例えばSSバースト、またはSSバーストセット内、またはSS/PBCHブロックの周期の中のSS/PBCHブロック数(個数)として定義されてよい。また、SS/PBCHブロック数は、SSバースト内、またはSSバーストセット内、またはSS/PBCHブロックの周期の中のセル選択のためのビームグループの数を示してもよい。ここで、ビームグループは、SSバースト内、またはSSバーストセット内、またはSS/PBCHブロックの周期の中に含まれる異なるSS/PBCHブロックの数または異なるビームの数として定義されてよい。

0066

以下、本実施形態で説明する参照信号は、下りリンク参照信号、同期信号、SS/PBCHブロック、下りリンクDM−RS、CSI−RS、上りリンク参照信号、SRS、および/または、上りリンクDM−RSを含む。例えば、下りリンク参照信号、同期信号および/またはSS/PBCHブロックを参照信号と称してもよい。下りリンクで使用される参照信号は、下りリンク参照信号、同期信号、SS/PBCHブロック、下りリンクDM−RS、CSI−RSなどを含む。上りリンクで使用される参照信号は、上りリンク参照信号、SRS、および/または、上りリンクDM−RSなどを含む。

0067

また、参照信号は、無線リソース測定(RRM:Radio Resource Measurement)に用いられてよい。また、参照信号は、ビームマネジメントに用いられてよい。

0068

ビームマネジメントは、送信装置(下りリンクの場合は基地局装置3であり、上りリンクの場合は端末装置1である)におけるアナログおよび/またはディジタルビームと、受信装置(下りリンクの場合は端末装置1、上りリンクの場合は基地局装置3である)におけるアナログおよび/またはディジタルビームの指向性を合わせ、ビーム利得を獲得するための基地局装置3および/または端末装置1の手続きであってよい。

0069

なお、ビームペアリンクを構成、設定または確立する手続きとして、下記の手続きを含んでよい。
ビーム選択(Beam selection)
・ビーム改善(Beam refinement)
・ビームリカバリ(Beam recovery)

0070

例えば、ビーム選択は、基地局装置3と端末装置1の間の通信においてビームを選択する手続きであってよい。また、ビーム改善は、さらに利得の高いビームの選択、あるいは端末装置1の移動によって最適な基地局装置3と端末装置1の間のビームの変更をする手
続きであってよい。ビームリカバリは、基地局装置3と端末装置1の間の通信において遮蔽物や人の通過などにより生じるブロッケージにより通信リンク品質が低下した際にビームを再選択する手続きであってよい。

0071

ビームマネジメントには、ビーム選択、ビーム改善が含まれてよい。ビームリカバリには、下記の手続きを含んでよい。
・ビーム失敗(beam failure)の検出
・新しいビームの発見
・ビームリカバリリクエストの送信
・ビームリカバリリクエストに対する応答のモニタ

0072

例えば、端末装置1における基地局装置3の送信ビームを選択する際にCSI−RSまたはSS/PBCHブロックに含まれるSSSのRSRP(Reference Signal Received Power)を用いてもよいし、CSIを用いてもよい。また、基地局装置3への報告として
CSI−RSリソースインデックス(CRI:CSI-RS Resource Index)を用いてもよい
し、SS/PBCHブロックに含まれるPBCHおよび/またはPBCHの復調に用いられる復調用参照信号(DMRS)の系列で指示されるインデックスを用いてもよい。

0073

また、基地局装置3は、端末装置1へビームを指示する際にCRIまたはSS/PBCHの時間インデックスを指示し、端末装置1は、指示されたCRIまたはSS/PBCHの時間インデックスに基づいて受信する。このとき、端末装置1は指示されたCRIまたはSS/PBCHの時間インデックスに基づいて空間フィルタを設定し、受信してよい。また、端末装置1は、疑似同位置(QCL:Quasi Co-Location)の想定を用いて受信し
てもよい。ある信号(アンテナポート、同期信号、参照信号など)が別の信号(アンテナポート、同期信号、参照信号など)と「QCLである」または、「QCLの想定が用いられる」とは、ある信号が別の信号と関連付けられていると解釈できる。

0074

もしあるアンテナポートにおけるあるシンボルが搬送されるチャネルの長区間特性(Long Term Property)が他方のアンテナポートにおけるあるシンボルが搬送されるチャネルから推論されうるなら、2つのアンテナポートはQCLであるといわれる。チャネルの長区間特性は、遅延スプレッド、ドップラースプレッド、ドップラーシフト、平均利得、及び平均遅延の1つまたは複数を含む。例えば、アンテナポート1とアンテナポート2が平均遅延に関してQCLである場合、アンテナポート1の受信タイミングからアンテナポート2の受信タイミングが推論されうることを意味する。

0075

このQCLは、ビームマネジメントにも拡張されうる。そのために、空間に拡張したQCLが新たに定義されてもよい。例えば、空間ドメインのQCLの想定におけるチャネルの長区間特性(Long term property)として、無線リンクあるいはチャネルにおける到来角(AoA(Angle of Arrival), ZoA(Zenith angle of Arrival)など)および/または
角度広がり(Angle Spread、例えばASA(Angle Spread of Arrival)やZSA(Zenith angle Spread of Arrival))、送出角(AoD, ZoDなど)やその角度広がり(Angle Spread、例えばASD(Angle Spread of Departure)やZSD(Zenith angle Spread of Departure))、空間相関(Spatial Correlation)、受信空間パラメータであってもよい。

0076

例えば、アンテナポート1とアンテナポート2の間で受信空間パラメータに関してQCLであるとみなせる場合、アンテナポート1からの信号を受信する受信ビーム(受信空間フィルタ)からアンテナポート2からの信号を受信する受信ビームが推論されうることを意味する。

0077

QCLタイプとして、QCLであるとみなしてよい長区間特性の組み合わせが定義され
てよい。例えば、以下のタイプが定義されてよい。
・タイプA:ドップラーシフト、ドップラースプレッド、平均遅延、遅延スプレッド
・タイプB:ドップラーシフト、ドップラースプレッド
・タイプC:平均遅延、ドップラーシフト
・タイプD:受信空間パラメータ

0078

上述のQCLタイプは、RRCおよび/またはMAC層および/またはDCIで1つまたは2つの参照信号とPDCCHやPDSCHDMRSとのQCLの想定を送信設定指示(TCI:Transmission Configuration Indication)として設定および/または指示
してもよい。例えば、端末装置1がPDCCHを受信する際のTCIの1つの状態として、SS/PBCHブロックのインデックス#2とQCLタイプA+QCLタイプDが設定および/または指示された場合、端末装置1は、PDCCH DMRSを受信する際、SS/PBCHブロックインデックス#2の受信におけるドップラーシフト、ドップラースプレッド、平均遅延、遅延スプレッド、受信空間パラメータとチャネルの長区間特性とみなしてPDCCHのDMRSを受信して同期や伝搬路推定をしてもよい。このとき、TCIにより指示される参照信号(上述の例ではSS/PBCHブロック)をソース参照信号、ソース参照信号を受信する際のチャネルの長区間特性から推論される長区間特性の影響を受ける参照信号(上述の例ではPDCCH DMRS)をターゲット参照信号と称してよい。また、TCIは、RRCで複数のTCI状態と各状態に対してソース参照信号とQCLタイプの組み合わせが設定され、MAC層またはDCIにより端末装置1に指示されてよい。

0079

この方法により、ビームマネジメントおよびビーム指示/報告として、空間ドメインのQCLの想定と無線リソース(時間および/または周波数)によりビームマネジメントと等価な基地局装置3、端末装置1の動作が定義されてもよい。

0080

以下、サブフレームについて説明する。本実施形態ではサブフレームと称するが、リソースユニット無線フレーム時間区間時間間隔などと称されてもよい。

0081

図3は、本発明の第1の実施形態に係る上りリンクおよび下りリンクスロットの概略構成の一例を示す図である。無線フレームのそれぞれは、10ms長である。また、無線フレームのそれぞれは10個のサブフレームおよびW個のスロットから構成される。また、1スロットは、X個のOFDMシンボルで構成される。つまり、1サブフレームの長さは1msである。スロットのそれぞれは、サブキャリア間隔によって時間長が定義される。例えば、OFDMシンボルのサブキャリア間隔が15kHz、NCP(Normal Cyclic Prefix)の場合、X=7あるいはX=14であり、それぞれ0.5msおよび1msである。また、サブキャリア間隔が60kHzの場合は、X=7あるいはX=14であり、それぞれ0.125msおよび0.25msである。また、例えば、X=14の場合、サブキャリア間隔が15kHzの場合はW=10であり、サブキャリア間隔が60kHzの場合はW=40である。図3は、X=7の場合を一例として示している。なお、X=14の場合にも同様に拡張できる。また、上りリンクスロットも同様に定義され、下りリンクスロットと上りリンクスロットは別々に定義されてもよい。また、図3のセルの帯域幅帯域の一部(BWP:BandWidth Part)として定義されてもよい。また、スロットは、送信時間間隔(TTI:Transmission Time Interval)と定義されてもよい。スロットは、TTIとして定義されなくてもよい。TTIは、トランスポートブロックの送信期間であってもよい。

0082

スロットのそれぞれにおいて送信される信号または物理チャネルは、リソースグリッドによって表現されてよい。リソースグリッドは、複数のサブキャリアと複数のOFDMシンボルによって定義される。1つのスロットを構成するサブキャリアの数は、セルの下り
リンクおよび上りリンクの帯域幅にそれぞれ依存する。リソースグリッド内のエレメントのそれぞれをリソースエレメントと称する。リソースエレメントは、サブキャリアの番号とOFDMシンボルの番号とを用いて識別されてよい。

0083

リソースグリッドは、ある物理下りリンクチャネル(PDSCHなど)あるいは上りリンクチャネル(PUSCHなど)のリソースエレメントのマッピングを表現するために用いられる。例えば、サブキャリア間隔が15kHzの場合、サブフレームに含まれるOFDMシンボル数X=14で、NCPの場合には、1つの物理リソースブロックは、時間領域において14個の連続するOFDMシンボルと周波数領域において12*Nmax個の連続するサブキャリアとから定義される。Nmaxは、後述するサブキャリア間隔設定μにより決定されるリソースブロック最大数である。つまり、リソースグリッドは、(14*12*Nmax,μ)個のリソースエレメントから構成される。ECP(Extended CP)の場合、サブキャリア間隔60kHzにおいてのみサポートされ、1つの物理リソ
スブロックは、例えば、時間領域において12(1スロットに含まれるOFDMシンボル数)*4(1サブフレームに含まれるスロット数)=48個の連続するOFDMシンボルと、周波数領域において12*Nmax,μ個の連続するサブキャリアとにより定義される。つまり、リソースグリッドは、(48*12*Nmax,μ)個のリソースエレメントから構成される。

0084

リソースブロックとして、共通リソースブロック、物理リソースブロック、仮想リソースブロックが定義される。1リソースブロックは、周波数領域で連続する12サブキャリアとして定義される。共通リソースブロックインデックス0におけるサブキャリアインデックス0は、参照ポイントと称されてよい(ポイントAと称されてもよい)。共通リソースブロックは、参照ポイントAから各サブキャリア間隔設定μにおいて0から昇順で番号が付されるリソースブロックである。上述のリソースグリッドはこの共通リソースブロックにより定義される。物理リソースブロックは、後述する帯域部分(BWP)の中に含まれる0から昇順で番号が付されたリソースブロックであり、物理リソースブロックは、帯域部分(BWP)の中に含まれる0から昇順で番号が付されたリソースブロックである。ある物理上りリンクチャネルは、まず仮想リソースブロックにマップされる。その後、仮想リソースブロックは、物理リソースブロックにマップされる。

0085

次に、サブキャリア間隔設定μについて説明する。上述のようにNRでは、複数のOFDMヌメロロジーがサポートされる。あるBWPにおいて、サブキャリア間隔設定μ(μ=0,1,...,5)と、サイクリックプレフィックス長は、下りリンクのBWPに対して上位レイヤ(上位層)で与えられ、上りリンクのBWPにおいて上位レイヤで与えられる。ここで、μが与えられると、サブキャリア間隔Δfは、Δf=2^μ・15(kHz)で与えられる。

0086

サブキャリア間隔設定μにおいて、スロットは、サブフレーム内で0からN^{subframe,μ}_{slot}-1に昇順に数えられ、フレーム内で0からN^{frame,μ}_{slot}-1に昇順に
数えられる。スロット設定およびサイクリックプレフィックスに基づいてN^{slot}_{symb}の連続するOFDMシンボルがスロット内にある。N^{slot}_{symb}は14である。サブフレーム内のスロットn^{μ}_{s}のスタートは、同じサブフレーム内のn^{μ}_{s} N^{slot}_{symb}番目のOFDMシンボルのスタートと時間でアラインされている。

0087

次に、サブフレーム、スロット、ミニスロットについて説明する。図4は、サブフレーム、スロット、ミニスロットの時間領域における関係を示した図である。同図のように、3種類の時間ユニットが定義される。サブフレームは、サブキャリア間隔によらず1msであり、スロットに含まれるOFDMシンボル数は7または14であり、スロット長はサブキャリア間隔により異なる。ここで、サブキャリア間隔が15kHzの場合、1サブフ
レームには14OFDMシンボル含まれる。下りリンクスロットはPDSCHマッピングタイプAと称されてよい。上りリンクスロットはPUSCHマッピングタイプAと称されてよい。

0088

ミニスロット(サブスロットと称されてもよい)は、スロットに含まれるOFDMシンボル数よりも少ないOFDMシンボルで構成される時間ユニットである。同図はミニスロットが2OFDMシンボルで構成される場合を一例として示している。ミニスロット内のOFDMシンボルは、スロットを構成するOFDMシンボルタイミングに一致してもよい。なお、スケジューリング最小単位はスロットまたはミニスロットでよい。また、ミニスロットを割り当てることを、ノンスロットベースのスケジューリングと称してもよい。また、ミニスロットをスケジューリングされることを参照信号とデータのスタート位置の相対的な時間位置が固定であるリソースがスケジュールされたと表現されてもよい。下りリンクミニスロットはPDSCHマッピングタイプBと称されてよい。上りリンクミニスロットはPUSCHマッピングタイプBと称されてよい。

0089

図5は、スロットフォーマットの一例を示す図である。ここでは、サブキャリア間隔15kHzにおいてスロット長が1msの場合を例として示している。同図において、Dは下りリンク、Uは上りリンクを示している。同図に示されるように、ある時間区間内(例えば、システムにおいて1つのUEに対して割り当てなければならない最小の時間区間)においては、
・下りリンクシンボル
・フレキシブルシンボル
・上りリンクシンボル
のうち1つまたは複数を含んでよい。なお、これらの割合はスロットフォーマットとして予め定められてもよい。また、スロット内に含まれる下りリンクのOFDMシンボル数またはスロット内のスタート位置および終了位置で定義されてもよい。また、スロット内に含まれる上りリンクのOFDMシンボルまたはDFT−S−OFDMシンボル数またはスロット内のスタート位置および終了位置で定義されてよい。なお、スロットをスケジューリングされることを参照信号とスロット境界の相対的な時間位置が固定であるリソースがスケジュールされたと表現されてもよい。

0090

端末装置1は、下りリンクシンボルまたはフレキシブルシンボルで下りリンク信号または下りリンクチャネルを受信してよい。端末装置1は、上りリンクシンボルまたはフレキシブルシンボルで上りリンク信号または下りリンクチャネルを送信してよい。

0091

図5(a)は、ある時間区間(例えば、1UEに割当可能な時間リソースの最小単位、またはタイムユニットなどとも称されてよい。また、時間リソースの最小単位を複数束ねてタイムユニットと称されてもよい。)で、全て下りリンク送信に用いられている例であり、図5(b)は、最初の時間リソースで例えばPDCCHを介して上りリンクのスケジューリングを行い、PDCCHの処理遅延及び下りから上り切り替え時間、送信信号の生成を含むフレキシブルシンボルを介して上りリンク信号を送信する。図5(c)は、最初の時間リソースでPDCCHおよび/または下りリンクのPDSCHの送信に用いられ、処理遅延及び下りから上りの切り替え時間、送信信号の生成のためのギャップを介してPUSCHまたはPUCCHの送信に用いられる。ここで、一例としては、上りリンク信号はHARQ−ACKおよび/またはCSI、すなわちUCIの送信に用いられてよい。図5(d)は、最初の時間リソースでPDCCHおよび/またはPDSCHの送信に用いられ、処理遅延及び下りから上りの切り替え時間、送信信号の生成のためのギャップを介して上りリンクのPUSCHおよび/またはPUCCHの送信に用いられる。ここで、一例としては、上りリンク信号は上りリンクデータ、すなわちUL−SCHの送信に用いられてもよい。図5(e)は、全て上りリンク送信(PUSCHまたはPUCCH)に用い
られている例である。

0092

上述の下りリンクパート、上りリンクパートは、LTEと同様に複数のOFDMシンボルで構成されてよい。

0093

図6は、ビームフォーミングの一例を示した図である。複数のアンテナエレメントは1つの送信ユニット(TXRU: Transceiver unit)50に接続され、アンテナエレメント毎の位相シフタ51によって位相を制御し、アンテナエレメント52から送信することで送信信号に対して任意の方向にビームを向けることができる。典型的には、TXRUがアンテナポートとして定義されてよく、端末装置1においてはアンテナポートのみが定義されてよい。位相シフタ51を制御することで任意の方向に指向性を向けることができるため、基地局装置3は端末装置1に対して利得の高いビームを用いて通信することができる。

0094

以下、帯域部分(BWP)について説明する。BWPは、キャリアBWPとも称される。BWPは、下りリンクと上りリンクのそれぞれに設定されてよい。BWPは、共通リソースブロックの連続するサブセットから選択された連続する物理リソース集合として定義される。端末装置1は、ある時間に1つの下りリンクキャリアBWPが活性化される4つまでのBWPを設定されうる。端末装置1は、ある時間に1つの上りリンクキャリアBWPが活性化される4つまでのBWPを設定されうる。キャリアアグリゲーションの場合には、BWPは各サービングセルで設定されてもよい。このとき、あるサービングセルにおいてBWPが1つ設定されていることを、BWPが設定されていないと表現されてもよい。また、BWPが2つ以上設定されていることをBWPが設定されていると表現されてもよい。

0095

<MAC entity動作>
活性化されたサービングセルにおいて、常に一つのアクティブな(活性化された)BWPがある。あるサービングセルに対するBWP切り替え(BWP switching)は、インアク
ティブな(非活性化された)BWPを活性化(activate)し、アクティブな(活性化された)BWPを非活性化(deactivate)するために使用される。あるサービングセルに対するBWP切り替え(BWP switching)は、下りリンク割り当てまたは上りリンクグラント
を示すPDCCHによって制御される。あるサービングセルに対するBWP切り替え(BWP switching)は、さらに、BWPインアクティブタイマー(BWP inactivity timer)や、ランダムアクセスプロシージャの開始時にMACエンティティ自身によって制御されてもよい。SpCell(PCellまたはPSCell)の追加または、SCellの活性化において、一つのBWPが、下りリンク割り当てまたは上りリンクグラントを示すPDCCHを受信することなしに初期的にアクティブである。初期的にアクティブなBWPは、基地局装置3から端末装置1に送られるRRCメッセージで指定されるかもしれない。あるサービングセルに対するアクティブなBWPは、基地局装置3から端末装置1に送られるRRCまたはPDCCHで指定される。アンペアドスクトラム(Unpaired spectrum)(TDDバンドなど)では、DL BWPとUL BWPはペアされていて、BWP切り替えは、ULとDLに対して共通である。BWPが設定されているアクティベートされたサービングセルのそれぞれに対する、アクティブなBWPにおいて、端末装置1のMACエンティティは、ノーマル処理を適用する。ノーマル処理には、UL−SCHを送信する、RACHを送信する、PDCCHをモニタする、PUCCHを送信する、SRSを送信する、およびDL−SCHを受信することを含む。BWPが設定されているアクティベートされたサービングセルのそれぞれに対する、インアクティブなBWPにおいて、端末装置1のMACエンティティは、UL−SCHを送信しない、RACHを送信しない、PDCCHをモニタしない、PUCCHを送信しない、SRSを送信しない、およびDL−SCHを受信しない。あるサービングセルが非活性化された場合、アクティブなBWPは、存在しないようにしてもよい(例えば、アクティブなBWPは非活性化される)。

0096

<RRC動作>
RRCメッセージ(報知されるシステム情報や、専用RRCメッセージで送られる情報)に含まれるBWPインフォメーションエレメント(IE)は、BWPを設定するために使われる。基地局装置3から送信されたRRCメッセージは、端末装置1によって受信される。それぞれのサービングセルに対して、ネットワーク(基地局装置3など)は、少なくとも下りリンクのBWPと1つ(もしサービングセルが上りリンクの設定された場合など)または2つ(付録アップリンク(supplementary uplink)が使われる場合など)の上りリンクBWPを含む少なくとも初期BWP(initial BWP)を、端末装置1に対して、設定する。さらに、ネットワークは、追加の上りリンクBWPや下りリンクBWPをあるサービングセルに対して設定するかもしれない。BWP設定は、上りリンクパラメータと下りリンクパラメータに分けられる。また、BWP設定は、共通(common)パラメータと専用(dedicated)パラメータに分けられる。共通パラメータ(BWP上りリンク共通IEやBWP下りリンク共通IEなど)は、セル特有である。プライマリセルの初期BWPの共通パラメータは、システム情報でも提供される。他のすべてのサービングセルに対しては、ネットワークは専用信号で共通パラメータを提供する。BWPは、BWP IDで識別される。初期BWPは、BWP IDが0である。他のBWPのBWP IDは、1から4までの値を取る。

0097

上りリンクBWPの専用パラメータは、SRS設定を含む。上りリンクBWPの専用パラメータに対応する上りリンクBWPが、その上りリンクBWPの専用パラメータに含まれるSRS設定に対応する一つまたは複数のSRSに関連付けられる。

0098

端末装置1は、1つのプライマリセルと15までのセカンダリセルが設定されてよい。

0099

本実施形態のランダムアクセス手順(Random Access procedure)について説明する。

0100

ランダムアクセス手順は、競合ベース(CB:Contention Based)と非競合ベース(non−CB)(CF:Contention Freeと称してもよい)の2つの手順に分類される。競合ベースランダムアクセスはCBRA、非競合ベースランダムアクセスはCFRAとも称される。

0101

ランダムアクセス手順は、PDCCHオーダー、MACエンティティ、下位レイヤからのビーム失敗(beam failure)の通知、あるいはRRC等によって開始(initiate)される。

0102

競合ベースのランダムアクセス手順は、PDCCHオーダー、MACエンティティ、下位レイヤからのビーム失敗(beam failure)の通知、あるいはRRC等によって開始(initiate)される。ビーム失敗通知が、端末装置1のMACエンティティに端末装置1の物理レイヤから提供された場合に、ある条件を満たした場合、端末装置1のMACエンティティは、ランダムアクセス手順を開始する。ビーム失敗通知が、端末装置1のMACエンティティに端末装置1の物理レイヤから提供された場合に、ある条件を満たしたかどうかを判断し、ランダムアクセス手順を開始する手続きを、ビーム失敗リカバリ手順と称してもよい。このランダムアクセス手順は、ビーム失敗リカバリ要求のためのランダムアクセス手順である。MACエンティティによって開始されるランダムアクセス手順は、スケジューリングリクエスト手続きによって開始されるランダムアクセス手順を含む。ビーム失敗リカバリ要求のためのランダムアクセス手順は、MACエンティティによって開始されるランダムアクセス手順と考えられるかもしれないし、考えられないかもしれない。ビーム失敗リカバリ要求のためのランダムアクセス手順とスケジューリングリクエスト手続きによって開始されるランダムアクセス手順で、異なる手続きを行う場合があるため、ビーム失敗リカバリ要求のためのランダムアクセス手順とスケジューリングリクエスト手続きを、区別するようにしてもよい。ビーム失敗リカバリ要求のためのランダムアクセス手順とスケジューリングリクエスト手続きを、MACエンティティによって開始されるランダムアクセス手順としてもよい。ある実施形態では、スケジューリングリクエスト手続きによって開始されるランダムアクセス手順をMACエンティティによって開始されるランダムアクセス手順と称し、ビーム失敗リカバリ要求のためのランダムアクセス手順を下位レイヤからのビーム失敗の通知によるランダムアクセス手順と称するようにしてもよい。以下、下位レイヤからのビーム失敗の通知を受けた場合のランダムアクセス手順の開始は、ビーム失敗リカバリ要求のためのランダムアクセス手順の開始を意味してもよい。

0103

端末装置1は、基地局装置3と接続(通信)していない状態からの初期アクセス時、および/または、基地局装置3と接続中であるが端末装置1に送信可能な上りリンクデータあるいは送信可能なサイドリンクデータが発生した場合のスケジューリングリクエスト時などにおいて競合ベースのランダムアクセス手順を行なう。ただし、競合ベースのランダムアクセスの用途はこれらに限定されない。

0104

端末装置1に送信可能な上りリンクデータが発生していることは、送信可能な上りリンクデータに対応するバッファステータスレポートトリガーされていることを含んでもよい。端末装置1に送信可能な上りリンクデータが発生していることは、送信可能な上りリンクデータの発生に基づいてトリガーされたスケジューリングリクエストがペンディングされていることを含んでもよい。

0105

端末装置1に送信可能なサイドリンクデータが発生していることは、送信可能なサイドリンクデータに対応するバッファステータスレポートがトリガーされていることを含んでもよい。端末装置1に送信可能なサイドリンクデータが発生していることは、送信可能なサイドリンクデータの発生に基づいてトリガーされたスケジューリングリクエストがペンディングされていることを含んでもよい。

0106

非競合ベースのランダムアクセス手順は、端末装置1が基地局装置3からランダムアクセス手順の開始を指示する情報を受けた場合に開始されてもよい。非競合ベースランダムアクセス手順は、端末装置1のMACレイヤが、下位レイヤからビーム失敗の通知を受けた場合に開始されてもよい。

0107

非競合ベースのランダムアクセスは、基地局装置3と端末装置1とが接続中であるがハンドオーバや移動局装置の送信タイミングが有効でない場合に、迅速に端末装置1と基地局装置3との間の上りリンク同期をとるために用いられてよい。非競合ベースランダムアクセスは、端末装置1においてビーム失敗が発生した場合にビーム失敗リカバリ要求を送信するために用いられてよい。ただし、非競合ベースのランダムアクセスの用途はこれらに限定されない。

0108

ただし、該ランダムアクセス手順の開始を指示する情報はメッセージ0、Msg.0、NR−PDCCHオーダー、PDCCHオーダーなどと称されてもよい。

0109

ただし、端末装置1は、メッセージ0で指示されたランダムアクセスプリアンブルインデックスが所定の値(例えば、インデックスを示すビットが全て0である場合)であった場合に、端末装置1が利用可能なプリアンブルのセットの中からランダムに1つを選択して送信する競合ベースのランダムアクセス手順を行なってもよい。

0110

本実施形態の端末装置1は、ランダムアクセス手順を開始する(initiate)前に上位層を介してランダムアクセス設定情報を受信する。該ランダムアクセス設定情報には下記の
情報または下記の情報を決定/設定するための情報が含まれてよい。
・ランダムアクセスプリアンブルの送信に利用可能な1つまたは複数の時間/周波数リソースランダムアクセスチャネル機会(occasion)、PRACH機会、RACH機会とも称される)のセット
・1つまたは複数のランダムアクセスプリアンブルグループ
・利用可能な1つまたは複数のランダムアクセスプリアンブルあるいは前記複数のランダムアクセスプリアンブルグループにおいて利用可能な1つまたは複数のランダムアクセスプリアンブル
・ランダムアクセス応答のウィンドウサイズおよび衝突解消コンテンションレゾリューション:Contention Resolution)タイマー(mac-ContentionResolutionTimer)
パワーランピングテップ
プリアンブル送信最大回数
・プリアンブルの初期電力目標受信電力であってよい)
プリアンブルフォーマットに基づく電力オフセット
・パワーランピングの最大回数
・SS/PBCHブロック(関連するランダムアクセスプリアンブルおよび/またはPRACH機会であってもよい)の選択のための参照信号受信電力(RSRP)の閾値
・CSI−RS(関連するランダムアクセスプリアンブルおよび/またはPRACH機会であってもよい)の選択のための参照信号受信電力(RSRP)の閾値
・MACエンティティがランダムアクセスプリアンブルを送信するSS/PBCHブロックに割り当てられたPRACH機会を決定するための情報
・各PRACH機会にマップされるSS/PBCHブロックの数を示すパラメータ
・各SS/PBCHブロックにマップされるランダムアクセスプリアンブルの数
・各SS/PBCHブロックのためのランダムアクスプリアンブルグループA内のランダムアクセスプリアンブルの数
・ビーム失敗リカバリ要求のためのランダムアクスプリアンブルおよび/またはPRACH機会のセット

0111

ただし、ランダムアクセス設定情報には、セル内で共通の情報が含まれてもよく、端末毎に異なる専用(dedicated)の情報が含まれてもよい。

0112

ただし、ランダムアクセス設定情報の一部は、SSバーストセット内の全てのSS/PBCHブロックに関連付けられていてもよい。ただし、ランダムアクセス設定情報の一部は設定された1つまたは複数のCSI−RSの全てに関連付けられてもよい。ただし、ランダムアクセス設定情報の一部は1つの下りリンク送信ビーム(あるいはビームインデックス)に関連付けられていてもよい。

0113

ただし、ランダムアクセス設定情報の一部はSSバーストセット内の1つのSS/PBCHブロックに関連付けられていてもよい。ただし、ランダムアクセス設定情報の一部は設定された1つまたは複数のCSI−RSのうちの1つに関連付けられてもよい。ただし、ランダムアクセス設定情報の一部は1つの下りリンク送信ビーム(あるいはビームインデックス)に関連付けられていてもよい。ただし、1つのSS/PBCHブロック、1つのCSI−RS、および/または1つの下りリンク送信ビームに関連付けられた情報には、対応する1つのSS/PBCHブロック、1つのCSI−RS、および/または1つの下りリンク送信ビームを特定するためのインデックス情報(例えば、SSBインデックス、ビームインデックス、あるいはQCL設定インデックスであってよい)が含まれてもよい。

0114

ただし、SSバーストセット内のSS/PBCHブロック毎にランダムアクセス設定情報が設定されてもよいし、SSバーストセット内の全てのSS/PBCHブロックで共通
の1つのランダムアクセス設定情報が設定されてもよい。端末装置1は、下りリンク信号によって1つまたは複数のランダムアクセス設定情報を受信し、該1つまたは複数のランダムアクセス設定情報のそれぞれがSS/PBCHブロック(CSI−RSまたは下りリンク送信ビームであってもよい)に関連付けられていてもよい。端末装置1は、受信した1つまたは複数のSS/PBCHブロック(CSI−RSまたは下りリンク送信ビームであってもよい)のうちの1つを選択し、選択したSS/PBCHブロックに関連付けられたランダムアクセス設定情報を用いてランダムアクセス手順を行なってもよい。

0115

ただし、ランダムアクセスプリアンブルの送信に利用可能な1つまたは複数のPRACH機会のセットは、上位レイヤ(上位レイヤ信号)で提供される上位レイヤパラメータprach−ConfigIndexで特定されてよい。prach−ConfigIndexで与えられるPRACH設定(物理ランダムアクセスチャネル設定)インデックスと、予め定められたテーブル(ランダムアクセスチャネル設定(PRACH config)テーブルとも称される)に従い、ランダムアクセスプリアンブルの送信に利用可能な1つまたは複数のPRACH機会のセットが特定される。ただし、特定される1つまたは複数のPRACH機会は、基地局装置3が送信する1つまたは複数のSS/PBCHブロックのそれぞれに関連付けられるPRACH機会の集合であってよい。

0116

ただし、PRACH設定インデックスは、ランダムアクセス設定テーブルに示されるPRACH機会のセットが時間的に繰り返される周期(PRACH設定周期(物理ランダムアクセスチャネル設定周期:PRACH configuration period))、ランダムアクセスプリアンブルを送信可能なサブキャリアインデックス、リソースブロックインデックス、サブフレーム番号スロット番号、システムフレーム番号、シンボル番号、および/または、プリアンブルのフォーマットの設定に用いられてもよい。

0117

ただし、各PRACH機会にマップされるSS/PBCHブロックの数は、上位レイヤで提供される上位レイヤパラメータSSB−perRACH−Occasionで示されてよい。SSB−perRACH−Occasionが1より小さい値である場合は、連続する複数のPRACH機会に対して1つのSS/PBCHブロックがマップされる。

0118

ただし、各SS/PBCHブロックにマップされるランダムアクセスプリアンブルの数は、上位レイヤで提供される上位レイヤパラメータcb−preamblePerSSBで示されてよい。各PRACH機会で各SS/PBCHブロックにマップされるランダムアクセスプリアンブルの数は、SSB−perRACH−Occasionとcb−preamblePerSSBから算出されてよい。各PRACH機会で各SS/PBCHブロックにマップされるランダムアクセスプリアンブルのインデックスは、SB−perRACH−Occasion、cb−preamblePerSSB、および、SSBインデックスから特定されてよい。

0119

PRACH機会に対して、SSBインデックスは下記のルールでマップされてよい。
(1)1番目に、1つのPRACH機会でプリアンブルインデックスの昇順でマップされる。例えば、PRACH機会のプリアンブル数が64であり、各PRACH機会で各SS/PBCHブロックにマップされるランダムアクセスプリアンブルの数が32である場合に、あるPRACH機会にマップされるSSBインデックスはnとn+1となる。
(2)2番目に、周波数多重された複数のPRACH機会に対して周波数リソースインデックスの昇順でマップされる。例えば、2つのPRACH機会が周波数多重されており、周波数リソースインデックスの小さいPRACH機会にマップされるSSBインデックスがnとn+1である場合、周波数リソースインデックスの大きいPRACH機会にマップされるSSBインデックスはn+2とn+3となる。
(3)3番目に、PRACHスロット内で時間多重された複数のPRACH機会に対して
時間リソースインデックスの昇順でマップされる。例えば、上記(2)の例に加えてPRACHスロット内で時間方向に更に2つのPRACH機会が多重されている場合、これらのPRACH機会にマップされるSSBインデックスはn+4、n+5およびn+6、n+7となる。
(4)4番目に、複数のPRACHスロットに対しインデックスの昇順でマップされる。例えば、上記(3)の例に加えて次のPRACHスロットにRACH機会が存在する場合に、マップされるSSBインデックスはn+8、n+9、…となる。ただし、上記の例において、n+xが、SSBインデックスの最大値より大きくなった場合には、SSBインデックスの値は0に戻る。

0120

図7は、本発明の実施形態に係るPRACH機会に対するSSBインデックスの割当の一例を示す図である。図7は、ある時間区間で2つのPRACHスロットが存在し、1つのPRACHスロット内に時間方向に2つ、周波数方向に2つのPRACH機会(RO)が存在し、SSBインデックスが0〜11まで存在する場合の例を示している。1つのPRACH機会には2つのSSBインデックスがマップされており、上記(1)〜(4)のルールに従いSSBインデックスがマップされ、7つ目のPRACH機会から再度SSBインデックス0からマップされている。

0121

各PRACH機会に対してSSBインデックスがマップされるが、prach−ConfigIndexで特定されるPRACH設定周期内の全てのPRACH機会を用いた場合でも全てのSSBインデックス(基地局装置3が送信する全てのSS/PBCHブロック)にマップされない場合、SSBインデックスは複数のPRACH設定周期にわたってマップされてもよい。ただし、基地局装置3が送信する全てのSS/PBCHブロックの数は上位レイヤパラメータによって示されてもよい。全てのSSBインデックスが少なくとも1回マップされるようにPRACH設定周期を所定の回数繰り返した周期をアソシエーション周期(association period)と称する。アソシエーション周期を構成するPRACH設定周期の回数は、予め定められた複数の値のセットから上記条件を満たす最小の値が用いられてよい。該予め定められた複数の値のセットは、PRACH設定周期毎に定められていてもよい。ただし、アソシエーション周期内のPRACH機会に対して全てのSSBインデックスがマップされた上で、残されたPRACH機会の数がSS/PBCHブロックの数より多い場合には、再度SSBインデックスがマップされてもよい。ただし、アソシエーション周期内のPRACH機会に対して全てのSSBインデックスがマップされた上で、残されたPRACH機会の数がSS/PBCHブロックの数より少ない場合には、残されたPRACH機会にはSSBインデックスがマップされなくてもよい。全てのSSBインデックスに対して1度ずつPRACH機会が割り当てられるサイクルをSSBインデックス割当サイクルと称する。SSB−perRACH−Occasionが1以上である場合、1度のSSBインデックス割当サイクルに各SSBインデックスは1つのPRACH機会にマップされる。SSB−perRACH−Occasionが1より小さい値である場合、1度のSSBインデックス割当サイクルに各SSBインデックスは1/SSB−perRACH−OccasionのPRACH機会にマップされる。端末装置1は、PRACH設定インデックスで示されるPRACH設定周期と上位レイヤ(上位レイヤ信号)で提供される上位レイヤパラメータで特定されるSS/PBCHブロックの数に基づいてアソシエーション周期を特定してもよい。

0122

ランダムアクセス設定情報に含まれる1つまたは複数のランダムアクセスプリアンブルグループのそれぞれは、参照信号(例えば、SS/PBCHブロック、CSI−RSまたは下りリンク送信ビーム)毎に関連付けられていてもよい。端末装置1は受信した参照信号(例えば、SS/PBCHブロック、CSI−RSまたは下りリンク送信ビーム)に基づいてのランダムアクセスプリアンブルグループを選択してもよい。

0123

ただし、各SS/PBCHブロックに関連付けられているランダムアクセスプリアンブルグループは、上位層で通知される1つまたは複数のパラメータによって特定されてもよい。該1つまたは複数のパラメータの1つは、利用可能な1つまたは複数のプリアンブルのうちの1つのインデックス(例えばスタートインデックス)であってもよい。1つまたは複数のパラメータの1つは、SS/PBCHブロックあたりで競合ベースランダムアクセスに使用可能なプリアンブルの数であってもよい。該1つまたは複数のパラメータの1つは、SS/PBCHブロックあたりで競合ベースランダムアクセスに使用可能なプリアンブルの数と非競合ベースランダムアクセスに使用可能なプリアンブルの数の合計であってもよい。該1つまたは複数のパラメータの1つは、1つのPRACH機会に関連付けられているSS/PBCHブロックの数であってもよい。

0124

ただし、端末装置1は、それぞれ1つの下りリンク送信ビームを用いて送信された1つまたは複数の下りリンク信号を受信し、その中の1つの下りリンク信号に関連付けられたランダムアクセス設定情報を受信し、該受信したランダムアクセス設定情報に基づいてランダムアクセス手順を行なってもよい。端末装置1は、SSバーストセット内の1つまたは複数のSS/PBCHブロックを受信し、その中の1つのSS/PBCHブロックに関連付けられたランダムアクセス設定情報を受信し、該受信したランダムアクセス設定情報に基づいてランダムアクセス手順を行なってもよい。端末装置1は、1つまたは複数のCSI−RSを受信し、その中の1つのCSI−RSに関連付けられたランダムアクセス設定情報を受信し、該受信したランダムアクセス設定情報に基づいてランダムアクセス手順を行なってもよい。

0125

1つまたは複数のランダムアクセス設定情報は、1つのランダムアクセスチャネル設定(RACH-Config)および/または1つの物理ランダムアクセスチャネル設定(PRACH-Config)で構成されてもよい。

0126

ランダムアクセスチャネル設定の中に参照信号毎のランダムアクセスに関するパラメータが含まれてもよい。

0127

物理ランダムアクセスチャネル設定中に参照信号毎の物理ランダムアクセスチャネルに関するパラメータ(PRACH設定のインデックス、PRACH機会など)が含まれてもよい。

0128

1つのランダムアクセス設定情報は、1つの参照信号に対応するランダムアクセスに関するパラメータを示し、複数のランダムアクセス設定情報は、複数の参照信号に対応する複数のランダムアクセスに関するパラメータを示してもよい。

0129

1つのランダムアクセス設定情報は、1つの参照信号に対応する物理ランダムアクセスに関するパラメータを示し、複数の参照信号に対応する複数のランダムアクセスに関するパラメータを示してもよい。

0130

対応する参照信号が選択されれば、参照信号に対応するランダムアクセス設定情報(参照信号に対応するランダムアクセスチャネル設定、参照信号に対応する物理ランダムアクセスチャネル設定)が選択されるようにしてもよい。

0131

ただし、端末装置1は、ランダムアクセスプリアンブルを送信する基地局装置3および/または送受信点4とは異なる基地局装置3および/または送受信点4から一つまたは複数のランダムアクセス設定情報を受信してもよい。例えば、端末装置1は第1の基地局装置3から受信したランダムアクセス設定情報の少なくとも1つに基づいて第2の基地局装置3へランダムアクセスプリアンブルを送信してもよい。

0132

ただし、基地局装置3は、端末装置1が送信したランダムアクセスプリアンブルを受信することにより、該端末装置1へ下りリンク信号を送信する際に適用すべき下りリンク送信ビームを決定してもよい。端末装置1は、ある下りリンク送信ビームに関連付けられたランダムアクセス設定情報に示されるPRACH機会を用いてランダムアクセスプリアンブルを送信してもよい。基地局装置3は、端末装置1から受信したランダムアクセスプリアンブル、および/または、該ランダムアクセスプリアンブルを受信したPRACH機会に基づいて、該端末装置1へ下りリンク信号を送信する際に適用すべき下りリンク送信ビームを決定してもよい。

0133

基地局装置3は、端末装置1に対して、1つまたは複数のランダムアクセス設定情報(ランダムアクセスリソースを含んでもよい)を含むRRCパラメータをRRCメッセージとして端末装置1に送信する。

0134

端末装置1は、基地局装置3との間の伝搬路特性に基づいてランダムアクセス手順に使用する1つまたは複数の利用可能なランダムアクセスプリアンブルおよび/または1つまたは複数の利用可能なPRACH機会を選択してもよい。端末装置1は、基地局装置3から受信した参照信号(例えば、SS/PBCHブロックおよび/またはCSI−RS)により測定した伝搬路特性(例えば参照信号受信電力(RSRP)であってよい)に基づいてランダムアクセス手順に使用する1つまたは複数の利用可能なランダムアクセスプリアンブルおよび/または1つまたは複数のPRACH機会を選択してもよい。

0135

端末装置1が基地局装置3からメッセージ0を受信した場合のランダムアクセス手順は、図8に示すように、端末装置1と基地局装置3との間の複数のメッセージの送受信により実現される。

0136

<メッセージ0(S801)>

0137

基地局装置3は、端末装置1に対して、下りリンクの専用シグナリング(dedicated signalling)(メッセージ0あるいはMsg0とも称される)によって、1つまたは複数の非競合ベースランダムアクセスプリアンブルを割り当てる。ただし、非競合ベースランダムアクセスプリアンブルは、ブロードキャストシグナリングによって通知されたセットに含まれていないランダムアクセスプリアンブルのことであってもよい。基地局装置3は、複数の参照信号を送信している場合に、端末装置1に対して、該複数の参照信号の少なくとも一部のそれぞれに対応する複数の非競合ベースランダムアクセスプリアンブルを割り当ててもよい。

0138

メッセージ0は、基地局装置3から端末装置1へランダムアクセス手順の開始を指示する指示情報であってもよい。メッセージ0は、ハンドオーバのために、ターゲットの基地局装置3によって生成され、元の(source)基地局装置3によって送信されたハンドオーバ(HO)コマンドであってもよい。メッセージ0は、セカンダリセルグループの変更のために、基地局装置3によって送信されたSCG変更コマンドあってもよい。ハンドオーバコマンドやSCG変更コマンドは、同期再設定とも称される。この同期再設定(reconfiguration with syncなど)は、RRCメッセージで送信される。同期再設定は、PCel
lへの同期をともなうRRC再設定(ハンドオーバコマンドなど)やPSCellへの同期をともなうRRC再設定(SCG変更コマンドなど)に使用される。メッセージ0は、RRC信号および/またはPDCCHで送信されてもよい。PDCCHで送信されるメッセージ0は、PDCCHオーダーと称されてもよい。PDCCHオーダーは、あるDCIフォーマットのDCIで送信されてよい。メッセージ0は、非競合ベースランダムアクセスプリアンブルを割り当てる情報を含んでいてもよい。

0139

メッセージ0で通知されるビット情報には、プリアンブルインデックス情報、SSBインデックス情報、マスクインデックス情報(RACH機会インデックスと称されてもよい)、SUL(Supplemental UpLink)情報、BWPインデックス情報、SRI(SRSResource Indicator)情報、参照信号選択指示情報(Reference Signal Selection Indicator)、ランダムアクセス設定選択指示情報(Random Access Configuration Selection Indicator)、RSタイプ選択指示情報、単一/複数メッセージ送信識別情報(Single/Multiple Msg.1 Transmission Indicator)、および/または、TCIが含まれてもよい。

0140

プリアンブルインデックス情報は、ランダムアクセスプリアンブルの生成に用いられる1つまたは複数のプリアンブルインデックスを示す情報である。ただし、プリアンブルインデックス情報が所定の値である場合に、端末装置1は、競合ベースのランダムアクセス手順で利用可能な1つまたは複数のランダムアクセスプリアンブルから1つをランダムに選択してもよい。

0141

SSBインデックス情報は、基地局装置3が送信する1つまたは複数のSS/PBCHブロックのいずれかひとつに対応するSSBインデックスを示す情報である。メッセージ0を受信した端末装置1は、SSBインデックス情報で示されるSSBインデックスがマップされたPRACH機会のグループを特定する。各PRACH機会にマップされるSSBインデックスは、PRACH設定インデックスと上位レイヤパラメータSB−perRACH−Occasion、および上位レイヤパラメータcb−preamblePerSSBによって決まる。

0142

マスクインデックス情報は、ランダムアクセスプリアンブルの送信に利用可能なPRACH機会のインデックスを示す情報である。ただし、マスクインデックス情報により示されるPRACH機会は1つの特定のPRACH機会であってもよいし、選択可能な複数のPRACH機会を示すものであってもよいし、異なるインデックスが1つのPRACH機会と選択可能な複数のPRACH機会のそれぞれを示してもよい。マスクインデックス情報は、prach−ConfigurationIndexで定められる1つまたは複数のPRACH機会のグループの一部のPRACH機会を示す情報であってもよい。ただし、マスクインデックス情報は、SSBインデックス情報で特定される特定のSSBインデックスがマップされたPRACH機会のグループ内の一部のPRACH機会を示す情報であってもよい。

0143

図9は、本発明の実施形態に係るマスクインデックスのテーブルの一例を示す図である。図9に例示するテーブルでは、マスクインデックスは、それぞれ異なるビット列に対応する0〜15のインデックスで示される。マスクインデックス0は、SSBインデックス情報で示されるSSBインデックスがマップされた(あるいは対応するSS/PBCHブロックに関連付けられた)全てのPRACH機会が利用可能であることを示す。マスクインデックス1〜8はそれぞれ、アソシエーション周期内にてSSBインデックス情報で示されるSSBインデックスがマップされた(あるいは対応するSS/PBCHブロックに関連付けられた)PRACH機会のうちPRACH機会インデックス1〜8に対応するPRACH機会が利用可能であることを示す。マスクインデックス9は、SSBインデックス情報で示されるSSBインデックスがマップされた(あるいは対応するSS/PBCHブロックに関連付けられた)PRACH機会のうち偶数番目のPRACH機会全てが利用可能であることを示す。マスクインデックス10は、SSBインデックス情報で示されるSSBインデックスがマップされた(あるいは対応するSS/PBCHブロックに関連付けられた)PRACH機会のうち奇数番目のPRACH機会全てが利用可能であることを示す。図9に例示するテーブルでは、マスクインデックス11〜15はreservedを表し使用されない。

0144

ただし、マスクインデックス情報で示されるマスクインデックスがある値である場合に、SSBインデックス情報で示されるSSBインデックスに関わらず、いずれかのSSBインデックスにマップされた全てのPRACH機会が利用可能であることを示してもよい。

0145

ただし、マスクインデックス情報で示されるマスクインデックスがある値である場合に、SSBインデックス情報で示されるSSBインデックスに関わらず、いずれかのSSBインデックスにマップされた全てのPRACH機会のうち時間領域で偶数番目のPRACH機会が利用可能であることを示してもよい。ただし、マスクインデックス情報で示されるマスクインデックスがある値である場合に、SSBインデックス情報で示されるSSBインデックスに関わらず、いずれかのSSBインデックスにマップされた全てのPRACH機会のうち時間領域で奇数番目のPRACH機会が利用可能であることを示してもよい。

0146

ただし、マスクインデックス情報で示されるマスクインデックスがある値である場合に、示される利用可能なPRACH機会は、1つの時間機会(タイムインスタンスとも称される)あたり1つであってもよい。例えば、SSBインデックス情報で示されるSSBインデックスがマップされたPRACH機会が時間機会当りに複数存在する場合に、利用可能なPRACH機会は、周波数が最も低い(周波数リソースインデックスが最も小さい)PRACH機会であってもよい。

0147

ただし、マスクインデックスで示されるPRACH機会インデックスは所定のルールに沿ってインデックスが割り当てられてもよい。例えば、1つの時間機会あたりにPRACH機会インデックスが割り当てられるPRACH機会は1つであってもよい。例えば、SSBインデックス情報で示されるSSBインデックスがマップされた複数のPRACH機会に対して、時間方向に順に1つずつPRACH機会インデックスがマップされてもよい。ただし、所定の期間(アソシエーション周期、PRACH設定周期、あるいは1無線フレームであってもよい)で全てのPRACH機会インデックスがマップされない場合には、時間機会当りの複数のPRACH機会に複数のPRACH機会インデックスがマップされてもよい。ただし、PRACH機会インデックスは、時間方向を優先してPRACH機会にマップされた後、周波数方向にマップされてもよい。

0148

ただし、マスクインデックスで示されるPRACH機会インデックスは、アソシエーション周期内の何番目のSSBインデックス割当サイクルであるかを示すインデックスであってもよい。1つのSSBインデックス割当サイクルで1つのSSBインデックスに対して割り当てられるPRACH機会インデックスは1つであってもよい。ただし、1つのSSBインデックス割当サイクルで所定のSSBインデックスに対しPRACH機会インデックスが割り当てられるPRACH機会は、該SSBインデックスが割り当てられた複数のPRACH機会のうち、最も周波数リソースインデックスが小さく、最も時間リソースインデックスが小さいPRACH機会であってもよい。

0149

ただし、マスクインデックスで示されるPRACH機会インデックスは、SSBインデックス情報で示されるSSBインデックスがマップされた複数のPRACH機会に対して周波数方向に順にマップされてもよい。ただし、時間機会当りで全てのPRACH機会インデックスがマップされない場合には、次の時間機会のPRACH機会に残りのPRACH機会インデックスがマップされてもよい。

0150

ただし、PRACH機会インデックスが割り当てられるPRACH機会はアソシエーション周期当りで1つであってもよいし、複数であってもよい。例えば、PRACH機会インデックスは、SSBインデックス割当サイクル毎に割り当てられてもよいし、アソシエーション周期内の1つのSSBインデックス割当サイクルのPRACH機会のみに割り当てられてもよい。

0151

SUL情報は、ランダムアクセスプリアンブルをノーマルアップリンクキャリアで送信するかSULキャリアで送信するかを示す情報である。

0152

BWPインデックス情報は、ランダムアクセスプリアンブルを送信するBWPを示す情報である。

0153

ただし、プリアンブルインデックス情報とマスクインデックス情報は1つのインデックス情報で示されてもよい。例えば、1つのインデックスで端末装置1がランダムアクセスプリアンブルの送信に利用可能なプリアンブル(系列、コードと称されてもよい)、時間リソースおよび周波数リソースの全てまたはその一部が示されてもよい。

0154

ただし、プリアンブルインデックス情報および/またはマスクインデックス情報は、SS/PBCHブロックごとに異なる値が設定されてもよい。例えば、端末装置1は、受信した1つまたは複数のSS/PBCHブロックの中から1つを選択し、選択したSS/PBCHブロックに関連付けられたプリアンブルインデックス情報および/またはマスクインデックス情報を用いてランダムアクセスプリアンブルを送信してもよい。

0155

ただし、プリアンブルインデックス情報および/またはマスクインデックス情報は、複数のSS/PBCHブロックで共通の値が設定されてもよい。例えば、端末装置1は、受信した1つまたは複数のSS/PBCHブロックの中から1つを選択し、選択したSS/PBCHブロックに関連付けられたランダムアクセス設定を選択し、利用可能なプリアンブルおよび/または時間/周波数リソースに対して、受信したプリアンブルインデックス情報および/またはマスクインデックス情報に対応するランダムアクセスプリアンブルを送信してもよい。

0156

SRI情報は、基地局装置3が設定している1つまたは複数のSRS送信用リソースのインデックスのうちの少なくとも一部を通知する情報である。ただし、SRI情報は、基地局装置3が設定している1つまたは複数のSRS送信用リソースに対応するビットマップ情報であってもよい。

0157

端末装置1は、受信したSRI情報に基づいて、ランダムアクセスプリアンブルを送信するアンテナポートを決定してもよい。ただし、SRI情報が示すSRS送信用リソースが複数である場合に、端末装置1は複数のSRS送信用リソースに基づく複数のアンテナポートのそれぞれでランダムアクセスプリアンブルを送信してもよい。ただし、端末装置1は、SRI情報が示すSRS送信用リソースに関連付けられたアンテナポートを、ランダムアクセスプリアンブルの送信および再送に利用可能なアンテナポートとしてもよい。端末装置1は、SRI情報が示すSRS送信用リソースに関連付けられた上りリンク送信ビーム(送信空間フィルタ設定)でランダムアクセスプリアンブルを送信してもよい。ただし、メッセージ0でSRI情報を受信した端末装置1がランダムアクセスプリアンブルの送信に用いるアンテナポートは、SRI情報が示すSRS送信用リソースに関連付けられたアンテナポートとQCLであってもよい。

0158

参照信号選択指示情報は、メッセージ0を受信した端末装置1に対して、ランダムアクセス手順を行なうために用いる参照信号(例えばSS/PBCHブロックおよび/またはCSI−RS)を選択するか否かを指示する情報である。つまり、参照信号選択指示情報は、1つまたは複数の参照信号の測定に基づいて参照信号を選択するか否かを指示する情
報であってよい。ただし、メッセージ0を受信する前に端末装置1がすでに1つの参照信号を選択している場合、参照信号選択指示情報は、1つまたは複数の参照信号の測定に基づいて参照信号を再選択するか否かを指示する情報であってよい。参照信号選択指示情報で参照信号を選択することが指示された場合、ゼロ、1つ、または複数のSS/PBCHブロックおよびゼロ、1つ、または複数のCSI−RSの中から参照信号が選択されてよい。ただし、参照信号選択指示情報は、参照信号の種類(SS/PBCHブロック、CSI−RS)により別途選択指示が行われてもよい。例えば、参照信号選択指示情報は、1つまたは複数のSS/PBCHブロックから1つのSS/PBCHブロックを選択するか否かを示すSS/PBCHブロック選択指示情報と1つまたは複数のCSI−RSから1つのCSI−RSを選択するか否かを示すCSI−RS選択指示情報と、を含んでもよい。参照信号選択指示情報において“選択しない“となった場合には、メッセージ0の情報および/またはメッセージ0を受信したPDCCHに関連付けられた参照信号に基づいて、参照信号を選択してもよい。ただし、メッセージ0に参照信号選択指示情報が含まれていない実施形態において、端末装置1は、メッセージ0の情報および/またはメッセージ0を受信したPDCCHに関連付けられた参照信号に基づいて、参照信号を選択してもよい。別の例として、メッセージ0に参照信号選択指示情報が含まれていない実施形態において、RRCパラメータで参照信号とランダムアクセスリソースが関連付けられている限り、参照信号の選択処理は行われるようにしてもよい。

0159

メッセージ0によって参照信号選択指示情報が示されている場合、端末装置1は1つまたは複数の参照信号をモニタし、選択した1つの参照信号に関連付けられたランダムアクセス設定を用いてランダムアクセスプリアンブルを送信してもよい。

0160

ただし、参照信号選択指示情報で示される情報は、メッセージ0で示されるその他の情報で示されてもよい。例えば、参照信号選択指示情報で示される情報はプリアンブルインデックス情報に含まれてもよい。端末装置1は、メッセージ0で示されるプリアンブルインデックスが所定の値である場合に1つまたは複数の参照信号から1つの参照信号を選択してもよい。

0161

ランダムアクセス設定選択指示情報は、メッセージ0を受信した端末装置1に対して、ランダムアクセス手順を行なうために用いるランダムアクセス設定情報を選択(再選択)するか否かを指示する情報である。メッセージ0でランダムアクセス設定選択指示情報を受信した端末装置1は、下りリンク信号で受信した1つまたは複数のランダムアクセス設定情報の中から1つを選択し、選択したランダムアクセス設定情報に基づいてランダムアクセスプリアンブルの送信を行なってもよい。

0162

ただし、ランダムアクセス設定選択指示情報で示される情報は、メッセージ0で示されるその他の情報で示されてもよい。例えば、ランダムアクセス設定選択指示情報で示される情報はプリアンブルインデックス情報に含まれてもよい。端末装置1は、メッセージ0で示されるプリアンブルインデックスが所定の値である場合にランダムアクセス設定情報を選択(再選択)してもよい。

0163

ただし、端末装置1は、メッセージ0に示される情報(例えば、プリアンブルインデックス情報および/または参照信号選択指示情報)に基づいてランダムアクセスプリアンブルの送信に使用する参照信号を選択(再選択)する場合に、RRCレイヤで設定されたCFRA−CSIRS−Resource−PDCCHorderに基づいて非競合ベースランダムアクセスで用いるランダムアクセスプリアンブルのプリアンブルインデックスおよび/または時間/周波数リソースを特定(決定)してもよい。

0164

ただし、プリアンブルインデックス情報、SRI情報、参照信号選択指示情報、および
/または、ランダムアクセス設定選択指示情報に対して、1つの共通インデックス情報が用いられてもよい。例えば、共通インデックス情報が第1の値であった場合に、ランダムアクセス設定情報の選択(再選択)を行ない、共通インデックス情報が第2の値であった場合に1つまたは複数の参照信号をモニタしてもよい。

0165

ただし、RSタイプ情報は、参照信号の種類を選択する情報である。例えば、RSタイプ情報は、メッセージ0(PDCCHオーダーであってもよい)が、SS/PBCHブロックに関連付けられているのか、CSI−RSに関連付けられているのかを示す。例えば、RSタイプ情報は、メッセージ0(PDCCHオーダーであってもよい)で指定されるランダムアクセスプリアンブルが、SS/PBCHブロックに関連付けられているのか、CSI−RSに関連付けられているのかを示す。例えば、RSタイプ情報は、メッセージ0(PDCCHオーダーであってもよい)を受信した端末装置がメッセージ1の送信に使用されるPRACH機会が、SS/PBCHブロックに関連付けられているのか、CSI−RSに関連付けられているのかを示す。

0166

ただし、TCIは、送信設定識別子(TCI)であり、TCIに関連付けられた一つまたは複数の参照信号は、RRCメッセージによって、基地局装置3から端末装置1が受信する。メッセージ0(PDCCHオーダーであってもよい)に含まれるTCIに基づいて,メッセージ0の受信に用いたPDCCHと関連付けられた一つまたは複数の参照信号を特定する。または、メッセージ0の受信に用いたPDCCHと関連付けられたTCIに基づいて、メッセージ0の受信に用いたPDCCHと関連付けられた一つまたは複数の参照信号を特定する。

0167

<メッセージ1(S802)>
メッセージ0を受信した端末装置1は、割り当てられた非競合ベースランダムアクセスプリアンブルを、物理ランダムアクセスチャネルを介して送信する。この送信されるランダムアクセスプリアンブルをメッセージ1またはMsg1と称してもよい。ランダムアクセスプリアンブルは、複数のシーケンスによって基地局装置3へ情報を通知するように構成される。例えば、64種類のシーケンスが用意されている場合、6ビットの情報(ra−PreambleIndexまたはプリアンブルインデックスであってよい)を基地局装置3へ示すことができる。この情報は、ランダムアクセスプリアンブル識別子(Random
Access preamble Identifier)として示され、端末装置1はこの情報に対応するラン
アクセス応答(メッセージ2)をモニタすることで、基地局装置3から自装置宛てのメッセージ2を特定することができる。プリアンブルシーケンスは、プリアンブルインデックスを用いるプリアンブルシーケンスセットの中から選択される。

0168

端末装置1のMACレイヤにおけるランダムアクセスリソース(時間/周波数リソースおよび/またはプリアンブルインデックスを含む)の選択手順について説明する。端末装置1は、送信するランダムアクセスプリアンブルのプリアンブルインデックス(PREAMBLE_INDEXと称されてもよい)に対して下記の手順で値をセットする。

0169

端末装置1は、(1)下位レイヤからのビーム失敗の通知によってランダムアクセス手順が開始され、(2)RRCパラメータでSS/PBCHブロック(SSBとも称される)またはCSI−RSに関連付けられたビーム失敗リカバリ要求のための非競合ベースランダムアクセスのためのランダムアクセスリソース(PRACH機会であってもよい)が提供されており、かつ(3)一つ以上のSS/PBCHブロックまたはCSI−RSのRSRPが所定の閾値を超えている場合に、RSRPが前記所定の閾値を超えているSS/PBCHブロックまたはCSI−RSを選択し、該選択されたSS/PBCHブロックに関連付けられたra−PreambleIndexをプリアンブルインデックスにセットする。

0170

端末装置1は、(1)PDCCHまたはRRCでra−PreambleIndexが提供され、(2)該ra−PreambleIndexの値が競合ベースランダムアクセス手順を指示する値(例えば0b000000)ではなく、かつ(3)RRCでSS/PBCHブロックまたはCSI−RSと非競合ベースランダムアクセスのためのランダムアクセスリソースが関連付けられていない場合に、シグナルされたra−PreambleIndexをプリアンブルインデックスにセットする。0bxxxxxxは、6ビットの情報フィールドに配置されているビット列を意味している。

0171

端末装置1は、(1)RRCでSS/PBCHブロックと非競合ベースランダムアクセスのためのランダムアクセスリソースが関連付けられており、かつ(2)関連付けられたSS/PBCHブロックのうちRSRPが所定の閾値を超えるSS/PBCHブロックが1つ以上利用可能である場合に、RSRPが前記所定の閾値を超えているSS/PBCHブロックの1つを選択し、該選択されたSS/PBCHブロックに関連付けられたra−PreambleIndexをプリアンブルインデックスにセットする。

0172

端末装置1は、(1)RRCでCSI−RSと非競合ベースランダムアクセスのためのランダムアクセスリソースが関連付けられており、かつ(2)関連付けられたCSI−RSのうちRSRPが所定の閾値を超えるCSI−RSが1つ以上利用可能である場合に、RSRPが前記所定の閾値を超えているCSI−RSの1つを選択し、該選択されたCSI−RSに関連付けられたra−PreambleIndexをプリアンブルインデックスにセットする。

0173

端末装置1は、上記条件のいずれの条件も満たさない場合、競合ベースランダムアクセス手順を行なう。競合ベースランダムアクセス手順においては、端末装置1は、設定された閾値を超えるSS/PBCHブロックのRSRPを持つSS/PBCHブロックを選択し、プリアンブルグループの選択を行う。SS/PBCHブロックとランダムアクセスプリアンブルの関係が設定されている場合は、端末装置1は、選択されたSS/PBCHブロックと選択されたプリアンブルグループに関連付けられた1つまたは複数のランダムアクセスプリアンブルからランダムにra−PreambleIndexを選択し、選択されたra−PreambleIndexをプリアンブルインデックスにセットする。

0174

ただし、端末装置1は、メッセージ0によって示されるra−PreambleIndexが所定の値(例えば、0b000000)である場合に競合ベースランダムアクセス手順を行なってもよい。ただし、端末装置1は、メッセージ0によって示されるra−PreambleIndexが所定の値(例えば、0b000000)である場合に競合ベースランダムアクセスで利用可能な1つまたは複数のランダムアクセスプリアンブルインデックスからランダムに1つを選択してもよい。

0175

ただし、メッセージ0によってマスクインデックスが通知されている場合、端末装置1は通知されたマスクインデックスで示される利用可能なPRACH機会を用いてランダムアクセスプリアンブルを送信する。

0176

ただし、メッセージ0によってSSBインデックスとマスクインデックスが通知されている場合、端末装置1は通知されたSSBインデックスとマスクインデックスで示される利用可能なPRACH機会を用いてランダムアクセスプリアンブルを送信する。

0177

ただし、端末装置1は、PDCCH(PDCCHオーダー)で通知されるra−PreambleIndexと、PDCCHで通知されるSSBインデックスに基づいて、非競合ベースランダムアクセスで用いるランダムアクセスプリアンブルのプリアンブルインデ
クスを決定してもよい。RRCレイヤにおいて、メッセージ0で通知されるプリアンブルインデックス情報に対して、1つまたは複数の参照信号のそれぞれに対応するインデックス(ra−PreambleIndex)が関連付けられてもよい。

0178

ただし、端末装置1は、1つのSS/PBCHブロックを選択し、かつPRACH機会とSS/PBCHブロックの関連付け(association)が設定されている場合、選択した
SS/PBCHブロックに関連付けられているPRACH機会のうち次に利用可能なPRACH機会を決定してもよい。ただし、端末装置1は、1つのCSI−RSを選択し、かつPRACH機会とCSI−RSの関連付け(association)が設定されている場合、選
択したCSI−RSに関連付けられているPRACH機会のうち次に利用可能なPRACH機会を決定してもよい。ただし、端末装置1は、PDCCHでSSBインデックスが通知され、かつPRACH機会とSS/PBCHブロックの関連付け(association)が設
定されている場合、通知されたSSBインデックスに対応するSS/PBCHブロックに関連付けられているPRACH機会のうち次に利用可能なPRACH機会を決定してもよい。

0179

ただし、端末装置1は、PDCCHでSSBインデックスが通知されている場合に、通知されたSSBインデックスに対応するSS/PBCHブロックを選択してもよい。

0180

ただし、利用可能なPRACH機会は、マスクインデックス情報、SSBインデックス情報、RRCパラメータで設定されるリソース設定、および/または選択された参照信号(SS/PBCHブロックまたはCSI−RS)に基づいて、特定されてもよい。RRCパラメータで設定されるリソース設定は、SS/PBCHブロック毎のリソース設定、および/またはCSI−RS毎のリソース設定を含む。

0181

基地局装置3は、RRCメッセージで、SS/PBCHブロック毎のリソース設定および/またはCSI−RS毎のリソース設定を、端末装置1に送信してもよい。端末装置1は、RRCメッセージで、SS/PBCHブロック毎のリソース設定および/またはCSI−RS毎のリソース設定を、基地局装置3から受信する。基地局装置3は、メッセージ0で、マスクインデックス情報および/またはSSBインデックス情報を端末装置1に送信してもよい。端末装置1は、メッセージ0で、マスクインデックス情報および/またはSSBインデックス情報を、基地局装置3から取得する。端末装置1は、ある条件に基づいて、参照信号(SS/PBCHブロックまたはCSI−RS)を選択してもよい。端末装置1は、次に利用可能なPRACH機会を、マスクインデックス情報、SSBインデックス情報、RRCパラメータで設定されるリソース設定、および選択された参照信号(SS/PBCHブロックまたはCSI−RS)に基づいて特定してもよい。端末装置1のMACエンティティは、選択されたPRACH機会を使用してランダムアクセスプリアンブルを送信するように物理レイヤに指示してもよい。

0182

ただし、メッセージ0によってSRI設定情報が示されている場合、端末装置1は、SRI設定情報に示されている1つまたは複数のSRS送信用リソースに対応するアンテナポートおよび/または上りリンク送信ビームを用いて1つまたは複数のランダムアクセスプリアンブルを送信する。

0183

<メッセージ2(S803)>
メッセージ1を受信した基地局装置3は、端末装置1に送信を指示するための上りリンクグラントを含むランダムアクセス応答を生成し、生成したランダムアクセス応答をDL−SCHで端末装置1へ送信する。ランダムアクセス応答を、メッセージ2またはMsg2と称してもよい。また、基地局装置3は、受信したランダムアクセスプリアンブルから端末装置1と基地局装置3との間の送信タイミングのずれを算出し、当該のずれを調整す
るための送信タイミング調整情報(Timing Advance Command)をメッセージ2に含める。また、基地局装置3は、受信したランダムアクセスプリアンブルに対応したランダムアクセスプリアンブル識別子をメッセージ2に含める。また、基地局装置3は、ランダムアクセスプリアンブルを送信した端末装置1宛てのランダムアクセス応答を示すためのRA−RNTI(ランダムアクセス応答識別情報:Random Access-Radio Network Temporary Identity)を、下りリンクのPDCCHで送信する。RA−RNTIは、ランダムアクセス
プリアンブルを送信した物理ランダムアクセスチャネルの周波数および時間の位置情報に応じて決定される。ここで、メッセージ2(下りリンクのPSCH)には、ランダムアクセスプリアンブルの送信に使用された上りリンク送信ビームのインデックスが含まれてもよい。また、下りリンクのPDCCHおよび/またはメッセージ2(下りリンクのPSC
H)を用いてメッセージ3の送信に使用される上りリンク送信ビームを決定するための情報が送信されてもよい。ここで、メッセージ3の送信に使用される上りリンク送信ビームを決定するための情報には、ランダムアクセスプリアンブルの送信に使用されたプリコーディングのインデックスからの差分(調整、補正)を示す情報が含まれてもよい。また、ランダムアクセス応答には、メッセージ3の送信電力に用いられる電力制御調整値に対する補正値を示す送信電力制御コマンド(TPCコマンド)が含まれてもよい。

0184

以上の複数のメッセージの送受信により、端末装置1は基地局装置3との同期をとり、基地局装置3に対する上りリンクデータ送信を行なうことができる。

0185

次に、本実施形態に係る上りリンク物理チャネルおよび/またはサウンディング参照信号の送信電力に用いられる下りリンクパスロスのリファレンスについて説明する。
なお、端末装置1が受信したTPCコマンドから得られた補正値を累積して算出することによって得られる電力調整制御値を、送信電力に適用することをTPCアキュムレーションと称してもよい。また、端末装置1がTPCコマンドから得られた補正値を累積して算出することなく、直前に受信した1つの補正値を電力制御調整値として送信電力に用いることをTPCアブソリュートと称してもよい。
下りリンクパスロスは、(下りリンク)パスロスリファレンス(例えば、SS/PBCHブロックやCSI−RS)の送信電力(基地局装置3の送信電力)とRSRP(端末装置1におけるパスロスリファレンスの測定結果)に基づいて端末装置1が算出してもよい。ここで、パスロスリファレンスとは、基地局装置3が設定する端末装置1にてパスロスの算出に用いられるRSRPの測定オブジェクトとして用いられる下りリンク参照信号(例えば、SSブロックやCSI−RS)のことであってもよい。
専用上位レイヤ設定が、基地局装置3から端末装置1に送信されていない状態で、端末装置1と基地局装置3が通信を行ってもよい。専用上位レイヤ設定は、PUSCHパスロス見積もりに使われるべき参照信号のセットPUCCHパスロス見積もりに使われるべき参照信号のセット、およびSRSパスロス見積もりに使われるべき参照信号のセットの内の、ゼロ、1つ、または複数を含んでもよい。
基地局装置3は、pathlossReferenceRSToAddModListという上位レイヤ設定を端末装置
1へ送信してもよい。pathlossReferenceRSToAddModListは、PUSCHパスロス見積も
りに使われるべき参照信号のセットをしめす。このパラメータは、以下のPUSCHの送信に適用するパスロスリファレンスに対応する。端末装置1は、pathlossReferenceRSToAddModListという上位レイヤ設定を基地局装置3から受信してもよい。
基地局装置3は、pathlossReferenceRSという上位レイヤ設定をPUCCHの設定情報
に含めて、端末装置1へ送信してもよい。PUCCHの設定情報に含められたpathlossReferenceRSは、PUCCHパスロス見積もりに使われるべき参照信号のセットをしめす。
このパラメータは、以下のPUCCHの送信に適用するパスロスリファレンスに対応する。端末装置1は、PUCCHの設定情報に含められたpathlossReferenceRSという上位レイヤ設定を基地局装置3から受信してもよい。
基地局装置3は、pathlossReferenceRSという上位レイヤ設定をSRSの設定情報に含
めて、端末装置1へ送信してもよい。SRSの設定情報に含められたpathlossReferenceRSは、SRSパスロス見積もりに使われるべき参照信号のセットをしめす。このパラメータは、以下のSRSの送信に適用するパスロスリファレンスに対応する。端末装置1は、SRSの設定情報に含められたpathlossReferenceRSという上位レイヤ設定を基地局装置3から受信してもよい。

0186

端末装置1がPUSCHの送信に適用するパスロスリファレンスについて、複数のSSブロックの設定、および/または、CSI−RSの設定を上位レイヤ信号(RRCメッセージおよび/またはMAC CE)で基地局装置3から指示される場合には、当該のパスロスリファレンスを示す情報は、端末装置1が上りリンクグラントで基地局装置3から指示されたSRI情報が示すSRS送信用リソースに関連付けられたパスロスリファレンスを示す情報であってもよいし、基地局装置3から上位レイヤ信号で指示された複数のSSブロックの設定、および/または、CSI−RSの設定のうちIDをゼロと設定されたものであってもよいし、基地局装置3から設定された一つまたは複数のPUCCHリソースのうち最小のIDのリソースに関連付けられたパスロスリファレンスを示す情報であってもよいし、ランダムアクセス応答に含まれたパスロスリファレンスを示す情報(例えば、端末装置1にてメッセージ1の送信時にパスロスリファレンスとして適用した参照信号)であってもよい。また、端末装置1がSSブロックの設定、および/または、CSI−RSの設定を基地局装置3より上位レイヤ信号で指示されない場合には、当該のパスロスリファレンスを示す情報は、端末装置1がランダムアクセス手順を通じ特定した参照信号(SSブロック、および/または、CSI−RS)としてもよい。ここで、前記ランダムアクセス手順は、特定の要因で開始されたものであってもよい。例えば、端末装置1が、PUSCHの送信に適用するパスロスリファレンスを基地局装置3より提供されていない場合、または、端末装置1が、基地局装置3より専用上位レイヤ設定を提供される前には、端末装置1は、非競合ベースのランダムアクセス手順をトリガーするPDCCHオーダーで開始されていない、最近に生じたランダムアクセス手順を通じて端末装置1にて選択されたSS/PBCHブロックからの参照信号のリソースを使って、下りリンクパスロス見積もりを算出してもよい。上記処理は、PUSCHの送信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロス見積もりを、活性化されたBWPの下り参照信号を用い見積もるよう上位レイヤより設定される場合に、端末装置1が行ってもよい。基地局装置3は、上記処理を端末装置1が行っている想定に基づいて、電力制御をおこなってもよい。また、基地局装置3は、上記処理を端末装置1が行うように上位レイヤ設定の送信を行ってもよい。

0187

端末装置1がPUCCHの送信に適用するパスロスリファレンスについて、複数のSSブロックの設定、および/または、CSI−RSの設定を上位レイヤ信号(RRCメッセージおよび/またはMAC CE)で基地局装置3から指示される場合には、当該のパスロスリファレンスを示す情報は、端末装置1が基地局装置3によりPUCCHリソースに関連づけられたパスロスリファレンスを示す情報であってもよいし、基地局装置3から上位レイヤ信号で指示された複数のSSブロックの設定、および/または、CSI−RSの設定のうちIDをゼロと設定されたものであってもよいし、基地局装置3より上位レイヤ信号でパスロスリファレンス対応付けの設定されたセルに対し、一つまたは複数のPUCCHリソースのうち最小のIDのリソースに関連付けられたパスロスリファレンスを示す情報であってもよい。また、端末装置1がSSブロックの設定、および/または、CSI−RSの設定を基地局装置3より上位レイヤ信号で指示されない場合には、当該のパスロスリファレンスを示す情報は、端末装置1がランダムアクセス手順を通じ特定した参照信号(SSブロック、および/または、CSI−RS)としてもよい。ここで、前記ランダムアクセス手順は、特定の要因で開始されたものであってもよい。例えば、端末装置1が、PUCCHの送信に適用するパスロスリファレンスを基地局装置3より提供されていない場合、または、端末装置1が、基地局装置3より専用上位レイヤ設定を提供される前には、端末装置1は、非競合ベースのランダムアクセス手順をトリガーするPDCCHオーダーで開始されていない、最近に生じたランダムアクセス手順を通じて端末装置1にて選択されたSS/PBCHブロックからの参照信号のリソースを使って、下りリンクパスロス見積もりを算出してもよい。上記処理は、PUCCHの送信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロス見積もりを、活性化されたBWPの下り参照信号を用い見積もるよう上位レイヤより設定される場合に、端末装置1が行ってもよい。基地局装置3は、上記処理を端末装置1が行っている想定に基づいて、電力制御をおこなってもよい。また、基地局装置3は、上記処理を端末装置1が行うように上位レイヤ設定の送信を行ってもよい。

0188

端末装置1がSRSの送信に適用するパスロスリファレンスについて、複数のSSブロックの設定、および/または、CSI−RSの設定を上位レイヤ信号(RRCメッセージおよび/またはMAC CE)で基地局装置3から指示される場合には、当該のパスロスリファレンスを示す情報は、端末装置1が基地局装置3によりSRS送信用リソースに関連付けられたパスロスリファレンスを示す情報であってもよいし、基地局装置3から上位レイヤ信号でSRS送信用リソースに関連付けられたパスロスリファレンス対応付けの設定されたセルのパスロスリファレンスを示す情報であってもよい。また、端末装置1がSSブロックの設定、および/または、CSI−RSの設定を基地局装置3より上位レイヤ信号で指示されない場合には、当該のパスロスリファレンスを示す情報は、端末装置1がランダムアクセス手順を通じ特定した参照信号(SSブロック、および/または、CSI−RS)としてもよい。ここで、前記ランダムアクセス手順は、特定の要因で開始されたものであってもよい。例えば、端末装置1が、SRSの送信に適用するパスロスリファレンスを基地局装置3より提供されていない場合、または、端末装置1が、基地局装置3より専用上位レイヤ設定を提供される前には、端末装置1は、非競合ベースのランダムアクセス手順をトリガーするPDCCHオーダーで開始されていない、最近に生じたランダムアクセス手順を通じて端末装置1にて選択されたSS/PBCHブロックからの参照信号のリソースを使って、下りリンクパスロス見積もりを算出してもよい。上記処理は、SRSの送信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロス見積もりを、活性化されたBWPの下り参照信号を用い見積もるよう上位レイヤより設定される場合に、端末装置1が行ってもよい。基地局装置3は、上記処理を端末装置1が行っている想定に基づいて、電力制御をおこなってもよい。また、基地局装置3は、上記処理を端末装置1が行うように上位レイヤ設定の送信を行ってもよい。

0189

端末装置1の用いるPUSCHおよびメッセージ3の送信電力は、サブキャリア間隔設定μ、PUSCHに割り当てられた帯域幅(リソースブロック数)、PUSCHの基準電力、PUSCHの端末装置固有電力、PUSCHの変調方式に基づく電力オフセット、および、下りリンクパスロスの補償係数、下りリンクパスロス、PUSCHのTPCコマンドの補正値に基づいてセットされる。なお、サブキャリア間隔設定μ、PUSCHの基準電力、PUSCHの端末装置固有電力、および、下りリンクパスロスの補償係数は、上位レイヤ設定として基地局装置3より設定される。また、これらの上位レイヤ設定は、上りリンクグラントの種類毎、セル毎、上りリンクサブフレームセット毎に基地局装置3より端末装置1に対し設定されてもよい。

0190

端末装置1の用いるPUCCHの送信電力は、サブキャリア間隔設定μ、PUCCHに割り当てられた帯域幅(リソースブロック数)、PUCCHの基準電力、PUCCHの端末装置固有電力、および、下りリンクパスロスの補償係数、PUCCHフォーマットに基づく電力オフセット、下りリンクパスロス、PUCCHのTPCコマンドの補正値に基づいてセットされる。なお、サブキャリア間隔設定μ、PUCCHの基準電力、PUCCHの端末装置固有電力、PUCCHフォーマットに基づく電力オフセット、および、下りリンクパスロスの補償係数は、上位レイヤ設定として基地局装置3より設定される。また、
これらの上位レイヤ設定は、セルグループ毎に基地局装置3より端末装置1に対し設定されてもよい。

0191

端末装置1の用いるSRSの送信電力は、サブキャリア間隔設定μ、SRSに割り当てられた帯域幅(リソースブロック数)、SRSの基準電力、および、下りリンクパスロスの補償係数、下りリンクパスロス、SRSのTPCコマンドの補正値に基づいてセットされる。なお、サブキャリア間隔設定μ、SRSの基準電力、および、下りリンクパスロスの補償係数は、上位レイヤ設定として基地局装置3より設定される。また、これらの上位レイヤ設定は、上りリンクグラントの種類毎、セル毎、上りリンクサブフレームセット毎に基地局装置3より端末装置1に対し設定されてもよい。

0192

PUSCH、PUCCHおよびSRSは、端末装置1にてそれぞれの物理チャネルに対応するTPCコマンドに基づいて電力が調整される。
TPCアキュムレーションは、セル毎、物理チャネル毎、サブフレームセット毎、(SRI)毎に行なうかどうかが基地局装置3より端末装置1に対し設定されてもよい。また、SRSのTPCアキュムレーションは、端末装置1にてPUSCHのTPCアキュムレーションを流用しても良い。

0193

このように、端末装置1は、パスロスリファレンスに基づいて、上りリンクの送信電力を適切にセットすることができる。

0194

図10は、本実施形態に係る端末装置1の非競合ベースランダムアクセスプリアンブルの送信処理の一例を示すフロー図である。

0195

端末装置1は、基地局装置3から1つまたは複数のSS/PBCHブロックを受信し、SSBインデックス情報とマスクインデックス情報を受信する(S1001)。端末装置1は、少なくとも受信したSSBインデックス情報とマスクインデックス情報とに基づいて次に利用可能なPRACH機会を決定する(S1002)。端末装置1は、決定したPRACH機会でランダムアクセスプリアンブルを送信する(S1003)。

0196

図11は、本実施形態に係る基地局装置3の非競合ベースランダムアクセスプリアンブルの受信処理の一例を示すフロー図である。

0197

基地局装置3は、1つまたは複数のSS/PBCHブロックを送信し、SSBインデックス情報とマスクインデックス情報を送信する(S2001)。基地局装置3は、少なくとも前記SSBインデックス情報と前記マスクインデックス情報とに基づいて特定されるPRACH機会でランダムアクセスプリアンブルをモニタする(S2002)。

0198

ただし、端末装置1は、1つまたは複数の参照信号のそれぞれに対応するランダムに選択可能なインデックス(競合ベースランダムアクセスに利用可能なインデックス)の割当を特定するプリアンブル割当情報を受信してもよい。ただし、端末装置1は、1つまたは複数の参照信号のそれぞれに対応する第1のインデックスからのオフセット値を特定するオフセット情報を受信してもよい。端末装置1は、インデックス情報、プリアンブル割当情報、オフセット情報および/または選択した1つの参照信号に基づいて第2のインデックスを特定してもよい。プリアンブル割当情報はRRCで通知されてもよい。オフセット情報はPDCCHで通知されてもよい。

0199

プリアンブル割当情報には、1つまたは複数の参照信号(参照信号のインデックス、QCL設定であってもよい)のそれぞれに割り当てられているPRACH機会を特定する情報が含まれてもよい。プリアンブル割当情報には、1つの参照信号(参照信号のインデッ
クス、QCL設定であってもよい)に対して割り当てられた競合ベースランダムアクセスで選択可能なプリアンブルの数(X)が含まれてもよい。第2の情報の情報には、1つの参照信号に対して割り当てられた、競合ベースランダムアクセスで利用可能なプリアンブルと非競合ベースランダムアクセスで利用可能なプリアンブルの合計の数(Y)が含まれてもよい。第2の情報には、1つのPRACH機会に割り当てられた参照信号の数(Z)が含まれてもよい。第2の情報はRRCで通知されてもよい。ただし、Yが、参照信号毎に等間隔に割り当てられるプリアンブルのインデックスの間隔であってもよい。例えば、Yが10であり、第1のインデックスが9である場合に、参照信号毎の第2のインデックスは、9+10×Aで示されてもよい。ただし、Aは、第1のインデックスに対応する参照信号と選択した参照信号の対応関係に依存する値である。

0200

オフセット情報には、参照信号毎に等間隔に割り当てられるプリアンブルのインデックスの間隔を特定する情報が含まれてもよい。オフセット情報には、各参照信号に対応する第1のインデックスからのオフセット値を特定する情報が含まれてもよい。

0201

図12に、本発明の実施形態に係るプリアンブルインデックスの割当の一例を示す。図12は、あるPRACH機会において利用可能なランダムアクセスプリアンブルのインデックスが0〜63の64種類が用意されており、4つの参照信号(例えば、SS/PBCHブロック)に対する競合ベースランダムアクセス用のプリアンブルグループと非競合ベースランダムアクセス用のプリアンブルグループに分類されている例である。図12では、インデックス0〜12が第1の参照信号に対応する競合ベースランダムアクセス用であり、インデックス16〜28が第2の参照信号に対応する競合ベースランダムアクセス用であり、インデックス32〜44が第3の参照信号に対応する競合ベースランダムアクセス用であり、インデックス48から63が第4の参照信号に対応する競合ベースランダムアクセス用であり、その他のインデックスが非競合ベースランダムアクセス用である。ただし、図では、各参照信号に対応する競合ベースランダムアクセス用プリアンブルグループの間に非競合ベースランダムアクセス用プリアンブルグループを割り当てているが、この順で割り当てられていなくてもよい。ただし、図12では、4つの非競合ベースランダムアクセス用プリアンブルグループに対して、特定の参照信号を割り当てていないが、各非競合ベースランダムプリアンブルグループを4つの参照信号にそれぞれ割り当ててもよい。ただし、図12では1つのPRACH機会におけるプリアンブルインデックスの割当を示しているが、複数の参照信号に対して、複数のPRACH機会におけるプリアンブルインデックスが割り当てられてもよい。

0202

端末装置1は、プリアンブル割当情報として、X=13、Y=16、Z=4の3つの情報のうち、少なくとも一部を通知されて、図12のような割当てを特定してもよい。

0203

端末装置1は、インデックス情報として、14を通知された場合に、第1の参照信号に対応する非競合ベースランダムアクセス用プリアンブルのインデックスが14であると特定してもよい。端末装置1は、インデックス情報とプリアンブル割当情報で通知された情報に基づいて、第2の参照信号に対応する非競合ベースランダムアクセス用プリアンブルのインデックス、第3の参照信号に対応する非競合ベースランダムアクセス用プリアンブルのインデックス、および/または第4の参照信号に対応する非競合ベースランダムアクセス用プリアンブルのインデックスを特定してもよい。例えば、Y(=16)が、参照信号毎に等間隔に割り当てられるプリアンブルのインデックスの間隔として、第2の参照信号に対応する非競合ベースランダムアクセス用プリアンブルのインデックスを14+16=30、第3の参照信号に対応する非競合ベースランダムアクセス用プリアンブルのインデックスを14+16*2=46、第4の参照信号に対応する非競合ベースランダムアクセス用プリアンブルのインデックスを14+16*3=62と特定してもよい。ただし、オフセット情報で参照信号毎に等間隔に割り当てられるプリアンブルのインデックスの間
隔として16が通知されてもよい。ただし、オフセット情報で、第1のインデックスに対する第2の参照信号のオフセット、第1のインデックスに対する第3の参照信号のオフセットおよび/または第1のインデックスに対する第4の参照信号のオフセットがそれぞれ通知されてもよい。ただし、図12における4つの非競合ベースランダムアクセス用プリアンブルグループに含まれるインデックスに対して、複数の参照信号に対応する非競合ベールランダムアクセス用プリアンブルが昇順に割り当てられてもよい。

0204

以下、本実施形態における装置の構成について説明する。

0205

図13は、本実施形態の端末装置1の構成を示す概略ブロック図である。図示するように、端末装置1は、無線送受信部10、および、上位層処理部14を含んで構成される。無線送受信部10は、アンテナ部11、RF(Radio Frequency)部12、および、ベー
スバンド部13を含んで構成される。上位層処理部14は、媒体アクセス制御層処理部15、無線リソース制御層処理部16を含んで構成される。無線送受信部10を送信部、受信部、モニタ部、または、物理層処理部とも称する。上位層処理部14を測定部、選択部または制御部とも称する。

0206

上位層処理部14は、ユーザの操作等により生成された上りリンクデータ(トランスポートブロックと称されてもよい)を、無線送受信部10に出力する。上位層処理部14は、媒体アクセス制御(MAC: Medium Access Control)層、パケットデータ統合プロトコル(Packet Data Convergence Protocol: PDCP)層、無線リンク制御(Radio Link Control: RLC)層、無線リソース制御(Radio Resource Control:RRC)層の一部あるいはすべての処理を行なう。上位層処理部14は、1つまたは複数の参照信号から、それぞれの参照信号の測定値に基づいて1つの参照信号を選択する機能を有してもよい。上位層処理部14は、1つまたは複数のPRACH機会から、選択した1つの参照信号に関連付けられたPRACH機会を選択する機能を有してもよい。上位層処理部14は、無線送受信部10で受信したランダムアクセス手順の開始を指示する情報に含まれるビット情報が所定の値であった場合に、上位レイヤ(例えばRRCレイヤ)で設定された1つまたは複数のインデックスから1つのインデックスを特定し、プリアンブルインデックスにセットする機能を有してもよい。上位層処理部14は、RRCで設定された1つまたは複数のインデックスのうち、選択した参照信号に関連付けられたインデックスを特定し、プリアンブルインデックスにセットする機能を有してもよい。上位層処理部14は、受信した情報(例えば、SSBインデックス情報および/またはマスクインデックス情報)に基づいて、次に利用可能なPRACH機会を決定する機能を有してもよい。上位層処理部14は、受信した情報(例えば、SSBインデックス情報)に基づいて、SS/PBCHブロックを選択する機能を有してもよい。上位層処理部は、上位レイヤ信号で指示されるパスロスリファレンスを示す情報、および/または上りリンクグラントで指示されたSRI情報(例えば、SRS送信用リソースに関連付けられたパスロスリファレンスを示す情報)、および/または設定された一つまたは複数のPUCCHリソースの情報(例えば、最小のIDのリソースに関連付けられたパスロスリファレンスを示す情報)、および/またはメッセージ1の送信時にパスロスリファレンスとして適用した参照信号の情報、および/またはランダムアクセス手順を通じ特定した参照番号の情報を用いて、上りリンク物理チャネル(PUSCH、PUCCH)および/またはサウンディング参照信号の送信電力に用いられる下りリンクパスロスのリファレンスを特定する機能を有しても良い。上位層処理部は、上位レイヤ信号で設定されるサブキャリア間隔設定μ、上りリンク物理チャネル(PUSCH、PUCCH)および/またはサウンディング参照信号の基準電力、上りリンク物理チャネル(PUSCH、PUCCH)および/またはサウンディング参照信号の端末装置固有電力、および、下りリンクパスロスの補償係数を特定する機能を有しても良い。

0207

上位層処理部14が備える媒体アクセス制御層処理部15は、MACレイヤ(媒体アク
セス制御層)の処理を行なう。媒体アクセス制御層処理部15は、無線リソース制御層処理部16によって管理されている各種設定情報/パラメータに基づいて、スケジューリング要求の伝送の制御を行う。

0208

上位層処理部14が備える無線リソース制御層処理部16は、RRCレイヤ(無線リソース制御層)の処理を行なう。無線リソース制御層処理部16は、自装置の各種設定情報/パラメータの管理をする。無線リソース制御層処理部16は、基地局装置3から受信した上位層の信号に基づいて各種設定情報/パラメータをセットする。すなわち、無線リソース制御層処理部16は、基地局装置3から受信した各種設定情報/パラメータを示す情報に基づいて各種設定情報/パラメータをセットする。

0209

無線送受信部10は、変調、復調、符号化、復号化などの物理層の処理を行う。無線送受信部10は、基地局装置3から受信した信号を、分離、復調、復号し、復号した情報を上位層処理部14に出力する。無線送受信部10は、データを変調、符号化することによって送信信号を生成し、基地局装置3に送信する。無線送受信部10は、あるセルにおける1つまたは複数の参照信号を受信する機能を有してもよい。無線送受信部10は、1つまたは複数のPRACH機会を特定する情報(例えば、SSBインデックス情報および/またはマスクインデックス情報)を受信する機能を有してもよい。無線送受信部10は、ランダムアクセス手順の開始を指示する指示情報を含む信号を受信する機能を有してもよい。無線送受信部10は、所定のインデックスを特定する情報を受信する情報を受信する機能を有してもよい。無線送受信部10は、ランダムアクセスプリンブルのインデックスを特定する情報を受信する機能を有してもよい。無線送受信部10は、上位層処理部14で決定したPRACH機会でランダムアクセスプリアンブルを送信する機能を有してもよい。

0210

RF部12は、アンテナ部11を介して受信した信号を、直交復調によりベースバンド信号に変換し(ダウンコンバート: down covert)、不要な周波数成分を除去する。RF
部12は、処理をしたアナログ信号ベースバンド部に出力する。

0211

ベースバンド部13は、RF部12から入力されたアナログ信号を、アナログ信号をデジタル信号に変換する。ベースバンド部13は、変換したデジタル信号からCP(Cyclic
Prefix)に相当する部分を除去し、CPを除去した信号に対して高速フーリエ変換(Fast Fourier Transform:FFT)を行い、周波数領域の信号を抽出する。

0212

ベースバンド部13は、データを逆高速フーリエ変換(Inverse Fast Fourier Transform:IFFT)して、OFDMシンボルを生成し、生成されたOFDMシンボルにCPを付加し、ベースバンドのデジタル信号を生成し、ベースバンドのデジタル信号をアナログ信号に変換する。ベースバンド部13は、変換したアナログ信号をRF部12に出力する。

0213

RF部12は、ローパスフィルタを用いてベースバンド部13から入力されたアナログ信号から余分な周波数成分を除去し、アナログ信号を搬送波周波数アップコンバート(up convert)し、アンテナ部11を介して送信する。また、RF部12は、電力を増幅する。また、RF部12は在圏セルにおいて送信する上り物理チャネル(PUSCH、PUCCH)および/またはサウンディング参照信号の送信電力を決定する機能を備えてもよい。RF部12を送信電力制御部とも称する。送信電力制御部は、TPCコマンドおよび/または、上位層処理部で特定したパスロスリファレンスおよび/または上位レイヤ信号で設定されるパラメータ(サブキャリア間隔設定μ、上りリンク物理チャネル(PUSCH、PUCCH)および/またはサウンディング参照信号の基準電力、上りリンク物理チャネル(PUSCH、PUCCH)の端末装置固有電力)、および/または、下りリンクパスロスの補償係数を用いて、上りリンク信号の送信電力を調整する機能を備えても良い。

0214

図14は、本実施形態の基地局装置3の構成を示す概略ブロック図である。図示するように、基地局装置3は、無線送受信部30、および、上位層処理部34を含んで構成される。無線送受信部30は、アンテナ部31、RF部32、および、ベースバンド部33を含んで構成される。上位層処理部34は、媒体アクセス制御層処理部35、無線リソース制御層処理部36を含んで構成される。無線送受信部30を送信部、受信部、モニタ部、または、物理層処理部とも称する。また様々な条件に基づき各部の動作を制御する制御部を別途備えてもよい。上位層処理部34を、端末制御部とも称する。

0215

上位層処理部34は、媒体アクセス制御(MAC: Medium Access Control)層、パケットデータ統合プロトコル(Packet Data Convergence Protocol: PDCP)層、無線リンク制御(Radio Link Control: RLC)層、無線リソース制御(Radio Resource Control:RRC)層の一部あるいはすべての処理を行なう。上位層処理部34は、無線送受信部30で受信したランダムアクセスプリアンブルに基づいて、1つまたは複数の参照信号から1つの参照信号を特定する機能を有してもよい。上位層処理部34は、少なくともSSBインデックス情報とマスクインデックス情報とからランダムアクセスプリアンブルをモニタするPRACH機会を特定してもよい

0216

上位層処理部34が備える媒体アクセス制御層処理部35は、MACレイヤの処理を行なう。媒体アクセス制御層処理部35は、無線リソース制御層処理部36によって管理されている各種設定情報/パラメータに基づいて、スケジューリングリクエストに関する処理を行う。

0217

上位層処理部34が備える無線リソース制御層処理部36は、RRCレイヤの処理を行なう。無線リソース制御層処理部36は、物理下りリンク共用チャネルに配置される下りリンクデータ(トランスポートブロック)、システム情報、RRCメッセージ、MAC CE(Control Element)などを生成し、又は上位ノードから取得し、無線送受信部30
に出力する。また、無線リソース制御層処理部36は、端末装置1各々の各種設定情報/パラメータの管理をする。無線リソース制御層処理部36は、上位層の信号を介して端末装置1各々に対して各種設定情報/パラメータをセットしてもよい。すなわち、無線リソース制御層処理部36は、各種設定情報/パラメータを示す情報を送信/報知する。無線リソース制御層処理部36は、あるセルにおける複数の参照信号の設定を特定するための情報を送信/報知してもよい。

0218

基地局装置3から端末装置1にRRCメッセージ、MAC CE、および/またはPDCCHを送信し、端末装置1がその受信に基づいて処理を行う場合、基地局装置3は、端末装置が、その処理を行っていることを想定して処理(端末装置1やシステムの制御)を行う。すなわち、基地局装置3は、端末装置にその受信に基づく処理を行わせるようにするRRCメッセージ、MAC CE、および/またはPDCCHを端末装置1に送っている。

0219

無線送受信部30は、1つまたは複数の参照信号を送信する機能を有する。また、無線送受信部30は、端末装置1から送信されたビーム失敗リカバリ要求を含む信号を受信する機能を有してもよい。無線送受信部30は、端末装置1に1つまたは複数のPRACH機会を特定する情報(例えば、SSBインデックス情報および/またはマスクインデックス情報)を送信する機能を有してもよい。無線送受信部30は、所定のインデックスを特定する情報を送信する機能を有してもよい。無線送受信部30は、ランダムアクセスプリアンブルのインデックスを特定する情報を送信する機能を有してもよい。無線送受信部30は、上位層処理部34で特定されたPRACH機会でランダムアクセスプリアンブルを
モニタする機能を有してもよい。その他、無線送受信部30の一部の機能は、無線送受信部10と同様であるため説明を省略する。なお、基地局装置3が1つまたは複数の送受信点4と接続している場合、無線送受信部30の機能の一部あるいは全部が、各送受信点4に含まれてもよい。

0220

また、上位層処理部34は、基地局装置3間あるいは上位のネットワーク装置(MME、S−GW(Serving−GW))と基地局装置3との間の制御メッセージ、またはユーザデータの送信(転送)または受信を行なう。図18において、その他の基地局装置3の構成要素や、構成要素間のデータ(制御情報)の伝送経路については省略してあるが、基地局装置3として動作するために必要なその他の機能を有する複数のブロックを構成要素として持つことは明らかである。例えば、上位層処理部34には、無線リソース管理(Radio Resource Management)層処理部や、アプリケーション層処理部が存在している。また上位層処理部34は、無線送受信部30から送信する複数の参照信号のそれぞれに対応する複数のスケジューリング要求リソースを設定する機能を有してもよい。

0221

なお、図中の「部」とは、セクション回路構成装置、デバイス、ユニットなど用語によっても表現される、端末装置1および基地局装置3の機能および各手順を実現する要素である。

0222

端末装置1が備える符号10から符号16が付された部のそれぞれは、回路として構成されてもよい。基地局装置3が備える符号30から符号36が付された部のそれぞれは、回路として構成されてもよい。

0223

(1)より具体的には、本発明の第1の態様における端末装置1は、第一のサウンディング参照信号を送信する送信部と、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を受信する受信部と、を備え、前記第一のサウンディング参照信号の送信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロスを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう上位レイヤより設定され、前記第一の下り参照信号に特定の参照信号を設定されていない場合に、ランダムアクセス手順により特定した第一のブロックの参照信号を適用する、端末装置であって、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号、セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む。

0224

(2)本発明の第2の態様における基地局装置3は、端末装置1に第一のサウンディング参照信号を受信する受信部と、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を送信する送信部と、を備え、前記端末装置1が、前記第一の第一のサウンディング参照信号の受信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロス見積もりを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう、上位レイヤより設定し、前記端末装置1の上位レイヤが、パスロスリファレンスを提供されていない場合、または、端末装置1が、専用上位レイヤ設定を提供される前には、端末装置1が、端末装置1の特定の最近のランダムアクセス手順により選択された第一のブロックの参照信号を適用し、前記下りリンクパスロス見積もりを算出している想定に基づいて、電力制御をおこなう電力制御部をさらに備え、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号、セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む。

0225

(3)本発明の第3の態様における通信方法は、端末装置の通信方法であって、第一のサウンディング参照信号を送信し、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を受信し、前記第一のサウンディング参照信号の送信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロスを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう上位レイヤより設定され、前記第一の下り参照信号に特定の参照信号を設定されていない場合に、ラン
ダムアクセス手順により特定した第一のブロックの参照信号を適用する、通信方法であって、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号、セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む。

0226

(4)本発明の第4の態様における通信方法は、基地局装置の通信方法であって、端末装置1に第一のサウンディング参照信号を受信し、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を送信し、前記端末装置1が、前記第一のサウンディング参照信号の受信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロス見積もりを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう、上位レイヤより設定し、前記端末装置1の上位レイヤが、パスロスリファレンスを提供されていない場合、または、端末装置1が、専用上位レイヤ設定を提供される前には、端末装置1が、端末装置1の特定の最近のランダムアクセス手順により選択された第一のブロックの参照信号を適用し、前記下りリンクパスロス見積もりを算出している想定に基づいて、電力制御をおこない、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号、セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む。

0227

(5)本発明の第5の態様における集積回路は、端末装置に実装される集積回路であって、第一のサウンディング参照信号を送信する送信手段と、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を受信する受信手段と、を備え、前記第一のサウンディング参照信号の送信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロスを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう上位レイヤより設定され、前記第一の下り参照信号に特定の参照信号を設定されていない場合に、ランダムアクセス手順により特定した第一のブロックの参照信号を適用する、集積回路であって、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号、セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む。

0228

(6)本発明の第6の態様における集積回路は、基地局装置に実装される集積回路であって、端末装置1に第一のサウンディング参照信号を受信する受信手段と、送信電力制御に適用する上位レイヤ設定を送信する送信手段と、を備え、前記端末装置1が、前記第一のサウンディング参照信号の受信に適用する送信電力制御に用いられる下りリンクパスロス見積もりを、活性化されたBWPの第一の下り参照信号を用い見積もるよう、上位レイヤより設定し、前記端末装置1の上位レイヤが、パスロスリファレンスを提供されていない場合、または、端末装置1が、専用上位レイヤ設定を提供される前には、端末装置1が、端末装置1の特定の最近のランダムアクセス手順により選択された第一のブロックの参照信号を適用し、前記下りリンクパスロス見積もりを算出している想定に基づいて、電力制御をおこない、前記第一のブロックは、プライマリ同期信号、セカンダリ同期信号、物理報知チャネル、および物理報知チャネル用DMRSを含む。

0229

本発明に関わる装置で動作するプログラムは、本発明に関わる実施形態の機能を実現するように、Central Processing Unit(CPU)等を制御してコンピュータを機能させるプログラムであっても良い。プログラムあるいはプログラムによって取り扱われる情報は、一時的にRandom Access Memory(RAM)などの揮発性メモリあるいはフラッシュメモリなどの不揮発性メモリやHard Disk Drive(HDD)、あるいはその他の記憶装置システムに格納される。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ