図面 (/)

技術 汎用コンバイン用脱穀装置の扱胴構造

出願人 井関農機株式会社
発明者 竹内賢一朗神崎健豪近藤啓一郎長井敏郎
出願日 2018年11月27日 (2年2ヶ月経過) 出願番号 2018-221060
公開日 2020年6月4日 (8ヶ月経過) 公開番号 2020-080750
状態 未査定
技術分野 脱穀機の要素(3)(選別・排塵) 脱穀機要素(2)(脱穀、還元)
主要キーワード 上下パイプ 取付け用フレーム サラバネ ケーシング上面 字フック 螺旋条 強制送り 選別空間
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年6月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

藁屑の流れを促進し、扱胴軸芯方向後方への排出をスムースにし、脱穀負荷の低減を図る汎用コンバイン脱穀装置扱胴構造を提供する。

解決手段

扱室2内に供給された穀稈脱粒処理する扱歯植設した扱胴3の終端側を軸芯方向後方へ連続的に強制送りする螺旋体8によって構成する。

概要

背景

従来、特許文献1には、全稈投入型汎用コンバインにおいて、螺旋扱歯によって送りながら脱粒処理する扱胴終端側は、藁屑を送塵羽根によって回転方向下方に排出する構成が開示されている。

概要

藁屑の流れを促進し、扱胴軸芯方向後方への排出をスムースにし、脱穀負荷の低減をる汎用コンバイン用脱穀装置扱胴構造を提供する。扱室2内に供給された穀稈を脱粒処理する扱歯植設した扱胴3の終端側を軸芯方向後方へ連続的に強制送りする螺旋体8によって構成する。

目的

本発明は、上記課題に鑑みて、扱胴終端側を螺旋条送り螺旋によって構成することにより、藁屑の流れを促進し、扱胴軸芯方向後方への排出をスムースにし、脱穀負荷の低減を図ることを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

汎用コンバイン脱穀装置(1)の扱胴構造において、扱室(2)内に供給された穀稈脱粒処理する扱歯(6)を植設した扱胴(3)の終端側を軸芯方向後方へ連続的に強制送りする螺旋体(8)によって構成してあることを特徴とする汎用コンバイン用脱穀装置の扱胴構造。

請求項2

前記扱胴(3)の終端側周面は、前記終端側ほど先細りとなるようテーパ形状(9)に構成してあることを特徴とする請求項1記載の汎用コンバイン用脱穀装置の扱胴構造。

請求項3

前記螺旋体(8)は、始端側の螺旋幅(L1)に対し、前記終端側の螺旋幅(L2)が大きくなる構成としてあることを特徴とする請求項1又は請求項2記載の汎用コンバイン用脱穀装置の扱胴構造。

請求項4

前記螺旋体(8)に対応する部位は、無孔の受板(10)で構成してあることを特徴とする請求項1又は請求項2又は請求項3記載の汎用コンバイン用脱穀装置の扱胴構造。

請求項5

前記扱胴(3)終端の前記螺旋体(8)下方空間内には、選別室内吸塵排塵選別を行う横断流排塵フアン(11)を配置してあることを特徴とする請求項1又は請求項2又は請求項3又は請求項4記載の汎用コンバイン用脱穀装置の扱胴構造。

請求項6

前記受板(10)と排塵ファン(11)のケーシング(12)上面は、連続状態に連繋してあることを特徴とする請求項4記載の汎用コンバイン用脱穀装置の扱胴構造。

技術分野

0001

この発明は、汎用コンバインに搭載する脱穀装置扱胴構造に関する。

背景技術

0002

従来、特許文献1には、全稈投入型汎用コンバインにおいて、螺旋扱歯によって送りながら脱粒処理する扱胴終端側は、藁屑を送塵羽根によって回転方向下方に排出する構成が開示されている。

先行技術

0003

特開2013−198414号公報

発明が解決しようとする課題

0004

扱胴終端側の送塵羽根による藁屑の排出では、後方への速やかな藁屑の排出が阻害され、脱穀負荷が増大する問題があった。

0005

本発明は、上記課題に鑑みて、扱胴終端側を螺旋条送り螺旋によって構成することにより、藁屑の流れを促進し、扱胴軸芯方向後方への排出をスムースにし、脱穀負荷の低減を図ることを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

この発明は、上記課題を解決すべく次のような技術的手段を講じた。

0007

すなわち、請求項1記載の本発明は、汎用コンバイン用脱穀装置(1)の扱胴構造において、扱室(2)内に供給された穀稈を脱粒処理する扱歯(6)を植設した扱胴(3)の終端側を軸芯方向後方へ連続的に強制送りする螺旋体(8)によって構成してあることを特徴とする。

0008

請求項2記載の本発明は、請求項1において、前記扱胴(3)の終端側周面は、終端側ほど先細りとなるようテーパ形状(9)に構成してあることを特徴とする。

0009

請求項3記載の本発明は、請求項1又は請求項2において、前記螺旋体(8)は、始端側の螺旋幅L1に対し、終端側の螺旋幅L2が大きくなる構成としてあることを特徴とする。

0010

請求項4記載の本発明は、請求項1又は請求項2又は請求項3において、前記螺旋体(8)に対応する部位は、無孔の受板(10)で構成してあることを特徴とする。

0011

請求項5記載の本発明は、請求項1又は請求項2又は請求項3又は請求項4において、前記扱胴(3)終端の螺旋部(8)下方空間内には、選別室内吸塵排塵選別を行う横断流排塵フアン(11)を配置してあることを特徴とする。

0012

請求項6記載の本発明は、請求項4において、前記受板(10)と排塵ファン(11)のケーシング(12)上面は、連続状態に連繋してあることを特徴とする。

発明の効果

0013

以上要するに、請求項1記載の本発明によれば、扱胴終端側を強制送りする螺旋体にて構成してあるので、藁屑の流れが停滞することがなく、扱胴軸芯方向後方への排出作用がスムースに行え、脱穀負荷の低減を図ることができる。

0014

請求項2記載の本発明によれば、請求項1記載の効果に加えて、扱胴終端側が先細り状態のテーパ部になっているため、藁屑の後方下方に向けての排出が可能となり、下方から受け入れチョッパ等による切断処理が容易に行える。また、下方の選別空間を広くとることができる。

0015

請求項3記載の本発明によれば、請求項1又は請求項2記載の効果に加えて、螺旋部の扱胴周面から突設する螺旋幅において、螺旋幅の終端側が始端側のそれよりも大きくなっているため、藁屑の送り排出処理が速やかに確実に行える。

0016

請求項4記載の本発明によれば、請求項1又は請求項2又は請求項3記載の効果に加えて、送り螺旋部の対応部位は、無孔の受板によって構成しているので、藁屑の揺動棚上への落下を防止でき、揺動選別性能の低下を招くことがない。

0017

請求項5記載の本発明によれば、請求項1又は請求項2又は請求項3又は請求項4記載の効果に加えて、横断流排塵ファンは、螺旋部下方の広い空間内に配置でき、排塵ファンのケーシングを利用して藁屑の排出ガイドを兼用することができる。

0018

請求項6記載の本発明によれば、請求項4記載の効果に加えて、扱室受板と排塵ファンのケーシング上面とは連続状に連繋されているので、藁屑の受板からケーシングへの一連の排出案内作用をスムースに行うことができる。

図面の簡単な説明

0019

脱穀装置の要部の側断面図
同上要部の背面図
脱穀装置の要部の側断面図
脱穀装置の要部の概略側面図
コンバイン要部の側面図
同上要部の背面図
同上要部の平面図

実施例

0020

次に、この発明の実施例を図面に基づき説明する。

0021

汎用コンバインの脱穀装置において、図1は、全稈投入型の脱穀装置を示すものであり、次のような構成になっている。

0022

図例の脱穀装置1は、扱室2内に全投入される穀稈を駆動回転する扱胴3により脱穀処理するように構成されている。すなわち、刈取部からの刈取穀稈が扱胴3始端側のインペラー4によって扱室2内に素早く送り込まれ、ラスプバー5に植設された棒状の扱歯6によって脱粒処理されるようになっている。脱粒処理された処理穀物は、受網クリンプ網又は格子)7から下方の選別室内に漏下するようになっている。

0023

扱胴3の終端側には、藁屑を扱胴軸芯方向後方へ連続的に強制送りする螺旋体8が巻回されている。

0024

また、扱胴3の終端側は、後端側につれて先細りとなるテーパ状(コーン型)に形成され、そして、螺旋体8は、テーパ形状部9の周面に巻回され、テーパ形状部周面から突出する螺旋幅は、始端側L1より終端側L2が大きく(L1<l2)なるように構成されている。従って、藁屑の後方下方に向けての排出が容易となり、しかも、藁屑を速やかに送り出し、確実に排出することができる。

0025

螺旋部8の下側は、無孔の受板10が設けられ、しかも、その下方空間内には、選別室と同一横幅内において横断流排塵ファン11が配置されている。そして、排塵ファン11のケーシング12上面と前記受板9とは連続状に接続されていて、藁屑の連続した排出ガイドとなるよう構成されている。

0026

扱胴終端から下方に排出される藁屑は、チョッパー13によって細かく切断処理されるようになっている。

0027

扱室2の下方には、脱穀処理後の処理物を受け入れて揺動移送しながらい選別する揺動選別棚16が前後方向揺動可能に架設されている。この揺動選別棚16は、選別方向上手側から移送棚17、チャフシ−ブ18、ストロ−ラック19の順に配置し、且つ、前記チャフシ−ブ18の下方にグレンシ−ブ20を配置して設けた構成としている。

0028

また、揺動選別棚16の下方には選別方向の上手側から順に、唐箕21と、1番移送螺旋22、2番移送螺旋23を設けた構成としている。

0029

汎用コンバインは、扱胴の前半部で脱粒と漏粒が行われ、特に、扱胴全長の2/3のところでは、殆ど、脱粒、漏粒が終わっており、それ以降は殆どが藁屑であり、穀粒回収は少ない。従来では、扱胴後半で前半と同様に脱粒作用を行っているため、脱穀負荷が増大し藁屑のスムースな排出が阻害されていた。

0030

そこで、藁屑の多い扱胴終端側では、螺旋によって強制送りして排出するので、脱穀負荷が低減し扱室内での停滞する処理物が少なくなることで、脱粒効果が大きくなる。

0031

図3に示す実施例では、受網7後半部の目合いを前半部より大きくし、後半部受網の下方で揺動選別棚16のチャフシーブ18の上側に上側シーブ24及び排塵ファン11の中心に向けて処理する上側ストローラック25を設けることによって、目合いの大きい受網から漏下した大きな藁屑を上側シーブで荒選別し、大きな藁屑は排塵ファンへ送ることで、揺動選別棚の処理量を減少することができる。更に、上側ストローラックの作用で処理量を一層少なくすることができる。

0032

なお、上側シーブ24は、下側のチャフシーブ18と同様に開閉可能とし、また、両者を連動して開閉可能とすることもできる。

0033

また、移送棚17上の処理物量層厚を検出する層厚センサ26を設け、この層厚センサ26の検出結果に基づき、上側シーブも下側のチャフシーブと同様に層厚制御で作動することにより、低流量から高流量まで選別性能を維持することができる。

0034

コンバインのグレンタンクは、通常、脱穀部の横側に配置しているが、グレンタンクが空のときと満タンのときとでは、左右のバランスが問題になる。

0035

例えば、図4に示すように、グレンタンクの位置を脱穀装置の揺動選別棚の下側に搭載するようにすると、左右のバランスが解消されることはもとより、選別された穀粒をそのまま下方のタンク内に収容できて、1番移送螺旋や、タンクへの揚穀装置も不要になる利点がある。

0036

また、グレンタンクを樹脂化すると軽量化できるが、グレンタンクの掃除をする際、唐箕21を利用して、唐箕風をタンク内に流し込んで清掃を容易にすることもできる。

0037

なお、グレンタンクの底板スライド式に開閉できる構成にすると、清掃の容易化を図ることができる。

0038

ハイブリッドコンバインにおいて、発電機専用のエンジンを搭載し、電動モータで作動する構成とすることで、現行のエンジンより小型化でき、重量も軽量化できる。

0039

また、ハイブリッドコンバインにおいて、刈取部の条ごとに駆動モータを備え、穀稈を感知した部分の引起チエンが駆動するように構成しておくと、余分な引起しチエンの駆動をなくし、電力消費を抑制することができる。

0040

更に、ハイブリッドコンバインの扱室入口部に穀稈の量を検知するシステムを備え、量に応じた扱胴の回転数が適切かどうか判断し、自動で扱胴回転数を変化させることができるように構成することで、無駄な電力を削減できる。

0041

また、上記構成において、扱胴の回転数が入ってくる穀稈の量に対して、速い場合に充電できるシステムを持つ構成によれば、バッテリの充電ができ、燃費の向上につながる。

0042

図5図7に示す実施例において、コンバインに搭載する尿素水タンク30は、樹脂製によって成型され、グレンタンク28下部の漏斗状傾斜部の右側下方空間内に搭載されている。なお、かかるグレンタンクは、脱穀部側メンテナンスを行うため、上下方向の縦軸支点として揺動開閉できるようになっている。

0043

前記尿素水タンク30には、給水キャップ31により給水口を開けて尿素水を供給するようになっている。

0044

尿素水タンク30内の尿素水は、エンジンEの排気管32に接続された排気ガス浄化処理する排気ガス浄化装置として、尿素SCR触媒に供給されるようになっている。

0045

排気ガス浄化装置は、排気ガス中の粒子状物質を除去するDPFと、尿素水を用いた選択触媒還元で浄化処理する装置、つまり、DPF通過後の排気ガス中の窒素酸化物に尿素水が加水分解されて発生したアンモニアを反応させて無害窒素に変換する尿素SCR触媒を備えたものである。

0046

なお、32はエンジンに燃料を供給する燃料タンクで、機台29後部に搭載している。33はグレンタンクの排出用揚穀筒である。燃料タンク32の給油パイプはグレンタンク28と排出用揚穀筒33の間を通して給油キャップ32aが尿水タンクの給水キャップ31近くに位置するよう配置している。

0047

従来では、尿素水タンクの機体前方側リザーブタンクを設け、そこにブリーザホースエア抜き)を挿入して溢れ尿素を受けるようにしていたが、リザーブタンク設置によるコストアップとなり、リザーブタンク内に溜まった尿素水を定期的に排出する必要があり、そのままにしておくと尿素水が固まってしまう問題があった。

0048

そこで、尿素水タンク30のブリーザホース34の排出口走行フレーム走行クローラ、グレンタンク下カバーを避けた位置に配置することで、尿素水タンクからオーバフローして漏れた尿素水がブリーザホースを伝わってタンク外に排出された時に、尿素水が走行フレーム、走行クローラ、グレンタンク下カバーなどに付着することがなくなり、また、リザーブタンクを設ける必要もなくなった。

0049

尿素水タンクの取付け用フレーム4本の上面には、それぞれに穴を設け、尿素水タンクをグレンタンクの機体右方向から、グレンタンクに取付けられたフラットボタンに引っ掛けて、サラバネナット締め上げる構成とすることで、尿素水タンクをグレンタンクに取付ける際、尿素水タンク内に尿素が入っており重量があるため、尿素水タンクを支えながら引っ掛けないといけないが、機体右方向から引っ掛ける構成に変えるため、取り付けが容易にできるようになった。

0050

尿素水タンクからエンジンに至るまでのLLC(エンジンを冷やす冷却水)の配管において、尿素水タンクから走行フレームまでの間を折り曲げが可能なホースで構成することで、グレンタンクの機体右後方に取付けたホースが、グレンタンクの開閉に伴って曲げられても、自由に曲がって追従することができる。

0051

尿素水タンクから走行フレームまでの間を折り曲げが可能なホースで構成したものにおいて、走行フレーム上の配管は、金属製パイプで構成することで、柔軟なホースのようにスペースを必要とせず、取付けもパイプのステーを走行フレーム側にネジ止めするだけで簡単に取付け可能となった。

0052

走行フレーム上の金属製パイプは、バイブロシャフト並行で、かつ、バイブロシャフトの近傍に配置し、しかも、バイブロシャフトより低く構成することで、踏みつけられることによる変形を防止することができる。また、バイブロシャフトとの高低差を設けることで、パイプとホースのつなぎ口をバイブロシャフトと交差させれば、スペースを取らない構成とすることができる。

0053

また、上記構成において、上下パイプの上側のパイプを機体前方側で可とう性ホースの部分より短く構成する。つまり、コンバイン用グレンタンクは、機体前方側の下方に凸(重量測定用突起物)があるため、LLCの上下パイプが同じ長さであると、この部分で干渉することがあるが、上記のように上のパイプを短くすることで、干渉を防止することができる。

0054

走行フレーム上の配管をパイプで構成したものにおいて、走行フレームを過ぎてエンジンに至るまでの間をホースで構成すると、エンジンの振動をホースが吸収してくれて破損に至ることがない。

0055

また、尿素水タンクから出た尿素ホースとLLCホース2本をグレンタンク後方面の壁に押さえ板で固定しているが、グレンタンクを開けた際に、ホース4本が燃料タンクの給油口(キャップ)に干渉しないように持ち上げて固定しておけば、グレンタンクを開けてもホースが給油口に干渉することがない。

0056

尿素水タンクから出た尿素ホース2本は、燃料タンク上部を通り、走行フレームUの字フック部に取り付け、サプライモジュールに至る経路を通る構成とすることで、グレンタンクを閉めてもホースが挟まれるようなことがない。

0057

1脱穀装置
2扱室
3扱胴
6扱歯
8螺旋体
9テーパ形状部
10受板
11排塵ファン
12 ケーシング

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 井関農機株式会社の「 脱穀装置」が 公開されました。( 2020/12/10)

    【課題】従来、二番処理胴部分に扱室からの処理物が多量に入り込む構成のため、二番処理胴における二番物の選別不良を発生させたり、排塵処理胴への移送量が少なく、扱室後部の処理負荷を軽減できないなど、二番処理... 詳細

  • 株式会社クボタの「 脱穀装置」が 公開されました。( 2020/11/26)

    【課題】トウモロコシ房状体を扱き処理できる脱穀装置を提供する。【解決手段】収穫されたトウモロコシ房状体が投入される扱室21と、扱室21に回転可能に設けられた扱胴26と、が備えられている。扱胴26の外周... 詳細

  • 井関農機株式会社の「 脱穀装置の扱胴」が 公開されました。( 2020/11/05)

    【課題】インペラ部の搬送螺旋の変形を防止して、穀稈をインペラ部の後側に位置する扱胴本体に効率良く搬送できる脱穀装置の扱胴を提供する。【解決手段】インペラ部30の前部に、円盤形状のプレート31を設け、イ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ