図面 (/)

技術 あんかけチーズマンナンおよびその作り方

出願人 有限会社からめ亭
発明者 志智均
出願日 2018年11月16日 (2年1ヶ月経過) 出願番号 2018-215260
公開日 2020年6月4日 (7ヶ月経過) 公開番号 2020-080660
状態 未査定
技術分野 食品の着色及び栄養改善
主要キーワード 一人前分 板こんにゃく キロカロリー 中華鍋 鉄板焼き から焼き 空焼き スパゲティ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年6月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

味が濃厚薫り高く、しかも低カロリーな、新たな食品を提供する。

解決手段

あんかけソースを用意し、マンナンを主成分とするこんにゃくAグラム空焼きして水分を飛ばし、前記こんにゃくを、植物性油立方センチメートルを敷いたフライパンに入れて、Cグラムのアスパラと、サイコロ大にカットされたDグラムのトマトとを加えた食材を、焼き目が付くまで加熱し、前記食材にEグラムのあんかけソースを加えて焼き、その上にFグラムのナチュラルチーズを加えて、あんかけチーズマンナンを調理する。ここで、Aが150であるとき、Bが10〜20であり、Cが30〜50であり、Dが30〜50であり、Eが80〜120であり、Fが30〜50である。

概要

背景

スパゲティカレーなどに用いるソースのうち、スパゲティなどに用いられる、あんかけソースが知られている。あんかけソースは、例えば、野菜を炒め煮して裏ごししてからひと晩ねかせて、トマトペーストトマトピューレを入れて、さらに長時間(例えば、12時間)ほどかけて煮込んでペースト状素材を得る。そして、湯に、ペースト状素材、片栗粉および調味料を溶かすことにより、とろみ感のあるあんかけソースを作っている。本願出願人は、こうしたソースの素とその製造方法を出願し権利化している(下記特許文献1)。

概要

味が濃厚薫り高く、しかも低カロリーな、新たな食品を提供する。あんかけソースを用意し、マンナンを主成分とするこんにゃくAグラム空焼きして水分を飛ばし、前記こんにゃくを、植物性油立方センチメートルを敷いたフライパンに入れて、Cグラムのアスパラと、サイコロ大にカットされたDグラムのトマトとを加えた食材を、焼き目が付くまで加熱し、前記食材にEグラムのあんかけソースを加えて焼き、その上にFグラムのナチュラルチーズを加えて、あんかけチーズマンナンを調理する。ここで、Aが150であるとき、Bが10〜20であり、Cが30〜50であり、Dが30〜50であり、Eが80〜120であり、Fが30〜50である。

目的

あるいはフライパンに代えて、お好み焼きや鉄板焼きなどの鉄板で、工程R30〜R60を行ない、そのまま提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

空焼きされ、水分を飛ばしたマンナンを主成分とするこんにゃくAグラムと、前記こんにゃくと共に油B立方センチメートルを用いて炒めされたCグラムのアスパラと、サイコロ大にカットされたDグラムのトマトとからなる食材と、前記食材と合わされたEグラムのあんかけソースと前記食材の上にかけられたFグラムのナチュラルチーズと、を含み、前記あんかけソースは、少なくとも野菜素材として煮込まれ、片栗粉と水とを加えて加熱したものであり、Aが150であるとき、Bが10〜20であり、Cが30〜50であり、Dが30〜50であり、Eが80〜120であり、Fが30〜50であり、総重量350グラム当り総カロリーが350キロカロリー以下であるあんかけチーズマンナン。

請求項2

前記こんにゃくが150グラムであり、合計カロリーが350キロカロリー以下である請求項1に記載のあんかけチーズマンナン。

請求項3

前記こんにゃくは、結びこんにゃくである請求項1または請求項2に記載のあんかけチーズマンナン。

請求項4

前記油は、植物性油であり、ごま油荏胡麻油菜種油アボガド油亜麻仁油オリーブ油のうちの少なくとも一つである請求項1から請求項3のいずれか一項に記載のあんかけチーズマンナン。

請求項5

少なくとも野菜を素材としたソース用原材料を加熱することによりソース用ペーストを作り、このソース用ペーストに片栗粉と水を添加してあんかけソースを用意し、マンナンを主成分とするこんにゃくAグラムを空焼きして水分を飛ばし、前記こんにゃくを、植物性油B立方センチメートルを敷いたフライパンに入れて、Cグラムのアスパラと、サイコロ大にカットされたDグラムのトマトとを加えた食材に、焼き目が付くまで加熱し、前記食材にEグラムの前記あんかけソースを加えて焼き、その上にFグラムのナチュラルチーズを加え、Aが150であるとき、Bが10〜20であり、Cが30〜50であり、Dが30〜50であり、Eが80〜120であり、Fが30〜50であるあんかけチーズマンナンの作り方

技術分野

0001

本発明は、あんかけチーズマンナンおよびその作り方に関する。

背景技術

0002

スパゲティカレーなどに用いるソースのうち、スパゲティなどに用いられる、あんかけソースが知られている。あんかけソースは、例えば、野菜を炒め煮して裏ごししてからひと晩ねかせて、トマトペーストトマトピューレを入れて、さらに長時間(例えば、12時間)ほどかけて煮込んでペースト状素材を得る。そして、湯に、ペースト状素材、片栗粉および調味料を溶かすことにより、とろみ感のあるあんかけソースを作っている。本願出願人は、こうしたソースの素とその製造方法を出願し権利化している(下記特許文献1)。

先行技術

0003

特許第3803361号公報

発明が解決しようとする課題

0004

こうしたあんかけソースは、見た目と異なり、かなり低カロリー食材ではあるものの、近年の健康食品への関心の高まりに応じて、更に低カロリーの食品としての食べ方が求められていた。

課題を解決するための手段

0005

本発明は、以下の形態又は適用例として実現することが可能である。

0006

(1)本発明の第1の態様は、あんかけチーズマンナンである。このあんかけチーズマンナンは、空焼きされ、水分を飛ばしたマンナンを主成分とするこんにゃくAグラムと、前記こんにゃくと共に油B立方センチメートルを用いて炒めされたCグラムのアスパラと、サイコロ大にカットされたDグラムのトマトとからなる食材と、前記食材と合わされたEグラムのあんかけソースと、前記食材の上にかけられたFグラムのナチュラルチーズと、を含み、前記あんかけソースは、少なくとも野菜を素材として煮込まれ、片栗粉と水とを加えて加熱したものである。ここで、前記こんにゃくが150グラムであるとき、油が10〜20ccであり、アスパラが30〜50グラムであり、トマトが30〜50グラムであり、あんかけソースが80〜120グラムであり、ナチュラルチーズが30〜50グラムである。このとき、できあがったあんかけチーズマンナンの総重量350グラム当り総カロリーが350キロカロリー以下であることを特徴とする。

0007

このあんかけチーズマンナンは、味にコクがあり、かつ低カロリーの食材である。このため、ダイエット食品として利用できるだけでなく、こんにゃくに含まれる大量の食物繊維が、便秘予防や糖尿病予防に役立てることができる。

0008

(2)こうしたあんかけチーズマンナンにおいて、こんにゃくが150グラムであり、合計カロリーが350キロカロリー以下とすることも好ましい。食品として、十分に低カロリーとすることができる。

0009

(3)更に、こんにゃくは、結びこんにゃくとしてもよい。結びこんにゃくは、あんかけソースが良くからみ、あんかけソースと一体に味わうことができる。

0010

(4)更に、調理用の油としては、植物性油が好ましく、例えばごま油荏胡麻油菜種油アボガド油亜麻仁油オリーブ油のうちの少なくとも一つとしてもよい。もとより、2つ以上の油を用いてもよい。更に、植物油に限る必要はなく、ラードなどを用いることも差し支えない。

0011

(5)本発明の第2の態様として、あんかけチーズマンナンの作り方が提供される。この作り方は、以下の通りである。
少なくとも野菜を素材としたソース用原材料を加熱することによりソース用ペーストを作り、
このソース用ペーストに片栗粉と水を添加してあんかけソースを用意し、
マンナンを主成分とするこんにゃくAグラムを空焼きして水分を飛ばし、
前記こんにゃくを、植物性油B立方センチメートルを敷いたフライパンに入れて、Cグラムのアスパラと、サイコロ大にカットされたDグラムのトマトとを加えた食材に、焼き目が付くまで加熱し、
前記食材にEグラムの前記あんかけソースを加えて焼き、
その上にFグラムのナチュラルチーズを加え、
Aが150であるとき、
Bが10〜20であり、
Cが30〜50であり、
Dが30〜50であり、
Eが80〜120であり、
Fが30〜50である。
こうすれば、美味しく、かつヘルシーなあんかけチーズマンナンを容易に作ることができる。

図面の簡単な説明

0012

実施形態のあんかけチーズマンナンの作り方を示す工程図。

実施例

0013

本発明の実施形態のあんかけチーズマンナン一人前の作り方を図1に示す。
(1)食材の準備(工程R10):
まず、食材を用意する。食材は、一人前分として、
結びこんにゃく150グラム、
アスパラ40グラム、
トマト40グラム、
ナチュラルチーズが40グラム
油15cc(大さじ1)、
を準備する。

0014

(2)あんかけソースの準備(工程R20):
食材の準備の一環として、あんかけソース100グラムを準備する。あんかけソースは、少なくとも野菜を素材としたソース用原材料を加熱することによりソース用ペーストを作り、このソース用ペーストに片栗粉と水を添加して作る。あんかけソースのレシピの一例を以下に示す。
(A)ソース用原材料の準備と煮込み工程:
ソース用原材料として、トマトピューレ、トマトペースト、タマネギ人参ジャガイモなどを準備する。これらのソース用原材料のうち野菜は、適宜、裁断することにより用いる。さらに、ソース用原材料に、胡椒グルタミン酸ナトリウム等の調味料を加えることにより味を調節する。

0015

ここで、ソース用原材料の量は、例えば、重さで以下の割合とすることができる。
タマネギ400g/(18%)
人参200g/(9%)
ジャガイモ500g/(22%)
トマトピューレ200g/(9%)
トマトペースト425g/(19%)
挽肉200g/(9%)
塩 100g/(4%)
調味料200g/(9%)
胡椒10g/(1%)
ソースは、野菜を原材料として煮込んで作られていれば、用いる野菜の量の増減、野菜の種類の変更などは可能である。牛の挽肉の量の増減や一部または全部を他の肉(豚肉鶏肉マトンなど)にすることも差し支えない。

0016

(B)ソース用ペーストの作成:
オーブンに、準備したソース用原材料を入れ、さらに水200mlに入れてかき混ぜつつ加熱する。加熱時間は、約12時間である。これにより、粘性のあるソース用ペーストが約1.4kg作られる。最終工程で、これに、17リットルの水、800グラムの片栗粉(化工澱粉)やグルタミン酸調味料などを加えて、とろみのついたあんかけパスタ用ソースが完成する。こうして作られたあんかけソースのうちの100グラムを、一人前のあんかけソースとして用いる。

0017

(3)あんかけチーズマンナンのレシピ:
準備した結びこんにゃく100グラムをフライパンや中華鍋、あるいは厚手に入れて、空焼きして水分を飛ばし(工程S30)、結びこんにゃくを、ごま油大さじ1(約15cc)を敷いたフライパンに入れて、40グラムのアスパラと、サイコロ大にカットされた40グラムのトマトとを加えて、焼き目が付くまで加熱する(工程R40)。その後、これに100グラムのあんかけソースを加えて焼き(工程R50)、その上に40グラムのナチュラルチーズを加える(工程R60)。

0018

こうした工程R10〜R60により、一人前のあんかけチーズマンナンが完成する。完成したあんかけチーズマンナンを皿に盛りサーブする(工程R70)。このあんかけチーズマンナンは、胡椒とナチュラルチーズの利いた濃厚な味・香りを備え、しかも総カロリーが350キロカロリーと低カロリーである。このため、ダイエット食品として利用できるだけでなく、こんにゃくに含まれる大量の食物繊維が、便秘予防や糖尿病予防に役立つ。

0019

一例として、上記食材のカロリーを以下に記載する。
結びこんにゃく150グラム:8キロカロリー
アスパラ40グラム:8キロカロリー
トマト40グラム:7キロカロリー
ナチュラルチーズ40グラム:140キロカロリー
あんかけソース100グラム:47キロカロリー
ごま油大さじ1(15cc):110キロカロリー
総カロリー:320キロカロリー

0020

一人前のあんかけチーズマンナンの作り方は上記の通りだが、多人数分を一度に作ることも差し支えない。またアスパラやトマト、更にはナチュラルチーズなどは、一人前当り30〜50グラムの間で適宜増減して差し支えない。もとより、こんにゃくの総重量も、増減し、大盛りやレディース用といったアレンジをすることも差し支えない。更に、植物性油としては、例えばごま油、荏胡麻油、菜種油、アボガド油、亜麻仁油、オリーブ油のうちの少なくとも一つを用いてもよい。動物性油、例えばラードを用いても差し支えない。こんにゃくは、結びこんにゃくに限らず、板こんにゃくを用いてもよく、その場合には、板こんにゃくを薄くカットしたり、あるいは麺状切り離して用いてもよい。麺状にするには、薄くカットしたあと、パスタマシンにより裁断してもよい。

0021

一人前のあんかけチーズマンナンは、通常のお皿に一人前ずつ盛ってもよいが、数人分を一度に盛り付けて、各人が取り分けて食べるようにしてもよい。また、工程R40まで済ませた後で、熱した小判形丸形鉄板皿に移し、あんかけソースをかけて焼き(工程R50)、更にナチュラルチーズを加える(工程R60)ようにしてもよい。この場合は、鉄板皿がそのままサーブ用の皿となり(工程R70)、熱々のあんかけチーズマンナンを顧客に供することができる。あるいはフライパンに代えて、お好み焼きや鉄板焼きなどの鉄板で、工程R30〜R60を行ない、そのまま提供するものとしてもよい。もとより、フライパンや鉄板上で調理し、最後に紙皿紙コップ、あるいはアミルプレートなどの簡易容器に入れてサーブすれば、屋台や露店などでも提供することができ、多人数に容易に提供することができる。

0022

あんかけチーズマンナンは、総重量350グラム当りの総カロリーが350キロカロリー以下であれば、一人前の総量を、
から焼きされ、水分を飛ばしたマンナンを主成分とするこんにゃくAグラムと、
前記こんにゃくと共に油B立方センチメートルを用いて炒めされた
Cグラムのアスパラと
サイコロ大にカットされたDグラムのトマトと、
前記食材と合わされたEグラムのあんかけソースと
前記食材の上にかけられたFグラムのナチュラルチーズと、
を含み、
前記あんかけソースは、少なくとも野菜を素材として煮込まれ、片栗粉と水とを加えて加熱したものであり、
Aが150であるとき、
Bが10〜20であり、
Cが30〜50であり、
Dが30〜50であり、
Eが80〜120であり、
Fが30〜50である、
という割合を守って増減してもよい。

0023

上記の食品は、喫茶店レストラン食堂などで提供できるだけでなく、パスタ店やピザ宅配店などの再度メニューとしても利用できる。特に低カロリーでヘルシーでありながら、相応の食べ応えのある食品を求める消費者の要求を満足させることができる。

0024

本開示は、上述の実施形態に限られるものではなく、その趣旨を逸脱しない範囲において種々の構成で実現することができる。例えば、発明の概要の欄に記載した各形態中の技術的特徴に対応する実施形態中の技術的特徴は、上述の課題の一部又は全部を解決するために、あるいは、上述の効果の一部又は全部を達成するために、適宜、差し替えや、組み合わせを行うことが可能である。また、その技術的特徴が本明細書中に必須なものとして説明されていなければ、適宜、削除することが可能である。

0025

本開示は、上述の実施形態に限られるものではなく、その趣旨を逸脱しない範囲において種々の構成で実現することができる。例えば、発明の概要の欄に記載した各形態中の技術的特徴に対応する実施形態の技術的特徴は、上述の課題の一部又は全部を解決するために、あるいは、上述の効果の一部又は全部を達成するために、適宜、差し替えや、組み合わせを行うことが可能である。また、その技術的特徴が本明細書中に必須なものとして説明されていなければ、適宜、削除することが可能である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 森永乳業株式会社の「 エネルギー消費促進用組成物」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】エネルギー消費を促進させることが可能な技術を提供する。平均分子量が220ダルトン以上かつ1000ダルトン以下である乳タンパク質分解物、又はMet−Lys−Proからなるペプチド、又は... 詳細

  • 国立大学法人鳥取大学の「 抗炎症活性を有するシソ科植物の葉の発酵物」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】炎症抑制効果が大きく、かつ安全性の高い食品組成物、医薬組成物、化粧品および医薬部外品を得る。【解決手段】シソ科植物の葉の糸状菌発酵物またはその抽出物、それを含む食品組成物、医薬組成物、化粧品お... 詳細

  • 日本メナード化粧品株式会社の「 白髪の遺伝的素因の判定方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】個人の白髪の遺伝的素因を正確かつ簡便に判定する手段の提供。【解決手段】被験者から採取したDNA含有試料について、特定の遺伝子のうち1種又は2種以上の一塩基多型(SNP)のアレルを検出する工程と... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ