図面 (/)

技術 液体散布用の噴霧器

出願人 株式会社麻場
発明者 中澤優
出願日 2018年10月1日 (1年10ヶ月経過) 出願番号 2018-186442
公開日 2020年4月9日 (3ヶ月経過) 公開番号 2020-054263
状態 未査定
技術分野 捕獲、駆除
主要キーワード 締付片 吸入筒 ベルト取付 所要圧力 タッピンネジ 吐出筒 周溝内 収納ボックス内
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年4月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

タンクポンプ調圧弁組付けが容易に行える液体散布用噴霧器を提供する。

解決手段

本発明に係る噴霧器10は、ポンプ20と調圧弁21は、ポンプ20の吸入筒26と調圧弁21の戻し筒36とが同じ側にくるようにして、ポンプ20の吐出筒27が調圧弁21の流入口30に液密に差し込まれ、かつポンプ20と調圧弁21とが離反不能の状態のユニット16として組み付けられ、ユニット16が、吸入筒26と戻し筒36とがそれぞれタンク12の第1の継手部44およびタンク12の第2の継手部45に液密に差し込まれてタンク12内に連通した状態で、かつタンク12に対して離反不能にタンク12に組付けられていることを特徴とする。

概要

背景

液体散布用噴霧器が各種知られている。
特許文献1(特開2014−117221号公報)には、背負式の噴霧器が開示されている。この背負式噴霧器は、薬液貯留されるタンク2と、タンク2に接続され薬液を吸入吐出するポンプ3と、ポンプ3に接続され、出口管からホースを介して薬液を噴口送り込む調圧弁4を有している(符号は特許文献1における符号)。調圧弁4は、内圧が上昇した場合に余水を余水管からタンク2に戻す調圧機能を有している。

特許文献1における、タンク2、ポンプ3、調圧弁4の接続構造は次のようになっている。
タンク2の背面側下部に筒状の供給口26が設けられ、この供給口26に軟質部材からなる蓋27が外挿され、蓋27はバンドB1により供給管26上に締め付け、固定される。蓋27には、筒状の吸水ポート27a、余水ポート27bが設けられている。

ポンプ3は、ポンプ入口管31およびポンプ出口管32を有する。
ポンプ入口管31は、タンク2の内底部に伸びるホースHを介してタンク2の吸水ポート27aに挿入され、吸水ポート27aの上からバンドB2により締め付けられることにより吸水ポート27aに接続、固定される。

調圧弁4は、調圧弁入口管41、調圧弁出口管42、余水管43を有している。
調圧弁入口管41には、スリットおよび締付片41e、41fが形成されている。この調圧弁入口管41にポンプ出口管32が円筒状の弾性体Eを介して挿入され、締付片41e、41fをタッピンネジNにより締め付け、調圧弁入口管41を縮径することにより、調圧弁4がポンプ出口管32に接続、固定される。
また、調圧弁4の余水管43は、タンク2の余水ポート27bに挿入され、余水ポート27bの上からバンドB3により締め付けることにより、タンク2に接続、固定される。

概要

タンク、ポンプ、調圧弁の組付けが容易に行える液体散布用の噴霧器を提供する。本発明に係る噴霧器10は、ポンプ20と調圧弁21は、ポンプ20の吸入筒26と調圧弁21の戻し筒36とが同じ側にくるようにして、ポンプ20の吐出筒27が調圧弁21の流入口30に液密に差し込まれ、かつポンプ20と調圧弁21とが離反不能の状態のユニット16として組み付けられ、ユニット16が、吸入筒26と戻し筒36とがそれぞれタンク12の第1の継手部44およびタンク12の第2の継手部45に液密に差し込まれてタンク12内に連通した状態で、かつタンク12に対して離反不能にタンク12に組付けられていることを特徴とする。

目的

本発明は上記課題を解決すべくなされたものであり、その目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

タンクと、該タンクに接続されるポンプと、該ポンプの吐出側に接続され、液体噴口に供給すると共に、内圧所定圧以上となった場合に余水を前記タンクに戻す調圧弁を有する液体散布用噴霧器において、前記タンクは、内部にそれぞれシールリングを有する、筒状の第1の継手部および該第1の継手部と平行に伸びる第2の継手部とを一壁面に具備し、前記ポンプは、吸入筒吐出筒とを具備し、前記調圧弁は、内部にシールリングを有する流入口と、噴口が取り付けられたホースが接続される流出口と、内部に弁構造を有し、内部圧力所定圧力以上に上昇した際に余水を前記タンクに戻す戻し筒とを具備し、前記ポンプと前記調圧弁は、前記ポンプの吸入筒と前記調圧弁の戻し筒とが同じ側にくるようにして、前記ポンプの前記吐出筒が前記調圧弁の流入口に液密に差し込まれ、かつ前記ポンプと前記調圧弁とが離反不能の状態のユニットとして組み付けられ、該ユニットが、前記吸入筒と前記戻し筒とがそれぞれ前記タンクの前記第1の継手部および前記タンクの前記第2の継手部に液密に差し込まれて前記タンク内に連通した状態で、かつ前記タンクに対して離反不能に前記タンクに組付けられていることを特徴とする液体散布用の噴霧器。

請求項2

前記ユニットが、前記タンクの前記一壁面側に組み付けられた収納ボックス内に配置されると共に、前記ポンプと前記調圧弁とが離反不能にカバー内に組み付けられ、該カバーが前記収納ボックスに固定されていることを特徴とする請求項1記載の液体散布用の噴霧器。

請求項3

前記第1の継手部、前記第2の継手部および前記調圧弁の前記流入口は、それぞれ、筒体の先端面の内周側に凹欠部が周設され、該凹欠部内に前記シールリングが配置されると共に、前記筒体の先端部外周に、前記シールリングの抜け止め用の孔空きキャップが装着されて構成されていることを特徴とする請求項1または2記載の液体散布用の噴霧器。

請求項4

前記第1の継手部および前記第2の継手部が継手部本体に設けられ、該継手部本体が前記タンク内に位置し、前記第1の継手部および前記第2の継手部が前記タンクの前記一壁面に設けた透孔および前記収納ボックス壁面に設けた透孔を貫通して前記収納ボックス内に液密に突出すると共に、前記第1の継手部および前記第2の継手部がナットにより前記収納ボックスと共に前記タンクの前記一壁面に締め付け、固定されていることを特徴とする請求項1〜3いずれか1項記載の液体散布用の噴霧器。

技術分野

0001

本発明は、タンクに、ポンプユニットおよび調圧弁を容易に組み付けることのできる液体散布用噴霧器に関する。

背景技術

0002

液体散布用の噴霧器が各種知られている。
特許文献1(特開2014−117221号公報)には、背負式の噴霧器が開示されている。この背負式噴霧器は、薬液貯留されるタンク2と、タンク2に接続され薬液を吸入吐出するポンプ3と、ポンプ3に接続され、出口管からホースを介して薬液を噴口送り込む調圧弁4を有している(符号は特許文献1における符号)。調圧弁4は、内圧が上昇した場合に余水を余水管からタンク2に戻す調圧機能を有している。

0003

特許文献1における、タンク2、ポンプ3、調圧弁4の接続構造は次のようになっている。
タンク2の背面側下部に筒状の供給口26が設けられ、この供給口26に軟質部材からなる蓋27が外挿され、蓋27はバンドB1により供給管26上に締め付け、固定される。蓋27には、筒状の吸水ポート27a、余水ポート27bが設けられている。

0004

ポンプ3は、ポンプ入口管31およびポンプ出口管32を有する。
ポンプ入口管31は、タンク2の内底部に伸びるホースHを介してタンク2の吸水ポート27aに挿入され、吸水ポート27aの上からバンドB2により締め付けられることにより吸水ポート27aに接続、固定される。

0005

調圧弁4は、調圧弁入口管41、調圧弁出口管42、余水管43を有している。
調圧弁入口管41には、スリットおよび締付片41e、41fが形成されている。この調圧弁入口管41にポンプ出口管32が円筒状の弾性体Eを介して挿入され、締付片41e、41fをタッピンネジNにより締め付け、調圧弁入口管41を縮径することにより、調圧弁4がポンプ出口管32に接続、固定される。
また、調圧弁4の余水管43は、タンク2の余水ポート27bに挿入され、余水ポート27bの上からバンドB3により締め付けることにより、タンク2に接続、固定される。

先行技術

0006

特開2014−117221号公報

発明が解決しようとする課題

0007

従来の上記噴霧器では、タンク2、ポンプ3および調圧弁4間をホースを介して接続するものではないので、小型化が達成できるという利点がある。
しかしながら、従来の噴霧器では、上記のように、タンク2の供給口26に蓋27を固定するのにバンドB1で締め付け、固定し、吸水ポート27aとポンプ入口管31との間もバンドB2を用いて締め付け、固定し、余水管43と余水ポート27bとの間もバンドB3を用いて締め付け、固定するものであるため、これらの間の接続、固定作業が極めて厄介であった。
さらには、ポンプ出口管32と調圧弁入口管41との間も、調圧弁入口管41にスリットを設け、ネジNを用いて調圧弁入口管41を縮径することにより、両者を接続、固定するという、複雑な構造を採用しており、両者間の固定作業も厄介であった。

課題を解決するための手段

0008

本発明は上記課題を解決すべくなされたものであり、その目的とするところは、タンク、ポンプ、調圧弁の組付けが容易に行える液体散布用の噴霧器を提供することにある。

0009

上記の目的を達成するため、本発明は次の構成を備える。
すなわち、本発明に係る液体散布用の噴霧器は、タンクと、該タンクに接続されるポンプと、該ポンプの吐出側に接続され、液体を噴口に供給すると共に、内圧が所定圧以上となった場合に余水を前記タンクに戻す調圧弁を有する液体散布用の噴霧器において、前記タンクは、内部にそれぞれシールリングを有する、筒状の第1の継手部および該第1の継手部と平行に伸びる第2の継手部とを一壁面に具備し、前記ポンプは、吸入筒吐出筒とを具備し、前記調圧弁は、内部にシールリングを有する流入口と、噴口が取り付けられたホースが接続される流出口と、内部に弁構造を有し、内部圧力所定圧力以上に上昇した際に余水を前記タンクに戻す戻し筒とを具備し、前記ポンプと前記調圧弁は、前記ポンプの吸入筒と前記調圧弁の戻し筒とが同じ側にくるようにして、前記ポンプの前記吐出筒が前記調圧弁の流入口に液密に差し込まれ、かつ前記ポンプと前記調圧弁とが離反不能の状態のユニットとして組み付けられ、該ユニットが、前記吸入筒と前記戻し筒とがそれぞれ前記タンクの前記第1の継手部および前記タンクの前記第2の継手部に液密に差し込まれて前記タンク内に連通した状態で、かつ前記タンクに対して離反不能に前記タンクに組付けられていることを特徴とする。

0010

前記ユニットが、前記タンクの前記一壁面側に組み付けられた収納ボックス内に配置されると共に、前記ポンプと前記調圧弁とが離反不能にカバー内に組み付けられ、該カバーが前記収納ボックスに固定されるようにすると好適である。
前記第1の継手部、前記第2の継手部および前記調圧弁の前記流入口は、それぞれ、筒体の先端面の内周側に凹欠部が周設され、該凹欠部内に前記シールリングが配置されると共に、前記筒体の先端部外周に、前記シールリングの抜け止め用の孔空きキャップが装着されて構成されるようにすると好適である。

0011

前記第1の継手部および前記第2の継手部が継手部本体に設けられ、該継手部本体が前記タンク内に位置し、前記第1の継手部および前記第2の継手部が前記タンクの前記一壁面に設けた透孔および前記収納ボックス壁面に設けた透孔を貫通して前記収納ボックス内に液密に突出すると共に、前記第1の継手部および前記第の継手部がナットにより前記収納ボックスと共に前記タンクの前記一壁面に締め付け、固定されるようにすると好適である。

発明の効果

0012

本発明によれば、タンク、ポンプ、調圧弁の組付けを容易かつ確実に行える。

図面の簡単な説明

0013

背負式液体散布用の噴霧器の背面図である。
背負式液体散布用の噴霧器の背面側斜視図である。
背負式液体散布用の底面図である。
背負式液体散布用の噴霧器のカバー部を外した状態の底面図である。
ポンプの部分断面図である。
調圧弁の部分断面図である。
ユニットの部分断面図である。
継手部の部分断面図である。
ユニットを継手部に組み込んだ状態の部分断面図である。
カバーの斜視図である。
カバーにユニットを組み込んだ状態の平面図である。

実施例

0014

以下本発明の実施の形態を添付図面に基づき詳細に説明する。
図1は背負式液体散布用の噴霧器10の背面図、図2はその背面側斜視図、図3はその底面図、図4はカバー部を外した状態の底面図である。
12はタンクであり、例えばブロー成形によって形成されている。タンク12の上部にタンク12内に液体(薬液)が注ぎ込まれる注入口が形成され、該注入口に注入口を開閉する蓋体13が螺着される。

0015

タンク12の背面側下部には凹部14が形成されている。凹部14は、下方および両側方開放している。該凹部14に、ポンプ、バッテリ等が収容される収納ボックス15が取り付けられている。
収納ボックス15は、凹部14の壁面に沿う部位15aと収納ボックス15の底面を構成する部位15bからなる断面形状が変形L字状をなす取付部15cと、取付部15cの開口部を覆って取付部15cに固定されるカバー部15dからなる。取付部15cは、タンク12に固定される。取付部15cとカバー部15dとによりボックス構造が形成される。
なお、収納ボックス15は、凹部14の壁面に沿う部位15aとカバー部15dを一体構造とし、この一体構造部に底面を構成する部位15bを取り付けてボックス構造としてもよい。
収納ボックス15内には、図4に示すように、ポンプと調圧弁とが組み付けられたユニット16が配置され、さらにバッテリ17が収納されている。
18は、ポンプ駆動用モータオンオフするスイッチである。
19はタンク12を背負うためのベルト(図示せず)が取り付けられるベルト取付部である。

0016

続いて、ポンプ20と調圧弁21について説明する。
図5はポンプ20の部分断面図、図6は調圧弁21の部分断面図、図8は継手部22の部分断面図である。
ポンプ20は公知の構成でよく、ポンプ本体24と、ポンプ本体24に組み付けられるモータ25を有している。
ポンプ20は、タンク12に接続され液体を吸入する吸入筒26と、吸入される液体を吐出する吐出筒27を有している。吐出筒27は吸入筒26に対して直交する方向に伸びている。

0017

調圧弁21は図6に示すように、本体部29の一端側に流入口30が形成され、他端側に流出口31が形成された直線状の流路32を有する。
流入口30は筒状(筒体)に形成され、この筒体の端面内周側に該内周側に開口する凹欠部が周設されている。そしてこの凹欠部内にOリング等からなるシールリング33が配置されている。
筒体の先端部外周に、シールリング33の抜け止めをする孔空きキャップ34が螺着されている。孔空きキャップ34には、ポンプ20の吐出筒27が挿通可能な大きさの孔が開口されている。

0018

流出口31は単なる筒状に形成され、この流出口31にホース(図示せず)が接続され、ホース先端に噴口(図示せず)が取り付けられる。流出口31近傍の本体部29に嵌合溝41が形成されている。
本体部29の中途部に、流路32と直交する方向に戻し筒36が形成されている。
戻し筒36は、基部側の大径筒部37と、この大径筒部37に進退自在に挿入される小径筒部38を有している。小径筒部38の基部側は外方に突出するフランジ部38aに形成され、このフランジ部38aの外周面周溝が形成され、この周溝内にOリング等からなるシールリング39が配置されている。

0019

小径筒部38はフランジ部38aにおいて大径筒部37内でシールリング39にシールされて液密に摺動するようになっている。
大径筒部37の先端部外周に孔空きキャップ40が螺着され、小径筒部38の抜け止めをしている。
大径筒部37内には球状の弁体42が収納され、また大径筒部37の基部には弁座43が形成され、弁体42とフランジ部38aとの間にコイルスプリングが配設されることにより弁体42が弁座43に押圧されている。これにより戻し筒36内に弁構造が形成されている。
戻し筒36の大径筒部37から突出する小径筒部38が、後記するようにタンク12に接続され、調圧弁21内の内圧が所要圧力以上に上昇した際に、余水をタンク12に戻すようになっている。

0020

本実施の形態では、図7に示されるように、ポンプ20の吐出筒27が調圧弁21の流入口30に液密に差し込まれるだけで、ポンプ20と調圧弁21とが組み付けられたユニット16が形成される。
この場合、ポンプ20の吸入筒26と調圧弁21の戻し筒36がユニット16において同じ側を向くようにされる。

0021

図8は継手部22の断面図である。
継手部22は、継手部本体43の同じ側に筒状の第1の継手部44と第2の継手部45が形成されてなる。
第1の継手部44は、筒体の端面内周側に該内周側に開口する凹欠部が周設され、この凹欠部内にOリング等からなるシールリング46が配置され、筒体の先端側外周に、孔空きキャップ47が螺着されてなる。孔空きキャップ47にはポンプ20の吸入筒26が挿通可能な孔が設けられている。孔空きキャップ47はシールリング46の抜け止めをする。

0022

第2の継手部45は、筒体の端面内周側に該内周側に開口する凹欠部が周設され、この凹欠部内にOリング等からなるシールリング49が配置され、筒体の先端側外周に、孔空きキャップ50が螺着されてなる。孔空きキャップ50には調圧弁21の戻し筒36が挿通可能な孔が設けられている。孔空きキャップ50はシールリング49の抜け止めをする。

0023

第1の継手部44と第2の継手部45の筒部の基部となる継手部本体43には凹溝が形成され、この凹溝内にシールリング51が配設されている。
継手部22は、タンク12の凹部14の壁面および収納ボックス15のタンク凹部14の壁面に沿う部位15aに設けた透孔を、筒状の第1の継手部44と第2の継手部45が、タンク12の内側から外側方向(凹部14方向)に挿通するようにして、タンク12に当てがわれ、筒状の第1の継手部44と第2の継手部45の筒部の基部外周に設けた雄ネジ部にナット53が螺着されることにより、タンク12に液密に取り付けられる。またこれにより、収納ボックス15の取付部15cも同時にタンク12の凹部14壁面に固定される。
なお、第1の継手部44と第2の継手部45は、継手部本体43に設けた流路を通じてタンク12内に連通している。

0024

ポンプ20と調圧弁16とがあらかじめ組み付けられたユニット16は、図9に示すように、吸入筒26が第1の継手部44に液密に差し込まれ、戻し筒36(小径筒部38)が第2の継手部45に液密に差し込まれるだけで、継手部22に容易に組み付けることができる。

0025

なお、ユニット16に液圧が加わると、ポンプ20と調圧弁21とは、吐出筒27が流入口30から抜け出る方向、すなわち、ポンプ20と調圧弁21とが離反する方向に液圧が働くことになる。同様に、ユニット16が継手部22から離反する方向に液圧が働くことになる。

0026

そこで本実施の形態では、ストッパにより、ポンプ20と調圧弁21とが離反不能に設けられ、また、ユニット16が継手部22(すなわちタンク12)に対して離反不能に設けられている。

0027

図10はストッパとしてのカバー55の斜視図である。
カバー55は、ポンプ20と調圧弁21とが組み付けられたユニット16を収容可能な凹部56を有する。凹部56は、ユニット16が組み入れ可能に上部側が開放された凹部に形成され、また凹部56の両端側には仕切壁56a、56bが形成されている。
ユニット16がカバー55の凹部56内に組み付けられたとき、ポンプ20の本体部24の端面が仕切壁56aに凹部56の内側から当接し、また、仕切壁56bが、調圧弁21に設けられた嵌合溝41内に嵌入するようになっている。これにより、ポンプ20と調圧弁21とは互いに離反する方向への動き規制される。

0028

ユニット16がカバー55の凹部56内に組み付けられたとき、吸入筒26と戻し筒36がカバー55の同じ側の外方に突出するように、カバー55の側壁切欠き56cが設けられている。筒状の流出口31はそのままカバー55の外に突出する。
また、カバー55の側壁の端部にはネジ孔57が設けられている。
ユニット16をカバー55内に組み込み、この状態で、ユニット16を、吸入筒26が第1の継手部44に、戻し筒36が第2の継手部45に差し込まれるように継手部22に装着し、次いで、ネジ孔57に図示しないネジを差し込み、該ネジによってカバー55を収納ボックス15に固定することによって、容易にユニット16をタンク12に取り付けることができる。

0029

上記のように、ユニット16をカバー55に組み付けることによって、ポンプ20と調圧弁21が離反するのを防止でき、また、カバー55を収納ボックス15にネジ止めすることによって、ユニット16がタンク12から離反するのを防止できる。
なお、ストッパとしては、上記カバー55に限定されるものではない。

0030

上記のように、本実施の形態では、ポンプ20の吐出筒27を調圧弁21の流入口30に液密に差し込んでユニット16を形成し、ユニット16をカバー55に組み込み、さらに、吸入筒26が第1の継手部44に、戻し筒36が第2の継手部45に液密に差し込まれるようにしてユニット16を継手部22に装着し、カバー55を収納ボックス15にネジ止めするだけで、容易かつ確実にポンプ20と調圧弁21をタンク12に取り付けることができるという効果を奏する。

0031

なお、ユニット16をタンク12に先に装着し、この状態で該ユニット16にカバー55を組付け、次にカバー55を収納ボックス15にネジ止めする手順であってもよい。

0032

10液体散布用の噴霧器
12タンク
14 凹部
15収納ボックス
16ユニット
26吸入筒
27吐出筒
30 流入口
31 流出口
33シールリング
34 孔空きキャップ
36 戻し筒
44 第1の継手部
45 第2の継手部
46 シールリング
47 孔空きキャップ
49 シールリング
50 孔空キャップ
53ナット
55カバー
56 凹部
56a仕切壁
56b 仕切壁

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 中国電力株式会社の「 腕金用鳥害防止具」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】腕金に容易に取り付けできる針山形の腕金用鳥害防止具を提供する。【解決手段】鳥害防止具10は、固定防止具本体1、一対の可動防止具本体2・2、及び支持金具3を備える。固定防止具本体1は、第1基板1... 詳細

  • 株式会社クボタの「 除草作業機」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】作業者の安全性を確保しながら除草を行うことができると共に除草の効果を長期間にわたって維持することができる除草作業機を提供すること。【解決手段】除草作業機は、走行車両と、前記走行車両から延びる支... 詳細

  • 株式会社クボタの「 除草作業機」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】漏電等に起因する作業者の感電を確実に防止して作業者の安全性を確保することができる除草作業機を提供すること。【解決手段】除草作業機は、走行車両に装着され且つ地面に対して作業を行う対地作業機と、前... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ