図面 (/)

技術 LTEおよび超低レイテンシーLTE通信において衝突する複数の送信の優先順位決め

出願人 クゥアルコム・インコーポレイテッド
発明者 ワンシ・チェンシマン・アービンド・パテルピーター・ガールハオ・シュヨンビン・ウェイマドハバン・スリニバサン・バジャペヤムアレクサンダー・ダムンジャノビック
出願日 2019年11月6日 (1年1ヶ月経過) 出願番号 2019-201415
公開日 2020年3月26日 (8ヶ月経過) 公開番号 2020-048200
状態 未査定
技術分野 交流方式デジタル伝送 移動無線通信システム
主要キーワード 複合技術 通信優先順位 電力ノード 決定コンポーネント マルチモ 階層レイヤ エラー事象 ワイヤレス通信規格
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年3月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

レガシ通信技術および超低レイテンシー(ULL)通信技術に対応する衝突する複数の通信の優先順位を決める方法および装置を提供する。

解決手段

方法は、以下のステップを含む。第1の送信時間インターバル(TTI)に基づいてリソースの第1のセット上で第1の通信を受信する702。第2のTTIに基づいてリソースの第2のセット上で第2の通信を受信する704。ここにおいて、第2のTTIは第1のTTIより小さく、リソースの前記第2のセットは、リソースの共通のセットを規定するリソースの第1のセットとオーバーラップする。第2の通信よりも第1の通信の復号優先させるかどうかを決定する706。UEは、決定された優先順位決めに基づいて第1の通信または第2の通信の少なくとも一部分を復号する710。

概要

背景

[0003]ワイヤレス通信システムは、電話通信ビデオ、データ、メッセージング、およびブロードキャストなどのさまざまな電気通信サービスを提供するために広く展開されている。典型的なワイヤレス通信システムは、利用可能なシステムリソース(例えば、帯域幅送信電力)を共有することによって複数のユーザとの通信サポートすることが可能な多元接続技術を用い得る。そのような多元接続技術の例は、符号分割多元接続(CDMA)システム、時分割多元接続TDMA)システム、周波数分割多元接続FDMA)システム、直交周波数分割多元接続(OFDMA)システム、シングルキャリア周波数分割多元接続(SC−FDMA)システム、および時分割同期符号分割多元接続(TD−SCDMA)システムを含む。

[0004] これらの多元接続技術は、異なるワイヤレスデバイスが、都市国家、地域、さらには地球規模で通信することを可能にする共通プロトコルを提供するために、さまざまな電気通信規格において採用されてきた。電気通信規格の一例は、ロングタームエボリューションLTE登録商標))である。LTEは、第3世代パートナーシッププロジェクト(3GPP(登録商標))によって公表されたユニバーサルモバイル電気通信システム(UMTS)のモバイル規格に対する拡張のセットである。それは、スペクトル効率を改善することによってモバイルブロードバンドインターネットアクセスをより良くサポートし、コストを下げサービスを改善し、新たなスペクトルを利用し、ダウンリンク(DL)上においてOFDMAを、アップリンク(UL)上においてSC−FDMAを、および多入力多出力MIMO)アンテナ技術を使用して、他のオープン規格とより良く統合するよう設計される。しかしながら、モバイル・ブロードバンド・アクセスに対する需要が増大し続けるにつれて、LTE技術におけるさらなる改良が望まれ得る。望ましくは、これらの改善は、これらの技術を用いる他の多元アクセス技術および電気通信規格に適用可能であるべきである。

[0005]レガシLTEを使用するワイヤレス通信システムにおいて、特定のeノードB(eNodeB)によってサービングされる複数のUEは、約1ミリ秒サブフレーム送信時間インターバル(TTI)を使用して1つまたは複数のチャネル上でeノードBと通信するために複数のリソースをスケジュールされ得る。帯域幅に対する需要およびUE機能が増大するにつれて、通信におけるより低レイテンシー(lower latency)が望まれる。

概要

レガシ通信技術および超低レイテンシー(ULL)通信技術に対応する衝突する複数の通信の優先順位を決める方法および装置を提供する。方法は、以下のステップを含む。第1の送信時間インターバル(TTI)に基づいてリソースの第1のセット上で第1の通信を受信する702。第2のTTIに基づいてリソースの第2のセット上で第2の通信を受信する704。ここにおいて、第2のTTIは第1のTTIより小さく、リソースの前記第2のセットは、リソースの共通のセットを規定するリソースの第1のセットとオーバーラップする。第2の通信よりも第1の通信の復号優先させるかどうかを決定する706。UEは、決定された優先順位決めに基づいて第1の通信または第2の通信の少なくとも一部分を復号する710。

目的

[0003]ワイヤレス通信システムは、電話通信、ビデオ、データ、メッセージング、およびブロードキャストなどのさまざまな電気通信サービスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ワイヤレス通信の方法であって、第1の送信時間インターバル(TTI)に基づいてリソースの第1のセット上で第1の通信を受信することと、第2のTTIに基づいてリソースの第2のセット上で第2の通信を受信することと、ここにおいて、前記第2のTTIは前記第1のTTIより小さく、リソースの前記第2のセットはリソースの共通のセットを規定するリソースの前記第1のセットとオーバーラップする、および、前記第2の通信よりも前記第1の通信の復号優先させるかどうかを決定することと、を備える方法。

請求項2

少なくとも1つのダウンリンク制御チャネルを受信することに少なくとも部分的に基づいて、リソースの前記第2のセットまたはリソースの前記第1のセットのうちの少なくとも1つを決定することをさらに備える、請求項1に記載の方法。

請求項3

優先させるかどうかを決定することは、リソースの前記第1のセットがブロードキャスト・データを通信するためのリソースに対応することを決定することに少なくとも部分的に基づいて、前記第1の通信の復号を優先させることを決定することを備える、請求項1に記載の方法。

請求項4

優先させるかどうかを決定することは、リソースの前記共通のセットの少なくとも一部分が少なくとも1つの復調基準信号DM−RS)に対応することを決定することに少なくとも部分的に基づいて、前記第1の通信の復号を優先させることを決定することを備える、請求項1に記載の方法。

請求項5

優先させるかどうかを決定することは、前記少なくとも1つのDM−RSに対応するリソースの前記共通のセットの少なくとも前記一部分上での前記第1の通信の復号を優先させることを決定することと、および、リソースの前記共通のセットの残りの部分上での前記第2の通信の復号を優先させることを決定することと、を備える、請求項4に記載の方法。

請求項6

リソースの前記共通のセットの少なくとも前記一部分が前記少なくとも1つのDM−RSに対応することを決定することは、ダウンリンク制御チャネル上で受信されるDM−RS構成に少なくとも部分的に基づく、請求項4に記載の方法。

請求項7

優先させるかどうかを決定することは、リソースの前記共通のセットが復調基準信号(DM−RS)に対応するリソースを含まないことを決定することに少なくとも部分的に基づいて、前記第2の通信の復号を優先させることを決定することを備える、請求項1に記載の方法。

請求項8

優先させるかどうかを決定することは、リソースの前記共通のセットの少なくとも一部分が拡張物理ダウンリンク制御チャネルを含むことを決定することに少なくとも部分的に基づいて、前記第1の通信の復号を優先させることを決定することを備える、請求項1に記載の方法。

請求項9

優先させるかどうかを決定することは、リソースの前記共通のセットの少なくとも一部分が、少なくとも1つまたは複数の特定の変調およびコーディングスキームリソース割り当てサイズ、またはレイヤの数に対応する共有されたチャネル・データを含むことを決定することに少なくとも部分的に基づいて、前記第1の通信の復号を優先させることを決定することを備える、請求項1に記載の方法。

請求項10

ワイヤレス通信のためのユーザ機器であって、トランシーバと、ワイヤレスネットワークにおいて信号を通信するためにバスを介して前記トランシーバに通信可能に接続された少なくとも1つのプロセッサと、前記バスを介して前記少なくとも1つのプロセッサおよび/または前記トランシーバに通信可能に結合されたメモリと、を備え、ここにおいて、前記少なくとも1つのプロセッサおよび前記メモリは、第1の送信時間インターバル(TTI)に基づいてリソースの第1のセット上で第1の通信を、前記トランシーバを介して、受信するように、第2のTTIに基づいてリソースの第2のセット上で第2の通信を、前記トランシーバを介して、受信するように、ここにおいて、前記第2のTTIは前記第1のTTIより小さく、リソースの前記第2のセットはリソースの共通のセットを規定するリソースの前記第1のセットとオーバーラップする、および、前記第2の通信よりも前記第1の通信の復号を優先させるかどうかを決定するように、動作可能である、ユーザ機器。

請求項11

前記少なくとも1つのプロセッサおよび前記メモリは、少なくとも1つのダウンリンク制御チャネルを受信することに少なくとも部分的に基づいて、リソースの前記第2のセットまたはリソースの前記第1のセットの少なくとも1つを決定するようにさらに動作可能である、請求項10に記載のユーザ機器。

請求項12

前記少なくとも1つのプロセッサおよび前記メモリは、リソースの前記第1のセットがブロードキャスト・データを通信するためのリソースに対応することを決定することに少なくとも部分的に基づいて、前記第1の通信の復号を優先させることを決定するように動作可能である、請求項10に記載のユーザ機器。

請求項13

前記少なくとも1つのプロセッサおよび前記メモリは、リソースの前記共通のセットの少なくとも一部分が少なくとも1つの復調基準信号(DM−RS)に対応することを決定することに少なくとも部分的に基づいて、前記第1の通信の復号を優先させることを決定するように動作可能である、請求項10に記載のユーザ機器。

請求項14

前記少なくとも1つのプロセッサおよび前記メモリは、前記少なくとも1つのDM−RSに対応するリソースの前記共通のセットの少なくとも前記一部分上で受信された前記第1の通信の復号を優先させることを決定するように、および、リソースの前記共通のセットの残りの部分上での前記第2の通信の復号を優先させることを決定するように、動作可能である、請求項13に記載のユーザ機器。

請求項15

前記少なくとも1つのプロセッサおよび前記メモリは、ダウンリンク制御チャネル上で受信されるDM−RS構成に少なくとも部分的に基づいて、リソースの前記共通のセットの少なくとも前記一部分が前記少なくとも1つのDM−RSに対応することを決定するように動作可能である、請求項13に記載のユーザ機器。

請求項16

前記少なくとも1つのプロセッサおよび前記メモリは、リソースの前記共通のセットが復調基準信号(DM−RS)に対応するリソースを含まないことを決定することに少なくとも部分的に基づいて、前記第2の通信の復号を優先させることを決定するように動作可能である、請求項10に記載のユーザ機器。

請求項17

前記少なくとも1つのプロセッサおよび前記メモリは、リソースの前記共通のセットの少なくとも一部分が拡張物理ダウンリンク制御チャネルを含むことを決定することに少なくとも部分的に基づいて前記第1の通信の復号を優先させることを決定するように動作可能である、請求項10に記載のユーザ機器。

請求項18

前記少なくとも1つのプロセッサおよび前記メモリは、リソースの前記共通のセットの少なくとも一部分が、少なくとも1つまたは複数の特定の変調およびコーディングスキーム、リソース割り当てサイズ、またはレイヤの数に対応する共有されたチャネル・データを含むことを決定することに少なくとも部分的に基づいて、リソースの前記共通のセット上で受信される複数の通信を復号するときに前記第1の通信の復号を優先させることを決定するように動作可能である、請求項10に記載のユーザ機器。

請求項19

ワイヤレス通信の方法であって、第1の送信時間インターバル(TTI)にしたがって第1の通信を送信するためにリソースの第1のセットを割り当てることと、第2のTTIにしたがって第2の通信を送信するためにリソースの第2のセットを割り当てることと、ここにおいて、前記第2のTTIは第1のTTIより小さい、ダウンリンク制御チャネル上でリソースの前記第1のセットに対応する第1のリソース・グラントを送信することと、および、前記ダウンリンク制御チャネル上でリソースの前記第2のセットに対応する第2のリソース・グラントを送信することと、を備える方法。

請求項20

ユーザ機器にリソースの前記第1のセットの少なくとも一部分に関連したリソースの使用不能を示すことをさらに備える、請求項19に記載の方法。

請求項21

リソースの前記第2のセットを割り当てることは、リソースの前記第1のセットに対応する、1つまたは複数のチャネルのレイヤの数、リソース割り当てサイズ、または変調およびコーディングスキームのうちの少なくとも1つに少なくとも部分的に基づいて、リソースの前記第1のセットに部分的にオーバーラップするようにリソースの前記第2のセットを割り当てることを備える、請求項19に記載の方法。

請求項22

リソースの前記第2のセットがリソースの前記第1のセットとオーバーラップすることを決定することに少なくとも部分的に基づいて、リソースの前記第1のセットにおいて1つまたは複数の復調基準信号リソース要素周りレート・マッチするかどうかを、ユーザ機器に、示すことをさらに備える、請求項19に記載の方法。

請求項23

リソースの前記第2のセットを割り当てることは、1つまたは複数の復調基準信号に対応するリソースの前記第1のセットの一部分においてリソースの前記第1のセットとオーバーラップするのを防ぐようにリソースの前記第2のセットを割り当てることを備える、請求項19に記載の方法。

請求項24

前記第1のリソース・グラントにしたがって前記第1の通信を送信することをさらに備え、ここにおいて、リソースの前記第2のセットは前記第1の通信の送信の間に割り当てられる、請求項19に記載の方法。

請求項25

ワイヤレス通信のための発展型ノードB(eNB)であって、トランシーバと、ワイヤレス・ネットワークにおいて信号を通信するために、バスを介して、前記トランシーバに通信可能に接続された少なくとも1つのプロセッサと、および、前記バスを介して前記少なくとも1つのプロセッサおよび/または前記トランシーバに通信可能に接続されたメモリと、を備え、ここにおいて、前記少なくとも1つのプロセッサおよび前記メモリは、第1の送信時間インターバル(TTI)にしたがって第1の通信を送信するためにリソースの第1のセットを割り当てるように、第2のTTIにしたがって第2の通信を送信するためにリソースの第2のセットを割り当てるように、ここにおいて、前記第2のTTIは前記第1のTTIより小さい、ダウンリンク制御チャネル上でリソースの前記第1のセットに対応する第1のリソース・グラントを、前記トランシーバを介して、送信するように、および、前記ダウンリンク制御チャネル上でリソースの前記第2のセットに対応する第2のリソース・グラントを、前記トランシーバを介して、送信するように、動作可能である、eNB。

請求項26

前記少なくとも1つのプロセッサおよび前記メモリは、ユーザ機器にリソースの前記第1のセットの少なくとも一部分に関連したリソースの使用不能を示すようにさらに動作可能である、請求項25に記載のeNB。

請求項27

前記少なくとも1つのプロセッサおよび前記メモリは、リソースの前記第1のセットに対応する、1つまたは複数のチャネルのレイヤの数、リソース割り当てサイズ、または変調およびコーディングスキームのうちの少なくとも1つに少なくとも部分的に基づいて、リソースの前記第1のセットと部分的にオーバーラップするようにリソースの前記第2のセットを割り当てるように動作可能である、請求項25に記載のeNB。

請求項28

前記少なくとも1つのプロセッサおよび前記メモリは、リソースの前記第2のセットがリソースの前記第1のセットとオーバーラップすることを決定することに少なくとも部分的に基づいて、リソースの前記第1のセットにおいて1つまたは複数の復調基準信号リソース要素の周りでレート・マッチするかどうかを、ユーザ機器に、示すようにさらに動作可能である、請求項25に記載のeNB。

請求項29

前記少なくとも1つのプロセッサおよび前記メモリは、1つまたは複数の復調基準信号に対応するリソースの前記第1のセットの一部分においてリソースの前記第1のセットとオーバーラップすることを防ぐようにリソースの前記第2のセットを割り当てるように動作可能である、請求項25に記載のeNB。

請求項30

前記少なくとも1つのプロセッサおよび前記メモリは、前記第1のリソース・グラントにしたがって前記第1の通信を、前記トランシーバを介して、送信するようにさらに動作可能であり、ここにおいて、リソースの前記第2のセットは、前記第1の通信の送信の間に割り当てられる、請求項25に記載のeNB。

関連出願の相互参照

0001

[0001] 本願は、2014年12月11日に出願された「PRIORITIZING COLLIDING TRANSMISSIONS INLTEAND ULTRA-LOW LATENCY LTE COMMUNICATIONS」と題された米国仮特許出願第62/090,826号、および2015年11月2日に出願された「PRIORITIZING COLLIDING TRANSMISSIONS IN LTE AND ULTRA-LOW LATENTCY LTE COMMUNICATIONS」と題された米国特許出願第14/930,017号の利益を主張し、それらは、本明細書に参照により明確に組み込まれる。

技術分野

0002

[0002] 本明細書に説明されるのは、概して通信ステムに関する、より具体的にはワイヤレス技術の通信を優先順位決めすること(prioritizing)に関する態様である。

背景技術

0003

[0003]ワイヤレス通信システムは、電話通信ビデオ、データ、メッセージング、およびブロードキャストなどのさまざまな電気通信サービスを提供するために広く展開されている。典型的なワイヤレス通信システムは、利用可能なシステム・リソース(例えば、帯域幅送信電力)を共有することによって複数のユーザとの通信をサポートすることが可能な多元接続技術を用い得る。そのような多元接続技術の例は、符号分割多元接続(CDMA)システム、時分割多元接続TDMA)システム、周波数分割多元接続FDMA)システム、直交周波数分割多元接続(OFDMA)システム、シングルキャリア周波数分割多元接続(SC−FDMA)システム、および時分割同期符号分割多元接続(TD−SCDMA)システムを含む。

0004

[0004] これらの多元接続技術は、異なるワイヤレスデバイスが、都市国家、地域、さらには地球規模で通信することを可能にする共通プロトコルを提供するために、さまざまな電気通信規格において採用されてきた。電気通信規格の一例は、ロングタームエボリューション(LTE(登録商標))である。LTEは、第3世代パートナーシッププロジェクト(3GPP(登録商標))によって公表されたユニバーサルモバイル電気通信システム(UMTS)のモバイル規格に対する拡張のセットである。それは、スペクトル効率を改善することによってモバイルブロードバンドインターネットアクセスをより良くサポートし、コストを下げサービスを改善し、新たなスペクトルを利用し、ダウンリンク(DL)上においてOFDMAを、アップリンク(UL)上においてSC−FDMAを、および多入力多出力MIMO)アンテナ技術を使用して、他のオープン規格とより良く統合するよう設計される。しかしながら、モバイル・ブロードバンド・アクセスに対する需要が増大し続けるにつれて、LTE技術におけるさらなる改良が望まれ得る。望ましくは、これらの改善は、これらの技術を用いる他の多元アクセス技術および電気通信規格に適用可能であるべきである。

0005

[0005]レガシLTEを使用するワイヤレス通信システムにおいて、特定のeノードB(eNodeB)によってサービングされる複数のUEは、約1ミリ秒サブフレーム送信時間インターバル(TTI)を使用して1つまたは複数のチャネル上でeノードBと通信するために複数のリソースをスケジュールされ得る。帯域幅に対する需要およびUE機能が増大するにつれて、通信におけるより低レイテンシー(lower latency)が望まれる。

0006

[0006] 以下は、1つまたは複数の態様の基本的な理解を提供するために、そのような態様の簡略化された概要を示す。この概要は、全ての考慮された態様の広範な概観ではなく、全ての態様のキーとなるまたは重要な要素識別することも、任意の態様または全ての態様の範囲を叙述することも意図するものではない。その唯一の目的は、後に提示されるより詳細な説明への前置きとして、簡略化された形態で、1つまたは複数の態様のいくつかの概念を提示することである。

0007

[0007] 一例にしたがって、ワイヤレス通信の方法が提示される。この方法は、第1の送信時間インターバル(TTI)に基づいてリソースの第1のセット上で第1の通信を受信することと、第2のTTIに基づいてリソースの第2のセット上で第2の通信を受信することとを含む。第2のTTIは、第1のTTIより小さく、リソースの第2のセットは、リソースの共通のセットを規定するリソースの第1のセットとオーバーラップする。この方法はまた、第2の通信よりも第1の通信の復号優先させるかどうかを決定することを含む。

0008

[0008] 他の態様では、ワイヤレス通信のためのユーザ機器が提供される。ユーザ機器は、トランシーバ、ワイヤレス・ネットワークにおいて信号を通信するために、バスを介して、トランシーバと通信可能に接続された少なくとも1つのプロセッサ、およびバスを介して少なくとも1つのプロセッサおよび/またはトランシーバと通信可能に接続されたメモリを含む。少なくとも1つのプロセッサおよびメモリは、第1のTTIに基づいてリソースの第1のセット上で第1の通信を、トランシーバを介して、受信するように、および、第2のTTIに基づいてリソースの第2のセット上で第2の通信を、トランシーバを介して、受信するように、動作可能である。第2のTTIは、第1のTTIより小さく、リソースの第2のセットは、リソースの共通のセットを規定するリソースの第1のセットとオーバーラップする。少なくとも1つのプロセッサおよびメモリはまた、第2の通信よりも第1の通信の復号を優先させるかどうかを決定するように動作可能である。

0009

[0009] 別の例では、ワイヤレス通信の方法が提供される。この方法は、第1のTTIにしたがって第1の通信を送信するためにリソースの第1のセットを割り当てる(allocate)ことと、第2のTTIにしたがって第2の通信を送信するためにリソースの第2のセットを割り当てることとを含む。第2のTTIは、第1のTTIより小さい。この方法はまた、ダウンリンク制御チャネル上でリソースの第1のセットに対応する第1のリソース・グラント(first resource grant)を送信することと、ダウンリンク制御チャネル上でリソースの第2のセットに対応する第2のリソース・グラントを送信することとを含む。

0010

[0010] 他の態様では、ワイヤレス通信のための発展型ノードB(eNB)が提供される。eNBは、トランシーバ、ワイヤレス・ネットワークにおいて信号を通信するためにバスを介してトランシーバに通信可能に接続された少なくとも1つのプロセッサ、およびバスを介して少なくとも1つのプロセッサおよび/またはトランシーバに通信可能に接続されたメモリを含む。少なくとも1つのプロセッサおよびメモリは、第1のTTIにしたがって第1の通信を送信するためにリソースの第1のセットを割り当てるように、および、第2のTTIにしたがって第2の通信を送信するためにリソースの第2のセットを割り当てるように動作可能である。第2のTTIは、第1のTTIより小さい。少なくとも1つのプロセッサおよびメモリはまた、ダウンリンク制御チャネル上でリソースの第1のセットに対応する第1のリソース・グラントを、トランシーバを介して、送信するように、および、ダウンリンク制御チャネル上でリソースの第2のセットに対応する第2のリソース・グラントを、トランシーバを介して、送信するように、動作可能である。

0011

[0011] 上述のおよび関連する目的の達成のために、1つまたは複数の態様は、後に十分に説明され、特許請求の範囲内において特に指摘される特徴を備える。次の説明および付属の図面は、1つまたは複数の態様のある特定の例示的な特徴を詳細に記載する。これらの特徴は、しかしながら、さまざまな態様の原理が用いられ得るさまざまな手法のほんの一部を示しており、この説明は、全てのそのような態様およびそれらの同等物を含むよう意図される。

0012

[0012] 本明細書に説明される態様のより完全な理解を容易にするために、附属の図面に参照符号が付されており、ここにおいて同じ要素は同じ番号で参照される。これらの図面は、本開示を制限するものと見なされるべきではなく、実例的なものとなることのみが意図される。

図面の簡単な説明

0013

[0013]図1は、本明細書に説明される態様にしたがった、テレコミュニケーション・システムの例を概念的に図示するブロック図を示す。
[0014]図2は、アクセス・ネットワークの例を例示する図である。
[0015]図3は、アクセス・ネットワークにおける発展型ノードBおよびユーザ機器の例を例示する図である。
[0016]図4は、アップリンク帯域幅割り当てに関わるタイムラインの例を例示する図である。
[0017]図5は、衝突するレガシおよび(超低レイテンシー(ULL:ultra low latency))リソースを有するサブフレームの例を例示する図である。
[0018]図6は、本明細書に説明される態様にしたがってレガシまたはULL通信の優先順位を決めるかどうかを決定するためのシステムの例を例示する図である。
[0019]図7は、本明細書に説明される態様にしたがってレガシまたはULL通信の優先順位を決めるかどうかを決定するための方法の例のフローチャートである。
[0020]図8は、本明細書に説明される態様にしたがってレガシおよびULL通信リソースを割り当てるための方法の例のフロー・チャートである。

詳細な説明

0014

[0021] 添付された図面に関連して以下に記載される詳細な説明は、さまざまな構成の説明として意図され、本明細書に説明される概念が実施され得る唯一の構成を表すようには意図されない。詳細な説明は、さまざまな概念の完全な理解を提供することを目的とした特定の詳細を含む。しかしながら、これらの概念がこれらの特定の詳細なしで実施され得ることは当業者に明らかであろう。いくつかの事例では、周知の構造およびコンポーネントが、このような概念を曖昧にすることを避けるために、ブロック図の形式で示される。

0015

[0022] ここでは、電気通信システムのいくつかの態様がさまざまな装置および方法に関連して提示される。これらの装置および方法は、以下の詳細な説明において記述され、添付の図面において、さまざまなブロック、モジュール、コンポーネント、回路、ステップ、処理、アルゴリズムなど(「要素(elements)」と総称される)により例示されることになる。これらの要素は、電子ハードウェアコンピュータソフトウェア、またはそれらの任意の組み合わせを使用してインプリメントされ得る。そのような要素がハードウェアとしてまたはソフトウェアとしてインプリメントされるかどうかは、特定のアプリケーションおよびシステム全体上に課せられる設計制約に依存する。

0016

[0023] 例として、要素、または要素の任意の一部、または要素の任意の組み合わせは、1つまたは複数のプロセッサを含む「処理システム(processing system)」でインプリメントされ得る。プロセッサの例は、マイクロプロセッサマイクロコントローラデジタルシグナル・プロセッサ(DSP)、フィールドプログラマブルゲートアレイFPGA)、プログラマブル論理デバイスPLD)、ステートマシンゲート論理離散ハードウェア回路、および本開示全体を通じて説明されるさまざまな機能を実施するように構成された他の適切なハードウェアを含む。処理システム中の1つまたは複数のプロセッサは、ソフトウェアを実行し得る。ソフトウェアは、ソフトウェア、ファームウェアミドルウェアマイクロコードハードウェア記述言語、またはその他の名称で呼ばれるかどうかにかかわらず、命令命令セット、コード、コード・セグメントプログラム・コード、プログラム、サブプログラム、ソフトウェア・モジュール、アプリケーション、ソフトウェア・アプリケーション、ソフトウェア・パッケージルーチンサブルーチンオブジェクト実行ファイル実行スレッドプロシージャ関数などを意味するように広く解釈されるべきである。

0017

[0024] したがって、1つまたは複数の態様では、説明される機能は、ハードウェア、ソフトウェア、ファームウェア、またはそれらの任意の組み合わせにおいてインプリメントされ得る。ソフトウェアでインプリメントされる場合、機能は、コンピュータ可読媒体上で1つまたは複数の命令あるいはコードとして記憶もしくは符号化され得る。コンピュータ可読媒体は、コンピュータ記憶媒体を含む。記憶媒体は、コンピュータによってアクセスされることができる任意の利用可能な媒体であり得る。限定ではなく例として、そのようなコンピュータ可読媒体は、RAM、ROM、EEPROM(登録商標)、CD−ROMまたは他の光学ディスク記憶装置磁気ディスク記憶装置または他の磁気記憶デバイス、あるいは命令もしくはデータ構造の形で所望のプログラム・コードを搬送または記憶するために使用されることができ且つコンピュータによってアクセスされることができる任意の他の媒体を備えることができる。本明細書に使用される、ディスク(disk)およびディスク(disc)は、コンパクト・ディスク(CD)、レーザーディスク(登録商標)、光ディスク、デジタル多用途ディスク(DVD)、およびフロッピー(登録商標)ディスクを含み、ディスク(disk)は通常、データを磁気的に再生するが、ディスク(disc)は、レーザを用いて光学的にデータを再生する。上記の組合せもまた、コンピュータ可読媒体の範囲内に含まれるべきである。

0018

[0025] 本明細書に説明されるのは、レガシ通信技術および超低レイテンシー(ULL)通信技術に対応する衝突する複数の通信(colliding communications)の優先順位を決めることに関わるさまざまな態様であり、ここにおいて、通信技術は、異なる長さの送信時間インターバル(TTI)に基づき得る(例えば、レガシ通信技術より短いTTI持続時間を有するULL通信技術)。例えば、レガシLTE技術は、LTEにおいて規定されるサブフレームの持続時間を有するTTIを使用し得、ここにおいて、超低レイテンシー(ULL)LTE技術は、(例えば1つのシンボル、2つのシンボル、1つのサブフレーム・スロットなど)1つのサブフレームより少ない持続時間を有するTTIに基づくことができる。これに関して、通信における低レイテンシーは、より短い、より高頻度のTTIによって達成され得る。いくつかの例では、レガシ技術は、レガシLTE技術とは異なるレガシ・セルラ技術であり得る。ネットワークは、同様の周波数帯域上でレガシおよびULL通信技術の両方をサポートし得、かくして、1つまたは複数のユーザ機器(UE)がネットワークから信号をその上で受信する衝突するダウンリンク・リソースを潜在的にスケジュールし得る。例えば、リソースがレガシ通信技術においてよりも頻繁に割り当てられ得て、およびレガシ通信技術送信のためにスケジュールされたリソースがまた、ULL通信技術におけるスケジューリング要求を満たすためにULL通信技術送信のために少なくとも部分的にスケジュールされ得るとき、ダウンリンク・リソースの衝突が、ULLに関連する短縮されたTTIに部分的に起因して引き起こされ得る。LTEおよびULLLTEが、それぞれ、本明細書においてレガシおよびULL通信技術の一例として使用されることが理解されるべきであり、しかし、前述のコンセプトは、一方の通信技術が別の通信技術よりも短いTTIを有している複数の通信技術のおおむね任意の組み合わせにも適用されることができることが理解されるべきである。

0019

[0026] 一例では、UEは、UEにおいて構成される1つまたは複数のルールに基づいて通信技術(例えばレガシLTEおよびULLLTEリソース)上で衝突する複数の通信の受信の優先順位を決め得、それは、リソース上の通信のタイプに少なくとも部分的に基づき得る。例えば、レガシ技術通信がブロードキャスト・データ、復調基準信号DM−RS:demodulation reference signal)、および/または同様のものを含む場合、UEは、オーバーラップする関連したリソースにおいてULL技術通信よりもレガシ技術通信の受信を優先させ得る。別の例では、レガシおよびULL技術をサポートし、および関連する通信を送信するネットワークは、複数のリソースでUEを構成することができ、レガシおよびULL技術リソースをオーバーラップさせることを防ぐことができ、および/または別の方法では、特定のオーバーラップするリソース上の複数のレガシまたはULL技術通信の優先順位を決定すること(prioritizing)をUEに指示することができる。

0020

[0027] まず図1を参照すると、図は、本明細書に説明される態様にしたがった、ワイヤレス通信システム100の例を例示している。ワイヤレス通信システム100は、複数のアクセス・ポイント(例えば基地局、eNB、またはWLANアクセス・ポイント)105、複数のユーザ機器(UE)115、およびコア・ネットワーク130を含む。アクセス・ポイント105は、より小さいTTIに基づいたULL通信技術およびレガシ通信技術(例えばレガシLTEおよびULL LTE)を使用してUE115と通信し且つスケジュールするように構成されたスケジューリング・コンポーネント302を含み得る。同様に、UE115のうちの1つまたは複数は、ULL通信技術(例えばULL LTE)およびレガシ通信技術(例えばLTE)の複数の通信の優先順位を決定するように構成される通信コンポーネント361を含み得る。アクセス・ポイント105のいくつかは、(示されていない)基地局コントローラの制御下でUE115と通信し得、基地局コントローラは、さまざまな例においてコア・ネットワーク130または特定のアクセス・ポイント105(例えば基地局またはeNB)の一部であり得る。アクセス・ポイント105は、バックホールリンク132を通じてコア・ネットワーク130と制御情報および/またはユーザ・データを通信し得る。複数の例において、アクセス・ポイント105は、有線または無線通信リンクであり得るバックホール・リンク134上で互いに、直接的にあるいは間接的に、通信し得る。ワイヤレス通信システム100は、複数のキャリア(異なる周波数波形信号)上の動作をサポートし得る。マルチキャリア送信機は、多数のキャリア上で同時に変調された信号を送信することができる。例えば、各通信リンク125は、上述されたさまざまな無線技術にしたがって変調されたマルチキャリア信号であり得る。各変調された信号は、異なるキャリア上で送られ得、制御情報(例えば、基準信号制御チャネルなど)、オーバヘッド情報、データなどを搬送し得る。

0021

[0028] いくつかの例では、ワイヤレス通信システム100の少なくとも一部分は、複数の階層レイヤ上で動作するように構成され得、ここではUE115の1つまたは複数およびアクセス・ポイント105の1つまたは複数は、別の階層レイヤに対して減じられたレイテンシーを有する階層レイヤ上の送信をサポートするように構成され得る。いくつかの例では、ハイブリットUE115−aは、(「レガシ通信技術」に関連し得る)第1のTTIを使用して第1のレイヤ送信をサポートする第1の階層レイヤと、(「ULL通信技術」に関連し得る)第1のTTIよりも短い、第2のTTIを使用して第2のレイヤ送信をサポートする第2の階層レイヤとの両方において、アクセス・ポイント105−aと通信し得る。

0022

[0029] 他の例では、第2のレイヤUE115−bは、第2の階層レイヤ上のみでアクセス・ポイント105−bと通信し得る。かくして、ハイブリットUE115−aおよび第2のレイヤUE115−bは、第2の階層レイヤ上で通信し得るUE115の第2のクラスに属し得、一方で、レガシUE115は、第1の階層レイヤ上のみで通信し得るUE115の第1のクラスに属し得る。アクセス・ポイント105−bおよびUE115−bは、第2のサブフレーム・タイプのサブフレームの送信によって第2の階層レイヤ上で通信し得る。アクセス・ポイント105−bは、第1または第2どちらかのみの階層レイヤに関わる通信を送信し得、または、第1および第2両方の階層レイヤに関わる通信を送信し得る。アクセス・ポイント105−bが第1および第2両方の階層レイヤをサポートする場合、通信コンポーネント361は、本明細書に説明されるように、第1および第2の階層レイヤに関わるアクセス・ポイント105−bから受信される複数の通信の優先順位を決定するように構成されることができる。

0023

[0030]アクセス・ポイント105は、1つまたは複数のアクセス・ポイント・アンテナを介してUE115とワイヤレスで通信し得る。アクセス・ポイント105のサイトの各々は、それぞれのカバレッジエリア110のための通信カバレッジを提供し得る。いくつかの例において、アクセス・ポイント105は、トランシーバ基地局無線基地局無線トランシーバ基本サービス・セット(BSS)、拡張サービス・セット(ESS)、ノードB、eノードB、ホーム・ノードB、ホームeノードB、または他の適切な用語で称され得る。基地局のためのカバレッジ・エリア110は、カバレッジ・エリアの一部のみを構成する複数のセクタに分割され得る(図示せず)。ワイヤレス通信システム100は、異なるタイプのアクセス・ポイント105(例えば、マクロマイクロ、および/またはピコ基地局)を含み得る。アクセス・ポイント105はまた、セルラおよび/またはWLAN無線アクセス技術(RAT)のような異なる無線技術を利用し得る。アクセス・ポイント105は、同じまたは異なるアクセス・ネットワークあるいはオペレータ展開に関連付けられ得る。同じまたは異なるタイプのアクセス・ポイント105のカバレッジ・エリアを含み、同じまたは異なる無線技術を利用し、および/または、同じまたは異なるアクセス・ネットワークに属する、異なるアクセス・ポイント105のカバレッジ・エリアは、オーバーラップし得る。

0024

[0031]LTE/LTE−Aおよび/またはULLLTE通信技術を使用するネットワーク通信システムにおいて、発展型ノードB(eノードBまたはeNB)という用語は、アクセス・ポイント105を説明するために一般的に使用され得る。ワイヤレス通信システム100は、異なるタイプのアクセス・ポイントがさまざまな地理的領域に対してカバレッジを提供する異機種LTE/LTE−A/ULLLTEネットワークであり得る。例えば、各アクセス・ポイント105は、マクロ・セルピコ・セル、フェムト・セル、および/または他のタイプのセルのための通信カバレッジを提供し得る。ピコ・セル、フェムト・セル、および/または他のタイプのセルのような小さいセルは、低電力ノードすなわちLPNを含み得る。マクロ・セルは一般に、比較的大きい地理的エリア(例えば、半径キロメートル)をカバーし、ネットワーク・プロバイダサービス加入しているUE115による無制限のアクセスを可能にし得る。小さいセルは一般的に、比較的小さい地理的エリアをカバーし得、例えば、ネットワーク・プロバイダにサービス加入しているUE115による無制限のアクセスを可能にし得、無制限のアクセスに加えて、小さいセルとの関連付けを有するUE115(例えば、クローズド加入者グループCSG)中のUE、家の中にいるユーザのためのUEなど)による制限されたアクセスも提供し得る。マクロ・セルに対するeNBは、マクロeNBと呼ばれ得る。小さいセルに対するeNBは、小さいセルeNB(small cell eNB)と呼ばれ得る。eNBは、1つまたは多数(例えば、2つ、3つ、4つなど)のセルをサポートし得る。

0025

[0032]コア・ネットワーク130は、1つまたは複数のバックホール・リンク132(例えば、S1インターフェースなど)を介してアクセス・ポイント105またはeNBと通信し得る。アクセス・ポイント105はまた、例えば、バックホール・リンク134(例えば、X2インターフェースなど)を介しておよび/またはバックホール・リンク132を介して(例えば、コア・ネットワーク130を通じて)、直接的または間接的に互いに通信し得る。ワイヤレス通信システム100は、同期または非同期動作をサポートし得る。同期動作の場合、アクセス・ポイント105は、類似したフレーム・タイミングを有し得、異なるアクセス・ポイント105からの送信が時間的にほぼ整列され得る。非同期動作の場合、アクセス・ポイント105は、異なるフレーム・タイミングを有し得、異なるアクセス・ポイント105からの送信が時間的に整列されないこともある。さらに、第1の階層レイヤおよび第2の階層レイヤにおける送信は、複数のアクセス・ポイント105間で同期されることも同期されないこともある。本明細書に説明される技術は、同期または非同期動作のいずれかに使用され得る。

0026

[0033] UE115は、ワイヤレス通信システム100全体にわたって分散されており、各UE115は、固定式または移動式であり得る。UE115はまた、モバイル局加入者局、モバイル・ユニット加入者ユニット、ワイヤレス・ユニット、遠隔ユニット、モバイル・デバイス、ワイヤレス・デバイス、ワイヤレス通信デバイス遠隔デバイスモバイル加入者局アクセス端末モバイル端末ワイヤレス端末遠隔端末ハンドセット、ユーザ・エージェント、モバイル・クライアント、クライアント、または他の適切な専門用語で当業者に呼ばれ得る。UE115は、セルラ電話携帯情報端末(PDA)、ワイヤレス・モデム、ワイヤレス通信デバイス、ハンドヘルド・デバイス、タブレット・コンピュータ、ラップトップ・コンピュータ、コードレス電話腕時計またはメガネのようなウェアラブルアイテム、ワイヤレス・ローカルループ(WLL)局などであり得る。UE115は、マクロeノードB、小さいセルeノードB、リレーなどと通信することが可能であり得る。UE115はまた、WLANアクセス・ネットワーク、またはセルラあるいは他のWWANアクセス・ネットワークのような異なるアクセス・ネットワーク上で通信することが可能であり得る。

0027

[0034]ワイヤレス通信システム100に示される通信リンク125は、UE115からアクセス・ポイント105へのアップリンク(UL)送信、および/またはアクセス・ポイント105からUE115へのダウンリンク(DL)送信を含み得る。ダウンリンク送信は、順方向リンク送信とも呼ばれ得、一方でアップリンク送信は、逆方向リンク送信とも呼ばれ得る。通信リンク125は、各階層レイヤの送信を搬送し得、それは、いくつかの例では、通信リンク125において多重送信され(multiplexed)得る。UE115は、例えば、多入力多出力(MIMO)、キャリア・アグリゲーション(CA)、多地点協調(CoMP)、または他のスキームを通じて、複数のアクセス・ポイント105と共同して通信するように構成され得る。MIMO技法は、多数のデータ・ストリームを送信するためにUE115上の多数のアンテナおよび/またはアクセス・ポイント105上の多数のアンテナを使用する。キャリア・アグリゲーションは、データ送信のための同じまたは異なるサービング・セル上の2つ以上のコンポーネント・キャリアを使用し得る。CoMPは、ネットワークおよびスペクトル利用を増加させることに加え、UE115のための全送信品質を向上させるために多くのアクセス・ポイント105による送信および受信の協調のための技法を含み得る。

0028

[0035] 言及されているように、いくつかの例では、アクセス・ポインンと105およびUE115は、複数のキャリア上で送信するためにキャリア・アグリゲーションを利用し得る。いくつかの例では、アクセス・ポイント105およびUE115は、2つ以上の個別のキャリアを使用して第1のサブフレーム・タイプを各々が有する1つまたは複数のサブフレームを、フレーム内で、第1の階層レイヤにおいて同時に送信し得る。各キャリアは、例えば20MHzの帯域幅を有し得、しかし他の帯域幅も使用され得る。ハイブリットUE115−a、および/または第2のレイヤUE115−bは、特定の例において、個別のキャリアのうちの1つまたは複数のものの帯域幅より大きい帯域幅を有する単一のキャリアを使用して、第2の階層レイヤにおいて1つまたは複数のサブフレームを送信および/または受信し得る。例えば、4つの個別の20MHzのキャリアが第1の階層レイヤにおいてキャリア・アグリゲーション・スキームで使用される場合、単一の80MHzのキャリアは、第2の階層レイヤにおいて使用され得る。80MHzのキャリアは、4つの20MHzのキャリアのうちの1つまたは複数によって使用される無線周波数スペクトルと少なくとも部分的にオーバーラップする無線周波数スペクトルの一部分を占有し得る。いくつかの例では、第2の階層レイヤ・タイプに関わる拡張可能な帯域幅は、さらに改良されたデータ・レートを提供するために、上述のようなより短いRTTを提供するための複合技術であり得る。

0029

[0036]ワイヤレス通信システム100によって使用され得る異なる動作モードの各々は、周波数分割複信FDD)または時分割複信(TDD)にしたがって動作し得る。いくつかの例では、異なる階層レイヤは、異なるTDDまたはFDDモードにしたがって動作し得る。例えば、第1の階層レイヤは、FDDにしたがって動作し得、一方で第2の階層レイヤは、TDDにしたがって動作し得る。いくつかの例では、OFDMA通信信号は、各階層レイヤに関わるLTEダウンリンク送信のために通信リンク125で使用され得、一方で単一キャリア周波数分割多重接続(SC−FDMA)通信信号は、各階層レイヤにおいてLTEアップリンク送信のために通信リンク125で使用され得る。ワイヤレス通信システム100のようなシステムにおける階層レイヤの実施に関わるさらなる詳細、および、このようなシステムにおける通信に関連した他の特徴および機能が、下記の図を参照して以下に提示される。

0030

[0037]図2は、LTEまたはULLLTEネットワーク・アーキテクチャ中のアクセス・ネットワーク200の例を例示する図である。この例では、アクセス・ネットワーク200が、多数のセルラ領域(セル)202に分けられている。1つまたは複数のより低電力クラスのeNB208は、セル202のうちの1つまたは複数とオーバーラップするセルラ領域210を有し得る。より低電力クラスのeNB208は、フェムト・セル(例えば、ホームeNB(HeNB))、ピコ・セル、マイクロ・セル、または遠隔無線ヘッドRRH:remote radio head)であり得る。マクロeNB204は各々、それぞれのセル202に割り当てられ、セル202におけるすべてのUE206に対してコア・ネットワーク130へのアクセス・ポイントを提供するように構成される。一態様では、eNB204は、より小さいTTIに基づいたULL通信技術およびレガシ通信技術(例えばレガシLTEおよびULL LTE)を使用してUE206と通信およびスケジュールするように構成されたスケジューリング・コンポーネント302を含み得る。同様に、UE206のうちの1つまたは複数は、レガシ通信技術(例えばLTE)およびULL通信技術(ULL LTE)の複数の通信の優先順位を決定するように構成されている通信コンポーネント361を含み得る。アクセス・ネットワーク200のこの例では集中制御装置(centralized controller)は存在しないが、代替の構成では、集中制御装置が使用され得る。eNBs204は、無線ベアラ制御、アドミッション制御モビリティ制御、スケジューリング、セキュリティ、およびコア・ネットワーク130の1つまたは複数のコンポーネントへの接続性を含む、すべての無線に関連する機能を担う。

0031

[0038]アクセス・ネットワーク200によって用いられる変調および多元接続スキームは、展開されている特定の電気通信規格に依存して異なり得る。LTEまたはULLLTEアプリケーションでは、周波数分割複信(FDD)および時分割複信(TDD)の両方をサポートするために、OFDMがDL上で使用され得、SC−FDMAがUL上で使用され得る。以下の詳細な説明から当業者が容易に認識することになるように、本明細書に提示されるさまざまな概念は、LTEアプリケーションによく適している。しかしながら、これらの概念は、他の変調および多元接続技法を用いる他の電気通信規格に容易に拡張され得る。例として、これらの概念は、エボリューション・データ・オプティマイズド(Evolution-Data Optimized)(EVDO)またはウルトラ・モバイル・ブロードバンド(UMB)に拡張され得る。EV−DOおよびUMBは、CDMA2000規格ファミリの一部として、第3世代パートナーシップ・プロジェクト2(3GPP2)によって公表されたエア・インターフェース規格であり、モバイル局へのブロードバンド・インターネット・アクセスを提供するためにCDMAを用いる。これらの概念はまた、広帯域CDMA(W−CDMA(登録商標))、およびTD−SCDMAのようなCDMAの他の変形例を用いるユニバーサル地上無線アクセスUTRA)、TDMAを用いるモバイル通信のためのグローバル・システム(GSM(登録商標))、およびOFDMAを用いるフラッシュOFDM、IEEE802.20、IEEE802.16(WiMAX)、IEEE802.11(Wi−Fi)、および発展型UTRA(E−UTRA)に拡張され得る。UTRA、E−UTRA、UMTS、LTE、およびGSMは、3GPPの組織からの文書中で説明されている。CDMA2000およびUMBは、3GPP2の組織からの文書中で説明されている。用いられる実際のワイヤレス通信規格および多元接続技術は、特定のアプリケーションおよびシステム上に課せられる全体的な設計制約に依存するであろう。

0032

[0039] eNB204は、MIMO技術をサポートする複数のアンテナを有し得る。MIMO技術の使用は、eNB204が、空間多重化ビームフォーミング、および送信ダイバーシティをサポートするために空間ドメイン活用することを可能にする。空間多重化は、同じ周波数上で同時にデータの異なるストリームを送信するために使用され得る。データ・ストリームは、データ・レートを増大させるために単一のUE206に、または、全システム容量を増大させるために複数のUE206に、送信され得る。これは、各データ・ストリームを空間的にプリコーディングし(すなわち、振幅および位相スケーリングを適用し)、その後、DL上で複数の送信アンテナを通じて各空間的にプリコーディングされたストリームを送信することによって達成される。空間的にプリコーディングされたデータ・ストリームは、異なる空間シグネチャとともに(1つまたは複数の)UE206に到達し、それは、(1つまたは複数の)UE206の各々が、そのUE206宛ての1つまたは複数のデータ・ストリームを復元することを可能にする。UL上において、各UE206は、空間的にプリコーディングされたデータ・ストリームを送信し、それは、eNB204が、各空間的にプリコーディングされたデータ・ストリームのソースを識別することを可能にする。

0033

[0040]空間多重化は概して、チャネル条件が良好なときに使用される。チャネル条件があまり良好でないとき、1つまたは複数の方向に送信エネルギーを集中させるためにビームフォーミングが使用され得る。これは、複数のアンテナを通じた送信のためにデータを空間的にプリコーディングすることによって達成され得る。セルの端で良好なカバレッジを達成するために、単一ストリームのビームフォーミング送信が、送信ダイバーシティと組み合わせて使用され得る。

0034

[0041] 以下の詳細な説明において、アクセス・ネットワークのさまざまな態様が、DL上でOFDMをサポートするMIMOシステムに関連して説明される。OFDMは、OFDMシンボル内の多数のサブキャリアにわたってデータを変調する拡散スペクトル技術である。サブキャリアは、正確な周波数で間隔が空けられている。間隔を空けることは、受信機が、サブキャリアからのデータを復元することを可能にする「直交性(orthogonality)」を提供する。時間領域では、ガードインターバル(例えば、サイクリックプリフィックス)が、OFDMシンボル間干渉対抗するために、各OFDMシンボルに追加され得る。ULは、高いピーク対平均電力比PAPR)を補償するために、DFT拡散されたOFDM信号の形態でSC−FDMAを使用し得る。

0035

[0042]図3は、アクセス・ネットワークにおけるUE350と通信状態にあるeNB310のブロック図である。DLでは、コア・ネットワークからの上位レイヤ・パケットが、コントローラ/プロセッサ375に提供される。コントローラ/プロセッサ375は、L2レイヤの機能をインプリメントする。DLにおいて、コントローラ/プロセッサ375は、さまざまな優先度メトリックに基づいたUE350への無線リソース割当て論理チャネルトランスポート・チャネルとの間での多重化、パケット・セグメンテーションおよび並び替え、暗号化、およびヘッダ圧縮を提供する。コントローラ/プロセッサ375はまた、HARQ動作、損失パケット再送信、およびUE350へのシグナリングを担う。

0036

[0043] 送信(TX)プロセッサ316は、L1レイヤ(すなわち、物理レイヤ)のためのさまざまな信号処理機能をインプリメントする。信号処理機能は、UE350での前方誤り訂正(FEC)を容易にするためにコーディングおよびインターリーブすることと、さまざまな変調スキーム(例えば、2相位相シフトキーイング(BPSK)、4相位相シフトキーイング(QPSK)、M相位相シフトキーイング(M−PSK)、M値直交振幅変調(M−QAM))に基づいて信号コンステレーションマッピングすることとを含む。コーディングおよび変調されたシンボルはその後、並列ストリームに分けられる。各ストリームはその後、OFDMサブキャリアにマッピングされ、時間および/または周波数ドメインにおいて基準信号(例えば、パイロット)と多重化され、その後、逆高速フーリエ変換IFFT)を使用してともに組み合わされて、時間ドメインOFDMシンボル・ストリームを搬送する物理チャネルを生成する。OFDMストリームは、複数の空間ストリームを生成するために空間的にプリコーディングされる。チャネル推定器374からのチャネル推定値は、コーディングおよび変調スキームを決定するために、ならびに空間処理のために、使用され得る。チャネル推定値は、UE350によって送信されるチャネル状態フィードバックおよび/または基準信号から導出され得る。各空間ストリームはその後、別個送信機318TXを介して異なるアンテナ320に提供される。各送信機318TXは、送信のためにそれぞれの空間ストリームでRFキャリアを変調する。さらに、eNB310は、比較的小さいTTIに基づいたULL通信技術およびレガシ通信技術(例えばレガシLTEおよびULL LTE)を使用してUE350と通信およびスケジュールするように構成されたスケジューリング・コンポーネント302を含み得る。

0037

[0044] UE350において、各受信機354RXは、それのそれぞれのアンテナ352を通じて信号を受信する。各受信機354RXは、RFキャリア上に変調された情報を復元し、受信(RX)プロセッサ356にその情報を提供する。RXプロセッサ356は、L1レイヤのさまざまな信号処理機能をインプリメントする。RXプロセッサ356は、UE350に宛てられた任意の空間ストリームを復元するために情報に空間処理を行う。複数の空間ストリームがUE350に宛てられる場合、それらは、単一のOFDMシンボル・ストリームにRXプロセッサ356によって組み合わされ得る。RXプロセッサ356はその後、高速フーリエ変換FFT)を使用して時間ドメインから周波数ドメインにOFDMシンボル・ストリームを変換する。周波数ドメイン信号は、OFDM信号の各サブキャリアのために別個のOFDMシンボル・ストリームを備える。各サブキャリア上のシンボル、および基準信号は、eNB310によって送信された最も可能性の高い信号コンステレーション・ポイントを決定することによって復元および復調される。これらの軟判定は、チャネル推定器358によって計算されるチャネル推定値に基づき得る。軟判定はその後、物理チャネル上でeNB310によって当初送信されたデータおよび制御信号を復元するために、復号およびデインターリーブされる。データおよび制御信号はその後、コントローラ/プロセッサ359に提供される。

0038

[0045]コントローラ/プロセッサ359は、L2レイヤをインプリメントする。コントローラ/プロセッサは、プログラム・コードおよびデータを記憶するメモリ360に関連付けられることができる。メモリ360は、コンピュータ可読媒体と称され得る。ULにおいて、コントローラ/プロセッサ359は、コア・ネットワークからの上位レイヤ・パケットを復元するために、制御信号処理ヘッダ解凍暗号解読、パケットのリアセンブリ、トランスポート・チャネルと論理チャネルとの間での逆多重化を提供する。その後、上位レイヤ・パケットは、データ・シンク362に提供され、それは、L2レイヤより上位のすべてのプロトコル・レイヤを表す。さまざまな制御信号もまた、L3処理のためにデータ・シンク362に提供され得る。コントローラ/プロセッサ359はまた、HARQ動作をサポートするために、肯定応答ACK)および/または否定応答(NACK)プロトコルを使用する誤り検出を担う。さらに、通信コンポーネント361は、レガシ通信技術(例えばLTE)およびULL通信技術(例えばULL LTE)の通信の優先順位を決定するように構成される。

0039

[0046] ULにおいて、データ・ソース367は、コントローラ/プロセッサ359に上位レイヤ・パケットを提供するために使用される。データ・ソース367は、L2レイヤより上位のすべてのプロトコル・レイヤを表す。eNB310によるDL送信に関して説明された機能と同様に、コントローラ/プロセッサ359は、eNB310による無線リソース割当てに基づいて、論理チャネルとトランスポート・チャネルとの間での多重化、パケット・セグメント化と並べ替え、暗号化、およびヘッダ圧縮を提供することによって、ユーザ・プレーンおよび制御プレーンのためのL2レイヤをインプリメントする。コントローラ/プロセッサ359はまた、HARQ動作、損失パケットの再送信、およびeNB310へのシグナリングを担う。

0040

[0047] eNB310によって送信されたフィードバックまたは基準信号からチャネル推定器358によって導出されたチャネル推定値は、空間処理を容易にするために、および適切なコーディングおよび変調スキームを選択するために、TXプロセッサ368によって使用され得る。TXプロセッサ368によって生成された空間ストリームは、別個の送信機354TXを介して異なるアンテナ352に提供される。各送信機354TXは、送信のためにそれぞれの空間ストリームでRFキャリアを変調する。

0041

[0048] UL送信は、UE350における受信機機能に関連して説明されたのと同様の方法でeNB310において処理される。各受信機318RXは、それのそれぞれのアンテナ320を通じて信号を受信する。各受信機318RXは、RFキャリア上に変調された情報を復元し、RXプロセッサ370にその情報を提供する。RXプロセッサ370は、L1レイヤをインプリメントし得る。

0042

[0049]コントローラ/プロセッサ375は、L2レイヤをインプリメントする。コントローラ/プロセッサ375は、プログラム・コードおよびデータを記憶するメモリ376に関連付けられることができる。メモリ376は、コンピュータ可読媒体と称され得る。ULにおいて、コントローラ/プロセッサ375は、UE350からの上位レイヤ・パケットを復元するために、制御信号処理、ヘッダの解凍、暗号解読、パケットのリアセンブリ、トランスポート・チャネルと論理チャネルとの間での逆多重化を提供する。コントローラ/プロセッサ375からの上位レイヤ・パケットは、コア・ネットワークに提供され得る。コントローラ/プロセッサ375はまた、HARQ動作をサポートするために、ACKおよび/またはNACKプロトコルを使用する誤り検出を担う。

0043

[0050]図4は、ワイヤレス通信システムにおいてULL通信を管理するための、図中で左から右に延びている時間進行(time progression)を備えた、ULLタイムライン400、402の非限定的な例を示すダイヤグラムである。この例では、タイムライン400、402は、サブフレームの各シンボルにおけるシンボル持続時間のULLフレームを含む。タイムライン400、402の両方は、ULL物理ダウンリンク共有チャネル(uPDSCH)および/またはULL物理ダウンリンク制御チャネル(uPDCCH)に関わるTTIを示すシンボルと、ULL物理アップリンク共有チャネル(uPUSCH)および/またはULL物理アップリンク制御チャネル(uPUCCH)を含むTTIを示すシンボルとを、表す。タイムライン400において、14のシンボルが、(例えば通常のCPのための)所定のサブフレーム内に示されており、12のシンボルが、(例えば拡張されたCPのための)所定のサブフレーム内に示されている。どちらの場合でも、より低いレイテンシーが、シンボル・ベースのTTIを使用することによってULLにおいて達成される。他の例では、TTIが2つ以上のシンボル、(1サブフレームが2つのスロットを含む場合)1つのサブフレームの1つのスロットなどであり得ることが、理解されるべきである。さらに、HARQプロセス応答時間は、3つのシンボル(または4つのシンボル、3つの二重シンボル(dual-symbol)、3つのスロットなど)であることができる。図示されている例において、uPDCCH/uPDSCHは、シンボル0において送信され、HARQは、処理されて、サブフレームにおいてシンボル4などで送信される。

0044

[0051]図5は、レガシ通信技術に関わるレガシ・ダウンリンク送信リソース502を含む1msのサブフレーム500の非限定的な例を示す図である。レガシ・ダウンリンク送信リソース502は、例えば、LTEにおいて拡張物理ダウンリンク制御チャネル(EPDCCH:enhanced physical downlink control channel)/物理データ共有チャネル(PDSCH)に対応することができ、1つまたは複数の非DM−RS領域504と1つまたは複数のDM−RS領域506を含むことができ、ここにおいてDM−RS領域506は、DM−RS送信のために構成されたリソース要素(例えばリソース要素の連続するグループ)を含む。したがって、示されているように、ULL送信リソースは、例えば例示的なULL送信リソース510によって示されているように、レガシ・ダウンリンク送信リソース502とオーバーラップしないように割り当てられ得る。しかしながら、他の例では、ULL送信リソースは、ULL送信リソース512によって示されているように、非DM−RS領域540においてレガシ・ダウンリンク送信リソース502とオーバーラップするように割り当てられ得、または、ULL送信リソース514によって示されているように、DM−RS領域506においてレガシ・ダウンリンク送信リソース502とオーバーラップするように割り当てられ得る。これは、例えば、(短縮されたTTIに起因してULLにおいてより速いレートで割り当てが生じ得るとき)レガシ・ダウンリンク送信リソース上で送信する間にeNBがULL送信リソース514を割り当てる場合に、起こる可能性がある。

0045

[0052] それに応じてUEは、本明細書にさらに説明されるように、(例えばULL送信リソース512および514に関して)レガシ・ダウンリンク送信リソースおよびULL送信リソースがオーバーラップする場合に通信の優先順位を決定するように構成されることができる。一例では、レガシ・ダウンリンク送信リソース502およびULL送信リソース510、512または514は、所定のUEに関連し得る。かくして、UEは、レガシ・ダウンリンク送信リソース502およびオーバーラップしているULL送信リソース512または514上で受信される複数の通信の優先順位を決定するように構成されることができる。別の例では、レガシ・ダウンリンク送信リソース502およびULL送信リソース512、514は、異なるUEに関連し得、本明細書にさらに説明されるように、レガシ・ダウンリンク送信リソース502が1つまたは他のUEとの通信に対応する場合、ULL送信リソース512、514に関連する(1つまたは複数の)UEはその後、オーバーラップしているULL送信リソース512および514上で受信される複数の通信の優先順位を決定するように構成され得る。

0046

[0053]LTEにおいて、eNBは1つまたは複数の符号分割多重(CDM)グループでDM−RSを送信することができ、ここで、DM−RSがランク(例えばDM−RSを送信するために使用されるアンテナの数)に基づいて各CDMグループで多重化されることができることが、理解されるべきである。例えば、4未満のまたは4に等しいランクに関しては、eNBは、DM−RSがやがて2つの連続したOFDMシンボルにわたって拡散されるように、2つの拡散因子に基づいてDM−RSを送信することができる。4より大きいランクに関しては、例えば、eNBは、DM−RSがやがて4つの連続したOFDMシンボルにわたって拡散されるように、4つの拡散因子に基づいてDM−RSを送信することができる。

0047

[0054]図6乃至8を参照すると、複数の態様が、本明細書で説明される動作または機能を実施し得る1つまたは複数のコンポーネントおよび1つまたは複数の方法を参照して描かれる。ある態様では、本明細書で使用される「コンポーネント」という用語は、システムを構成する部分のうちの1つであり得、ハードウェアまたはソフトウェア、あるいはこれらのいくつかの組み合わせであり得、他のコンポーネントに分割され得る。図7および8において以下に説明される動作は、特定の順序で表される、および/または例示的なコンポーネントによって行われるが、動作の順序および動作を行うコンポーネントは、実装に依存して変化し得ることが理解されるべきである。さらに、以下のアクションまたは機能は、特別にプログラムされたプロセッサ、特別にプログラムされたソフトウェアを実行するプロセッサ、またはコンピュータ可読媒体によって、または説明されるアクションまたは機能を実行することができるハードウェア・コンポーネントおよび/またはソフトウェア・コンポーネントの任意の他の組み合わせによって、実行され得ることが理解されるべきである。

0048

[0055]図6は、レガシまたはULL通信の優先順位を決定するためのシステム600の例を示す。システム600は、ワイヤレス・ネットワークにアクセスするためにeNB604と通信するUE602を含み、これの例が図1乃至3において上記に説明されている(例えば、アクセス・ポイント105、eNB204、より低い電力クラスのeNB208、eNB310、UE115、206、350など)。一態様では、eNB604およびUE602は、ダウンリンク信号609を介してその上で通信するための1つまたは複数のダウンリンク・チャネルを確立し得、それは、構成された通信リソース上でeNB604からUE602に(例えばシグナル伝達で)制御および/またはデータ・メッセージを通信するために(例えばトランシーバ656を介して)eNB604によって送信され、および(例えばトランシーバ606を介して)UE602によって受信されることができる。さらに、例えば、eNB604およびUE602は、アップリンク信号608を介してその上で通信するための1つまたは複数のアップリンク・チャネルを確立し得、それは、構成された通信リソース上でUE602からeNB604に(例えばシグナリングで)制御および/またはデータ・メッセージを通信するために(例えばトランシーバ606を介して)UE602によって送信され、および(例えばトランシーバ656を介して)eNB604によって受信されることができる。本明細書にさらに説明されるように、例えば、eNB604は、UE602がeNB604とデータをリソース上で通信(例えば送信または受信)する予定であるそのリソースを示すことができるリソース・グラント680を通信し得、ここにおいてそのリソースは、説明されるように、レガシおよび/またはULL通信技術に対応することができる。例えば、ULL通信技術に関連するリソースは、ULLタイムライン(例えば、図4におけるタイムライン400、402のような、持続時間において1つのサブフレーム未満のTTIを有するタイムライン)に関わることができる。

0049

[0056] 一態様では、UE602は、例えば1つまたは複数のバス607を介して通信可能に接続され得る1つまたは複数のプロセッサおよび/または1つのメモリ605を含み得、eNB604からレガシおよび/またはULL通信技術のためのリソース・グラントを受信し且つそのリソース・グラントに基づいてリソース上で通信するための通信コンポーネント361とともに動作し得、また別の方法では通信コンポーネント361をインプリメントし得る。例えば、通信コンポーネント361に関連するさまざまな動作は、1つまたは複数のプロセッサ603によってインプリメントされ得、また別の方法では実行され得、一態様では、単一のプロセッサによって実行されることができ、一方で他の態様では、複数の動作のうちの種々の動作は、2つ以上の異なるプロセッサの組合せによって実行され得る。例えば、一態様では、1つまたは複数のプロセッサ603は、モデム・プロセッサ、またはベースバンド・プロセッサ、またはデジタル信号プロセッサ、または特定用途向け集積回路ASIC)、または送信プロセッサ受信プロセッサ、または、トランシーバ606に関連したトランシーバ・プロセッサ、のいずれか1つまたはそれらの任意の組み合わせを含み得る。さらに、例えば、メモリ605は、ランダム・アクセス・メモリ(RAM)、読み出し専用メモリ(ROM)、プログラマブルROMPROM)、消去可能なPROM(EPROM)、電気的に消去可能なPROM(EEPROM)、磁気記憶デバイス(例えば、ハード・ディスク、フロッピー・ディスク、磁気ストライプ)、光ディスク(例えば、コンパクト・ディスク(CD)、デジタル多用途ディスク(DVD))、スマートカード、フラッシュ・メモリ・デバイス(例えば、カード、スティック、キー・ドライブ)、レジスターリムーバブル・ディスク、および、コンピュータまたは1つまたは複数のプロセッサ603によってアクセスおよび読み取り可能であり得る命令、またはコンピュータ可読コード、および/またはソフトウェアを記憶するためのその他任意の適切な媒体を含む、またはこれらに限定されない非一時的なコンピュータ可読媒体であり得る。さらに、メモリ605またはコンピュータ可読記憶媒体は、1つまたは複数のプロセッサ603中に、1つまたは複数のプロセッサ603の外部に、存在し得、1つまたは複数のプロセッサ603などを含む多数のエンティティにわたって分散され得る。

0050

[0057] 特に、1つまたは複数のプロセッサ603および/またはメモリ605は、通信コンポーネント361またはそれのサブコンポーネントによって規定される動作または活動を実行し得る。例えば、1つまたは複数のプロセッサ603および/またはメモリ605は、共通のリソース上で受信される異なるTTIに基づいた第1および第2のリソースにそれぞれ関わる第1または第2の通信の優先順位を決定するかどうかを決定するための通信優先順位決めコンポーネント(communication prioritizing component)610によって規定される動作または活動を実行し得る。一態様では、例えば、通信優先順位決めコンポーネント610は、本明細書に説明される特別に構成された通信優先順位決め動作を実施するために、1つまたは複数のプロセッサ603のうちの少なくとも1つによって実行可能であり且つメモリ605に記憶されるコンピュータ可読コードまたは命令群および/またはハードウェア(例えば、1つまたは複数のプロセッサ603の1つまたは複数のプロセッサ・モジュール)を含み得る。さらに、例えば、1つまたは複数のプロセッサ603および/またはメモリ605は、第1および第2の通信がオーバーラップしている共通のリソースを決定するためのオプション共通リソース決定コンポーネント612によって規定される動作または活動を実行し得る。一態様では、例えば、共通リソース決定コンポーネント612は、本明細書に説明される特別に構成されたリソース決定動作を実施するために、1つまたは複数のプロセッサ603のうちの少なくとも1つによって実行可能であり且つメモリ605に記憶されるコンピュータ可読コードまたは命令群および/またはハードウェア(例えば、1つまたは複数のプロセッサ603の1つまたは複数のプロセッサ・モジュール)を含み得る。さらに、例えば、1つまたは複数のプロセッサ603および/またはメモリ605は、共通のリソース上の第1および第2の通信の優先順位を決定することに関わる情報を得るためのオプションの優先順位決め情報受信コンポーネントによって規定される動作または活動をオプションとして実行し得る。一態様では、例えば、優先順位決め情報受信コンポーネント614は、本明細書に説明される特別に構成された情報受信動作を実施するために、1つまたは複数のプロセッサ603のうちの少なくとも1つによって実行可能であり且つメモリ605に記憶されるコンピュータ可読コードまたは命令群および/またはハードウェア(例えば、1つまたは複数のプロセッサ603の1つまたは複数のプロセッサ・モジュール)を含み得る。

0051

[0058] 同様に、一態様では、eNB604は、例えば1つまたは複数のバス657を介して通信可能に接続され得るメモリ655および/または1つまたは複数のプロセッサ653を含み得、および、リソースにしたがってUE602および/または他のUEに関わるリソース・グラントを生成するためのスケジューリング・コンポーネント302とともに動作し得るか、また別の方法ではスケジューリング・コンポーネント302をインプリメントし得る。例えば、スケジューリング・コンポーネント302に関連するさまざまな機能は、1つまたは複数のプロセッサ653によってインプリメントされまたは別の方法では実行され得、一態様では、単一のプロセッサによって実行されることができ、一方で他の態様では、前述のように、複数の機能のうちの種々の機能が、2つ以上の異なるプロセッサの組合せによって実行され得る。一例では、1つまたは複数のプロセッサ653および/またはメモリ655は、UE602の1つまたは複数のプロセッサ603および/またはメモリ605に関して、上記の例で説明されたように構成され得ることが理解されるべきである。

0052

[0059] 一例では、1つまたは複数のプロセッサ653および/またはメモリ655は、スケジューリング・コンポーネント302またはそれのサブコンポーネントによって規定される動作または活動を実行し得る。例えば、1つまたは複数のプロセッサ653および/またはメモリ655は、1つまたは複数のUEにリソースの第1のセット(例えば第1のTTIに基づいて動作するレガシ通信技術上のリソース)を割り当てるためのレガシ・リソース割り当てコンポーネント620によって規定される動作または活動を実行し得る。一態様では、例えば、レガシ・リソース割り当てコンポーネント620は、本明細書に説明される特別に構成されたレガシ・リソース割り当て動作を実施するために、1つまたは複数のプロセッサ653のうちの少なくとも1つによって実行可能であり且つメモリ655に記憶されるコンピュータ可読コードまたは命令群および/またはハードウェア(例えば1つまたは複数のプロセッサ653の1つまたは複数のプロセッサ・モジュール)を含み得る。さらに、例えば、1つまたは複数のプロセッサ653および/またはメモリ655は、1つまたは複数のUEにリソースの第2のセット(例えば第1のTTIより短い第2のTTIに基づいて動作するULL通信技術上のリソース)を割り当てるためのULLリソース割り当てコンポーネント622によって規定される動作または活動を実行し得る。一態様では、例えば、ULLリソース割り当てコンポーネント622は、本明細書に説明される特別に構成されたULLリソース割り当て動作を実施するために、1つまたは複数のプロセッサ653のうちの少なくとも1つによって実行可能であり且つメモリ655に記憶されるコンピュータ可読コードまたは命令群および/またはハードウェア(例えば1つまたは複数のプロセッサ653の1つまたは複数のプロセッサ・モジュール)を含み得る。さらに、例えば、1つまたは複数のプロセッサ653および/またはメモリ655は、第1および第2のリソース割り当てにおいてオーバーラップするリソース上の通信の優先順位決めに関して1つまたは複数のUEに情報を示すためのオプションの通信優先順位決め指示コンポーネント624によって規定される動作または活動を実行し得る。一態様では、例えば、通信優先順位決め指示コンポーネント624は、本明細書に説明される特別な優先順位決め指示動作を実施するために、1つまたは複数のプロセッサ653のうちの少なくとも1つによって実行可能であり且つメモリ655に記憶されるコンピュータ可読コードまたは命令群および/またはハードウェア(例えば、1つまたは複数のプロセッサ653の1つまたは複数のプロセッサ・モジュール)を含み得る。

0053

[0060]トランシーバ606、656は、1つまたは複数のアンテナ、RFフロントエンド、1つまたは複数のトランスミッタ、および1つまたは複数のレシーバを通してワイヤレス信号を送信および受信するように構成され得ることが、理解されるべきである。一態様では、トランシーバ606、656は、UE602および/またはeNB604が特定の周波数で通信できるように特定の周波数で動作するように同調され得る。一態様では、1つまたは複数のプロセッサ603は、トランシーバ606を構成し得、および/または1つまたは複数のプロセッサ653は、関連するアップリンクまたはダウンリンク通信チャネル上で、それぞれ、アップリンク信号608および/またはダウンリンク信号609を通信するために、機器構成(configuration)、通信プロトコルなどに基づいて特定の周波数およびパワー・レベルで動作するようにトランシーバ656を構成し得る。

0054

[0061] 一態様では、トランシーバ606、656は、トランシーバ606、656を使用して受信および送信されるデジタル・データを処理するように、(例えば図示されていないマルチバンドマルチモード・モデムを使用して)多数の帯域(multiple bands)において動作することができる。一態様では、トランシーバ606、656は、マルチバンドであり、特定の通信プロトコルに関わる多数の周波数帯域をサポートするように構成されることができる。一態様では、トランシーバ606、656は、多数の動作ネットワークおよび通信プロトコルをサポートするように構成されることができる。かくして、例えば、トランシーバ606、656は、特定のモデム構成に基づいて信号の受信および/または送信を可能にし得る。

0055

[0062]図7は、第1のTTIに基づく第1の通信(例えばレガシ通信)、およびより短い第2のTTIに基づく第2の通信(例えばULL通信)に共通するリソースのセット上での複数の通信の(例えばUEによって)優先順位を決定するための方法700を示す。ブロック702において、UEは、第1のTTIに基づいてリソースの第1のセット上で第1の通信を受信することができる。一態様では、通信コンポーネント361(図6)は、第1のTTIに基づいてリソースの第1のセット上で第1の通信を(例えばトランシーバ606を介して)受信することができる。一例では、第1の通信は、システム情報送信、ページング送信、ランダム・アクセス送信などに関わる制御またはトラフィック・データのようなeNB604によって送信されるブロードキャスト・データに対応することができる。別の例では、第1の通信は、制御またはトラフィック・データ、基準信号などのような、UE602に関係し得るまたは関係し得ないユニキャスト・データに対応することができる。特定の例では、第1の通信は、1つまたは複数のDM−RSシンボル、レガシ通信技術(例えばLTE)のPDSCH/EPDCCHおよび/または類似のものに対応することができる。eNB604は、本明細書にさらに説明されるようにeNB604から通信を受信するためにUE602に第1および/または第2のリソースを割り当てることができることが、理解されるべきである。

0056

[0063]ブロック704において、UEは、第2のTTIに基づいてリソースの第2のセット上で第2の通信を受信することができ、ここにおいて第2のTTIは第1のTTIより小さく、リソースの第2のセットはリソースの共通のセットを規定するリソースの第1のセットとオーバーラップする。一態様では、通信コンポーネント361は、第2のTTIに基づいてリソースの第2のセット上で第2の通信を(例えばトランシーバ606を介して)同様に受信することができ、ここにおいて第2のTTIは第1のTTIより小さく、リソースの第2のセットはリソースの共通のセットを規定するリソースの第1のセットとオーバーラップする。一例では、第2の通信は、第1の通信のレガシ通信技術より小さいTTIを有するULL通信技術(例えばULLLTE)の制御またはトラフィック・データに対応することができる。一例では、第1のTTIは、(例えば、第1の通信がLTEに関わる場合)持続時間において1つのサブフレームであることができ、第2のTTIは、持続時間において1つのシンボル、2つのシンボル、1つのスロットなどであることができる。説明されるように、リソースの第1および第2のセットは、例えば、リソースの第1のセットがレガシ・ダウンリンク送信リソース502におけるリソースに対応することができ、リソースの第2のセットがULL送信リソース512または514のうちの1つまたは複数におけるリソースに対応することができる場合、図5に示されているようにオーバーラップし得る。

0057

[0064] したがって、ブロック706において、UEは、第2の通信よりも第1の通信の復号を優先させるかどうかを決定することができる。一態様では、通信優先順位決めコンポーネント610は、第2の通信よりも第1の通信の復号を優先させるかどうかを決定することができる。これは、第1および第2の通信の間でリソースの共通のセットを決定する共通リソース決定コンポーネント612と、共通のリソースの特定の態様を決定する通信優先順位決めコンポーネント610とを含むことができる。例えば、共通リソース決定コンポーネント612は、eNB604からリソースの第2のセットおよび/またはリソースの第1のセットに関わる割り当て情報を受信することと、リソースの第1および第2のセットの間でオーバーラップするリソースを決定することとに少なくとも部分的に基づいて、リソースの共通のセットを決定し得る。一例では、UE602は、ULL通信技術において第2の通信を受信するためにリソースの第2のセットによって構成されることができ、第1の通信に関わるリソースの第1のセットを決定するためにレガシ通信技術に関わる制御データにおいて通信を受信することができる。例えば、共通リソース決定コンポーネント612は、リソースの第1のセットに関連するeNB604からの物理ダウンリンク制御チャネル(PDCCH)を受信することができ、それは、(例えば、PDSCH/PDCCHのようなユニキャスト・データ、ブロードキャスト・データなどに関わる)リソースの第1のセットの利用を規定することができる。したがって、通信優先順位決めコンポーネント610は、リソースの共通のセットを検知する共通リソース決定コンポーネント612に少なくとも部分的に基づいて通信の優先順位を決めることを決定することができる。

0058

[0065] さらに、一例では、通信優先順位決めコンポーネント610は、リソースの共通のセットの1つまたは複数の態様に基づいて第1または第2の通信の優先順位を決めることができる。例えば、ブロック708において、UEは、リソースの共通のセットにおけるリソースの第1のセットが、ブロードキャスト・データに対応し、DM−RSリソースを含み、EPDCCHを含み、または特定のMCS、リソース割り当てサイズ、またはレイヤの数に対応するデータを含む、かどうかをオプションとして決定することができる。一例では、共通リソース決定コンポーネント612は、リソースの共通のセットにおけるリソースの少なくとも第1のセットが、ブロードキャスト・データに対応し、DM−RSリソースを含み、EPDCCHを含み、または特定のMCS、リソース割り当てサイズ、または多数のレイヤに対応するデータを含む、かどうかを決定し得る。例えば、通信優先順位決めコンポーネント610は、共通リソース決定コンポーネント612による決定に基づいて第1の通信または第2の通信の優先順位を決めるかどうかを決定するために構成され得る。一例では、その決定は、eNB604または別のネットワーク・ノードから受信される構成または他の情報、またはUE602のメモリに記憶される構成などにさらに基づくことができ、それは、リソースの共通のセットにおけるリソースの第1のセットの関連するコンテンツに基づいて第1または第2の通信の優先順位をいつ決めるべきかを規定する。具体例では、共通の優先順位決めコンポーネント610は、リソースの共通のセットにおけるリソースの第1のセットが、ブロードキャスト・データに対応することと、DM−RSリソースを含むことと、EPDCCHを含むことと、または特定のMCS、リソース割り当てサイズ、または多数のレイヤに対応するデータを含むこととのうちの1つである場合に、リソースの共通のセット上で受信される複数の通信を復号するときに第1の通信の受信を優先させ得る。同様に、通信優先順位決めコンポーネント610は、別の方法では、リソースの共通のセット上で受信される複数の通信を復号するときに第2の通信の受信を優先させ得る。

0059

[0066] 例えば、通信優先順位決めコンポーネント610は、リソースの共通のセットにおけるリソースの第1のセットがブロードキャスト・データに対応するかどうかを決定することができる。例えば、UE602は、(例えばeNB604からPDCCHを復号することに基づいて)レガシ・ブロードキャスト・チャネルと、(例えばULLチャネルに対応するリソースの第2のセットの割り当てを受信することに基づいて)ULLチャネルとの両方を認識することができる。一例では、通信コンポーネント361は、ブロードキャスト・データがリソースの第1のセットに存在するかどうか決定するために、UE602の無線ネットワーク一時的識別子(RNTI:radio network temporary identifier)(例えば、システム情報(SI)−RNTI、ページング(P)−RNTI、ランダム・アクセス(RA)−RNTIなど)に対応するPDCCHを復号することができる。そうであれば、共通リソース決定コンポーネント612は、リソースの第1のセットがリソースの第2のセット上で第2の通信(例えばULLデータ)とオーバーラップするかどうかを決定することができ、ここで、オーバーラップするリソースがリソースの共通のセットを規定する。オーバーラップがある場合、通信優先順位決めコンポーネント610は、第2の通信を受信する代わりに、少なくともリソースの通信のセットにおいてブロードキャスト・データの受信を優先させることを決定することができる。この例では、通信優先順位決めコンポーネント610は、オーバーラップしないリソースの第2のセットの残りのリソースにおいて、第2の通信を受信することを決定し得る。どちらの場合においても、この点でブロードキャスト・データの優先順位を決定することは、UE602が、ULLデータより重大であり(more critical)得るeNB604からのブロードキャスト・データを受信することを確実にすることができる。

0060

[0067] 別の例では、通信優先順位決めコンポーネント610は、リソースの共通のセットにおけるリソースの第1のセットが、DM−RS送信に関わるDM−RSリソースに対応するか、また別の方法ではレガシ通信技術において1つまたは複数のDM−RS送信を含むか、どうかを決定することができる。これは、レガシ通信技術においてDM−RSを送信するために保有されるリソースのDM−RS領域(例えば図5におけるDM−RS領域506)を含むかこれに関連するとしてリソースの第1のセットを決定する通信コンポーネント361を含むことができ、それは、リソースの領域上でDM−RSを復号することに部分的に基づき得、またこれは、(例えばeNB604、または別のネットワーク・エンティティから受信されるDM−RS構成において)eNB604からのDM−RS送信のために使用されるDM−RS領域内での実際のリソース要素の指示を受信する優先順位決め情報受信コンポーネント614を含むことができ、それは、レガシ通信などを復号するときにDM−RSの周りでレート・マッチする(rate matching around)ためのDM−RS構成を含むことができる。DM−RSリソースがULLデータ・リソースによってオーバーラップされる場合、DM−RSのうちの1つのスロットがパンクチャードされる(punctured)と、4未満のまたは4に等しいランクに関わるDM−RSに基づいてレガシ・チャネルを復号することが可能になり得る。しかしながらDM−RSの両方のスロットがパンクチャードされる場合に、DM−RSが有効に処理され得ないとき、レガシ・チャネルを復号することが不可能になり得る。

0061

[0068] いかなる場合でも、UE602は、(例えば、ULLチャネルに対応するリソースの第2のセットの割り当てを受信することに基づいて)ULLチャネルと、(例えばリソースの第1のセット上の)レガシ通信技術において(DM−RS関連のリソースと称される)DM−RS送信のために使用または保有されるリソースを認識することができる。したがって、共通リソース決定コンポーネント612は、DM−RS関連のリソースがリソースの第2のセット上で第2の通信(例えばULLデータ)とオーバーラップするかどうかを決定することができ、ここで、オーバーラップされたリソースはリソースの共通のセットを規定することができる。オーバーラップされたULLリソースの例は、DM−RS領域506とオーバーラップするULL送信リソース514として、図5に示されている。共通のリソースのセットにおいてオーバーラップがある場合、通信優先順位決めコンポーンネント610は、第2の通信を受信する代わりに、リソースの少なくとも共通のセットにおいて(例えばDM−RS関連のリソース上で)第1の通信の受信を優先させることを決定することができる。この例では、通信優先順位決めコンポーネント610は、リソースの第2のセットの残りのリソースにおいて第2の通信を受信することを決定し得る。

0062

[0069] より具体的な例では、通信優先順位決めコンポーネント610は、DM−RSがその上で送信されるリソースの共通のセット内の特定のリソース上で第1の通信を受信することを、および/またはリソースの共通のセット上で第1の通信の受信を、優先させることを決定することができる。例えば、通信優先順位決めコンポーネント610は、レガシ通信技術におけるDM−RSシンボルに対応するリソースの共通のセット上で第1の通信の受信を優先させることを決定することができ、それは、DM−RSがその上で送信される特定のリソース要素などに対応する。一例では、優先順位決め情報受信コンポーネント614は、どのシンボルにおけるどのリソース要素が(例えばeNB604からのDM−RS構成において)DM−RS送信を含むかの指示を受信し得る。したがって、通信優先順位決めコンポーネント610は、DM−RSがその上で送信されるシンボル内の特定のリソース要素上で、またはシンボル以外のリソースの共通のセット内のリソース要素上で、第2の通信を受信すること、および/または、リソースの共通のセットの外部においてリソースの第2のセット上で第2の通信の受信を、優先させることを決定することができる。さらに別の例では、通信優先順位決めコンポーネント610は、DM−RSがその上で送信されるリソースの共通のセット内の特定のリソース要素のただ1つまたはほんの一部上での第1の通信の受信を優先させることを決定することができ、したがって、通信優先順位決めコンポーネント610は、リソースの共通のセットにおける残りのリソース要素において第2の通信を受信することを決定することができる。

0063

[0070] 別の例では、リソースの第1のセットが、ブロードキャスト・データに関連しないおよびDM−RSを含まない場合(例えば、非DM−RS領域におけるリソース)、通信優先順位決めコンポーネント610は、リソースの共通のセットにおけるリソースの第1のセットが、特定のMCS、リソース割り当てサイズ、またはレイヤの数に対応するデータ、またはEPDCCHを含むかどうかを決定することができ、それは、いくつかの例では、より高い優先度を与えられることができる。これは、リソースの第1のセットがEPDCCH、特定のMCS、特定の、リソース割り当てサイズ、またはレイヤの特定の数を含むかどうかを決定するためにリソースの第1のセットに対応するeNB604からのPDCCHを復号する通信コンポーネント361を含むことができる。例えば、より高いMCS(例えば1つまたは複数の特定のMCSに対応する、またはしきい値MCSに達するMCS)を有するデータ、リソース割り当てサイズ(例えば1つまたは複数の特定の割り当てサイズに対応する、またはしきい値の割り当てサイズに達するリソース割り当てサイズ)、またはレイヤの数(例えば、レイヤの1つまたは複数の特定の数に対応する、またはレイヤのしきい値の数に達するレイヤの数)は、リソース有用性に影響を受けやすいデータを示し得る。一例として、高いコーディングサイズ(例えば>0.5)をもたらすリソース割り当てサイズおよびMCSの組合せは、割り当てられたリソースのいくつかが再割り当てされ、かくして使用不能となる(become unavailable)場合に、リソース有用性に影響を受けやすくなり得る。別の例として、2つ以上のレイヤを有するデータ送信は、同様に取って代わられるリソースに、より影響を受けやすい。かくして、例えばこれらの場合には、通信優先順位決めコンポーネント610は、データの受信を確実にすることを助けるためにこのデータを優先することを決定することができる。したがって、共通リソース決定コンポーネント612は、EPDCCHを含むまたは特定のMCS、リソース割り当てサイズ、またはレイヤの数に関連する第1のリソースが、リソースの第2のセット上で第2の通信(例えばULLデータ)とオーバーラップするかどうかを決定することができ、それは、リソースの共通のセットを規定することができる。共通のリソースのセットにおいてオーバーラップがある場合、通信優先順位決めコンポーネント610は、第2の通信の代わりに、リソースの少なくとも共通のセットにおいて第1の通信(例えば、特定のMCS、リソース割り当てサイズ、レイヤの数などを有するデータ、またはEPDCCH)の受信を優先させることを決定することができる。この例では、通信優先順位決めコンポーネント610は、リソースの第2のセットの残りのリソースにおいて第2の通信を受信することを決定し得る。

0064

[0071] 上述の例では、共通リソース決定コンポーネント612が、リソースの第1のセットが特定の送信に関連することが決定されたあとにリソースの共通のセットが存在するかどうかを決定することが、説明されている。しかしながら、リソースの第1のセットが特定の送信に関連するかどうかを決定する前に、共通リソース決定コンポーネント612が共通のリソースを決定することができることが、理解されるべきである。この例では、共通リソース決定コンポーネント612がリソースの第2のセットとオーバーラップするリソースを検知しない場合、リソースの第1のセット上に生じる送信に関する決定は、行われる必要が無い。

0065

[0072] さらに、通信優先順位決め指示コンポーネント624が通信優先順位決めコンポーネント610の上述の機能を構成することができ、それを、優先順位決め情報受信コンポーネント614が受信することができ、通信優先順位決めコンポーネント610がUE602に与えられたリソース上で上述の通信の優先順位決めを提供するときに使用することができることが、理解されるべきである。この点について、スケジューリング・コンポーネント302は、リソースの第1のセット上で第1の通信を、およびリソースの第2のセット上で第2の通信を送信することができ、同時に、UE602が上述の構成にしたがって適切な通信を受信するのを容易にするようにリソースの共通のセット上での送信のために第1または第2の通信を選択する。

0066

[0073] 別の例では、UE602は、エラー事象としてオーバーラップしたリソースの第1および第2のセットのケースを処理し得る。言い換えると、UE602は、リソースの共通のセットを使用して第1の通信および第2の通信を受信することを期待され得ない。この場合、共通リソース決定コンポーネント612が第1の通信および第2の通信に関わるオーバーラップした送信を検知する場合、通信コンポーネント361は、2つの通信のうちの少なくとも1つを捨てる(discard)ことができる。捨てることは、上述のものに類似したいくつかのルールに依存することができ、それは、(例えばeNB604または別のネットワーク・エンティティによって)UE602において構成され得、または別の方法では、UEなどにおける関連した構成において記憶され得る。

0067

[0074] 例えば、さらに、通信コンポーネント361は、リソースの共通のセット上で第1の通信および第2の通信を同時に受信し得、それぞれの通信を復号するときに干渉除去を実施することができる。さらに、一例では、通信コンポーネント361は、リソースの共通のセットにはないリソースの第1および第2のセット上で第1の通信および第2の通信を同時に受信し得る。かくして、例えば、共通リソース決定コンポーネント612が第1および第2の通信の間で共通のリソースを決定しない場合、通信コンポーネント361は、通信優先順位決めコンポーネント610による優先順位決めなしで第1および第2の通信の両方を受信および復号することができる。

0068

[0075]オプションの態様では、ブロック710において、UEは、決定された優先順位決めに基づいて第1の通信または第2の通信の少なくとも一部分を復号し得る。一例では、通信コンポーネント361は、復号を支援し得る。

0069

[0076] 別の例では、リソースの第1または第2のセットは、異なるUEに対応し得、かくして1つのUEは、リソースが他のUEに割り当てられたリソースとオーバーラップしていることを認識しない可能性がある。図8は、オーバーラップを防ぐために、および/または、通信の優先順位を決めることに関連した情報を(1つまたは複数の)UEに提供するために、リソース割り当てを(例えばeNBによって)管理するための方法800を示す。ブロック802において、eNBは、第1のTTIにしたがって第1の通信を送信するためにリソースの第1のセットを割り当てることができ、ブロック804において、eNBは、第2のTTIにしたがって第2の通信を送信するためのリソースの第2のセットを割り当てることができ、ここで、第2のTTIが第1のTTIより小さい。一態様では、レガシ・リソース割り当てコンポーネント620(図6)は、第1のTTIにしたがって第1の通信を送信するためにリソースの第1のセットを割り当てることができ、ULLリソース割り当てコンポーネント622は、第2のTTIにしたがって第2の通信を送信するためにリソースの第2のセットを割り当てることができる。説明されているように、第1のTTIは、(例えば第1の通信がLTEに関連する場合に)持続時間において1つのサブフレームであることができ、第2のTTIは、持続時間において1つのシンボル、2つのシンボル、1つのスロットなどであることができる。さらに、リソースの第1のセットおよびリソースの第2のセットは、同じまたは異なるUEに対応し得る。いずれの場合においても、ULLリソース割り当てコンポーネント622は、リソースの第2のセットを割り当てるときにリソースの第1のセットとオーバーラップすることを防ぐように試み得、および/または逆の場合も同様であり得る。

0070

[0077] しかしながら、例えば、オーバーラップを完全に防ぐことは、いくつかの場合において不可能であるか、起こり得ないことであり得る。一例では、ULLリソース割り当てコンポーネント622は、パンクチャリングにあまり影響を受けない1つまたは複数のチャネルに関連するとしてリソースの第1のセットを決定することによってリソースの第1のセットとオーバーラップする共通のリソースのセット内のリソースの第2のセットを割り当てることを試み得る。例えば、ULLリソース割り当てコンポーネント622は、ULL通信を容易にするようにUE602に割り当てるために、しきい値を下回るMCS、リソース割り当てサイズ、レイヤの数などのような、特定のMCS、リソース割り当てサイズ、レイヤの数などを有するレガシ・ワイヤレス技術におけるチャネルに関連したリソースの第2のセットを決定し得る。別の例では、ULLリソース割り当てコンポーネント622は、DM−RS送信との干渉を防ぐ(または少なくとも、DM−RSのすべてのシンボルとオーバーラップすることを防ぐ)ように、非DM−RS領域におけるリソースの第1のセットとオーバーラップする共通のリソースのセット内のリソースの第2のセットを割り当てるように試み得る。

0071

[0078] これらの例のまたは他の例では、ブロック806において、eNBは、リソースの第1または第2のセットの少なくとも一部分上で受信される通信の優先順位決めに関して、UEに1つまたは複数のパラメータをオプションとして示し得る。一態様では、通信優先順位決め指示コンポーネント624は、オーバーラップされたリソースの第1または第2のセットの少なくとも一部分上で受信される複数の通信の優先順位決めに関して、UE602に1つまたは複数のパラメータを示すことができる。優先順位決め情報受信コンポーネント614は、指示を受信することができ、したがって通信優先順位決めコンポーネント610は、指示に少なくとも部分的に基づいて第1または第2のリソース上の複数の通信の優先順位を決めることができる。例えば、指示は、リソースの第1のセットに関わる(例えばuPDCCH割り当てのための)リソースの第2のセットにおけるリソースの使用不能(resource unavailability)を示し得(例えばリソースの第2のセット上の通信に関わるリソースの第2のセットの少なくとも一部分のパンクチャリング、それは、別のUEに関わり得る)、かくして、通信優先順位決めコンポーネント610は、指示に基づいて、説明されたように、リソースの第1のセットとオーバーラップし得るリソースの第2のセットの少なくとも一部分において第2の通信を受信しないことを決定することができる。例えば、指示は、ULLUEによって処理されることができる1つまたは複数のuPDCCHを含み得る。別の例では、リソースの第1のセットは、(例えば異なるUEのために)DM−RSがその上で送信される1つまたは複数のREを含み得る。この例では、指示は、DM−RSシンボル、DM−RSリソース要素を規定し得、また別の方法では、(例えば、DM−RS REがリソースの第1のセットにおいてレガシ送信とオーバーラップし得る場合に)割り当てられたリソース・ブロックにおいてDM−RSREの周りで第2の通信のためのレート・マッチを実施するかどうかに関連し得る。この例では、したがって、通信優先順位決めコンポーネント610は、指示に基づいて第2の通信を復号するときに関連したDM−RS REの周りでレート・マッチするかどうかを決定することができる。

0072

[0079]ブロック808において、eNBは、ダウンリンク制御チャネル上でリソースの第1のセットに対応する第1のリソース・グラントを送信し得、ブロック810において、ダウンリンク制御チャネル上でリソースの第2のセットに対応する第2のリソース・グラントを送信し得る。一態様では、スケジューリング・コンポーネント302は、(例えば1つまたは複数のUEに、)ダウンリンク制御チャネル上でリソースの第1のセットに対応する第1のリソース・グラント(例えばリソース・グラント680)を送信することができ、(例えば1つまたは複数のUEまたは1つまたは複数の異なるUEに、)ダウンリンク制御チャネル上でリソースの第2のセットに対応する第2のリソース・グラント(例えばリソース・グラント680)を送信することができる。一例では、スケジューリング・コンポーネント302がリソースの割り当てられた第1のセット上で第1の通信を送信する間に、ULLリソース割り当てコンポーネント622は、(例えばブロック804において)リソースの第2のセットを割り当てることができる。この状況は、図5において説明されたオーバーラップするリソースの原因となり得る、ULLリソースの計画割り当てを可能にさせない。

0073

[0080] 開示された処理におけるステップの特定の順序または階層は、例示的なアプローチの一例であることが理解される。設計の選好に基づいて、処理におけるステップの特定の順序または階層は再配置され得ることが理解される。さらに、いくつかのステップは、組み合わされ得るか、または省略され得る。添付の方法の請求項は、サンプルの順序でさまざまなステップの要素を提示しており、提示された特定の順序または階層に限定されるようには意図されない。

0074

[0081] 先の説明は、いかなる当業者であっても、本明細書で説明されたさまざまな態様を実施することを可能にするために提供される。これらの態様へのさまざまな修正は、当業者にとって容易に明らかとなり、本明細書に定義された包括的な原理は、他の態様に適用され得る。かくして、特許請求の範囲は、本明細書に示された態様に限定されるように意図されてはいないが、特許請求の範囲の文言と一致する全範囲を付与されるべきであり、ここにおいて、単数形での要素への言及は、そうであると具体的に記載されない限り、「1つおよび1つのみ」を意味するようには意図されず、むしろ「1つまたは複数」を意味する。そうでないと具体的に記載されない限り、「いくつかの」という用語は、1つまたは複数を指す。当業者に知られているか、または後に知られることとなる、本明細書に説明されたさまざまな態様の要素と構造的および機能的に同等な物は全て、参照によって本明細書に明確に組み込まれ、特許請求の範囲によって包含されるように意図される。その上、本明細書のどの開示も、そのような開示が特許請求の範囲中に明示的に記載されているかどうかにかかわらず、公に献呈されるようには意図されていない。要素が「〜のための手段」というフレーズを使用して明確に記載されていない限り、どの請求項の要素もミーンズ・プラスファンクションとして解釈されるべきではない。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】ビーム回復手順の実施が想定される場合に、RLMを適切に制御すること。本発明の一態様に係るユーザ端末は、仮想の下り制御チャネルに関する情報を受信する受信部と、前記情報に基づいて、下り制... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】同期信号ブロックを利用する無線通信システムにおいて制御チャネルの設定領域の情報を適切に通知するために、本発明のユーザ端末の一態様は、制御リソースセットの構成を示す所定ビット情報を含む... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 端末、無線通信方法及び基地局」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】マルチキャリア波形を有するUL信号を適切に送信するために、ユーザ端末は、連続する周波数リソースにわたるマルチキャリア波形を有する上り信号を、上り共有チャネルを用いて送信する送信部と、... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ