図面 (/)

技術 ノイズフィルタ及びワイヤハーネス

出願人 矢崎総業株式会社
発明者 塚本真史豊田涼馬山田邦彦坪慧吾
出願日 2018年9月19日 (2年2ヶ月経過) 出願番号 2018-175138
公開日 2020年3月26日 (7ヶ月経過) 公開番号 2020-048076
状態 未査定
技術分野 フィルタ・等化器 接触部材の形状・材質及び接続の絶縁 接続箱
主要キーワード ノイズ低減素子 周壁体 押圧構造 設置対象物 ノイズ低減性能 立て壁 組付け体 組付け動作
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年3月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (17)

課題

中間電線の影響を排除すること。

解決手段

フィルタ回路10は、併走させた第1電線WE1及び第2電線WE2の間でこれらの配列方向に沿って配置されるノイズ低減素子11と、第1電線の中間接続部WEa1に組み付けられた第1回路接続部材12と、第2電線の中間接続部WEa2に組み付けられた第2回路接続部材13と、を備え、フィルタ回路と第1電線及び第2電線との間の電気接続状態を保持する保持構造30は、第1電線及び第2電線の軸線方向に沿う押圧力で第1回路接続部材12の第1回路側接点12bと第2回路接続部材13の第2回路側接点13bの内の少なくとも一方をノイズ低減素子に押し付けて、軸線方向での第1回路側接点と第2回路側接点とによるノイズ低減素子の挟持状態を保持して、これらの間のそれぞれの電気接続状態を保持する押圧構造として構成すること。

概要

背景

従来、電線に乗った電気的なノイズを低減させるべく、そのノイズ低減対象電線にノイズフィルタ介装させる、という技術が知られている。そのノイズフィルタは、コンデンサ等のノイズ低減素子が設けられたフィルタ回路を備えており、そのフィルタ回路をノイズ低減対象電線とアース端子との間に介在させている。この種のノイズフィルタについては、例えば、下記の特許文献1及び2に開示されている。

概要

中間電線の影響を排除すること。フィルタ回路10は、併走させた第1電線WE1及び第2電線WE2の間でこれらの配列方向に沿って配置されるノイズ低減素子11と、第1電線の中間接続部WEa1に組み付けられた第1回路接続部材12と、第2電線の中間接続部WEa2に組み付けられた第2回路接続部材13と、を備え、フィルタ回路と第1電線及び第2電線との間の電気接続状態を保持する保持構造30は、第1電線及び第2電線の軸線方向に沿う押圧力で第1回路接続部材12の第1回路側接点12bと第2回路接続部材13の第2回路側接点13bの内の少なくとも一方をノイズ低減素子に押し付けて、軸線方向での第1回路側接点と第2回路側接点とによるノイズ低減素子の挟持状態を保持して、これらの間のそれぞれの電気接続状態を保持する押圧構造として構成すること。

目的

本発明は、中間電線の影響を受けることのないノイズフィルタ及びワイヤハーネスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

併走させた第1電線及び第2電線の間に介装させるフィルタ回路と、前記フィルタ回路並びに前記第1電線及び前記第2電線を収容する筐体と、前記フィルタ回路と前記第1電線及び前記第2電線との間の電気接続状態を保持する保持構造と、を備え、前記フィルタ回路は、前記第1電線及び前記第2電線の間で前記第1電線及び前記第2電線の配列方向に沿って配置されるノイズ低減素子と、前記第1電線の芯線中間接続部に組み付けられた導電性の第1回路接続部材と、前記第2電線の芯線の中間接続部に組み付けられた導電性の第2回路接続部材と、を備え、前記第1回路接続部材は、前記第1電線の前記芯線の前記中間接続部に対して物理的且つ電気的に接続させた電線側接続部と、前記ノイズ低減素子の第1接続部に対して前記第1電線及び前記第2電線の軸線方向に沿って接触させて電気接続させる第1回路側接点と、を有し、前記第2回路接続部材は、前記第2電線の前記芯線の前記中間接続部に対して物理的且つ電気的に接続させた電線側接続部と、前記ノイズ低減素子の第2接続部に対して前記軸線方向に沿って接触させて電気接続させる第2回路側接点と、を有し、前記保持構造は、前記軸線方向に沿う押圧力で前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の少なくとも一方を前記ノイズ低減素子に押し付けて、前記軸線方向での前記第1回路側接点と前記第2回路側接点とによる前記ノイズ低減素子の挟持状態を保持して、前記第1回路側接点と前記ノイズ低減素子の前記第1接続部との間及び前記第2回路側接点と前記ノイズ低減素子の前記第2接続部との間のそれぞれの電気接続状態を保持する押圧構造であることを特徴としたノイズフィルタ

請求項2

前記保持構造を前記筐体に設け、前記保持構造は、前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の一方に作用させた前記軸線方向の押圧力で前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の前記一方を前記ノイズ低減素子に押し付ける押圧体と、前記ノイズ低減素子を介して前記押圧体の前記押圧力が作用している前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の他方を前記軸線方向で係止して前記押圧力を受ける係止体と、を備えることを特徴とした請求項1に記載のノイズフィルタ。

請求項3

前記保持構造を前記筐体に設け、前記保持構造は、前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の一方に作用させた前記軸線方向の押圧力で前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の前記一方を前記ノイズ低減素子に押し付ける第1押圧体と、前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の他方に作用させた前記軸線方向の押圧力で前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の前記他方を前記ノイズ低減素子に押し付ける第2押圧体と、を備えることを特徴とした請求項1に記載のノイズフィルタ。

請求項4

前記フィルタ回路は、前記軸線方向で間隔を空けて互いの前記第1接続部を対向配置させた2つの前記ノイズ低減素子を備え、前記第1回路側接点は、2つの前記ノイズ低減素子のそれぞれの前記第1接続部の間に配置し、前記第2回路接続部材は、前記軸線方向で2つの前記ノイズ低減素子を挟み込む2つの前記第2回路側接点を有し、2つの前記第2回路側接点は、各々、弾性変形不能な基部と、前記軸線方向で対向配置されている前記ノイズ低減素子の前記第2接続部に接触させて電気接続させる接点部と、を有し、それぞれの前記接点部は、各々、前記基部に対する前記軸線方向の弾性変形が可能な弾性接点部として形成されたものであり、前記軸線方向で対向配置されている前記ノイズ低減素子とは逆側に弾性変形させ、かつ、その弾性変形に伴う反力を前記軸線方向の押圧力として対向配置状態の前記ノイズ低減素子の前記第2接続部に作用させるものとして形成及び配置して、前記保持構造として利用することを特徴とした請求項1に記載のノイズフィルタ。

請求項5

第1電線及び第2電線を含む幹線と、ノイズ成分を低減させるノイズフィルタと、を備え、前記ノイズフィルタは、併走させた前記第1電線及び前記第2電線の間に介装させるフィルタ回路と、前記フィルタ回路並びに前記第1電線及び前記第2電線を収容する筐体と、前記フィルタ回路と前記第1電線及び前記第2電線との間の電気接続状態を保持する保持構造と、を備え、前記フィルタ回路は、前記第1電線及び前記第2電線の間で前記第1電線及び前記第2電線の配列方向に沿って配置されるノイズ低減素子と、前記第1電線の芯線の中間接続部に組み付けられた導電性の第1回路接続部材と、前記第2電線の芯線の中間接続部に組み付けられた導電性の第2回路接続部材と、を備え、前記第1回路接続部材は、前記第1電線の前記芯線の前記中間接続部に対して物理的且つ電気的に接続させた電線側接続部と、前記ノイズ低減素子の第1接続部に対して前記第1電線及び前記第2電線の軸線方向に沿って接触させて電気接続させる第1回路側接点と、を有し、前記第2回路接続部材は、前記第2電線の前記芯線の前記中間接続部に対して物理的且つ電気的に接続させた電線側接続部と、前記ノイズ低減素子の第2接続部に対して前記軸線方向に沿って接触させて電気接続させる第2回路側接点と、を有し、前記保持構造は、前記軸線方向に沿う押圧力で前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の少なくとも一方を前記ノイズ低減素子に押し付けて、前記軸線方向での前記第1回路側接点と前記第2回路側接点とによる前記ノイズ低減素子の挟持状態を保持して、前記第1回路側接点と前記ノイズ低減素子の前記第1接続部との間及び前記第2回路側接点と前記ノイズ低減素子の前記第2接続部との間のそれぞれの電気接続状態を保持する押圧構造であることを特徴としたワイヤハーネス

技術分野

0001

本発明は、ノイズフィルタ及びワイヤハーネスに関する。

背景技術

0002

従来、電線に乗った電気的なノイズを低減させるべく、そのノイズ低減対象電線にノイズフィルタを介装させる、という技術が知られている。そのノイズフィルタは、コンデンサ等のノイズ低減素子が設けられたフィルタ回路を備えており、そのフィルタ回路をノイズ低減対象電線とアース端子との間に介在させている。この種のノイズフィルタについては、例えば、下記の特許文献1及び2に開示されている。

先行技術

0003

特開2006−100061号公報
特開2012−039201号公報

発明が解決しようとする課題

0004

ところで、従来のノイズフィルタは、ノイズ低減対象電線とフィルタ回路との間を別の中間電線で繋いでいる。例えば、上記特許文献1のノイズフィルタは、幹線のノイズ低減対象電線から分岐させた2本の分岐電線に対してフィルタ回路を電気的に接続して、そのノイズ低減対象電線に乗っているノイズ成分を低減させている。このため、従来のノイズフィルタは、その分岐電線などのような中間電線に乗ってしまうノイズ成分をも考慮に入れて、フィルタ回路特性(共振点ノイズ低減性能等)の調整を行う必要がある。

0005

そこで、本発明は、中間電線の影響を受けることのないノイズフィルタ及びワイヤハーネスを提供することを、その目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上記目的を達成する為、本発明に係るノイズフィルタは、併走させた第1電線及び第2電線の間に介装させるフィルタ回路と、前記フィルタ回路並びに前記第1電線及び前記第2電線を収容する筐体と、前記フィルタ回路と前記第1電線及び前記第2電線との間の電気接続状態を保持する保持構造と、を備え、前記フィルタ回路は、前記第1電線及び前記第2電線の間で前記第1電線及び前記第2電線の配列方向に沿って配置されるノイズ低減素子と、前記第1電線の芯線中間接続部に組み付けられた導電性の第1回路接続部材と、前記第2電線の芯線の中間接続部に組み付けられた導電性の第2回路接続部材と、を備え、前記第1回路接続部材は、前記第1電線の前記芯線の前記中間接続部に対して物理的且つ電気的に接続させた電線側接続部と、前記ノイズ低減素子の第1接続部に対して前記第1電線及び前記第2電線の軸線方向に沿って接触させて電気接続させる第1回路側接点と、を有し、前記第2回路接続部材は、前記第2電線の前記芯線の前記中間接続部に対して物理的且つ電気的に接続させた電線側接続部と、前記ノイズ低減素子の第2接続部に対して前記軸線方向に沿って接触させて電気接続させる第2回路側接点と、を有し、前記保持構造は、前記軸線方向に沿う押圧力で前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の少なくとも一方を前記ノイズ低減素子に押し付けて、前記軸線方向での前記第1回路側接点と前記第2回路側接点とによる前記ノイズ低減素子の挟持状態を保持して、前記第1回路側接点と前記ノイズ低減素子の前記第1接続部との間及び前記第2回路側接点と前記ノイズ低減素子の前記第2接続部との間のそれぞれの電気接続状態を保持する押圧構造であることを特徴としている。

0007

ここで、前記保持構造を前記筐体に設け、前記保持構造は、前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の一方に作用させた前記軸線方向の押圧力で前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の前記一方を前記ノイズ低減素子に押し付ける押圧体と、前記ノイズ低減素子を介して前記押圧体の前記押圧力が作用している前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の他方を前記軸線方向で係止して前記押圧力を受ける係止体と、を備えることが望ましい。

0008

また、前記保持構造を前記筐体に設け、前記保持構造は、前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の一方に作用させた前記軸線方向の押圧力で前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の前記一方を前記ノイズ低減素子に押し付ける第1押圧体と、前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の他方に作用させた前記軸線方向の押圧力で前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の前記他方を前記ノイズ低減素子に押し付ける第2押圧体と、を備えることが望ましい。

0009

また、前記フィルタ回路は、前記軸線方向で間隔を空けて互いの前記第1接続部を対向配置させた2つの前記ノイズ低減素子を備え、前記第1回路側接点は、2つの前記ノイズ低減素子のそれぞれの前記第1接続部の間に配置し、前記第2回路接続部材は、前記軸線方向で2つの前記ノイズ低減素子を挟み込む2つの前記第2回路側接点を有し、2つの前記第2回路側接点は、各々、弾性変形不能な基部と、前記軸線方向で対向配置されている前記ノイズ低減素子の前記第2接続部に接触させて電気接続させる接点部と、を有し、それぞれの前記接点部は、各々、前記基部に対する前記軸線方向の弾性変形が可能な弾性接点部として形成されたものであり、前記軸線方向で対向配置されている前記ノイズ低減素子とは逆側に弾性変形させ、かつ、その弾性変形に伴う反力を前記軸線方向の押圧力として対向配置状態の前記ノイズ低減素子の前記第2接続部に作用させるものとして形成及び配置して、前記保持構造として利用することが望ましい。

0010

また、上記目的を達成する為、本発明に係るワイヤハーネスは、第1電線及び第2電線を含む幹線と、ノイズ成分を低減させるノイズフィルタと、を備え、前記ノイズフィルタは、併走させた前記第1電線及び前記第2電線の間に介装させるフィルタ回路と、前記フィルタ回路並びに前記第1電線及び前記第2電線を収容する筐体と、前記フィルタ回路と前記第1電線及び前記第2電線との間の電気接続状態を保持する保持構造と、を備え、前記フィルタ回路は、前記第1電線及び前記第2電線の間で前記第1電線及び前記第2電線の配列方向に沿って配置されるノイズ低減素子と、前記第1電線の芯線の中間接続部に組み付けられた導電性の第1回路接続部材と、前記第2電線の芯線の中間接続部に組み付けられた導電性の第2回路接続部材と、を備え、前記第1回路接続部材は、前記第1電線の前記芯線の前記中間接続部に対して物理的且つ電気的に接続させた電線側接続部と、前記ノイズ低減素子の第1接続部に対して前記第1電線及び前記第2電線の軸線方向に沿って接触させて電気接続させる第1回路側接点と、を有し、前記第2回路接続部材は、前記第2電線の前記芯線の前記中間接続部に対して物理的且つ電気的に接続させた電線側接続部と、前記ノイズ低減素子の第2接続部に対して前記軸線方向に沿って接触させて電気接続させる第2回路側接点と、を有し、前記保持構造は、前記軸線方向に沿う押圧力で前記第1回路側接点と前記第2回路側接点の内の少なくとも一方を前記ノイズ低減素子に押し付けて、前記軸線方向での前記第1回路側接点と前記第2回路側接点とによる前記ノイズ低減素子の挟持状態を保持して、前記第1回路側接点と前記ノイズ低減素子の前記第1接続部との間及び前記第2回路側接点と前記ノイズ低減素子の前記第2接続部との間のそれぞれの電気接続状態を保持する押圧構造であることを特徴としている。

発明の効果

0011

本発明に係るノイズフィルタにおいては、第1電線の中間接続部と第2電線の中間接続部との間にフィルタ回路を電気的に介在させることで、そのフィルタ回路をそれぞれの中間接続部に対して電気的に接続している。例えば、その第1電線と第2電線は、ワイヤハーネスの幹線に束ねられている。よって、このノイズフィルタは、従来のような幹線からの分岐電線(中間電線)の影響を考慮に入れたフィルタ回路特性の調整が不要になる。つまり、本発明に係るノイズフィルタは、中間電線の影響を受けることのないものとなっている。更に、本発明に係るノイズフィルタにおいては、併走状態の第1電線と第2電線に第1回路接続部材の電線側接続部と第2回路接続部材の電線側接続部とが各々予め組み付けられている。そして、このノイズフィルタにおいては、そのそれぞれの電線側接続部の間にノイズ低減素子を配置し、かつ、第1回路接続部材における第1回路側接点とノイズ低減素子の第1素子接続体との間及び第2回路接続部材における第2回路側接点とノイズ低減素子の第2素子接続体との間を軸線方向で電気接続させる。従って、このノイズフィルタは、第1電線及び第2電線の配列方向と第1電線及び第2電線の軸線方向に対する直交方向における体格の小型化を図ることができる。また、このノイズフィルタは、軸線方向で第1回路側接点とノイズ低減素子の第1素子接続体との間及び第2回路側接点とノイズ低減素子の第2素子接続体との間を電気的に接続させるので、配列方向における体格の小型化も図ることができる。また、本発明に係るワイヤハーネスは、そのようなノイズフィルタを具備するものであり、このノイズフィルタが得られる効果を奏することができる。

図面の簡単な説明

0012

図1は、実施形態のノイズフィルタ及びワイヤハーネスを示す斜視図である。
図2は、実施形態のノイズフィルタ及びワイヤハーネスを示す平面図である。
図3は、実施形態のノイズフィルタ及びワイヤハーネスを示す分解斜視図である。
図4は、実施形態のノイズフィルタ及びワイヤハーネスを別角度から見た分解斜視図である。
図5は、実施形態の第1回路接続部材と第2回路接続部材について説明する斜視図である。
図6は、実施形態の第2筐体部材を示す斜視図である。
図7は、図2のX−X線断面図である。
図8は、変形例のノイズフィルタ及びワイヤハーネスを示す斜視図である。
図9は、変形例のノイズフィルタ及びワイヤハーネスを示す平面図である。
図10は、変形例のノイズフィルタ及びワイヤハーネスを示す分解斜視図である。
図11は、変形例のノイズフィルタ及びワイヤハーネスを別角度から見た分解斜視図である。
図12は、図9のY−Y線断面図である。
図13は、変形例の第1回路接続部材を示す斜視図である。
図14は、変形例の第1回路接続部材を示す平面図である。
図15は、変形例の第2回路接続部材を示す斜視図である。
図16は、変形例の第1筐体部材を示す斜視図である。

実施例

0013

以下に、本発明に係るノイズフィルタ及びワイヤハーネスの実施形態を図面に基づいて詳細に説明する。尚、この実施形態によりこの発明が限定されるものではない。

0014

[実施形態]
本発明に係るノイズフィルタ及びワイヤハーネスの実施形態の1つを図1から図7に基づいて説明する。

0015

図1から図4の符号1は、本実施形態のノイズフィルタを示す。このノイズフィルタ1は、2本の電線(第1電線WE1、第2電線WE2)の中間部分同士をフィルタ回路で繋いだノイズ低減装置であり、2本の電線の内の一方を接地させ、その内の他方に乗った電気的なノイズ成分をフィルタ回路で低減させる。その2本の電線は、例えば、車両のワイヤハーネスWHの幹線WTが備える複数本の電線の内の2本であって、一方の電線がアース線として接地され、他方の電線が電源線として利用される。その電源線には、例えば、デフォッガハイマウントストップランプ等の負荷が電気的に接続されている。ノイズフィルタ1は、その2本の電線に接続することによって、ワイヤハーネスWHの構成要素の1つとなる。以下に例示するワイヤハーネスWHにおいては、第1電線WE1をアース線として利用し、第2電線WE2を電源線として利用する。第1電線WE1は、一方の端部が接地されている。また、第2電線WE2は、一方の端部が電源(例えば、車両の二次電池)に対して電気的に接続され、他方の端部が負荷に対して電気的に接続されている。第1電線WE1と第2電線WE2は、各々、導電性の芯線WEaと、この芯線WEaの外周面を覆う絶縁性被覆WEbと、を備える。

0016

ノイズフィルタ1は、ノイズ成分を低減させるフィルタ回路10を備えるノイズ低減装置であり(図1から図4)、例えば、第2電線WE2に乗った電気的なノイズ成分をフィルタ回路10で低減させる。更に、このノイズフィルタ1は、そのフィルタ回路10を収容する筐体20を備えている(図1から図4)。このノイズフィルタ1においては、その筐体20の収容室20a(図1)に並列配置状態で第1電線WE1と第2電線WE2とを収容して、その収容室20aの中で第1電線WE1と第2電線WE2とを併走させる。フィルタ回路10は、その併走させた第1電線WE1及び第2電線WE2の間に介装させる。ここでは、下記の第1電線WE1の中間接続部WEa1と第2電線WE2の中間接続部WEa2とが収容室20aに収容され、それぞれの中間接続部WEa1,WEa2の間にフィルタ回路10を介装させる。また、第1電線WE1と第2電線WE2は、それぞれの両端側が筐体20の外方に引き出される。

0017

フィルタ回路10は、第1電線WE1の中間部分に位置している芯線WEaの一部分と第2電線WE2の中間部分に位置している芯線WEaの一部分との間に電気的に介在させる。以下においては、その第1電線WE1の中間部分に位置している芯線WEaの一部分を「中間接続部WEa1」と称し、かつ、第2電線WE2の中間部分に位置している芯線WEaの一部分を「中間接続部WEa2」と称する。また、以下においては、その第1電線WE1の芯線WEaの中間接続部WEa1のことを「第1電線WE1の中間接続部WEa1」と簡略化し、かつ、その第2電線WE2の芯線WEaの中間接続部WEa2のことを「第2電線WE2の中間接続部WEa2」と簡略化する。つまり、このフィルタ回路10は、第1電線WE1の中間接続部WEa1と第2電線WE2の中間接続部WEa2との間に電気的に介在させるものであり、それぞれの中間接続部WEa1,WEa2に対して電気的に接続させる(図1及び図2)。

0018

フィルタ回路10は、ノイズ成分を低減させる少なくとも1つのノイズ低減素子11と、このノイズ低減素子11の第1接続部(以下、「第1素子接続体」という。)及び第1電線WE1の中間接続部WEa1に電気接続される導電性の第1接続部材(以下、「第1回路接続部材」という。)12と、そのノイズ低減素子11の第2接続部(以下、「第2素子接続体」という。)及び第2電線WE2の中間接続部WEa2に電気接続される導電性の第2接続部材(以下、「第2回路接続部材」という。)13と、を備える(図1から図4)。このフィルタ回路10においては、そのノイズ低減素子11が第1電線WE1及び第2電線WE2の間で第1電線WE1及び第2電線WE2の配列方向(並列配置方向)に沿って配置される。

0019

以下において単に「軸線方向」と記した場合、それは、第1電線WE1及び第2電線WE2の軸線方向のことを示している。また、以下において単に「配列方向」と記した場合、それは、第1電線WE1及び第2電線WE2の配列方向のことを示している。

0020

ノイズ低減素子11は、このノイズフィルタ1の回路構成でノイズの低減を図り得るものであれば、如何様なものを用いてもよい。例えば、ノイズ低減素子11としては、コンデンサやコイル等が考えられる。このフィルタ回路10では、ノイズ低減素子11として2つのコンデンサを備えており、この2つのコンデンサでノイズの低減を図ることができるように構成する(図1から図4)。このノイズ低減素子11としての2つのコンデンサは、略方体状に形成されており、筐体20に収容されているときに、配列方向で積層される。また、このノイズ低減素子11としてのコンデンサにおいては、筐体20に収容されているときに、軸線方向における一端に第1素子接続体としての第1外部電極が配置され、軸線方向における他端に第2素子接続体としての第2外部電極が配置される。つまり、このノイズ低減素子11は、軸線方向にて第1素子接続体と第2素子接続体とが対向配置されている。この例示のノイズ低減素子11は、例えば、第1素子接続体と第2素子接続体の対向配置方向を幅方向とし、その対向配置方向に対する或る1つの直交方向を奥行方向とし、その幅方向と奥行方向とに対する直交方向を厚さ方向とするものであり、その3方向の内、厚さ方向が最も薄くなっている。この例示の2つのノイズ低減素子11は、その厚さ方向を配列方向に向けて積層させている(図1から図4)。

0021

第1回路接続部材12と第2回路接続部材13は、ノイズ低減素子11を介して互いを電気的に接続させる導電部材であり、2つのノイズ低減素子11を軸線方向で挟持するものとして金属等の導電性材料成形されている。この例示の第1回路接続部材12と第2回路接続部材13は、各々、金属板母材とするプレス成形品である。

0022

第1回路接続部材12は、第1電線WE1の中間接続部WEa1に予め組み付けられ、この第1電線WE1と共に筐体20の収容室20aに収容される。この第1回路接続部材12は、第1電線WE1の中間接続部WEa1に対して物理的且つ電気的に接続させた電線側接続部12aと、ノイズ低減素子11の第1素子接続体に対して軸線方向に沿って接触させて電気接続させる第1接点(以下、「第1回路側接点」という。)12bと、を有する(図1から図4)。

0023

この例示の電線側接続部12aは、間隔を空けて対向配置された2つの矩形の片部を第1電線WE1の中間接続部WEa1に巻き付け加締圧着させたものである(図5)。この電線側接続部12aは、このように第1電線WE1の中間接続部WEa1に組み付けることによって、その中間接続部WEa1に対して直接的に電気接続させる。

0024

第1回路側接点12bは、筐体20に収容されているときに、軸線方向でノイズ低減素子11の第1素子接続体に対向配置させ、かつ、その第1素子接続体に軸線方向で接触させる。そこで、この第1回路側接点12bは、第1電線WE1の中間接続部WEa1に組み付けた電線側接続部12aから軸線方向に対する直交方向に突出させるように形成する。

0025

この第1回路側接点12bは、矩形の平板状の基部12b1と、ノイズ低減素子11の第1素子接続体に電気接続させる接点部12b2と、を有する(図5)。基部12b1は、軸線方向に対する直交平面を有するものであり、筐体20に収容されているときに、一方の直交平面を軸線方向でノイズ低減素子11の第1素子接続体に間隔を空けて対向配置させる。接点部12b2は、その第1素子接続体との間での安定した接触荷重を得るべく、基部12b1の一方の直交平面から膨出させた膨出形状のものとして形成する。この接点部12b2は、ノイズ低減素子11毎に設け、筐体20に収容されているときに、軸線方向でノイズ低減素子11の第1素子接続体に対向配置させ、かつ、その第1素子接続体に軸線方向で接触させる。

0026

第2回路接続部材13は、第2電線WE2の中間接続部WEa2に予め組み付けられ、この第2電線WE2と共に筐体20の収容室20aに収容される。この第2回路接続部材13は、第2電線WE2の中間接続部WEa2に対して物理的且つ電気的に接続させた電線側接続部13aと、ノイズ低減素子11の第2素子接続体に対して軸線方向に沿って接触させて電気接続させる第2接点(以下、「第2回路側接点」という。)13bと、を有する(図1から図4)。

0027

この例示の電線側接続部13aは、電線側接続部12aと同様の部位であり、間隔を空けて対向配置された2つの矩形の片部を第2電線WE2の中間接続部WEa2に巻き付けて加締め圧着させたものである。この電線側接続部13aは、このように第2電線WE2の中間接続部WEa2に組み付けることによって、その中間接続部WEa2に対して直接的に電気接続させる。

0028

第2回路側接点13bは、筐体20に収容されているときに、軸線方向でノイズ低減素子11の第2素子接続体に対向配置させ、かつ、その第2素子接続体に軸線方向で接触させる。そこで、この第2回路側接点13bは、第2電線WE2の中間接続部WEa2に組み付けた電線側接続部13aから軸線方向に対する直交方向に突出させるように形成する。

0029

この第2回路側接点13bは、矩形の平板状の基部13b1と、ノイズ低減素子11の第2素子接続体に電気接続させる接点部13b2と、を有する(図5)。基部13b1は、軸線方向に対する直交平面を有するものであり、筐体20に収容されているときに、一方の直交平面を軸線方向でノイズ低減素子11の第2素子接続体に間隔を空けて対向配置させる。接点部13b2は、その第2素子接続体との間での安定した接触荷重を得るべく、基部13b1の一方の直交平面から膨出させた膨出形状のものとして形成する。この接点部13b2は、ノイズ低減素子11毎に設け、筐体20に収容されているときに、軸線方向でノイズ低減素子11の第2素子接続体に対向配置させ、かつ、その第2素子接続体に軸線方向で接触させる。

0030

このフィルタ回路10においては、軸線方向にて第1回路側接点12bと第2回路側接点13bとでノイズ低減素子11を挟み込み、第1回路側接点12bの接点部12b2とノイズ低減素子11の第1素子接続体とを軸線方向で接触させ、かつ、第2回路側接点13bの接点部13b2とノイズ低減素子11の第2素子接続体とを軸線方向で接触させる。これにより、このフィルタ回路10は、第1回路側接点12bを介してノイズ低減素子11の第1素子接続体を第1電線WE1の中間接続部WEa1に電気接続させ、かつ、第2回路側接点13bを介してノイズ低減素子11の第2素子接続体を第2電線WE2の中間接続部WEa2に電気接続させる。

0031

筐体20は、合成樹脂等の絶縁性材料で成形する。この筐体20は、フィルタ回路10と第1電線WE1と第2電線WE2とを収容する収容室20aを内方に有する(図1)。その収容室20aには、少なくともフィルタ回路10と第1電線WE1の中間接続部WEa1と第2電線WE2の中間接続部WEa2とが収容される。この筐体20においては、第1電線WE1におけるそれぞれの端部側が内方の収容室20aから外方へと引き出され、かつ、第2電線WE2におけるそれぞれの端部側が内方の収容室20aから外方へと引き出される。この筐体20は、第1筐体部材21と第2筐体部材22とを互いに嵌め合わせることによって、収容室20aを形成する。

0032

この筐体20においては、フィルタ回路10と第1電線WE1と第2電線WE2とを第1筐体部材21に設置し、その第1筐体部材21に対して第2筐体部材22を嵌合させる。第1筐体部材21と第2筐体部材22は、軸線方向と配列方向とに対する直交方向に沿って嵌合させる。以下においては、その直交方向のことを「嵌合方向」と称する。

0033

第1筐体部材21は、主壁体21aと、この主壁体21aの周縁部から立設させた複数の周壁体21b−21eと、を有する(図3)。この例示の第1筐体部材21は、矩形の平板状の主壁体21aと、この主壁体21aの4つの辺部から各々同じ向きに垂設させた平板状の第1から第4の周壁体21b−21eと、を有している。この第1筐体部材21では、第1周壁体21bと第2周壁体21cとが対向配置され、第3周壁体21dと第4周壁体21eとが対向配置されている。この第1筐体部材21においては、主壁体21aと第1から第4の周壁体21b−21eとで囲まれた空間が収容室20aとなり、その収容室20aにフィルタ回路10と第1電線WE1と第2電線WE2とが開口21fから収容される。その開口21fとは、第1から第4の周壁体21b−21eの縁部で矩形に形成される収容室20aの開口のことである。

0034

第2筐体部材22は、その収容室20aの開口21fを塞ぐべく用意されている。この第2筐体部材22は、第1筐体部材21との組付けが完了している状態で開口21fを塞ぐ閉塞壁体22aを有する(図3及び図4)。また、この第2筐体部材22は、その閉塞壁体22aの周縁部から立設させた複数の周壁体22b−22eを有する(図4)。この例示の第2筐体部材22は、矩形の平板状の閉塞壁体22aと、この閉塞壁体22aの4つの辺部から各々同じ向きに垂設させた平板状の第1から第4の周壁体22b−22eと、を有している。この第2筐体部材22では、第1周壁体22bと第2周壁体22cとが対向配置され、第3周壁体22dと第4周壁体22eとが対向配置されている。

0035

この例示の筐体20においては、第1筐体部材21と第2筐体部材22との組付けが完了しているときに、それぞれの第1周壁体21b,22b同士を対向配置させ、かつ、それぞれの第2周壁体21c,22c同士を対向配置させ、かつ、それぞれの第3周壁体21d,22d同士を対向配置させ、かつ、それぞれの第4周壁体21e,22e同士を対向配置させる。

0036

この筐体20においては、対向配置状態の第1周壁体21b,22と対向配置状態の第2周壁体21c,22cから第1電線WE1と第2電線WE2とを外方に引き出させる。そこで、それぞれの第1周壁体21b,22bには、各々、第1電線WE1の一方の端部側を外方に引き出させる第1引出口21b1,22b1と、第2電線WE2の一方の端部側を外方に引き出させる第2引出口21b2,22b2と、が形成されている(図3及び図4)。それぞれの第1周壁体21b,22bにおいては、第1引出口21b1,22b1同士を対向配置させ、かつ、第2引出口21b2,22b2同士を対向配置させる。また、それぞれの第2周壁体21c,22cには、各々、第1電線WE1の他方の端部側を外方に引き出させる第3引出口21c1,22c1と、第2電線WE2の他方の端部側を外方に引き出させる第4引出口21c2,22c2と、が形成されている(図3及び図4)。それぞれの第2周壁体21c,22cにおいては、第3引出口21c1,22c1同士を対向配置させ、かつ、第4引出口21c2,22c2同士を対向配置させる。

0037

この筐体20においては、2つのノイズ低減素子11と、第1回路接続部材12が組み付けられた第1電線WE1の中間接続部WEa1と、第2回路接続部材13が組み付けられた第2電線WE2の中間接続部WEa2と、が開口21fから収容室20aに収容される。その第1電線WE1と第2電線WE2の収容に際して、第1筐体部材21においては、第1電線WE1が第1引出口21b1と第3引出口21c1とに挿入され、第2電線WE2が第2引出口21b2と第4引出口21c2とに挿入される。筐体20においては、開口21fを塞ぎ、かつ、第1電線WE1を第1引出口22b1と第3引出口22c1とに挿入させると共に、第2電線WE2を第2引出口22b2と第4引出口22c2とに挿入させるように、第2筐体部材22を第1筐体部材21に組み付ける。例えば、このノイズフィルタ1は、第1電線WE1及び第2電線WE2と共に幹線WTに粘着テープ(図示略)等で固定して、その幹線WTに抱きかかえさせる。これにより、第1電線WE1と第2電線WE2へのノイズフィルタ1の取り付けが完了する。

0038

ここで、このノイズフィルタ1には、フィルタ回路10と第1電線WE1及び第2電線WE2との間の電気接続状態を保持するための保持構造30を設けている(図1から図4)。その保持構造30は、軸線方向に沿う押圧力で第1回路接続部材12の第1回路側接点12bと第2回路接続部材13の第2回路側接点13bの内の少なくとも一方をノイズ低減素子11に押し付ける押圧構造である。この保持構造30は、その押圧力による押し付けに伴い、軸線方向での第1回路側接点12bと第2回路側接点13bとによるノイズ低減素子11の挟持状態を保持し、これにより、第1回路側接点12bとノイズ低減素子11の第1素子接続体との間及び第2回路側接点13bとノイズ低減素子11の第2素子接続体との間のそれぞれの電気接続状態を保持するものとして形成する。

0039

具体的に、本実施形態のノイズフィルタ1においては、保持構造30を筐体20に設ける。本実施形態の保持構造30は、第1回路側接点12bと第2回路側接点13bの内の一方に作用させた軸線方向の押圧力で第1回路側接点12bと第2回路側接点13bの内の一方をノイズ低減素子11に押し付ける押圧体31と、ノイズ低減素子11を介して押圧体31の押圧力が作用している第1回路側接点12bと第2回路側接点13bの内の他方を軸線方向で係止して押圧力を受ける係止体32と、を備える(図1及び図2)。本実施形態の保持構造30においては、押圧体31と係止体32の内の一方を第1筐体部材21に設け、その内の他方を第2筐体部材22に設ける。

0040

この例示では、押圧体31を第2筐体部材22に設け(図1図2図4図6及び図7)、係止体32を第1筐体部材21に設けている(図1から図3及び図7)。また、この例示では、第2回路側接点13bをノイズ低減素子11に押し付けるものとして押圧体31が設けられ、押圧体31からの押圧力が伝えられてきた第1回路側接点12bを係止するものとして係止体32が設けられている。

0041

この例示の押圧体31は、第2筐体部材22の閉塞壁体22aの内壁面から立設させた弾性変形不能な基部31aと、この基部31aに連接された弾性変形可能な押圧部31bと、を有する(図2図6及び図7)。

0042

この例示の基部31aは、閉塞壁体22aの内壁面側固定端とする片持ち形状の矩形の片部として形成されたものである。この基部31aは、第1筐体部材21と第2筐体部材22との組付けが完了しているときに、軸線方向で第2回路側接点13bの基部13b1における他方の直交平面に間隔を空けて対向配置される。ここでは、それぞれの基部13b1,31aの直交平面同士を対向配置させる。

0043

一方、この例示の押圧部31bは、第1筐体部材21と第2筐体部材22との組付けが完了しているときに、軸線方向で第2回路側接点13bの基部13b1における他方の直交平面に対向配置させ、その他方の直交平面に弾性変形状態で接触させる。この押圧部31bは、基部31aの自由端側を固定端とする片持ち形状の弾性片部として形成されたものであり、軸線方向でそれぞれの基部13b1,31aの間に介在させる。

0044

この例示では、第1回路接続部材12が収容室20aに収容されているときに、第1筐体部材21の第2周壁体21cが軸線方向で第1回路側接点12bの基部12b1に対向配置されている。そこで、この例示では、その第2周壁体21cを係止体32として利用する。ここでは、第2周壁体21cにおける第3引出口21c1と第4引出口21c2の間の内壁面に、第1回路側接点12bの基部12b1における他方の直交平面を係止させる。

0045

本実施形態の保持構造30においては、第1筐体部材21と第2筐体部材22の組付けが始まり、その組付け動作が進むと、押圧体31の押圧部31bが第2回路側接点13bの基部13b1における他方の直交平面に接触し、かつ、第1回路側接点12bの基部12b1が係止体32によって係止状態となる。この保持構造30においては、その組付け動作が更に進むことで、係止体32からの反力が押圧体31の押圧部31bに伝わり、その押圧部31bが弾性域内で撓みながら第2回路側接点13bの基部13b1に軸線方向の押圧力を作用させる。

0046

この保持構造30においては、第1筐体部材21と第2筐体部材22との組付けが完了しているときに、押圧体31と係止体32とが軸線方向で第1回路側接点12bの基部12b1と第2回路側接点13bの基部13b1とを挟持し、その挟持状態を保ち続けることができる。これにより、フィルタ回路10においては、第1回路側接点12bの接点部12b2と第2回路側接点13bの接点部13b2とでのノイズ低減素子11の挟持状態を保ち続けることができる。よって、このフィルタ回路10においては、第1回路側接点12bの接点部12b2とノイズ低減素子11の第1素子接続体との間及び第2回路側接点13bの接点部13b2とノイズ低減素子11の第2素子接続体との間の電気的な接続状態を保ち続けることができる。そして、これに伴い、このフィルタ回路10は、ノイズ低減素子11の第1素子接続体と第1電線WE1の中間接続部WEa1との間の電気接続状態を保つことができ、かつ、ノイズ低減素子11の第2素子接続体と第2電線WE2の中間接続部WEa2との間の電気接続状態を保つことができる。従って、本実施形態のノイズフィルタ1は、フィルタ回路10と第1電線WE1及び第2電線WE2との間の通電品質を向上させることができる。

0047

以上示した本実施形態のノイズフィルタ1は、中間電線の影響を受けることのないものとなっている。つまり、従来のノイズフィルタは、前述したように、ノイズ低減対象電線とフィルタ回路との間に中間電線を介在させている。その中間電線は、ノイズフィルタへの組付け作業性や車両への配索経路等を考慮して、長さに関する許容公差が大きく取られている。このため、従来のノイズフィルタは、その長さに応じた中間電線のノイズ成分をも考慮に入れて、フィルタ回路特性(共振点やノイズ低減性能等)の調整を行う必要がある。しかしながら、本実施形態のノイズフィルタ1においては、ワイヤハーネスWHの幹線WTに束ねられている第1電線WE1の中間接続部WEa1と第2電線WE2の中間接続部WEa2との間にフィルタ回路10を電気的に介在させることで、そのフィルタ回路10をそれぞれの中間接続部WEa1,WEa2に対して電気的に接続している。よって、このノイズフィルタ1は、従来のような幹線からの分岐電線(中間電線)の影響を考慮に入れたフィルタ回路特性の調整が不要になる。即ち、このノイズフィルタ1は、中間電線の影響を受けることのないものとなっている。

0048

更に、本実施形態のノイズフィルタ1においては、併走状態の第1電線WE1と第2電線WE2に第1回路接続部材12の電線側接続部12aと第2回路接続部材13の電線側接続部13aとが各々予め組み付けられている。そして、このノイズフィルタ1においては、そのそれぞれの電線側接続部12a,13aの間にノイズ低減素子11を配置し、かつ、第1回路接続部材12における第1回路側接点12bの接点部12b2とノイズ低減素子11の第1素子接続体との間及び第2回路接続部材13における第2回路側接点13bの接点部13b2とノイズ低減素子11の第2素子接続体との間を軸線方向で電気接続させる。従って、このノイズフィルタ1は、嵌合方向(第1電線WE1及び第2電線WE2の配列方向と第1電線WE1及び第2電線WE2の軸線方向に対する直交方向)における体格の小型化を図ることができる。また、このノイズフィルタ1は、軸線方向で第1回路側接点12bの接点部12b2とノイズ低減素子11の第1素子接続体との間及び第2回路側接点13bの接点部13b2とノイズ低減素子11の第2素子接続体との間を電気的に接続させるので、配列方向における体格の小型化も図ることができる。

0049

また更に、このノイズフィルタ1は、ノイズ低減素子11を軸線方向で第1回路接続部材12の第1回路側接点12bと第2回路接続部材13の第2回路側接点13bとの間に挟持させることによって、第1回路側接点12bの接点部12b2とノイズ低減素子11の第1素子接続体との間及び第2回路側接点13bの接点部13b2とノイズ低減素子11の第2素子接続体との間の電気的な接続を図っている。そして、このノイズフィルタ1は、その電気的な接続状態を保持構造30で保ち続けることができる。このため、このノイズフィルタ1の電気的な接続構造は、従来のような雌雄端子部の嵌合構造となっているものと比較して、小型化が可能になる。よって、このノイズフィルタ1は、軸線方向における体格の大型化を抑えることができる。また、そのような従来の接続構造は形状如何で原価の高騰を招く虞があるが、このノイズフィルタ1は、そのような簡便な接続構造であるが故に、原価の高騰を抑えることができる。

0050

また更に、本実施形態のノイズフィルタ1は、一方の端部を接地させる第1電線WE1の中間接続部WEa1に対してフィルタ回路10を電気的に接続させるので、例えば、幹線WTの周囲に接地可能な導電体が存在しておらずとも、また、自らの設置対象物が合成樹脂等の絶縁性材料で成形されていたとしても、容易にアースを取ることができる。つまり、従来のノイズフィルタは、導電性の設置対象物に取り付けた際に当該設置対象物にアース端子を接続することによって、その設置対象物を介してアースを取っている。よって、従来のノイズフィルタにおいては、アース端子と設置対象物との固定作業を容易にするために、アース端子を筐体から食み出させている。しかしながら、このノイズフィルタ1は、そのようなアース端子を備えずとも、アースを取ることができる。従って、このノイズフィルタ1は、体格の小型化や軽量化を図ることができる。

0051

また、本実施形態のワイヤハーネスWHは、そのようなノイズフィルタ1を具備するものであり、このノイズフィルタ1が得られる効果を奏することができる。

0052

ところで、保持構造30は、図示しないが、係止体32を押圧体31に置き換えて、2つの押圧体31で第1回路側接点12bの基部12b1と第2回路側接点13bの基部13b1とを挟持させ、その挟持状態を保持させ続けるものとして構成してもよい。つまり、保持構造30は、第1回路側接点12bと第2回路側接点13bの内の一方に作用させた軸線方向の押圧力で第1回路側接点12bと第2回路側接点13bの内の一方をノイズ低減素子11に押し付ける第1押圧体31と、第1回路側接点12bと第2回路側接点13bの内の他方に作用させた軸線方向の押圧力で第1回路側接点12bと第2回路側接点13bの内の他方をノイズ低減素子11に押し付ける第2押圧体31と、を備えるものであってもよい。本実施形態のノイズフィルタ1及びワイヤハーネスWHは、このような保持構造30を用いたとしても、先の例示と同様の効果を得ることができる。

0053

[変形例]
図8から図12の符号2は、本変形例のノイズフィルタを示す。また、その各図のWHは、本変形例のワイヤハーネスを示す。このノイズフィルタ2とワイヤハーネスWHは、前述した実施形態のノイズフィルタ1において、フィルタ回路10を下記のフィルタ回路110)に置き換え、かつ、筐体20を下記の筐体120に置き換えたものである(図8から図12)。

0054

本変形例のフィルタ回路110は、実施形態のフィルタ回路10と同様に、少なくとも1つのノイズ低減素子11と第1回路接続部材112と第2回路接続部材113とを備える(図8から図12)。

0055

本変形例のフィルタ回路110は、実施形態のフィルタ回路10と同様に、ノイズ低減素子11としての2つの略方体状のコンデンサを備えている。但し、その2つのノイズ低減素子11は、筐体120に収容されているときに、軸線方向で間隔を空けて互いの第1素子接続体を対向配置させた状態で積層させている(図8から図12)。この例示の2つのノイズ低減素子11は、実施形態のフィルタ回路10と同様に、最も薄くなっている厚さ方向を配列方向に向けて積層させている(図8から図11)。

0056

第1回路接続部材112及び第2回路接続部材113は、実施形態の第1回路接続部材12及び第2回路接続部材13と同じように、ノイズ低減素子11を介して互いを電気的に接続させる導電部材であり、金属板を母材にしてプレス成形されている。

0057

第1回路接続部材112は、第1回路接続部材12と同じように、第1電線WE1の中間接続部WEa1に予め組み付けられ、この第1電線WE1と共に筐体120の収容室120aに収容される。この第1回路接続部材112は、第1電線WE1の中間接続部WEa1に対して物理的且つ電気的に接続させた電線側接続部112aと、ノイズ低減素子11の第1素子接続体に対して軸線方向に沿って接触させて電気接続させる第1接点(以下、「第1回路側接点」という。)112bと、を有する(図8から図11)。

0058

この例示の電線側接続部112aは、第1回路接続部材12の電線側接続部12aと同様の形状のものとして形成されている。よって、この例示の第1回路接続部材112は、その電線側接続部112aを第1電線WE1の中間接続部WEa1に加締め圧着させて組み付けることによって、その中間接続部WEa1に対して直接的に電気接続させる(図13及び図14)。

0059

一方、この例示の第1回路側接点112bは、筐体120に収容されているときに、2つのノイズ低減素子11のそれぞれの第1素子接続体の間に配置して、そのそれぞれの第1素子接続体に対して軸線方向で接触させる。そこで、この例示の第1回路接続部材112においては、第1電線WE1の中間接続部WEa1に組み付けた電線側接続部112aから第1回路側接点112bを軸線方向に対する直交方向に突出させるように形成する(図13)。

0060

この例示の第1回路側接点112bは、2枚の対向配置された矩形の平板112b11を有するU字状の基部112b1と、ノイズ低減素子11毎の2つの接点部112b2と、を有する(図13及び図14)。基部112b1のそれぞれの平板112b11は、軸線方向に対する直交平面を有するものである。この基部112b1においては、筐体120に収容されているときに、一方の平板112b11における一方の直交平面を一方のノイズ低減素子11の第1素子接続体に間隔を空けて対向配置させ、かつ、他方の平板112b11における一方の直交平面を他方のノイズ低減素子11の第1素子接続体に間隔を空けて対向配置させる。接点部112b2は、一方の平板112b11における一方の直交平面と一方のノイズ低減素子11の第1素子接続体との間及び他方の平板112b11における一方の直交平面と他方のノイズ低減素子11の第1素子接続体との間に少なくとも1つずつ設ける。接点部112b2は、第1素子接続体との間での安定した接触荷重を得るべく、基部112b1の一方の直交平面から膨出させた膨出形状のものとして形成する。

0061

第2回路接続部材113は、第2回路接続部材13と同じように、第2電線WE2の中間接続部WEa2に予め組み付けられ、この第2電線WE2と共に筐体20の収容室20aに収容される。この第2回路接続部材113は、第2電線WE2の中間接続部WEa2に対して物理的且つ電気的に接続させた電線側接続部113aと、軸線方向で2つのノイズ低減素子11を挟み込み、その2つのノイズ低減素子11の第2素子接続体に対して軸線方向に沿って各々接触させて電気接続させる2つの第2接点(以下、「第2回路側接点」という。)113bと、を有する(図8から図12)。

0062

この例示の電線側接続部113aは、第2回路接続部材13の電線側接続部13aと同様の部位であり、間隔を空けて対向配置された2つの矩形の片部を第2電線WE2の中間接続部WEa2に巻き付けて加締め圧着させたものである。この電線側接続部113aは、このように第2電線WE2の中間接続部WEa2に組み付けることによって、その中間接続部WEa2に対して直接的に電気接続させる。

0063

第2回路側接点113bは、第2回路接続部材13の第2回路側接点13bと同じように、筐体120に収容されているときに、軸線方向でノイズ低減素子11の第2素子接続体に対向配置させ、かつ、その第2素子接続体に軸線方向で接触させる。そこで、この第2回路側接点113bは、第2電線WE2の中間接続部WEa2に組み付けた電線側接続部113aから軸線方向に対する直交方向に突出させるように形成する。この例示の第2回路側接点113bは、その電線側接続部113aの軸線方向における両端から突出させている。そして、その2つの第2回路側接点113bは、軸線方向で2つのノイズ低減素子11を挟持させるものとして形成する。

0064

この第2回路側接点113bは、矩形の平板状の弾性変形不能な基部113b1と、軸線方向で対向配置されているノイズ低減素子11の第2素子接続体に接触させて電気接続させる接点部113b2と、を有する(図8図9図12及び図15)。

0065

基部113b1は、軸線方向に対する直交平面を有するものであり、筐体120に収容されているときに、一方の直交平面を軸線方向でノイズ低減素子11の第2素子接続体に間隔を空けて対向配置させる。

0066

接点部113b2は、軸線方向で対向配置されているノイズ低減素子11の第2素子接続体との間での安定した接触荷重を得るべく、基部113b1に対する軸線方向の弾性変形が可能な弾性接点部として形成する。この例示の接点部113b2は、筐体120に収容されているときに、軸線方向で基部113b1とノイズ低減素子11の第2素子接続体との間に配置する。この接点部113b2は、軸線方向で対向配置されているノイズ低減素子11の第2素子接続体とは逆側(つまり、自らが連なる基部113b1側)に弾性変形させ、かつ、その弾性変形に伴う反力を軸線方向の押圧力として対向配置状態のノイズ低減素子11の第2素子接続体に作用させるものとして形成及び配置して、実施形態の保持構造30と同様の保持構造130として利用する(図8図9図12及び図15)。つまり、2つの第2回路側接点113bのそれぞれの接点部113b2は、そのような弾性変形状態で軸線方向にて2つのノイズ低減素子11のそれぞれの第2素子接続体を挟持させるべく形成及び配置することによって、保持構造30と同様の保持構造130として作用させることができる。これにより、第2回路接続部材113においては、2つの第2回路側接点113bのそれぞれの接点部113b2を各々の対向配置状態のノイズ低減素子11の第2素子接続体に対して軸線方向で接触させることができる。

0067

このフィルタ回路110においては、軸線方向で第2回路接続部材113における2つの第2回路側接点113bのそれぞれの接点部113b2が2つのノイズ低減素子11を挟持することによって、接点部113b2を対向配置状態のノイズ低減素子11の第2素子接続体に電気接続させ、かつ、第1回路接続部材112における第1回路側接点112bの接点部112b2を対向配置状態のノイズ低減素子11の第1素子接続体に電気接続させることができる。よって、このフィルタ回路110は、第1回路接続部材112を介して2つのノイズ低減素子11のそれぞれの第1素子接続体を第1電線WE1の中間接続部WEa1に電気接続させ、かつ、第2回路接続部材113を介して2つのノイズ低減素子11のそれぞれの第2素子接続体を第2電線WE2の中間接続部WEa2に電気接続させることができる。

0068

更に、このフィルタ回路110においては、軸線方向で第2回路接続部材113における2つの第2回路側接点113bのそれぞれの接点部113b2が2つのノイズ低減素子11を挟持することによって、第1回路接続部材112と一方の第2回路接続部材113との間に一方のノイズ低減素子11を挟持し続けることができ、かつ、第1回路接続部材112と他方の第2回路接続部材113との間に他方のノイズ低減素子11を挟持し続けることができる。よって、このフィルタ回路110は、2つのノイズ低減素子11のそれぞれの第1素子接続体と第1電線WE1の中間接続部WEa1との間の電気接続状態を保つことができ、かつ、2つのノイズ低減素子11のそれぞれの第2素子接続体と第2電線WE2の中間接続部WEa2との間の電気接続状態を保つことができる。従って、本変形例のノイズフィルタ2は、フィルタ回路110と第1電線WE1及び第2電線WE2との間の通電品質を向上させることができる。

0069

筐体120は、合成樹脂等の絶縁性材料で成形する。この筐体120は、実施形態の筐体20と同様に、第1筐体部材121と第2筐体部材122とを互いに嵌め合わせることによって、収容室120aを形成する(図8)。この筐体120においては、フィルタ回路110と第1電線WE1と第2電線WE2とを第1筐体部材121に設置し、その第1筐体部材121に対して第2筐体部材122を嵌合させる。

0070

第1筐体部材121は、実施形態の第1筐体部材21と同様に、矩形の平板状の主壁体121aと、この主壁体121aの4つの辺部から各々同じ向きに垂設させた平板状の第1から第4の周壁体121b−121eと、を有している(図10)。この第1筐体部材121においては、主壁体121aと第1から第4の周壁体121b−121eとで囲まれた空間が収容室120aとなり、その収容室120aにフィルタ回路110と第1電線WE1と第2電線WE2とが開口121fから収容される。

0071

この例示の第1筐体部材121においては、例えば、2つのノイズ低減素子11と第1回路接続部材112及び第1電線WE1の組付け体とを収容室120aに収容した上で、その収容室120aに第2回路接続部材113及び第2電線WE2の組付け体を収容しながら、その第2回路接続部材113の2つの第2回路側接点113bのそれぞれの接点部113b2で2つのノイズ低減素子11を挟み込んでいく。

0072

そこで、この例示の第1筐体部材121には、2つの第2回路側接点113bのそれぞれの接点部113b2で2つのノイズ低減素子11を挟持する際に、接点部113b2からの押圧力によりノイズ低減素子11を第1筐体部材121に対して軸線方向に相対移動させることが可能なガイド部121gを設けている(図9及び図16)。そのガイド部121gは、主壁体121aの内壁面に設け、2つのノイズ低減素子11の厚さ方向の2つの壁面を配列方向で係止するための2つの立て壁121g1を有している。それぞれの立て壁121g1は、軸線方向に延在させることで、2つのノイズ低減素子11を軸線方向へと案内する。ここで、この例示のガイド部121gは、2つのノイズ低減素子11を収容室120aへと収容した際に、その2つのノイズ低減素子11の収容室120a内での位置決めを図るためのものとしても利用できる。

0073

第2筐体部材122は、収容室120aの開口121fを塞ぐべく用意されている。この第2筐体部材122は、実施形態の第2筐体部材22と同様に、矩形の平板状の閉塞壁体122aと、この閉塞壁体122aの4つの辺部から各々同じ向きに垂設させた平板状の第1から第4の周壁体122b−122eと、を有している(図11)。

0074

この例示の筐体120においては、第1筐体部材121と第2筐体部材122との組付けが完了しているときに、それぞれの第1周壁体121b,122b同士を対向配置させ、かつ、それぞれの第2周壁体121c,122c同士を対向配置させ、かつ、それぞれの第3周壁体121d,122d同士を対向配置させ、かつ、それぞれの第4周壁体121e,122e同士を対向配置させる。

0075

この筐体120においては、対向配置状態の第1周壁体121b,122と対向配置状態の第2周壁体121c,122cから第1電線WE1と第2電線WE2とを外方に引き出させる。そこで、それぞれの第1周壁体121b,122bには、各々、第1電線WE1の一方の端部側を外方に引き出させる第1引出口121b1,122b1と、第2電線WE2の一方の端部側を外方に引き出させる第2引出口121b2,122b2と、が形成されている(図10及び図11)。それぞれの第1周壁体121b,122bにおいては、第1引出口121b1,122b1同士を対向配置させ、かつ、第2引出口121b2,122b2同士を対向配置させる。また、それぞれの第2周壁体121c,122cには、各々、第1電線WE1の他方の端部側を外方に引き出させる第3引出口121c1,122c1と、第2電線WE2の他方の端部側を外方に引き出させる第4引出口121c2,122c2と、が形成されている(図10及び図11)。それぞれの第2周壁体121c,122cにおいては、第3引出口121c1,122c1同士を対向配置させ、かつ、第4引出口121c2,122c2同士を対向配置させる。

0076

この筐体120においても、収容室20aには、2つのノイズ低減素子11と、第1回路接続部材112が組み付けられた第1電線WE1の中間接続部WEa1と、第2回路接続部材113が組み付けられた第2電線WE2の中間接続部WEa2と、が開口121fから収容される。その第1電線WE1と第2電線WE2の収容に際して、第1筐体部材21においては、第1電線WE1が第1引出口121b1と第3引出口121c1とに挿入され、第2電線WE2が第2引出口121b2と第4引出口121c2とに挿入される。その際には、先に示したように、先ずは2つのノイズ低減素子11と第1回路接続部材112及び第1電線WE1の組付け体とが収容室120aに収容され、その後、その収容室120aに第2回路接続部材113及び第2電線WE2の組付け体が収容されていく。しかる後、筐体120においては、開口121fを塞ぎ、かつ、第1電線WE1を第1引出口122b1と第3引出口122c1とに挿入させると共に、第2電線WE2を第2引出口122b2と第4引出口122c2とに挿入させるように、第2筐体部材22を第1筐体部材21に組み付ける。例えば、このノイズフィルタ2は、第1電線WE1及び第2電線WE2と共に幹線WTに粘着テープ(図示略)等で固定して、その幹線WTに抱きかかえさせる。これにより、第1電線WE1と第2電線WE2へのノイズフィルタ2の取り付けが完了する。

0077

以上示した本変形例のノイズフィルタ2は、実施形態のノイズフィルタ1と同様の効果を得ることができる。更に、本変形例のノイズフィルタ2は、第2回路接続部材113に保持構造130の機能を持たせているので、実施形態のノイズフィルタ1よりも筐体120の構造を簡易化できるので、原価の低減が可能になる。また、本変形例のワイヤハーネスWHは、そのようなノイズフィルタ2を具備するものであり、このノイズフィルタ2が得られる効果を奏することができる。

0078

1,2ノイズフィルタ
10,110フィルタ回路
11ノイズ低減素子
12 第1回路接続部材
12a電線側接続部
12b 第1回路側接点
13 第2回路接続部材
13a 電線側接続部
13b 第2回路側接点
20,120筐体
30保持構造
31押圧体
32係止体
112 第1回路接続部材
112a 電線側接続部
112b 第1回路側接点
113 第2回路接続部材
113a 電線側接続部
113b 第2回路側接点
113b1 基部
113b2接点部
130 保持構造
WE1 第1電線
WEa1中間接続部
WE2 第2電線
WEa2 中間接続部
WEa芯線
WHワイヤハーネス
WT 幹線

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三菱マテリアル株式会社の「 防食端子材及び防食端子並びに電線端末部構造」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題・解決手段】銅又は銅合金からなる基材と、前記基材の上に積層された皮膜とを有する防食端子材であって、前記皮膜は、亜鉛合金からなる亜鉛層と錫又は錫合金からなる錫層とがこの順に積層されてなり端子に成形... 詳細

  • マテリオンコーポレイションの「 磁性銅合金を伴う電子コネクタ」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題・解決手段】1つまたは複数の電気接点(207、209)と磁性部分とを含むコネクタ(206、208)が、開示される。磁性部分は、ニッケルと、スズと、マンガンと、残余の銅とを含む銅合金から作製される... 詳細

  • 三菱自動車工業株式会社の「 端子台装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】部品点数を抑え防水性を確保しつつ、電線を容易に配線することができる端子台装置を提供する。【解決手段】筐体5の上壁7に配置され、絶縁体で形成された端子台9と、端子台9に支持され、筐体5の内部から... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ