図面 (/)

技術 印刷システム、印刷方法及びプログラム

出願人 コニカミノルタ株式会社
発明者 猪田良介
出願日 2018年9月14日 (2年2ヶ月経過) 出願番号 2018-172623
公開日 2020年3月26日 (8ヶ月経過) 公開番号 2020-046737
状態 未査定
技術分野 タイプライター等へのデジタル出力 付属装置、全体制御
主要キーワード 未ロード ランク判定 処理負荷情報 M成分 プリンター情報 内部状態情報 ユーザー環境 プリントコントローラー
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年3月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

ネットワーク上の既存のコンピューター資源を有効活用することにより、印刷処理高速化を図ることができる印刷ステム印刷方法及びプログラムを提供する。

解決手段

印刷システムは、プリントエンジンに対応して設けられたプリントコントローラーと、プリントコントローラーの中からジョブ実行プリンターを決定するためのジョブ分配処理を実施させるプリントコントローラーを選択する分配処理コントローラー選択部と、を備える。プリントコントローラーは、ジョブ分配処理を行う第1の処理部(ジョブ分配処理部)及びプリントエンジンで印刷ジョブを実行するための描画データを生成する第2の処理部(RIP処理部)を有する。分配処理コントローラー選択部は、クライアント端末から印刷ジョブが投入された場合に、印刷ジョブの処理効率推定し、推定結果に基づいてジョブ分配処理を実施させるプリントコントローラーを決定する。

概要

背景

従来、LAN(Local Area Network)等のコンピューターネットワーク上にPC(Personal Computer)等のクライアント端末プリンターが配置され、複数のクライアント端末でプリンターを共有できるようにしたネットワーク印刷システムが知られている(例えば、特許文献1参照)。ネットワーク印刷システムでは、複数の印刷ジョブを異なるプリンターに分配して印刷したり、一つの印刷ジョブを複数のプリンターで協調分担して印刷したりすることができるので、印刷処理高速化を図ることができる。

ネットワーク印刷システムに用いられるプリンターは、ネットワークプリンターと称され、通常、RIP処理RIP:Raster Image Processor)などを行うプリントコントローラーを備えている。また、ネットワーク印刷システムでは、例えば、プリンターに内蔵されているプリントコントローラーの一つが、クライアント端末からの印刷ジョブを受け付け、印刷に最適なプリンター(以下、「ジョブ実行プリンター」と称する)に印刷ジョブを分配する印刷サーバーとして機能する。また例えば、ネットワーク印刷システムにおいて、PC等を印刷サーバーとして用いる場合もある。

すなわち、クライアント端末からの印刷ジョブは印刷サーバー(例えば、特定のプリントコントローラー)に送信され、当該プリントコントローラーで印刷データの解析が行われ、ジョブ実行プリンターが選択される。そして、ジョブ実行プリンターに印刷データが送信され、当該ジョブ実行プリンターのプリントコントローラーでRIP処理が行われる。ジョブ実行プリンターのプリントエンジンは、RIP処理により変換された描画データに基づいて印刷を実行する。

概要

ネットワーク上の既存のコンピューター資源を有効活用することにより、印刷処理の高速化をることができる印刷システム印刷方法及びプログラムを提供する。印刷システムは、プリントエンジンに対応して設けられたプリントコントローラーと、プリントコントローラーの中からジョブ実行プリンターを決定するためのジョブ分配処理を実施させるプリントコントローラーを選択する分配処理コントローラー選択部と、を備える。プリントコントローラーは、ジョブ分配処理を行う第1の処理部(ジョブ分配処理部)及びプリントエンジンで印刷ジョブを実行するための描画データを生成する第2の処理部(RIP処理部)を有する。分配処理コントローラー選択部は、クライアント端末から印刷ジョブが投入された場合に、印刷ジョブの処理効率推定し、推定結果に基づいてジョブ分配処理を実施させるプリントコントローラーを決定する。

目的

本発明の目的は、ネットワーク上の既存のコンピューター資源を有効活用することにより、印刷処理の高速化を図ることができる印刷システム、印刷方法及びプログラムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

クライアント端末と、プリントエンジンを有する複数のプリンターとが、ネットワークを介して接続され、前記クライアント端末からの印刷ジョブを前記複数のプリンターの中から選択されたジョブ実行プリンターで実行する印刷ステムであって、前記プリントエンジンに対応して設けられたプリントコントローラーと、前記プリントコントローラーの中から前記ジョブ実行プリンターを決定するためのジョブ分配処理を実施させるプリントコントローラーを選択する分配処理コントローラー選択部と、を備え、前記プリントコントローラーは、前記ジョブ分配処理を行う第1の処理部、及び、前記プリントエンジンで前記印刷ジョブを実行するための描画データを生成する第2の処理部を有し、前記分配処理コントローラー選択部は、前記クライアント端末から前記印刷ジョブが投入された場合に、当該印刷ジョブの処理効率推定し、推定結果に基づいて前記ジョブ分配処理を実施させるプリントコントローラーを決定する、印刷システム。

請求項2

前記第2の処理部は、前記印刷ジョブに含まれる印刷データに対してRIP処理を実施する、請求項1に記載の印刷システム。

請求項3

前記分配処理コントローラー選択部は、前記プリントコントローラーのハードウェア情報、現在の処理状態を示す処理負荷情報、及び、サポートしているファイル形式を含むソフトウェア情報のうちの少なくとも一つを含むプリントコントローラーに関する情報を用いて、前記印刷ジョブの処理効率を推定する、請求項1又は2に記載の印刷システム。

請求項4

前記分配処理コントローラー選択部は、前記プリントエンジンの印刷速度情報、印刷可能な色材種類を示すカラー情報印刷状態を示す内部状態情報のうちの少なくとも一つを含むプリントエンジンに関する情報を用いて、前記印刷ジョブの処理効率を推定する、請求項1から3のいずれか一項に記載の印刷システム。

請求項5

前記分配処理コントローラー選択部は、前記投入された印刷ジョブのページ記述言語の種類を示すPDL情報を含む前記印刷ジョブの概要情報を用いて、前記印刷ジョブの処理効率を推定する、請求項1から4のいずれか一項に記載の印刷システム。

請求項6

前記分配処理コントローラー選択部は、過去に実施した印刷ジョブの分配履歴を示すジョブ分配履歴情報を用いて、前記印刷ジョブの処理効率を推定する、請求項1から5のいずれか一項に記載の印刷システム。

請求項7

前記分配処理コントローラー選択部は、前記印刷ジョブを同時に受け付けた場合に、それぞれの前記印刷ジョブを異なる前記第1の処理部に割り当てる、請求項1から6のいずれか一項に記載の印刷システム。

請求項8

前記分配処理コントローラー選択部は、前記プリントコントローラーに内蔵される、請求項1から7のいずれか一項に記載の印刷システム。

請求項9

前記分配処理コントローラー選択部は、同一ネットワーク上に複数設けられる、請求項1から8の何れか一項に記載の印刷システム。

請求項10

クライアント端末と、プリントエンジンを有する複数のプリンターとが、ネットワークを介して接続され、前記クライアント端末からの印刷ジョブを前記複数のプリンターの中から選択されたジョブ実行プリンターで実行する印刷方法であって、前記クライアント端末から投入された前記印刷ジョブを受け付ける第1工程と、前記第1工程で前記印刷ジョブを受け付けた場合に、当該印刷ジョブの処理効率を推定し、推定結果に基づいて前記プリントエンジンに対応して設けられたプリントコントローラーの中からジョブ分配処理を実施させるプリントコントローラーを選択する第2工程と、を備える印刷方法。

請求項11

クライアント端末と、プリントエンジンを有する複数のプリンターとが、ネットワークを介して接続され、前記クライアント端末からの印刷ジョブを前記複数のプリンターの中から選択されたジョブ実行プリンターで実行する印刷システムのコンピューターに、前記クライアント端末から投入された前記印刷ジョブを受け付ける第1処理と、前記第1処理で前記印刷ジョブを受け付けた場合に、当該印刷ジョブの処理効率を推定し、推定結果に基づいて前記プリントエンジンに対応して設けられたプリントコントローラーの中からジョブ分配処理を実施させるプリントコントローラーを決定する第2処理と、を実行させるプログラム

技術分野

0001

本発明は、印刷ステム印刷方法及びプログラムに関し、特に、ネットワーク印刷システムにおけるプリンター分配処理に好適な技術に関する。

背景技術

0002

従来、LAN(Local Area Network)等のコンピューターネットワーク上にPC(Personal Computer)等のクライアント端末とプリンターが配置され、複数のクライアント端末でプリンターを共有できるようにしたネットワーク印刷システムが知られている(例えば、特許文献1参照)。ネットワーク印刷システムでは、複数の印刷ジョブを異なるプリンターに分配して印刷したり、一つの印刷ジョブを複数のプリンターで協調分担して印刷したりすることができるので、印刷処理高速化を図ることができる。

0003

ネットワーク印刷システムに用いられるプリンターは、ネットワークプリンターと称され、通常、RIP処理RIP:Raster Image Processor)などを行うプリントコントローラーを備えている。また、ネットワーク印刷システムでは、例えば、プリンターに内蔵されているプリントコントローラーの一つが、クライアント端末からの印刷ジョブを受け付け、印刷に最適なプリンター(以下、「ジョブ実行プリンター」と称する)に印刷ジョブを分配する印刷サーバーとして機能する。また例えば、ネットワーク印刷システムにおいて、PC等を印刷サーバーとして用いる場合もある。

0004

すなわち、クライアント端末からの印刷ジョブは印刷サーバー(例えば、特定のプリントコントローラー)に送信され、当該プリントコントローラーで印刷データの解析が行われ、ジョブ実行プリンターが選択される。そして、ジョブ実行プリンターに印刷データが送信され、当該ジョブ実行プリンターのプリントコントローラーでRIP処理が行われる。ジョブ実行プリンターのプリントエンジンは、RIP処理により変換された描画データに基づいて印刷を実行する。

先行技術

0005

特開2004−341869号公報

発明が解決しようとする課題

0006

上述したように、従来のネットワーク印刷システムでは、印刷サーバー(例えば、特定のプリントコントローラー)によって印刷ジョブの分配処理が行われている。この印刷ジョブの分配処理は、印刷ジョブの解析処理を含むため、処理負荷が比較的大きい。そのため、クライアント端末から連続して印刷ジョブが送信されると、印刷ジョブの分配処理が滞り、印刷処理の遅延を招く虞がある。

0007

本発明の目的は、ネットワーク上の既存のコンピューター資源を有効活用することにより、印刷処理の高速化を図ることができる印刷システム、印刷方法及びプログラムを提供することである。

課題を解決するための手段

0008

本発明に係る印刷システムは、
クライアント端末と、プリントエンジンを有する複数のプリンターとが、ネットワークを介して接続され、前記クライアント端末からの印刷ジョブを前記複数のプリンターの中から選択されたジョブ実行プリンターで実行する印刷システムであって、
前記プリントエンジンに対応して設けられたプリントコントローラーと、
前記プリントコントローラーの中から前記ジョブ実行プリンターを決定するためのジョブ分配処理を実施させるプリントコントローラーを選択する分配処理コントローラー選択部と、を備え、
前記プリントコントローラーは、前記ジョブ分配処理を行う第1の処理部、及び、前記プリントエンジンで前記印刷ジョブを実行するための描画データを生成する第2の処理部を有し、
前記分配処理コントローラー選択部は、前記クライアント端末から前記印刷ジョブが投入された場合に、当該印刷ジョブの処理効率推定し、推定結果に基づいて前記ジョブ分配処理を実施させるプリントコントローラーを決定することを特徴する。

0009

本発明に係る印刷方法は、
クライアント端末と、プリントエンジンを有する複数のプリンターとが、ネットワークを介して接続され、前記クライアント端末からの印刷ジョブを前記複数のプリンターの中から選択されたジョブ実行プリンターで実行する印刷方法であって、
前記クライアント端末から投入された前記印刷ジョブを受け付ける第1工程と、
前記第1工程で前記印刷ジョブを受け付けた場合に、当該印刷ジョブの処理効率を推定し、推定結果に基づいて前記プリントエンジンに対応して設けられたプリントコントローラーの中からジョブ分配処理を実施させるプリントコントローラーを選択する第2工程と、を備えることを特徴とする。

0010

本発明に係るプログラムは、
クライアント端末と、プリントエンジンを有する複数のプリンターとが、ネットワークを介して接続され、前記クライアント端末からの印刷ジョブを前記複数のプリンターの中から選択されたジョブ実行プリンターで実行する印刷システムのコンピューターに、
前記クライアント端末から投入された前記印刷ジョブを受け付ける第1処理と、
前記第1処理で前記印刷ジョブを受け付けた場合に、当該印刷ジョブの処理効率を推定し、推定結果に基づいて前記プリントエンジンに対応して設けられたプリントコントローラーの中からジョブ分配処理を実施させるプリントコントローラーを決定する第2処理と、を実行させることを特徴とする。

発明の効果

0011

本発明によれば、ネットワーク上の既存のコンピューター資源、具体的にはプリントエンジンに対応して設けられるプリントコントローラーを有効活用することにより、印刷処理の高速化を図ることができる。

図面の簡単な説明

0012

図1は、実施の形態に係るネットワーク印刷システムの概略構成を示す図である。
図2は、印刷サーバーのハードウェア構成の一例を示す図である。
図3は、プリンターのハードウェア構成を示す図である。
図4は、印刷処理システムで実行される印刷処理の一例を示すフローチャートである。
図5は、印刷サーバーで実行される分配処理コントローラー選択処理の一例を示すフローチャートである。
図6は、印刷サーバー又はプリントコントローラーで実行されるジョブ分配処理の一例を示すフローチャートである。
図7は、プリンターごとのランク値を算出するためのランク判定テーブルの一例を示す図である。
図8は、ランク値が同じである場合に参照される判断基準テーブルの一例を示す図である。

実施例

0013

以下、本発明の実施の形態を、図面を参照して詳細に説明する。

0014

図1は、本発明の一実施の形態に係るネットワーク印刷システムS(以下、「印刷システムS」と称する)の概略構成を示す図である。
図1に示すように、印刷システムSは、印刷サーバー1、プリンター2、及びクライアント端末3を備える。印刷サーバー1、プリンター2、及びクライアント端末3は、例えば、社内LAN等の通信ネットワークを介して、相互に通信可能に接続される。印刷システムSでは、クライアント端末3から送信された印刷ジョブを印刷サーバー1が受け付け、プリンター2の中から印刷に適したジョブ実行プリンターを選択し、当該ジョブ実行プリンターに印刷ジョブを分配する。ジョブ実行プリンターとして選択されたプリンター2は、当該プリンター2のプリントコントローラー21(図3参照)で印刷データに対してRIP処理を実施し、RIP処理により生成された描画データに基づいてプリントエンジン22(図3参照)で印刷を実行する。

0015

ここで、RIP処理とは、例えば、PostScriptやPCL(Printer Control Language)等のページ記述言語(PDL:Page Description Language)で記述された印刷データを、プリントエンジン22が理解できる描画データ(例えば、BMP(bitmap)等のラスターデータ)に変換する処理である。印刷データは、例えば、図形や写真等の画像オブジェクトのデータ及び文字記号等のテキストオブジェクトのデータを含む。

0016

図2は、印刷サーバー1のハードウェア構成の一例を示す図である。
図2に示すように、印刷サーバー1は、例えば、汎用のPCで構成され、演算制御装置としてのCPU(Central Processing Unit)11、主記憶装置としてのRAM(Random Access Memory)12及びROM(Read Only Memory)13、記憶部14、表示部15、操作入力部16、ネットワークI/F17、並びに外部機器I/F18等を有する。各ユニット12〜18は、システムバス19を介してCPU11に接続される。

0017

ROM13には、例えば、BIOS(Basic Input/Output System)、ファームウェア等の基本プログラムや、基本的な設定データが記憶される。CPU11は、記憶部14から処理内容に応じたプログラムを読み出してRAM12に展開し、展開したプログラムを実行することにより、各種機能を実現する。

0018

本実施の形態では、CPU11は、記憶部14に記憶されている分配処理コントローラー選択プログラムP1を実行することにより、プリンター2のプリントコントローラー21の中から印刷ジョブの分配処理を行う分配処理コントローラーを選択する(分配処理コントローラー選択部としての処理)。また、CPU11は、記憶部14に記憶されているジョブ分配処理プログラムP2を実行することにより、ジョブ実行プリンターを決定し、印刷ジョブの分配処理を行う(ジョブ分配処理部としての処理)。

0019

記憶部14は、例えば、不揮発性半導体メモリ(いわゆるフラッシュメモリ)やハードディスクドライブ等の補助記憶装置である。記憶部14は、CD(Compact Disc)、DVD(Digital Versatile Disc)、BD(Blu-ray Disc、「Blu-ray」は登録商標)等の光ディスク、MO(Magneto-Optical disk)等の光磁気ディスクを駆動して情報を読み書きするディスクドライブであってもよい。

0020

本実施の形態では、記憶部14は、分配処理コントローラー選択プログラムP1、ジョブ分配処理プログラムP2、分配処理コントローラー選択処理において参照されるランク判定テーブルD1、印刷ジョブの分配履歴を示すジョブ分配履歴情報D2等を記憶する。

0021

なお、記憶部14にRIP処理プログラムを記憶して、印刷サーバー1でもRIP処理が行われるようにしてもよい。例えば、プリンター2がプリントコントローラー21を備えていない場合、印刷サーバー1でRIP処理が行われ、当該プリンター2に描画データが送信される(いわゆるソフトウェアRIP処理)。

0022

表示部15は、例えば、液晶ディスプレイ有機ELディスプレイCRTディスプレイ等で構成される。表示部15は、CPU11の指示に従って、画面表示を行う。

0023

操作入力部16は、テンキースタートキー等の各種操作キー、及びマウス等のポインティングデバイスを備え、ユーザーによる各種入力操作を受け付けて、操作信号をCPU11に出力する。ユーザーは、操作入力部16を操作して、ランク判定テーブルD1の更新や、ネットワーク上のプリンター2に関するデータの変更等を行うことができる。
なお、表示部15及び操作入力部16は、例えば、タッチパネル付きフラットパネルディスプレイにより、一体的に設けられてもよい。

0024

ネットワークI/F17は、有線無線LAN(Local Area Network)等の通信ネットワークを介して外部機器と通信を行うためのインターフェースである。CPU11は、ネットワークI/F17を介して、ネットワークに接続された外部機器(例えば、プリンター2及びクライアント端末3)との間で、各種情報送受信を行う。

0025

外部機器I/F18は、USB(Universal Serial Bus)等の通信バスを介して外部機器を接続するためのインターフェースである。CPU11は、外部機器I/F18に接続された外部機器との間で、各種情報の送受信を行う。

0026

図3は、プリンター2の主要部の構成の一例を示す図である。
プリンター2は、例えば、電子写真プロセス技術を利用して、用紙に画像を形成する。プリンター2は、モノクロプリンターであってもよいし、カラープリンターであってもよい。
図3に示すように、プリンター2は、例えば、一般的なネットワークプリンターで構成され、プリントコントローラー21及びプリントエンジン22を備える。すなわち、プリントコントローラー21は、プリントエンジン22に対応して設けられている。通常、プリンター2は、各ブロックを集中制御するメイン制御部、記憶部、画像処理部、表示部、操作入力部、ネットワークI/F、及び外部機器I/F等も備えている。これらの構成は公知であるので、図示及び説明は省略する。

0027

プリントコントローラー21は、例えば、1チップマイコンで構成される。プリントコントローラー21は、演算/制御装置としてのCPU211、主記憶装置としてのRAM212及びROM213を有する。ROM213は、例えば、ジョブ分配処理プログラムP3及びRIP処理プログラムP4を記憶する。RIP処理プログラムP4は、例えば、印刷ジョブのページ記述言語の種類ごとに用意されており、処理する印刷ジョブのページ技術言語に対応するRIP処理プログラムP4が、RAM212に適宜ロードされ、実行される。

0028

CPU211は、ROM213に記憶されているジョブ分配処理プログラムP3を実行することにより、ジョブ実行プリンターを決定し、印刷ジョブの分配処理を行う(ジョブ分配処理部としての処理)。また、CPU211は、ROM213に記憶されているRIP処理プログラムP4を実行することにより、印刷データを描画データに変換する(RIP処理部としての処理)。

0029

プリントコントローラー21がRIP処理部として機能するのは従来と同様である。本実施の形態では、プリントコントローラー21がジョブ分配処理部としても機能する点が特徴的である。ジョブ分配処理及びRIP処理は、それぞれ、印刷ジョブに含まれる印刷データ(PDLデータ)の詳細解析を行う必要があるため、大きなハードウェア資源消費する。

0030

プリントエンジン22は、プリントコントローラー21から出力された描画データに基づいて、用紙に印刷を行う。プリントエンジン22は、例えば、トナー像形成部、中間転写部及び定着部を有する。トナー像形成部は、入力画像データに基づいて、Y成分、M成分、C成分、K成分の各有色トナーによるトナー像を形成する(プリンター2がカラープリンターの場合)。中間転写部は、トナー像形成部により形成されたトナー像を用紙に転写する。定着部は、転写されたトナー像を用紙に定着させる。なお、プリントエンジン22の構成は公知であるので、詳細な説明は省略する。

0031

印刷システムSでは、クライアント端末3の印刷要求に伴い、印刷サーバー1に印刷ジョブが投入される。そして、印刷サーバー1における印刷ジョブの分配処理によって、プリンター2の中からジョブ実行プリンターが選択され、印刷ジョブが分配される。このとき、一つの印刷ジョブを、例えば、ページ単位で分割して、複数のプリンター2に分配してもよい。例えば、印刷ジョブに含まれるカラーページの印刷データをカラーのプリンター2に分配し、モノクロページの印刷データをモノクロのプリンター2に分配することで、効率よく印刷処理を行うことができる。

0032

ジョブ実行プリンターとして選択されたプリンター2は、印刷サーバー1から印刷データを受信すると、プリントコントローラー21で印刷データに対してRIP処理を実施し、描画データに変換する。また、プリンター2のプリントエンジン22は、プリントコントローラー21で生成された描画データに基づいて、印刷を実行する。

0033

印刷ジョブの分配処理は、通常、印刷ジョブを受け付けた印刷サーバー1によって行われるが、本実施の形態では、印刷サーバー1だけでなく、プリンター2のプリントコントローラー21でも印刷ジョブの分配処理が行われるようになっている。
例えば、印刷サーバー1が印刷ジョブの分配処理を行っているときに、さらに印刷ジョブを受け付けると、後の印刷ジョブの分配処理を直ちに行うことが困難となるので、このような場合に、プリントコントローラー21のいずれかで印刷ジョブの分配処理が行われる。

0034

図4は、印刷システムSで実行される印刷処理の一例を示すフローチャートである。
図4のステップS11において、印刷サーバー1は、クライアント端末3からの印刷要求に伴い、印刷ジョブを受け付ける。

0035

ステップS12において、印刷サーバー1は、印刷ジョブの処理中であるか否かを判定する。印刷ジョブの処理中とは、印刷ジョブの分配処理を行っているとき、及び印刷サーバー1でRIP処理が行われる場合はRIP処理を行っているときを含む。
印刷ジョブの処理中である場合(ステップS12で“YES”)、ステップS13の処理に移行する。印刷ジョブの処理中でない場合(ステップS12で“NO”)、ステップS14の処理に移行する。

0036

ステップS13の処理において、印刷サーバー1は、分配処理コントローラー選択処理を行う。すなわち、印刷サーバー1において、印刷ジョブの処理中である場合は、投入された印刷ジョブの分配処理を直ちに実行することができないので、プリンター2のプリントコントローラー21を利用して印刷ジョブの分配処理が行われる。具体的には、図5に示すフローチャートに従って、分配処理コントローラー選択処理が行われる。

0037

図5は、分配処理コントローラー選択処理の一例を示すフローチャートである。この処理は、印刷サーバー1のCPU11が分配処理コントローラー選択プログラムP1を実行することにより実現される。

0038

図5のステップS21において、印刷サーバー1のCPU11は、ネットワークに接続されているプリンター2のプリンター情報として、プリントコントローラー21に関する情報及びプリントエンジン22に関する情報を取得する。
プリントコントローラー21に関する情報は、例えば、プリントコントローラー21のハードウェア情報(例えば、CPU211の処理速度)、現在の処理状態(例えば、ジョブ分配処理及びRIP処理によるCPU使用率)を示す処理負荷情報、及びサポートしているページ記述言語(例えば、PostScript、PCL、PDF(Portable Document Format)、PDF/VT(Variable Transactional)、XPS(XML Paper Specification)、PPML(Personalized Print Markup Language))を示すソフトウェア情報のうちの少なくとも一つを含む。
プリントエンジン22に関する情報は、例えば、プリントエンジン22の印刷速度情報、印刷可能な色材種類(CMYK)を示すカラー情報印刷状態を示す内部状態情報(例えば、排紙トレイタン給紙用紙なし、色材なし、用紙ジャムサービスコールエラーなどのエラー情報)のうちの少なくとも一つを含む。

0039

なお、プリンター情報のうち、プリントコントローラー21のハードウェア情報及びソフトウェア情報、並びにプリントエンジン22の印刷速度情報及びカラー情報は、図5のフローチャートが実行されるたびにプリンター2から取得する必要はなく、例えば、キャッシュメモリ(図示略)に保存しておき、キャッシュメモリから読み出して取得してもよい。

0040

ステップS22において、印刷サーバー1のCPU11は、投入された印刷ジョブを解析し、当該印刷ジョブの概要情報を取得する。印刷ジョブの概要情報は、例えば、当該印刷ジョブのページ記述言語の種類を示すPDL情報を含む。印刷ジョブのページ記述言語の種類は、印刷データのファイルヘッダのみを解析することで、高速で取得することができる。

0041

ステップS23において、印刷サーバー1のCPU11は、印刷ジョブの分配履歴を示すジョブ分配履歴情報D2(図2参照)を取得する。ジョブ分配履歴情報D2から各プリンター2の使用頻度、すなわちジョブ実行プリンターとして選択される可能性を把握することができる。

0042

ステップS24において、印刷サーバー1のCPU11は、プリンター2ごとのランク値を算出する。ランク値の算出は、例えば、ランク判定テーブルD1(図2参照)を参照して行われる。ランク判定テーブルD1の一例を図7に示す。なお、図7に示すランク判定の条件及びランク判定値は一例であり、ユーザー環境に応じて、ランク判定の条件を追加又は削除してもよいし、ランク判定値を増減してもよい。

0043

図7のランク判定テーブルD1では、ランク判定の条件として、「受信PDLを処理不能」、「印刷処理不能」、「印刷中」、「RIP処理中」、「RIP処理プログラム未ロード」があり、それぞれに対して、ランク判定値「+5」、「+4」、「+3」、「+3」、「+1」が対応付けられている。

0044

「受信PDLを処理不能」とは、投入された印刷ジョブのページ記述言語をプリントコントローラー21がサポートしていないことを示し、プリントコントローラー21の情報に基づいて当該条件を満たしているか否かが判定される。
「印刷処理不能」とは、プリントエンジン22で給紙エラー等が生じて印刷できない状態であることを示し、プリントエンジン22の情報に基づいて当該条件を満たしているか否かが判定される。
「印刷中」とは、プリントエンジン22で印刷が行われていることを示し、プリントエンジン22の情報に基づいて当該条件を満たしているか否かが判定される。
「RIP処理中」とは、プリントコントローラー21でRIP処理が行われていることを示し、プリントコントローラー21の情報に基づいて当該条件を満たしているか否かが判定される。
「RIP処理プログラム未ロード」とは、プリントコントローラー21においてRIP処理プログラムP4がRAM212にロードされていないことを示し、プリントコントローラー21の情報に基づいて当該条件を満たしているか否かが判定される。

0045

このように、ランク判定テーブルD1では、プリントコントローラー21が当該印刷ジョブの実行に利用されない可能性が高い順に、大きなランク判定値が割り当てられている。例えば、「受信PDLを処理不能」という条件に該当するプリントコントローラー21は、当該印刷ジョブのRIP処理を行う可能性はないので、一番大きなランク判定値「+5」が割り当てられている。

0046

図5のステップS24では、ランク判定テーブルD2で定義されている条件のうち、それぞれのプリントコントローラー21が満たしている条件のランク判定値を加算して、プリントコントローラー21ごとのランク値が算出される。例えば、ランク判定テーブルD1の「受信PDLを処理不能」という条件(ランク判定値:+5)と、「印刷中」という条件(ランク判定値:+3))を満たしているプリンター2のプリントコントローラー21のランク値は、「+8」となる。

0047

プリントコントローラー21のランク値が大きい場合、当該プリントコントローラー21が当該印刷ジョブの実行に利用されない(RIP処理が行われない)可能性が高いことになる。したがって、ランク値が大きいプリントコントローラー21が分配処理コントローラーとして選択されることで、印刷ジョブの分配処理とRIP処理が並行して行われるという事態は発生しにくく、当該印刷ジョブの処理効率は高くなる。つまり、プリントコントローラー21のランク値は、当該プリントコントローラー21が分配処理コントローラーとして選択されたときの印刷ジョブの処理効率を示しているに他ならない。

0048

ステップS25において、印刷サーバー1のCPU11は、ステップS24で算出されたランク値に基づいて、分配処理コントローラーを確定する。具体的には、CPU11は、算出されたランク値が最も大きいプリントコントローラー21、すなわち、ジョブ実行プリンターとして選択される可能性が最も低いプリンター2のプリントコントローラー21を、分配処理コントローラーとして選択する。つまり、CPU11は、プリントコントローラー21ごとに、投入された印刷ジョブの分配処理を当該プリントコントローラー21に実行させた場合の当該印刷ジョブの処理効率を推定し、推定結果に基づいて、分配処理コントローラーを選択する。

0049

なお、複数のプリントコントローラー21のランク値が同じである場合は、例えば、予め設定された判断基準に基づいて、分配処理コントローラーが確定される。ランク値が同じである場合に参照される判断基準テーブルD3の一例を図8に示す。判断基準テーブルD3は、ランク判定テーブルD2と同様に、例えば、印刷サーバー1の記憶部14に記憶される。

0050

図8に示す判断基準テーブルD3では、「プリントコントローラーのハードウェアスペックが高い順」という判断基準1、「プリントエンジンの印刷速度が速い順」という判断基準2、「プリントエンジンで処理可能な色材数が少ない順」という判断基準3、「ジョブ実行プリンターとして利用された回数の少ない順」という判断基準4の4つの判断基準が設定されている。

0051

複数のプリントコントローラー21のランク値が同じである場合は、上位の判断基準1から順に参照され、どのプリントコントローラー21が分配処理コントローラーとして選択された場合に、投入された印刷ジョブの処理効率が最も高くなるか判定される。例えば、プリントコントローラー21のハードウェアスペックが異なる場合には、ハードウェアスペックが高い方のプリントコントローラー21が、投入された印刷ジョブの処理効率が高く、分配処理コントローラーとして適しているということになる。
そして、上位の判断基準で判定できない場合に、下位の判断基準による判定が行われる。つまり、これらの判断基準も、当該プリントコントローラー21が分配処理コントローラーとして選択されたときの印刷ジョブの処理効率を示しているに他ならない。

0052

ステップS26において、印刷サーバー1のCPU11は、分配処理コントローラーとして選択したプリントコントローラー21に印刷ジョブを送信する。この印刷ジョブは、送信先のプリントコントローラー21によって受信される。

0053

このようにして、印刷サーバー1において、分配処理コントローラーの選択処理が行われる。これにより、当該印刷ジョブのジョブ実行プリンターとして選択される可能性が最も低いプリンター2のプリントコントローラー21、すなわち、印刷ジョブの処理効率が最も高くなるプリントコントローラー21が分配処理コントローラーとして選択される。

0054

次いで、図4のステップS14において、印刷サーバー1又はステップS13で選択されたプリントコントローラー21は、印刷ジョブの分配処理を行う。印刷サーバー1が印刷ジョブの処理中でない場合(ステップS12で“NO”)は、印刷サーバー1でジョブ分配処理が行われ、印刷ジョブの処理中である場合(ステップS12で“YES”)は、ステップS13で選択されたプリントコントローラー21でジョブ分配処理が行われる。具体的には、図6に示すフローチャートに従って、ジョブ分配処理が実行される。

0055

図6は、ジョブ分配処理の一例を示すフローチャートである。この処理は、例えば、分配処理コントローラーとして選択されたプリントコントローラー21のCPU211がジョブ分配処理プログラムP3を実行することにより実現される。
なお、ここでは、プリントコントローラー21のCPU211による処理として説明するが、印刷サーバー1のCPU11よるジョブ分配処理も同様にして行われる。

0056

図6のステップS31において、プリントコントローラー21のCPU211は、印刷ジョブを解析する。印刷ジョブの解析により、例えば、印刷ジョブに含まれる印刷データ(PDLデータ)のカラー情報(カラー又はモノクロ)が取得される。

0057

ステップS32において、プリントコントローラー21のCPU211は、印刷ジョブの解析結果に基づいて、当該印刷ジョブを実行するジョブ実行プリンターを選択する。ジョブ実行プリンターの選択処理には、公知の技術を適用でき、例えば、予め設定された優先順位に従ってジョブ実行プリンターが選択される。例えば、印刷データがカラーデータである場合は、カラーのプリンター2の中からジョブ実行プリンターが選択され、モノクロデータである場合は、モノクロのプリンター2の中からジョブ実行プリンターが選択される。また例えば、現在印刷処理中でないプリンター2が優先的にジョブ実行プリンターとして選択される。

0058

なお、印刷データのカラー情報をページ単位で解析して、解析結果に基づいて印刷ジョブをページごとに分割し、複数のジョブ実行プリンターに分配するようにしてもよい。また、ジョブ実行プリンターとして選択されるプリンター2は、一つであってもよいし、複数であってもよい。

0059

ステップS33において、プリントコントローラー21のCPU211は、必要に応じて印刷データを生成する。CPU211は、例えば、印刷ジョブをページごとに分割して複数のジョブ実行プリンターに分配する場合に、それぞれのジョブ実行プリンターに対応する印刷データ(例えば、カラーの印刷データとモノクロの印刷データ)を生成する。

0060

ステップS34において、プリントコントローラー21のCPU211は、生成した印刷データを、ジョブ実行プリンターとして選択されたプリンター2に送信する。送信された印刷データは、ジョブ実行プリンターとして選択されたプリンター2によって受信される。

0061

ステップS35において、プリントコントローラー21のCPU211は、印刷ジョブの分配結果を保存する。具体的には、印刷ジョブの分配結果は印刷サーバー1に送信され、ジョブ分配履歴情報D3として印刷サーバー1の記憶部14に記憶される。ジョブ分配履歴情報D3は、分配処理コントローラー選択処理(図5参照)において、プリントコントローラー21ごとのランク値が同じであり、判断基準を用いて印刷ジョブの処理効率を推定する際に利用される。

0062

このようにして、プリントコントローラー21において、印刷ジョブの分配処理が行われる。このプリントコントローラー21は、当該印刷ジョブのジョブ実行プリンターとして選択される可能性が最も低いプリンター2のプリントコントローラーであり、当該印刷ジョブのジョブ分配処理とRIP処理が並行して実行される可能性は低いので、ジョブ分配処理を高速処理することができる。つまり、本実施の形態では、投入された印刷ジョブのRIP処理を実施しないフリーのプリントコントローラー21を、分配処理コントローラーとして有効活用することで、印刷処理の高速化が図られている。

0063

次いで、図4のステップS15において、ジョブ実行プリンターのプリントコントローラー21は、分配処理コントローラーとしてのプリントコントローラー21(ジョブ実行プリンターのプリントコントローラー21とは異なる)から送信された印刷データに対してRIP処理を実施する。
また、ステップS16において、ジョブ実行プリンターのプリントエンジン22は、RIP処理により生成された描画データに基づいて、用紙に印刷を行う。

0064

このように、実施の形態に係る印刷システムSは、クライアント端末3と、プリントエンジン22を有する複数のプリンター2とが、ネットワークを介して接続され、クライアント端末3からの印刷ジョブを複数のプリンター2の中から選択されたジョブ実行プリンターで実行する印刷システムであって、プリントエンジン22に対応して設けられたプリントコントローラー21と、プリントコントローラー21の中からジョブ実行プリンターを決定するためのジョブ分配処理を実施させるプリントコントローラー21を選択する印刷サーバー1(分配処理コントローラー選択部)と、を備える。プリントコントローラー21は、ジョブ分配処理を行うジョブ分配処理部(第1の処理部)、及び、プリントエンジン22で印刷ジョブを実行するための描画データを生成するRIP処理部(第2の処理部)を有する。印刷サーバー1は、クライアント端末3から印刷ジョブが投入された場合に、当該印刷ジョブの処理効率を推定し、推定結果に基づいてジョブ分配処理を実施させるプリントコントローラーを決定する。

0065

また、実施の形態に係る印刷方法は、クライアント端末3と、プリントエンジン22を有する複数のプリンター2とが、ネットワークを介して接続され、クライアント端末3からの印刷ジョブを複数のプリンター2の中から選択されたジョブ実行プリンターで実行する印刷方法であって、クライアント端末3から投入された印刷ジョブを受け付ける第1工程(図4のステップS11)と、第1工程で印刷ジョブを受け付けた場合に、当該印刷ジョブの処理効率を推定し、推定結果に基づいてプリントエンジン22に対応して設けられたプリントコントローラー21の中からジョブ分配処理を実施させるプリントコントローラーを選択する第2工程(図4のステップS13、図5)と、を備える。

0066

また、実施の形態に係るプログラムは、クライアント端末3と、プリントエンジン22を有する複数のプリンター2とが、ネットワークを介して接続され、クライアント端末3からの印刷ジョブを複数のプリンター2の中から選択されたジョブ実行プリンターで実行する印刷システムSのコンピューター(印刷サーバー1のCPU11)に、クライアント端末3から投入された印刷ジョブを受け付ける第1処理(図4のステップS11)と、第1処理で前記印刷ジョブを受け付けた場合に、当該印刷ジョブの処理効率を推定し、推定結果に基づいてプリントエンジン22に対応して設けられたプリントコントローラー21の中からジョブ分配処理を実施させるプリントコントローラーを決定する第2処理(図4のステップS13、図5)と、を実行させる。
このプログラムは、例えば、当該プログラムが格納されたコンピューター読取可能な可搬型記憶媒体(光ディスク、光磁気ディスク、及びメモリカードを含む)を介して提供される。また例えば、プログラムは、当該プログラムを保有するサーバーから、ネットワークを介してダウンロードにより提供されてもよい。

0067

実施の形態に係る印刷システム、印刷方法及びプログラムによれば、ネットワーク上の既存のコンピューター資源を有効活用することにより、印刷処理の高速化を図ることができる。
すなわち、プリントエンジン22に対応して設けられるプリントコントローラー21のうち、RIP処理を実行しないフリーのプリントコントローラー21を利用してジョブ分配処理を行うことにより、印刷ジョブの分配処理を効率よく実行することができる。
具体的には、印刷サーバー1が処理中である場合でも、印刷ジョブの処理効率の推定結果に基づいて、印刷ジョブを実行する可能性が低いプリンター2のプリントコントローラー22が、ジョブ分配処理を実行する分配処理コントローラーとして選択され、当該プリントコントローラー21においてジョブ分配処理が実行される。したがって、印刷ジョブの分配処理が滞りなく実行されるので、印刷処理の高速化を図ることができる。

0068

また、印刷システムSにおいて、印刷サーバー1(分配処理コントローラー選択部)は、プリントコントローラー21のハードウェア情報、現在の処理状態を示す処理負荷情報、及び、サポートしているファイル形式を含むソフトウェア情報のうちの少なくとも一つを含むプリントコントローラーに関する情報を用いて、印刷ジョブの処理効率を推定する。
また、印刷サーバー1(分配処理コントローラー選択部)は、プリントエンジン22の印刷速度情報、印刷可能な色材種類を示すカラー情報、印刷状態を示す内部状態情報のうちの少なくとも一つを含むプリントエンジンに関する情報を用いて、印刷ジョブの処理効率を推定する。
また、印刷サーバー1(分配処理コントローラー選択部)は、投入された印刷ジョブのページ記述言語の種類を示すPDL情報を含む印刷ジョブの概要情報を用いて、印刷ジョブの処理効率を推定する。
また、印刷サーバー1(分配処理コントローラー選択部)は、過去に実施した印刷ジョブの分配履歴を示すジョブ分配履歴情報を用いて、印刷ジョブの処理効率を推定する。
これにより、印刷ジョブの処理効率、すなわち、いずれのプリントコントローラー21でジョブ分配処理を実行した場合に最も高速で印刷処理を行うことができるかを、精度よく推定することができる。

0069

以上、本発明者によってなされた発明を実施の形態に基づいて具体的に説明したが、本発明は上記実施の形態に限定されるものではなく、その要旨を逸脱しない範囲で変更可能である。

0070

例えば、実施の形態では、分配処理コントローラー選択部を有する印刷サーバー1がジョブ分配処理中又はRIP処理中である場合に、プリントコントローラー21を対象として分配処理コントローラー選択処理を実行する場合について説明したが、印刷サーバー1の処理状態に関わらず、印刷サーバー1及びプリントコントローラー21のジョブ分配処理部を対象として分配処理コントローラー選択処理が実行されるようにしてもよい。

0071

また例えば、実施の形態では、印刷サーバー1が分配処理コントローラー選択部として機能する場合について説明したが、分配処理コントローラー選択部は、プリントコントローラー21に内蔵されてもよい。この場合、分配処理コントローラー選択部として機能する特定のプリントコントローラー21が印刷サーバーとして機能することとなる。これにより、PCを用いて印刷サーバーを別途設ける必要がないので、システムコストを低減することができる。
この場合、特定のプリントコントローラー21がジョブ分配処理中又はRIP処理中である場合に、他のプリントコントローラー21を対象として分配処理コントローラー選択処理が実行されるようにしてもよいし、特定のプリントコントローラー21の処理状態に関わらず、当該プリントコントローラー21も対象に含めて分配処理コントローラー選択処理が実行されるようにしてもよい。

0072

また、分配処理コントローラー選択部は、同一ネットワーク上に複数設けられてもよい。これにより、クライアント端末3から連続して複数の印刷ジョブが投入された場合に、複数の分配処理コントローラー選択部で受け付け、分配処理コントローラー選択処理を行うことができるので、さらに印刷処理の高速化を図ることができる。

0073

さらに、プリントコントローラー21は、プリントエンジン22に対応して設けられていればよく、PC等で構成されてもよい。

0074

今回開示された実施の形態はすべての点で例示であって制限的なものではないと考えられるべきである。本発明の範囲は上記した説明ではなくて特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の意味および範囲内でのすべての変更が含まれることが意図される。

0075

Sネットワーク印刷システム(印刷システム)
1印刷サーバー(分配処理コントローラー選択部、ジョブ分配処理部)
11 CPU
12 RAM
13 ROM
14 記憶部
15 表示部
16操作入力部
17ネットワークI/F
18外部機器I/F
19システムバス
2プリンター
21プリントコントローラー(ジョブ分配処理部、RIP処理部)
22 プリントエンジン

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社オービックの「 印刷制御装置、印刷制御方法、及び印刷制御プログラム」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】本発明は、複数の印刷対象データの各々を所定の用紙に印刷するに際し、ユーザの利便性に優れた制御を行うことができる印刷制御装置、印刷制御方法、及び印刷制御プログラムを提供することを目的とする。【解... 詳細

  • 富士ゼロックス株式会社の「 情報処理装置、情報処理システム及びプログラム」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】撮影画像から対象物が認識された場合に当該対象物に関する情報に基づく画像を表示する場合において、撮影画像から当該対象物が認識されない場合であっても、ユーザが、当該対象物に関する情報を確認できるよ... 詳細

  • 富士ゼロックス株式会社の「 開閉構造」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】開閉部材の開放時の衝撃を緩和することができる画像形成装置を提供する。【解決手段】装置本体に対して開閉可能な開閉部材と、開閉部材を装置本体に対して開閉可能に連結する連結部材と、を備え、連結部材は... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ