図面 (/)

技術 スクレイピングを通じた資金振替・振込方法とそのシステム及びコンピュータプログラム

出願人 クーコンカンパニーリミテッド
発明者 キム、ジョンヒョンジョン、ジェウォンイ、スンウク
出願日 2018年9月14日 (2年3ヶ月経過) 出願番号 2018-172564
公開日 2020年3月26日 (8ヶ月経過) 公開番号 2020-046730
状態 特許登録済
技術分野
  • -
主要キーワード 変動履歴 スクレイピング データ処理機器 確認パスワード イン結果 しぶり 人的資源 家計管理
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年3月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

スクレイピングを通じた資金振替振込システム及び方法と、そのコンピュータプログラムを提供する。

解決手段

資金振替・振込システム2は、スクレイピングを通じた資金振替・振込システムは、ユーザから口座情報資金振り替える(振り込む)ための認証情報及び振替振込金額を含む振替(振込)情報を受信するように構成された受信部、受信された前記認証情報を用いたスクレイピング方式で金融サーバアクセスして、前記振替(振込)情報及び前記口座情報に相応する資金振替(振込)を前記金融サーバに要請するように構成されたスクレイピング部及び金融サーバによって資金振替(振込)が行われた後、振替(振込)結果情報を受信してユーザに提供する報告部を含む。

概要

背景

家庭家計管理や企業の会計管理のために行う従来の資産管理方法では、顧客が直接資産の状況を登録し、変動履歴を追跡して記録する方式が主となっている。従来方式で、ユーザは直接自分のIDとパスワード、又は電子証明書を用いて銀行などの金融機関サービスウェブページアクセスすることで、金融機関が提供する情報のうち、必要な情報を確認しなければならない。

最近は、金融機関のウェブページにユーザが直接アクセスしなくても、クライアント装置又はサーバ装置が金融機関にアクセスした後、画面に表示される情報から必要な情報のみを収集するスクリーンスクレイピング(screen scraping)技術が登場した。一例として、特許文献1はスクリーンスクレイピングを用いた通帳なしの入金管理技術を開示する。

しかし、現在までのスクレイピング技術は、銀行などのインターネットバンキングウェブサイトから入出金履歴呼び出す程度に活用するに過ぎず、スクレイピング技術を通じた資金振り替え振り込み)や会計管理は、まだ本格的に活用していない実情である。特に、企業会計においては、限られた取引先入金口座に繰り返し資金を振り替える(振り込む)業務が多い。しかし、従来は、これらの繰り返し業務を反映して企業の会計管理を容易にするためのスクレイピングベースサービスは存在しなかった。

概要

スクレイピングを通じた資金振替振込システム及び方法と、そのコンピュータプログラムを提供する。資金振替・振込システム2は、スクレイピングを通じた資金振替・振込システムは、ユーザから口座情報、資金を振り替える(振り込む)ための認証情報及び振替振込金額を含む振替(振込)情報を受信するように構成された受信部、受信された前記認証情報を用いたスクレイピング方式で金融サーバにアクセスして、前記振替(振込)情報及び前記口座情報に相応する資金振替(振込)を前記金融サーバに要請するように構成されたスクレイピング部及び金融サーバによって資金振替(振込)が行われた後、振替(振込)結果情報を受信してユーザに提供する報告部を含む。

目的

本発明の実施形態はスクレイピング(scraping)を通じた資金振替・振込システム及び方法と、そのためのコンピュータプログラムに関するものであり、より詳細には、ユーザが金融機関に直接アクセスしなくても、スクレイピングを通じて自分の口座から他の口座への資金振替(振込)を行うことができ、振替(振込)の実行と結果をエンタープライズリソースプラニング(Enterprise Resource Planning;ERP)システム連携して管理することができるスクレイピングを通じて資金振替・振込サービスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ユーザから口座情報資金振り替える(振り込む)ための認証情報、及び振替振込金額を含む振替(振込)情報を受信するように構成された受信部;受信された前記認証情報を用いたスクレイピング方式で金融サーバアクセスして、前記振替(振込)情報及び前記口座情報に相応する資金振替(振込)を前記金融サーバに要請するように構成されたスクレイピング部;及び、前記金融サーバによって資金振替(振込)が行われた後、振替(振込)結果情報を受信してユーザに提供する報告部;を含むことを特徴とするスクレイピングを通じた資金振替・振込システム

請求項2

前記スクレイピング部は、前記金融サーバに資金振替(振込)を要請する過程で前記金融サーバから追加認証要請を受信し、前記要請に対する応答として、ユーザから追加認証情報を受信して前記金融サーバに伝送する認証部を更に含む請求項1に記載のスクレイピングを通じた資金振替・振込システム。

請求項3

前記認証部は、ユーザデバイスを用いて認証コードを読み取ることができように構成された2次元コードを前記ユーザデバイスに伝送し、前記ユーザデバイスから前記2次元コードに相応する認証コードを前記追加認証情報として受信するように更に構成された請求項2に記載のスクレイピングを通じた資金振替・振込システム。

請求項4

前記口座情報は手数料負担情報を含み、前記スクレイピング部は、前記手数料負担情報を用いてユーザの手数料を負担するか否かを決定し、決定された手数料負担の可否に基づいて選択的にユーザの手数料納付を前記金融サーバに要請するように更に構成された請求項1に記載のスクレイピングを通じた資金振替・振込システム。

請求項5

前記報告部は累積された振替(振込)結果を格納するデータベースを含む請求項1に記載のスクレイピングを通じた資金振替・振込システム。

請求項6

前記データベースに格納された振替(振込)結果を分析して、複数回重複する振替(振込)結果に相応して振替(振込)日、振替(振込)対象口座及び振替(振込)金額のうちいずれか一つ以上を定義する定期送金スケジュールを生成するように構成された分析部を更に含む請求項5に記載のスクレイピングを通じた資金振替・振込システム。

請求項7

前記分析部は、前記スクレイピングを通じた資金振替・振込システムと通信するエンタープライズリソースプラニングシステムから受信された会計情報を更に用いて前記定期送金スケジュールを生成するように構成された請求項6に記載のスクレイピングを通じた資金振替・振込システム。

請求項8

前記報告部は、前記スクレイピングを通じた資金振替・振込システムと通信するエンタープライズリソースプラニングシステムが読み取ることができるデータ形式に前記振替(振込)結果情報を加工して前記エンタープライズリソース管理システムに出力するように更に構成された請求項1に記載のスクレイピングを通じた資金振替・振込システム。

請求項9

資金振替・振込システムが、ユーザから口座情報、資金を振り替える(振り込む)ための認証情報、及び振替(振込)金額を含む振替(振込)情報を受信するステップ;前記資金振替・振込システムが、受信された前記認証情報を用いたスクレイピング方式で金融サーバにアクセスするステップ;前記資金振替・振込システムが、前記振替(振込)情報及び前記口座情報に相応する資金振替(振込)を前記金融サーバに要請するステップ;前記資金振替・振込システムが、前記金融サーバによって資金振替(振込)が行われた後、振替(振込)結果情報を前記金融サーバから受信するステップ;及び、前記資金振替・振込システムが、前記振替(振込)結果情報をユーザに提供するステップを含むことを特徴とするスクレイピングを通じた資金振替・振込方法

請求項10

前記資金振替(振込)を前記金融サーバに要請するステップは、前記資金振替・振込システムが、前記金融サーバから追加認証要請を受信するステップ;前記資金振替・振込システムが、前記要請に対する応答として、ユーザから追加認証情報を受信するステップ;及び、前記資金振替・振込システムが、前記追加認証情報を前記金融サーバに伝送するステップを含む請求項9に記載のスクレイピングを通じた資金振替・振込方法。

請求項11

前記追加認証情報を受信するステップは、前記資金振替・振込システムが、ユーザデバイスを用いて認証コードを読み取ることができように構成された2次元コードを前記ユーザデバイスに伝送するステップ;及び、前記資金振替・振込システムが、前記ユーザデバイスから前記2次元コードに相応する認証コードを前記追加認証情報として受信するステップを含む請求項10に記載のスクレイピングを通じた資金振替・振込方法。

請求項12

前記口座情報は手数料負担情報を含み、前記資金振替(振込)を前記金融サーバに要請するステップは、前記資金振替・振込システムが、前記手数料負担情報を用いてユーザの手数料を負担するか否かを決定するステップ;及び、前記資金振替・振込システムが、前記手数料負担の可否を決定するステップでユーザが手数料を負担することと決定される場合、ユーザの手数料納付を前記金融サーバに要請するステップを含む請求項9に記載のスクレイピングを通じた資金振替・振込方法。

請求項13

前記資金振替・振込システムは累積された振替(振込)結果を格納するデータベースを含み、前記資金振替・振込システムが、前記データベースに格納された振替(振込)結果を分析して、複数回重複する振替(振込)結果に相応して振替(振込)日、振替(振込)対象口座及び振替(振込)金額のうちいずれか一つ以上を定義する定期送金スケジュールを生成するステップを更に含む請求項9に記載のスクレイピングを通じた資金振替・振込方法。

請求項14

前記定期送金スケジュールを生成するステップは、前記資金振替・振込システムが、前記スクレイピングを通じた資金振替・振込システムと通信するエンタープライズリソースプラニングシステムから受信された会計情報を更に用いて前記定期送金スケジュールを生成するステップを含む請求項13に記載のスクレイピングを通じた資金振替・振込方法。

請求項15

前記資金振替・振込システムが、前記スクレイピングを通じた資金振替・振込システムと通信するエンタープライズリソースプラニングシステムが読み取ることができるデータ形式に前記振替(振込)結果情報を加工するステップ;及び、前記資金振替・振込システムが、加工された前記振替(振込)結果情報を前記エンタープライズリソースプラニングシステムに出力するステップを更に含む請求項9に記載のスクレイピングを通じた資金振替・振込方法。

請求項16

ハードウェアと組み合わせて請求項9ないし15のいずれかに記載のスクレイピングを通じた資金振替・振込方法を行うようにコンピュータ読み取り可能な媒体に記録されたことを特徴とするコンピュータプログラム

技術分野

0001

本発明の実施形態はスクレイピング(scraping)を通じた資金振替振込システム及び方法と、そのためのコンピュータプログラムに関するものであり、より詳細には、ユーザが金融機関直接アクセスしなくても、スクレイピングを通じて自分の口座から他の口座への資金振替(振込)を行うことができ、振替(振込)の実行と結果をエンタープライズリソースプラニング(Enterprise Resource Planning;ERP)システム連携して管理することができるスクレイピングを通じて資金振替・振込サービスを提供する技術に関するものである。

背景技術

0002

家庭家計管理や企業の会計管理のために行う従来の資産管理方法では、顧客が直接資産の状況を登録し、変動履歴を追跡して記録する方式が主となっている。従来方式で、ユーザは直接自分のIDとパスワード、又は電子証明書を用いて銀行などの金融機関のサービスウェブページアクセスすることで、金融機関が提供する情報のうち、必要な情報を確認しなければならない。

0003

最近は、金融機関のウェブページにユーザが直接アクセスしなくても、クライアント装置又はサーバ装置が金融機関にアクセスした後、画面に表示される情報から必要な情報のみを収集するスクリーンスクレイピング(screen scraping)技術が登場した。一例として、特許文献1はスクリーンスクレイピングを用いた通帳なしの入金管理技術を開示する。

0004

しかし、現在までのスクレイピング技術は、銀行などのインターネットバンキングウェブサイトから入出金履歴呼び出す程度に活用するに過ぎず、スクレイピング技術を通じた資金振り替え振り込み)や会計管理は、まだ本格的に活用していない実情である。特に、企業会計においては、限られた取引先入金口座に繰り返し資金を振り替える(振り込む)業務が多い。しかし、従来は、これらの繰り返し業務を反映して企業の会計管理を容易にするためのスクレイピングベースのサービスは存在しなかった。

先行技術

0005

韓国特許登録第10−0468098号公報

発明が解決しようとする課題

0006

本発明の一側面によれば、ユーザが金融機関に直接アクセスしなくても、スクレイピング(scraping)を通じて自分の口座から他の口座への資金振替(振込)を行うことができ、振替(振込)の実行と結果をエンタープライズリソースプラニング(Enterprise Resource Planning;ERP)システムと連携して管理することができるスクレイピングを通じた資金振替・振込システム及び方法と、そのためのコンピュータプログラムを提供することにその目的がある。

課題を解決するための手段

0007

本発明の一側面に係るスクレイピング(scraping)を通じた資金振替・振込システムは、ユーザから口座情報、資金を振り替える(振り込む)ための認証情報、及び振替(振込)金額を含む振替(振込)情報を受信するように構成された受信部;受信された前記認証情報を用いたスクレイピング方式で金融サーバにアクセスして、前記振替(振込)情報及び前記口座情報に相応する資金振替(振込)を前記金融サーバに要請するように構成されたスクレイピング部;及び前記金融サーバによって資金振替(振込)が行われた後、振替(振込)結果情報を受信してユーザに提供する報告部を含む。

0008

一実施形態において、前記スクレイピング部は、前記金融サーバに資金振替(振込)を要請する過程で前記金融サーバから追加認証要請を受信し、前記要請に対する応答として、ユーザから追加認証情報を受信して前記金融サーバに伝送する認証部を更に含む。

0009

一実施形態において、前記認証部は、ユーザデバイスを用いて認証コードを読み取ることができように構成された2次元コードを前記ユーザデバイスに伝送し、前記ユーザデバイスから前記2次元コードに相応する認証コードを前記追加認証情報として受信するように更に構成される。

0010

一実施形態において、前記口座情報は手数料負担情報を含み、前記スクレイピング部は、前記手数料負担情報を用いてユーザの手数料を負担するか否かを決定し、決定された手数料負担の可否に基づいて選択的にユーザの手数料納付を前記金融サーバに要請するように更に構成される。
一実施形態において、前記報告部は累積された振替(振込)結果を格納するデータベースを含む。

0011

また、本発明の他の側面に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込システムは、前記データベースに格納された振替(振込)結果を分析して、複数回重複する振替(振込)結果に相応して振替(振込)日、振替(振込)対象口座及び振替(振込)金額のうちいずれか一つ以上を定義する定期送金スケジュールを生成するように構成された分析部を更に含む。

0012

一実施形態において、前記分析部は、前記スクレイピングを通じた資金振替・振込システムと通信するエンタープライズリソースプラニングシステムから受信された会計情報を更に用いて前記定期送金スケジュールを生成するように構成される。

0013

一実施形態において、前記報告部は、前記スクレイピングを通じた資金振替・振込システムと通信するエンタープライズリソースプラニングシステムが読み取ることができるデータ形式に前記振替(振込)結果情報を加工して前記エンタープライズリソース管理システムに出力するように更に構成される。

0014

また、本発明の他の側面に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込方法は、資金振替・振込システムが、ユーザから口座情報、資金を振り替える(振り込む)ための認証情報、及び振替(振込)金額を含む振替(振込)情報を受信するステップ;前記資金振替・振込システムが、受信された前記認証情報を用いたスクレイピング方式で金融サーバにアクセスするステップ;前記資金振替・振込システムが、前記振替(振込)情報及び前記口座情報に相応する資金振替(振込)を前記金融サーバに要請するステップ;前記資金振替・振込システムが、前記金融サーバによって資金振替(振込)が行われた後、振替(振込)結果情報を前記金融サーバから受信するステップ;及び前記資金振替・振込システムが、前記振替(振込)結果情報をユーザに提供するステップを含む。

0015

一実施形態において、前記資金振替(振込)を前記金融サーバに要請するステップは、前記資金振替・振込システムが、前記金融サーバから追加認証要請を受信するステップ;前記資金振替・振込システムが、前記要請に対する応答として、ユーザから追加認証情報を受信するステップ;及び前記資金振替・振込システムが、前記追加認証情報を前記金融サーバに伝送するステップを含む。

0016

一実施形態において、前記追加認証情報を受信するステップは、前記資金振替・振込システムが、ユーザデバイスを用いて認証コードを読み取ることができように構成された2次元コードを前記ユーザデバイスに伝送するステップ;及び前記資金振替・振込システムが、前記ユーザデバイスから前記2次元コードに相応する認証コードを前記追加認証情報として受信するステップを含む。

0017

一実施形態において、前記口座情報は手数料負担情報を含み、前記資金振替(振込)を前記金融サーバに要請するステップは、前記資金振替・振込システムが、前記手数料負担情報を用いてユーザの手数料を負担するか否かを決定するステップ;及び前記資金振替・振込システムが、前記手数料負担の可否を決定するステップでユーザが手数料を負担することと決定される場合、ユーザの手数料納付を前記金融サーバに要請するステップを含む。

0018

一実施形態において、前記資金振替・振込システムは累積された振替(振込)結果を格納するデータベースを含み、この時、スクレイピングを通じた資金振替・振込方法は、前記資金振替・振込システムが、前記データベースに格納された振替(振込)結果を分析して、複数回重複する振替(振込)結果に相応して振替(振込)日、振替(振込)対象口座及び振替(振込)金額のうちいずれか一つ以上を定義する定期送金スケジュールを生成するステップを更に含む。

0019

一実施形態において、前記定期送金スケジュールを生成するステップは、前記資金振替・振込システムが、前記スクレイピングを通じた資金振替・振込システムと通信するエンタープライズリソースプラニングシステムから受信された会計情報を更に用いて前記定期送金スケジュールを生成するステップを含む。

0020

一実施形態において、スクレイピングを通じた資金振替・振込方法は、前記資金振替・振込システムが、前記スクレイピングを通じた資金振替・振込システムと通信するエンタープライズリソースプラニングシステムが読み取ることができるデータ形式に前記振替(振込)結果情報を加工するステップ;及び前記資金振替・振込システムが、加工された前記振替(振込)結果情報を前記エンタープライズリソースプラニングシステムに出力するステップを更に含む。

0021

更に、本発明の他の側面に係るコンピュータプログラムは、ハードウェアと組み合わせて前述した実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込方法を行うようにコンピュータ読み取り可能な媒体に記録されることができる。

発明の効果

0022

本発明の一側面に係るスクレイピング(scraping)を通じた資金振替・振込システム及び方法によれば、ユーザは金融機関に直接アクセスしなくても、スクレイピングを通じて自分の口座から他の口座への資金振替(振込)を行うことができ、資金を振り替える(振り込む)際の手数料負担条件を設定したり、追加認証を行うなど、振替(振込)に伴う全ての手続きを資金管理プログラムを通じて行うことができるので、業務の効率が高められる。

0023

また、本発明の他の側面に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込システム及び方法によれば、スクレイピングを通じた資金振替・振込システムと企業のエンタープライズリソースプラニング(Enterprise Resource Planning;ERP)システムの通信を通じて、企業の会計情報をベースに定期送金スケジュールを生成したり、資金振替(振込)の実行前に取引先の未収金など特異履歴をユーザが確認するようにしたり、振替(振込)の実行結果をERPシステムに反映したりするなど、資金振替(振込)の実行と結果をERPシステムと連携して運用することができる利点がある。

図面の簡単な説明

0024

一実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込システムを概略的に示すブロック図
一実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込方法の手続きを示すフローチャート
一実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込方法によってユーザデバイス上に表示されるユーザインターフェース(User Interface; UI)を示す例示的な画面図
一実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込方法によってユーザデバイス上に表示されるUIを示す他の例示的な画面図
一実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込方法によってユーザデバイス上に表示されるUIを示すまた他の例示的な画面図
他の実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込方法の手続きを示すフローチャート
一実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込方法によってユーザデバイス上に表示されるまた他のUIを示す例示的な画面図

発明を実施するための最良の形態

0025

以下、図面を参照して本発明の実施形態について詳細に説明する。

0026

図1は一実施形態に係るスクレイピング(scraping)を通じた資金振替・振込システムを概略的に示すブロック図である。
図1を参照すると、本実施形態に係る資金振替・振込システム2は有線及び/又は無線ネットワークを介してユーザデバイス1及び金融サーバ3と通信可能に構成される。一実施形態において、資金振替・振込システム2は企業のエンタープライズリソースプラニング(Enterprise Resource Planning;ERP)システム4とも有線及び/又は無線ネットワークを介して通信可能に構成される。

0027

有線及び/又は無線ネットワークを介した通信方法は、オブジェクトとオブジェクトがネットワークできる全ての通信方法を含むことができ、有線通信無線通信、3G、4G、或いはそれ以外の方法を含むこともでき、特に限定されるものではない。 例えば、有線及び/又は無線ネットワークはLAN(Local Area Network)、MAN(Metropolitan Area Network)、GSM(登録商標)(Global System for Mobile Network)、EDGE、(Enhanced Data GSM(登録商標) Environment)、HSDPA(High Speed Downlink Packet Access)、W−CDMA(Wideband Code Division Multiple Access)、CDMA(Code Division Multiple Access)、TDMA(Time Division Multiple Access)、ブルートゥース(登録商標)(Bluetooth(登録商標))、ジグビー(Zigbee)、ワイ−パイ(Wi−Fi)、VoIP(Voice over Internet Protocol)、LTEAdvanced、IEEE802.16m、WirelessMAN−Advanced、HSPA+、3GPP Long Term Evolution(LTE)、Mobile WiMAX(IEEE 802.16e)、UMB(formerlyEVDORev.C)、Flash−OFDM、iBurst and MBWA(IEEE 802.20)systems、HIPERMAN、Beam−Division Multiple Access(BDMA)、Wi−MAX(World Interoperability for Microwave Access)及び、超音波活用通信からなる群から選択される一つ以上の通信方法による通信ネットワークを称することができるが、これに限定されるものではない。

0028

資金振替・振込システム2は受信部21、スクレイピング部22、及び報告部23を含む。一実施形態において、資金振替・振込システム2は分析部24を更に含む。また、スクレイピング部22はスクレイピングエンジン221と認証部222を含むことができる。更に、報告部23は資金振替(振込)結果が格納されるデータベース(database; DB)230を含むことができる。

0029

実施形態に係る資金振替・振込システム2は全てがハードウェアであるか、または部分的にハードウェアであり、部分的にソフトウェアである側面を有することができる。例えば、資金振替・振込システム2に含まれる各部(unit)は特定の形式と内容のデータを処理するか、又は/更に電子通信方式で送受信するためのハードウェア及びこれに関連したソフトウェアを通称することができる。本明細書において、各「部」、「モジュール」、「装置」、「端末」、「サーバ」、又は「システム」などの用語は、ハードウェア及び当該ハードウェアによって駆動されるソフトウェアの組み合わせを称することと意図する。例えば、ハードウェアはCPUまたは他のプロセッサ(processor)を含むデータ処理機器であり得る。また、ハードウェアによって駆動されるソフトウェアは実行中のプロセッサ、オブジェクト(object)、実行ファイル(executable)、実行スレッド(thread of execution)、プログラム(program)などを称することもできる。

0030

また、本実施形態に係る資金振替・振込システム2を構成するそれぞれの構成要素は、必ずしも互いに物理的に区分される別の装置を称することを意図しない。即ち、図1に示した受信部21、スクレイピング部22、報告部23及び分析部24などは、資金振替・振込システム2を構成するハードウェアを当該ハードウェアによって行われる動作に応じて機能的に区分したものであるに過ぎず、必ずそれぞれの部が互いに独立して備えなければならないものではない。勿論、実施形態によっては受信部21、スクレイピング部22、報告部23及び分析部24のうちいずれか一つ以上が互いに物理的に区分される別の装置で実現することも可能である。

0031

一実施形態において、資金振替・振込システム2はユーザデバイス1上で行われるアプリケーションと通信することで、アプリケーションの機能を行うことができるように構成される。例えば、ユーザデバイス1には資金管理プログラムがインストールされ、資金振替・振込システム2はユーザデバイス1の資金管理プログラムから振替(振込)要請を受信し、これに対する応答として、資金振替・振込システム2と金融サーバ3との通信を通じたサーバスクレイピング(server scraping)方式で振替(振込)を行い、振替(振込)の実行結果をユーザデバイス1の資金管理プログラムに伝送することができる。

0032

しかし、これは例示的なものであり、他の実施形態においては、資金振替・振込システム2自体をユーザデバイスの形態で実現することもできる。この場合、図1に示された他のユーザデバイス1は不要であり、資金管理プログラムがインストールされたユーザデバイスがまさに資金振替・振込システム2に該当する。また、資金振替・振込システム2はユーザから入力された振替(振込)要請に応じて金融サーバ3との通信を介したクライアントスクレイピング(client scrapping)方式で振替(振込)を行い、振替(振込)の実行結果を金融サーバ3から受信してユーザが見ることができるように出力することができる。

0033

図1において、ユーザデバイス1はノート型コンピュータの形態に示されているが、ユーザデバイスの形態はこれに限定されるものではなく、ユーザデバイスはスマートフォン(smartphone)などの移動通信端末パーソナルコンピュータ(personal computer)、PDA(Personal Digital Assistant)、タブレット(tablet)、IPTV(Internet Protocol Television)などのためのセットトップボックス(set−top box)などの任意のコンピュータ装置の形態で実現することもできる。

0034

受信部21は、ユーザからの口座情報、資金を振り替える(振り込む)ための認証情報、及び振替(振込)金額を含む振替(振込)情報を受信するように構成される。例えば、サーバスクレイピング方式の場合、受信部21は前記情報をユーザデバイス1から受信することができる。又は、資金振替・振込システム2自体をユーザデバイスの形態で実現するクライアントスクレイピング方式の場合、資金振替・振込システム2は口座情報、認証情報及び振替(振込)情報などをユーザからの入力を通じて直接受けることができる。

0035

スクレイピング部22は受信された認証情報を用いたスクレイピング方式で金融サーバ3にアクセスし、振替(振込)情報及び口座情報に相応する資金振替(振込)を金融サーバに要請するように構成される。このために、スクレイピング部22は金融サーバ3へのアクセスとデータの抽出を行うためのスクレイピングエンジン221と、ユーザの認証情報(例えば、ID、パスワード、電子証明書など)及び追加認証のための処理を行う認証部222を含むことができる。

0036

報告部23は、金融サーバ3によって資金振替(振込)が行われた後、振替(振込)結果情報を受信してユーザに提供する役割をする。例えば、サーバスクレイピング方式の場合、報告部23は振替(振込)結果情報をユーザデバイス1に伝送することができる。又は、資金振替・振込システム2自体をユーザデバイスの形態で実現するクライアントスクレイピング方式の場合、報告部23は振替(振込)結果をユーザが確認できるように資金振替・振込システム2上に出力することができる。

0037

一実施形態において、報告部23のDB230には振替(振込)の実行結果が蓄積される。この時、分析部24はDB230に蓄積された振替(振込)の実行結果に基づいて定期送金スケジュールを生成したり、スケジュールの生成をユーザに提案することができる。定期送金スケジュールとは、複数回重複する振替(振込)結果に相応して振替(振込)日、振替(振込)対象口座及び振替(振込)金額のうちいずれか一つ以上を定義し、次回に振り替える(振り込む)時、同一口座への振替(振込)を容易に、又は自動的に行うことである。

0038

一実施形態において、分析部24はERPシステム4との通信を通じて資金振替(振込)の対象に該当する取引先情報、及び/又は各取引先に関連した支払い履歴、未払い履歴、集金履歴、未収金履歴などを含む会計情報などを受信し、受信された情報に基づいて定期送金スケジュールを生成したり、振替(振込)を行う過程で特異履歴に対する確認をユーザに要請することができる。このために、ERPシステム4は取引先情報及びユーザ情報が格納される人的資源管理部41と、会計情報が格納される会計情報管理部42を含むことができる。

0039

また、一実施形態において、ERPシステム4は会計情報と資金振替(振込)結果を相互に関連付けて示すための資金管理報告書を生成する報告書生成部43を含むことができる。資金管理報告書は少なくとも部分的に資金振替・振込システム2によって実行された資金振替(振込)結果に基づいて生成される。そのために、資金振替・振込システム2の報告部23は振替(振込)結果情報をERPシステム4から読み取り可能な形態(例えば、、データフォーマット)に加工してERPシステム4に伝送することもできる。

0040

図2は一実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込方法の手続きを示すフローチャートである。説明の便宜のために、図1及び図2を参照して本実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込方法について説明する。

0041

まず、ユーザは資金振替・振込システム2に資金を振り替える(振り込む)対象口座の情報を登録することができる(S11)。図2では説明の便宜のために、ユーザを行為の主体として説明するが、ユーザが資金振替・振込システム2に情報を伝送する動作は、図1に示したようなユーザデバイス1を用いて行うことができる点を当業者なら容易に理解することができる。又は、資金振替・振込システム2自体を資金管理プログラムが備えられたユーザデバイスに実現する場合には、ユーザはユーザデバイス1を介して資金振替・振込システム2に直接口座情報を入力することもできる。

0042

図3は一実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込方法によってユーザデバイス上に表示されるユーザインターフェース(User Interface; UI)を示す例示的な画面図であり、ユーザの口座を登録する過程を示す。

0043

図3に示すように、ユーザは入力した口座番号とそれに関連した取引区分買入や売上)、取引先名、連絡先などを口座番号として入力することができる。また、口座情報は手数料負担情報を含むことができる。手数料負担情報とは、資金振替(振込)にかかる手数料情報をユーザ側の企業(即ち、当社)又は資金受信側の企業(即ち、相手)のどちらの方が負担するかについての負担先情報であって、スクレイピングを通じた振替(振込)を行う時、この情報に基づいて振替(振込)金額に対する手数料をユーザが負担するか負担しないようにすることができる。

0044

再び図1及び図2を参照すると、ユーザはユーザデバイス1を介して資金を振り替える(振り込む)ための認証情報と振替(振込)情報を資金振替・振込システム2に入力することができる(S12)。認証情報はユーザが資金振替・振込システム2を用いて金融サーバ3のインターネットバンキングのホームページなどにログイン(login)するために必要なユーザID、パスワード、電子証明書、振替(振込)確認パスワードなどを含むことができる。また、振替(振込)情報は資金を振り替える(振り込む)出金口座及び入金口座情報、振替(振込)金額情報出金通帳表示情報及び入金通帳表示情報などを含むことができる。

0045

図4は一実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込方法によってユーザデバイス上に表示されるUIを示す他の例示的な画面図であって、ユーザが入力した振替(振込)情報に基づいて出金銀行、出金口座、入金銀行、入金口座、受取人名、振替(振込)金額、手数料負担先などをユーザに表示し、ユーザが振替(振込)確認パスワードを入力して振替(振込)の実行を要請するようにするUI画面を示す。

0046

再び図1及び図2を参照すると、資金振替・振込システム2は認証情報を用いたスクレイピング技術に基づいて金融サーバ3にログインし(S13)、ログインが成功したとのログイン結果を金融サーバ3から受信することができる(S14)。次に、資金振替・振込システム2はユーザが入力した振替(振込)情報をスクレイピング技術に基づいて金融サーバ3に伝送することで、金融サーバ3に資金振替(振込)の実行を要請する(S15)。

0047

この時、振替(振込)に関連してユーザが実際に負担する金額は口座情報の手数料負担情報に基づいて決定することができる。即ち、振替(振込)が行われる対象口座情報の手数料負担情報を確認して、手数料負担先がユーザの所属企業である場合には、ユーザが入力した金額の振替(振込)を金融サーバ3に要請する一方、ユーザが金融機関に手数料を納付することを金融サーバ3に要請し、逆に、手数料負担先が相手の場合には、ユーザが入力した振替(振込)金額の振替(振込)のみを金融サーバ3に要請することができる。

0048

一実施形態において、金融サーバ3は認証情報を用いたログイン過程の以外に、振替(振込)を行う前にユーザの追加認証を資金振替・振込システム2に要請する(S16)。追加認証とは、ユーザ本人による振替(振込)要請の有無を認証情報と異なる手段によって2次認証するためのものであって、指紋などの生体情報を用いた認証、ユーザの移動通信端末又は他の装置を用いた認証、OTP(One−Time Password)装置などを用いたワンタイムパスワードによる認証、自動テキストメッセージ又は自動応答電話を用いた認証番号ベースの認証などを称することができる。

0049

資金振替・振込システム2はユーザから追加認証情報の入力を受け(S17)、受け取った追加認証情報を金融サーバ3に伝送することができる(S18)。金融サーバ3では、追加認証情報が金融サーバ3で発行した一時的な情報(例えば、OTP又は認証番号など)、或いは金融サーバ3に格納されているユーザ情報(例えば、ユーザの生年月日などの個人情報、生体情報、又はユーザが事前に設定したパスワードなど)と一致するか否かを検証し、一致して検証された場合は、要請された資金振替(振込)を行うことができる(S19)。

0050

図5は一実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込方法によってユーザデバイス上に表示されるUIを示すまた他の例示的な画面図であって、ユーザの追加認証が2次元コードを用いて行われる形態を示す。

0051

図5を参照すると、金融サーバ3は追加認証プロセスの一環として、特定の認証コードが挿入された2次元コード300を資金振替・振込システムに伝送することができ、資金振替・振込システムでは受信された2次元コード300を図5に示すように、ユーザが見ることができるように表示することができる。前記2次元コード300はOTPの一種であって、これを読み取るために、各ユーザの固有コードが付与されたリーダ(即ち、読み取り用プログラム)をユーザに配ることができる。例えば、前記リーダはユーザのスマートフォンなどの移動通信端末上で作動されるアプリケーション(いわゆるアプリ)の形態を有することができる。

0052

ユーザはユーザデバイス、又は資金振替・振込システムの画面上の2次元コードをリーダを用いて読み取ることで、認証コードを復元することができる。この時、各リーダにはユーザの固有コードが付与されており、リーダは同一の2次元コード300を読み取っても付与された固有コードによって異なる値を出力するように構成される。金融サーバでは、ユーザが自分のリーダを用いて2次元コード300を読み取った値をユーザから受信し、ユーザが入力した値が金融サーバに格納されているユーザの固有コードを用いて2次元コード300を読み取った場合に得られる値と一致するか否かを通じてユーザ本人であるか否かを認証することができる。

0053

しかし、図5を参照して説明した追加認証方式は例示的なものであり、ユーザ本人であるか否かの認証を行うために公知された又は今後開発される他の追加認証方法を使用することもできる。

0054

再び図1及び図2を参照すると、金融サーバ3は追加認証が成功した後に振替(振込)が行われると、その結果情報を資金振替・振込システム2に伝送し(S20)、資金振替・振込システム2では、振替(振込)結果をユーザデバイス1に提供することができる(S21)。ユーザに振替(振込)結果を提供する過程(S21)は、資金振替・振込システム2がサーバスクレイピングを行う場合、ユーザデバイスに振替(振込)結果情報を伝送することを称することができ、又は資金振替・振込システム2をユーザデバイスの形態で実現してクライアントスクレイピングを行う場合には、振替(振込)結果をユーザが見ることができるよう資金振替・振込システム2上に出力することを称することもできる。

0055

また、資金振替・振込システム2は振替(振込)結果情報をユーザが所属している企業ERPシステム4から読み取ることができるデータの形態に加工して、ERPシステム4に伝送することもできる(S22)。ERPシステム4では、資金振替・振込システム2から受信された振替(振込)結果情報をERPシステム4が管理する会計情報に反映したり、振替(振込)結果情報に基づいて定期的又は不定期的な資金管理報告書を生成するなどの用途に振替(振込)結果情報を活用することができる。
図6はまた他の実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込方法の手続きを示すフローチャートである。

0056

図6を参照すると、本実施形態においてユーザは、ユーザデバイス1を介して資金振替・振込システム2に資金振替(振込)を要請し(S31)、資金振替・振込システム2は金融サーバ3との通信を通じたスクレイピング方式で振替(振込)を行う(S32)。これは図2を参照して前述した実施形態の資金振替(振込)過程と同一であるので、詳細な説明は省略する。

0057

一方、資金振替・振込システム2では、行われた資金振替(振込)結果情報を資金振替・振込システム2のデータベースに蓄積することができる(S33)。また、資金振替・振込システム2はERPシステム4から会計情報を受信することができる(S34)。会計情報とは、ユーザが属する企業の各取引先に関連してERPシステム4に記録されている取引先別支払い履歴、未払い履歴、集金履歴、未収金履歴などを含むことができる。受信された会計情報は振替(振込)結果情報と同様に、資金振替・振込システム2のデータベースに格納することもでき、又は資金振替・振込システム2に格納せず、必要によってERPシステム4から受信することもできる。

0058

この時、資金振替・振込システム2は、データベースに蓄積された振替(振込)結果情報、及び/又はERPシステム4から受信された会計情報に基づいて、定期送金スケジュールを生成することができる(S35)。例えば、振替(振込)結果や会計情報で毎月同一日やその隣接日に同一取引先への資金振替(振込)が発生した場合、資金振替・振込システム2は、このように繰り返される取引を当該日に定期的に行う過程を定期送金スケジュールで生成することができる。又は、特定の取引先に関する未払い履歴が会計情報から確認される場合、資金振替・振込システム2は会計情報の送金スケジュールによって未払いの履歴をその取引先に支払う資金振替(振込)の過程を定期送金スケジュールで生成することもできる。又は、他の異なる方法で定期送金スケジュールの対象口座、振替(振込)スケジュール、及び振替(振込)金額を決定することもできる。

0059

資金振替・振込システム2では、前述のように自動生成された定期送金スケジュールをユーザデバイス1に提案し(S36)、提案したスケジュールに対するユーザの受け入れ(S37)を経て、定期送金スケジュールを当該スケジュールによって行うことができる。勿論、資金振替・振込システム2が自動的に生成すること以外に、ユーザが直接対象口座情報及び振替(振込)情報を入力して定期送金スケジュールを生成することもできる。

0060

図7は一実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込方法によってユーザデバイス上に表示されるまた他のUIを示す例示的な画面図であって、定期送金スケジュールを行うためのUI画面を示す。

0061

図7に示すように、定期送金スケジュールに該当する取引先、入金口座番号、振替(振込)金額、入金通帳表示履歴、出金通帳表示履歴などのリストをユーザに表示する。また、それぞれの定期送金履歴について、ユーザが指定したか、又は資金振替・振込システム2で会計情報に基づいて自動的に生成した内容(例えば、オフィス賃料、オフィス管理費など)をユーザに更に表示することもできる。ユーザは定期送金履歴リストを見て、そのまま一括振替(振込)を行ったり、又は必要によってこれらのうち一部又は全ての情報を修正した後、一括振替(振込)を行うことができる。振替(振込)を行う場合、振替(振込)過程及び追加認証過程などは前述した他の実施形態における過程と同様である。

0062

一実施形態において、資金振替・振込システム2は定期送金を行う前に企業ERPシステム4から会計情報を確認し(S38)、確認した会計情報に予め設定された特異履歴がある場合は、これに対する確認をユーザに要請することができる(S39)。予め設定された特異履歴とは、定期送金のうち一定期間以上送金が行われなかった後、久しぶりに行われる資金振替(振込)が存在するか否か、会計情報で一定期間以上相互に買入や売上が発生していない取引先に対する資金振替(振込)が存在するか否か、又は資金振替(振込)の対象口座に該当する取引先の未収金履歴が会計情報に存在するか否かなどをユーザが確認する場合、資金振替(振込)を保留したり、停止する可能性を伴う任意の情報を称する。

0063

例えば、資金振替・振込システム2は、特異履歴として長期間に亘って振替(振込)が行われなかったか、又は長期間に亘って買入や売上が発行していない取引先を対象とする資金振替(振込)が行おうとする場合は、当該資金振替(振込)を一回省略するか、又は定期送金履歴から当該資金振替(振込)を削除するか否かを問い合わせる内容を特異履歴としてユーザデバイス1に伝送することができる。また他の例として、資金振替・振込システム2は、資金振替(振込)の対象口座に該当する取引先の未収金履歴が会計情報から確認される場合、ユーザが入力した振替(振込)金額から未収金を差し引いた金額を振り替える(振り込む)ように振替(振込)金額を調節するか、又は振替(振込)をキャンセルするか否かを問い合わせる内容を特異履歴としてユーザデバイス1に伝送することもできる。

0064

ユーザが特異履歴を確認した後、振替(振込)金額や振替(振込)を行うか否かを修正したか、又はユーザが当該特異履歴の存在にもかかわらず、振替(振込)を行うことを命令した場合(S40)、資金振替・振込システム2ではユーザの命令によって定期送金に該当する資金振替(振込)を金融サーバ3を通じて行うことができる(S41)。また、資金振替・振込システム2は振替(振込)結果情報をユーザデバイス1に提供することができ(S42)、振替(振込)結果情報をERPシステム4で読み取ることができるデータ形式に加工してERPシステム4に伝送することもできる(S43)。

0065

以上の実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込システム及び方法によれば、ユーザは金融機関に直接アクセスしなくても、スクレイピングを通じて自分の口座から他の口座への資金振替(振込)を行うことができ、資金を振り替える(振り込む)際の手数料負担条件を設定したり、追加認証を行うなど振替(振込)に伴う全ての手続きを資金管理プログラムを通じて行うことができ、業務の効率が高められる利点がある。また、実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込システムと企業ERPシステムの通信を通じて、企業の会計情報に基づいて定期送金スケジュールを生成したり、資金振替(振込)の実行前に取引先の未収金など特異履歴をユーザが確認するようにしたり、振替(振込)の実行結果をERPシステムに反映するなど、資金振替(振込)の実行と結果をERPシステムと連携して運用することができる利点がある。

0066

以上で説明した実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込方法による動作は少なくとも部分的にコンピュータプログラムで実現され、コンピュータで読み取り可能な記録媒体に記録されることができる。実施形態に係るスクレイピングを通じた資金振替・振込方法による動作を実現するためのプログラムが記録され、コンピュータで読み取り可能な記録媒体はコンピュータによって読み取ることができるデータが記録される全ての種類の記録装置を含む。例えば、コンピュータが読み取り可能な記録媒体としては、ROM、RAM、CD−ROM磁気テープフロッピーディスク、光データ格納装置などがある。また、コンピュータが読み取り可能な記録媒体には、ネットワークを介して連結されたコンピュータシステムに分散され、分散方式でコンピュータが読み取り可能なコードが格納されて実行されることもできる。また、本実施形態を実現するための機能的なプログラム、コード及びコードセグメント(segment)は、本発明が属する技術分野における通常の技術者なら容易に理解することができる。

0067

以上、図面に示した実施形態を参照して説明したが、これは例示的なものに過ぎず、当該分野における通常の知識を有する者であれば、これにより様々な変形及び均等な他の実施形態が可能である。このような変形は本発明の技術的保護範囲内にある。本発明の技術的保護範囲は、添付した特許請求範囲技術的思想によって定められる。

0068

1ユーザデバイス
4ERPシステム
21 受信部
24分析部
22スクレイピング部
222 認証部
221 スクレイピングエンジン
23報告部
41人的資源管理部
42会計情報管理部
43報告書生成部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

この 技術と関連性が強い技術

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い法人

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い人物

該当するデータがありません

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ