図面 (/)

技術 被災地支援システムおよび被災地支援方法

出願人 ヤマトジン株式会社
発明者 青木大和人
出願日 2018年9月14日 (2年2ヶ月経過) 出願番号 2018-172181
公開日 2020年3月26日 (8ヶ月経過) 公開番号 2020-046702
状態 未査定
技術分野 物流システム
主要キーワード 確認エリア 要支援者 支援活動 ケース数 東日本大震災 配送時期 被災地域 申込完了
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年3月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

個人ベル支援者でも災害対策の助けとなることに適した被災地支援ステムを提供する。

解決手段

被災地支援システム1は、販売事業体が管理・操作する電子商取引支援装置10と、注文者が操作する通信端末20とからなり、通信端末20の入力部において、注文者は、支援する被災地と、購入する支援物資を選択すると共に、購入する支援物資のうち、注文者自身に配達する量と、選択された前記被災地に配達する量を決定し、入力部における入力情報に基づいて、注文者及び選択された被災地へ支援物資を配達し、支援物資の配達を受けた注文者が所定の代金決済を行うシステムである。

概要

背景

近年、地震水害などの自然災害が多発しており、効率的で迅速な被災地支援が求められている。このような背景から、支援物資の被災地への搬送を行うためのシステムを使用した被災地支援方法が提案されている。

例えば、特許文献1には、地域毎の人口を含む居住関連情報と、各種支援物資の種類及び量と、支援物資の輸送量に応じた輸送手段とを記憶した記憶部と、ユーザの操作により指示が入力される入力部と、準備する支援物資の種類及び量と、輸送手段とを決定する制御部と、制御部の指示により各種情報を出力する表示部と、を備え、入力部で被災地域の地域名が入力された場合、制御部は、該地域名に対応した前記居住関連情報の各項目の値を所定の式に代入して準備する各種支援物資の種類及び量を決定し、準備する各種支援物資の種類及び量から輸送手段を決定する災害支援システムが提案されている。
また、特許文献2には、配布拠点毎に対応づけられた配布対象エリアの情報を記憶する記憶部と、配布拠点の位置と災害状況とに応じて設定された配布対象エリアの情報を取得すると、前記記憶部に記憶された配布対象エリアの情報を更新する登録処理部と、配布希望物資の情報を含む支援要求と前記支援要求の要求元位置情報とを取得した際、配布拠点毎に対応付けられた配布対象エリアの情報が記憶された前記記憶部を参照し、前記要求元の位置情報に対応する配布対象エリアに対応付いた特定の配布拠点を特定する特定部と、を備えることを特徴とする配布拠点特定装置を使用したシステムが提案されている。

概要

個人ベル支援者でも災害対策の助けとなることに適した被災地支援システムを提供する。被災地支援システム1は、販売事業体が管理・操作する電子商取引支援装置10と、注文者が操作する通信端末20とからなり、通信端末20の入力部において、注文者は、支援する被災地と、購入する支援物資を選択すると共に、購入する支援物資のうち、注文者自身に配達する量と、選択された前記被災地に配達する量を決定し、入力部における入力情報に基づいて、注文者及び選択された被災地へ支援物資を配達し、支援物資の配達を受けた注文者が所定の代金決済を行うシステムである。

目的

ボランティア団体等が、支援物質をまとめて送付している例もあるが運用が不透明な点も多く、個人支援者としては、自分自身が目に見える形で目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

注文者通信端末を操作して購入した支援物資を、販売事業体被災地送付する被災地支援ステムであって、前記被災地支援システムは、前記注文者の通信端末と、当該通信端末と電気通信回線を介して接続された電子商取引支援装置と、を備え、前記電子商取引支援装置は、支援物資の種類及び量と、被災地の名称並びに当該被災地における支援物資の需要量及び貯蓄量と、対象となる支援物資及び被災地に応じた輸送手段の情報を記憶した記憶部と、前記記憶部の情報及び前記通信端末からの注文情報に応じて、準備する支援物資の種類及び量と、輸送手段とを決定する制御部と、を少なくとも備え、前記通信端末は、注文者の操作で、被災地の名称、並びに支援物資の種類及び量を入力する入力部を有し、前記通信端末の入力部において、注文者は、支援する被災地と、購入する支援物資を選択すると共に、購入する支援物資のうち、注文者自身に配達する量と、選択された前記被災地に配達する量を決定し、前記入力部における入力情報に基づいて、注文者及び選択された被災地へ前記支援物資を配達し、前記支援物資の配達を受けた前記注文者が所定の代金決済を行う、ことを特徴とする被災地支援システム。

請求項2

前記通信端末が、パーソナルコンピュータ又は携帯型通信端末である請求項1に記載の被災地支援システム。

請求項3

前記支援物資が、飲料水レトルト食品及び衛生品から選択される支援物資である請求項1または2に記載の被災地支援システム。

請求項4

被災地の要支援者が、希望の支援物資を選択できる手段を有する請求項1から3のいずれかに記載の被災地支援システム。

請求項5

請求項1から4のいずれかに記載の被災地支援システムを使用した被災地支援方法であって、個人支援者である注文者が、購入する支援物資のうち、注文者自身に配達する量と、選択された前記被災地に配達する量とを、注文者自身が決定することを特徴とする被災地支援方法。

請求項6

請求項5に記載の被災地支援方法において、注文者自身に配達する量と、選択された前記被災地に配達する量とを同じ量とする被災地支援方法。

請求項7

請求項5または6に記載の被災地支援方法において、前記被災地支援システムにおける記憶部に記憶された被災地における支援物資の需要量及び貯蓄量と、支援物資に応じた輸送手段とを基準とした情報から、配達コスト計算を行い、購入された支援物質を実際に被災地に配送時期を決定する被災地支援方法。

技術分野

0001

本発明は、個人ベル支援者でも災害対策の助けとなることに適した被災地支援ステムおよび被災地支援方法に関する。

背景技術

0002

近年、地震水害などの自然災害が多発しており、効率的で迅速な被災地支援が求められている。このような背景から、支援物資の被災地への搬送を行うためのシステムを使用した被災地支援方法が提案されている。

0003

例えば、特許文献1には、地域毎の人口を含む居住関連情報と、各種支援物資の種類及び量と、支援物資の輸送量に応じた輸送手段とを記憶した記憶部と、ユーザの操作により指示が入力される入力部と、準備する支援物資の種類及び量と、輸送手段とを決定する制御部と、制御部の指示により各種情報を出力する表示部と、を備え、入力部で被災地域の地域名が入力された場合、制御部は、該地域名に対応した前記居住関連情報の各項目の値を所定の式に代入して準備する各種支援物資の種類及び量を決定し、準備する各種支援物資の種類及び量から輸送手段を決定する災害支援システムが提案されている。
また、特許文献2には、配布拠点毎に対応づけられた配布対象エリアの情報を記憶する記憶部と、配布拠点の位置と災害状況とに応じて設定された配布対象エリアの情報を取得すると、前記記憶部に記憶された配布対象エリアの情報を更新する登録処理部と、配布希望物資の情報を含む支援要求と前記支援要求の要求元位置情報とを取得した際、配布拠点毎に対応付けられた配布対象エリアの情報が記憶された前記記憶部を参照し、前記要求元の位置情報に対応する配布対象エリアに対応付いた特定の配布拠点を特定する特定部と、を備えることを特徴とする配布拠点特定装置を使用したシステムが提案されている。

先行技術

0004

特開2012−173836号公報
特開2018−84876号公報

発明が解決しようとする課題

0005

特許文献1、2等の従来の災害支援システムは、災害発生直後や災害発生からの日数がそれほど立っていないケースを想定している。一方で、被災地における支援は短期のみならず、中期・長期的視点から継続していくことが肝要である。

0006

また、政府や、地方行政の大規模な被災地支援だけでなく、個人レベルでの被災地支援の輪が広がっている。しかしながら、個人レベルでの被災地支援は、量も質も一様ではなく、被災者ニーズと合っていないものも多く、むしろ被災地に負担をかける結果となっていることも少なくない。このように、個人レベルの被災地支援では、支援物資を届けたいという善意からであっても、こうしたミスマッチは、被災自治体に大きな負担をかけることになり、むしろ復興への妨げにもなりかねない。ボランティア団体等が、支援物質をまとめて送付している例もあるが運用が不透明な点も多く、個人支援者としては、自分自身が目に見える形で目的とする被災地に責任をもって支援を行いたいというニーズが少なからずあるが、現状の被災地支援システムは、このようなニーズに対応しているものではなかった。

0007

かかる状況下、本発明の目的は、個人支援者の利用に適した新規の被災地支援システム、及び被災地支援方法を提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

本発明の被災地支援システムは、個人支援者である注文者購入した支援物資を、販売事業体が被災地に送付する被災地支援システムであって、
前記被災地支援システムは、
前記注文者の通信端末と、当該通信端末と電気通信回線を介して接続された電子商取引支援装置と、を備え、
前記電子商取引支援装置は、
支援物資の種類及び量と、被災地の名称並びに当該被災地における支援物資の需要量及び貯蓄量と、対象となる支援物資及び被災地に応じた輸送手段の情報を記憶した記憶部と、
前記記憶部の情報及び前記通信端末からの注文情報に応じて、準備する支援物資の種類及び量と、輸送手段とを決定する制御部と、を少なくとも備え、
前記通信端末は、注文者の操作で、被災地の名称、並びに支援物資の種類及び量を入力する入力部を有し、
前記通信端末の入力部において、注文者は、支援する被災地と、購入する支援物資を選択すると共に、購入する支援物資のうち、注文者自身に配達する量と、選択された前記被災地に配達する量を決定し、
記入力部における入力情報に基づいて、注文者及び選択された被災地へ前記支援物資を配達し、前記支援物資の配達を受けた前記注文者が所定の代金決済を行う、
ことを特徴とする。

0009

このような構成であれば、個人支援者である注文者は、電気通信回線を介した通信端末の入力部に、支援する被災地及び購入する支援物資の種類と量を入力し、さらに購入する支援物資のうち、注文者自身に配達する量と、選択された前記被災地に配達する量を入力し、代金決済を行う作業のみで、注文者自身が配達の手配をすることなく、選択された被災地へ前記支援物資を提供することができる。
制御部では、記憶部に記憶された被災地における支援物資の需要量及び貯蓄量に基づいて、準備する支援物資の種類及び量と、輸送手段とを決定し、選択された被災地域に、適切な量の支援物資を送付することができる。

0010

前記通信端末は、携帯通信端末であることが好ましい。本発明の被災地支援システムでは通信端末として、コンピュータ等を用いることもできるが、個人支援者の利便性を考慮すると、好適には携帯電話スマートフォンタブレット端末等の携帯通信端末である。

0011

本発明の被災地支援システムでは、任意の支援物資を設定することができる。支援物資としては、例えば、飲料水保存性のよい食料医薬品、衛生品、燃料テント寝袋毛布簡易トイレ乾電池ライトビニール袋等が対象となる。被災地での必要性や貯蔵性等を考慮すると、飲料水、レトルト食品及び衛生品から選択される支援物資が好適である。

0012

本発明の被災地支援システムにおいて、被災地の要支援者が希望の支援物資を選択できる手段を有することが好ましい。このように構成することによって、必要とされる物資が効率よく要支援者に届くため、要支援者の満足度が向上する。

0013

本発明の被災地支援方法は、本発明の被災地支援システムを使用した被災地支援方法であって、個人支援者である注文者が、購入する支援物資のうち、注文者自身に配達する量と、選択された前記被災地に配達する量とを、注文者自身が決定することを特徴とする被災地支援方法である。
この支援方法では、個人支援者である注文者が支援物資を配達する量について、注文者自身に決定権があり、配送料負担が小さくなるので、個人支援者も無理なく主体的かつ積極的に支援活動を行うことができる。特に本発明の被災地支援方法において、注文者自身に配達する量と、選択された前記被災地に配達する量とを同じ量とすることが好ましい。

0014

本発明の被災地支援方法において、前記被災地支援システムにおける記憶部に記憶された被災地における支援物資の需要量及び貯蓄量と、支援物資に応じた輸送手段とを基準とした情報から、配達コスト計算を行い、購入された支援物質を実際に被災地に配送時期を決定することが好ましい。被災地における支援物資の需要量及び貯蓄量と、支援物資に応じた輸送手段とを基準とした情報から、配達コスト計算を行うことで、注文毎に支援物資を配送する災物資の配達コストが低減でき、経済的である。

発明の効果

0015

本発明によれば、個人支援者に過度な負担を与えずに、目的とする被災地のニーズに合った支援を行うことができる被災地支援システムが提供される。

図面の簡単な説明

0016

本発明の実施形態に係る被災地支援システムを示す構成図である。
図1に示す被災地支援システムにおける電子商取引支援装置の構成図である。
図1に示す被災地支援システムにおける通信端末の構成図である。
本実施形態に係る通信端末に表示される商品(支援物質)案内ページである。
本実施形態に係る通信端末に表示される商品(支援物質)の注文ページ初期画面)である。
本実施形態に係る通信端末に表示される商品(支援物質)の注文ページ(被災地選択)である。
本実施形態に係る通信端末に表示される商品(支援物質)の注文ページ(支援物資の数量選択)を示す図である。
本実施形態に係る通信端末に表示される注文者情報入力ページである。
本実施形態に係る通信端末に表示される注文最終確認ページである。
本実施形態に係る通信端末に表示される注文完了ページである。

実施例

0017

以下、本発明の実施の形態について、図面を用いて説明する。なお、すべての図面において、同様な構成要素には同様の符号を付し、適宜説明を省略する場合がある。

0018

図1は、本発明の実施に係る形態に係る被災地支援システム1の全体像を示す概略図である。
被災地支援システム1は、販売事業体が管理・操作する電子商取引支援装置10と、注文者が操作する通信端末20とを基本構成として備える。
電子商取引支援装置10は、販売事業体が運営するサイトを提供するもので、プログラムを動作させることで機能するコンピュータである。電子商取引支援装置10は、電気通信回線であるインターネットWを介して、注文者が操作する通信端末20に通信可能に接続されている。端末装置20は、通常注文所有のものであるが、本実施形態の災害支援システムに含まれるものとする。

0019

なお、本実施形態では、電気通信回線としてインターネットWを使用しているが、セキュリティーを向上させるため、電子商取引支援装置10と端末装置20とは専用回線で接続してもよい。

0020

電子商取引支援装置10は、被災地や支援物資等の情報を登録したサーバ(コンピュータ)である。本実施の形態では、このサーバに電子商取引支援プログラムインストールし、動作させることで電子商取引支援装置10を機能させている。

0021

図2に示すように、電子商取引支援装置10は、インターネットWと接続された通信部11と、各種情報を記憶した記憶部12と、ユーザの操作により指示が入力される入力部13と、各種情報を表示する表示部14と、各部を制御する制御部15とを備えている。なお、本実施形態では、すべて一体化しているが、通信部11、記憶部12、入力部13、表示部14、制御部15のそれぞれを別体としてもよい。

0022

通信部11は、インターネットWを介して通信端末と通信を行うためのもので、LANとすることができる。

0023

記憶部12は、ハードディスク等の記録装置からなり、OSや様々なアプリケーションソフトと共に、各種支援物資の種類及び量と、被災地の名称並びに当該被災地における支援物資の需要量及び貯蓄量と、支援物資に応じた輸送手段の情報が格納されている。また、記憶部12は、電子商取引支援装置10を動作させるための電子商取引支援プログラム、ショッピングサイトの各ページを構成するページ情報、注文者情報等の情報が格納されている。

0024

対象となる支援物資は任意であるが、災地で使用されることを考慮して販売事業体により適切な支援物資が決定される。支援物資としては、例えば、飲料水、保存性のよい食料、医薬品、衛生品、燃料、テント、寝袋、毛布、簡易トイレ、乾電池、ライト、ビニール袋等が対象となる。特に被災地での需要の多い、飲料水、レトルト食品(例えば、レトルトごはん、レトルトカレー等)、衛生品(例えば、トイレットペーパーティッシュオムツ生理用品歯磨き粉歯ブラシ下着類、おむつ等)が好適である。
各種支援物資に対応して、保管の形態、数、大きさ、重量等の情報が記憶部12に登録される。

0025

支援物資としての飲料水の好適な一例はシリカを含有する飲料水である。特に販売事業体がボトリング工場を備えていれる場合、電子商取引支援装置10に、購入するシリカを含有する飲料水の情報をボトリング工場へ通知する通知手段を備えるようにしてもよい。
なお、後述する本実施形態の注文方法では、シリカを含有する飲料水を支援物資の一例として説明する。

0026

支援物資は種類及び量(数量、重量)に応じて在庫管理が行われる。在庫管理は電子商取引支援装置10以外の装置を使用して行っていてもよい。
在庫としての支援物資の管理は、販売事業体自身が行ってもよいし、他者委託してもよい。

0027

記憶部12に記憶される被災地関連情報には、支援対象となる被災地の名称、当該被災地における支援物資の需要量及び貯蓄量が少なくとも含まれ、これ以外の被災地関連情報が含まれていてもよい。
被災地の名称は、県市町村名称とすることもできるが、注文者が選択しやすいように、TV放送新聞などで使用される災害俗称を使用することもできる。本実施形態では、通信端末の説明で後述するように「西日豪雨」、「大阪部地震」、「九州北部豪雨」、「熊本地震」、「東日本大震災」の被災地を対象としているが、他の被災地も対象に設定できる(例えば、「北海道地震」等)。

0028

また、対象となる支援物資及び被災地に応じた輸送手段の情報も予め記憶部12に登録されている。輸送手段は、例えば、トラック船舶飛行機等であり、各輸送手段に対応して、積載量、稼働可能台数優先順位等の情報が登録されている。

0029

表示部13は、表示データを表示するモニター(LCD、CRT等)とすることができる。入力部14は、キーボードタッチパネル等とすることができる。

0030

制御部15は、記憶部12の情報及び通信端末20からの注文情報に応じて、準備する支援物資の種類及び量と、輸送手段とを決定する。すなわち、制御部15は、記憶部12に記憶された被災地における支援物資の需要量及び貯蓄量に基づいて、準備する支援物資の種類及び量と、輸送手段とを決定し、選択された被災地域に、適切な量の支援物資を送付するための算出を行う。

0031

このように記憶部12に記憶されている支援対象となる被災地の名称、当該被災地における支援物資の需要量及び貯蓄量や、支援物資の種類や在庫量の各種情報を使用して輸送手段が決定される。なお、制御部15ではプログラムによる自動算出が行われるが、輸送手段を決定については販売事業体(及びこれに委託を受けた他者)が選択できるようにしてもよい。

0032

通信端末20は、販売事業体が運営するサイトへアクセスして各ページを表示させることが可能な閲覧機能と入力機能を少なくとも有する。本実施形態では通信端末20としてパーソナルコンピュータを使用する例で説明する。なお、本実施形態では、通信端末20はパーソナルコンピュータを想定して説明するが、インターネットWにアクセスできるものであれば、スマートフォンやタブレット等の携帯型通信端末としてもよい。

0033

図3に示すように、通信端末20は、通信部21と、表示部22と、入力部23とを少なくとも備えているパーソナルコンピュータである。

0034

通信部21は、インターネットWにアクセス可能中継局基地局と通信して、インターネットWへ送信データを出力したり、インターネットWから受信データを入力したりする。

0035

表示部23は、表示データを表示するモニター(LCD、CRT等)とすることができる。入力部24は、キーボードやタッチパネル等とすることができる。

0036

以上のように構成された本発明の実施の形態に係る被災地支援システム1の使用状態について、図4図7に基づいて説明する。
なお、本実施の形態では、通信端末20はパーソナルコンピュータであるものとし、パーソナルコンピュータから、インターネットWを介して、販売事業体の電子商取引支援装置10にて運用されるショピングサイトをアクセスするものとする。
また、本実施の形態では、ショピングサイトとして、シリカを含有する飲料水を1ケース(24本)単位で販売するネットショップを例に説明する。

0037

図4は通信端末に表示されるネットショップの商品案内ページである。
商品案内ページP1は、メッセージ領域P11と支援イメージ画像P12と、クリックボタンP13とからなる。メッセージ領域P11では、本実施形態に係る支援方法の説明として「通常購入は購入された本数と同じ本数が指定した被災地へ支援されます。例:1ケース(24本)ご購入の場合 ご自宅(または指定された送付先)に、1ケース(24本)そして指定された被災地に、1ケース(24本)が送付されます」との説明文と、選択し得る被災地(「西日本豪雨」、「大阪北部地震」、「九州北部豪雨」、「熊本地震」、「東日本大震災」)が掲載されている。支援イメージ画像P12には注文者が本実施形態の支援方法の概要直感的に理解させるための画像が掲載されている。
注文者は「商品を注文する」と記載されたクリックボタンP13をクリックして次画面の注文ページP2に移動する。

0038

図5図7に示す注文ページP2は、被災地を指定する被災地選択プルダウンメニューP21と、購入数を入力する入力セルP22と、クリックボタンP23とを備える。
注文者は、被災地選択プルダウンメニューP21から自分が支援したい被災地を選択し、入力セルP22に購入数を入力する。
図7の例示では、被災地(被災名)として「九州北部豪雨」が選択され、購入数:3(ケース)が入力されているので、支援物資としてのシリカ飲料水3ケースが配達されると共に、注文者自身へ同数(3ケース)のシリカ飲料水が配達される注文となる。

0039

なお、本実施形態では、被災地に送付するシリカ飲料水(支援物資)の数と、注文者自身が受け取るシリカ飲料水の数を同数にしているが、この割合は適宜変更することができる。また、注文者自身は受け取らずに、すべてを支援物資とするように設定することも可能である。

0040

次に、支援したい被災地を選択し、購入数を入力した後に「カートに入れる」と記載されたクリックボタンP23をクリックすると、注文者情報入力ページP3に移動する。

0041

図8に示す注文者情報入力ページP3は、入力フォームP31と、商品確認エリアP32と、クリックボタンP33とを備える。
入力フォームP31は、注文者の氏名、配達場所住所電話番号、Eメールアドレス等の個人情報を入力するフォームである。このサイトでの商品購入が初めての注文者である場合には、個人情報をそれぞれの入力欄に基づいて入力する。2回目以降の注文の場合には、記憶部12に格納させた注文者の個人情報を検索して表示させてもよい。

0042

そして、注文者は、商品確認エリアP32の情報(発注する商品、個数金額)を確認し、変更がなければ、「注文内容を確認する」と記載されたクリックボタンP33をクリックし、注文最終確認ページP4に移動する。

0043

図9に示す注文最終確認ページP4は、お届け情報確認エリアP41と、商品確認エリアP42と、クリックボタンP43とを備える。注文者は、お届け情報確認エリアP41の情報(届け先情報、支払い情報、その他情報)、商品確認エリアP42の情報(商品、個数、金額)を最終確認の上、「注文する」と記載されたクリックボタンP43をクリックすることによって、注文を確定させる。

0044

クリックボタンP43がクリックされると、図10に示す注文完了ページP5に移動すると共に、注文完了を連絡するEメールが、上述の入力フォームP31(図7参照)に入力したアドレスに送付され、注文者はEメールの受信にて注文の完了を確認する。
また、注文完了ページP5には、「ショップ会員に登録する」と記載されたクリックボタンP43が設けられており、注文者は、会員登録することによって、次回注文の際の注文者情報の再度の入力を省略するができる。

0045

なお、本実施の形態では、注文完了後、注文完了ページP5が表示されると共に、通信端末20へ申込完了を示すEメールを送信して注文者へ通知しているが、ウェブページ(注文完了ページ)またはEメールのいずれか一方の通知にしてもよい。

0046

上述の通り、注文者からの注文が完了すると、注文情報は、記憶部12に保存される。記憶部12には、被災地における支援物資の需要量及び貯蓄量と、支援物資に応じた輸送手段とを基準とした情報が予め記録されており、これらの情報に基づいて、配達コスト計算を行い、購入された支援物質を実際に被災地に配送時期を決定する。
例えば、本実施形態では、被災地(例えば、九州北部豪雨対象地域)として発注を受けた場合に、記憶部12に記憶された被災地における支援物資の需要量及び貯蓄量と支援物資に応じた輸送手段とを基準とした情報にアクセスし、配達コスト計算を行い、予め設定した配達コストになるケース数(例えば、100ケース)が集まったのちに、購入された支援物質を実際に被災地に配送する。

0047

以上、図面を参照して本発明の実施形態について述べたが、これらは本発明の例示であり、上記以外の様々な構成を採用することもできる。

0048

例えば、上記実施の形態では、個人支援者である注文者が、購入する支援物資のうち、注文者自身に配達する量と、選択された被災地に配達する量とが、同数となるようにしているが、必ずしも同数にする必要はない。例えば、注文者自身に配達する量を2ケース毎に、被災地に1ケース配達するように、注文者自身が決定することもできる。また、注文者は、購入する支援物資をすべて被災地に配達するようにしてもよい。
このように、個人支援者である注文者が支援物資を配達する量について、注文者自身に決定権があり、配送料負担が小さくなるので、個人支援者も無理なく主体的かつ積極的に支援活動を行うことができる。

0049

また、上記実施の形態では支援物資として「シリカ飲料水」1種のみとしているがこれ以外の物資を支援物資としてもよいし、複数の物資から選択できるようにしてもよい。

0050

また、上記実施の形態では支援物資を、注文者が支援物資を選択しているが、これに加えて、被災地の要支援者が、希望の支援物資を選択できる手段を設けてもよい。例えば、注文用サイト以外に、要支援者用のサイトを設け、要支援者が、その時点で要望できる支援物資の名称や入手できる量や時期を確認し、希望の支援物資を選択できるようにすればよい。

0051

本発明の被災地支援システムによれば、個人支援者による支援を過度な負担なく促すことができる。

0052

1被災地支援システム
10電子商取引支援装置
11通信部
12 記憶部
13 入力部
14 表示部
15 制御部
20通信端末
21 通信部
22 表示部
23 入力部
P1商品案内ページ
P11メッセージ領域
P12 支援イメージ画像
P13クリックボタン
P2注文ページ
P21 被災地選択プルダウンメニュー
P22入力セル
P23 クリックボタン
P3注文者情報入力ページ
P31入力フォーム
P32商品確認エリア
P33 クリックボタン
P4注文最終確認ページ
P41 お届け情報確認エリア
P42 商品確認エリア
P43 クリックボタン
P5 注文完了ページ
P51 クリックボタン

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ