図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2020年3月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

水深の深い場所の堆砂回収でき且つ水の汚濁を抑制できる浚渫装置を提供することを目的とする。

解決手段

浚渫装置は、水底に配置される吸引ノズルと、水中に配置される筐体と、筐体の内部に配置される第1圧送ポンプと、一端が吸引ノズルに接続され且つ他端が筐体に接続される第1吸引管と、一端が筐体に接続され且つ他端が水上に配置される第2吸引管と、一端が第1圧送ポンプに接続され且つ他端が水上に配置される圧送管と、水上に配置され且つ第2吸引管を吸引する吸引ポンプと、を備える。

概要

背景

河川運河沈砂池、又は貯水池等の水中の底部に堆積した堆砂を取り除く浚渫方法として、水中サンドポンプによる流体輸送方法(特許文献1参照)等が知られている。

概要

水深の深い場所の堆砂を回収でき且つ水の汚濁を抑制できる浚渫装置を提供することを目的とする。浚渫装置は、水底に配置される吸引ノズルと、水中に配置される筐体と、筐体の内部に配置される第1圧送ポンプと、一端が吸引ノズルに接続され且つ他端が筐体に接続される第1吸引管と、一端が筐体に接続され且つ他端が水上に配置される第2吸引管と、一端が第1圧送ポンプに接続され且つ他端が水上に配置される圧送管と、水上に配置され且つ第2吸引管を吸引する吸引ポンプと、を備える。

目的

本開示は、上記に鑑みてなされたものであって、水深の深い場所の堆砂を回収でき且つ水の汚濁を抑制できる浚渫装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

水底に配置される吸引ノズルと、水中に配置される筐体と、前記筐体の内部に配置される第1圧送ポンプと、一端が前記吸引ノズルに接続され且つ他端が前記筐体に接続される第1吸引管と、一端が前記筐体に接続され且つ他端が水上に配置される第2吸引管と、一端が前記第1圧送ポンプに接続され且つ他端が水上に配置される圧送管と、水上に配置され且つ前記第2吸引管を吸引する吸引ポンプと、を備える浚渫装置

請求項2

前記第2吸引管の前記一端は、前記筐体の上面に接続される請求項1に記載の浚渫装置。

請求項3

前記第1吸引管の前記他端から前記第2吸引管の前記一端までの距離は、前記第1吸引管の前記他端から前記圧送管の前記一端までの距離より小さい請求項1又は2に記載の浚渫装置。

請求項4

前記第1吸引管は、伸縮及び屈曲可能である請求項1から3のいずれか一項に記載の浚渫装置。

請求項5

前記吸引ノズルは、水を噴射する噴射ノズルを備える請求項1から4のいずれか一項に記載の浚渫装置。

請求項6

前記吸引ノズルは、筒状部を備え、前記噴射ノズルは、前記筒状部の内部に設けられる請求項5に記載の浚渫装置。

請求項7

前記吸引ノズルは、吸引口を覆う格子状の防護網を備える請求項1から6のいずれか一項に記載の浚渫装置。

請求項8

前記第2吸引管の他端及び前記圧送管の他端に接続される回収タンクと、一端が前記回収タンクに接続され且つ他端が前記吸引ポンプに接続される第3吸引管と、を備える請求項1から7のいずれか一項に記載の浚渫装置。

請求項9

前記回収タンクから土砂を排出する第2圧送ポンプを備える請求項8に記載の浚渫装置。

請求項10

前記回収タンクから排出された土砂を脱水する脱水装置を備える請求項8又は9に記載の浚渫装置。

請求項11

前記回収タンクは、台船の上に配置される請求項8から10のいずれか一項に記載の浚渫装置。

請求項12

前記吸引ノズルを昇降させる第1昇降装置を備える請求項1から11のいずれか一項に記載の浚渫装置。

請求項13

前記筐体を昇降させる第2昇降装置を備える請求項1から12のいずれか一項に記載の浚渫装置。

技術分野

0001

本発明は、浚渫装置に関する。

背景技術

0002

河川運河沈砂池、又は貯水池等の水中の底部に堆積した堆砂を取り除く浚渫方法として、水中サンドポンプによる流体輸送方法(特許文献1参照)等が知られている。

先行技術

0003

特開2015−47522号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、特許文献1の浚渫方法では、水深の深い場所の堆砂を回収できるものの、堆積した堆砂を掘削攪拌してから吸引する必要があるため、作業環境汚濁する。

0005

本開示は、上記に鑑みてなされたものであって、水深の深い場所の堆砂を回収でき且つ水の汚濁を抑制できる浚渫装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上述した課題を解決し、目的を達成するために、本開示の一様態は、水底に配置される吸引ノズルと、水中に配置される筐体と、筐体の内部に配置される第1圧送ポンプと、一端が吸引ノズルに接続され且つ他端が筐体に接続される第1吸引管と、一端が筐体に接続され且つ他端が水上に配置される第2吸引管と、一端が第1圧送ポンプに接続され且つ他端が水上に配置される圧送管と、水上に配置され且つ第2吸引管を吸引する吸引ポンプと、を備える浚渫装置である。

0007

なお、上記の浚渫装置の様態において、第2吸引管の一端は、筐体の上面に接続されることが好ましい。

0008

なお、上記の浚渫装置の様態において、第1吸引管の他端から第2吸引管の一端までの距離は、第1吸引管の他端から圧送管の一端までの距離より小さいことが好ましい。

0009

なお、上記の浚渫装置の様態において、第1吸引管は、伸縮及び屈曲可能であることが好ましい。

0010

なお、上記の浚渫装置の様態において、吸引ノズルは、水を噴射する噴射ノズルを備えることが好ましい。

0011

なお、上記の浚渫装置の様態において、吸引ノズルは、筒状部を備え、噴射ノズルは、筒状部の内部に設けられることが好ましい。

0012

なお、上記の浚渫装置の様態において、吸引ノズルは、吸引口を覆う格子状の防護網を備えることが好ましい。

0013

なお、上記の浚渫装置の様態において、第2吸引管の他端及び圧送管の他端に接続される回収タンクと、一端が回収タンクに接続され且つ他端が吸引ポンプに接続される第3吸引管と、を備えることが好ましい。

0014

なお、上記の浚渫装置の様態において、回収タンクから土砂を排出する第2圧送ポンプを備えることが好ましい。

0015

なお、上記の浚渫装置の様態において、回収タンクから排出された土砂を脱水する脱水装置を備えることが好ましい。

0016

なお、上記の浚渫装置の様態において、回収タンクは、台船の上に配置されることが好ましい。

0017

なお、上記の浚渫装置の様態において、吸引ノズルを昇降させる第1昇降装置を備えることが好ましい。

0018

なお、上記の浚渫装置の様態において、筐体を昇降させる第2昇降装置を備えることが好ましい。

発明の効果

0019

本開示によれば、水深の深い場所のを回収でき且つ水の汚濁を抑制できるという効果を奏する。

図面の簡単な説明

0020

図1は、第1実施形態の浚渫装置を示す模式図である。
図2は、図1の主要部を示す模式図である。
図3は、吸引ノズルを示す模式断面図である。
図4は、吸引ノズルの吸引口を示す模式拡大図である。
図5は、第2実施形態の浚渫装置を示す模式図である。
図6は、第2実施形態の浚渫装置の変形配置例を示す模式図である。
図7は、第3実施形態の浚渫装置を示す模式図である。

実施例

0021

以下に、本発明に係る浚渫装置の実施形態について図面に基づいて詳細に説明する。なお、本発明は、以下の実施形態の記載に限定されるものではない。また、以下の実施形態における構成要素には、当業者置換可能且つ容易なもの、あるいは実質的に同一のものが含まれる。さらに、以下に記載した構成要素は適宜組み合わせることが可能である。なお、以下の実施形態の説明において、同一構成には同一符号を付し、異なる構成には異なる符号を付すものとする。

0022

(第1実施形態)
図1は、第1実施形態の浚渫装置を示す模式図である。図2は、図1の主要部を示す模式図である。図3は、吸引ノズルを示す模式拡大図である。図4は、吸引ノズルを示す模式断面図である。第1実施形態の浚渫装置10は、河川、運河、湖、沈砂池、又は貯水池等の水中の底部に堆積した堆砂を浚渫する装置である。堆砂は、比重及び粘性の高い汚泥及び泥土等を含む。浚渫装置10は、堆砂の水中吸引、鉛直搬送及び水平搬送一貫して連続的に行う。第1実施形態において、浚渫装置10は、貯水池Wの底部に堆積した堆砂Dを浚渫する。浚渫装置10は、吸引ノズル20と、中間ユニット30と、回収タンク40と、吸引ポンプ50と、第1吸引管60と、第2吸引管70と、第3吸引管80と、圧送管90と、昇降装置100と、第2圧送ポンプ110と、脱水装置120と、搬送管130と、を備える。浚渫装置10において、昇降装置100は、貯水池Wに浮かぶ台船Bの上に配置される。回収タンク40、吸引ポンプ50、第2圧送ポンプ110及び脱水装置120は、部Gに配置される。

0023

吸引ノズル20は、貯水池Wの水底に配置される。図2に示すように、吸引ノズル20は、一端20Aに吸引口22を有する。吸引口22は、貯水池Wの水底に堆積した堆砂Dに挿入される。吸引ノズル20は、吸引口22から堆砂Dを吸引する。吸引ノズル20の他端20Bは、第1吸引管60の一端60Aに対して接続される。吸引ノズル20と第1吸引管60との間の隙間は密閉される。吸引ノズル20に吸引された堆砂Dは、土砂D1として第1吸引管60を通って第1吸引管60の他端60Bの方向に搬送される。

0024

図3は、吸引ノズルを示す模式断面図である。図3に示すように、吸引ノズル20は、筒状部20Tと、噴射ノズル24と、を備える。噴射ノズル24は、吸引ノズル20において土砂D1の流路となる筒状部20Tの内部に設けられる。噴射ノズル24は、吸引ノズル20の内部から吸引口22に向かって水を噴射する。これにより、噴射ノズル24による噴射水は、吸引口22から吸引できない大きさの、流木泥岩の塊等の異物を吸引口22から離間させる。噴射水の圧力は、吸引ノズル20による吸引力より大きい。噴射ノズル24は、噴射方向が可変であることが好ましい。これにより、噴射ノズル24は、吸引口22の全体に向かって水を噴射できる。噴射ノズル24を駆動する駆動装置は、例えば、貯水池Wの水上に配置される。噴射ノズル24は、水供給管26から水が供給される。水供給管26は、例えば、貯水池Wから水が供給されてもよい。

0025

図4は、吸引ノズルを示す模式拡大図である。図4に示すように、吸引ノズル20は、防護網28を備える。防護網28は、格子状の網である。防護網28は、吸引口22を覆う。防護網28は、吸引ノズル20内への異物混入を抑制する。防護網28の網目は、図1及び図2に示す圧送管90の内径の1/3未満であることが好ましい。これにより、圧送管90の内径の1/3以上の大きさの異物の混入を抑制する。

0026

図2に示すように中間ユニット30は、略直方体の筐体32と、第1圧送ポンプ34と、を備える。筐体32は、貯水池Wの水中に配置される。筐体32の内部は、貯水池Wの水中から密閉される。筐体32は、開口32A及び開口32Bを有する。開口32Aは、筐体32の底面に配置される。開口32Aは、筐体32の側面に配置されてもよい。筐体32は、開口32Aにおいて第1吸引管60の他端60Bに対して接続される。筐体32と第1吸引管60との隙間は密閉される。筐体32は、第1吸引管60を介して吸引ノズル20に接続される。筐体32は、第1吸引管60によって搬送された土砂D1を回収する。開口32Bは、筐体32の上面に配置される。筐体32は、開口32Bにおいて第2吸引管70の一端70Aに対して接続される。筐体32と第2吸引管70との隙間は密閉される。第1圧送ポンプ34は、筐体32の内部に配置される。第1圧送ポンプ34は、例えば容積式スラリーポンプである。第1圧送ポンプ34は、圧送管90の一端90Aに対して接続される。第1圧送ポンプ34と圧送管90との隙間は密閉される。第1圧送ポンプ34は、土砂D1を圧送管90に圧送する。筐体32に回収された土砂D1は、土砂D2として圧送管90を通って圧送管90の他端90Bの方向に搬送される。筐体32に回収された土砂D1の一部は、土砂D2として第2吸引管70を通って第2吸引管70の他端70Bの方向に搬送される。

0027

回収タンク40は、貯水池Wの水上に配置される。回収タンク40の内部は、外気から密閉される。回収タンク40は、第2吸引管70の他端70Bに対して接続される。回収タンク40と第2吸引管70との隙間は密閉される。回収タンク40は、第2吸引管70を介して筐体32に接続される。回収タンク40は、第2吸引管70によって搬送された土砂D2を回収する。回収タンク40は、圧送管90の他端90Bに対して接続される。回収タンク40と圧送管90との隙間は密閉される。回収タンク40は、圧送管90及び第1圧送ポンプ34を介して筐体32に接続される。回収タンク40は、圧送管90によって搬送された土砂D2を回収する。回収タンク40は、第3吸引管80の一端80Aに対して接続される。回収タンク40と第3吸引管80との隙間は密閉される。

0028

吸引ポンプ50は、貯水池Wの水上に配置される。吸引ポンプ50は、例えば真空ポンプである。吸引ポンプ50の吸気口50Aにおける最大風量は、例えば100m3/minである。吸引ポンプ50の吸気口50Aは、第3吸引管80の他端80Bに対して接続される。吸引ポンプ50と第3吸引管80との隙間は密閉される。吸引ポンプ50は、第3吸引管80を介して回収タンク40に接続される。

0029

第1吸引管60、第2吸引管70及び第3吸引管80の内径は、圧送管90の内径より大きい。第1吸引管60、第2吸引管70及び第3吸引管80の内径は、例えば200mmである。圧送管90の内径は、例えば100mmである。

0030

吸引ポンプ50は、第3吸引管80を及び回収タンク40介して第2吸引管70を吸引する。これにより、筐体32、第1吸引管60及び吸引ノズル20の内部は、負圧を維持される。筐体32の内部は、高い真空度を維持することが好ましい。吸引ポンプ50は、負圧によって、吸引ノズル20に堆砂Dを吸引させ、吸引ノズル20から筐体32まで土砂D1を搬送させる。筐体32は、吸引ノズル20の吸引口22から第1高さh1となる位置に設置される。ここで、負圧による吸引が可能な高さは、トリチェリ真空原理により、絶対真空条件下であっても10m(760mmHg)である。したがって、第1高さh1は、10m未満であり、8m以下であることが好ましい。

0031

第1圧送ポンプ34は、筐体32内部の土砂D1を圧送管90に圧送する。第1圧送ポンプ34は、筐体32から回収タンク40まで土砂D2を圧送する。第1圧送ポンプ34が筐体32の内部の土砂D1を押す力は、吸引ポンプ50が筐体32の内部の空気を引く力よりも大きい。回収タンク40は、圧送管90の他端90Bが筐体32から第2高さh2となる位置に設置される。第2高さh2は、例えば15mである。第2高さh2、及び第1圧送ポンプ34から圧送管90の他端90Bまでの水平距離h3は、第1圧送ポンプ34の性能に依存する。回収タンク40は、水平距離h3が100m以上となる位置に設置されることもできる。

0032

第1実施形態において、筐体32における第1吸引管60の他端60Bから第2吸引管70の一端70Aまでの距離は、第1吸引管60の他端60Bから圧送管90の一端90Aまでの距離より小さい。これにより、第1吸引管60の他端60Bから第2吸引管70の一端70Aに向かう気流が発生する。第2吸引管70の内部は、吸引ポンプ50による吸引によって、一端70Aから他端70Bに向かう気流が発生している。筐体32に回収された土砂D1の一部は、第2吸引管70の内部の気流に乗って、土砂D2として回収タンク40まで搬送される。

0033

図1に示す昇降装置100は、第1実施形態において、テレスコクラムバックホウである。昇降装置100は、本体102と、本体102に対して搖動可能なブーム104と、ブーム104に対して搖動可能且つ伸縮可能なアーム106と、を有する。アーム106の先端部は、中間ユニット30の筐体32に固定されている。昇降装置100は、アーム106を伸縮させることによって吸引ノズル20、第1吸引管60及び筐体32を昇降させる。昇降装置100は、筐体32を貯水池Wの水中に支持し、吸引ノズル20の吸引口22を貯水池Wの水底の堆砂Dに挿入させる。

0034

第2圧送ポンプ110は、例えば容積式スラリーポンプである。第2圧送ポンプ110は、回収タンク40の排出部42及び搬送管130の一端130Aに対して接続される。第2圧送ポンプ110は、回収タンク40の排出部42から土砂D2を取り込み、搬送管130の他端130Bの方向に圧送する。回収タンク40に回収された土砂D2は、土砂D3として搬送管130を通って搬送管130の他端130Bの方向に搬送される。

0035

脱水装置120は、搬送管130の他端130Bに対して接続される。脱水装置120は、搬送管130によって搬送された土砂D3を回収し、土砂D3を固体と水とに分離する固液分離を行う。分離された固体は、例えば排砂地等に運ばれる。分離された水は排水処理設備等で浄化した後、例えば貯水池Wに戻される。第1実施形態において、回収タンク40に回収された土砂D2は、脱水装置120によって脱水されたが、例えば天日乾燥処理設備等によって脱水されてもよい。

0036

以上説明したように、第1実施形態の浚渫装置10は、水底に配置される吸引ノズル20と、水中に配置される筐体32と、筐体32の内部に配置される第1圧送ポンプ34と、一端60Aが吸引ノズル20に接続され且つ他端60Bが筐体32に接続される第1吸引管60と、一端70Aが筐体32に接続され且つ他端70Bが水上に配置される第2吸引管70と、一端90Aが第1圧送ポンプ34に接続され且つ他端90Bが水上に配置される圧送管90と、水上に配置され且つ第2吸引管70を吸引する吸引ポンプ50と、を備える。

0037

これにより、浚渫装置10は、吸引ポンプ50の吸引によって、吸引ノズル20から中間ユニット30の筐体32まで浚渫し、第1圧送ポンプ34の圧送によって、筐体32から水上まで浚渫する。すなわち、重い堆砂D(土砂D1)の回収を吸引で行い、高楊程の土砂D2の搬送を圧送で行うので、水深の深い場所の泥を回収でき且つ水の汚濁を抑制できる。また、吸引した土砂D1に余分な水が含まれず、含泥率20〜50%程度の高濃度で回収できる。

0038

浚渫装置10は、第2吸引管70の一端70Aが、筐体32の上面に接続される。

0039

このような浚渫装置10によれば、土砂D1によって第2吸引管70が塞がることを抑制できる。

0040

浚渫装置10は、第1吸引管60の他端60Bから第2吸引管70の一端70Aまでの距離が、第1吸引管60の他端60Bから圧送管90の一端90Aまでの距離より小さい。

0041

このような浚渫装置10によれば、吸引ノズル20から第1吸引管60、筐体32及び第2吸引管70を通って第2吸引管70の他端70Bに向かう気流が発生する。これにより、第2吸引管70は、筐体32に回収された土砂D1の一部を搬送することができる。

0042

浚渫装置10は、吸引ノズル20が、水を噴射する噴射ノズル24を備える。

0043

このような浚渫装置10によれば、噴射水の圧力が吸引口22から流木、泥岩等の塊を遠ざけるので、吸引口22の異物による閉塞を抑制することができる。

0044

浚渫装置10は、吸引ノズル20が、筒状部20Tを備え、噴射ノズル24が、筒状部20Tの内部に設けられる。

0045

このような浚渫装置10によれば、より好適に吸引口22の異物による閉塞を抑制することができる。

0046

浚渫装置10は、吸引ノズル20が、吸引口22を覆う格子状の防護網28を備える。

0047

このような浚渫装置10によれば、吸引ノズル20への異物混入による第1吸引管60、第2吸引管70および圧送管90内部の閉塞を抑制することができる。

0048

浚渫装置10は、第2吸引管70の他端70B及び圧送管90の他端90Bに接続される回収タンク40と、一端80Aが回収タンク40に接続され且つ他端80Bが吸引ポンプ50に接続される第3吸引管80と、を備える。

0049

このような浚渫装置10によれば、土砂D2が回収タンク40に回収されるので、吸引ポンプ50への土砂D2の侵入を抑制できる。

0050

浚渫装置10は、回収タンク40から土砂D2を排出する第2圧送ポンプ110を備える。

0051

このような浚渫装置10によれば、回収タンク40に回収された土砂D2を順次排出するので、吸引ポンプ50及び第1圧送ポンプ34による浚渫効率を維持することができる。

0052

浚渫装置10は、回収タンク40から排出された土砂D3を脱水する脱水装置120を備える。

0053

このような浚渫装置10によれば、排出した土砂D3をより好適に処理することができる。

0054

(第2実施形態)
図5は、第2実施形態の浚渫装置を示す模式図である。図5に示す浚渫装置10Aにおいて、図1に示す浚渫装置10と同一の構成については同一の参照符号を付して説明を省略し、異なる構成について説明する。浚渫装置10Aは、浚渫装置10における第1吸引管60と、昇降装置100との代わりに、第1吸引管60Fと、第1昇降装置140及び第2昇降装置150と、を備える。浚渫装置10Aにおいて、回収タンク40、吸引ポンプ50、第2圧送ポンプ110、第1昇降装置140と及び第2昇降装置150は、貯水池Wに浮かぶ台船Bの上に配置される。脱水装置120は、陸部Gに配置される。

0055

第1吸引管60Fは、一端20Aが吸引ノズル20の他端20Bに対して接続され、他端20Bが筐体32の開口32Aに対して接続される。吸引ノズル20と第1吸引管60Fとの隙間は密閉される。筐体32と第1吸引管60Fとの隙間は密閉される。第1吸引管60Fは、図1に示す第1吸引管60に比べ、伸縮及び屈曲可能である構成において異なる。これにより、吸引ノズル20は、筐体32に対して相対移動可能である。図5において開口32Aは、筐体32の側面に配置されるが、筐体32の底面に配置されてもよい。

0056

第1昇降装置140は、第2実施形態において、テレスコクラムバックホウである。第1昇降装置140は、本体142と、本体142に対して搖動可能なブーム144と、ブーム144に対して搖動可能且つ伸縮可能なアーム146と、を有する。アーム146の先端部は、吸引ノズル20に固定されている。第1昇降装置140は、アーム146を伸縮させることによって吸引ノズル20を昇降させ、吸引ノズル20の吸引口22を貯水池Wの水底の堆砂Dに挿入させる。

0057

第2昇降装置150は、第2実施形態において、テルハホイスト式クレーンである。第2昇降装置150は、回収タンク40の上方に設置されるレール152と、レール152上を横行するトロリ154と、トロリ154から吊下げられるウインチ156と、ウインチ156によって巻上可能なワイヤ158と、を有する。ワイヤ158の先端部は、中間ユニット30の筐体32に固定されている。第2昇降装置150は、ウインチ156にワイヤ158を巻取らせることによって筐体32を昇降させ、筐体32を貯水池Wの水中に支持する。

0058

操作者は、例えば、第2昇降装置150によって中間ユニット30の筐体32を貯水池Wの水中における所定の位置に位置決めする。その後、第1昇降装置140によって吸引ノズル20の吸引口22を堆砂Dの所定の場所に挿入させ、吸引ポンプ50及び第1圧送ポンプ34を駆動させて浚渫を開始する。吸引口22の周辺の堆砂Dが十分に吸引された場合、使用者は、第1昇降装置140を動作させ、吸引ノズル20の位置を変更する。この際、筐体32の位置は変更しない。

0059

以上説明したように、第2実施形態の浚渫装置10Aは、第1吸引管60Fが、伸縮及び屈曲可能である。

0060

このような浚渫装置10Aによれば、筐体32に対して吸引ノズル20が相対的に移動可能なので、操作性が向上し、より好適に堆砂Dを吸引することができる。

0061

浚渫装置10Aは、回収タンク40が、台船Bの上に配置される。

0062

このような浚渫装置10Aによれば、吸引ノズル20と回収タンク40との水平距離を近くすることができるので、第1圧送ポンプ34の搬送力が向上する。または、第1圧送ポンプ34に圧送力の低いポンプを使用することができる。

0063

浚渫装置10Aは、吸引ノズル20を昇降させる第1昇降装置140を備える。

0064

このような浚渫装置10Aによれば、より好適に浚渫装置10Aを設置できる。具体的には、吸引ノズル20をより好適に堆砂Dの所定の場所に挿入できるので、水深の深い場所の泥を回収でき且つ水の汚濁を抑制できる。

0065

浚渫装置10Aは、筐体32を昇降させる第2昇降装置150を備える。

0066

このような浚渫装置10Aによれば、より好適に浚渫装置10Aを設置できる。具体的には、中間ユニット30をより好適に貯水池Wの所定の場所に位置決めできるので、操作性が向上し、より好適に堆砂Dを吸引することができる。

0067

(変形設置例)
図6は、第2実施形態の浚渫装置の変形配置例を示す模式図である。図6に示す浚渫装置10Bにおいて、図5に示す浚渫装置10Aと同一の構成については同一の参照符号を付して説明を省略し、異なる構成について説明する。浚渫装置10Bは、中間ユニット30の筐体32が、貯水池Wの水底に設置される。貯水池Wの水深が浅い場合は、筐体32を貯水池Wの水底に設置することができる。浚渫装置10Bは、重い堆砂D(土砂D1)の回収を吸引で行い、高楊程の土砂D2の搬送を圧送で行うので、効率的に浚渫することができる。

0068

(第3実施形態)
図7は、第3実施形態の浚渫装置を示す模式図である。図7に示す浚渫装置10Cにおいて、図5に示す浚渫装置10Aと同一の構成については同一の参照符号を付して説明を省略し、異なる構成について説明する。浚渫装置10Cは、浚渫装置10Aにおける第2昇降装置150の代わりに、第2昇降装置160を備える。第2昇降装置160は、貯水池Wに浮かぶ台船Bの上に配置される。

0069

第2昇降装置160は、第3実施形態において、クローラクレーンである。第2昇降装置160は、本体162と、本体162に対して搖動可能なブーム164と、ブーム164の先端から巻上可能なワイヤ166と、を有する。ワイヤ166の先端部は、中間ユニット30の筐体32に固定されている。第2昇降装置160は、ワイヤ166を巻取らせることによって筐体32を昇降させ、筐体32を貯水池Wの水中に支持する。

0070

浚渫装置10Cは、より好適に浚渫装置10Cを設置できる。具体的には、中間ユニット30をより好適に貯水池Wの所定の場所に位置決めできるので、操作性が向上し、より好適に堆砂Dを吸引することができる。

0071

なお、実施形態において説明した各構成は、発明の趣旨を逸脱しない範囲で各実施形態内の他の構成と組み合わせてもよい。また、これらの各構成は、発明の趣旨を逸脱しない範囲で各実施形態とは異なる他の実施形態内の構成と組み合わせてもよい。また、発明の趣旨を逸脱しない範囲で、種々の改変を行ってもよい。

0072

10、10A、10B、10C浚渫装置
20吸引ノズル
22吸引口
24噴射ノズル
26水供給管
28防護網
30中間ユニット
32筐体
34 第1圧送ポンプ
40回収タンク
42 排出部
50吸引ポンプ
60、60F 第1吸引管
70 第2吸引管
80 第3吸引管
90圧送管
100昇降装置
110 第2圧送ポンプ
120脱水装置
130搬送管
140 第1昇降装置
150、160 第2昇降装置
20A、60A、70A、80A、90A、130A 一端
20B、60B、70B、80B、90B、130B 他端
32A、32B 開口
50A吸気口
20T 筒状部
102、142、162 本体
104、144、164ブーム
106、146アーム
152レール
154トロリ
156ウインチ
158、166ワイヤ
W貯水池
B台船
G陸部
D堆砂
D1、D2、D3土砂
h1 第1高さ
h2 第2高さ
h3 水平距離

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ポリグルソーシャルビジネス株式会社の「 河川等の区域閉鎖式浄化工法」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】河川や湖沼、池等の底面に堆積固着したヘドロを、広い水域に汚染を生じたり、砂や土壌を喪失することなしに、高能率で安全且つ安価に浚渫する。【解決手段】ヘドロ層が堆積する区域の上方より水内へ、上面側... 詳細

  • 東洋建設株式会社の「 浚渫施工管理システム及び浚渫施工管理方法」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】オペレータの技量や経験の如何に関わらず高精度にポンプ浚渫を行う。【解決手段】浚渫施工管理システム10は、ポンプ浚渫船36の位置を計測する位置計測手段12と、施工範囲近傍の潮位を計測する潮位計1... 詳細

  • 日立建機株式会社の「 建設機械」が 公開されました。( 2020/04/02)

    【課題】上部旋回体を旋回させたまま停止した場合でも、運転室に対して容易に乗り降りすることができる建設機械を提供する。【解決手段】ホイール式油圧ショベル1は、自走可能な下部走行体2と、下部走行体2の上部... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ