図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2020年3月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

グルカゴンGLP−1及びGIP受容体アゴニスト作用を組み合わせることによって、優れた血糖値制御及び体重減少を達成する。

解決手段

グルカゴン、GIP及びGLP−1受容体アゴニスト活性を有する化合物を提供する。

概要

背景

発明の背景
糖尿病及び肥満は世界的に益々健康上の問題となっており、種々の他の疾患、特に心血管疾患CVD)、閉塞型睡眠時無呼吸症、脳卒中、末梢動脈疾患微小血管合併症及び変形性関節症と関連している。世界中で2.46億の人々が糖尿病に罹患しており、2025年までに3.8億が糖尿病に罹患しているであろうと推定されている。多くは高/異常LDL及びトリグリセリド及び低HDLを含む追加の心血管リスク因子を持っている。心血管疾患は糖尿病患者死亡の約50%の原因となり、肥満又は糖尿病に関する罹患率及び死亡率は効果的な治療選択肢のための医療の必要性を強調する。

プレプログルカゴンはグルカゴン、グルカゴン様ペプチド−1(GLP−1又はGLP−1)、グルカゴン様ペプチド−2(GLP−2)及びオキシントモジュリン(OXM)を含む多くの異なるプログルカゴン由来ペプチドを形成するように異なる組織内で処理された158個のアミノ酸前駆体ポリペプチドである。これらはグルコース恒常性インシュリン分泌胃内容排出及び腸の成長並びに摂食の調整を含む様々な生理機能にかかわっている。グルカゴンは、プレプログルカゴンの第33〜61アミノ酸に対応する29個のアミノ酸ペプチドであり、一方、GLP−1はプレプログルカゴンの第72〜108アミノ酸に相当する37個のアミノ酸ペプチドとして産生されている。

血糖値が低下し始めるときに、膵臓によって産生されるホルモンであるグルカゴンは肝臓グリコーゲンを分解しそしてグルコースを放出するようにシグナル送り、血糖値レベルを正常レベルに向かって上昇させる。グルコース恒常性の制御に加えて、グルカゴンは、おそらく食物摂取阻害及びエネルギー消費及び/又は脂肪分解刺激により体重を減少させる。GLP-1はグルカゴンと比較して異なる生物学的活性を有する。その作用としてはインスリン合成及び分泌の刺激、グルカゴン分泌の阻害及び食物摂取の阻害が挙げられる。GLP-1は糖尿病患者における高血糖症(上昇したグルコースレベル)を低減することが示されている。GLP−1と約50%のアミノ酸同一性共有する、トカゲ由来のペプチドであるエキセンジン−4はGLP−1受容体活性化し、同様に糖尿病患者において高血糖を低下させることが示されている。

グルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチドGIP)は、GLP−1と同様に、上昇した血糖値レベルの存在下で、膵臓β(ベータ細胞からのインスリン分泌を刺激する、42個のアミノ酸胃腸調節ペプチドである。これは133個のアミノ酸の前駆体、プレプロGIPからのタンパク質分解処理によって得られる。

興味深いことに、新規グルカゴン−GLP−1の二重作用性受容体アゴニストは現在、前臨床試験の段階にある(例えばWO2011/006497を参照されたい)。GLP−1類似体と比較して、グルカゴン−GLP−1の二重作用性アゴニストは血糖値制御の改善に加えて、動物モデルにおいてより大きく持続的な体重減少と関連している。したがって、グルカゴン系薬物は2型糖尿病及び/又は肥満の治療に有望である可能性がある。

インクレチングルコース刺激性インスリン分泌を増強することによって血糖値を調節する消化管ホルモンである(Drucker, DJ及びNauck, MA, Lancet 368: 1696-705 (2006))。上述の2つのペプチドはインクレチン:GLP−1及びGIPとして知られている。インクレチンの発見は、糖尿病の治療のための2つの新しいクラスの薬物の開発につながった。したがって、注射可能なGLP−1受容体アゴニスト、及び、内因性GLP−1及びGIPの両方の酵素不活性化を阻害する小分子化合物(経口DPP‐4阻害剤)は販売されている(GLP-1 受容体アゴニスト: Byetta(商標)、Bydureon(商標)、Lixisenatide(商標)及びLiraglutide(商標)、及び、DPP‐4阻害剤: Januvia(商標)、Galvus(商標)、Onglyza(商標)及びTrajenta(商標))。インスリン分泌に対するGLP−1及びGIPの急性効果とは別に、2つのペプチドはまた、長期的な効果を有する。幾つかの研究室からの証拠は、GLP−1Rアゴニストアポトーシスを阻害しそして増殖を増強することにより膵臓のβ細胞を保護することを示す。例えば、Farillaらの研究はGLP−1がヒト膵島において抗アポトーシス効果を有することを示した(Farilla, L, Endocrinology 144: 5149-58 (2003))。このような効果は最近までGIPに関しては報告されていない。2010年に、WeidenmaierらはDPP‐4耐性GIP類似体は抗アポトーシス効果を有することを報告した(Weidenmaier, SD,PLOS One 5(3): e9590 (2010))。興味深いことに、マウスの糖尿病及び肥満のモデルにおいて、GLP−1受容体アゴニストのリラグルチドアシル化GIP類似体の組み合わせはリラグルチド又はGIP類似体単独での治療と比較して優れた効果を示す(Gault, VA, Clinical Science 121: 107-117 (2011))。

GLP−1受容体アゴニストによる慢性処置は糖尿病のヒトにおいて有意な体重減少を引き起こす。興味深いことに、同様の患者におけるDPP‐4阻害剤の長期使用は、一貫して体重を変化させない。証拠は、GLP−1及びGIPが併用投与されたときに、GLP−1アゴニスト処置に関連した体重減少を増強することを示唆している(ADA (米国糖尿病学会)でのMatthias Tschopの口頭発表、2011)。げっ歯類では、GLP−1及びGIPの併用投与は、単独のGLP−1処置よりも大きな体重減少をもたらす(Finan, Sci Transl Med. 2013; 5(209):209ra151. Irwin N ら, 2009, Regul Pept; 153: 70-76. Gaultら, 2011, Clin Sci; 121:107-117)。このように、血糖値を改善することに加えて、GIPはまた、GLP−1媒介性体重減少を増強する可能性がある。同発表において、グルカゴン、GLP−1及びGIP受容体アゴニスト作用を組み合わせると、DIOマウスにおけるさらなる体重減少をもたらすことも示された。

概要

グルカゴン、GLP−1及びGIP受容体アゴニスト作用を組み合わせることによって、優れた血糖値制御及び体重減少を達成する。グルカゴン、GIP及びGLP−1受容体でアゴニスト活性を有する化合物を提供する。なし

目的

本発明において、グルカゴン−GLP−1−GIPトリプル作用受容体アゴニストは、該トリプルアゴニストが改善された血糖値制御、可能な膵島及びβ細胞保存ならびに強化された体重減少を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

一般式I:R1-Tyr-X2-Gln-Gly-Thr-Phe-Thr-Ser-Asp-X10-Ser-X12-X13-Leu-X15-X16-X17-Ala-X19-X20-X21-Phe-X23-X24-Trp-Leu-X27-X28- X29-X30-Y1-R2 (I)(前記式中、R1 はH-, C1-4アルキルアセチルホルミルベンゾイルトリフルオロアセチル又はpGluであり、X2 はAib, Gly, Ala, D-Ala, Ser, N-Me-Ser,Ac3c,Ac4c又はAc5cであり、X10はTyr又はLeuであり、X12はLys, Ile又はΨであり、X13はAla, Tyr又はAibであり、X15はAsp又はGluであり、X16はSer, Glu, Lys又はΨであり、X17はLys又はΨであり、X19はGln又はAlaであり、X20はLys, His, Arg又はΨであり、X21はAla, Asp又はGluであり、X23はVal又はIleであり、X24はAsn, Glu又はΨであり、X27はLeu, Glu又はValであり、X28はAla, Ser, Arg又はΨであり、X29はAib, Ala, Gln又はLysであり、X30はLys, Glyであるか、又は、存在せず、Y1はGly-Pro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Pro-Ser, Gly-Pro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Ser, Lys-Pro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Pro-Ser, Lys-Pro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Ser,Pro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Pro-Ser又はPro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Serであるか、又は、存在せず、ΨはLys, Arg, Orn又はCysの残基であり、ここで、側鎖は親油性置換基に結合されており、そして、R2 は-NH2 又は-OHである)を有するグルカゴン-GLP-1-GIPトリプルアゴニスト化合物又はその医薬上許容される塩もしくは溶媒和物

請求項2

ΨはX12, X16又はX17の位置の1つで存在する、請求項1記載の化合物。

請求項3

前記化合物は1つのみの残基Ψを含む、請求項1又は2記載の化合物。

請求項4

前記化合物は1つ以上の下記のセットの残基:K12及びK12及びY13; I12及びY13; K12及びA13; I12及びA13;又はΨ12及びY13;D15及びS16; D15及びE16; E15及びK16; D15及びΨ16; E15及びS16;又はE15及びΨ16;A19, H20及びD21; A19, K20及びD21; A19, R20及びD21; Q19, K20及びE21; A19, K20及びE21;又はQ19, R20及びA21;I23及びE24; V23及びE24;又はV23及びN24;L27, R28及びA29; L27, S28及びA29; L27, A28及びQ29; E27, S28及びA29;又はV27, A28及びAib29;E15及びK17;E15及びΨ17;E15, Ψ17及びQ19;Q19及びE24;E16, Ψ17及びQ19;又はK16, Ψ17及びQ19を有する、請求項1〜3のいずれか1項記載の化合物。

請求項5

Aib2, Ser2又はAc4c2; 及び/又はTyr10;又はLeu10をさらに含む、請求項4記載の化合物。

請求項6

1〜29位は以下の配列:YSQGTFTSDYSKYLDSKAAHDFVEWLLRA;YSQGTFTSDYSKYLDΨKAAHDFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEKAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKKAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLESKAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDKKAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSΨAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDSΨAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSKALDSKAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSKYLESKAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAKDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEKAAKDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDSKAARDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKKAQKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSKYLEKKAQKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKKAAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSKALDEKAAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKΨAAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEΨKAAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSΨYLEKKAAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAHDFVNWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDLSIALEKΨAQRAFVEWLLAQK;Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDEΨAAKDFIEWLESA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAKDFVEWLESA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAKDFIEWLESA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAKEFIEWLESA;Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDSKAAHDFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAHDFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSΨAAHDFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKΨAQRAFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIALDKΨAQRAFVNWLVA-Aib;Y-Ac4c-QGTFTSDYSIYLDEΨAAKEFIEWLESA;Y-Ac4c-QGTFTSDYSIALEKΨAQRAFVEWLLAQ;又はY-Ac4c-QGTFTSDYSIYLDKΨAQRAFVEWLLAQを有する、請求項1〜6のいずれか1項記載の化合物。

請求項7

最大4つの位置で請求項6に示されるいずれかの配列と異なる、請求項1記載の化合物。

請求項8

最大4つの位置で配列:Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKΨAAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAHDFVEWLLSA;及びY-Aib-QGTFTSDYSIALEKΨAQRAFVEWLLAQの1つと異なる、請求項7記載の化合物。

請求項9

式Iのペプチド主鎖は以下の配列:YSQGTFTSDYSKYLDSKAAHDFVEWLLRA;YSQGTFTSDYSKYLDΨKAAHDFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEKAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAHDFVEWLLSAGPSSGAPPPS;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKKAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLESKAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDKKAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSΨAAHDFVEWLLSAGPSSGAPPPS;Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDSΨAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSKALDSKAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSKYLESKAAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAKDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEKAAKDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDSKAARDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKKAQKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSKYLEKKAQKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKKAAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSKALDEKAAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKΨAAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEΨKAAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSΨYLEKKAAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKΨAAKEFVEWLLSAGPSSGAPPPS;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAHDFVNWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDKΨAQRAFVEWLLAQGPSSGAPPPS;Y-Aib-QGTFTSDYSIALEKΨAQRAFVEWLLAQK;Y-Aib-QGTFTSDLSIALEKΨAQRAFVEWLLAQK;Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDEΨAAKDFIEWLESA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAKDFVEWLESA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAKDFIEWLESA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAKEFIEWLESA ;Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDSKAAHDFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAHDFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSΨAAHDFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKΨAQRAFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIALDKΨAQRAFVNWLVA-Aib-KPSSGAPPPS;Y-Ac4c-QGTFTSDYSIYLDEΨAAKEFIEWLESA;Y-Ac4c-QGTFTSDYSIALEKΨAQRAFVEWLLAQK;又はY-Ac4c-QGTFTSDYSIYLDKΨAQRAFVEWLLAQGPSSGAPPPSを有する、請求項1記載の化合物。

請求項10

式Iのペプチド主鎖は最大5つの位置で請求項10中に示される配列の1つと異なる配列を有する、請求項1記載の化合物。

請求項11

以下の配列:Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKΨAAKEFVEWLLSAGPSSGAPPPS;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAHDFVEWLLSA; 又はY-Aib-QGTFTSDYSIALEKΨAQRAFVEWLLAQKの1つと、最大5つの位置で異なる、請求項10記載の化合物。

請求項12

ΨはLysの残基であり、ここで、側鎖は親油性置換基に結合されている、請求項1〜11のいずれか1項記載の化合物。

請求項13

前記親油性置換基は式-Z1 又は-Z2-Z1 を有し、前記式中、-Z1 は末端でΨ又はZ2への連結-X-を有する脂肪鎖であり、ここで、-X-は結合、-CO-, -SO-又は-SO2-であり、場合により、Z1 は連結-X-から遠位にある鎖の末端で極性基を有し、前記極性基はカルボン酸又はカルボン酸生物学的等価体(bioisostere)、ホスホン酸又はスルホン酸基を含み、そして、-Z2-は、存在するならば、式:のZ1 をΨに連結するスペーサであり、ここで、各Yは独立して、-NH, -NR, -S又は-Oであり、Rはアルキル、保護基であるか、又は、スペーサZ2の別の部分への結合を形成し、各Xは独立して、結合、CO-, SO-又はSO2-であり、但し、Yが-Sであるときには、それが結合しているXは結合であり、各Vは独立して、Y及びXを結合している二価有機部分であり、そしてnは1〜10である、請求項1〜13のいずれか1項記載の化合物。

請求項14

前記親油性置換基は式Z2-Z1を有する、請求項13記載の化合物。

請求項15

Z1はA-B-アルキレン-CO-であり、ここで、AはH又は-COOHであり、そしてBは結合である、請求項12又は14記載の化合物。

請求項16

Z1はA-B-C16-20アルキレン-(CO)-である、請求項15記載の化合物。

請求項17

Z1 は:ヘキサデカノイル;17-カルボキシ-ヘプタデカノイル[HOOC-(CH2)16-(CO)-]、19-カルボキシ-ノナデカノイル[HOOC-(CH2)18-(CO)-]、オクタデカノイル [H3C-(CH2)16-(CO)-]、又は、エイコサノイル[H3C-(CH2)18-(CO)-]である、請求項13〜16のいずれか1項記載の化合物。

請求項18

Z2 はイソGlu又はDapaから選ばれる残基を含む、請求項13〜17のいずれか1項記載の化合物。

請求項19

-Z1 又は-Z2-Z1 は:(i)[17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3(ii)[17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu(iii)オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3(iv)エイコサノイル-イソGlu-Peg3-Peg3(v)[19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3 (vi)オクタデカノイル-Dapa-Peg3-Peg3又は、(vii)ヘキサデカノイル-イソGluである、請求項13記載の化合物。

請求項20

1 〜29位は以下の配列:YSQGTFTSDYSKYLD-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-KAAHDFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDS-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDS-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEK-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-KAAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYS-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-YLEKKAAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEK-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEK-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEK-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDK-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQ;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDK-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu)-AQRAFVEWLLAQ;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDK-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQ;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLD-K(エイコサノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQ;Y-Aib-QGTFTSDYSIALEK-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQ;Y-Aib-QGTFTSDYSIALEK-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQ;Y-Aib-QGTFTSDYSIALE-K([19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQ;Y-Aib-QGTFTSDLSIALE-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQ;Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKDFIEWLESA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKDFVEWLESA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKDFIEWLESA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFIEWLESA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFIEWLESA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDS-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAHDFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLE-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLE-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIALD-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVNWLVA-Aib;Y-Aib-QGTFTSDYSIALD-K(オクタデカノイル-Dapa-Peg3-Peg3)-AQRAFVNWLVA-Aib;Y-Aib-QGTFTSDYSIALDK-K([19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVNWLVA-Aib;Y-Ac4c-QGTFTSDYSIYLDE-K([19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFIEWLESA;Y-Ac4c-QGTFTSDYSIALE-K([19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQ; 又はY-Ac4c-QGTFTSDYSIYLDK-K(19-カルボキシ-ヘプタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQを有する、請求項1記載の化合物。

請求項21

式Iのペプチド主鎖は以下の配列:YSQGTFTSDYSKYLD-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-KAAHDFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDS-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAHDFVEWLLSAGPSSGAPPPS;Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDS-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAHDFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEK-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-KAAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYS-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-YLEKKAAKEFVEWLLSA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEK-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKEFVEWLLSAGPSSGAPPPS;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEK-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFVEWLLSAGPSSGAPPPS;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEK-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFVEWLLSAGPSSGAPPPS;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDK-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQGPSSGAPPPS;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDK-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu)-AQRAFVEWLLAQGPSSGAPPPS;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDK-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQGPSSGAPPPS;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLD-K(エイコサノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQGPSSGAPPPS;Y-Aib-QGTFTSDYSIALEK-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQK;Y-Aib-QGTFTSDYSIALEK-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQK;Y-Aib-QGTFTSDYSIALE-K([19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQK;Y-Aib-QGTFTSDLSIALE-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQK;Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKDFIEWLESA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKDFVEWLESA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKDFIEWLESA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFIEWLESA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFIEWLESA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDS-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAHDFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLE-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIYLE-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLRA;Y-Aib-QGTFTSDYSIALD-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVNWLVA-Aib-KPSSGAPPPS;Y-Aib-QGTFTSDYSIALD-K(オクタデカノイル-Dapa-Peg3-Peg3)-AQRAFVNWLVA-Aib-KPSSGAPPPS;Y-Aib-QGTFTSDYSIALDK-K([19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVNWLVA-Aib-KPSSGAPPPS;Y-Ac4c-QGTFTSDYSIYLDE-K([19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFIEWLESA;Y-Ac4c-QGTFTSDYSIALE-K([19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQK; 又はY-Ac4c-QGTFTSDYSIYLDK-K(19-カルボキシ-ヘプタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3) -AQRAFVEWLLAQGPSSGAPPPSを有する、請求項1記載の化合物。

請求項22

式Iの配列を有するペプチドをコードする核酸

請求項23

請求項22記載の核酸を含む、発現構築体

請求項24

請求項22記載の核酸又は請求項23記載の発現構築体を含み、ペプチドを発現し、そして、場合により、分泌することができる、宿主細胞

請求項25

請求項1〜21のいずれか1項記載のトリプルアゴニスト化合物又はその医薬上許容される塩もしくは溶媒和物をキャリアとの混合物として含む、医薬組成物

請求項26

注射又は注入による投与に適する液体として製剤化され、又は、前記トリプルアゴニスト化合物の徐放を起こさせるように製剤化される、請求項25記載の医薬組成物。

請求項27

医療処置の方法における使用のための、請求項1〜21のいずれか1項記載のトリプルアゴニスト化合物又はその医薬上許容される塩もしくは溶媒和物。

請求項28

代謝疾患治療及び/又は予防方法における使用のための、請求項1〜21のいずれか1項記載のトリプルアゴニスト化合物又はその医薬上許容される塩もしくは溶媒和物。

請求項29

前記代謝疾患は糖尿病もしくは糖尿病関連疾患又は肥満もしくは肥満関連疾患である、請求項28記載の使用のためのトリプルアゴニスト化合物。

請求項30

糖尿病関連疾患はインスリン抵抗性グルコース不耐性空腹時グルコース増加、糖尿病前症1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病高血圧症、脂質異常症、骨関連疾患又はそれらの組み合わせである、請求項29記載の使用のためのトリプルアゴニスト化合物。

請求項31

糖尿病関連疾患は、骨折の危険性の増加を含む骨粗しょう症である、請求項30記載の使用のための、GIP類似体又はその医薬上許容される塩もしくは溶媒和物。

請求項32

糖尿病関連疾患はアテローム性動脈硬化症動脈硬化症冠動脈心疾患末梢動脈疾患、脳卒中であり、又は、アテローム生成脂質異常症、血液脂肪障害血圧上昇、高血圧症、血栓形成促進性状態及び炎症促進性状態に関連する状態である、請求項29の使用のためのトリプルアゴニスト化合物。

請求項33

血液脂肪障害は高トリグリセリド、低HDLコレステロール、高LDLコレステロール及び動脈壁におけるプラーク蓄積、又はそれらの組み合わせである、請求項32記載の使用のためのトリプルアゴニスト化合物。

請求項34

前記血栓形成促進性状態は、血液中の高フィブリノーゲンレベル及び血液中の高プラスミノーゲン活性化因子阻害剤-1レベルを含む、請求項32記載の使用のためのトリプルアゴニスト化合物。

請求項35

炎症促進性状態は血液中の上昇したC-反応性タンパク質レベルを含む、請求項32記載の使用のためのトリプルアゴニスト化合物。

請求項36

肥満関連疾患は肥満関連炎症、肥満関連胆嚢疾患又は肥満誘発性睡眠時無呼吸症であるか、又は、肥満関連疾患はアテローム生成脂質異常症、血液脂肪障害、血圧上昇、高血圧症、血栓形成促進性状態及び炎症促進性状態又はそれらの組み合わせから選ばれる状態に関連していることができる、請求項32記載の使用のためのトリプルアゴニスト化合物。

技術分野

0001

発明の分野
本発明は、グルカゴンGIP及びGLP-1受容体におけるアゴニスト活性を有する化合物、及び代謝疾患治療におけるその使用に関する。

背景技術

0002

発明の背景
糖尿病及び肥満は世界的に益々健康上の問題となっており、種々の他の疾患、特に心血管疾患CVD)、閉塞型睡眠時無呼吸症、脳卒中、末梢動脈疾患微小血管合併症及び変形性関節症と関連している。世界中で2.46億の人々が糖尿病に罹患しており、2025年までに3.8億が糖尿病に罹患しているであろうと推定されている。多くは高/異常LDL及びトリグリセリド及び低HDLを含む追加の心血管リスク因子を持っている。心血管疾患は糖尿病患者死亡の約50%の原因となり、肥満又は糖尿病に関する罹患率及び死亡率は効果的な治療の選択肢のための医療の必要性を強調する。

0003

プレプログルカゴンはグルカゴン、グルカゴン様ペプチド−1(GLP−1又はGLP−1)、グルカゴン様ペプチド−2(GLP−2)及びオキシントモジュリン(OXM)を含む多くの異なるプログルカゴン由来ペプチドを形成するように異なる組織内で処理された158個のアミノ酸前駆体ポリペプチドである。これらはグルコース恒常性インシュリン分泌胃内容排出及び腸の成長並びに摂食の調整を含む様々な生理機能にかかわっている。グルカゴンは、プレプログルカゴンの第33〜61アミノ酸に対応する29個のアミノ酸ペプチドであり、一方、GLP−1はプレプログルカゴンの第72〜108アミノ酸に相当する37個のアミノ酸ペプチドとして産生されている。

0004

血糖値が低下し始めるときに、膵臓によって産生されるホルモンであるグルカゴンは肝臓グリコーゲンを分解しそしてグルコースを放出するようにシグナル送り、血糖値レベルを正常レベルに向かって上昇させる。グルコース恒常性の制御に加えて、グルカゴンは、おそらく食物摂取阻害及びエネルギー消費及び/又は脂肪分解刺激により体重を減少させる。GLP-1はグルカゴンと比較して異なる生物学的活性を有する。その作用としてはインスリン合成及び分泌の刺激、グルカゴン分泌の阻害及び食物摂取の阻害が挙げられる。GLP-1は糖尿病患者における高血糖症(上昇したグルコースレベル)を低減することが示されている。GLP−1と約50%のアミノ酸同一性共有する、トカゲ由来のペプチドであるエキセンジン−4はGLP−1受容体を活性化し、同様に糖尿病患者において高血糖を低下させることが示されている。

0005

グルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド(GIP)は、GLP−1と同様に、上昇した血糖値レベルの存在下で、膵臓β(ベータ細胞からのインスリン分泌を刺激する、42個のアミノ酸胃腸調節ペプチドである。これは133個のアミノ酸の前駆体、プレプロGIPからのタンパク質分解処理によって得られる。

0006

興味深いことに、新規グルカゴン−GLP−1の二重作用性受容体アゴニストは現在、前臨床試験の段階にある(例えばWO2011/006497を参照されたい)。GLP−1類似体と比較して、グルカゴン−GLP−1の二重作用性アゴニストは血糖値制御の改善に加えて、動物モデルにおいてより大きく持続的な体重減少と関連している。したがって、グルカゴン系薬物は2型糖尿病及び/又は肥満の治療に有望である可能性がある。

0007

インクレチングルコース刺激性インスリン分泌を増強することによって血糖値を調節する消化管ホルモンである(Drucker, DJ及びNauck, MA, Lancet 368: 1696-705 (2006))。上述の2つのペプチドはインクレチン:GLP−1及びGIPとして知られている。インクレチンの発見は、糖尿病の治療のための2つの新しいクラスの薬物の開発につながった。したがって、注射可能なGLP−1受容体アゴニスト、及び、内因性GLP−1及びGIPの両方の酵素不活性化を阻害する小分子化合物(経口DPP‐4阻害剤)は販売されている(GLP-1 受容体アゴニスト: Byetta(商標)、Bydureon(商標)、Lixisenatide(商標)及びLiraglutide(商標)、及び、DPP‐4阻害剤: Januvia(商標)、Galvus(商標)、Onglyza(商標)及びTrajenta(商標))。インスリン分泌に対するGLP−1及びGIPの急性効果とは別に、2つのペプチドはまた、長期的な効果を有する。幾つかの研究室からの証拠は、GLP−1Rアゴニストアポトーシスを阻害しそして増殖を増強することにより膵臓のβ細胞を保護することを示す。例えば、Farillaらの研究はGLP−1がヒト膵島において抗アポトーシス効果を有することを示した(Farilla, L, Endocrinology 144: 5149-58 (2003))。このような効果は最近までGIPに関しては報告されていない。2010年に、WeidenmaierらはDPP‐4耐性GIP類似体は抗アポトーシス効果を有することを報告した(Weidenmaier, SD,PLOS One 5(3): e9590 (2010))。興味深いことに、マウスの糖尿病及び肥満のモデルにおいて、GLP−1受容体アゴニストのリラグルチドアシル化GIP類似体の組み合わせはリラグルチド又はGIP類似体単独での治療と比較して優れた効果を示す(Gault, VA, Clinical Science 121: 107-117 (2011))。

0008

GLP−1受容体アゴニストによる慢性処置は糖尿病のヒトにおいて有意な体重減少を引き起こす。興味深いことに、同様の患者におけるDPP‐4阻害剤の長期使用は、一貫して体重を変化させない。証拠は、GLP−1及びGIPが併用投与されたときに、GLP−1アゴニスト処置に関連した体重減少を増強することを示唆している(ADA (米国糖尿病学会)でのMatthias Tschopの口頭発表、2011)。げっ歯類では、GLP−1及びGIPの併用投与は、単独のGLP−1処置よりも大きな体重減少をもたらす(Finan, Sci Transl Med. 2013; 5(209):209ra151. Irwin N ら, 2009, Regul Pept; 153: 70-76. Gaultら, 2011, Clin Sci; 121:107-117)。このように、血糖値を改善することに加えて、GIPはまた、GLP−1媒介性体重減少を増強する可能性がある。同発表において、グルカゴン、GLP−1及びGIP受容体アゴニスト作用を組み合わせると、DIOマウスにおけるさらなる体重減少をもたらすことも示された。

発明が解決しようとする課題

0009

新規の本発明のペプチドにおいて、グルカゴン、GLP−1及びGIP受容体アゴニスト作用を組み合わせることによって、優れた血糖値制御及び体重減少を達成することができることが期待される。このようなペプチドは、GLP−1及びGIP成分から強いインクレチン作用性及び改善されたβ細胞の保存性を有し、かつ、エネルギー消費、脂肪分解を刺激し、食物摂取を低減することによって、すべての3つの成分から体重減少を改善する。

課題を解決するための手段

0010

発明の要旨
概して、本発明はグルカゴン−GLP−1−GIPトリプルアゴニスト(本明細書中、「トリプルアゴニスト」と呼ぶ)に関し、該トリプルアゴニストは野生型グルカゴンと比較して1つ以上の置換を含み、例えばインビトロでの効力アッセイで評価して、変更された、好ましくは、増加したGIP及びGLP−1受容体活性の特性を有することができる。本発明において、グルカゴン−GLP−1−GIPトリプル作用受容体アゴニストは、該トリプルアゴニストが改善された血糖値制御、可能な膵島及びβ細胞保存ならびに強化された体重減少を提供するので、既存の市販のGLP−1類似体よりも優れていることが判明した。グルカゴン−GLP−1−GIPトリプルアゴニストは、2型糖尿病、肥満症の両方及び関連疾患のための治療薬として使用することができる。

0011

本発明は一般式I:
R1-Tyr-X2-Gln-Gly-Thr-Phe-Thr-Ser-Asp-X10-Ser-X12-X13-Leu-X15-X16-X17-Ala-X19-X20-X21-Phe-X23-X24-Trp-Leu-X27-X28- X29-X30-Y1-R2 (I)
(前記式中、R1 はH- (すなわち、水素)、C1-4アルキルアセチルホルミルベンゾイルトリフルオロアセチル又はpGluであり、
X2はAib, Gly, Ala, D-Ala, Ser, N-Me-Ser,Ac3c,Ac4c又はAc5cであり、
X10はTyr又はLeuであり、
X12はLys, Ile又はΨであり、
X13はAla, Tyr又はAibであり、
X15はAsp又はGluであり、
X16はSer, Glu, Lys又はΨであり、
X17はLys又はΨであり、
X19はGln又はAlaであり、
X20はLys, His, Arg又はΨであり、
X21はAla, Asp又はGluであり、
X23はVal又はIleであり、
X24はAsn, Glu又はΨであり、
X27はLeu, Glu又はValであり、
X28はAla, Ser, Arg又はΨであり、
X29はAib, Ala, Gln又はLysであり、
X30はLys, Glyであり、又は存在せず、
Y1はGly-Pro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Pro-Ser, Gly-Pro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Ser, Lys-Pro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Pro-Ser, Lys-Pro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Ser, Pro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Pro-Ser又はPro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Serであり、あるいは、存在せず、
ΨはLys, Arg, Orn又はCysの残基であり、ここで、側鎖は親油性置換基に結合されており、そして
R2 は-NH2 又は-OHである)
を有するトリプルアゴニスト又はその医薬上許容される塩もしくは溶媒和物を提供する。

0012

幾つかの実施形態において、Ψは位置X12, X16及びX17の1つの位置で存在する。

0013

幾つかの実施形態において、化合物は1つのみの残基Ψを含み、それは位置X12, X16, X17, X20, X24又はX28のいずれか1つの位置に存在することができる。例えば、それはX12, X16及びX17のうちの1つで存在しうる。

0014

幾つかの実施形態において、化合物は以下の1つ以上のセットの残基を有することができる:
K12及びY13; I12及びY13; K12及びA13; I12及びA13;又はΨ12及びY13;
D15及びS16; D15及びE16; E15及びK16; D15及びΨ16; E15及びS16;又はE15及びΨ16;
A19, H20及びD21; A19, K20及びD21; A19, R20及びD21; Q19, K20及びE21; A19, K20及びE21;又はQ19, R20及びA21であるが、特にA19, H20及びD21; A19, R20及びD21又はQ19, R20及びA21;
I23及びE24; V23及びE24;又はV23及びN24;
L27, R28及びA29; L27, S28及びA29; L27, A28及びQ29; E27, S28及びA29;又はV27及びA28及びAib29;
E15及びK17;
E15及びΨ17;
E15及びΨ17及びQ19;
Q19及びE24;
E16及びΨ17及びQ19; 及び/又は、
K16及びΨ17及びQ19。

0015

これらの残基のセットのいずれか1つ又はその組み合わせは:
Aib2, Ser2又はAc4c2、特にAib2; 及び/又は、
Tyr10又はLeu10、特にTyr10と組み合わされてよい。

0016

位置1〜29は以下の配列を有することができる。
YSQGTFTSDYSKYLDSKAAHDFVEWLLRA;
YSQGTFTSDYSKYLDΨKAAHDFVEWLLRA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEKAAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKKAAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLESKAAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDKKAAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSΨAAHDFVEWLLSA;

Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDSΨAAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSKALDSKAAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSKYLESKAAHDFVEWLLSA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAKDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEKAAKDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDSKAARDFVEWLLSA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKKAQKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSKYLEKKAQKEFVEWLLSA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKKAAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSKALDEKAAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKΨAAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEΨKAAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSΨYLEKKAAKEFVEWLLSA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAHDFVNWLLSA;

Y-Aib-QGTFTSDLSIALEKΨAQRAFVEWLLAQ;

Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDEΨAAKDFIEWLESA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAKDFVEWLESA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAKDFIEWLESA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAKEFIEWLESA;

Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDSKAAHDFVEWLLRA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAHDFVEWLLRA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSΨAAHDFVEWLLRA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKΨAQRAFVEWLLRA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIALDKΨAQRAFVNWLVA-Aib;

Y-Ac4c-QGTFTSDYSIYLDEΨAAKEFIEWLESA;
Y-Ac4c-QGTFTSDYSIALEKΨAQRAFVEWLLAQ; 又は
Y-Ac4c-QGTFTSDYSIYLDKΨAQRAFVEWLLAQ。

0017

或いは、1位〜29位は、式Iという制約の範囲内で、4つ以下の位置、例えば、1, 2, 3又は4つの位置で、任意の上記の特異的な配列と異なっていることができる。

0018

例えば、1〜29位は4つ以下の位置、例えば、1, 2, 3又は4つの位置で、以下の配列の1つと異なっていることができる。
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKΨAAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAHDFVEWLLSA; 又は
Y-Aib-QGTFTSDYSIALEKΨAQRAFVEWLLAQ。

0019

1〜29位は配列:
YSQGTFTSDYSKYLD-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-KAAHDFVEWLLRA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDS-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAHDFVEWLLSA;

Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDS-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEK-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-KAAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYS-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-YLEKKAAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEK-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEK-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEK-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFVEWLLSA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDK-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQ;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDK-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu)-AQRAFVEWLLAQ;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDK-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQ;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLD-K(エイコサノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQ;
Y-Aib-QGTFTSDYSIALEK-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQ;
Y-Aib-QGTFTSDYSIALEK-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQ;
Y-Aib-QGTFTSDYSIALE-K([19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQ;
Y-Aib-QGTFTSDLSIALE-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQ;

Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKDFIEWLESA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKDFVEWLESA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKDFIEWLESA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFIEWLESA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFIEWLESA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDS-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAHDFVEWLLRA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLE-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLRA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLE-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLRA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIALD-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVNWLVAAib;
Y-Aib-QGTFTSDYSIALD-K(オクタデカノイル-Dapa-Peg3-Peg3)-AQRAFVNWLVA-Aib;
Y-Aib-QGTFTSDYSIALDK-K([19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVNWLVA-Aib;

Y-Ac4c-QGTFTSDYSIYLDE-K([19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFIEWLESA;
Y-Ac4c-QGTFTSDYSIALE-K([19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQ; 又は、
Y-Ac4c-QGTFTSDYSIYLDK-K(19-カルボキシ-ヘプタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)AQRAFVEWLLAQを有することができる。

0020

式Iのペプチド主鎖は配列:

YSQGTFTSDYSKYLDSKAAHDFVEWLLRA;
YSQGTFTSDYSKYLDΨKAAHDFVEWLLRA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEKAAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAHDFVEWLLSAGPSSGAPPPS;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKKAAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLESKAAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDKKAAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSΨAAHDFVEWLLSAGPSSGAPPPS;

Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDSΨAAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSKALDSKAAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSKYLESKAAHDFVEWLLSA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAKDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEKAAKDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDSKAARDFVEWLLSA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKKAQKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSKYLEKKAQKEFVEWLLSA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKKAAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSKALDEKAAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKΨAAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEΨKAAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSΨYLEKKAAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKΨAAKEFVEWLLSAGPSSGAPPPS;

Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAHDFVNWLLSA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDKΨAQRAFVEWLLAQGPSSGAPPPS;
Y-Aib-QGTFTSDYSIALEKΨAQRAFVEWLLAQK;
Y-Aib-QGTFTSDLSIALEKΨAQRAFVEWLLAQK;

Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDEΨAAKDFIEWLESA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAKDFVEWLESA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAKDFIEWLESA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAKEFIEWLESA;

Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDSKAAHDFVEWLLRA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSKAAHDFVEWLLRA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDSΨAAHDFVEWLLRA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKΨAQRAFVEWLLRA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIALDKΨAQRAFVNWLVA-Aib-KPSSGAPPPS;

Y-Ac4c-QGTFTSDYSIYLDEΨAAKEFIEWLESA;
Y-Ac4c-QGTFTSDYSIALEKΨAQRAFVEWLLAQK; Y
Y-Ac4c-QGTFTSDYSIYLDKΨAQRAFVEWLLAQGPSSGAPPPS;又は

Y-Ac4c-QGTFTSDYSIYLDKΨAQRAFVEWLLAQGPSSGAPPPSを有することができる。

0021

或いは、ペプチド主鎖の配列は式Iの制約の範囲内で、5つ以下の位置で上記の配列の1つと異なることができる。疑義を回避するために、Y1の規定を満足する配列は単一の位置と考えられる。典型的には、化合物はX1〜X29において4つのみの位置で参照配列と異なる。このため、もし化合物が5つの位置で参照配列と異なるならば、その位置の1つは一般にX30又はY1である。

0022

特に、ペプチド主鎖配列は5つ以下の位置で以下の配列の1つと異なっていることができる:
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEKΨAAKEFVEWLLSAGPSSGAPPPS;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDEΨAAHDFVEWLLSA; 又は
Y-Aib-QGTFTSDYSIALEKΨAQRAFVEWLLAQK。

0023

式Iのペプチド主鎖は配列:

YSQGTFTSDYSKYLD-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-KAAHDFVEWLLRA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDS-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAHDFVEWLLSAGPSSGAPPPS;

Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDS-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAHDFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEK-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-KAAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYS-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-YLEKKAAKEFVEWLLSA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEK-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKEFVEWLLSAGPSSGAPPPS;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEK-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFVEWLLSAGPSSGAPPPS;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLEK-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFVEWLLSAGPSSGAPPPS;

Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDK-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQGPSSGAPPPS;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDK-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu)-AQRAFVEWLLAQGPSSGAPPPS;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDK-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQGPSSGAPPPS;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLD-K(エイコサノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQGPSSGAPPPS;
Y-Aib-QGTFTSDYSIALEK-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQK;
Y-Aib-QGTFTSDYSIALEK-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQK;

Y-Aib-QGTFTSDYSIALE-K([19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQK;
Y-Aib-QGTFTSDLSIALE-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQK;

Y-Aib-QGTFTSDYSKYLDE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKDFIEWLESA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKDFVEWLESA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAKDFIEWLESA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFIEWLESA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDE-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFIEWLESA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIYLDS-K(ヘキサデカノイル-イソGlu)-AAHDFVEWLLRA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLE-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLRA;
Y-Aib-QGTFTSDYSIYLE-K([17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLRA;

Y-Aib-QGTFTSDYSIALD-K(オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVNWLVA-Aib-KPSSGAPPPS;
Y-Aib-QGTFTSDYSIALD-K(オクタデカノイル-Dapa-Peg3-Peg3)-AQRAFVNWLVA-Aib-KPSSGAPPPS;
Y-Aib-QGTFTSDYSIALDK-K([19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVNWLVA-Aib-KPSSGAPPPS;

Y-Ac4c-QGTFTSDYSIYLDE-K([19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AAKEFIEWLESA;
Y-Ac4c-QGTFTSDYSIALE-K([19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQK; 又は
Y-Ac4c-QGTFTSDYSIYLDK-K(19-カルボキシ-ヘプタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3)-AQRAFVEWLLAQGPSSGAPPPS
を有することができる。

0024

特定のY1基は、存在するときに、インビボで、特に、血清中で増加した安定性を提供することができ、そのため、GIP類似体の半減期に寄与することができる。理論に拘束されることを望まないが、これらの基は分子の三次元コンフォメーションを安定化させるのを支援し、及び/又は、タンパク質分解に対する耐性を付与するものと信じられる。

0025

例えば、Y1 配列Gly-Pro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Pro-Ser, Gly-Pro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Ser, Lys-Pro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Pro-Ser, Lys-Pro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Ser,Pro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Pro-Ser及びPro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Serはエキセンジン-4のC-末端部同一性を有し、そして有意なレベルのGLP−1アゴニスト活性を同時に提供することなく、分子の安定性に寄与するようである。

0026

本発明は式Iの配列X1-X30を有するペプチドをコードする核酸をさらに提供する。転写及び翻訳などのペプチドの直接発現に対する適切な調節要素と操作可能な結合を有する本発明の核酸を含む発現構造体発現ベクターとしても知られている)も提供される。本発明はまた、核酸又は発現構造体を含み、ペプチドを発現し、必要に応じて分泌することができる宿主細胞を提供する。

0027

ペプチドは、それ自体が本発明の化合物であることができ、例えば、ペプチドが天然由来のアミノ酸(すなわち、タンパク質を構成するアミノ酸)のみを含むときに、残基Ψを含まず、ここで、R1 及びR2 はそれぞれH-及び-OHである。或いは、ペプチドは本発明の化合物の前駆体であることができる。

0028

本発明は本明細書中に記載されるとおりのトリプルアゴニスト又はその医薬上許容される塩もしくは溶媒和物をキャリア、好ましくは医薬上許容されるキャリアと混合して含む医薬組成物をさらに提供する。トリプルアゴニストは、例えば、医薬上許容される酸付加塩であることができる。

0029

医薬組成物は注射又は注入による投与に適する液体として製剤化されてよく、又は、上記のトリプルアゴニストのゆっくりとした放出を引き起こすように製剤化される。

0030

本発明は、本明細書中に記載されるとおりのトリプルアゴニストを含む治療用キット及び本明細書中に記載されるとおりのトリプルアゴニストを含むデバイスをさらに提供する。

0031

本発明は、医療処置法における使用のための、例えば、代謝疾患の治療及び/又は予防における使用のための、本明細書中に記載されるとおりのトリプルアゴニスト又はその医薬上許容される塩もしくは溶媒和物をさらに提供する。

0032

本発明は、代謝疾患の治療及び/又は予防のための医薬の調製における、本明細書中に記載されるとおりのトリプルアゴニスト又はその医薬上許容される塩もしくは溶媒和物の使用をさらに提供する。

0033

本発明は対象における代謝疾患の予防及び/又は治療の方法であって、本明細書中に記載されるとおりのトリプルアゴニスト又はその医薬上許容される塩もしくは溶媒和物を対象に投与することを含む方法をさらに提供する。

0034

代謝疾患は糖尿病もしくは糖尿病関連疾患又は肥満もしくは肥満関連疾患であることができる。肥満と糖尿病との間の関連はよく知られており、そのため、これらの病態は必ずしも分離され又は互いに排他的であるわけではない。

0035

糖尿病関連疾患としては、インスリン抵抗性、グルコース不耐性空腹時グルコース増加、糖尿病前症1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病高血圧症、脂質異常症、骨関連疾患及びそれらの組み合わせが挙げられる。

0036

糖尿病関連疾患としてはまた、アテローム性動脈硬化症動脈硬化症冠動脈心疾患、末梢動脈疾患及び脳卒中が挙げられ、又は、アテローム生成脂質異常症、血液脂肪障害血圧上昇、高血圧症、血栓形成促進性状態及び炎症促進性状態に関連する状態が挙げられる。

0037

骨関連疾患としては、限定するわけではないが、骨粗しょう症及び骨折リスクの増加が挙げられる。

0038

血液脂肪障害は高トリグリセリド、低HDLコレステロール、高LDLコレステロール及び動脈壁におけるプラーク蓄積、又はそれらの組み合わせから選ばれることができる。

0039

血栓形成促進性状態は、血液中の高フィブリノーゲンレベル及び血液中の高プラスミノーゲン活性化因子阻害剤-1レベルから選ばれることができる。

0040

炎症促進性状態は血液中の上昇したC-反応性タンパク質レベルであることができる。

0041

肥満関連疾患としては、肥満関連炎症、肥満関連胆嚢疾患及び肥満誘発性睡眠時無呼吸症が挙げられ、又は、肥満関連疾患はアテローム生成脂質異常症、血液脂肪障害、血圧上昇、高血圧症、血栓形成促進性状態及び炎症促進性状態又はそれらの組み合わせから選ばれる状態に関連していることができる。

0042

本発明の詳細な説明
本明細書において他に定義しない限り、本出願において使用される科学及び技術用語は当業者によって一般的に理解される意味を有するものとする。一般的に、化学分子生物学、細胞及び癌生物学、免疫学微生物学薬理学、ならびに、タンパク質及び核酸化学の技術及びそれに関連して使用される、本明細書中に記載される命名法は周知であり、当技術分野で一般に使用されている。

0043

定義
特に断りのない限り、以下の定義は、上記の明細書で使用される特定の用語のために提供される。

0044

本明細書全体を通して、用語「含む(comprise)」又は「含む(comprises)」又は「含む(comprising)」などの変形は1つの記載の完全体(又は構成要素)又は完全体(又は構成要素)の群を含むことを意味するが、任意の他の完全体(又は構成要素)又は完全体(又は構成要素)の群を除外することを意味しないものと理解されるであろう。

0045

単数形「a」、「an」及び「the」は文脈が明確に指示しない限り、複数形を包含する。

0046

用語「含む(including)」は、「含むがそれに限定されない」ことを意味するように使用される。「含む」及び「含むがそれに限定されない」は相互互換的に使用される。

0047

用語「患者」、「対象」及び「個体」は相互互換的に使用されることができ、そしてヒト又は非ヒト動物のいずれかを指すことができる。これらの用語は哺乳動物を包含し、例えば、ヒト、霊長類家畜動物(例えば、ウシブタ)、愛玩動物(例えば、イヌネコ)及びげっ歯類(例えば、マウス及びラット)である。

0048

本発明の文脈において、用語「溶媒和物」は、溶質(例えば、本発明によるペプチド結合体又は医薬上許容される塩)と溶媒との間に形成された規定の化学量論比錯体を指す。これに関連して、溶媒は、例えば、水、エタノール、又は、他の医薬上許容される、典型的には小分子量の有機種であることができ、限定するわけではないが、例えば、酢酸又は乳酸である。当該溶媒が水であるときには、そのような溶媒和物は、通常は水和物と呼ばれる。

0049

用語「アゴニスト」は、本発明の関係で使用されるときに、当該受容体タイプを活性化する物質リガンド)を指す。

0050

明細書及び特許請求の範囲全体を通して、天然(又は「タンパク構成」)アミノ酸のための従来の一文字及び三文字コードは使用され、また、Aib(α-アミノイソ酪酸)、Orn(オルニチン)及びD-Ala(D-アラニン)などの他の(非天然又は「非タンパク質構成」)α-アミノ酸のための一般に認められた三文字コードは使用される。本発明のペプチドのすべてのアミノ酸残基は、明示的に示した場合を除いて、好ましくは、L-配置のものである。

0051

配列のアミノ末端(N−末端)に「H−」部分を含み、そして配列のカルボキシ末端(C−末端)に「−OH」部分又は「−NH2」部分のいずれかを含む配列は本明細書中に開示される配列に含まれる。このような場合には、特に指示がないかぎり、当該配列のN−末端での「H−」部分は水素原子(すなわち、R1 = H-)を指し、N−末端で遊離第一級もしくは第二級アミノ基の存在に対応し、一方、配列のC−末端での「−OH」又は「−NH2」部分(すなわち、R2 = -OH又は-NH2)は、それぞれ、C−末端でのカルボキシ(-COOH)基又はアミド(-CONH2)基を指す。

0052

他のR1 基はN−末端で可能であり、ピログルタミン酸(pGlu; (S)-(-)-2-ピロリドン-5-カルボン酸)、C1-4アルキル、アセチル、ホルミル、ベンゾイル及びトリフルオロアセチルが挙げられる。

0053

受容体アゴニスト活性
上述のとおり、本明細書中に記載の化合物はグルカゴン−GIP−GLP1二重受容体アゴニストである。すなわち、該化合物はグルカゴン受容体、GIP受容体及びGLP−1受容体のすべて3つでアゴニスト活性を有する。

0054

用語「アゴニスト」は、本発明の関係で使用されるときに、特定の受容体に結合して、そしてその受容体によるシグナル伝達を活性化することができる物質(リガンド)を指す。このように、GIP受容体アゴニストはGIP受容体(GIP−Rと指定)に結合し、cAMPの生成又はCa2+放出の誘導などによって、その受容体によるシグナル伝達を活性化することができる。GIP受容体でのアゴニスト活性は、従って、GIP受容体シグナル伝達を評価することによって測定することができ、例えば、cAMP産生又はCa2+放出により測定されうる。

0055

ヒトGIP受容体をコードするcDNA配列GenBankアクセッション番号(GenBank accession no.) BC101673.1 (GI:75516688)を有する。コードされたアミノ酸配列(シグナルペプチドを含む)は:
1MTTSPILQLLLRLSLCGLLL QRAETGSKGQ TAGELYQRWE RYRRECQETLAAAEPPSGLA
61 CNGSFDMYVCWDYAAPNATARASCPWYLPW HHHVAAGFVLRQCGSDGQWGLWRDHTQCEN
121 PEKNEAFLDQRLILERLQVM YTVGYSLSLA TLLLALLILSLFRRLHCTRN YIHINLFTSF
181 MLRAAAILSR DRLLPRPGPY LGDQALALWN QALAACRTAQ IVTQYCVGAN YTWLLVEGVY
241 LHSLLVLVGG SEEGHFRYYL LLGWGAPALF VIPWVIVRYL YENTQCWERNEVKAIWWIIR
301TPILMTILINFLIFIRILGI LLSKLRTRQM RCRDYRLRLA RSTLTLVPLL GVHEVVFAPV
361 TEEQARGALR FAKLGFEIFLSSFQGFLVSVLYCFINKEVQ SEIRRGWHHC RLRRSLGEEQ
421 RQLPERAFRALPSGSGPGEV PTSRGLSSGTLPGPGNEASRELESYC
(GenBank AAI01674.1 GI:75516689)を有する。これはGIPシグナル伝達を決定するためにいかなるアッセイで用いてもよい。

0056

同様に、化合物はGLP−1受容体(GLP−1−R)でアゴニスト活性を有し、すなわち、GLP−1受容体に結合し、cAMPの生成又はCa2+放出の誘導などによって、その受容体によりシグナル伝達を活性化することができる。GLP−1受容体でのアゴニスト活性は、従って、GLP−1受容体シグナル伝達を評価することによって測定することができ、例えば、cAMP産生又はCa2+放出により測定されうる。

0057

GLP−1受容体はプライマリーアクセション番号(primary accession number) P43220を有するヒトグルカゴン様ペプチド1受容体(GLP−1R)の配列を有することができる。前駆体タンパク質(シグナルペプチドを含む)はプライマリーアクセション番号(primary accession number) NP_002053.3;GI:166795283を有し、そして配列:
1 MAGAPGPLRL ALLLLGMVGR AGPRPQGATV SLWETVQKWR EYRRQCQRSL TEDPPPATDL
61 FCNRTFDEYA CWPDGEPGSFVNVSCPWYLPWASSVPQGHV YRFCTAEGLWLQKDNSSLPW
121 RDLSECEESK RGERSSPEEQLLFLYIIYTV GYALSFSALV IASAILLGFRHLHCTRNYIH
181 LNLFASFILR ALSVFIKDAA LKWMYSTAAQ QHQWDGLLSY QDSLSCRLVF LLMQYCVAAN
241 YYWLLVEGVY LYTLLAFSVL SEQWIFRLYV SIGWGVPLLFVVPWGIVKYL YEDEGCWTRN
301 SNMNYWLIIR LPILFAIGVN FLIFVRVICIVVSKLKANLMCKTDIKCRLA KSTLTLIPLL
361GTHEVIFAFV MDEHARGTLR FIKLFTELSF TSFQGLMVAI LYCFVNNEVQLEFRKSWERW
421 RLEHLHIQRD SSMKPLKCPT SSLSSGATAG SSMYTATCQASCS
を有する。

0058

同様に、化合物はグルカゴン受容体(Glu−R)でアゴニスト活性を有し、すなわち、グルカゴン受容体に結合し、cAMPの生成又はCa2+放出の誘導などによって、その受容体によりシグナル伝達を活性化することができる。グルカゴン受容体でのアゴニスト活性は、従って、グルカゴン受容体シグナル伝達を評価することによって測定することができ、例えば、cAMP産生又はCa2+放出により測定されうる。

0059

グルカゴン受容体はプライマリーアクセション番号(primary accession number) P47871を有するヒトグルカゴン受容体(Glu−R)の配列を有することができる。前駆体タンパク質(シグナルペプチドを含む)はプライマリーアクセション番号(primary accession number) NP_000151.1;GI:4503947を有し、そして配列:
1 MPPCQPQRPLLLLLLLLACQ PQVPSAQVMDFLFEKWKLYGDQCHHNLSLL PPPTELVCNR
61 TFDKYSCWPDTPANTTANIS CPWYLPWHHKVQHRFVFKRC GPDGQWVRGP RGQPWRDASQ
121 CQMDGEEIEVQKEVAKMYSSFQVMYTVGYS LSLGALLLALAILGGLSKLHCTRNAIHANL
181FASFVLKASS VLVIDGLLRTRYSQKIGDDLSVSTWLSDGA VAGCRVAAVF MQYGIVANYC
241 WLLVEGLYLH NLLGLATLPE RSFFSLYLGI GWGAPMLFVV PWAVVKCLFE NVQCWTSNDN
301 MGFWWILRFPVFLAILINFF IFVRIVQLLV AKLRARQMHH TDYKFRLAKS TLTLIPLLGV
361HEVVFAFVTD EHAQGTLRSA KLFFDLFLSS FQGLLVAVLY CFLNKEVQSE LRRRWHRWRL
421 GKVLWEERNT SNHRASSSPGHGPPSKELQF GRGGGSQDSSAETPLAGGLPRLAESPF
を有する。

0060

前駆体タンパク質の配列を参照するすべての場合に、もちろん、アッセイがシグナル配列を欠いている成熟タンパク質を利用することができることは理解されるべきである。

0061

本発明の化合物は、特に、糖尿病及び肥満などの代謝疾患の治療において、少なくとも1つのGIP、1つのグルカン及び1つのGLP−1生物学的活性を有する。これは、試験動物がトリプルアゴニストで処置され又は曝露された後に血糖値レベル又は他の生物学的活性を決定する例で記載されるようにして、例えば、インビボアッセイで評価することができる。特に、本発明の化合物は糖尿病患者に投与したときに血糖値制御を改善することができる可能性がある。追加的又は代替的に、本発明の化合物は過体重又は肥満の対象に投与されたときに体重を減少させることができる可能性がある。いずれの場合も、同等の投与計画に従って投与されたときに、効果は、野生型ヒトGIP又はGLP−1の等価量(質量又はモル比)を用いて同等の対象において得られる効果よりも優れていることができる。

0062

インビトロアッセイにおける活性も化合物の活性の尺度として使用できる。典型的に、化合物はグルカゴン、GLP−1及びGIP受容体(それぞれ、GCG—R、GLP−1−R及びGIP—Rと指定)で活性を有する。EC50 値は所与の受容体でのアゴニスト効力の数値尺度として使用できる。EC50 値は特定のアッセイにおいて化合物の最大活性の半分に到達するのに要求される化合物の濃度の測定値である。このため、例えば、特定のアッセイにおいて、生来のGIPのEC50 [GLP-1R]よりも低いEC50 [GLP-1R]を有する化合物はGIPよりもGLP−1Rで高い効力を有するものと考えることができる。本発明の幾つかの実施形態において、EC50 GLP-1-R及び/又はEC50 GIP-R及び/又はEC50 GCG-Rは、例えば、例2に記載のアッセイを用いて評価されたときに、1.0 nM未満、0.9 nM未満、0.8 nM未満、0.7 nM未満、0.6 nM未満、0.5 nM未満、0.4 nM未満、0.3 nM未満、0.2 nM未満、0.1 nM未満、0.09 nM未満、0.08 nM未満、0.07 nM未満、0.06 nM未満、0.05 nM未満、0.04 nM未満、0.03 nM未満、0.02 nM未満、0.01 nM未満、0.009 nM未満、0.008 nM未満、0.007 nM未満、0.006 nM未満又は0.005 nM未満である。

0063

親油性基
本発明の化合物は残基Ψ、すなわち、Lys, Arg, Orn及びCysから選ばれる残基を含むことができ、ここで、側鎖は親油性置換基に結合されている。

0064

いかなる特定の理論によっても拘束されることを望まないが、置換基血流中の血漿タンパク質(例えば、アルブミン)を結合し、そのようにして、本発明の化合物を酵素分解及び腎クリアランスから遮断し、それにより、化合物の半減期を向上させるものと考えられる。それはまた、例えば、GIP受容体、グルカゴン受容体及び/又はGLP−1受容体に対する化合物の効力を調節することができる。

0065

置換基はα炭素からの側鎖の遠位端で官能基に結合される。その官能基によって媒介される相互作用(例えば、分子内及び分子間相互作用)に関与するLys、Arg、Orn又はCys側鎖の通常の能力は、それゆえ、置換基の存在によって低減され又は完全に排除されうる。このように、化合物の全体的な特性は、残基Ψとして存在する実際のアミノ酸の変化に比較的に鈍感であることができる。結果として、残基Lys、Arg、Orn及びCysのいずれも、Ψが許可されている任意の位置に存在することができるものと考えられる。しかしながら、特定の実施形態では、Ψのアミノ酸成分がLysであることが有利なことがある。

0066

このように、ΨはLys, Arg, Orn又はCysの残基であり、ここで、側鎖は式-Z1 又は-Z2-Z1である置換基に結合されている。

0067

-Z1 はΨ又はZ2への-X-の結合を末端で有する脂肪鎖であり、
ここで、
-X-は結合、-CO-, -SO-又は-SO2-であり、
そして場合により、Z1 は連結-X-から遠位の鎖末端極性基を有し、前記極性基はカルボン酸又はカルボン酸生物学的等価体(bioisostere)、ホスホン酸又はスルホン酸基を含み、そして、-Z2-は、存在するならば、式:

0068

0069

スペーサであり、該スペーサはZ1 をΨに連結し、
ここで、
各Yは独立して、-NH, -NR, -S又は-Oであり、ここで、Rはアルキル、保護基であり、又は、スペーサZ2 の別の部分への結合を形成し、
各X は独立して、結合、CO-, SO-又はSO2-であり、
但し、Yが-Sである場合には、それが結合しているXは結合であり、
各Vは独立して、Y及びXを結合する二価有機部分であり、
そしてnは1〜10である。

0070

基Z1
Z1 は本明細書中で-X-と呼ばれる、Ψ又はZ2への連結を有する脂肪鎖である。-X-は、例えば、結合、アシル(-CO-)、スルフィニル(-SO-)又はスルホニル(-SO2-)であることができる。Z1 がΨに直接結合されている、すなわち、Z2 が存在しない場合には、好ましくは、-X-はアシル(-CO-)、スルフィニル (-SO-)又はスルホニル(-SO2-)である。最も好ましくは、-X-はアシル(-CO-)である。

0071

Z1 は極性基をさらに有することができ、前記極性基は連結-X-から遠位の鎖の末端に配置されている。別の言い方をすると、連結は極性基に対してω−位にある。極性基は脂肪鎖の末端に直接的に結合されていても、又は、リンカーを介して結合されていてもよい。

0072

好ましくは、極性基は酸性基又は弱酸性基であり、例えば、カルボン酸又はカルボン酸生物学的等価体(bioisostere)、ホスホネート又はスルホネートである。極性基はpKaが水中で-2〜12であることができ、好ましくは1〜7であり、より好ましくは3〜6である。特定の好ましい極性基はpKa が4〜5である。

0073

例えば、限定するわけではないが、極性基はカルボン酸(-COOH)又はカルボン酸生物学的等価体(bioisostere)、ホスホン酸(-P(O)(OH)2)又はスルホン酸(-SO2OH)基を含むことができる。

0074

好ましくは、極性基は、存在するならば、カルボン酸又はカルボン酸生物学的等価体(bioisostere)を含む。適切なカルボン酸生物学的等価体(bioisostere)は当該技術分野で知られている。好ましくは、生物学的等価体(bioisostere)は対応するカルボン酸と同様のpKa を有するプロトンを有する。適切な生物学的等価体(bioisostere)の例としては、限定するわけではないが、下記に示すように(---は結合点を示す)、テトラゾール、アシルスルホンアミド、アシルヒドロキシルアミン及びスクエア酸誘導体を挙げることができる:

0075

0076

本明細書中に記載されるとおりの脂肪鎖は炭素原子の鎖を含む部分を指し、該炭素原子は主として水素又は水素様原子により置換されており、例えば、炭化水素鎖である。このような脂肪鎖はしばしば、親油性と呼ばれるが、置換が全体の分子の親油性特性を変更しうることは理解されるであろう。

0077

脂肪鎖(fatty chain)は脂肪族(aliphatic)であることができる。脂肪鎖は完全に飽和であるか、又は、1つ以上の二重結合又は三重結合を含むことができる。各二重結合は、存在するならば、E又はZ 配置であることができる。脂肪鎖はまた、その長さ方向において1つ以上のシクロアルキレン又はヘテロシクロアルキレン部分を有することができ、そして追加的に又は代わりに、その長さ方向において1つ以上のアリーレン又はヘテロアリーレン部分を有することができる。例えば、脂肪鎖は、例えば、下記に示すように(ここで、---は結合点を示す)、その長さ方向において、フェニレン又はピペラジニレン部分を取り込むことができる。

0078

0079

脂肪鎖は脂肪酸に由来するものであることができ、例えば、それは脂肪族テールが6〜12個の炭素原子である中鎖脂肪酸(MCFA)、脂肪族テールが13〜21個の炭素原子である長鎖脂肪酸(LCFA)、又は、脂肪族テールが22個以上の炭素原子である極長鎖脂肪酸(LCFA)に由来するものであることができる。適切な脂肪鎖を得ることができる直鎖状飽和脂肪酸の例としては、トリデシルトリデカン)酸、ミリスチン酸テトラデカン酸)、ペンタデシルペンタデカン)酸、パルミチン酸ヘキサデカン酸)、及びマルガリンヘプタデカン)酸が挙げられる。適切な脂肪鎖を得ることができる直鎖不飽和脂肪酸の例としては、ミリストレイン酸パルミトレイン酸、サピエン酸及びオレイン酸が挙げられる。

0080

脂肪鎖はアミド結合スルフィンアミド結合、スルホンアミド結合もしくはエステル結合、又は、エーテルチオエーテルもしくはアミン結合によりΨ又はZ2 に結合されていることができる。従って、脂肪鎖はΨもしくはZ2 への結合、又は、アシル(-CO-)、スルフィニル(-SO-)もしくはスルホニル(-SO2-)基を有することができる。好ましくは、脂肪鎖はアシル(-CO-)基を有する末端を有し、そしてアミド又はエステル結合によりΨ又はZ2 に結合されている。

0081

幾つかの実施形態において、Z1 は式:
A-B-Alk-X-
(前記式中、Aは水素又はカルボン酸、カルボン酸生物学的等価体(bioisostere)、ホスホン酸又はスルホン酸基であり、
Bは結合又はリンカーであり、
Xは結合、アシル(-CO-)、スルフィニル(-SO-)又はスルホニル(-SO2-)であり、そして、
Alkは1つ以上の置換基により場合により置換されていてよい脂肪鎖である)の基である。脂肪鎖は、好ましくは、その長さ方向に6〜28個の炭素原子を有し(例えば、C6-28アルキレン)、より好ましくは長さ方向に12〜26個の炭素原子を有し(例えば、C12-26アルキレン)、より好ましくは長さ方向に16〜22個の炭素原子を有し (例えば、C16-22アルキレン)、そして飽和であるか又は不飽和であることができる。好ましくはAlkは飽和であり、すなわち、好ましくは、Alkはアルキレンである。

0082

脂肪鎖上の場合により存在する置換基は独立して、フルオロ、C1-4アルキル、好ましくはメチルトリフルオロメチルヒドロキシメチル、アミノ、ヒドロキシル、C1-4アルコキシ、好ましくはメトキシオキソ及びカルボキシルから選ばれることができ、そして独立して、鎖に沿った任意の位置に配置されてよい。

0083

幾つかの実施形態において、場合により存在する各置換基はフルオロ、メチル及びヒドロキシルから選ばれる。1つより多くの置換基が存在する場合には、置換基は同一であっても又は異なっていてもよい。好ましくは、置換基の数は0〜3であり、より好ましくは、脂肪鎖は置換されていない。

0084

Bは結合であるか又はリンカーであることができる。Bがリンカーである場合には、それはシクロアルキレン、ヘテロシクロアルキレン、C6アリーレン又はC5-6ヘテロアリーレン又はC6アリーレン-O-又はC5-6ヘテロアリーレン-O-であることができる。

0085

Bがフェニレンであるときに、それは、例えば、1,2-フェニレン、1,3-フェニレン、1,4-フェニレンから選ばれることができ、好ましくは1,4-フェニレンである(そのため、A-B-は4-安息香酸置換基又は4-安息香酸生物学的等価体(bioisostere)である)。Bはフェニレン-O-であるときに、それは、例えば、1,4-フェニレン-O-、1,3-フェニレン-O-、1,4-フェニレン-O-から選ばれることができ、好ましくは1,4-フェニレン-O-である。Bの各フェニレンは、場合により、フルオロ、メチル、トリフルオロメチル、アミノ、ヒドロキシル及びC1-4アルコキシから選ばれる1つ以上の置換基、好ましくはメトキシで置換されてもよい。置換基が何であるか及びその位置は極性基のpKaをわずかに変化させるように選ばれることができることが理解されるであろう。適切な誘導的に又はメソメリー的に電子吸引性又は供与性である基及びその位置効果は当該技術分野で知られている。幾つかの実施形態では、Bは、C5-6ヘテロアリーレンであることができ、例えば、ピリジニレン又はチオフラニレンであり、そして上記のように場合により置換されていてよい。

0086

例えば、幾つかの実施形態において、A-B-は:

0087

から選ばれることができる。

0088

好ましくは、H-又はHOOC-であり、そしてBは結合である。

0089

Aが水素であり、Bが結合であり、そしてAlkが非置換アルキレンであるときに、A-B-Alk-は式H3C-(CH2)n-のアルキル鎖である。

0090

1つの実施形態において、Z1 は式:
A-B-Alk-(CO)-
アシル基であるか、又は、式:
A-B-Alk-(SO2)-
スルホニル基である。

0091

好ましくは、Z1 は式:
A-B-アルキレン-(CO)-
のアシル基であり、ここで、A及びBは上記のとおりである。

0092

幾つかの実施形態において、Aは-COOHであり、そしてBは結合である。従って、特定の好ましいZ1 は式:HOOC-(CH2)12-22-COOHの長鎖飽和α,ω-ジカルボン酸、好ましくは、脂肪鎖中に偶数の炭素原子を有する長鎖飽和α,ω-ジカルボン酸から誘導される。幾つかの他の実施形態において、AはHであり、そしてBは結合である。従って、特定の好ましいZ1は式:HOOC-(CH2)12-22-CH3の長鎖飽和カルボン酸、好ましくは、脂肪鎖中に偶数の炭素原子を有する長鎖飽和カルボン酸から誘導される。

0093

例えば、限定するわけではないが、Z1は:
A-B-C16-20アルキレン-(CO)-(式中、AはH又は-COOHであり、そしてBは結合である)であることができ、例えば、
17-カルボキシ-ヘプタデカノイルHOOC-(CH2)16-(CO)-;
19-カルボキシ-ノナデカノイル HOOC-(CH2)18-(CO)-;
オクタデカノイル H3C-(CH2)16-(CO)-;
エイコサノイル H3C-(CH2)18-(CO)-;
である。

0094

カルボン酸基は、存在するならば、本明細書中に詳述されるとおりの生物学的等価体(bioisostere)により置き換えられていてよい。

0095

基Z2
Z2 はZ1 をΨのアミノ酸成分の側鎖に連結する、場合により存在するスペーサである。最も一般には、Z2は、存在するならば、1つの末端でYにより結合されており、Yは窒素酸素又は硫黄原子であることができ、そして、他端でXにより結合されており、Xは結合又はアシル(-CO-)、スルフィニル(-SO-)、スルホニル(-SO2-)又は不在であることができるスペーサである。従って、Z2 は式(---は結合点を示す):

0096

0097

(前記式中、Yは-NH, -NR, -S又は-Oであることができ、ここで、Rはアルキル、保護基であることができ、又は、スペーサの別の部分へのリンケージを形成することができ、残り原子価はZ1へのリンケージを形成し、
X は結合、CO-, SO-又はSO2-であり、残りの原子価はΨのアミノ酸成分の側鎖へのリンケージを形成し、
VはYとXとの結合する二価の有機部分であり、そして
nは1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9又は10であることができる)のスペーサであることができる。nが2以上である場合には、各Y, V及びXは1つ置きのY, V及びXに独立である。

0098

したがって、Z2 はY及びXの種類ならびにZ1 及び側鎖上の対応する結合基により、各側でアミド、スルフィンアミド、スルホンアミドもしくはエステル結合又はアミノ、エーテルもしくはチオエーテル結合により結合されていることができる。nが2以上である場合には、各Vは上記のとおりのリンケージにより各隣接Vに結合されうる。好ましくは、リンケージはアミド、エステル又はスルホンアミドであり、最も好ましくは、アミドである。従って、幾つかの実施形態において、各Yは-NH又は-NRであり、そして各XはCO-又はSO2-である。最も好ましくは、-X-はアシル(-CO-)である。

0099

幾つかの実施形態において、Z2 は式-SA-, -SB-, -SA-SB-又は-SB-SA-のスペーサであり、ここで、SA 及びSB は下記に規定されるとおりである。

0100

幾つかの実施形態において、Z2 は-SA-又は-SB-SA-から選ばれ、すなわち、[側鎖]-Z2Z1 は [側鎖]-SA-Z1 又は[側鎖]-SB-SA-Z1である。

0101

基SA
SA は単一のアミノ酸残基又はアミノ酸誘導体の残基であることができ、特に、C末端でカルボキシル部分の代わりにスルフィニル又はスルホニルを有するアミノ酸誘導体残基であることができる。追加的に又は代わりに、単一のアミノ酸残基はN末端窒素原子の代わりに酸素又は硫黄原子を有することができる。好ましくは、SA は単一のアミノ酸残基である。

0102

幾つかの実施形態において、アミノ酸はγ-Glu, α-Glu, α-Asp, β-Asp, Ala, β-Ala (3-アミノプロパン酸), Dapa (2,3-ジアミノプロパン酸), Dab (2,4-ジアミノブタン酸)及びGaba (4−アミノブタン酸)から選ばれることができる。1つを超えるカルボン酸又はアミノ酸部分が存在する場合には、連結は適宜に任意の部分にあることが理解されるであろう。残基内に結合されていないカルボン酸又はアミノ残基は遊離であることができ、すなわち、遊離カルボン酸又は第一級アミンとして存在することができ、又は、誘導化されていることができる。適切な誘導化は当該技術分野で知られている。例えば、カルボン酸部分はSAアミノ酸残基においてエステル、例えば、メチルエステルとして存在することができる。アミノ部分はアルキル化アミン、例えば、メチル化アミンであることができ、又は、アミド又はカルバメート部分として保護されていることができる。他の適切なアミノ酸としては、β-Ala (3-アミノプロパン酸)及びGaba (4−アミノブタン酸)及び類似のω アミノ酸が挙げられる。

0103

アミノ酸はD又はLであることができ、又は、ラセミ混合物又はエナンチオマーリッチ合物であることができる。幾つかの実施形態において、アミノ酸はL−アミノ酸である。幾つかの実施形態において、アミノ酸はD-アミノ酸である。

0104

幾つかの好ましい実施形態において、SA はカルボン酸置換基を有し、γ-Glu, α-Glu, α-Asp及びβ-Aspならびにそのスルフィニル及びスルホニル誘導体が好ましい。従って、幾つかの実施形態において、アミノ酸残基は:

0105

0106

(前記式中、-X-は-CO-, -SO-, -SO2-であり、好ましくは-CO-であり、そしてaは1又は2であり、好ましくは2である)である。幾つかの実施形態において、カルボン酸はエステルであり、そしてアミノ酸残基は:

0107

0108

(前記式中、-X-は-CO-, -SO-, -SO2-であり、好ましくは-CO-であり、そしてaは1又は2であり、好ましくは2であり、そしてRはC1-4アルキル又はC6アリールである)である。好ましくは、RはC1-4アルキルであり、好ましくはメチル又はエチルであり、より好ましくはエチルである。

0109

カルボン酸を含む好ましいSA 基はγ-Gluである。

0110

好ましくは、SA はDapa又はγ-Gluから選ばれる。最も好ましくは、SA はγ-Gluである。

0111

基SB
SB は一般式:

0112

(前記式中、PU はポリマー単位であり、そしてnは1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9又は10である)のリンカーであることができる。リンカーSBの1つの末端は-NH, -NR, -S又は-Oであり、ここで、Rはアルキル、保護基であることができ、又は、ポリマー単位の別の部分へのリンケージを形成することができ、他方は結合又はCO-, SO-もしくはSO2-である。従って、各ポリマー単位PU はY及びXの種類ならびにZ1, SA及びLys上の対応する結合基により、各側でアミド、スルフィンアミド、スルホンアミドもしくはエステル結合又はアミノ、エーテルもしくはチオエーテル結合により結合されうる。

0113

幾つかの実施形態において、各PU は独立して、式:

0114

(前記式中、Yは-NH, -NR, -S又は-Oであることができ、ここで、Rはアルキル、保護基であることができ、又は、スペーサの別の部分にリンケージを形成することができ、残りの原子価はZ1へのリンケージを形成しており、
Xは結合、CO-, SO-又はSO2-であることができ、残りの原子価はΨ側鎖へのリンケージを形成しており、そして、
VはYとXとを結合している二価有機部分である)の単位であることができる。

0115

幾つかの実施形態において、Vは天然もしくは非天然アミノ酸のα-炭素であり、すなわち、Vは-CHRAA-(式中、RAA はアミノ酸側鎖である)であり、又は、Vは場合により置換されているC1-6アルキレンであり、又は、Vは直列で1つ以上のエチレングリコール単位を含む鎖であり、PEG鎖としても知られており、例えば、-CH2CH2-(OCH2CH2)m-O-(CH2)p-であり、式中、mは0, 1, 2, 3, 4又は5であり、そしてpは1, 2, 3, 4又は5であり、XがCO-であるときには、pは好ましくは1, 3, 4又は5である。場合により存在するアルキレン置換基としては、フルオロ、メチル、ヒドロキシ、ヒドロキシメチル及びアミノが挙げられる。

0116

好ましいPU 単位としては、
(i).単一のアミノ酸残基: PUi ;
(ii).ジペプチド残基: PUii及び、
(iii).アミノ-(PEG)m-カルボン酸残基: PUiii
が挙げられ、そして任意の組み合わせ又は順序で存在していることができる。例えば、SB はPUi, PUii及びPUiii の各々1つ以上を任意の順序で含むことができ、又は、PUi, PUii及びPUiii のみの1つ以上の単位を含むことができ、又は、PUi 及びPUii、PUi 及びPUiii、又は、PUii 及びPUiiiから選ばれる1つ以上の単位を含むことができる。

0117

(i). PUi単一のアミノ酸残基
各PUi は任意の天然又は非天然アミノ酸残基から独立して選ばれることができ、例えば、Gly, Pro, Ala, Val, Leu, Ile, Met, Cys, Phe, Tyr, Trp, His, Lys, Arg, Gln, Asn, α-Glu, γ-Glu, Asp, Ser Thr, Dapa, Gaba, Aib, β-Ala, 5-アミノペンタノイル、6-アミノヘキサノイル、7-アミノヘプタノイル、8-アミノオクタノイル、9-アミノノナノイル及び10-アミノデカノイルから選ばれることができる。好ましくは、PUi アミノ酸残基はGly, Ser, Ala, Thr及びCysから選ばれ、より好ましくはGly及びSerから選ばれる。

0118

幾つかの実施形態において、SB は-(PUi)n-(式中、nは1〜8であり、より好ましくは5〜7であり、最も好ましくは6である)である。幾つかの実施形態において、SB は-(PUi)n-(式中、nは6であり、そして各PUi はGly又はSerから独立して選ばれ、好ましい配列は-Gly-Ser-Gly-Ser-Gly-Gly-である)。

0119

(ii). PUiiジペプチド残基
各PUii はアミド結合により結合されている2つの天然もしくは非天然アミノ酸を含む任意のジペプチド残基から独立して選ばれることができる。好ましいPUii ジペプチド残基としては、Gly-Gly, Gly-Ser, Ser-Gly, Gly-Ala, Ala-Gly及びAla-Alaが挙げられ、より好ましくはGly-Ser及びGly-Glyが挙げられる。

0120

幾つかの実施形態において、SB は-(PUii)n-(式中、nは2〜4であり、より好ましくは3であり、そして各PUii はGly-Ser及びGly-Glyから独立して選ばれる)である。幾つかの実施形態において、SB は-(PUii)n-(式中、nは3であり、そして各PUii はGly-Ser及びGly-Glyから独立して選ばれ、好ましい配列は-(Gly-Ser)-(Gly-Ser)-(Gly-Gly)である)である。

0121

PUi 及びPuii 中に不斉中心を有するアミノ酸はラセミ体であっても、エナチオマーリッチであっても、又は、エナンチオマー純粋であってもよい。幾つかの実施形態において、該アミノ酸又は各アミノ酸は独立してL-アミノ酸である。幾つかの実施形態において、該アミノ酸又は各アミノ酸は独立してD−アミノ酸である。

0122

(iii). PUiiiアミノ-(PEG)m-カルボン酸残基
各PUiii は独立して、一般式:

0123

(前記式中、mは0, 1, 2, 3, 4又は5であり、好ましくは1又は2であり、そしてpは1, 3, 4又は5であり、好ましくは1である)の残基であることができる。

0124

幾つかの実施形態において、mは1であり、そしてpは1であり、すなわち、PUiii は8-アミノ-3,6-ジオキサオクタン酸({2-[2-アミノエトキシ]エトキシ}酢酸及びH2N-PEG3-COOHとしても知られる)の残基である。この残基は本明細書中で-PEG3-とも呼ぶ。

0125

他のより長鎖のPEG鎖も当該技術分野で知られている。例えば、11-アミノ-3,6,9-トリオキサウンデカン酸(H2N-PEG4-COOH又は-PEG4-としても知られている)である。

0126

幾つかの実施形態において、SB は-(PUiii)n-(式中、nは1〜3であり、より好ましくは2である)である。

0127

最も好ましくは、SB は-PEG3-PEG3-である。

0128

好ましい組み合わせ
好ましい-Z1 及び-Z2-Z1 部分を提供するために上記の選好が独立して組み合わされてよいことは理解されるであろう。

0129

幾つかの好ましい-Z1 及び-Z2-Z1 部分は下記に示される(各場合に、---はΨのアミノ酸部分の側鎖への結合点を示す):

0130

(i) [17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3

0131

(ii) [17-カルボキシ-ヘプタデカノイル]-イソGlu

0132

(iii)オクタデカノイル-イソGlu-Peg3-Peg3

0133

(iv)エイコサノイル-イソGlu-Peg3-Peg3

0134

(v)[19-カルボキシ-ノナデカノイル]-イソGlu-Peg3-Peg3

0135

(vi)オクタデカノイル-Dapa-Peg3-Peg3

0136

(vii)ヘキサデカノイル-イソGlu

0137

当業者は本発明の関係で使用される化合物を調製するための適切な技術を十分に認識しているであろう。適切な化学の例のために、例えば、WO98/08871, WO00/55184, WO00/55119, Madsenら(J. Med. Chem. 2007, 50, 6126-32)及びKnudsenら2000 (J. Med Chem. 43, 1664-1669)を参照されたい。

0138

臨床利用性
本発明の化合物は、肥満及び糖尿病を含む代謝疾患の魅力的治療法の選択肢を提供することができる。糖尿病は、インスリン分泌、インスリン作用又はその両方の欠陥に起因する高血糖を特徴とする代謝疾患の群を含む。糖尿病の急性徴候は、過剰な尿産生、結果としての代償的なのどの渇き及び増加した水分摂取視力障害原因不明の体重減少、倦怠感及びエネルギー代謝の変化が挙げられる。しかし、症状はしばしば、重度ではないか、又は、存在しないことがある。糖尿病の慢性高血糖は種々の器官、特に眼、腎臓、神経、心臓及び血管の長期損傷、機能障害及び不全に関連している。糖尿病は、病原特性に基づいて1型糖尿病、2型糖尿病及び妊娠糖尿病に分類される。1型糖尿病はすべての糖尿病症例5〜10%を占め、インスリン分泌膵臓β−細胞の自己免疫破壊によって引き起こされる。

0139

2型糖尿病は糖尿病症例の90〜95%を占め、代謝疾患の複雑な集合体の結果である。しかしながら、症状はしばしば、重度ではないか、又は、存在しないことがある。 2型糖尿病は診断閾値を下回る血漿グルコースレベルを維持するには不十分となる内因性インスリン産生の結果である。

0140

妊娠糖尿病は妊娠中に特定される任意の程度のグルコース不耐性を指す。

0141

糖尿病前症としては空腹時血糖異常及び耐糖能障害が挙げられ、そして血糖値レベルが上昇されるが、糖尿病の臨床診断用に確立されたレベルより低いときに生じる状態を指す。

0142

2型糖尿病及び糖尿病前症の大部分の人々は、腹部肥満腹部内臓の周囲の過剰な脂肪組織)、アテローム形成性脂質異常症(動脈壁内のプラーク蓄積を助長する、高トリグリセリド、低HDLコレステロール及び/又は高LDLコレステロールを含む、血液脂肪障害)、血圧上昇(高血圧症)、血栓形成促進性状態(例えば、血液中の高フィブリノーゲン又はプラスミノーゲン活性化因子阻害剤−1)及び/又は炎症促進性状態(例えば、血液中のC反応性タンパク質の増加)を含む、追加的な代謝危険因子の高出現による罹患及び死亡の危険性が増加している。

0143

逆に、肥満は糖尿病前症、2型糖尿病、ならびに、例えば、特定のタイプの癌、閉塞性睡眠時無呼吸症及び胆嚢疾患を発症する危険性を増加させる。脂質異常症は心血管疾患の危険性の増加と関連している。高密度リポタンパク質(HDL)は血漿HDL濃度とアテローム性動脈硬化症の危険性との間に逆相関が存在するので臨床的に重要である。動脈硬化性プラークに格納されたコレステロールの大部分はLDLに由来し、従って、低密度リポタンパク質(LDL)の高濃度はアテローム性動脈硬化症と密接に関連している。HDL/LDL比は、アテローム性動脈硬化症及び特に冠動脈アテローム性動脈硬化症のための臨床的危険指標である。

0144

本発明の関係で使用される化合物はグルカゴン−GIP−GLP−1トリプルアゴニストとして作用する。トリプルアゴニストは、脂肪代謝などに対するグルカゴンの効果、血糖制御の改善に対するGIPの効果、及び、血糖値レベル及び食物摂取などに対するGLP-1の効果を組み合わせることができる。したがって、それらは、過剰な脂肪組織の除去を促進し、持続的体重減少を誘発しそして血糖値制御を改善するように作用することができる。トリプルグルカゴン−GIP−GLP−1アゴニストはまた、高コレステロール及び高LDLコレステロールなどの心血管危険因子を低減させるように作用することができる。

0145

本発明のトリプルアゴニスト化合物は、したがって、体重増加を防止し、体重減少を促進し、過剰体重を低減し、又は、肥満を処置するための薬剤(例えば、食欲、摂食、食物摂取、カロリー摂取の制御により、及び/又は、エネルギー消費及び脂肪分解による)として(単独で又は組み合わせて)使用することができ、該肥満としては、病的肥満、ならびに、限定するわけではないが、肥満関連炎症、肥満関連胆嚢疾患、肥満誘発型睡眠時無呼吸症を含む関連疾患及び健康状態が挙げられる。化合物はまた、インスリン抵抗性、グルコース不耐性、糖尿病前症、空腹時グルコース増加、2型糖尿病、高血圧症、脂質異常症(又はこれらの代謝危険因子の組み合わせ)、アテローム性動脈硬化症、動脈硬化症、冠状動脈性心疾患、末梢動脈疾患及び脳卒中の治療のために使用できる。これらはすべて、肥満に関連しうる病態である。しかしながら、本発明の関係で使用される化合物のこれらの病態に対する効果は体重に対する効果によって全体的に又は部分的に媒介されることができ、又はそれとは独立していることもできる。

0146

トリプルアゴニスト化合物は、したがって、インスリン抵抗性、グルコース不耐性、空腹時グルコース増加、糖尿病前症、1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病、高血圧症、脂質異常症又はそれらの組み合わせを含む、本明細書中に記載される、いずれかの疾患、障害又は病態を治療及び/又は予防するために(単独で又は組み合わせて)使用することができる。特定の実施形態では、糖尿病関連障害はアテローム性動脈硬化症、動脈硬化症、冠動脈心疾患、末梢動脈疾患及び脳卒中から選ばれ、又は、アテローム生成性脂質異常症、血中脂肪障害、血圧上昇、高血圧症、血栓形成促進性状態及び炎症促進性状態又はそれらの組み合わせから選ばれる状態に関連する。特定の実施形態では、血中脂肪障害は、高トリグリセリド、低HDLコレステロール、高LDLコレステロール、動脈壁におけるプラークの蓄積又はそれらの組み合わせから選ばれる。特定の実施形態では、血栓形成促進性状態は、血液中の高フィブリノーゲンレベル及び血液中の高プラスミノーゲン活性化因子阻害剤−1レベルから選ばれる。特定の実施形態では、炎症促進性状態は、血液中のC反応性タンパク質レベルの上昇である。特定の実施形態では、肥満関連障害は肥満関連炎症、肥満関連胆嚢疾患及び肥満誘発型睡眠時無呼吸症から選ばれる。

0147

トリプルアゴニスト化合物はまた、骨折の危険性の増大を含む、糖尿病関連骨粗しょう症に関連する疾患、障害又は病態いずれかの治療及び/又は予防のために使用することができる。骨折の危険性の増加の観察は、骨密度に関連するのはなく、骨品質の損傷に関連する可能性がある。少なくとも部分的に高血糖症、神経障害及び低ビタミンD症の高発症率による関連メカニズムはまだ完全には理解されていない。

0148

本発明は、本明細書中に記載される臨床用途のいずれかのための医薬の製造における、本明細書に記載のとおりのトリプルアゴニスト化合物の使用を提供する。任意のそのような方法における使用のための化合物への参照はそれに応じて解釈されるべきである。

0149

幾つかの実施形態において、本発明は、また、医薬上許容されるキャリアと場合により組み合わせて、本発明のトリプルアゴニストを含む治療用キットを提供する。幾つかの実施形態において、本発明は、対象へのトリプルアゴニストのデリバリーのための、本発明のトリプルアゴニストを含むデバイスを提供する。

0150

医薬組成物
本発明のトリプルアゴニスト化合物、又は、その塩もしくは溶媒和物は保存又は投与のために調製された医薬組成物として製剤化されることができ、該組成物は、典型的に、治療有効量の本発明に関係で使用される化合物、又は、その塩もしくは溶媒和物を、医薬上許容されるキャリア中に含む。幾つかの実施形態において、医薬組成物は注射又は注入による投与に適した液体として製剤化され、又は、トリプルアゴニスト化合物の徐放を起こさせるように製剤化される。

0151

本発明の化合物の治療有効量は、例えば、投与経路、治療される哺乳動物のタイプ、及び、想定している特定の哺乳動物の身体的特徴によるであろう。これらの因子とこの量を決定するためのその因子の関係は医療分野の当業者に周知である。この量及び投与方法は最適効力を達成するように誂えられることができ、そして体重、食事、併用医薬及び医療分野の当業者に周知の他の因子などの因子によることができる。ヒトへの使用に最適である投薬サイズ及び投薬計画は本発明により得られる結果により指示され、そして適切に指定された臨床試験において確認されうる。

0152

有効投与量及び治療プロトコールは従来の手段により決定でき、実験室動物における低用量から開始し、その後、効果をモニターしながら用量を増加し、そして投与計画を体系的に変更することにより決定できる。所与の対象にとっての最適用量を決定する際に臨床医によって多くの因子が考慮されうる。このような考慮点は当業者に知られている。用語「医薬上許容されるキャリア」は任意の標準的な医薬キャリアを包含する。治療使用のいための医薬上許容されるキャリアは医薬業界で周知であり、例えば、Remington's Pharmaceutical Sciences, Mack Publishing Co. (A. R. Gennaro edit. 1985)に記載されている。例えば、若干酸性もしくは生理的なpHでの無菌塩類溶液及びリン酸緩衝塩類溶液は使用されうる。適切なpH緩衝剤は、例えば、リン酸塩クエン酸塩酢酸塩乳酸塩マレイン酸塩トリス/ヒドロキシメチルアミノメタン(TRIS)、N-トリス(ヒドロキシメチル)メチル-3-アミノプロパンスルホン酸(TAPS)、重炭酸アンモニウムジエタノールアミンヒスチジン(特定の実施形態において、好ましい緩衝剤である)、アルギニンリジン又はその酢酸塩又は混合物であることができる。その用語はヒトを含む動物における使用のための米国薬局方においてリストされている任意の薬剤をさらに包含する。

0153

用語「医薬上許容される塩」は化合物の塩を指す。塩としては、酸付加塩又は塩基性塩などの医薬上許容される塩が挙げられる。酸付加塩の例としては、塩酸塩、クエン酸塩及び酢酸塩が挙げられる。塩基性塩の例として、カチオンナトリウム及びカリウムなどのアルカリ金属カルシウムなどのアルカリ土類金属、及び、アンモニウムイオン+N(R3)3(R4)(式中、R3 及びR4 は独立して、場合により置換されているC1-6-アルキル、場合により置換されているC2-6-アルケニル、場合により置換されているアリール、又は、場合により置換されているヘテロアリールである)から選ばれる塩が挙げられる。医薬上許容される塩の他の例は"Remington's Pharmaceutical Sciences" ,17th edition. Ed. Alfonso R. Gennaro (Ed.), Mark Publishing Company, Easton, PA, U.S.A., 1985及びより最近の版ならびにthe Encyclopaedia of Pharmaceutical Technologyに記載されている。

0154

「治療(処置)」は有益な又は所望の臨床結果を得るためのアプローチである。本発明の目的では、有益な又は所望の臨床結果としては、限定するわけではないが、検知可能であるか、又は、検知不可能であるかにかかわらず、症状の緩和、疾患の範囲の縮小、安定化した(すなわち、悪化しない)病状疾患進行遅延又は減速、病状の改善又は緩和、及び(部分的であるか又は全体的であるかにかかわらず)寛解が挙げられる。「治療(処置)」はさらに、処置を受けなかった場合に期待される生存と比較して生存を延長することを意味することもできる。「治療(処置)」は、障害の発症を予防するか又は病理を変更することを企図して実施される干渉である。従って、「治療(処置)」は、特定の実施形態において、治療処置予防対策(prophylactic or preventative measures)の両方を指す。処置を必要とする人には、既に障害を患っている人、ならびに、障害を予防すべき状態にある人が含まれる。治療(処置)とは、治療を行わない場合と比較したときに、病状又は症状の増加(例えば、体重増加、高血糖)を阻害し又は低減することを意味し、関連の病状の完全な停止を必ずしも意味しない。

0155

本発明の医薬組成物は単位剤形であることができる。そのような形態では、組成物は適当な量の活性成分を含む単位用量に分割される。単位剤形は、パッケージ化された調製物であることができ、そのパッケージは、個別の分量の調製物、例えば、パックされた錠剤カプセル剤及びバイアル又はアンプル中の散剤を含む。単位剤形はまた、カプセル剤、カシェ剤、それ自体の錠剤であることができ、又は、これらのいずれかの適当な数のパッケージ化形態であることもできる。それは、注射ペン形などの単回投与注射剤型で提供することができる。組成物は、任意の適切な投与経路及び手段のために製剤化されうる。医薬上許容されるキャリア又は希釈剤は、経口投与直腸投与経鼻投与、又は非経口(皮下、筋肉内、静脈内、皮内及び経皮を含む)投与に適する製剤中に使用されるものを含む。製剤は、便利には、単位剤形で提供されることができ、そして医薬技術分野で周知の方法のいずれかによって調製されることができる。皮下又は経皮様式の投与は本明細書中に記載の特定の化合物に特に適切であることができる。

0156

併用療法
特定の実施形態において、本発明の化合物は、糖尿病、肥満、脂質異常症又は高血圧症の治療のための少なくとも1種の他の薬剤とともに併用療法の一部として投与することができる。

0157

そのような場合に、少なくとも2つの活性剤は同一の医薬製剤の一部として又は別々の製剤として、一緒に又は別々に与えられることができる。このように、トリプルアゴニスト化合物(又はその塩もしくは溶媒和物)は、限定するわけではないが、メトホルミンスルホニル尿素グリニド、DPP‐IV阻害剤グリタゾン又はインスリンを含めた他の抗糖尿病剤と組み合わせて使用できる。特定の実施形態において、化合物又はその塩もしくは溶媒和物は適当な血糖値制御を達成するためにインスリン、DPP‐IV阻害剤、スルホニル尿素又はメトホルミン、特にスルホニル尿素又はメトホルミンと組み合わせて使用される。特定の好ましい実施形態において、化合物又はその塩もしくは溶媒和物は、適当な血糖値制御を達成するために、インスリン又はインシュリン類似体と組み合わせて使用される。インシュリン類似体の例としては、限定するわけではないが、Lantus(登録商標)、NovoRapid(登録商標)、Humalog(登録商標)、Novomix(登録商標)、Actraphane HM(登録商標)、Levemir(登録商標)及びApidra(登録商標)が挙げられる。

0158

特定の実施形態において、トリプルアゴニスト化合物又はその塩もしくは溶媒和物は、限定するわけではないが、グルカゴン様ペプチド受容体1アゴニスト、そのペプチドYY又はその類似体、カンナビノイド受容体アンタゴニストリパーゼ阻害剤メラノコルチン受容体4アゴニスト又はメラニン濃縮ホルモン受容体1アンタゴニストを含む1つ以上の抗肥満剤と組み合わせてさらに使用されることができる。

0159

特定の実施形態において、トリプルアゴニスト化合物又はその塩もしくは溶媒和物は抗高血圧症剤と組み合わせで使用することができ、該抗高血圧症剤としては、限定するわけではないが、アンギオテンシン変換酵素阻害剤アンジオテンシンII受容体遮断薬利尿剤ベータ遮断薬又はカルシウムチャネル遮断薬が挙げられる。

0160

特定の実施形態において、トリプルアゴニスト化合物又はその塩は抗脂質異常症剤と組み合わせで使用することができ、該抗脂質異常症としては、限定するわけではないが、スタチンフィブラートナイアシン及び/又はコレステロール吸収阻害剤が挙げられる。

0161

核酸、ベクター及び宿主細胞
本発明は、式Iの配列X1-X30を有するペプチドをコードする核酸を提供する。転写及び翻訳などのペプチドの発現を指示する適切な調節エレメントと操作可能に結合された本発明の核酸を含む発現構築体(発現ベクターとしても知られている)をも提供する。本発明はまた、ペプチドを発現し、そして場合により分泌することができる核酸又は発現構築体を含む宿主細胞を提供する。

0162

幾つかの実施形態において、本発明は本発明の化合物の製造方法であって、化合物を発現し、このように製造された化合物を精製するのに適する条件下に上記の宿主細胞を培養することを含む方法を提供する。

0163

本発明はまた、医療処置の方法における使用のための、特に、本明細書中の他の箇所で議論した代謝疾患の治療のための、上記の核酸分子、発現ベクター又は宿主細胞を提供する。

0164

本発明の化合物の合成
核酸分子は本発明の化合物、式Iのアミノ酸配列X1-X30を有するペプチド、又は、本発明の化合物の前駆体であるペプチドをコードすることができる。

0165

典型的には、このような核酸配列は発現構築体として提供され、ここで、コードする核酸は発現を指示する適切な制御配列と機能的に結合されている。発現構築体は前駆体を発現し(そして場合により分泌する)ことができる宿主細胞の関係で又は無細胞発現系で提供されうる。

0166

本発明は本発明のトリプルアゴニストの製造方法であって、トリプルアゴニストのアミノ酸前駆体を発現すること、及び、該前駆体を修飾してトリプルアゴニストを提供することを含む方法を提供する。修飾は親油性部分を導入する、Ψ位に存在するLys, Arg又はCys残基化学修飾、分子内のN−もしくはC−末端の修飾及び/又は他の任意のアミノ酸側鎖の修飾(例えば、非天然型アミノ酸残基を導入するための修飾)を含むことができる。

0167

本発明の化合物はまた、標準的なペプチド合成方法により製造でき、例えば、標準固相又は液相法により、段階的に又は断片組立により製造しそして最終のペプチド化合物生成物を分離及び精製することにより、又は、組み換え及び合成方法の任意の組み合わせにより製造できる。

0168

本発明のペプチド化合物を固相又は液相ペプチド合成手段により合成することが好ましいであろう。この関係で、WO 98/11125、又は、とりわけ、Fields, G.B. ら, “Principles and Practice of Solid-Phase Peptide Synthesis”; in: Synthetic Peptides, Gregory A. Grant (ed.), Oxford University Press (2nd edition, 2002)及び本明細書中の合成例を参照することができる。

0169


以下の実施例は本発明の特定の実施形態を示す。しかしながら、これらの実施例は本発明の範囲及び条件に関して、主張するものでなく、全体として定義することが意図されないものと理解されるべきである。実施例は別に詳細に説明したこと以外は、当業者に周知であり、ルーチンである標準的な技術を用いて実施した。以下の実施例は例示の目的のみのために提示され、そして本発明の範囲を限定するものとして決して解釈されるべきではない。

0170

本明細書中で参照されているすべての刊行物、特許及び特許出願は各々個々の刊行物、特許又は特許出願の全体が参照により取り込まれるように具体的かつ個々に示されているとの同程度に、その全体が参照により取り込まれる。

0171

例1
本発明において使用される方法は別に明示される場合以外は下記に記載される。

0172

アシル化トリプルアゴニストの一般的な合成
標準的なFmoc化学を用いて、CEMリバティペプチドシンセサイザー(Liberty Peptide Synthesizer)で固相ペプチド合成を行った。TentaGel S Ram樹脂(1 g; 0.25 mmol/g) を使用前にNMP (10 ml)中で膨潤させ、そしてDCM及びNMPを用いてチューブ反応容器との間で輸送した。

0173

カップリング
CEMディスカバーマイクロ波ユニット(Discover microwave unit)中で、樹脂に対して、COMU/NMP (0.5 M; 2 ml)及びDIPEA/DMF(2.0 M; 1 ml)とともに、Fmoc-アミノ酸(NMP/DMF/DCM (1:1:1 ; 0.2 M; 5 ml)中)を添加した。カップリング混合物を75℃に5分間加熱し、その間に、窒素を混合物を通してバブリングした。その後、樹脂をDMF (4 x 10 ml)で洗浄した。

0174

脱保護
ピペリジン/NMP (20%; 10 ml)を最初の脱保護のために樹脂に添加し、そして混合物をマイクロ波により加熱した(30秒; 40℃)。反応容器をドレインし、第二の部分のピペリジン/DMF(20%; 10 ml)を添加して、そして再び加熱した(75℃; 3分)。その後、樹脂をNMP (6 x 10 ml)で洗浄した。

0175

鎖アシル
Fmoc-Lys(ivDde)-OH、或いは、直交側鎖保護基を有する別のアミノ酸をアシル化の位置で導入した。その後、ペプチド主鎖のN−末端を、Boc2Oを用いてBoc-保護し、或いは、最後のカップリングにおいてBoc-保護アミノ酸を使用することによりBoc-保護した。ペプチドはなおも樹脂に結合していたが、直交側鎖保護基は、NMP中の新鮮に調製したヒドラジン水和物(2〜4%)を2 x 15分用いて選択的に開裂した。保護されていないリジン側鎖を最初にFmoc-Glu-OtBu又は別のスペーサアミノ酸とカップリングし、それをピペリジンで脱保護し、そして上記のとおりのペプチドカップリング法を用いて親油性部分でアシル化した。使用される略語は下記のとおりである:
COMU: 1-[(1-(シアノ-2-エトキシ-2-オキソエチリデンアミノオキシ)-ジメチルアミノ-モルホリノメチレン)]メタンアミニウムヘキサフルオロホスフェート
ivDde: 1-(4,4-ジメチル-2,6-ジオキソシクロヘキシリデン)3-メチル-ブチル
Dde: 1-(4,4-ジメチル-2,6-ジオキソシクロヘキシリデン)-エチル、
DCM:ジクロロメタン
DMF: N,N-ジメチルホルムアミド
DIPEA:ジイソプロピルエチルアミン
EtOH:エタノール、
Et2O:ジエチルエーテル
HATU: N-[(ジメチルアミノ)-1H-1,2,3-トリアゾル[4,5-b]ピリジン-1-イルメチレン]-N- メチルメタンアミニウムヘキサフルオロホスフェートN-オキシド
MeCN:アセトニトリル
NMP: N-メチルピロリドン
TFA:トリフルオロ酢酸
TIS:トリイソプロピルシラン

0176

開裂
樹脂をEtOH (3 x 10 ml)及びEt2O (3 x 10 ml)で洗浄し、そして室温(r.t.)にて恒量まで乾燥した。TFA/TIS/水(95/2.5/2.5; 40 ml, 2 h; r.t.)での処理により樹脂から未精製ペプチドを開裂した。ほとんどのTFAを減圧下に除去し、そして未精製ペプチドを沈殿させ、そしてジエチルエーテルで3回洗浄し、そして室温で恒量まで乾燥した。

0177

未精製ペプチドのHPLC精製
C-18カラム(5 cm; 10 μm)及び画分回収器装備しているPerSeptive Biosystems VISION Workstationを用い、そしてバッファーA (0.1% TFA,水性)及びバッファーB (0.1% TFA, 90% MeCN, 水性)の勾配液を用いて35 ml/分で操作して、分取逆相HPLCにより、未精製ペプチドを90%を超えるまで精製した。画分を分析HPLC及びMSにより分析し、そして関連画分をプールし、そして凍結乾燥した。最終製品をHPLC及びMSにより特徴付けした。
合成した化合物を表1に示す。

0178

0179

0180

例2
ヒトGIP受容体(GIP-R)、GLP-1受容体(GLP-1-R)及びグルカゴン受容体(GCG-R)活性アッセイ
Perkin-ElmerのAlphaSceen(登録商標)cAMPキットを指示に従って使用して、本発明のペプチド結合体のインビトロ効果を、グルカゴン、GIP、GLP1又は本発明に示すとおりのこれらの類似体による、それぞれの受容体の刺激の後のcAMPの誘発を測定することにより評価した。端的には、ヒトGIP R、GLP-1 R又はGCG Rを発現するHEK293細胞(ヒトGIP R、GLP-1 R又はGCG RのcDNAトランスフェクション及び安定なクローンの選択により生じる安定な細胞株)を、0.01 %ポリ-L-リジンでコートされた96-ウェルマイクロタイター中にて30,000 細胞/ウェルで播種し、200μl成長培地(DMEM, 10%FCS,ペニシリン(100 IU/ml)、ストレプトマイシン(100 μg/ml))中で培養において1日成長させた。分析の日に、成長培地を取り除き、そして細胞を150μl Tyrodeバッファー(Tyrode塩(9.6 g/l)、10 mM HEPES, pH 7.4)で1回洗浄した。その後、増加している濃度の対照物及び試験化合物を含む100 μlアッセイバッファー(0.1% W/Vアルカリ処理カゼイン及び100 μM IBMX、Tyrodeバッファー中)中で細胞を15分間、37℃でインキュベートした。アッセイバッファーを取り除き、そして80μl溶解バッファー(0.1 % w/vBSA, 5 mM HEPES, 0.3 % v/v Tween-20)/ウェル中で細胞を溶解した。各ウェルから、10 μlの溶解した細胞を384-ウェルプレートに移し、15μlビーズミックス(1 Unit/15 μl 抗-cAMP 受容体ビーズ、1 Unit/15 μl供与体ビーズ及び1 Unit/15μlビオチン化cAMP、アッセイバッファー中)と混合した。プレートを混合し、そして暗所で1時間室温にてインキュベートし、その後、Envision(商標)プレートリーダー(Perkin-Elmer)を用いて測定した。

0181

0.1% (v/v)DMSOを含むKRBHバッファー中で調製したcAMP標準曲線を用いて結果をcAMP 濃度に変換した。得られたcAMP曲線を絶対cAMP濃度(nM)としてlog (試験化合物濃度)に対してプロットし、そして曲線適合プログラムXLfit を用いて分析した。

0182

受容体に対する各試験化合物のアゴニスト活性と効力の両方を記載するために計算されるパラメータはEC50であり、cAMPレベルの最大値の半分まで上昇する濃度であり、試験化合物の効力を反映している。結果を表2及び表2bに要約している。最も総括的なデータは表2bに要約されている。

0183

0184

0185

本発明の例示の化合物は天然グルカゴンの活性に近い活性をGCG-Rで有するであろうと期待される。同時に、1 nMよりも十分に低いEC50で強いGLP-1-R活性化を示すであろうと期待される。同様に、これらのペプチドはまた、1 nMより低いか又は若干高いEC50で強いGIP-R活性を示すであろうと期待される。

0186

例3
選択された化合物のマウスにおける薬物動態
方法
C57BL/6Jマウス(体重が約25gの雄)に、試験される各ペプチドの単一静脈内(i.v.)ボーラスを提供した。選択された化合物(100又は200 nmol/kg)の投与に次いで、投与後0.08, 0.17, 0.5, 1, 4, 8, 16及び24時間で血液サンプルを取った。血液サンプルを出血により取った。投与ビヒクルマンニトールを含有するホスフェート(pH 7.5)であった。

0187

サンプリングポイントで、2匹のマウスからのサンプルを取り、すなわち、16匹のマウスは各化合物について含まれた。血液サンプリングの直後に頚椎脱臼によりマウスを安楽死させた。血漿サンプルを固相抽出(SPE)又は沈殿の後に液体クロマトグラフィー質量分析(LC-MS/MS)により分析した。Phoenix WinNonlin 6.3において非コンパートメントアプローチを用いて薬物動態パラメータを計算するために平均血漿濃度を用いた。血漿終末相半減期(Plasma terminal elimination half-life) (T1/2)はln(2)/λz(式中、λzは終末相の時間プロファイルに対するlog濃度のlog線形回帰の傾きの大きさである)として決定された。結果を表3に要約する。

実施例

0188

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ