図面 (/)

技術 疲労軽減装置、疲労軽減方法、及び制御プログラム

出願人 株式会社デンソー
発明者 柿崎勝清水祐樹
出願日 2018年9月20日 (2年2ヶ月経過) 出願番号 2018-175757
公開日 2020年3月26日 (7ヶ月経過) 公開番号 2020-044156
状態 未査定
技術分野 車両用空気調和 車両用座席 温熱、冷却治療装置
主要キーワード 各対象部位 ドライバ画像 複数シート エンジン駆動圧縮機 近赤外カメラ 冷ユニット 吹出用ダクト 吹出位置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年3月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

疲労軽減のための温冷刺激による対象者ごとの不快感をより低減することを可能にする。

解決手段

ドライバの疲労を軽減するための温刺激と冷刺激との温冷刺激を提示する温冷刺激装置6から温冷刺激を提示させる温冷刺激制御部440と、ドライバの特性を特定する特性特定部410とを備え、温冷刺激制御部440は、特性特定部410で特定するドライバの特性に応じて、温冷刺激装置6から提示させる温冷刺激の、ドライバへ提示する部位、温度、及び提示時間の少なくともいずれかである温冷刺激条件を変動させる。

概要

背景

従来、対象者温冷刺激を与えて疲労を軽減しようとする技術が知られている。例えば、特許文献1には、温冷を周期的に繰り返す温冷ユニット人体下腿部等に対して配置し、この温冷ユニットによって血流を促進させることで人体の疲労等を軽減する技術が開示されている。また、特許文献1に開示の技術では、人体の血流の状態をリアルタイム計測しながら、温冷ユニットの駆動に遅延を与えることで、個人差による温冷刺激の伝達特性適応した血流の促進を可能にすることを試みている。

概要

疲労軽減のための温冷刺激による対象者ごとの不快感をより低減することを可能にする。ドライバの疲労を軽減するための温刺激と冷刺激との温冷刺激を提示する温冷刺激装置6から温冷刺激を提示させる温冷刺激制御部440と、ドライバの特性を特定する特性特定部410とを備え、温冷刺激制御部440は、特性特定部410で特定するドライバの特性に応じて、温冷刺激装置6から提示させる温冷刺激の、ドライバへ提示する部位、温度、及び提示時間の少なくともいずれかである温冷刺激条件を変動させる。

目的

この開示のひとつの目的は、疲労軽減のための温冷刺激による対象者ごとの不快感をより低減することを可能にする疲労軽減装置、疲労軽減方法、及び制御プログラムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

対象者の疲労を軽減するための温刺激と冷刺激との温冷刺激提示する温冷刺激装置(6,6a)から前記温冷刺激を提示させる温冷刺激制御部(440)と、前記対象者の特性を特定する特性特定部(410)とを備え、前記温冷刺激制御部は、前記特性特定部で特定する前記対象者の特性に応じて、前記温冷刺激装置から提示させる前記温冷刺激の、前記対象者へ提示する部位、温度、及び提示時間の少なくともいずれかである温冷刺激条件を変動させる疲労軽減装置

請求項2

前記温冷刺激制御部は、前記対象者の同一部位に対して、前記温刺激と前記冷刺激とを交互に繰り返して提示させる請求項1に記載の疲労軽減装置。

請求項3

前記特性特定部で特定する前記対象者の特性は、少なくとも性別暑がり寒がり冷え性有り、身長、及び体重のいずれかである請求項1又は2に記載の疲労軽減装置。

請求項4

前記特性特定部で特定する前記対象者の特性は、少なくとも性別であって、前記温冷刺激制御部は、前記温度及び前記提示時間の少なくともいずれかを変動させることで前記温刺激及び前記冷刺激を弱めさせたり強めさせたりすることが可能なものであり、前記特性特定部で特定する前記対象者の特性が女性の場合には、前記特性特定部で特定する前記対象者の特性が男性の場合に比べて、前記冷刺激を弱めさせる請求項3に記載の疲労軽減装置。

請求項5

前記温冷刺激制御部は、前記特性特定部で特定する前記対象者の特性が女性の場合には、前記特性特定部で特定する前記対象者の特性が男性の場合に比べて、前記温刺激を強めさせる請求項4に記載の疲労軽減装置。

請求項6

前記特性特定部で特定する前記対象者の特性は、少なくとも身長及び体重のいずれかである体格特性であって、前記温冷刺激制御部は、前記温度及び前記提示時間の少なくともいずれかを変動させることで前記温刺激及び前記冷刺激を弱めさせたり強めさせたりすることが可能なものであり、前記特性特定部で特定する前記対象者の体格特性が規定値以上の場合には、前記特性特定部で特定する前記対象者の体格特性が規定値未満の場合に比べて、前記温刺激を弱めさせる請求項3〜5のいずれか1項に記載の疲労軽減装置。

請求項7

前記特性特定部で特定する前記対象者の特性は、少なくとも暑がり寒がりであって、前記温冷刺激制御部は、少なくとも前記温度を変動させることが可能なものであり、前記特性特定部で特定する前記対象者の特性が暑がりの場合には、前記特性特定部で前記対象者の特性が暑がりとも寒がりとも特定されない場合に比べて、前記温冷刺激の前記温度を下げさせる一方、前記特性特定部で特定する前記対象者の特性が寒がりの場合には、前記特性特定部で前記対象者の特性が暑がりとも寒がりとも特定されない場合に比べて、前記温冷刺激の前記温度を上げさせる請求項3〜6のいずれか1項に記載の疲労軽減装置。

請求項8

前記特性特定部で特定する前記対象者の特性は、少なくとも冷え症有りであって、前記温冷刺激制御部は、前記特性特定部で前記対象者の特性が冷え症有りと特定する場合には、前記特性特定部で前記対象者の特性が冷え症有りと特定されない場合に比べて、前記対象者のについての前記冷刺激を弱めさせる請求項3〜7のいずれか1項に記載の疲労軽減装置。

請求項9

前記対象者に日射が当たっているか否かを判定する日射判定部(420)を備え、前記特性特定部で特定する前記対象者の特性は、少なくとも冷え症有りと暑がり寒がりのうちの寒がりとのいずれかである冷え関連特性であって、前記温冷刺激制御部は、前記日射判定部で日射が当たっていないと判定する場合、前記特性特定部で特定する前記冷え関連特性に応じた前記温冷刺激条件の変動を行わせる一方、前記日射判定部で日射が当たっていると判定する場合、前記特性特定部で特定する前記冷え関連特性に応じた前記温冷刺激条件の変動を行わせない請求項3〜8のいずれか1項に記載の疲労軽減装置。

請求項10

前記温冷刺激制御部は、前記温冷刺激条件のうちの、前記温度及び前記提示時間の少なくともいずれかである量的条件を変動させることが可能なものであって、前記量的条件の基準値が予め定められているとともに、前記量的条件を変動させる変動量を示す設定値が前記特性別に予め定められており、前記特性特定部で特定する前記対象者の特性に応じた前記設定値を前記基準値に加減して得られる値に前記量的条件を変動させる請求項1〜9のいずれか1項に記載の疲労軽減装置。

請求項11

前記特性特定部で特定する前記対象者の特性は複数項目であって、前記温冷刺激制御部は、前記特性特定部で特定する前記対象者の複数項目の特性のそれぞれに応じた前記設定値をそれぞれ前記基準値に加減して得られる値に前記量的条件を変動させる請求項10に記載の疲労軽減装置。

請求項12

前記特性特定部で特定する前記対象者の複数項目の特性には、予め項目別の優先順位が定められており、前記温冷刺激制御部は、前記特性特定部で特定する前記対象者の複数項目の特性のうち、前記優先順位が高いものから順に所定数の項目の特性に絞って選定し、選定されるその所定数の項目の特性のそれぞれに応じた前記設定値をそれぞれ前記基準値に加減して得られる値に前記量的条件を変動させる請求項11に記載の疲労軽減装置。

請求項13

前記特性特定部で特定する前記対象者の複数項目の特性は、少なくとも暑がり寒がりの特性を含んでおり、前記項目別の優先順位は、暑がり寒がりの特性についての優先順位が最も高く定められている請求項12に記載の疲労軽減装置。

請求項14

前記項目別の優先順位は、季節に応じて定められており、前記温冷刺激制御部は、現在の季節に応じて前記項目別の優先順位を切り替えて、前記特性特定部で特定する前記対象者の複数項目の特性のうち、その優先順位が高いものから順に所定数の項目の特性に絞って選定し、選定されるその所定数の項目の特性のそれぞれに応じた前記設定値をそれぞれ前記基準値に加減して得られる値に前記量的条件を変動させる請求項12に記載の疲労軽減装置。

請求項15

前記量的条件は、前記温冷刺激装置で設定可能な範囲よりも狭い範囲内で最大値及び最小値が予め定められており、前記温冷刺激制御部は、前記量的条件を変動させる場合に、前記最大値及び前記最小値を超えない範囲で前記量的条件を変動させる請求項10〜14のいずれか1項に記載の疲労軽減装置。

請求項16

前記温冷刺激制御部は、前記温冷刺激条件のうちの、前記温度及び前記提示時間の少なくともいずれかである量的条件を変動させることが可能なものであって、前記温刺激の前記量的条件と前記冷刺激の前記量的条件とを個別の変動幅で変動させることが可能な請求項1〜14のいずれか1項に記載の疲労軽減装置。

請求項17

前記温冷刺激制御部は、前記温冷刺激条件のうちの、少なくとも前記温冷刺激を前記対象者へ提示する部位及び前記温度を変動させることが可能なものであって、前記温冷刺激を提示する部位別に前記温度を変動させることが可能な請求項1〜16のいずれか1項に記載の疲労軽減装置。

請求項18

前記温冷刺激制御部は、前記温冷刺激条件のうちの、少なくとも前記温冷刺激を前記対象者へ提示する部位を変動させることが可能なものであって、前記温冷刺激を提示する部位から除外する部位については、前記温冷刺激を行う筈であった時間の間、その部位への温冷刺激を休止することを特徴とした請求項1〜17のいずれか1項に記載の疲労軽減装置。

請求項19

前記温冷刺激制御部は、少なくとも前記温度を変動させることが可能なものであり、前記温度を変動させる場合には、温度を1℃以上変化させる請求項1〜18のいずれか1項に記載の疲労軽減装置。

請求項20

対象者の特性を特定し、特定する前記対象者の特性に応じて、前記対象者の疲労を軽減するための温刺激と冷刺激との温冷刺激を提示する温冷刺激装置(6,6a)から提示させる前記温冷刺激の、前記対象者へ提示する部位、温度、及び提示時間の少なくともいずれかである温冷刺激条件を変動させる疲労軽減方法。

請求項21

コンピュータを、対象者の特性を特定する特性特定部(410)と、前記特性特定部で特定する前記対象者の特性に応じて、前記対象者の疲労を軽減するための温刺激と冷刺激との温冷刺激を提示する温冷刺激装置(6,6a)から提示させる前記温冷刺激の、前記対象者へ提示する部位、温度、及び提示時間の少なくともいずれかである温冷刺激条件を変動させる温冷刺激制御部(440)として機能させるための制御プログラム

技術分野

0001

本開示は、対象者の疲労を軽減するための疲労軽減装置疲労軽減方法、及び制御プログラムに関するものである。

背景技術

0002

従来、対象者に温冷刺激を与えて疲労を軽減しようとする技術が知られている。例えば、特許文献1には、温冷を周期的に繰り返す温冷ユニット人体下腿部等に対して配置し、この温冷ユニットによって血流を促進させることで人体の疲労等を軽減する技術が開示されている。また、特許文献1に開示の技術では、人体の血流の状態をリアルタイム計測しながら、温冷ユニットの駆動に遅延を与えることで、個人差による温冷刺激の伝達特性適応した血流の促進を可能にすることを試みている。

先行技術

0003

特許第6094964号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、特許文献1に開示の技術では、個人差による温冷刺激の伝達特性に適応した血流の促進を可能にすることを試みているが、温冷刺激によって生じる個人ごとの不快さへの対処が行われていない。

0005

この開示のひとつの目的は、疲労軽減のための温冷刺激による対象者ごとの不快感をより低減することを可能にする疲労軽減装置、疲労軽減方法、及び制御プログラムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

上記目的は独立請求項に記載の特徴の組み合わせにより達成され、また、下位請求項は、開示の更なる有利な具体例を規定する。特許請求の範囲に記載した括弧内の符号は、ひとつの態様として後述する実施形態に記載の具体的手段との対応関係を示すものであって、本開示の技術的範囲を限定するものではない。

0007

上記目的を達成するために、本開示の疲労軽減装置は、対象者の疲労を軽減するための温刺激と冷刺激との温冷刺激を提示する温冷刺激装置(6,6a)から温冷刺激を提示させる温冷刺激制御部(440)と、対象者の特性を特定する特性特定部(410)とを備え、温冷刺激制御部は、特性特定部で特定する対象者の特性に応じて、温冷刺激装置から提示させる温冷刺激の、対象者へ提示する部位、温度、及び提示時間の少なくともいずれかである温冷刺激条件を変動させる。

0008

上記目的を達成するために、本開示の疲労軽減方法は、対象者の特性を特定し、特定する対象者の特性に応じて、対象者の疲労を軽減するための温刺激と冷刺激との温冷刺激を提示する温冷刺激装置(6,6a)から提示させる温冷刺激の、対象者へ提示する部位、温度、及び提示時間の少なくともいずれかである温冷刺激条件を変動させる。

0009

上記目的を達成するために、本開示の制御プログラムは、コンピュータを、対象者の特性を特定する特性特定部(410)と、特性特定部で特定する対象者の特性に応じて、対象者の疲労を軽減するための温刺激と冷刺激との温冷刺激を提示する温冷刺激装置(6,6a)から提示させる温冷刺激の、対象者へ提示する部位、温度、及び提示時間の少なくともいずれかである温冷刺激条件を変動させる温冷刺激制御部(440)として機能させる。

0010

これらによれば、特定する対象者の特性に応じて、温冷刺激装置から提示させる温冷刺激の、対象者へ提示する部位、温度、及び提示時間の少なくともいずれかを変動させることになる。温冷刺激の、対象者へ提示する部位であったり、温度及び提示時間であったりの量の多寡は、対象者の特性によっては、不快感を増加させる原因となる。この温冷刺激の、対象者へ提示する部位、温度、及び提示時間の少なくともいずれかを、特定する対象者の特性に応じて変動させるので、対象者の特性に応じて、不快感を増加しにくく変動させることが可能になる。その結果、疲労軽減のための温冷刺激による対象者ごとの不快感をより低減することが可能になる。

図面の簡単な説明

0011

疲労軽減システム1の概略的な構成の一例を示す図である。
温冷刺激装置6による風の吹出位置の一例を示す図である。
温冷刺激装置6の概略的な構成の一例を示す図である。
HCU40の概略的な構成の一例を示す図である。
ドライバの特性別に予め対応付けられるテーブルの一例を説明するための図である。
デフォルトでの温冷刺激のサイクルの一例について説明を行うための図である。
温冷刺激の提示を行わない部位がある場合の温冷刺激のサイクルの一例について説明を行うための図である。
温冷刺激装置6aによる温冷刺激の一例を説明するための図である。

実施例

0012

図面を参照しながら、開示のための複数の実施形態を説明する。なお、説明の便宜上、複数の実施形態の間において、それまでの説明に用いた図に示した部分と同一の機能を有する部分については、同一の符号を付し、その説明を省略する場合がある。同一の符号を付した部分については、他の実施形態における説明を参照することができる。

0013

(実施形態1)
<疲労軽減システム1の概略構成
以下、本実施形態について図面を用いて説明する。図1に示す疲労軽減システム1は、携帯端末2及び車両側システム3を含んでいる。車両側システム3は、自動車(以下、単に車両)で用いられ、携帯端末2は、車両のドライバに携帯されるものとする。

0014

携帯端末2としては、人が携帯可能であって特定の通信機能及び入力機能を有する端末であればよく、例えば多機能携帯電話機タブレット端末ノートPC等を用いることができる。以下では、携帯端末2は、スマートフォンといった多機能携帯電話機であって、特定の通信機能として、Bluetooth Low Energy(Bluetoothは登録商標)等の近距離無線通信規格に沿って通信を行う通信機能を有する場合を例に挙げて説明を行う。

0015

<車両側システム3の概略構成>
車両側システム3は、図1に示すように、HMI(Human Machine Interface)システム4、通信モジュール5、及び温冷刺激装置6を含んでいる。HMIシステム4、通信モジュール5、及び温冷刺激装置6は、例えば車内LANに接続されているものとする。

0016

HMIシステム4は、HCU(Human Machine Interface Control Unit)40、カメラユニット41、熱画像計測装置42、及び操作デバイス43を備えている。HMIシステム4は、ドライバからの入力操作受け付けたり、ドライバの状態を監視したりする。このドライバが請求項の対象者に相当する。

0017

カメラユニット41は、近赤外カメラ及び近赤外光源を備える。近赤外カメラは、近赤外線領域感度を有するカメラであり、近赤外光源により照らされた領域を含む撮像対象撮像し、撮像した画像をHCU40に出力する。近赤外光源は、近赤外光照射する照明装置である。なお、近赤外光源はLEDの他、フィラメントなどを有する別の光源であってもよい。近赤外カメラは、運転席着座するドライバの顔領域を含む領域の画像(以下、ドライバ画像)を撮像する。

0018

本実施形態では、ドライバの顔を含む上半身の領域の画像をドライバ画像として撮像する場合を例に挙げて以降の説明を行う。近赤外カメラは、例えばインスツルメントパネルの上面に設けられる。なお、近赤外カメラが設けられる位置は、ドライバを撮像できる位置であれば、インスツルメントパネルの上面に限らない。例えば、ステアリングコラム上に設けられる構成であってもよいし、天井に設けられる構成であってもよいし、ルームミラーに設けられる構成であってもよい。

0019

熱画像計測装置42は、運転席に着座するドライバの体表面温度を計測する。一例としては、サーモグラフィーカメラで撮像する、運転席に着座するドライバの上半身の範囲の温度分布を画像としてHCU40に出力する構成とすればよい。なお、カメラユニット41と熱画像計測装置42とが一体となっており、カメラを共有する構成としてもよい。

0020

操作デバイス43は、ドライバが各種設定のために操作するスイッチ群である。例えば、操作デバイス43としては、自車のステアリングスポーク部に設けられたステアリングスイッチディスプレイと一体となったタッチスイッチ等がある。

0021

HCU40は、プロセッサメモリ、I/O、これらを接続するバスを備えるマイクロコンピュータ主体として構成され、メモリに記憶された制御プログラムを実行することで疲労軽減に関する処理(以下、疲労軽減関連処理)等の各種の処理を実行する。プロセッサがこの制御プログラムを実行することは、制御プログラムに対応する疲労軽減方法が実行されることに相当する。ここで言うところのメモリは、コンピュータによって読み取り可能なプログラム及びデータを非一時的に格納する非遷移的実体記憶媒体(non- transitory tangible storage medium)である。また、非遷移的実体的記憶媒体は、半導体メモリ又は磁気ディスクなどによって実現される。HCU40が疲労軽減装置に相当する。なお、HCU40での処理の詳細については後述する。

0022

通信モジュール5は、前述した近距離無線通信規格を利用して携帯端末2と無線通信可能に接続し、通信を行う。通信モジュール5は、携帯端末2から受信する信号をHCU40に出力したり、HCU40から入力される情報を携帯端末2へ送信したりする。

0023

温冷刺激装置6は、空調要求情報をHCU40から取得し、自車の運転席シートに複数設けられた吹出口から吹き出す風に関する調整を行う装置である。温冷刺激装置6が行う風の調整としては、吹き出す風の温度の調整、吹き出す風の送風時間の調整、風を吹き出す吹出口の選択等がある。この温冷刺激装置6の詳細については後述する。

0024

なお、吹出口は、例えば運転席のシートに複数設けられている構成とすればよい。本実施形態では、一例として、図2に示すように、シートSeに、肩に風を吹き出すための吹出口SD、背中に風を吹き出すための吹出口BD、及びに風を吹き出すための吹出口WDが設けられているものとして以下の説明を続ける。吹出口SDは、例えばシートバックヘッドレストとの間に設けられる構成とすればよい。吹出口BDは、例えばシートバックに設けられる構成とすればよい。吹出口WDは、シートバックと座面との間に設けられる構成とすればよい。温冷刺激装置6は、これらの吹出口から吹き出す風によって、ドライバの疲労を軽減するための温刺激と冷刺激との温冷刺激を提示する。

0025

本実施形態では、温冷刺激装置6が吹き出す風によって温冷刺激を提示する場合の例を挙げて以降の説明を行うが、必ずしもこれに限らない。例えば、対象者が着座するシートの肩,背中,腰等の所定部位が当たる部位にペルチェ素子であったり、電熱線であったりを設けることで、風以外によって温冷刺激を提示する構成としてもよい。

0026

<温冷刺激装置6の概略構成>
続いて、図3を用いて温冷刺激装置6の概略構成について説明を行う。温冷刺激装置6は、例えば図2に示すようにシートSeの座面の下部に設けられる構成とすればよい。また、温冷刺激装置6は、図3に示すように、シートECU60、冷凍サイクル装置61、加熱装置62、第1送風機63、第2送風機64、エアミックスダンパ65、及び切替ダンパ66を備える。

0027

冷凍サイクル装置61は、冷媒蒸気圧縮冷凍サイクルを利用して空気を冷却するものであり、圧縮機611、凝縮器612、減圧部613、及び蒸発器614を備える。バイパス管路600は、冷媒が流れる閉回路であって、圧縮機611、凝縮器612、減圧部613、及び蒸発器614は、冷媒が流れる閉回路であるバイパス管路に設けられる。冷媒としては、R134a,R152a等の地球温暖化係数の小さいフロンガス又はプロパン等のHCガスを用いる構成とすればよい。

0028

圧縮機611は、車載バッテリから供給された直流電圧で駆動される電動圧縮機であり、バイパス管路を流れる冷媒を圧縮して冷媒温度を上昇させる。圧縮機611は、低圧冷媒吸引し、この低圧冷媒を加圧して高圧冷媒吐出する。なお、圧縮機611は、自動車に搭載されるエンジンによって駆動されるエンジン駆動圧縮機であってもよい。圧縮機611は、圧縮した高圧冷媒を凝縮器612に供給する。

0029

凝縮器612は、第1送風機63により送風される空気と冷媒との間の熱交換を提供することによって、冷媒の熱を放熱させる。凝縮器612は放熱器とも呼ばれる。凝縮器612で放熱された冷媒は、減圧部613に供給される。減圧部613は、凝縮器612から供給される冷媒を減圧することにより低温低圧の冷媒を生成し、蒸発器614に供給する。

0030

蒸発器614は、第2送風機64により送風される空気と低温冷媒との間の熱交換を提供することによって、第2送風機64により送風される空気を冷却する。これにより、第2送風機64により送風される空気が冷風となって吹出用ダクトDu(図2参照)に供給される。また、蒸発器614で冷却された冷媒は、圧縮機611に供給される。なお、蒸発器614は、吸熱器とも呼ばれる。このように冷媒が冷凍サイクル装置61を循環しつつ、第2送風機64により送風された空気が冷却されて冷風が吹出用ダクトDuに供給される。

0031

加熱装置62は、PTCヒータ熱線式ヒータ等からなる電気ヒータであり、凝縮器612を通過した暖気を加熱し、暖気の温度をさらに昇温させる。加熱装置62により加熱された温風も吹出用ダクトDuに供給される。

0032

エアミックスダンパ65は、蒸発器614で冷却される冷風の吹出口及び加熱装置62で加熱される温風の吹出口と吹出用ダクトDuとを接続する接続流路に設けられる。エアミックスダンパ65は、冷風の吹出口から排出される冷風を吹出用ダクトDuに流通させる量と、温風の吹出口から排出される温風を吹出用ダクトDuに流通させる量とを調整することで、吹出用ダクトDuに供給される空調風の温度を調整する。吹出用ダクトDuに供給される空調風の温度を調整することは、温冷刺激の温度を変動させることになる。

0033

切替ダンパ66は、吹出用ダクトDuの複数の吹出口(図2のSD,BD,WD参照)の上流にそれぞれ設けられ、各吹出口を個々に開閉する。これにより、風を吹き出す吹出口を調整したり、各吹出口から風を吹き出す時間を調整したりする。風を吹き出す吹出口を調整することは、温冷刺激を提示するドライバの部位を変動させることになる。温冷刺激を提示するドライバの部位は、本実施形態の例では肩,背中,腰であり、吹出口SDからの風が肩に温冷刺激を提示し、吹出口BDからの風が背中に温冷刺激を提示し、吹出口WDからの風が腰に温冷刺激を提示する。各吹出口から風を吹き出す時間を調整することは、温冷刺激の提示時間を変動させることになる。切替ダンパ66は、例えばサーボモータ等のアクチュエータにより駆動されて吹出口を開閉する構成とすればよい。

0034

シートECU60は、プロセッサ、メモリ、I/O、これらを接続するバスを備えるマイクロコンピュータを主体として構成され、メモリに記憶された制御プログラムを実行することで温冷刺激に関する各種の処理を実行する。シートECU60は、HCU40から出力された空調要求情報を取得し、取得した空調要求情報に基づいて、風の温度、提示時間、ドライバに提示する部位の調整を実行する。

0035

<HCU40の概略構成>
続いて、図4を用いて、HCU40の概略構成について説明を行う。HCU40は、特性特定部410、日射判定部420、テーブル格納部430、及び温冷刺激制御部440を備えている。また、特性特定部410は、性別特定部411、暑がり寒がり特定部412、冷え症特定部413、及び体格特定部414を備えている。なお、HCU40が実行する機能の一部または全部を、1つあるいは複数のIC等によりハードウェア的に構成してもよい。また、HCU40が備える機能ブロックの一部又は全部は、プロセッサによるソフトウェアの実行とハードウェア部材の組み合わせによって実現されてもよい。

0036

特性特定部410は、ドライバの特性を特定する。一例として、特性特定部410で特定するドライバの特性は、性別、暑がり寒がり、冷え症、身長、及び体重とする。性別特定部411が、ドライバの特性として性別を特定する。暑がり寒がり特定部412が、ドライバの特性として暑がり寒がりを特定する。冷え症特定部413が、ドライバの特性として冷え症有りを特定する。体格特定部414が、ドライバの特性として身長及び体重を特定する。

0037

性別特定部411は、カメラユニット41から出力されてくるドライバ画像に対してパターンマッチング等の画像認識処理を行うことで、ドライバの性別が男性女性かを特定する構成とすればよい。また、携帯端末2若しくは操作デバイス43でドライバの性別が男性か女性かの入力を受け付け、この入力結果をHCU40で取得し、この入力結果からドライバの性別が男性か女性かを性別特定部411で特定する構成としてもよい。携帯端末2での入力結果は、通信モジュール5を介してHCU40で取得すればよい。

0038

暑がり寒がり特定部412は、携帯端末2若しくは操作デバイス43でドライバが暑がり(hot-natured)か寒がり(cold-natured)か暑がり寒がりのいずれでもないかの入力を受け付け、この入力結果をHCU40で取得し、この入力結果からドライバが暑がりか寒がりかいずれでもないかを、暑がり寒がり特定部412で特定する構成とすればよい。また、携帯端末2で自車の空調温度の設定を遠隔操作できる構成の場合、携帯端末2で設定される空調温度が基準とする温度に対して規定値以上低いか高いかで暑がりか寒がりかを特定する構成としてもよい。

0039

他にも、携帯端末2に入力される身長及び/又は体重といった体格特性が規定値以上の場合に暑がりと特定する等、他の方法を用いて、ドライバが暑がりか寒がりかを暑がり寒がり特定部412で特定する構成としてもよい。なお、携帯端末2側でドライバが暑がりか寒がりかまで推定し、この推定結果から、ドライバが暑がりか寒がりかを暑がり寒がり特定部412で特定する構成としてもよい。

0040

冷え症特定部413は、熱画像計測装置42から出力されてくるドライバの体表面温度の計測結果をもとに、ドライバが冷え症(poor circulation)有りか否かを特定する構成とすればよい。一例としては、ドライバの手等の末端部分の体表面温度が冷え症か否かを区別するための閾値以下か否かによって、ドライバが冷え症有りか否かを特定すればよい。また、携帯端末2若しくは操作デバイス43でドライバが冷え症有りか否かの入力を受け付け、この入力結果をHCU40で取得し、この入力結果からドライバが冷え症有りか否かを、冷え症特定部413で特定する構成とすればよい。

0041

体格特定部414は、携帯端末2若しくは操作デバイス43でドライバの身長及び体重の入力を受け付け、この入力結果をHCU40で取得し、この入力結果からドライバの身長及び体重を、体格特定部414で特定する構成とすればよい。また、体格特定部414は、カメラユニット41から出力されてくるドライバ画像から顔の位置を抽出することで、この顔の位置に応じたドライバの身長を推定し、ドライバの身長を特定する構成としてもよい。他にも、シートに設けられる圧力センサ検出値に応じたドライバの体重を推定し、ドライバの体重を特定する構成としてもよい。

0042

なお、ドライバの乗車のたびにそのドライバの特性を特定する手間を低減するために、例えば認証に用いられる電子キーのIDと特性特定部410で特定するドライバの特性とを紐付けてHCU40の不揮発性メモリに格納しておくことで、ドライバ別にそのドライバの特性を記憶しておけばよい。そして、ドライバの乗車のたびに、認証に用いられる電子キーのIDに対応する特性を読み出し、そのドライバの特性として用いる構成とすればよい。

0043

また、ここでは、特性特定部410でドライバの特性を特定するために、通信モジュール5、カメラユニット41、熱画像計測装置42、及び操作デバイス43を用いる構成を示したが、必ずしもこれに限らない。採用するドライバの特性の特定方法によっては、不要な構成を用いないようにすればよい。

0044

日射判定部420は、ドライバに日射が当たっているか否かを判定する。一例として、日射判定部420は、カメラユニット41から出力されてくるドライバ画像に対してパターンマッチング等の画像認識処理を行うことで、ドライバの顔等の部位を抽出する。そして、抽出した部位の輝度が、日射が当たっているか否かを区別するための閾値以上か否かによって、ドライバに日射が当たっているか否かを判定すればよい。

0045

テーブル格納部430は、ドライバの特性別に、温冷刺激装置6からの温冷刺激をドライバへ提示する部位の変動であったり、温冷刺激を提示する部位別の温度,提示時間といった量的条件の変動量を示す設定値であったりが予め対応付けられたテーブルを格納している。本実施形態では、温冷刺激は、温刺激としての温風と冷刺激としての冷風とであるものとする。テーブル格納部430としては、不揮発性メモリを用いる構成とすればよい。ここで、図5を用いて、テーブル格納部430に格納されるテーブルの一例について述べる。以下では、温度の単位は℃,提示時間の単位は秒とする。

0046

図5に示すように、性別が女性という特性については、肩,背中,腰といった全ての対象部位(以下、全対象部位)へ提示する温風の温度を1℃上げるとともに提示時間を5秒増やす設定値が対応付けられている一方、全対象部位へ提示する冷風の温度を2℃上げるとともに送風時間を5秒減らす設定値が対応付けられている。変動についてのテーブルが示されていない、性別が男性という特性については、温風及び冷風を提示する部位はデフォルトから変動させないし、温度,提示時間といった量的条件もデフォルトの基準値から変動させないものとなる。

0047

なお、冷風及び温風を当てる部位のデフォルトは、全対象部位であるものとする。本実施形態では、温冷刺激は、全対象部位のそれぞれについて、温風による温刺激と冷風による冷刺激とを1サイクルとして交互に繰り返すものとする。デフォルトでの温冷刺激のタイミングは、各対象部位で合わせられている構成としてもよいし、ずらされている構成としてもよい。本実施形態では、デフォルトでの温冷刺激のタイミングは、図6に示すように、各対象部位で合わせられている場合を例に挙げて説明を行う。図6では、肩,背中,腰のそれぞれの部位への冷刺激及び温刺激のタイミング,提示時間を示している。図6グラフ縦軸が冷刺激と温刺激とのいずれであるかを示しており、横軸が時間を示している。

0048

また、基準値は、ドライバの特性にかかわらずに一律に予め定められている、ドライバの疲労を軽減するための冷風及び温風の温度,提示時間である。基準値は、例えば複数人被験者の疲労の軽減に効果があった冷風及び温風の温度,提示時間の平均値最頻値等の代表値とすればよい。本実施形態では、温度及び提示時間の基準値が、冷風では15℃,40秒であって、温風では40℃,300秒である場合を例に挙げて以降の説明を行う。

0049

図5に示すように、暑がり寒がりのうちの暑がりという特性については、全対象部位への温風の温度を3℃下げるとともに提示時間を10秒減らす設定値が対応付けられている一方、全対象部位への冷風の温度を1℃下げるとともに提示時間を10秒増やす設定値が対応付けられている。暑がり寒がりのうちの寒がりという特性については、全対象部位への温風の温度を1℃上げるとともに提示時間を10秒増やす設定値が対応付けられている一方、全対象部位への冷風の温度を3℃上げるとともに提示時間を10秒減らす設定値が対応付けられている。暑がり寒がりのいずれでもない場合については、冷風及び温風を提示する部位はデフォルトから変動させないし、温度,提示時間といった量的条件もデフォルトの基準値から変動させないものとなる。

0050

図5に示すように、冷え症有りという特性については、腰への冷風を提示させないように変動させることが対応付けられている。なお、温風を当てる部位はデフォルトから変動させないし、温度,提示時間といった量的条件もデフォルトの基準値から変動させないものとなる。冷え症有りでない場合については、冷風及び温風を提示する部位はデフォルトから変動させないし、温度,提示時間といった量的条件もデフォルトの基準値から変動させないものとなる。

0051

ここでは、冷え症有りという特性について、腰への冷風を提示させないように変動させることが対応付けられている例を示したが、必ずしもこれに限らない。冷え症有りという特性について、腰への冷刺激を弱めるように変動させることが対応付けられていれば、他の例であってもよい。例えば、腰への冷風の温度を上げる設定値が対応付けられていたり、腰への冷風の提示時間を減らす設定値が対応付けられていたりする構成としてもよい。

0052

図5に示すように、身長という特性については、身長が身長の規定値(例えば160cm)以上の場合に、全対象部位への温風の温度を1℃下げるとともに提示時間を10秒減らす設定値が対応付けられている一方、全対象部位への冷風の提示時間を5秒増やす設定値が対応付けられている。なお、身長が身長の規定値以上の場合に、冷風の温度も下げる設定値が対応付けられている構成としてもよい。ここで言うところの身長の規定値とは、シートに熱がこもりやすいと推定される体格を区別するための値であって、任意に設定可能である。身長が身長の規定値未満の場合については、冷風及び温風を提示する部位はデフォルトから変動させないし、温度,提示時間といった量的条件もデフォルトの基準値から変動させないものとなる。

0053

図5に示すように、体重という特性については、体重が体重の規定値(例えば80kg)以上の場合に、全対象部位への温風の温度を1℃下げるとともに提示時間を10秒減らす設定値が対応付けられている一方、全対象部位への冷風の提示時間を5秒増やす設定値が対応付けられている。なお、体重が体重の規定値以上の場合に、冷風の温度も下げる設定値が対応付けられている構成としてもよい。ここで言うところの体重の規定値とは、シートに熱がこもりやすいと推定される体格を区別するための値であって、任意に設定可能である。体重が体重の規定値未満の場合については、冷風及び温風を提示する部位はデフォルトから変動させないし、温度,提示時間といった量的条件もデフォルトの基準値から変動させないものとなる。

0054

温冷刺激制御部440は、温冷刺激装置6から、ドライバの疲労を軽減するための冷刺激である冷風と温刺激である温風との温冷刺激を提示させる。温冷刺激制御部440は、温冷刺激装置6のシートECU60へ向けて空調要求情報を出力することにより作動を制御する。温冷刺激制御部440での、ドライバの疲労を軽減するための温冷刺激を提示させる処理を以降では、温冷刺激処理と呼ぶ。

0055

例えば温冷刺激制御部440は、自車のイグニッション電源オンになってHCU40の電源もオンになる場合に温冷刺激処理を開始する構成とすればよい。また、カメラユニット41から出力されてくるドライバ画像をもとに検知されるドライバの疲労度が規定のレベル以上となる場合に温冷刺激処理を開始する構成としてもよい。他にも、自車が走行を開始してからの連続走行時間,走行距離が一定以上となる場合に温冷刺激処理を開始する構成としてもよい。一方、温冷刺激制御部440は、自車のイグニッション電源がオフになってHCU40の電源もオフになる場合に温冷刺激処理を終了したり、上述のドライバの疲労度が、前述の規定のレベル未満となる場合に温冷刺激処理を終了したりすればよい。

0056

温冷刺激制御部440は、温冷刺激処理において、特性特定部410で特定するドライバの特性に応じて、温冷刺激装置6から提示させる温冷刺激の、ドライバへ提示する部位、温度、及び提示時間の少なくともいずれかである温冷刺激条件を変動させる。温冷刺激の温度及び提示時間といった量的条件については、基準値から変動させる構成とすればよい。より詳しくは、特性特定部410で特定するドライバの特性に応じた、図5に示すような設定値を基準値に加減して得られる値に量的条件を変動させる。本実施形態では、図5のテーブルに従って、ドライバの特性に応じた温冷刺激条件の変動を温冷刺激制御部440が行わせる場合を例に挙げて以降の説明を行う。

0057

特性特定部410で複数項目の特性が特定される場合には、この複数項目の特性のそれぞれに応じた、図5に示すような設定値をそれぞれ基準値に加減して得られる値に量的条件を変動させればよい。複数項目を1つのグラフで表して、量的条件を変動させる量を調整する場合には、パラメータが複雑になってしまうが、複数項目の特性のそれぞれに応じた設定値をそれぞれ基準値に加減して得られる値に量的条件を変動させる構成によれば、設定値を加減するだけなので、量的条件を変動させる量の調整がより簡略化される。

0058

温冷刺激制御部440で変動させる量的条件は、温冷刺激装置6で設定可能な範囲よりも狭い範囲内で最大値及び最小値が予め定められており、温冷刺激制御部440は、量的条件を変動させる場合に、この最大値及び最小値を超えない範囲で量的条件を変動させることが好ましい。例えば、複数項目の特性のそれぞれに応じた設定値をそれぞれ基準値に加減して得られる値が、この最大値を超える場合には、この最大値となるように量的条件を変動させる一方、この最小値を下回る場合には、この最小値となるように量的条件を変動させる構成とすればよい。

0059

これは、冷風の温度が低くなり過ぎたり、温風の温度が高くなり過ぎたりするとドライバの特性にかかわらずドライバの不快感が高くなるためである。よって、この最大値及び最小値としては、ドライバの特性にかかわらずドライバの不快感を高くしてしまうと推定される範囲に達しない値とすればよい。一例として、温冷刺激制御部440で変動させる量的条件は、温風については、温度が37℃〜43℃,提示時間が250秒〜350秒とすればよく、冷風については、温度が10〜30℃,提示時間が10秒〜60秒とすればよい。

0060

また、温冷刺激制御部440は、特性特定部410で特定するドライバの複数項目の特性のうち、優先順位が高いものから順に所定数項目の特性に絞って選定し、選定されるその所定数の項目の特性のそれぞれに応じた設定値をそれぞれ基準値に加減して得られる値に量的条件を変動させる構成としてもよい。特性別の優先順位については、例えば特性の項目別に優先順位を対応付けたテーブル等をHCU40の不揮発性メモリに予め格納しておくことで、温冷刺激制御部440が特性の項目をもとにこのテーブルを参照して優先順位を特定できる構成等とすればよい。ここで言うところの所定数とは、任意に設定可能な値である。

0061

これによれば、優先順位の高い特性についての設定値を優先的に温冷刺激の調整に反映することが可能になる。優先順位は、温冷刺激によるドライバの不快感をより低減することを可能にするため、温冷刺激が不快感に影響し易い特性ほど優先順位が高くなっていることが好ましい。暑がり寒がりの特性については、温冷刺激が不快感に特に影響し易いため、暑がり寒がりの優先順位が最も高く定められていることが好ましい。

0062

また、特性の項目別の優先順位は、季節に応じて定められている構成としてもよい。そして、温冷刺激制御部440は、現在の季節に応じて特性の項目別の優先順位を切り替えて、特性特定部410で特定するドライバの複数項目の特性のうち、その優先順位が高いものから順に所定数の項目の特性に絞って選定し、選定されるその所定数の項目の特性のそれぞれに応じた設定値をそれぞれ基準値に加減して得られる値に量的条件を変動させればよい。現在の季節については、計時手段で計測される日時から温冷刺激制御部440が特定すればよい。

0063

温冷刺激が不快感に影響し易い特性は、季節に応じて変化する場合が考えられる。よって、現在の季節に応じて特性の項目別の優先順位を切り替えることで、より精度良く温冷刺激によるドライバの不快感を低減することが可能になる。特性の項目別の優先順位を季節に応じて定める場合、例えばは、冷え症有り,暑がり寒がりといった特性の優先順位を高くする一方、は性別,身長,体重といった特性の優先順位を高くする等とすればよい。

0064

温冷刺激制御部440は、性別特定部411でドライバの特性を女性と特定する場合には、性別特定部411で特定するドライバの特性が男性の場合に比べて、温風の温度を上げさせるとともに提示時間を増やさせることで温刺激を強めさせる一方、冷風の温度を上げさせるとともに提示時間を減らさせることで冷刺激を弱めさせる。ドライバの特性が男性の場合には基準値から変更しないのに対し、女性の場合には、全対象部位への温風を、基準値から温度を1℃上げるとともに提示時間を5秒増やす。一方、全対象部位への冷風を、基準値から温度を2℃上げるとともに提示時間を5秒減らす。

0065

以上の構成によれば、女性への冷刺激を弱めることで、冷え過ぎを不快に感じやすい女性の不快感を低減させることが可能になる。また、温刺激を強めることでも冷え過ぎを防ぎ、冷え過ぎを不快に感じやすい女性の不快感をさらに低減させることが可能になる。温冷刺激制御部440は、性別特定部411でドライバの特性を女性と特定する場合に、性別特定部411で特定するドライバの特性が男性の場合に比べて、温刺激を強めさせずに冷刺激を弱めさせる構成としてもよい。この場合であっても、女性への冷刺激を弱めることで、冷え過ぎを不快に感じやすい女性の不快感を低減させることが可能になる。

0066

なお、ドライバの複数項目の特性のうち、優先順位が高いものから順に所定数の項目の特性に絞って選定する構成を採用する場合には、以下のようにすればよい。温冷刺激制御部440は、性別特定部411でドライバの特性を女性と特定する場合であって、且つ、優先順位をもとにこの項目を選定する場合に、性別特定部411で特定するドライバの特性が男性の場合に比べて、温刺激を強めさせたり冷刺激を弱めさせたりすればよい。

0067

温冷刺激制御部440は、暑がり寒がり特定部412でドライバの特性を暑がりと特定する場合には、暑がり寒がり特定部412でドライバの特性が暑がりとも寒がりとも特定されない場合に比べて、温刺激及び冷刺激の温度を下げさせる。また、温刺激の提示時間を減らせる一方、冷刺激の提示時間を増やさせる。ドライバの特性が暑がりでも寒がりでもない場合には基準値から変更しないのに対し、暑がりの場合には、全対象部位への温風を、基準値から温度を3℃下げさせるとともに提示時間を10秒減らさせる一方、全対象部位への冷風を、基準値から温度を1℃下げさせるとともに提示時間を10秒増やさせる。

0068

以上の構成によれば、温め過ぎに敏感な暑がりのドライバへの温風の温度を下げさせて温風の提示時間を減らさせることで温刺激を弱めつつ、冷風の温度を下げさせて冷風の提示時間を増やさせることで冷刺激を強め、暑がりのドライバを温め過ぎないようにして、不快感を低減させることが可能になる。

0069

なお、ドライバの複数項目の特性のうち、優先順位が高いものから順に所定数の項目の特性に絞って選定する構成を採用する場合には、以下のようにすればよい。温冷刺激制御部440は、暑がり寒がり特定部412でドライバの特性を暑がりと特定する場合であって、且つ、優先順位をもとにこの項目を選定する場合に、温刺激及び冷刺激の温度を下げさせたりすればよい。

0070

温冷刺激制御部440は、暑がり寒がり特定部412でドライバの特性を寒がりと特定する場合には、暑がり寒がり特定部412でドライバの特性が暑がりとも寒がりとも特定されない場合に比べて、温刺激及び冷刺激の温度を上げさせる。また、温刺激の提示時間を増やさせる一方、冷刺激の提示時間を減らさせる。ドライバの特性が暑がりでも寒がりでもない場合には、基準値から変更しないのに対し、寒がりの場合には、全対象部位への温風を、基準値から温度を1℃上げさせるとともに提示時間を10秒増やさせる一方、全対象部位への冷風を、基準値から温度を3℃上げさせるとともに提示時間を10秒減らさせる。

0071

以上の構成によれば、冷え過ぎに敏感な寒がりのドライバへの冷風の温度を上げさせて冷風の提示時間を減らさせることで冷刺激を弱めつつ、温風の温度を上げさせて温風の提示時間を増やさせることで温刺激を強め、寒がりのドライバを冷やし過ぎないようにして、不快感を低減させることが可能になる。

0072

なお、ドライバの複数項目の特性のうち、優先順位が高いものから順に所定数の項目の特性に絞って選定する構成を採用する場合には、以下のようにすればよい。温冷刺激制御部440は、暑がり寒がり特定部412でドライバの特性を寒がりと特定する場合であって、且つ、優先順位をもとにこの項目を選定する場合に、温刺激及び冷刺激の温度を上げさせたりすればよい。

0073

温冷刺激制御部440は、冷え症特定部413でドライバの特性が冷え症有りと特定される場合には、冷え症特定部413でドライバの特性が冷え症有りと特定されない場合に比べて、ドライバの腰についての冷刺激を弱めさせる。例えば、ドライバの特性が冷え症有りでない場合には基準値から変更しないのに対し、冷え症有りの場合には、腰への冷風の温度を基準値から上げさせたり、腰への冷風の提示時間を基準値から減らさせたりしてもよい。これらの場合、腰以外の対象部位については、基準値から変更しない構成とすればよい。

0074

以上の構成によれば、冷え過ぎに敏感な冷え症有りのドライバへの冷刺激を弱めさせて体を冷え難くし、不快感を低減させることが可能になる。なお、ドライバの特性が冷え症有りでない場合に、冷刺激を弱めさせるのに加え、温刺激を強めさせる構成としてもよい。これによれば、冷え症有りのドライバの体をさらに冷え難くし、不快感をさらに低減させることが可能になる。

0075

なお、ドライバの複数項目の特性のうち、優先順位が高いものから順に所定数の項目の特性に絞って選定する構成を採用する場合には、以下のようにすればよい。温冷刺激制御部440は、冷え症特定部413でドライバの特性を冷え症有りと特定する場合であって、且つ、優先順位をもとにこの項目を選定する場合に、ドライバの腰への冷刺激を弱めさせればよい。

0076

温冷刺激制御部440は、体格特定部414で特定するドライバの身長が身長の規定値以上の場合には、体格特定部414で特定するドライバの身長が身長の規定値未満の場合に比べて、温刺激を弱めさせる。また、冷刺激を強めさせる。ドライバの身長が身長の規定値未満の場合には、基準値から変更しないのに対し、ドライバの身長が身長の規定値以上の場合には、全対象部位への温風を、基準値から温度を1℃下げさせて提示時間を10秒減らさせる。一方、全対象部位への冷風の提示時間を基準値から5秒増やさせる。

0077

身長が高いドライバは、シートを体で覆う面積が広くなる分だけシートと体との間に熱がこもりやすく、温め過ぎに敏感になり易い。以上の構成によれば、身長が身長の規定値以上のドライバへの温刺激を弱めさせたり、冷刺激を強めさせたりすることで、ドライバの体の温め過ぎを防ぎ、ドライバの不快感を低減させることが可能になる。

0078

なお、ドライバの複数項目の特性のうち、優先順位が高いものから順に所定数の項目の特性に絞って選定する構成を採用する場合には、以下のようにすればよい。温冷刺激制御部440は、体格特定部414で特定する身長が身長の規定値以上の場合であって、且つ、優先順位をもとにこの項目を選定する場合に、温刺激を弱めさせたり、冷刺激を強めさせたりすればよい。

0079

温冷刺激制御部440は、体格特定部414で特定するドライバの体重が体重の規定値以上の場合には、体格特定部414で特定するドライバの体重が体重の規定値未満の場合に比べて、温刺激を弱めさせる。また、冷刺激を強めさせる。ドライバの体重が体重の規定値未満の場合には、基準値から変更しないのに対し、ドライバの体重が体重の規定値以上の場合には、全対象部位への温風を、基準値から温度を1℃下げさせて提示時間を10秒減らさせる。一方、全対象部位への冷風の提示時間を基準値から5秒増やさせる。

0080

体重が重いドライバは、シートを体で覆う面積が広くなる分だけシートと体との間に熱がこもりやすく、温め過ぎに敏感になり易い。以上の構成によれば、体重が体重の規定値以上のドライバへの温刺激を弱めさせたり、冷刺激を強めさせたりすることで、ドライバの体の温め過ぎを防ぎ、ドライバの不快感を低減させることが可能になる。

0081

なお、ドライバの複数項目の特性のうち、優先順位が高いものから順に所定数の項目の特性に絞って選定する構成を採用する場合には、以下のようにすればよい。温冷刺激制御部440は、体格特定部414で特定する体重が体重の規定値以上の場合であって、且つ、優先順位をもとにこの項目を選定する場合に、温刺激を弱めさせたり、冷刺激を強めさせたりすればよい。

0082

前述した例では、ドライバの身長と体重とのそれぞれをドライバの特性の別項目として扱う構成を示したが、必ずしもこれに限らない。例えば、ドライバの身長と体重とをドライバの体格という同じ項目として扱う構成としてもよい。この場合、ドライバの身長と体重とのいずれか一方でも規定値以上の場合に、温刺激を弱めさせたり、冷刺激を強めさせたりする構成とすればよい。

0083

温冷刺激制御部440は、特性特定部410で特定するドライバの特性に応じて温冷刺激を提示する部位から除外する部位については、温冷刺激を行う筈であった時間の間、その部位への温冷刺激を休止することが好ましい。

0084

ここで、図7を用いて、温冷刺激の提示を行わない部位がある場合の温冷刺激のサイクルの一例について説明を行う。図7では、肩,背中,腰のそれぞれの部位への冷刺激及び温刺激のタイミング,提示時間を示している。図6のグラフの縦軸が冷刺激と温刺激と温冷刺激なしとのいずれであるかを示しており、横軸が時間を示している。図7では、ドライバの特性が冷え症有りであることをもとに腰への冷刺激の提示を行わせない場合について示している。図7点線がデフォルトの場合の例を示しており、実線がドライバの特性に応じて変動させた場合の例を示している。

0085

図7に示すように、肩、背中、及び腰のうちの腰だけを冷風を提示する部位から除外しながらも、温刺激のタイミングを早めるのではなく、冷刺激を行う筈であった時間の間、腰への温刺激も冷刺激も休止する。これによれば、全対象部位のうちの一部だけを、温冷刺激を提示する部位から除外しつつも、各対象部位の温冷刺激のサイクルの周期は一定とすることが可能になるため、各対象部位の温冷刺激のサイクルの制御が簡単になる。

0086

温冷刺激制御部440は、特性特定部410で特定するドライバの特性に応じて、温冷刺激の温度を変動させる場合には、温度を1℃以上変動させることが好ましい。これによれば、温冷刺激の温度の変化をドライバが感じとり易くなる。その結果、ドライバは温冷刺激の温度の改善効果を意識し易くなり、温冷刺激の温度の改善効果を意識することでこの改善効果がさらに高まり、不快感をさらに低減することが可能になる。

0087

温冷刺激制御部440は、冷刺激の量的条件と温刺激の量的条件とを個別の変動幅で変動させることが可能であることが好ましい。これによれば、ドライバの特性に応じて、冷刺激による不快感と温刺激による不快感とのそれぞれをより軽減することが可能なように、冷刺激の量的条件と温刺激の量的条件とを個別に変動させることが可能になる。

0088

例えば、ドライバの特性が暑がりの場合には、温刺激の量的条件を大幅に弱めることで、ドライバの温め過ぎを大幅に抑えて暑さによる不快感を軽減しつつ、冷刺激の量的条件は温刺激の量的条件に比べて小さい幅で強めることで、温め過ぎを抑えつつも冷え過ぎも抑えて寒さによる不快感を軽減することが可能になる。他にも、ドライバの特性が寒がりであったり女性であったりする場合には、冷刺激の量的条件を大幅に弱めることで、ドライバの冷え過ぎを大幅に抑えて寒さによる不快感を軽減しつつ、温刺激の量的条件は冷刺激の量的条件に比べて小さい幅で強めることで、冷え過ぎを抑えつつも温め過ぎも抑えて暑さによる不快感を軽減することが可能になる。

0089

なお、本実施形態では、冷刺激の量的条件と温刺激の量的条件とを個別の変動幅で変動させるドライバの特性として、ドライバの特性が女性及び暑がり寒がりである場合を例に挙げたが、必ずしもこれに限らない。例えば、女性及び暑がり寒がり以外のドライバの特性の場合に、冷刺激の量的条件と温刺激の量的条件とを個別の変動幅で変動させる構成としてもよい。

0090

また、温冷刺激制御部440は、日射判定部420でドライバに日射が当たっていると判定する場合は、特性特定部410で特定する寒がり及び冷え症有りといった冷え関連特性に応じた温冷刺激条件の変動を行わせない。一方、日射判定部420でドライバに日射が当たっていないと判定する場合は、特性特定部410で特定する冷え関連特性に応じた温冷刺激条件の変動を行わせる。温冷刺激制御部440は、日射判定部420でドライバに日射が当たっていると判定する場合は、特性特定部410で特定する冷え関連特性に応じた、冷刺激を弱める量的条件の変動であったり、温刺激を強める量的条件の変動であったりを行わせない構成とすればよい。冷刺激を弱める量的条件の変動には、冷風の温度を上げさせる変動,冷風の提示時間を減らさせる変動等がある。温刺激を強める量的条件の変動には、温風の温度を上げさせる変動,温風の提示時間を増やさせる変動等がある。

0091

以上の構成によれば、日射によって温められているドライバへの冷刺激を弱めたり温刺激を強めたりすることで、このドライバが温まり過ぎることによるドライバの不快感を低減する一方、日射によって温められていない冷え関連特性を有するドライバへの冷刺激を弱めたり温刺激を強めたりしないことで、冷え関連特性を有するドライバが冷え過ぎることによる不快感を低減することが可能になる。

0092

<実施形態1のまとめ>
実施形態1の構成によれば、特性特定部410で特定する、性別、暑がり寒がり、冷え性有り、身長、及び体重といったドライバの特性に応じて、温冷刺激装置6から提示させる温冷刺激の、ドライバに提示する部位、温度、及び提示時間の少なくともいずれかを変動させることになる。性別、暑がり寒がり、冷え性有り、身長、及び体重といった特性は、温冷刺激への感受性との相関性が高いと推定される。よって、温冷刺激の、ドライバに提示する部位であったり、温度及び提示時間であったりの量の多寡は、これらの特性を有するドライバにとっては、不快感を増加させる原因となる。この温冷刺激の、ドライバに提示する部位、温度、及び提示時間の少なくともいずれかを、特性特定部410で特定する特性に応じて変動させるので、温冷刺激を行わせてドライバの疲労を軽減させつつも、ドライバの特性に応じて、不快感を増加しにくく温冷刺激を変動させることが可能になる。その結果、疲労軽減のための温冷刺激による対象者ごとの不快感をより低減することが可能になる。

0093

なお、本実施形態で説明した、ドライバの特性に応じた温冷刺激条件の変動の態様は、あくまで一例であって、他の態様であっても構わない。詳しくは、冷刺激への感受性の高い特性であるほど、冷刺激への感受性の高い部位への冷刺激の量的条件を緩和したり、冷刺激を提示する部位から除外したり、温刺激の量的条件を強めたりする一方、温刺激への感受性の高い特性であるほど、温刺激への感受性の高い部位への温刺激の量的条件を緩和したり、温刺激を提示する部位から除外したり、冷刺激の量的条件を強めたりする構成であればよい。冷刺激の量的条件を緩和するとは、基準に対して、温度を上げさせたり、提示時間を減らさせたりすることを示す。冷刺激の量的条件を強めるとは、基準に対して、温度を下げさせたり、提示時間を増やさせたりすることを示す。温刺激の量的条件を緩和するとは、基準に対して、温度を下げさせたり、提示時間を減らさせたりすることを示す。温刺激の量的条件を強めるとは、基準に対して、温度を上げさせたり、提示時間を増やさせたりすることを示す。

0094

(実施形態2)
前述の実施形態では、ドライバの部位ごとに提示する温刺激の温度及び冷刺激の温度が、部位に関わらず一律に同じである場合の例を示したが、必ずしもこれに限らない。例えば、吹出口SD、吹出口BD、吹出口WDのそれぞれに対して個別に温冷刺激装置6を備えることで、吹出口SD、吹出口BD、吹出口WDのそれぞれから吹き出させる風の温度を個別に変動させることができるようにして、各部位に提示する温刺激の温度及び冷刺激の温度を個別に変動させる構成としてもよい。

0095

他にも、図8に示すように、運転席のシートに着座するドライバの肩,背中,腰のそれぞれの部位に対応するシートの位置にそれぞれペルチェ素子SP,BP,WPを設けることで、各部位に提示する温刺激の温度及び冷刺激の温度を個別に変動させる構成としてもよい。ペルチェ素子SPは肩に温冷刺激を提示し、ペルチェ素子BPは背中に温冷刺激を提示し、ペルチェ素子WPは腰に温冷刺激を提示するものとする。ペルチェ素子SP,BP,WPは、温冷刺激装置6aによって通電状態が制御され、吸熱と放熱とが切り替えられたり、温度が切り替えられたりするものとする。温冷刺激装置6aは、HCU40からの指示に従って、これらの切り替えを行う。なお、ペルチェ素子SP,BP,WPと送風手段とを組み合わせて、ペルチェ素子SP,BP,WPで温められた空気を温刺激として提示したり、ペルチェ素子SP,BP,WPで冷やされた空気を冷刺激として提示したりする構成としてもよい。

0096

ドライバの各部位に提示する温刺激の温度及び冷刺激の温度を個別に変動させることにより、部位ごとに適切な温度で温冷刺激を行わせることが可能になる。例えば、凝り易い腰,肩は冷刺激の温度を下げ過ぎないようにする一方、熱がこもりやすい背中は冷刺激の温度を腰,肩よりも下げて、温まり過ぎによる不快感が生じにくいようにすることが可能になる。

0097

(実施形態3)
前述の実施形態では、特性特定部410で特定するドライバの特性として、性別、暑がり寒がり、冷え性有り、身長、及び体重を例に挙げて説明を行ったが、必ずしもこれに限らない。例えば、特性特定部410で特定するドライバの特性が、性別、暑がり寒がり、冷え性有り、身長、及び体重の一部であってもよいし、他の特性であってもよい。

0098

(実施形態4)
前述の実施形態では、ドライバの同一部位に温刺激と冷刺激とを交互に繰り返して提示させる構成を示したが、必ずしもこれに限らない。例えば腰,肩は温刺激と冷刺激とのうちの温刺激のみとする一方、背中は冷刺激のみとするなど、部位ごとで温刺激と冷刺激とを分けて温冷刺激を行う構成としてもよい。

0099

(実施形態5)
前述の実施形態では、温冷刺激装置6,6aから温冷刺激を提示する対象となる部位として、肩,背中,腰を例に挙げて説明を行ったが、必ずしもこれに限らない。例えば、温冷刺激装置6から温冷刺激を提示する対象となる部位は、肩,背中,腰の一部の部位であってもよいし、肩,背中,腰以外の部位を含んでもよい。

0100

(実施形態6)
前述の実施形態では、運転席のシートに温冷刺激装置6,6aが設けられる構成を例に挙げて説明を行ったが、必ずしもこれに限らない。例えば、ドライバ以外の乗員が着座する運転席以外のシートに、乗員の疲労の軽減のために温冷刺激装置6,6aが設けられる構成としてもよい。

0101

この場合、カメラユニット41,熱画像計測装置42を各シートに設ける構成としてもよい。また、カメラユニット41,熱画像計測装置42を各シートに設けない代わりに、各シートに通信モジュール5及び/又は乗員からの入力を受け付ける操作入力部を設けて、通信モジュール5及び/又はこの操作入力部で受け付ける入力結果から、HCU40でドライバの特性を特定する構成としてもよい。HCU40は、各シートに設ける構成としてもよいし、複数シートに対して1つ設ける構成としてもよい。

0102

(実施形態7)
前述の実施形態では、疲労軽減システム1が自動車で用いられる構成を示したが、必ずしもこれに限らない。疲労軽減システム1は種々の移動体で用いることが可能であり、例えば、鉄道車両等の自動車以外の車両で用いられる構成としてもよいし、航空機船舶等の車両以外の移動体で用いる構成としてもよい。また、疲労軽減システム1と同様の構成を、移動体以外の家屋施設等の室内で用いる構成としてもよい。この場合、この室内における疲労の軽減の対象となる人が対象者に相当する。

0103

なお、本開示は、上述した実施形態に限定されるものではなく、請求項に示した範囲で種々の変更が可能であり、異なる実施形態にそれぞれ開示された技術的手段を適宜組み合わせて得られる実施形態についても本開示の技術的範囲に含まれる。

0104

1疲労軽減システム、2携帯端末、3車両側システム、4HMIシステム、5通信モジュール、6温冷刺激装置、40 HCU(疲労軽減装置)、41カメラユニット、42熱画像計測装置、43操作デバイス、410 特性特定部、411性別特定部、412暑がり寒がり特定部、413冷え症特定部、414体格特定部、420日射判定部、430 テーブル格納部、440 温冷刺激制御部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ