図面 (/)

技術 防護ネット張設構造

出願人 株式会社サック
発明者 櫻木弘
出願日 2019年12月23日 (1年0ヶ月経過) 出願番号 2019-232158
公開日 2020年3月19日 (9ヶ月経過) 公開番号 2020-041422
状態 未査定
技術分野 既存建築物への作業 天井構造
主要キーワード 雄ネジ構造 支持枠組み ボルト固定具 端部ジョイント 重量荷重 落下防止構造 通しワイヤー 連結ジョイント
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年3月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

課題

建築物天井照明器具ダクトなど地震時に室内空間内に落下する虞のある物体の下部に取り付け、落下物が室内の床面に落下することを防止する防護ネットを容易に張設できる防護ネット張設構造を提供する。

解決手段

地震時に室内に落下する危険性のある物体の下方に防護ネットを張設するためのネット張設構造であり、天井の上方に設けた鉄筋コンクリート面から吊下した吊りボルト下端に円環状のワイヤー通し金具連設し、ワイヤー通し金具中にネット支持ワイヤーユニットを構成する連結ジョイントワイヤー挿貫し、連結ジョイントワイヤーの両端を折返した円環部に連結金具を介してネット取付ワイヤーを連結し、このワイヤーの自由端部を側面コンクリート面に取付け結束線を介して防護ネットを取付固定し、格子状に張設されたネット支持ワイヤーユニットの交差部分を吊りボルトで上方の鉄筋コンクリート面に吊下げる構成とする。

概要

背景

従来、住宅や特殊木造建築以外のほとんどの建築物天井は「吊り天井」で構成されており、吊りボルトに連結して格子状に構成した下地組石膏ボード照明器具を載置することで室内の天井面として構成していた。しかし、このように構成された天井面は震災などの災害時に天井面として構成した石膏ボードや照明器具などが落下する虞があり、この虞を解消する手段として下記公報のような技術が開示されている。

例えば、特許文献1には、地震時の上方からの落下物により室内生活者への罹災を防止することができる建築物補強装置について記載されており、具体的には、室内空間を構成する天井面の下部に金属製の網体を配置することで上方からの落下を防止する構成について記載されている。

特許文献2には、天井スラブ垂設した支柱下端部に設けた固定プレート粘弾性材を介して吊り天井を連結することで地震時の室内天井を構成する部材の変位を該粘弾性材で吸収し、天井材の移動を規制することで天井面を構成する部材の落下を防止する構成について記載されている。

概要

建築物の天井や照明器具やダクトなど地震時に室内空間内に落下する虞のある物体の下部に取り付け、落下物が室内の床面に落下することを防止する防護ネットを容易に張設できる防護ネット張設構造を提供する。地震時に室内に落下する危険性のある物体の下方に防護ネットを張設するためのネット張設構造であり、天井の上方に設けた鉄筋コンクリート面から吊下した吊りボルトの下端に円環状のワイヤー通し金具連設し、ワイヤー通し金具中にネット支持ワイヤーユニットを構成する連結ジョイントワイヤー挿貫し、連結ジョイントワイヤーの両端を折返した円環部に連結金具を介してネット取付ワイヤーを連結し、このワイヤーの自由端部を側面コンクリート面に取付け結束線を介して防護ネットを取付固定し、格子状に張設されたネット支持ワイヤーユニットの交差部分を吊りボルトで上方の鉄筋コンクリート面に吊下げる構成とする。

目的

そこで、本発明は建築物の天井や照明器具やダクトなど地震時に室内空間内に落下する虞のある物体の下方に取り付け、落下物が室内の床面に落下することを防止する防護ネットを容易に張設できる防護ネット張設構造を提供する。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

地震時に室内に落下する危険性のある物体の下方に防護ネット12を張設するためのネット張設構造であり、ネット張設構造は次の構成よりなることを特徴とする防護ネット張設構造。すなわち、天井の上方に設けた鉄筋コンクリート面2から吊下した吊りボルト6の下端に円環状のワイヤー通し金具7を連設し、ワイヤー通し金具7中にネット支持ワイヤーユニットWを構成する連結ジョイントワイヤー11を挿貫し、連結ジョイントワイヤー11の両端を折返して円環部を形成し、該円環部に円環状の連結金具8を介してネット取付ワイヤー9を連結し、該ワイヤー9の自由端部は既存の鉄筋コンクリート面2に直接取り付け、連結ジョイントワイヤー11と連結金具8とネット取付ワイヤー9によりネット支持ワイヤーユニットWを構成し、更には、ネット取付ワイヤー9には結束線13を介して防護ネット12を取付け固定し、しかも、防護ネット12を張設する室内には防護ネット12の下方において、室内の落下物荷重負担に耐え得る強度計算の設計に基づいた位置にネット支持ワイヤーユニットWを必要に応じて格子状に張設し、ネット支持ワイヤーユニットWの交差部分が吊りボルト6により上方の鉄筋コンクリート面2に吊下されるように構成したことを特徴とする。

請求項2

防護ネット12はネット取付ワイヤー9の強度計算の設計に合わせた個所にネット取付ワイヤー9と角目を合わせて取り付け、防護ネット12の端部及び重ね部分端部ジョイントワイヤー14で適正な補正を行いそれぞれ結束線13を介して防護ネット12をネット取付ワイヤー9に結束することを特徴とする請求項1に記載の防護ネット張設構造。

請求項3

ワイヤー通し金具7は連結金具8を介してターンバックル10の一端部と連結し、ターンバックル10の他端部は連結金具8を介してネット取付ワイヤー9と連結することを特徴とする請求項1または請求項2に記載の防護ネット張設構造。

技術分野

0001

この発明は、室内の上方から落下する危険性のある物体の落下を防止する防護ネット張設構造に関する。

背景技術

0002

従来、住宅や特殊木造建築以外のほとんどの建築物天井は「吊り天井」で構成されており、吊りボルトに連結して格子状に構成した下地組石膏ボード照明器具を載置することで室内の天井面として構成していた。しかし、このように構成された天井面は震災などの災害時に天井面として構成した石膏ボードや照明器具などが落下する虞があり、この虞を解消する手段として下記公報のような技術が開示されている。

0003

例えば、特許文献1には、地震時の上方からの落下物により室内生活者への罹災を防止することができる建築物補強装置について記載されており、具体的には、室内空間を構成する天井面の下部に金属製の網体を配置することで上方からの落下を防止する構成について記載されている。

0004

特許文献2には、天井スラブ垂設した支柱下端部に設けた固定プレート粘弾性材を介して吊り天井を連結することで地震時の室内天井を構成する部材の変位を該粘弾性材で吸収し、天井材の移動を規制することで天井面を構成する部材の落下を防止する構成について記載されている。

先行技術

0005

特開2003−120045号公報
特開2009−167737号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、いずれの文献に開示された上方からの物体の落下防止構造も、例えば、落下防止構造を網体で構成した上で該網体の張設を考慮したものではない。

0007

そこで、本発明は建築物の天井や照明器具やダクトなど地震時に室内空間内に落下する虞のある物体の下方に取り付け、落下物が室内の床面に落下することを防止する防護ネットを容易に張設できる防護ネット張設構造を提供する。

課題を解決するための手段

0008

本発明は、地震時に室内に落下する危険性のある物体の下方に防護ネット12を張設するためのネット張設構造であり、天井の上方に設けた鉄筋コンクリート面2から吊下した吊りボルト6の下端に円環状のワイヤー通し金具7を連設し、ワイヤー通し金具7中にネット支持ワイヤーユニットWを構成する連結ジョイントワイヤー11を挿貫し、連結ジョイントワイヤー11の両端を折返して円環部11aを形成し、該円環部11aに円環状の連結金具8を介してネット取付ワイヤー9を連結し、該ワイヤー9の自由端部は既存の鉄筋コンクリート面2に直接取り付け連結ジョイントワイヤー11と連結金具8とネット取付ワイヤー9によりネット支持ワイヤーユニットWを構成し、更には、ネット取付ワイヤー9には所要手段により防護ネット12を取付け固定し、しかも、防護ネット12を張設する室内には防護ネット12の下方において、室内の落下物の荷重負担に耐え得る強度計算の設計に基づいた位置にネット支持ワイヤーユニットWを必要に応じて格子状に張設し、ネット支持ワイヤーユニットWの交差部分が吊りボルト6により上方の鉄筋コンクリート面2に吊下されるように構成したことを特徴とする。

0009

ネット取付ワイヤー9及び防護ネット12などの落下物荷重に耐えうる強度計算の設計に合わせた個所を吊りボルト6で支持して防護ネット12の端部及び重ね部分端部ジョイントワイヤー14で適正な補正を行いそれぞれ所要手段の結束線13を介して防護ネット12をネット取付ワイヤー9に結束することを特徴とする請求項1に記載の防護ネット張設構造である。

0010

ワイヤー通し金具7は連結金具8を介してターンバックル10の一端部と連結し、ターンバックル10の他端部は連結金具8を介してネット取付ワイヤー9と連結することを特徴とする請求項1または請求項2に記載の防護ネット張設構造である。

発明の効果

0011

地震時に室内に落下する危険性のある物体の下方に防護ネット12を張設するためのネット張設構造であり、天井の上方に設けた鉄筋コンクリート面2から吊下した吊りボルト6の下端に円環状のワイヤー通し金具7を連設し、ワイヤー通し金具7中にネット支持ワイヤーユニットWを構成する連結ジョイントワイヤー11を挿貫し、連結ジョイントワイヤー11の両端を折返して円環部11aを形成し、該円環部11aに円環状の連結金具8を介してネット取付ワイヤー9を連結し、該ワイヤー9の自由端部は既存の鉄筋コンクリート面2に直接取り付け連結ジョイントワイヤー11と連結金具8とネット取付ワイヤー9によりネット支持ワイヤーユニットWを構成し、更には、ネット取付ワイヤー9には所要手段の結束線13を介して防護ネット12を取付け固定し、しかも、防護ネット12を張設する室内には防護ネット12の下方において、室内の落下物の荷重負担に耐え得る強度計算の設計に基づいた位置にネット支持ワイヤーユニットWを必要に応じて格子状に張設し、ネット支持ワイヤーユニットWの交差部分が吊りボルト6により上方の鉄筋コンクリート面2に吊下される構成であるため、連結ジョイントワイヤー11の円環部を調整することでネット取付ワイヤー9の緊張弛緩の調整を容易とし、さらに、ネット取付ワイヤー9の張設に連動して防護ネット12の張設を容易に出来るように構成している。また、防護ネット12を張設する上で重量物や特殊な構成を備えていないため、短工期及びローコストで上方からの物体の落下を防止できる。特に、ネット支持ワイヤーユニットWにより、落下物の重量荷重に十分に耐えうるように防護ネット12を下方から支持でき、防護ネット12が強度不足で落下する危険を防御することができる。

0012

防護ネット12はネット取付ワイヤー9の強度計算の設計に合わせた個所を吊りボルト6で支持して、防護ネット12の端部及び重ね部分は端部ジョイントワイヤー14で適正な補正を行い、それぞれ所要手段の結束線13を介して防護ネット12をネット取付ワイヤー9に結束することを特徴としたため、ネット取付ワイヤー9及び端部ジョイントワイヤー14の引張力を調整することで防護ネット12の緊張弛緩状態を容易に変更できる。また、落下物を受け止める際の強度設計に合わせた個所を吊りボルト6で支持して防護ネット12の落下物を受け止める面積を可及的に拡大した上で確実に上方からの落下物を受け止めることができる。

0013

ワイヤー通し金具7は連結金具8を介してターンバックル10の一端部と連結し、ターンバックル10の他端部は連結金具8を介してネット取付ワイヤー9と連結したため、確実にネット取付ワイヤー9を連結固定できる。また、ネット取付ワイヤー9は、ワイヤー通し金具7にターンバックル10を介して固定されているため、ネット取付ワイヤー9にかかる引張力をターンバックル10で容易に調整し、ネット取付ワイヤー9に連結した防護ネット12を適切な張り状態にできる。

図面の簡単な説明

0014

本発明の実施形態における防護ネット張設構造を示す斜視図である。
本発明の実施形態における防護ネット張設構造を示す側面図である。
本発明の実施形態における防護ネット張設構造を天面の鉄筋コンクリート面に設置した状態を示す側面図である。
本発明の実施形態の防護ネット張設構造において壁面コンクリート近傍の防護ネット張設構造を示す側面図である。
本発明の実施形態の防護ネット張設構造においてボルト固定具で天面の鉄筋コンクリート面から吊りボルトを垂設し、ネット取付ワイヤーを張設した状態を示す側面図である。
本発明の実施形態の防護ネット張設構造において構造用鋼材に吊りボルトを固定し防護ネットを張設した状態を示す側面図である。
本発明の実施形態の防護ネット張設構造においてH型の構造用鋼材にワイヤー通し金具を設置した状態を示す側面図である。
本発明の実施形態の防護ネット張設構造においてC形の構造用鋼材に吊りボルトを固定し防護ネットを張設した状態を示す側面図である。
本発明の実施形態の防護ネット張設構造においてパイプトラスにワイヤー通し金具を設置した状態を示す側面図である。
本発明の実施形態の防護ネット張設構造においてネット取付ワイヤーを端部ジョイントワイヤーを介さずに壁面コンクリートに連結した状態を示す側面図である。
本発明の実施形態の防護ネット張設構造において壁面コンクリートに埋設するあと施工アンカー複数本として防護ネットを張設した状態を示す側面図である。
本発明の実施形態の防護ネット張設構造を示す平面図である。
本発明の実施形態の防護ネット張設構造においてターンバックルを使用した状態を示す側面図である。

実施例

0015

本発明は、地震時に室内に落下する危険性のある物体の下方に防護ネット12を張設するためのネット張設構造であり、天井の上方に設けた鉄筋コンクリート面2から吊下した吊りボルト6の下端に円環状のワイヤー通し金具7を連設し、ワイヤー通し金具7中にネット支持ワイヤーユニットWを構成する連結ジョイントワイヤー11を挿貫し、連結ジョイントワイヤー11の両端を折返して円環部11aを形成し、該円環部11aに円環状の連結金具8を介してネット取付ワイヤー9を連結し、該ワイヤー9の自由端部は既存の鉄筋コンクリート面2に直接取り付け連結ジョイントワイヤー11と連結金具8とネット取付ワイヤー9によりネット支持ワイヤーユニットWを構成し、更には、ネット取付ワイヤー9には所要手段の結束線13を介して防護ネット12を取付け固定し、しかも、防護ネット12を張設する室内には防護ネット12の下方において、室内の落下物の荷重負担に耐え得る強度計算の設計に基づいた位置にネット支持ワイヤーユニットWを必要に応じて格子状に張設し、ネット支持ワイヤーユニットWの交差部分が吊りボルト6により上方の鉄筋コンクリート面2に吊下されるように構成し、また、防護ネット12はネット取付ワイヤー9の強度計算の設計に合わせた個所にネット取付ワイヤー9と角目を合わせて取り付け、防護ネット12の端部及び重ね部分は端部ジョイントワイヤー14で適正な補正を行いそれぞれ所要手段の結束線13を介して防護ネット12をネット取付ワイヤー9に結束することを要旨としている。
すなわち、本発明の要旨は、室内の天井面1aの下方に張設する防護ネット12の支持構造であり、基本的なネット支持構造は以下の構成よりなる。
(1)天井面1aの上方に設けた天面の鉄筋コンクリート面2より吊りボルト6を垂設し、
(2)該ボルト6下端に連設した円環状のワイヤー通し金具7に防護ネット12を支持保形するためのネット支持ワイヤーユニットWを挿通し、
(3)該ワイヤーユニットWの両端は対面する室内の壁面コンクリート2´にあと施工アンカ−4を介して連設固定することにより対向する室内の壁面コンクリート2´間にネット支持ワイヤーユニットWを張設し、
(4)ネット支持ワイヤーユニットWと防護ネット12を所定位置で所要手段の結束線13により一体結束することにより、
(5)防護ネット12をネット支持ワイヤーユニットWにより下方から支持する。
かかる防護ネット支持構造において、ネット支持ワイヤーユニットWの構造は、両端を折返して円環部11aを形成して中央は一本の通しワイヤーで構成した連結ジョイントワイヤー11と、連結ジョイントワイヤー11の左右の円環部11aには環状の連結金具8を連結し、更に環状の連結金具8の左右側方には一端を折返して円環部11aに形成した端部ジョイントワイヤー14の円環部14aを連結し、端部ジョイントワイヤー14の他端は折返して円環部11aに形成し環状の連結金具8と連結し、環状の連結金具8は対面する室内の壁面コンクリート2´にあと施工アンカー4を介して連設固定する構造とよりなる。

0016

室内の対面する壁面コンクリート2´間においては、ネット支持ワイヤーユニットWを防護ネット12の下方位置に張設して防護ネット12を下方から支持するための張設構造は次のようになる。
すなわち、防護ネット12の四辺近傍の下方に位置するように室内の対面する壁面コンクリート2´間に張設して方形状のネット支持枠組みSを形成すると共に、方形状のネット支持枠組みS内方において、更に縦方向や横方向の中間ネット支持ワイヤーユニットW1を交叉状に張設し、この交差部の位置を防護ネット12の落下を受動する際の強度計算の設計により算出した位置としてこの位置で防護ネット12をネット支持ワイヤーユニットWに角目を合わせて取り付ける。

0017

方形状のネット支持枠組みS内においては、縦方向や横方向に張設する中間ネット支持ワイヤーユニットW1は、強度計算の設計により算出した位置と合致するように隣接する中間ネット支持ワイヤーユニットW1との間隔を保持して張設する。
かかる縦方向や横方向に張設する中間ネット支持ワイヤーユニットW1の交差する部分を吊りボルト6下端のワイヤー通し金具7で吊ることになる。
ワイヤー通し金具7は中間ネット支持ワイヤーユニットW1における連結ジョイントワイヤー11が挿通されて吊る状態となる。
このように防護ネット12の下方において、縦方向や横方向に張設する中間ネット支持ワイヤーユニットW1の交差する部分が吊りボルト6下端のワイヤー通し金具7で吊り下げられて防護ネット12を下方から支持することになり、中間ネット支持ワイヤーユニットW1は強度計算の設計に基づいた位置で吊りボルト6下端のワイヤー通し金具7で吊り下げられるため防護ネット12の充分な支持が可能となり防護ネット12が受ける落下物の荷重に耐え得るネット支持強度を保持できる。

0018

天井面1aの上方に設けた天面の鉄筋コンクリート面2から吊りボルト6を垂設するに際しては、天井裏鉄骨としてのH型鋼鋼材3に、ボルト吊り機構21を介して吊りボルト6を垂設する。ボルト吊り機構21は、図6,7に示すように、H型鋼の鋼材3の水平の横辺板3dに嵌着固定する一辺伸延の略U字状のボルト連結具18と、伸延した一辺先端部に嵌着固定した略方形状連結具20と、連結具20の先端面に接合して吊りボルト6の上端部を螺着した略L字状のボルト固定具19とより構成した。

0019

この発明の具体的な実施形態について図1図13を参照して詳細に説明する。
図1乃至図13は、本発明の実施形態に係る防護ネット張設構造を示す全体、部分、腰部を示す各図面である。

0020

本発明の防護ネット張設構造100は、建築物の壁面及び天面を構成する鉄筋コンクリート面2と、天面の鉄筋コンクリート面2の下部に設けた室内空間の天井面1aと、天面の鉄筋コンクリート面2に垂設した吊りボルト6と、吊りボルト6の下端に連設したワイヤー通し金具7と、ワイヤー通し金具7に挿通する連結ジョイントワイヤー11や連結ジョイントワイヤー11を折り返して形成された円環部11aや連結金具8を介して円環部11aと連結したネット取付ワイヤー9等からなるネット支持ワイヤーユニットWと、ネット取付ワイヤー9に連結した円環状の結束線13と、結束線13を介して取付けた防護ネット12とで構成している。
しかも、防護ネット12を張設する室内には防護ネット12の下方において、室内の落下物の荷重負担に耐え得る強度計算の設計に基づいた位置にネット支持ワイヤーユニットWを必要に応じて格子状に張設し、ネット支持ワイヤーユニットWの交差部分が吊りボルト6により上方の鉄筋コンクリート面2に吊下されるように構成している。

0021

建築物は鋼材3を枠体として構成しており、該鋼材3に沿って鉄筋コンクリートにて天面の鉄筋コンクリート面2及び壁面コンクリート2´を形成している。鋼材3は、図6,7,8に示すように、H型鋼、C型鋼、パイプトラスで構成されている。鋼材3は、下面に天井用吊りボルト6を垂設しており、該ボルト6の下端部に野縁受けを連結し、野縁受けの下面には野縁が直交する向きに連結され、野縁受けと野縁とで平面視格子状に構成している。

0022

野縁の下面には、天井面1aをビス等で連結固定している。天井面1aは天面の鉄筋コンクリート面2と略同一形状に構成している。天井面1aは構成する部材の重量で天井面1aが落下しないようになるべく軽量な部材で構成されていることが望ましく、例えば、石膏ボードで構成されている。

0023

天面の鉄筋コンクリート面2は、複数の孔2aが穿設されており、該孔2aに円筒状のあと施工アンカー4を埋設している。この、あと施工アンカー4は中空状の内周面螺旋状にねじ切られた雌ネジに構成しており、図2に示すように、一端部を螺旋状にねじ切られた雄ネジ構造を有する吊りボルト6を螺合している。

0024

また、天井面1aには、天面の鉄筋コンクリート面2に複数穿設した孔2aと対向する位置に該孔2aと略同一径の孔1dを穿設している。天井面1aに穿設した孔1dには、天面の鉄筋コンクリート面2から垂設した吊りボルト6を挿通している。また、吊りボルト6の他端部にはワイヤー通し金具7を連結している。
なお、図2において吊りボルト6は天面の鉄筋コンクリート面2に埋設したあと施工アンカー4に螺合する構成としているが、吊りボルト6はこの固定形態に限定されることなく、図6、7、8に示すように建造物躯体として構成した鋼材3にボルト吊り機構21を介して垂設する構成としても良い。このボルト吊り機構21は、図6,7に示すように、鋼材3のH型鋼の横辺板3dに、一辺を伸延したU字状のボルト連結具18を嵌着し伸延した一辺にボルト連結具18を一体に連設し、ボルト連結具18に吊りボルト6の頭部を螺着して吊りボルト6を垂設している。
また、図9に示すように、吊りボルト6は天面の鉄筋コンクリート面2に設けた円筒形の鋼材3に垂設しても良い。

0025

ワイヤー通し金具7は、図2及び図5に示すように、円環状に構成した金属円環部7aを備えており、該金属円環部7aに連結ジョイントワイヤー11やネット取付ワイヤー9や端部ジョイントワイヤー14や連結金具8等より構成されたネット支持ワイヤーユニットWを挿通している。

0026

連結ジョイントワイヤー11は、図2に示すように、複数の金属ワイヤーを捩じり束ねた構成とし、両端部を折り返して円形状の円環部11aとして構成している。円環部11aは円環状の連結金具8と連結しており、この連結金具8を介してネット取付ワイヤー9と連結している。

0027

ネット取付ワイヤー9は、図4及び図12に示すように、連結ジョイントワイヤー11と同様に複数本の金属ワイヤーを捩じり束ねて1本のワイヤー線として構成している。また、ネット取付ワイヤー9は、一定の間隔を設けて格子状に形成しており、それぞれ一端部を連結金具8に連結し、他端部を壁面コンクリート2´に端部ジョイントワイヤー14を介して連結している。
なお、壁面コンクリート2´には、天井の鉄筋コンクリート面2と同様に複数個所に孔2bを穿設し、該孔2bにあと施工アンカー4を埋設している。この、あと施工アンカー4には円環状の連結部を備えたアイボルト17を螺合し、アイボルト17の円環状の連結部に端部ジョイントワイヤー14の両端部に形成した円環部14aを係合している。このような構成とすることで、ネット取付ワイヤー9を確実に壁面コンクリート2´に固定できる。
また、図3に示すように、ネット取付ワイヤー9は壁面コンクリート2´との連結部近傍の天面の鉄筋コンクリート面2の下面に吊りボルト6を垂設し、吊りボルト6の先端に連結したワイヤー通し金具7の金属円環部7aに端部ジョイントワイヤー14の円環部14aを係合することで連結固定してもよい。
また、図5に示すように、ネット取付ワイヤー9は天面の鉄筋コンクリート面2の側面部に孔2aを穿設し、該孔2aにあと施工アンカー4を埋設し、この、あと施工アンカー4にボルト止めされた略L字形のボルト固定具19を介して吊りボルト6を垂設し、吊りボルト6の先端に連結したワイヤー通し金具7の金属円環部7aに端部ジョイントワイヤー14の円環部14aを係合することで連結固定してもよい。
また、ネット取付ワイヤー9の壁面コンクリート2´との他の連結構造は、図10に示すように、壁面コンクリート2´に設置したアイボルト17の連結部に連結金具8を介して連結する構成や、図11に示すように、壁面コンクリート2´に略U字状の連結部を備えた固定具22に、該固定具19の連結部に連結金具8を介して連結固定するように構成してもよい。

0028

また、防護ネット12を張設する室内には防護ネット12の下方において、室内の落下物の荷重負担に耐え得る強度計算の設計に基づいた位置にネット支持ワイヤーユニットWを必要に応じて格子状に張設し、ネット支持ワイヤーユニットWの交差部分が吊りボルト6により上方の鉄筋コンクリート面2に吊下されるように構成したことを特徴とするものであり、ネット支持ワイヤーユニットWを構成するネット取付ワイヤー9は平面視略方形状に形成された防護ネット12の終端部と結束線13で連結しており、ネット取付ワイヤー9の状態変化と防護ネット12の状態変化とは連動している。例えば、ネット取付ワイヤー9を緊張状態とした際には防護ネット12も緊張状態となり、ネット取付ワイヤー9を弛緩状態とした際には防護ネット12も弛緩状態となる。
また、ネット取付ワイヤー9は、図2に示すように、連結金具8を介して連結ジョイントワイヤー11と連結しており、連結ジョイントワイヤー11の両端部の円環部11aの全周長によって連結ジョイントワイヤー11の全長を調整できるようにしている。従って、連結ジョイントワイヤー11の円環部11aの全周長を長くすると連結ジョイントワイヤー11としての全長は短くなりネット取付ワイヤー9を緊張状態として防護ネット12を緊張状態にできる。
また、連結ジョイントワイヤー11の両端部の円環部11aの全周長を短くすると連結ジョイントワイヤー11としての全長は長くなりネット取付ワイヤー9を弛緩状態とし、防護ネット12も同様に弛緩状態となる。

0029

また、防護ネット12はネット取付ワイヤー9に所要手段としての結束線13で連結固定されている。結束線13はステンレス製紐体であり、ネット取付ワイヤー9と防護ネット12とを束ねた状態でその外周を結束線13で囲繞することで連結固定することができる。結束線13は防護ネット12がネット取付ワイヤー9に固定され、ネット取付ワイヤー9の緊張弛緩状態とその張設状態を連動して調整できればよく、ネット取付ワイヤー9に所定の間隔で配置されている。
なお、結束線13の材質ステンレスに限らず、防護ネット12に荷重が掛かった際に、結束線13が切断されて防護ネット12が下方に落下しない強度を有する素材であれば何でも良く、例えば、鈍し鉄線で構成されていてもよい。

0030

以上のように防護ネット張設構造100を天面の鉄筋コンクリート面2にあと施工アンカー4を埋設し、該あと施工アンカー4に吊りボルト6を螺設する構成とすることで、吊りボルト6の下端部に設けたワイヤー通し金具7中を挿通したネット支持ワイヤーユニットWとしての連結ジョイントワイヤー11の中央部を容易に支持することができる。また、この構成は天面の鉄筋コンクリート面2に穿設する孔2aの数に応じて支持強度を変更することができる。すなわち、天面の鉄筋コンクリート面2に穿設する孔2aの数に対応して、あと施工アンカー4を該鉄筋コンクリート面2に埋設し、該あと施工アンカー4に吊りボルト6を螺設する構成としているため、孔2aの数量が増加すると吊りボルト6の下端部に設けたワイヤー通し金具7の数量も同様に増加し、ワイヤー通し金具7を挿通する連結ジョイントワイヤー11を支持する箇所が増加することでネット取付ワイヤー9を支持する強度が向上する。
なお、ワイヤー通し金具7は連結ジョイントワイヤー11を支持するだけでなくネット取付ワイヤー9を挿通して、直接にネット取付ワイヤー9を支持する構成として防護ネット12に引張力が生起した際の支持機構として機能するように配置しても良い。

0031

また、ネット取付ワイヤー9は端部を連結ジョイントワイヤー11と連結金具8を介して連結しており、連結ジョイントワイヤー11の円環部11aの長さを調整することでネット取付ワイヤー9の張設度合いを適宜調整できる。すなわち、引張力が不足する場合は、円環部11aの円環形状を大きくして連結ジョイントワイヤー11の全長を短くすることでネット取付ワイヤー9の引張力を上昇させる。また、引張力が過剰な場合は、円環部11aの円環形状を小さくして連結ジョイントワイヤー11の全長を長くすることでネット取付ワイヤー9の引張力を低下させる。
従って、防護ネット張設構造100は天面の鉄筋コンクリート面2に垂設した吊りボルト6の本数と連結ジョイントワイヤー11の本数と連結ジョイントワイヤー11の円環部11aの全周長を調整することで天井面1aの下方に設けた防護ネット12を適切な引張状態及び引張強度となるように設置できる。

0032

また、ネット取付ワイヤー9の引張力を調整する別の方法としてターンバックル10を連結ジョイントワイヤー11と併用しても良い。
ターンバックル10は、張設用のターンバックル本体10aと、ターンバックル本体10aの両端部にアイボルト10bを螺合して構成している。
図13に示すように、ターンバックル本体10aの一端部は吊りボルト6の下端部に連結したワイヤー通し金具7に連結金具8を介して連結固定し、他端部はネット取付ワイヤー9に連結金具8を介して連結している。

0033

このように構成することで、防護ネット12の引張力が不足している場合、ワイヤー通し金具7に連結したターンバックル本体10aをターンバックル本体10aに螺合したアイボルト10bが締まる方向に回転させることでネット取付ワイヤー9に引張力を付与し、防護ネット12に所定の張りを生起することができる。
また、防護ネット12の引張力が過剰である場合、ワイヤー通し金具7に連結したターンバックル本体10aをターンバックル本体10aに螺合したアイボルト10bが弛む方向に回転させることでネット取付ワイヤー9の引張力を弱めて、防護ネット12が所定の張りとなるように調整できる。

0034

上述したように、ターンバックル10をワイヤー通し金具7とネット取付ワイヤー9との間に設置することで、連結ジョイントワイヤー11の円環部11aの全周長を調整することでネット取付ワイヤー9にかかる引張力を調整すると共に、ターンバックル10を補助的に利用することで防護ネット12にかかる引張力を微調整して防護ネット12に所定の張りを付与することを容易とする。また、ターンバックル10の張力が弛んだ場合に防護ネット12の張力はネット支持ワイヤーユニットWにより支持することができる。

0035

なお、本発明は上述した実施形態に限られず、上述した実施形態の中で開示した各構成を相互に置換したり組合せを変更したりした構成、公知発明並びに上述した実施形態の中で開示した各構成を相互に置換したり組合せを変更したりした構成、等も含まれる。また、本発明の技術的範囲は上述した実施形態に限定されず、特許請求の範囲に記載された事項とその均等物まで及ぶものである。

0036

Sネット支持枠組み
W ネット支持ワイヤーユニット
W1 中間ネット支持ワイヤーユニット
1a天井面
1d 孔
2鉄筋コンクリート面
2´ 壁面コンクリート
2a,2b 孔
3鋼材
3d横辺板
4 あと施工アンカー
6吊りボルト
7ワイヤー通し金具
7a金属円環部
8連結金具
9 ネット取付ワイヤー
10ターンバックル
10a ターンバックル本体
10bアイボルト
11連結ジョイントワイヤー
11a 円環部
12防護ネット
13結束線
14端部ジョイントワイヤー
14a 円環部
17 アイボルト
18ボルト連結具
19ボルト固定具
20連結具
21ボルト吊り機構
22固定具
100 防護ネット張設構造

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • エヌパット株式会社の「 ブレース連結金具」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】吊りボルトにブレースボルトを連結する際の作業効率を向上させると共に、従来よりも強い強度で吊りボルトの振れ止め効果を発揮できるようにする。【解決手段】ブレース連結金具1は、吊りボルトを保持する保... 詳細

  • FSテクニカル株式会社の「 注入装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は、注入物がセメントスラリーであっても、ポンピングの円滑さが損なわれることのない注入装置を提供する。【解決手段】セメントスラリーSを対象物に注入する注入装置10であって、シリンダー部21... 詳細

  • トヨタホーム株式会社の「 天井ルーバーの設置構造」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】単一の羽板毎に設置位置を調整することができる天井ルーバーの設置構造を得る。【解決手段】天井ルーバー40は、天井面28に固定されたレール42と、レール42の延在方向に沿って設けられた係合部50C... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ