図面 (/)

技術 チタン合金及びその製造方法

出願人 日本製鉄株式会社
発明者 神尾浩史
出願日 2018年9月11日 (2年3ヶ月経過) 出願番号 2018-169598
公開日 2020年3月19日 (9ヶ月経過) 公開番号 2020-041190
状態 未査定
技術分野 非鉄金属または合金の熱処理
主要キーワード 温度降下幅 腐食減肉量 局部アノード 汎用ステンレス チタン合金素材 海水淡水化プラント チタン合金中 スクラップ原料
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年3月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (1)

課題

金属間化合物やβ相近傍の局部腐食を抑制し優れた耐食性を有するチタン合金およびその製造方法を提供する。

解決手段

質量%で、Fe:0.010〜0.300%、Ru:0.010〜0.15%、Cr:0〜0.10%、Ni:0〜0.30%、Mo:0〜0.10%、Pt:0〜0.10%、Pd:0〜0.20%、Ir:0〜0.10%、Os:0〜0.10%、Rh:0〜0.10%を含有し、残部がTiおよび不純物からなり、β相結晶粒に含まれる元素成分比を表す下記式(1)のA値が、0.550〜2.000の範囲であることを特徴とするチタン合金を採用する。A=(〔Fe〕+〔Cr〕+〔Ni〕+〔Mo〕)/(〔Pt〕+〔Pd〕+〔Ru〕+〔Ir〕+〔Os〕+〔Rh〕)・・・(1) ここで、式(1)内の〔元素記号〕の表示は、β相結晶粒中の元素濃度(質量%)を示す。

概要

背景

工業用純チタンは、SUS304などの汎用ステンレス鋼では腐食してしまう海水においても優れた耐食性を示す。この高い耐食性を活かして海水淡水化プラント等で使用されている。

一方で、化学プラント用の材料として塩酸等の海水以上に腐食性の高い環境下で使用される場合がある。このような環境下では、工業用純チタンであっても顕著に腐食してしまう。

そこで、腐食性の高い環境下で用いることを想定し、工業用純チタンよりも耐食性に優れた耐食チタン合金が開発されてきた。

特許文献1には、Pdなどの白金族元素を添加して耐食性の低下を抑制したチタン合金が記載されている。また、特許文献2および非特許文献1には、白金族元素の添加に加えて、金属間化合物析出させることで、耐食性の改善を図ったチタン合金が開示されている。

しかしながら、これらの従来のチタン合金は、金属間化合物、β相自体、または、これらの周囲において局部腐食が発生してしまい、金属間化合物やβ相の脱落が発生してしまう。そのため、従来のチタン合金では、金属間化合物やβ相の脱落による耐食性の低下が課題であった。

この課題に対する取り組みとして、例えば特許文献3では、チタン合金の組織として、Niリッチなβ相とTi2Niが共存する組織が提案されている。

概要

金属間化合物やβ相近傍の局部腐食を抑制し優れた耐食性を有するチタン合金およびその製造方法を提供する。質量%で、Fe:0.010〜0.300%、Ru:0.010〜0.15%、Cr:0〜0.10%、Ni:0〜0.30%、Mo:0〜0.10%、Pt:0〜0.10%、Pd:0〜0.20%、Ir:0〜0.10%、Os:0〜0.10%、Rh:0〜0.10%を含有し、残部がTiおよび不純物からなり、β相結晶粒に含まれる元素成分比を表す下記式(1)のA値が、0.550〜2.000の範囲であることを特徴とするチタン合金を採用する。A=(〔Fe〕+〔Cr〕+〔Ni〕+〔Mo〕)/(〔Pt〕+〔Pd〕+〔Ru〕+〔Ir〕+〔Os〕+〔Rh〕)・・・(1) ここで、式(1)内の〔元素記号〕の表示は、β相結晶粒中の元素濃度(質量%)を示す。なし

目的

本発明は、上記課題を解決するために成されたもので、優れた耐食性を有するチタン合金およびその製造方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

質量%で、Fe:0.010〜0.300%、Ru:0.010〜0.15%、Cr:0〜0.10%、Ni:0〜0.30%、Mo:0〜0.10%、Pt:0〜0.10%、Pd:0〜0.20%、Ir:0〜0.10%、Os:0〜0.10%、Rh:0〜0.10%を含有し、残部がTiおよび不純物からなり、β相結晶粒に含まれる元素成分比を表す下記式(1)のA値が、0.550〜2.000の範囲であることを特徴とするチタン合金。A=(〔Fe〕+〔Cr〕+〔Ni〕+〔Mo〕)/(〔Pt〕+〔Pd〕+〔Ru〕+〔Ir〕+〔Os〕+〔Rh〕)・・・(1)ここで、式(1)内の〔元素記号〕の表示は、β相結晶粒中の元素濃度(質量%)を示す。

請求項2

さらに質量%で、La、Ce及びNdのうちの1種または2種以上を合計で0.001〜0.10%含有することを特徴とする請求項1に記載のチタン合金。

請求項3

塑性加工されたチタン合金素材を、仕上げ焼鈍温度:550〜780℃、仕上げ焼鈍時間:1分〜70時間で焼鈍する第1の工程と、前記仕上げ焼鈍温度から400℃に到達するまでの平均冷却速度が0.20℃/s以下となる条件で冷却する第2の工程と、を順次行うことを特徴とする、請求項1または請求項2に記載のチタン合金の製造方法。

技術分野

0001

本発明は、チタン合金及びその製造方法に関する。

背景技術

0002

工業用純チタンは、SUS304などの汎用ステンレス鋼では腐食してしまう海水においても優れた耐食性を示す。この高い耐食性を活かして海水淡水化プラント等で使用されている。

0003

一方で、化学プラント用の材料として塩酸等の海水以上に腐食性の高い環境下で使用される場合がある。このような環境下では、工業用純チタンであっても顕著に腐食してしまう。

0004

そこで、腐食性の高い環境下で用いることを想定し、工業用純チタンよりも耐食性に優れた耐食チタン合金が開発されてきた。

0005

特許文献1には、Pdなどの白金族元素を添加して耐食性の低下を抑制したチタン合金が記載されている。また、特許文献2および非特許文献1には、白金族元素の添加に加えて、金属間化合物析出させることで、耐食性の改善を図ったチタン合金が開示されている。

0006

しかしながら、これらの従来のチタン合金は、金属間化合物、β相自体、または、これらの周囲において局部腐食が発生してしまい、金属間化合物やβ相の脱落が発生してしまう。そのため、従来のチタン合金では、金属間化合物やβ相の脱落による耐食性の低下が課題であった。

0007

この課題に対する取り組みとして、例えば特許文献3では、チタン合金の組織として、Niリッチなβ相とTi2Niが共存する組織が提案されている。

0008

国際公開第2007/077645号
特開平6−25779号公報
特許第5379752号公報

先行技術

0009

「鉄と鋼」、vol.80,No.4(1994),P353−358

発明が解決しようとする課題

0010

しかしながら、特許文献3に記載のような組織を形成したとしても、実用上求められる耐食性の水準に比べて腐食速度が大きく、前述の課題の完全な解決には至っていない。

0011

以上のような経緯から、金属間化合物やβ相近傍の局部腐食を抑制して、優れた耐食性を示すチタン合金の開発が待ち望まれていた。

0012

本発明は、上記課題を解決するために成されたもので、優れた耐食性を有するチタン合金およびその製造方法を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0013

上記課題を解決するため、本発明者らは、金属間化合物やβ相そのものの局部腐食、および金属間化合物やβ相の周囲にて発生する局部腐食について研究を進めた。

0014

その結果、局部腐食の発生を抑制するためには、金属間化合物の有無よりもβ相の組成が重要な役割を果たしていることが分かった。すなわち、本発明者らは、β相結晶粒(以下、β相結晶粒をβ粒と表記する場合がある)に含まれる元素比率である平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比を0.55〜2.00の範囲にすることで、局部腐食を抑制することを見出した。

0015

さらに上記の知見に加えて、チタン合金中に、希土類元素であるLa、Ce、Ndを微量含有させることで、更なる耐食性向上効果を発揮できることを見出した。
本発明の要旨は以下の通りである。

0016

[1]質量%で、
Fe:0.010〜0.300%、
Ru:0.010〜0.15%、
Cr:0〜0.10%、
Ni:0〜0.30%、
Mo:0〜0.10%、
Pt:0〜0.10%、
Pd:0〜0.20%、
Ir:0〜0.10%、
Os:0〜0.10%、
Rh:0〜0.10%を含有し、残部がTiおよび不純物からなり、
β相結晶粒に含まれる元素の成分比を表す下記式(1)のA値が、0.550〜2.000の範囲であることを特徴とするチタン合金。
A=(〔Fe〕+〔Cr〕+〔Ni〕+〔Mo〕)/(〔Pt〕+〔Pd〕+〔Ru〕+〔Ir〕+〔Os〕+〔Rh〕)・・・(1)
ここで、式(1)内の〔元素記号〕の表示は、β相結晶粒中の元素濃度(質量%)を示す。
[2]さらに質量%で、La、Ce及びNdのうちの1種または2種以上を合計で0.001〜0.10%含有することを特徴とする[1]に記載のチタン合金。

0017

[3]塑性加工されたチタン合金素材を、仕上げ焼鈍温度:550〜780℃、仕上げ焼鈍時間:1分〜70時間で焼鈍する第1の工程と、
前記仕上げ焼鈍温度から400℃に到達するまでの平均冷却速度が0.20℃/s以下となる条件で冷却する第2の工程と、
を順次行うことを特徴とする、[1]または[2]に記載のチタン合金の製造方法。

発明の効果

0018

本発明によれば、金属間化合物やβ相近傍の局部腐食を抑制することができ、耐食性の良好なチタン合金およびその製造方法を提供できる。

図面の簡単な説明

0019

実施例(No.1〜30)におけるβ粒の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比と、腐食速度との関係を示す図である。

0020

以下、本発明の実施形態であるチタン合金およびその製造方法について詳細に説明する。

0021

本実施形態のチタン合金は、質量%で、Fe:0.010〜0.300%、Ru:0.010〜0.15%、Cr:0〜0.10%、Ni:0〜0.30%、Mo:0〜0.10%、Pt:0〜0.10%、Pd:0〜0.20%、Ir:0〜0.10%、Os:0〜0.10%、Rh:0〜0.10%を含有し、残部がTiおよび不純物からなり、β相結晶粒に含まれる元素の成分比を表す下記式(1)のA値が、0.550〜2.000の範囲である。
A=(〔Fe〕+〔Cr〕+〔Ni〕+〔Mo〕)/(〔Pt〕+〔Pd〕+〔Ru〕+〔Ir〕+〔Os〕+〔Rh〕)・・・(1)
ここで、式(1)内の〔元素記号〕の表示は、β相結晶粒中の元素濃度(質量%)を示す。

0022

まず、本実施形態のチタン合金の化学成分について説明する。以下の説明では、質量%を単に%という。

0023

Ru:0.010〜0.15%
Ruは、水素過電圧が小さく、チタン不動態化を促進して耐食性向上に有効に作用する。この効果を発揮させるため、含有量を0.010%以上とする。好ましくは0.02%以上である。しかし、Ruは強力なβ安定化元素であるため、過剰に含有させるとβ相中に濃化してβ相率の不要な増加をもたらす。また、Ruを過剰に含有させると、後述するβ相結晶粒における(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比を適正なバランスから逸脱させる一因となる。そのため、Ruの上限は0.15%以下とする。好ましくは0.13%以下である。

0024

Fe:0.010〜0.300%
Feは、β安定化元素であり、Ruと同様にβ相中に濃化して分布する。Fe原子そのものの水素過電圧は必ずしも小さくなく単独添加による耐食性向上効果は認められないが、0.010%以上のFeがβ相結晶粒中にRuと共に存在することで耐食性向上効果をもたらす。そのため、合金中Fe含有量を0.010%以上とし、好ましくは0.020%以上とする。一方、Feを過剰に含有させると、後述するβ相結晶粒における(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比を適正なバランスから逸脱させる一因となる。そのため、Feの上限範囲として0.300%以下とする。好ましくは0.250%以下である。

0025

また、本実施形態に係るチタン合金は、Cr:0〜0.10%、Ni:0〜0.30%、Mo:0〜0.10%、Pt:0〜0.10%、Pd:0〜0.20%、Ir:0〜0.10%、Os:0〜0.10%、Rh:0〜0.10%の1種または2種以上を含有してもよく、これらの元素を含有しなくてもよい。含有しない場合の下限は0%である。

0026

Cr:0〜0.10%
Crは、チタン合金への微量含有では耐食性に悪影響をもたらさないが、多量の含有は局部アノードのpHを低下させてしまい局部腐食の進展を促進する悪影響をもたらしてしまう。そのため、上限を0.10%以下とする。下限は0%である。

0027

Ni:0〜0.30%
Niは、Tiに含有されて金属化合物を形成した場合に、耐食性を向上させる元素である。しかし、金属間化合物の形成は局部腐食発生の一因となる場合があり、本発明への積極的な含有は必要ない。そのため、上限を0.30%以下とする。下限は0%である。

0028

Mo:0〜0.10%
Moは、溶出してイオン化した際に腐食抑制剤として機能することで耐食性を向上させる元素である。しかし、わずかな局部腐食を抑制する本発明において、腐食抑制剤として機能するほどMoがイオン化することはなく積極的に含有させる必要はない。そのため、上限を0.10%以下とする。下限は0%である。

0029

Pt:0〜0.10%
Ptは、水素過電圧が小さく、その添加によりチタンの不動態化を促進するため耐食性向上に有効な元素である。本発明においては、Ptを積極的に含有させなくても他の白金族元素の添加によって十分な耐食性を発揮できる。高価な希少元素であるPtの過剰な含有は素材コストを損なう一因となる。そのため、上限を0.10%以下とする。下限は0%である。

0030

Pd:0〜0.20%
Pdは、水素過電圧が小さく、その含有によりチタンの不動態化を促進するため、少量の含有により耐食性向上に有効な元素である。しかし、Pdは希少元素であり高価であるため、過剰な添加は素材コストを損なう一因となる。そのため、上限を0.20%以下とする。下限は0%であってもよく、0.01%以上であってもよい。

0031

Ir:0〜0.10%以下
Irは、水素過電圧が小さく、その含有によりチタンの不動態化を促進するため耐食性向上に有効な元素である。本発明においては、Irを積極的に含有させなくても他の白金族元素の含有によって十分な耐食性を発揮できる。高価な希少元素であるIrの過剰な添加は素材コストを損なう一因となり得ること、Irの過剰な含有は不要な金属間化合物の析出を促進してしまうことから、上限を0.10%以下とする。下限は0%である。

0032

Os:0〜0.10%
Rh:0〜0.10%
OsやRhは、水素過電圧が小さく、その含有によりチタンの不動態化を促進するため耐食性向上に有効な元素である。本発明においては、OsやRhを積極的に含有させなくても他の白金族元素の含有によって十分な耐食性を発揮できる。高価な希少元素であるOsやRhの過剰な含有は素材コストを損なう一因となり得ること、OsやRhの過剰な含有は規定範囲以上にβ相析出を促進してしまうことから、それぞれの上限を0.10%以下とする。下限はそれぞれ0%である。

0033

また、本実施形態のチタン合金は、さらに質量%で、La、Ce及びNdのうちの1種または2種以上を合計で0.001〜0.10%含有してもよい。

0034

La、Ce、Ndの合計量:0.001〜0.10%
RuやPd等の白金属元素を含有せずにLa、Ce、Ndをそれぞれ含有させるだけでは耐食性を向上させる効果は乏しいが、RuやPd等の水素過電圧の小さい元素と、合計0.001%以上のLa、Ce、Ndを含有させることで、チタン酸化物から構成される不動態皮膜をより溶解し難くし、耐食性を一層向上させる効果がある。ただし、La、Ce、Ndのいずれの元素も酸化物を形成しやすいため、過剰に含有すると不要な介在物の形成をもたらし、望ましくない。そのため、La、Ce、Ndの合計量上限を0.10%以下とする。La、Ce、Ndは単独で含有させてもよく、2種以上を含有させてもよい。

0035

本実施形態に係るチタン合金は、上述してきた元素以外(残部)は、Ti及び不純物からなる。以上説明した各元素の他にも、本発明の効果を損なわない範囲で含有させることができる。本実施形態における「不純物」とは、チタン合金を工業的に製造する際にスポンジチタンスクラップ等の原料をはじめとして製造工程の種々の要因によって混入する成分であり、不可避的に混入する成分も含む。このような不可避的な不純物としては、例えば、酸素水素炭素窒素などが挙げられる。これらの元素は、本発明の課題を解決する限度において、その含有割合を制限すればよい。

0036

また、本実施形態で対象とするチタン合金は、熱延板冷延板として適用される。具体的には、上記の成分範囲としたインゴットスラブを溶製するが、溶解時のTi原料としては、一般的なスポンジチタンやスクラップを適宜用いる。この際、スクラップ原料由来により、Fe、Cr、Ni、Mo、Pt、Pd、Ru、Ir、Os、Rhなどが微量含有される場合があるが、上記範囲内であれば特に問題はない。

0037

次に、β相結晶粒中の元素濃度について説明する。本実施形態のチタン合金は、α相の組織中に、微細なβ相結晶粒が分散した組織を有している。本実施形態のチタン合金のβ相結晶粒には、主にβ安定化元素や白金属元素が濃化するが、β相結晶粒に濃化する元素の成分比が所定の範囲になる場合に、より優れた耐食性を発揮できるようになる。具体的には、β相結晶粒に含まれる元素の成分比を表す下記式(1)のA値が、0.550〜2.000の範囲を満たす必要がある。
A=(〔Fe〕+〔Cr〕+〔Ni〕+〔Mo〕)/(〔Pt〕+〔Pd〕+〔Ru〕+〔Ir〕+〔Os〕+〔Rh〕)・・・(1)
ここで、式(1)内の〔元素記号〕の表示は、β相結晶粒中の元素濃度(質量%)を示す。また、式(1)中の〔元素記号〕のうち、β相結晶粒中に含有しない元素については当該元素の項に0を代入する。

0038

局部腐食を抑制し耐食性に優れたチタン合金を提供するためには、β相結晶粒(β粒)中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比を0.550〜2.000とする。β粒の組成が、この条件を満足することで、β相やその周囲が優先的な腐食サイトとならず、局部腐食の抑制が成され優れた耐食性を示す。

0039

β相やその周囲が優先的な腐食サイトとなることを回避するためには、β粒の組成において、水素過電圧が小さいPt、Pd、Ru、Ir、Os、Rhなどの白金族元素と、白金族元素に比べて水素過電圧が大きいその他のβ安定化元素のバランスが重要である。この適したバランスとしてβ粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比を0.550〜2.000とする。

0040

β粒中に白金族元素が多く分布する場合、つまり(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比が小さい場合は、β相は優先溶解しないがその周囲にて局部腐食が発生してしまう。一方で、β粒中に白金族元素分布が少ない場合、つまり(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比が大きい場合は、β相が優先的な腐食サイトとなってしまい、局部腐食が発生してしまう。このようなβ相やその周囲で発生する局部腐食をどちらも抑制できる範囲として、β粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比を0.550〜2.000と定める。なお、β粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比を適正範囲に制御するためには、後述する仕上げ焼鈍後冷却速度を調整することによって達成できる。

0041

β粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比は以下のようにして求めることができる。
チタン合金の表面を数μm程度研削し、更に、コロダルシル含有液研磨液として機械研磨を行う。ついで、研磨後の表面に対して、EPMAによる元素分析を行う。具体的には、表面を3000倍に拡大した拡大画像においてβ粒を特定する。特定したβ粒について、粒径の大きいものから順に10個を選択し、これら10個のβ粒の化学成分をEPMA法により分析する。EPMA法による測定対象元素は、Fe、Ru、Cr、Ni、Mo、Pt、Pd、Ir、Os、Rh及びTiとする。そして、β粒中の各測定対象元素の質量%を求める。得られた各元素の含有率を式(1)に導入することで、測定対象の10個のβ粒についてそれぞれ、(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比を求める。そして、これらを平均して、β粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比とする。

0042

次に、本実施形態のチタン合金の製造方法について説明する。
上記のように、本実施形態で対象とするチタン合金は、熱間圧延板冷間圧延板として適用される。そしてこれら圧延板には、仕上げ焼鈍が施されて製品とされるが、本実施形態では、この仕上げ焼鈍の条件を制御することが重要となる。
以下、チタン合金の好適な製造方法を説明する。

0043

本実施形態のチタン合金は、塑性加工されたチタン合金素材を、仕上げ焼鈍温度:550〜780℃、仕上げ焼鈍時間:1分〜70時間で焼鈍する第1の工程と、仕上げ焼鈍温度から400℃に到達するまでの平均冷却速度が0.20℃/s以下となる条件で冷却する第2の工程と、を順次行うことによって製造される。なお、塑性加工されたチタン合金素材とは、例えば、熱間圧延板や冷間圧延板を例示できる。
以下、各工程について説明する。

0044

まず、上記成分組成を有するインゴットやスラブを鋳造し、熱間鍛造熱間圧延等の熱間加工と、脱スケールを施したのち、必要に応じて冷間加工を施す。このようにしてチタン合金素材を製造する。チタン合金素材は、冷間加工後素材に限らず、熱間加工後の素材であってもよく、熱間加工と脱スケールを行った後の素材であってもよい。

0045

次に、第1の工程として、チタン合金素材に仕上げ焼鈍を施す。仕上げ焼鈍後には、必要に応じて脱スケールを実施する。

0046

仕上げ焼鈍の温度は、例えば550〜780℃といった範囲で実施すればよい。また、仕上げ焼鈍の保持時間も特に規定せず、例えば連続焼鈍の場合は1〜20分、バッチ焼鈍の場合は2〜70時間といった範囲で実施すればよい。

0047

仕上げ焼鈍の雰囲気についても特に限定せず、大気雰囲気で行ってもよく、真空雰囲気不活性ガス雰囲気で行ってもよい。

0048

次に、第2の工程として、前述の仕上げ焼鈍温度にて熱処理した後は常温まで冷却するが、このときの冷却速度は、β粒中の組成に大きな影響を及ぼす。耐食性に優れたチタン合金を提供するには、適切なβ粒中の組成とする必要があり、具体的には上述したようにβ粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比を適正の範囲内とする。そのためには、前述の仕上げ焼鈍温度から400℃までの温度域における平均冷却速度を0.20℃/s以下とする必要がある。当該温度域の平均冷却速度を遅くすることで、β粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比を適正範囲とすることができる。平均冷却速度が遅すぎると生産性が低下するため、生産性を損なわない程度に下限を設定すればよい。例えば、平均冷却速度の下限は、0.001℃/s以上としてもよい。

0049

なお、仕上げ焼鈍温度から400℃までの温度域における平均冷却速度とは、仕上げ焼鈍温度から400℃までのチタン合金素材の表面の温度降下幅を、仕上焼鈍温度から400℃までの所要時間で除した値とする。

0050

400℃まで冷却した後の平均冷却速度は特に制限する必要はなく、水冷等の手段によって急速に冷却を行ってもよい。

0051

以上説明したように、本実施形態のチタン合金は、β粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比を制御することにより、β相やその周囲が優先的な腐食サイトとなることを回避し局部腐食を抑制することができ、結果、希少元素の添加に頼らずとも耐食性を向上させることができる。

0052

以下、実施例を挙げて本発明をより具体的に説明する。本発明はもとより下記実施例によって制限を受けるものではなく、本発明の趣旨に適合し得る範囲で適宜変更を加えて実施することが可能であり、それらは何れも本発明の技術的範囲に含まれる。

0053

スポンジチタン、スクラップおよび所定の添加元素溶解原料とし、真空アーク溶解炉により、表1に示す各成分組成のチタンインゴットを鋳造した。

0054

鋳造したチタン鋳塊を用いて、約800〜1000℃の加熱温度鍛造、熱間圧延を行い厚さ4.0mmの熱延板を得た。熱延板に脱スケールを施した後、所定の板厚まで冷間圧延を行い、これをチタン合金素材とした。

0055

次いで、圧力1.3x10−4Paの真空雰囲気中にて仕上げ焼鈍を施し、その後、冷却した。仕上げ焼鈍及び冷却の条件は、表2に示す条件にて実施した。表2に示す冷却速度は、仕上げ焼鈍温度から400℃に到達するまでの平均冷却速度である。このようにして、チタン合金板を得た。なお、仕上げ焼鈍における保持時間(焼鈍時間)は180minとした。

0056

製造されたチタン合金板から試験片を作製し、以下の組織観察、β粒中の元素分布分析および耐食性試験を行った。

0057

組織観察は、SEMを用いて、準備したチタン合金素材の表面を3000倍以上の倍率で観察することで、金属間化合物や介在物の有無を確認した。ここでは、α相およびβ粒以外の組織を全て金属間化合物または介在物と判断した。金属間化合物または介在物の合計の面積率が1%以下の場合に、金属間化合物や介在物が無いと判断した。

0058

β粒中の元素分布分析は、以下のようにして行った。
まず、チタン合金板の表面を数μm程度研削し、更に、コロイダルシルカ含有液を研磨液として機械研磨を行った。ついで、研磨後の表面に対して、EPMAによる元素分析を行った。具体的には、表面を3000倍に拡大した拡大画像においてβ粒を特定した。特定したβ粒について、粒径の大きいものから順に10個を選択し、これら10個のβ粒の化学成分をEPMA法により分析した。EPMA法による測定対象元素は、Fe、Ru、Cr、Ni、Mo、Pt、Pd、Ir、Os、Rh及びTiとした。そして、β粒中の各測定対象元素の質量%を求めた。得られた各元素の含有率を下記式に導入することで、測定対象の10個のβ粒についてそれぞれ、(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比を求めた。そして、これらを平均して、β粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比とした。

0059

耐食性の評価は、以下のようにして評価した。
得られたチタン合金板から、試験片(10mm×40mm)を切り出し、当該試験片を90℃、8mass%の塩酸水溶液に24h浸漬し、浸漬前後の質量変化腐食減量)から算出した腐食速度(mm/year)を求めた。腐食減量(質量)から腐食減肉量(厚み)を計算で求め、この24時間の腐食減肉量を1年あたりの腐食速度に換算した。すなわち、腐食速度の単位は、1年あたりの試験片の厚みの減少量に換算したものである。腐食速度が0.20(mm/year)以下である場合を合格とした。

0060

局部腐食の評価は、以下のようにして評価した。
腐食試験後のチタン合金板の試験片(10mm×40mm)の表面を走査型電子顕微鏡で観察して、β粒の脱落の痕跡の有無を調べた。そして、β粒の全数に対する、脱落したβ粒の個数の割合を求めた。脱落したβ粒の個数が全体の10%超であった場合に、局部腐食が「有」と評価した。局部腐食が「無」を合格とした。
これらの結果を表3にまとめた。

0061

図1に本実施例(No.1〜30)におけるβ粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比と、腐食速度の関係を示す。
図1からも明らかなように、No.1〜20は、本発明に規定するチタン合金の化学成分、仕上げ焼鈍後の平均冷却速度、β粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比の全てを満足するため、優れた腐食速度を示し、局部腐食の発生も認められなかった。特に、No.1〜20の腐食速度はいずれも0.10(mm/year)以下であり、合格基準を大幅に下回った。

0062

一方、No.21〜23は、チタン合金の化学成分は本発明に規定する成分範囲を満足するものの、仕上げ焼鈍後の冷却速度が規定範囲外であった。そのため、β粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比が規定範囲外となり、大きな腐食速度を示し、局部腐食が発生してしまい、耐食性に劣った。

0063

No.24〜30は、本発明に規定する成分範囲を満足しない。そのため、仕上げ焼鈍後の冷却速度が規定範囲内であっても、β粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比は規定範囲外となり、大きな腐食速度を示し、局部腐食が発生してしまい、耐食性に劣った。

0064

No.24はFe量が過剰であり、また、No.25はCr量が過剰である。そのため、仕上げ焼鈍後の冷却速度が規定範囲内であっても、β粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比が上限を超えており、大きな腐食速度を示し、局部腐食が発生してしまい、耐食性に劣った。
No.26は、Ni量が過剰である。そのため、仕上げ焼鈍後の冷却速度が規定範囲内であっても、金属化合物または介在物が析出し、β粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比が上限を超えており、大きな腐食速度を示し、局部腐食が発生してしまい、耐食性に劣った。
No.27はRu量が過剰であり、また、No.28はPd量が過剰である。そのため、仕上げ焼鈍後の冷却速度が規定範囲内であっても、β粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比が下限を下回り、大きな腐食速度を示し、局部腐食が発生してしまい、耐食性に劣った。
No.29はRu量が不足した。そのため、仕上げ焼鈍後の冷却速度が規定範囲内であっても、β粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比が上限を超えており、大きな腐食速度を示し、局部腐食が発生してしまい、耐食性に劣った。
No.30はRh量が過剰である。そのため、仕上げ焼鈍後の冷却速度が規定範囲内であっても、β粒中の平均(Fe+Cr+Ni+Mo)/(Pt+Pd+Ru+Ir+Os+Rh)比が下限を下回り、大きな腐食速度を示し、局部腐食が発生してしまい、耐食性に劣った。

0065

0066

実施例

0067

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ