図面 (/)

技術 粘着シート、積層体及び積層体の製造方法

出願人 王子ホールディングス株式会社
発明者 山口貴迪山本真之
出願日 2018年9月11日 (2年3ヶ月経過) 出願番号 2018-169434
公開日 2020年3月19日 (9ヶ月経過) 公開番号 2020-041056
状態 未査定
技術分野 接着剤、接着方法 接着テープ 積層体(2)
主要キーワード 耐アウトガス性 各被着材 被着対象 多層基材 無電極紫外線ランプ 射出成型用 三官能モノマー カルボキシル基含有単量体単位
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年3月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

本発明は、異種の被着材を貼り合わせる用途に用いることができる粘着シートであって、耐アウトガス性に優れた粘着シートを提供することを課題とする。

解決手段

本発明は、アルコキシアルキル基含有(メタアクリレート由来する単位を含むアクリル共重合体を含有し、活性エネルギー線硬化能を有する第1の粘着剤層と、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含むアクリル共重合体を含有し、活性エネルギー線硬化能を有さない第2の粘着剤層と、を積層してなる粘着シートに関する。

概要

背景

近年、様々な分野で、液晶ディスプレイ(LCD)などの表示装置や、タッチパネルなどの表示装置及び入力装置を組み合わせた画像表示装置が広く用いられている。これらの表示装置や入力装置においては、光学部材を貼り合せる用途に両面粘着シートが用いられている。

両面粘着シートは異種の被着材を貼り合わせる用途に用いられる場合がある。この場合、両面粘着シートには各被着材接着特性に応じた最適な粘着力が求められる。例えば、特許文献1及び2には、粘着特性の異なる2層以上の粘着剤層を備えた両面粘着シートが開示されている。特許文献1には、各層ともに、ベースポリマーとしての(メタアクリル酸エステル系共重合体架橋開始剤とを含有する粘着剤組成物架橋してなり、且つ、異なる粘弾性挙動を有する第1粘着層及び第2粘着層を積層し一体化してなる構成を備えた粘着シートが開示されている。また、特許文献2には、光学フィルムに接して配置された第一粘着剤層と、光学フィルムから最も離れて配置された第二粘着剤層とを備える積層粘着シートであって、第一粘着剤層は、150℃における貯蔵弾性率が9×103Pa以下であり、20℃における貯蔵弾性率G’20と150℃における貯蔵弾性率G’150の比G’20/G’150が20以上であり、第二粘着剤層は、20℃における貯蔵弾性率が4×105Pa以下であり、150℃における貯蔵弾性率が1×104Pa以上である積層粘着シートが開示されている。

概要

本発明は、異種の被着材を貼り合わせる用途に用いることができる粘着シートであって、耐アウトガス性に優れた粘着シートを提供することを課題とする。本発明は、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレート由来する単位を含むアクリル共重合体を含有し、活性エネルギー線硬化能を有する第1の粘着剤層と、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含むアクリル共重合体を含有し、活性エネルギー線硬化能を有さない第2の粘着剤層と、を積層してなる粘着シートに関する。

目的

本発明者らは、このような従来技術の課題を解決するために、異種の被着材を貼り合わせる用途に用いることができる粘着シートであって、耐アウトガス性を有する粘着シートを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

アルコキシアルキル基含有(メタアクリレート由来する単位を含むアクリル共重合体を含有し、活性エネルギー線硬化能を有する第1の粘着剤層と、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含むアクリル共重合体を含有し、活性エネルギー線硬化能を有さない第2の粘着剤層と、を積層してなる粘着シート

請求項2

前記第1の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の重量平均分子量をMw1とし、前記第2の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の重量平均分子量をMw2とした場合、Mw1<Mw2であり、かつ、Mw1≦100万である、請求項1に記載の粘着シート。

請求項3

前記第1の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体におけるアルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量は、前記第1の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の全質量に対して、50〜90質量%であり、前記第2の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体におけるアルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量は、前記第2の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の全質量に対して、20〜50質量%である請求項1又は2に記載の粘着シート。

請求項4

前記第1の粘着剤層は、粘着剤組成物半硬化状態とした粘着剤層であり、前記粘着剤組成物は、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含むアクリル共重合体、架橋剤、分子内に反応性二重結合を2つ以上有する多官能単量体、分子内に反応性二重結合を1つ有する単官能単量体及び重合開始剤を含有する請求項1〜3のいずれか1項に記載の粘着シート。

請求項5

前記多官能単量体は、1分子内にビスフェノール骨格を有する請求項4に記載の粘着シート。

請求項6

前記第1の粘着剤層の厚みをPとし、前記第2の粘着剤層の厚みをQとした場合、Q/Pの値は、1.5以上である請求項1〜5のいずれか1項に記載の粘着シート。

請求項7

ポリカーボネート板合用である請求項1〜6のいずれか1項に記載の粘着シート。

請求項8

請求項1〜7のいずれか1項に記載の粘着シートを介して、樹脂板ガラス板を貼合した積層体であって、前記粘着シートの前記第1の粘着剤層側に、樹脂板が貼合され、前記粘着シートの前記第2の粘着剤層側に、ガラス板が貼合され、前記第1の粘着剤層は、活性エネルギー線照射することで硬化した粘着剤層である積層体。

請求項9

前記樹脂板がポリカーボネート板である請求項8に記載の積層体。

請求項10

請求項1〜7のいずれか1項に記載の粘着シートの第1の粘着剤層を樹脂板に貼合し、第2の粘着剤層をガラス板に貼合した後、樹脂板側から活性エネルギー線を照射して前記第1の粘着剤層を硬化させる工程を含む積層体の製造方法。

請求項11

前記樹脂板がポリカーボネート板である請求項10に記載の積層体の製造方法。

技術分野

0001

本発明は、粘着シート積層体及び積層体の製造方法に関する。

背景技術

0002

近年、様々な分野で、液晶ディスプレイ(LCD)などの表示装置や、タッチパネルなどの表示装置及び入力装置を組み合わせた画像表示装置が広く用いられている。これらの表示装置や入力装置においては、光学部材を貼り合せる用途に両面粘着シートが用いられている。

0003

両面粘着シートは異種の被着材を貼り合わせる用途に用いられる場合がある。この場合、両面粘着シートには各被着材接着特性に応じた最適な粘着力が求められる。例えば、特許文献1及び2には、粘着特性の異なる2層以上の粘着剤層を備えた両面粘着シートが開示されている。特許文献1には、各層ともに、ベースポリマーとしての(メタアクリル酸エステル系共重合体架橋開始剤とを含有する粘着剤組成物架橋してなり、且つ、異なる粘弾性挙動を有する第1粘着層及び第2粘着層を積層し一体化してなる構成を備えた粘着シートが開示されている。また、特許文献2には、光学フィルムに接して配置された第一粘着剤層と、光学フィルムから最も離れて配置された第二粘着剤層とを備える積層粘着シートであって、第一粘着剤層は、150℃における貯蔵弾性率が9×103Pa以下であり、20℃における貯蔵弾性率G’20と150℃における貯蔵弾性率G’150の比G’20/G’150が20以上であり、第二粘着剤層は、20℃における貯蔵弾性率が4×105Pa以下であり、150℃における貯蔵弾性率が1×104Pa以上である積層粘着シートが開示されている。

先行技術

0004

特開2011−219665号公報
特開2016−151580号公報

発明が解決しようとする課題

0005

このような用途に用いられる粘着シートには、粘着性能以外にも様々な特性が要求される。例えば、ポリカーボネート基材等の樹脂板は、透明性や耐熱性などに優れているため、光学部材として多用されている。このような樹脂板に粘着シートを貼合し、高温環境下に置いた場合、粘着剤層に気泡が生じ、光学性能に影響を及ぼすことがある。このため、粘着シートの用途によっては、優れた耐発泡性が要求される場合がある。
しかしながら、本発明者らが特許文献1および2に記載の粘着シートの特性を検討したところ、高温環境下においてアウトガスが発生する場合があることがわかった。
そこで本発明者らは、このような従来技術の課題を解決するために、異種の被着材を貼り合わせる用途に用いることができる粘着シートであって、耐アウトガス性を有する粘着シートを提供することを目的として検討を進めた。

課題を解決するための手段

0006

上記の課題を解決するために鋭意検討を行った結果、本発明者らは、第1の粘着剤層と第2の粘着剤層とを積層してなる粘着シートにおいて、第1の粘着剤層と第2の粘着剤層の両方にアルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレート由来する単位を含むアクリル共重合体を含有させ、第1の粘着剤層にのみ活性エネルギー線硬化能を持たせることにより、異種の被着材を貼り合わせる用途に用いることができる粘着シートであって、かつ優れた耐アウトガス性を有する粘着シートが得られることを見出した。
具体的に、本発明は、以下の構成を有する。

0007

[1]アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含むアクリル共重合体を含有し、活性エネルギー線硬化能を有する第1の粘着剤層と、
アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含むアクリル共重合体を含有し、活性エネルギー線硬化能を有さない第2の粘着剤層と、を積層してなる粘着シート。
[2] 第1の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の重量平均分子量をMw1とし、第2の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の重量平均分子量をMw2とした場合、
Mw1<Mw2であり、かつ、
Mw1≦100万である、[1]に記載の粘着シート。
[3] 第1の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体におけるアルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量は、第1の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の全質量に対して、50〜90質量%であり、
第2の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体におけるアルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量は、第2の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の全質量に対して、20〜50質量%である[1]又は[2]に記載の粘着シート。
[4] 第1の粘着剤層は、粘着剤組成物を半硬化状態とした粘着剤層であり、
粘着剤組成物は、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含むアクリル共重合体、架橋剤、分子内に反応性二重結合を2つ以上有する多官能単量体、分子内に反応性二重結合を1つ有する単官能単量体及び重合開始剤を含有する[1]〜[3]のいずれかに記載の粘着シート。
[5] 多官能単量体は、1分子内にビスフェノール骨格を有する[4]に記載の粘着シート。
[6] 第1の粘着剤層の厚みをPとし、第2の粘着剤層の厚みをQとした場合、Q/Pの値は、1.5以上である[1]〜[5]のいずれかに記載の粘着シート。
[7]ポリカーボネート板合用である[1]〜[6]のいずれかに記載の粘着シート。
[8] [1]〜[7]のいずれかに記載の粘着シートを介して、樹脂板とガラス板を貼合した積層体であって、
粘着シートの第1の粘着剤層側に、樹脂板が貼合され、
粘着シートの第2の粘着剤層側に、ガラス板が貼合され、
第1の粘着剤層は、活性エネルギー線照射することで硬化した粘着剤層である積層体。
[9] 樹脂板がポリカーボネート板である[8]に記載の積層体。
[10] [1]〜[7]のいずれかに記載の粘着シートの第1の粘着剤層を樹脂板に貼合し、第2の粘着剤層をガラス板に貼合した後、樹脂板側から活性エネルギー線を照射して第1の粘着剤層を硬化させる工程を含む積層体の製造方法。
[11] 樹脂板がポリカーボネート板である[10]に記載の積層体の製造方法。

発明の効果

0008

本発明によれば、異種の被着材を貼り合わせる用途に用いることができる粘着シートであって、耐アウトガス性に優れた粘着シートを得ることができる。

図面の簡単な説明

0009

図1は、本発明の粘着シートの構成を説明する断面図である。
図2は、本発明の粘着シートを備える積層体の構成を説明する断面図である。

0010

以下において、本発明について詳細に説明する。以下に記載する構成要件の説明は、代表的な実施形態や具体例に基づいてなされることがあるが、本発明はそのような実施形態に限定されるものではない。なお、本明細書において「〜」を用いて表される数値範囲は「〜」前後に記載される数値を下限値及び上限値として含む範囲を意味する。

0011

なお、本明細書において、“(メタ)アクリレート”はアクリレートおよびメタクリレートの双方、または、いずれかを表す。また、本明細書において、“単量体”と“モノマー”は同義であり、“重合体”と“ポリマー”は同義である。

0012

<粘着シート>
本発明の粘着シートは、第1の粘着剤層と第2の粘着剤層を積層してなる粘着シートである。ここで、第1の粘着剤層は、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含むアクリル共重合体を含有し、活性エネルギー線硬化能を有する。第2の粘着剤層は、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含むアクリル共重合体を含有し、活性エネルギー線硬化能を有さない。本発明の粘着シートは、上述した第1の粘着剤層と第2の粘着剤層を積層してなる積層粘着シートである。

0013

本発明の粘着シートは、上記構成を有するものであるため、優れた耐アウトガス性を発揮する。具体的には、粘着シートの第1の粘着剤層をポリカーボネート基材等の樹脂板に貼合した状態で高温条件下に短時間又は長時間置いた場合であっても、ポリカーボネート基材等の樹脂板からアウトガスが発生することを抑制することができる。

0014

また、本発明の粘着シートは、優れた耐カール性を発揮するものでもある。具体的には、粘着シートの第1の粘着剤層をポリカーボネート基材等の樹脂板に貼合し、第2の粘着剤層をガラス板に貼合し、高温(例えば105℃)の条件に置いた場合であっても、カールの発生が抑制されている。このように本発明の粘着シートは、耐アウトガス性と耐カール性を両立し得たものでもある。

0015

図1に示されるように、本発明の粘着シート1は、第1の粘着剤層10と第2の粘着剤層20を積層してなる粘着シートである。粘着シート1は、第1の粘着剤層10と第2の粘着剤層20に加えて、他の粘着剤層を有するものであってもよいが、粘着シート1は、第1の粘着剤層10と第2の粘着剤層20を直接積層してなる粘着シートであることが好ましい。なお、第1の粘着剤0層は、単層の粘着シートから構成されるものであってもよく、複数の粘着剤層からなる多層の粘着シートから構成されるものであってもよい。同様に、第2の粘着剤層20も、単層の粘着シートから構成されるものであってもよく、複数の粘着剤層からなる多層の粘着シートから構成されるものであってもよい。

0016

本発明においては、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含むアクリル共重合体を有し、かつ活性エネルギー線硬化能を有する第1の粘着剤層は、活性エネルギー線の照射によりアルコキシアルキル基に由来するフレキシビリティを持ちつつ高硬度となる。一方で、活性エネルギー線硬化能を有さない第2の粘着剤層は、第1の粘着剤層と比較して柔らかく、応力緩和性を有している。さらに、第2の粘着剤層においてはアルコキシアルキル基に由来する分子鎖のフレキシビリティにより分子間の幅が広くなるものと考えられ、その結果、系内の気体吸収する能力や気体を逃がす能力が高められる。このように、本発明の粘着シートは、活性エネルギー線を照射した後に、異なる硬度や粘着特性が発揮されるようにコントロールされた2層の粘着剤層を有することになる。これにより、異種の被着材を貼り合わせる用途に好適な粘着シートが得られる。特に、第1の粘着剤層を樹脂板に、第2の粘着剤層をガラス板に貼合する用途に好適に使用され、このような用途において耐アウトガス性と耐カール性が発揮されやすい。

0017

粘着シートの厚みは、用途に応じて適宜設定でき、特に限定されないが、5μm以上であることが好ましく、10μm以上であることがより好ましく、30μm以上であることがさらに好ましく、50μm以上であることが特に好ましい。また、粘着シートの厚みは、1000μm以下であることが好ましく、800μm以下であることがより好ましく、500μm以下であることがさらに好ましい。粘着シートの厚みを上記範囲内とすることにより、耐アウトガス性と耐カール性をより効果的に高めることができる。さらに、粘着シートの厚さを上記範囲内とすることにより、粘着シートの製造が容易となる。

0018

本発明は、粘着シートの少なくとも一方の面に剥離シートを備える剥離シート付き粘着シートに関するものであってもよい。剥離シート付き粘着シートにおいては、剥離シートは、粘着シートの両表面に備えられていることが好ましい。この場合、剥離シート付き粘着シートは、剥離力が互いに異なる1対の剥離シートを有することが好ましい。すなわち、第1の粘着剤層の表面に設けられる剥離シートと第2の粘着剤層の表面に設けられる剥離シートとの剥離性を異なるものとすることが好ましい。一方からの剥離性と他方からの剥離性とが異なると、剥離性が高い方の剥離シートだけを先に剥離することが容易となる。例えば、貼合時に第1の粘着剤層が樹脂板側に接するように貼合する場合、第1の粘着剤層側の剥離シートを先に剥離できるように、各々の剥離シートの剥離性を調整すればよい。

0019

剥離シートとしては、剥離シート用基材とこの剥離シート用基材の片面に設けられた剥離剤層とを有する剥離性積層シート、あるいは、低極性基材としてポリエチレンフィルムポリプロピレンフィルム等のポリオレフィンフィルムが挙げられる。
剥離性積層シートにおける剥離シート用基材には、紙類高分子フィルムが使用される。剥離剤層を構成する剥離剤としては、例えば、汎用付加型もしくは縮合型シリコーン系剥離剤長鎖アルキル基含有化合物が用いられる。特に、反応性が高い付加型シリコーン系剥離剤が好ましく用いられる。
シリコーン系剥離剤としては、具体的には、東レ・ダウコーニングシリコーン社製のBY24−4527、SD−7220等や、信越化学工業(株)製のKS−3600、KS−774、X62−2600などが挙げられる。また、シリコーン系剥離剤中にSiO2単位と(CH3)3SiO1/2単位あるいはCH2=CH(CH3)SiO1/2単位を有する有機珪素化合物であるシリコーンレジンを含有することが好ましい。シリコーンレジンの具体例としては、東レ・ダウコーニングシリコーン社製のBY24−843、SD−7292、SHR−1404等や、信越化学工業(株)製のKS−3800、X92−183等が挙げられる。
剥離性積層シートとして、市販品を用いてもよい。例えば、帝人デュポンフィルム(株)製の離型処理されたポリエチレンテレフタレートフィルムである重セパレータフィルムや、帝人デュポンフィルム(株)製の離型処理されたポリエチレンテレフタレートフィルムである軽セパレータフィルムを挙げることができる。

0020

<第1の粘着剤層>
本発明の粘着シートは、第1の粘着剤層を有する。第1の粘着剤層は、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含むアクリル共重合体を含有する。また、第1の粘着剤層は、活性エネルギー線硬化能を有している。ここで、活性エネルギー線硬化能を有する状態とは、活性エネルギー線の照射により、第1の粘着剤層が硬化し得る状態である。具体的には、第1の粘着剤層に活性エネルギー線(高圧水銀灯又はメタルハライドランプ)を積算光量が3000mJ/cm2となるように照射した場合、第1の粘着剤層のゲル分率が10質量%以上高まった場合に、活性エネルギー線を照射する前の第1の粘着剤層は、活性エネルギー線硬化能を有していると言える。

0021

第1の粘着剤層は、粘着剤組成物を半硬化状態とした粘着剤層であることが好ましい。半硬化状態の粘着剤層は、活性エネルギー線硬化能を有し、活性エネルギー線を照射することにより、後硬化する。粘着剤層の半硬化状態でのゲル分率は、10質量%以上70質量%未満であることが好ましく、12質量%以上70質量%未満であることが好ましく、15〜65質量%であることが特に好ましい。また、後硬化後の粘着剤層のゲル分率は、60〜100質量%であることが好ましく、65〜100質量%であることがより好ましく、70〜100質量%であることがさらに好ましい。
第1の粘着剤層のゲル分率は、以下の方法で測定した値である。まず、第1の粘着剤層約0.1gをサンプル瓶採取し、酢酸エチル30mlを加えて24時間振とうする。その後、このサンプル瓶の内容物を150メッシュステンレス製金網でろ別し、金網上の残留物を100℃で1時間乾燥して乾燥質量(g)を測定する。得られた乾燥質量から下記式1によりゲル分率を求める。
ゲル分率(質量%)=(乾燥質量/第1の粘着剤層の採取質量)×100・・・式1

0022

第1の粘着剤層の厚みは、用途に応じて適宜設定でき、特に限定されないが、1μm以上であることが好ましく、3μm以上であることがより好ましく、5μm以上であることがさらに好ましい。また、第1の粘着剤層の厚みは、500μm以下であることが好ましく、300μm以下であることがより好ましく、100μm以下であることがさらに好ましい。第1の粘着剤層の厚みを上記範囲内とすることにより、耐アウトガス性をより効果的に高めることができる。

0023

(粘着剤組成物)
第1の粘着剤層を形成する粘着剤組成物は、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含むアクリル共重合体を含有する。第1の粘着剤層は、半硬化状態の粘着剤層であることが好ましく、この場合、用いられる粘着剤組成物は、デュアル硬化型粘着剤組成物であると言える。

0024

第1の粘着剤層を形成する粘着剤組成物はアルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含むアクリル共重合体に加えて、さらに、架橋剤、分子内に反応性二重結合を2つ以上有する多官能単量体、分子内に反応性二重結合を1つ有する単官能単量体及び重合開始剤を含有することが好ましい。

0025

(アクリル共重合体)
アクリル共重合体は、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含む。アクリル共重合体は、さらに、ヒドロキシ基含有(メタ)アクリレートに由来する単位及びメチル(メタ)アクリレートに由来する単位を含有することが好ましい。本明細書において、「単位」は重合体を構成する繰り返し単位単量体単位)である。

0026

(アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレート)
アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートは、アルコキシアルキル(メタ)アクリレートである。アルコキシアルキル(メタ)アクリレートとしては、例えば、アルコキシ基炭素数が1〜12であり、アルコキシ基に結合するアルキレン基の炭素数が1〜18であるアルコキシアルキル(メタ)アクリレートが好ましい。アルコキシ基の炭素数は1〜8であることが好ましく、1〜4であることがより好ましく、1もしくは2であることが特に好ましい。また、アルコキシ基に結合するアルキレン基の炭素数は1〜12であることが好ましく、1〜8であることがさらに好ましく、1〜4であることが一層好ましく、1〜3であることが特に好ましい。

0027

このようなアルコキシアルキル(メタ)アクリレートの例としては、2−メトキシメチル(メタ)アクリレート、2−メトキシエチル(メタ)アクリレート、2−エトキシメチル(メタ)アクリレート、2−エトキシエチル(メタ)アクリレート、3−メトキシプロピル(メタ)アクリレート、3−エトキシプロピル(メタ)アクリレート、4−メトキシブチル(メタ)アクリレート、4−エトキシブチル(メタ)アクリレート等が挙げられる。これらの中でも、2−メトキシエチル(メタ)アクリレートが特に好ましい。アルコキシアルキル(メタ)アクリレートとして、2−メトキシエチル(メタ)アクリレートを用いることにより、第1の粘着剤層の耐アウトガス性を高めることができる。

0028

第1の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体において、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量は、第1の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の全質量に対して、50質量%以上であることが好ましく、55質量%以上であることがより好ましく、60質量%以上であることがさらに好ましい。また、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量は、第1の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の全質量に対して、90質量%以下であることが好ましい。アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量を上記範囲内とすることにより、耐アウトガス性及び耐カール性をより効果的に高めることができる。

0029

(ヒドロキシ基含有(メタ)アクリレート)
アクリル共重合体は、ヒドロキシ基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含有することが好ましい。ヒドロキシ基含有(メタ)アクリレートとしては、例えば、2−ヒドロキシエチル(メタ)アクリレート、2−ヒドロキシプロピル(メタ)アクリレート、3−ヒドロキシプロピル(メタ)アクリレート、3−クロロ−2−ヒドロキシプロピル(メタ)アクリレート、4−ヒドロシキブチル(メタ)アクリレート、6−ヒドロキシヘキシル(メタ)アクリレート及び8−ヒドロキシオクチル(メタ)アクリレート、ポリアルキレングリコールモノ(メタ)アクリレート等を挙げることができる。中でも、2−ヒドロキシエチル(メタ)アクリレート及び4−ヒドロシキブチル(メタ)アクリレートから選択される少なくとも1種は好ましく用いられる。

0030

ヒドロキシ基含有(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量は、アクリル共重合体の全質量に対して、5質量%以上であることが好ましく、7質量%以上であることがより好ましい。また、ヒドロキシ基含有(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量は、アクリル共重合体の全質量に対して、35質量%以下であることが好ましく、30質量%以下であることがより好ましい。ヒドロキシ基含有(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量を上記範囲内とすることにより、耐アウトガス性を損なうことなく粘着性能をコントロールすることができる。

0031

アルキル(メタ)アクリレート)
アクリル共重合体は、メチル(メタ)アクリレートに由来する単位を含有することが好ましい。メチル(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量は、アクリル共重合体の全質量に対して、5質量%以上であることが好ましく、7質量%以上であることがより好ましい。また、メチル(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量は、アクリル共重合体の全質量に対して、35質量%以下であることが好ましく、30質量%以下であることがより好ましい。

0032

アクリル共重合体は、メチル(メタ)アクリレートに由来する単位の他にアルキル(メタ)アクリレートに由来する単位を含有していてもよい。アルキル(メタ)アクリレートの例としては、エチル(メタ)アクリレート、ブチル(メタ)アクリレート、2−エチルヘキシル(メタ)アクリレート、ノニル(メタ)アクリレート、デシル(メタ)アクリレート、ラウリル(メタ)アクリレート、セチル(メタ)アクリレート、ステアリル(メタ)アクリレート、ベヘニル(メタ)アクリレート等のアルキル(メタ)アクリレート等が挙げられる。メチル(メタ)アクリレート以外のアルキル(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量は、アクリル共重合体の全質量に対して、1質量%以上であることが好ましく、3質量%以上であることがより好ましい。また、メチル(メタ)アクリレート以外のアルキル(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量は、アクリル共重合体の全質量に対して、50質量%以下であることが好ましい。

0033

窒素含有単量体
アクリル共重合体は、窒素含有単量体に由来する単位をさらに含んでもよい。窒素含有単量体は、1分子内に窒素元素を含有する単量体である。窒素含有単量体としては、例えば、ジメチルアクリルアミドジエチルアクリルアミドアクリロイルモルホリンヒドロキシエチルアクリルアミドメチロールアクリルアミド、メトキシメチルアクリルアミド、エトキシメチルアクリルアミド、ジメチルアミノエチルアクリルアミド、N−ビニルカプロラクタムN−ビニル−2−ピロリドン、ジメチルアミノエチル(メタ)アクリレート、N−ビニルホルムアミド等を挙げることができる。中でも、窒素含有単量体は、アクリルアミド誘導体アミノ基含有モノマー及び含窒素複素環含有モノマーから選択される少なくとも1種であることが好ましく、アクリルアミド誘導体であることがより好ましい。アクリルアミド誘導体は、ジメチルアクリルアミド、ジエチルアクリルアミド及びアクリロイルモルホリンから選択される少なくとも1種であることがさらに好ましく、ジメチルアクリルアミドであることが特に好ましい。アクリル共重合体が、上述したような窒素含有単量体に由来する単位を含むことにより、半硬化状態の粘着剤層は、基材に対して密着しやすくなる一方で、後硬化後の粘着剤層は高硬度となり、耐アウトガス性及び耐カール性をより高めることができる。

0034

窒素含有単量体に由来する単位の含有量は、アクリル共重合体の全質量に対して、1質量%以上であることが好ましく、3質量%以上であることがより好ましい。また、窒素含有単量体に由来する単位の含有量は、アクリル共重合体の全質量に対して、20質量%以下であることが好ましい。

0035

(他の単量体)
アクリル共重合体は、必要に応じて、他の単量体単位を有してもよい。他の単量体は、上述したアクリル単量体と共重合可能なものであればよく、例えば(メタ)アクリロニトリル酢酸ビニルスチレン塩化ビニルビニルピロリドンビニルピリジン等が挙げられる。アクリル共重合体における他の単量体単位の含有量は20質量%以下であることが好ましく、15質量%以下であることがより好ましい。

0036

また、各粘着剤層被着対象について酸による腐食性が問題にならない場合は、アクリル共重合体は、カルボキシル基含有単量体単位を有していてもよい。この場合、クリル共重合体におけるカルボキシル基含有単量体単位の含有量は20質量%以下であることが好ましく、15質量%以下であることがより好ましい。

0037

(架橋剤)
第1の粘着剤層を形成する粘着剤組成物は架橋剤を含有することが好ましい。架橋剤は、アクリル共重合体が有する架橋性官能基との反応性を考慮して適宜選択できる。例えばイソシアネート化合物エポキシ化合物オキサゾリン化合物アジリジン化合物金属キレート化合物ブチル化メラミン化合物などの公知の架橋剤の中から選択できる。これらの中でも、ヒドロキシ基含有(メタ)アクリレートを容易に架橋できることから、イソシアネート化合物やエポキシ化合物を用いることが好ましい。すなわち、架橋剤は二官能以上のエポキシ化合物および二官能以上のイソシアネート化合物から選択される少なくとも1種であることが好ましく、二官能以上のイソシアネート化合物であることがより好ましい。

0038

イソシアネート化合物としては、例えば、トリレンジイソシアネートキシリレンジイソシアネートヘキサメチレンジイソシアネートイソホロンジイソシアネート等が挙げられる。市販品の例としては、トリレンジイソシアネート化合物(日本ポリウレタン工業(株)製、コロネートL)、キシリレンジイソシアネート化合物(三井化学(株)製、タケネートD−110N)等が挙げられる。

0039

粘着剤組成物中の架橋剤の含有量は、所望とする粘着性等に応じて適宜選択されるが、アクリル共重合体100質量部に対し、0.01〜5質量部が好ましく、0.1〜3質量部がより好ましい。架橋剤の含有量を上記範囲内とすることにより、粘着シートの耐アウトガス性と耐カール性をより高めることができる。なお、架橋剤としては1種類を単独で用いても2種類以上を併用してもよく、2種類以上を併用する場合は、合計質量が上記範囲内であることが好ましい。

0040

(多官能単量体)
第1の粘着剤層を形成する粘着剤組成物は、分子内に反応性二重結合を2つ以上有する多官能単量体を含有することが好ましい。多官能単量体は反応性二重結合を2つ以上有するものであり、中でも、多官能単量体は反応性二重結合を2つ以上5つ未満有するものであることが好ましく、2つ以上4つ未満有するものであることがより好ましい。

0041

多官能単量体は、1分子内にビスフェノール骨格を有する多官能単量体であることが好ましい。1分子内にビスフェノール骨格を有する多官能単量体を用いることにより、後硬化後の粘着剤層の硬度をより効果的に高めることができる。これにより、後硬化後の粘着剤層の耐アウトガス性と耐カール性をより効果的に高めることができる。また、粘着シートの加工性も高めることができる。

0042

1分子内にビスフェノール骨格を有する多官能単量体としては、例えば、ビスフェノールジグリシジルエーテルジアクリレートプロポキシ化ビスフェノールAのジアクリレート、ビスフェノールFジグリシジルエーテルのジアクリレート等が挙げられる。

0043

多官能単量体として、市販品を使用できる。市販品の例としては、東亞合成社製、二官能モノマーM211B(ビスフェノールAエチレンオキサイド変性ジアクリレート)、東亞合成社製、二官能モノマーM08(ビスフェノールFエチレンオキサイド変性ジアクリレート)、新中化学社製、二官能モノマーA−BPP−3(プロポキシ化ビスフェノールAジアクリレート)等が挙げられる。

0044

また、多官能単量体は、1分子内にアルキレングリコール基を有する多官能単量体であってもよい。このような多官能単量体を重合した場合のホモポリマーガラス転移温度(Tg)は150℃以下であることが好ましく、100℃以下であることがより好ましい。また、1分子内にアルキレングリコール基を有する多官能単量体を重合した場合のホモポリマーのガラス転移温度(Tg)は−35℃以上であることが好ましく、−10℃以上であることがより好ましい。

0045

本発明においては、1分子内にアルキレングリコール基を有する多官能単量体を用いることにより、後硬化後の粘着剤層の硬度を高めると同時に応力緩和性を付与することができ、粘着シートの加工性を高めつつ耐カール性を付与することができる。さらに、ホモポリマーとした際のガラス転移温度(Tg)を150℃以下とすることにより、応力緩和性をより高め、耐カール性を良好にすることができる。

0046

多官能単量体が有するアルキレングリコール基の炭素数は、1〜5であることが好ましく、1〜3であることがより好ましく、2又は3であることが特に好ましい。すなわち、多官能単量体はエチレングリコール基及びプロピレングリコール基から選択される少なくとも1種を有することが好ましい。なお、エチレングリコール基は、−CH2CH2O−であり、プロピレングリコール基は、−CH2CH2CH2O−である。
多官能単量体は、1分子中にアルキレングリコール基を1つ有するものであってもよく、2つ以上有するものであってもよい。多官能単量体1分子中におけるアルキレングリコール基の数は1〜20であることが好ましく、1〜10であることがより好ましい。

0048

多官能単量体として、市販品を使用できる。市販品の例としては、東亞合成社製、三官能モノマーM321(トリメチロールプロパンプロピレンオキサイド変性トリアクリレート、Tg50℃)、二官能モノマーM240(ポリエチレングリコールジアクリレート、Tg50℃)等が挙げられる。

0049

多官能単量体の含有量はアクリル共重合体100質量部に対して、1〜30質量部であることが好ましく、5〜30質量部であることがより好ましい。上記多官能単量体は1種類を単独で用いても2種類以上を併用してもよく、2種類以上を併用する場合は、合計質量が上記範囲内であることが好ましい。多官能単量体の含有量を上記範囲内とすることにより、後硬化後の粘着剤層の硬度をより効果的に高めることができ、粘着シートの耐アウトガス性と耐カール性をより効果的に高めることができる。

0050

(単官能単量体)
第1の粘着剤層を形成する粘着剤組成物は、分子内に反応性二重結合を1つ有する単官能単量体を含有することが好ましい。

0051

単官能単量体としては、例えば、イソボルニルアクリレートイソステアリルアクリレートメチルメタクリレートエチルメタクリレートブチルメタクリレートベンジルメタクリレート、N−アクリロイルオキシエチルヘキサヒドロフタルイミド、アクリルアミド、N,N−ジメチルアクリルアミド、N,N−ジエチルアクリルアミド、アクリロイルモルホリン、ビニルピロリドンなどを挙げることができる。中でも、単官能単量体は、アルキル(メタ)アクリレートであることが好ましく、イソボルニルアクリレート及びイソステアリルアクリレートから選択される少なくとも1種であることが好ましく、イソボルニルアクリレートであることがより好ましい。単官能単量体の市販品の例としては、大阪有機化学工業社製のIBXA、大阪有機化学工業社製のISTA等が挙げられる。

0052

単官能単量体の含有量はアクリル共重合体100質量部に対して、1〜20質量部であることが好ましく、2〜20質量部であることがより好ましい。上記単官能単量体は1種類を単独で用いても2種類以上を併用してもよく、2種類以上を併用する場合は、合計質量が上記範囲内であることが好ましい。

0053

また、単官能単量体と多官能単量体の合計含有量はアクリル共重合体100質量部に対して6〜50質量部であることが好ましく、10〜45質量部であることがより好ましく、15〜40質量部であることがさらに好ましい。単官能単量体と多官能単量体の合計含有量を上記範囲内とすることにより、後硬化後に端面ベタツキが抑制され加工性に優れた粘着シートを得ることができる。また、単官能単量体と多官能単量体の合計含有量を上記範囲内とすることにより、後硬化後の粘着シートの高温耐久性をより効果的に高めることができる。

0054

(重合開始剤)
第1の粘着剤層を形成する粘着剤組成物は重合開始剤を含有することが好ましい。重合開始剤は、活性エネルギー線照射により多官能単量体および/または単官能単量体の重合を開始させるものであることが好ましく、活性エネルギー線照射により多官能単量体と単官能単量体の重合を開始させるものであることがより好ましい。重合開始剤としては、例えば、光重合開始剤など公知のものを用いることができる。
ここで、「活性エネルギー線」とは電磁波または荷電粒子線の中でエネルギー量子を有するものを意味し、紫外線電子線、可視光線X線イオン線等が挙げられる。中でも、汎用性の点から、紫外線または電子線が好ましく、紫外線が特に好ましい。

0055

重合開始剤としては、例えばアセトフェノン開始剤ベンゾインエーテル系開始剤、ベンゾフェノン系開始剤、ヒドロキシアルキルフェノン系開始剤、チオキサントン系開始剤、アミン系開始剤、アシフォスフィンオキシド系開始剤等が挙げられる。
アセトフェノン系開始剤として具体的には、ジエトキシアセトフェノン、ベンジルジメチルケタール等が挙げられる。
ベンゾインエーテル系開始剤として具体的には、ベンゾイン、ベンゾインメチルエーテル等が挙げられる。
ベンゾフェノン系開始剤として具体的には、ベンゾフェノン、o−ベンゾイル安息香酸メチル等が挙げられる。
ヒドロキシアルキルフェノン系開始剤として具体的には、1−ヒドロキシ−シクロヘキシルフェニルケトン(BASFジャパン(株)製、IRGACURE184として市販)等が挙げられる。
チオキサントン系開始剤として具体的には、2−イソプロピルチオキサントン、2,4−ジメチルチオキサントン等が挙げられる。
アミン系開始剤として具体的には、トリエタノールアミン、4−ジメチル安息香酸エチル等が挙げられる。
アシルフォスフィンオキシド系開始剤として具体的には、フェニルビス(2,4,6−トリメチルベンゾイルホスフィンオキシド(BASFジャパン(株)製、IRGACURE819として市販)等が挙げられる。

0056

粘着剤組成物中の重合開始剤の含有量は、単量体の含有量や後硬化させるときの活性エネルギー線の照射量等に応じて適宜選択される。具体的には、単量体の全質量に対し、0.05〜10質量%であることが好ましく、0.1〜5.0質量%であることがより好ましい。上記下限値以上であれば、後硬化により所望の硬さに調整することができるため加工性が優れる。上記上限値以下であれば、後硬化後の分子量が小さくならず、加工性に優れる。重合開始剤としては1種類を単独で用いても2種類以上を併用してもよく、2種類以上を併用する場合は、合計質量が上記範囲内であることが好ましい。

0057

溶剤
第1の粘着剤層を形成する粘着剤組成物は、溶剤を含んでいてもよい。この場合、溶剤は、粘着剤組成物の塗工適性の向上のために用いられる。溶剤としては、例えば、ヘキサンヘプタンオクタントルエンキシレンエチルベンゼンシクロヘキサンメチルシクロヘキサン等の炭化水素類ジクロロメタントリクロロエタントリクロロエチレンテトラクロロエチレンジクロロプロパン等のハロゲン化炭化水素類;メタノールエタノールプロパノールイソプロピルアルコールブタノールイソブチルアルコールジアセトンアルコール等のアルコール類ジエチルエーテルジイソプロピルエーテルジオキサンテトラヒドロフラン等のエーテル類アセトンメチルエチルケトンメチルイソブチルケトンイソホロンシクロヘキサノン等のケトン類酢酸メチル、酢酸エチル、酢酸ブチル酢酸イソブチル酢酸アミル酪酸エチル等のエステル類エチレングリコールモノメチルエーテルエチレングリコールモノエチルエーテル、エチレングリコールモノメチルエーテルアセタートプロピレングリコールモノメチルエーテルプロピレングリコールモノエチルエーテル、プロピレングリコールモノメチルエーテルアセタート等のポリオール及びその誘導体が挙げられる。

0058

粘着剤組成物中の溶剤の含有量は、特に限定されないが、アクリル共重合体100質量部に対し、25〜500質量部が好ましく、30〜400質量部がより好ましい。
また、溶剤の含有量は、粘着剤組成物の全質量に対し、10〜90質量%であることが好ましく、20〜80質量%であることがより好ましい。溶剤は1種類を単独で使用してもよいし、2種類以上を併用してもよく、2種類以上を併用する場合は、合計質量が上記範囲内であることが好ましい。

0059

(他の成分)
第1の粘着剤層は、本発明の効果を損なわない範囲で、上記以外の他の成分を含有してもよい。他の成分としては、粘着剤用の添加剤として公知の成分を挙げることができる。例えば可塑剤酸化防止剤金属腐食防止剤粘着付与剤シランカップリング剤紫外線吸収剤ヒンダードアミン系化合物等の光安定剤等の中から必要に応じて選択できる。また、着色を目的に染料顔料を添加してもよい。
可塑剤としては、例えば酢酸ビニル、プロピオン酸ビニル酪酸ビニルカプロン酸ビニルカプリル酸ビニル、カプリン酸ビニルラウリン酸ビニルミリスチン酸ビニル、パルミチン酸ビニル、ステアリン酸ビニルシクロヘキサンカルボン酸ビニル、安息香酸ビニルのようなカルボン酸ビニルエステル類やスチレン等が挙げられる。
酸化防止剤としては、フェノール系酸化防止剤アミン系酸化防止剤ラクトン系酸化防止剤リン系酸化防止剤イオウ系酸化防止剤等が挙げられる。これら酸化防止剤は1種類を単独で使用してもよいし、2種類以上を併用してもよい。
金属腐食防止剤としては、粘着剤の相溶性や効果の高さから、ベンゾリアゾール系樹脂を好ましい例として挙げることができる。
粘着付与剤として、例えば、ロジン系樹脂テルペン系樹脂テルペンフェノール系樹脂クマロンインデン系樹脂スチレン系樹脂、キシレン系樹脂、フェノール系樹脂石油樹脂などが挙げられる。
シランカップリング剤としては、例えば、メルカプトアルコキシシラン化合物(例えば、メルカプト基置換アルコキシオリゴマー等)などが挙げられる。
紫外線吸収剤としては、例えば、ベンゾトリアゾール系化合物ベンゾフェノン系化合物などが挙げられる。ただし、後硬化時の活性エネルギー線に紫外線を用いる場合は、重合反応阻害しない範囲で添加することが好ましい。

0060

<第2の粘着剤層>
本発明の粘着シートは、第2の粘着剤層を有する。第2の粘着剤層は、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含むアクリル共重合体を含有する。また、第2の粘着剤層は、活性エネルギー線硬化能を有していない。ここで、活性エネルギー線硬化能を有していない状態とは、第2の粘着剤層に活性エネルギー線(高圧水銀灯又はメタルハライドランプ)を積算光量が3000mJ/cm2となるように照射した場合、第2の粘着剤層のゲル分率の上昇率が10質量%未満であることを言う。上記条件で第2の粘着剤層に活性エネルギー線を照射しても粘着剤層のゲル分率が実質的に変化しない場合に、第2の粘着剤層は活性エネルギー線硬化能を有していないと言える。

0061

第2の粘着剤層は、粘着剤組成物を硬化させてなる粘着剤層であることが好ましい。第2の粘着剤層のゲル分率は、30質量%以上であることが好ましく、35質量%以上であることがより好ましく、40質量%以上であることがさらに好ましい。また、第2の粘着剤層のゲル分率は、90質量%以下であることが好ましく、85質量%以下であることがより好ましく、80質量%以下であることがさらに好ましい。

0062

第2の粘着剤層の厚みは、用途に応じて適宜設定でき、特に限定されないが、10μm以上であることが好ましく、20μm以上であることがより好ましく、30μm以上であることがさらに好ましい。また、第2の粘着剤層の厚みは、900μm以下であることが好ましく、800μm以下であることがより好ましく、700μm以下であることがさらに好ましい。第2の粘着剤層の厚みを上記範囲内とすることにより、耐カール性をより効果的に高めることができる。

0063

(粘着剤組成物)
第2の粘着剤層を形成する粘着剤組成物は、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含むアクリル共重合体を含有する。第2の粘着剤層を形成する粘着剤組成物はアルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含むアクリル共重合体に加えて、さらに、架橋剤を含有することが好ましい。

0064

(アクリル共重合体)
第2の粘着剤層を形成する粘着剤組成物に含まれるアクリル共重合体は、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位を含む。アクリル共重合体は、さらに、ヒドロキシ基含有(メタ)アクリレートに由来する単位及びアルキル(メタ)アクリレートに由来する単位を含有することが好ましい。なお、第2の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体において、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量は、第2の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の全質量に対して、15質量%以上であることが好ましく、20質量%以上であることがより好ましい。また、アルコキシアルキル基含有(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量は、第2の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の全質量に対して、50質量%以下であることが好ましく、45質量%以下であることがより好ましく、40質量%以下であることがさらに好ましい。

0065

ヒドロキシ基含有(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量は、第2の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の全質量に対して、10質量%以下であることが好ましく、5質量%以下であることがより好ましい。また、ヒドロキシ基含有(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量は、第2の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の全質量に対して、1質量%以上であることが好ましい。

0066

アクリル共重合体は、アルキル(メタ)アクリレートに由来する単位を含有することが好ましい。アルキル(メタ)アクリレートの例としては、エチル(メタ)アクリレート、ブチル(メタ)アクリレート、2−エチルヘキシル(メタ)アクリレート、ノニル(メタ)アクリレート、デシル(メタ)アクリレート、ラウリル(メタ)アクリレート、セチル(メタ)アクリレート、ステアリル(メタ)アクリレート、ベヘニル(メタ)アクリレート等のアルキル(メタ)アクリレート等が挙げられる。中でも、第2の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体は、ブチル(メタ)アクリレートに由来する単位を含むことが好ましい。ブチル(メタ)アクリレートに由来する単位の含有量は、第2の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の全質量に対して、50質量%以上であることが好ましく、60質量%以上であることがより好ましい。

0067

(架橋剤)
第2の粘着剤層を形成する粘着剤組成物は、架橋剤を含むことが好ましい。架橋剤としては、第1の粘着剤層を形成する粘着剤組成物に含まれ得る架橋剤と同様のものを挙げることができる。

0068

(溶剤)
第2の粘着剤層を形成する粘着剤組成物は、溶剤を含んでいてもよい。溶剤としては、第1の粘着剤層を形成する粘着剤組成物に含まれ得る溶剤と同様のものを挙げることができる。

0069

(他の成分)
第2の粘着剤層は、本発明の効果を損なわない範囲で、上記以外の他の成分を含有してもよい。他の成分としては、第1の粘着剤層を形成する粘着剤組成物に含まれ得る他の成分と同様のものを挙げることができる。

0070

第2の粘着剤層を形成する粘着剤組成物は、実質的に重合開始剤を含まないことが好ましい。第2の粘着剤層を形成する粘着剤組成物に含まれる重合開始剤の含有量は、粘着剤組成物の全質量に対して、0.1質量%以下であることが好ましい。なお、重合開始剤を実質的に含まない粘着剤組成物から第2の粘着剤層を形成した場合、第2の粘着剤層も当然ながら重合開始剤を実質的に含まないが、第1の粘着剤層に含まれる重合開始剤が層間移行する場合もある。このため、第1の粘着剤層が積層された第2の粘着剤層には微量の重合開始剤が含まれていてもよい。

0071

また、第2の粘着剤層を形成する粘着剤組成物は、実質的に多官能単量体や単官能単量体を含まないことが好ましい。第2の粘着剤層を形成する粘着剤組成物に含まれる多官能単量体の含有量は、粘着剤組成物の全質量に対して、0.1質量%以下であることが好ましく、第2の粘着剤層を形成する粘着剤組成物に含まれる単官能単量体の含有量は、粘着剤組成物の全質量に対して、0.1質量%以下であることが好ましい。なお、多官能単量体や単官能単量体を実質的に含まない粘着剤組成物から第2の粘着剤層を形成した場合、第2の粘着剤層も当然ながらこれらの単量体を実質的に含まないが、第1の粘着剤層に含まれる単量体が層間移行する場合もある。このため、第1の粘着剤層が積層された第2の粘着剤層には微量の多官能単量体や単官能単量体が含まれていてもよい。

0072

<各粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の重量平均分子量>
第1の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の重量平均分子量(Mw1)は、100万以下であることが好ましく、95万以下であることがより好ましく、90万以下であることがさらに好ましい。また、第1の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の重量平均分子量(Mw1)は、10万以上であることが好ましく、15万以上であることがより好ましく、20万以上であることがさらに好ましい。
第2の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の重量平均分子量(Mw2)は、100万より大きいことが好ましく、110万以上であることがより好ましく、120万以上であることがさらに好ましい。また、第2の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の重量平均分子量(Mw2)は、300万以下であることが好ましく、250万以下であることがより好ましく、200万以下であることがさらに好ましい。

0073

以上のように、第1の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の重量平均分子量をMw1とし、第2の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の重量平均分子量をMw2とした場合、
Mw1<Mw2であり、かつ、
Mw1≦100万であることが好ましい。
第1の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の重量平均分子量と、第2の粘着剤層に含まれるアクリル共重合体の重量平均分子量を上記条件とすることにより、粘着シートの耐アウトガス性と耐カール性をより効果的に高めることができる。

0074

アクリル共重合体の重量平均分子量は、ゲルパーミエーションクロマトグラフィー(GPC)により測定し、ポリスチレン基準で求めた値である。なお、アクリル共重合体の重量平均分子量は、架橋剤で架橋される前の分子量である。

0075

ゲルパーミエーションクロマトグラフィー(GPC)の測定条件は以下のとおりである。
溶媒:テトラヒドロフラン
カラム:Shodex KF801、KF803L、KF800L、KF800D(昭和電工(株)製を4本接続して使用した)
カラム温度:40℃
試料濃度:0.5質量%
検出器RI−2031plus(JASCO製)
ポンプ:RI−2080plus(JASCO製)
流量(流速):0.8ml/min
注入量:10μl
校正曲線標準ポリスチレンShodex standard ポリスチレン(昭和電工(株)製)Mw=1320〜2,500,000迄の10サンプルによる校正曲線を使用する。

0076

<各粘着剤層の厚みの比>
第1の粘着剤層の厚みをPとし、第2の粘着剤層の厚みをQとした場合、Q/Pの値は、1.5以上であることが好ましく、2以上であることがより好ましく、3以上であることがさらに好ましく、4以上であることが一層好ましく、5以上であることが特に好ましい。なお、Q/Pの値は、20以下であることが好ましい。すなわち、本発明の粘着シートにおいては、第2の粘着剤層の厚みが、第1の粘着剤層の厚みよりも厚いことが好ましい。Q/Pの値を上記範囲内とすることにより、粘着シート全体の応力緩和性を高めることができ、粘着シートの耐カール性をより効果的に高めることができる。

0077

<粘着シートの製造方法>
本発明の粘着シートの製造方法は、第1の剥離シート上に第1の粘着剤組成物を塗工し、第1の粘着剤層を形成する工程と、第2の剥離シート上に第2の粘着剤組成物を塗工し、第2の粘着剤層を形成する工程と、第1の粘着剤層と第2の粘着剤層を積層する工程を含むことが好ましい。第1の粘着剤層が半硬化状態である場合、第1の粘着剤層を形成する工程は、第1の剥離シート上に第1の粘着剤組成物を塗工して塗膜を形成する工程と、この塗膜を加熱により半硬化状態の硬化物とする工程を含むことが好ましい。塗膜の加熱により、アクリル共重合体および架橋剤の反応が進行して半硬化状態の硬化物(粘着剤層)が形成される。また、第2の粘着剤層を形成する工程においても、第2の剥離シート上に第2の粘着剤組成物を塗工して塗膜を形成する工程と、この塗膜を加熱により硬化物とする工程を含むことが好ましい。
なお、第1の粘着剤層と第2の粘着剤層を形成する工程では、塗工後溶剤を除去した後に、一定温度で一定期間粘着シートを静置するエージング処理する工程を設けてもよい。エージング処理工程は例えば、23℃で7日間静置して行うことができる。

0078

粘着剤組成物の塗工は、公知の塗工装置を用いて実施できる。塗工装置としては、例えば、ブレードコーターエアナイフコーターロールコーターバーコーターグラビアコーターマイクログラビアコーター、ロッドブレードコーター、リップコーターダイコーターカーテンコーター等が挙げられる。

0079

粘着剤組成物を塗工して形成される塗膜の加熱には、加熱炉赤外線ランプ等の公知の加熱装置を用いることができる。

0080

第1の粘着剤層が半硬化状態である場合には、第1の粘着剤層を樹脂板等の被着体に貼合した後に活性エネルギー線を照射することで後硬化することができる。これにより、第1の粘着剤層は被着体に強固に密着し、樹脂板等の被着体からアウトガスが発生しても、浮きや剥がれなどが生じることを抑制できる。

0081

<粘着シートの用途>
本発明の粘着シートは、耐アウトガス性に優れている。このため、粘着シートの第1の粘着剤層を樹脂板等の被着体に貼合し、後硬化させた後、高湿熱環境下に曝した場合であっても、気泡の発生を抑制することができる。本発明の粘着シートは、樹脂板に貼合する用途に用いられる粘着シートであることが好ましく、樹脂板としては、ポリカーボネート板を挙げることができる。すなわち、本発明の粘着シートは、ポリカーボネート板貼合用の粘着シートであることが好ましい。ポリカーボネート板としては、例えば、射出成型用PC等を挙げることができる。

0082

本発明の粘着シートは、第1の粘着剤層を樹脂板に直接貼合する用途に用いられる粘着シートであることが好ましいが、第1の粘着剤層を樹脂板に間接的に貼合する用途で用いられてもよい。例えば、ポリカーボネート基材を含む多層基材に貼合されてもよい。このような多層基材は、ポリカーボネート層ハードコート層を有する基材であることが好ましい。ハードコート層の組成アクリル系、ウレタン系、シリコーン系メラミン系、エポキシ系から選択されることが好ましく、アクリル系、シリコーン系がより好ましい。ハードコート層の組成は加工性と硬度の点からアクリル系がより好ましい。
ポリカーボネート基材を含む多層基材としては、例えば、三菱ガス化学(株)製のMR−58やIMR05等を用いることができる。ここで、MR−58の構成は、HC(ハードコート)/PMMAポリメチルメタクリレート)/PC(ポリカーボネート)/HC(ハードコート)である。MR−58の全体の厚みは0.3mm〜1.2mmであり、ハードコート層の1層の厚みは、0.0005mm〜0.02mmであることが好ましい。また、IMR05の構成は、HC(ハードコート)/PC(ポリカーボネート)である。

0083

また、本発明の粘着シートは、第1の粘着剤層を偏光板などの光学部材に貼合するものであってもよい。ここで、偏光板とは、偏光子偏光子保護フィルムを含むものであり、本発明の粘着シートは偏光子保護フィルムに貼合されることが好ましい。偏光子保護フィルムとしては、シクロオレフィン系樹脂フィルムトリアセチルセルロースジアセチルセルロースなどの酢酸セルロース系樹脂フィルムポリエチレンテレフタレートポリエチレンナフタレートポリブチレンテレフタレートなどのポリエステル系樹脂フィルムポリカーボネート系樹脂フィルムアクリル系樹脂フィルムポリプロピレン系樹脂フィルムなどが挙げられる。特に、偏光子保護フィルムが酢酸セルロース系樹脂フィルムである場合、本発明の粘着シートを用いることによって、気泡発生抑制効果が発揮される。

0084

本発明の粘着シートは、第2の粘着剤層をガラス板に貼合する用途で用いられることが好ましい。なお、第2の粘着剤層はPETフィルム等の樹脂板に貼合するものであってもよい。

0085

<積層体>
上述したように、粘着シートの第1の粘着剤層は樹脂板に貼合され、第2の粘着剤層はガラス板に貼合されることが好ましい。このように、本発明は、粘着シートを介して、樹脂板とガラス板を貼合した積層体に関するものであってもよい。この場合、粘着シートの第1の粘着剤層側に、樹脂板が貼合され、粘着シートの第2の粘着剤層側に、ガラス板が貼合される。そして、積層体の最終形態においては、第1の粘着剤層は、活性エネルギー線を照射することで硬化した粘着剤層となる。ここで、樹脂板は透明樹脂板であることが好ましく、ポリカーボネート板であることが特に好ましい。

0086

図2は、本発明の積層体100の構成を説明する断面図である。図2に示されるように、積層体100においては、第1の粘着剤層10と、第2の粘着剤層20からなる粘着シート1を介して樹脂板50aと、ガラス板50bが貼合されている。なお、図2においては、被着体として樹脂板50aとガラス板50bを例示したが、本発明の積層体における被着体はこれらに限定されるものではない。

0087

なお、樹脂板やガラス板は光学部材を構成する部材であることが好ましい。例えば、樹脂板やガラス板は、タッチパネルや画像表示装置等の光学製品における各構成部材であることが好ましい。すなわち、本発明の粘着シートは光学部材貼合用の粘着シートであることが好ましい。例えば、本発明の粘着シートは、透明光学用フィルムガラスとの貼合、カバーガラスと透明光学用フィルムとの貼合などに用いられ、透明光学用フィルムがポリカーボネート基材である場合に好ましく用いられる。

0088

<積層体の製造方法>
本発明は、上述した粘着シートを用いた積層体の製造方法に関するものであってもよい。積層体の製造方法は、上述した粘着シートの第1の粘着剤層を樹脂板に貼合し、第2の粘着剤層をガラス板に貼合した後、樹脂板側から活性エネルギー線を照射して第1の粘着剤層を硬化させる工程を含むことが好ましい。ここで、樹脂板は透明樹脂板であることが好ましく、ポリカーボネート板であることが特に好ましい。第1の粘着剤層は、半硬化状態で樹脂板に貼合され、その後、活性エネルギー線が照射されることで、第1の粘着剤層は後硬化する。このように、半硬化状態の第1の粘着剤層を樹脂板に貼合することにより、樹脂板への初期密着性を高めることができる。そして、第1の粘着剤層を樹脂板に貼合した後、第1の粘着剤層を活性エネルギー線で後硬化させることで、第1の粘着剤層の凝集力が高まり、樹脂板への粘着性が向上する。これにより、粘着シートの耐アウトガス性を高めることができる。

0089

活性エネルギー線としては、紫外線、電子線、可視光線、X線、イオン線等が挙げられ、粘着剤層に含まれる重合開始剤に応じて適宜選択できる。中でも、汎用性の点から、紫外線または電子線が好ましく、紫外線が特に好ましい。
紫外線の光源としては、例えば、高圧水銀灯、低圧水銀灯超高圧水銀灯、メタルハライドランプ、カーボンアークキセノンアーク無電極紫外線ランプ等を使用できる。
電子線としては、例えば、コックロフトワルト型、バンデクラフ型、共振変圧型、絶縁コア変圧器型、直線型ダイナミトロン型、高周波型等の各種類の電子線加速器から放出される電子線を使用できる。
紫外線の照射出力は、積算光量が100〜10000mJ/cm2となるようにすることが好ましく、500〜5000mJ/cm2となるようにすることがより好ましい。

0090

以下に実施例と比較例を挙げて本発明の特徴をさらに具体的に説明する。以下の実施例に示す材料、使用量、割合、処理内容処理手順等は、本発明の趣旨を逸脱しない限り適宜変更することができる。したがって、本発明の範囲は以下に示す具体例により限定的に解釈されるべきではない。

0091

[実施例1]
<第1の粘着剤層の形成>
アクリル共重合体A1を、酢酸エチル中での溶液重合により作製した。2−メトキシエチルアクリレートモノマー(MEA)、2−ヒドロキシエチルアクリレートモノマー(2HEA)、メチルメタクリレート(MMA)、ジメチルアクリルアミド(DMAA)及びブチルアクリレート(BA)を質量比で70:10:10:5:5となるように配合し、ラジカル重合開始剤としてAIBN(アゾビスイソブチロニトリル)を溶液へ溶解した。溶液を60℃に加熱してランダム共重合させ、アクリル共重合体A1を得た。このアクリル共重合体A1の35質量%溶液の23℃における溶液粘度は2000mPa・sであった。

0092

アクリル共重合体A1 100質量部に対して、架橋剤としてキシリレンジイソシアネート化合物(三井化学(株)製、タケネートD−110N)を1.0質量部、多官能単量体として、ビスフェノールAエチレンオキサイド変性ジアクリレート(東亞合成(株)社製、アロニックスM211B)を12質量部、単官能単量体として、イソボルニルアクリレート(大阪有機(株)社製、IBXA)を12質量部、重合開始剤として1−ヒドロキシ−シクロヘキシル−フェニル−ケトン(BASFジャパン(株)製、IRGACURE184)を0.5質量部添加し、固形分濃度が35質量%となるように溶剤として酢酸エチルを添加して第1の粘着剤組成物A1を得た。

0093

上記第1の粘着剤組成物A1を、第1の剥離シート(軽セパレータフィルム、帝人デュポンフィルム(株)製、離型処理されたポリエチレンテレフタレートフィルム)上へ塗工した。塗工は、ヨシミツ精機株式会社製、ドクターブレードD型を用いて、乾燥後の厚みが25μmとなるように行った。その後、熱風乾燥機にて100℃で3分間乾燥させて溶剤を除去し、半硬化状態の第1の粘着剤層を形成した。

0094

<第2の粘着剤層の形成>
アクリル共重合体B1を、酢酸エチル中での溶液重合により作製した。2−メトキシエチルアクリレートモノマー(MEA)、2−ヒドロキシエチルアクリレートモノマー(2HEA)及びブチルアクリレート(BA)を質量比で30:2:68となるように配合し、ラジカル重合開始剤としてAIBN(アゾビスイソブチロニトリル)を溶液へ溶解した。溶液を60℃に加熱してランダム共重合させ、アクリル共重合体B1を得た。このアクリル共重合体B1の25質量%溶液の23℃における溶液粘度は7000mPa・sであった。

0095

アクリル共重合体B1 100質量部に対して、架橋剤としてキシリレンジイソシアネート化合物(三井化学(株)製、タケネートD−110N)を0.8質量部添加し、固形分濃度が24質量%となるように溶剤として酢酸エチルを添加して第2の粘着剤組成物B1を得た。

0096

上記第2の粘着剤組成物B1を、第1の剥離シートより剥離性の低い離型処理が施された第2の剥離シート(重セパレータフィルム、帝人デュポンフィルム(株)製)上へ塗工した。塗工は、ヨシミツ精機株式会社製、ドクターブレードYD型を用いて、乾燥後の厚みが150μmとなるように行った。その後、熱風乾燥機にて100℃で3分間乾燥させて溶剤を除去し、第2の粘着剤層を形成した。

0097

<粘着シートの形成>
第1の剥離シートを備えた第1の粘着剤と、第2の剥離シートを備えた第2の粘着剤層を、粘着剤層同士が接するようにハンドローラーを用いて貼合した。このようにして、第1の粘着剤層と第2の粘着剤層が直接積層してなる粘着シートを得た。

0098

[実施例2]
実施例1のアクリル共重合体A1の合成において、2−メトキシエチルアクリレートモノマー(MEA)、2−ヒドロキシエチルアクリレートモノマー(2HEA)、メチルメタクリレート(MMA)、ジメチルアクリルアミド(DMAA)及びブチルアクリレート(BA)の質量比を50:10:15:10:15に変更した以外は、実施例1と同様にして、第1の粘着剤組成物A2を得た。第1の粘着剤層を第1の粘着剤組成物A2から形成した以外は、実施例1と同様にして、実施例2の粘着シートを得た。

0099

[実施例3]
実施例1のアクリル共重合体A1の合成において、2−メトキシエチルアクリレートモノマー(MEA)、2−ヒドロキシエチルアクリレートモノマー(2HEA)、メチルメタクリレート(MMA)、ジメチルアクリルアミド(DMAA)及びブチルアクリレート(BA)の質量比を80:8:7:2:3に変更した以外は、実施例1と同様にして、第1の粘着剤組成物A3を得た。第1の粘着剤層を粘着剤組成物A3から形成した以外は、実施例1と同様にして、実施例3の粘着シートを得た。

0100

[比較例1]
第2の粘着剤層を積層せず、第1の粘着剤層の厚みを175μmに変更した以外は、実施例1と同様にして第1の粘着剤層のみからなる粘着シートを得た。

0101

[比較例2]
実施例1のアクリル共重合体B1を第1の粘着剤層に用いて第2の粘着剤層を積層せず、第1の粘着剤層の厚みを175μmに変更した以外は、実施例1と同様にして第1の粘着剤層のみからなる粘着シートを得た。

0102

[比較例3]
第1の剥離シート(軽セパレータフィルム、帝人デュポンフィルム(株)製、離型処理されたポリエチレンテレフタレートフィルム)上に塗工する粘着剤組成物を粘着剤組成物B1とし第2の剥離シート(重セパレータフィルム、帝人デュポンフィルム(株)製)上に塗工する粘着剤組成物を粘着剤組成物A1とした以外は、実施例1と同様にして第1の粘着剤層と第2の粘着剤層が直接積層してなる粘着シートを得た。但し、各粘着剤層の厚みは表1のとおりとした。

0103

[測定及び評価]
<耐アウトガス>
まず、粘着シートの軽セパレータフィルムである第1の剥離シートを剥がし、露出した粘着剤層を厚み1mmのPC板(帝人(株)製のパンライトシートPC−1151)に貼合した。次に重セパレータフィルムである第2の剥離シートを剥がし、露出した粘着剤層を100mm×200mmの大きさのガラス板の全面に貼着した。PC板/第1の粘着剤層/第2の粘着剤層/ガラス板の構成のサンプルをオートクレーブ処理(40℃、0.5MPa、30min)し、次いで、ガラス板側より紫外線を積算光量が3000mJ/cm2となるように照射し、試験サンプルを得た。試験サンプルを85℃、相対湿度85%の環境下に置き、2時間後および100時間後の気泡、浮き・剥がれを観察した。
○:2時間後、および100時間後でも気泡、浮き・剥がれがない
△:2時間後に気泡または浮き・剥がれが観察されるが100時間後には気泡、浮き・剥がれがない
×:2時間後にも100時間後にも気泡、浮き・剥がれがある。

0104

<耐カール>
アウトガス評価用と同様にしてPC板/第1の粘着剤層/第2の粘着剤層/ガラス板の構成の100mm×200mmの大きさの試験サンプルを作製した。試験サンプルを105℃、dry環境下に1時間置いた後、23℃、相対湿度50%の環境に置いた。23℃、相対湿度50%の環境に置いてから5分経過後に試験サンプルの各辺の浮いた高さを測定して4辺の高さの平均値を求めて下記基準で評価した。
○:4辺の平均の高さが2mm以下
×:4辺の平均の高さが2mmより大きい

0105

実施例

0106

上記表1より、実施例の粘着シートは、耐アウトガス性に優れることがわかった。また、実施例の粘着シートは優れた耐カール性も有していた。一方、比較例の粘着シートにおいては、耐アウトガス性が十分ではなく、比較例1においては、耐カール性も劣っていた。

0107

1粘着シート
10 第1の粘着剤層
20 第2の粘着剤層
50a樹脂板
50bガラス板
100 積層体

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 東洋インキSCホールディングス株式会社の「 溶剤型粘着剤組成物および粘着シート」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】 低温〜常温(−10〜25℃程度)での粘着力とタック性に優れると共に、高温(40℃以上)での保持力と加工性に優れた溶剤型粘着剤組成物を提供すること。【解決手段】 共重合体、硬化剤、粘着付与... 詳細

  • 住友化学株式会社の「 穴あき積層体の製造方法及び製造装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】積層方向に貫通する穴を有する穴あき積層体を効率よく製造するための穴あき積層体の製造方法及び製造装置を提供する。【解決手段】積層方向に貫通する穴11cを有する穴あき積層体10cの製造方法は、1以... 詳細

  • 日本電気硝子株式会社の「 透明物品」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】本発明は、解像度の低下を抑制しつつ、指の滑りを良くすることのできる透明物品を提供することを課題とする。透明物品(10)は、透明基材(11)を備えている。透明基材(11)の主面には、粗... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ