図面 (/)

技術 油、皮膜形成ポリマー、モノアルコールおよび粒子材料を含む無水液体組成物

出願人 ロレアル
発明者 ウリエル・クラヴェル
出願日 2019年11月14日 (1年0ヶ月経過) 出願番号 2019-206236
公開日 2020年3月12日 (8ヶ月経過) 公開番号 2020-037583
状態 未査定
技術分野 化粧料
主要キーワード 推奨範囲 シリケート単位 大豆脂肪 粘着作用 エアロゲル粒子 スダンブラウン 樹脂油 フッ素化有機基
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年3月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

塗布の際の粘着作用を実質的に減少させ、実際にさらにはなくすこと、皮膚への延展および浸透ならびに快適性および良好な光沢という良好な特性を得ること、および経時的な持ちの良好な特性を得ることを可能にし、および/または透明な塩析(懸濁粒子を含まない)およびケーキの容易で均一な再分散によって反映される粒子の「クリーンな」沈降を得ることを可能にする、粒子材料ベースとし、かつ高含量の不揮発性油を有する新規液体ケアおよび/またはメイクアップ組成物を求める必要性が存在する。

解決手段

本発明は、特に、ケラチン物質、特に皮膚をケアし、および/またはメイクアップするための無水液体組成物であって、好ましくは、生理学的に許容される媒体中に:a)以下のもの:i)少なくとも1つの不揮発性油およびii)少なくとも1つの揮発性炭化水素油を含む油性相と、b)2〜8個の炭素原子を含む少なくとも1つのモノアルコールと、c)以下のもの:(i)MQ型のシリコーン樹脂、(ii)シルセスキオキサン樹脂、(iii)カルボシロキサンデンドリマーグラフトされたビニルポリマー、(iv)それらの混合物から選択される少なくとも1つの親油性皮膜形成ポリマーと、d)少なくとも1つの粒子材料とを含み、組成物の総重量に対して少なくとも15重量%の不揮発性油を含む組成物に関する。本発明はまた、ケラチン物質を被覆するための、より特定的に、皮膚などのケラチン物質をメイクアップし、および/またはケアするための方法であって、上述される組成物の、ケラチン物質への塗布を含むことを特徴とする方法に関する。

概要

背景

高粘度である必要はなく、むしろ支持体とできるだけ混じり合うべきである付着物の形態で、皮膚上で容易にかつ迅速に伸び化粧用メイクアップまたはケア製品消費者はますます求めている。

高含量の不揮発性油を含み、特に、高い屈折率(n≧1.450)を有する、皮膚をメイクアップし、および/またはケアするための液体製品が、皮膚への延展および浸透ならびに快適性および良好な光沢という良好な特性を得ることを可能にすることが、当業者に公知である。

液体メイクアップ製品の例として、液体ファンデーション、液体リップグロスが挙げられ、またはさらにケア分野では、保湿剤および皮膚軟化剤性製品または日焼け止めオイルが挙げられる。

この高含量の不揮発性油は、塗布の際のべたつきおよび粘着性感触ならびに経時的な皮膚における付着物の持ちの悪さをもたらす傾向がある。

高い油含量を有し、かつ顔料などの粒子材料ベースとした液体配合物では、時間とともに前記材料を懸濁状態に保つのが難しく;前記材料は沈降し、再分散するのが非常に難しい塊(「ケーキ」)を形成する。

(特許文献1)には、モノアルコールを多く含み、かつマットさの良好な持ちを得るために、カルボシロキサンデンドリマーグラフトされたビニルポリマーから選択される親油性皮膜形成ポリマーを含む液体メイクアップ組成物が開示されている。赤色有機顔料をベースとする液体アルコール性メイクアップ組成物も、(特許文献2)から知られている。これらの文献は、顔料の存在下で多量の揮発性油を使用する問題に言及していない。これらの組成物は、組成物中に低含量の不揮発性油を含み、塗布の際の快適性に関して完全に満足のいくものではない。

概要

塗布の際の粘着作用を実質的に減少させ、実際にさらにはなくすこと、皮膚への延展および浸透ならびに快適性および良好な光沢という良好な特性を得ること、および経時的な持ちの良好な特性を得ることを可能にし、および/または透明な塩析(懸濁粒子を含まない)およびケーキの容易で均一な再分散によって反映される粒子の「クリーンな」沈降を得ることを可能にする、粒子材料をベースとし、かつ高含量の不揮発性油を有する新規な液体ケアおよび/またはメイクアップ組成物を求める必要性が存在する。本発明は、特に、ケラチン物質、特に皮膚をケアし、および/またはメイクアップするための無水液体組成物であって、好ましくは、生理学的に許容される媒体中に:a)以下のもの:i)少なくとも1つの不揮発性油およびii)少なくとも1つの揮発性炭化水素油を含む油性相と、b)2〜8個の炭素原子を含む少なくとも1つのモノアルコールと、c)以下のもの:(i)MQ型のシリコーン樹脂、(ii)シルセスキオキサン樹脂、(iii)カルボシロキサンデンドリマーでグラフトされたビニルポリマー、(iv)それらの混合物から選択される少なくとも1つの親油性皮膜形成ポリマーと、d)少なくとも1つの粒子材料とを含み、組成物の総重量に対して少なくとも15重量%の不揮発性油を含む組成物に関する。本発明はまた、ケラチン物質を被覆するための、より特定的に、皮膚などのケラチン物質をメイクアップし、および/またはケアするための方法であって、上述される組成物の、ケラチン物質への塗布を含むことを特徴とする方法に関する。なし

目的

本発明に係る新規な効果の同時の表示を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

好ましくは、生理学的に許容される媒体中に:a)以下のもの:i)少なくとも1つの不揮発性油およびii)少なくとも1つの揮発性炭化水素油を含む油性相と、b)2〜8個の炭素原子を含む少なくとも1つのモノアルコールと、c)以下のもの:(i)MQ型のシリコーン樹脂、(ii)シルセスキオキサン樹脂、(iii)カルボシロキサンデンドリマーグラフトされたビニルポリマー、(iv)それらの混合物から選択される少なくとも1つの親油性皮膜形成ポリマーと、d)少なくとも1つの粒子材料とを含む無水液体組成物であって、前記組成物の総重量に対して少なくとも15重量%の不揮発性油を含む組成物。

請求項2

本発明に係る前記油性相が、1.450以上の屈折率nを有する少なくとも1つの不揮発性油を含み、前記不揮発性油が、好ましくは、−1.450以上の屈折率nを有する不揮発性炭化水素油、−1.450以上の屈折率nを有するフェニルシリコーン、−それらの混合物から選択される、請求項1に記載の組成物。

請求項3

1.450以上の屈折率nを有する前記不揮発性炭化水素油が、−鉱物または合成由来の直鎖状または分枝鎖炭化水素;−脂肪酸合成エステル;−植物由来炭化水素油;−ポリオキシプロピレンまたはポリオキシエチレン基を含む油;−それらの混合物から選択される、請求項2に記載の組成物。

請求項4

1.450以上の屈折率nを有する前記不揮発性炭化水素油が、分枝鎖状C18〜C36脂肪酸トリグリセリドリンゴ酸ジイソステアリルトリメリット酸トリデシルおよびそれらの混合物から選択され、特に、分枝鎖状C18〜C36脂肪酸トリグリセリド、リンゴ酸ジイソステアリルおよびトリメリット酸トリデシルの混合物である、請求項1〜3のいずれか一項に記載の組成物。

請求項5

前記不揮発性油性相が、1.450以上の屈折率nを有する1つまたは複数の不揮発性油と、1.450未満の屈折率を有する1つまたは複数の不揮発性油との混合物を含む、請求項1〜4のいずれか一項に記載の組成物。

請求項6

1.450未満の屈折率nを有する前記不揮発性油が、10〜40個の炭素原子を有する合成エーテル、特に、ジカプリリルエーテルから選択される、請求項5に記載の組成物。

請求項7

前記不揮発性油が、分枝鎖状C18〜C36脂肪酸とグリセロールとのトリグリセリド、リンゴ酸ジイソステアリル、トリメリット酸トリデシルおよびジカプリリルエーテルの混合物である、請求項1〜6のいずれか一項に記載の組成物。

請求項8

前記1つまたは複数の不揮発性油が、前記組成物の総重量に対して、少なくとも30重量%、好ましくは、少なくとも45重量%、特に、15重量%〜85重量%の範囲、より特定的に、30重量%〜60重量%の範囲、さらにより特定的に、45重量%〜55重量%の濃度で存在する、請求項1〜7のいずれか一項に記載の組成物。

請求項9

1.450以上の屈折率nを有する前記1つまたは複数の不揮発性油が、前記組成物の総重量に対して、15重量%〜65重量%の範囲、より特定的に、30重量%〜60重量%の範囲、さらにより特定的に、45重量%〜55重量%の濃度で存在する、請求項2〜7のいずれか一項に記載の組成物。

請求項10

前記揮発性炭化水素油が、C8〜C16イソアルカン、特に、イソドデカンから選択される、請求項1〜9のいずれか一項に記載の組成物。

請求項11

前記1つまたは複数の揮発性炭化水素油が、前記組成物の総重量に対して、10重量%〜30重量%の範囲、より特定的に、12重量%〜25重量%の範囲の濃度で存在する、請求項1〜10のいずれか一項に記載の組成物。

請求項12

少なくとも1つの揮発性シリコーン油、特に、ドデカメチルペンタシロキサンをさらに含む、請求項1〜11のいずれか一項に記載の組成物。

請求項13

2〜8個の炭素原子を含む前記モノアルコールが、エタノールである、請求項1〜12のいずれか一項に記載の組成物。

請求項14

モノアルコールの量が、前記組成物の総重量に対して、好ましくは、少なくとも8重量%、より好ましくは、少なくとも10重量%であり、前記組成物の総重量に対して、特に、8重量%〜40重量%、より特定的に、10重量%〜20重量%、さらにより特定的に、10重量%〜15重量%で変化する、請求項1〜13のいずれか一項に記載の組成物。

請求項15

前記1つまたは複数の親油性皮膜形成ポリマーが、−トリメチルシロキシシリケート型のMQ型のシリコーン樹脂;−フェニルアルキルシロキシシリケート型のMQ型の樹脂;−ポリプピルシルセスキオキサンまたはt−プロピルシルセスキオキサン樹脂;−カルボシロキサンデンドリマーに由来する少なくとも1つの単位でグラフトされたビニルポリマーから選択される、請求項1〜14のいずれか一項に記載の組成物。

請求項16

前記親油性皮膜形成ポリマーが、ポリプロピルシルセスキオキサンまたはt−プロピルシルセスキオキサン樹脂である、請求項1〜15のいずれか一項に記載の組成物。

請求項17

前記親油性皮膜形成ポリマーが、前記組成物の総重量に対して、0.1重量%〜20重量%、特に、0.5重量%〜15重量%、より特定的に、0.5重量%〜10重量%、好ましくは、0.5重量%〜4重量%の活性材料含量で存在する、請求項1〜16のいずれか一項に記載の組成物。

請求項18

前記粒子材料が、顔料充填剤およびそれらの混合物から選択される、請求項1〜17のいずれか一項に記載の組成物。

請求項19

充填剤として、少なくとも、トリメチルシリル基および/または親油性粘土表面修飾された疎水性シリカエアロゲル粒子、特に、ジステアリルジメチルアンモニウムクロリドによって修飾されたヘクトライトを含む、請求項1〜18のいずれか一項に記載の組成物。

請求項20

特に、オキシアルキレン化、好ましくは、オキシエチレンポリジメチルシロキサンから選択される少なくとも1つのシリコーン界面活性剤をさらに含む、請求項1〜19のいずれか一項に記載の組成物。

請求項21

0.02〜0.8Pa.sの範囲、好ましくは、0.04〜0.4Pa.sの範囲、さらにより好ましくは、0.04〜0.1Pa.sの範囲の粘度を示す、請求項1〜20のいずれか一項に記載の組成物。

請求項22

ケラチン物質被覆するための、より特定的に、ケラチン物質、例えば皮膚をメイクアップし、および/またはケアするための方法であって、請求項1〜21のいずれか一項に記載の組成物の、前記ケラチン物質への塗布を含むことを特徴とする方法。

技術分野

0001

本発明は、特に、ケラチン物質、特に皮膚をケアし、および/またはメイクアップするための無水液体組成物であって、好ましくは、生理学的に許容される媒体中に:
a)以下のもの:
i)少なくとも1つの不揮発性油および
ii)少なくとも1つの揮発性炭化水素油
を含む油性相と、
b)2〜8個の炭素原子を含む少なくとも1つのモノアルコールと、
c)以下のもの:
(i)MQ型のシリコーン樹脂
(ii)シルセスキオキサン樹脂
(iii)カルボシロキサンデンドリマーグラフトされたビニルポリマー
(iv)それらの混合物
から選択される少なくとも1つの親油性皮膜形成ポリマーと、
d)少なくとも1つの粒子材料とを含み、組成物の総重量に対して少なくとも15重量%の不揮発性油を含む組成物に関する。

0002

本発明はまた、ケラチン物質を被覆するための、より特定的に、皮膚などのケラチン物質をメイクアップし、および/またはケアするための方法であって、上述される組成物の、ケラチン物質への塗布を含むことを特徴とする方法に関する。

背景技術

0003

高粘度である必要はなく、むしろ支持体とできるだけ混じり合うべきである付着物の形態で、皮膚上で容易にかつ迅速に伸び化粧用メイクアップまたはケア製品消費者はますます求めている。

0004

高含量の不揮発性油を含み、特に、高い屈折率(n≧1.450)を有する、皮膚をメイクアップし、および/またはケアするための液体製品が、皮膚への延展および浸透ならびに快適性および良好な光沢という良好な特性を得ることを可能にすることが、当業者に公知である。

0005

液体メイクアップ製品の例として、液体ファンデーション、液体リップグロスが挙げられ、またはさらにケア分野では、保湿剤および皮膚軟化剤性製品または日焼け止めオイルが挙げられる。

0006

この高含量の不揮発性油は、塗布の際のべたつきおよび粘着性感触ならびに経時的な皮膚における付着物の持ちの悪さをもたらす傾向がある。

0007

高い油含量を有し、かつ顔料などの粒子材料をベースとした液体配合物では、時間とともに前記材料を懸濁状態に保つのが難しく;前記材料は沈降し、再分散するのが非常に難しい塊(「ケーキ」)を形成する。

0008

(特許文献1)には、モノアルコールを多く含み、かつマットさの良好な持ちを得るために、カルボシロキサンデンドリマーでグラフトされたビニルポリマーから選択される親油性皮膜形成ポリマーを含む液体メイクアップ組成物が開示されている。赤色有機顔料をベースとする液体アルコール性メイクアップ組成物も、(特許文献2)から知られている。これらの文献は、顔料の存在下で多量の揮発性油を使用する問題に言及していない。これらの組成物は、組成物中に低含量の不揮発性油を含み、塗布の際の快適性に関して完全に満足のいくものではない。

先行技術

0009

特許出願欧州特許第2 699 636号明細書
仏国特許第3005857号明細書

発明が解決しようとする課題

0010

したがって、塗布の際の粘着作用を実質的に減少させ、実際にさらにはなくすこと、皮膚への延展および浸透ならびに快適性および良好な光沢という良好な特性を得ること、および経時的な持ちの良好な特性を得ることを可能にし、および/または透明な塩析(懸濁粒子を含まない)およびケーキの容易で均一な再分散によって反映される粒子の「クリーンな」沈降を得ることを可能にする、粒子材料をベースとし、かつ高含量の不揮発性油を有する新規な液体ケアおよび/またはメイクアップ組成物を求める必要性が存在する。

課題を解決するための手段

0011

その調査研究の際、本出願人は、予想外に、これらの目的が、好ましくは、生理学的に許容される媒体中に:
a)以下のもの:
i)少なくとも1つの不揮発性油および
ii)少なくとも1つの揮発性炭化水素油
を含む油性相と、
b)組成物の総重量に対して2〜8個の炭素原子を含む少なくとも1つのモノアルコールと、
c)以下のもの:
(i)MQ型のシリコーン樹脂、
(ii)シルセスキオキサン樹脂、
(iii)カルボシロキサンデンドリマーでグラフトされたビニルポリマー、
(iv)それらの混合物
から選択される少なくとも1つの親油性皮膜形成ポリマーと、
d)少なくとも1つの粒子材料とを含む無水液体組成物であって、組成物の総重量に対して少なくとも15重量%の不揮発性油を含む組成物を使用することによって達成され得ることを発見した。

0012

この発見は、本発明の基礎を成す。

0013

したがって、本発明の第1の主題は、特に、ケラチン物質、特に皮膚をケアし、および/またはメイクアップするための無水液体組成物であって、好ましくは、生理学的に許容される媒体中に:
a)以下のもの:
i)少なくとも1つの不揮発性油および
ii)少なくとも1つの揮発性炭化水素油
を含む油性相と、
b)組成物の総重量に対して2〜8個の炭素原子を含む少なくとも1つのモノアルコールと、
c)以下のもの:
(i)MQ型のシリコーン樹脂、
(ii)シルセスキオキサン樹脂、
(iii)カルボシロキサンデンドリマーでグラフトされたビニルポリマー、
(iv)それらの混合物
から選択される少なくとも1つの親油性皮膜形成ポリマーと、
d)少なくとも1つの粒子材料とを含み、組成物の総重量に対して少なくとも15重量%の不揮発性油を含む組成物である。

0014

本発明はまた、ケラチン物質を被覆するための、より特定的に、皮膚などのケラチン物質をメイクアップし、および/またはケアするための方法であって、上述される組成物の、ケラチン物質への塗布を含むことを特徴とする方法に関する。

0015

定義
本発明に関して、「ケラチン物質」という用語は、睫毛、好ましくは皮膚、より特定的に、顔、、眼または眼瞼輪郭を意味するものと理解される。

0016

「生理学的に許容される」という用語は、皮膚および/またはその表面身体成長物(superficial body growth)と適合し、好ましい色、香りおよび感触を示し、この組成物の使用を消費者に断念させる傾向がある許容できない不快感ヒリヒリ感、こわばり(tautness)、発赤)を生じないことを意味するものと理解される。

0017

本発明の意味の範囲内で、「無水組成物」という表現は、その総重量に対して、5重量%未満の水、好ましくは、2重量%未満の水、実際にさらには、0.5%未満の水を含む組成物、特に、水を含まない組成物を示す。

0018

「粒子材料」という用語は、本発明の組成物に不溶性および分散性である粒子の形態の任意の化合物を意味するものと理解され、前記材料は、親油性皮膜形成ポリマーと異なる。

0019

本発明に係る組成物は、液体の形態で提供される。「液体組成物」という用語は、周囲温度(25℃)および大気圧(1.013×105Pa)で液体であり、より特定的に、0.02〜0.8Pa.sの範囲、好ましくは、0.04〜0.4Pa.sの範囲、さらにより好ましくは、0.04〜0.1Pa.sの範囲の粘度を示す組成物を意味するものと理解される。

0020

粘度の測定は、一般に、No.2スピンドルを備えたRheomat RM180粘度計を用いて25℃で行われ、測定は、200回転/分(rpm)で10分間にわたってスピンドルを組成物中で回転させた後(その後、粘度およびスピンドルの回転速度の安定化が観察される)に行われる。

0021

油性相
本発明に係る組成物は、油性相を含む。油性相は、組成物の総重量に対して、少なくとも15.0重量%、好ましくは、少なくとも30.0重量%、より好ましくは、少なくとも45.0重量%の割合の少なくとも1つの不揮発性油と、少なくとも1つの揮発性炭化水素油とを含む。

0022

「油」という用語は、周囲温度(20〜25℃)および大気圧で液体形態の任意の脂肪性物質を意味するものと理解される。これらの油は、動物性植物性鉱物または合成由来のものであり得る。

0023

不揮発性油
「不揮発性油」という用語は、少なくとも数時間にわたって周囲温度(20〜25℃)および大気圧で皮膚またはケラチン繊維上に留まり、特に、10−3mmHg(0.13Pa)未満の蒸気圧を有する油を意味するものと理解される。

0024

油は、全ての油、好ましくは、生理学的に許容される油、特に、鉱油動物油植物油または合成油;特に、不揮発性炭化水素油および/または不揮発性シリコーン油および/または不揮発性フッ素化油、およびそれらの混合物から選択され得る。

0025

炭化水素油」という用語は、主に、炭素および水素原子、および任意選択的に、エステルエーテルフルオロカルボン酸および/またはアルコール基を含む油を意味するものと理解される。

0026

本発明に使用され得る不揮発性炭化水素油の例として、以下のものが挙げられる:
植物由来の炭化水素油、例えば、4〜24個の炭素原子を有する脂肪酸トリグリセリド、例えば、カプリル酸カプリン酸のトリグリセリド、例えば、Stearinerie Duboisによって販売されるものまたはDynamit NobelによってMiglyol 810(登録商標)、812(登録商標)および818(登録商標)の名称で販売されるもの;分枝鎖状C18〜C36脂肪酸とグリセロールとのトリグリセリド、例えば、Stearinerie DuboisによってDUB TGI24(登録商標)の名称で販売されるもの(INCI名C18〜36酸トリグリセリド);
−鉱物または合成由来の直鎖状または分枝鎖状炭化水素、例えば、流動パラフィンおよびそれらの誘導体ワセリンポリデセンポリブテン水素ポリイソブテン、例えば、Parleam、またはスクアラン
− 10〜40個の炭素原子を有する合成エーテル、例えば、ジカプリリルエーテル
− 特に、脂肪酸の合成エステルイソノナン酸イソノニルミリスチン酸イソプロピルパルミチン酸イソプロピル安息香酸C12〜C15アルキルラウリン酸ヘキシルアジピン酸ジイソプロピルパルミチン酸2−エチルヘキシルステアリン酸2−オクチルドデシル、2−エルカ酸オクチルドデシル、イソステアリン酸イソステアリルリンゴ酸ジイソステアリルまたはトリメリット酸トリデシル
− 12〜26個の炭素原子を有する分枝鎖状および/または不飽和炭素鎖を含む、周囲温度で液体である脂肪アルコール、例えば、オクチルドデカノールイソステアリルアルコール、2−ブチルオクタノール、2−ヘキシルデカノール、2−ウンデシルペンタデカノールまたはオレイルアルコール
高級脂肪酸、例えば、オレイン酸リノール酸またはリノレン酸
カーボネート、例えば、炭酸ジカプリリル
アセテート
シトレート
−任意選択的に、部分的に炭化水素ベースおよび/またはシリコーンベースのフッ素化油、例えば、欧州特許出願公開第847 752号明細書の文献に記載されるものなどの、フルオロシリコーン油、フッ素化ポリエーテルまたはフッ素化シリコーン
シリコーン油、例えば、不揮発性ポリジメチルシロキサン(PDMS);フェニルシリコーン、例えば、フェニルトリメチコン、フェニルジメチコン、フェニル(トリメチルシロキシジフェニルシロキサンジフェニルジメチコンジフェニルメチルジフェニル)トリシロキサンまたは(2−フェニルエチル)トリメチルシロキシシリケート、および
− それらの混合物。

0027

好ましくは、本発明に係る組成物の油性相は、1.450以上の屈折率nを有する少なくとも1つの不揮発性油を含む。屈折率は、周囲温度(20℃)および大気圧で測定される。前記不揮発性油は、以下のものから特に選択される:
− 1.450以上の屈折率を有する不揮発性炭化水素油、
− 1.450以上の屈折率を有する不揮発性フェニル化シリコーン、および
− それらの混合物。

0028

1.450以上の屈折率nを有する炭化水素油として、以下のものが特に挙げられる:
−鉱物または合成由来の直鎖状または分枝鎖状炭化水素、特に、ポリブテン、例えば、INEOS製の商品Indopol H 100(n=1.49)およびIndopol H 1500(登録商標)(n=1.5)、または水素化ポリイソブテン、例えば、NOF Corporation製の商品ParleamHV(登録商標)(n=1.456)およびParleamSV(登録商標)(n=1.458);
−脂肪酸の合成エステル、例えば、乳酸イソステアリル、パルミチン酸イソステアリル、ネオデカン酸オクチルドデシル、ステアリン酸イソセチルモノイソステアリン酸プロピレングリコールイソステアリン酸2−エチルヘキシル、ステアリン酸オクチルドデシル、ミリスチン酸オクチルドデシルアジピン酸ジイソステアリル、ヒドロキシステアリン酸オクチルトリイソステアリン酸グリセリルステアロイルステアリン酸オクチルドデシル、ドデカン二酸ジイソセチル、ヘキサカプリル酸/ヘキサカプリン酸ジペンタエリスリチルヒドロキシステアリン酸2−オクチルドデシル、ペンタエリスリチルテトラオクチルドデカノエート)、クエン酸トリイソステアリル、ペンタエリスリチルテトラ(2−ヘキシルデカノエート)、ジイソステアリン酸プロピレングリコール、トリデシルテトラデカノイン、イソステアリン酸イソステアリル、イソステアリン酸isofol 24、クエン酸トリイソセチル、ジイソプロピル二量体ジリノレアート、ペンタエリスリチルテトラ(デシルテトラデカノエート)、リンゴ酸ジイソステアリル、ドデカン二酸ジイソアラキジル、エルカ酸オクチルドデシル、クエン酸トリイソアラキジル、ミリストイルメチルアミノプロピオン酸ヘキシルデシル、テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、エルカ酸オレイル、テトライソステアリン酸ジトリメチロールプロパンジオクチルドデシル二量体ジリノレアート、エチルパンテノールスクロース6−8大豆脂肪鎖、トリリノール酸トリイソステアリル、安息香酸2−オクチルドデシル、安息香酸2−エチルヘキシル、トリメリット酸isofol 12、安息香酸C12〜C15アルキル、水素化二量体ジリノレイル炭酸ジメチルコポリマー、トリメリット酸トリイソデシル、トリメリット酸トリデシル、トリメリット酸トリ(2−エチルヘキシル)、安息香酸ヒマシ油ジプロピレングリコールジベンゾアートまたは2−エチルヘキシルグリセリルエーテルパルミテート
−植物由来の炭化水素油、例えば、分枝鎖状C18〜C36脂肪酸とグリセロールとのトリグリセリド(n=1.454〜1.458)、アララ油(arara oil)、ホホバ油、プラカシー油、バージンオリーブ油リムナンテス属(Limnanthes)(メドウフォーム)油、ごま油ハマナツメモドキ属(Ximenia)油、大豆油マカダミア油またはヒマシ油;
ポリオキシプロピレンPOP)またはポリオキシエチレン(POE)基を含む油、例えば、オキシプロピレン化(3 OP)ジミリスチルアジペートオキシエチレン化(7 OE)三酢酸グリセリル、PEG−4(4 OE)、PEG−6(6 OE)、PEG−8(8 OE)またはオクチルドデシル/PPG−3ミリスチルエーテル二量体ジリノレアート;
− それらの混合物。

0029

1.450以上の屈折率nを有する1つまたは複数の炭化水素油は、より特定的に、以下のものから選択される:
−分枝鎖状C18〜C36脂肪酸(n=1.46)とグリセロールとのトリグリセリド、例えば、Stearineries Dubois製の商品DUB TGI24(登録商標)、
−リンゴ酸ジイソステアリル(n=1.46)、例えば、Lubrizol製の商品Schercemol DISMEster(登録商標)、
−トリメリット酸トリデシル(n=1.48)、例えば、Vantage Specialty Chemicals製の商品Liponate TDTM(登録商標)、
−およびそれらの混合物。

0030

本発明の特定の形態によれば、1.450以上の屈折率nを有する炭化水素油として、分枝鎖状C18〜C36脂肪酸とグリセロールとのトリグリセリド、リンゴ酸ジイソステアリルおよびトリメリット酸トリデシルの混合物が使用される。

0031

1.450以上の屈折率を有する不揮発性シリコーン油として、フェニル化シリコーンが特に挙げられる。

0032

「フェニル化シリコーン」という用語(フェニル化シリコーン油とも呼ばれる)は、少なくとも1つのフェニル基置換されたオルガノポリシロキサンを意味するものと理解される。

0033

フェニル化シリコーン油は、フェニルトリメチコン、フェニルジメチコン、フェニル(トリメチルシロキシ)ジフェニルシロキサン、ジフェニルジメチコン、ジフェニル(メチルジフェニル)トリシロキサン、トリメチルペンタフェニルトリシロキサンまたは(2−フェニルエチル)トリメチルシロキシシリケートから選択され得る。

0034

シリコーン油は、式:



に相当することができ、式中、R基が、互いに独立して、メチルまたはフェニルを表す。好ましくは、この式中、シリコーン油は、少なくとも3つのフェニル基、例えば少なくとも4つ、少なくとも5つまたは少なくとも6つを含む。

0035

別の実施形態によれば、シリコーン油は、式:



に相当し、式中、R基が、互いに独立して、メチルまたはフェニルを表す。好ましくは、この式中、前記オルガノポリシロキサンは、少なくとも3つのフェニル基、例えば少なくとも4つまたは少なくとも5つを含む。

0036

上述されるフェニル化オルガノポリシロキサンの混合物が使用され得る。

0037

例えば、トリフェニル化、テトラフェニル化またはペンタフェニル化オルガノポリシロキサンの混合物が挙げられる。

0038

別の実施形態によれば、シリコーン油は、式:



に相当し、式中、Meがメチルを表し、Phがフェニルを表す。このようなフェニル化シリコーンは、特に、整理番号Dow Corning 555 Cosmetic Fluid(INCI名:トリメチルペンタフェニルトリシロキサン)でDow Corningによって製造される。整理番号Dow Corning 554 Cosmetic Fluidも使用され得る。

0039

別の実施形態によれば、シリコーン油は、式:



に相当し、式中、Meがメチルを表し、yが、1〜1000であり、Xが−CH2−CH(CH3)(Ph)を表す。

0040

別の実施形態によれば、シリコーン油は、式:



に相当し、式中、−OR’が−O−SiMe3を表し、yが、1〜1000であり、zが、1〜1000である。

0041

フェニル化シリコーン油は、以下の式(VI):



のフェニル化シリコーンから選択され得、式中:
− R1〜R10が、互いに独立して、飽和または不飽和の、直鎖状、環状または分枝鎖状、C1〜C30炭化水素基であり、
− m、n、pおよびqが、互いに独立して、0〜900の整数であり、ただし、「m+n+q」の和が、0以外である。

0042

好ましくは、「m+n+p+q」の和が、1〜100である。好ましくは、「m+n+p+q」の和が、1〜900であり、さらに良好には、1〜800である。好ましくは、qが、0に等しい。

0043

フェニル化シリコーン油は、以下の式(VII):



のフェニル化シリコーンから選択され得、式中:
− R1〜R6が、互いに独立して、飽和または不飽和の、直鎖状、環状または分枝鎖状、C1〜C30炭化水素基であり、
− m、nおよびpが、互いに独立して、0〜100の整数であり、ただし、「n+m」の和が、1〜100である。

0044

好ましくは、R1〜R6が、互いに独立して、飽和、直鎖状または分枝鎖状、C1〜C30、特に、C1〜C12炭化水素基、特に、メチル、エチル、プロピルまたはブチル基を表す。

0045

R1〜R6が、特に、同一であり得、さらに、メチル基であり得る。

0046

好ましくは、式(VII)中、m=1または2または3、および/またはn=0および/またはp=0または1を有することが可能である。

0047

25℃で5〜1500mm2/s(すなわち、5〜1500cSt)の粘度を有し、好ましくは、5〜1000mm2/s(すなわち、5〜1000cSt)の粘度を有する、式(VI)のフェニル化シリコーン油が使用され得る。

0048

式(VII)のフェニル化シリコーン油として、フェニルトリメチコン、例えば、Dow Corning製のDC556(22.5cSt)またはRhone−Poulenc製のSilbione 70663V30油(28cSt)、またはジフェニルジメチコン、例えば、Belsil油、特に、Wacker製のBelsil PDM1000(1000cSt)、Belsil PDM 200(200cSt)およびBelsil PDM 20(20cSt)が特に使用され得る。括弧内の値は、25℃における粘度を表す。

0049

本発明の特定の形態によれば、不揮発性油性相は、1.450以上の屈折率を有する1つまたは複数の不揮発性油と、1.450未満の屈折率を有する1つまたは複数の不揮発性油との混合物を含み得る。

0050

1.450未満の屈折率を有する不揮発性油の例として、10〜40個の炭素原子を有する合成エーテル、例えば、ジカプリリルエーテル(n=1.43)が特に挙げられる。

0051

本発明の特定の形態によれば、不揮発性炭化水素油として、分枝鎖状C18〜C36脂肪酸とグリセロールとのトリグリセリド、リンゴ酸ジイソステアリル、トリメリット酸トリデシルおよびジカプリリルエーテルの混合物が使用される。

0052

本発明に係る1つまたは複数の不揮発性油は、好ましくは、組成物の総重量に対して、15重量%〜85重量%の範囲、より好ましくは、30重量%〜60重量%の範囲、特に、45重量%〜55重量%の濃度で存在する。

0053

本発明に係る、1.450以上の屈折率nを有する1つまたは複数の不揮発性油は、好ましくは、組成物の総重量に対して、15重量%〜65重量%の範囲、より好ましくは、30重量%〜60重量%の範囲、特に、45重量%〜55重量%の濃度で存在する。

0054

揮発性炭化水素油
「揮発性油」という用語は、本発明の意味の範囲内で、周囲温度(20〜25℃)および大気圧で、皮膚またはケラチン繊維と接触して1時間未満で蒸発することが可能な油を意味するものと理解される。本発明の揮発性油は、周囲温度および非ゼロ蒸気圧で、周囲温度および特に、0.13Pa〜40 000Pa(10−3〜300mmHg)の範囲、特に、1.3Pa〜13 000Pa(0.01〜100mmHg)の範囲、より特定的に、1.3Pa〜1300Pa(0.01〜10mmHg)の範囲の大気圧で液体である揮発性化粧用油である。

0055

本発明に使用され得る揮発性炭化水素油の例として、8〜16個の炭素原子を有する炭化水素油、特に、石油由来のC8〜C16イソアルカンイソパラフィンとしても知られている)、例えば、イソドデカン(2,2,4,4,6−ペンタメチルヘプタンとしても知られている)、イソデカンまたはイソヘキサデカン、例えばIsoparまたはPermethylの商標で販売される油、分枝鎖状C8〜C16エステル、ネオペンタン酸イソヘキシルおよびそれらの混合物から選択される揮発性炭化水素油が挙げられる。他の揮発性炭化水素油、例えば、石油蒸留物、特に、ShellによってShell Soltの名称で販売されるもの;揮発性直鎖状アルカン、例えば、Cognis製の、特許出願DE10 2008 012 457号明細書に記載されているものも使用され得る。

0056

揮発性炭化水素油の中でも、C8〜C16イソアルカン、特に、イソドデカンが好ましい。

0057

本発明に係る1つまたは複数の揮発性炭化水素油は、好ましくは、組成物の総重量に対して、10重量%〜30重量%の範囲、より特定的に、12重量%〜25重量%の範囲の濃度で存在する。

0058

本発明の特定の形態によれば、組成物は、少なくとも1つの揮発性シリコーン油をさらに含み得る。

0059

揮発性シリコーン油として、揮発性直鎖状または環状シリコーン油、特に、8センチストーク(8 10−6 m2/s)以下の粘度を有し、特に、2〜7個のケイ素原子を有するものが挙げられ、これらのシリコーンは、任意選択的に、1〜10個の炭素原子を有するアルキルまたはアルコキシ基を含む。本発明に使用され得る揮発性シリコーン油として、オクタメチルシクロテトラシロキサンデカメチルシクロペンタシロキサンドデカメチルシクロヘキサシロキサンヘプタメチルヘキシルトリシロキサン、ヘプタメチルオクチルトリシロキサンヘキサメチルジシロキサンオクタメチルトリシロキサンデカメチルテトラシロキサンドデカメチルペンタシロキサンおよびそれらの混合物が特に挙げられる。

0060

より特定的に、ドデカメチルペンタシロキサンが使用される。

0061

モノアルコール
本発明の組成物は、2〜8個の炭素原子、特に、2〜6個の炭素原子、特に、2〜4個の炭素原子を含む少なくとも1つのモノアルコールを含む。

0062

本発明の組成物は、1つまたは複数のモノアルコールを含み得る。

0063

このモノアルコールは、例えば、式RaOH(式中、Raが、2〜8個の炭素原子を含む直鎖状または分枝鎖状アルキル基を表す)によって表され得る。

0064

モノアルコールとして、エタノールイソプロパノールプロパノールまたはブタノールが挙げられる。

0065

一実施形態によれば、本発明の組成物は、エタノールを含む。

0066

モノアルコールの量は、前記組成物の総重量に対して、好ましくは、少なくとも8重量%、より好ましくは、少なくとも10重量%である。

0067

有利な実施形態によれば、モノアルコールの量は、前記組成物の総重量に対して、8重量%〜40重量%、好ましくは、10重量%〜20重量%、さらにより好ましくは、10重量%〜15重量%の範囲である。

0068

有利な実施形態によれば、モノアルコール/揮発性炭化水素油の重量比は、1/1超、好ましくは、1.1/1〜3/1、より特定的に、1.2/1〜1.5/1の範囲である。

0069

親油性皮膜形成ポリマー
本発明に係る組成物に使用され得る親油性皮膜形成ポリマーは、以下のものから選択される:
(i)MQ型のシリコーン樹脂;
(ii)シルセスキオキサン樹脂;
(iii)カルボシロキサンデンドリマーでグラフトされたビニルポリマー;
(iv)それらの混合物。

0070

ポリマー」という用語は、本明細書において、1つまたは複数の繰り返し単位、好ましくは、少なくとも2つの繰返し単位を有する化合物を意味するものと理解される。

0071

「皮膜形成ポリマー」という用語は、それ自体単独でまたは補助的な皮膜形成剤の存在下で、ケラチン物質に付着する肉眼的に連続したフィルム、好ましくは、粘着性フィルム、さらに良好には、例えば、Teflon被覆またはシリコーン被覆表面などの非付着性の表面に注ぐことによってフィルムが作製される場合、前記フィルムが分離可能および分離の際に操作可能であるような付着および機械的特性を有するフィルムを形成することが可能なポリマーを意味するものと理解される。

0072

本発明の皮膜形成ポリマーは、親油性、特に、脂溶性または脂肪分散性、すなわち、油に可溶または分散可能である。

0073

「脂溶性」または「脂肪分散性」という用語は、ポリマーを溶解させるか、または周囲温度で、もしくは必要に応じて、前記油の引火点未満の温度に加熱しながら、一般に、皮膜形成ポリマーの80重量%以下の重量パーセンテージで、少なくとも1つの油中でそれを均一に分散させる可能性を意味するものと理解される。

0074

MQ型のシリコーン樹脂
より一般的に、「樹脂」という用語は、三次元の構造を有する化合物を意味するものと理解される。

0075

「シリコーン樹脂」は、「シロキサン樹脂」としても知られている。したがって、本発明の意味の範囲内で、ポリジメチルシロキサンは、シリコーン樹脂でない。

0076

シリコーン樹脂(シロキサン樹脂としても知られている)の命名は、「MDTQ」の名称で知られており、樹脂は、それが含む様々なシロキサンモノマー単位に応じて表され、「MDTQ」の文字のそれぞれが単位のタイプを特徴付けている。

0077

「M」の文字は、式R1R2R3SiO1/2の単官能性単位を表し、ケイ素原子は、この単位を含むポリマー中で1個のみの酸素原子に結合される。

0078

「D」の文字は、二官能性単位R1R2SiO2/2を表し、ここで、ケイ素原子は、2個の酸素原子に結合される。

0079

「T」の文字は、式R1SiO3/2の三官能性単位を表す。

0080

最後に、「Q」の文字は、四官能性単位SiO4/2を表し、ここで、ケイ素原子は、4個の酸素原子に結合され、酸素原子自体はポリマーの残りの部分に結合される。

0081

上述されるM、DおよびT単位において、R1、R2およびR3が、1〜10個の炭素原子を有する炭化水素基(特に、アルキル基)、フェニル基、フェニルアルキル基あるいはヒドロキシル基を表す。

0082

このような樹脂は、例えば、the Encyclopedia of Polymer Science and Engineering,vol.15,John Wiley and Sons,New York,(1989),pp.265−270、ならびに米国特許第2 676 182号明細書、米国特許第3 627 851号明細書、米国特許第3 772 247号明細書、米国特許第5 248 739号明細書あるいは米国特許第5 082 706号明細書、米国特許第5 319 040号明細書、米国特許第5 302 685号明細書および米国特許第4 935 484号明細書に記載されている。

0083

本発明にしたがって使用され得るMQ型のシリコーン樹脂の例として、式[(R1)3SiO1/2]x(SiO4/2)y(MQ単位)のアルキルシロキシシリケートが挙げられ、式中、xおよびyが、50〜80の範囲の整数であり、R1基が、上述される基を表し、好ましくは、1〜8個の炭素原子を有するアルキル基またはヒドロキシル基、好ましくは、メチル基であるようになっている。

0084

トリメチルシロキシシリケート型のMQ型の固体シリコーン樹脂の例として、General Electricによって整理番号SR1000で、Wackerによって整理番号TMS803で、Shin−EtsuによってKF−7312Jの名称で、Dow CorningによってDC749またはDC593で販売されるものが挙げられる。

0085

MQシロキシシリケート単位を含むシリコーン樹脂として、フェニルアルキルシロキシシリケート樹脂、例えば、フェニルプロピルジメチルシロキシシリケート(General Electricによって販売されるSilshine 151)も挙げられる。このような樹脂の調製は、特に、米国特許第5 817 302号明細書に記載されている。

0086

シルセスキオキサン樹脂
本発明に係る組成物に使用され得るシルセスキオキサン樹脂の中でも、式R1nSiO(4−n)/2(ここで、各R1が、独立して、水素原子またはC1〜C10アルキル基を示し、ここで、80mol%超のR1基が、C3〜C10アルキル基を表し、nが、1.0〜1.4の数である)の平均シロキサン単位を有するシルセスキオキサンホモポリマーおよび/またはコポリマーであるアルキルシルセスキオキサン樹脂が挙げられ、より特定的に、シルセスキオキサンコポリマー(ここで、60mol%超が、R1SiO3/2単位を含み、ここで、R1が、上述される定義を有する)が使用される。

0087

好ましくは、シルセスキオキサン樹脂は、R1が、C1〜C10アルキル基、好ましくは、C1〜C4アルキル基、より特定的に、プロピル基であるように選択される。より特定的に、ポリ(プロピルシルセスキオキサン)またはt−プロピルシルセスキオキサン樹脂(INCI名:ポリプピルシルセスキオキサン(および)イソドデカン)、例えば、Dow Corningによって商標Dow Corning(登録商標)670 Fluidで販売される製品が使用される。

0088

カルボシロキサンデンドリマーでグラフトされたビニルポリマー
本発明に係る組成物の調製に好適なビニルポリマーは、カルボシロキサンデンドリマーに由来する少なくとも1つの単位を含む。ビニルポリマーは、主鎖および少なくとも1つの側鎖を有し、この側鎖は、カルボシロキサンデンドリマー構造を示すカルボシロキサンデンドリマーに由来する単位を含む。

0089

本発明に関して、「カルボシロキサンデンドリマー構造」という用語は、高分子量を有する分枝鎖状基を有する分子構造を表し、前記構造は、結合から開始して主鎖へと半径方向に高い規則性を有する。このようなカルボシロキサンデンドリマー構造は、特願平9−171 154号公報において高度に分枝鎖状のシロキサンシリルアルキレンコポリマーの形態で記載されている。

0090

本発明に係るビニルポリマーは、以下の一般式(I):



によって表され得るカルボシロキサンデンドリマーに由来する単位を含むことができ、式中:
− R1が、5〜10個の炭素原子を有するアリール基または1〜10個の炭素原子を有するアルキル基を表し;
− Xiが、i=1である場合、式(II):



によって表されるシリルアルキル基を表し、式中:
.R1が、式(I)において上述されるとおりであり、
.R2が、2〜10個の炭素原子を有するアルキレン基を表し、
.R3が、1〜10個の炭素原子を有するアルキル基を表し、
.Xi+1が、水素原子、1〜10個の炭素原子を有するアルキル基、5〜10個の炭素原子を有するアリール基およびi=i+1である式(II)の上述されるシリルアルキル基から選択され、
.iが、前記シリルアルキル基の生成を表す1〜10の整数であり、
.aiが、0〜3の整数であり;
− Yが、以下のものから選択されるラジカル重合性有機基を表し:
メタクリル基またはアクリル基を含む有機基であって、前記有機基は、式:



によって表され、式中:
*R4が、水素原子または1〜10個の炭素原子を有するアルキル基を表し;
*R5が、1〜10個の炭素原子を有するアルキレン基、例えば、メチレン基エチレン基プロピレン基またはブチレン基を表し、メチレンおよびプロピレン基が好ましく;
.式:



スチリル基を含む有機基であって、式中:
*R6が、水素原子または1〜10個の炭素原子を有するアルキル基、例えば、メチル基、エチル基、プロピル基またはブチル基を表し、メチル基が好ましく;
*R7が、1〜10個の炭素原子を有するアルキル基を表し;
*R8が、1〜10個の炭素原子を有するアルキレン基、例えば、メチレン基、エチレン基、プロピレン基またはブチレン基を表し、エチレン基が好ましく;
*bが、0〜4の整数であり;
*cが0の値を有する場合、−(R8)c−が結合を表すように、cが、0または1の値を有する。

0091

一実施形態によれば、R1が、5〜10個の炭素原子を有するアリール基または1〜10個の炭素原子を有するアルキル基を表し得る。アルキル基は、好ましくは、メチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基、ペンチル基イソプロピル基イソブチル基シクロペンチル基またはシクロヘキシル基によって表され得る。アリール基は、好ましくは、フェニル基およびナフチル基によって表され得る。メチルおよびフェニル基が、より特定的に好ましく、メチル基がとりわけ好ましい。

0092

一実施形態によれば、R2が、2〜10個の炭素原子を有するアルキレン基、特に、直鎖状アルキレン基、例えば、エチレンプロピレン、ブチレンまたはヘキシレン基;または分枝鎖状アルキレン基、例えば、メチルメチレン、メチルエチレン、1−メチルペンチレンまたは1,4−ジメチルブチレン基を表す。

0093

エチレン、メチルエチレン、ヘキシレン、1−メチルペンチレンおよび1,4−ジメチルブチレン基がとりわけ好ましい。

0094

一実施形態によれば、R3が、メチル、エチル、プロピル、ブチルおよびイソプロピル基から選択される。

0095

式(II)において、iが、生成の数を示し、したがって、シリルアルキル基の繰り返し数に相当する。

0096

例えば、生成の数が1に等しい場合、カルボシロキサンデンドリマーは、以下に示される一般式によって表され得、式中、Y、R1、R2およびR3が、上述されるとおりであり、R12が、水素原子を表すか、またはR1と同一であり、a1が、aiと同一である。好ましくは、分子中のOR3基の総平均数は、0〜7の範囲内である。

0097

生成の数が2に等しい場合、カルボシロキサンデンドリマーは、以下の一般式によって表され得、式中、Y、R1、R2、R3およびR12が、上述されるのと同じであり、a1およびa2が、示される生成のaiを表す。好ましくは、分子中のOR3基の総平均数は、0〜25の範囲内である。

0098

生成の数が3に等しい場合、カルボシロキサンデンドリマーは、以下の一般式によって表され、式中、Y、R1、R2、R3およびR12が、上述されるのと同じであり、a1、a2およびa3が、示される生成のaiを表す。好ましくは、分子中のOR3基の総平均数は、0〜79の範囲内である。

0099

カルボシロキサンデンドリマーに由来する少なくとも1つの単位を有するビニルポリマーは、カルボシロキサンデンドリマー構造を含む分子側鎖を有し、
(A)0〜99.9重量部のビニルモノマーと、
(B)100〜0.1重量部の、上述される一般式(I)によって表される、ラジカル重合性有機基を含むカルボシロキサンデンドリマーと
重合から得ることができる。

0100

カルボシロキサンデンドリマーに由来する少なくとも1つの単位を有するビニルポリマー中の成分(A)であるビニル型のモノマーは、ラジカル重合性ビニル基を含むビニル型のモノマーである。

0101

このようなモノマーに関して特に限定はない。

0102

以下のものは、ビニル型のこのモノマーの例である:メチルメタクリレートエチルメタクリレート、n−プロピルメタクリレートイソプロピルメタクリレートまたは類似の低級アルキルのメタクリレート;グリシジルメタクリレートブチルメタクリレートブチルアクリレートn−ブチルメタクリレートイソブチルメタクリレート、tert−ブチルアクリレート、tert−ブチルメタクリレート、n−ヘキシルメタクリレート、シクロヘキシルメタクリレート、2−エチルヘキシルアクリレート、2−エチルヘキシルメタクリレート、オクチルメタクリレート、ラウリルメタクリレートステアリルアクリレートステアリルメタクリレートまたは類似の高級メタクリレート;酢酸ビニルプロピオン酸ビニルまたは類似の低級脂肪酸ビニルエステルカプロン酸ビニル、2−エチルヘキサン酸ビニル、ラウリン酸ビニルステアリン酸ビニルまたは類似の高級脂肪酸のエステル;スチレンビニルトルエンベンジルメタクリレートフェノキシエチルメタクリレートビニルピロリドンまたは類似のビニル芳香族モノマーメタクリルアミド、N−メチロールメタクリルアミド、N−メトキシメチルメタクリルアミド、イソブトキシメトキシメタクリルアミド、N,N−ジメチルメタクリルアミドまたはアミド基を含むビニル型の類似のモノマー;ヒドロキシエチルメタクリレートヒドロキシプロピルアルコールメタクリレートまたはヒドロキシル基を含むビニル型の類似のモノマー;アクリル酸メタクリル酸イタコン酸クロトン酸フマル酸マレイン酸またはカルボン酸基を含むビニル型の類似のモノマー;テトラヒドロフルフリルメタクリレート、ブトキシエチルメタクリレート、エトキシジエチレングリコールメタクリレート、ポリエチレングリコールメタクリレート、ポリプロピレングリコールモノメタクリレートヒドロキシブチルビニルエーテルセチルビニルエーテル、2−エチルヘキシルビニルエーテルまたはエーテル結合を有するビニル型の類似のモノマー;メタクリロイルオキシプロピルトリメトキシシラン、その分子末端の1つにメタクリル基を有するポリジメチルシロキサン、その分子末端の1つにスチリル基を有するポリジメチルシロキサン、または不飽和基を有する類似のシリコーン化合物ブタジエン塩化ビニル塩化ビニリデンメタクリロニトリルフマル酸ジブチル無水マレイン酸無水コハク酸メタクリルグリシジルエーテル;メタクリル酸の、イタコン酸の、クロトン酸の、マレイン酸のまたはフマル酸の、有機アミン塩アンモニウム塩、およびアルカリ金属塩スルホン酸基を有するラジカル重合性不飽和モノマー、例えば、スチレンスルホン酸基;メタクリル酸に由来する第四級アンモニウム塩、例えば、2−ヒドロキシ−3−メタクリロイルオキシプロピルトリメチルアンモニウムクロリド;および第三級アミン基を有するアルコールのメタクリル酸エステル、例えば、ジエチルアミンのメタクリル酸エステル。

0103

ビニル型の多官能性モノマーも使用され得る。

0104

以下のものは、このような化合物の例を表す:トリメチロールプロパントリメタクリレート、ペンタエリスリチルトリメタクリレート、エチレングリコールジメタクリレートテトラエチレングリコールジメタクリレートポリエチレングリコールジメタクリレート、1,4−ブタンジオールジメタクリレート、1,6−ヘキサンジオールジメタクリレート、ネオペンチルグリコールジメタクリレート、トリメチロールプロパンエトキシレートトリメタクリレート、トリス(2−ヒドロキシエチルイソシアヌレートジメタクリレート、トリス(2−ヒドロキシエチル)イソシアヌレートトリメタクリレート、両方の末端ジビニルベンゼン基を有するスチリル基でキャップされたポリジメチルシロキサン、または不飽和基を有する類似のシリコーン化合物。

0105

成分(B)であるカルボシロキサンデンドリマーは、上述される式(I)によって表され得る。

0106

以下のものは、式(I)のY基の好ましい例を表す:アクリロイルオキシメチル基、3−アクリロイルオキシプロピル基、メタクリロイルオキシメチル基、3−メタクリロイルオキシプロピル基、4−ビニルフェニル基、3−ビニルフェニル基、4−(2−プロペニル)フェニル基、3−(2−プロペニル)フェニル基、2−(4−ビニルフェニル)エチル基、2−(3−ビニルフェニル)エチル基、ビニル基アリル基メタリル基および5−ヘキセニル基。

0107

本発明に係るカルボシロキサンデンドリマーは、以下の平均構造






を有する式によって表され得る。

0108

したがって、一実施形態によれば、本発明に係る組成物のカルボシロキサンデンドリマーは、以下の式:



によって表され、式中:
.Y、R1、R2およびR3が、上の式(I)および(II)に定義されるとおりであり;
.a1、a2およびa3が、式(II)で表されるaiの定義に相当し;
.R12が、H、5〜10個の炭素原子を有するアリール基または1〜10個の炭素原子を有するアルキル基である。

0109

一実施形態によれば、本発明に係る組成物のカルボシロキサンデンドリマーは、以下の式:



のうちの1つによって表される。

0110

本発明に係るカルボシロキサンデンドリマーを含むビニルポリマーは、特願平9−171 154号公報に記載されている分枝鎖状シルアルキレンシロキサンを製造するための方法にしたがって製造され得る。

0111

例えば、それは、以下の一般式(IV):



(R1が、式(I)において上述されるとおりである)によって表される、ケイ素原子に結合された水素原子を含む有機ケイ素化合物
およびアルケニル基を含む有機ケイ素化合物を、ヒドロシリル化反応に供することによって生成され得る。

0112

上式中、有機ケイ素化合物は、(3−メタクリロイルオキシプロピル)トリス(ジメチルシロキシ)シラン、(3−アクリロイルオキシプロピル)トリス(ジメチルシロキシ)シランおよび(4−ビニルフェニル)トリス(ジメチルシロキシ)シランによって表され得る。アルケニル基を含む有機ケイ素化合物は、ビニルトリス(トリメチルシロキシ)シラン、ビニルトリス(ジメチルフェニルシロキシ)シランおよび(5−ヘキセニル)トリス(トリメチルシロキシ)シランによって表され得る。

0113

ヒドロシリル化反応は、塩化白金酸ビニルシロキサン白金との錯体、または類似の遷移金属触媒の存在下で行われる。

0114

カルボシロキサンデンドリマーに由来する少なくとも1つの単位を有するビニルポリマーは、カルボシロキサンデンドリマーの誘導体の単位が、式(III):



(式中、Zが二価有機基であり、「p」が、0または1であり、R1が、式(IV)において上述されるとおりであり、Xiが、上述される式(II)によって表されるシリルアルキル基である)によって表されるカルボシロキサン樹枝状構造であるようなポリマーから選択され得る。

0115

カルボシロキサンデンドリマーに由来する少なくとも1つの単位を有するビニルポリマーにおいて、(A)対(B)の重量比という意味で、成分(A)対成分(B)の重合比は、0/100〜99.9/0.1の範囲内、実際にさらには、0.1/99.9〜99.9/0.1、好ましくは、1/99〜99/1の範囲内である。0/100の成分(A)対成分(B)の比率は、化合物が成分(B)のホモポリマーになることを意味する。

0116

カルボシロキサンデンドリマーに由来する少なくとも1つの単位を有するビニルポリマーは、成分(A)および(B)の共重合または成分(B)単独の重合によって得ることができる。

0117

重合は、ラジカル重合またはイオン重合であり得るが;ラジカル重合が好ましい。

0118

重合は、50℃〜150℃の温度で、ラジカル開始剤の存在下で、3〜20時間の期間にわたって、溶液中の成分(A)および(B)の間の反応を引き起こすことによって行われ得る。

0119

この目的に好適な溶媒は、ヘキサンオクタン、デカン、シクロヘキサンまたは類似の脂肪族炭化水素ベンゼントルエンキシレンまたは類似の芳香族炭化水素ジエチルエーテルジブチルエーテルテトラヒドロフランジオキサンまたはエーテル;アセトンメチルエチルケトンメチルイソブチルケトンジイソブチルケトンまたは類似のケトン酢酸メチル酢酸エチル酢酸ブチル酢酸イソブチルまたは類似のエステル;メタノール、エタノール、イソプロパノール、ブタノールまたは類似のアルコール;オクタメチルシクロテトラシロキサン、デカメチルシクロペンタシロキサン、ヘキサメチルジシロキサン、オクタメチルトリシロキサンまたは類似のオルガノシロキサンオリゴマーである。

0120

ラジカル開始剤は、従来のラジカル重合反応のための当該技術分野において公知の任意の化合物であり得る。このようなラジカル開始剤の具体例は、2,2’−アゾビス(イソブチロニトリル)、2,2’−アゾビス(2−メチルブチロニトリル)、2,2’−アゾビス(2,4−ジメチルバレロニトリル)またはアゾビス型の類似の化合物;過酸化ベンゾイル過酸化ラウロイル、tert−ブチルペルオキシベンゾエート、tert−ブチルペルオキシ−2−エチルヘキサノエートまたは類似の有機過酸化物である。これらのラジカル開始剤は、単独でまたは2つ以上の組合せで使用され得る。ラジカル開始剤は、成分(A)および(B)の100重量部当たり0.1〜5重量部の量で使用され得る。連鎖移動剤が加えられ得る。連鎖移動剤は、2−メルカプトエタノールブチルメルカプタンn−ドデシルメルカプタン、(3−メルカプトプロピルトリメトキシシラン、メルカプトプロピル基を有するポリジメチルシロキサンまたはメルカプト型の類似の化合物;塩化メチレンクロロホルム四塩化炭素、臭化ブチル、(3−クロロプロピル)トリメトキシシランまたは類似のハロゲン化化合物であり得る。

0121

ビニル型のポリマーの製造の際、重合の後、未反応の残留ビニルモノマーが、減圧下での加熱の条件下で除去され得る。

0122

化粧品用出発材料の調製を容易にするために、カルボシロキサンデンドリマーを含むビニルポリマーの数平均分子量は、3000〜2 000 000、好ましくは、5000〜800 000の範囲内で選択され得る。それは、液体、ガムペースト固体粉末または任意の他の形態であり得る。好ましい形態は、溶媒中での分散体または粉末の希釈によって形成される溶液である。

0123

ビニルポリマーは、シリコーン油、有機油、アルコールまたは水などの液体中の、その分子側鎖中にカルボシロキサンデンドリマー構造を有するビニル型のポリマーの分散体であり得る。

0124

シリコーン油は、トリメチルシロキシ基でキャップされた2つの分子末端を有するジメチルポリシロキサンメチルフェニルシロキサンと、トリメチルシロキシ基でキャップされた2つの分子末端を有するジメチルシロキサンとのコポリマー、メチル(3,3,3−トリフルオロプロピル)シロキサンと、トリメチルシロキシ基でキャップされた2つの分子末端を有するジメチルシロキサンとのコポリマー、または類似の非反応性直鎖状シリコーン油、およびさらにヘキサメチルシクロトリシロキサン、オクタメチルシクロテトラシロキサン、デカメチルシクロペンタシロキサン、ドデカメチルシクロヘキサシロキサンまたは類似の環状化合物であり得る。非反応性シリコーン油に加えて、末端上または分子側鎖中に官能基、例えば、シラノール基アミノ基およびポリエーテル基を有する修飾ポリシロキサンが使用され得る。

0125

有機油は、イソドデカン、流動パラフィン、イソパラフィン、ラウリン酸ヘキシル、ミリスチン酸イソプロピル、ミリスチン酸ミリスチルミリスチン酸セチルミリスチン酸2−オクチルドデシル;パルミチン酸イソプロピル、パルミチン酸2−エチルヘキシル、ステアリン酸ブチル、オレイン酸デシル、オレイン酸2−オクチルドデシル、乳酸ミリスチル、乳酸セチル酢酸ラノリンステアリルアルコールセテアリルアルコール、オレイルアルコール、アボカド油アーモンド油、オリーブ油カカオ脂(cocoa oil)、ホホバ油、樹脂油ヒマワリ油、大豆油、椿油、スクアラン、ヒマシ油、綿実油ヤシ油卵黄油モノオレイン酸ポリプロピレングリコール、ネオペンチルグリコール2−エチルヘキサノエートまたは類似のグリコールエステル油;トリイソステアリン酸グリセリル、ヤシ油の脂肪酸のトリグリセリド、または多価アルコールエステルの類似の油;ポリオキシエチレンラウリルエーテル、ポリオキシプロピレンセチルエーテルまたは類似のポリオキシアルキレンエーテルであり得る。

0126

アルコールは、化粧品用の出発材料と一緒に使用するのに好適な任意のタイプのものであり得る。例えば、それは、メタノール、エタノール、ブタノール、イソプロパノールまたは類似の低級アルコールであり得る。

0127

アルコールの溶液または分散体は、25℃で10〜109mPaの範囲内の粘度を有するべきである。化粧品官能使用特性を向上させるために、粘度は、100〜5×108mPa.sの範囲内であるべきである。

0128

溶液および分散体は、カルボシロキサンデンドリマーに由来する少なくとも1つの単位を有するビニルポリマーを、シリコーン油、有機油、アルコールまたは水と混合することによって容易に調製され得る。液体は、重合段階中に存在し得る。この場合、未反応の残留ビニルモノマーは、大気圧または減圧下で、溶液または分散体の熱処理によって完全に除去されるべきである。

0129

分散体の場合、ビニル型のポリマーの分散度が、界面活性剤を加えることによって向上され得る。

0130

このような界面活性剤は、ヘキシルベンゼンスルホン酸、オクチルベンゼンスルホン酸、デシルベンゼンスルホン酸、ドデシルベンゼンスルホン酸、セチルベンゼンスルホン酸、ミリスチルベンゼンスルホン酸またはこれらの酸のナトリウム塩アニオン性界面活性剤水酸化オクチルトリメチルアンモニウム、水酸化ドデシルトリメチルアンモニウム、水酸化ヘキサデシルトリメチルアンモニウム、水酸化オクチルジメチルベンジルアンモニウム、水酸化デシルジメチルベンジルアンモニウム、水酸化ジオタデシルジメチルアンモニウム、(牛脂)水酸化トリメチルアンモニウム、(ヤシ油)水酸化トリメチルアンモニウム、または類似のカチオン性界面活性剤ポリオキシアルキレンアルキルエーテルポリオキシアルキレンアルキルフェノール、ポリオキシアルキレンアルキルエステル、ポリオキシアルキレンのソルビトールエステル、ポリエチレングリコール、ポリプロピレングリコール、ジエチレングリコールトリメチルノナノールエチレンオキシド添加剤、およびポリエステル型の非イオン性界面活性剤、およびさらに混合物であり得る。

0131

分散体において、ビニル型のポリマーの平均粒径は、0.001〜100μm、好ましくは、0.01〜50μmの範囲内であり得る。この理由は、推奨範囲外では、エマルジョンと混合された化粧品が、良好な十分な皮膚上の感触もしくは手触り、または十分な延展性もしくは好ましい感触を有さないことである。

0132

分散体または溶液に含まれるビニルポリマーは、0.1重量%〜95重量%、好ましくは、5重量%〜85重量%の範囲内の濃度を有し得る。しかしながら、混合物の取り扱いおよび調製を容易にするために、範囲は、好ましくは、10重量%〜75重量%であるべきである。

0133

本発明に好適なビニルポリマーはまた、特許出願欧州特許第0 963 751号明細書の実施例に記載されているポリマーのうちの1つであり得る。

0134

好ましい実施形態によれば、カルボシロキサンデンドリマーでグラフトされたビニルポリマーは、
0〜99.9重量部の1つまたは複数のアクリレートまたはメタクリレートモノマーと;
100〜0.1重量部の、トリ[トリ(トリメチルシロキシ)シリルエチルジメチルシロキシ]シリルプロピルカルボシロキサンデンドリマーのアクリレートまたはメタクリレートモノマーと
の重合から得ることができる。

0135

モノマー(A1)および(B1)は、それぞれ特定のモノマー(A)および(B)に相当する。

0136

一実施形態によれば、カルボシロキサンデンドリマーに由来する少なくとも1つの単位を有するビニルポリマーは、式:



のうちの1つに対応するトリ[トリ(トリメチルシロキシ)シリルエチルジメチルシロキシ]シリルプロピルカルボシロキサンデンドリマーに由来する単位を含み得る。

0137

好ましい形態によれば、本発明に使用されるカルボシロキサンデンドリマーに由来する少なくとも1つの単位を有するビニルポリマーは、少なくとも1つのブチルアクリレートモノマーを含む。

0138

一実施形態によれば、ビニルポリマーは、少なくとも1つのフッ素化有機基をさらに含み得る。

0139

重合されたビニル単位が主鎖を構成し、カルボシロキサン樹枝状構造およびさらにフッ素化有機基が側鎖に結合された構造が、特に好ましい。

0140

フッ素化有機基は、メチル、エチル、プロピル、イソプロピル、ブチル、イソブチル、tert−ブチル、ペンチル、ネオペンチル、ヘキシル、シクロヘキシルヘプチル、オクチル、ノニル、デシル、ウンデシル、ドデシル、トリデシル、テトラデシル、ヘキサデシルおよびオクタデシル基および1〜20個の炭素原子の他のアルキル基、およびさらに6〜22個の炭素原子のアルキルオキシアルキレン基の水素原子の全てまたはいくつかをフッ素原子で置換することによって得ることができる。

0141

式−(CH2)x−(CF2)y−R13によって表される基は、アルキル基の水素原子をフッ素原子で置換することによって得られるフルオロアルキル基の例として提案される。式中、「x」の指数が、0、1、2または3であり、「y」が、1〜20の整数である。R13が、水素原子、フッ素原子、−CH(CF3)2−またはCF(CF3)2から選択される原子または基である。このようなフッ素置換アルキル基は、以下に示される式:−CF3、−C2F5、−nC3F7、
−CF(CF3)2、−nC4F9、CF2CF(CF3)2、−nC5F11、−nC6F13、−nC8F17、CH2CF3、
−CH(CF3)2、CH2CH(CF3)2−CH2(CF2)2F、−CH2(CF2)3F、
−CH2(CF2)4F、−CH2(CF2)6F、−CH2(CF2)8F、−CH2CH2CF3、−CH2CH2(CF2)2F、
−CH2CH2(CF2)3F、−CH2CH2(CF2)4F、
−CH2CH2(CF2)6F、−CH2CH2(CF2)8F、−CH2CH2(CF2)10F、−CH2CH2(CF2)12F、
−CH2CH2(CF2)14F、−CH2CH2(CF2)16F、−CH2CH2CH2CF3、
−CH2CH2CH2(CF2)2F、−CH2CH2CH2(CF2)2H、−CH2(CF2)4Hおよび
−CH2CH2(CF2)3Hによって表される直鎖状または分枝鎖状ポリフルオロアルキルまたはパーフルオロアルキル基によって例示される。

0142

−CH2CH2−(CF2)m−CFR14−[OCF2CF(CF3)]n−OC3F7によって表される基は、アルキルオキシアルキレン基の水素原子をフッ素原子で置換することによって得られるフルオロアルキルオキシフルオロアルキレン基として提案される。式中、「m」の指数が、0または1であり、「n」が、0、1、2、3、4または5であり、R14が、フッ素原子またはCF3である。このようなフルオロアルキルオキシフルオロアルキレン基は、以下に示される式:−CH2CH2CF(CF3)−[OCF2CF(CF3)]n−OC3F7、
−CH2CH2CF2CF2−[OCF2CF(CF3)]n−OC3F7によって表されるパーフルオロアルキルオキシフルオロアルキレン基によって例示される。

0143

本発明に使用されるビニルポリマーの数平均分子量は、3000〜2 000 000、より好ましくは、5000〜800 000であり得る。

0144

このタイプのフッ素化ビニルポリマーは、
−フッ素化有機基を有さないビニルモノマー(M2)を、
− フッ素化有機基を含むビニルモノマー(M1)、および
− 上述される一般式(I)の、上述されるカルボシロキサンデンドリマー(B)に、
それらを共重合に供することによって付加することによって得ることができる。

0145

したがって、一実施形態によれば、本発明の組成物は、カルボシロキサンデンドリマーに由来する少なくとも1つの単位を有し、上述されるビニルモノマー(M1)と、任意選択的に、上述されるビニルモノマー(M2)と、上述されるカルボシロキサンデンドリマー(B)との共重合から得られるビニルポリマーを含むことができ、前記ビニルポリマーは、0.1〜100:99.9〜0重量%のモノマー(M1)対モノマー(M2)の共重合比、および0.1〜99.9:99.9〜0.1重量%のモノマー(M1)および(M2)の合計対モノマー(B)の共重合比を有する。

0146

分子中にフッ素化有機基を含むビニルモノマー(M1)は、好ましくは、一般式:
(CH2)=CR15COORfによって表されるモノマーである。

0147

この式中、R15が、水素原子またはメチル基であり、Rfが、上述されるフルオロアルキルおよびフルオロアルキルオキシフルオロアルキレン基によって例示されるフッ素化有機基である。以下に示される式によって表される化合物は、成分(M1)の具体例として提案される。以下に示される式中、「z」が、1〜4の整数である。

0148

CH2=CCH3COO−CF3、CH2=CCH3COO−C2F5、CH2=CCH3COO−nC3F7、
CH2=CCH3COO−CF(CF3)2、CH2=CCH3COO−nC4F9、
CH2=CCH3COO−CF(CF3)2、CH2=CCH3COO−nC5F11、
CH2=CCH3COO−nC6F13、CH2=CCH3COO−nC8F17、CH2=CCH3COO−CH2CF3、
CH2=CCH3COO−CH(CF3)2、CH2=CCH3COO−CH2CH(CF3)2、
CH2=CCH3COO−CH2(CF2)2F、CH2=CCH3COO−CH2(CF2)2F、
CH2=CCH3COO−CH2(CF2)4F、CH2=CCH3COO−CH2(CF2)6F、
CH2=CCH3COO−CH2(CF2)8F、CH2=CCH3COO−CH2CH2CF3、
CH2=CCH3COO−CH2CH2(CF2)2F、CH2=CCH3COO−CH2CH2(CF2)3F、
CH2=CCH3COO−CH2CH2(CF2)4F、CH2=CCH3COO−CH2CH2(CF2)6F、
CH2=CCH3COO−CH2CH2(CF2)8F、CH2=CCH3COO−CH2CH2(CF2)10F、
CH2=CCH3COO−CH2CH2(CF2)12F、CH2=CCH3COO−CH2CH2(CF2)14F、
CH2=CCH3COO−CH2−CH2−(CF2)16F、CH2=CCH3COO−CH2CH2CH2CF3、
CH2=CCH3COO−CH2CH2CH2(CF2)2F、CH2=CCH3COO−CH2CH2CH2(CF2)2H、
CH2=CCH3COO−CH2(CF2)4H、CH2=CCH3COO−(CF2)3H、
CH2=CCH3COO−CH2CH2CF(CF3)−[OCF2−CF(CF3)]z−OC3F7、
CH2=CCH3COO−CH2CH2CF2CF2−[OCF2−CF(CF3)]z−OC3F7、
CH2=CHCOO−CF3、CH2=CHCOO−C2F5、CH2=CHCOO−nC3F7、
CH2=CHCOO−CF(CF3)2、CH2=CHCOO−nC4F9、CH2=CHCOO−CF2CF(CF3)2、
CH2=CHCOO−nC5F11、CH2=CHCOO−nC6F13、CH2=CHCOO−nC8F17、
CH2=CHCOO−CH2CF3、CH2=CHCOO−CH(CF3)2、CH2=CHCOO−CH2CH(CF3)2、
CH2=CHCOO−CH2(CF2)2F、CH2=CHCOO−CH2(CF2)3F、
CH2=CHCOO−CH2(CF2)4F、CH2=CHCOO−CH2(CF2)6F、
CH2=CHCOO−CH2(CF2)8F、CH2=CHCOO−CH2CH2CF3、
CH2=CHCOO−CH2CH2(CF2)2F、CH2=CHCOO−CH2CH2(CF2)3F、
CH2=CHCOO−CH2CH2(CF2)4F、CH2=CHCOO−CH2CH2(CF2)6F、
CH2=CHCOO−CH2CH2(CF2)8F、CH2=CHCOO−CH2CH2(CF2)10F、
CH2=CHCOO−CH2CH2−(CF2)12F、CH2=CHCOO−CH2CH2(CF2)14F、
CH2=CHCOO−CH2CH2(CF2)16F、CH2=CHCOO−CH2CH2CH2CF3、
CH2=CHCOO−CH2CH2CH2(CF2)2F、CH2=CHCOO−CH2CH2CH2(CF)2H、
CH2=CHCOO−CH2(CF2)4H、CH2=CHCOO−CH2CH2(CF2)3H、
CH2=CHCOO−CH2CH2CF(CF3)−[OCF2−CF(CF3)]Z−OC3F7、
CH2=CHCOO−CH2CH2CF2CF2(CF3)−[OCF2−CF(CF3)]2−OC3F7。

0149

これらの中でも、以下に示される式によって表されるビニルポリマーが好ましい:
CH2=CHCOO−CH2CH2(CF2)6F、CH2=CHCOO−CH2CH2(CF2)8F、
CH2=CCH3COO−CH2CH2(CF2)6F、CH2=CCH3COO−CH2CH2(CF2)8F、
CH2=CHCOO−CH2CF3、CH2=CCH3COO−CH2CF3。

0150

以下に示される式によって表されるビニルポリマーが特に好ましい:
CH2=CHCOO−CH2CF3、CH2=CCH3COO−CH2CF3。

0151

分子中にフッ素化有機基を含まないビニルモノマー(M2)は、例えば、メチルアクリレート、メチルメタクリレート、エチルアクリレート、エチルメタクリレート、n−プロピルアクリレート、n−プロピルメタクリレート、イソプロピルアクリレート、イソプロピルメタクリレートおよび他の低級アルキルアクリレートまたはメタクリレート;グリシジルアクリレート、グリシジルメタクリレート、n−ブチルアクリレート、n−ブチルメタクリレート、イソブチルアクリレート、イソブチルメタクリレート、tert−ブチルアクリレート、tert−ブチルメタクリレート、n−ヘキシルアクリレート、n−ヘキシルメタクリレート、シクロヘキシルアクリレート、シクロヘキシルメタクリレート、2−エチルヘキシルアクリレート、2−エチルヘキシルメタクリレート、オクチルアクリレート、オクチルメタクリレート、ラウリルアクリレート、ラウリルメタクリレート、ステアリルアクリレート、ステアリルメタクリレートおよび他の高級アクリレートおよびメタクリレート;酢酸ビニル、プロピオン酸ビニルおよび他の低級脂肪酸ビニルエステル;酪酸ビニル、カプロン酸ビニル、2−エチルヘキサン酸ビニル、ラウリン酸ビニル、ステアリン酸ビニルおよび他の高級脂肪酸エステル;スチレン、ビニルトルエン、ベンジルアクリレート、ベンジルメタクリレート、フェノキシエチルアクリレート、フェノキシエチルメタクリレート、ビニルピロリドンおよび他のビニル芳香族モノマー;ジメチルアミノエチルアクリレートジメチルアミノエチルメタクリレートジエチルアミノエチルアクリレートジエチルアミノエチルメタクリレートおよび他のアミノビニルモノマー、アクリルアミド、メタクリルアミド、N−メチロールアクリルアミド、N−メチロールメタクリルアミド、N−メトキシメチルアクリルアミド、N−メトキシメチルメタクリルアミド、イソブトキシメトキシアクリルアミド、イソブトキシメトキシメタクリルアミド、N,N−ジメチルアクリルアミド、N,N−ジメチルメタクリルアミドおよび他のビニルアミドモノマーヒドロキシエチルアクリレート、ヒドロキシエチルメタクリレート、アクリル酸ヒドロキシプロピルアルコールメタクリル酸ヒドロキシプロピルアルコールおよび他のヒドロキシビニルモノマー;アクリル酸、メタクリル酸、イタコン酸、クロトン酸、フマル酸、マレイン酸および他のビニルカルボン酸モノマー;テトラヒドロフルフリルアクリレート、テトラヒドロフルフリルメタクリレート、ブトキシエチルアクリレート、ブトキシエチルメタクリレート、エトキシジエチレングリコールアクリレート、エトキシジエチレングリコールメタクリレート、ポリエチレングリコールアクリレート、ポリエチレングリコールメタクリレート、ポリプロピレングリコールモノアクリレート、ポリプロピレングリコールモノメタクリレート、ヒドロキシブチルビニルエーテル、セチルビニルエーテル、2−エチルヘキシルビニルエーテルおよびエーテル結合を有する他のビニルモノマー;アクリロイルオキシプロピルトリメトキシシラン、メタクリロイルオキシプロピルトリメトキシシラン、末端の1つにアクリロイルまたはメタクリロイル基を含むポリジメチルシロキサン、末端の1つにアルケニルアリール基を含むポリジメチルシロキサンおよび不飽和基を有する他のシリコーン化合物;ブタジエン;塩化ビニル;塩化ビニリデン、アクリロニトリル、メタクリロニトリル;フマル酸ジブチル;無水マレイン酸;ドデシルコハク酸無水物アクリルグリシジルエーテル、メタクリルグリシジルエーテル、3,4−エポキシシクロヘキシルメチルアクリレート、3,4−エポキシシクロヘキシルメチルメタクリレート、アクリル酸の、メタクリル酸の、イタコン酸の、クロトン酸の、フマル酸の、マレイン酸のおよび他のラジカル重合性不飽和カルボン酸のアルカリ金属塩、アンモニウム塩および有機アミン塩、スルホン酸基を含むラジカル重合性不飽和モノマー、例えば、スチレンスルホン酸、およびさらにそれらのアルカリ金属塩、それらのアンモニウム塩およびそれらの有機アミン塩;アクリル酸またはメタクリル酸から得られる第四級アンモニウム塩、例えば、2−ヒドロキシ−3−メタクリロイルオキシプロピルトリメチルアンモニウムクロリド、第三級アミンアルコールのメタクリル酸エステル、例えば、メタクリル酸のジエチルアミンエステル、およびそれらの第四級アンモニウム塩によって例示されるラジカル重合性ビニル基を有する任意のモノマーであり得る。

0152

さらに、ビニルモノマー(M2)として、例えば、トリメチロールプロパントリアクリレート、トリメチロールプロパントリメタクリレート、ペンタエリスリチルトリアクリレート、ペンタエリスリチルトリメタクリレート、エチレングリコールジアクリレート、エチレングリコールジメタクリレート、テトラエチレングリコールジアクリレート、テトラエチレングリコールジメタクリレート、ポリエチレングリコールジアクリレート、ポリエチレングリコールジメタクリレート、1,4−ブタンジオールジアクリレート、1,4−ブタンジオールジメタクリレート、1,6−ヘキサンジオールジアクリレート、1,6−ヘキサンジオールジメタクリレート、ネオペンチルグリコールジアクリレート、ネオペンチルグリコールジメタクリレート、トリメチロールプロパンエトキシレートトリアクリレート、トリメチロールプロパンエトキシレートトリメタクリレート、トリス(2−ヒドロキシエチル)イソシアヌレートジアクリレート、トリス(2−ヒドロキシエチル)イソシアヌレートジメタクリレート、トリス(2−ヒドロキシエチル)イソシアヌレートトリアクリレート、トリス(2−ヒドロキシエチル)イソシアヌレートトリメタクリレート、分子鎖の2つの末端がアルケニルアリール基でブロックされたポリジメチルシロキサン、および不飽和基を有する他のシリコーン化合物によって例示される多官能性ビニルモノマーを使用することも可能である。

0153

(M1)および(M2)が共重合される上記の比率に関して、(M1)対(M2)の重量比は、好ましくは、1:99〜100:0の範囲内である。

0154

Yが、例えば、アクリルまたはメタクリル基を有する有機基、アルケニルアリール基を有する有機基、または2〜10個の炭素原子を有するアルケニル基から選択され得る。

0155

アクリルまたはメタクリル基およびアルケニルアリール基を有する有機基は、上述されるとおりである。

0156

化合物(B)の中でも、例えば、以下の化合物:



が挙げられる。

0157

カルボシロキサンデンドリマー(B)は、欧州特許第1 055 674号明細書の文献に記載されている分枝鎖状シロキサン/シルアルキレンコポリマーを調製するための方法を用いて調製され得る。

0158

例えば、それらは、有機アルケニルシリコーン化合物、および上述される式(IV)によって表される、ケイ素に結合された水素原子を含むシリコーン化合物を、ヒドロシリル化反応に供することによって調製され得る。

0159

モノマー(B)対モノマー(M1)および(M2)の共重合比(重量基準)は、好ましくは、1:99〜99:1の範囲内、さらにより好ましくは、5:95〜95:5の範囲内である。

0160

アミノ基は、成分(M2)に含まれる、ジメチルアミノエチルアクリレート、ジメチルアミノエチルメタクリレート、ジエチルアミノエチルアクリレートおよびジエチルアミノエチルメタクリレートなどのアミノ基を含むビニルモノマーを用いて、ビニルポリマーの側鎖に導入され得、続いて、酢酸カリウム一塩化物酢酸アンモニウム一塩化物、モノクロロ酢酸アミノメチルプロパノール塩、モノブロモ酢酸トリエタノールアミン塩モノクロロプロピオン酸ナトリウム、およびハロゲン化脂肪酸の他のアルカリ金属塩による修飾を行うか;あるいは、カルボン酸基は、成分(M2)に含まれる、アクリル酸、メタクリル酸、イタコン酸、クロトン酸、フマル酸およびマレイン酸などのカルボン酸を含むビニルモノマーを用いて、ビニルポリマーの側鎖に導入され得、続いて、生成物を、トリエチルアミン、ジエチルアミン、トリエタノールアミンおよび他のアミン中和する。

0161

フッ素化ビニルポリマーは、出願国際公開第03/045337号パンフレットの実施例に記載されているポリマーのうちの1つであり得る。

0162

好ましい実施形態によれば、本発明の意味の範囲内のグラフト化ビニルポリマーは、好ましくは、特に、シリコーン油および炭化水素油ならびにそれらの混合物から選択される揮発性物質である油または油の混合物中で運ばれ得る。

0163

特定の実施形態によれば、本発明に好適なシリコーン油は、シクロペンタシロキサンであり得る。

0164

別の特定の実施形態によれば、本発明に好適な炭化水素油は、イソドデカンであり得る。

0165

本発明に特に好適であり得るカルボシロキサンデンドリマーに由来する少なくとも1つの単位でグラフトされたビニルポリマーは、Dow CorningによってTIB 4−100、TIB 4−101、TIB 4−120、TIB 4−130、TIB 4−200、FA4002 ID(TIB 4−202)、TIB 4−220およびFA 4001 CM(TIB 4−230)の名称で販売されるポリマーである。

0166

本発明の特定の形態によれば、親油性皮膜形成ポリマーは、以下のものから選択される:
−トリメチルシロキシシリケート型のMQ型のシリコーン樹脂;
−フェニルアルキルシロキシシリケート型のMQ型の樹脂;
−ポリプロピルシルセスキオキサンまたはt−プロピルシルセスキオキサン樹脂(INCI名:ポリプロピルシルセスキオキサン(および)イソドデカン);
−カルボシロキサンデンドリマーに由来する少なくとも1つの単位でグラフトされたビニルポリマー(INCI名:アクリレート/ポリトリメチルシロキシメタクリレート)。

0167

本発明の特定の形態によれば、親油性皮膜形成ポリマーは、ポリプロピルシルセスキオキサンまたはt−プロピルシルセスキオキサン樹脂(INCI名:ポリプロピルシルセスキオキサン(および)イソドデカン)である。

0168

一実施形態によれば、本発明に係る組成物は、前記組成物の総重量に対して、0.1重量%〜20重量%、特に、0.5重量%〜15重量%、より特定的に、0.5重量%〜10重量%、好ましくは、0.5重量%〜4重量%の活性材料含量で親油性皮膜形成ポリマーを含む。

0169

特に好ましい形態によれば、本発明に係る組成物は、少なくとも:
a)組成物の総重量に対して少なくとも15.0重量%の、分枝鎖状C18〜C36脂肪酸トリグリセリド、リンゴ酸ジイソステアリル、トリメリット酸トリデシルおよびそれらの混合物から選択される、1.450以上の屈折率を有する少なくとも1つの不揮発性炭化水素油、および任意選択的に、特に、10〜40個の炭素原子を有する合成エーテル、特に、ジカプリリルエーテルから選択される、1.450未満の屈折率を有する少なくとも1つの不揮発性油、および
b)C8〜C16イソアルカン、特に、イソドデカンから選択される少なくとも1つの揮発性炭化水素油、および
c)組成物の総重量に対して少なくとも8重量%のエタノール、および
d)トリメタシロキシシリケート型のMQ型のシリコーン樹脂、ポリプロピルシルセスキオキサンまたはt−プロピルシルセスキオキサン樹脂、またはカルボシロキサンデンドリマーに由来する少なくとも1つの単位でグラフトされたビニルポリマーから選択される少なくとも1つの親油性皮膜形成ポリマー、および
e)少なくとも1つの顔料を含む。

0170

粒子材料
本発明に係る組成物に使用され得る粒子材料は、顔料、充填剤およびそれらの混合物から選択され得る。

0171

「顔料」という用語は、水溶液に不溶性であり、得られるフィルムを着色するか、および/または不透明にすることが意図される白色または着色された無機または有機粒子を意味するものと理解されるべきである。

0172

「充填剤」という用語は、組成物の媒体中に分散された不溶性の形態で提供される任意の形状の無色のまたは白色の固体粒子を意味するものと理解されるべきである。無機または有機の性質を有し、それらは、組成物に粘り(body)または剛性および/またはメイクアップに柔性および均一性を与えることを可能にする。

0173

顔料
顔料は、化粧用組成物の総重量に対して、0.1重量%〜40重量%、特に、1重量%〜30重量%、特に、5重量%〜15重量%の割合で存在し得る。

0174

本発明に使用され得る無機顔料として、酸化チタン酸化ジルコニウムまたは酸化セリウム、およびさらに酸化亜鉛酸化鉄または酸化クロムフェリックブルー(ferric blue)、マンガンバイオレットウルトラマリンブルーおよびクロム水和物が挙げられる。好ましくは、本発明の組成物は、少なくとも酸化チタンおよび酸化鉄を含む。

0175

本発明に使用され得る無機顔料として、真珠光沢剤が特に挙げられる。

0176

「真珠光沢剤」という用語は、虹色の光沢を有していてもまたは有していなくてもよく、特に、特定の軟体動物によってその殻中で生成され、あるいは合成され、光学干渉によって色効果を示す、任意の形状の着色された粒子を意味するものと理解されるべきである。

0177

真珠光沢剤は、真珠光沢顔料、例えば、酸化鉄で被覆された酸化チタン被覆雲母塩化酸化ビスマスで被覆された酸化チタン被覆雲母、酸化クロムで被覆された酸化チタン被覆雲母、有機染料で被覆された酸化チタン被覆雲母およびさらに塩化酸化ビスマスをベースとする真珠光沢顔料から選択され得る。それらはまた、その表面で、金属酸化物および/または有機着色剤の少なくとも2つの連続層が重ねられた雲母粒子であり得る。

0178

同様に挙げられる真珠層の例は、酸化チタン、酸化鉄、天然顔料または塩化酸化ビスマスで被覆された天然雲母を含む。市販されている真珠光沢剤の中でも、Engelhardによって販売されるTimica、FlamencoおよびDuochrome真珠光沢剤(雲母をベースとする)、Merckによって販売されるTimiron真珠光沢剤、Eckartによって販売される雲母をベースとするPrestige真珠光沢剤およびSun Chemicalによって販売される合成雲母をベースとするSunshine真珠光沢剤が挙げられる。

0179

真珠光沢剤は、より特定的に、黄、ピンク、赤、青銅、オレンジ、金および/または銅の色または色合いを有し得る。

0180

本発明に関して使用され得る真珠光沢剤の例として、特に、Brilliant Gold 212G(Timica)、Gold 222C(Cloisonne)、Sparkle Gold(Timica)、Gold 4504(Chromalite)およびMonarch Gold 233X(Cloisonne)の名称でEngelhardによって販売される金色の真珠光沢剤;特に、Bronze Fine(17384)(Colorona)およびBronze(17353)(Colorona)の名称でMerckによって、およびSuper Bronze(Cloisonne)の名称でEngelhardによって販売される青銅色の真珠光沢剤;特に、Orange 363C(Cloisonne)およびOrangeMCR101(Cosmica)の名称でEngelhardによって、およびPassion Orange(Colorona)およびMatte Orange(17449)(Microna)の名称でMerckによって販売されるオレンジ色の真珠光沢剤;特に、Nu−Antique Copper 340XB(Cloisonne)およびBrown CL4509(Chromalite)の名称でEngelhardによって販売される茶色の真珠光沢剤;特に、Copper 340A(Timica)の名称でEngelhardによって販売される銅の輝きを有する真珠光沢剤;特に、Sienna Fine(17386)(Colorona)の名称でMerckによって販売される赤色の輝きを有する真珠光沢剤;特に、Yellow(4502)(Chromalite)の名称でEngelhardによって販売される黄色の輝きを有する真珠光沢剤;特に、Sunstone G012(Gemtone)の名称でEngelhardによって販売される金色の輝きを有する赤色の真珠光沢剤;特に、Tan Opale G005(Gemtone)の名称でEngelhardによって販売されるピンク色の真珠光沢剤;特に、Nu−Antique Bronze 240 AB(Timica)の名称でEngelhardによって販売される金色の光沢を有する黒色の真珠光沢剤;特に、Matte Blue(17433)(Microna)の名称でMerckによって販売される青色の真珠光沢剤;特に、Xirona Silverの名称でMerckによって販売される銀色の輝きを有する白色の真珠光沢剤;および特に、Indian Summer(Xirona)の名称でMerckによって販売される金緑色で、ピンク色とオレンジ色を帯びた真珠光沢剤、ならびにそれらの混合物が特に挙げられる。

0181

本発明にしたがって使用され得る顔料の中でも、単純な従来の着色効果、すなわち、例えば、単色顔料などの従来の着色剤によって生成されるような統合および安定化された効果と異なる光学効果を有するものが挙げられる。本発明の意味の範囲内で、「安定化された」という用語は、観測角度によるあるいは温度の変化に応じた色の変動の効果がないことを意味する。

0182

例えば、この材料は、金属の輝きを有する粒子、角度依存性(goniochromatic)着色剤、回折顔料熱変色性剤(thermochromic agent)、光学的光沢剤およびさらに繊維、特に、干渉繊維から選択され得る。当然ながら、これらの様々な材料は、2つの効果、実際にさらには本発明に係る新規な効果の同時の表示を提供するように組み合わされ得る。

0183

本発明に使用され得る金属の輝きを有する粒子は、特に、以下のものから選択される:
− 少なくとも1つの金属および/または少なくとも1つの金属誘導体の粒子、
− 少なくとも1つの金属および/または少なくとも1つの金属誘導体を含む、金属の輝きを有する少なくとも1つの層で少なくとも部分的に被覆された、1つまたは複数の材料で作製された、有機または無機基材を含む粒子、および
− 前記粒子の混合物。

0184

前記粒子中に存在し得る金属の中でも、例えば、Ag、Au、Cu、Al、Ni、Sn、Mg、Cr、Mo、Ti、Zr、Pt、Va、Rb、W、Zn、Ge、Te、Seおよびそれらの混合物または合金が挙げられる。Ag、Au、Cu、Al、Zn、Ni、Mo、Crおよびそれらの混合物または合金(例えば、青銅および真ちゅう)が好ましい金属である。

0185

「金属誘導体」という用語は、金属から誘導される化合物、特に、酸化物フッ化物塩化物および硫化物を示す。これらの粒子の例として、アルミニウム粒子、例えば、SilberlineによってStarbrite 1200 EAC(登録商標)の名称で、およびEckartによってMetalure(登録商標)の名称で販売されるものが挙げられる。

0186

銅または合金混合物で形成された金属粉末、例えば、Radium Bronzeによって販売される整理番号2844、金属顔料、例えば、アルミニウムまたは青銅、例えば、EckartからRotosafe 700の名称で販売されるもの、EckartからVisionaire Bright Silverの名称で販売されるシリカ被覆アルミニウム粒子および金属合金で形成された粒子、例えば、EckartからVisionaire Bright Natural Goldの名称で販売されるシリカで被覆された青銅(銅および亜鉛合金)で形成された粉末も挙げられる。

0187

粒子は、ガラス基材、例えば、Microglass Metashineの名称でNippon Sheet Glassによって販売されるものも含み得る。

0188

角度依存性着色剤は、例えば、干渉多層構造および液晶着色剤から選択され得る。

0189

本発明にしたがって生成される組成物に使用され得る対称干渉多層構造の例は、例えば、以下の構造である:Al/SiO2/Al/SiO2/Al、この構造を有する顔料は、DuPont de Nemoursによって販売される;Cr/MgF2/Al/MgF2/Cr、この構造を有する顔料は、FlexによってChromaflairの名称で販売される;MoS2/SiO2/Al/SiO2/MoS2;Fe2O3/SiO2/Al/SiO2/Fe2O3およびFe2O3/SiO2/Fe2O3/SiO2/Fe2O3、これらの構造を有する顔料は、BASFによってSicopearlの名称で販売される;MoS2/SiO2/酸化雲母/SiO2/MoS2;Fe2O3/SiO2/酸化雲母/SiO2/Fe2O3;TiO2/SiO2/TiO2およびTiO2/Al2O3/TiO2;SnO/TiO2/SiO2/TiO2/SnO;Fe2O3/SiO2/Fe2O3;SnO/雲母/TiO2/SiO2/TiO2/雲母/SnO、これらの構造を有する顔料は、Merck(Darmstadt)によってXironaの名称で販売される。例として、これらの顔料は、MerckによってXirona Magicの名称で販売されるシリカ/酸化チタン/酸化スズ構造を有する顔料、MerckによってXirona Indian Summerの名称で販売されるシリカ/褐色酸化鉄構造を有する顔料、およびMerckによってXirona Caribbean Blueの名称で販売されるシリカ/酸化チタン/雲母/酸化スズ構造を有する顔料であり得る。Shiseido製のInfinite Colors顔料も挙げられる。様々な層の厚さおよび性質に応じて、異なる効果が得られる。したがって、構造Fe2O3/SiO2/Al/SiO2/Fe2O3では、色は、320〜350nmのSiO2層の場合、緑がかった金色から赤色がかった灰色に;380〜400nmのSiO2層の場合、赤色から金色に;410〜420nmのSiO2層の場合、紫色から緑色に;430〜440nmのSiO2層の場合、銅色から赤色に変化する。

0190

高分子多層構造を有する顔料の例として、Color Glitterの名称で3Mによって販売されるものが挙げられる。

0191

液晶角度依存性粒子として、例えば、Chenixによって販売されるもの、およびWackerによってHelicone(登録商標)HCの名称で販売されるものが使用され得る。

0192

充填剤
本発明の組成物に使用され得る充填剤は、有機または無機の性質を有するものであり得、特に、向上した安定性耐摩耗性カバー力(coverage)および/またはマットさのさらなる特性をそれに与えることを可能にする。

0193

充填剤の含量は、前記組成物の総重量に対して、2重量%〜20重量%、特に、4重量%〜12重量%の範囲であり得る。

0194

本発明に係る組成物に使用される充填剤は、層状、球形、球状もしくは繊維形態のものまたはこれらの明確な形態の中間の任意の他の形態のものであり得る。

0195

本発明に係る充填剤は、表面が被覆されていてもまたはされていなくてもよく、特に、それらは、シリコーン、アミノ酸フッ素化誘導体または組成物中の充填剤の分散および相溶性を促進する任意の他の物質表面処理され得る。

0196

無機充填剤の例として、粘土タルク、雲母、シリカ、中空シリカ微小球カオリン炭酸カルシウム炭酸マグネシウムヒドロキシアパタイト窒化ホウ素ガラスまたはセラミックマイクロカプセル、シリカと二酸化チタンとの複合体、例えば、Nippon Sheet Glassによって販売されるTSGシリーズ、またはトリメチルシリル基によって表面修飾された疎水性シリカエアロゲル粒子が挙げられる。

0197

本発明の特定の形態によれば、本発明の組成物は、充填剤として、少なくとも、トリメチルシリル基によって表面修飾された疎水性シリカエアロゲル粒子および/または親油性粘土を含む。

0198

本発明に使用され得る疎水性シリカエアロゲルとして、例えば、粒子が約1000μmの平均サイズおよび600〜800m2/gの範囲の重量単位当たりの比表面積を示す、Dow CorningによってVM−2260(登録商標)(INCI名:シリル化シリカ)の名称で販売されるエアロゲルが挙げられる。

0199

整理番号AerogelTLD 201、Aerogel OGD201、Aerogel TLD 203、Enova(登録商標)AerogelMT1100およびEnova Aerogel MT 1200でCabotによって販売されるエアロゲルも挙げられる。

0200

好ましくは、粒子が5〜15μmの範囲の平均サイズおよび600〜800m2/gの範囲の重量単位当たりの比表面積を示す、Dow CorningによってVM−2270(INCI名:シリル化シリカ)の名称で販売されるエアロゲルが使用される。

0201

粘土は、天然または合成であり得、それらは、アルキルアンモニウム塩、例えば、C10〜C22アンモニウムクロリド、例えばジステアリルジメチルアンモニウムクロリドによる処理によって親油性にされる。

0203

それらは、好ましくは、ヘクトライトから選択される。

0204

特に、ジステアリルジメチルアンモニウムクロリドによって修飾されたヘクトライト、例えば、ElementisによってBentone Gel ISD V(登録商標)の名称で販売される商品が使用される。有機充填剤の例として、ポリアミドで形成された粉末(Atochem製のOrgasol Nylon(登録商標))、ポリエチレン、ポリ(メチルメタクリレート)、ポリテトラフルオロエチレン(Teflon)またはアクリル酸コポリマー(Dow Corning製のPolytrap)、ラウロイルリジンポリ塩化ビニリデン/アクリロニトリルのものなどの中空高分子微小球、例えば、Expancel(Nobel Industrie)、ヘキサメチレンジイソシアネート/トリメチロールヘキシルラクトンコポリマー粉末(Toshiki製のPlastic Powder)、上述されるもの以外のシリコーン樹脂マイクロビーズ(例えば、Toshiba製のTospearl)、合成または天然微粉化ワックス、8〜22個の炭素原子、好ましくは、12〜18個の炭素原子を有する有機カルボン酸に由来する金属せっけん、例えばステアリン酸亜鉛ステアリン酸マグネシウムステアリン酸リチウムラウリン酸亜鉛またはミリスチン酸マグネシウム、Polypore(登録商標)L 200(Chemdal Corporation)またはポリウレタン粉末、特に、トリメチロールヘキシルラクトンを含むコポリマーを含む架橋ポリウレタンで形成された粉末が挙げられる。それは、特に、ヘキサメチレンジイソシアネート/トリメチロールヘキシルラクトンポリマーであり得る。このような粒子は、特に、例えばToshikiからPlastic Powder D−400(登録商標)またはPlastic Powder D−800(登録商標)の名称で市販されているもの、およびそれらの混合物である。

0205

添加剤
本発明に係る組成物は、対象とするケラチン物質の観点から一般に調整される特定の剤形配合物に従来用いられるさらなる化粧品成分も含み得る。このまたはこれらのさらなる化粧品成分は、特に、ワックス、ペースト状の脂肪性物質、界面活性剤、親油性ゲル化剤分散剤活性剤防腐剤酸化防止剤、溶媒、香料日焼け止め剤殺菌剤消臭剤脂溶性染料およびそれらの混合物から選択され得る。

0206

さらなる化粧品成分の量は、対象とする分野で従来使用される量、例えば、組成物の総重量の0.01%〜20%、好ましくは、組成物の総重量の0.01%〜10%である。

0207

当然ながら、当業者は、本発明に係る組成物の有利な特性が、想定される添加によって悪影響を受けないか、または実質的に悪影響を受けないように、任意選択的なさらなる成分および/またはそれらの量を注意して選択するであろう。

0208

脂溶性染料は、例えば、スダンレッド、DCレッド17、DCグリーン6、β−カロテン、大豆油、スダンブラウン、DCイエロー11、DCバイオレット2、DCオレンジ5およびキノリンイエローである。

0209

シリコーン界面活性剤
特定の形態によれば、本発明に係る組成物は、特に、オキシアルキレン化、好ましくは、オキシエチレン化ポリジメチルシロキサンから選択されるシリコーン界面活性剤をさらに含み得る。

0210

好ましくは、シリコーン界面活性剤は、主鎖上のポリオキシエチレン鎖(ポリオキシエチレン側鎖またはペンダント鎖)を含む。

0211

アルキレンオキシド単位の数は、2〜50、好ましくは、5〜20の範囲であり得る。

0212

このようなシリコーン界面活性剤は、特に、KF−6017の名称でShin−Etsuによって販売される、PEG−10ジメチコンと呼ばれるものである。

0213

シリコーン界面活性剤は、組成物の総重量に対して、0.01重量%〜5重量%、好ましくは、0.1重量%〜3重量%の範囲の量で、本発明に係る組成物中に存在し得る。

0214

分散剤
有利には、本発明に係る組成物は、分散剤をさらに含み得る。

0215

このような分散剤は、界面活性剤、オリゴマー、ポリマーまたはそれらのいくつかの混合物であり得る。

0216

特定の実施形態によれば、本発明に係る分散剤は、界面活性剤である。

0217

活性剤
特に、ケア用途の場合、本発明に係る組成物は、少なくとも1つの保湿剤(湿潤剤としても知られている)を含み得る。

0218

好ましくは、保湿剤は、グリセロールである。

0219

1つまたは複数の保湿剤は、前記組成物の総重量に対して、0.1重量%〜15重量%、特に、0.5重量%〜10重量%、実際にさらには、1重量%〜6重量%の範囲の含量で、組成物中に存在し得る。

0220

本発明の組成物に使用され得る他の活性剤として、例えば、ビタミン、日焼け止め剤およびそれらの混合物が挙げられる。

0221

好ましくは、本発明に係る組成物は、少なくとも1つの活性剤を含む。

0222

本発明に係る組成物中に存在する添加剤の性質および量を、本組成物に必要とされる化粧特性が添加剤によって影響されないように調整することは、当業者にとって日常的な作業に過ぎない。

0223

剤形
本発明に係る組成物は、ファンデーションコンシーラーマスカラまたは口紅の形態で提供され得る。

0224

本発明の化粧用組成物は、無水液体製品の形態で提供される。特に、本発明の化粧用組成物は、リキッドファンデーション、身体をメイクアップするための製品、コンシーラーまたは化粧下地の形態で提供され得る。

0225

一実施形態によれば、本発明の組成物は、身体または顔、特に顔の皮膚をケアするための組成物の形態で有利に提供され得る。

0226

別の実施形態によれば、本発明の組成物は、化粧下地組成物の形態で有利に提供され得る。

0227

別の実施形態によれば、本発明の組成物は、ファンデーションの形態で有利に提供され得る。

0228

このような組成物は、特に、当業者の一般知識にしたがって調製される。

0229

「...〜...」および「...〜...の範囲の」という表現は、特に規定されない限り、限度値を含むものと理解されるべきである。

0230

本発明は、以下に示される実施例および図によって、より詳細に例示される。特に示されない限り、示される量は、重量パーセンテージとして表される。

0231

2つの以下の無水液体配合物を調製した。

0232

0233

手順:
相Aの成分を、主要なビーカー中で検量し、周囲温度に維持しながらMoritz撹拌器撹拌を行った。撹拌速度を、製造される量および混合物の粘度に応じて調整した。均一な混合物が得られるまで、撹拌を維持した。相Bを、撹拌しながら加えた。均一な混合物(塊がない)が得られるまで、撹拌を維持した。スパチュラを用いて、ビーカー中で、2つの油の混合物中でシリル化シリカを分散させることによって、相Cを別個に調製した。混合物Cを、Moritz撹拌器で撹拌しながら加えた。均一な混合物が得られるまで、撹拌を維持した。相DおよびEを、撹拌しながら加えた。撹拌を10分間維持した。撹拌速度を、製造される量および混合物の粘度に応じて調整した。最後に、相Fを、Moritz撹拌器で撹拌しながら加えた。均一な混合物および良好な顔料分散体(塊がない)が得られるまで、撹拌を維持した。その後、包装を迅速に行った。

0234

親油性皮膜形成ポリマーを含まない例2と対照的に、シルセスキオキサン樹脂型の親油性皮膜形成ポリマーを含む、本発明に係る実施例1が、周囲温度で1時間にわたって1000rpmで遠心分離し、30mlのフラスコ中で、周囲温度で24時間静置した後、透明な塩析およびケーキの容易で均一な再分散によって反映される顔料の「クリーンな」沈降を得ることを可能にすることが観察された。

0235

実施例1の組成物はまた、べたべたしない非粘着性油性感(oily sensation)を示した。

0236

例3〜7
本発明の実施例3および4ならびに例5、6および7(本発明以外)を、実施例1および2と同じ条件下で調製した。

0237

0238

0239

1000rpmで1時間遠心分離し、30mlのフラスコ中で24時間静置した後の組成物の外観の結果が、以下の表に示される。

0240

0241

−皮膜形成ポリマーアクリル酸/イソブチルアクリレート/イソボルニルアクリレートコポリマーを含む例5、
− 皮膜形成ポリマーハロゲン化ポリブタジエンポリジエンを含む例6、
− 皮膜形成ポリマーアクリレート/ジメチコンコポリマーを含む例7
と対照的に、MQ樹脂型の親油性皮膜形成ポリマーを含む、本発明に係る実施例3、およびカルボシロキサンデンドリマー型でグラフトされたビニルポリマーの親油性皮膜形成ポリマーを含む、本発明に係る実施例4が、周囲温度で1時間にわたって1000rpmで遠心分離し、30mlのフラスコ中で、周囲温度で24時間静置した後、透明な塩析およびケーキの容易で均一な再分散によって反映される顔料の「クリーンな」沈降を得ることを可能にすることが観察された。

実施例

0242

本発明の実施例3および4はまた、べたべたしない非粘着性の油性感を示した。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日光ケミカルズ株式会社の「 毛髪化粧料」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】洗髪後の濡れた毛髪における過多のドライヤー使用による熱ダメージ、ドライヤー乾燥過程における長時間のコーミングによる摩擦ダメージなどを軽減するため、毛髪がすぐに乾く、撥水効果の高い毛髪化粧料の提... 詳細

  • 株式会社マンダムの「 口臭抑制剤」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】安全性が高く、経口摂取することが可能な口臭抑制剤を提供する。【解決手段】 ジュンサイ抽出物を含むことを特徴とする口臭抑制剤を提供する。前記の口臭抑制剤は、さらに、ルイボス抽出物及びリンゴンベ... 詳細

  • サラヤ株式会社の「 羅漢果抽出物」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】水不溶物が抑制された羅漢果抽出物を提供する。【解決手段】(1)モグロシドVを0.01質量%〜70質量%;及び(2)水不溶性成分5質量%以下を含有し、水不溶性成分含有量/ポリフェノール含有量が、... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ