図面 (/)

技術 PCSK9阻害剤と共に使用するための投薬レジメン

出願人 サノフィ・バイオテクノロジーリジェネロン・ファーマシューティカルズ・インコーポレイテッド
発明者 マリー・バカラ-ディネットロランス・ベサックコリンヌ・アノトンロバート・シー・ポーディーウィリアム・ジェイ・サシーラジャック・レイ
出願日 2019年11月6日 (1年0ヶ月経過) 出願番号 2019-201184
公開日 2020年3月12日 (8ヶ月経過) 公開番号 2020-037566
状態 未査定
技術分野 蛋白脂質酵素含有:その他の医薬 他の有機化合物及び無機化合物含有医薬 非環式または炭素環式化合物含有医薬 ペプチド又は蛋白質 抗原、抗体含有医薬:生体内診断剤 化合物または医薬の治療活性
主要キーワード 経済評価 同時調整 施設担当者 平均推定値 平均変化率 負荷テスト 均等目盛 ウィンドウ期間
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年3月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

PCSK9媒介疾患またはPCSK9媒介状態の治療方法の提供。

解決手段

それを必要としている被験者低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)を低減させる方法であって、併用スタチンを用いていない該被験者に、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与することを含み、それによって該被験者のLDL−Cを低減させる前記方法。

概要

背景

高コレステロール血症、詳細には低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)レベルの増加は、西欧諸国における死亡および身体障害の主因である、アテローム性動脈硬化症および冠動脈心疾患(CHD)の発症の大きなリスクとなる。主として3−ヒドロキシ−3−メチルグルタリルCoAレダクターゼ(HMGCoA阻害剤でLDL−Cレベルを低減させることが、LDL−CレベルとCHD事象との強い直接的関係のためCHDリスクを低減させることは、非常に多くの研究によって立証されており;LDL−Cが1mmol/L(約40mg/dL)低減するごとに、心血管疾患CVD)死亡率および罹病率は22%低下される。LDL−Cの低減が大きいほど事象の大きな低減が生じ、集中スタチン処置標準スタチン処置に対する比較データは、心血管リスクが高い患者ではLDL−Cレベルが低いほどその便益が大きいことを示唆している。

冠動脈アテローム性硬化進行性蓄積につながる長期LDL−C上昇は、初期介入としてライフスタイル療法を含む長期管理を必要とする。しかし、ライフスタイル療法が血漿LDL−Cを>15%低減させることは稀であるので、脂質異常症患者を適切に処置するために薬物処置を使用する必要がある。現行のLDL−C低下薬としては、スタチンエゼチミブ(EZE)、フィブラートナイアシン、および胆汁酸封鎖剤が挙げられ、これらのうちスタチンが最も一般的に処方される。スタチンは、大きなLDL−C低下能力を証明しており、CHD事象を低減させるからである。高コレステロール血症は殆どが無症候性であるため、この障害を管理するために使用される薬剤副作用患者コンプライアンスを弱めることがある。いくつかのコホート研究において、1年の時点での報告されているスタチン治療順守率は26%〜85%の範囲であり、順守率の急速な低下が最初の数カ月以内に概して観察される。

スタチンなどの脂質修飾治療幅広有用性にもかかわらず、米国において1999年〜2006年の間に高コレステロール血症の処置を受けた全成人患者のおおよそ30%は、彼らの推奨LDL−C標的値に達することができなかった。この理由としては、治療順守不良、薬物耐性不耐性、および有害事象率と投薬量増加の間の明確な関連性が挙げられる。さらに、最も有効な脂質修飾治療が低減させることができるLDL−Cレベルは最
大55%に過ぎないので、LDL−Cの相当な低減を必要とする患者、例えば、家族性高コレステロール血症を有する患者における標的到達率は、予想を有意に下回ることが多い。それ故、これらの患者における標的到達率を向上させるために、より有効な脂質修飾治療および処置レジメンが必要である。

プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)は、分泌サブチラーゼファミリープロテイナーゼサブファミリーに属するプロタンパク質転換酵素である。PCSK9は、循環からのLDLクリアランスの主要経路である肝臓におけるLDLエンドサイトーシスを媒介するLDL受容体の分解を促進することによって、血漿LDLコレステロールを増加させることを示す証拠がある。

血清総コレステロール、LDLコレステロールおよび血清トリグリセリドを低減させるためのPCSK9阻害剤(抗PCSK9抗体)の使用は、特許文献1、特許文献2および特許文献3に記載されている。しかし、改善された治療方法当技術分野において依然として必要とされている。

概要

PCSK9媒介疾患またはPCSK9媒介状態の治療方法の提供。それを必要としている被験者の低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)を低減させる方法であって、併用スタチンを用いていない該被験者に、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与することを含み、それによって該被験者のLDL−Cを低減させる前記方法。なし

目的

本発明は、スタチン不在下で抗PCSK9抗体の高用量、低頻度投薬レジメンを投与することによって、高コレステロール血症を処置するおよび/またはLDL−コレステロールを低減させる方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

それを必要としている被験者低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)を低減させる方法であって、併用スタチンを用いていない該被験者に、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与することを含み、それによって該被験者のLDL−Cを低減させる前記方法。

請求項2

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1/6および11/15からなる群から選択される重鎖可変領域軽鎖可変領域(HCVR/LCVR)アミノ酸配列対の重鎖および軽鎖相補性決定領域(CDR)を含む、請求項1に記載の方法。

請求項3

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む、請求項2に記載の方法。

請求項4

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号11のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号15のアミノ酸配列を有するLCVRを含む、請求項3に記載の方法。

請求項5

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む、請求項2に記載の方法。

請求項6

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号6のアミノ酸配列を有するLCVRを含む、請求項5に記載の方法。

請求項7

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体と同じ、PCSK9上のエピトープと結合する、請求項1に記載の方法。

請求項8

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体とPCSK9との結合について競合する、請求項1に記載の方法。

請求項9

被験者は、家族性高コレステロール血症でない(非FH)型の高コレステロール血症を有する、請求項1〜8のいずれか1項に記載の方法。

請求項10

被験者は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症(heFH)を有する、請求項1〜8のいずれか1項に記載の方法。

請求項11

heFHの診断は、遺伝子型判定または臨床基準いずれかによって行われる、請求項10に記載の方法。

請求項12

臨床基準は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症のサイモン・ブルーム登録診断基準、またはスコア>8でのWHO/DutchLipidNetwork基準のいずれかである、請求項11に記載の方法。

請求項13

被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けている、請求項1〜12のいずれか1項に記載の方法。

請求項14

非スタチン脂質低下剤は:エゼチミブフィブラートフェノフィブラートナイアシンオメガ脂肪酸、および胆汁酸樹脂からなる群から選択される、請求項13に記載の方法。

請求項15

非スタチン脂質低下剤は、エゼチミブまたはフェノフィブラートである、請求項14に記載の方法。

請求項16

被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けていない、請求項1〜12のいずれか1項に記載の方法。

請求項17

抗体または抗原結合タンパク質は、皮下投与される、請求項1〜16のいずれか1項に記載の方法。

請求項18

4用量またはそれ以上の用量の後に測定される被験者のLDL−Cが≦70mg/dLである場合、4週間ごとの約150mgの用量が維持される、請求項1〜16のいずれか1項に記載の方法。

請求項19

4用量またはそれ以上の用量の後に測定される被験者のLDL−Cが≧70mg/dLである場合、4週間ごとの約150mgの用量は中止され、その後、抗体または抗原結合タンパク質が、隔週、約150mgの用量で該被験者に投与される、請求項1〜16のいずれか1項に記載の方法。

請求項20

それを必要としている被験者の高コレステロール血症を処置する方法であって、併用スタチンを用いていない該被験者に、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与することを含み、それによって該被験者の高コレステロール血症を処置する前記方法。

請求項21

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1/6および11/15からなる群から選択される重鎖可変領域/軽鎖可変領域(HCVR/LCVR)アミノ酸配列対の重鎖および軽鎖相補性決定領域(CDR)を含む、請求項20に記載の方法。

請求項22

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む、請求項21に記載の方法。

請求項23

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号11のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号15のアミノ酸配列を有するLCVRを含む、請求項22に記載の方法。

請求項24

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む、請求項21に記載の方法。

請求項25

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号6のアミノ酸配列を有するLCVRを含む、請求項24に記載の方法。

請求項26

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体と同じ、PCSK9上のエピトープと結合する、請求項21に記載の方法。

請求項27

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体とPCSK9との結合について競合する、請求項21に記載の方法。

請求項28

被験者は、家族性高コレステロール血症でない(非FH)型の高コレステロール血症を有する、請求項20〜27のいずれか1項に記載の方法。

請求項29

被験者は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症(heFH)を有する、請求項20〜27のいずれか1項に記載の方法。

請求項30

heFHの診断は、遺伝子型判定または臨床基準いずれかによって行われる、請求項29に記載の方法。

請求項31

臨床基準は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症のサイモン・ブルーム登録診断基準、またはスコア>8でのWHO/DutchLipidNetwork基準のいずれかである、請求項30に記載の方法。

請求項32

被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けている、請求項20〜31のいずれか1項に記載の方法。

請求項33

非スタチン脂質低下剤は:エゼチミブ、フィブラート、フェノフィブラート、ナイアシン、オメガ3脂肪酸、および胆汁酸樹脂からなる群から選択される、請求項32に記載の方法。

請求項34

非スタチン脂質低下剤は、エゼチミブまたはフェノフィブラートである、請求項33に記載の方法。

請求項35

被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けていない、請求項20〜31のいずれか1項に記載の方法。

請求項36

抗体または抗原結合タンパク質は、皮下投与される、請求項20〜35のいずれか1項に記載の方法。

請求項37

4用量またはそれ以上の用量の後に測定される被験者のLDL−Cが≦70mg/dLである場合、4週間ごとの約150mgの用量が維持される、請求項20〜36のいずれか1項に記載の方法。

請求項38

4用量またはそれ以上の用量の後に測定される被験者のLDL−Cが≦70mg/dLである場合、4週間ごとの約150mgの用量は中止され、その後、抗体または抗原結合タンパク質が、隔週、約150mgの用量で該被験者に投与される、請求項20〜36のいずれか1項に記載の方法。

請求項39

それを必要としている被験者の家族性高コレステロール血症でない型の高コレステロール血症を処置する方法であって、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって該被験者に投与することを含み、それによって該被験者の家族性高コレステロール血症でない型の高コレステロール血症を処置する前記方法。

請求項40

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1/6および11/15からなる群から選択される重鎖可変領域/軽鎖可変領域(HCVR/LCVR)アミノ酸配列対の重鎖および軽鎖相補性決定領域(CDR)を含む、請求項39に記載の方法。

請求項41

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む、請求項40に記載の方法。

請求項42

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号11のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号15のアミノ酸配列を有するLCVRを含む、請求項41に記載の方法。

請求項43

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む、請求項40に記載の方法。

請求項44

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号6のアミノ酸配列を有するLCVRを含む、請求項43に記載の方法。

請求項45

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体と同じ、PCSK9上のエピトープと結合する、請求項39に記載の方法。

請求項46

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体とPCSK9との結合について競合する、請求項39に記載の方法。

請求項47

被験者は、家族性高コレステロール血症でない(非FH)型の高コレステロール血症を有する、請求項39〜46のいずれか1項に記載の方法。

請求項48

被験者は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症(heFH)を有する、請求項39〜46のいずれか1項に記載の方法。

請求項49

heFHの診断は、遺伝子型判定または臨床基準いずれかによって行われる、請求項48に記載の方法。

請求項50

臨床基準は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症のサイモン・ブルーム登録診断基準、またはスコア>8でのWHO/DutchLipidNetwork基準のいずれかである、請求項49に記載の方法。

請求項51

被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けている、請求項39〜50のいずれか1項に記載の方法。

請求項52

非スタチン脂質低下剤は:エゼチミブ、フィブラート、フェノフィブラート、ナイアシン、オメガ3脂肪酸、および胆汁酸樹脂からなる群から選択される、請求項51に記載の方法。

請求項53

非スタチン脂質低下剤は、エゼチミブまたはフェノフィブラートである、請求項52に記載の方法。

請求項54

被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けていない、請求項39〜50のいずれか1項に記載の方法。

請求項55

抗体または抗原結合タンパク質は、皮下投与される、請求項39〜54のいずれか1項に記載の方法。

請求項56

4用量またはそれ以上の用量の後に測定される被験者のLDL−Cが≦70mg/dLである場合、4週間ごとの約150mgの用量が維持される、請求項39〜55のいずれか1項に記載の方法。

請求項57

4用量またはそれ以上の用量の後に測定される被験者のLDL−Cが≧70mg/dLである場合、4週間ごとの約150mgの用量は中止され、その後、抗体または抗原結合タンパク質が、隔週、約150mgの用量で該被験者に投与される、請求項39〜55のいずれか1項に記載の方法。

請求項58

ヒト被験者において投与間隔を通して一定の低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)低下を維持する、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質の投薬レジメンであって、該抗PCSK9抗体またはその抗原結合タンパク質を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与した後:(a)ゼロ時間から実時間までの台形法を使用して算定される血漿濃度時間曲線面積(AUClast)約250mg・日/L〜約650mg・日/L;(b)実測最大血漿濃度(Cmax)約15mg/L〜約33mg/L;(c)最大血漿濃度に最初に達するまでの時間(tmax)約7日;および(d)最終半減期に達するまでの時間(t1/2Z)約5.5日〜約12日からなる群から選択される特性の1つまたはそれ以上を有する前記投薬レジメン。

請求項59

ヒト被験者において投与間隔を通して一定の低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)低下を維持する、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質の投薬レジメンであって、該抗PCSK9抗体またはその抗原結合タンパク質を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与した後:(a)ゼロ時間から実時間までの台形法を使用して算定される血漿濃度対時間曲線下面積(AUClast)約150mg・日/L〜約450mg・日/L;(b)実測最大血漿濃度(Cmax)約10.5mg/L〜約24mg/L;(c)最大血漿濃度に最初に達するまでの時間(tmax)約7日;および(d)最終半減期に達するまでの時間(t1/2Z)約5日〜約9日からなる群から選択される特性の1つまたはそれ以上を有する前記投薬レジメン。

請求項60

被験者において投与間隔を通して一定の低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)低下を維持する方法であって、併用スタチンを用いていない該被験者に、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与することを含む前記方法。

請求項61

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1/6および11/15からなる群から選択される重鎖可変領域/軽鎖可変領域(HCVR/LCVR)アミノ酸配列対の重鎖および軽鎖相補性決定領域(CDR)を含む、請求項60に記載の方法。

請求項62

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む、請求項61に記載の方法。

請求項63

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号11のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号15のアミノ酸配列を有するLCVRを含む、請求項62に記載の方法。

請求項64

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む、請求項61に記載の方法。

請求項65

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号6のアミノ酸配列を有するLCVRを含む、請求項64に記載の方法。

請求項66

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体と同じ、PCSK9上のエピトープと結合する、請求項60に記載の方法。

請求項67

抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体とPCSK9との結合について競合する、請求項60に記載の方法。

請求項68

被験者は、家族性高コレステロール血症でない(非FH)型の高コレステロール血症を有する、請求項60〜67のいずれか1項に記載の方法。

請求項69

被験者は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症(heFH)を有する、請求項60〜67のいずれか1項に記載の方法。

請求項70

heFHの診断は、遺伝子型判定または臨床基準いずれかによって行われる、請求項69に記載の方法。

請求項71

臨床基準は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症のサイモン・ブルーム登録診断基準、またはスコア>8でのWHO/DutchLipidNetwork基準のいずれかである、請求項70に記載の方法。

請求項72

被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けている、請求項60〜71のいずれか1項に記載の方法。

請求項73

非スタチン脂質低下剤は:エゼチミブ、フィブラート、フェノフィブラート、ナイアシン、オメガ3脂肪酸、および胆汁酸樹脂からなる群から選択される、請求項72に記載の方法。

請求項74

非スタチン脂質低下剤は、エゼチミブまたはフェノフィブラートである、請求項73に記載の方法。

請求項75

被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けていない、請求項60〜71のいずれか1項に記載の方法。

請求項76

抗体または抗原結合タンパク質は、皮下投与される、請求項60〜75のいずれか1項に記載の方法。

請求項77

4用量またはそれ以上の用量の後に測定される被験者のLDL−Cが≦70mg/dLである場合、4週間ごとの約150mgの用量が維持される、請求項60に記載の方法。

請求項78

4用量またはそれ以上の用量の後に測定される被験者のLDL−Cが≧70mg/dLである場合、4週間ごとの約150mgの用量は中止され、その後、抗体または抗原結合タンパク質が、隔週、約150mgの用量で該被験者に投与される、請求項60に記載の方法。

技術分野

0001

関連出願
本出願は、2013年11月12日に出願した米国特許仮出願第61/902,857号、2014年3月19日に出願した米国特許仮出願第61/955,337号、および2014年7月31日に出願した欧州特許出願第14306222.2号に関連しており、これらの関連出願各々の内容は、それら全体が参照により本明細書に組み入れられている。

0002

本発明は、PCSK9媒介疾患またはPCSK9媒介状態の治療的処置の分野に関する。具体的には、本発明は、それを必要としている被験者へのスタチン不在下でのプロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)アンタゴニスト、例えば、抗PCSK9抗体または抗原結合タンパク質投与を含む方法に関する。本発明は、併用スタチンを用いていない被験者へのPCSK9抗体または抗原結合タンパク質の高用量、低頻度投薬レジメンの投与を含む方法にも関する。

0003

配列表
配列表を本明細書に同封し、その全体を参照により本明細書に組み入れる。

背景技術

0004

高コレステロール血症、詳細には低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)レベルの増加は、西欧諸国における死亡および身体障害の主因である、アテローム性動脈硬化症および冠動脈心疾患(CHD)の発症の大きなリスクとなる。主として3−ヒドロキシ−3−メチルグルタリルCoAレダクターゼ(HMGCoA阻害剤でLDL−Cレベルを低減させることが、LDL−CレベルとCHD事象との強い直接的関係のためCHDリスクを低減させることは、非常に多くの研究によって立証されており;LDL−Cが1mmol/L(約40mg/dL)低減するごとに、心血管疾患CVD)死亡率および罹病率は22%低下される。LDL−Cの低減が大きいほど事象の大きな低減が生じ、集中スタチン処置標準スタチン処置に対する比較データは、心血管リスクが高い患者ではLDL−Cレベルが低いほどその便益が大きいことを示唆している。

0005

冠動脈アテローム性硬化進行性蓄積につながる長期LDL−C上昇は、初期介入としてライフスタイル療法を含む長期管理を必要とする。しかし、ライフスタイル療法が血漿LDL−Cを>15%低減させることは稀であるので、脂質異常症患者を適切に処置するために薬物処置を使用する必要がある。現行のLDL−C低下薬としては、スタチン、エゼチミブ(EZE)、フィブラートナイアシン、および胆汁酸封鎖剤が挙げられ、これらのうちスタチンが最も一般的に処方される。スタチンは、大きなLDL−C低下能力を証明しており、CHD事象を低減させるからである。高コレステロール血症は殆どが無症候性であるため、この障害を管理するために使用される薬剤副作用患者コンプライアンスを弱めることがある。いくつかのコホート研究において、1年の時点での報告されているスタチン治療順守率は26%〜85%の範囲であり、順守率の急速な低下が最初の数カ月以内に概して観察される。

0006

スタチンなどの脂質修飾治療幅広有用性にもかかわらず、米国において1999年〜2006年の間に高コレステロール血症の処置を受けた全成人患者のおおよそ30%は、彼らの推奨LDL−C標的値に達することができなかった。この理由としては、治療順守不良、薬物耐性不耐性、および有害事象率と投薬量増加の間の明確な関連性が挙げられる。さらに、最も有効な脂質修飾治療が低減させることができるLDL−Cレベルは最
大55%に過ぎないので、LDL−Cの相当な低減を必要とする患者、例えば、家族性高コレステロール血症を有する患者における標的到達率は、予想を有意に下回ることが多い。それ故、これらの患者における標的到達率を向上させるために、より有効な脂質修飾治療および処置レジメンが必要である。

0007

プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)は、分泌サブチラーゼファミリープロテイナーゼサブファミリーに属するプロタンパク質転換酵素である。PCSK9は、循環からのLDLクリアランスの主要経路である肝臓におけるLDLエンドサイトーシスを媒介するLDL受容体の分解を促進することによって、血漿LDLコレステロールを増加させることを示す証拠がある。

0008

血清総コレステロール、LDLコレステロールおよび血清トリグリセリドを低減させるためのPCSK9阻害剤(抗PCSK9抗体)の使用は、特許文献1、特許文献2および特許文献3に記載されている。しかし、改善された治療方法当技術分野において依然として必要とされている。

先行技術

0009

米国特許第8,062,640号
米国特許第8,357,371号
米国特許出願公開第2013/0064834号

発明が解決しようとする課題

0010

本発明は、当技術分野における改善された治療方法のこの要求に、PCSK9抗体または抗原結合タンパク質をスタチン不在下でより低頻度で被験者に投与することの有益効果を確立することによって対処する。本発明は、スタチン不在下で抗PCSK9抗体の高用量、低頻度投薬レジメンを投与することによって、高コレステロール血症を処置するおよび/またはLDL−コレステロールを低減させる方法を提供する。

課題を解決するための手段

0011

1つの実施形態は、併用スタチンを用いていない被験者に、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与し、それによって被験者の低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)を低減させることにより、それを必要としている被験者のLDL−Cを低減させる方法を提供する。

0012

別の実施形態は、併用スタチンを用いていない被験者に、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与し、それによって被験者の高コレステロール血症を処置することにより、それを必要としている被験者の高コレステロール血症を処置する方法を提供する。

0013

1つの実施形態は、併用スタチンを用いていない被験者に、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与することにより、被験者において投与間隔を通して一定の低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)低下を維持する方法を提供する。本発明は、スタチン不在下でPCSK9アンタゴニストを被験者に投与することにより、被験者におけるプロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)アンタゴニストの作用継続期間を増加させる方法
も提供する。

0014

いくつかの実施形態において、被験者は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症(heFH)を有する。他の実施形態において、被験者は、家族性高コレステロール血症でない(非FH)型の高コレステロール血症を有する。

0015

本発明は、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって被験者に投与し、それによって被験者の家族性高コレステロール血症でない型の高コレステロール血症を処置することにより、それを必要としている被験者の家族性高コレステロール血症でない型の高コレステロール血症を処置する方法を提供する。

0016

いくつかの実施形態において、被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けている。いくつかの実施形態において、非スタチン脂質低下剤は、エゼチミブ、フィブラート、フェノフィブラート、ナイアシン、オメガ脂肪酸、および胆汁酸樹脂からなる群から選択される。特異的実施形態において、非スタチン脂質低下剤は、エゼチミブまたはフェノフィブラートである。他の実施形態において、被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けていない。

0017

いくつかの実施形態において、PCSK9抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1/6および11/15からなる群から選択される重鎖可変領域軽鎖可変領域(HCVR/LCVR)アミノ酸配列対の重鎖および軽鎖相補性決定領域(CDR)を含む。いくつかの態様において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む。いくつかの態様において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号11のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号15のアミノ酸配列を有するLCVRを含む。いくつかの態様において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む。いくつかの態様において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号6のアミノ酸配列を有するLCVRを含む。

0018

本発明の特定の態様において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体と同じ、PCSK9上のエピトープと結合する。

0019

本発明の特定の態様において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体と、PCSK9との結合について競合する。

0020

本発明の方法は、抗PCSK9抗体またはその抗原結合タンパク質を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって被験者に投与することを含む。特定の実施形態において、抗体は、約150mgの用量で4週間ごとに3用量にわたって投与され、被験者のLDL−C値が標的LDL−Cレベル未満であった場合、用量は、約150mgで4週間ごとのままである。いくつかの実施形態において、被験者のLDL−Cは、該被験者が抗体または抗原結合タンパク質の初回用量を受けた12週間後に測定される。いくつかの実施形態において、標的LDL−Cレベルは、70ミリグラムデシリットル(mg/dL)未満である。代替実施形態において、標的LDL−Cレベルは、70ミリグ
ム毎デシリットル(mg/dL)であり、30%のLDL−C低減である。他の実施形態において、標的LDL−Cレベルは、100ミリグラム毎デシリットル(mg/dL)未満である。代替実施形態において、標的LDL−Cレベルは、100ミリグラム毎デシリットル(mg/dL)であり、30%のLDL−C低減である。

0021

本発明の方法は、抗PCSK9抗体または抗原結合タンパク質を注射によって投与することを含み、これは皮下注射によるものを含む。

0022

いくつかの実施形態において、前記方法は、被験者におけるアポリポタンパク質B(アポB)、非高密度リポタンパク質コレステロール(非HDL−C)、総コレステロール(TC)、リポタンパク質a(Lp(a))、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL−C)、トリグリセリド(TG)またはアポリポタンパク質A−1(アポA−1)のうちの1つまたはそれ以上についてのレベルを低減させる。

0023

特定の実施形態において、被験者は、高コレステロール血症の1つもしくはそれ以上の症状もしくは徴候を示す、または高コレステロール血症と診断された、または全血清コレステロール、LDL、トリグリセリド、VLDL、リポタンパク質(a)の低減による便益があるであろう、またはHDLの増加による便益があるであろう。

0024

特定の実施形態において、PCSK9媒介疾患またはPCSK9媒介状態は、総コレステロールレベル上昇、低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)レベル上昇、高脂血症、脂質異常症、アテローム性動脈硬化症、心血管疾患、高コレステロール血症、原発性高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症、およびスタチンによって制御されていない高コレステロール血症からなる群から選択される。特定の実施形態において、被験者は、次の被験者群の1つまたはそれ以上に分類される:(i)少なくとも100mg/dLの血清LDLコレステロール(LDL−C)レベルを有する被験者、(ii)40mg/dL未満の血清HDL−Cレベルを有する被験者;(iii)少なくとも200mg/dLの血清コレステロールレベルを有する被験者;および(iv)少なくとも150mg/dLの血清トリアシルグリセロールレベルを有する被験者(この場合のトリアシルグリセロールレベルは、少なくとも8時間の絶食後に判定される)。

0025

本発明は、PCSK9媒介疾患またはPCSK9媒介状態を有する被験者を処置するためのPCSK9阻害剤と、医薬的に許容される賦形剤とを含む、医薬組成物も提供する。PCSK9阻害剤は、特定の実施形態では抗体であり、該抗体は、配列番号2、3および4に記載のCDRアミノ酸配列を含む重鎖可変ドメインと配列番号7、8および10に記載のCDRアミノ酸配列を含む軽鎖可変ドメインとを含む抗体を含む。特定の実施形態においては、抗体は、配列番号12、13および14に記載のCDRアミノ酸配列を含む重鎖可変ドメインと;配列番号16、17および18に記載のCDRアミノ酸配列を含む軽鎖可変ドメインとを含む。特定の実施形態において、抗体は、重鎖可変ドメインおよび軽鎖可変ドメイン、それぞれ、配列番号1および6または配列番号11および15に記載のアミノ酸配列を含む。特定の実施形態において、医薬組成物は、ヒスチジン、pH6.0とポリソルベート20とスクロース組合せである、医薬的に許容される賦形剤を含む。

0026

1つの実施形態は、ヒト被験者において投与間隔を通して一定の低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)低下を維持する、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質の投薬レジメンであって、該抗PCSK9抗体またはその抗原結合タンパク質を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与した後:(a)ゼロ時間から実時間までの台形法を使用して算定される血漿濃度時間曲線面積(AUClast)約250mg・日/L〜約650mg・日/L;(b)実測最大血漿濃度(Cmax)約15mg/L〜約33m
g/L;(c)最大血漿濃度に最初に達するまでの時間(tmax)約7日;および(d)最終半減期に達するまでの時間(t1/2Z)約5.5日〜約12日からなる群から選択される特性の1つまたはそれ以上を有する前記投薬レジメンを提供する。

0027

別の実施形態は、ヒト被験者において投与間隔を通して一定の低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)低下を維持する、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質の投薬レジメンであって、該抗PCSK9抗体またはその抗原結合タンパク質を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与した後:(a)ゼロ時間から実時間までの台形法を使用して算定される血漿濃度対時間曲線下面積(AUClast)約150mg・日/L〜約450mg・日/L;(b)実測最大血漿濃度(Cmax)約10.5mg/L〜約24mg/L;(c)最大血漿濃度に最初に達するまでの時間(tmax)約7日;および(d)最終半減期に達するまでの時間(t1/2Z)約5日〜約9日からなる群から選択される特性の1つまたはそれ以上を有する前記投薬レジメンを提供する。

図面の簡単な説明

0028

エゼチミブ治療と共にまたはなしで安定したスタチン用量を受けている、アリクマブを与えられたヘテロ接合性家族性高コレステロール血症を有する患者についての処置および追跡調査期間中の週に対するベースラインLDL−Cの平均変化率を示す、先行技術のグラフである。具体的に言うと、先行技術処置は投与間隔を通して一定のLDL−C低下を維持することができないので、血漿LDL−C濃度の「鋸歯プロファイルは明白である。
3群:アリロクマブ+プラセボ、アリロクマブ+エゼチミブ、およびアリロクマブ+フェノフィブラートについての、−第29日〜第120日のベースラインからのLDL−Cの変化率を示すグラフである。
3群:アリロクマブ+プラセボ、アリロクマブ+エゼチミブ、およびアリロクマブ+フェノフィブラートについての、−第1日〜第120日のベースラインからのLDL−Cの変化率を示すグラフである。
アリロクマブ150mg SC Q4W+エゼチミブ対アリロクマブ150mg SC Q4W;およびアリロクマブ150mg SC Q4W+フェノフィブラート対アリロクマブ150mg SC Q4Wのペアワイズ比較の平均推定値についてのベースラインからのLDL−C変化率プロットを示すグラフである。
図5A〜図5Dは、遊離PCSK9の平均レベルを示す4つのグラフであり、3つの処置群を互いに比較し(A)、処置群ごとに−第29日ベースラインからのLDL−Cの変化率と比較している(B〜D)(1群当たりN=24)。図5Aは、比較した3群全てについての結果を示す。図5Bは、アリロクマブ+プラセボ群についての結果を示す。図5Cは、アリロクマブ+EZE群についての結果を示す。図5Dは、アリロクマブ+FENO群についての結果を示す。
図5−1の続き
図6A〜図6Cは、−第29日ベースラインからのLDL−Cの変化率(図6A)、ならびに第57日(第3回アリロクマブ注射時)〜第85日(第3回アリロクマブ注射の28日後)の遊離PCSK9(図6B)および全アリロクマブ(図6C)のレベルを示す、3つのグラフの1群である。
図6−1の続き。
(上部)3群:アリロクマブ+プラセボ、アリロクマブ+エゼチミブ、およびアリロクマブ+フェノフィブラートについての、初回アリロクマブ投与後第1日の平均アリロクマブ血清濃度時間プロファイル均等目盛(左上部)および半対数目盛(右上部)で示す2つのグラフである。
(下部)3群:アリロクマブ+プラセボ、アリロクマブ+エゼチミブ、およびアリロクマブ+フェノフィブラートについての、第3回アリロクマブ投与後第57日の平均アリロクマブ血清濃度−時間プロファイルを均等目盛(左下部)および半対数目盛(右下部)で示す2つのグラフである。

0029

本発明を説明する前に、本発明は説明する特定の方法および実験条件に限定されないことを理解すべきである。そのような方法および条件は変わることがあるからである。本明細書において用いる専門用語は、特定の実施形態の説明を目的にしたものに過ぎず、限定的することを意図したものでないことも理解すべきである。本発明の範囲は添付の特許請求の範囲によってのみ限定されるからである。

0030

定義
別段の定義がない限り、本明細書において用いる全ての専門および科学用語は、当業者によって一般に理解されているのと同じ意味を有する。

0031

本明細書および添付の特許請求の範囲において用いる場合、単数形「a」、「an」および「the」は、文脈による別段の明白な指図がない限り、複数の指示内容も含む。

0032

用語「約」または「おおよそ」は、特定の列挙されている数値に関して用いる場合、その値が、列挙されている値から1%以下変動することがあることを意味する。例えば、本明細書において用いる場合、「約100」という表現は、99および101、ならびに間の全ての値(例えば、99.1、99.2、99.3、99.4など)を含む。

0033

用語「投与する」または「投与」は、粘膜、皮内、静脈内、皮下、筋肉送達および/または本明細書に記載のもしくは当技術分野において公知の任意の他の物理的送達方法などによって、体外に存在する物質(例えば、本発明の製剤)を患者に注射するまたは別様に物理的に送達する行為を指す。疾病またはその症状が処置されているとき、物質の投与は、概して疾患またはその症状の発現後に行われる。疾病またはその症状が予防されているとき、物質の投与は、概して疾患またはその症状の発現前に行われる。

0034

用語「組成物」および「製剤」は、指定成分(例えば、抗PCSK9抗体)を場合により指定量で含有する製品はもちろん、指定成分の、場合により指定量での、組合せの結果として直接的または間接的に得られる任意の製品も包含することを意図したものである。

0035

用語「賦形剤」は、薬物のための希釈剤ビヒクル保存薬結合剤、安定剤などとして一般に用いられる不活性物質を指し、タンパク質(例えば、血清アルブミンなど)、アミノ酸(例えば、アスパラギン酸グルタミン酸リシンアルギニングリシン、ヒスチジンなど)、脂肪酸およびリン脂質(例えば、アルキルスルホネートカプリレートなど)、界面活性剤(例えば、SDS、ポリソルベート、非イオン性界面活性剤など)、糖類(例えば、スクロース、マルトーストレハロースなど)ならびにポリオール(例えば、マンニトールソルビトールなど)を含むが、これらに限定されない。Remington’s Pharmaceutical Sciences(1990)Mack Publishing Co.、Easton、Pa.も参照されたい。前記参考文献は、参照によってその全体が本明細書に組み入れられている。

0036

ペプチドまたはポリペプチドとの関連で、用語「断片」は、完全長未満のアミノ酸配列を含むペプチドまたはポリペプチドを指す。そのような断片は、例えば、アミノ末端でのトランケーションから生じることもあり、カルボキシ末端でのトランケーションから生じることもあり、および/またはアミノ酸配列からの残基の内部欠失から生じることもある。断片は、例えば、選択的RNAスプライシングの結果として生じることもあり、またはインビボプロテアーゼ活性の結果として生じることもある。特定の実施形態において、P
SK9断片は、PCSK9ポリペプチドのアミノ酸配列の少なくとも50、少なくとも100アミノ酸残基、連続する少なくとも125アミノ酸残基、連続する少なくとも150アミノ酸残基、連続する少なくとも175アミノ酸残基、連続する少なくとも200アミノ酸残基、または連続する少なくとも250アミノ酸残基のアミノ酸配列を含む、ポリペプチドを含む。特異的実施形態において、PCSK9ポリペプチドの断片、またはPCSK9抗原と特異的に結合する抗体の断片は、完全長ポリペプチドまたは抗体の少なくとも1つ、少なくとも2つまたは少なくとも3つの機能を保持する。

0037

用語「医薬的に許容される」は、動物での使用、さらに特にヒトでの使用が、連邦もしくは州政府監督官庁によって承認されていること、または米国薬局方欧州薬局方または他の一般に認知されている薬局方に記載されていることを意味する。

0038

用語「予防する」、「予防すること」および「予防」は、本明細書において提供する治療または治療の組合せ(例えば、予防薬治療薬の組合せ)の投与の結果として生じる、PCSK9媒介疾患および/またはそれに関連した症状の発症、再発、発現または伝播の完全または部分的阻害を指す。

0039

用語「PCSK9抗原」は、抗体が特異的に結合する、PCSK9ポリペプチドの部分を指す。PCSK9抗原は、抗体が特異的に結合するPCSK9ポリペプチドまたはその断片の、類似体または誘導体も指す。いくつかの実施形態において、PCSK9抗原は、単量体PCSK9抗原または三量体PCSK9抗原である。エピトープに寄与するPCSK9ポリペプチドの領域は、該ポリペプチドの連続したアミノ酸であることもあり、または該エピトープは、該ポリペプチドの連続していない2つまたはそれ以上の領域からの寄せ集めであることもある。このエピトープは、抗原の三次元表面特徴部であることもあり、またはそうでないこともある。免疫応答惹起することができる、PCSK9抗原の表面に局在する領域が、PCSK9エピトープである。このエピトープは、抗原の三次元表面特徴部であることもあり、またはそうでないこともある。

0040

用語「ヒトPCSK9」、「hPCSK9」または「hPCSK9ポリペプチド」および同様の用語は、配列番号198のアミノ酸配列を含むポリペプチド(「ポリペプチド」、「ペプチド」および「タンパク質」を本明細書では同義で用いている)および関連ポリペプチド(そのSNP変異体を含む)を指す。関連ポリペプチドは、対立遺伝子変異体(例えば、SNP変異体);スプライス変異体;断片;誘導体;置換、欠失および挿入変異体;融合ポリペプチド;ならびに種間相同体、好ましくは、PCSK9活性を保持する、および/または抗PCSK9免疫応答を生じさせるのに十分なものであるものを含む。抗PCSK9免疫学的応答を生じさせるのに十分なものである、PCSK9の可溶性形態も包含する。当業者には分かるであろうが、抗PCSK9抗体は、PCSK9ポリペプチド、ポリペプチド断片、抗原、および/またはエピトープと結合することができる。エピトープは、より大きい抗原の一部であり、そのより大きい抗原は、より大きなポリペプチド断片の一部であり、そしてまたそのより大きいポリペプチド断片は、より大きいポリペプチドの一部であるからである。hPCSK9は、三量体(ネイティブ)または単量体(変性)形態で存在することができる。

0041

用語「PCSK9媒介疾患」、「PCSK9媒介状態」および「PCSK9媒介障害」は同義で用いており、PCSK9、例えばhPCSK9、に完全にもしくは部分的に起因する、またはPCSK9、例えばhPCSK9、の結果である、任意の疾患を指す。特定の実施形態において、PCSK9は、異常に(例えば高度に)発現される。いくつかの実施形態において、PCSK9は、異常にアップレギュレートされる。他の実施形態では、正常な、異常なまたは過剰な細胞シグナル伝達がPCSK9のPCSK9リガンドとの結合によって引き起こされる。特定の実施形態において、PCSK9リガンドは、PCSK
受容体である。特定の実施形態において、PCSK9媒介疾患または状態は、総コレステロールレベル上昇;低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)レベル上昇;高脂血症;脂質異常症;高コレステロール血症、特に、スタチンによって制御されていない高コレステロール血症、高コレステロール血症、例えば家族性高コレステロール血症または非家族性高コレステロール血症、およびスタチンによって制御されていない高コレステロール血症;アテローム性動脈硬化症;ならびに心血管疾患からなる群から選択される。

0042

用語「被験者」および「患者」は、同義で用いている。本明細書で用いる場合、被験者は、好ましくは哺乳動物、例えば非霊長類(例えば、ウシブタウマネコイヌラットなど)または霊長類(例えば、サルおよびヒト)、最も好ましくはヒトである。1つの実施形態において、被験者は、PCSK9媒介疾患を有する哺乳動物、好ましくはヒトである。別の実施形態において、被験者は、PCSK9媒介疾患を発症するリスクがある哺乳動物、好ましくはヒトである。

0043

用語「治療薬」は、PCSK9媒介疾患および/またはそれに関連した症状の処置、管理または改善に使用することができる任意の薬剤を指す。特定の実施形態において、用語「治療薬」は、本発明のPCSK9抗体を指す。特定の他の実施形態において、用語「治療薬」は、本発明のPCSK9抗体以外の薬剤を指す。好ましくは、治療薬は、PCSK9媒介疾患またはそれに関連した1つもしくはそれ以上の症状の処置、管理または改善に、有用であることが公知である、使用されたことがある、または現在使用されている薬剤である。

0044

用語「治療」は、PCSK9媒介疾患(例えば、アテローム性動脈硬化症または高コレステロール血症)の予防、管理、処置および/または改善に使用することができる任意のプロトコール、方法および/または薬剤を指す。特定の実施形態において、用語「治療」(複数および単数)は、医療関係者などの当業者に公知のPCSK9媒介疾患の予防、管理、処置および/または改善に有用な生物学的治療、支持的治療および/または他の治療を指す。

0045

用語「処置する」、「処置」および「処置すること」は、1つまたはそれ以上の治療の投与(1つまたはそれ以上の予防または治療薬の投与を含むが、これらに限定されない)の結果として生じる、PCSK9媒介疾患の進行、重症度および/または継続期間の低減または改善を指す。特異的実施形態において、そのような用語は、PCSK9のPCSK9リガンドとの結合の低減または阻害を指す。

0046

本明細書に記載のものと同様または等価の任意の方法および材料を本発明の実施の際に使用することができるが、好ましい方法および材料を次に説明する。本明細書において言及する全ての出版物は、それら全体が説明のために参照によって本明細書に組み入れられている。

0047

患者集団
本発明の方法は、PCSK9媒介疾患または状態、例えば、高コレステロール血症または関連障害(例えば、アテローム性動脈硬化症)を有する、または発症するリスクがある被験者を選択すること、およびPCSK9阻害剤を含む医薬組成物をスタチン不在下でこれらの被験者に投与することを含む。

0048

例えば、本発明の方法は、それを必要としている被験者に抗PCSK9抗体を含む治療用組成物をスタチン不在下で投与することを含む。治療用組成物は、本明細書において開示するいずれかの抗PCSK9抗体またはそれらの断片を含むことができる。

0049

本明細書において用いる場合、「それを必要としている被験者」という表現は、高コレステロール血症の1つもしくはそれ以上の症状もしくは徴候を示す、または高コレステロール血症と診断された、または別様に全血清コレステロール、LDL、トリグリセリド、VLDL、リポタンパク質(a)[Lp(a)」の低減による便益があるであろう、またはHDLの増加による便益があるであろう、ヒトまたは非ヒト動物を意味する。本発明の治療方法によって処置することができる具体的例示集団としては、LDLアフェレーシスが指示された患者、PCSK9活性化(GOF)突然変異を有する被験者、ヘテロ接合性またはホモ接合性家族性高コレステロール血症(HeFHまたはHoFH)を有する患者;スタチン不耐性であるまたはスタチンで制御されていない原発性高コレステロール血症を有する被験者;および予防的に処置されることがある高コレステロール血症を発症するリスクがある被験者が挙げられる。

0050

生活習慣の改善および従来の薬物処置は、コレステロールレベルの低減に奏効することが多いが、全ての患者がそのようなアプローチで推奨標的コレステロールレベルを達成できるとは限らない。家族性高コレステロール血症(FH)などの様々な状態は、従来の治療の積極的使用にもかかわらず、LDL−Cが低下しにくいようである。ホモ接合性およびヘテロ接合性家族性高コレステロール血症(hoFH、heFH)は、早発性アテローム硬化血管疾患に関連する状態である。しかし、hoFHと診断された患者は、大部分が従来の薬物治療不応答性であり、持てる処置の選択肢は限られている。具体的には、コレステロール合成の阻害および肝LDL受容体のアップレギュレーションによってLDL−Cを低減させるスタチンでの処置は、LDL受容体が存在しないまたは欠損している患者には殆ど効果がないことがある。スタチンの最大用量で処置された、遺伝子型でhoFHが確認された患者において、わずか約20%にも満たない平均LDL−C低減が最近報告された。このレジメンにエゼチミブ10mg/日を追加した結果、合計27%のLCL−Cレベル低減となったが、このレベルでさえ最適には程遠い。同様に、多くの患者は、スタチン非応答性であり、スタチン治療で制御不良であり、またはスタチン治療を耐容することができず;一般に、これらの患者は、代替処置でコレステロール制御を達成することができない。現行の処置選択肢の欠点に対処することができる新たな処置の医療上の大きな必要性は、まだ満たされていない。

0051

それ故、本発明は、本発明のPCSK9阻害剤をスタチン不在下で患者に投与して高コレステロール血症を処置または予防する治療方法を含む。本明細書において用いる場合、「スタチン不在下で」PCSK9阻害剤の使用は、被験者が、本発明のPCSK9阻害剤での処置を受けているときに併用スタチンを用いていない、または本発明のPCSK9阻害剤での処置前、その直近にスタチンを用いていなかったことを意味する。用語「スタチン不在下で」および「併用スタチンを受けていない」は、被験者が血流に検出可能なレベルのスタチンを有するはずがないことを意味するが、以前の治療のため該被験者が0.1mg/mL未満の何らかの血清スタチン濃度を有することもある。本明細書において用いる場合、「脂質低下剤」は、被験者の脂質プロファイルの修飾を目的として投与されるPCSK9阻害剤以外の任意の医薬品を意味する。脂質低下剤の例としては:スタチン(アトルバスタチンセリバスタチン、フルバスタチンロバスタチンメバスタチンピタバスタチンプラバスタチンロスバスタチンシンバスタチンなど)、ナイアシン、フィブリン酸、胆汁酸封鎖剤(例えば、コレスチラミン)、コレセベラムコレスチポールおよびエゼチミブをはじめとする、HMG−CoAレダクターゼ阻害剤が挙げられるが、これらに限定されない。当然、「非スタチン脂質低下剤」はPCSK9阻害剤およびスタチン以外の任意の医薬品を意味することになる。非スタチン脂質低下剤の例としては、ナイアシン、フィブリン酸、フェノフィブラート、胆汁酸封鎖剤(例えば、コレスチラミン)、コレセベラム、コレスチポール、オメガ3脂肪酸、胆汁酸樹脂およびエゼチミブが挙げられるが、これらに限定されない。

0052

いくつかの事例では、本発明の治療製剤で処置される患者は、コレステロール、脂質、トリグリセリドまたはリポタンパク質レベル上昇を示すことを除いて、他の点では健常である。例えば、患者は、処置時に心血管血栓性または他の疾患または障害についてのいずれの他のリスク因子も示さないことがある。しかし、他の事例では、患者は、血清コレステロール、脂質、トリグリセリドまたはリポタンパク質上昇に起因する、該上昇と相関する、または該上昇に付随する疾患もしくは障害と診断されること、またはそのような疾患もしくは障害を発症するリスクがあることに基づいて選択される。例えば、本発明の医薬組成物の投与時または投与前に、患者は、例えば、冠動脈疾患急性心筋梗塞、無症候性頸動脈アテローム性動脈硬化症、脳卒中、末梢動脈閉塞性疾患などのような、心血管疾患もしくは障害と診断されることもあり、またはそのような心血管疾患もしくは障害を発症するリスクがあると識別されることもある。いくつかの事例では、前記心血管疾患または障害は、高コレステロール血症である。例えば、患者は、該患者が、例えばヘテロ接合性家族性高コレステロール血症(heFH)、ホモ接合性家族性高コレステロール血症(hoFH)などの高コレステロール血症状態の発症、ならびに家族性高コレステロール血症とは異質の高コレステロール血症(非FH)の発生と診断された、またはそのような発症および発生のリスクがあると識別された場合、本発明の医薬組成物での処置に選択される。

0053

他の事例では、本発明の医薬組成物の投与時または投与前に、患者は、例えば肺塞栓症網膜中心静脈閉塞症などのような、血栓閉塞性疾患もしくは障害と診断されることもあり、またはそのような疾患もしくは障害を発症するリスクがあると識別されることもある。特定の実施形態において、患者は、上述の疾患または障害の2つまたはそれ以上の組合せと診断されること、またはそれらを発症するリスクがあることに基づいて選択される。例えば、本発明の医薬組成物の投与時または投与前に、患者は、冠動脈疾患および肺塞栓症と診断されることもあり、またはそれらを発症するリスクがあると識別されることもある。他の診断の組合せ(例えば、アテローム性動脈硬化症と網膜中心静脈閉塞症、heFHと脳卒中など)も、本発明の医薬組成物で処置することができる患者集団の定義に含まれる。

0054

本発明の医薬組成物は、メタボリック症候群糖尿病甲状腺機能低下症ネフローゼ症候群腎不全クッシング症候群胆汁性肝硬変糖原病ヘパトーマ、胆汁うっ滞成長ホルモン欠乏症からなる群から選択される基礎疾患または障害に起因するまたは関係する、高コレステロール血症または高脂血症の処置にも有用である。本発明の医薬組成物は、エストロゲン治療、プロゲスチン治療、β遮断薬または利尿薬などの以前の治療レジメンに起因するまたは関係する、高コレステロール血症または高脂血症の処置にも有用である。

0055

さらに他の事例では、本発明の医薬組成物で処置されることになる患者は、年齢(例えば、40、45、50、55、60、65、70、75または80より高齢)、人種性別男性または女性)、運動習慣(例えば、運動する習慣のある人、運動しない人)、他の既存の病状(例えば、II型糖尿病高血圧など)および現在の投薬状態(例えば、現在用いているスタチン[例えば、セリバスタチン、アトルバスタチン、シンバスタチン、ピタバスタチン、ロスバスタチン、フルバスタチン、ロバスタチン、プラバスタチンなど]、β遮断薬、ナイアシンなど)からなる群から選択される1つまたはそれ以上の因子に基づいて選択される。可能性のある患者は、本発明の方法で処置する前にこれらの因子の1つまたはそれ以上に基づいて(例えば、質問票、診断評価などによって)選択/スクリーニングすることができる。

0056

本発明は、被験者にPCSK9阻害剤を投与することによって該被験者の経腸コレステ
ロール排出(TICE)を増加させる方法も含む。例えば、本発明は、pH依存性結合特性を有する抗PCSK9抗体を被験者に投与することによって該被験者のTICEを増加させる方法を提供する。特定の実施形態によると、本発明は、TICE増進が有益であるであろう被験者を特定することまたはTICE障害を示す被験者を特定することと、該被験者にPCSK9阻害剤を投与することとを含む方法を含む。

0057

高コレステロール血症は、アテローム性動脈硬化症の前兆である。したがって、本発明は、本発明のPCSK9阻害剤をスタチン不在下で患者に投与して高コレステロール血症を処置または予防する治療方法も含む。アテローム性動脈硬化症のリスク因子は、当技術分野において周知であり、限定ではないが、高い低密度リポタンパク質(LDL)コレステロールレベル、低い高密度リポタンパク質(HDL)コレステロールレベル、高血圧、糖尿病、家族歴、性別男性、たばこ喫煙、および高い血清コレステロールを含む。所与の被験者についてのこれらのリスク因子を評価する方法も当技術分野において周知である。

0058

特定の実施形態において、選択される被験者は高脂血症である。「高脂血症」被験者は、高コレステロール血症および/または高トリグリセリド血症被験者である、被験者である。「高コレステロール血症」被験者は、高コレステロール血症被験者について確立されている現行の基準に合う被験者である。「高トリグリセリド血症」被験者は、高トリグリセリド血症被験者について確立されている現行の基準に合う被験者である(例えば、Harrison’s Principles of Experimental Medicine、第13版、McGraw−Hill,Inc.、N.Yを参照されたい)。例えば、高コレステロール血症被験者は、>160mg/dLまたは>130mg/dLのLDLレベルと、性別男性、早発性冠動脈心疾患の家族歴、たばこ喫煙(1日に10本超)、高血圧、低HDL(<35mg/dL)、糖尿病、高インスリン血症腹部肥満、高リポタンパク質(a)、および脳血管疾患または閉塞性末梢血管疾患個人歴からなる群から選択される少なくとも2つのリスク因子とを概して有する。高トリグリセリド血症被験者は、>250mg/dLのトリグリセリド(TG)レベルを概して有する。特定の実施形態において、選択される被験者は高脂血症であるが、高脂血症の処置を受けていない。

0059

PCSK9阻害剤
本発明の方法は、PCSK9阻害剤を含む治療用組成物を患者に投与することを含む。本明細書において用いる場合、「PCSK9阻害剤」は、ヒトPCSK9と結合し、またはヒトPCSK9と相互作用し、かつインビボまたはインビトロでPCSK9の正常な生物学的機能を阻害する、任意の薬剤である。PCSK9阻害剤のカテゴリーの非限定的な例としては、小分子PCSK9アンタゴニスト、ペプチドベースのPCSK9アンタゴニスト(例えば、「ペプチボディ」分子)、およびヒトPCSK9に特異的に結合する抗体または抗体の抗原結合断片が挙げられる。

0060

用語「ヒトプロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型」または「ヒトPCSK9」または「hPCSK9」は、配列番号197で示される核酸配列、および配列番号198のアミノ酸配列を有するPCSK9、またはその生物活性断片を指す。

0061

用語「抗原結合タンパク質」は、抗原と結合するタンパク質を意味する。例えば、抗原結合タンパク質としては、抗体、抗体の抗原結合断片、DVD−Ig、および二重可ドメイン免疫グロブリンが挙げられるが、これらに限定されない。

0062

用語「抗体」は、4本のポリペプチド鎖、すなわちジスルフィド結合によって相互に連結されている2本の重(H)鎖と2本の軽(L)鎖、を含む免疫グロブリン分子、およびその多量体(例えば、IgM)を指すことを意図したものである。各重鎖は、重鎖可変
域(本明細書ではHCVRまたはVHと略記する)および重鎖定常領域を含む。重鎖定常領域は、3つのドメイン、CH1、CH2およびCH3、を含む。各軽鎖は、軽鎖可変領域(本明細書ではLCVRまたはVLと略記する)および軽鎖定常領域を含む。軽鎖定常領域は、1つのドメイン(CL1)を含む。VHおよびVL領域は、フレームワーク領域(FR)と称する、より保存される領域が散在する、相補性決定領域(CDR)と称する超可変性の領域にさらに細分することができる。各VHおよびVLは、3つのCDRおよび4つのFRからなり、これらは、アミノ末端からカルボキシ末端へ次の順序で配置されている:FR1、CDR1、FR2、CDR2、FR3、CDR3、FR4。本発明の種々の実施形態において、抗PCSK9抗体(またはその抗原結合部分)のFRは、ヒト生殖系列配列と同一であることもあり、または天然にもしくは人工的に修飾されていることもある。アミノ酸コンセンサス配列は、2つまたはそれ以上のCDRの並行分析に基づいて定義することができる。

0063

用語「抗体」は、完全抗体分子の抗原結合断片も含む。抗体の「抗原結合部分」、抗体の「抗原結合断片」などの用語は、抗原に特異的に結合して複合体を形成する任意の天然に存在する、酵素的に得ることができる、合成の、または遺伝子改変ポリペプチドまたは糖タンパク質を含む。抗体の抗原結合断片は、例えば、タンパク質消化、または抗体可変および場合により定常ドメインをコードするDNAの操作および発現を含む組換え遺伝子改変法などの、任意の好適な標準的技法を用いて完全抗体分子から得ることができる。そのようなDNAは、公知でありおよび/または例えば商業的供給源DNAライブラリー(例えばファージ抗体ライブラリーを含む)から容易に調達することができ、または合成することができる。DNAをシークエンシングし、化学的にまたは分子生物学技法の使用によって操作して、例えば、1つもしくはそれ以上の可変および/もしくは定常領域を好適な高次構造に配置すること、またはコドンを導入すること、システイン残基を生成すること、アミノ酸を修飾する、付加させるまたは欠失させることなどができる。

0064

抗原結合断片の非限定的な例としては、(i)Fab断片;(ii)F(ab’)2断片;(iii)Fd断片;(iv)Fv断片;(v)一本鎖Fv(scFv)分子;(vi)dAb断片;および(vii)抗体の超可変領域(例えば、単離された相補性決定領域(CDR)、例えばCDR3ペプチド)を模倣するアミノ酸残基からなる最小認識単位、または拘束FR3−CDR3−FR4ペプチドが挙げられる。他の改変分子、例えば、ドメイン特異的抗体シングルドメイン抗体、ドメイン欠失抗体、キメラ抗体、CDRグラフト抗体、ダイアボディトリアディテトラボディ、ミニボディナノボディ(例えば、一価ナノボディ、二価ナノボディなど)、小モジュラー免疫薬(SMIP)、サメ可変IgNARドメインも、「抗原結合断片」という表現に包含される。

0065

抗体の抗原結合断片は、少なくとも1つの可変ドメインを概して含むことになる。可変ドメインは、いずれのサイズまたはアミノ酸組成のものであり、一般的には、1つもしくはそれ以上のフレームワーク配列に隣接しているまたは1つもしくはそれ以上のフレームワーク配列とインフレームである少なくとも1つのCDRを含むことになる。VLドメインと会合しているVHドメインを有する抗原結合断片の場合、VHおよびVLドメインは、互いに対してあらゆる好適な配置で位置することができる。例えば、可変領域は、二量体であり、VH−VH、VH−VLまたはVL−VL二量体を含有することがある。あるいは、抗体の抗原結合断片は、単量体VHまたはVLドメインを含有することもある。

0066

特定の実施形態において、抗体の抗原結合断片は、少なくとも1つの定常ドメインに共有結合で連結されている少なくとも1つの可変ドメインを含有することがある。本発明の抗体の抗原結合断片内で見つけることができる可変および定常ドメインの非限定的、例示的高次構造としては、(i)VH−CH1;(ii)VH−CH2;(iii)VH−CH3;(iv)VH−CH1−CH2;(v)VH−CH1−CH2−CH3;(vi)
VH−CH2−CH3;(vii)VH−CL;(viii)VL−CH1;(ix)VL−CH2;(x)VL−CH3;(xi)VL−CH1−CH2;(xii)VL−CH1−CH2−CH3;(xiii)VL−CH2−CH3;および(xiv)VL−CLが挙げられる。上に列挙した例示的高次構造のいずれかを含む、可変および定常ドメインのいずれの高次構造においても、可変および定常ドメインは、互いに直接連結されていることもあり、または完全もしくは部分ヒンジもしくはリンカー領域によって連結されていることもある。ヒンジ領域は、少なくとも2つ(例えば、5、10、15、20、40、60またはそれ以上)のアミノ酸からなることがあり、その結果、単一ポリペプチド分子内の隣接した可変および/または定常ドメイン間の柔軟なまたはやや柔軟な連鎖となる。さらに、本発明の抗体の抗原結合断片は、互いにおよび/または1つもしくはそれ以上の単量体VHもしくはVLドメインと非共有結合で(例えば、ジスルフィド結合によって)会合している、上に列挙したいずれかの可変および定常ドメイン高次構造のホモ二量体またはヘテロ二量体(または他の多量体)を含むことがある。

0067

完全抗体分子と同様に、抗原結合断片は、単一特異性であることもあり、または多重特異性(例えば、二重特異性)であることもある。抗体の多重特異性抗原結合断片は、各可変ドメインが別個の抗原にまたは同じ抗原上の異なるエピトープと特異的に結合できる、少なくとも2つの異なる可変ドメインを概して含むことになる。本明細書において開示する例示的二重特異性抗体形式を含む、いずれの多重特異性抗体形式も、当技術分野において利用可能な常例的技法を用いる本発明の抗体の抗原結合断片との関連での使用に適応させることができる。

0068

抗体の定常領域は、補体を固定し、細胞依存性細胞傷害を媒介する抗体の能力に重要である。したがって、抗体が細胞傷害を媒介することが望ましいかどうかに基づいて抗体のアイソタイプを選択することができる。

0069

用語「ヒト抗体」は、ヒト生殖細胞系免疫グロブリン配列由来する可変および定常領域を有する抗体を含むことを意図したものである。とはいえ、本発明のヒト抗体は、ヒト生殖細胞系免疫グロブリン配列によってコードされないアミノ酸残基(例えば、インビトロでのランダムもしくは部位特異的突然変異誘発によってまたはインビボでの体細胞突然変異によって誘導された突然変異)を、例えば、CDR、特にCDR3に含むことがある。しかし、用語「ヒト抗体」は、マウスなどの別の哺乳動物種の生殖細胞系に由来するCDR配列がヒトフレームワーク配列にグラフトされた抗体を含むことを意図したものではない。

0070

用語「組換えヒト抗体」は、組換え手段によって製造、発現、生成または単離される全てのヒト抗体、例えば、宿主細胞トランスフェクトされた組換え発現ベクターを使用して発現される抗体(さらに下で説明する)、組換え体から単離された抗体、コンビナトリアルヒト抗体ライブラリー(下でさらに説明する)、ヒト免疫グロブリン遺伝子が遺伝子導入されている動物(例えばマウス)から単離された抗体(例えば、Taylorら(1992)Nucl.AcidsRes.20:6287〜6295を参照されたい)、またはヒト免疫グロブリン遺伝子配列の他のDNA配列へのスプライシングを含む任意の他の手段によって製造、発現、生成もしくは単離された抗体を含むことを意図したものである。そのような組換えヒト抗体は、ヒト生殖細胞系免疫グロブリン配列に由来する可変および定常領域を有する。しかし、特定の実施形態において、そのような組換えヒト抗体は、インビトロ突然変異誘発(または、ヒトIg配列が遺伝子導入された動物を使用する場合にはインビボ体細胞突然変異)に付されるので、該組換え抗体のVHおよびVL領域のアミノ酸配列は、ヒト生殖細胞系VHおよびVL配列に由来し、ヒト生殖細胞系VHおよびVL配列と類縁の配列だが、インビボでヒト抗体生殖細胞系レパートリー内に天然に存在できない配列である。

0071

ヒト抗体は、2つの形態で存在することができ、これらの形態がヒンジ異質性に関連する。一方の形態の場合、免疫グロブリン分子は、二量体が鎖間重鎖ジスルフィド結合によって一緒に保持されている、おおよそ150〜160kDaの安定した4鎖構築物を含む。第2の形態の場合、二量体は鎖間ジスルフィド結合によって連結されておらず、約75〜80kDaの分子が、共有結合でカップリングされた軽鎖と重鎖で形成され、構成される(ハーフ抗体(half-antibody))。これらの形態は、アフィニティー精製後でさえ分
離することが極めて難しかった。

0072

様々なインタクトIgGアイソタイプにおける第2の形態の出現頻度は、抗体のヒンジ領域アイソタイプに関連する構造の違いに、これに限定されるものではないが、起因する。ヒトIgG4ヒンジのヒンジ領域における単一アミノ酸置換は、第2の形態の出現を、ヒトIgG1ヒンジを使用して概して観察されるレベルに、有意に低減させることができる(Angalら(1993)Molecular Immunology 30:105)。本発明は、例えば生産の際、所望の抗体形態の収率を向上させるために望ましいことがある、ヒンジ、CH2またはCH3領域に1つまたはそれ以上の突然変異を有する抗体を包含する。

0073

「単離された抗体」は、その天然環境の少なくとも1つの成分から同定および分離および/または回収された抗体を意味する。例えば、生物の少なくとも1つの成分から分離もしくは除去された抗体、またはその抗体が天然に存在するもしくは天然に生産される組織もしくは細胞から分離もしくは除去された抗体は、本発明では「単離された抗体」である。単離された抗体は、組換え細胞内の生体内原位置の抗体も含む。単離された抗体は、少なくとも1工程の精製または単離工程に付された抗体である。特定の実施形態によると、単離された抗体には、他の細胞物質および/または化学物質が実質的にないこともある。

0074

用語「特異的に結合する」またはこれに類する用語は、抗体またはその抗原結合断片が、生理条件下で比較的安定している抗原との複合体を形成することを意味する。抗体が抗原と特異的に結合するかどうかを判定する方法は、当技術分野において周知であり、例えば、平衡透析表面プラズモン共鳴などを含む。例えば、PCSK9「に特異的に結合する」抗体は、本発明に関連して用いる場合、表面プラズモン共鳴アッセイで測定して、約1000nM未満、約500nM未満、約300nM未満、約200nM未満、約100nM未満、約90nM未満、約80nM未満、約70nM未満、約60nM未満、約50nM未満、約40nM未満、約30nM未満、約20nM未満、約10nM未満、約5nM未満、約4nM未満、約3nM未満、約2nM未満、約1nM未満、または約0.5nM未満のKDで、PCSK9またはその一部に結合する抗体を含む。しかし、ヒトPCSK9に特異的に結合する単離された抗体は、他の(非ヒト)種からのPCSK9分子などの、他の抗原への交差反応性を有する。

0075

本発明の方法に有用な抗PCSK9抗体は、該抗体が由来する対応する生殖細胞系配列と比較して、重鎖および軽鎖可変ドメインのフレームワークおよび/またはCDR領域に1つまたはそれ以上のアミノ酸置換、挿入および/または欠失を含むことがある。そのような突然変異は、本明細書において開示するアミノ酸配列を例えば公開抗体配列データベースから入手できる生殖細胞系配列と比較することによって、容易に突き止めることができる。本発明は、本明細書において開示するアミノ酸配列のいずれかに由来する抗体およびそれらの抗原結合断片の使用を含む方法であって、1つまたはそれ以上のフレームワークおよび/またはCDR領域内の1つまたはそれ以上のアミノ酸が、該抗体が由来する生殖細胞系配列の対応する残基に、または別のヒト生殖細胞系配列の対応する残基に、または対応する生殖細胞系残基の保存的アミノ酸置換に突然変異される(このような配列交換を本明細書ではまとめて「生殖細胞系突然変異」と呼ぶ)前記方法を含む。当業者は、本
明細書において開示する重鎖および軽鎖可変領域配列出発して、1つもしくはそれ以上の個々の生殖細胞系突然変異またはそれらの組合せを含む多数の抗体および抗原結合断片を容易に生産することができる。特定の実施形態では、VHおよび/またVLドメイン内のフレームワークおよび/またはCDR残基の全てが、抗体が由来する元の生殖細胞系配列中で見つけられる残基に復帰突然変異される。他の実施形態では、特定の残基のみ、例えば、FR1の最初の8アミノ酸中もしくはFR4の最後の8アミノ酸中で見つけられる突然変異残基のみ、またはCDR1、CDR2もしくはCDR3内で見つけられる突然変異残基のみが、元の生殖細胞系配列に復帰突然変異される。他の実施形態では、フレームワークおよび/またはCDR残基の1つまたはそれ以上が、異なる生殖細胞系配列(すなわち、抗体が当初由来した生殖細胞系配列とは異なる生殖細胞系配列)の対応する残基に突然変異される。さらに、本発明の抗体は、フレームワークおよび/またはCDR領域内に、2つまたはそれ以上の生殖細胞系突然変異の何らかの組合せ、例えば、特定の個々の残基は特定の生殖細胞系配列の対応する残基に突然変異されるが、元の生殖細胞系配列とは異なる特定の他の残基は維持されるか、または異なる生殖細胞系配列の対応する残基に突然変異される組合せを含有することもある。1つまたはそれ以上の生殖細胞系突然変異を含有する抗体および抗原結合断片は、ひとたび得てしまえば、1つまたはそれ以上の所望の特性、例えば、結合特異性改善、結合親和性増加、(場合によって)アンタゴニストまたはアゴニストとしての生物学的特性改善または向上、免疫原性低減などについて容易に試験することができる。この一般的手法で得られる抗体および抗原結合断片の使用は、本発明に包含される。

0076

本発明は、1つまたはそれ以上の保存的置換を有する本明細書において開示するHCVR、LCVRおよび/またはCDRアミノ酸配列のいずれかについての変異体を含む抗PCSK9抗体の使用を含む方法も含む。例えば、本発明は、例えば、本明細書において開示するHCVR、LCVRおよび/またはCDRアミノ酸配列のいずれかと比較して10またはそれ以下、8またはそれ以下、6またはそれ以下、4またはそれ以下などの保存的アミノ酸置換を有する、HCVR、LCVRおよび/またはCDRアミノ酸配列を有する抗PCSK9抗体の使用を含む。

0077

用語「表面プラズモン共鳴」は、例えばBIAcore(商標)システム(Biacore Life Sciences devision of GE Healthcare、Piscataway、NJ)を使用してバイオセンサーマトリックス内のタンパク質濃度変化の検出によりリアルタイム相互作用を分析することができる光学現象を指す。

0078

用語「KD」は、特定の抗体−抗原相互作用の平衡解離定数を指すことを意図したものである。

0079

用語「エピトープ」は、パラトープとして公知の抗体分子の可変領域内の特異的抗原結合部位と相互作用する抗原決定基を指す。単一の抗原が1つより多くのエピトープを有することもある。それ故、抗体によって、結合する抗原領域が異なることもあり、有する生物学的効果が異なることもある。エピトープは、高次構造であることもあり、または線状であることもある。高次構造エピトープは、直鎖状ペプチド鎖の異なるセグメントからの空間的に隣り合って並ぶアミノ酸によって生成される。線状エピトープは、ポリペプチド鎖内の隣接したアミノ酸残基によって生成されるものである。特定の状況では、エピトープは、抗原上の糖類、ホスホリル基またはスルホニル基部分を含むことがある。

0080

特定の実施形態によると、本発明の方法において使用される抗PCSK9抗体は、pH依存性結合特性を有する抗体である。本明細書において用いる場合、「pH依存性結合」という表現は、抗体またはその抗原結合断片が、「中性pHと比較して酸性pHでPCS
K9との結合低減」を示すことを意味する(本開示では、両方の表現を同義で用いることがある)。例えば、「pH依存性結合特性を有する」抗体は、酸性pHでより中性pHでのほうが高い親和性でPCSK9に結合する抗体およびそれらの抗原結合断片を含む。特定の実施形態において、本発明の抗体およびそれらの抗原結合断片は、酸性pHでより中性pHでのほうが少なくとも3、5、10、15、20、25、30、35、40、45、50、55、60、65、70、75、80、85、90、95、100倍またはそれ以上高い親和性でPCSK9に結合する。

0081

本発明のこの態様によると、pH依存性結合特性を有する抗PCSK9抗体は、親抗PCSK9抗体と比較して1つまたはそれ以上のアミノ酸変異を有することがある。例えば、pH依存性結合特性を有する抗PCSK9抗体は、例えば、親抗PCSK9抗体の1つまたはそれ以上のCDR内に、1つまたはそれ以上のヒスチジン置換または挿入を有することがある。それ故、本発明の特定の実施形態に従って、親抗体の1つまたはそれ以上のCDRの1つまたはそれ以上のアミノ酸のヒスチジン残基での置換を除いて親抗PCSK9抗体のCDRアミノ酸配列と同一であるCDRアミノ酸配列(例えば、重鎖および軽鎖CDR)を含む抗PCSK9抗体を投与することを含む方法を提供する。pH依存性結合を有する抗PCSK9抗体は、親抗PCSK9抗体の単一のCDR内に、または親抗PCSK9抗体の複数(例えば、2、3、4、5もしくは6)のCDR全体にわたって分布している、例えば1、2、3、4、5、6、7、8、9またはそれ以上のヒスチジン置換を有することがある。例えば、本発明は、親抗PCSK9抗体のHCDR1に1つもしくはそれ以上のヒスチジン置換、HCDR2に1つもしくはそれ以上のヒスチジン置換、HCDR3に1つもしくはそれ以上のヒスチジン置換、LCDR1に1つもしくはそれ以上のヒスチジン置換、LCDR2に1つもしくはそれ以上のヒスチジン置換、および/またはLCDR3に1つもしくはそれ以上のヒスチジン置換を含む、pH依存性結合を有する抗PCSK9抗体の使用を含む。

0082

本明細書において用いる場合、「酸性pH」という表現は、6.0またはそれ以下(例えば、約6.0未満、約5.5未満、約5.0未満など)のpHを意味する。「酸性pH」という表現は、約6.0、5.95、5.90、5.85、5.8、5.75、5.7、5.65、5.6、5.55、5.5、5.45、5.4、5.35、5.3、5.25、5.2、5.15、5.1、5.05、5.0またはそれ以下のpH値を含む。本明細書において用いる場合、「中性pH」という表現は、約7.0〜約7.4のpHを意味する。「中性pH」という表現は、約7.0、7.05、7.1、7.15、7.2、7.25、7.3、7.35および7.4のpH値を含む。

0083

ヒト抗体の製造
トランスジェニックマウスでヒト抗体を産生する方法は当技術分野において公知である。任意のそのような公知の方法を本発明に関連して使用して、ヒトPCSK9と特異的に結合するヒト抗体を作製することができる。

0084

VELOCIMMUNE(商標)技術(例えば米国特許第6,596,541号、Regeneron Pharmaceuticalsを参照されたい)、またはモノクローナル抗体の任意の他の公知産生方法を用いて、ヒト可変領域およびマウス定常領域を有する、PCSK9に対する高親和性キメラ抗体を、最初に単離する。VELOCIMMUNE(登録商標)技術は、マウスが抗原刺激応答してヒト可変領域およびマウス定常領域を含む抗体を生産するように、内在性マウス定常領域遺伝子座に作動可能に連結されたヒト重鎖および軽鎖可変領域を含むゲノムを有するトランスジェニックマウスの産生を含む。抗体の重鎖および軽鎖の可変領域をコードするDNAを単離し、ヒト重鎖および軽鎖定常領域をコードするDNAに作動可能に連結させる。その後、完全ヒト抗体を発現することができる細胞においてそのDNAを発現させる。

0085

一般には、VELOCIMMUNE(登録商標)マウスに、対象とする抗原を感作させ、抗体を発現しているマウスからリンパ細胞(例えば、B細胞)を回収する。リンパ細胞を骨髄腫細胞株と融合させて不死ハイブリドーマ細胞株を製造することができ、そのようなハイブリドーマ細胞株をスクリーニングし、選択して、対象とする抗原に特異的な抗体を生産するハイブリドーマ細胞株を同定する。重鎖および軽鎖の可変領域をコードするDNAを単離し、重鎖および軽鎖の望ましいアイソタイプ定常領域に連結させることができる。そのような抗体タンパク質を、CHO細胞などの細胞において生産することができる。あるいは、抗原特異的キメラ抗体をコードするDNA、または重鎖および軽鎖の可変ドメインを、抗原特異的リンパ球から直接単離することができる。

0086

ヒト可変領域およびマウス定常領域を有する高親和性キメラ抗体を最初に単離する。当業者に公知の標準的手順を用いて、抗体を特性評価し、親和性、選択性、エピトープなどをはじめとする所望の特定について選択する。マウス定常領域を所望のヒト定常領域で置換して、本発明の完全ヒト抗体、例えば野生型または修飾IgG1またはIgG4、を産生させる。選択される定常領域は具体的な用途によって変わることがあるが、高親和性抗原結合特性および標的特異性が可変領域にある。

0087

一般に、本発明の方法で使用することができる抗体は、固相に固定された抗原または溶液相中の抗原と結合させることによって測定したとき、上で説明したような高い親和性を有する。マウス定常領域を所望のヒト定常領域で置換して、本発明の完全ヒト抗体を産生させる。選択される定常領域は具体的な用途によって変わることがあるが、高親和性抗原結合特性および標的特異性が可変領域にある。

0088

本発明の方法に関連して使用することができる、PCSK9に特異的に結合するヒト抗体または抗体の抗原結合断片の具体的な例としては、配列番号1および11からなる群から選択されるアミノ酸配列を有するか、または少なくとも90%、少なくとも95%、少なくとも98%もしくは少なくとも99%配列同一性を有するその実質的に類似の配列を有する、重鎖可変領域(HCVR)に含有された3つの重鎖CDR(HCDR1、HCDR2およびHCDR3)を含む任意の抗体または抗原結合断片が挙げられる。抗体または抗原結合断片は、配列番号6および15からなる群から選択されるアミノ酸配列を有するか、または少なくとも90%、少なくとも95%、少なくとも98%もしくは少なくとも99%配列同一性を有するその実質的に類似の配列を有する、軽鎖可変領域(LCVR)に含有された3つの軽鎖CDR(LCVR1、LCVR2、LCVR3)を含むことがある。

0089

本発明の特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1/6および11/15からなる群から選択される重鎖可変領域アミノ酸配列と軽鎖可変領域アミノ酸配列の対(HCVR/LCVR)からの6つのCDR(HCDR1、HCDR2、HCDR3、LCDR1、LCDR2およびLCDR3)を含む。

0090

本発明の特定の実施形態において、本発明の方法で使用することができる抗PCSK9抗体またはその抗原結合断片は、配列番号2/3/4/7/8/10(mAb316P)および配列番号12/13/14/16/17/18(mAb300N)(米国特許出願公開第2010/0166768号を参照されたい)から選択されるHCDR1/HCDR2/HCDR3/LCDR1/LCDR2/LCDR3アミノ酸配列を有する。

0091

本発明の特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1/6および11/15からなる群から選択されるHCVR/LCVRアミノ酸配列対を含む。

0092

医薬組成物および投与方法
本発明は、医薬組成物に含有されているPCSK9阻害剤をスタチン不在下で被験者に投与することを含む方法を含む。本発明の医薬組成物は、好適な担体、賦形剤、および好適な転移、送達、耐性などをもたらす他の薬剤を用いて製剤化される。多くの適切な製剤を全ての薬剤師に公知の処方集:Remington’s Pharmaceutical Sciences、Mack Publishing Company、Easton、PAにおいて見つけることができる。これらの製剤としては、例えば、粉末ペースト軟膏ゼリーワックス、油、脂質、(カチオン性またはアニオン性)脂質含有ビヒクル(例えば、LIPOFECTIN(商標))、DNAコンジュゲート無水吸収ペースト、水中油型および油中水型エマルジョンエマルジョンカルボワックス(様々な分子量のポリエチレングリコール)、半固体ゲル、ならびにカルボワックスを含有する半固体混合物が挙げられる。Powellら、「Compendium of excipients for parenteral formulations」、PDA(1998)J Pharm Sci Technol 52:238〜311も参照されたい。

0093

様々な送達システム、例えば、リポソーム微粒子マイクロカプセルへの封入突然変異型ウイルスを発現することができる組換え細胞、受容体媒介エンドサイトーシス(例えば、Wuら、1987、J.Biol.Chem.262:4429〜4432を参照されたい)は公知であり、本発明の医薬組成物を投与するためにそれらを使用することができる。投与方法としては、皮内、筋肉内、腹腔内、静脈内、皮下、鼻腔内、硬膜外および経口経路が挙げられるが、これらに限定されない。組成物を任意の適便な経路によって、例えば、注入またはボーラス注射によって、上皮内層または粘膜皮膚内層(例えば、経口粘膜、直腸および腸粘膜など)による吸収によって投与することができ、他の生物活性薬剤と一緒に投与することができる。

0094

本発明の医薬組成物は、標準的な針および注射器で皮下または静脈内送達することができる。加えて、皮下送達に関しては、ペン型送達デバイスを本発明の医薬組成物の送達に容易に利用される。そのようなペン型送達デバイスは、再使用可能であることもあり、または使い捨てであることもある。再使用可能なペン型送達デバイスには、医薬組成物を収容している交換可能カートリッジが一般に利用される。カートリッジ内の医薬組成物の全てを投与してしまい、カートリッジが空になったら、空のカートリッジを容易に廃棄することができ、医薬組成物を収容している新たなカートリッジと容易に交換することができる。その後、そのペン型送達デバイスを再使用することができる。使い捨てペン型送達デバイスには、交換可能カートリッジがない。もっと正確に言えば、使い捨てペン型送達デバイスには医薬組成物が予め充填されており、該医薬組成物は該デバイス貯液部に保持されている。貯蔵部の医薬組成物が空になったら、デバイス全体を廃棄する。

0095

非常に多くの再使用可能ペン型および自己注射器送達デバイスが本発明の医薬組成物の皮下送達に利用される。例としては、ほんの数例を挙げると、AUTOPEN(商標)(Owen Mumford,Inc.、Woodstock、UK)、DISETRONIC(商標)ペン(Disetronic Medical Systems、Bergdorf、Switzerland)、HUMALOGMIX 75/25(商標)ペン、HUMALOG(商標)ペン、HUMALIN 70/30(商標)ペン(Eli Lilly and Co.、Indianapolis、IN)、NOVOPEN(商標)I、IIおよびIII(Novo Nordisk、Copenhagen、Denmark)、NOVOPEN JUNIOR(商標)(Novo Nordisk、Copenhagen、Denmark)、BD(商標)ペン(Becton Dickinson、Franklin Lakes、NJ)、OPTIPEN(商標)、OPTIPEN PRO(商標)、OPTIPEN STARLET(商標)、ならびにOPTICLIK(商標)(sanofi−aventis、Frankfurt、Germany
)が挙げられるが、これらに限定されない。本発明の医薬組成物の皮下送達に利用される使い捨てペン型送達デバイスの例としては、ほんの数例を挙げると、SOLOSTAR(商標)ペン(sanofi−aventis)、FLEXPEN(商標)(Novo Nordisk)およびKWIKPEN(商標)(Eli Lilly)、SURECLCK(商標)オートインジェクター(Amgen、Thousand Oaks、CA)、PENLET(商標)(Haselmeier、Stuttgart、Germany)、EPIPEN(Dey,L.P.)およびHUMIRA(商標)ペン(Abbott
Labs、Abbott ParkIL)が挙げられるが、これらに限定されない。

0096

特定の実施形態では、医薬組成物を制御放出システムで送達する。特定の実施形態では、ポンプを使用することがある(Langer、上掲;Sefton、1987、CRC
Crit.Ref.Biomed.Eng.14:201を参照されたい)。別の実施形態では、高分子材料を使用することができる;Medical Applications of Controlled Release、LangerおよびWise(編集)、1974、CRC Pres.、Boca Raton、Floridaを参照されたい。さらに別の実施形態では、制御放出システムを組成物の標的のすぐそばに配置することができ、したがって全身用量のほんの一部のみ要する(例えば、Goodson、1984、Medical Applications of Controlled Release、上掲、第2巻、115〜138頁を参照されたい)。他の制御放出システムは、Langer、1990、Science 249:1527〜1533による総説で論じされている。

0097

注射用製剤としては、静脈内、皮下、皮内および筋肉内注射点滴注入などのための剤形を挙げることができる。これらの注射用製剤を公知の方法によって製造することができる。例えば、注射用製剤は、例えば、注射剤に従来使用されている滅菌水性媒体または油性媒体に上で説明した抗体またはその塩を溶解する、懸濁させるまたは乳化させることによって、製造することができる。注射剤のための水性媒体としては、例えば、生理食塩水グルコースおよび他の補助剤を含有する等張溶液などがあり、これらは、適切な可溶化剤、例えばアルコール(例えば、エタノール)、多価アルコール(例えば、プロピレングリコール、ポリエチレングリコール)、非イオン性界面活性剤[例えば、ポリソルベート80、HCO−50(硬化ヒマシ油ポリオキシエチレン(50mol)付加体)]などと併用されることもある。油性媒体としては、例えば、ゴマ油ダイズ油が利用され、これらは、可溶化剤、例えば安息香酸ベンジルベンジルアルコールなどと併用されることもある。特定の実施形態において、このようにして製造された注射剤は、適切なアンプルに充填される。特定の実施形態において、医薬的に許容される賦形剤は、ヒスチジン、pH6.0とポリソルベート20とスクロースの組合せである。

0098

有利には、上で説明した経口または非経口使用用の医薬組成物は、活性成分の用量を合わせることに適している単位用量での剤形に製造される。単位用量でのそのような剤形としては、例えば、錠剤ピルカプセル、注射剤(アンプル)、坐剤などが挙げられる。

0099

投薬量および投与レジメン
本発明の方法および組成物に従って被験者に投与されるPCSK9阻害剤(例えば、抗PCSK9抗体)の量は、一般に治療有効量である。「治療有効量」というは、高コレステロール血症または関連障害の1つより多くの症状(例えば、脂質レベルおよび/またはアテローム性動脈硬化性病変)の検出可能な低減をもたらすPCSK9阻害剤の量を意味する。

0100

個々の用量に含有される抗PCSK9抗体の量を患者体重キログラム当たりの抗体のミリグラム(すなわち、mg/kg)によって表すことができる。例えば、抗PCSK9
抗体を患者に約0.0001〜約10mg/(患者体重のkg)の用量で投与することができる。抗体の例示的治療有効量は、抗PCSK9抗体約75mg、約80mg、約90mg、約100mg、約110mg、約120mg、約130mg、約140mg、約150mg、約160mg、約170mg、約180mg、約190mg、約200mg、約210mg、約220mg、約230mg、約240mg、約250mg、約260mg、約270mg、約280mg、約290mg、約300mg、約310mg、約320mg、約330mg、約340mg、約350mg、約360mg、約370mg、約380mg、約390mg、約400mg、約410mg、約420mg、約430mg、約440mg、約450mg、約460mg、約470mg、約480mg、約490mg、約500mg、約510mg、約520mg、約530mg、約540mg、約550mg、約560mg、約570mg、約580mg、約590mg、または約600mgからであることができる。

0101

特定の実施形態において、抗PCSK9抗体は、約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって被験者に投与される。

0102

いくつかの実施形態において、抗体は、約150mgの用量で4週間ごとに12週間にわたって被験者に投与され、第8週に被験者のLDL−C値が100mg/dl未満であり、30%のLDL−C低減であった場合、用量は、さらに12週間にわたって150mgで4週間ごとのままである。

0103

他の実施形態において、抗体は、約150mgの用量で4週間ごとに12週間にわたって被験者に投与され、第8週に被験者のLDL−C値が100mg/dl以上であった場合、用量は、さらに12週間にわたって隔週、約150mgまでアップタイトレーションされる。

0104

いくつかの実施形態において、抗体は、約150mgの用量で4週間ごとに12週間にわたって被験者に投与され、第8週に被験者のLDL−C値が70mg/dl未満であり、30%のLDL−C低減であった場合、用量は、さらに12週間にわたって150mgで4週間ごとのままである。

0105

別の実施形態において、抗体は、約300mgの用量で4週間ごとに48週間にわたって被験者に投与される。

0106

さらなる実施形態において、抗体は、約300mgの用量で4週間ごとに合計3用量にわたって被験者に投与され、第8週に被験者が所定の処置目標に達しなかった、または被験者がベースラインからの少なくとも30%のLDL−C低減を有さなかった場合、用量は、さらに36週間にわたって隔週、150mgに変更される。

0107

追加治療
いくつかの実施形態において、本発明は、被験者におけるプロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)アンタゴニストの作用継続期間を増加させる方法であって、スタチン不在下で抗PCSK9アンタゴニストを該被験者に投与することを含む前記方法に関する。いくつかの実施形態において、アンタゴニストは、抗体または抗原結合タンパク質である。例えば、実施例は、スタチン不在下での抗PCSK9抗体の被験者への投与が抗PCSK9抗体の作用継続期間を増加させることを示す。

0108

いくつかの実施形態において、本発明は、被験者において投与間隔を通して一定の低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)低下を維持する方法であって、併用スタチンを用いていない該被験者に、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型
(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与することを含む前記方法に関する。図1に示されているように、先行技術治療は、処置中にLDL−Cの「鋸歯プロファイル」を示す。対照的に、Q4W投薬レジメンは、スタチンを受けていない患者において投与間隔を通して一定のLDL−C低下を維持する。

0109

いくつかの実施形態において、本発明は、それを必要としている被験者の低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)を低減させる方法であって、併用スタチンを用いていない該被験者に、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与することを含み、それによって該被験者のLDL−Cを低減させる前記方法に関する。

0110

いくつかの実施形態において、本発明は、それを必要としている被験者の高コレステロール血症を処置する方法であって、併用スタチンを用いていない該被験者に、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与することを含み、それによって該被験者の高コレステロール血症を処置する前記方法に関する。

0111

いくつかの実施形態において、本発明は、それを必要としている被験者の家族性高コレステロール血症でない型の高コレステロール血症を処置する方法であって、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって該被験者に投与することを含み、それによって該被験者の家族性高コレステロール血症でない型の高コレステロール血症を処置する前記方法に関する。

0112

このように、本発明の方法は、特定の実施形態によると、抗PCSK9抗体を含む医薬組成物をスタチン不在下で被験者に投与することを含む。

0113

本発明の方法は、特定の実施形態によると、抗CPSK9阻害剤を含む医薬組成物を別の非スタチン脂質低下剤と併用して被験者に投与することも含む。

0114

脂質低下剤としては、例えば、コレステロール取り込みおよびまたは胆汁酸再吸収を阻害する薬剤(例えば、エゼチミブ);リポタンパク質異化作用を増加させる薬剤(例えば、ナイアシン);および/またはコレステロール削減に関与するLXR転写因子活性化剤、例えば22−ヒドロキシコレステロールが挙げられる。

0115

いくつかの実施形態において、被験者は、本発明の医薬組成物の投与前に、以前、高コレステロール血症の処置のための治療レジメンを受けていた。例えば、高コレステロール血症と以前に診断された患者は、抗PCSK9抗体を含む医薬組成物の投与前に別の薬物の安定した治療レジメンを処方されたことがあり、そのような治療レジメンを受けていた。

0116

いくつかの実施形態において、被験者は、本明細書に記載のPCSK9阻害剤での処置前に、以前、スタチンまたは他の脂質低下剤で処置された。他の実施形態において、被験者は、スタチンまたは他の脂質低下剤で以前に処置されたことがない。

0117

具体的な実施形態
1つの態様において、本開示は、それを必要としている被験者の低密度リポタンパク質
コレステロール(LDL−C)を低減させる方法であって、併用スタチンを用いていない該被験者に、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与することを含み、それによって該被験者のLDL−Cを低減させる前記方法を提供する。

0118

特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1/6および11/15からなる群から選択される重鎖可変領域/軽鎖可変領域(HCVR/LCVR)アミノ酸配列対の重鎖および軽鎖相補性決定領域(CDR)を含む。特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む。特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号11のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号15のアミノ酸配列を有するLCVRを含む。特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む。特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号6のアミノ酸配列を有するLCVRを含む。

0119

特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体と同じ、PCSK9上のエピトープと結合する。

0120

特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体と、PCSK9との結合について競合する。

0121

特定の実施形態において、被験者は、家族性高コレステロール血症でない(非FH)型の高コレステロール血症を有する。特定の実施形態において、被験者は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症(heFH)を有する。特定の実施形態において、heFHの診断は、遺伝子型判定または臨床基準いずれかによって行われる。特定の実施形態において、臨床基準は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症のサイモン・ブルーム登録診断基準、またはスコア>8でのWHO/Dutch Lipid Network基準のいずれかである。

0122

特定の実施形態において、被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けている。特定の実施形態において、非スタチン脂質低下剤は、エゼチミブ、フィブラート、フェノフィブラート、ナイアシン、オメガ3脂肪酸、および胆汁酸樹脂からなる群から選択される。

0123

特定の実施形態において、非スタチン脂質低下剤は、エゼチミブまたはフェノフィブラートである。

0124

特定の実施形態において、被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けていない。

0125

特定の実施形態において、抗体または抗原結合タンパク質は、皮下投与される。

0126

特定の実施形態において、4用量またはそれ以上の用量の後に測定される被験者のLDL−Cが≦70mg/dLである場合、4週間ごとの約150mgの用量が維持される。特定の実施形態において、4用量またはそれ以上の用量の後に測定される被験者のLDL
−Cが≧70mg/dLである場合、4週間ごとの約150mgの用量は中止され、その後、抗体または抗原結合タンパク質が、隔週、約150mgの用量で該被験者に投与される。

0127

別の態様において、本開示は、それを必要としている被験者の高コレステロール血症を処置する方法であって、併用スタチンを用いていない該被験者に、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与することを含み、それによって該被験者の高コレステロール血症を処置する前記方法を提供する。

0128

特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1/6および11/15からなる群から選択される重鎖可変領域/軽鎖可変領域(HCVR/LCVR)アミノ酸配列対の重鎖および軽鎖相補性決定領域(CDR)を含む。特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む。特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号11のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号15のアミノ酸配列を有するLCVRを含む。特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む。特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号6のアミノ酸配列を有するLCVRを含む。

0129

特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体と同じ、PCSK9上のエピトープと結合する。

0130

特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体と、PCSK9との結合について競合する。

0131

特定の実施形態において、被験者は、家族性高コレステロール血症でない(非FH)型の高コレステロール血症を有する。特定の実施形態において、被験者は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症(heFH)を有する。特定の実施形態において、heFHの診断は、遺伝子型判定または臨床基準いずれかによって行われる。特定の実施形態において、臨床基準は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症のサイモン・ブルーム登録診断基準、またはスコア>8でのWHO/Dutch Lipid Network基準のいずれかである。

0132

特定の実施形態において、被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けている。特定の実施形態において、非スタチン脂質低下剤は、エゼチミブ、フィブラート、フェノフィブラート、ナイアシン、オメガ3脂肪酸、および胆汁酸樹脂からなる群から選択される。

0133

特定の実施形態において、非スタチン脂質低下剤は、エゼチミブまたはフェノフィブラートである。

0134

特定の実施形態において、被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けていない。

0135

特定の実施形態において、抗体または抗原結合タンパク質は、皮下投与される。

0136

特定の実施形態において、4用量またはそれ以上の用量の後に測定される被験者のLDL−Cが≦70mg/dLである場合、4週間ごとの約150mgの用量が維持される。特定の実施形態において、4用量またはそれ以上の用量の後に測定される被験者のLDL−Cが≧70mg/dLである場合、4週間ごとの約150mgの用量は中止され、その後、抗体または抗原結合タンパク質が、隔週、約150mgの用量で該被験者に投与される。

0137

別の実施形態において、本開示は、それを必要としている被験者の家族性高コレステロール血症でない型の高コレステロール血症を処置する方法であって、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって該被験者に投与することを含み、それによって該被験者の家族性高コレステロール血症でない型の高コレステロール血症を処置する前記方法を提供する。

0138

特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1/6および11/15からなる群から選択される重鎖可変領域/軽鎖可変領域(HCVR/LCVR)アミノ酸配列対の重鎖および軽鎖相補性決定領域(CDR)を含む。特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む。特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号11のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号15のアミノ酸配列を有するLCVRを含む。特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む。特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号6のアミノ酸配列を有するLCVRを含む。

0139

特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体と同じ、PCSK9上のエピトープと結合する。

0140

特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体と、PCSK9との結合について競合する。

0141

特定の実施形態において、被験者は、家族性高コレステロール血症でない(非FH)型の高コレステロール血症を有する。特定の実施形態において、被験者は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症(heFH)を有する。特定の実施形態において、heFHの診断は、遺伝子型判定または臨床基準いずれかによって行われる。特定の実施形態において、臨床基準は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症のサイモン・ブルーム登録診断基準、またはスコア>8でのWHO/Dutch Lipid Network基準のいずれかである。

0142

特定の実施形態において、被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けている。特定の実施形態において、非スタチン脂質低下剤は、エゼチミブ、フィブラート、フェノフィブラート、ナイアシン、オメガ3脂肪酸、および胆汁酸樹脂からなる群から選択される。

0143

特定の実施形態において、非スタチン脂質低下剤は、エゼチミブまたはフェノフィブラ
ートである。

0144

特定の実施形態において、被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けしていない。

0145

特定の実施形態において、抗体または抗原結合タンパク質は、皮下投与される。

0146

特定の実施形態において、4用量またはそれ以上の用量の後に測定される被験者のLDL−Cが≦70mg/dLである場合、4週間ごとの約150mgの用量が維持される。特定の実施形態において、4用量またはそれ以上の用量の後に測定される被験者のLDL−Cが≧70mg/dLである場合、4週間ごとの約150mgの用量は中止され、その後、抗体または抗原結合タンパク質が、隔週、約150mgの用量で該被験者に投与される。

0147

別の態様において、本開示は、ヒト被験者において投与間隔を通して一定の低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)低下を維持する、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質の投薬レジメンであって、該抗PCSK9抗体またはその抗原結合タンパク質を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与した後:(a)ゼロ時間から実時間までの台形法を使用して算定される血漿濃度対時間曲線下面積(AUClast)約250mg・日/L〜約650mg・日/L;(b)実測最大血漿濃度(Cmax)約15mg/L〜約33mg/L;(c)最大血漿濃度に最初に達するまでの時間(tmax)約7日;および(d)最終半減期に達するまでの時間(t1/2Z)約5.5日〜約12日からなる群から選択される特性の1つまたはそれ以上を有する前記投薬レジメンを提供する。

0148

別の態様において、本開示は、ヒト被験者において投与間隔を通して一定の低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)低下を維持する、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質の投薬レジメンであって、該抗PCSK9抗体またはその抗原結合タンパク質を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与した後:(a)ゼロ時間から実時間までの台形法を使用して算定される血漿濃度対時間曲線下面積(AUClast)約150mg・日/L〜約450mg・日/L;(b)実測最大血漿濃度(Cmax)約10.5mg/L〜約24mg/L;(c)最大血漿濃度に最初に達するまでの時間(tmax)約7日;および(d)最終半減期に達するまでの時間(t1/2Z)約5日〜約9日からなる群から選択される特性の1つまたはそれ以上を有する前記投薬レジメンを提供する。

0149

別の実施形態において、本開示は、被験者において投与間隔を通して一定の低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)低下を維持する方法であって、併用スタチンを用いていない該被験者に、抗プロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(抗PCSK9)抗体または抗原結合タンパク質を含む医薬組成物を約150mgの用量で4週間ごとに少なくとも3用量にわたって投与することを含む前記方法を提供する。

0150

特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1/6および11/15からなる群から選択される重鎖可変領域/軽鎖可変領域(HCVR/LCVR)アミノ酸配列対の重鎖および軽鎖相補性決定領域(CDR)を含む。特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む。特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号11のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号15のアミノ酸配列を有するLCVRを含む。特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRア
ミノ酸配列を含む。特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号1のアミノ酸配列を有するHCVRおよび配列番号6のアミノ酸配列を有するLCVRを含む。

0151

特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体と同じ、PCSK9上のエピトープと結合する。

0152

特定の実施形態において、抗体またはその抗原結合断片は、配列番号12、13、14、16、17および18;または配列番号2、3、4、7、8および10を有する重鎖および軽鎖CDRアミノ酸配列を含む抗体と、PCSK9との結合について競合する。

0153

特定の実施形態において、被験者は、家族性高コレステロール血症でない(非FH)型の高コレステロール血症を有する。特定の実施形態において、被験者は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症(heFH)を有する。特定の実施形態において、heFHの診断は、遺伝子型判定または臨床基準いずれかによって行われる。特定の実施形態において、臨床基準は、ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症のサイモン・ブルーム登録診断基準、またはスコア>8でのWHO/Dutch Lipid Network基準のいずれかである。

0154

特定の実施形態において、被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けている。特定の実施形態において、非スタチン脂質低下剤は、エゼチミブ、フィブラート、フェノフィブラート、ナイアシン、オメガ3脂肪酸、および胆汁酸樹脂からなる群から選択される。

0155

特定の実施形態において、非スタチン脂質低下剤は、エゼチミブまたはフェノフィブラートである。

0156

特定の実施形態において、被験者は、抗体または抗原結合タンパク質の投与前および/または投与中に非スタチン脂質低下剤を受けていない。

0157

特定の実施形態において、抗体または抗原結合タンパク質は、皮下投与される。

0158

特定の実施形態において、4用量またはそれ以上の用量の後に測定される被験者のLDL−Cが≦70mg/dLである場合、4週間ごとの約150mgの用量が維持される。特定の実施形態において、4用量またはそれ以上の用量の後に測定される被験者のLDL−Cが≧70mg/dLである場合、4週間ごとの約150mgの用量は中止され、その後、抗体または抗原結合タンパク質が、隔週、約150mgの用量で該被験者に投与される。

0159

以下の実施例は、本発明の方法および組成物の作製および使用方法の完全な開示および説明を当業者に与えるために提示するものであり、本発明者らが自分達の発明と考える範囲を限定することを意図したものではない。

0160

ヒトPCSK9に対するヒト抗体の産生
ヒト抗PCSK9抗体を米国特許8,062,640号に記載されているように産生させた。以下の実施例で使用する例示的PCSK9阻害剤は、「アリロクマブ」と称するヒト抗PCSK9抗体である。アリロクマブは、次のアミノ酸配列特性を有する:配列番号
90を含む重鎖可変領域(HCVR);配列番号92を含む軽鎖可変領域(LCVR);配列番号76を含む重鎖相補性決定領域1(HCDR1)、配列番号78を含むHCDR2、配列番号80を含むHCDR3、配列番号84を含む軽鎖相補性決定領域1(LCDR1)、配列番号86を含むLCDR2、および配列番号88を含むLCDR3。

0161

アリロクマブは、プロタンパク質転換酵素サブチリシン・ケキシン9型(PCSK9)に結合する完全ヒトモノクローナル抗体である。プロタンパク質転換酵素サブチリシン・ケキシン9型は、セリンプロテアーゼのサブチリシンファミリーに属し、肝臓で高度に発現される。PCSK9は、低密度リポタンパク質受容体(LDLR)タンパク質レベルの調節に関与する。動物およびヒトにおいて、アリロクマブは、循環中のLDL−Cレベルを低減させる。アリロクマブは、LDL−Cを低下させるためのおよび心血管疾患のリスクを低減させるための有効な処置であろう。

0162

健常被験者における単独で、または複数回経口用量として投与されるエゼチミブもしくはフェノフィブラートに加えて、複数回150mg皮下用量として投与されるアリロクマブの薬力学的プロファイルについての無作為化、部分盲検、3並行群間研究
序論
第1相治験を行って、健常被験者における抗PCSK9抗体、アリロクマブ、の薬力学および安全性を評価した。この研究の主要目的は、単独で投与されるまたはエゼチミブもしくはフェノフィブラートに加えて投与されるアリロクマブの薬力学的プロファイルを低密度リポタンパク質コレステロール(LDL−C)に基づいて評価することであった。この研究の副次的目的は:1)単独で投与されるまたはエゼチミブもしくはフェノフィブラートに加えて投与されるアリロクマブの薬力学的プロファイルを他の脂質パラメータに基づいて評価すること、2)単独で投与されるまたはエゼチミブもしくはフェノフィブラートに加えて投与されるアリロクマブの薬物動態プロファイルを評価すること、3)エゼチミブおよびフェノフィブラートへの曝露を実証すること、4)PCSK9レベルに対するエゼチミブまたはフェノフィブラートいずれかの効果を評価すること、および5)アリロクマブとエゼチミブまたはフェノフィブラートいずれかとの併用投与の安全性を評価することであった。

0163

この第1相研究は、エゼチミブまたはフェノフィブラートいずれかでの4週間の導入期間、続いて17週間の処置期間(すなわち、A群:アリロクマブ+エゼチミブプラセボ、B群:アリロクマブ+エゼチミブ、C群:アリロクマブ+フェノフィブラート)を用いて3つの並行群で行った、無作為化、部分盲検、対照研究であった。この研究により、LDL−C低下効果に対するならびに遊離PCSK9および全アリロクマブの循環レベルに対する150mg Q4Wとエゼチミブ(EZE)およびフェノフィブラート(FENO)の併用の影響を調査した。

0164

被験者
この研究により、健常被験者72名を評価した。組み入れ基準は:スクリーニング(−第29日)時に血清LDL−Cレベル>130mg/dLであり、脂質低下治療を受けておらず、(アリロクマブ開始前の)−第1日のベースライン対照時に血清LDL−Cレベル≧100mg/dLである、年齢18〜65歳の健常男性または女性被験者であった。(注記:実施上の理由から、ベースラインLDL−C測定用の血液サンプルをD−1に採取して、アリロクマブでの処置を開始する前に被験者が依然としてLDL−Cレベル≧100mg/dLを有することを検証した)。

0165

被験者72名を、1群当たり被験者24名の3群に無作為化した。被験者のベースライン特性を表1に示す。

0166

0167

研究処置
アリロクマブを注射用の150mg/mL溶液として製剤化した。アリロクマブを腹部に皮下投与した。アリロクマブを150mgの用量で4週間ごとに注射1回、合計3回の注射にわたって投与した。

0168

エゼチミブを10mgオーバーカプセル化錠剤(およびマッチするプラセボエゼチミブカプセル)として製剤化した。エゼチミブを経口投与した。エゼチミブを21週間の全継続期間(4週間の導入、続いてアリロクマブの初回投与後17週間)にわたって10mg用量、1日1回投与で投与した。

0169

フェノフィブラートを160mgコーティング錠で製剤化した。フェノフィブラートを食事中に経口投与した。フェノフィブラートを21週間の全継続期間(4週間の導入、続いてアリロクマブの初回投与後17週間)にわたって160mg用量、1日1回投与で投
与した。

0170

処置継続期間は、次の通りであった。被験者は、エゼチミブまたはフェノフィブラートまたはプラセボエゼチミブの反復用量(1日用量)を導入期間の継続期間(−第28日〜−第1日)にわたっておよび処置期(第1日〜第120日)を通して受け、エゼチミブまたはフェノフィブラートまたはプラセボエゼチミブを継続することに加えてアリロクマブの反復用量を(第1、29および57日に)受けた。

0171

観察継続期間は、被験者1名につき最大25週まで(スクリーニングから研究の最終[EOS]訪問まで)であり、これは、3週間のスクリーニング期間、4週間の導入期間、17週間の処置期間、およびEOS訪問(エゼチミブ、プラセボまたはフェノフィブラートの最終投薬後、最低4日)を含んだ。

0172

評価の基準
薬力学的基準は、次の通りであった。主要エンドポイントは、ベースライン(D−29)からの算定血清LDL−Cの変化率であった。副次的エンドポイントは、算定LDL−Cのベースラインからの絶対変化、ベースラインからの変化率および絶対変化で分析した総コレステロール(TC)、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL−C)、非HDL−C、トリグリセリド(TG)、アポリポタンパク質B(アポB)、アポリポタンパク質A1(アポA1)およびリポタンパク質a(Lp[a])であった。

0173

コンパートメント法を用いて、アリロクマブについて以下の薬物動態PKパラメータを算定した:実測最大血清濃度(Cmax)、反復投薬中の処置投与直前の血清濃度(Cthrogh)、第29日の実測血清濃度(CD29)、ゼロ時間から実時間までの台形法を使用して算定した血漿濃度対時間曲線下面積(AUClast)、無限大外挿した血清濃度対時間曲線下面積(AUC)、Cmaxに達するまでの時間(tmax)、ゼロ時間から第14日までの台形法を使用して算定した血清濃度対時間曲線下面積(AUC0〜D14)、ゼロ時間から第29日までの台形法を使用して算定した血清濃度対時間曲線下面積(AUC0〜D28)、終末相の傾きに関連する終末相半減期(t1/2z)、定量限界より高い最終濃度に対応する時間(tlast)、血清からの薬物の見かけ全身クリアランス(CL/F)、定常状態での分布容積(Vss/F)、体内に分子が残存する平均時間(MRT)、および終末相における分布容積(Vz/F)。全血清アリロクマブ濃度、全および遊離プロタンパク質転換酵素サブチリシン・ケキシン9型(PCSK9)濃度、ならびに抗アリロクマブ抗体を測定した。

0174

被験者により自発的に報告されたまたは治験責任医師より観察された有害事象(AE局所耐容性を含む)、臨床検査室評価(生化学血液学凝固および尿検査)、バイタルサイン評価(心拍数収縮期血圧および拡張期血圧)、体重、健康診断、12リード心電図(ECG)自動現場記録、尿薬物スクリーニング;アルコール呼気または血漿試験;女性におけるβ−ヒト絨毛性ゴナドトロピンレベル;および免疫原性(抗アリロクマブ抗体力価)評価によって、被験者を安全性についてモニターした。

0175

薬力学サンプリング時間
脂質パラメータ(すなわち、LDL−C、TC、HDL−C、非HDL−C、TG、アポB、アポA1、Lp[a])用の血液サンプリングは、午前中、空腹状態(少なくとも10時間絶食し、喫煙を自制する)で、一切の薬物摂取前に行った。

0176

血液サンプルは、スクリーニング時;導入期の−第1日;および処置期の第8、15、22、29±1、57±1、64±1、71±1、78±1、85±1、99±2、および120±3日に採集した。

0177

薬物動態サンプリング時間および生物学的分析法
アリロクマブならびに全および遊離PCSK9のアッセイ用の薬物動態血液サンプルは、導入期の−第28日および−第15日±2日に(全および遊離PCSK9アッセイのみ);処置期の第1、8、15、22、29、57、64、71、78、85、99、120日に;およびEOS訪問時に採集した。

0178

全および非抱合型エゼチミブならびにフェノフィブリン酸のアッセイ用の薬物動態サンプルは、導入期の−第28日、−第15日および−第1日;ならびに処置期の第1、29、57および64日に採集した。

0179

抗薬物抗体(ADA)レベルの判定用のサンプルは、導入期間の−第28日;処置期の第29、57、85および120日;ならびにEOS訪問時に採集した。

0180

アリロクマブの血清濃度は、妥当性が検証されている酵素結合免疫吸着アッセイ(ELISA)法を用いて0.078μg/mLの定量下限LLOQ)で判定した。

0181

全および非抱合型エゼチミブならびにフェノフィブリン酸の血漿濃度は、妥当性が検証されている液体クロマトグラフィータンデム質量分析法(LC−MS/MS)を用いて、それぞれ0.2ng/mL、0.04ng/mLおよび49.9ng/mLの定量下限で判定した。

0182

酸で処理したヒト血清中の抗アリロクマブ抗体力価を判定するための妥当性が検証されている電気化学発光アッセイを用いて、抗アリロクマブ抗体サンプルを分析した。サンプルの最小希釈に基づいて、いずれの抗アリロクマブ抗体陽性サンプルについても最小力価は30であった。ニー血清サンプルの場合、妥当性が検証されている検出下限は、おおよそ1.5ng/mLであった。

0183

要約
集団特性
研究対象集団には被験者72名(各処置群の24名)を組み入れた;21〜65歳の間の男性被験者32名および女性被験者40名がいた。

0184

薬力学的結果
LDL−Cは、導入期間(−第29日〜−第1日)中にエゼチミブおよびフェノフィブラート群において同様に減少し、−第1日にエゼチミブおよびフェノフィブラート群ではそれぞれ−19.8(2.1)%および−25.9(3.2)%に達し、プラセボ群では安定したままであった(−第1日に+1.6(3.0)%)(図2)。導入期間後、第1日から投与したアリロクマブでの処置は、前記エゼチミブおよびフェノフィブラート群におけるものより大きい、さらなる減少を生じさせた。LDL−Cの相対変化は、第15日までは3つの処置群において同様であり、その後、第15日から小幅な再増加がフェノフィブラート群において開始したが、これは、第22日までは、同じくわずかな再増加が見られたエゼチミブ群でのほうが安定していた。この傾向は、アリロクマブのみの群では観察されず、この群ではLDL−Cの減少が維持された。アリロクマブの第3回投与は、初回用量後に観察された減少と比較してさらなるLDL−C減少を生じさせ、最大効果は、考慮したベースライン(−第29日または−第1日)が何れであっても、全ての処置群において第71日(投与14日後)のアリロクマブの第3回投与後に達成され(p<0.0001)、エゼチミブおよびフェノフィブラート群において初回投与の21日後に見られるものと同様の挙動で達成された(図2および3:表2)。最大減少は、アリロクマブのみの群、エゼチミブ群およびフェノフィブラート群において、それぞれ、(−第29日ベ
スラインからの変化)−47.59%、−65.34%および−66.75%であった。−第1日ベースラインからの変化を用いると、最大減少は、アリロクマブのみの群、エゼチミブ群およびフェノフィブラート群において、それぞれ、それぞれ、−47.39%、−56.56%および−54.34%であった。アリロクマブの第3回投与後第28日(すなわち、第85日)において、減少は、単独で、エゼチミブと共に、またはフェノフィブラートと共に投与したアリロクマブについて、それぞれ、(−第1日ベースラインからの変化)−47.03%、−49.57%および−43.17%であった。図2および3を参照されたい。

0185

全体的な処置効果は有意であった(p<0.0001)。ペアワイズ比較は、アリロクマブのみと、エゼチミブと併用投与したアリロクマブとの差は、全ての時点にわたって有意なままであることを示した(図2)。アリロクマブのみと、フェノフィブラートと併用投与したアリロクマブとの差も、第99日を除いて、全ての時点にわたって有意なままであった(CI:−13.8174〜0.1219%)。

0186

図4に示されているように、アリロクマブのみに対するエゼチミブと併用投与したアリロクマブについての平均推定値と、アリロクマブのみに対するフェノフィブラートと併用投与したアリロクマブについての平均推定値との差の解析は、研究の時間経過を通してフェノフィブラート群とエゼチミブ群との差を一切示さない。TCの相対変化は、LDL−Cの変化と同様であった。処置効果は、TGおよびHDL−C両方について有意であった。アリロクマブのみと比較してフェノフィブラートはHDL−Cの増加およびTGの減少を生じさせ、これらは維持され、殆どの時点にわたって有意であったのに対して、アリロクマブのみと比較してエゼチミブ群での変化は一般に有意でなかった。

0187

他の脂質パラメータに対する効果を表2に要約する。表2は:1)主要−第29日ベースラインから第71日までの低減の平均百分率(SEM)が、アリロクマブのみで−48.2(2.3)%、アリロクマブ+EZEおよび+FENOでそれぞれ−65.3(2.0)%および−66.8(2.7)%であったこと;および2)−第1日ベースラインから第71日までのLDL−C低減の平均百分率(SEM)が、アリロクマブのみで−47.4(3.2)%、アリロクマブ+EZEおよび+FENOでそれぞれ−56.6(2.5)%および−54.3(3.5)%であったことを示す。

0188

0189

図5は、3つの処置群を互いに比較する、および処置群ごとに−第29日ベースラインからのLDL−Cの変化率と比較した、遊離PCSK9の平均レベルを示す、4つのグラフの1群である。

0190

図6は、−第29日ベースラインからのLDL−Cの変化率、第57日(第3回アリロクマブ注射時)〜第85日(第3回アリロクマブ注射の28日後)の遊離PCSK9および全アリロクマブレベルを示す、3つのグラフの1群である。

0191

プラセボ導入期間中(すなわち、アリロクマブ処置前)に、FENOは、152〜217ng/mLへの遊離PCSK9レベル増加をもたらした。対応する遊離PCSK9の変化は、プラセボ群では147〜119ng/mL、EZE群では151〜142ng/mLであった(図5A)。

0192

遊離PCSK9の完全抑制が初回および第3回アリロクマブ注射後に起こった(第2回注射後には測定を行わなかった)(図5A)。

0193

アリロクマブ注射後7〜15日後、遊離PCSK9のレベルは、FENO群において、およびそれほどではないにせよEZE群において、アリロクマブのみの群と比較して再び増加した(図5A)。これらの増加は、EZEおよびFENO群で観察された効能の小幅な減少と一致した(図5B〜D;および図6A+Bでクローズアップ)。

0194

遊離PCSK9の変化に対応して、アリロクマブ曝露は、FENOの存在下で低減され(アリロクマブのみに対する幾何平均比[95%信頼区画]:0.64[0.53対0.77])、EZEの存在下でも低減された(アリロクマブのみに対して0.85[0.70対1.03])(図6C)。

0195

安全性結果
この研究中の死亡またはSAEはなかった。TEAEの発生率は、3つ処置群にわたって同様であった(アリロクマブのみの群、エゼチミブ群およびフェノフィブラート群において、それぞれ、50.0%、58.3%および50.0%)。フェノフィブラート群の被験者1名のみは重度のTEAEを有し、記録された(アリロクマブの最終投与の64日後に起こり、約11時間続き、処置に関係しないとみなされた、疝痛)。最も高頻度のTEAE(すなわち、いずれかの処置群において被験者≧2名で記録されたもの)は、頭痛(アリロクマブのみの群、エゼチミブ群およびフェノフィブラート群において、それぞれ、3/24、5/24および2/24)、鼻咽頭炎(アリロクマブのみの群、エゼチミブ群およびフェノフィブラート群において、それぞれ、3/24、4/24および4/24)、インフルエンザ(アリロクマブのみの群、エゼチミブ群およびフェノフィブラート群において、それぞれ、2/24、0/24および1/24)、胃腸炎ウイルス(アリロクマブのみの群、エゼチミブ群およびフェノフィブラート群において、それぞれ、0/24、0/24および2/24)、インフルエンザ様疾患(アリロクマブのみの群、エゼチミブ群およびフェノフィブラート群において、それぞれ、1/24、3/24および1/24)、および腹痛(アリロクマブのみの群、エゼチミブ群およびフェノフィブラート群において、それぞれ、2/24、1/24および1/24)であった。他の全てのTEAEは、3群間で散発的であった。

0196

バイタルサインのPCSAは殆どなく、3治療群における発生率は低かった。ECGパラメータのPCSAは殆どなかったが、QTc>450ミリ秒(男性)もQTc>470ミリ秒(女性)も記録されず、QTcの延長(ベースラインからの増加>60ミリ秒と定義される)は検出されなかった。バイタルサインおよびECGパラメータのこれらの異常は、いずれも臨床的に有意とみなされなかった。

0197

血液学および生化学パラメータのPCSAは殆どなく、3治療群における発生率は低かった。これらの異常は、アリロクマブのみの群の被験者1名におけるクレアチニンプロテインキナーゼCPK)増加>10正常上限(ULN)を除いて、いずれも臨床的に有意とみなされなかった。EOS訪問時に記録されたこのCPK増加は、身体運動に関係しているとみなされ、AEと断定された。肝機能試験でのPCSAはなかった。

0198

重篤有害事象(AE)もAEに起因する中止もなかった。治療創発的有害事象(TEAE)を表3に要約する。

0199

アリロクマブ+FENO群の被験者1名は重度のTEAE(腎疝痛)を有し、これは、治験責任医師によって研究処置に関係するとみなされなかった。

0200

バイタルサイン、心電図、血液学的または生化学的パラメータの臨床的に有意な変化は、この研究では観察されなかった。アリロクマブ+プラセボ群の被験者1名は、正常上限の>10倍のクレアチンホスホキナーゼの増加を示し、これは、治験責任医師によって身体運動に関係するとみなされた(表3)。

0201

0202

免疫原性結果
アリロクマブのみの群の被験者24名のうちの4名(16.7%)、エゼチミブ群の被験者6/24名(25%)、およびフェノフィブラート群の被験者7/24名(29.2%)は、ADA陽性検定され、30(最小検出可能力価)〜240の間の範囲の力価を有した。240の単回力価が第29日にエゼチミブ群の被験者で検出され、第85日には30の力価に減少した。第120日に、この被験者においてADAは検出できなかった。他の全ての測定ADA力価は、他の全てのADA陽性被験者について低く、30〜120の間であった。

0203

全ての群にわたって、被験者4名は、投与前試料でADA陽性力価を示した。これは、これらの被験者が、このアッセイで処置前免疫反応性を示し、研究対象薬物の投与に対する処置創発的ADA応答を必ずしも示さないことを示唆している。処置前陽性被験者1名(フェノフィブラート群)のみはベースライン後期間に力価増加を有し、第29日および第120日に120の最大力価を有した。

0204

薬物動態(PK)結果
150mgアリロクマブのQ4W反復SC用量の後のアリロクマブのPKパラメータの記述統計学を下の表(表4〜6)および図7に提供する。

0205

0206

0207

0208

第1回注射後、アリロクマブCmax値は、アリロクマブのみに対してアリロクマブ+エゼチミブを比較したとき、点推定値0.97(90%CI=0.82〜1.14)を有し、同様であった。ところが、点推定値0.88(90%CI=0.76〜1.03)を有するAUC0〜D28低減傾向が見られた。アリロクマブ血清曝露は、アリロクマブのみに対してアリロクマブ+フェノフィブラートを比較したとき、CmaxおよびAUC0〜D28についてそれぞれ点推定値0.78(90%CI=0.66〜0.92)および0.74(90%CI=0.64〜0.86)を有し、低減された。

0209

第3回注射後、アリロクマブCmax値は、アリロクマブのみに対してアリロクマブ+エゼチミブを比較したとき、点推定値0.92(90%CI=0.78〜1.09)を有し、同様であった。AUC0〜D28は、点推定値0.85(90%CI=0.70〜1.03)を有し、低減されるように見えた。アリロクマブ+エゼチミブ対アリロクマブのみの群では、点推定値0.80(90%CI=0.72〜0.90)を有し、より短い半減期の傾向(6.72±1.56対8.76対±3.12日)が見られた。

0210

アリロクマブ血清曝露は、アリロクマブのみに対してアリロクマブ+フェノフィブラートを比較したとき、CmaxおよびAUC0〜D28についてそれぞれ点推定値0.71(90%CI=0.60〜0.84)および0.64(90%CI=0.53〜0.77)を有し、低減されたままであった。平均半減期は、アリロクマブのみの群に対してアリロクマブ+フェノフィブラートを比較したとき、点推定値0.83(90%CI=0.74〜0.93)を有し、低減された。7.07±1.68日および8.76±3.12日の半減期を、それぞれ、アリロクマブ+フェノフィブラートおよびアリロクマブのみの群について算定した。

0211

結論
導入期間中に観察されたEZEおよびFENO治療のみでのLDL−C低減は、予想通りであった。

0212

アリロクマブ150mg Q4W単剤治療は、(ベースラインに関係なく)約48%のLDL−C低減をもたらし、これは28日投与間隔にわたって維持された。アリロクマブとEZEまたはFENOの併用は、アリロクマブのみでより大きいLDL−C低減をもたらした:1)プラセボ、EZEまたはFENOでの28日の導入を含む、主要ベースラインからの最大低減は、EZEまたはFENOで約65%であった;2)(初回アリロクマブ注射からの)追加のベースラインを使用する、対応する低減は、EZEまたはFENOで約55%であった。

0213

FENOのみでの処置、およびそれほどではないにせよEZEでの処置は、プラセボと比較して遊離PCSK9の小幅な増加をもたらした。

0214

FENO併用群におけるアリロクマブの投薬の14〜28日後に観察された効能のわずかな減少は、FENO投与で観察された遊離PCSK9レベルの増加に起因して低減されたアリロクマブ曝露の結果であろう。これは、それほどではないにせよ、EZE併用でもそうであると考えられる。

0215

以前の研究は、併用スタチン治療が標的媒介クリアランス増加によってアリロクマブの効能継続期間を低減させ、これを克服するために隔週の投薬を要することを示唆した。この研究は、他のLLT(EZE、FENO)がアリロクマブ効能継続期間に対してあまり影響を及ぼさない可能性があり、そのため他のLLT(EZE、FENO)をより少ない/より低頻度のアリロクマブ用量と共に利用することができるであろうことを示唆している。

0216

他の脂質パラメータに対する効果は、以前の経験に基づいて予想した通りであり、同様のTEAE発生率が全ての群で報告された。

0217

この研究の結果は、EZEおよびFENO治療が、アリロクマブ投与でのLDL−Cのわずかに大きい低減の説明になるであろう遊離PCSK9レベルの小幅な増加はもちろん、この最大効果の継続期間の小幅な低減も、もたらすことを示唆している。しかし、これらのデータは、スタチンとの併用とは異なり、アリロクマブ150mgを単剤治療設定でおよび非スタチンLLTと併用してQ4W投薬することができるであろうということを示す。

0218

最大減少は、アリロクマブのみの群、エゼチミブ群およびフェノフィブラート群において、それぞれ、(−第29日ベースラインからの変化)−47.59%、−65.34%および−66.75%であった。健常被験者における単独でのまたはエゼチミブ(10mg/日)もしくはフェノフィブラート(160mg/日)に加えてのアリロクマブ150mg Q4Wの投与は、アリロクマブ前ベースライン値と比較して、第3回アリロクマブ投与14日後にアリロクマブのみの群、エゼチミブ群およびフェノフィブラート群においてそれぞれ−47.39%、−56.56%および−54.34%に達するLDL−Cの減少を生じさせた。アリロクマブのみの群、エゼチミブ群およびフェノフィブラート群におけるそれぞれ−47.03%、−49.57%および−43.17%の低減が、第3回アリロクマブ投与の28日後になお観察された。これは、アリロクマブを単独で投与したときの効果の維持を示唆しているが、最大効果からの小さな変化が両方の併用アームにおいて投薬後2週間〜4週間の間に見られた。アリロクマブとエゼチミブまたはフェノフィ
ブラートいずれかとの併用投与は、LDL−Cの同様の減少を生じさせた。

0219

アリロクマブのみに対してアリロクマブ+エゼチミブを比較したとき、Cmax値は同様であり、アリロクマブ+エゼチミブ処置群でのほうが低いAUC0〜D28およびしたがってこの群でのほうが速い排出の有意な傾向はなかった。

0220

アリロクマブPKパラメータは、フェノフィブラートの併用投与によって有意に低減された。フェノフィブラートの1日用量160mgは、上で説明したように血清中のアリロクマブ曝露を低減させた。処置のtmax中央値差の分析は、差を示さなかった。

0221

ADAの発生率および力価は、3つ処置群について同様であった。ADA陽性および陰性被験者におけるアリロクマブの血清濃度は、3つの処置群で同等であった。

0222

血漿中のエゼチミブまたはフェノフィブラートの連続曝露が研究期間を通して確認された。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ