図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2020年3月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

有機電子素子、特に有機エレクトロルミネッセンス素子での使用に適しており、且つこの素子中での使用において良好な素子特性をもたらす化合物を提供すること、並びに対応する電子素子を提供すること。

解決手段

一般式(1)を有する化合物。

概要

背景

概要

有機電子素子、特に有機エレクトロルミネッセンス素子での使用に適しており、且つこの素子中での使用において良好な素子特性をもたらす化合物を提供すること、並びに対応する電子素子を提供すること。一般式(1)を有する化合物。なし

目的

本発明の目的は、有機電子素子での、特に有機エレクトロルミネッセンス素子での使用に適しており、且つこの素子中での使用で良好な素子特性をもたらす化合物を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

下記の一般式(24)を有する化合物。式中、R5は、出現毎に同一であるかまたは異なり、F、Cl、Br、I、CHO、N(Ar1)2、C(=O)Ar1、P(=O)(Ar1)2、S(=O)Ar1、S(=O)2Ar1、CR2=CR2Ar1、CN、NO2、Si(R2)3、B(OR2)2、B(R2)2、B(N(R2)2)2、OSO2R2、1〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルキルアルコキシもしくはチオアルキル基、または2〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルケニルもしくはアルキニル基、または3〜40個の炭素原子を有する、分岐状もしくは環状の、アルキル、アルケニル、アルキニル、アルコキシもしくはチオアルコキシ基(これらのそれぞれは、1つ以上のラジカルR2により置換されていてもよく、ここで1つ以上のCH2基は、R2C=CR2、C≡C、Si(R2)2、Ge(R2)2、Sn(R2)2、C=O、C=S、C=Se、C=NR2、P(=O)(R2)、SO、SO2、NR2、O、SもしくはCONR2で置き替えられていてもよく、またここで、1つ以上の水素原子は、D、F、Cl、Br、I、CNもしくはNO2で置き替えられていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(これらは、それぞれの場合において1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、アリールオキシもしくはヘテロアリールオキシ基(これらは、1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)、またはこれらの系の組合せであり;ここで、2つ以上の隣接する置換基R5は互いに、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を形成することができず;R4およびR6は、出現毎に同一であるかまたは異なり、H、D、F、Cl、Br、I、CHO、N(Ar1)2、C(=O)Ar1、P(=O)(Ar1)2、S(=O)Ar1、S(=O)2Ar1、CR2=CR2Ar1、CN、NO2、Si(R2)3、B(OR2)2、B(R2)2、B(N(R2)2)2、OSO2R2、1〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルキル、アルコキシもしくはチオアルキル基、または2〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルケニルもしくはアルキニル基、または3〜40個の炭素原子を有する、分岐状もしくは環状の、アルキル、アルケニル、アルキニル、アルコキシもしくはチオアルコキシ基(これらのそれぞれは、1つ以上のラジカルR2により置換されていてもよく、ここで1つ以上のCH2基は、R2C=CR2、C≡C、Si(R2)2、Ge(R2)2、Sn(R2)2、C=O、C=S、C=Se、C=NR2、P(=O)(R2)、SO、SO2、NR2、O、SもしくはCONR2で置き替えられていてもよく、またここで、1つ以上の水素原子は、D、F、Cl、Br、I、CNもしくはNO2で置き替えられていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(これらは、それぞれの場合において1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、アリールオキシもしくはヘテロアリールオキシ基(これらは、1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)、またはこれらの系の組合せであり;ここで、2つ以上の隣接する置換基R4は互いに、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を形成することができず; R2は、出現毎に同一であるかまたは異なり、H、D、F、Cl、Br、I、N(R3)2、CN、NO2、Si(R3)3、B(OR3)2、C(=O)R3、P(=O)(R3)2、S(=O)R3、S(=O)2R3、OSO2R3、1〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルキル、アルコキシもしくはチオアルキル基、または2〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルケニルもしくはアルキニル基、または3〜40個の炭素原子を有する、分岐状もしくは環状の、アルキル、アルケニル、アルキニル、アルコキシもしくはチオアルコキシ基(これらのそれぞれは、1つ以上のラジカルR3により置換されていてもよく、ここで1つ以上の非隣接CH2基は、R3C=CR3、C≡C、Si(R3)2、Ge(R3)2、Sn(R3)2、C=O、C=S、C=Se、C=NR3、P(=O)(R3)、SO、SO2、NR3、O、SもしくはCONR3で置き替えられていてもよく、またここで、1つ以上の水素原子は、D、F、Cl、Br、I、CNもしくはNO2で置き替えられていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(これらは、それぞれの場合において1つ以上のラジカルR3で置換されていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、アリールオキシ、アリールアルコキシもしくはヘテロアリールオキシ基(これらは、1つ以上のラジカルR3で置換されていてもよい)、または10〜40個の芳香族環原子を有する、ジアリールアミノ基、ジヘテロアリールアミノ基もしくはアリールヘテロアリールアミノ基(これらは、1つ以上のラジカルR3で置換されていてもよい)、または2つ以上のこれらの系の組合せであり;ここで、2つ以上の隣接する置換基R2は互いに、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を形成していてもよく;Qは、C=O、C=S、S、C(R2)2、NR2またはOであり;nは、0または1であり;pは、0または1であり;qは、0または1であり;Xは、出現毎に同一であるかまたは異なり、NまたはCR1であり;R1は、出現毎に同一であるかまたは異なり、H、D、F、Cl、Br、I、CHO、N(Ar1)2、C(=O)Ar1、P(=O)(Ar1)2、S(=O)Ar1、S(=O)2Ar1、CR2=CR2Ar1、CN、NO2、Si(R2)3、B(OR2)2、B(R2)2、B(N(R2)2)2、OSO2R2、1〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルキル、アルコキシもしくはチオアルキル基、または2〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルケニルもしくはアルキニル基、または3〜40個の炭素原子を有する、分岐状もしくは環状の、アルキル、アルケニル、アルキニル、アルコキシもしくはチオアルコキシ基(これらのそれぞれは、1つ以上のラジカルR2により置換されていてもよく、ここで1つ以上のCH2基は、R2C=CR2、C≡C、Si(R2)2、Ge(R2)2、Sn(R2)2、C=O、C=S、C=Se、C=NR2、P(=O)(R2)、SO、SO2、NR2、O、SもしくはCONR2で置き替えられていてもよく、またここで、1つ以上の水素原子は、D、F、Cl、Br、I、CNもしくはNO2で置き替えられていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(これらは、それぞれの場合において1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、アリールオキシもしくはヘテロアリールオキシ基(これらは、1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)、またはこれらの系の組合せであり;ここで、2つ以上の隣接する置換基R1は互いに、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を形成していてもよく;Ar1は、出現毎に同一であるかまたは異なり、5〜30個の芳香族環原子を有する芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(これらは、1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)であり;ここで、2つのラジカルAr1はまた、単結合、またはB(R2)、C(R2)2、Si(R2)2、C=O、C=NR2、C=C(R2)2、O、S、S=O、SO2、N(R2)、P(R2)およびP(=O)R2から選択される橋架により互いに結合していてもよく; Q′は、出現毎に同一であるかまたは異なり、C=O、C=S、S、C(R2)2、NR2またはOであり;aは、0または1であり;bは、0または1であり;mは、0または1であり;Vは、芳香環Aまたは芳香環Gと芳香環Dとを接続する二価の基であり;Uは、芳香環Bまたは芳香環Fと環Cとを接続する二価の基であり、ここでUはいずれかの置換基R5の代わりに環Cに結合しており;vは、0または1であり、ここで、v=0は、環Dが単一の共有結合を介して直接、当該化合物の残りと接続されていることを意味し;uは、0または1であり、ここで、u=0は、環Cが単一の共有結合を介して直接、当該化合物の残りと接続されていることを意味する。

請求項2

前記化合物が、一般式(24a)を有する化合物であることを特徴とする、請求項1に記載の化合物。

請求項3

前記化合物が、一般式(25)または(26)を有する化合物であることを特徴とする、請求項1または2に記載の化合物。

請求項4

前記化合物が、一般式(27)〜(29)からなる群から選ばれる一般式を有する化合物であることを特徴とする、請求項1〜3のいずれか1項に記載の化合物。

請求項5

前記化合物が、一般式(30)〜(32)からなる群から選ばれる一般式を有する化合物であることを特徴とする、請求項1〜4のいずれか1項に記載の化合物。

請求項6

前記化合物が3000g/モル以下の分子量を有する小さな分子であることを特徴とする、請求項1〜5のいずれか1項に記載の化合物。

請求項7

nが0であり、ここでn=0は、2つの芳香環AおよびBが、Q基を介して互いに結合しているのではなく、単結合により結合していることを意味している、請求項1〜6のいずれか1項に記載の化合物。

請求項8

mが0であり、ここでm=0は、2つの芳香環が、Q′基を介して互いに結合しているのではなく、単結合により結合されていることを意味している、請求項1〜7のいずれか1項に記載の化合物。

請求項9

a+bが0、1または2である、請求項1〜8のいずれか1項に記載の化合物。

請求項10

少なくとも1つのXがNに等しい、請求項1〜9のいずれか1項に記載の化合物。

請求項11

少なくとも2つのXがNに等しい、請求項1〜10のいずれか1項に記載の化合物。

請求項12

請求項1〜11のいずれか一項に記載の化合物の少なくとも1つと、蛍光エミッター燐光エミッターマトリックス材料電子輸送材料電子注入材料正孔伝導性材料正孔注入材料電子遮断材料および正孔遮断材料ワイドバンドギャップ材料およびnドーパントからなる群から選択される更なる化合物の少なくとも1つとを含んでなる組成物

請求項13

追加の化合物が、電子輸送材料またはマトリックス材料であることを特徴とする請求項12に記載の組成物。

請求項14

請求項1〜11のいずれか一項に記載の化合物の少なくとも1つ、または請求項12もしくは13に記載の組成物の少なくとも1つと、少なくとも1つの溶媒とを含んでなる調合物

請求項15

請求項1〜11のいずれか一項に記載の化合物の少なくとも1つ、または請求項12もしくは13に記載の組成物の少なくとも1つの、電子素子における使用。

請求項16

請求項1〜11のいずれか一項に記載の化合物の少なくとも1つ、または請求項12もしくは13に記載の組成物の少なくとも1つを含んでなる電子素子。

請求項17

有機集積回路(OIC)、有機電界効果トランジスタ(OFET)、有機薄膜トランジスタOTFT)、有機エレクトロルミネッセンス素子有機太陽電池(OSC)、有機光検出器有機光受容器から選択されることを特徴とする、請求項16に記載の電子素子。

請求項18

有機発光トランジスタ(OLET)、有機電界クエンチイン素子(OFQD)、有機発光電気化学電池(OLEC、LEC、LEEC)、有機レーザーダイオード(O−laser)および有機発光ダイオード(OLED)であることを特徴とする、請求項16または17に記載の電子素子。

請求項19

少なくとも1つの有機層を、気相蒸着により、または溶液から塗布することを特徴とする、請求項16〜18のいずれか一項に記載の電子素子を製造する方法。

発明の詳細な説明

0001

本発明は、化合物組成物調合物、および該化合物もしくは組成物を含んでなる電子素子に関する。

0002

有機エレクトロルミネッセンス素子(例えば、OLED−有機発光ダイオード、またはOLEC−有機発光電気化学電池)−その中で有機半導体有機機能性材料として使用されている−の構造は、例えば、US4539507、US5151629、EP0676461およびWO98/27136に記載されている。これに使用される発光材料として、蛍光発光性エミッターの他に、燐光を示す有機金属錯体の使用が増大している(M.A.Baldo et al.,Appl.Phys.Lett.1999,75,4−6)。量子力学的な理由で、燐光発光性エミッターとして有機金属化合物を使用すると、最大4倍のエネルギーおよび出力効率が可能である。一般的にはまだ、一重項発光を示すOLEDと三重項発光を示すOLEDの両方のケースにおいて、特に効率、動作電圧および寿命に関する改善が必要とされている。

0003

有機エレクトロルミネッセンス素子の特性は、使用される発光体のみで決定されるわけではない。ここでは、使用される他の材料、特に、例えば、ホストおよびマトリックス材料正孔遮断材料電子輸送材料正孔輸送材料、並びに電子−または励起子遮断材料等もまた特に重要である。これらの材料の改善は、有機エレクトロルミネッセンス素子の大幅な改善をもたらすことができる。

0004

電子輸送材料として、トリアジンおよびベンゾイミダゾール基の両方を含む化合物は、従来技術から公知である。WO2010/126270は、この種の化合物を開示している。両方の基は、フルオレン骨格に結合しており、該フルオレンの2つの芳香族環は、さらに、芳香族縮合形である。

0005

KR101257695もまた、トリアジン基およびベンゾイミダゾール基を含むフルオレンを開示している。しかしながら、このトリアジン基は、3つの炭素含有位置のうちの2つにおいてのみ置換されている。

0006

WO2013/100464は、ベンゾイミダゾール基とトリアジン基の両方を含むスピロビフルオレンを開示している。しかしながら、このトリアジンは非置換である。さらに、ベンゾチオフェン基が、このスピロビフルオレンに縮合している。

0007

しかしながら、他の材料の場合のように、これらの材料を使用する場合、特に有機電子素子の効率、動作電圧および寿命に関する改善が今なお必要とされている。

0008

従って、本発明の目的は、有機電子素子での、特に有機エレクトロルミネッセンス素子での使用に適しており、且つこの素子中での使用で良好な素子特性をもたらす化合物を提供すること、並びに対応する電子素子を提供することである。

0009

驚くべきことに、以下で非常に詳細に説明する特定の化合物が、これらの目的を達成し、従来技術の欠点を解消することが見出された。この化合物の使用は、有機電子素子の、特に有機エレクトロルミネッセンス素子の、特に寿命、効率および動作電圧に関する非常に良好な特性をもたらす。従って、本発明は、この種の化合物を含んでなる、電子素子、特に有機エレクトロルミネッセンス素子に関し、さらに対応する好ましい態様に関する。

0010

本発明は、式(GK−1)で表される1つの骨格もしくは代わりに式(GK−2)で表される1つの骨格、並びに式(G−2)で表される1つ以上の基および式(G−3)で表される1つ以上の基を含む化合物であって、



本発明に係る該化合物は、好ましくは、式(GK−1)で表される1つの基だけ、もしくは代わりに式(GK−2)で表される1つの基だけを含んでおり、
且つ、式(GK−1)で表される骨格並びに式(G−2)および(G−3)で表される基が互いに共有結合しているか、または代わりに式(GK−2)で表される骨格並びに式(G−2)および(G−3)で表される基が互いに共有結合しており、
且つ、使用される記号および添え字には以下の定義が適用されることを特徴とする化合物に関する:

0011

R1は、出現毎に同一であるかまたは異なり、H、D、F、Cl、Br、I、CHO、N(Ar1)2、C(=O)Ar1、P(=O)(Ar1)2、S(=O)Ar1、S(=O)2Ar1、CR2=CR2Ar1、CN、NO2、Si(R2)3、B(OR2)2、B(R2)2、B(N(R2)2)2、OSO2R2、1〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルキルアルコキシもしくはチオアルキル基、または2〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルケニルもしくはアルキニル基、または3〜40個の炭素原子を有する、分岐状もしくは環状の、アルキル、アルケニル、アルキニル、アルコキシもしくはチオアルコキシ基(これらのそれぞれは、1つ以上のラジカルR2により置換されていてもよく、ここで1つ以上の、好ましくは非隣接の、CH2基は、R2C=CR2、C≡C、Si(R2)2、Ge(R2)2、Sn(R2)2、C=O、C=S、C=Se、C=NR2、P(=O)(R2)、SO、SO2、NR2、O、SもしくはCONR2で置き替えられていてもよく、またここで、1つ以上の水素原子は、D、F、Cl、Br、I、CNもしくはNO2で置き替えられていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(これらは、それぞれの場合において1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、アリールオキシもしくはヘテロアリールオキシ基(これらは、1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)、またはこれらの系の組合せであり;ここで、2つ以上の隣接する置換基R1は互いに、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を形成していてもよく;

0012

R2は、出現毎に同一であるかまたは異なり、H、D、F、Cl、Br、I、N(R3)2、CN、NO2、Si(R3)3、B(OR3)2、C(=O)R3、P(=O)(R3)2、S(=O)R3、S(=O)2R3、OSO2R3、1〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルキル、アルコキシもしくはチオアルキル基、または2〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルケニルもしくはアルキニル基、または3〜40個の炭素原子を有する、分岐状もしくは環状の、アルキル、アルケニル、アルキニル、アルコキシもしくはチオアルコキシ基(これらのそれぞれは、1つ以上のラジカルR3により置換されていてもよく、ここで1つ以上の非隣接CH2基は、R3C=CR3、C≡C、Si(R3)2、Ge(R3)2、Sn(R3)2、C=O、C=S、C=Se、C=NR3、P(=O)(R3)、SO、SO2、NR3、O、SもしくはCONR3で置き替えられていてもよく、またここで、1つ以上の水素原子は、D、F、Cl、Br、I、CNもしくはNO2で置き替えられていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(これらは、それぞれの場合において1つ以上のラジカルR3で置換されていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、アリールオキシ、アリールアルコキシもしくはヘテロアリールオキシ基(これらは、1つ以上のラジカルR3で置換されていてもよい)、または10〜40個の芳香族環原子を有する、ジアリールアミノ基、ジヘテロアリールアミノ基もしくはアリールヘテロアリールアミノ基(これらは、1つ以上のラジカルR3で置換されていてもよい)、または2つ以上のこれらの系の組合せであり;ここで、2つ以上の隣接する置換基R2は互いに、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を形成していてもよく;ここで、好ましくは、2以上の隣接する置換基R2が互いに、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を形成せず;

0013

R3は、出現毎に同一であるかまたは異なり、H、D、F、または1〜20個の炭素原子を有する、脂肪族、芳香族および/もしくはヘテロ芳香族炭化水素ラジカル(ここではさらに、1つ以上の水素原子はFで置き替えられていてもよい);ここで、2つ以上の隣接する置換基R3は互いに、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を形成していてもよく;ここで、好ましくは、2以上の隣接する置換基R3が互いに、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を形成せず;

0014

R5は、出現毎に同一であるかまたは異なり、F、Cl、Br、I、CHO、N(Ar1)2、C(=O)Ar1、P(=O)(Ar1)2、S(=O)Ar1、S(=O)2Ar1、CR2=CR2Ar1、CN、NO2、Si(R2)3、B(OR2)2、B(R2)2、B(N(R2)2)2、OSO2R2、1〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルキル、アルコキシもしくはチオアルキル基、または2〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルケニルもしくはアルキニル基、または3〜40個の炭素原子を有する、分岐状もしくは環状の、アルキル、アルケニル、アルキニル、アルコキシもしくはチオアルコキシ基(これらのそれぞれは、1つ以上のラジカルR2により置換されていてもよく、ここで1つ以上の、好ましくは非隣接の、CH2基は、R2C=CR2、C≡C、Si(R2)2、Ge(R2)2、Sn(R2)2、C=O、C=S、C=Se、C=NR2、P(=O)(R2)、SO、SO2、NR2、O、SもしくはCONR2で置き替えられていてもよく、またここで、1つ以上の水素原子は、D、F、Cl、Br、I、CNもしくはNO2で置き替えられていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(これらは、それぞれの場合において1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、アリールオキシもしくはヘテロアリールオキシ基(これらは、1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)、またはこれらの系の組合せであり;ここで、2つ以上の隣接する置換基R5は互いに、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を形成することができず;

0015

R4およびR6は、出現毎に同一であるかまたは異なり、H、D、F、Cl、Br、I、CHO、N(Ar1)2、C(=O)Ar1、P(=O)(Ar1)2、S(=O)Ar1、S(=O)2Ar1、CR2=CR2Ar1、CN、NO2、Si(R2)3、B(OR2)2、B(R2)2、B(N(R2)2)2、OSO2R2、1〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルキル、アルコキシもしくはチオアルキル基、または2〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルケニルもしくはアルキニル基、または3〜40個の炭素原子を有する、分岐状もしくは環状の、アルキル、アルケニル、アルキニル、アルコキシもしくはチオアルコキシ基(これらのそれぞれは、1つ以上のラジカルR2により置換されていてもよく、ここで1つ以上の、好ましくは非隣接の、CH2基は、R2C=CR2、C≡C、Si(R2)2、Ge(R2)2、Sn(R2)2、C=O、C=S、C=Se、C=NR2、P(=O)(R2)、SO、SO2、NR2、O、SもしくはCONR2で置き替えられていてもよく、またここで、1つ以上の水素原子は、D、F、Cl、Br、I、CNもしくはNO2で置き替えられていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(これらは、それぞれの場合において1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、アリールオキシもしくはヘテロアリールオキシ基(これらは、1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)、またはこれらの系の組合せであり;ここで、2つ以上の隣接する置換基R4は互いに、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を形成することができず; ここで、2つ以上の隣接する置換基R6は互いに、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を形成していてもよく;ここで、好ましくは、2以上の隣接する置換基R6が互いに、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を形成することができず;

0016

Q、Q′は、互いに同一であるかまたは異なり、C=O、C=S、S、C(R2)2、NR2またはO、好ましくは、C(R2)2、NR2またはO、非常に好ましくは、C(R2)2またはNR2であり、特に好ましくは、C(R2)2であり;

0017

nは、0または1であり、ここで、好ましくは、n=0であり、また、n=0は、2つの芳香環AおよびBが、Q基を介して互いに結合しているのではなく、単結合により結合していることを意味しており;

0018

mは、0または1であり、ここで、好ましくは、m=0であり、また、m=0は、2つの芳香環が、Q′基を介して互いに結合しているのではなく、単結合により結合されていることを意味しており;

0019

pは、0、1、2、3または4、好ましくは、0、1または2、非常に好ましくは、0または1であり、さらに特に好ましくは、0に等しく;

0020

qは、0、1、2、3または4、好ましくは、0、1または2、非常に好ましくは、0または1であり、さらに特に好ましくは、0に等しく;

0021

p+qは、常に7以下であり、好ましくは、p+qは、0、1、2または3に等しく、非常に好ましくは、p+qは、0、1または2に等しく、特に好ましくは、p+qは、0または1に等しく、さらに、格別に好ましくは、p+qは、0に等しく;

0022

aは、0、1、2、3または4、好ましくは0、1または2、非常に好ましくは、0または1であり、さらに、特に好ましくは0に等しく;

0023

bは、0、1、2、3または4、好ましくは0、1または2、非常に好ましくは、0または1であり、さらに、特に好ましくは0に等しく;

0024

a+bは、常に7以下であり、好ましくは、a+bは、0、1、2または3に等しく、非常に好ましくは、a+bは、0、1または2に等しく、特に好ましくは、a+bは、0または1に等しく、さらに、格別に好ましくは、a+bは、0に等しく;

0025

rは、0、1、2、3または4、好ましくは、0、1または2、非常に好ましくは、0または1であり、rは、さらに特に好ましくは、0に等しく;

0026

Xは、出現毎に同一であるかまたは異なり、NまたはCR1であり、ここで、少なくとも1つのXがNに等しく、好ましくは、少なくとも2つのXがNに等しく、さらに非常に好ましくは、3つのX全てがNに等しく;

0027

Ar1は、出現毎に同一であるかまたは異なり、5〜30個の芳香族環原子を有する芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(これらは、1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)であり;ここで、2つのラジカルAr1はまた、単結合、またはB(R2)、C(R2)2、Si(R2)2、C=O、C=NR2、C=C(R2)2、O、S、S=O、SO2、N(R2)、P(R2)およびP(=O)R2から選択される橋架により互いに結合していてもよく;2つのラジカルAr1が互いに結合していないことが好ましい。

0028

式(GK−1)で表される骨格、並びに式(G−2)および(G−3)で表される2つの基を含む前記化合物が、スピロビフルオレン基およびフルオレン基をさらに含有しないことが好ましい。

0029

また、式(GK−2)で表される骨格、並びに式(G−2)および(G−3)で表される2つの基を含む前記化合物が、スピロビフルオレン基およびフルオレン基をさらに含有しないことが好ましい。

0030

好ましい態様では、式(G−2)で表される基および式(G−3)で表される基の両方は単に、骨格(GK−1)または(GK−2)で表される芳香族またはヘテロ芳香族環に結合している。

0031

式(GK−1)で表される骨格もしくは代わりに式(GK−2)で表される骨格のいずれか一方と、どちらの場合であっても、式(G−2)で表される1つ以上の基および、どちらの場合であっても、式(G−3)で表される1つ以上の基とを含む化合物が、3000g/モル以下の、好ましくは、2000g/モル以下の、非常に好ましくは、1500g/モル以下の、さらに、格別に好ましくは1000g/モル以下の分子量を有することが好ましい。

0032

2つ以上の隣接するラジカルR1〜R6が、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を互いに形成できないことが、本発明の目的のためにはさらに好ましい。

0033

2つ以上の隣接するラジカルが、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を互いに形成することができるということは、その2つ以上の隣接するラジカルが、環または環系の一部になることを意味する。例えば、ラジカルR4のケースのように、2つ以上の隣接するラジカルが、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を互いに形成することができないことが要求されるのであれば、2つ以上のラジカルR4は、環または環系の一部となることができない。以下のケースでは、式(GK−1)並びにラジカルR4、R2およびR3の定義を参照して概略的にこのことを示している。上記の定義によれば、2つ以上のラジカルR4に対して閉環許容されない(ケース1)。しかしながら、R4は、上記のように、さらにR2で置換されていてもよく、ここで、2つ以上の隣接するラジカルR2は、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を互いに形成していてもよい。これは、2つ以上のラジカルR2は環または環系を形成することができる(ケース2)が、異なる(複数の)ラジカルR4が環または環系の一部となるようにはできない(ケース3)ことを意味する。ラジカルR2の定義によれば、これはラジカルR3で置換されていることができ、ここで2つ以上の隣接するラジカルR3が、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を互いに形成することができる。しかしながら、これは2つ以上のラジカルR4が環の一部とならない場合にのみ許容される(ケース4)。

0034

前記骨格が、一般式(GK−3)を有することが非常に好ましい。

0035

前記骨格が、一般式(GK−4)を有することが格別に好ましい。

0036

最後に、前記骨格が、一般式(GK−5)を有することが特別に好ましい。

0037

さらに、前記骨格が、一般式(GK−6)を有することが非常に好ましい。

0038

さらに、前記骨格が、一般式(GK−7)を有することが非常に特に好ましい。

0039

好ましい態様において、本発明は、一般式(1)を有する化合物に関し、



式(1)
式中、記号および添え字は上記のように定義され、さらに:

0040

Vは、二価の基であり;

0041

Uは、二価の基であり;

0042

vは、0または1であり、ここで、v=0は、環Dが単一の共有結合を介して直接、化合物の残りと接続されていることを意味し;

0043

uは、0または1であり、ここで、u=0は、環Cが単一の共有結合を介して直接、化合物の残りと接続されていることを意味する。

0044

式(1)によれば、環Dは、例えば、Vを介して環Aと結合していることができ、一方、環Cは、Uを介してその他の任意の所望のサイトに結合していることができる。

0045

環Dが、表示された、環A、B、C、E、FもしくはGの1つにVを介して共有結合しており、且つ、環Cが、表示された、環A、B、D、FもしくはGの1つにUを介して共有結合しており、ここで、2つの環CおよびDのうちの少なくとも1つが環A、B、FもしくはGの1つに2価の基UもしくはVを介して共有結合していることが好ましい。

0046

環Cを含む置換基は、ここで、下に図示される2つの式のいずれかに従って結合し、それ故、いずれの場合においても、環C上のラジカルR5の1つは置き替えられる。

0047

VおよびUが、出現毎に同一であるかまたは異なり、5〜60個の環原子を有する、芳香族もしくはヘテロ芳香族環系を表わすことが好ましい。UおよびVは、好ましくは、フェニレンビフェニレンもしくはターフェニレン基であり、格別に好ましくは、フェニレンもしくはビフェニレン基であり、特別に好ましくはフェニレン基である。

0048

好ましくは、環Dが、橋架Vを介して環Aに直接結合しており、その時qは、最大で3であることができる。環Cが同様に橋架Uを介して環Aに直接結合する場合、qは、最大で2である。さらに、環Cが橋架Uを介して環Bに直接結合する場合、pは、最大で3でありうることは言うまでもない。全く同様に、パラメータa、bの最大値は、式(G−2)および(G−3)で表される基による環GおよびFの置換による。

0049

従って、式(1)で表される化合物の表記法はまた、例えば、環Dを含む基が、最初に骨格の環Aに直接結合し、さらに環Cを含む基が、環Dを含む基に結合していてもよいことを意味する。

0050

さらに、一般式(4)で表される化合物が好ましく、



ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(4)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0051

さらに、一般式(5)で表される化合物が好ましく、



ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(5)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0052

さらに、一般式(6)で表される化合物が好ましく、



ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(6)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0053

さらに、一般式(7)で表される化合物が好ましく、



ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(7)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0054

下記の一般式(8)〜(10)で表される化合物が極めて好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(8)〜(10)で表される化合物の好ましい態様を表わし、



ここで、一般式(8)〜(10)で表される化合物のうち、式(8)および(10)で表される化合物が特に好ましい。

0055

さらに、一般式(11)で表される化合物が特に好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(11)で表される化合物の好ましい態様を表わす。



式(11)

0056

下記の一般式(12)および(13)で表される化合物が格別に好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(12)および(13)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0057

さらに、好ましい態様は、一般式(14)を有する化合物であり、



ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(14)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0058

さらに、一般式(15)で表される化合物が好ましく、



ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(15)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0059

さらに、一般式(16)で表される化合物が好ましく、



ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(16)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0060

下記の一般式(17)〜(19)で表される化合物が極めて好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(17)〜(19)で表される化合物の好ましい態様を表わし、



ここで、一般式(17)〜(19)で表される化合物のうち、式(17)および(19)で表される化合物が特に好ましい。

0061

一般式(20)で表される化合物が特に好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(20)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0062

下記の一般式(21)および(22)で表される化合物が格別に好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(21)および(22)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0063

さらに、好ましい態様は、一般式(23)を有する化合物であり、



式(23)
ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(23)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0064

さらに、一般式(23a)で表される化合物が好ましく、



ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(23a)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0065

一般式(24)で表される化合物が極めて好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(24)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0066

さらに、一般式(24a)で表される化合物が極めて好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(24a)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0067

一般式(25)および(26)で表される化合物が特に好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(25)および(26)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0068

一般式(27)〜(29)で表される化合物が格別に好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(27)〜(29)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0069

さらに、一般式(30)〜(32)で表される化合物が格別に好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(30)〜(32)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0070

さらに、好ましい態様において、本発明は一般式(33)で表される化合物に関し、



ここで、使用された記号および添え字およびそれらの好ましい態様は、上で示したように定義される。

0071

式(1)によれば、環Dは、例えば、Vを介して環Aに結合していることができ、一方、環Cは、Uを介してその他の任意の所望のサイトに結合していることができる。

0072

環Dが、表示された、環A、B、CもしくはEの1つにVを介して共有結合しており、且つ、環Cが、表示された、環A、BもしくはDの1つにUを介して共有結合しており、ここで、2つの環CおよびDのうちの少なくとも1つが、環AもしくはBの1つにそれぞれ2価の基UもしくはVを介して共有結合していることが好ましい。

0073

さらに、一般式(34)で表される化合物が好ましく、



ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(34)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0074

さらに、一般式(35)で表される化合物が好ましく、



ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(35)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0075

さらに、一般式(36)で表される化合物が好ましく、



ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(36)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0076

さらに、一般式(37)で表される化合物が好ましく、



ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(37)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0077

下記の一般式(38)〜(40)で表される化合物が極めて好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(38)〜(40)で表される化合物の好ましい態様を表わし、



ここで、一般式(38)〜(40)で表される化合物のうち、式(38)および(40)で表される化合物が特に好ましい。

0078

一般式(41)で表される化合物が特に好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(41)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0079

一般式(42)および(43)で表される化合物が格別に好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(42)および(43)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0080

さらに、好ましい態様は、一般式(44)を有する化合物であり、



ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(44)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0081

さらに、一般式(44a)で表される化合物が好ましく、



ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(44a)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0082

一般式(45)で表される化合物が極めて好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(45)で表される化合物の好ましい態様を表わす。



式(45)

0083

さらに、一般式(45a)で表される化合物が極めて好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(45a)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0084

一般式(46)および(47)で表される化合物が特に好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(46)および(47)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0085

一般式(48)〜(51)で表される化合物が格別に好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(48)〜(51)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0086

さらに、一般式(52)〜(55)で表される化合物が格別に好ましく、ここで、上記の定義が、使用された記号および添え字に適用され、それらの好ましい態様はまた、式(52)〜(55)で表される化合物の好ましい態様を表わす。

0087

特別に好ましくは、上記の式で表される化合物においてnまたはmのいずれかが0に等しく、さらに、より一層好ましくは、nおよびmの両方が0に等しい。

0088

本発明の目的のためには、a、b、qおよびpは0に等しく、さらに、uおよびvは、互いに独立して、0または1であり、ここで、vが1に等しい場合、基Vはフェニレン基であり、さらに、uが1に等しい場合、基Uはフェニレン基であることが最も好ましい。

0089

さらに、好ましくは、R1は、出現毎に同一であるかまたは異なり、1〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルキル、アルコキシもしくはチオアルキル基、または2〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルケニルもしくはアルキニル基、または3〜40個の炭素原子を有する、分岐状もしくは環状の、アルキル、アルケニル、アルキニル、アルコキシもしくはチオアルコキシ基(これらのそれぞれは、1つ以上のラジカルR2により置換されていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(これらは、それぞれの場合において1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、アリールオキシもしくはヘテロアリールオキシ基(これらは、1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)、またはこれらの系の組み合わせである。

0090

非常に好ましくは、R1は、出現毎に同一であるかまたは異なり、1〜40個の炭素原子を有する、直鎖のアルキル基、または3〜40個の炭素原子を有する、分岐状もしくは環状の、アルキル基(これらのそれぞれは、1つ以上のラジカルR2により置換されていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(これらは、それぞれの場合において1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)である。

0091

特に好ましくは、R1は、出現毎に同一であるかまたは異なり、1〜40個の炭素原子を有する、直鎖のアルキル基(これらのそれぞれは、1つ以上のラジカルR2により置換されていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(これらは、それぞれの場合において1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)である。格別に好ましくは、R1は、出現毎に同一であるかまたは異なり、1〜40個の炭素原子を有する、直鎖のアルキル基であり、ここで、R1は、出現毎に同一であるかまたは異なり、1〜15個の炭素原子を有する、直鎖のアルキル基であることが特別に好ましい。

0092

さらに、好ましくは、R5は、出現毎に同一であるかまたは異なり、1〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルキル、アルコキシもしくはチオアルキル基、または2〜40個の炭素原子を有する、直鎖の、アルケニルもしくはアルキニル基、または3〜40個の炭素原子を有する、分岐状もしくは環状の、アルキル、アルケニル、アルキニル、アルコキシもしくはチオアルコキシ基(これらのそれぞれは、1つ以上のラジカルR2により置換されていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(これらは、それぞれの場合において1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、アリールオキシもしくはヘテロアリールオキシ基(これらは、1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)、またはこれらの系の組合せであり、ここで、2つ以上の隣接する置換基R5は互いに、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を形成することができない。

0093

非常に好ましくは、R5は、出現毎に同一であるかまたは異なり、1〜40個の炭素原子を有する、直鎖のアルキル基、または3〜40個の炭素原子を有する、分岐状もしくは環状の、アルキル基(これらのそれぞれは、1つ以上のラジカルR2により置換されていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(これらは、それぞれの場合において1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)であり、ここで、2つ以上の隣接する置換基R5は互いに、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を形成することができない。

0094

特に好ましくは、R5は、出現毎に同一であるかまたは異なり、1〜40個の炭素原子を有する、直鎖のアルキル基、(これらのそれぞれは、1つ以上のラジカルR2により置換されていてもよい)、または5〜60個の芳香族環原子を有する、芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(これらは、それぞれの場合において1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)であり、ここで、2つ以上の隣接する置換基R5は互いに、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を形成することができない。

0095

格別に好ましくは、R5は、出現毎に同一であるかまたは異なり、1〜40個の炭素原子を有する、直鎖のアルキル基、または5〜60個の芳香族環原子を有する芳香族環系(これらは、それぞれの場合において1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)であり、ここで、2つ以上の隣接する置換基R5は互いに、単−もしくは多−環状の、脂肪族もしくは芳香族環系を形成することができない。ここで、格別に好ましくは、芳香族環系はフェニルビフェニルおよびターフェニル基からなる群から選択される。

0096

さらに、好ましくは、Ar1は、出現毎に同一であるかまたは異なり、5〜30個の芳香族環原子を有する芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(これらは、1つ以上のラジカルR2で置換されていてもよい)であり;ここで、2つのラジカルAr1はまた、単結合により、またはC(R2)2、OおよびSから選択される橋架により互いに結合していてもよく;2つのAr1が互いに結合していないことが好ましい。

0097

非常に好ましくは、基Ar1は、フェニル、ビフェニル、ターフェニル、クウォーターフェニル、ジベンゾフラニルジベンゾチオフェニルフルオレニルベンゾイミダゾールカルバゾリルインデノカルバゾリルおよびインドロカルバゾリル基からなる群から選択され、ここで前記の基は、1つ以上の同一または異なるラジカルR2で置換されていてもよく、ここで、前記のフェニル基が最も好ましい。

0098

2つ以上のラジカルが互いに1つの環を形成することができるという記述は、本発明の目的に対しては、特に、2つのラジカルが化学結合により互いに結合されていることを意味するものと理解される。これは、以下の図式により示される。

0099

さらに、しかしながら、上記の記述はまた、2つのラジカルのうちの1つが水素を表わす場合、第2のラジカルが、水素原子の結合位置で結合されることにより、環が形成されていることを意味するものと理解される。これは、以下の図式により明確に示される。

0100

本発明の意味におけるアリール基は、少なくとも6個の炭素原子を含有し;本発明の意味におけるヘテロアリール基は、少なくとも2個の炭素原子と少なくとも1個のヘテロ原子を含有し、但し、炭素原子とヘテロ原子の合計が少なくとも5である。該ヘテロ原子は、好ましくは、N、Oおよび/またはSから選択される。ここで、アリール基もしくはヘテロアリール基は単一の芳香族環、すなわちベンゼン、または単一のヘテロ芳香族環、例えばピリジンピリミジンチオフェン等、または縮合したアリールもしくはヘテロアリール基、例えば、ナフタレンアントラセンピレンキノリンイソキノリン等を意味するものと理解される。

0101

本発明の意味における芳香族環系は、6〜60個の原子を環系に含有する。本発明の意味におけるヘテロ芳香族環系は、5〜60個の芳香族環原子を環系に含有し、そのうちの少なくとも1つはヘテロ原子である。該ヘテロ原子は、好ましくは、N、Oおよび/またはSから選択される。本発明の意味における芳香族もしくはヘテロ芳香族環系は、必ずしもアリールもしくはヘテロアリール基だけを含むのではなく、さらに複数のアリールもしくはヘテロアリール基が非芳香族単位(好ましくは10%未満の、水素以外の原子)、例えば、SP3−混成した、C、Si、NもしくはO原子、SP2−混成した、CもしくはN原子、またはsp−混成したC原子などにより結合されていてもよい。従って、例えば、9,9′−スピロビフルオレン、9,9′−ジアリールフルオレン、トリアリールアミンジアリールエーテルスチルベン等の系はまた、本発明の意味における芳香族環系を意味するものと理解され、2つ以上のアリール基が、例えば、直鎖状もしくは環状の、アルキル、アルケニルもしくはアルキニル基により、またはシリル基により結合している系も同様である。さらに、2つ以上のアリールもしくはヘテロアリール基が単結合で互いに結合されている系はまた、例えば、ビフェニル、ターフェニルもしくはジフェニルトリアジン等の系のように、本発明の意味におけるアリールもしくはヘテロアリール基を意味するものと理解される。

0102

5〜60個の芳香族環原子を有する、芳香族もしくはヘテロ芳香族環系(各々の場合において、上記で定義したようなラジカルで置換されていてもよく、さらに所望の位置で芳香族もしくはヘテロ芳香族基に結合されていてもよい)は、特に、ベンゼン、ナフタレン、アントラセン、ベンゾアントラセン、フェナントレン、ベンゾフェナントレン、ピレン、クリセンペリレンフルオランテンナフタセンペンタセンベンゾピレン、ビフェニル、ビフェニレン、ターフェニル、ターフェニレン、クウォーターフェニル、フルオレン、スピロビフルオレン、ジヒドロフェナントレンジヒドロピレン、テトラヒドロピレン、シス−もしくはトランスインデノフルオレントルクセンイソトルクセン、スピロトルクセン、スピロイソトルクセン、フランベンゾフランイソベンゾフランジベンゾフラン、チオフェン、ベンゾチオフェン、イソベンゾチオフェン、ジベンゾチオフェンピロールインドールイソインドールカルバゾールインドロカルバゾール、インデノカルバゾール、ピリジン、キノリン、イソキノリン、アクリジンフェナントリジン、ベンゾ−5,6−キノリン、ベンゾ−6,7−キノリン、ベンゾ−7,8−キノリン、フェノチアジンフェノキサジンピラゾールインダゾールイミダゾール、ベンゾイミダゾール、ナフトイミダゾール、フェナントリミダゾール、ピリジミダゾール、ピラジニミダゾール、キノキサリニミダゾール、オキサゾールベンゾオキサゾール、ナフトオキサゾール、アントロキサゾール、フェナントロキサゾール、イソオキサゾール、1,2−チアゾール、1,3−チアゾール、ベンゾチアゾールピリダジン、ベンゾピリダジン、ピリミジン、ベンゾピリミジン、キノキサリン、1,5−ジアザアントラセン、2,7−ジアザピレン、2,3−ジアザピレン、1,6−ジアザピレン、1,8−ジアザピレン、4,5−ジアザピレン、4,5,9,10−テトラアザペリレン、ピラジンフェナジン、フェノキサジン、フェノチアジン、フルオルビンナフチリジンアザカルバゾール、ベンゾカルボリンフェナントロリン、1,2,3−トリアゾール、1,2,4−トリアゾール、ベンゾトリアゾール、1,2,3−オキサジアゾール、1,2,4−オキサジアゾール、1,2,5−オキサジアゾール、1,3,4−オキサジアゾール、1,2,3−チアジアゾール、1,2,4−チアジアゾール、1,2,5−チアジアゾール、1,3,4−チアジアゾール、1,3,5−トリアジン、1,2,4−トリアジン、1,2,3−トリアジン、テトラゾール、1,2,4,5−テトラジン、1,2,3,4−テトラジン、1,2,3,5−テトラジン、プリンプテリジンインドリジンおよびベンゾチアジアゾールから誘導される基、またはこれらの基の組合せを意味するものと理解される。

0103

本発明の目的に対して、1〜40個の炭素原子を有する直鎖のアルキル基、または3〜40個の炭素原子を有する、分岐状もしくは環状の、アルキル基、または2〜40個の炭素原子を有する、アルケニルもしくはアルキニル基(これらにおいては、さらに、個々の水素原子もしくはCH2基は、ラジカルの定義の下で上記された基によって置換されていてもよい)は、好ましくは、メチルエチル、n−プロピル、i−プロピル、n−ブチル、i−ブチル、s−ブチル、t−ブチル、2−メチルブチル、n−ペンチル、s−ペンチル、シクロペンチルネオペンチルn−ヘキシルシクロヘキシルネオヘキシル、n−ヘプチルシクロヘプチルn−オクチルシクロオクチル、2−エチルヘキシルトリフルオロメチルペンタフルオロメチル、2,2,2−トリフルオロエチルエテニルプロペニルブテニルペンテニルシクロペンテニルヘキセニルシクロヘキセニル、ヘプテニル、シクロヘプテニル、オクテニル、シクロオクテニル、エチニルプロピニルブチニルペンチニルヘキシニル、またはオクチニルラジカルを意味するものと理解される。1〜40個の炭素原子を有する、アルコキシもしくはチオアルキル基は、好ましくは、メトキシトリフルオロメトキシエトキシ、n−プロポキシ、i−プロポキシ、n−ブトキシ、i−ブトキシ、s−ブトキシ、t‐ブトキシ、n−ペントキシ、s−ペントキシ、2−メチルブトキシ、n−ヘキソキシ、シクロヘキシルオキシ、n−ヘプトキシ、シクロヘプチルオキシ、n−オクチルオキシ、シクロオクチルオキシ、2−エチルヘキシルオキシ、ペンタフルオロエトキシ、2,2,2−トリフルオロエトキシメチルチオエチルチオ、n−プロピルチオ、i−プロピルチオ、n−ブチルチオ、i−ブチルチオ、s−ブチルチオ、t−ブチルチオ、n−ペンチルチオ、s−ペンチルチオ、n−ヘキシルチオ、シクロヘキシルチオ、n−ヘプチルチオ、シクロヘプチルチオ、n−オクチルチオ、シクロオクチルチオ、2−エチルヘキシルチオトリフルオロメチルチオペンタフルオロエチルチオ、2,2,2−トリフルオロエチルチオ、エテニルチオ、プロペニルチオ、ブテニルチオ、ペンテニルチオ、シクロペンテニルチオ、ヘキセニルチオ、シクロヘキセニルチオ、ヘプテニルチオ、シクロヘプテニルチオ、オクテニルチオ、シクロオクテニルチオ、エチニルチオ、プロピニルチオ、ブチニルチオ、ペンチニルチオ、ヘキシニルチオ、ヘプチニルチオ、またはオクチニルチオを意味するものと理解される。

0104

本発明の化合物は、図式1および2に従って調製することができる。対応するモノボロン酸は、市販されており、さらに、鈴木カップリングによって、対応する目的の分子に変換することができる。

0105

図式1
ここで、Abは、好ましくはCl、Br、Iおよびトリフラートから選択される脱離基を表し、非常に好ましくはBrである。また、ここではピナコールボロン酸エステルに加えて、その他のエステルもしくはボロン酸自体も使用することができる。これらは、当業者に非常に良く知られている。



図式2

0106

本発明のフルオレンは、鈴木カップリングと全く同様に調製することができる。ここでは、その他のホウ素化合物を使用することもできる。これらは、当業者に非常に良く知られている。

0107

本発明に係る化合物の合成に対して示されている一般的方法は、例示的なものである。当業者は、一般的な専門的な知識の範囲内で別の合成経路を開発することができるであろう。

0108

次の一覧表は、本明細書に記載される方法の1つによって調整することのできる、本発明に係る化合物の例示的な表示を含む。

0109

本発明の化合物は、有機電子素子に使用することができる。ここで、本発明の化合物は、電子注入電子輸送および/または発光層中に使用される。

0110

従って、本発明はさらに、本発明による化合物の電子素子における、好ましくは、電子注入、電子輸送および/または発光層における使用に関する。

0111

ここで、本発明の化合物は、1つの層における唯1つの成分であることができ、または1つの層において1つ以上の他の材料と組み合わせて使用することができる。

0112

さらに、本発明の化合物を他の材料と一緒に組成物中に使用する場合、当該化合物を含んでなる電子素子の効率データの改善を達成することができる。

0113

好ましくは、本発明の化合物は、前記素子において、特に、例えば、エレクトロルミネッセンス素子のような電子素子において典型的に使用される材料との組成物に使用される。

0114

従って、本発明は、本発明に係る化合物の1つ以上と、蛍光エミッター、燐光エミッター、マトリックス材料、電子輸送材料、電子注入材料正孔伝導性材料正孔注入材料電子遮断材料、正孔遮断材料およびn−ドーパントからなる群から選択される更なる官能性化合物の少なくとも1つとを含んでなる組成物に関する。

0115

文献中のホスト材料という用語はまた、しばしばマトリックス材料という用語の代わりに、用いられている。一部の著者は、蛍光エミッターのためのマトリックス材料に対してホスト材料という用語を使用しているが、一方ではマトリックス材料という用語は、発光層中の燐光エミッターと一緒に用いられる材料を表わす。本発明において、マトリックス材料(ホスト材料)という用語は、エミッターとは関係なく使用され、蛍光もしくは燐光エミッターと共に発光層中で用いることのできる材料を意味する。

0116

個々の材料は、当業者によく知られており、当業者にとって、広い範囲から適切な化合物を選択することは全く困難でない。

0117

本発明の好ましい態様では、有機電子素子は、電子輸送層(ETL)に本発明の化合物の1つ以上を含んでなる。ここで、ETLは、本発明の化合物からなる純粋な層であるか、またはそれは、少なくとも1つの電子輸送材料を含んでいてもよい。ここで、当業者は、多くの公知の電子輸送材料から選択することができる。ETL中で本発明の化合物を電子輸送材料と組み合わせて使用することは、特に良好な性能を持つ有機電子素子を導く結果となる。

0118

従って、本発明は、少なくとも1つの、本発明に係る化合物と、少なくとも1つのETMとを含んでなる組成物に関する。ETMは、好ましくは、非金属の電子輸送材料の群から選択される。

0119

本発明に係る組成物に好ましい電子輸送材料は、ピリジン類ピリミジン類、ピリダジン類、ピラジン類、オキサジアゾール類、キノリン類キノキサリン類アントラセン類、ベンゾアントラセン類、ピレン類、ペリレン類、ベンゾイミダゾール類、トリアジン類ケトン類ラクタム類、オキサゾール類、フェナントロリン類酸化ホスフィン類およびフェナジン類から選ばれる。ここでは、トリアジン類およびラクタム類が非常に好ましい。

0120

ETLの層の厚さは、好ましくは、5〜150nmである。

0121

ETLにおける本発明の化合物の濃度は、電子輸送層全体に対して、好ましくは、10〜90容積%の範囲内、非常に好ましくは、20〜80容積%の範囲内、格別に好ましくは、30〜70容積%の範囲内、特別に好ましくは、40〜60容積%の範囲内である。

0122

電子輸送層に加えて、本発明に係る素子はまた、カソードと電子輸送層との間に位置する電子注入層EIL)を有することができる。EIL中で電子注入材料(EIM)として用いられる好ましい材料は、アルカリ金属類アルカリ金属錯体類、特にアルカリオキシナート類(特に、置換もしくは非置換のリチウムヒドロキシキノリン類)、およびアルカリ金属もしくはアルカリ土類金属フッ化物類、並びにそれらの酸化物もしくは炭酸塩からなる群から選択される。非常に好ましい電子注入材料は、Li、LiF、Li2O、BaF2、MgO、NaF、Cs、CsF、Cs2CO3、Liqであり、ここで、LiFおよびLiqが特に好ましく、さらに、LiFが格別に好ましい電子注入材料を表わす。

0123

EILの層の厚さは、好ましくは、0.5〜5nmである。

0124

さらに好ましいEIMは、置換されたリチウム8−ヒドロキシキノリナート、特に DE102013013876.0に記載されているもの、さらに、非常に好ましくは、以下の式(C−1)〜(C−34)で表されるものである:

0125

本発明化合物をn−ドーパントと組み合わせて電子輸送層に用いた場合、有機電子素子の更なる性能向上を得ることができる。ここで、n−ドーパントは、無機および有機材料のいずれであってもよい。

0126

本発明におけるn−ドーパントは、有機または無機の、電子の脱離が可能な化合物(電子供与体)、すなわち、還元剤として作用する化合物を意味するものと理解される。

0127

ドーピングのために使用される化合物は前駆体として用いることができ、これらの前駆体化合物は、活性化によってn−ドーパントを放出する。

0128

好ましいn−ドーパントは、電子を豊富に含む金属錯体類;P=N化合物類;N−複素環式化合物類、特に好ましくは、ナフチレンカルボジイミド類、ピリジン類、アクリジン類およびフェナジン類;フルオレン類およびフリーラジカル化合物類から選択される。

0129

特に好ましい、電子を豊富に含む金属錯体類は、とりわけ、WO2005/86251A2に記載されており、ここで、その詳細は、開示の目的で、引用により本出願に含められる。ここでは、中性の、電子を豊富に含む金属錯体類が好ましい。

0130

特に好ましい、P=N化合物類は、とりわけ、WO2012/175535A1に記載されており、ここで、sの詳細は、開示の目的で、引用により本出願に含められる。

0131

n−ドーパントの更なる基は、N−複素環式化合物によって代表される。N−複素環式化合物は、その環構造が水素および炭素に加えて、少なくとも1つの窒素原子を含む環状の化合物である。これらの化合物は、飽和されているか、部分的に不飽和であるか、またはヘテロ芳香族であってもよい。

0132

N−複素環式化合物は、好ましくは前駆体として用いることができ、前駆体化合物は、ここで、活性化後に始めてそれらのn−ドーパントとしての機能が開始されることを特徴とする。特に前駆体として用いられうる好ましいN−複素環化合物は、例えば、WO2009/00237A1に開示される。ここで、その詳細は、開示の目的で、引用により本出願に含められる。

0133

n−ドーパントとして適切なN−複素環式化合物の更なる基は、ナフチレンカルボジイミドである。ナフチレンカルボジイミドは、少なくとも1つのカルボジイミド基(N=C=N)と1つのナフチレン基を含む。

0134

驚くべき利点は、WO2012/168358A1に開示されるナフチレンカルボジイミドによって達成することができる。ここで、その詳細は、開示の目的で、引用により本願発明に含まれる。

0135

n−ドーパントとして用いることのできる、好ましいN−複素環式化合物としては、さらに、ピリジン、アクリジンおよびフェナジン誘導体が挙げられる。これらの化合物は、ピリジン、アクリジンおよびフェナジン構造要素を含み、従来から知られている。好ましいアクリジンおよびフェナジンは、とりわけ、US2007/0145355A1に開示される。ここで、この詳細は、開示の目的で、引用により本願発明に含まれる。

0136

驚くべき利点は、EP2452946A1およびEP2463927A1に開示されるピリジンによって達成することができ、ここで、その詳細は、開示の目的で、引用により本願発明に含まれる。

0137

本発明の特別な態様によれば、フルオレンはn−ドーパントとして用いることができる。好ましいフルオレンは、とりわけ、WO2012/031735A1に開示される。ここで、その詳細は、開示の目的で、引用により本願発明に含まれる。

0138

好ましいn−ドーパントは、従来から知られているフリーラジカル化合物を含む。好ましいフリーラジカル化合物は、複素環式基を含む。特に好ましいフリーラジカル化合物は、とりわけ、EP1837926A1およびWO2007/107306A1に開示される。ここで、その詳細は、開示の目的で、引用により本願発明に含まれる。

0139

前記n−ドーパントのうち、WO2005/86251A2に開示されている電子を豊富に含む金属錯体が、特に好ましい。ここで、式W2(hpp)4の金属錯体(式中、hppは、1,3,4,6,7,8−ヘキサヒドロ−2H−ピリミド[1,2−a]ピリミジンのアニオンを意味する)が、格別に好ましい。ここでは、中性の、電子を豊富に含む金属錯体類が特に好ましい。

0140

n−ドーピングの場合、電子輸送はn−ドーパントのHOMO(最高被占軌道)準位から、マトリックス材料のLUMO(最低空軌道)準位まで起こり、電子は一般に強くは局在しておらず、代わりに電荷キャリアの間に存在する。

0141

本発明の改良によって、n−ドーパントのHOMOと本発明による化合物のLUMOとの間の差の値が、好ましくは、約1eVより小さい、さらに好ましくは、差の値が約0.5eVより小さいものであることを提案する。

0142

本発明による化合物は、好ましくは、約1eV以上、非常に好ましくは1.5eV以上のLUMO準位を有する。

0143

本発明において、分子軌道、特に最高被占軌道(HOMO)および最低空軌道(LUMO)、それらのエネルギー準位および材料の、最低三重項準位T1または最低励起一重項準位は、量子化学計算により決定される。金属を除く有機物質を計算するために、まず「基底状態半経験的初期スピン/AM1/チャージ0/スピン一重項」法を用いて、構造最適化が行われる。続いて、最適化された構造をもとに、エネルギー計算が行われる。ここで、「TD−SCF/DFT/初期スピン/B3PW91」法が「6−31G(d)」基底集合とともに用いられる(チャージ0、スピン一重項)。金属含有化合物では、構造は、「基底状態/ハートリーフォック(Hartree−Fock)/初期スピン/LanL2MB/チャージ0/スピン一重項」法を介して、最適化される。エネルギー計算は、上述の有機物質と同様に計算されるが、金属の場合には「LanL2DZ」基底集合が用いられ、配位子には「6−31G(d)」が用いられるという違いがある。エネルギー計算から、HOMOエネルギー準位HEhまたはLUMOエネルギー準位LEhがハートリー単位で得られる。電子ボルトにおけるHOMOおよびLUMOエネルギー準位は、サイクリックボルタンメトリー(cyclic voltammetry)測定を使用した補正から、以下のように決定される。

0144

HOMO(eV)=((HEh*27.212)−0.9899)/1.1206
LUMO(eV)=((LEh*27.212)−2.0041)/1.385

0145

本発明の目的のために、これらの値は、材料それぞれのHOMOおよびLUMOエネルギー準位とみなされる。

0146

最低三重項状態T1は、記載の量子化学計算から生じる最低エネルギーを有する三重項状態のエネルギーと定義される。

0147

最低励起一重項状態S1は、記載の量子化学計算から生じる最低エネルギーを有する励起一重項状態のエネルギーと定義される。

0148

ここで記述される方法は、使用されるソフトウェアパッケージと独立であり、毎回同じ結果を与えるものである。この目的で頻繁に使用されるプログラムの例として、「Gaussian09W」(Gaussian社)およびQ−Chem4.1(Q−Chem社)が挙げられる。

0149

本発明のさらに好ましい態様では、有機電子素子は、1つ以上の本発明の化合物を発光層(EML)に含んでなる。本発明の化合物は、マトリックス材料として、1つ以上のエミッターと共にEMLに使用される。ここで、エミッターとしては、蛍光と燐光エミッターの両方が可能であるが、燐光エミッターが好ましい。

0150

燐光エミッター(燐光ドーパントとも呼ばれる)という用語は、典型的には、発光が主としてスピン禁制遷移、例えば、三重項状態、もしくはより高いスピン量子数を有する状態、例えば、五重項状態、からの遷移を通して起こる化合物を包含する。

0151

好適な燐光ドーパントは、特に、好ましくは可視領域において、好適な励起で発光し、且つ、さらに、原子番号が20より大きい、好ましくは、38より大きく且つ84未満の、特に好ましくは、56より大きく且つ80未満の原子を少なくとも1つ含む化合物である。用いられる燐光エミッターは、好ましくは、銅、モリブデンタングステンレニウムルテニウムオスミウムロジウムイリジウムパラジウム白金、銀、金またはユーロピウムを含む化合物であり、特に、イリジウム、白金または銅を含む化合物である。

0152

発光性の、イリジウム、白金または銅錯体のすべては、本発明の意味における燐光性化合物とみなされる。

0153

燐光性化合物は、好ましくは、三重項状態から発光する化合物である。

0154

蛍光エミッター(蛍光ドーパントとも呼ばれる)という用語は、発光が主として、励起した一重項状態からの遷移を通して起こる化合物を包含する。

0155

蛍光および燐光ドーパントの両方は、従来技術により当業者によく知られており、当業者にとって、適切なエミッターを選択することは全く困難でない。

0156

燐光ドーパントの例は、WO2000/70655、WO2001/41512、 WO2002/02714、WO2002/15645、EP1191613、EP1191612、EP1191614、 WO2005/033244、WO2005/019373およびUS2005/0258742の出願により示されている。一般に、燐光OLEDに対して従来技術で使用されているような、さらに、有機エレクトロルミネッセンス素子の分野で当業者に知られているような、燐光錯体のすべては、本発明に従う素子における使用に好適である。

0157

燐光ドーパントの明示的な例を以下の表に示す。

0158

本発明のさらに好ましい態様において、前記化合物は、混合マトリックス系のマトリックス成分として使用される。混合マトリックス系は、2つまたは3つの異なるマトリックス材料、特に好ましくは、2つの異なるマトリックス材料を含む。ここで、2つの材料のうちの1つが、好ましくは、正孔輸送特性を有する材料であり、且つもう1つの材料が、電子輸送特性を有する材料である。しかしながら、混合マトリックス成分の所望の電子輸送および正孔輸送特性はまた、主に組み合わされていてもよく、または完全に単一の混合マトリックス成分中にあってもよいが、その場合は、更なる混合マトリックス成分が他の機能を満たす。ここで、2つの異なるマトリックス材料は、1:50〜1:1、好ましくは、1:20〜1:1、特に好ましくは、1:10〜1:1、さらに、格別に好ましくは、1:4〜1:1の比で存在することができる。混合マトリックス系は、好ましくは、燐光性の有機エレクトロルミネッセンス素子に使用される。混合マトリックス系についての非常に詳細なことは、とりわけ、WO2010/108579の出願に示されている。

0159

混合マトリックス系のマトリックス化合物として、本発明に係る化合部と組み合わせて使用することのできる特に好適なマトリックス材料は、該混合マトリックス系で使用されるドーパントの種類に応じて、以下に示される、燐光ドーパントのための好ましいマトリックス材料、または蛍光ドーパントのための好ましいマトリックス材料から選択される。

0160

好ましくは蛍光性ドーパントのための好適なマトリックス材料は、異なる種類の物質からの材料である。好ましいマトリックス材料は、ラクタム類(例えば、WO2011/116865、WO2011/137951、WO2013/064206、WO2014/056567、 EP13003343.4、EP14000729.5)、オリゴアリーレン類(例えば、EP676461による2,2′,7,7′−テトラフェニルスピロビフルオレン、またはジナフチルアントラセン)、特に、縮合した芳香族基を含むオリゴアリーレン類、オリゴアリーレンビニレン類(例えば、EP676461によるDPVBiまたはスピロ−DPVBi)、ポリダール金属錯体類(例えば、WO2004/081017による)、正孔伝導性化合物(例えば、WO2004/058911による)、電子伝導性化合物、特に、ケトン類、ホスフィンオキシド類スルホキシド類等(例えば、WO2005/084081およびWO2005/084082による)、アトロプ異性体(例えば、WO2006/048268による)、ボロン酸誘導体(例えば、WO2006/117052による)、またはベンゾアントラセン類(例えば、WO2008/145239による)から選択される。特に好ましいマトリックス材料は、ナフタレン、アントラセン、ベンゾアントラセンおよび/またはピレン、またはこれらの化合物のアトロプ異性体を含むオリゴアリーレンの類、オリゴアリーレンビニレン類、ケトン類、ホスフィンオキシド類およびスルホキシド類から選択される。格別に好ましいマトリックス材料は、アントラセン、ベンゾアントラセン、ベンゾフェナントレンおよび/またはピレン、またはこれらの化合物のアトロプ異性体を含むオリゴアリーレンの類から選択される。本発明の意味におけるオリゴアリーレンは、少なくとも3個のアリールまたはアリーレン基が互いに結合されている化合物を意味するものと理解される。

0161

燐光ドーパントのための好ましいマトリックス材料は、芳香族アミン類、特に、トリアリールアミン類(例えば、US2005/0069729による)、カルバゾール誘導体(例えば、CBP、Ν,Ν−ビスカルバゾリルビフェニル)、WO2005/039246、US2005/0069729、JP2004/288381、EP1205527またはWO2008/086851に記載の化合物、橋架カルバゾール誘導体(例えば、WO2011/088877およびWO2011/128017による)、インデノカルバゾール誘導体(例えば、WO2010/136109、WO 2011/000455による)、アザカルバゾール誘導体(例えば、EP1617710、EP1617711、EP1731584、JP2005/347160による)、インドロカルバゾール誘導体(例えば、WO2007/063754またはWO2008/056746による)、ケトン類(例えば、WO2004/093207または2010/006680による)、ホスフィンオキシド類、スルホキシド類およびスルホン類(例えば、WO2005/003253による)、オリゴフェニレン類、双極性マトリックス材料(例えば、WO2007/137725による)、シラン類(例えば、WO2005/111172による)、アザボローレ類またはボロン酸エステル類(例えば、WO2006/117052による)、トリアジン誘導体(例えば、WO2010/015306、WO2007/063754またはWO2008/056746による)、亜鉛錯体類(例えば、EP652273またはWO2009/062578による)、アルミニウム錯体類(例えば、BAlq)、ジアザジロールおよびテトラアザジロール誘導体(例えば、WO2010/054729による)、ジアザホスホール誘導体(例えば、WO2010/054730による)、およびアルミニウム錯体類(例えば、BAIQ)である。

0162

従って、本発明はまた、少なくとも1つの本発明に係る化合物と、少なくとも1つの更なるマトリックス材料を含んでなる組成物に関する。

0163

さらに、本発明はまた、少なくとも1つの本発明に係る化合物と、少なくとも1つの更なるマトリックス材料と、さらに、少なくとも1つの、蛍光または燐光エミッター、好ましくは燐光エミッターを含んでなる組成物に関する。

0164

本発明は、少なくとも1つの本発明の化合物と、少なくとも1つのワイドバンドギャップ材料を含んでなる組成物に関し、ここで、ワイドバンドギャップ材料は、US7294849に開示される内容の材料を意味するものと理解される。これらの系は、エレクトロルミネッセンス素子において特に有利な性能を示す。

0165

複数のマトリックス材料を含んでなる系(混合マトリックス系)は、有機エレクトロルミネッセンス素子の発光層に使用される。さらに、該発光層はまた、1つ以上のドーパントを含んでなる。

0166

本発明に係る、化合物および組成物は、有機電子素子において使用することができる。従って、本発明はまた、1つ以上の、本発明に係る、化合物および組成物を含んでなる有機電子素子に関する。

0167

本発明の有機電子素子は、好ましくは、有機集積回路(OIC)、有機電界効果トランジスタ(OFET)、有機薄膜トランジスタOTFT)、有機発光トランジスタ(OLET)、有機太陽電池(OSC)、有機光検出器有機感光体、有機電界クエンチ素子(OFQD)、有機発光電気化学電池(OLEC、LECまたはLEEC)、有機レーザーダイオード(O−laser)および有機発光ダイオード(OLED)からなる群から選択される。ここで、特に好ましいのは、有機エレクトロルミネッセンス素子であり、格別に好ましくはOLECおよびOLEDであり、さらに特別に好ましくはOLEDである。

0168

本発明の意味におけるOLEDは、小さな有機分子を含んでなる有機発光ダイオード(SMOLED)と高分子性発光ダイオードPLED)の両方を意味するものと理解され、ここで、SMOLEDは、好ましいOLEDである。

0169

すでに上述したように、本発明に係る、化合物または組成物を含有する有機層は、好ましくは、電子輸送機能を有する素子の層である。それは、特に好ましくは、電子注入層(EIL)、電子輸送層(ETL)、正孔遮断層(HBL)または発光層(EML)である。

0170

本出願による正孔輸送層HTL)は、アノードと発光層(EML)との間に位置する、正孔輸送機能を有する層である。

0171

本出願による電子輸送層(ETL)は、カソードと発光層(EML)との間に位置する、電子輸送機能を有する層である。

0172

有機電子素子の、特にまた、有機エレクトロルミネッセンス素子の構造は、従来技術から当業者によく知られている。

0173

本発明による、電子的な、特にエレクトロルミネッセンスの、有機素子は、式(1)で表される少なくとも1つの化合物を含む、少なくとも1つの有機層を含んでなる。有機層は、それが少なくとも1つの有機もしくは有機金属化合物を含有することを特徴とする。有機素子は、必ずしも、有機もしくは有機金属材料から構成されている層のみを含んでいる必要はない。

0174

本発明による電子素子は、1つのアノードと、1つのカソードと、さらに本発明による化合物を少なくとも1つ含んでいる、少なくとも1つの有機層とを含んでなる。

0175

既に述べたように、本発明の意味における、特に好ましい有機電子素子は、有機
エレクトロルミネッセンス素子であり、さらに、ここでは特に、OLEDである。

0176

カソードは、好ましくは、低い仕事関数を有する金属、金属合金、または種々の金属、例えばアルカリ土類金属、アルカリ金属、典型金属もしくはランタノイド(例えば、Ca、Ba、Mg、Al、In、Mg、Yb、Sm等)を含んでなる多層構造を含んでなる。また、好適なものとしては、アルカリ金属もしくはアルカリ土類金属および銀を含んでなる合金、例えば、マグネシウムおよび銀を含んでなる合金である。多層構造の場合、上述の金属に加えて、比較的仕事関数の高い金属、例えば、Agを使用することもでき、この場合、金属の組み合わせ、例えば、Mg/Ag、Ca/AgまたはBa/Agが一般に使用される。金属カソードと有機半導体の間に、高誘電率を有する材料からなる薄い中間層を導入することも好ましい。この目的のために好適なものとしては、例えば、アルカリ金属もしくはアルカリ土類金属フッ化物だけでなく、対応する酸化物もしくは炭酸化物(例えば、LiF、Li2O、BaF2、MgO、NaF、CsF、Cs2CO3等)が挙げられる。同様に、この目的に好適なものとして、有機アルカリ金属錯体類、例えばLiq(キノリン酸リチウム)または置換されたヒドロキシキノリナートリチウムが挙げられる。

0177

アノードは、好ましくは、高い仕事関数を有する材料を含んでなる。アノードは、好ましくは、真空に対し4.5eVよりも大きい仕事関数を有する。この目的のために好適なのは、一方では、高い酸化還元電位を有する金属、例えば、Ag、PtまたはAuである。他方では、金属/金属酸化物電極(例えば、Al/Ni/NiOx、Al/PtOx)もまた好ましい。いくつかの用途において、有機材料の放射(O−SC)または光の取り出し(OLED/PLED、O−laser)を可能にするために、少なくとも1つの電極は、透明または部分的に透明であるべきである。ここで、好ましいアノード材料は、伝導性混合金属酸化物である。特に好ましくは、イリジウムスズ酸化物(ITO)またはインジウム亜鉛酸化物(IZO)である。さらに、好ましいものとして、伝導性の、ドープされた有機材料、特に伝導性の、ドープされたポリマー、例えば、PEDOT、PANIまたはこれらのポリマーの誘導体が挙げられる。さらに、p−ドープされた正孔輸送材料を正孔注入層としてアノードに塗布することが好ましく、その際、金属酸化物、例えば、MoO3もしくはWO3、または電子の欠損した、(過)フッ素化芳香族系がp−ドーパントとして好適である。さらに、好適なp−ドーパントは、HAT−CN(ヘキサシアノヘキサアザトリフェニレン)またはNovaled社製の化合物NPD9である。このような層は、低いHOMO、すなわち大きなモジュラスを有するHOMO、を有する材料における正孔注入を簡単にする。

0178

好ましい態様によると、少なくとも2つの有機層は、アノードとカソードとの間に配置される。

0179

更なる層においては、従来技術によって該層に用いられいるような材料のすべてを使用することが一般に可能であり、当業者は、電子素子において、これらの材料のそれぞれを、発明的工夫なしに、本発明による材料と組み合わせることができる。典型的なETM、EIM、エミッターおよびマトリックス材料は、既に上記に開示されている。

0180

有機エレクトロルミネッセンス素子は、1つのカソード、1つのアノードおよび少なくとも1つの発光層(EML)を含んでなる。該素子はまた、これらの層の他に、更なる層を含んでいてもよく、例えば、それぞれの場合において、1つ以上の、正孔注入層(HIL)、正孔輸送層(HTL)、正孔遮断層(HBL)、電子輸送層(ETL)、電子注入層(EIL)、励起遮断層(ExBL)、電子遮断層EBL)、電荷発生層および/または有機もしくは無機のp/n接合を含んでいてもよい。有機エレクトロルミネッセンス素子の典型的な構造は、アノード/HIL/HTL/EML/ETL/EIL/カソードである。

0181

ここで、1つ以上の正孔輸送層が、例えばMoO3もしくはWO3等の金属酸化物で、または電子の欠損した、(過)フッ素化芳香族化合物でp−ドープされるか、および/または1つ以上の電子輸送層がn−ドープされていることができる。同様に、例えば励起子遮断機能を有する、および/またはエレクトロルミネッセンス素子において電荷バランスを制御する中間層が、2つの発光層の間に導入されていてもよい。しかしながら、これらの層の各々は、必ずしも存在しなくてもよいということに留意すべきである。

0182

ここで、有機エレクトロルミネッセンス素子は、1つの発光層または複数の発光層を含んでなっていてもよい。複数の発光層が存在する場合、これらは、好ましくは、380nm〜750nmに合計で複数の発光極大を有し、全体で白色光を生じる、すなわち、蛍光もしくは燐光を発することができる様々な発光化合物が発光層中に使用される。特に好ましくは、3層構造−ここで3層は、青、緑およびオレンジもしくは赤の発光を呈する−(基本構造については、例えば、WO2005/011013を参照)であるか、または3つ以上の発光層を有する系である。1つ以上の層が蛍光を発し、且つ1つ以上の他の層が燐光を発するハイブリッド構造も可能である。

0183

素子は、相応に(用途に応じて)構造化され、接続され、最終的に密封される。そのような素子の寿命は、水および/または空気の存在で、劇的に短くなるからである。

0184

さらに、好ましいのは、昇華プロセスによって1つ以上の層を塗布したことを特徴とする電子素子、特に有機エレクトロルミネッセンス素子であり、この場合、通常、10−5mbar未満、好ましくは、10−6mbar未満の初期圧力で、真空昇華ユニット中で真空蒸着により材料を塗布する。該初期圧力は、さらに低く、あるいはさらに高く、例えば、10−7mbar未満にすることも可能である。

0185

同様に、好ましいのは、OVPD(有機気相蒸着)法により、またはキャリヤガスを用いた昇華により、1つ以上の層を塗布したことを特徴とする電子素子、特に有機エレクトロルミネッセンス素子であり、この場合、10−5mbar〜1barの圧力で材料を塗布する。この方法の特別な場合は、OVJP(有機蒸気ジェット印刷)法であり、この方法では、材料を、ノズルを通して直接塗布し、構造化する(例えば、M.S.Arnold et al., Appl.Phys.Lett.2008, 92, 053301)。

0186

さらに、好ましいのは、例えば、スピンコーティングにより、または、所望の印刷法(例えば、スクリーン印刷フレキソ印刷オフセット印刷、もしくはノズル印刷により)、特に好ましくは、LITI(光誘熱画像化、熱転写印刷)もしくはインクジェット印刷により、1つ以上の層を溶液から製造したことを特徴とする電子素子、特に有機エレクトロルミネッセンス素子である。この目的のためには、可溶性の化合物が必要であり、これは、例えば適当な置換により得られる。

0187

電子素子、特に有機エレクトロルミネッセンス素子は、ハイブリッド系として、1つ以上の層を溶液から塗布し、さらに1つ以上の他の層を真空蒸着で塗布することにより製造することもできる。従って、例えば、少なくとも1つのエミッターとマトリックス材料を含んでなる発光層を溶液から塗布し、さらに、それに正孔遮断層および/または電子輸送層を真空蒸着により塗布することができる。

0188

これらの方法は、当業者に一般的に知られており、そして当業者によって容易に、電子素子、特に本発明の化合物を含んでなる有機エレクトロルミネッセンス素子に適用することができる。

0189

有機電子素子の溶液からの製造には、本発明の化合物または本発明に係る組成物を含んでなる調合物が必要である。

0190

従って、本発明はまた、本発明に係る少なくとも1つの化合物もしくは本発明に係る少なくとも1つの組成物および少なくとも1つの溶媒を含んでなる調合物に関する。

0191

この調合物は、例えば、溶液、分散液またはエマルジョンであることができる。この目的のために、2つ以上の溶媒の混合物を使用することが好ましい。適当で好ましい溶媒は、例えば、トルエンアニソール、o−、m−もしくはp−キシレンメチル安息香酸メシチレンテトラリンベラトロール、THF、メチル−THF、THPクロロベンゼンジオキサンフェノキシトルエン、特に3−フェノキシトルエン、(−)−フェンコン、1,2,3,5−テトラメチルベンゼン、1,2,4,5−テトラメチルベンゼン、1−メチルナフタレン、2−メチルベンゾチアゾール2−フェノキシエタノール、2−ピロリジノン、3−メチルアニソール、4−メチルアニソール、3,4−ジメチルアニソール、3,5−ジメチルアニソール、アセトフェノン、α−テルピネオール、ベンゾチアゾール、安息香酸ブチルクメンシクロヘキサノールシクロヘキサノンシクロヘキシルベンゼンデカリンドデシルベンゼン安息香酸エチルインダン安息香酸メチル、NMP、p−シメンフェネトール、1,4−ジ−イソプロピルベンゼンジベンジルエーテルジエチレングリコールブチルメチルエーテルトリエチレングリコールブチルメチルエーテルジエチレングリコールジブチルエーテルトリエチレングリコールジメチルエーテルジエチレングリコールモノブチルエーテルトリプロピレングリコールジメチルエーテルテトラエチレングリコールジメチルエーテル、2−イソプロピルナフタレン、ペンチルベンゼン、ヘキシルベンゼン、ヘプチルベンゼン、オクチルベンゼン、1,1−ビス(3,4−ジメチルフェニルエタン、またはこれらの溶媒の混合物である。

0192

本発明による化合物を含んでなる素子は、極めて汎用的に使用することができる。従って、例えば、エレクトロルミネッセンス素子は、テレビ携帯電話コンピュータおよびカメラディスプレイに使用することができる。しかしながら、該素子は、照明用途にも使用することができる。さらに、エレクトロルミネッセンス素子は、医療または化粧品分野において光線療法のために利用することができる。従って、種々の疾患(乾癬アトピー性皮膚炎、炎症、にきび皮膚癌など)を治療することができ、あるいは、皮膚の皺、皮膚の発赤および皮膚の老化を予防し、また、減少させることができる。さらに、該発光素子は、飲料もしくは食品新鮮に保つため、あるいは、機器(例えば、医療機器)を殺菌するために使用することができる。

0193

従って、本発明は、医療における光線療法のために使用される、本発明の少なくとも1つの化合物もしくは本発明の少なくとも1つの組成物を含んでなる、電子素子、好ましくは、有機エレクトロルミネッセンス素子、非常に好ましくは、OLEDもしくはOLEC、さらに、格別に好ましくは、OLEDに関する。

0194

さらに、本発明は、好ましくは、皮膚疾患光線療法治療のために使用される、本発明の少なくとも1つの化合物もしくは本発明の少なくとも1つの組成物を含んでなる、電子素子、好ましくは、有機エレクトロルミネッセンス素子、非常に好ましくは、OLEDもしくはOLEC、さらに、格別に好ましくは、OLEDに関する。

0195

さらに、本発明は、非常に好ましくは、乾癬、アトピー性皮膚炎、炎症性疾患白斑創傷治癒、皮膚癌および黄疸、特に新生児黄疸の光線療法治療のために使用される、本発明の少なくとも1つの化合物もしくは本発明の少なくとも1つの組成物を含んでなる、電子素子、好ましくは、有機エレクトロルミネッセンス素子、非常に好ましくは、OLEDもしくはOLEC、さらに、格別に好ましくは、OLEDに関する。

0196

さらに、本発明は、本発明の少なくとも1つの化合物もしくは本発明の少なくとも1つの組成物を含んでなる、電子素子、好ましくは、有機エレクトロルミネッセンス素子、非常に好ましくは、OLEDもしくはOLEC、さらに、格別に好ましくは、OLEDの、化粧品分野における、好ましくは、にきび、皮膚の老化の治療、さらにセルライトの治療のための使用に関する。

0197

本発明による電子素子、特に有機エレクトロルミネッセンス素子は、従来技術に対して以下の驚くべき利点を有することを特徴とする。

0198

1.本発明に係る有機エレクトロルミネッセンス素子は、非常に高い効率を有する。

0199

2.同時に、本発明に係る有機エレクトロルミネッセンス素子は、改善された寿命を有する。

0200

3.同時に、本発明に係る有機エレクトロルミネッセンス素子は、低減された動作電圧を有する。

0201

4.本発明に係る化合物は、非常に容易に且つ低コストで製造することができ、良好に処理でき、さらに、非常に良く蒸発させることができるので、本発明に係る化合物は、電子素子、特に有機エレクトロルミネッセンス素子の商業的な大量生産に非常に極めて適している。

0202

前述の好ましい態様は、所望により相互に組み合わされる。本発明の特に好ましい態様では、上記の好ましい態様は同時に適用される。

0203

本発明で記載した態様の変形は、本発明の保護範囲内に入るということに留意すべきである。この出願明細書に開示された各特徴は、特に断りのない限り、同様、同等もしくは類似の目的を果たす、代替的な特徴によって置き換えることができる。従って、特に断りのない限り、この出願明細書に開示された各特徴は、一般的で一連の、または同等もしくは類似の特徴の一例であるとみなすべきである。

0204

本発明のすべての特徴は、ある特徴および/またはステップが相互に排他的でなければ、任意に互いに組み合わせることができる。これは、特に、本発明の好ましい特徴に当てはまる。同様に、非本質的な組合せの特徴は別々に(そして、組み合わることなく)使用することができる。

0205

さらに、特徴の多く、また、特に本発明の好ましい態様の特徴は、それ自体が進歩性を有しており、そして本発明の態様の単なる一部であるとみなすべきでないことに留意すべきである。これらの特徴に対して独立した保護を、現在特許請求の範囲に記載されている各発明に加えて、もしくは替えて、求めることができる。

0206

本発明について開示した技術的なアクションに関する教示は、他の実施例に取り込まれ、さらに、組み合せることができる。

0207

当業者は、前記の記載を用いて、発明性を要することなく本発明の電子素子をさらに製造することができ、従って、特許請求の範囲に記載されている範囲全体に亘って本発明を実施できるであろう。

0208

実施例
実施例1
2−[3−[7′−(4,6−ジフェニル−1,3,5−トリアジン−2−イル)−9,9′−スピロビ[フルオレン]−2′−イル]フェニル]−1−フェニルベンゾイミダゾール6aの合成



2−[3−(7′−ブロモ−9,9′−スピロビ[フルオレン]−2′−イル)フェニル]−1−フェニルベンゾイミダゾール(3a)の合成

0209

変形体
保護ガス下で2リットル四つ口フラスコに、400ミリリットルのトルエン、400ミリリットルの1,4−ジオキサンおよび200ミリリットルの脱イオン水中の、50.0g(105ミリモル、1.00当量)の2,7−ジブロモ−9,9′−スピロビフルオレン1a、41.7g(105ミリモル、1.00当量)の1−フェニル−2− [3−(4,4,5,5−テトラメチル−1,3,2−ジオキサボロラン−2−イル)フェニル]−1H−ベンゾイミダゾール2aおよび36.4g(263ミリモル、2.50当量)の炭酸カリウム初期導入し、さらに脱気する。引き続いて、1.22g(1.05ミリモル、0.01当量)のテトラキストリフェニルホスフィン)パラジウム(0)を添加し、さらに混合物を還流下で一晩加熱する。反応が終了したら、バッチを冷却し、セライト濾過し、さらに1リットルのトルエンで希釈する。溶液を各回300ミリリットルの半飽和塩ナトリウム溶液で3回洗浄し、硫酸ナトリウムで乾燥後、ロータリーエバポレーターで約200ミリリットルに濃縮する。沈殿した固体を濾過し、さらに真空下で乾燥させる。二置換副生成物を昇華により分離し、22.0g(33.1ミリモル、32%)の所望の生成物3aを得る。

0210

変形体B
手順は、変形体Aのそれと同様に行なうが、ここでは、テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0)の代わりに0.01当量の酢酸パラジウム(II)および0.01当量のジシクロヘキシル(2′,6′−ジメトキシビフェニル−2−イル)−ホスフィン(SPhos)を使用する。

0211

下記のものを同様に反応させる:

0212

1−フェニル−2−[3−[7′−(4,4,5,5−テトラメチル−1,3,2−ジオキサボロラン−2−イル)−9,9′−スピロビ[フルオレン]−2′−イル]フェニル]ベンゾイミダゾール4aの合成
1リットルの四つ口フラスコに、500ミリリットルの乾燥した1,4−ジオキサン中の、22.0g(33.1ミリモル、1.00当量)の2−[3−(7′−ブロモ−9,9′−スピロビ[フルオレン]−2′−イル)フェニル]−1−フェニルベンゾイミダゾール3a、8.84g(30.1ミリモル、0.91当量)のビス(ピナコラト)ジボロンおよび26.0g(265ミリモル、8.00当量)の酢酸カリウムを初期導入し、さらに30分間脱気する。引き続いて、812mg(0.995ミリモル、0.0300当量)の1,1−ビス(ジフェニルホスフィノフェロセンジクロロパラジウム(II)のDCMとの錯体を添加し、さらに混合物を80℃の内部温度に加熱する。一晩撹拌した後、バッチを冷却し、さらに沈殿した固体を吸引濾過する。濾液をロータリーエバポレーターで約50ミリリットルに濃縮し、さらに沈殿した固体を同様に吸引濾過する。固体を合わせ、さらに乾燥させ、21.0g(29.5ミリモル、89%)のボロン酸エステル4aを得る。

0213

下記のものを同様に反応させる:

0214

2−[3−[7′−(4,6−ジフェニル−1,3,5−トリアジン−2−イル)−9,9′−スピロビ[フルオレン]−2′−イル]フェニル]−1−フェニルベンゾイミダゾール6aの合成
変形体A
1リットルの三つ口フラスコに、200ミリリットルのトルエン、200ミリリットルの1,4−ジオキサンおよび100ミリリットルの脱イオン水中の、21.0g(29.5ミリモル、1.00当量)の1−フェニル−2−[3−[7′−(4,4,5,5−テトラメチル−1,3,2−ジオキサボロラン−2−イル)−9,9′−スピロビ[フルオレン]−2′−イル]フェニル]ベンゾイミダゾール4aおよび7.90g(29.5ミリモル、1.00当量)の2−クロロ−4,6−ジフェニル−1,3,5−トリアジン5a並びに3.75g(35.4ミリモル、1.20当量)の炭酸ナトリウムを初期導入し、さらに20分間脱気する。1.02g(0.885ミリモル、0.0300当量)のテトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0)を添加した後、バッチを還流下で2日間加熱し、さらに反応が終了したら冷却する。沈殿した固体を吸引濾過し、水と少量のトルエンで洗浄し、さらに引き続いてHPLC純度>99.9%が達成されるまでトルエン/ヘプタンから多数回再結晶させる。昇華により、11.5g(14.0ミリモル、43%)の無色の固体6aを得る。

0215

変形体B
手順は、変形体Aのそれと同様に行なうが、ここでは、テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0)の代わりに0.01当量の酢酸パラジウム(II)および0.04当量のトリ(o−トリル)ホスフィンを使用する。

0216

変形体C
手順は、変形体Aのそれと同様に行なうが、ここでは、テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0)の代わりに0.01当量の酢酸パラジウム(II)および0.01当量のジシクロヘキシル(2′,6′−ジメトキシ−ビフェニル−2−イル)−ホスフィン(SPhos)を使用する。

0217

下記のものを同様に製造する:

0218

実施例2
2−(3−[1−フェニル−1H−ベンゾイミダゾール−2−イル]フェニル)−4−フェニル−6−(9,9′−スピロビ[9H−フルオレン]−2−イル)−1,3,5−トリアジン11a

0219

2−クロロ−4−フェニル−6−(9,9′−スピロビ[9H−フルオレン]−2−イル)−1,3,5−トリアジン9aの合成
変形体A
保護ガス下で2リットルの四つ口フラスコに、300ミリリットルのトルエン、300ミリリットルの1,4−ジオキサンおよび300ミリリットルの脱イオン水中の、24.5g(67.9ミリモル、1.00当量)の9,9′−スピロビフルオレン−2′−イルボロン酸7a、15.4g(68.3ミリモル、1.01当量)の2,4−ジクロロ−6−フェニル−1,3,5−トリアジン8aおよび9.04g(85.3ミリモル、1.26当量)の炭酸ナトリウムを初期導入し、さらに脱気する。引き続いて、0.850g(0.736ミリモル、0.01当量)のテトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0)を添加し、さらに、混合物を還流下で24時間加熱する。反応の終了後、バッチを冷却し、さらに100ミリリットルの酢酸エチルで希釈する。相を分液漏斗で分離し、水相を酢酸エチルで3回抽出し、さらに、合わせた有機相を水でもう一度洗浄する。次いで、混合物を硫酸ナトリウムで乾燥させ、さらに、溶液を黄褐色の固体が沈殿するまで濃縮する。固体を濾過し、熱エタノールで撹拌することにより洗浄し、さらに再濾過の後、真空下で乾燥させる。溶離液としてヘプタン/ジクロロメタン5:1を用いたカラムクロマトグラフィーにより生成物を精製し、9.90g(19.6ミリモル、29%)の無色の固体を得る。

0220

変形体B
手順は、変形体Aのそれと同様に行なうが、ここでは、テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0)の代わりに0.01当量の酢酸パラジウム(II)および0.04当量のトリ(o−トリル)ホスフィンを使用する。

0221

変形体C
手順は、変形体Aのそれと同様に行なうが、ここでは、テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0)の代わりに0.01当量の酢酸パラジウム(II)および0.01当量のジシクロヘキシル(2′,6′−ジメトキシビフェニル−2−イル)−ホスフィン(SPhos)を使用する。

0222

変形体D
手順は、変形体Aのそれと同様に行なうが、ここでは、テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0)の代わりに0.02当量の1,1−ビス(ジフェニルホスフィノ)フェロセンジクロロパラジウム(II)のDCMとの錯体を使用し、さらに溶媒として乾燥したトルエンを使用する。

0223

下記のものを同様に製造する:

0224

2−(3−[1−フェニル−1H−ベンゾイミダゾール−2−イル]フェニル)−4−フェニル−6−(9,9′−スピロビ[9H−フルオレン]−2−イル)−1,3,5−トリアジン11aの合成
変形体A
250ミリリットルの三つ口フラスコに、35ミリリットルのトルエン、35ミリリットルの1,4−ジオキサンおよび35ミリリットルの脱イオン水中の、9.90g(19.6ミリモル、1 0.00当量)の2−クロロ−4−フェニル−6−(9,9′−スピロビ[9H−フルオレン]−2−イル)−1,3,5−トリアジン9a、8.53g(21. 5ミリモル、1.10当量)の1−フェニル−2−[3−(4,4,5,5−テトラメチル−1,3,2−ジオキサボロラン−2−イル)−フェニル]−1H−ベンゾイミダゾール10aおよび4.57g(43.1ミリモル、2.20当量)の炭酸ナトリウムを初期導入し、さらに脱気する。引き続いて、1.13g(0.980ミリモル、0.05当量)のテトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0)を添加し、さらに混合物を還流下で48時間加熱する。反応が終了したらバッチを冷却し、さらに沈殿した固体を吸引濾過する。得られた粗生成物を、抽出、ヘプタン/トルエンからの3回の再結晶および昇華により精製し、4.83g(6.54ミリモル、33%)の、HPLC純度>99.9%を有する固体を得る。

0225

変形体B
手順は、変形体Aのそれと同様に行なうが、ここでは、テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0)の代わりに0.02当量の1,1−ビス(ジフェニルホスフィノ)フェロセンジクロロパラジウム(II)のDCMとの錯体を使用し、さらに溶媒として乾燥したトルエンを使用する。

0226

変形体C
150ミリリットルのTHF中の、10.2g(22.2ミリモル、1.00当量)の2−ビフェニル−3−イル−4−クロロ−6−(9,9−ジメチル−9H−フルオレン−2−イル)−1,3,5−トルイジン9kおよび4.31g(22.2ミリモル、1.00当量)の2−フェニル−1H−ベンゾイミダゾール10kの溶液に、4.15ミリリットル(24.4ミリモル、1.10当量)のジイソプロピルエチルアミンヒューニッヒ塩基)を室温で添加する。反応混合物を、一晩撹拌し、さらに、反応が終了したら、溶媒を真空下で除去する。200ミリリットルのジクロロメタンを加えた後、溶液を水で3回抽出し、硫酸ナトリウムで乾燥し、さらに溶媒をロータリーエバポレーターで除去する。変形体Aと同様に精製を行ない、5.57g(9.02ミリモル、41%)の、所望の生成物11kを得る。

0227

下記のものを同様に製造する:

0228

実施例3
OLEDの製造および特性評価
以下の実施例V1〜E16に種々のOLEDについてのデータを示す(表1および2参照)。

0229

実施例V1〜E16の前処理:厚さ50nmの構造化ITO(インジウムスズ酸化物)で被覆されたガラス板に、処理の向上のために、20nmのPEDOT:PSS(ポリ(3,4−エチレンジオキシチオフェン)ポリ(スチレンスルホネート);ドイツ、Heraeus Precious MetalsGmbH社より購入クレヴィオスP VPAI4083(商標);スピンコーティングにより水溶液から塗布)を塗布する。これらの塗布されたガラス板は、OLEDを設ける基板を構成する。

0230

OLEDは、基本的に以下の層構造を有する。基板/正孔輸送層(HTL)/任意の中間層(IL)/電子遮断層(EBL)/発光層(EML)/任意の正孔遮断層(HBL)/電子輸送層(ETL)/任意の電子注入層(EIL)/および最後にカソード。カソードは、厚さ100nmのアルミニウム層で構成される。OLEDの正確な構造を表1に示す。OLEDの製造に必要とされる材料を表3に示す。

0231

全ての材料を真空チャンバ内での熱蒸着により塗布する。ここで、発光層は、常に、少なくとも1つのマトリックス材料(ホスト材料)と、同時蒸着によりマトリックス材料(単数もしくは複数)と特定の体積割合で混合される発光性ドーパント(エミッター)からなる。このようなIC1:IC3:TEG1(55%:35%:10%)のような表現は、ここでは、材料IC1が当該層中に55%の体積割合で存在し、IC3が当該層中に35%の割合で存在し、さらにTEG1が当該層中に10%の割合で存在していることを意味する。同様に、電子輸送層も2つの材料の混合物からなっていてもよい。

0232

OLEDは、標準的な方法によって特徴づけられる。この目的では、ランベルト放射特性を想定して電流電圧光束密度特性直線(IUL特性直線)から算出した光束密度の関数として、エレクトロルミネッセンススペクトル電流効率(cd/Aで測定)、電力効率(lm/Wで測定)および外部量子効率EQE、百分率として測定)並びに寿命を求める。エレクトロルミネッセンススペクトルは、1000cd/m2の光束密度で求め、さらに、それからCIE1931規定によるxおよびy色座標を算出する。表2中の用語U1000は、1000cd/m2の光束密度に対して必要とされる電圧を表わす。CE1000とPE1000はそれぞれ、1000cd/m2で達成される、電流および電圧効率を表わす。最後に、EQE1000は、1000cd/m2の動作光束密度での外部量子効率を表わす。寿命LTは、一定電流で動作する場合に、その後に光束密度が初期光束密度から特定の割合L1まで低下する時間で定義される。表2中のL0;j0=4000cd/m2およびL1=70%という表現は、列LTに示す寿命が、その後に光束密度が4000cd/m2から2800cd/m2まで低下する時間に相当することを意味する。同様に、L0;j0=20mA/cm2およびL1=80%は、20mA/cm2で動作する場合に、光束密度が時間LTの後、初期光束密度の80%まで低下することを意味する。

0233

種々のOLEDのデータを表2に要約する。実施例V1〜V3は、従来技術に従う比較例であり、実施例E1〜E16は、本発明によるOLEDのデータを示す。

0234

本発明によるOLEDの利点を説明するために、実施例のいくつかを以下に詳細に記載する。

0235

OLEDの電子輸送層(ETLもしくはEIL)における、本発明に係る混合物の使用
OLED中の電子注入および電子輸送層での使用において、本発明の材料は、成分の寿命および/または効率に関して従来技術に優る著しい改善をもたらす。本発明に従う化合物EG1の使用は、従来技術と比較して寿命を20%〜40%増大させることを可能にする(実施例V1およびV2とE1との比較並びにV3とE2との比較)。本発明に係る化合物の更なる技術的利点は、従来技術と比較して効率を約10%の増加させることである(実験V1とE1との比較)。

0236

0237

0238

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ