図面 (/)

技術 袋ナット用の電気抵抗溶接電極

出願人 青山省司
発明者 青山好高青山省司
出願日 2019年2月19日 (1年4ヶ月経過) 出願番号 2019-043156
公開日 2020年2月13日 (4ヶ月経過) 公開番号 2020-022993
状態 未査定
技術分野 スポット溶接
主要キーワード 鋼板材料 吸引停止 受入孔内 軸部外径 受入孔 電極先端面 円筒部外 切り詰める
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年2月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

袋ナット特有の形状を利用して、電極受入孔におけるナット保持を、安定した状態で確保すること。

解決手段

ナット本体1とカバー部材16を有する袋ナット20が溶接の対象とされており、電極本体1に結合した加圧部材9に、カバー部材16の円筒部17が挿入される受入孔12が形成され、電極本体1に、絶縁材料製で大径孔6と小径孔7が形成されたガイド筒8が挿入され、ストッパ部材21が、永久磁石22が収容されている大径部23と、永久磁石22の吸引力で袋ナット20を吸引するための小径部24によって構成され、ストッパ部材21がガイド筒8内に摺動可能な状態で挿入されており、小径部24の先端面に形成されたストッパ面27が受入孔12内に位置するように、小径部24の長さが設定されている。

概要

背景

特開2011−183414号公報に記載されている電気抵抗溶接電極は、雄ねじが形成された軸部と、この軸部に一体の円形フランジと、フランジ表面に形成された溶着用突起からなるプロジェクションボルト溶接の対象としている。そして、この電極においては、軸部を受入孔に挿入した状態で電極を進出させ、電極の先端面でフランジ面を加圧して鋼板部品ボルトを溶接することが記載されている。

概要

袋ナット特有の形状を利用して、電極の受入孔におけるナット保持を、安定した状態で確保すること。ナット本体1とカバー部材16を有する袋ナット20が溶接の対象とされており、電極本体1に結合した加圧部材9に、カバー部材16の円筒部17が挿入される受入孔12が形成され、電極本体1に、絶縁材料製で大径孔6と小径孔7が形成されたガイド筒8が挿入され、ストッパ部材21が、永久磁石22が収容されている大径部23と、永久磁石22の吸引力で袋ナット20を吸引するための小径部24によって構成され、ストッパ部材21がガイド筒8内に摺動可能な状態で挿入されており、小径部24の先端面に形成されたストッパ面27が受入孔12内に位置するように、小径部24の長さが設定されている。

目的

本発明は、上記の問題点を解決するために提供されたもので、袋ナット特有の形状を利用して、電極の受入孔におけるナット保持を、安定した状態で確保することを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ナット本体の片側の端面に溶着用突起が設けられ、他側の端面に円筒部を有するカバー部材一体化されている袋ナットが、鋼板部品に対する溶接の対象とされており、断面円形円筒状とされた電極本体が金属材料を用いて構成され、前記電極本体の端部に結合した加圧部材に、前記カバー部材の円筒部が挿入される受入孔が形成され、前記電極本体に、絶縁材料製で大径孔小径孔が形成されたガイド筒が挿入され、ストッパ部材が、永久磁石が収容されている大径部と、永久磁石の吸引力で袋ナットを吸引するための小径部によって構成され、前記ストッパ部材の大径部が前記ガイド筒の大径孔に摺動可能な状態で挿入されているとともに、ストッパ部材の小径部がガイド筒の小径孔に摺動可能な状態で挿入されており、前記小径部の先端面に形成されたストッパ面が前記受入孔内に位置するように、小径部の長さが設定されていることを特徴とする袋ナット用の電気抵抗溶接電極

請求項2

ナット本体の片側の端面に溶着用突起が設けられ、他側の端面に円筒部を有するカバー部材が一体化されている袋ナットが、鋼板部品に対する溶接の対象とされており、断面円形で円筒状とされた電極本体が金属材料を用いて構成され、前記電極本体の端部に結合した加圧部材に、前記カバー部材の円筒部と前記ナット本体が挿入される受入孔が形成され、前記電極本体に、絶縁材料製で大径孔と小径孔が形成されたガイド筒が挿入され、ストッパ部材が、永久磁石が収容されている大径部と、永久磁石の吸引力で袋ナットを吸引するための小径部によって構成され、前記ストッパ部材の大径部が前記ガイド筒の大径孔に摺動可能な状態で挿入されているとともに、ストッパ部材の小径部がガイド筒の小径孔に摺動可能な状態で挿入されており、前記小径部の先端面に形成されたストッパ面が前記小径孔の開口端の近傍に位置するように、小径部の長さが設定されていることを特徴とする袋ナット用の電気抵抗溶接電極。

技術分野

0001

この発明は、ナット本体にカバー部材一体化されている袋ナット溶接の対象とした電気抵抗溶接電極に関している。

背景技術

0002

特開2011−183414号公報に記載されている電気抵抗溶接電極は、雄ねじが形成された軸部と、この軸部に一体の円形フランジと、フランジ表面に形成された溶着用突起からなるプロジェクションボルトを溶接の対象としている。そして、この電極においては、軸部を受入孔に挿入した状態で電極を進出させ、電極の先端面でフランジ面を加圧して鋼板部品ボルトを溶接することが記載されている。

先行技術

0003

特開2011−183414号公報

発明が解決しようとする課題

0004

上述のようなプロジェクションボルト溶接であると、フランジ面を加圧するものであるから、電極先端面とフランジ面の密着面積が大きく設定できるので、ボルトが電極の中心軸線から多少ずれていても、十分な加圧力をボルトに及ぼすことができる。とくに、直径方向にボルトがずれていても電極加圧力を正常に作用させることができる。この直径方向のずれ変位は、軸部に雄ねじが形成されているので、軸部を円滑に挿入孔へ差し込むために、軸部外径受入孔内径の間の空隙を大きく設定する必要があり、必然的に偏心量が大きくなる。

0005

しかしながら、ナット本体にカバー部材が一体化されているような構造の袋ナットにおいては、電極先端面とナット本体の密着面積を大きくすることができないので、袋ナットが電極の中心軸線から少しでもずれていると、ナット本体に対する加圧力が片寄った状態で作用することになり、正常な溶接が確保できない、という問題がある。また、袋ナットでは、カバー部材の質量よりもナット本体の質量の方が遥かに大きいので、電極の受入孔におけるナット保持が不安定になる、という問題がある。

0006

本発明は、上記の問題点を解決するために提供されたもので、袋ナット特有の形状を利用して、電極の受入孔におけるナット保持を、安定した状態で確保することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

請求項1記載の発明は、
ナット本体の片側の端面に溶着用突起が設けられ、他側の端面に円筒部を有するカバー部材が一体化されている袋ナットが、鋼板部品に対する溶接の対象とされており、
断面円形円筒状とされた電極本体が金属材料を用いて構成され、
前記電極本体の端部に結合した加圧部材に、前記カバー部材の円筒部が挿入される受入孔が形成され、
前記電極本体に、絶縁材料製で大径孔小径孔が形成されたガイド筒が挿入され、
ストッパ部材が、永久磁石が収容されている大径部と、永久磁石の吸引力で袋ナットを吸引するための小径部によって構成され、
前記ストッパ部材の大径部が前記ガイド筒の大径孔に摺動可能な状態で挿入されているとともに、ストッパ部材の小径部がガイド筒の小径孔に摺動可能な状態で挿入されており、
前記小径部の先端面に形成されたストッパ面が前記受入孔内に位置するように、小径部の長さが設定されていることを特徴とする袋ナット用の電気抵抗溶接電極である。

発明の効果

0008

カバー部材が加圧部材の受入孔に挿入されると、永久磁石の吸引力が小径部を経てカバー部材に作用し、カバー部材は受入孔内へ引き込まれ、カバー部材の先端部分がストッパ面に吸着される。この段階では、加圧部材の加圧面とナット本体の間にわずかな隙間が形成されている。ついで、カバー部材がストッパ面に吸引された保持状態で電極が進出すると、ナット本体の溶着用突起が鋼板部品に押し付けられる。さらに押し付けが進行すると、この押し付け反力が作用してストッパ部材が相対的に押し込まれ、加圧部材の加圧面がナット本体に密着する。この状態で溶接電流通電され、溶接が完了する。

0009

カバー部材の円筒部は、真っ直ぐな円筒面を有し、滑らかな表面とされた円管状の部材であり、前述の雄ねじのような表面の凹凸がないので、受入孔内面と円筒部外面との空隙を大幅に小さくすることが可能となり、袋ナットが電極の中心軸線からずれる寸法を最小化できる。換言すると、受入孔内面と円筒部外面との空隙を実質的にゼロとし、カバー部材を受入孔に挿入したり引き出したりできる、いわゆる摺動状態でカバー部材の嵌入度合いを切り詰めることができる。これにともなって、袋ナットが電極の中心軸線に対して同軸状態で保持され、ナット本体と加圧部材の加圧面との相対位置が正確に設定され、加圧面はナット本体の被加圧面の全周域にわたって接触し、加圧面の被加圧面に対する加圧力はナット本体に対して片寄ることなく作用し、各溶着用突起の溶着状態全域にわたって均一に良好になされて、溶接品質が向上する。

0010

袋ナットにおいてはその形状の特徴として、ナット本体とカバー部材が一体化されたものなので、通常のプロジェクションナットよりも軸線方向長さが著しく長くなっている。つまり、背が高くなっている。このため、溶接後、カバー部材先端部に横方向の何等かの外力が作用すると、溶着部剥離や破損をして袋ナット全体の傾きが増大する恐れがある。このような傾きは、加圧部材の加圧面がナット本体の被加圧面に対して全周にわたって均一に接触して加圧されていないために、各溶着用突起の溶融状態にばらつきがあることが原因になっている。このような問題を回避するために、加圧部材の加圧面がナット本体の被加圧面に対して全周にわたって均一に接触して加圧されることが必須である。このような正常な接触状態によって、袋ナットが電極の中心軸線と同軸もしくはほぼ同軸となるように維持されているので、図2(B)に示すように、加圧面は被加圧面に対して全域にわたって接触し、各溶着用突起の鋼板部品に対して均一な加圧加重となっている。したがって、背の高い袋ナットであっても、鋼板部品に対して傾きなく強固な溶接が確保できる。

0011

小径部のストッパ面が受入孔内に位置するように、小径部の長さが設定されているので、カバー部材が受入孔内に挿入され受入孔で包囲されたままの状態で、受入孔の長手方向の途中に待機しているストッパ面でカバー部材が吸引停止とされる。このように受入孔内においてカバー部材に吸引力が作用しているとともに、カバー部材の円筒部は実質的に隙間なく受入孔に差し込まれている。したがって、袋ナットの下部に直径方向の何等かの外力が作用しても、電極の中心軸線に対する袋ナット揺動変位は実害のないレベルにすることができる。これによって正常な溶接が実現する。

0012

小径部の先端面に形成されたストッパ面が受入孔内に位置するように、小径部の長さが設定されているので、小径部の長さをできるだけ長くすることができ、小径部から永久磁石に伝達される熱量を少なくして、永久磁石の耐久性を向上させることが可能となる。

0013

請求項2記載の発明は、
ナット本体の片側の端面に溶着用突起が設けられ、他側の端面に円筒部を有するカバー部材が一体化されている袋ナットが、鋼板部品に対する溶接の対象とされており、
断面円形で円筒状とされた電極本体が金属材料を用いて構成され、
前記電極本体の端部に結合した加圧部材に、前記カバー部材の円筒部と前記ナット本体が挿入される受入孔が形成され、
前記電極本体に、絶縁材料製で大径孔と小径孔が形成されたガイド筒が挿入され、
ストッパ部材が、永久磁石が収容されている大径部と、永久磁石の吸引力で袋ナットを吸引するための小径部によって構成され、
前記ストッパ部材の大径部が前記ガイド筒の大径孔に摺動可能な状態で挿入されているとともに、ストッパ部材の小径部がガイド筒の小径孔に摺動可能な状態で挿入されており、
前記小径部の先端面に形成されたストッパ面が前記小径孔の開口端の近傍に位置するように、小径部の長さが設定されていることを特徴とする袋ナット用の電気抵抗溶接電極である。

0014

受入孔にカバー部材の円筒部とナット本体が挿入されるので、袋ナット全体が受入孔で保持されることとなり、袋ナットの保持安定性が向上する。小径部の先端面に形成されたストッパ面が小径孔の開口端の近傍に位置するように、小径部の長さが設定されているので、小径部の長さを短くすることができ、これによって永久磁石の吸引力をより強く袋ナットに作用させることが可能となり、袋ナットの保持安定性が向上する。

図面の簡単な説明

0015

電極全体と関連局部の断面図である。袋ナットの平面図と断面図である。他の実施例を示す断面図である。

0016

つぎに、本発明の袋ナット用の電気抵抗溶接電極を実施するための形態を説明する。

0017

図1および図2は、本発明の実施例1を示す。

0018

最初に、電極本体について説明する。

0019

クロム銅のような銅合金製導電性金属材料で作られた電極本体1は、円筒状の形状であり、断面円形とされている。この電極本体1は、可動電極であり、エアシリンダ(図示していない)などの進退駆動手段の結合部材2に、テーパ嵌合などで一体化されている。

0020

電極本体1は、結合部材2に結合されている円筒型基部材3と、円筒型の接続部材4がねじ部5で一体化されている。電極本体1、ここでは接続部材4に絶縁材料製で大径孔6と小径孔7が形成された円筒型のガイド筒8が挿入されている。加圧部材9が、電極本体1の端部にねじ部10によって結合されている。この加圧部材9に貫通した状態の受入孔12が形成してあり、そこに後述の袋ナットが挿入される。加圧部材9の先端面が平坦な加圧面11とされている。電極の中心軸線O−Oは、加圧面11に直交している。なお、ガイド筒8の合成樹脂材料としては、耐熱耐摩耗性にすぐれたものであればよく、ポリテトラフルオロエチレン商品名=テフロン登録商標)を使用するのが望ましい。別の材料として、ポリアミド樹脂の中から、耐熱性、耐摩耗性にすぐれた樹脂を採用することも可能である。

0021

つぎに、袋ナットについて説明する。

0022

袋ナット20は鉄製であり、ナット本体13とカバー部材16によって構成されている。ナット本体13にねじ孔14が形成され、片側の端面に溶着用突起15が設けられている。溶着用突起15は、同一円周上に120度間隔で3個設けてある。他側の端面にカバー部材16が結合してある。カバー部材16は、真っ直ぐな円筒部17と、この円筒部17に滑らかに連なっている球形部18を有したもので、鋼板材料プレス成型をしたものである。円筒部17の端部がナット本体13に溶接してある。図2(A)に示すように、ナット本体13の直径はカバー部材16の直径よりもわずかに大きく形成してあり、これによってナット本体13とカバー部材16の境界部、すなわちナット本体13の端面に、幅の狭い環状の被加圧面19が形成されている。なお、ナット本体13は、六角形が一般的であるが、四角形八角形であってもよい。

0023

加圧部材9の受入孔12の内径は、カバー部材16の円筒部17の直径よりもわずかに大きくなっている。こうすることによって、カバー部材16を受入孔12に挿入したときに、袋ナット20の直径方向の移動は実質的にゼロであり、中心軸線O−O方向の摺動だけが許されている。

0024

つぎに、ストッパ部材について説明する。

0025

ストッパ部材21は、永久磁石22が収容されている大径部23と、永久磁石22の吸引力で袋ナット20を吸引するための小径部24によって構成されている。大径部23は、断面円形の器状の形とされ、その中に永久磁石22がはめ込んである。また、小径部24は、断面円形の棒状とされ、大径部23に溶接してある。黒く塗り潰した箇所が溶接部26である。大径部23は、ガイド筒8の大径孔6に摺動可能な状態で挿入されており、小径部24は、ガイド筒8の小径孔7に摺動可能な状態で挿入されている。大径部23は、ステンレス鋼のような非磁性材料で構成してある。また、小径部24は、軟鉄のような磁性材料で構成してある。

0026

小径部24は受入孔12内まで伸ばされており、その先端面に形成されたストッパ面27が受入孔12内に位置するように、小径部24の長さが設定されている。また、小径部24の直径は、受入孔12の内径よりも小さく設定してあり、これによって空隙28が形成されている。

0027

基部材3の内側に、カップ状の断熱絶縁材31が差し込んであり、断熱・絶縁材31とストッパ部材21の間に圧縮コイルスプリング32が配置してある。圧縮コイルスプリング32の張力によって、ストッパ部材21の大径部23の端面33がガイド筒8の大径孔6の内端面34に押し付けられている。この押し付けによって、ストッパ面27の待機位置が設定される。上記断熱・絶縁材31は、ポリテトラフルオロエチレン(商品名=テフロン・登録商標)のような合成樹脂材で作られている。

0028

電極本体1と同軸状態で、固定電極29が配置され、その上に鋼板部品30が載置してある。

0029

カバー部材16を受入孔12に挿入する方法としては、作業者が手で受入孔12に差し込んだり、駆動手段で動作する供給ロッドで差し込んだりする。

0030

つぎに、動作を説明する。

0031

カバー部材16が加圧部材9の受入孔12に挿入されると、永久磁石22の吸引力が小径部24を経てカバー部材16に作用し、カバー部材16は受入孔12内へ引き込まれ、カバー部材16の先端部分(球形部18)がストッパ面27に吸着される。この段階では、加圧部材9の加圧面11とナット本体13の被加圧面19の間にわずかな隙間Lが形成されている。ついで、カバー部材16がストッパ面27に吸引された保持状態で電極本体1が進出すると、ナット本体13の溶着用突起15が鋼板部品30に押し付けられる。さらに押し付けが進行すると、この押し付け反力が作用して、圧縮コイルスプリング32を縮めながらストッパ部材21が相対的に押し込まれ、加圧部材9の加圧面11がナット本体13の被加圧面19に全域にわたってぴったりと密着する。この状態で溶接電流が通電され、鋼板部品30への溶接が完了する。

0032

以上に説明した実施例の作用効果は、つぎのとおりである。

0033

カバー部材16の円筒部17は、真っ直ぐな円筒面を有し、滑らかな表面とされた円管状の部材であり、前述の雄ねじのような表面の凹凸がないので、受入孔12の内面と円筒部17の外面との空隙を大幅に小さくすることが可能となり、袋ナット20が電極の中心軸線O−Oからずれる寸法を最小化できる。換言すると、受入孔12の内面と円筒部17の外面との空隙を実質的にゼロとし、カバー部材16を受入孔12に挿入したり引き出したりできる、いわゆる摺動状態でカバー部材16の嵌入度合いを切り詰めることができる。これにともなって、袋ナット20が電極の中心軸線O−Oに対して同軸状態で保持され、ナット本体13と加圧部材9の加圧面11との相対位置が正確に設定され、加圧面11はナット本体13の被加圧面19の全周域にわたって接触し、加圧面11の被加圧面19に対する加圧力はナット本体13に対して片寄ることなく作用し、各溶着用突起15の溶着状態が全域にわたって均一に良好になされて、溶接品質が向上する。

0034

袋ナット20においてはその形状の特徴として、ナット本体13とカバー部材16が一体化されたものなので、通常のプロジェクションナットよりも軸線方向長さが著しく長くなっている。つまり、背が高くなっている。このため、溶接後、カバー部材16の先端部に横方向の何等かの外力が作用すると、溶着部が剥離や破損をして袋ナット20全体の傾きが増大する恐れがある。このような傾きは、加圧部材9の加圧面11がナット本体13の被加圧面19に対して全周にわたって均一に接触して加圧されていないために、各溶着用突起15の溶融状態にばらつきがあることが原因になっている。このような問題を回避するために、加圧部材9の加圧面11がナット本体13の被加圧面19に対して全周にわたって均一に接触して加圧されることが必須である。このような正常な接触状態によって、袋ナット20が電極の中心軸線O−Oと同軸もしくはほぼ同軸となるように維持されているので、図2(B)に示すように、加圧面11は被加圧面19に対して全域にわたって接触し、各溶着用突起15は鋼板部品30に対して均一な加圧加重となっている。したがって、背の高い袋ナット20であっても、鋼板部品30に対して傾きなく強固な溶接が確保できる。

0035

小径部24のストッパ面27が受入孔12内に位置するように、小径部24の長さが設定されているので、カバー部材16が受入孔12内に挿入され受入孔12で包囲されたままの状態で、受入孔12の長手方向の途中に待機しているストッパ面27でカバー部材16が吸引停止とされる。このように受入孔12内においてカバー部材16に吸引力が作用しているとともに、カバー部材16の円筒部17は実質的に隙間無く受入孔12に差し込まれている。したがって、袋ナット20の下部に直径方向の何等かの外力が作用しても、電極の中心軸線O−Oに対する袋ナット20の揺動変位は実害のないレベルにすることができる。これによって正常な溶接が実現する。

0036

小径部24の先端面に形成されたストッパ面27が受入孔12内に位置するように、小径部24の長さが設定されているので、小径部24の長さをできるだけ長くすることができ、小径部24から永久磁石22に伝達される熱量を少なくして、永久磁石22の耐久性を向上させることが可能となる。

0037

ナット本体13にカバー部材16が一体化された形状の袋ナット20においては、カバー部材16側のナット本体13の端面に形成される被加圧面19は、直径方向で見た幅が狭くなる。本実施例では、円筒部17が受入孔12内に実質的に隙間のない状態で差し込まれるので、カバー部材16は電極の中心軸線O−Oに対して同軸かまたは実質的に同軸となる高い位置精度が確保できる。したがって、被加圧面19の幅が狭くても、加圧部材9の加圧面11を被加圧面19の全周域にわたって密着させることができ、各溶着用突起15が均一に鋼板部品30に加圧され、良好な溶接品質がえられる。

0038

ナット本体13の質量が、カバー部材16の質量よりも大きくて、ナット本体13が加圧面11から露出しているのであるが、カバー部材16の円筒部17がぴったりと受入孔12に挿入されているので、質量にともなう袋ナット20の揺れ方向の変位を最小化できる。

0039

受入孔12内にまで伸ばされた小径部24は、その外径が受入孔12の内径よりも小さく設定され、小径部24と受入孔12の間に空隙28が存置されている。このような空隙28が存置されているので、永久磁石22の吸引力は小径部24からカバー部材16に対してだけ作用し、袋ナット20に対する吸引力を強く作用させることができる。

0040

図3は、本発明の実施例2を示す。

0041

この実施例2における袋ナット20は、ナット本体13にフランジ35が一体的に形成され、このフランジ35に溶着用突起15が設けてある。そして、受入孔12の長さを長くして、カバー部材16の円筒部17とナット本体13の双方が受入孔12に挿入できるようになっている。受入孔12の延長にともなって小径部24の先端面に形成されたストッパ面27が小径孔7の開口端37の近傍に位置するように、小径部24の長さが設定されている。

0042

受入孔12の内面とナット本体13の角部との空隙を実質的にゼロとし、ナット本体13を受入孔12に挿入したり引き出したりできる、いわゆる摺動状態でナット本体13の嵌入度合いを切り詰めてある。したがって、実施例1におけるカバー部材16を受入孔12に摺動状態で挿入したものと同じになる。なお、図3では、ナット本体13の角部と受入孔12の内面の間の空隙を誇張して図示してある。

0043

上記の小径孔7の開口端37の近傍とは、ガイド筒8の小径部分の端面とストッパ面27が同一仮想平面上に存在しているか、または、ガイド筒8の小径部分の端面とストッパ面27のいずれかが、袋ナット20側に僅かに突き出ていることを意味している。それ以外の構成は、図示されていない部分も含めて先の実施例1と同じであり、同様な機能の部材には同一の符号が記載してある。

実施例

0044

受入孔12にカバー部材16の円筒部17とナット本体13が挿入されるので、袋ナット20全体が受入孔12で保持されることとなり、袋ナット20の保持安定性が向上する。小径部24の先端面に形成されたストッパ面27が小径孔7の開口端37の近傍に位置するように、小径部24の長さが設定されているので、小径部24の長さを短くすることができ、これによって永久磁石22の吸引力をより強く袋ナット20に作用させることが可能となり、袋ナット20の保持安定性が向上する。それ以外の作用効果は、先の実施例1と同じである。

0045

上述のように、本発明の電極によれば、袋ナット特有の形状を利用して、電極の受入孔におけるナット保持を、安定した状態で確保する。したがって、自動車の車体溶接工程や、家庭電化製品板金溶接工程などの広い産業分野で利用できる。

0046

1電極本体
6 大径孔
7小径孔
8ガイド筒
9加圧部材
11加圧面
12受入孔
13ナット本体
15溶着用突起
16カバー部材
17円筒部
19 被加圧面
20袋ナット
21ストッパ部材
22永久磁石
23 大径部
24小径部
27ストッパ面
28 空隙
30鋼板部品
37開口端
L 隙間

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 本田技研工業株式会社の「 シーム溶接装置及びシーム溶接方法」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】ワーク位置検出センサの検出結果の異常原因(不具合)に対処する時間を削減することができるシーム溶接装置及びシーム溶接方法を提供する。【解決手段】シーム溶接装置10は、2つのフランジ13、15の縁... 詳細

  • 日本製鉄株式会社の「 自動車用の構造部材の製造方法」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】衝突特性に優れた構造部材を製造するにあたり、製造管理コストを低減する。【解決手段】構造部材の製造方法は、(a)平坦な本体用鋼板を準備する工程と、(b)平坦な第1の補強部材用金属板を準備する工程... 詳細

  • 本田技研工業株式会社の「 シーム溶接装置及びシーム溶接方法」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】ワーク位置検出センサの検出精度の低下を抑制できるシーム溶接装置及びシーム溶接方法を提供する。【解決手段】シーム溶接装置は、一対のローラ電極12A、12Bを一対のローラ電極12A、12Bの軸の向... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ