図面 (/)

技術 乳酸菌用培地

出願人 株式会社ヤクルト本社
発明者 中尾真澄寺井智彦奥村剛一久代明宮崎幸司
出願日 2018年8月7日 (1年10ヶ月経過) 出願番号 2018-148677
公開日 2020年2月13日 (4ヶ月経過) 公開番号 2020-022393
状態 未査定
技術分野 微生物、その培養処理
主要キーワード モノステアリン酸デカグリセリン チャック付き 自己消化液 無水結晶ぶどう糖 酵母エキス粉末 ジップ 本発明培地 ラミネート袋
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年2月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

食品素材で構成された乳酸菌用の培地であって、乳酸菌の培養による到達菌数が十分となる培地およびそれを利用した技術を提供する。

解決手段

概要

背景

これまで乳酸菌の培養に用いられる培地としては、主にMRS(deMan、Rogosa、Sharpe)培地が、すべての乳酸菌の発育を促すため、広く用いられている。

このMRS培地で乳酸菌を培養し、菌数を測定したり、物性を測定するには問題はないが、MRS培地には、食品素材として使用できない試薬が含まれているため、培養した乳酸菌を直接食品用途に用いることができなかった。

これまで、乳酸菌用の培地で、食品素材で構成されたものとしては、大麦焼酎蒸留残液からなる培養基材に糖類、乳化剤を添加した培地が報告されている(特許文献1)が、この培地では乳酸菌の培養による到達菌数が十分ではないという問題があった。

概要

食品素材で構成された乳酸菌用の培地であって、乳酸菌の培養による到達菌数が十分となる培地およびそれを利用した技術を提供する。大豆ペプチドおよび酵母エキスを含有する乳酸菌用培地。なし

目的

本発明の課題は、食品素材で構成された乳酸菌用の培地であって、乳酸菌の培養による到達菌数が十分となる培地およびそれを利用した技術を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

請求項2

更に、発酵大麦エキス乳化剤および糖類からなる群から選ばれる1種以上を含有する請求項1記載の乳酸菌用培地。

請求項3

発酵大麦エキスが、大麦焼酎蒸留残液である請求項2記載の乳酸菌用培地。

請求項4

乳化剤が、モノオレインデカグリセリンである請求項2又は3記載の乳酸菌用培地。

請求項5

糖類が、グルコースおよび/又は乳糖である請求項2〜4の何れか1項記載の乳酸菌用培地。

請求項6

大豆ペプチドが大豆ペプトンである請求項1〜5の何れか1項記載の乳酸菌用培地。

請求項7

酵母エキスがビール酵母エキスである請求項1〜6の何れか1項記載の乳酸菌用培地。

請求項8

ラクトバチルス属乳酸菌用である請求項1〜7の何れか1項記載の乳酸菌用培地。

請求項9

ラクトバチルス属乳酸菌が、ラクトバチルスクリスパータス、ラクトバチルス・アシドフィルス、ラクトバチルス・カゼイ、ラクトバチルス・デルブルッキーサブスピーシーズブルガリカス、ラクトバチルス・ヘルベティカス、ラクトバチルス・デルブルッキー・サブスピーシーズ・ラクティス、ラクトバチルス・プランタラム、ラクトバチルス・ガセリ、ラクトバチルス・アシピスシス、ラクトバチルス・ブレビス、ラクトバチルス・コリフォルミス、ラクトバチルス・デルブルッキー・サブスピーシーズ・デルブルッキー、ラクトバチルス・ケフィーリ、ラクトバチルス・ケフィラノファシエンス・サブスピーシーズ・ケフィラノファシエンス、ラクトバチルス・ケフィラノファシエンス・サブスピーシーズ・ケフィリグラナム、ラクトバチルス・ノデンシス、ラクトバチルス・パラブレビス、ラクトバチルス・パラカゼイ、ラクトバチルス・パラケフィーリ、ラクトバチルス・ペントーサス、ラクトバチルス・ぺロレンス、ラクトバチルス・ラムノーサス、ラクトバチルス・サリバリウス、ラクトバチルス・ツセッティ、ラクトバチルス・クルバタス、ラクトバチルス・ジョンソニー、ラクトバチルス・ファーメンタムおよびラクトバチルス・マリからなる群から選ばれる1種以上である請求項8記載の乳酸菌用培地。

請求項10

乳酸菌を、請求項1〜9の何れか1項記載の乳酸菌用培地で培養することを特徴とする乳酸菌の培養方法

請求項11

乳酸菌を、請求項1〜9の何れか1項記載の乳酸菌用培地で培養して得られることを特徴とする乳酸菌培養物

請求項12

乳酸菌と、請求項1〜9の何れか1項記載の乳酸菌用培地を含有することを特徴とする組成物

技術分野

0001

本発明は、乳酸菌の培養に好適な乳酸菌用培地に関する。

背景技術

0002

これまで乳酸菌の培養に用いられる培地としては、主にMRS(deMan、Rogosa、Sharpe)培地が、すべての乳酸菌の発育を促すため、広く用いられている。

0003

このMRS培地で乳酸菌を培養し、菌数を測定したり、物性を測定するには問題はないが、MRS培地には、食品素材として使用できない試薬が含まれているため、培養した乳酸菌を直接食品用途に用いることができなかった。

0004

これまで、乳酸菌用の培地で、食品素材で構成されたものとしては、大麦焼酎蒸留残液からなる培養基材に糖類、乳化剤を添加した培地が報告されている(特許文献1)が、この培地では乳酸菌の培養による到達菌数が十分ではないという問題があった。

先行技術

0005

特許第4921499号

発明が解決しようとする課題

0006

本発明の課題は、食品素材で構成された乳酸菌用の培地であって、乳酸菌の培養による到達菌数が十分となる培地およびそれを利用した技術を提供することである。

課題を解決するための手段

0007

本発明者らは、上記課題を解決するために鋭意研究した結果、大豆ペプチドおよび酵母エキスを含有する培地が、乳酸菌の培養による到達菌数が十分となることを見出し、本発明を完成させた。

0008

すなわち、本発明は、大豆ペプチドおよび酵母エキスを含有する乳酸菌用培地である。

0009

また、本発明は、乳酸菌を、上記乳酸菌用培地で培養することを特徴とする乳酸菌の培養方法である。

0010

更に、本発明は、乳酸菌を、上記乳酸菌用培地で培養して得られることを特徴とする乳酸菌培養物である。

0011

また更に、本発明は、乳酸菌と、上記の乳酸菌用培地を含有することを特徴とする組成物である。

0012

更にまた、本発明は、上記乳酸菌用培地を用いて培養した乳酸菌菌体分散媒に分散した後、凍結乾燥を行うことを特徴とする乳酸菌凍結乾燥菌体の製造方法である。

発明の効果

0013

本発明の乳酸菌用培地は、すべての乳酸菌の発育を促し、培養後の到達菌数が高いものとすることができる

0014

しかも、本発明の乳酸菌用培地は、食品素材で構成されているため、培養後、そのまま各種飲食品に利用することができる。

0015

本発明の乳酸菌用培地(以下、「本発明培地」という)は、大豆ペプチドおよび酵母エキスを含有するものである。

0016

上記大豆ペプチドは、大豆由来ペプチドであれば特に限定されないが、例えば、大豆を常法に従って酵素、酸等で加水分解してペプチドとしたもの等が挙げられる。この大豆ペプチドの分子量も特に限定されないが、例えば、10000以下程度である。なお、大豆ペプチドの分子量の測定はゲルろ過分析法を用いればよい。また、これら大豆ペプチドは1種または2種以上を用いることができる。これらの大豆ペプチドの中でも、大豆をプロテアーゼ等の酵素で加水分解した大豆ペプトンが好ましい。このような大豆ペプトンとしては、Bacterio−NSS−(B)K(登録商標マルハニチロ(株))、大豆ペプトン(オルガノフードテック(株))等が市販されている。

0017

本発明培地における大豆ペプチドの含有量は、特に限定されないが、例えば、0.1〜20質量%(以下、単に「%」という)、好ましくは0.5〜10%、特に好ましくは0.5〜5%である。

0018

上記酵母エキスは、酵母由来エキスであれば特に限定されないが、例えば、酵母自己消化液、酵母の抽出液等が挙げられる。酵母の抽出液を得る方法は特に限定されず、例えば、熱水アルコール等の溶媒で抽出する方法等が挙げられる。酵母エキスは、酵母の自己消化液、酵母の抽出液そのもの、あるいはこれらの濃縮液または粉末等でもよい。酵母の種類は特に限定されず、例えば、ビール酵母パン酵母ワイン酵母等が挙げられるが、ビール酵母が好ましい。また、これら酵母エキスは1種または2種以上を用いることができる。これら酵母エキスの中でもビール酵母エキスが好ましい。このようなビール酵母エキスとしては、ミーストP1G(登録商標、アサヒビール食品(株))、ミーストP2G(登録商標、アサヒビール食品(株))、酵母エキス B2(オリエンタル酵母工業(株))等が市販されている。

0019

本発明培地における酵母エキスの含有量は、特に限定されないが、例えば、酵母エキス粉末として0.1〜20%、好ましくは0.5〜10%である。

0020

本発明培地には、更に発酵大麦エキス、乳化剤および糖類からなる群から選ばれる1種以上、好ましくは全てを含有させてもよい。

0021

上記発酵大麦エキスは、発酵大麦由来のエキスであれば、特に限定されないが、例えば、大麦を発酵させて焼酎等の酒類を製造する際に得られる、酒類の蒸留後残液等が挙げられ、具体的には、大麦焼酎蒸留残液等が挙げられる。また、これら発酵大麦エキスは1種または2種以上を用いることができる。これらの発酵大麦エキスの中でも大麦焼酎蒸留残液が好ましい。このような大麦焼酎蒸留残液としては、バーレックス(登録商標、三和酒類(株))、バーレックスS(登録商標、三和酒類(株))等が市販されている。

0022

本発明培地における発酵大麦エキスの含有量は、特に限定されないが、例えば、エキス(液体)として0.1〜50%、好ましくは1.0〜25%である。

0023

上記乳化剤は、特に限定されないが、例えば、モノオレインデカグリセリンモノステアリン酸デカグリセリン等のポリグリセリン脂肪酸エステルが挙げられる。また、これら乳化剤は1種または2種以上を用いることができる。これら乳化剤の中でもポリグリセリン脂肪酸エステルのうち親水性のポリグリセリン脂肪酸エステルが好ましく、特にモノオレイン酸デカグリセリンが好ましい。このモノオレイン酸デカグリセリンとしては、サンソフトQ−17S(登録商標、太陽化学(株))、NIKKOL DECAGLYN 1-OV(日光ケミカルズ(株))等が市販されている。

0024

本発明培地における乳化剤の含有量は、特に限定されないが、例えば、0.001〜5%、好ましくは0.01〜0.5%である。

0025

上記糖類は、乳酸菌が資化できるものであれば特に限定されないが、例えば、乳糖グルコース果糖ショ糖等が挙げられる。また、これら糖類は1種または2種以上を用いることができる。これら糖類の中でもグルコースおよび/又は乳糖が好ましく、乳糖がより好ましい。乳糖としては乳糖GranuLac200(メグレジパン(株))、MeggletoseB200(メグレジャパン(株))等が市販されている。グルコースとしては無水結晶ぶどう糖サンエイ糖化(株))等が市販されている。

0026

本発明培地における糖類の含有量は、特に限定されないが、例えば、0.1〜20%、好ましくは0.5〜5%である。

0027

更に、本発明培地には、ミネラル分や乳酸菌の増殖を阻害しない成分であって操作性をよくする成分(消泡剤等)等を含有させてもよい。

0028

本発明培地の好ましい態様としては、次のものが挙げられる。
大豆ペプチド0.1〜20%、好ましくは0.5〜5%
酵母エキス0.1〜20%、好ましくは0.5〜10%
発酵大麦エキス0.1〜50%、好ましくは1.0〜25%
乳化剤0.001〜5%、好ましくは0.01〜0.5%
糖類 0.1〜20%、好ましくは0.5〜5%
水 残量

0029

本発明培地の最も好ましい態様としては、以下の組成であり、この組成の培地をSMB培地という。
大豆ペプトン2%
酵母エキス2%
発酵大麦エキス6%
モノオレイン酸デカグリセリン0.1%
乳糖2%
水 残量

0030

本発明培地は、上記成分を水、乳等の培地基材に、溶解させ、pH調整、殺菌等をすることにより調製することができる。pH調整方法としては水酸化ナトリウム等を添加すればよく、好ましいpHとしては6.0〜7.2、より好ましいpHとしては6.2〜7.0が挙げられる。なお、本発明に糖類を含有させる場合には、糖類以外を上記基材に溶解させ、殺菌後、糖類を溶解させることが好ましい。

0031

なお、本発明培地は、培地基材以外の成分を一つに封入し、培地キットとすることもできる。そして、使用時に、この培地キットを適宜基材に溶解させればよい。

0032

以上説明した本発明培地は、乳酸菌の培養に用いることができる。本発明培地を用いた乳酸菌の培養条件は特に限定されず、通常の乳酸菌の培養条件を適用することができる。本発明培地で培養できる乳酸菌の種類は特に限定されず、ラクトバチルス属エンテロコッカス属ラクトコッカス属ストレプトコッカス属、ビフィドバクテリウム属の乳酸菌等が挙げられる。これらの乳酸菌の中でもラクトバチルス属の乳酸菌が好ましく、ラクトバチルス属の乳酸菌の中でもラクトバチルスクリスパータス(Lactobacillus crispatus)、ラクトバチルス・アシドフィルス(Lactobacillus acidophilus)、ラクトバチルス・カゼイ(Lactobacillus casei)、ラクトバチルス・デルブルッキーサブスピーシーズブルガリカス(Lactobacillus delbrueckii subsp. bulgaricus)、ラクトバチルス・ヘルベティカス(Lactobacillus helveticus)、ラクトバチルス・デルブルッキー・サブスピーシーズ・ラクティス(Lactobacillus delbrueckii subsp. lactis)、ラクトバチルス・プランタラム(Lactobacillus plantarum)、ラクトバチルス・ガセリ(Lactobacillus gasseri)、ラクトバチルス・アシピスシス(Lactobacillus acidipiscis)、ラクトバチルス・ブレビス(Lactobacillus brevis)、ラクトバチルス・コリフォルミス(Lactobacillus coryniformis)、ラクトバチルス・デルブルッキー・サブスピーシーズ・デルブルッキー(Lactobacillus delbrueckii subsp. delbrueckii)、ラクトバチルス・ケフィーリ(Lactobacillus kefiri)、ラクトバチルス・ケフィラノファシエンス・サブスピーシーズ・ケフィラノファシエンス(Lactobacillus kefiranofaciens subsp. kefiranofaciens)、ラクトバチルス・ケフィラノファシエンス・サブスピーシーズ・ケフィリグラナム(Lactobacillus kefranofaciens subsp. kefirgranum)、ラクトバチルス・ノデンシス(Lactobacillus nodensis)、ラクトバチルス・パラブレビス(Lactobacillus parabrevis)、ラクトバチルス・パラカゼイ(Lactobacillus paracasei)、ラクトバチルス・パラケフィーリ(Lactobacillus parakefiri)、ラクトバチルス・ペントーサス(Lactobacillus pentosus)、ラクトバチルス・ぺロレンス(Lactobacillus perolens)、ラクトバチルス・ラムノーサス(Lactobacillus rhamnosus)、ラクトバチルス・サリバリウス(Lactobacillus salivarius)、ラクトバチルス・ツセッティ(Lactobacillus tucceti)、ラクトバチルス・クルバタス(Lactobacillus curvatus)、ラクトバチルス・ジョンソニー(Lactobacillus johnsonii)、ラクトバチルス・ファーメンタム(Lactobacillus fermentum)、ラクトバチルス・マリ(Lactobacillus mali)がより好ましい。これら乳酸菌の1種以上を培養することができる。これらの中でもラクトバチルス・クリスパータス、ラクトバチルス・アシドフィルス、ラクトバチルス・カゼイ、ラクトバチルス・ヘルベティカス、ラクトバチルス・デルブルッキー・サブスピーシーズ・ラクティス、ラクトバチルス・プランタラム、ラクトバチルス・ガセリが好ましく、ラクトバチルス・クリスパータスがより好ましく、ラクトバチルス・クリスパータス YIT 12319(FERM BP−11500、受託日:2011年4月28日、独立行政法人製品評価技術基盤機構特許生物寄託センター(〒292-0818日本国千葉県木更津市かずさ足2−5−8 120号室))が特に好ましい。

0033

本発明培地で乳酸菌を培養することにより、乳酸菌培養物が得られる。培養温度は乳酸菌によって適宜設定すればよいが、30〜37℃が好ましい。本発明培地は、食品素材で構成されているため、この乳酸菌培養物は、そのままあるいは、濃縮希釈、乾燥等をさせて、従来の飲食品等に配合することができる。また、乳酸菌と、本発明培地を含有する組成物も、同様にして、従来の飲食品等に配合することができる。

0034

上記組成物を配合することのできる飲食品としては、特に限定されるものではないが、例えば、ハムソーセージ等の食肉加工食品、かまぼこ、ちくわ等の水産加工食品、パン、菓子バターヨーグルト発酵乳清涼飲料乳製品乳酸菌飲料乳酸菌飲料等が挙げられる。また、飲食品の形態としては、通常用いられる飲食品の形態、例えば、粉末、顆粒等の固体状ペースト状、液状等が挙げられる。また、微生物乾燥菌体を、錠剤散剤チュアブル剤ハードカプセル剤ソフトカプセル剤丸剤ガム等 に加工してもよい。なお、口腔用組成物として、洗口剤練歯磨、粉歯磨、水歯磨、口腔用軟膏剤ゲル剤、錠剤、顆粒剤細粒剤グミゼリートローチタブレットカプセルキャンディーチューインガムなどに、またペットフード等に使用することも可能である。

0035

本発明培地は、乳酸菌凍結乾燥菌体の製造に利用することが可能である。乳酸菌凍結乾燥菌体を製造する方法は特に限定されず、公知の乳酸菌凍結乾燥菌体を製造する方法を適宜用いることが可能であるが、好ましくは、本発明培地を用いて培養した乳酸菌菌体を分散媒に分散した後、凍結乾燥を行う方法である。

0036

上記乳酸菌菌体を分散させる分散媒は乳酸菌の種類に合わせて適宜選択すればよいが、例えば、保護剤および抗酸化剤を含有する水溶液を用いることが好ましい。乳酸菌菌体を分散媒に分散させる方法は特に限定されず、分散媒に乳酸菌菌体を添加し、撹拌等をすればよい。また、分散媒に分散させる乳酸菌菌体の量は特に限定されないが、例えば、0.01〜20%程度である。なお、分散させる乳酸菌は基本的に生菌体だが、死菌体が含まれていてもよい。

0037

分散媒に用いられる保護剤は、特に限定されず、例えば、グルタミン酸や、グルタミン酸ナトリウムグルタミン酸カリウム等のグルタミン酸の塩、トレハローススクロースラクトースマルトース等の二糖類グリセロールマルトデキストリンサイクロデキストリン脱脂粉乳馬鈴薯デンプン等が挙げられる。これら保護剤は1種または2種以上を用いることができるが、トレハロース、脱脂粉乳および馬鈴薯デンプンを用いることが好ましい。分散媒における保護剤の含有量は、特に限定されないが、例えば、1〜40%が好ましく、3〜40%がより好ましく、3〜30%が特に好ましい。

0038

分散媒に用いられる抗酸化剤は、特に限定されず、例えば、アスコルビン酸や、アスコルビン酸ナトリウムアスコルビン酸カルシウム等のアスコルビン酸の塩、ビタミンEカテキングルタチオンアスタキサンチン等が挙げられる。これら抗酸化剤は1種または2種以上を用いることができるが、アスコルビン酸が好ましい。分散媒における抗酸化剤の含有量は、特に限定されないが、例えば、0.01〜10%が好ましく、0.05〜5%がより好ましい。

0039

分散媒としては、脱脂粉乳、トレハロース、アスコルビン酸および馬鈴薯デンプンからなる群から選ばれる1種以上を含有する水溶液が好ましく、脱脂粉乳、トレハロース、アスコルビン酸および馬鈴薯デンプンを含有する水溶液がより好ましく、脱脂粉乳、トレハロース、アスコルビン酸および馬鈴薯デンプンをそれぞれ3〜40%、3〜20%、0.1〜5%、3〜20%含有する水溶液が特に好ましい。なお、溶解してもpHに影響を与えない分散媒(馬鈴薯デンプン等)については、後述する乳酸菌菌体の分散媒懸濁液のpH調整後に当該分散媒を添加することもできる。

0040

上記のようにして乳酸菌菌体を分散媒に分散した後は、当該分散媒のpHをアルカリ側に調整することが好ましく、pHを7.5以上に調整することがより好ましく、pHを7.5〜10.5に調整することがさらに好ましく、pHを8.0〜10.0に調整することが最も好ましい。pHの調整は水酸化ナトリウム等のアルカリ物質を用いて行えばよい。

0041

分散媒のpHを調整した後は、凍結乾燥させる。凍結乾燥の条件は、特に限定されないが、例えば、−35℃〜−45℃で6〜48時間の凍結処理を行った後、12℃〜35℃で40〜90時間の乾燥処理を行う条件等を挙げることができる。なお、凍結乾燥機の例としては、TF20−80TANNS((株)宝製作所製)等を挙げることができる。

0042

斯くして得られる乳酸菌凍結乾燥菌体は、保存後も高い菌数を維持することができる。具体的には、乳酸菌凍結乾燥菌体を37℃で8週間保存後の生菌数が、乳酸菌菌体を分散媒に分散し、当該分散媒のpHを7.0に調整した後、凍結乾燥して得られる乳酸菌凍結乾燥菌体を37℃で8週間保存後の生菌数を100%とした時の120%以上である。なお、当然ながら、上記分散媒のpHを7.0に調整して得られる乳酸菌凍結乾燥菌体の製造には、分散媒のpHを7.5〜10.5に調整して得られる乳酸菌凍結乾燥菌体の製造に用いたのと、分散媒のpH以外は同じ条件、菌株を用いる。また、乳酸菌凍結乾燥菌体を37℃で8週間保存後の生残率(%)が、乳酸菌菌体を分散媒に分散し、当該分散媒のpHを7.0に調整した後、凍結乾燥して得られる乳酸菌凍結乾燥菌体を37℃で8週間保存後の生残率を100%とした時の110%以上であることがさらに好ましい。なお、生残率は(保存期間後の生菌数/保存0日の生菌数)×100として計算される。

0043

上記の乳酸菌凍結乾燥菌体は、そのまま、あるいは通常食品に添加される他の食品素材と混合することにより、食品や飲料に利用することができる。例えば、食品としては、ハム、ソーセージ等の食肉加工食品、かまぼこ、ちくわ等の水産加工食品、パン、菓子、バター、ヨーグルトや発酵乳等が挙げられる。飲料としては、清涼飲料、乳製品乳酸菌飲料、乳酸菌飲料等が挙げられる。また、飲食品の形態としては、通常用いられる飲食品の形態、例えば、粉末、顆粒等の固体状、ペースト状、液状等が挙げられる。また、微生物乾燥菌体を、錠剤、散剤、チュアブル剤、ハードカプセル剤、ソフトカプセル剤、丸剤、ガム等に加工してもよい。なお、口腔用組成物として、洗口剤、練歯磨、粉歯磨、水歯磨、口腔用軟膏剤、ゲル剤、錠剤、顆粒剤、細粒剤、グミゼリー、トローチ、タブレット、カプセル、キャンディー、チューインガムなどに、またペットフード等に使用することも可能である。

0044

以下、本発明を実施例を挙げて詳細に説明するが、本発明はこれら実施例に何ら限定されるものではない。

0045

実 施 例 1
培地の調製および乳酸菌の培養:
以下の表1に記載の成分を水に混合、溶解させ、次いで、pHを水酸化ナトリウムで6.2〜6.7に調整した後、殺菌して、培地を調製した。これらの培地にラクトバチルス・クリスパータスYIT 12319(FERM BP−11500、受託日:2011年4月28日、独立行政法人製品評価技術基盤機構特許生物寄託センター(〒292-0818日本国千葉県木更津市かずさ鎌足2−5−8 120号室)、以下、「LcY」ということもある)を0.25%接種し、37℃で12時間培養した。培養後の生菌数(cfu/ml)およびpHを、それぞれ測定した結果も表1に示した。なお、生菌数の測定は、スパイラルプレーター(EDDY JET、IUL Instruments)で行った。

0046

0047

この結果より、培地1〜4に比べて、大豆ペプチドと酵母エキスの両方を含む本発明の培地5および6は、培養後の生菌数が高くなることが分かった。

0048

実 施 例 2
培地の調製および乳酸菌の培養:
以下の表2に記載の成分を用いる以外は、実施例1と同様にして培地を調製した(この培地を「SMB培地」という)。この培地で表3に記載の乳酸菌を0.25%接種し、37℃で12時間または24時間培養した。また、比較としてMRS培地(ベクトンディッキンソンアンドカンパニー)を用い、乳酸菌を37℃で12時間または24時間培養した。培養後の生菌数を実施例1と同様にして測定した結果を表3に示した。

0049

0050

0051

この結果より、SMB培地は、合成培地であるMRS培地と同等あるいは同等以上の生菌数が得られることが分かった。

0052

実 施 例 3
培地の調製および乳酸菌の培養:
実施例2と同様のSMB培地にB.breve YIT 12272※11またはB.bifidum YIT 10347※12を1%接種し、嫌気条件下、37℃で12時間または24時間培養した。また、比較としてMRS培地(ベクトンディッキンソン・アンド・カンパニー)を用い、乳酸菌を嫌気条件下、37℃で12時間または24時間培養した。培養後の生菌数を実施例1と同様にして測定した結果、B.breve YIT 12272およびB.bifidum YIT 10347もSMB培地に生育することを確認した。
※11:FERM BP−11320、受託日:2010年2月16日、独立行政法人製品評価技術基盤機構特許生物寄託センター(〒292-0818日本国千葉県木更津市かずさ鎌足2−5−8 120号室)
※12:FERM BP−10613、受託日:2005年6月23日、独立行政法人製品評価技術基盤機構特許生物寄託センター(〒292-0818日本国千葉県木更津市かずさ鎌足2−5−8 120号室 )

0053

実 施 例 4
乳酸菌凍結乾燥菌体の製造:
(1)分散媒懸濁液の調製
SMB培地で前培養したLcYの培養液を、SMB培地2Lに0.1%ずつ接種後、37℃で12時間(定常期に達するまで)静置培養した。次いで、培養液をそれぞれ遠心(4℃、4500×g、7分間)し、菌体生理食塩水で1回洗浄後、LcYの菌体を分散媒(脱脂粉乳20%、トレハロース10%、アスコルビン酸1%を含有する水溶液)に添加・混合した(pH5.1)。pHを調整しない系では、さらに馬鈴薯デンプンを10%添加・混合し、分散媒懸濁液を得た。一方、分散媒のpHを調整する系では5N水酸化ナトリウムにてpH7.0および9.0にpHを調整した後、馬鈴薯デンプンを10%添加・混合し、分散媒懸濁液を得た。

0054

(2)凍結乾燥および粉砕
(1)で得た分散媒懸濁液を凍結乾燥器(TF20−80TANN:(株)宝製作所製)にてマイナス40℃で2日間凍結後、温20℃で2日間凍結乾燥を行った。この凍結乾燥物を粉砕し、LcY凍結乾燥菌体を得た。

0055

(3)保存試験
(2)で得たLcY凍結乾燥菌体を、チャック付きラミネート袋ラミジップ生産日本社製)に分包し、空気をよくぬきチャックを閉めた。その後、37℃にて表3に記載の期間保存し、保存前、保存後の生菌数を測定した。生菌数の測定は、スパイラルプレーター(EDDY JET、IUL Instruments)で行った。また、以下の式で生残率を算出した。さらに、pH無調整の生菌数を100%とした時に、pH7.0または9.0の生菌数との生菌数の比がいくつになるかを以下の式で算出した。それらの結果も表4に示した。

0056

0057

0058

この結果より、凍結乾燥前の分散媒のpHを高くすると生菌数や生残率が高くなることが分かった。なお、乳酸菌凍結乾燥菌体の37℃で8週間保存後の生菌数は、pH7.0に調整したものを100%とすると、pH9.0に調整したものは20290%であった。

0059

実 施 例 5
乳酸菌凍結乾燥菌体の製造:
実施例4において、静置培養を37℃で12時間行うのに代えて、30℃で22時間行う以外は同様にしてLcY凍結乾燥菌体を得た。これらについて実施例4と同様にして生菌数を測定し、生残率を算出した。また、pH7.0の生菌数を100%とした時に、pH9.0の生菌数との生菌数の比がいくつになるかを以下の式で算出した。その結果を表5に示した。

0060

0061

0062

この結果より、培養条件を代えても、凍結乾燥前の分散媒のpHを高くすると生菌数や生残率が高くなることが分かった。

実施例

0063

実 施 例 6
タンクでの培養:
200Lあるいは1000L容量のステンレスタンクに、SMB培地を160Lあるいは900L入れ、これに前培養したLcYを0.1%接種し、好気条件下、37℃で12時間培養したところ、従来のMRS培地等の培地と比べて同等以上の生菌数が得られた。

0064

本発明の乳酸菌用培地は、乳酸菌の培養に用いることができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ