図面 (/)

技術 振動モータ

出願人 エーエーシーテクノロジーズピーティーイーリミテッド
発明者 張涛黄金全凌芳華
出願日 2019年7月12日 (11ヶ月経過) 出願番号 2019-130221
公開日 2020年2月6日 (4ヶ月経過) 公開番号 2020-019004
状態 特許登録済
技術分野 機械的振動の発生装置 往復動・振動型電動機
主要キーワード システムフィードバック 変形空間 消費者向け電子製品 フランジング コイルリード線 フラットコイル 振動フィードバック 正投影
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年2月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

本発明は、振動モータを提供する。

解決手段

ハウジングと、前記ハウジングに収容されたステータと、振動子と、前記振動子を弾性的に支持する弾性支持部材とを備え、ハウジングは天壁と、天壁に対向して配置された底壁と、天壁と底壁とを接続する側壁とを備え、前記ステータは前記天壁に設置された第1コイル、前記底壁に設置された第2コイル及び前記コイルに対応して設置されたコアを備え、前記第1コイルと前記第2コイルは前記コアの両端から前記コアに外嵌され、前記振動子は前記ステータの周側に外嵌されて前記ステータと間隔をあけて設置され、前記弾性支持部材は前記振動子を軸方向に沿って振動させるように支持し、前記天壁には、貫通する貫通孔が設置され、前記第1コイルにコイルリード線が設置され、前記コイルリード線は前記貫通孔からハウジングの外部まで延在する。本構造に係る振動モータの第1コイルと第2コイルは異なる電気的接続方式によって、従来技術のリード線が巻き付く問題を解決し、製品信頼性を向上させる。

概要

背景

電子技術の発展に伴い、ポータブル消費者向け電子製品、例えば携帯電話パームトップゲーム機ナビゲーション装置又はパームトップマルチメディアエンターテイメントデバイス等はますます人気が高まっており、これらの電子製品は一般的に振動モータを用いてシステムフィードバック、例えば携帯電話の着信番号表示、情報表示ナビゲーション表示、ゲーム機の振動フィードバック等を行う。このように広く応用されるためには、振動モータの性能に優れ、耐用年数が長いことが要求される。

振動モータは、通常、収容空間を有するハウジングと、前記収容空間に収納される振動子と、コイルと、前記ハウジングおよび前記振動子とそれぞれに接続される弾性支持部材とを備え、前記弾性支持部材は、前記振動子が水平方向に沿って前記ハウジング内を往復運動することで振動するように支持する。従来技術における振動モータは、ハウジング内部でリード線の接続を実現し、複数のコイルを有する場合に、リード線が巻きついた又は破損したことが発生しやすく製品信頼性に影響を与えてしまう。

このため、上記問題を解決するために、新規の振動モータを提供する必要がある。

概要

本発明は、振動モータを提供する。ハウジングと、前記ハウジングに収容されたステータと、振動子と、前記振動子を弾性的に支持する弾性支持部材とを備え、ハウジングは天壁と、天壁に対向して配置された底壁と、天壁と底壁とを接続する側壁とを備え、前記ステータは前記天壁に設置された第1コイル、前記底壁に設置された第2コイル及び前記コイルに対応して設置されたコアを備え、前記第1コイルと前記第2コイルは前記コアの両端から前記コアに外嵌され、前記振動子は前記ステータの周側に外嵌されて前記ステータと間隔をあけて設置され、前記弾性支持部材は前記振動子を軸方向に沿って振動させるように支持し、前記天壁には、貫通する貫通孔が設置され、前記第1コイルにコイルリード線が設置され、前記コイルリード線は前記貫通孔からハウジングの外部まで延在する。本構造に係る振動モータの第1コイルと第2コイルは異なる電気的接続方式によって、従来技術のリード線が巻き付く問題を解決し、製品の信頼性を向上させる。

目的

このため、上記問題を解決するために、新規の振動モータを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ハウジングと、前記ハウジングに収容されたステータと、振動子と、前記振動子を弾性的に支持する弾性支持部材とを備える振動モータであって、前記ハウジングは天壁と、前記天壁に対向して配置された底壁と、前記天壁と前記底壁とを接続する側壁とを備え、前記ステータは前記天壁に設置された第1コイル、前記底壁に設置された第2コイル及び前記コイルに対応して設置されたコアを備え、前記第1コイルと前記第2コイルは前記コアの両端から前記コアに外嵌され、前記振動子は前記ステータの周側に外嵌されて前記ステータと間隔をあけて設置され、前記弾性支持部材は前記振動子を軸方向に沿って振動させるように支持し、前記天壁には、貫通する貫通孔が設置され、前記第1コイルにコイルリード線が設置され、前記コイルリード線は前記貫通孔から前記ハウジングの外部まで延在することを特徴とする振動モータ。

請求項2

前記貫通孔は前記第1コイルが前記天壁における正投影内に設置され、前記コイルリード線は前記第1コイルの縁部から前記天壁方向に垂直に延在して前記貫通孔を貫通することを特徴とする請求項1に記載の振動モータ。

請求項3

前記振動子は永久磁石と、前記永久磁石の前記頂壁に近寄る側に設置される第1極コアと前記永久磁石の前記底壁に近寄る側に設置される第2極コアを備えることを特徴とする請求項1に記載の振動モータ。

請求項4

弾性支持部材はリング状のリーフスプリングを備え、前記リーフスプリングは前記ハウジングに接続された外輪と、前記振動子に接続された内輪と、前記外輪と前記内輪とを接続する接続輪とを備えることを特徴とする請求項3に記載の振動モータ。

請求項5

前記第2極コアの一側が前記永久磁石の底部に当接され、他側が前記リーフスプリングの内輪に接続されることを特徴とする請求項4に記載の振動モータ。

請求項6

前記弾性支持部材はさらに前記リーフスプリングを挟持して固定する第1固定リング及び第2固定リングを備え、前記リーフスプリングの外輪は前記第1固定リングと前記第2固定リングとの間に挟持され、且つ前記第1固定リングと前記第2固定リングとによって前記ハウジングに接続されることを特徴とする請求項5に記載の振動モータ。

請求項7

前記ハウジングは前記天壁と前記側壁を有する上部ハウジングと前記上部ハウジングと配合して収容空間を形成する下部ハウジングを備え、前記下部ハウジングは前記底壁と前記底壁から天壁方向に折り曲げて延在するフランジングを備え、前記フランジングが前記側壁の内面に当接し、前記弾性支持部材は前記フランジングにオーバーラップされることを特徴とする請求項6に記載の振動モータ。

請求項8

前記ステータはさらに、第1コイルと第2コイルとの間に配置された仕切り板を備えることを特徴とする請求項1に記載の振動モータ。

請求項9

さらに前記底壁に設置され、前記第2コイルに電気的に接続される可撓性回路基板を備えることを特徴とする請求項1に記載の振動モータ。

技術分野

0001

本発明は、振動モータの分野に関し、特に、移動通信機器に適用されるマイクロ振動モータに関する。

背景技術

0002

電子技術の発展に伴い、ポータブル消費者向け電子製品、例えば携帯電話パームトップゲーム機ナビゲーション装置又はパームトップマルチメディアエンターテイメントデバイス等はますます人気が高まっており、これらの電子製品は一般的に振動モータを用いてシステムフィードバック、例えば携帯電話の着信番号表示、情報表示ナビゲーション表示、ゲーム機の振動フィードバック等を行う。このように広く応用されるためには、振動モータの性能に優れ、耐用年数が長いことが要求される。

0003

振動モータは、通常、収容空間を有するハウジングと、前記収容空間に収納される振動子と、コイルと、前記ハウジングおよび前記振動子とそれぞれに接続される弾性支持部材とを備え、前記弾性支持部材は、前記振動子が水平方向に沿って前記ハウジング内を往復運動することで振動するように支持する。従来技術における振動モータは、ハウジング内部でリード線の接続を実現し、複数のコイルを有する場合に、リード線が巻きついた又は破損したことが発生しやすく製品信頼性に影響を与えてしまう。

0004

このため、上記問題を解決するために、新規の振動モータを提供する必要がある。

発明が解決しようとする課題

0005

本発明は上記問題を解決するためになされたものであり、その構造がコンパクトであり、且つ電気的接続の問題を有効的に解決することができ、製品の信頼性を向上させることができる新規の振動モータを提供する。

課題を解決するための手段

0006

具体的な技術手段は、下記の通りである。
本発明は、振動モータを提供し、ハウジングと、前記ハウジングに収容されたステータと、振動子と、前記振動子を弾性的に支持する弾性支持部材とを備え、ハウジングは天壁と、天壁に対向して配置された底壁と、天壁と底壁とを接続する側壁とを備え、前記ステータは前記天壁に設置された第1コイル、前記底壁に設置された第2コイル及び前記コイルに対応して設置されたコアを備え、前記第1コイルと前記第2コイルは前記コアの両端から前記コアに外嵌され、前記振動子は前記ステータの周側に外嵌されて前記ステータと間隔をあけて設置され、前記弾性支持部材は前記振動子を軸方向に沿って振動させるように支持し、前記天壁には、貫通する貫通孔が設置され、前記第1コイルにコイルリード線が設置され、前記コイルリード線は前記貫通孔からハウジングの外部まで延在する。

0007

好ましくは、前記貫通孔は前記第1コイルが前記天壁における正投影内に設置され、前記コイルリード線は前記第1コイルの縁部から前記天壁方向に垂直に延在して前記貫通孔を貫通する。

0008

好ましくは、前記振動子はリング状の永久磁石と、前記永久磁石の前記頂壁に近寄る側に設置される第1極コアと前記永久磁石の前記底壁に近寄る側に設置される第2極コアを備える。

0009

好ましくは、弾性支持部材はリング状のリーフスプリングを備え、前記リーフスプリングは前記ハウジングに接続された外輪と、前記振動子に接続された内輪と、前記外輪と前記内輪とを接続する接続輪とを備える。

0010

好ましくは、前記第2極コアの一側が前記永久磁石の底部に当接され、他側が前記リーフスプリングの内輪に接続される。

0011

好ましくは、前記弾性支持部材はさらに前記リーフスプリングを挟持して固定する第1固定リング及び第2固定リングを備え、前記リーフスプリングの外輪は前記第1固定リングと前記第2固定リングとの間に挟持され、且つ前記第1固定リングと前記第2固定リングとによって前記ハウジングに接続される。

0012

好ましくは、前記ハウジングは前記天壁と前記側壁を有する上部ハウジングと前記上部ハウジングと配合して収容空間を形成する下部ハウジングを備え、前記下部ハウジングは前記底壁と前記底壁から天壁方向に折り曲げて延在するフランジングを備え、前記フランジングが前記側壁の内面に当接し、前記弾性支持部材は前記フランジングにオーバーラップされる。

0013

好ましくは、前記ステータはさらに、第1コイルと第2コイルとの間に配置された仕切り板を備える。

0014

好ましくは、さらに前記底壁に設置され、前記第2コイルに電気的に接続される可撓性回路基板を備える。

発明の効果

0015

本発明の振動モータにおいて、ハウジングと、前記ハウジングに収容されたステータと、振動子と、前記振動子を弾性的に支持する弾性支持部材とを備え、ハウジングは天壁と、天壁に対向して配置された底壁と、天壁と底壁とを接続する側壁とを備え、前記ステータは前記天壁に設置された第1コイル、前記底壁に設置された第2コイル及び前記コイルに対応して設置されたコアを備え、前記第1コイルと前記第2コイルは前記コアの両端から前記コアに外嵌され、前記振動子は前記ステータの周側に外嵌されて前記ステータと間隔をあけて設置され、前記弾性支持部材は前記振動子を軸方向に沿って振動させるように支持し、前記天壁には、貫通する貫通孔が設置され、前記第1コイルにコイルリード線が設置され、前記コイルリード線は前記貫通孔からハウジングの外部まで延在する。本構造に係る振動モータの第1コイルと第2コイルは異なる電気的接続方式によって、従来技術のリード線が巻き付く問題を解決し、製品の信頼性を向上させる。

図面の簡単な説明

0016

本発明に係る振動モータの構造を示す分解図である。
本発明に係る振動モータの断面図である。

実施例

0017

以下、図面を参照しながら本発明を更に説明する。

0018

(第1実施形態)
図1図2に示すように、本発明に係る振動モータ100は、ハウジング1と、ハウジング1に収納されるステータ2、振動子3と、振動子3を弾性的に支持する弾性支持部材4と、を備える。

0019

ハウジング1は上部ハウジング11と上部ハウジング11と配合して収容空間を形成する下部ハウジング12を備える。上部ハウジング11は、天壁111と、天壁111から折り曲げて延在する側壁112とを備える。下部ハウジング12は天壁111に対応する底壁121及び底壁121の縁部から天壁111方向へ折り曲げて延在するフランジング122を備える。フランジング122は、側壁112の内面に当接していることで、ハウジング1のパッケージを実現する。

0020

ステータ2がハウジング1に固定され、弾性支持部材4の一端が振動子3に接続され、他端がハウジング1の側壁112に接続される。

0021

ステータ2は、具体的には、ハウジング1に配置されたコイル21と、コイル21に対応するコア22とを備える。振動子3は、コイル21とコア22とを取り囲んでコイル21とコア22とから間隔をあけて配置されたリング状の永久磁石31を備える。コイル21は、通電中に磁界ローレンツ力を受けて振動子3を軸方向に沿って振動させるように駆動する。具体的には、本実施形態において、コイル21は、天壁111に配置された第1コイル211と、底壁121に配置された第2コイル212とを備える。第1コイル211及び第2コイル212はコア22の両端からコア22に外嵌されたフラットコイルである。通電中には、コイル21とコア22との間に磁界が形成され、振動子3の永久磁石31との間に軸方向の駆動力が形成されて振動子3の振動を駆動する。

0022

さらに、第1コイル211と第2コイル212との間にさらに仕切り板23が設置される。仕切り板23の下面が第2コイル212の上面に当接し、仕切り板23の上面が第1コイル211の下面に当接する。第1コイル211と第2コイル212と仕切り板23の外径はいずれも同じである。仕切り板23はリング状の構造であり、二つのボイスコイルを分離して、位置決めを補助することに用いられる。仕切り板23は磁性材料で製造されてもよく、非磁性材料で製造されてもよい。好ましくは、仕切り板23は磁性材料で製造され、このようにして、位置決めを補助することができるだけではなく、能動的な磁気伝導役割を果たすことができ、同一方向の磁界が同時に二つのボイスコイルを通過することを防止する。

0023

振動子3はステータを取り囲むリング状の永久磁石31と、永久磁石31の天壁111に近寄る側に設置される第1極コア32と永久磁石31の底壁121に近寄る側に設置される第2極コア33とを備える。そのうち、第1極コア32は永久磁石31の上面に貼り付けられ、第2極コア33は永久磁石31の下面に貼り付けられ、且つ第2極コア33の内径は永久磁石31と同じであり、外径が永久磁石31より小さく、このようにして、弾性支持部材4の変形空間を提供することに有利である。

0024

弾性支持部材4はリング状のリーフスプリング41及びリーフスプリング41の両側に設置された第1固定リング42及び第2固定リング43を備える。リーフスプリング41はハウジング1に接続された外輪411と、振動子3に接続された内輪412と、外輪411と内輪412とを接続する接続輪413とを備える。第2極コア33の一側は永久磁石31の底部に当接し、他側はリーフスプリングの内輪412に接続される。第1固定リング42及び第2固定リング43はリーフスプリング41の外輪411を挟持して固定する。第2固定リング43は前記リーフスプリング41の下面に設置され、且つハウジング1のフランジング122にオーバーラップされる。これにより弾性支持部材4と振動子3の固定を実現する。

0025

さらに、振動モータは第2コイル212の電気的接続を実現するための可撓性回路基板5を備え、第2コイル212上のコイルリード線は可撓性回路基板5に電気的に接続され、さらに、ハウジング1の天壁111には天壁111を貫通する貫通孔1110が設置される。貫通孔1110は、第1コイル211が天壁111における正射影内に配置され、コイルリード線2111は、第1コイルの縁部から天壁111方向に垂直に延在して、且つ貫通孔を貫通して、ハウジング1の外部まで延在することで、第1コイル211と第2コイル212とのそれぞれ電気的接続を実現する。これによって異なるコイルリード線がハウジング内に巻きついた又は破損したことによって製品の信頼性に影響を与えることを避ける。貫通孔1110は第1ボイスコイル211が頂壁111における正投影内に設置されて空間を最大限に利用することができ、磁気回路空間を占有することを避けるので、製品の電磁特性がさらに保証される。

0026

本発明の振動モータにおいて、ハウジングと、前記ハウジングに収容されたステータと、振動子と、前記振動子を弾性的に支持する弾性支持部材とを備え、ハウジングは天壁と、天壁に対向して配置された底壁と、天壁と底壁とを接続する側壁とを備え、前記ステータは前記天壁に設置された第1コイル、前記底壁に設置された第2コイル及び前記コイルに対応して設置されたコアを備え、前記第1コイルと前記第2コイルは前記コアの両端から前記コアに外嵌され、前記振動子は前記ステータの周側に外嵌されて前記ステータと間隔をあけて設置され、前記弾性支持部材は前記振動子を軸方向に沿って振動させるように支持し、前記天壁には、貫通する貫通孔が設置され、前記第1コイルにコイルリード線が設置され、前記コイルリード線は前記貫通孔からハウジングの外部まで延在する。本構造に係る振動モータの第1コイルと第2コイルは異なる電気的接続方式によって、従来技術のリード線が巻き付く問題を解決し、製品の信頼性を向上させる。

0027

上記のように本発明の実施例を説明したが、上記の実施例は例示的なものに過ぎなく、本発明を制限するためのものではなく、当業者は、本発明の主旨から逸脱しない範囲で上記実施例に対して変更、修正、差換えおよび変形を行うことができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本電産サンキョー株式会社の「 アクチュエータ」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】磁気駆動機構によって振動を発生させるアクチュエータであって、支持体の固定強度を確保することが可能なアクチュエータを提供する。【解決手段】アクチュエータ1の支持体2は、第1カバー部材16、ホルダ... 詳細

  • 株式会社アルテクスの「 音波振動用又は超音波振動用のカッター」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】音波振動又は超音波振動をリングブレードに効率よく伝達できるカッターを提供する。【解決手段】リングブレード20が共振器10の振動変換部12の外周面から直径方向の外側に突出した嵌合突部14に共振器... 詳細

  • 日本電産コパル株式会社の「 アクチュエータ及び電子機器」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】可動部にコイルが設けられるアクチュエータにおいて、当該アクチュエータの外部へ漏れる磁束を低減する。【解決手段】アクチュエータは、筐体部と、前記筐体部に固定された磁性体と、前記磁性体を介在させて... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ