図面 (/)

技術 葉酸受容体1の検出のための診断分析およびキット

出願人 イミュノジェン,インコーポレイテッド
発明者 ネイサンイー.テスタクリスティーナエヌ.キャリガンオルガアブダニエルタバレスベニビー.ウォルフ
出願日 2019年11月11日 (7ヶ月経過) 出願番号 2019-203933
公開日 2020年2月6日 (4ヶ月経過) 公開番号 2020-018325
状態 未査定
技術分野 微生物、その培養処理 医薬品製剤 蛋白脂質酵素含有:その他の医薬 突然変異または遺伝子工学 酵素、微生物を含む測定、試験 化合物または医薬の治療活性 抗原、抗体含有医薬:生体内診断剤 ペプチド又は蛋白質 生物学的材料の調査,分析 微生物による化合物の製造
主要キーワード 変換グラフ 直接測定値 体系的なアプローチ TC中 パーセント超 最大対 空間構造 液相分
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年2月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (17)

課題

葉酸受容体1の検出のための診断分析およびキットを提供すること。

解決手段

本発明は、概して、ヒト葉酸受容体1に結合する抗体、および葉酸受容体1に基づく療法のための診断分析に関する。抗体を用いて療法を監視する方法もさらに提供される。本発明は、試料中のFOLRIを検出し、例えば、患者層別化するために使用され得る方法を提供する。したがって、一実施形態において、本発明は、葉酸受容体1媒介疾患を有する患者を治療する方法を提供し、この方法は、(a)患者から採取した試料中の脱落葉酸受容体1(FOLRI)発現レベルまたは循環腫瘍細胞上のFOLRIを測定することを含む。

概要

背景

癌は、先進国世界における死亡の主原因の1つであり、米国では毎年百万人を超える人々が、癌と診断され、500,000人が死亡している。全体で3人に1人超が、その生涯の間に何らかの形態の癌を発症すると見積もられている。200を超える異なる種類の癌が存在し、そのうちの4つ−乳癌肺癌大腸癌、および前立腺癌−は、全新規事例の半数以上を占める(Jemal et al., 2003, Cancer J. Clin. 53:5−26)。

葉酸受容体1(FOLR1)は、葉酸受容体−αまたは葉酸結合タンパク質としても既知であり、細胞血漿膜発現されるN−糖化タンパク質である。FOLR1は、葉酸、および幾つかの還元葉酸誘導体に関する高い親和性を有する。FOLR1は、生理的葉酸、5−メチルテトラヒドロ葉酸の、細胞内部への送達を媒介する。

FOLR1は、卵巣癌の大半、ならびに多くの子宮癌子宮内膜癌膵臓癌腎臓癌、肺癌、および乳癌にて過剰発現され、一方、正常な組織中におけるFOLR1の発現は、近位尿細管内の上皮細胞頂端膜肺胞肺細胞膀胱精巣脈絡叢、および甲状腺に限定される(Weitman SD, et al., Cancer Res 52: 3396−3401 (1992); Antony AC, Annu Rev Nutr 16: 501−521 (1996); Kalli KR, et al.Gynecol Oncol 108: 619−626 (2008))。FOLR1のこの発現パターンにより、これは、FOLR1を対象とする癌療法のための望ましい標的となる。

卵巣癌は、典型的には進行期まで無症状であるため、末期にて診断されることが多く、現在利用可能な処置、典型的には原料手術後の化学療法薬を用いて治療される場合に不良な予後を有する(von Gruenigen V et al., Cancer 112: 2221−2227 (2008); Ayhan A et al., Am J ObstetGynecol 196: 81 e81−86 (2007); Harry VN et al., Obstet Gynecol Surv 64: 548−560 (2009))。したがって、卵巣癌のためのより有効な治療法に対する未だ満たされていない明確な医学的必要性が存在する。脱落FOLR1を検出するために用いられる幾つかの従来の分析法は、FOLR1に十分に特異的ではない。例えば、幾つかの分析法は、FOLR1と他の葉酸受容体ファミリーメンバー(FOLR2、3、および4)との間を区別しないか、または総FBP(葉酸結合タンパク質)に関する値を報告しない。それに加えて、幾つかの分析法は、ヒト試料(例えば、血漿)を、軽酸洗浄テップにより事前処理して、葉酸を受容体から解離させることを必要とする。また、幾つかの分析結果は、抗体療法と診断的抗体との間の競合的な効果のため、誤差を有することがある。それに加えて、多数の市販のキットは、その試薬、およびそのロット間安定性の双方において、従来信頼性が低い。これらのキットの評定は、極めて混じり合った結果を出しており、研究的使用のためのみを意図される。多くは、ヒト試料を、「マトリックス効果」に起因する偽陽性の機会を低減させるために、分析前に事前希釈することを必要とする。したがって、FOLR1に基づく療法への付属物としての、感受性が高く正確な診断分析に対する明確な必要性が存在する。

概要

葉酸受容体1の検出のための診断分析およびキットを提供すること。本発明は、概して、ヒト葉酸受容体1に結合する抗体、および葉酸受容体1に基づく療法のための診断分析に関する。抗体を用いて療法を監視する方法もさらに提供される。本発明は、試料中のFOLRIを検出し、例えば、患者層別化するために使用され得る方法を提供する。したがって、一実施形態において、本発明は、葉酸受容体1媒介疾患を有する患者を治療する方法を提供し、この方法は、(a)患者から採取した試料中の脱落葉酸受容体1(FOLRI)発現レベルまたは循環腫瘍細胞上のFOLRIを測定することを含む。なし

目的

本発明は、試料中のFOLR1の検出のためのものであり、また例えば、患者を層別化するために使用され得る方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

図面に記載の発明。

技術分野

0001

本発明の分野は概して、ヒト葉酸受容体1(FOLR1)に結合する抗体、FOLR1を検出する方法、癌を診断および治療する方法、ならびにFOLR1に基づく療法のための診断分析およびキットに関する。

背景技術

0002

癌は、先進国世界における死亡の主原因の1つであり、米国では毎年百万人を超える人々が、癌と診断され、500,000人が死亡している。全体で3人に1人超が、その生涯の間に何らかの形態の癌を発症すると見積もられている。200を超える異なる種類の癌が存在し、そのうちの4つ−乳癌肺癌大腸癌、および前立腺癌−は、全新規事例の半数以上を占める(Jemal et al., 2003, Cancer J. Clin. 53:5−26)。

0003

葉酸受容体1(FOLR1)は、葉酸受容体−αまたは葉酸結合タンパク質としても既知であり、細胞血漿膜発現されるN−糖化タンパク質である。FOLR1は、葉酸、および幾つかの還元葉酸誘導体に関する高い親和性を有する。FOLR1は、生理的葉酸、5−メチルテトラヒドロ葉酸の、細胞内部への送達を媒介する。

0004

FOLR1は、卵巣癌の大半、ならびに多くの子宮癌子宮内膜癌膵臓癌腎臓癌、肺癌、および乳癌にて過剰発現され、一方、正常な組織中におけるFOLR1の発現は、近位尿細管内の上皮細胞頂端膜肺胞肺細胞膀胱精巣脈絡叢、および甲状腺に限定される(Weitman SD, et al., Cancer Res 52: 3396−3401 (1992); Antony AC, Annu Rev Nutr 16: 501−521 (1996); Kalli KR, et al.Gynecol Oncol 108: 619−626 (2008))。FOLR1のこの発現パターンにより、これは、FOLR1を対象とする癌療法のための望ましい標的となる。

0005

卵巣癌は、典型的には進行期まで無症状であるため、末期にて診断されることが多く、現在利用可能な処置、典型的には原料手術後の化学療法薬を用いて治療される場合に不良な予後を有する(von Gruenigen V et al., Cancer 112: 2221−2227 (2008); Ayhan A et al., Am J ObstetGynecol 196: 81 e81−86 (2007); Harry VN et al., Obstet Gynecol Surv 64: 548−560 (2009))。したがって、卵巣癌のためのより有効な治療法に対する未だ満たされていない明確な医学的必要性が存在する。脱落FOLR1を検出するために用いられる幾つかの従来の分析法は、FOLR1に十分に特異的ではない。例えば、幾つかの分析法は、FOLR1と他の葉酸受容体ファミリーメンバー(FOLR2、3、および4)との間を区別しないか、または総FBP(葉酸結合タンパク質)に関する値を報告しない。それに加えて、幾つかの分析法は、ヒト試料(例えば、血漿)を、軽酸洗浄テップにより事前処理して、葉酸を受容体から解離させることを必要とする。また、幾つかの分析結果は、抗体療法と診断的抗体との間の競合的な効果のため、誤差を有することがある。それに加えて、多数の市販のキットは、その試薬、およびそのロット間安定性の双方において、従来信頼性が低い。これらのキットの評定は、極めて混じり合った結果を出しており、研究的使用のためのみを意図される。多くは、ヒト試料を、「マトリックス効果」に起因する偽陽性の機会を低減させるために、分析前に事前希釈することを必要とする。したがって、FOLR1に基づく療法への付属物としての、感受性が高く正確な診断分析に対する明確な必要性が存在する。

先行技術

0006

Jemal et al., 2003, Cancer J. Clin. 53:5−26
Weitman SD, et al., Cancer Res 52: 3396−3401 (1992)
Antony AC, Annu Rev Nutr 16: 501−521 (1996)
Kalli KR, et al.Gynecol Oncol 108: 619−626 (2008)
von Gruenigen V et al., Cancer 112: 2221−2227 (2008)
Ayhan A et al., Am J Obstet Gynecol 196: 81 e81−86 (2007)
Harry VN et al., Obstet Gynecol Surv 64: 548−560 (2009)

課題を解決するための手段

0007

本発明は、試料中のFOLR1の検出のためのものであり、また例えば、患者層別化するために使用され得る方法を提供する。したがって、一実施形態では、本発明は、葉酸受容体1媒介疾患を有する患者を治療する方法を提供し、この方法は、(a)抗体huMov19のFOLR1への結合を競合的に阻害しない抗体またはその抗原結合断片を用いて、患者から採取した試料中のサーカルティング腫瘍細胞(CTC)中の脱落葉酸受容体1(FOLR1)発現レベルまたはFOLR1を、基準試料中の脱落またはCTC FOLR1レベルと比較して測定することと、(b)患者の脱落またはCTC FOLR1レベルが上昇している場合に、患者に、FOLR1活性を調節する固定用量の抗体またはその抗原結合断片を投与することと、を含み、固定用量の抗体またはその断片は、疾患または障害を効果的に治療する。

0008

別の実施形態では、本発明は、FOLR1媒介疾患または障害を有する患者を治療する方法を提供し、この方法は、(a)FOLR1媒介疾患または障害を有する患者に、FOLR1活性を調節する固定用量の抗体またはその抗原結合断片を投与することと、(b)抗体huMov19のFOLR1への結合を競合的に阻害しない抗体またはその抗原結合断片を用いて、患者の脱落またはCTC FOLR1発現レベルを、基準試料中のFOLR1レベルと比較して測定することと、(c)患者の脱落またはCTC FOLR1レベルが上昇している場合に、その後の固定用量の量および頻度を増加させることと、を含み、患者のFOLR1レベルの増加(例えば、増加した細胞死が、脱落FOLR1の増加した放出をもたらすため)または減少は、治療有効性を示す。別の実施形態では、その後の固定用量の量または頻度は、患者の脱落またはCTC FOLR1レベルが減少している場合、増加される。

0009

別の実施形態では、本発明は、患者におけるFOLR1発現を減少させる方法を提供し、この方法は、(a)抗体huMov19のFOLR1への結合を競合的に阻害しない抗体またはその抗原結合断片を用いて、FOLR1媒介疾患または障害を有する患者から採取した試料中の脱落またはCTC FOLR1レベルを、基準試料中のFOLR1レベルと比較して測定することと、(b)患者の脱落またはCTC FOLR1がレベル上昇している場合に、患者に、FOLR1活性を調節する固定用量の抗体またはその抗原結合断片を投与することと、を含み、抗体またはその抗原結合断片の投与は、患者のFOLR1を増加(例えば、増加した細胞死が、脱落FOLR1の増加した放出をもたらすため)または減少させる。

0010

別の実施形態では、本発明は、患者におけるFOLR1発現を減少させる方法を提供し、この方法は、(a)媒介疾患または障害を有する患者に、FOLR1活性を調節する固定用量の抗体またはその抗原結合断片を投与することと、(b)患者の脱落またはCTC FOLR1レベルを、基準試料中のFOLR1レベルと比較して測定することと、(c)患者の脱落またはCTC FOLR1レベルが上昇している場合に、その後の固定用量の量および頻度を増加させることと、を含み、抗体またはその抗原結合断片の投与は、患者におけるFOLR1レベルを増加(例えば、増加した細胞死が、脱落FOLR1の増加した放出をもたらすため)または減少させる。

0011

一実施形態では、疾患は、癌である。別の実施形態では、癌は、卵巣癌、非小細胞肺癌、子宮癌、子宮内膜癌、膵臓癌、腎臓癌、肺癌、および乳癌からなる群から選択される、FOLR1上昇癌である。別の実施形態では、癌は、白金耐性または白金不応性の卵巣癌である。

0012

本発明は、患者におけるFOLR1活性を調節する固定用量の抗体または抗原結合断片の治療有効性を監視する方法も提供し、この方法は、(a)抗体huMov19のFOLR1への結合を競合的に阻害しない抗体またはその抗原結合断片を用いて、FOLR1媒介疾患または障害を有する患者から採取した試料中の第1の脱落またはCTC FOLR1レベルを測定することと、(b)患者に、FOLR1活性を調節する固定用量の抗体または抗原結合断片を投与することと、(c)抗体投与後に、抗体huMov19のFOLR1への結合を競合的に阻害しない抗体またはその抗原結合断片を用いて、患者から採取した試料中の第2の脱落またはCTC FOLR1レベルを測定することと、(d)第2のFOLR1レベルを第1のFOLR1レベルと比較することと、を含み、第1及び第2のFOLR1スコアとの間の増加(例えば、増加した細胞死が、脱落FOLR1の増加した放出をもたらすため)または減少は、治療有効性を示す。

0013

一実施形態では、FOLR1発現レベルは、体液において測定される。別の実施形態では、体液は、腹水である。別の実施形態では、体液は、血清、血液、または血漿である。別の実施形態では、FOLR1発現レベルは、末梢血液試料において測定される。

0014

一実施形態では、患者は、癌を有する。別の実施形態では、癌は、卵巣癌、非小細胞肺癌、子宮癌、子宮内膜癌、膵臓癌、腎臓癌、肺癌、および乳癌からなる群から選択される、FOLR1上昇癌である。別の実施形態では、癌は、白金耐性または白金不応性の卵巣癌である。

0015

一実施形態では、FOLR1発現は、少なくとも1つの追加の抗FOLR1抗体またはその抗原結合断片を用いて測定される。別の実施形態では、FOLR1発現は、2つの抗FOLR1抗体またはその抗原結合断片を用いて測定される。別の実施形態では、別の実施形態では、抗体は、マウス抗体キメラ抗体ヒト化抗体、またはヒト抗体である。別の実施形態では、抗体またはその抗原結合断片は、約1.0〜約10nMのKdを有するヒト葉酸受容体1に結合する。別の実施形態では、抗体またはその抗原結合断片は、約0.5〜約5nMのKdを有するヒト葉酸受容体1に結合する。別の実施形態では、結合親和性は、サイトメトリー、Biacore、ELISA、またはラジオイムノアッセイによって測定される。別の実施形態では、サイトメトリーは、フローサイトメトリーである。

0016

一実施形態では、抗体またはその抗原結合断片は、葉酸受容体2または葉酸受容体3に結合しない。

0017

一実施形態では、少なくとも1つの抗体またはその抗原結合断片は、固体支持体に結合される。別の実施形態では、少なくとも1つの抗体またはその抗原結合断片は、マイクロタイタープレートに結合される。別の実施形態では、少なくとも1つの抗体またはその抗原結合断片は、検出剤を含む。別の実施形態では、検出剤は、発色検出剤、蛍光検出剤、酵素検出剤、または電気化学発光検出剤である。別の実施形態では、検出剤は、西ワサビペルオキシダーゼ(HRP)である。

0018

一実施形態では、FOLR1レベルは、酵素結合免疫吸着分析(ELISA)、またはサイトメトリー(例えば、フローサイトメトリー)を用いて決定される。別の実施形態では、ELISAは、サンドイッチELISAである。

0019

一実施形態では、少なくとも1つの抗体またはその抗原結合断片は、(a)配列番号25のポリペプチドおよび配列番号29のポリペプチドを含む抗体、(b)配列番号26のポリペプチドおよび配列番号30のポリペプチドを含む抗体、(c)配列番号27のポリペプチドおよび配列番号31のポリペプチドを含む抗体、ならびに(d)配列番号28のポリペプチドおよび配列番号32のポリペプチドを含む抗体からなる群から選択される抗体と同一のFOLR1エピトープに特異的に結合する。

0020

一実施形態では、少なくとも1つの抗体またはその抗原結合断片は、FOLR1に特異的に結合し、抗体またはその断片は、(a)配列番号25のポリペプチドおよび配列番号29のポリペプチドを含む抗体、(b)配列番号26のポリペプチドおよび配列番号30のポリペプチドを含む抗体、(c)配列番号27のポリペプチドおよび配列番号31のポリペプチドを含む抗体、ならびに(d)配列番号28のポリペプチドおよび配列番号32のポリペプチドを含む抗体からなる群から選択される抗体のFOLR1結合を、競合的に阻害する。

0021

一実施形態では、少なくとも1つの抗体またはその抗原結合断片は、FOLR1に特異的に結合し、抗体は、(a)配列番号1、2、および3と配列番号13、14、および15、(b)配列番号4、5、および6と配列番号16、17、および18、(c)配列番号7、8、および9と配列番号19、20、および21、(d)配列番号10、11、および12と配列番号22、23、および24、ならびに(e)1、2、3、または4つの保存的アミノ酸置換を含む(a)〜(d)の変異体からなる群から選択されるポリペプチド配列を含む。

0022

一実施形態では、少なくとも1つの抗体またはその抗原結合断片は、検出可能に標識される。

0023

一実施形態では、投与される抗体は、FOLR1抗体huMov19を含む。

0024

一実施形態では、huMov19は、抗体メイタンシノイド共役体として投与される。一実施形態では、抗体メイタンシノイド共役体は、メイタンシノイドDM4と切断可能なスルホ−SPDBリンカーIMGN853)とを含む。

0025

本発明は、FOLR1媒介疾患または障害を有する患者を治療する方法も提供し、この方法は、(a)FOLR1媒介疾患または障害を有する患者に、FOLR1活性を調節する固定用量の抗体またはその抗原結合断片を投与することと、(b)FOLR1発現レベルの測定のために、患者から採取した試料を提出することと、(c)測定の結果から、患者の脱落またはCTC FOLR1レベルが、基準試料中のFOLR1レベルと比較して上昇しているかを決定することと、(d)患者の脱落またはCTC FOLR1レベルが上昇している場合に、その後の固定用量の量および頻度を増加させることと、を含む。

0026

本発明は、FOLR1媒介疾患または障害を有する患者を治療する方法も提供し、この方法は、(a)FOLR1媒介疾患または障害を有する患者に、FOLR1活性を調節する固定用量の抗体またはその抗原結合断片を投与することと、(b)脱落またはCTC FOLR1レベルの測定、および基準試料中のFOLR1レベルとの比較のために、患者から採取した試料を提出することと、(c)患者の脱落またはCTC FOLR1レベルが上昇している場合に、その後の固定用量の量および頻度を増加させることと、を含み、患者のFOLR1レベルの増加(例えば、増加した細胞死が、脱落FOLR1の増加した放出をもたらすため)または減少は、治療有効性を示す。

0027

一実施形態では、投与される抗体は、FOLR1抗体huMov19を含む。別の実施形態では、huMov19は、抗体メイタンシノイド共役体として投与される。一実施形態では、抗体メイタンシノイド共役体は、メイタンシノイドDM4と切断可能なスルホ−SPDBリンカー(IMGN853)とを含む。

0028

本発明は、FOLR1媒介疾患または障害を有する患者を治療する方法も提供し、この方法は、(a)FOLR1媒介疾患または障害を有する患者から試料を得ることであって、患者は、FOLR1活性を調節する抗体またはその抗原結合断片を含む固定用量の活性剤を受けている、得ることと、(b)抗体huMov19のFOLR1への結合を競合的に阻害しない抗体またはその抗原結合断片を用いて、試料から脱落またはCTC FOLR1レベルを測定することと、(c)患者の脱落またはCTC FOLR1レベルが、基準試料中のFOLR1レベルと比較して上昇しているかを決定することと、(d)患者の脱落またはCTC FOLR1レベルが上昇している場合に、その後の固定用量の量および頻度を増加させるようにヘルスケア提供者に指示することと、を含み、患者のFOLR1の増加(例えば、増加した細胞死が、脱落FOLR1の増加した放出をもたらすため)または減少は、治療有効性を示す。

0029

本発明は、試料中の脱落またはCTC FOLR1を検出するための免疫分析キットも提供し、(a)ヒトFOLR1に対する捕捉抗体であって、該捕捉抗体またはその抗原結合断片は、huMov19のFOLR1への結合を競合的に阻害しない、捕捉抗体と、(b)検出試薬と、を含む。別の実施形態では、キットは、捕捉試薬のための固体支持体をさらに含む。別の実施形態では、捕捉試薬は、固体支持体上に固定される。別の実施形態では、捕捉試薬は、マイクロタイタープレート上にコーティングされる。別の実施形態では、検出試薬は、第2のFOLR1抗体である。別の実施形態では、第1および/または第2のFOLR1抗体は、(a)配列番号1、2、および3と配列番号13、14、および15、(b)配列番号4、5、および6と配列番号16、17、および18、(c)配列番号7、8、および9と配列番号19、20、および21、(d)配列番号10、11、および12と配列番号22、23、および24、ならびに(e)1、2、3、または4つの保存的アミノ酸置換を含む(a)〜(d)の変異体からなる群から選択されるポリペプチド配列を含む。

0030

一実施形態では、検出試薬は、種特異的抗体を用いて検出される。別の実施形態では、キットは、検出可能な抗体のための検出手段をさらに含む。別の実施形態では、検出手段は、比色手段である。別の実施形態では、キットは、抗原標準としてFOLR1ポリペプチドをさらに含む。別の実施形態では、FOLR1ポリペプチドは、FOLR1−Fcである。

0031

本発明は、(a)配列番号25のポリペプチドおよび配列番号29のポリペプチドを含む抗体、(b)配列番号26のポリペプチドおよび配列番号30のポリペプチドを含む抗体、(c)配列番号27のポリペプチドおよび配列番号31のポリペプチドを含む抗体、ならびに(d)配列番号28のポリペプチドおよび配列番号32のポリペプチドを含む抗体からなる群から選択される抗体と同一のFOLR1エピトープに特異的に結合する抗体またはその抗原結合断片も提供する。

0032

本発明は、FOLR1に特異的に結合する抗体またはその抗原結合断片も提供し、この抗体またはその断片は、(a)配列番号25のポリペプチドおよび配列番号29のポリペプチドを含む抗体、(b)配列番号26のポリペプチドおよび配列番号30のポリペプチドを含む抗体、(c)配列番号27のポリペプチドおよび配列番号31のポリペプチドを含む抗体、ならびに(d)配列番号28のポリペプチドおよび配列番号32のポリペプチドを含む抗体からなる群から選択される抗体のFOLR1への結合を競合的に阻害する。

0033

本発明は、FOLR1に特異的に結合する抗体またはその抗原結合断片も提供し、この抗体は、(a)配列番号1、2、および3と配列番号13、14、および15、(b)配列番号4、5、および6と配列番号16、17、および18、(c)配列番号7、8、および9と配列番号19、20、および21、(d)配列番号10、11、および12と配列番号22、23、および24、ならびに(e)1、2、3、または4つの保存的アミノ酸置換を含む(a)〜(d)の変異体からなる群から選択されるポリペプチド配列を含む。

0034

一実施形態では、抗体は、(a)配列番号25および配列番号29、(b)配列番号26および配列番号30、(c)配列番号27および配列番号31、ならびに(d)配列番号28および配列番号32からなる群から選択されるポリペプチド配列と少なくとも90%同一のポリペプチド配列を含む。別の実施形態では、ポリペプチド配列は、(a)配列番号25および配列番号29、(b)配列番号26および配列番号30、(c)配列番号27および配列番号31、ならびに(d)配列番号28および配列番号32からなる群から選択されるポリペプチド配列と少なくとも95%同一である。別の実施形態では、ポリペプチド配列は、(a)配列番号25および配列番号29、(b)配列番号26および配列番号30、(c)配列番号27および配列番号31、ならびに(d)配列番号28および配列番号32からなる群から選択されるポリペプチド配列と少なくとも99%同一である。

0035

一実施形態では、抗体またはその抗原結合断片は、マウス非ヒトヒト化キメラ、再表面化(resurfaced)、またはヒトである。別の実施形態では、抗体は、ヒトFOLR1に結合するが、FOLR2またはFOLR3には結合しない。別の実施形態では、抗体は、全長抗体または抗原結合断片である。別の実施形態では、抗体またはその抗原結合断片は、Fab、Fab’、F(ab’)2、Fd、一本鎖FvもしくはscFv、ジスフルド結合Fv、V−NARドメインIgNar、細胞内抗体IgGΔCH2、小型抗体(minibody)、F(ab’)3、四重特異性抗体(tetrabody)、三重特異性抗体(triabody)、二重特異性抗体(diabody)、単一ドメイン抗体、DVD−Ig、Fcab、mAb2、(scFv)2、またはscFv−Fcを含む。

0036

本発明は、FOLR1に特異的に結合するポリペプチドも提供し、このポリペプチドは、(a)配列番号1、2、および3と配列番号13、14、および15、(b)配列番号4、5、および6と配列番号16、17、および18、(c)配列番号7、8、および9と配列番号19、20、および21、(d)配列番号10、11、および12と配列番号22、23、および24、ならびに(e)1、2、3、または4つの保存的アミノ酸置換を含む(a)〜(d)の変異体からなる群から選択される配列を含む。別の実施形態では、ポリペプチドは、(a)配列番号25および配列番号29、(b)配列番号26および配列番号30、(c)配列番号27および配列番号31、ならびに(d)配列番号28および配列番号32からなる群から選択される配列と少なくとも90%同一の配列を含む。別の実施形態では、配列は、(a)配列番号25および配列番号29、(b)配列番号26および配列番号30、(c)配列番号27および配列番号31、ならびに(d)配列番号28および配列番号32から選択される配列と少なくとも95%同一である。別の実施形態では、配列は、(a)配列番号25および配列番号29、(b)配列番号26および配列番号30、(c)配列番号27および配列番号31、ならびに(d)配列番号28および配列番号32からなる群から選択される配列と少なくとも99%同一である。

0037

一実施形態では、抗体またはポリペプチドは、約1.0〜約10nMのKdを有するヒト葉酸受容体1に結合する。別の実施形態では、抗体またはポリペプチドは、約1.0nMまたはより良好なKdを有するヒト葉酸受容体1に結合する。別の実施形態では、結合親和性は、サイトメトリー、Biacore、ELISA、またはラジオイムノアッセイによって測定される。別の実施形態では、サイトメトリーは、フローサイトメトリーである。

0038

本発明は、試料中のFOLR1発現を検出する方法も提供し、この方法は、試料を、本発明の抗体もしくはその抗原結合断片またはポリペプチドと接触させることを含む。別の実施形態では、抗体またはその抗原結合断片は、検出可能に標識される。別の実施形態では、標識は、免疫蛍光標識、化学発光標識リン光標識酵素標識放射標識アビジンビオチンコロイド金粒子着色粒子、および磁性粒子からなる群から選択される。別の実施形態では、FOLR1発現は、ラジオイムノアッセイ、ウエスタンブロット分析、免疫蛍光分析、酵素免疫分析免疫沈降分析、化学発光分析、または免疫組織化学分析によって決定される。別の実施形態では、FOLR1発現は、循環腫瘍細胞(CTC)を、血液、血漿、または血清の試料から富化し、本発明の抗体またはその抗原結合断片を用いてFOLR1発現に関して染色する、CTC分析を用いて決定される。CTC分析に有用な抗体の非限定的な例としては、FR1−9およびFR1−13が挙げられる。本発明の抗体を用いるCTC分析は、FOLR1に基づく療法に応答する可能性があるとして対象を同定するのに有用であり得る。

0039

本発明は、本発明の抗体もしくはその抗原結合断片またはポリペプチドを産生する単離された細胞も提供する。

0040

本発明は、本発明の抗体もしくはその抗原結合断片、またはポリペプチドを作製する方法も提供し、この方法は、(a)本発明の抗体もしくはその抗原結合断片、またはポリペプチドを発現する細胞を培養することを含む。

0041

本発明は、癌を治療するための方法における使用のための、FOLR1活性を調節する抗体またはその抗原結合断片を含む活性剤も提供し、FOLR1タンパク質の増加した発現が、活性剤の投与前に、本明細書に提供される抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドを用いて対象由来癌性試料において測定される。

0042

本発明は、FOLR1媒介疾患または障害を治療するための方法における使用のための、FOLR1活性を調節する抗体またはその抗原結合断片を含む活性剤も提供し、この方法は、(a)本明細書に提供される抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドを用いて、患者試料中のFOLR1タンパク質レベルを測定することと、(b)患者のFOLR1タンパク質レベルが基準FOLR1タンパク質レベルと比較して上昇している場合に、患者に固定用量の活性剤を投与することと、を含む。

0043

本発明は、FOLR1媒介疾患または障害を治療するための方法における使用のための、FOLR1活性を調節する抗体またはその抗原結合断片を含む活性剤も提供し、この方法は、(a)FOLR1媒介疾患または障害を有する患者に、固定用量の活性剤を投与することと、(b)本明細書に提供される抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドを用いて、患者のFOLR1タンパク質レベルを測定することと、(c)患者のFOLR1タンパク質レベルが、基準FOLR1タンパク質レベルと比較して上昇している場合に、その後の固定用量の量および頻度を増加させることと、を含む。

0044

本発明は、FOLR1媒介疾患または障害を治療するための方法における使用のための、FOLR1活性を調節する抗体またはその抗原結合断片を含む活性剤も提供し、(a)患者から採取した試料において測定されるFOLR1タンパク質レベルは、本明細書に提供される抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドを用いて基準FOLR1タンパク質レベルと比較され、(b)患者のFOLR1タンパク質レベルが、基準FOLR1タンパク質レベルと比較して上昇している場合に、固定用量の活性剤が投与され、活性剤の投与は、FOLR1タンパク質レベルを減少させる。

0045

本発明は、FOLR1媒介疾患または障害を治療するための方法における使用のための、FOLR1活性を調節する抗体またはその抗原結合断片を含む活性剤も提供し、患者におけるFOLR1発現細胞は、減少され、(a)固定用量の活性剤が、患者に投与され、(b)患者から得られた試料において測定されるFOLR1タンパク質レベルは、本明細書に提供される抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドを用いて基準FOLR1タンパク質レベルと比較され、(c)患者のFOLR1タンパク質レベルが、基準FOLR1タンパク質レベルと比較して上昇している場合に、その後の固定用量の量および頻度が増加され、活性剤の投与は、FOLR1タンパク質レベルを減少させる。

0046

本発明は、患者における固定用量の活性剤の治療有効性を監視するための方法における使用のための、FOLR1活性を調節する抗体またはその抗原結合断片を含む活性剤も提供し、この方法は、(a)本明細書に提供される抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドを用いて、FOLR1媒介疾患または障害を有する患者からの試料中の第1のFOLR1タンパク質レベルを測定することと、(b)患者に、固定用量の活性剤を投与することと、(c)本明細書に提供される抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドを用いて、活性剤投与後に患者から採取した試料中の第2のFOLR1タンパク質レベルを測定することと、(d)第2のFOLR1タンパク質レベルを第1のFOLR1タンパク質レベルと比較することと、を含み、第1および第2のFOLR1タンパク質レベルの間の減少は、治療有効性を示す。

0047

本発明は、患者におけるFOLR1媒介疾患または障害を治療するための方法における使用のための、FOLR1活性を調節する抗体またはその抗原結合断片を含む活性剤も提供し、この方法は、(a)FOLR1媒介疾患または障害を有する患者に、固定用量の活性剤を投与することと、(b)本明細書に提供される抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドを用いるFOLR1タンパク質レベルの測定のために、患者から採取した試料を提出することと、(c)測定の結果から、患者のFOLR1タンパク質レベルが、基準FOLR1タンパク質レベルと比較して上昇しているかを決定することと、(d)患者のFOLR1タンパク質レベルが、基準FOLR1タンパク質レベルと比較して上昇している場合に、その後の固定用量の量および/または頻度を増加させることと、を含む。

0048

本発明は、FOLR1媒介疾患または障害を治療するための方法における使用のための、FOLR1活性を調節する抗体またはその抗原結合断片を含む活性剤も提供し、この方法は、(a)FOLR1媒介疾患または障害を有する患者に、固定用量の活性剤を投与することと、(b)本明細書に提供される抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドを用いたFOLR1タンパク質レベルの測定、および測定されたFOLR1タンパク質レベルの基準FOLR1タンパク質レベルとの比較のために、患者から採取した試料を提出することと、(c)患者のFOLR1タンパク質レベルが、基準FOLR1タンパク質レベルと比較して上昇している場合に、その後の固定用量の量または頻度を増加させることと、を含み、患者のFOLR1レベルの減少は、治療有効性を示す。

0049

本発明は、FOLR1媒介疾患または障害を治療するための方法における使用のための、FOLR1活性を調節する抗体またはその抗原結合断片を含む活性剤も提供し、この方法は、(a)FOLR1媒介疾患または障害を有する患者から試料を得ることであって、患者は、固定用量の活性剤を受けている、得ることと、(b)本明細書に提供される抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドを用いて、試料からFOLR1タンパク質レベルを測定することと、(c)患者のFOLR1タンパク質レベルが、基準FOLR1タンパク質レベルと比較して上昇しているかを決定することと、(d)患者のFOLR1タンパク質レベルが、基準FOLR1タンパク質レベルと比較して上昇している場合に、その後の固定用量の量および/または頻度を増加させるか、または増加させるようにヘルスケア提供者に指示することと、を含み、患者のFOLR1の減少は、治療有効性を示す。

0050

本発明は、FOLR1媒介疾患または障害を治療するための方法における使用のための、FOLR1活性を調節する抗体またはその抗原結合断片を含む活性剤も提供し、FOLR1の増加した発現が、活性剤の投与前に、本明細書に提供される抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドを用いて対象からの試料において測定される。

0051

幾つかの実施形態では、測定されるFOLR1タンパク質は、脱落FOLR1である。幾つかの実施形態では、測定されるFOLR1タンパク質は、循環腫瘍細胞における。

0052

幾つかの実施形態では、FOLR1タンパク質レベルは、体液において測定される。幾つかの実施形態では、体液は、腹水である。幾つかの実施形態では、体液は、血清、血液、または血漿である。幾つかの実施形態では、FOLR1タンパク質レベルは、末梢血液試料において測定される。

0053

幾つかの実施形態では、患者は、癌を有する。幾つかの実施形態では、FOLR1媒介疾患または障害は、癌である。幾つかの実施形態では、癌は、卵巣癌、非小細胞肺癌、子宮癌、子宮内膜癌、膵臓癌、腎臓癌、肺癌、および乳癌からなる群から選択される、FOLR1上昇癌である。幾つかの実施形態では、卵巣癌は、白金耐性または白金不応性である。幾つかの実施形態では、肺癌は、非小細胞肺癌(NSCLC)である。幾つかの実施形態では、癌は、子宮内膜癌である。

0054

幾つかの実施形態では、FOLR1タンパク質レベルは、FOLR1に特異的に結合する2つの異なる抗体もしくはその抗原結合断片またはポリペプチドを用いて測定される。幾つかの実施形態では、FOLR1タンパク質を検出するために用いられる抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドは、固体支持体に結合される。幾つかの実施形態では、固体支持体は、マイクロタイタープレートである。

0055

幾つかの実施形態では、FOLR1タンパク質を検出するために用いられる抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドは、検出剤を含む。幾つかの実施形態では、検出剤は、発色検出剤、蛍光検出剤、酵素検出剤、または電気化学発光検出剤である。幾つかの実施形態では、検出剤は、西洋ワサビペルオキシダーゼ(HRP)である。

0056

幾つかの実施形態では、FOLR1タンパク質レベルは、酵素結合免疫吸着分析(ELISA)を用いて決定される。幾つかの実施形態では、ELISAは、サンドイッチELISAである。

0057

幾つかの実施形態では、活性剤は、FOLR1抗体huMov19を含む。幾つかの実施形態では、huMov19は、細胞毒性剤に共役される。幾つかの実施形態では、huMov19は、メイタンシノイドDM4と切断可能なスルホ−SPDBリンカー(IMGN853)とをさらに含む抗体メイタンシノイド共役体として、投与される。

0058

本発明は、診断剤としての使用のための、本明細書に提供される抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドも提供する。

0059

本発明は、例えば、FOLR1活性を調節する抗体もしくはその抗原結合断片を含む活性剤を用いたFOLR1媒介疾患もしくは障害の治療における使用のため、および/または、FOLR1活性を調節する抗体もしくはその抗原結合断片を含む固定用量の活性剤の治療有効性を監視するための、FOLR1活性を調節する抗体もしくはその抗原結合断片を含む活性剤のFOLR1への結合を競合的に阻害しない、抗体もしくはその抗原結合断片において提供される、抗体、その抗原結合断片、もしくはポリペプチドも提供する。

0060

本発明は、本明細書に提供される抗体、その抗原結合断片、もしくはポリペプチドであって、(i)FOLR1媒介疾患もしくは障害、および/または(ii)FOLR1活性を調節する抗体もしくはその抗原結合断片を含む固定用量の活性剤を用いたFOLR1媒介疾患もしくは障害の治療に対する、応答、および/または(iii)FOLR1活性を調節する抗体もしくはその抗原結合断片を含む固定用量の活性剤を用いた治療の治療有効性を診断する方法における使用のための、本明細書に提供される抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドも提供する。幾つかの実施形態では、抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドは、癌に罹患する患者における癌を診断するための方法における、使用のためのものである。幾つかの実施形態では、癌は、FOLR1の上昇したレベルと関連している。幾つかの実施形態では、抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドは、検出剤を含む。幾つかの実施形態では、検出剤は、発色検出剤、蛍光検出剤、酵素検出剤、または電気化学発光検出剤である。

0061

本発明は、方法も提供し、FOLR−1媒介疾患は、癌であり、活性剤は、IMGN853を含み、脱落FOLR1タンパク質レベルは、活性剤のFOLR1への結合を競合的に阻害しない少なくとも2つの抗FOLR1抗体を用いるELISA分析を用いて測定され、少なくとも2つの抗FOLR1の各々は、(a)配列番号1、2、および3と配列番号13、14、および15、(b)配列番号4、5、および6と配列番号16、17、および18、(c)配列番号7、8、および9と配列番号19、20、および21、ならびに(d)配列番号10、11、および12と配列番号22、23、および24からなる群から選択されるアミノ酸配列を含む。

0062

本発明は、方法も提供し、FOLR−1媒介疾患は、癌であり、活性剤は、IMGN853を含み、活性剤のFOLR1への結合を競合的に阻害しない抗FOLR1抗体は、アミノ酸配列(a)配列番号1、2、および3と配列番号13、14、および15、(b)配列番号4、5、および6と配列番号16、17、および18、(c)配列番号7、8、および9と配列番号19、20、および21、または(d)配列番号10、11、および12と配列番号22、23、および24を含み、FOLR1タンパク質は、サイトメトリーによって検出される。

0063

方法の幾つかの実施形態では、癌は、卵巣癌である。幾つかの実施形態では、卵巣癌は、白金耐性または白金不応性である。幾つかの実施形態では、癌は、NSCLCである。幾つかの実施形態では、癌は、子宮内膜癌である。

0064

本発明は、活性剤も提供し、FOLR−1媒介疾患は、癌であり、活性剤は、IMGN853を含み、脱落FOLR1タンパク質レベルは、活性剤のFOLR1への結合を競合的に阻害しない少なくとも2つの抗FOLR1抗体を用いるELISA分析を用いて測定され、少なくとも2つの抗FOLR1の各々は、(a)配列番号1、2、および3と配列番号13、14、および15、(b)配列番号4、5、および6と配列番号16、17、および18、(c)配列番号7、8、および9と配列番号19、20、および21、ならびに(d)配列番号10、11、および12と配列番号22、23、および24からなる群から選択されるアミノ酸配列を。

0065

本発明は、活性剤も提供し、FOLR−1媒介疾患は、癌であり、活性剤は、IMGN853を含み、脱落FOLR1タンパク質レベルは、活性剤のFOLR1への結合を競合的に阻害しない少なくとも2つの抗FOLR1抗体を用いるELISA分析を用いて測定され、少なくとも2つの抗FOLR1の各々は、(a)配列番号1、2、および3と配列番号13、14、および15、(b)配列番号4、5、および6と配列番号16、17、および18、(c)配列番号7、8、および9と配列番号19、20、および21、ならびに(d)配列番号10、11、および12と配列番号22、23、および24からなる群から選択されるアミノ酸配列を含む。

0066

活性剤の幾つかの実施形態では、癌は、卵巣癌である。幾つかの実施形態では、卵巣癌は、白金耐性または白金不応性である。幾つかの実施形態では、癌は、NSCLCである。幾つかの実施形態では、癌は、子宮内膜癌である。

0067

本発明は、癌を治療する方法も提供し、この方法は、基準FOLR1タンパク質レベルと比較して上昇した脱落FOLR1タンパク質レベルを有する患者に、FOLR1活性を調節する抗体またはその抗原結合断片を含む活性剤を投与することを含み、患者のFOLR1タンパク質レベルは、本明細書に提供される抗体、抗原結合断片、またはポリペプチドを用いて測定される。

0068

本発明は、癌を治療する方法も提供し、この方法は、基準FOLR1タンパク質レベルと比較して上昇した循環腫瘍細胞中のFOLR1タンパク質レベルを有する患者に、FOLR1活性を調節する抗体またはその抗原結合断片を含む活性剤を投与することを含み、患者のFOLR1タンパク質レベルは、本明細書に提供される抗体、抗原結合断片、またはポリペプチドを用いて測定される。幾つかの実施形態では、活性剤は、IMGN853を含む。幾つかの実施形態では、癌は、卵巣癌である。幾つかの実施形態では、卵巣癌は、白金耐性または白金不応性である。幾つかの実施形態では、癌は、NSCLCである。幾つかの実施形態では、癌は、子宮内膜癌である。

0069

本発明は、インビトロの試料中のFOLR1タンパク質レベルの測定のための、本明細書に提供される抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドの使用も提供する。
本発明の好ましい実施形態では、例えば以下が提供される。
項目1)
(a)配列番号25のポリペプチドおよび配列番号29のポリペプチドを含む抗体、
(b)配列番号26のポリペプチドおよび配列番号30のポリペプチドを含む抗体、
(c)配列番号27のポリペプチドおよび配列番号31のポリペプチドを含む抗体、ならびに
(d)配列番号28のポリペプチドおよび配列番号32のポリペプチドを含む抗体からなる群から選択される抗体と同一のFOLRIエピトープに特異的に結合するか、またはそのFOLR1への結合を競合的に阻害する、抗体もしくはその抗原結合断片。
(項目2)
前記抗体またはその抗原結合断片は、
(a)配列番号1、2、および3と配列番号13、14、および15、
(b)配列番号4、5、および6と配列番号16、17、および18、
(c)配列番号7、8、および9と配列番号19、20、および21、
(d)配列番号10、11、および12と配列番号22、23、および24、ならびに
(e)1、2、3、または4つの保存的アミノ酸置換を含む(a)〜(d)の変異体からなる群から選択されるアミノ酸配列を含む、項目1に記載の抗体または抗原結合断片。
(項目3)
前記抗体またはその抗原結合断片は、
(a)配列番号25および配列番号29、
(b)配列番号26および配列番号30、
(c)配列番号27および配列番号31、ならびに
(d)配列番号28および配列番号32からなる群から選択されるアミノ酸配列を含む、項目1または2に記載の抗体またはその抗原結合断片。
(項目4)
前記抗体またはその抗原結合断片は、マウス、非ヒト、ヒト化、キメラ、再表面化、またはヒトである、項目1〜3のいずれか一項に記載の抗体またはその抗原結合断片。
(項目5)
FOLR1に特異的に結合するポリペプチドであって、前記ポリペプチドは、
(a)配列番号1、2、および3と配列番号13、14、および15、
(b)配列番号4、5、および6と配列番号16、17、および18、
(c)配列番号7、8、および9と配列番号19、20、および21、
(d)配列番号10、11、および12と配列番号22、23、および24、ならびに
(e)1、2、3、または4つの保存的アミノ酸置換を含む(a)〜(d)の変異体からなる群から選択される配列を含む、ポリペプチド。
(項目6)
項目1〜5のいずれか一項に記載の抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドをコードする、核酸分子
(項目7)
試料中のFOLR1タンパク質を検出する方法であって、前記試料を、項目1〜5のいずれか一項に記載の抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドと接触させることを含む、方法。
(項目8)
前記FOLR1タンパク質は、ラジオイムノアッセイ、ウエスタンブロット分析、免疫蛍光分析、酵素免疫分析、免疫沈降分析、化学発光分析、サイトメトリー、または免疫組織化学分析によって検出される、項目7に記載の方法。
(項目9)
前記サイトメトリーは、フローサイトメトリーである、項目8に記載の方法。
(項目10)
前記FOLR1タンパク質は、脱落FOLR1タンパク質である、項目7または8に記載の方法。
(項目11)
前記FOLR1タンパク質は、前記試料中の循環腫瘍細胞において検出される、項目7または8に記載の方法。
(項目12)
前記酵素免疫分析は、酵素結合免疫吸着分析(ELISA)である、項目8に記載の方法。
(項目13)
前記FOLR1タンパク質は、免疫組織化学分析によって検出される、項目8に記載の方法。
(項目14)
項目1〜5のいずれか一項に記載の抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドを産生する、細胞。
(項目15)
項目1〜5のいずれか一項に記載の抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドを作製する方法であって、(a)項目12に記載の細胞を培養することと、(b)前記培養された細胞から、前記抗体、その抗原結合断片、またはポリペプチドを単離することと、を含む、方法。
(項目16)
試料中のFOLR1タンパク質を検出するための免疫分析キットであって、(a)第1の試薬であって、前記第1の試薬は、項目1〜4のいずれか一項に記載の抗体もしくはその抗原結合断片または項目5に記載のポリペプチドである、第1の試薬と、(b)第2の試薬であって、前記第2の試薬は、検出試薬である、第2の試薬と、を含む、キット。
(項目17)
癌を治療する方法であって、上昇したFOLR1タンパク質レベルを有する患者に、FOLR1に特異的に結合する抗体またはその抗原結合断片を含む活性剤を投与することを含み、前記上昇したFOLR1タンパク質レベルは、項目1〜4のいずれか一項に記載の抗体もしくはその抗原結合断片または項目5に記載のポリペプチドを用いて測定される、方法。

図面の簡単な説明

0070

FOLR1脱落抗原分析の概略図である。
(A)Mov19競合ELISA分析の概略図である。
(B)Mov19を用いたサンドイッチELISAによる、muFR1−13の結合親和性の決定である。
(A)非競合的FOLR1結合エピトープを決定するための、直接結合競合ELISAの概略図である。
(B)抗FOLR1抗体のMov19との結合干渉スクリーニングするための、競合ELISA結果のLog変換グラフである。
抗FOLR1抗体のmuFR1−13との結合干渉をスクリーニングするための、競合ELISA結果のLog変換グラフである。
サンドイッチELISAによる、抗FOLR1抗体の結合親和性である。
(A)フローサイトメトリーおよび(B)サンドイッチELISAの双方による、FR1−13の結合親和性である。
サンドイッチELISAによる、(A)FOLR2および(B)FOLR3に結合する抗体に関する結果のLog変換グラフである。
FR1−9およびFR1−13を用いた脱FOLR1抗原の検出に対する、FOLR1に予め結合された葉酸の効果である。
FOLR1の存在および干渉する分析タンパク質の存在に関する、ヒト腹水試料の分析である。
FOLR1の存在および干渉する分析タンパク質の存在に関する、正常ヒトプール血漿試料の分析である。
FOLR1サンドイッチELISAを用いた、ヒト卵巣患者血漿試料中のFOLR1濃度の決定である。
連続的に希釈した精製FOLR1−Fc融合タンパク質標準の4PLのS状用量応答曲線適合に基づく、患者試料中のFOLR1の量の補間に関する概略図である。
一定範囲のFOLR1発現レベルを有する細胞株を用いた抗FOLR1抗体の滴定である。各細胞株および希釈に関して、三連の染色を実施した。平均蛍光強度MFI)を、FRA発現に関して測定し、平均化し、表に示す(誤差はSEMを表す)。
抗FOLR1抗体の最適希釈を用いた細胞株におけるFOLR1発現を示すヒストグラムである。
抗FOLR1抗体とIMGN853との間の競合を示すグラフである。

0071

本発明は、患者試料中の循環腫瘍細胞中の脱落ヒト葉酸受容体1(FOLR1)またはFOLR1を検出する、新規の方法を提供する。FOLR1は、抗FOLR1活性剤(例えば、抗体huMov19を含む活性剤)のFOLR1への結合を競合的に阻害しない抗体を用いて、検出され得る。抗FOLR1活性剤の結合を競合的に阻害しない抗体は、抗FOLR1活性剤を用いて治療されている患者からの試料中のFOLR1(例えば、循環腫瘍細胞中の脱落FOLR1またはFOLR1)の検出において、特に有用である。循環腫瘍細胞中の脱落FOLR1またはFOLR1は、FOLR1の過剰発現によって特徴付けられる癌治療の治療有効性、またはそれに対する応答の可能性を監視または決定するために、使用され得る。脱落FOLR1検出方法および追加のFOLR1検出方法(例えば、FOLR1に関連した膜結合および細胞に関するIHC、およびCTC分析)に有用な新規のFOLR1結合ポリペプチド、例えば、抗体等も、開示される。関連するポリペプチドおよびポリヌクレオチド、FOLR1結合剤を含む組成物、ならびにFOLR1結合剤を作製する方法も、提供される。それに加えて、本明細書に提供される方法は、患者の層別化のために使用され得る。

0072

I. 定義
本発明の理解を助けるために、多数の用語および語句を、下記に定義する。

0073

本明細書で使用するとき、用語「ヒト葉酸受容体1」、「FOLR1」、または「葉酸受容体α(FR−α)」は、別段に指定されない限り、任意の天然のヒトFOLR1を指す。したがって、これらの用語は全て、本明細書に指定されるタンパク質か核酸配列かのいずれかを指すことができる。用語「FOLR1」は、「全長」の未処理FOLR1、および細胞内の処理の結果として得られるFOLR1の任意の形態を包含する。本用語はまた、FOLR1の自然発生変異体、例えば、スプライス変異体(FOLR2、FOLR3、またはFOLR4を包含する変異体を除く)、対立遺伝子変異体、およびアイソフォームも包含する。本明細書に説明されるFOLR1ポリペプチドは、種々の供給源から、例えば、ヒト組織型もしくは別の供給源から単離することができ、または組換えもしくは合成方法によって調製することができる。FOLR1配列の例としては、NCBI参照番号P15328、NP_001092242.1、AAX29268.1、AAX37119.1、NP_057937.1、およびNP_057936.1が挙げられるが、これらに限定されない。ヒトFOLR1配列は、以下のものである:
MAQRMTTQLLLLLVWVAVVGEAQTRIAARTELLNVCNAKHKEKPGPEDKLHEQCRPWRKNACCTNTSQEAHKDVSYLYRFNWNHCGEMAPACKRHFIQDTCLYECSPNLGPWIQQVDQSWRKERVLNVPLCKDCEQWWEDCRTSYTCKSNWHKGWNWTSGFNKCAVGAACQPFHFYFPTPTVLCNEIWTHSYKVSNYSRGSGRCIQMWFDPAQGNPNEVARFYAAAMSGAGPWAAWPFLLSLALMLLWLLS(配列番号49)。

0074

用語「脱落抗原」および「脱落FOLR1」は、本明細書において互換的に使用される。これらの用語は、可溶性であり、細胞結合型ではないFOLR1タンパク質を指す。幾つかの実施形態では、これは、細胞外ドメイン(ECD)およびグリコシルフォスファチジルイノシトール(GPI)リンカーを含む。一実施形態では、脱落FOLR1は、ECDのみを含む。FOLR1は、シグナルペプチドアミノ酸1〜24)、FOLR1タンパク質鎖(アミノ酸25〜233または234)、および切断され得るプロペプチド(アミノ酸235〜257)を含む。脱落FOLRは、アミノ酸1〜257、1〜233、1〜234、25〜233、25〜234、または任意の他のその断片を含むことができる。幾つかの実施形態では、シグナル配列は、切断される。他の実施形態では、ECDおよびGPI部分は、膜(例えば、可溶性脂質ラフト)の中に埋め込まれ得る。一実施形態では、脱落FOLR1は、アミノ酸1〜233またはその断片を含むことができる。

0075

用語「抗体」は、免疫グロブリン分子可変領域内の少なくとも1つの抗原認識部位を通して、標的、例えば、タンパク質、ポリペプチド、ペプチド炭水化物、ポリヌクレオチド、脂質、または前述のものの組み合わせ等を認識し、特異的に結合する、免疫グロブリン分子を意味する。本明細書で使用するとき、用語「抗体」は、無傷ポリクローナル抗体、無傷モノクローナル抗体抗体断片(Fab、Fab’、F(ab’)2、およびFv断片等)、一本鎖Fv(scFv)突然変異体、二重特異性抗体等の多特異性抗体、キメラ抗体、ヒト化抗体、ヒト抗体、抗体の抗原決定部分を含む融合タンパク質、ならびに抗体が所望の生物学的活性を示す限りは、抗原認識部位を含む任意の他の修飾免疫グロブリン分子を包含する。抗体は、5つの主要なクラスの免疫グロブリンIgAIgDIgE、IgG、およびIgM、または、それぞれα、δ、ε、γ、およびμと称されるその重鎖定常ドメイン同一性に基づく、そのサブクラスアイソタイプ)(例えば、IgG1、IgG2、IgG3、IgG4、IgA1、およびIgA2)のうちのいずれかであり得る。異なるクラスの免疫グロブリンは、異なる、また周知のサブユニット構造および3次元構成を有する。抗体は、であるか、または毒素放射性同位体等の他の分子に共役され得る。

0076

幾つかの実施形態では、抗体は、非自然発生抗体である。幾つかの実施形態では、抗体は、天然の成分から精製される。幾つかの実施形態では、抗体は、組換え産生される。幾つかの実施形態では、抗体は、ハイブリドーマによって産生される。

0077

遮断」抗体または「アンタゴニスト」抗体は、FOLR1等のそれが結合する抗原の生物学的活性を阻害または低減させる抗体である。特定の実施形態では、遮断抗体またはアンタゴニスト抗体は、抗原の生物学的活性を実質的または完全に阻害する。望ましくは、生物学的活性は、10%、20%、30%、50%、70%、80%、90%、95%、またはさらには100%低減される。

0078

用語「抗FOLR1抗体」または「FOLR1に結合する抗体」は、抗体が、FOLR1を標的とすることにおいて診断剤および/または治療剤として有用であるように、十分な親和性によってFOLR1に結合可能である抗体を指す。抗FOLR1抗体の関連しない非FOLR1タンパク質への結合の程度は、例えば、ラジオイムノアッセイ(RIA)によって測定するとき、抗体のFOLR1への結合の約10%未満である。特定の実施形態では、FOLR1に結合する抗体は、≦1μM、≦100nM、≦10nM、≦1nM、または≦0.1nMの解離定数(Kd)を有する。一実施形態では、抗FOLR1抗体は、FOLR2、FOLR3、FOLR4、または葉酸に結合しない。

0079

用語「抗体断片」は、無傷抗体の一部分を差し、また無傷抗体の抗原決定可変領域を指す。抗体断片の例としては、Fab、Fab’、F(ab’)2、およびFv断片、線状抗体、一本鎖抗体、ならびに抗体断片から形成される多特異性抗体が挙げられるが、これらに限定されない。本明細書で使用するとき、用語「モノクローナル抗体」は、実質的に均質な抗体の集団から得られる抗体を指し、即ち、該集団を構成する個々の抗体は、例えば、若干存在し得る自然発生突然変異等の可能な突然変異を除き、同一である。したがって、修飾因子モノクローナル」は、抗体の特徴を別個の抗体の混合物としてではなく示す。特定の実施形態では、かかるモノクローナル抗体は、典型的には、標的に結合するポリペプチド配列を含む抗体を含み、標的結合ポリペプチド配列は、複数のポリペプチド配列から、単一の標的結合ポリペプチド配列を選択することを含むプロセスによって得られる。例えば、選択プロセスは、ハイブリドーマクローンファージクローン、または組換えDNAクローンプール等の複数のクローンからの、固有のクローンの選択であり得る。選択される標的結合配列は、例えば、標的への親和性を改善する、標的結合配列をヒト化する、細胞培養におけるその産生を改善する、インビボのその免疫原性を低減させる、多特異性抗体を作製する等のために、さらに変更され得ること、また、変更された標的結合配列を含む抗体も、本発明のモノクローナル抗体であることを理解すべきである。異なる決定基(エピトープ)に対する異なる抗体を典型的に含む、ポリクローナル抗体製剤とは対照的に、モノクローナル抗体製剤の各モノクローナル抗体は、抗原上の単一の決定基に対する。その特異性に加えて、モノクローナル抗体調製物は、典型的には他の免疫グロブリンによって汚染されていないという点で有利である。

0080

修飾因子「モノクローナル」は、実質的に均質な抗体の集団から得られたものとしての抗体の特徴を示し、特定の方法による抗体の産生を必要とするようには解釈されない。 例えば、本発明に従って用いられるモノクローナル抗体は、種々の技術によって作製することができ、例えば、ハイブリドーマ法(例えば、Kohler and Milstein, Nature, 256:495−97 (1975);Hongo et al., Hybridoma, 14(3):253−260 (1995)、Harlow et al., Antibodies:A Laboratory Manual,(Cold Spring Harbor Laboratory Press, 2nd ed. 1988);Hammerling et al.,Monoclonal Antibodies and T−Cell Hybridomas 563−681(Elsevier, N.Y., 1981)中)、組換えDNA法(例えば、米国特許第4,816,567号を参照)、ファージディスプレイ技術(例えば、Clackson et al., Nature, 352: 624−628 (1991); Marks et al., J. Mol. Biol. 222:581−597 (1992);Sidhu et al., J. Mol. Biol. 338(2):299−310 (2004);Lee et al., J. Mol. Biol. 340(5):1073−1093 (2004);Fellouse, Proc. Natl. Acad. Sci. USA 101(34):12467−12472 (2004);およびLee et al., J. Immunol. Methods284(1−2):119−132 (2004)を参照)、ならびにヒト免疫グロブリン遺伝子座またはヒト免疫グロブリン配列をコードする遺伝子の一部または全部を有するヒト抗体または動物内のヒト様抗体を産生するための技術(例えば、WO1998/24893号;WO1996/34096号;WO1996/33735号;WO1991/10741号;Jakobovits et al., Proc. Natl. Acad. Sci. USA 90:2551 (1993);Jakobovits et al., Nature 362:255−258 (1993);Bruggemann et al., Year in Immunol. 7:33 (1993);米国特許第5,545,807号;同第5,545,806号;同第5,569,825号;同第5,625,126号;同第5,633,425号;および同第5,661,016号;Marks et al., Bio/Technology 10:779−783 (1992);Lonberg et al., Nature 368: 856−859 (1994);Morrison, Nature 368:812−813 (1994);Fishwild et al., Nature Biotechnol. 14:845−851 (1996);Neuberger, Nature Biotechnol. 14:826 (1996);ならびにLonberg and Huszar, Intern. Rev. Immunol. 13:65−93 (1995)を参照)が挙げられる。

0081

用語「ヒト化抗体」は、特定の免疫グロブリン鎖、キメラ免疫グロブリン、または最小の非ヒト(例えば、マウス)配列を含有するそれらの断片である、非ヒト(例えば、マウス)抗体の形態を指す。典型的には、ヒト化抗体は、相補性決定領域(CDR由来の残基が、所望の特異性、親和性、および能力を有する非ヒト種(例えば、マウス、ラットウサギハムスター)のCDR由来の残基によって置換される、ヒト免疫グロブリンである(Jones et al., 1986, Nature, 321:522−525;Riechmann et al., 1988, Nature, 332:323−327;Verhoeyen et al., 1988, Science, 239:1534−1536)。場合により、ヒト免疫グロブリンのFvフレームワーク領域(FR)残基は、所望の特異性、親和性、および能力を有する非ヒト種由来の抗体内の対応する残基によって置き換えられる。ヒト化抗体は、抗体特異性、親和性、および/または能力を高め、最適化するために、Fvフレームワーク領域および/または置き換えられた非ヒト残基内の追加の残基の置換によって、さらに修飾され得る。概して、ヒト化抗体は、非ヒト免疫グロブリンに対応するCDR領域の全てまたは実質的に全てを含有する少なくとも1つ、また典型的には2または3つの可変ドメインのうちの実質的に全てを含み、一方、FR領域の全てまたは実質的に全ては、ヒト免疫グロブリンコンセンサス配列のものである。ヒト化抗体はまた、免疫グロブリン定常領域またはドメイン(Fc)の少なくとも一部分を含むこともでき、それらは典型的には、ヒト免疫グロブリンのものである。ヒト化抗体を生成するために用いられる方法の例は、米国特許第5,225,539号または同第5,639,641号に説明される。抗体の「再表面化」は概して、軽鎖および重鎖の双方における可変領域フレームワーク表面残基の同定、ならびにヒトの等価物を用いてそれらを置き換えることを含む。 抗体を再表面化する方法は、例えば、Roguska et al., Proc. Natl. Acad. Sci., USA, 91(3):969−973 (1994)およびRoguska et al., Protein Eng. 9(10):895−904 (1996)に提供されており、それらは、参照によりその全体が本明細書に組み込まれる。

0082

抗体の「可変領域」は、単独でか、または組み合わせて、抗体軽鎖の可変領域または抗体重鎖の可変領域を指す。重鎖および軽鎖の可変領域は各々、超可変領域としても既知である3つの相補性決定領域(CDR)によって接続される、4つのフレームワーク領域(FR)からなる。各鎖内のCDRは、FRによって極めて近接して一緒に保持され、他の鎖に由来するCDRと共に、抗体の抗原結合部位の形成に寄与する。CDRを決定するための、少なくとも2つの技術が存在する:(1)種間配列変動に基づくアプローチ(即ち、Kabat et al. Sequences of Proteins of Immunological Interest, (5th ed., 1991, National Institutes of Health, Bethesda Md.))、および(2)抗原−抗体複合体結晶学的研究に基づくアプローチ(Al−lazikani et al (1997) J. Molec.Biol. 273:927−948))。それに加えて、当該技術分野では、これらの2つのアプローチの組み合わせがCDRを決定するために使用される場合もある。

0083

Kabatの番号付けステムは、概して、可変ドメイン内の残基(概ね、軽鎖の残基1〜107および重鎖の残基1〜113)に言及する際に用いられる(例えば、Kabat et al., Sequences of Immunological Interest. 5th Ed. Public Health Service, National Institutes of Health, Bethesda, Md.(1991))。

0084

Kabatにおいて、アミノ酸位置の番号付けは、Kabat et al., Sequences of Proteins of Immunological Interest, 5th Ed. Public Health Service, National Institutes of Health, Bethesda, Md.(1991)内の、抗体の編集物の重鎖可変ドメインまたは軽鎖可変ドメインに関して用いられる番号付けシステムを指す。この番号付けシステムを用いて、実際の線状アミノ酸配列は、可変ドメインのFRまたはCDRの短縮、またはそれへの挿入に対応する、より少ない、または追加のアミノ酸を含有することができる。例えば、重鎖可変ドメインは、H2の残基52の後の単一のアミノ酸挿入(Kabatによる残基52a)、および重鎖FR残基82の後の挿入された残基(例えば、Kabatによる残基82a、82b、および82c等)を含むことができる。残基のKabat番号付けは、抗体の配列の相同領域における「標準」Kabat番号付き配列との整列によって、所与の抗体に関して決定することができる。 Chothiaは、代わりに、構造的ループの位置に言及する(Chothia and Lesk J. Mol. Biol. 196:901−917 (1987))。ChothiaのCDR−H1ループの末端は、Kabat番号付け方式を用いて番号付けされるとき、ループの長さに応じてH32とH34との間で変動する(これは、Kabat番号付けスキームが、H35AおよびH35Bにて挿入を置くためであり、35Aおよび35Bのいずれも存在しない場合、ループは32にて終了し、35Aのみが存在する場合、ループは33にて終了し、35Aおよび35Bの双方が存在する場合、ループは34にて終了する)。AbM超可変領域は、KabatのCDRとChothiaの構造的ループとの間の妥協案を表し、Oxford MolecularのAbM抗体モデリングソフトウエアによって用いられる。

0085

用語「ヒト抗体」は、ヒトによって産生される抗体、または当該技術分野において既知である任意の技術を用いて作製される、ヒトによって産生される抗体に対応するアミノ酸配列を有する抗体を意味する。ヒト抗体のこの定義は、無傷もしくは全長抗体、その断片、ならびに/または、少なくとも1つのヒト重鎖および/もしくは軽鎖ポリペプチドを含む抗体、例えば、マウス軽鎖およびヒト重鎖ポリペプチドを含む抗体を含む。

0086

用語「キメラ抗体」は、免疫グロブリン分子のアミノ酸配列が2つ以上の種に由来する抗体を指す。典型的には、軽鎖および重鎖の双方の可変領域は、所望の特異性、親和性、および能力を有する1種の哺乳類(例えば、マウス、ラット、ウサギ等)に由来する抗体の可変領域に対応し、一方、定常領域は、その種における免疫応答を引き起こすのを回避するために、別のもの(通常、ヒト)に由来する抗体内の配列に相同である。

0087

用語「エピトープ」または「抗原決定基」は、本明細書において互換的に使用され、特定の抗体によって認識および特異的に結合されることが可能な抗原の部分を指す。抗原がポリペプチドである場合、エピトープは、連続アミノ酸から、およびタンパク質の3次折り畳み(tertiary folding)によって並列する非連続アミノ酸からの双方から形成することができる。連続アミノ酸から形成されるエピトープは、典型的にはタンパク質変性に際して保持され、一方、3次折り畳みによって形成されるエピトープは、典型的にはタンパク質変性に際して失われる。エピトープは典型的には、固有の空間構造内に、少なくとも3個、またより通常は、少なくとも5または8〜10個のアミノ酸を含む。

0088

「結合親和性」は概して、分子(例えば、抗体)の単一の結合部位とその結合パートナー(例えば、抗原)との間の、非共有的相互作用の和の強度を指す。別段に指定されない限り、本明細書で使用するとき、「結合親和性」は、結合対メンバー(例えば、抗体と抗原)間の1:1の相互作用を反映する、本来の結合親和性を指す。分子Xの、そのパートナーYに対する親和性は、一般に、解離定数(Kd)によって表すことができる。親和性は、本明細書に記載される方法を含む、当該技術分野で既知の一般的な方法によって測定することができる。低親和性抗体は概して、ゆっくりと抗原に結合し、容易に解離する傾向があるのに対し、高親和性抗体は概して、より速く抗原に結合し、結合をより長く保つ傾向がある。結合親和性を測定する種々の方法が、当該技術分野において既知であり、それらのうちのいずれも、本発明の目的のために使用することができる。特定の例証的実施形態は、本明細書に説明される。

0089

本明細書において結合親和性に言及して使用するとき、「またはより良好な」は、分子とその結合パートナーとの間のより強力な結合を指す。本明細書で使用するとき、「またはより良好な」は、より強力な結合を指し、より小さいKd数値で表される。例えば、「0.6nMまたはより良好な」抗原に対する親和性を有する抗体では、抗原に対する抗体の親和性は、<0.6nM、即ち、0.59nM、0.58nM、0.57nM等、または0.6nM未満の任意の値である。一実施形態では、抗体の親和性は、Kdによって決定するとき、約10−3〜約10−12M、約10−6〜約10−11M、約10−6〜約10−10M、約10−6〜約10−9M、約10−6〜約10−8M、または約10−6〜約10−7Mとなる。

0090

本明細書で使用するとき、語句「実質的に類似の」または「実質的に同一の」は、2つの数値(概して、一方は本発明の抗体に関連し、もう一方は基準/比較抗体に関連する)間の十分に高い度合類似性を示し、したがって当業者であれば、2つの値の間の差は、該値(例えば、Kd値)によって測定される生物学的特徴文脈において、生物学的および/または統計的有意性をほとんどまたは全く伴わないものであると考えるであろう。該2つの値の間の差は、基準/比較抗体に関する値の関数として、約50%未満、約40%未満、30%未満、約20%未満、または約10%未満である。

0091

「単離された」ポリペプチド、抗体、ポリヌクレオチド、ベクター、細胞、または組成物は、天然には見出されない形態のポリペプチド、抗体、ポリヌクレオチド、ベクター、細胞、または組成物である。単離されたポリペプチド、抗体、ポリヌクレオチド、ベクター、細胞、または組成物としては、もはや天然に見出される形態ではない度合まで精製されているものが挙げられる。幾つかの実施形態では、単離された抗体、ポリヌクレオチド、ベクター、細胞、または組成物は、実質的に純粋である。

0092

本明細書で使用するとき、「実質的に純粋である」は、少なくとも50%純粋である(即ち、汚染物を含まない)、少なくとも90%純粋である、少なくとも95%純粋である、少なくとも98%純粋である、または少なくとも99%純粋である材料を指す。

0093

用語FOLR1の「増加した発現」は、基準試料、基準FOLR1レベル、または同一対象から検出された以前のFOLR1レベルと比較して、上昇したレベルのFOLR1発現を含有する試料を指す。したがって、例えば、患者試料中の「増加したFOLR1タンパク質レベル」は、非癌性基準試料中のFOLR1タンパク質レベルよりも高いFOLR1タンパク質レベルを有することができる。患者試料中の「増加したFOLR1タンパク質レベル」はまた、例えば、癌性試料中のFOLR1タンパク質レベルと等しいFOLR1タンパク質レベルを有することもできる。幾つかの実施形態では、「増加したFOLR1タンパク質レベル」が検出され、患者のFOLR1タンパク質レベルは、例えば、同一対象から検出された以前のFOLR1レベルよりも、少なくとも約5%、少なくとも約10%、少なくとも約15%、少なくとも約20%、または少なくとも約25%、少なくとも約30%、または少なくとも約50%多い。循環腫瘍細胞分析において、「増加したFOLR1タンパク質レベル」は、FOLR1が、より多い割合の細胞中に検出される試料、またはFOLR1が、より高いレベルで細胞中に検出される試料を指すことができる。したがって、幾つかの実施形態では、「増加したFOLR1タンパク質レベル」は、CTC分析にて検出され、少なくとも約5%、少なくとも約10%、少なくとも約15%、少なくとも約20%、または少なくとも約25%、少なくとも約30%、または少なくとも約50%多い細胞が、FOLR1発現を示す。それに加えて、幾つかの実施形態では、「増加したFOLR1タンパク質レベル」は、CTC分析にて検出され、少なくとも約5%、少なくとも約10%、少なくとも約15%、少なくとも約20%、または少なくとも約25%、少なくとも約30%、または少なくとも約50%多いFOLR1が、細胞中に検出される。

0094

「基準試料」は、試験試料から得られた本発明の方法の結果を相関させ、比較するために使用され得る。基準試料は、細胞(例えば、細胞株、細胞ペレット)、体液、または組織であり得る。「基準試料」中のFOLR1レベルは、FOLR1の絶対もしくは相対量、量の範囲、最少および/もしくは最大量平均量、ならびに/または中央量であってよい。「基準試料」はまた、試験試料を比較するFOLR1発現のベースライン役割を果たすこともできる。「基準試料」は、同一患者からの以前の試料もしくベースライン試料、正常基準、または関連する患者集団からの基準を含むことができる。概して、FOLR1レベルは、標準曲線中の値として表される。標準曲線は、試料中のFOLR1の濃度を決定するための、分析データをプロットする定量的方法である。一実施形態では、基準試料は、精製されたFOLR1またはFOLR1−Fcを含む抗原標準である。本発明の診断方法は、試験試料中のFOLR1の発現レベルと「基準値」または「レフェレセレベル」との間の比較を含む。幾つかの実施形態では、基準値は、基準試料中のFOLR1の発現レベルである。基準値は、所定の値であってもよく、また同様に、試験試料と平行して試験される基準試料(例えば、対照生物学的試料)から決定されてもよい。基準値は、中央値または平均値等の単一のカットオフ値か、または信頼区間等の値の範囲であり得る。基準値は、例えば、癌に罹患し易い個体、早期もしくは末期癌を有する個体、男性および/もしくは女性個体、または癌療法を受けている個体等、種々の個体の下位群に関して確立され得る。正常の基準試料または値、および陽性基準試料または値の例は、本明細書に説明される。

0095

本明細書において、用語「一次抗体」は、試料中の標的タンパク質抗原に特異的に結合する抗体を指す。一次抗体は概して、ELISA分析において用いられる第1の抗体である。一実施形態では、一次抗体は、IHC手順において用いられる唯一の抗体である。本明細書において、用語「二次抗体」は、一次抗体に特異的に結合し、それによって、一抗体と、存在する場合、その後の試薬との間に架橋を形成する抗体を指す。二次抗体は概して、免疫組織化学的手順において用いられる第2の抗体である。

0096

本明細書で使用するとき、「免疫組織化学」は、例えば、細胞または組織を分析するために用いられる、組織化学的および免疫学的方法を指す。したがって、用語「免疫組織化学」、「免疫細胞化学」、および「免疫化学」は、互換的に使用される。

0097

本発明の「試料」または「生物学的試料」は、生物学的起源のものであり、特定の実施形態では、例えば、真核生物に由来する。好ましい実施形態では、試料は、ヒト試料であるが、動物試料も、本発明の実践において使用することができる。本発明における使用のための非限定的な試料供給源としては、例えば、固体組織、生検吸引物、腹水、流体摘出物、血液、血漿、血清、髄液リンパ液、皮膚の外部切片気道腸管、および尿生殖路唾液、乳、腫瘍器官細胞培養物、ならびに/または細胞培養成分が挙げられる。本発明は、概して腹水等の体液を含み、また利用可能な材料の量が少量である癌試料に対して、特に有用である。異なる種類の細胞または組織を比較すること、異なる発生段階を比較すること、ならびに疾患または異常の存在および/または種類を検出または決定することを含むがこれらに限定されない方法が、FOLR1の発現の態様または試料の状態を検査するために用いられ得る。

0098

本明細書で使用するとき、用語「捕捉試薬」は、好適な条件下で、捕捉試薬と標的分子との複合体を試料の残りから分離することができるように、試料中の標的分子を結合および捕捉することが可能な試薬を指す。一実施形態では、捕捉試薬は、固定される。一実施形態では、サンドイッチ免疫分析における捕捉試薬は、標的抗原に対する抗体または異なる抗体の混合物である。

0099

本明細書で使用するとき、用語「検出可能な抗体」は、検出手段によって増幅された標識を通して直接的にか、または例えば、標識された別の抗体を通して、間接的にかのいずれかで検出され得る抗体を指す。直接標識化に関して、抗体は典型的には、何らかの手段によって検出可能である部分に共役される。一実施形態では、検出可能な抗体は、ビオチン化抗体である。

0100

本明細書で使用するとき、語「標識」は、抗体に直接的または間接的に共役されて、「標識された」抗体を生成する、検出可能な化合物または組成物を指す。標識は、それ自体が検出可能あり得るか(例えば、放射性同位体標識または蛍光性標識)、または酵素標識の場合、検出可能な基質化合物もしくは組成物の化学的変更を触媒し得る。

0101

本明細書で使用するとき、用語「検出手段」は、本明細書にてELISAにおいて検出可能な抗体の存在を検出するために用いられる部分または技術を指し、マイクロタイタープレート上に捕捉された標識等の固定された標識を増幅する検出剤を含む。一実施形態では、検出手段は、アビジンまたはストレプトアビジン等の蛍光定量的検出剤である。

0102

一般的に、「サンドイッチELISA」は、以下のステップを採用する:(1)マイクロタイタープレートが、捕捉抗体でコーティングされる、(2)試料が添加され、任意の存在する抗原が、捕捉抗体に結合する、(3)検出抗体が添加され、抗原に結合する、(4)酵素に結合した二次抗体が添加され、検出抗体に結合する、および(5)基質が添加され、検出可能な形態に酵素によって変換される。

0103

「相関させる」または「相関させること」は、任意の方法で、第1の分析の性能および/または結果を、第2の分析の性能および/または結果と比較することを意味する。例えば、第1の分析の結果を、第2の分析の実行において用いることができ、および/または第1の分析の結果を用いて、第2の分析を実施すべきかを決定することができ、および/または第1の分析の結果を第2の分析の結果と比較することができる。一実施形態では、FOLR1の増加した発現は、FOLR1を標的する抗癌療法の有効性の増加した可能性と相関する。

0104

用語「癌」および「癌性」は、細胞集団が、調節されていない細胞成長によって特徴付けられる、哺乳類における生理的状態を指すか、または説明する。癌の例としては、癌腫リンパ腫芽細胞腫肉腫、および白血病が挙げられるが、これらに限定されない。かかる癌のより具体的な例としては、例えば、肺癌(例えば、扁平上皮細胞癌小細胞肺癌、非小細胞肺癌、肺腺癌中皮腫、および肺扁平上皮癌)等の内皮間葉、もしくは上皮起源の癌、腹膜の癌(例えば、原発腹膜癌)、肝細胞癌消化管癌、膵臓癌、グリア芽腫子宮頸癌、卵巣癌、肝臓癌膀胱癌ヘパトーマ、乳癌、結腸癌、大腸癌、子宮内膜癌(例えば、子宮内膜腺癌)もしくは子宮癌、唾液腺癌、腎臓癌、肝臓癌、前立腺癌、外陰部癌、甲状腺癌肝癌、脳癌(例えば、グリア芽腫、脈絡叢の腫瘍)、ならびに種々の種類の頭部および頸部癌、また同様に、血管および卵管の腫瘍が挙げられる。癌はまた、上昇したFOLR1発現レベルを有する細胞を含有する癌も包含する。かかるFOLR1上昇癌としては、卵巣癌、非小細胞肺癌、子宮癌、子宮内膜癌、膵臓癌、腎臓癌、肺癌、および乳癌が挙げられるが、これらに限定されない。

0105

「腫瘍」および「新生物」は、前癌性病変を含む、良性(非癌性)かまたは悪性(癌性)かのいずれかの過剰な細胞成長または増殖の結果として生じる組織の塊を指す。

0106

用語「癌細胞」、「腫瘍細胞」、および文法的等価物は、腫瘍または前癌性病変に由来する細胞の全集団を指し、腫瘍細胞集団の大部分を占める非腫瘍形成性細胞と、腫瘍形成性幹細胞癌幹細胞)との双方を含む。本明細書で使用するとき、用語「腫瘍細胞」は、再生能力欠失する腫瘍細胞のみを指す場合、用語「非腫瘍形成性」によって修飾され、癌幹細胞に由来する腫瘍細胞を区別するために差別化する。

0107

用語「対象」は、特定の治療の受容者となる任意の動物(例えば、哺乳類)を指し、ヒト、非ヒト霊長類齧歯類等が挙げられるがこれらに限定されない。典型的には、用語「対象」および「患者」は、本明細書においてヒト対象に関して互換的に使用される。

0108

用語「薬学的製剤」は、活性成分の生物学的活性を有効にし得るような形態であり、製剤が投与される対象に対して許容不可能に毒性である追加の成分を含有しない調製物を指す。かかる製剤は、無菌であり得る。

0109

本明細書に開示される抗体の「有効な量」は、具体的に定められた目的を実行するのに十分な量である。「有効な量」は、定められた目的に関連して、経験的に、また習慣的手法で決定することができる。

0110

用語「治療上有効な量」または「固定用量」は、対象または哺乳類における疾患または障害を「治療」するのに有効な抗体または他の薬物の量を指す。癌の場合、薬物の治療上有効な量は、癌細胞の数を低減させることができ、腫瘍サイズを低減させることができ、抹消器官への癌細胞浸潤を阻害する(即ち、ある程度遅らせる、および特定の実施形態では、停止する)ことができ、腫瘍転移を阻害する(即ち、ある程度遅らせる、および特定の実施形態では、停止する)ことができ、腫瘍成長を、ある程度阻害することができ、癌に関連した症状のうちの1つ以上を、ある程度緩和することができ、および/あるいは好ましい応答、例えば、増加した無進行生存(PFS)、無病生存DFS)、もしくは全生存(OS)、完全応答(CR)、部分応答(PR)、または場合により、安定疾患(SD)、進行性疾患(PD)の減少、低減した進行までの時間(TTP)、卵巣癌の場合におけるCA125の減少、またはそれらの任意の組み合わせをもたらすことができる。本明細書における「治療する」の定義を参照されたい。薬物が、成長を防止するおよび/または既存の癌細胞を死滅させ得る限り、それは、細胞増殖抑制性および/または細胞毒性であり得る。「予防上有効な量」は、所望の予防結果を達成するために必要な用量および期間に有効な量を指す。典型的であって必ずしもそうではないが、疾患の早期段階前または早期段階で予防用量が対象において用いられるため、予防上有効な量は、治療上有効な量よりも少ない。

0111

PFS、DFS、およびOSは、国立癌研究所および新薬の認可のための米国食品医薬品局によって定められた規格によって測定することができる。Johnson et al,(2003) J. Clin. Oncol. 21(7):1404−1411を参照されたい。

0112

「無進行生存」(PFS)は、登録から疾患進行または死亡までの時間を指す。PFSは概して、Kaplan−Meier方法および固形癌治療効果判定のためのガイドライン(Response Evaluation Criteria in Solid Tumor)(RECIST)1.1規格を用いて測定される。概して、無進行生存は、患者が、癌が悪化していない状態で生存している状態を指す。

0113

腫瘍進行までの時間」(TTP)は、登録から疾患進行までの時間として定義される。TTPは概して、RECIST1.1基準を用いて測定される。

0114

「完全応答」または「完全寛解」または「CR」は、治療に応答した腫瘍または癌の全ての兆候消失を示す。これは、必ずしも癌が治癒したことを意味しない。

0115

「部分応答」または「PR」は、治療に応答した1つ以上の腫瘍もしくは病変のサイズもしくは体積、または体内の癌の範囲の減少を指す。

0116

「安定疾患」は、進行または再発を伴わない疾患を指す。安定疾患においては、部分応答と見なすのに十分な腫瘍縮小がなく、また進行性疾患と見なすのに十分な腫瘍増加もない。

0117

「進行性疾患」は、1つ以上の新しい病変もしくは腫瘍の出現、および/または既存の非標的病変の明確な進行を指す。進行性疾患はまた、質量の増加か、または腫瘍の拡大の増加かのいずれかに起因する、治療開始以降の20パーセント超の腫瘍成長を指すこともできる。

0118

「無病生存」(DFS)は、患者が疾患を有さないままである治療後の時間の長さを指す。

0119

「全生存」(OS)は、患者の登録から、死亡、または生存していることが最後に知られている日に打ち切られるまでの時間を指す。OSは、ナイーブまたは未治療の個体または患者と比較した、平均余命延長を含む。全生存は、患者が、例えば、診断または治療時から、1年、5年等の定められた期間、生存したままである状況を指す。

0120

「CA125レベルの減少」は、婦人科癌インターグループ(Gynecologic Cancer Intergroup)(GCIG)ガイドラインに従って評価することができる。例えば、CA125レベルは、ベースラインCA125レベルを確立するために治療前に測定することができる。CA125レベルは、治療中または治療後に1回以上測定することができ、ベースラインレベルと比較したCA125レベルの経時的な低減は、CA125レベルの減少と見なされる。

0121

「治療する」または「治療」または「治療すること」または「軽減する」または「軽減すること」等の用語は、1)診断された病状もしくは障害の症状を治癒、減速、低下させる、および/または診断された病状または障害の進行を中断する治療手段と、2)標的病状もしくは障害の発生を防止するおよび/または遅らせる予防的もしくは防止的手段との双方を指す。したがって、治療を必要とするものは、既に障害を有しているもの、障害を有する傾向があるもの、および障害が防止されるべきものを含む。特定の実施形態では、対象は、国立癌研究所および新薬の認可のための米国食品医薬品局によって定められた規格によって各々測定されるとき、患者が以下のうちの1つ以上を示す場合に、本発明の方法に従って成功裏に癌を「治療される」:悪液質の低減、生存期間の増加、腫瘍進行までの時間の延長、腫瘍塊の低減、腫瘍負荷の低減、および/または腫瘍転移までの時間の延長、腫瘍再発までの時間、腫瘍応答、完全応答、部分応答、安定疾患、進行性疾患、無進行生存(PFS)、全生存(OS)。Johnson et al,(2003) J. Clin. Oncol. 21(7):1404−1411を参照されたい。

0122

「ポリヌクレオチド」または「核酸」は、本明細書において互換的に使用され、任意の長さのヌクレオチドポリマーを指し、DNAおよびRNAを含む。ヌクレオチドは、デオキシリボヌクレオチドリボヌクレオチド修飾ヌクレオチドもしくは塩基、および/またはそれらの類似体、あるいはDNAもしくはRNAポリメラーゼによりポリマーに組み込むことができる任意の基質であり得る。ポリヌクレオチドは、メチル化ヌクレオチドおよびその類似体等の修飾ヌクレオチドを含むことができる。存在する場合、ヌクレオチド構造に対する修飾は、ポリマーの組み立ての前または後に付与され得る。ヌクレオチドの配列は、非ヌクレオチド成分によって中断され得る。ポリヌクレオチドは、例えば、標識成分との共役によって、重合化後にさらに修飾され得る。他の種類の修飾としては、例えば、「キャップ」、類似体を用いた自然発生ヌクレオチドのうちの1つ以上との置換、ヌクレオチド間修飾、例えば、非荷電結合(例えば、メチルホスホン酸ホスホトリエステル、ホスホアミダートカバメート等)および荷電結合(例えば、ホスホロチオエート、ホスホロジチオエート等)によるもの、ペンダント部分、例えば、タンパク質(例えば、ヌクレアーゼ、毒素、抗体、シグナルペプチド、ply−L−リシン等)等を含有するもの、挿入剤(例えば、アクリジンソラーレン等)によるもの、キレート剤(例えば、金属、放射活性金属、ホウ素、酸化金属等)を含有するもの、アルキル化剤を含有する物、修飾結合(例えば、αアノマー核酸等)によるもの、ならびにポリヌクレオチド(単数または複数)の非修飾形態が挙げられる。さらに、糖内に通常存在するヒドロキシル基のうちのいずれかは、例えば、ホスホン酸基リン酸基によって置き換えられるか、標準保護基によって保護されるか、もしくは追加のヌクレオチドへの追加の結合を調製するように活性化され得、または固体支持体に共役され得る。5’および3’末端OHは、リン酸化され得、またはアミンもしくは1〜20個の炭素原子有機キャッピング基部分と置換され得る。他のヒドロキシルはまた、標準保護基に誘導体化され得る。ポリヌクレオチドはまた、当該技術分野において概して既知であるリボースまたはデオキシリボース糖の類似形態を含有することもでき、例えば、2’−O−メチル−、2’−O−アリル、2’−フルオロ−または2’−アジド−リボース、炭素環式糖類似体、α−アノマー糖、エピマー糖、例えば、アラビノースキシロース、またはリキソースピラノース糖、フラノース糖、セドヘプツロース非環式類似体、および脱塩ヌクレオシド類似体、例えば、メチルリボシドが挙げられる。1つ以上のホスホジエステル結合を、代替連結基によって置き換えることができる。これらの代替的連結基としては、限定されないが、リン酸塩がP(O)S(「チオエート」)、P(S)S(「ジチオエート」)、(O)NR2(「アミダート」)、P(O)R、P(O)OR’、CO、またはCH2(「ホルムアセタール」)によって置き換えられる実施形態が挙げられ、各RまたはR’は、独立してHであるか、または任意に、エーテル(−−O−−)結合を含む置換もしくは非置換アルキル(1〜20C)、アリールアルケニルシクロアルキルシクロアルケニル、もしくはアラルジル(araldyl)である。ポリヌクレオチド内のすべての結合が同一である必要はない。前述の説明は、RNAおよびDNAを含む、本明細書において言及される全てのポリヌクレオチドに適用される。

0123

用語「ベクター」は、宿主細胞中に1つ以上の関心の遺伝子または配列を送達および発現することが可能な構築物を意味する。ベクターの例としては、ウイルスベクター、裸DNAまたはRNA発現ベクタープラスミドコスミド、またはファージベクターカチオン濃縮剤に関連したDNAまたはRNA発現ベクター、リポソーム中封入されるDNAまたはRNA発現ベクター、および産生細胞等の特定の真核細胞が挙げられるが、これらに限定されない。

0124

用語「ポリペプチド」、「ペプチド」、および「タンパク質」は、本明細書において、任意の長さのアミノ酸のポリマーを指すために互換的に使用される。ポリマーは、線状または分枝状であることができ、修飾アミノ酸を含むことができ、また非アミノ酸によって中断されることができる。本用語はまた、天然に、または介入によって修飾されたアミノ酸ポリマーも包含し、例えば、ジスフィルド結合形成糖化、脂質化、アセチル化、リン酸化、または任意の他の操作もしくは修飾、例えば、標識成分による共役である。この定義には、例えば、アミノ酸の1つ以上の類似体を含有するポリペプチド(例えば、非天然アミノ酸等を含む)、および当該技術分野において既知である他の修飾も含まれる。本発明のポリペプチドは抗体に基づくため、特定の実施形態では、ポリペプチドは、一本鎖または会合した鎖として発生し得ることを理解すべきである。幾つかの実施形態では、ポリペプチド、ペプチド、またはタンパク質は、非自然発生的である。幾つかの実施形態では、ポリペプチド、ペプチド、またはタンパク質は、他の自然発生成分から精製される。幾つかの実施形態では、ポリペプチド、ペプチド、またはタンパク質は、組換え産生される。

0125

2つ以上の核酸またはポリペプチドの文脈において、用語「同一である」またはパーセント「同一性」は、配列同一性の部分としていかなる保存的置換も考慮せずに、最大対応に関して比較および整列(必要に応じて、ギャップを導入する)したときに、同一である、または同一である特定の割合のヌクレオチドもしくはアミノ酸残基を有する2つ以上の配列またはサブ配列を指す。パーセント同一性は、配列比較ソフトウエアもしくはアルゴリズムを用いて、または目視検査によって測定することができる。アミノ酸またはヌクレオチド配列の整列を得るために用いることができる種々のアルゴリズムおよびソフトウエアが、当該技術分野において既知である。配列整列アルゴリズムのかかる一非限定的例は、Karlin et al, 1990, Proc. Natl. Acad. Sci., 87:2264−2268において説明され、Karlin et al., 1993, Proc. Natl. Acad. Sci., 90:5873−5877において修正され、また NBLASTおよびXBLASTプログラム(Altschul et al., 1991, Nucleic AcidsRes., 25:3389−3402)に組み込まれるアルゴリズムである。特定の実施形態では、Gapped BLASTが、Altschul et al., 1997, Nucleic Acidss Res. 25:3389−3402に説明される通り用いられ得る。BLAST−2、WU−BLAST−2(Altschul et al., 1996, Methods in Enzymology, 266:460−480)、ALIGN、ALIGN−2(Genentech, South San Francisco, California)、またはMegalign(DNASTAR)は、配列を整列させるために用いることができる、追加の公表されているソフトウエアプログラムである。特定の実施形態では、2つのヌクレオチド 配列間のパーセント同一性は、GCGソフトウエア内のGAPプログラムを用いて(例えば、NWSgapdna.CMPマトリックスおよび40、50、60、70、または90のギャップ重みおよび1、2、3、4、5、または6の長さ重みを用いて)、決定される。特定の代替的実施形態では、Needleman and Wunschのアルゴリズム(J. Mol. Biol. (48):444−453 (1970))を組み込むGCGソフトウエアパッケージ内のGAPプログラムは、2つのアミノ酸配列間のパーセント同一性を決定するために用いることができる(例えば、Blossum62マトリックスかまたはPAM250マトリックスかのいずれか、ならびに16、14、12、10、8、6または4のギャップ重みおよび1、2、3、4、5の長さ重みを用いる)。別法として、特定の実施形態では、ヌクレオチドまたはアミノ酸配列間のパーセント同一性は、Myers and Millerのアルゴリズム(CABIOS, 4:11−17 (1989))を用いて決定される例えば、パーセント同一性は、ALIGN プログラム(version2.0)を用いて、また残基表を伴うPAM120、12のギャップ長ペナルティ、および4のギャップペナルティを用いて決定することができる。特定の整列ソフトウエアによる最大整列のための適切なパラメータは、当業者によって決定され得る。特定の実施形態では、整列ソフトウエアの初期パラメータが用いられる。特定の実施形態では、第1のアミノ酸配列の第2の配列アミノ酸に対する同一性割合「X」は、100x(Y/Z)として算出され、Yは、(目視検査または特定の配列整列プログラムによって整列したときに)第1の配列と第2の配列との整列において同一である適合としてスコア化されたアミノ酸残基の数であり、Zは、第2の配列中の残基の総数である。第1の配列の長さが第2の配列よりも長い場合、第1の配列の第2の配列に対するパーセント同一性は、第2の配列に対する第1の配列に対するパーセント同一性よりも長くなる。

0126

非限定的な例として、任意の特定のポリヌクレオチドが、基準配列に対して特定の配列同一性割合(例えば、少なくとも80%同一である、少なくとも85%同一である、少なくとも90%同一である、また幾つかの実施形態では、少なくとも95%、96%、97%、98%、または99%同一である)を有するかどうかは、特定の実施形態において、Bestfitプログラム(Wisconsin Sequence Analysis Package, Version 8 for Unix(登録商標), Genetics Computer Group, University Research Park, 575 Science Drive, Madison, WI 53711)を用いて決定することができる。Bestfitは、 Smith and Waterman, Advances in Applied Mathematics 2: 482 489 (1981)の局所相同性アルゴリズムを用いて、2つの配列間の相同性の最良セグメント見出す。Bestfitまたは任意の他の配列整列プログラムを用いて、特定の配列が、本発明による基準配列と、例えば、95%同一であるかを決定するとき、パラメータは、同一性の割合が、基準ヌクレオチド配列の全長にわたって算出されるように、また基準配列中のヌクレオチドの総数の最大5%の相同性におけるギャップが可能であるように、設定される。

0127

幾つかの実施形態では、本発明の2つの核酸またはポリペプチドは、実質的に同一であり、それらは、配列比較アルゴリズムを用いて、または目視検査によって測定し、最大対応に関して比較および整列されるときに、少なくとも70%、少なくとも75%、少なくとも80%、少なくとも85%、少なくとも90%、また幾つかの実施形態では、少なくとも95%、96%、97%、98%、99%のヌクレオチドまたはアミノ酸残基同一性を有することを意味する。特定の実施形態では、同一性は、少なくとも約10、約20、約40〜60残基もしくはその間の任意の整数値の長さである配列の領域にわたって、または60〜80残基よりも長い領域、少なくとも約90〜100残基にわたって存在し、あるいは配列は、例えば、ヌクレオチド配列のコード領域等の比較される配列の全長にわたって実質的に同一である。

0128

「保存的アミノ酸置換」は、アミノ酸残基が、類似の側鎖を有する別のアミノ酸残基と置き換えられる置換である。類似の側鎖を有するアミノ酸残基のファミリーは、当該技術分野において定義されており、塩基性側鎖(例えば、リシン、アルギニンヒスチジン)、酸性側鎖(例えば、アスパラギン酸グルタミン酸)、非荷電極性側鎖(例えば、アスパラギングルタミンセリンスレオニンチロシンシステイン)、非極性側鎖(例えば、グリシンアラニンバリンロイシンイソロイシンプロリンフェニルアラニンメチオニントリプトファン)、β−分枝側鎖(例えば、スレオニン、バリン、イソロイシン)、および芳香族側鎖(例えば、チロシン、フェニルアラニン、トリプトファン、ヒスチジン)が挙げられる。例えば、チロシンに関するフェニルアラニンの置換は、保存的置換である。特定の実施形態では、本発明のポリペプチドおよび抗体の配列内の保存的置換は、アミノ酸配列を含有するポリペプチドまたは抗体の、抗原(単数または複数)、即ち、ポリペプチドまたは抗体が結合するFOLR1への結合を無効にしない。抗原結合を除去しないヌクレオチドおよびアミノ酸の保存的置換を同定する方法は、当該技術分野において周知である(例えば、Brummell et al., Biochem.
32: 1180−1 187 (1993); Kobayashi et al. Protein Eng. 12(10):879−884 (1999);およびBurks et al. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 94:.412−417 (1997)を参照)。

0129

本開示および特許請求の範囲において使用するとき、単数形「1つの(a)」、「1つの(an)」、および「その(the)」は、文脈によって別段に明確に示されない限り、複数形を含む。

0130

実施形態は、「〜を含む」という原語によって本明細書に説明されているが、「〜からなる」および/または「〜から本質的になる」という用語で説明される他の類似の実施形態も同様に提供されることが理解される。

0131

用語「および/または」は、本明細書で「Aおよび/またはB」等の語句において使用するとき、「AおよびB」、「AまたはB」、「A」、および「B」のいずれをも含むように意図される。同様に、「A、B、および/またはC」等の語句において使用するとき、用語「および/または」は、以下の実施形態の各々を包含するように意図される:A、B、およびC;A、B、またはC;AまたはC;AまたはB;BまたはC;AおよびC;AおよびB;BおよびC;A(単独);B(単独);ならびにC(単独)。

0132

II.脱落抗原分析
抗体メイタンシノイド共役体(AMC)、IMGN853は、メイタンシノイド、DM4(N(2’)−デアセチル−N2’−(4−メルカプト−4−メチル−1−オキソペンチル)−メイタンシン)に共役され、切断可能なスルホ−SPDB(N−スクシンイミジル4−(2−ピリジルジチオ)−2−スルホブタノエート)リンカーを介して付着される、FOLR1結合モノクローナル抗体、huMov19(M9346A)を含む。IMGN853およびhuMov19は、参照によりその全体が本明細書に組み込まれる同時係属中の米国出願公開第2012/0009181号に説明される。FOLR1抗原は、Mov19によって認識される単一のエピトープを含有する。一実施形態では、huMov19抗体は、以下の配列を有する重鎖および軽鎖を含む:
配列番号46:huMov19 vHC
QVQLVQSGAEVVKPGASVKISCKASGYTFTGYFMNWVKQSPGQSLEWIGRIHPYDGDTFYNQKFQGKATLTVDKSSNTAHMELLSLTSEDFAVYYCTRYDGSRAMDYWGQGTTVTVSS
配列番号47−huMov19 vLCv1.00
DIVLTQSPLSLAVSLGQPAIISCKASQSVSFAGTSLMHWYHQKPGQQPRLLIYRASNLEAGVPDRFSGSGSKDFTLNISPVEAEDAATYYCQQSREYPYTFGGGTKLEIKR
配列番号48−huMov19 vLCv1.60
DIVLTQSPLSLAVSLGQPAIISCKASQSVSFAGTSLMHWYHQKPGQQPRLLIYRASNLEAGVPDRFSGSGSKTDFTLTISPVEAEDAATYYCQQSREYPYTFGGGTKLEIKR。

0133

幾つかの実施形態では、IMGN853等の抗FOLR1活性剤は、FOLR1活性を調節し、例えば、FOLR1タンパク質の活性を減少させる。

0134

IMGN853は、FOLR1陽性の卵巣癌、非小細胞肺癌、類内膜癌、腎臓癌、および他の上皮性悪性腫瘍を含む種々の治療指標に関して、現在臨床開発中である。卵巣癌は、最も大きいFOLR1浸透度を示し、IMGN853を用いた治療に関する主要な指標と見なされる(Antony AC. Ann Rev Nutr 16:501−21 (1996); Yuan Y et al. Hum Pathol 40(10):1453−1460 (2009))。

0135

患者血漿試料中の循環抗原(脱落抗原)のレベルを測定することは、AMC治療により応答しやすい患者集団を同定するのに役立つ可能性がある。高レベルの脱落抗原は、治療用抗体薬物動態学に著しく影響を及ぼすことが報告されている(Tolcher A. et al. 20th Symposium on Molecular Targets and Cancer Therapeutics; October 21−24, 2008; Geneva, Switzerland:EORTC−NCI−AACR, p163, #514; Baselga J, et al. J Clin Oncol 14:737−744 (1996))。患者血漿試料からの脱落抗原レベルは、抗原標的、疾患指標、および疾患経過等の因子に応じて変動すると考えらえる。現在、IMGN853に対する疾患指標における脱落抗原レベルは、十分に検証されており、固体腫瘍発現との相関は、限定されている。FOLR1の上昇が、卵巣腺癌において報告されている一方で、データは、それは、小細胞肺癌等の他のFOLR1+腫瘍指標においては上昇していないことを示唆している(MantovaniLT, et al. Eur J Cancer 30A(3):363−9 (1994); Basal E, et al.PLoS ONE 4(7): e6292 (2009))。本方法は、多い葉酸の存在下でのFOLR1受容体の検出を可能にする。従来の分析は、分析の設計にMov19を用いていた。IMGN853は、Mov19を含有し、また一実施形態では、本発明の標的療法であるため、FOLR1の検出前にIMGN853が投与される実施形態では、方法が、Mov19の存在下または不在下でFOLR1を検出することが不可欠である。Mov19を用いる従来の分析は、競合的な効果を有し、IMGN853治療を受けている患者において著しく少ないFOLR1を検出するか、または全く検出しないであろう。

0136

一実施形態では、ヒト由来流体試料中のFOLR1を検出するための本方法は、従来のサンドイッチELISAフォーマットを用いる(図1)。一実施形態では、方法は、捕捉剤(即ち、抗体、他のタンパク質)を用いて、FOLR1を固体支持体に付着させる。一実施形態では、固体支持体は、マイクロタイタープレートである。このために、試料(腹水、血液、血清、血漿等)は、希釈せずに添加され、第1の捕捉剤の結合と干渉しない異なる検出剤(異なる抗体またはタンパク質)によって検出される。検出剤は次に、二次検出剤(ビオチン/ストレプトアビジン、抗ヒト二次モノクローナルまたはポリクローナル抗体等)の使用を通して検出され、該二次検出剤は、第1の検出剤と複数回結合することができ、したがって検出のシグナルを増幅することができる。二次検出剤は次に、何らかの他の手段(例えば、TMB/ペルオキシダーゼ、シンチレーション計数蛍光プローブ等)の使用によって定量化される。それに加えて、この分析は、FOLR1を検出し、Mov19、IMGN853、他のFOLR1ファミリーメンバー、または葉酸の存在によって悪影響を受けない。

0137

本発明の分析は、FOLR1に基づく療法を受けるのに適格である患者を選択するための分析と、患者の応答を監視するための分析との双方を含む。応答予測に関する分析は、療法選択の前に実施され、脱落FOLR1のレベルは、療法決定に影響を及ぼすことがある。患者の応答を監視するために、分析は、試料中のFOLR1のベースライン(または、所定の)レベルを確立するために、療法の開始時に実施される。次に、同一の試料を分析し、FOLR1のレベルを、ベースラインまたは所定のレベルと比較する。本明細書で使用するとき、用語「所定のレベル」は、概して、分析結果を所定のレベルと比較することによって診断結果を評価するために用いられる分析カットオフ値を指し、所定のレベルは既に、種々の臨床パラメータと結び付けられているか、または関連付けられている(例えば、薬物を用いて治療されている対象が、薬物の有効な血液レベルを達成したかの監視、抗癌剤を用いた治療を受けている対象の応答の監視、腫瘍のための治療を受けている対象における、該腫瘍の応答の監視等)。所定のレベルは、絶対値か、または療法の開始前に患者から得られた値を差し引くことによって正規化した値かのいずれかであってもよい。用いることができる所定のレベルの例は、1つ以上の対象から得られたベースラインレベルがあり、該対象は、任意に、1つ以上の疾患または疾病に罹患していてもよい。分析されるバイオマーカーレベルの、ベースラインまたは所定のレベルとの比較(または情報分析)は、ソフトウエアプログラム、または分析が実行される設備(例えば、コンピュータープラットフォーム)の一部であるか、もしくはそれと互換性がある知能システム等の、自動システムによって行うことができる。別法として、この比較または情報分析は、医師によって行われ得る。一実施形態では、レベルが、同一のままであるか、または減少する場合、療法は、有効である可能性があり、継続され得る。ベースラインレベル(または所定のレベル)を上回る著しい増加が生じる場合、患者は、応答していない可能性がある。別の実施形態では、脱落FOLR1レベルの増加は、増加した細胞死および脱落FOLR1の増加した放出を示唆する場合がある。この実施形態では、脱落FOLR1の増加は、治療有効性を示す。したがって、幾つかの実施形態では、脱落FOLR1が測定され、また細胞死が測定される。細胞死を測定するための分析は、当該技術分野において既知であり、例えば、M30−抗原(カスパーゼ切断サイトケラチン)の検出、γ−H2AX等のDNA損傷マーカー、または断片化および/または濃色したDAPI染色した核等の細胞の形態学的特徴が挙げられる。

0138

本発明の分析は、任意のタンパク質分析法によって実施することができる。本発明において有用なタンパク質分析法は、当該技術分野において周知であり、特定の非標識もしくは標識抗体またはタンパク質の発現したタンパク質またはFOLR1の断片への結合に関与する免疫分析法が挙げられる。有用な免疫分析法としては、当該技術分野において既知である任意のフォーマットを用いて実施される液相分析、例えば、限定されないが、Biacore、時間分解蛍光エネルギー転移(TR−FRET)、ELISAフォーマット(サンドイッチ、正逆方向競合的阻害)、または蛍光偏光フォーマットと、固相分析、例えば、免疫組織化学との双方が挙げられる。下記に提供されるFOLR−1結合剤は、これらの免疫分析法に特に有用である。

0139

III. FOLR1結合剤
本発明は、ヒトFOLR1に特異的に結合する薬剤を提供する。これらの薬剤は、本明細書において「FOLR1結合剤」と称する。

0140

FOLR1結合剤としては、muFR1−9、muFR1−13、muFR1−53、muFR1−62、およびmuFR1−64の重鎖および軽鎖CDR配列を含むFOLR1結合剤が挙げられる。CDR配列muFR1−9、muFR1−13、muFR1−53、およびmuFR1−62は、下の表1および2に説明される。

0141

FOLR1結合分子は、1つのCDRにつき最大4つ(即ち、0、1、2、3、または4つ)の保存的アミノ酸置換を有するmuFR1−9、muFR1−13、muFR1−53、muFR1−62、またはmuFR1−64のCDRを含むFOLR1に特異的に結合する、抗体または抗原結合断片であり得る。

0142

ポリペプチドは、本明細書に説明される個々の可変軽鎖または可変重鎖のうちの1つを含むことができる。抗体およびポリペプチドはまた、可変軽鎖および可変重鎖の双方を含むこともできる。マウスmuFR1−9、muFR1−13、muFR1−53、およびmuFR1−62抗体の可変軽鎖および可変重鎖配列は、表3および4に提供される。

0143

(a)配列番号25〜28に対して少なくとも約90%の配列同一性を有するポリペプチド、および/または(b)配列番号29〜32に対して少なくとも約90%の配列同一性を有するポリペプチドを含むポリペプチドも、提供される。特定の実施形態では、ポリペプチドは、配列番号25〜32に対して少なくとも約95%、少なくとも約96%、少なくとも約97%、少なくとも約98%、または少なくとも約99%の配列同一性を有するポリペプチドを含む。したがって、特定の実施形態では、ポリペプチドは、(a)配列番号25〜28に対して少なくとも約95%の配列同一性を有するポリペプチド、および/または(b)配列番号29〜32に対して少なくとも約95%の配列同一性を有するポリペプチドを含む。特定の実施形態では、ポリペプチドは、(a)配列番号25−28のアミノ酸配列を有するポリペプチド、および/または(b)配列番号29〜32のアミノ酸配列を有するポリペプチドを含む。特定の実施形態では、ポリペプチドは、FOLR1を特異的に結合する抗体および/またはポリペプチドである。特定の実施形態では、ポリペプチドは、FOLR1に特異的に結合するマウス抗体、キメラ抗体、またはヒト化抗体である。特定の実施形態では、配列番号25〜32に対して特定の割合の配列同一性を有するポリペプチドは、保存的アミノ酸置換によってのみ配列番号25〜32と異なる。

0144

ポリペプチドは、本明細書に説明される個々の軽鎖または重鎖のうちの1つを含むことができる。抗体およびポリペプチドはまた、軽鎖および重鎖の双方を含むこともできる。マウスmuFR1−9、muFR1−13、muFR1−53、およびmuFR1−62抗体の軽鎖および可変鎖配列は、表5および6に提供される。

0145

(a)配列番号33〜36に対して少なくとも約90%の配列同一性を有するポリペプチド、および/または(b)配列番号37〜40に対して少なくとも約90%の配列同一性を有するポリペプチドを含むポリペプチドも、提供される。特定の実施形態では、ポリペプチドは、配列番号33〜40に対して少なくとも約95%、少なくとも約96%、少なくとも約97%、少なくとも約98%、または少なくとも約99%の配列同一性を有するポリペプチドを含む。したがって、特定の実施形態では、ポリペプチドは、(a)配列番号33〜36に対して少なくとも約95%の配列同一性を有するポリペプチド、および/または(b)配列番号37〜40に対して少なくとも約95%の配列同一性を有するポリペプチドを含む。特定の実施形態では、ポリペプチドは、(a)配列番号33〜36のアミノ酸配列を有するポリペプチド、および/または(b)配列番号37〜40のアミノ酸配列を有するポリペプチドを含む。特定の実施形態では、ポリペプチドは、FOLR1を特異的に結合する抗体および/またはポリペプチドである。特定の実施形態では、ポリペプチドは、FOLR1に特異的に結合するマウス抗体、キメラ抗体、またはヒト化抗体である。特定の実施形態では、配列番号33〜40に対して特定の割合の配列同一性を有するポリペプチドは、保存的アミノ酸置換によってのみ配列番号33〜40と異なる。

0146

抗原に関する抗体の親和性または結合力(avidity)は、例えば、サイトメトリー(フローサイトメトリーを含む)、酵素結合免疫吸着剤分析(ELISA)、またはラジオイムノアッセイ(RIA)、または動力学(例えば、表面プラズモン共鳴分光法(BIACORE(商標)分析)等の、当該技術分野において周知の任意の好適な方法を用いて、実験的に決定することができる。直接結合分析、および競合的結合分析フォーマットは、容易に採用され得る (例えば、Berzofsky, et al., ”Antibody−Antigen Interactions”、Fundamental Immunology, Paul, W. E., Ed., Raven Press: New York, N.Y. (1984)中; Kuby, Janis Immunology, W. H. Freeman and Company: New York, N.Y. (1992);および本明細書に説明される方法を参照)。特定の抗体−抗原相互作用の測定された親和性は、異なる条件(例えば、塩濃度、pH、温度)下で測定する場合、変動する可能性がある。したがって、親和性および他の抗原結合パラメータ(例えば、KDまたはKd、Kon、Koff)の測定は、抗体および抗原の標準溶液、ならびに当該技術分野において既知である標準緩衝液、例えば、本明細書に説明される緩衝液を用いて行われる。

0147

一態様では、結合分析は、表面上にFOLR1抗原を発現する細胞において、サイトメトリー(例えば、フローサイトメトリー)を用いて実施することができる。例えば、SKOV3等のFOLR1陽性細胞を、100μLのFACS緩衝液(2%の正常ヤギ血清を補充したRPMI−1640培地)中で一試料あたり1x105の細胞を用いて、種々の濃度の抗FOLR1抗体と共に定温放置した。次に、細胞を、ペレット化し、脱落し、100μLのFITC−共役ヤギ抗マウスまたはヤギ−抗ヒトIgG抗体(例えば、Jackson Laboratoryから得られるもの、FACS緩衝液中6μg/mL)と共に1時間定温放置した。細胞を、再びペレット化し、FACS緩衝液で洗浄し、1%のホルムアルデヒドを含有する200μLのPBS中で再懸濁した。試料は、例えば、HTマルチウエルサンプラーを有するFACSCaliburフローサイトメーターを用いて獲得し、CellQuest Proを用いて分析した(全て、BD Biosciences,San Diego、米国)。各試料に関して、FL1(MFI)に関する平均蛍光強度を出力し、セミログプロットにて抗体濃度に対してプロットして、結合曲線を生成した。S状用量応答曲線を、結合曲線に対して適合させ、EC50値を、初期パラメータを用いてGraphPad Prism v4(GraphPad software,San Diego,CA)等のプログラムを用いて算出する。EC50値は、各抗体に関する見かけの解離定数「Kd」または「KD」のための測定値として用いることができる。

0148

モノクローナル抗体は、Kohler and Milstein (1975) Nature 256:495によって説明されるもの等のハイブリドーマ法を用いて調製することができる。ハイブリドーマ法を用いて、マウス、ハムスター、または他の適切な宿主動物は、上述の通り免疫付与されて、免疫抗原に特異的に結合する抗体のリンパ球による産生を引き起こす。リンパ球はまた、インビトロで免疫付与されることもできる。免疫付与後、リンパ球は、単離され、例えば、ポリエチレングリコールを用いて、好適な骨髄腫細胞株と融合されて、ハイブリドーマ細胞を形成し、該ハイブリドーマ細胞は次に、非融合リンパ球および骨髄腫細胞から離して選択される。免疫沈降、免疫ブロット法、またはインビトロの結合分析(例えば、ラジオイムノアッセイ(RIA);酵素結合免疫吸着分析(ELISA))によって決定するときに、選択された抗原に特異的に方向付けられるモノクローナル抗体を産生するハイブリドーマは、次に、標準的な方法(Goding, Monoclonal Antibodies: Principles and Practice, Academic Press, 1986)を用いてか、または動物内の腹水腫瘍としてインビボでかのいずれかで、繁殖させることができる。モノクローナル抗体は次に、培養培地または本明細書に説明される腹水から、ポリクローナル抗体に関して精製することができる。

0149

別法として、モノクローナル抗体はまた、米国特許第4,816,567号に説明されるような組換えDNA法を用いて作製することもできる。モノクローナル抗体をコードするポリヌクレオチドは、抗体の重鎖および軽鎖をコードする遺伝子を特異的に増幅するオリゴヌクレオチドプライマーを用いて、成熟B細胞、またはRT−PCRによるもの等のハイブリドーマ細胞から単離され、その配列は、従来の手順を用いて決定される。重鎖および軽鎖をコードする単離されたポリヌクレオチドは次に、好適な発現ベクターにクローン化され、それは、ないしは免疫グロブリンタンパク質を産生しない大腸菌細胞サルOS細胞チャイニーズハムスター卵巣(CHO)細胞、または骨髄腫細胞等の宿主細胞に形質導入されるとき、モノクローナル抗体が、宿主細胞によって生成される。また、所望の種の組換えモノクローナル抗体またはその断片は、説明される通り、所望の種のCDRを発現するファージディスプレイライブラリから単離することもできる(McCafferty et al., 1990, Nature, 348:552−554; Clackson et al., 1991, Nature, 352:624−628; and Marks et al., 1991, J. Mol. Biol., 222:581−597)。

0150

モノクローナル抗体をコードするポリヌクレオチド(単数または複数)は、生成する代替的抗体ための組換えDNA技術を用いて、多数の異なる様式でさらに修飾され得る。幾つかの実施形態では、例えば、マウスモノクローナル抗体の軽鎖および重鎖の定常ドメインは、1)例えば、キメラ抗体を生成するために、ヒト抗体の該領域と、または2)融合抗体を生成するために、非ヒト免疫グロブリンポリペプチドと置換され得る。幾つかの実施形態では、定常領域は、モノクローナル抗体の所望の抗体断片を生成するために、切断または除去される。可変領域の部位指向型または高密度突然変異生成は、モノクローナル抗体の特異性、親和性等を最適化するために用いることができる。

0151

幾つかの実施形態では、ヒトFOLR1に対するモノクローナル抗体は、ヒト化抗体である。特定の実施形態では、かかる抗体は、ヒト対象に投与されるとき、抗原応答およびHAMA(ヒト抗マウス抗体)応答を低減させるために治療的に用いられる。

0152

非ヒトまたはヒト抗体を改変、ヒト化、再表面化するための方法を用いることもでき、また当該技術分野において周知である。ヒト化、再表面化、または同様に改変された抗体は、例えば、限定されないが、マウス、ラット、ウサギ、非ヒト霊長類、または他の哺乳類等の非ヒトである供給源に由来する、1つ以上のアミノ酸残基を有することができる。これらの非ヒトアミノ酸残基は、「移入」残基と称されることが多い残基によって置き換えられ、それは典型的には、「移入」可変、定常、または既知のヒト配列の他のドメインから採取される。

0153

かかる移入された配列は、当該技術分野において既知である通り、免疫原性を低減させる、または結合、親和性、オンレート(on−rate)、オフレート(off−rate)、結合力、特異性、半減期、もしくは任意の他の好適な特徴を低減、強化、もしくは修飾するために用いることができる。概して、CDR残基は、直接的また最も実質的に、FOLR1結合に影響を及ぼすことに関与する。したがって、非ヒトまたはヒトCDR配列の一部または全部を保持しながら、可変および定常領域の非ヒト配列を、ヒトまたは他のアミノ酸と置き換えることができる。

0154

抗体はまた、任意に、抗原FOLR1に対する高い親和性および他の好ましい生物学的特性を保持して改変された、ヒト化抗体、再表面化抗体、改変抗体、またはヒト抗体であり得る。この目的を達成するために、ヒト化(またはヒト)または改変抗FOLR1抗体および再表面化抗体は、任意に、親配列改変配列、およびヒト化配列の3次元モデルを用いた親配列ならびに種々の概念的ヒト化および改変産生物分析プロセスによって調製することができる。3次元免グロブリンモデルは、一般的に入手可能であり、また当業者に知られている。選択される候補免疫グロブリン配列の可能性のある3次元立体配座構造を例示および表示するコンピュータープログラムが、入手可能である。これらの表示の検査は、残基が、候補免疫グロブリン配列の機能において果たす可能性のある役割の分析を可能にし、即ち、候補免疫グロブリンがFOLR1等のその抗原に結合する能力に影響を及ぼす残基の分析を可能にする。このように、フレームワーク(FR)残基は、標的抗原(単数または複数)に対する増加した親和性等の所望の抗体特徴が達成されるように、コンセンサス配列および移入配列から選択され、組み合わせされ得る。

0155

本発明の抗体のヒト化、再表面化、または改変は、任意の既知の方法を用いて実施することができ、例えば、限定されないが、Winter (Jones et al., Nature 321:522 (1986); Riechmann et al., Nature 332:323 (1988); Verhoeyen et al., Science 239:1534 (1988))、Sims et al., J. Immunol. 151: 2296 (1993); Chothia and Lesk, J. Mol. Biol. 196:901 (1987)、Carter et al., Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 89:4285 (1992); Presta et al., J. Immunol. 151:2623 (1993)、Roguska et al., Proc. Natl. Acad. Sci., USA, 91(3):969−973 (1994)、Roguska et al., Protein Eng. 9(10):895−904 (1996)、米国特許第5,639,641号、同第5,723,323号;同第5,976,862号;同第5,824,514号;同第5,817,483号;同第5,814,476号;同第5,763,192号;同第5,723,323号;同第5,766,886号;同第5,714,352号;同第6,204,023号;同第6,180,370号;同第5,693,762号;同第5,530,101号;同第5,585,089号;同第5,225,539号;同第4,816,567号;PCT第US98/16280号;同第US96/18978号;同第US91/09630号;同第US91/05939号;同第US94/01234号;同第GB89/01334号;同第GB91/01134号;同第GB92/01755号;同第WO90/14443号;同第WO90/14424号;同第WO90/14430号;同第EP229246号;同第7,557,189号;同第7,538,195号;および同第7,342,110号に説明されるもの等であり、その各々は、本明細書に引用される参考文献を含め、参照によりその全体が本明細書に組み込まれる。

0156

特定の代替的実施形態では、FOLR1に対する抗体は、ヒト抗体である。ヒト抗体は、当該技術分野において既知である種々の技術を用いて直接調製することができる。インビトロで免疫付与された、または免疫付与された個体から単離された、標的抗原に対する抗体を産生する不死化ヒトBリンパ球を生成することができる(例えば、Cole et al., Monoclonal Antibodies and Cancer Therapy, Alan R. Liss, p.77 (1985); Boemer et al., 1991, J. Immunol., 147 (1):86−95;および米国特許第5,750,373号を参照)。 また、ヒト抗体は、ファージライブラリから選択することができ、例えば、Vaughan et al., 1996, Nat. Biotech., 14:309−314, Sheets et al., 1998, Proc. Nat’l. Acad. Sci., 95:6157−6162, Hoogenboom and Winter, 1991, J. Mol. Biol., 227:381, and Marks et al., 1991, J. Mol. Biol., 222:581に説明されるように、該ファージライブラリはヒト抗体を発現する。 抗体ファージライブラリの生成および使用に関する技術はまた、米国特許第5,969,108号、同第6,172,197号、同第5,885,793号、同第6,521,404号、同第6,544,731号、同第6,555,313号、同第6,582,915号、同第6,593,081号、同第6,300,064号、同第6,653,068号、同第6,706,484号、および同第7,264,963号、ならびにRothe et al., 2007, J. Mol. Bio., doi:10.1016/j.jmb.2007.12.018(その各々は、参照によりその全体が本明細書に組み込まれる)にも説明される。親和性成熟戦略および鎖シャッフリング戦略(その全体が参照により本明細書に組み込まれる、Marks et al., 1992, Bio/Technology 10:779−783)は、当該技術分野において既知であり、また高親和性ヒト抗体を生成するために採用することができる。

0157

ヒト化抗体はまた、免疫付与時に、内因性免疫グロブリン産生の不在化で、ヒト抗体の完全なレパートリーを産生することが可能なヒト免疫グロブリン遺伝子座を含有するトランスジェニックマウスにおいて、作製することもできる。このアプローチは、米国特許第5,545,807号;同第5,545,806号;同第5,569,825号;同第5,625,126号;同第5,633,425号;および同第5,661,016号に説明される。

0158

本発明は、ヒト葉酸受容体1を特異的に認識する二重特異性抗体も包含する。二重特異性抗体は、少なくとも2つの異なるエピトープを特異的に認識し、結合することが可能な抗体である。ことなるエピトープは、同一分子(例えば、同一ヒト葉酸受容体1)中であるか、または異なる分子上かのいずれかであり得、例えば、抗体は、ヒト葉酸受容体1、および例えば、1)白血球上のエフェクター分子、例えば、T細胞受容体(例えば、CD3)もしくはFc受容体(例えば、CD64、CD32、もしくはCD16)等、または2)下記に詳細に説明されるような細胞毒性剤を特異的に認識し、結合することができる。

0159

例示的な二重特異性抗体は、2つの異なるエピトープに結合することができ、それらのうちの少なくとも1つは、本発明のポリペプチドに起源を有する。別法として、免疫グロブリン分子の抗抗原腕は、T細胞受容体分子(例えば、CD2、CD3、CD28、またはB7)等の白血球上のトリガ分子、またはIgGに対するFc受容体に結合する腕と組み合わせて、特定の抗原を発現する細胞に対する細胞防御メカニズムを集中させることができる。二重特異性抗体はまた、細胞毒性剤を特定の抗原を発現する細胞に方向付けるために用いることもできる。これらの抗体は、抗原結合腕、および細胞毒性剤またはEOTUBE、DPTA、DOTA、もしくはTETA等の放射性核キレート剤を結合する腕を有する。 二重特異性抗体を作製するための技術は、当該技術分野において一般的である(Millstein et al., 1983, Nature 305:537−539; Brennan et al., 1985, Science 229:81; Suresh et al, 1986, Methodsin Enzymol. 121:120; Traunecker et al., 1991,EMBO J. 10:3655−3659; Shalaby et al., 1992, J. Exp. Med. 175:217−225; Kostelny et al., 1992, J. Immunol. 148:1547−1553; Gruber et al., 1994, J. Immunol. 152:5368; and U.S. Patent 5,731,168)。2以上の価数を有する抗体も、企図される。 例えば、三重特異性抗体を、調製することができる(Tutt et al., J. Immunol. 147:60 (1991))。従って、特定の実施形態では、FOLR1に対する抗体は、多特異性である。

0160

特定の実施形態では、例えば、腫瘍浸透を増加させるための、抗体断片が提供される。抗体断片の産生に関する種々の技術が、既知である。従来、これらの断片は、無傷抗体のタンパク消化を介して抽出される(例えば、Morimoto et al., 1993, Journal of Biochemical and Biophysical Methods24:107−117; Brennan et al., 1985, Science, 229:81)。特定の実施形態では、抗体断片は、組換え産生される。Fab、Fv、およびscFv抗体断片は全て、大腸菌または他の宿主細胞内で発現および分泌され得、したがって大量のこれらの断片の産生を可能にする。かかる抗体断片はまた、上述の抗体ファージライブラリから単離することもできる。抗体断片はまた、例えば、米国特許第5,641,870号に説明されるような線状抗体であり得、また単一特異性または二重特異性であり得る。抗体断片の産生に関する他の技術は、当業者に明白であろう。

0161

本発明によれば、ヒト葉酸受容体1に特異的である一本鎖抗体の産生に関する技術が、適用され得る(米国特許第4,946,778号を参照)。それに加えて、Fab発現ライブラリ構築に関する方法が、適用され得、葉酸1受容体、またはその誘導体、断片、類似体、もしくは相同体に対する所望の特異性を有するモノクローナルFab断片の迅速で有効な同定を可能にする(Huse, et al., Science 246:1275−1281 (1989))。抗体断片は、当該技術分野の技術によって産生することができ、(a)抗体分子ペプシン消化によって産生されるF(ab’)2断片、(b)F(ab’)2断片のジスフィルド架橋を還元することによって生成されるFab断片、(c)パパインおよび還元剤を用いた抗体分子の処理によって生成されるFab断片、ならびに(d)Fv断片が挙げられるが、これらに限定されない。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ