図面 (/)

技術 ペット用トイレ装置

出願人 胡子鈞
発明者 胡子鈞
出願日 2019年5月15日 (1年7ヶ月経過) 出願番号 2019-092003
公開日 2020年2月6日 (10ヶ月経過) 公開番号 2020-018289
状態 未査定
技術分野 家畜、動物の飼育(3)(その他の飼育) 家畜,動物の飼育(1)(畜舎,鳥舎)
主要キーワード 閉止プレート そう手 気密効果 排泄場所 トレーニングステップ 単身者 ボール軌道 少子化
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年2月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

が用を足せるようトレーニング可能であり、猫砂購入清掃の必要がなく、且つ、糞尿遮断して屋内への臭いの拡散回避可能であるとともに、飼い主がより迅速且つ便利に排泄物を清掃できるペット用トイレ装置を提供する。

解決手段

トイレ本体11、弾性閉止プレート12及び引き出し式回収ボックス13を含む。トイレ本体は、内部に経路及111び収容空間を備え、収容空間が経路の下方に位置して連通しており、表面に蓋112が設けられるとともに、蓋の中央に貫通孔113が設けられており、貫通孔が経路に連通しており、経路の底部に開口が備わっている。弾性閉止プレートは、経路の底部における開口を弾性的に閉止及び開放するよう経路の下方に設けられるとともに、蓋に接続される。引き出し式回収ボックスは、トイレ本体の収容空間内に設けられるとともに、経路の開口の下方に位置して、収容空間の内部から外部に引き出し可能である。

概要

背景

現代社会少子化未婚者、ディンクス増加傾向にある一方で、ペットを飼う風が高まりを見せている。単身者か既婚家庭かにかかわらず、ペットは生活の潤いのために飼育されており、ペットと暮らすことで心身の健康が増進するとの研究結果もある。数多くのペットの中で、は好んで飼う人が最も多い動物である。猫の場合には自立性を有することから、飼い主仕事短期旅行などで家を空けたとしても、特別な付き添い世話を要することなく、家内で自立して生活することが可能である。

猫の飼育にとって最も重要とされるのはエサの供給と排泄場所である。従来の猫用トイレの構造は四角形となっており、使用時には中に猫砂投入してから、猫砂の入った猫用トイレを決まった位置に配置する。猫は用を足したくなると自身で猫用トイレまで行き、尿や便を排泄する。しかし、従来の猫砂は分解も溶解も不可能なため、環境に優しいとは言えない。また、猫砂は使用量が多く、通常は毎日のように新しいものに取り換えなければ臭いが発生するため、長期的な猫砂の使用は飼い主にとって経済的負担となっている。

このほか、従来の猫用トイレの構造ではトイレ内の猫砂が露出している。そのため、猫砂に尿やが含まれた状態で屋内に一定時間置いておくと、猫の尿や糞の臭いが屋内に充満し、空気質が低下するほか、生活の質にも支障をきたす。

そこで、本発明は、トレーニングによって猫が用を足せるようになるペット用トイレ装置であって、飼い主が猫砂を購入する必要がなく、毎年約3000〜4000台湾ドル出費が節約されるとともに、糞尿の臭いを遮断でき、長時間にわたり屋内に配置したとしても臭いが発生せず、猫が用を足す際により清潔となり、飼い主にとっていっそう手軽で労力と費用が抑えられるため、全体としての実用性及び利便性が向上するペット用トイレ装置を如何に発明するかについて積極的に開示する。

概要

猫が用を足せるようトレーニング可能であり、猫砂の購入や清掃の必要がなく、且つ、糞尿を遮断して屋内への臭いの拡散回避可能であるとともに、飼い主がより迅速且つ便利に排泄物を清掃できるペット用トイレ装置を提供する。トイレ本体11、弾性閉止プレート12及び引き出し式回収ボックス13を含む。トイレ本体は、内部に経路及111び収容空間を備え、収容空間が経路の下方に位置して連通しており、表面に蓋112が設けられるとともに、蓋の中央に貫通孔113が設けられており、貫通孔が経路に連通しており、経路の底部に開口が備わっている。弾性閉止プレートは、経路の底部における開口を弾性的に閉止及び開放するよう経路の下方に設けられるとともに、蓋に接続される。引き出し式回収ボックスは、トイレ本体の収容空間内に設けられるとともに、経路の開口の下方に位置して、収容空間の内部から外部に引き出し可能である。

目的

本発明は、主に、猫が用を足せるよう飼い主によってトレーニング可能であり、猫砂の購入や清掃の必要がなく、且つ、糞尿を遮断して屋内への臭いの拡散を回避可能であるとともに、飼い主がより迅速且つ便利に排泄物を清掃でき、猫砂の購入費用を節約可能なためいっそう経済的であるだけでなく、環境にも優しいことから、全体としての実用性及び利便性が向上するペット用トイレ装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

内部に経路及び収容空間を備え、当該収容空間が当該経路の下方に位置して連通しており、表面に蓋が設けられるとともに、当該蓋の中央に貫通孔が設けられており、当該貫通孔が当該経路に連通しており、当該経路の底部に開口が備わっているトイレ本体と、当該経路の底部における開口を弾性的に閉止及び開放するよう当該経路の下方に設けられるとともに、当該蓋に接続される弾性閉止プレートと、及び当該トイレ本体の収容空間内に設けられるとともに、当該経路の開口の下方に位置して、当該収容空間の内部から外部に引き出し可能である引き出し式回収ボックスと、を含むペット用トイレ装置

請求項2

トイレ本体には、ペットがトイレ本体の蓋に登れるようステップが更に設けられている請求項1に記載のペット用トイレ装置。

請求項3

当該引き出し式回収ボックスの内部には、水又は水性溶液充填される請求項1に記載のペット用トイレ装置。

請求項4

当該蓋と当該弾性閉止プレートは連接棒を介して接続されており、且つ、当該蓋の下方には当該連接棒を接続する弾性部材が設けられている請求項1に記載のペット用トイレ装置。

技術分野

0001

本発明はペット用トイレ装置の技術に関し、特に、猫用トイレ装置であって、飼い主猫砂を使用することなくに用を足させることができ、且つ、臭いを遮断可能であるとともに、排泄物清掃がより迅速且つ便利となるペット用トイレ装置に関する。

背景技術

0002

現代社会少子化未婚者、ディンクス増加傾向にある一方で、ペットを飼う風が高まりを見せている。単身者か既婚家庭かにかかわらず、ペットは生活の潤いのために飼育されており、ペットと暮らすことで心身の健康が増進するとの研究結果もある。数多くのペットの中で、猫とは好んで飼う人が最も多い動物である。猫の場合には自立性を有することから、飼い主が仕事短期旅行などで家を空けたとしても、特別な付き添い世話を要することなく、家内で自立して生活することが可能である。

0003

猫の飼育にとって最も重要とされるのはエサの供給と排泄場所である。従来の猫用トイレの構造は四角形となっており、使用時には中に猫砂を投入してから、猫砂の入った猫用トイレを決まった位置に配置する。猫は用を足したくなると自身で猫用トイレまで行き、尿や便を排泄する。しかし、従来の猫砂は分解も溶解も不可能なため、環境に優しいとは言えない。また、猫砂は使用量が多く、通常は毎日のように新しいものに取り換えなければ臭いが発生するため、長期的な猫砂の使用は飼い主にとって経済的負担となっている。

0004

このほか、従来の猫用トイレの構造ではトイレ内の猫砂が露出している。そのため、猫砂に尿やが含まれた状態で屋内に一定時間置いておくと、猫の尿や糞の臭いが屋内に充満し、空気質が低下するほか、生活の質にも支障をきたす。

0005

そこで、本発明は、トレーニングによって猫が用を足せるようになるペット用トイレ装置であって、飼い主が猫砂を購入する必要がなく、毎年約3000〜4000台湾ドル出費が節約されるとともに、糞尿の臭いを遮断でき、長時間にわたり屋内に配置したとしても臭いが発生せず、猫が用を足す際により清潔となり、飼い主にとっていっそう手軽で労力と費用が抑えられるため、全体としての実用性及び利便性が向上するペット用トイレ装置を如何に発明するかについて積極的に開示する。

発明が解決しようとする課題

0006

本発明は、主に、猫が用を足せるよう飼い主によってトレーニング可能であり、猫砂の購入や清掃の必要がなく、且つ、糞尿を遮断して屋内への臭いの拡散回避可能であるとともに、飼い主がより迅速且つ便利に排泄物を清掃でき、猫砂の購入費用を節約可能なためいっそう経済的であるだけでなく、環境にも優しいことから、全体としての実用性及び利便性が向上するペット用トイレ装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

上記の目的を達成するために、本発明は、トイレ本体、弾性閉止プレート及び引き出し式回収ボックスを含むペット用トイレ装置を提供する。トイレ本体は、内部に経路及び収容空間を備え、収容空間が経路の下方に位置して連通しており、表面に蓋が設けられるとともに、蓋の中央に貫通孔が設けられて、貫通孔が経路に連通しており、経路の底部に開口が備わっている。弾性閉止プレートは、経路の底部における開口を弾性的に閉止及び開放するよう経路の下方に設けられるとともに、蓋に接続される。引き出し式回収ボックスは、トイレ本体の収容空間内に設けられるとともに、経路の開口の下方に位置して、収容空間の内部から外部に引き出し可能である。

0008

好ましい実施例において、トイレ本体には、ペットがトイレ本体の蓋に登れるようステップが更に設けられている。引き出し式回収ボックスの内部には、水又は水性溶液充填される。蓋と弾性閉止プレートは連接棒を介して接続されており、且つ、蓋の下方には連接棒を接続する弾性部材が設けられている。

図面の簡単な説明

0009

図1は、本発明におけるペット用トイレ装置の好ましい実施例の構造斜視図である。
図2は、本発明のペット用トイレ装置の好ましい実施例における引き出し式回収ボックスの引き出し時の構造斜視図である。
図3は、本発明のペット用トイレ装置の好ましい実施例における使用状態の参考図である。
図4は、本発明におけるペット用トイレ装置にトレーニングボックスを組み合わせて使用する際の使用状態の参考図である。

実施例

0010

以下に、特定の具体的実施例を挙げて本発明の実施形態について説明する。なお、当業者であれば本明細書に開示の内容から本発明のその他の利点及び効果を容易に理解可能である。

0011

以下では図面を参照して本発明の実施例につき説明するが、下記で挙げる図面は簡略化した図面であり、概略的に本発明の基本思想を示すものにすぎない。図面には本発明に関連する構造のみを示しており、実際に実施する際の部材数や形状及びサイズに基づき記載したものではない。そのため、実際に実施する際の各部材の形態、数量及び比率は図示したものに限らず、実際の設計に基づいて変更する必要がある。

0012

まず、本発明におけるペット用トイレ装置の好ましい実施例の構造斜視図である図1と、引き出し式回収ボックスの引き出し時の構造斜視図である図2を参照する。図示するように、本発明のペット用トイレ装置1は猫への使用に特に適しており、トイレ本体11、弾性閉止プレート12及び引き出し式回収ボックス13を含む。トイレ本体11の内部には、経路111及び収容空間110が備わっている。収容空間110は経路111の下方に位置しており、これらが互いに連通している。トイレ本体11の表面には蓋112が設けられており、蓋112の中央に貫通孔113が設けられている。貫通孔113は経路111に連通しており、経路111の底部には開口が備わっている。弾性閉止プレート12は経路111の下方に設けられており、経路111の底部における開口を弾性的に閉止及び開放する。また、弾性閉止プレート12は蓋112に接続されている。引き出し式回収ボックス13はトイレ本体11の収容空間110内に設けられており、且つ、経路111の開口の下方に位置して、収容空間110の内部から外部に引き出し可能である。

0013

好ましい実施例において、トイレ本体11には、ペットがトイレ本体11の蓋112に登れるようステップ114が更に設けられている。引き出し式回収ボックス13の内部には、水又は水性溶液が充填される。蓋112と弾性閉止プレート12は連接棒121を介して接続されている。且つ、蓋112の下方には連接棒121を接続する弾性部材122が設けられている。

0014

次に、本発明のペット用トイレ装置の好ましい実施例における使用状態の参考図である図3を参照する。図示するように、実際に使用する際には、予め引き出し式回収ボックス13に水又は水性溶液を投入してから、引き出し式回収ボックス13を収容空間110内に配置する。ペットである猫は、用を足したくなるとステップ114からトイレ本体11の蓋112に登ることが可能である。すると、猫の体重によって蓋112が下方に押圧され、弾性部材122が下方への弾性力を生じて弾性閉止プレート12を一方の側へと回動させる。連接棒121にはボール軌道1211が設けられており、且つ、経路111の一方の側における当該連接棒121のボール軌道1211に対応する位置にはボールトランスファ1111が設けられている。そのため、蓋112が下方に押圧されると、連接棒121が押下され、連接棒121のボール軌道1211が外側の固定端におけるボールトランスファ1111と連携して下方に向かいつつ、側辺へと摺動する結果、経路111下方の開口が開放される。ペットである猫が蓋112に立っている(しゃがんでいる)間、経路111下方の開口は開放されたままとなるため、排泄物は経路111からスムーズに引き出し式回収ボックス13内に落下して水中に溶解する。ペットである猫が蓋112を離れると、弾性部材122が弾性復帰し、弾性閉止プレート12を元の位置に回復させることで、経路111下方の開口が閉止される。これにより、排泄物の臭いが経路111から屋内に伝わる事態が回避され、確実に気密効果が奏されることから、異臭が拡散しにくい。また、引き出し式回収ボックス13内の水又は水性溶液は排泄物を軟化させる。よって、引き出し式回収ボックス13内の汚水を清掃する際に、家の便器にそのまま投入しても詰まることがない。

0015

本発明におけるペット用トイレ装置にトレーニングボックスを組み合わせて使用する際の使用状態の参考図である図4を参照する。本発明は、臭いを隠そうとする猫の習性を利用して本発明の使用を促すものである。そこで、実際の使用に先立ち、次のようなトレーニングステップを実施してもよい。まず、ステップ1では、猫が使い慣れた猫砂2をトレーニングボックス3に投入する。トレーニングボックス3の底部には複数の微小孔31が設けられている。この微小孔31の大きさは猫砂よりも小さいことが必須であるが、尿については微小孔31を通って引き出し式回収ボックス13内に流入可能とする。次に、このトレーニングボックス3をトイレ本体11の経路111に配置して、猫をトイレ環境に慣れさせる。このトレーニング期間中はトレーニングボックス内の猫砂2を清潔に保つとともに、猫が掻けるだけの十分な猫砂2を備えておく必要がある。ステップ2では、猫が順応又は適応し、粗相をしないかどうかを観察する。このとき、猫がスムーズに本発明を使用できるようになっていれば、トレーニングボックス3内の猫砂2を減量すべく検討を開始する。最後のステップとして、猫が本発明で用を足すことに順応すると、トレーニングボックス3を取り外し、本発明の通常使用を開始すればよい。

0016

上記の構造によれば、飼い主は猫用トイレと猫砂をペットである猫の排泄装置として使用する必要がなくなる。よって、毎月の猫砂購入費用を節約することができ、且つ、毎日のように猫砂を交換する必要もない。更には、排泄物の臭いが屋内に漂うとの事態も回避されるほか、排泄物の清掃もより便利且つ迅速となる。

0017

従来技術と比較して、本発明におけるペット用トイレ装置によれば、主に、ペットである猫が用を足せるよう飼い主によるトレーニングが可能である。また、猫用トイレ及び猫砂の使用が不要となる。更には、自動的に排泄物を遮断して、屋内への臭いの拡散を回避することができる。且つ、水又は水性溶液により排泄物を軟化することで、そのまま家の便器に投入して流すことが可能なため、清掃がより便利且つ迅速となる。また、費用をいっそう節約可能であるとともに、より環境に優しい。以上により、全体としての実用性及び利便性が向上する。

0018

以上の記載及び図面によって本発明の好ましい実施例につき開示したが、理解すべき点として、添付の特許請求の範囲で規定する本発明の原理の主旨及び範囲を逸脱することなく、本発明の好ましい実施例には、様々な追加、多くの修正及び置き換えが適用可能である。当業者であれば理解可能なように、本発明は、様々な形式、構造、配置、比率、材料、部材及びユニットの変形が適用可能である。したがって、ここで開示した実施例は本発明を説明するためのものであり、本発明を制限するものではないとみなすべきである。本発明の範囲は添付の特許請求の範囲により規定されるとともに、その合法的な均等物を含む。且つ、上記の記載には限定されない。

0019

1ペット用トイレ装置
11トイレ本体
110 収容空間
111経路
1111ボールトランスファ
112 蓋
113貫通孔
114 ステップ
12弾性閉止プレート
121連接棒
1211ボール軌道
122弾性部材
13引き出し式回収ボックス
2猫砂
3トレーニングボックス
31 微小孔

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 温州山衡鎖具有限公司の「 時限開閉錠」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】籠に対する抵抗が強いペットに対し、時限開閉錠を提供する。【解決手段】ペット籠10と、前記ペット籠の中に設置されるペット活動空間31とを含み、前記ペット活動空間31の中には封閉装置が設けられ、前... 詳細

  • 温州新蘭智能科技有限公司の「 猫用玩具」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】構造が簡単で、操作が便利で、修理が便利で、二つの方式で猫をじゃらし、猫に刻々に遊ぶ興味を維持させ、飼い猫の寂しさを紛らわす猫用玩具を提供する。【解決手段】台座12を含み、台座12の頂端には頂ブ... 詳細

  • シャープ株式会社の「 給水装置、制御装置、制御プログラムおよび制御方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】生体の飲水機会を増やすことで水分摂取量が不足している生体の飲水量を増やし、生体の疾病を抑制する。【解決手段】ビーコン受信装置(30)が取得した生体識別情報を用いて生体(200)を特定する個体識... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ