図面 (/)

技術 洗濯機および洗濯乾燥機

出願人 日立グローバルライフソリューションズ株式会社
発明者 西脇雄樹葛島慎介長谷川真吾
出願日 2018年7月27日 (1年11ヶ月経過) 出願番号 2018-140857
公開日 2020年1月30日 (5ヶ月経過) 公開番号 2020-014744
状態 未査定
技術分野
  • -
主要キーワード 底面フランジ 内側回転軸 本体外枠 外周側壁面 初期給水 口上面 予備洗い 追加給水
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年1月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

洗剤投入口投入した洗剤を、安価な構成で分割して洗濯槽に投入することができる、洗濯機または洗濯乾燥機を提供することを目的とする。

解決手段

水を溜める外槽と前記外槽内に設置される洗濯槽と、前記洗濯槽の内側壁面に設置される洗剤投入口と、前記洗濯槽を正回転及び逆回転させるモータと、を有し、前記洗剤投入口は、左右方向の一方側に設けられた洗剤分割投入ポケットと、前記洗剤分割投入用ポケットが設けられた側の側面に形成された第1給水口と、前記洗剤分割投入用ポケットが設けられていない側の上面に形成された第2給水口と、を備え、前記第1給水口の上方の壁面は、前記第1給水口の下方の壁面よりも、外側に突出した。

概要

背景

従来,洗濯機および洗濯乾燥機は,外槽内に回転自在に設置した洗濯槽と,洗濯槽の底部に回転自在に設置した洗濯と,洗濯槽および洗濯翼を回転駆動する電導駆動装置を備え,電導駆動装置によって洗濯槽および洗濯翼をクラッチによる切り替え手段で選択的に回転駆動することにより,洗濯槽内洗濯物撹拌して洗い工程とすすぎ工程を行い,その後,洗濯槽を高速回転させて洗濯物を遠心脱水する構成である。

洗濯槽内に洗剤投入口を有する洗濯機においては、洗剤投入口が洗濯槽内側壁面でかつ給水口下部に位置しており、給水時に洗濯槽を回転し、洗濯槽内と洗剤投入口に給水をすることで、洗剤投入口より投入した洗剤を溶かし、洗濯を開始する。

また、洗浄力を高める手段として予備洗い後に排水を行いその後追加で洗剤および水を注水することが一般に知られている。(例えば、特許文献1参照)

概要

洗剤投入口に投入した洗剤を、安価な構成で分割して洗濯槽に投入することができる、洗濯機または洗濯乾燥機を提供することを目的とする。水を溜める外槽と前記外槽内に設置される洗濯槽と、前記洗濯槽の内側壁面に設置される洗剤投入口と、前記洗濯槽を正回転及び逆回転させるモータと、を有し、前記洗剤投入口は、左右方向の一方側に設けられた洗剤分割投入ポケットと、前記洗剤分割投入用ポケットが設けられた側の側面に形成された第1給水口と、前記洗剤分割投入用ポケットが設けられていない側の上面に形成された第2給水口と、を備え、前記第1給水口の上方の壁面は、前記第1給水口の下方の壁面よりも、外側に突出した。

目的

本発明は、上記課題を解決するもので、洗剤投入口に投入した洗剤を安価な構成にて分割して洗濯槽に投入することができる、洗濯機または洗濯乾燥機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

水を溜める外槽と前記外槽内に設置される洗濯槽と、前記洗濯槽の内側壁面に設置される洗剤投入口と、前記洗濯槽を正回転及び逆回転させるモータと、を有し、前記洗剤投入口は、左右方向の一方側に設けられた洗剤分割投入ポケットと、前記洗剤分割投入用ポケットが設けられた側の側面に形成された第1給水口と、前記洗剤分割投入用ポケットが設けられていない側の上面に形成された第2給水口と、を備え、前記第1給水口の上方の壁面は、前記第1給水口の下方の壁面よりも、外側に突出したことを特徴とする洗濯機または洗濯乾燥機

請求項2

請求項1に記載の洗濯機または洗濯乾燥機において、前記洗剤分割投入用ポケットの前記洗濯槽外周側壁面は、前記洗剤分割投入用ポケット底面側から上方に位置するほど前記洗濯槽外周外側に広がるように傾斜していることを特徴とする洗濯機または洗濯乾燥機。

請求項3

請求項1または請求項2に記載の洗濯機または洗濯乾燥機において、予備洗い前の初期給水時、前記洗濯槽は前記洗剤投入口の前記第1給水口が無い側が先頭となる向きに回転し、予備洗い後の給水時、前記洗濯槽は前記洗剤投入口の前記第1給水口がある側が先頭となる向きに回転することを特徴とする洗濯機又は洗濯乾燥機。

技術分野

0001

洗濯機および洗濯乾燥機に関する。

背景技術

0002

従来,洗濯機および洗濯乾燥機は,外槽内に回転自在に設置した洗濯槽と,洗濯槽の底部に回転自在に設置した洗濯と,洗濯槽および洗濯翼を回転駆動する電導駆動装置を備え,電導駆動装置によって洗濯槽および洗濯翼をクラッチによる切り替え手段で選択的に回転駆動することにより,洗濯槽内洗濯物撹拌して洗い工程とすすぎ工程を行い,その後,洗濯槽を高速回転させて洗濯物を遠心脱水する構成である。

0003

洗濯槽内に洗剤投入口を有する洗濯機においては、洗剤投入口が洗濯槽内側壁面でかつ給水口下部に位置しており、給水時に洗濯槽を回転し、洗濯槽内と洗剤投入口に給水をすることで、洗剤投入口より投入した洗剤を溶かし、洗濯を開始する。

0004

また、洗浄力を高める手段として予備洗い後に排水を行いその後追加で洗剤および水を注水することが一般に知られている。(例えば、特許文献1参照)

先行技術

0005

特開2012−75505号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら,給水時に洗剤投入口より給水することで投入した洗剤を全て溶かしてしまい、投入した洗剤を分割して洗濯に使用することができないという課題があった。

0007

本発明は、上記課題を解決するもので、洗剤投入口に投入した洗剤を安価な構成にて分割して洗濯槽に投入することができる、洗濯機または洗濯乾燥機を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

水を溜める外槽と前記外槽内に設置される洗濯槽と、前記洗濯槽の内側壁面に設置される洗剤投入口と、前記洗濯槽を正回転及び逆回転させるモータと、を有し、前記洗剤投入口は、左右方向の一方側に設けられた洗剤分割投入ポケットと、前記洗剤分割投入用ポケットが設けられた側の側面に形成された第1給水口と、前記洗剤分割投入用ポケットが設けられていない側の上面に形成された第2給水口と、を備え、前記第1給水口の上方の壁面は、前記第1給水口の下方の壁面よりも、外側に突出した。

発明の効果

0009

本発明によれば,洗剤投入口に洗剤を投入する際に洗剤分割投入用ポケットに洗剤を投入することで、洗剤分割用ポケットからあふれた洗剤は洗濯槽に流れ込む。洗濯槽への給水時、洗濯槽は洗剤投入口の第1給水口が無い側が先頭となる向きに回転することで、洗剤投入口の上面にある第2給水口から給水される。給水後、予備洗いをし、一定量排水した後に、洗濯槽を洗剤投入口の第1給水口がある側が先頭となる向きに回転することで、洗剤投入口の側面にある第1給水口を介し、洗剤分割用ポケットに給水し洗剤分割用ポケット内の洗剤を槽内に流し込むことができる。これにより、予備洗い後に汚水を排水し、再度給水する際に新たに洗剤を投入することができ、本洗いの際に洗剤濃度が薄まることを抑制することができる。

図面の簡単な説明

0010

実施例1の実施形態を示す洗濯機の縦断面図である。
従来の洗剤投入口の正面図と縦断面図である。
本発明における洗剤投入口の正面図と縦断面図である。
本発明における洗剤投入口開放状態の縦断面図である。

実施例

0011

図1は本発明の一実施形態を示す洗濯機の縦断面図である。図1に示す洗濯機の縦断面図において,洗濯機は洗濯機外枠1と、洗濯機外枠1を下から支持する外枠ベース2、洗濯機外枠1の上に設けられたトップカバー3、トップカバー3に開閉自在に備わる蓋4が設けられている。洗濯、すすぎ、脱水等の動作中、蓋4はロックされ開閉できない状態となる。外槽5は洗濯機外枠1の上側内部に設けたコーナ支持部8より垂下する吊棒7に防振バネ21を介して防振支持される。洗濯槽9は外槽5内に回転自在に置かれる。モータ19としてのDCブラシレスモータは外槽5の底側下面に設けられる。モータ19はフランジ20を用いて外槽5に取り付けられる。モータ19の回転主軸33は洗濯槽9の底面フランジ39に固定され、洗濯槽9を支持する。

0012

回転主軸33の中心には洗濯槽9内に回転自在に置かれる洗濯翼11を正逆回転させる内側回転軸(図示せず)が備わっている。モータ19は、クラッチによる切り替え手段(図示せず)で洗濯槽9と洗濯翼11の回転動作を切り替えられる。洗濯物38の洗いは,給水後予備洗いを行い、一定量の排水を実施した後、追加給水を行い本洗いが行われる。モータ19は正逆回転し,洗濯翼11も正逆回転し洗濯物38の撹拌が行われる。洗濯物38の脱水では,モータ19は高速で回転し,洗濯槽9も高速回転し,洗濯槽9の胴体に設けた脱水穴12から遠心脱水が行われる。

0013

排水電磁弁22は外槽5の底部に設けた排水口に連通する排水ホース23に備わる。洗濯やすすぎで使った水は排水電磁弁22の開放で排水ホース23を通じて機外へ排水される。脱水が行われる脱水運転は排水電磁弁22を開放したままで行う。

0014

コントロール基板27はトップカバー3の後側に備えられる。電源スイッチ40はトップカバー3の前側に設けられる。電源スイッチ40を投入し,表示基板36に設けられる各種入力スイッチを操作して洗濯機の動作を設定する。

0015

外槽5内に貯留する洗濯水水位水圧の変化により水位センサー41により検知され,その水位情報はコントロール基板27に提供され,給水と排水を制御する。

0016

貯留する洗濯水はトップカバー3後方に設けた給水口24より給水電磁弁6の開放にて給水ホース25を通じて洗濯槽9に注水される。

0017

給水ホース25の注ぎ口は洗濯槽9の内側に設置された洗剤投入口16の回転軌道線上に配置され注水される水は洗剤投入口16を介して洗濯槽9に貯留される。

0018

排水電磁弁22は外槽5の底部に設けた排水口22aに連通する排水ホース23に備わる。洗濯やすすぎで使った水は排水電磁弁22の開放で排水ホース23を通じて機外へ排水される。脱水が行われる脱水運転は排水電磁弁22を開放したままで行う。排水電磁弁22の開閉,モータ19の運転,停止,速度調整はコントロール基板27により制御される。

0019

ここで従来の洗剤投入口16の形状について図2を用いて説明する。

0020

洗剤投入口16は下部に設けた回転動作軸50を軸に洗濯槽9の中心側に上部を開閉可能な構造とし、洗剤の投入をしやすくしている。注水時洗剤投入口16の上部は閉めた状態となるが、洗剤投入口16の上面に設けた第2給水口54より給水される。

0021

一方、本実施形態について図3を用いて説明する。

0022

本実施形態については、洗剤投入口16内部中央よりどちらか片側一方に投入された洗剤を一定量貯留する洗剤分割投入用ポケット52があり、洗剤分割投入用ポケット52設置側の側面には、第1給水口51を備え、第1給水口51の入口上面53は、第1給水口51の入口下面55よりも外側に突出している。

0023

洗剤分割投入ポケット52設置側と反対側の洗剤投入口上面にも第2給水口54を備えている。
また、従来と同様に洗剤投入口16は下部に設けた回転動作軸50により上部を開閉可能な構造としている。

0024

このような構造とし、洗剤投入口上部を開放し洗剤を洗剤分割投入用ポケットに所定量を注ぐことで、洗剤分割投入用ポケット52からあふれた洗剤は洗濯槽9に流れ込む。更に予備洗い前の給水時、洗濯槽9は第1給水口51と反対側が先頭となる向きに回転することで、注水される水は洗剤投入口の第2給水口54より洗濯槽9に注水され予備洗いが行われる。この時、第1給水口51については入口上面53が入口下面55よりも突出した構造となっている為、洗剤分割投入用ポケット52には給水されない。

0025

予備洗い後、汚水を排水するために一定量の水を排水ホース23より排水し、本洗い前に新たに注水を行う。この時洗濯槽9を第1給水口51が先頭となる回転方向に回転することで、第1給水口51より洗剤分割用ポケット52に給水され洗剤分割用ポケット52に貯留された洗剤は洗濯槽9へと流れ込み、本洗いでの洗剤濃度を高めることができる。

0026

洗剤分割投入用ポケット52の洗濯槽9外周側壁面は下方から上方にかけて外周側に広がる方向に傾斜させることで、洗剤分割投入用ポケット52に注水後、残留した水は洗い、すすぎ、脱水時の槽回転による遠心力により洗濯槽9に流れ出る。

0027

1…本体外枠、3…トップカバー、9…洗濯槽、16…洗剤投入口、27…コントロール基板、40…電源SW、50…回転動作軸、51…第1給水口、52…洗剤分割投入用ポケット、53…給水口上面、54…第2給水口、55…給水口下面

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

この 技術と関連性が強い技術

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い法人

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い人物

該当するデータがありません

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ