図面 (/)

技術 マッサージ機

出願人 マクセルホールディングス株式会社
発明者 安部田章桑畑広幸
出願日 2018年7月13日 (2年5ヶ月経過) 出願番号 2018-133663
公開日 2020年1月23日 (11ヶ月経過) 公開番号 2020-010780
状態 未査定
技術分野 マッサージ装置
主要キーワード 特定姿勢 自動位置調整 組合せ変更 機械ユニット 姿勢変化後 ウェアラブルデバイス 首筋部分 略梯子状
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年1月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (18)

課題

使用者に指示を与え、使用者自身姿勢を変化させることで、使用者の身体を動かすための機構を必要とせずに、姿勢変化前の使用者に対するものとは異なるマッサージを実行できるマッサージ機を提供する。

解決手段

マッサージを受けようとする使用者に対し、使用者の姿勢を変化させるような指示内容を含む第一の指示情報を発する指示部45を設け、第一の指示情報に基づいて使用者が姿勢を変化させた場合に、それまでの姿勢とは異なる状態となる身体所定部位又はこの部位の近傍を含む、マッサージ対象箇所へのマッサージが実行されると、このマッサージによる身体所定部位への影響は、姿勢を変化させない状態でのマッサージによるものとは変化することから、既存のものとは異なる新たなマッサージとしての刺激付与を実現でき、効率よくマッサージを行え、マッサージによる筋肉凝り緩和等をより一層促せる。

概要

背景

使用者の身体を支持しつつマッサージを実行するマッサージ機は、一般に、揉み玉やエアセル等のマッサージ機構を作動させ、使用者のマッサージ対象箇所へのマッサージを実行する仕組みを有する。こうしたマッサージ機において、揉み玉等のマッサージ機構をマッサージ対象箇所に押し当てるなどしてマッサージを実行する際や、そうしたマッサージの直前に、マッサージを実際に実行しようとするマッサージ機構以外の、本来は待機状態でそのマッサージに関与させない他のマッサージ機構や、マッサージ機構とは全く別の押圧機構によって、使用者の身体を押圧して体位を変化させ、この体位を変化させている状態で揉み玉等でのマッサージを実行するようにして、体位を変化させない状態とは大きく異なるマッサージを行おうとするものが提案されていた。
このような従来のマッサージ機の一例として、特開2016−120350号公報に開示されるものがある。

概要

使用者に指示を与え、使用者自身姿勢を変化させることで、使用者の身体を動かすための機構を必要とせずに、姿勢変化前の使用者に対するものとは異なるマッサージを実行できるマッサージ機を提供する。 マッサージを受けようとする使用者に対し、使用者の姿勢を変化させるような指示内容を含む第一の指示情報を発する指示部45を設け、第一の指示情報に基づいて使用者が姿勢を変化させた場合に、それまでの姿勢とは異なる状態となる身体所定部位又はこの部位の近傍を含む、マッサージ対象箇所へのマッサージが実行されると、このマッサージによる身体所定部位への影響は、姿勢を変化させない状態でのマッサージによるものとは変化することから、既存のものとは異なる新たなマッサージとしての刺激付与を実現でき、効率よくマッサージを行え、マッサージによる筋肉凝り緩和等をより一層促せる。

目的

本発明は前記課題を解消するためになされたもので、マッサージに際して、指示部を用いて使用者に姿勢変化の指示を与え、使用者自身が姿勢を変化させるようにすることで、使用者の身体を動かすための複雑で大がかりな機構を必要とせずに、マッサージ機に通常姿勢で支持される使用者に対し行われるものとは異なるマッサージを実行できるマッサージ機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

所定の駆動源で動かされる一又は複数のマッサージ機構を有し、使用者の身体を支持しつつ、前記マッサージ機構で使用者に対しマッサージを実行するマッサージ機において、前記マッサージ機構の作動状態を制御する制御部と、前記マッサージ機構によるマッサージを受ける使用者に対し、使用者の身体の少なくとも一部を動かして姿勢を変化させるよう指示する内容が含まれる第一の指示情報を、所定のタイミングで発する指示部とを備えることを特徴とするマッサージ機。

請求項2

前記請求項1に記載のマッサージ機において、前記指示部が前記第一の指示情報を発する際に、前記制御部が、前記第一の指示情報に含まれる指示に従って使用者が姿勢を変化させたと仮定して、前記指示から予測される使用者の姿勢変化後特定姿勢に対応する所定のマッサージを、マッサージ機構で実行するよう制御を行うことを特徴とするマッサージ機。

請求項3

前記請求項1又は2に記載のマッサージ機において、前記指示部が、使用者の姿勢変化後の特定姿勢を解除するよう指示する内容が含まれる第二の指示情報を発することを特徴とするマッサージ機。

請求項4

前記請求項1ないし3のいずれかに記載のマッサージ機において、前記指示部が、前記第一の指示情報を発してから実行されたマッサージの効果についての使用者における評価を回答するよう使用者に指示する内容が含まれる第三の指示情報を発し、前記制御部が、前記第三の指示情報の指示に従った使用者の発する回答に係る情報を取得可能とされることを特徴とするマッサージ機。

請求項5

前記請求項1ないし4のいずれかに記載のマッサージ機において、前記指示部が、前記第一の指示情報を使用者に対し発する前に、第一の指示情報を発してから前記制御部の制御に基づいて実行される予定のマッサージの内容に係る情報を、使用者に向けて発することを特徴とするマッサージ機。

請求項6

前記請求項1ないし5のいずれかに記載のマッサージ機において、マッサージ機における使用者の身体を支持する一又は複数の所定部位が、前記指示部により第一の指示情報が使用者に対して発せられると、第一の指示情報の指示に従う使用者の姿勢変化に係る身体の動きを促すように位置調整されることを特徴とするマッサージ機。

請求項7

前記請求項1ないし6のいずれかに記載のマッサージ機において、マッサージ機の所定箇所に配設され、使用者が前記第一の指示情報の指示に従って姿勢を変化させた状態で、動かされた身体の一部と接して姿勢保持補助する補助支持部を備えることを特徴とするマッサージ機。

請求項8

前記請求項1ないし7のいずれかに記載のマッサージ機において、前記指示部が、前記指示情報を、使用者の感覚器刺激として直接受け取り可能な情報として出力するものであることを特徴とするマッサージ機。

請求項9

前記請求項1ないし7のいずれかに記載のマッサージ機において、前記指示部が、前記指示情報を、使用者に情報を伝達可能な伝達手段を有し、且つ使用者に携帯され又は使用者の身体に装着される通信端末により、受信可能な情報として出力するものであることを特徴とするマッサージ機。

技術分野

0001

本発明は、使用者の身体を支持した状態で、揉み玉等のマッサージ機構を作動させ、使用者へのマッサージを実行するマッサージ機に関する。

背景技術

0002

使用者の身体を支持しつつマッサージを実行するマッサージ機は、一般に、揉み玉やエアセル等のマッサージ機構を作動させ、使用者のマッサージ対象箇所へのマッサージを実行する仕組みを有する。こうしたマッサージ機において、揉み玉等のマッサージ機構をマッサージ対象箇所に押し当てるなどしてマッサージを実行する際や、そうしたマッサージの直前に、マッサージを実際に実行しようとするマッサージ機構以外の、本来は待機状態でそのマッサージに関与させない他のマッサージ機構や、マッサージ機構とは全く別の押圧機構によって、使用者の身体を押圧して体位を変化させ、この体位を変化させている状態で揉み玉等でのマッサージを実行するようにして、体位を変化させない状態とは大きく異なるマッサージを行おうとするものが提案されていた。
このような従来のマッサージ機の一例として、特開2016−120350号公報に開示されるものがある。

先行技術

0003

特開2016−120350号公報

発明が解決しようとする課題

0004

従来のマッサージ機は、前記特許文献に示される構成とされており、使用者の身体を押して動かす機構背もたれ部に収まる大きさとするために可動範囲制約があり、押圧で移動させられる範囲は小さかった。このため、こうした機構でマッサージ機に支持された身体を大きく動かすには至らず、身体に付与されるマッサージ効果が変わるほどの大きな体位の変化を生じさせることはできない、という課題を有していた。

0005

また、使用者の体位を変化させるために、実行しようとするマッサージに関与させない別のマッサージ機構ではなく、別途設けた体位変化専用の身体を押す機構部を用いるようにする場合、マッサージに関わる機構が増える分、マッサージ機のコストが増大してしまうという課題を有していた。

0006

本発明は前記課題を解消するためになされたもので、マッサージに際して、指示部を用いて使用者に姿勢変化の指示を与え、使用者自身姿勢を変化させるようにすることで、使用者の身体を動かすための複雑で大がかりな機構を必要とせずに、マッサージ機に通常姿勢で支持される使用者に対し行われるものとは異なるマッサージを実行できるマッサージ機を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

本発明の開示に係るマッサージ機は、所定の駆動源で動かされる一又は複数のマッサージ機構を有し、使用者の身体を支持しつつ、前記マッサージ機構で使用者に対しマッサージを実行するマッサージ機において、前記マッサージ機構の作動状態を制御する制御部と、前記マッサージ機構によるマッサージを受ける使用者に対し、使用者の身体の少なくとも一部を動かして姿勢を変化させるよう指示する内容が含まれる第一の指示情報を、所定のタイミングで発する指示部とを備えるものである。

0008

このように本発明の開示によれば、マッサージを受けようとする使用者に対し、使用者の姿勢を変化させるような指示内容を含む第一の指示情報を発する指示部を設け、第一の指示情報に基づいて使用者が姿勢を変化させた場合に、それまでの姿勢とは異なる状態となる身体所定部位又はこの部位の近傍を含む、マッサージ対象箇所へのマッサージが実行されると、このマッサージによる身体所定部位への影響は、仮に身体が姿勢を変化させない状態である場合における、同じマッサージ対象箇所へのマッサージによるものとは変化することにより、前記身体所定部位やその近傍に対して、使用者の姿勢を変化させないままで行われていた既存のマッサージとは異なる新たなマッサージとしての刺激付与を実現でき、効率よくマッサージを行えることとなり、マッサージによる筋肉凝りや痛みの緩和疲労回復等をより一層促せる。また、使用者に発した指示情報の指示に対応して使用者自身が身体を動かして、必要十分な姿勢変化を実現できることで、こうした使用者の姿勢変化を得るためにマッサージ機に使用者の身体を動かす特別な機構を設ける必要はなく、マッサージ機における使用者の姿勢変化の実現に関わるコストを抑えられる。

0009

また、本発明の開示に係るマッサージ機は必要に応じて、前記指示部が前記第一の指示情報を発する際に、前記制御部が、前記第一の指示情報に含まれる指示に従って使用者が姿勢を変化させたと仮定して、前記指示から予測される使用者の姿勢変化後特定姿勢に対応する所定のマッサージを、マッサージ機構で実行するよう制御を行うものである。

0010

このように本発明の開示によれば、指示部が第一の指示情報を発すると、制御部による制御で、予測した特定姿勢に対応するマッサージを、マッサージ機構に実行させ、使用者が指示に従って姿勢を変化させて特定姿勢をとる場合には、使用者の身体に、姿勢を変化させない状態の場合に行われるものとは異なるマッサージが行われることにより、使用者の身体所定部位に対し、姿勢変化後の特定姿勢に対応してマッサージの経路や速度、強度等を適切に調整したマッサージを実行して、姿勢を変化させない状態では到底得られない特別なマッサージ効果を与えることができ、マッサージの身体にもたらす効果を大きく向上させて使用者の満足度を高められると共に、身体へのマッサージの実行をさらに効率化して、コースとして行われる場合のマッサージ全体の時間短縮も図れる。

0011

また、本発明の開示に係るマッサージ機は必要に応じて、前記指示部が、使用者の姿勢変化後の特定姿勢を解除するよう指示する内容が含まれる第二の指示情報を発するものである。

0012

このように本発明の開示によれば、指示部から使用者の特定姿勢を解除するよう指示する内容を含む第二の指示情報を発して、使用者が姿勢を変化させた状態から元の姿勢に戻るようにすることにより、姿勢を変化させた状態で行われるマッサージの終了を第二の指示情報で使用者に正しく認識させて、適切なタイミングで使用者を特定姿勢に変える前の姿勢に復帰させることができ、使用者の身体に対し、元の姿勢で受ける場合も含めた一連のマッサージを正確に実行でき、マッサージ効果を無理なく確実に与えることができる。

0013

また、本発明の開示に係るマッサージ機は必要に応じて、前記指示部が、前記第一の指示情報を発してから実行されたマッサージの効果についての使用者における評価を回答するよう使用者に指示する内容が含まれる第三の指示情報を発し、前記制御部が、前記第三の指示情報の指示に従った使用者の発する回答に係る情報を取得可能とされるものである。

0014

このように本発明の開示によれば、指示部から第三の指示情報を発して、指示部が第一の指示情報を発してから使用者が受けたマッサージの効果についての使用者における評価を回答するようにする指示を使用者に与える一方、制御部では、第三の指示情報に従った使用者の発する情報を取得可能として、実行されたマッサージの効果について使用者がどのように評価しているかを制御部で把握できるようにすることにより、第一の指示情報の指示に従った使用者の姿勢変化を前提とするマッサージが実際に行われた場合に、使用者の発した情報から、実行されたマッサージの効果が使用者の希望合致するものであったか否かを制御部で把握でき、それ以降の使用者の姿勢変化を伴うマッサージの実行可否の判定をはじめとする、マッサージ全体の設定や組合せ変更等の判断を、使用者自身の評価を加味して行うことができ、使用者に合ったマッサージを設定し実行できる。

0015

また、本発明の開示に係るマッサージ機は必要に応じて、前記指示部が、前記第一の指示情報を使用者に対し発する前に、第一の指示情報を発してから前記制御部の制御に基づいて実行される予定のマッサージの内容に係る情報を、使用者に向けて発するものである。

0016

このように本発明の開示によれば、指示部から使用者の姿勢を変化させようとする第一の指示情報が発せられる前に、この指示情報に従って使用者が姿勢を変化させた場合における、使用者の姿勢変化後の身体を対象として実行される予定のマッサージの内容を指示部から発するようにして、これから行われようとするマッサージの内容を使用者があらかじめ知った状態で、マッサージに対応する指示情報を受け取ることができることにより、使用者がマッサージの内容を理解して指示情報に基づく姿勢変化が必要不可欠であると認識することとなり、使用者に積極的に姿勢を変化させる動機付けを与えて、使用者の通常姿勢から身体を動かして姿勢を変える実際の行動を促すことができ、無理なく確実に使用者の姿勢を変化させて適切にマッサージ効果を付与できる。

0017

また、本発明の開示に係るマッサージ機は必要に応じて、マッサージ機における使用者の身体を支持する一又は複数の所定部位が、前記指示部により第一の指示情報が使用者に対して発せられると、第一の指示情報の指示に従う使用者の姿勢変化に係る身体の動きを促すように位置調整されるものである。

0018

このように本発明の開示によれば、指示部から第一の指示情報が発せられると、使用者の身体を支持するマッサージ機の所定部位が、第一の指示情報に基づく使用者の姿勢変化にあらかじめ対応するように位置調整され、第一の指示情報の指示に従って使用者が姿勢を変化させる際に、位置調整された各部位が、使用者の身体の動きを阻害せず、使用者が身体をスムーズに動かせるよう案内することにより、指示情報に基づいた使用者の姿勢変化に係る動きを適切に補助して、スムーズに使用者が通常姿勢から姿勢変化後の姿勢に移行することができ、使用者の負担を軽減してマッサージによるリラックス効果を損なわず確保できる。

0019

また、本発明の開示に係るマッサージ機は必要に応じて、マッサージ機の所定箇所に配設され、使用者が前記第一の指示情報の指示に従って姿勢を変化させた状態で、動かされた身体の一部と接して姿勢保持を補助する補助支持部を備えるものである。

0020

このように本発明の開示によれば、マッサージ機に設けられる補助指示部が、第一の指示情報の指示に従って使用者が姿勢を変化させると、使用者の姿勢変化で動かされた身体の一部と接してこれを支え役割を担うことにより、使用者が姿勢変化後の姿勢を保持するにあたって、使用者の負担を大幅に軽減でき、使用者が姿勢変化後の姿勢を保持しやすくなり、姿勢変化後の身体に対しあらかじめ意図した通りのマッサージを確実に実行でき、所望のマッサージ効果を適切に生じさせることができる。

0021

また、本発明の開示に係るマッサージ機は必要に応じて、前記指示部が、前記指示情報を、使用者の感覚器刺激として直接受け取り可能な情報として出力するものである。

0022

このように本発明の開示によれば、使用者に向けて指示情報を発する指示部が、使用者の感覚器で刺激として直接受け取り可能となる音声映像表示等として指示情報を出力するようにされ、指示情報に含まれる指示を使用者が直接受け取ってそのまま指示内容を理解し、指示に従った行動を起こすようにすることにより、使用者で情報取得のための準備が不要であり、簡易に情報を入手できると共に、指示を直接使用者自身に伝えられることで、指示の伝達漏れがなく、確実に指示通りに身体を動かすように使用者を促すことができ、例えば第一の指示情報を出力する場合、使用者に指示を明確に伝えて、使用者をマッサージに適した姿勢に移行させられ、姿勢変化後の身体に対しあらかじめ意図した通りのマッサージを実行でき、適切にマッサージ効果を付与できる。

0023

また、本発明の開示に係るマッサージ機は必要に応じて、前記指示部が、前記指示情報を、使用者に情報を伝達可能な伝達手段を有し、且つ使用者に携帯され又は使用者の身体に装着される通信端末により、受信可能な情報として出力するものである。

0024

このように本発明の開示によれば、使用者に向けて指示情報を発する指示部が、使用者に携帯されるかその身体に装着される通信端末で受信される通信データとしての指示情報を出力するようにされ、通信端末の伝達手段を用いて指示情報に含まれる指示を音声や映像表示等の形式で使用者に伝達し、使用者に指示内容を理解させ、使用者が指示に従った行動を起こすようにすることにより、使用者があらかじめ保有する通信端末を指示情報の伝達に流用して、マッサージ機側に使用者が直接受け取れる形式の情報出力手段を設ける必要がなくなり、マッサージ機の構成を簡略化できる。また、指示情報に含まれる指示が通信端末を通じて使用者のみに伝えられることで、指示を使用者が無理なく受け取れる状態を確保しつつ、マッサージ機周囲に音や光等を不用意拡散させずに済み、マッサージ機周囲の使用者以外の人に不快感を与えることを防止できる。

図面の簡単な説明

0025

本発明の第1の実施形態に係るマッサージ機の斜視図である。
本発明の第1の実施形態に係るマッサージ機のブロック図である。
本発明の第1の実施形態に係るマッサージ機における機械ユニット正面側の斜視図である。
本発明の第1の実施形態に係るマッサージ機における機械ユニットの背面側の斜視図である。
本発明の第1の実施形態に係るマッサージ機における機械ユニットによる揉み玉突出量小状態説明図である。
本発明の第1の実施形態に係るマッサージ機における機械ユニットによる揉み玉突出量大状態説明図である。
本発明の第1の実施形態に係るマッサージ機における指示部からの第一の指示情報出力状態説明図である。
本発明の第1の実施形態に係るマッサージ機における使用者の姿勢変化を促す背もたれ部及び脚支持部の作動状態説明図である。
本発明の第1の実施形態に係るマッサージ機上での使用者の姿勢変化過程説明図である。
本発明の第1の実施形態に係るマッサージ機上での使用者の特定姿勢移行状態説明図である。
本発明の第1の実施形態に係るマッサージ機における使用者の通常姿勢と特定姿勢での各背もたれ当接状態説明図である。
本発明の第1の実施形態に係るマッサージ機におけるマッサージ実行状態説明図である。
本発明の第2の実施形態に係るマッサージ機における特定姿勢をとる使用者へのマッサージ実行状態説明図である。
本発明の第3の実施形態に係るマッサージ機の第一の具体例における使用者の姿勢変化に基づく特定マッサージ実行の説明図である。
本発明の第3の実施形態に係るマッサージ機の第二の具体例における使用者の姿勢変化に基づく特定マッサージ実行の説明図である。
本発明の第3の実施形態に係るマッサージ機の第三の具体例における使用者の通常姿勢と特定姿勢での手腕用エアセルマッサージ実行状態説明図である。
本発明の第4の実施形態に係るマッサージ機における指示部からの第一の指示情報出力及び通信端末から使用者への情報伝達状態説明図である。

実施例

0026

(本発明の第1の実施形態)
以下、本発明の第1の実施形態に係るマッサージ機を前記図1ないし図12に基づいて説明する。本実施形態においては、着座した使用者を支えつつマッサージを行う、いわゆるマッサージチェアタイプ(椅子状)のマッサージ機の例について説明する。

0027

前記各図において本実施形態に係るマッサージ機1は、床面上に載置されて椅子全体を安定的に支持する基台部11と、この基台部11の上方で使用者の臀部を支える座部12と、この座部12の後側で使用者の背中を支える背もたれ部13と、座部12の左右両側で使用者の前腕部を支える肘掛部14と、座部12の前側で使用者の脚を支える脚支持部15と、マッサージに係る使用者の各種操作入力を受付ける操作部30と、搭載されている複数のマッサージ機構の作動状態を制御する制御部40と、使用者に指示する内容を含む所定の指示情報を音声として発する指示部45とを備える構成である。

0028

本実施形態に係るマッサージ機においては、使用者が、その臀部を座部12に支えられ、背中を背もたれ部13に支えられ、肘や前腕部を肘掛部14に支えられ、脚及び足を脚支持部15に支えられて着座した状態の通常姿勢で、主にマッサージを受けることとなる。ただし、使用者が身体の一部を動かして通常姿勢から姿勢を変化させた状態(特定姿勢)で、特定のマッサージを受けることもできる。この場合は、マッサージの前に使用者に対し、通常姿勢から姿勢を変化させるよう指示する内容の指示情報が、指示部45より発せられる仕組みである。

0029

前記基台部11は、椅子各部をなす前記座部12、背もたれ部13、肘掛部14、及び脚支持部15を一体に取付けられてこれらを支持するものである。また、前記座部12は、基台部11に対し座面の傾斜角度を調整可能として取付けられ、座面にて使用者の臀部や太腿部を支えつつ内蔵のマッサージ機構でマッサージを実行するものである。この座部12のマッサージ機構としては、空気の給排で作動する臀部用エアセル71、及び太腿用エアセル72を備える構成である。これらエアセルを空気の給排で作動させるエアポンプ70が座部12下側のスペースに配設される。

0030

前記背もたれ部13は、人の背中形状に合せた表面形状とされて前記基台部11及び座部12に対し傾斜角度を調整可能として配設され、その内部に、マッサージを実行するマッサージ機構を備える構成である。

0031

背もたれ部13内部には、左右一対の揉み玉51とこれを作動させる駆動部60が一体となった機械ユニット50と、この機械ユニット50を背もたれ部13上下方向に移動可能に支持しつつ、背もたれ部の各部を内部から支える枠状の背もたれ部フレーム13aと、前記エアポンプ70による空気の給排で作動する背中用エアセル73及び腰用エアセル74とがそれぞれ配設される構成である。このうち機械ユニット50、背中用エアセル73、及び腰用エアセル74が、それぞれマッサージを実行するマッサージ機構をなす。

0032

なお、この背もたれ部13の左右両側部には、使用者に面する内面側にエアセル等のマッサージ機構を設けた一対の側壁部を突出配設して、使用者の上腕部等に対して側方からマッサージを行えるようにすることもできる。

0033

前記背もたれ部フレーム13aは、機械ユニット50を背もたれ部13上下方向に移動可能とし且つ他方向への動きは拘束して支持する左右一対のガイドフレーム13b間に、複数の横フレームを横方向に掛渡して一体に連結して、略梯子状フレーム構造とされるものである。

0034

前記機械ユニット50は、揉み、叩き等の刺激を使用者に与える左右一対の揉み玉51と、この揉み玉51をそれぞれ突出状態で支持する左右一対の揉み玉支持アーム52と、この揉み玉支持アーム52を介して揉み玉51を揉み、叩き等のマッサージ動作に対応させて動かす駆動部60と、背もたれ部上下方向と直角をなす向きの軸線を中心として駆動部60を傾動可能に支持するベース部54とを備える構成である。

0035

前記駆動部60は、制御部40の制御に基づいて揉み玉51に揉みのマッサージを行わせるための駆動力を発生させる揉み用モータ63と、制御部40の制御に基づいて揉み玉51に叩きのマッサージを行わせるための駆動力を発生させる叩き用モータ64と、各モータから出力される回転の動きを揉みや叩きに相当する動きにそれぞれ変換した上で、こうした動きを揉み玉支持アーム52を介して揉み玉51に伝達する揉み機構及び叩き機構(図示を省略)とを備える、公知のマッサージ機に用いられるものと同様の機構であり、詳細な説明を省略する。

0036

なお、揉み機構は、制御部40の制御に基づく揉み用モータ63の回転で揉み玉支持アーム52が連続して揺れる状態を生じさせるものである。揉み玉支持アーム52の一端部に取付けられた揉み玉51は、揉み玉支持アーム52の動きに伴い、連続する軌跡を描きつつ上下、左右及び前後に揺動することで、揉みのマッサージを実現できる。

0037

また、叩き機構は、叩き用モータ64の回転により、揉み玉支持アーム52を所定位置を中心に揺動させるものであり、揉み玉支持アーム52の揺動でアーム一端部の揉み玉51も前後に揺動(往復動)して、叩きのマッサージを実現する仕組みである。

0038

前記ベース部54は、駆動部60を傾動可能に支持するものであり、この他、制御部40の制御に基づいて、機械ユニット昇降用の駆動力を発生させる昇降用モータ57と、同じく制御部40の制御に基づいて駆動部60を傾動させる駆動力を発生させる進退用モータ58とを備える構成である。

0039

機械ユニット50は、ベース部54の側端部を一対のガイドフレーム13bにそれぞれ上下走行可能に支持されることで、ガイドフレーム13bに挟まれる配置状態となり、機械ユニット50全体としてガイドフレーム13bに沿って移動可能とされる構成である。そして、制御部40による制御に基づき、昇降用モータ57が作動してベース部54がガイドフレーム13bを走行する状態となることで、ベース部54を含む機械ユニット50全体が、ガイドフレーム13bに沿って背もたれ部13の上下方向に移動することとなり、背もたれ部13における揉み玉51の位置(揉み玉によるマッサージ対象部位)を上下に変えられる仕組みである。

0040

そして、機械ユニット50は、設定されたマッサージの内容に応じて、制御部40による制御で、上記のように背もたれ部13の上下方向に移動し、揉み玉51の上下位置を調整されると共に、進退用モータ58の作動による揉み玉51と駆動部60の傾動で、揉み玉51の使用者側への突出量を調整される。

0041

揉みや叩きのマッサージを実行する場合は、こうした揉み玉51のマッサージの対象箇所への移動及び位置調整後、又は揉み玉51の移動と並行して、制御部40が、マッサージの種類に応じて、機械ユニット50における駆動部60の揉み、叩き用のモータを作動させ、設定された揉みや叩き等のマッサージに対応した動きを揉み玉51に行わせることとなる。

0042

前記肘掛部14は、座部12の両側に配設され、背もたれ部13の基台部11及び座部12に対する傾動に伴って前後に移動して、使用者の前腕部を安定的に支持可能とされる構成である。この肘掛部14には、前記エアポンプ70による空気の給排で作動する手腕用エアセル75が配設され、使用者の手や前腕部に対しマッサージを行える構成である。

0043

肘掛部14において手腕用エアセル75を用いたマッサージを行う場合、原則として、使用者の前腕部及び手は、前腕部の橈骨側及び手の母指側を上にして手のひら手掌)が左右で向かい合うような向きで肘掛部14に載せた状態とされ、これが前腕部及び手における通常姿勢となる。

0044

前記脚支持部15は、座部12の前側に位置し、座部12前端付近を中心として傾動可能に配設され、座部下側のアクチュエータ(図示を省略)により傾斜角度を調整されるものである。この脚支持部15には、前記エアポンプ70による空気の給排で作動し、脚のより下の部分に対するマッサージ機構としての脚用エアセル76や、足に対するマッサージ機構としての足側部エアセル77が内蔵される構成である。この他、脚支持部15においては、上下に移動しつつ脚を押圧するローラ等のマッサージ手段を配設するようにしてかまわない。

0045

前記操作部30は、マッサージ機に対する各種操作入力を受付ける多数のスイッチや表示部を備え、マッサージ機1の側部におけるスタンド31に着脱自在に設置され、マッサージに係る操作入力を制御部40に送信するものである。なお、操作部30のスイッチや表示部の位置を使用者にとって最適位置とするために、スタンド31の位置は調整可能となっている。この操作部30には、音声出力を行う指示部45が一体に設けられる。

0046

前記制御部40は、あらかじめ使用者の身体各部位置検出を実行して得られた検出結果に基づいて、マッサージ機構やマッサージ機の他の各可動部分を使用者に対応した状態に調整すると共に、マッサージ機構や他の各可動部分に対し、操作部30の操作やあらかじめ記録設定されたマッサージ内容、また前記検出結果の情報に基づいて、適切なマッサージの実行のための制御を行うものである。

0047

この制御部40は、そのハードウェア構成として、CPUやメモリ入出力インターフェース等を備えるコンピュータとなっており、メモリ等に格納されるプログラムにより、コンピュータを制御部40として動作させる仕組みである。この制御部40をなすコンピュータは、CPUやメモリ、ROM等を一体的に形成されたマイクロコンピュータとしてもかまわない。

0048

この制御部40をなすコンピュータのユニットは、座部12直下等のマッサージ機1内部の所定のスペースに配設され、操作部30と通信可能な状態とされると共に、機械ユニット50の各種モータや、座部12や背もたれ部13、脚支持部15を傾動させる各アクチュエータ、エアポンプ70とそれぞれ電気的に接続され、使用者の身体各部位置検出の際にはあらかじめ設定された位置検出用プログラムに基づく制御信号出力により、また、マッサージ実行の際には設定されたマッサージのデータに基づく制御信号出力により、これらの駆動機構の作動を制御する。

0049

加えて、制御部40は、機械ユニット50や各アクチュエータの変位量を出力するエンコーダ等の信号出力手段とも電気的に接続されており、機械ユニット50の状態や、座部12、背もたれ部13、及び脚支持部15の傾斜等の状態を把握しつつ、モータやアクチュエータ等の駆動手段の作動制御を行うこととなる。

0050

制御部40は、操作部30で使用者により選択指示された、マッサージの基本的な機能や、複数のマッサージの機能を所定の順序自動実行可能に一組にまとめたマッサージコースについて、操作部30からの指示データに基づいて、使用者に選択された機能やマッサージコースのデータを制御部40の記憶部から読み出し、データに基づく制御信号を出力して、各マッサージ機構、具体的には、機械ユニット50及び/又はエアポンプ70を作動させ、機械ユニット50の揉み玉51によるメカマッサージ及び/又はエアセルマッサージによって、使用者の選択したマッサージの機能やマッサージコースによるマッサージを、使用者に対し実行可能としている。

0051

この他、制御部40は、公知のマッサージ機と同様に、マッサージに先立つ使用者の身体各部位置検出として、機械ユニット50を制御し、機械ユニット50を背もたれ部13における初期位置からガイドフレーム13bに沿って移動させ、揉み玉51を使用者に沿って動かす過程で、背もたれ部13にもたれた使用者側からの揉み玉51に対する圧力の変化や揉み玉51の傾き変化等を順次取得し、この情報に基づいて、使用者の肩位置背骨ライン腰位置を検出することもできる。

0052

さらに、制御部40は、指示部45を制御して指示情報の音声出力を行わせると共に、指示情報の指示内容に対応するマッサージ機各部の制御を行っており、例えば、指示部45で第一の指示情報を発すると、指示情報の指示に従って使用者が姿勢変化させるとの仮定の下、この姿勢変化後の特定姿勢を予測し、この特定姿勢をとる身体を対象とする特定のマッサージを実行するように、各マッサージ機構の作動を制御することとなる。

0053

制御部40は、指示部45からの指示情報の指示に従った使用者の姿勢変化があった場合における、その姿勢変化に伴って、それまでの姿勢の状態から変化すると見込まれる身体所定部位、又は、この部位の近傍をマッサージ対象箇所に含む、所定のマッサージを、各マッサージ機構で実行するよう制御を行う。

0054

具体的には、例えば、姿勢変化後の特定姿勢が両手を上に上げた姿勢の場合、その姿勢への変化に伴って状態が変化する前記身体所定部位としての、身体の上下方向に伸張した状態に変化する肩から背中にかけての筋肉部位を含む、背中のから肩までの上下所定範囲のマッサージ対象箇所に対し、突出させた揉み玉51を身体に当接させたまま機械ユニット50ごと移動させるローリングを、移動方向を上向きとして適用して、背中の前記マッサージ対象箇所を揉み玉51で押し上げて伸ばす、「ストレッチ」のマッサージを実行するように制御部40で制御を行うこととなる。

0055

この場合、制御部40は、使用者の身体のマッサージ対象箇所に対し、通常姿勢の使用者へのマッサージとは異なる、使用者が姿勢を変化させた後の特定姿勢に対応するマッサージを、各マッサージ機構で実行するよう制御を行うこともできる。

0056

例えば、特定姿勢が両手を上に上げた姿勢の場合に、制御部40は、通常姿勢の場合とは異なる状態、具体的には、背もたれ部13との相対位置関係が若干変わった状態、となっている背中の腰から肩までの上下所定範囲に対し、通常姿勢での「ストレッチ」のマッサージとは異なる、背中の位置によって揉み玉51での押し上げの強度(揉み玉の身体側への突出量)を変えたり、揉み玉51の背もたれ部上方への移動速度を変えた、特別な「ストレッチ」マッサージを行うよう制御を実行する。

0057

制御部40は、この他、指示部45により第一の指示情報が使用者に対して発せられると、マッサージ機における使用者の身体を支持する背もたれ部13や脚支持部15等に対し、第一の指示情報の指示に従う使用者の姿勢変化に係る身体の動きを促すように位置調整する制御を行う。

0058

前記指示部45は、制御部40による制御に基づいて、マッサージの実行前や実行中の適切なタイミングで、使用者への指示の内容を含む指示情報等の情報を音声情報として出力して、情報を使用者に対し発し、使用者が情報を受け取れるようにするものである。

0059

指示部45は、マッサージコースに含まれるか、使用者の操作で直接マッサージ実行を指示された、使用者の特定姿勢を前提とする特定のマッサージが実行予定の場合には、その直前のタイミングで、使用者に対し第一の指示情報を発する。

0060

この第一の指示情報には、使用者が身体の少なくとも一部を動かして姿勢を変化させるよう指示する内容が含まれる。使用者が第一の指示情報の指示に従って身体を動かすと、特定姿勢に移行し、この特定姿勢を前提とした前記特定のマッサージ、すなわち、使用者の特定姿勢への姿勢変化に伴って、前記通常姿勢の状態から変化する身体所定部位又はその近傍を、マッサージ対象箇所に含むマッサージ、を問題なく受けられる状態となる。

0061

具体的には、例えば、両手を上に上げた姿勢での、揉み玉51による前記「ストレッチ」のマッサージを実行する際には、使用者に対し、指示情報として「両手を上げてください」旨の音声情報が指示部45から出力される。使用者は、この指示に従って両手を上げ、前記「ストレッチ」のマッサージを適切に受けられるようにすることを求められる。

0062

また、指示部45は、各マッサージ機構による、使用者の特定姿勢をとる身体を対象とする特定のマッサージが実行されて終了すると、使用者に対し新たに第二の指示情報を発する。

0063

この第二の指示情報には、特定姿勢を解除する、すなわち、指示情報の指示に従って使用者が姿勢を変化させて特定姿勢をとっているとの仮定の下で、使用者が姿勢変化にあたって動かしたと見込まれる身体の少なくとも一部について、使用者がこの身体の少なくとも一部を元に戻すよう指示する内容が含まれる。使用者が第二の指示情報の指示に従って身体を動かすと、特定姿勢に変化する前の姿勢に戻り、この姿勢に対応した通常のマッサージを従前通り受けられる状態となる。

0064

具体的には、例えば、使用者の両手を上に上げた姿勢が対象の、揉み玉51による前記「ストレッチ」のマッサージが実行されて終了した際には、使用者に対し、第二の指示情報として「両手を下げてください」旨の音声情報が指示部45から出力される。使用者は、この指示に従って両手を下げ、前腕部及び手を肘掛部14に載せた元の通常姿勢に戻すようにすることを求められる。

0065

この他、指示部45は、第一の指示情報を使用者に対し発する前に、第一の指示情報に従って姿勢を変化させたと仮定される使用者の身体を対象として実行される予定のマッサージ(特定のマッサージ)の内容に係る情報を、使用者に対し発することもできる。

0066

なお、指示部45は、指示情報を使用者がで直接受け取り可能な音声として発する構成としているが、これに限らず、使用者の感覚器で刺激として直接受け取り可能な情報として出力するものであれば、例えば、指示部を操作部30の表示部や独立したディスプレイ等の表示装置として、指示情報を使用者が目で見ることのできる映像情報として発するようにしたり、指示部が情報内容に応じた特徴のある振動等の触刺激を使用者の身体の表面(皮膚)に伝えるものとされるなど、指示部は他の形式で情報を発するものであってもかまわない。また、指示情報は、あらかじめ姿勢変化との対応付けがなされ、受け取った使用者がどのように姿勢を変化させるかを理解できるものであれば、長短電子音や振動、色分けされた光の明滅等の単純化、符号化した情報でもよい。

0067

次に、本実施形態に係るマッサージ機のマッサージ実行状態について説明する。前提として、マッサージ機1に使用者が着座して背中を背もたれ部13にもたれさせて支持される通常姿勢の状態で、マッサージ機1の主電源が入とされ、マッサージ機1が起動して、使用者の体形検出などのマッサージ開始前準備動作や、背もたれ部13等の傾斜角度調整等が完了し、さらに、使用者によりマッサージコース等の動作状態指示が入力されて、制御部40が使用者に対する揉み玉等のマッサージ機構によるマッサージを実行しようとしているものとする。

0068

そして、実行予定のマッサージコースには、仮に使用者がその姿勢を両手を上に上げた姿勢に変化させた場合、この姿勢変化によって、通常姿勢の状態から身体の上下方向に伸張した状態に変化する肩から背中にかけての筋肉部位を含む、マッサージ対象箇所としての背中の腰から肩までの上下所定範囲に対し、一対の揉み玉51で押し上げながら揉み玉51を機械ユニット50ごと背もたれ部13の下から上へ移動させる「ストレッチ」のマッサージを行う過程が、組み込まれているものとする。

0069

マッサージコースを進める中、使用者の姿勢変化を前提とする特定のマッサージとしての、前記「ストレッチ」のマッサージを実行する直前の段階に至ると、制御部40は、まず指示部45から次のマッサージの内容に係る情報を音声情報として出力させる。
詳細には、指示部45から「これから、揉み玉による背中の『ストレッチ』を行います。」というような音声情報が出力される。

0070

こうして、指示部45が、姿勢変化の指示を含む第一の指示情報を使用者に対し発する前に、実行予定の特定のマッサージの内容を、使用者に対し予告することにより、使用者に姿勢変化のために身体を動かす動機付けを与えて実際に姿勢を変える行動を促せる。

0071

続いて、制御部40による制御に基づき、指示部45は、使用者が身体の一部を動かして姿勢を変化させるよう指示する内容、具体的には、「両手を上げて背中を伸ばしてください。」と指示する内容が含まれる第一の指示情報を、使用者に対し音声情報として発する(図7参照)。

0072

使用者は、この指示情報の指示に従って、両手を頭の上の方へ位置させて腕を肩より上に上げ、背中を伸ばした姿勢をとる(図10参照)。この姿勢(特定姿勢)が、前記「ストレッチ」のマッサージを受けるための姿勢である。

0073

この使用者の両手を上げた特定姿勢への姿勢変化に伴って、肩から背中にかけての筋肉部位が通常姿勢の状態から身体の上下方向に伸張した状態に変化する。この伸張した状態の筋肉部位に直接又は間接的に刺激を与えることは、両手が下がった通常姿勢の状態では実現できないことから、こうした筋肉部位又はその近傍を含むマッサージ対象箇所への前記「ストレッチ」のマッサージは、通常姿勢で行われる同じマッサージ対象箇所へのマッサージとは異なるマッサージ効果を付与できるものとなる。

0074

指示部45から第一の指示情報を発するのと合わせて、制御部40は、第一の指示情報の指示に従った使用者の両手を上げる動作を促すために、背もたれ部13や脚支持部15を動かす。具体的には、背もたれ部13を倒す向きに、脚支持部15を上げる向きに、それぞれ傾動させ、使用者を全体として寝かせたような姿勢とする(図8図9図10参照)。

0075

また、制御部40は、使用者が指示に従って姿勢を変化させたと仮定して、予測される特定姿勢におけるマッサージ対象箇所への「ストレッチ」のマッサージの準備として、機械ユニット50をその昇降用モータ57の作動によりガイドフレーム13bに対し下に移動させ、揉み玉51の位置を下げて、「ストレッチ」の初期位置となる背もたれ部13の下部に位置させる。加えて、制御部40は、進退用モータ58を作動させて揉み玉51ごと駆動部60を傾動させ、揉み玉51の使用者側への突出量を調整して、揉み玉51をそれぞれ背もたれ部13にもたれた使用者の身体背面部分を押し上げ可能となるようにする。

0076

さらに、制御部40は、脚支持部15の脚用エアセル76を作動させて脚を拘束し、「ストレッチ」のマッサージ実行時に使用者の身体が背もたれ部上下方向にずれないようにする。

0077

第一の指示情報が発せられた後、使用者が指示情報の指示に従って姿勢を変化させたと見込める所定タイミングで、制御部40は「ストレッチ」のマッサージを実行させる。具体的には、例えば、脚支持部15における脚の拘束から3秒後に、揉み玉51が背もたれ部上方への進行を開始するように機械ユニット50を作動させる。

0078

揉み玉51による「ストレッチ」は、突出させた揉み玉51で背もたれ部正面側の背中の一部を押圧しながら、上方へ機械ユニット50ごと揉み玉51を移動させ、揉み玉51が背中への当接を維持したまま背中に沿って上方に動いて、背中の腰から肩までの上下所定範囲に下から押し上げる刺激を連続的に与えることで、背中を伸ばすマッサージとなる(図12参照)。

0079

使用者の両手を上げた姿勢では、背中も影響を受けており、両手を上げない通常姿勢の場合に対し、マッサージ対象箇所のうち、背中の腰寄り部分は背もたれ部から浮く方向に相対移動する一方、背中の肩寄り部分は背もたれ部に押し付けられる向きに相対移動する状態となる(図11参照)。これに対応して「ストレッチ」のマッサージが適切に行えるように、マッサージの実行においては、通常姿勢時の同じマッサージの場合と比べて、背中の腰寄り部分では揉み玉51の突出量を大きくして、刺激の強度を確保できるようにし、且つ、背中の肩寄り部分では揉み玉51の突出量を小さくして、刺激が過大とならないようにする調整がなされる(図12参照)。このように、両手を上に上げた姿勢での「ストレッチ」のマッサージは、マッサージ自体の質を変化させて、通常姿勢の場合の同様のマッサージとは異なる、使用者の姿勢変化に特に対応したマッサージとして実行されることとなり、通常姿勢の場合では到底得られない特別なマッサージ効果を与えることができ、使用者の満足度を高められる。

0080

あらかじめ設定された時間が経過して、使用者が両手を上に上げた特定姿勢での揉み玉51による「ストレッチ」のマッサージが終了となった際には、指示部45が、使用者に特定姿勢を解除するよう指示する内容が含まれる第二の指示情報を、使用者に対し音声情報として発する。

0081

具体的には、第二の指示情報として「両手を下げてください。」と指示する内容を含む音声情報が指示部45から出力される。
使用者は、この第二の指示情報の指示に従って両手を下げ、前腕部及び手を肘掛部14に載せた、元の通常姿勢をとる。

0082

指示部45から第二の指示情報を発するのと合わせて、制御部40は使用者の両手を下げて特定姿勢を解除する動作を促すために、次のマッサージが背もたれ部13や脚支持部15の状態を変えずに行われる場合を除いて、脚支持部15の脚用エアセル76を作動させて脚の拘束を解いた上で、背もたれ部13は上げて起立させる向きに、脚支持部15は下げる向きに、それぞれ傾動させ、使用者を当初の着座状態となるようにする。

0083

使用者が特定姿勢に変わる前の通常姿勢に戻ることで、以降のマッサージは通常のマッサージとして受ける状態となる。自然で楽な姿勢に戻ることでマッサージによるリラックス度合いを高められる。

0084

指示部45が第二の指示情報を発してから、使用者が指示に従って特定姿勢を解除したと見込める所定時間の経過後、制御部40は、マッサージコースにおける次のマッサージに移行するか、マッサージコース終了として各部の作動を停止させ、一連のマッサージ実行に係る処理を終える。

0085

このように、本実施形態に係るマッサージ機は、マッサージを受けようとする使用者に対し、使用者の姿勢を変化させるような指示内容を含む第一の指示情報を発する指示部45を設け、第一の指示情報に基づいて使用者が姿勢を変化させた場合に、筋肉が伸張するなどそれまでの姿勢とは異なる状態となった身体所定部位又はこの部位の近傍を含む、マッサージ対象箇所へのマッサージが実行されると、このマッサージによる身体所定部位への影響が、仮に身体が姿勢を変化させない状態である場合における、同じマッサージ対象箇所へのマッサージによるものとは変化することから、身体所定部位やその近傍に対して、姿勢を変化させないままで行われていた既存のマッサージとは異なる新たなマッサージとしての刺激付与を実現でき、効率よくマッサージを行えることとなり、マッサージによる筋肉の凝りや痛みの緩和、疲労回復等をより一層促せる。また、使用者に発した指示情報の指示に対応して使用者自身が身体を動かして、必要十分な姿勢変化を実現できることで、こうした使用者の姿勢変化を得るためにマッサージ機に使用者の身体を動かす特別な機構を設ける必要はなく、マッサージ機における使用者の姿勢変化の実現に関わるコストを抑えられる。

0086

なお、前記実施形態に係るマッサージ機においては、指示部45をなす音声出力部を備える構成としているが、これに加えて、使用者の音声等の入力部も備えるようにし、使用者から発した情報を制御部40での制御に用いる構成とすることもできる。例えば、指示部45から発せられた第一の指示情報に対し、使用者が第一の指示情報の指示に従って身体を動かしたくない場合や、一旦姿勢を変化させたものの変化後の姿勢を維持できない場合に、否定の意を示す返答を発すると、前記入力部で受けた情報に基づいて、制御部40が第一の指示情報に対応するマッサージを行わない、又は、マッサージの実行を中止するよう制御を行う構成とすることもできる。

0087

また、前記実施形態に係るマッサージ機においては、指示部45から使用者に対し第一の指示情報及び第二の指示情報をそれぞれ発する構成としているが、これに加えて、指示部45が、各マッサージ機構による前記特定のマッサージが実行されて終了した際などの所定のタイミングで、第一の指示情報を発してから実行されたマッサージの効果についての使用者における評価を回答するよう使用者に指示する内容が含まれる第三の指示情報を、新たに使用者に向けて発するようにし、この第三の指示情報の指示に従った使用者の発する回答に係る情報を、制御部40が取得して制御に用いる構成とすることもできる。

0088

詳細には、例えば、指示部45から第二の指示情報が出力され、使用者が第二の指示情報の指示に従って身体を動かし、特定姿勢を解除したと見込める所定タイミングで、指示部45は、第一の指示情報を発してから実行された「ストレッチ」のマッサージの効果についての使用者における評価を回答するよう使用者に指示する内容を含む第三の指示情報を、使用者に対し音声情報として発する。
具体的には、指示部45から第三の指示情報として「マッサージはいかがでしたか。」といった内容が含まれる音声情報が出力される。

0089

使用者が第三の指示情報の指示に従い、マッサージの効果について評価する回答の情報を音声として発して、音声用の入力部に入力するようにしたり、操作部30の入力手段を通じて情報を入力すると、この情報が制御部40により取得され、制御部40における当該マッサージの今後のマッサージコースへの採用可否の判断等に用いられる。

0090

そして、指示部45が第三の指示情報を発してから、使用者からの回答の情報の取得が完了したと見込める所定時間の経過後、制御部40は、前記実施形態同様、マッサージコースにおける次のマッサージに移行するか、マッサージコース終了として各部の作動を停止させることとなる。

0091

なお、マッサージの効果については、こうした第三の指示情報に基づく使用者からの回答の情報の取得による確認に限られるものではなく、揉み玉51(施療子)と使用者の身体とのあたりの変化を検出することで確認を行う構成とすることもでき、マッサージ後に、凝りがほぐれることに伴ってマッサージ前よりあたりが柔らかくなっていることが検出されると、マッサージによる一定の効果をより客観的に確認できることとなる。

0092

(本発明の第2の実施形態)
前記第1の実施形態に係るマッサージ機においては、使用者が両手を上げた姿勢に変化した状態で、肩より上に上がった両腕は使用者自身で支えることとなり、マッサージ機側で使用者の変化した姿勢を維持するための手段は特に設けない構成としているが、これに限られるものではなく、第2の実施形態として、姿勢変化に伴って動かされた使用者の身体の一部と接して姿勢保持を補助する補助支持部をマッサージ機に設ける構成とすることもできる。

0093

具体例としては、図13に示すように、背もたれ部13に、その上下方向端部から突出した状態のハンドル部13dを配設することができる。
指示に従って両手を頭より上に上げ、腕を肩より上に上げる姿勢をとった使用者が、補助支持部としてのハンドル部13dを手でつかんで離さないようにすることで、腕の重量の一部がハンドル部13dで支えられると共に両手の位置が定まって両腕が安定し、この姿勢変化後の姿勢を使用者が保持しやすい状態を得られる。ハンドル部13dの背もたれ部13に対する位置関係は、使用者の体格に合わせて調整可能とすることができる。

0094

使用者が第一の指示情報の指示に従って両手を上げて姿勢を変化させてから、ハンドル部13dの補助で、より少ない負担で変化後の姿勢を保持できることで、マッサージによるリラックス効果を損なわずに済むと共に、使用者が姿勢変化後の姿勢を無理なく保持して、身体所定部位に対しあらかじめ意図した通りのマッサージを確実に実行でき、所望のマッサージ効果を適切に生じさせることができる。

0095

指示情報の指示に従って使用者が両手を上げてハンドル部13dを手でつかむ直前又は同時に、前記実施形態同様に背もたれ部13を倒す向きに傾動させ、座部12に対する背もたれ部13の角度を大きくして、使用者が両手を上げた姿勢に移行しやすくすることもできる。

0096

この他、ハンドル部13dに、このハンドル部13dを手でつかんだ状態を検出するセンサや、使用者がハンドル部13dを手でつかむとONとOFF切り替わるスイッチを設けるようにして、使用者が両手を上げた姿勢に変化したことを検出可能とすることもでき、制御部で使用者の姿勢変化を前提とする特定のマッサージの実行を適切なタイミングで開始可能とすると共に、使用者の姿勢変化がなされていない状態を把握して、その状態での特定のマッサージの実行を回避できる。

0097

(本発明の第3の実施形態)
前記各実施形態に係るマッサージ機において、指示部45が発する第一の指示情報に含まれる、使用者の姿勢を変化させるよう指示する内容として、使用者の両手を上げた姿勢が設定され、指示に従った使用者の姿勢変化に伴って、それまでの姿勢とは異なる伸張状態への変化が見込まれる、肩から背中にかけての筋肉部位を含むマッサージ対象箇所に、制御部40が「ストレッチ」のマッサージを実行するよう制御を行う構成としているが、これに限らず、第一の指示情報での指示内容として、両手を上以外の向きに動かしたり、手以外の身体の一部を動かすことで姿勢を変化させるようにし、こうした指示に従った姿勢変化に伴って、それまでの姿勢とは異なる状態への変化が見込まれる身体所定部位又はこの部位の近傍を含むマッサージ対象箇所としての、背中の腰から肩までの前記上下所定範囲以外の、身体の所定箇所に対する所定のマッサージの実行を制御部40で制御する構成とすることもできる。

0098

第一の具体例として、使用者に対し、第一の指示情報として「手を伸ばして肘掛けの先端に触れてください」旨の音声情報を指示部45が発するようにする。そして、使用者が指示情報の指示に従って両手を前方に伸ばして肘掛部14の先端に触れるように姿勢を変化させる場合(図14参照)、この姿勢変化に伴い、それまでの姿勢の状態から伸張状態に変化することが見込める、肩から首にかけての筋肉部位を含むマッサージ対象箇所、具体的には首筋部分への、揉み玉51による揉みや叩きのマッサージを実行するように、制御部40が制御を行う。

0099

この使用者の手を伸ばした特定姿勢への姿勢変化に伴って、肩から首にかけての筋肉部位が姿勢変化前の状態から身体の外側方向に伸張した状態に変化する。この伸張した状態の筋肉部位に刺激を与えることは、両手が胴体に近い姿勢変化前の状態では実現できないことから、こうした筋肉部位を含む、マッサージ対象箇所としての首筋部分に対する揉み玉51による揉みや叩きのマッサージは、使用者の姿勢を変化させない状態で同じマッサージ対象箇所へ同様に行われるマッサージとは異なるマッサージ効果を付与できる。

0100

第二の具体例として、使用者に対し、第一の指示情報として「足を上げてください」旨の音声情報を指示部45が発するようにする。そして、使用者が指示情報の指示に従って脚の膝から下の部分を前方に動かして足を上げるように姿勢を変化させる場合(図15参照)、この姿勢変化に伴い、それまでの通常姿勢の状態から伸張又は収縮状態に変化することが見込める太腿や臀部の筋肉を含むマッサージ対象箇所への、臀部用エアセル71及び太腿用エアセル72の膨張収縮によるマッサージを実行するように、制御部40が制御を行う。

0101

この使用者の足を上げた特定姿勢への姿勢変化に伴って、太腿や臀部の筋肉が姿勢変化前の状態から伸張又は収縮状態に変化する。これらの状態の筋肉に刺激を与えることは、足が下がった姿勢変化前の状態では実現できないことから、こうした筋肉を含む、マッサージ対象箇所としての太腿から臀部にかけての所定範囲に対する臀部用エアセル71や太腿用エアセル72によるマッサージは、使用者の姿勢を変化させない状態で同じマッサージ対象箇所へ同様に行われるマッサージとは異なるマッサージ効果を付与できる。

0102

第三の具体例として、使用者に対し、第一の指示情報として「腕をひねって手のひらを上(下)に向けてください」旨の音声情報を指示部45が発するようにする。そして、使用者が指示情報の指示に従って肘掛部14上の腕をひねって両手の手のひらが上(下)を向くように姿勢を変化させる場合(図16参照)、この姿勢変化に伴い、それまでの通常姿勢の状態から肘掛部14の手腕用エアセル75に対する向きを変化させる前腕部及び手のマッサージ対象箇所としての、新たに手腕用エアセル75に面する側部に対し、手腕用エアセル75の膨張収縮によるマッサージを実行するように制御部40が制御を行う。

0103

この使用者の手のひらを上(下)に向けた特定姿勢への姿勢変化に伴って、前腕部及び手が、姿勢変化前の状態から手腕用エアセル75に面する部位をずらして、その側部をエアセルに対向させる状態に変化する。この前腕部及び手の各側部に刺激を与えることは、前腕部の橈骨側及び手の母指側を上に向けている姿勢変化前の状態では実現できないことから、こうした前腕部及び手の各側部に対する手腕用エアセル75によるマッサージは、使用者の姿勢を変化させない状態で行われるマッサージとは異なるマッサージ効果を付与できるものとなる。また、この前腕部及び手の各側部に対するマッサージは、前腕部及び手と手腕用エアセル75との間隔が小さくなることで、より強い刺激をエアセルから与えることができ、特定姿勢に対応した特別なマッサージとなる。

0104

この他、マッサージコースに含まれるか使用者の操作で実行指示された、肩甲骨より内側の部位や肩甲骨周りの部位への揉み玉51を用いたマッサージの実行前に、通常はマッサージ機の自動位置調整機能で肩甲骨近傍のマッサージ開始位置に調整される揉み玉位置が、使用者の体型等の関係で、使用者の通常姿勢では使用者の肩甲骨近傍の正しい位置に合わない状態となる場合に対応して、使用者に対し、第一の指示情報として「揉み玉の位置が肩甲骨の内側になるよう身体をずらしてください」旨の音声情報を指示部45が発するようにすることもできる。

0105

この指示情報の指示に従って使用者が身体を動かして、揉み玉51が使用者の肩甲骨の内側に位置するように姿勢を変化させる場合、この姿勢変化に伴い、それまでの通常姿勢の状態から揉み玉に対する相対位置を変化させて揉み玉近傍に至った、マッサージ対象箇所としての使用者の肩甲骨より内側の部位や肩甲骨周りの部位に対し、揉み玉51による揉み等のマッサージを実行するように制御部40が制御を行うこととなる。

0106

この場合も、使用者の姿勢変化に伴って揉み玉近傍に位置するようにされた、使用者の肩甲骨より内側の部位や肩甲骨周りの部位に、揉み玉51で刺激を与えることは、使用者の肩甲骨近傍に揉み玉が正しく位置していない姿勢変化前の状態では実現できないことから、指示情報の指示に応じた姿勢変化後の身体に対する揉み玉51によるマッサージは、使用者の姿勢を変化させない状態で行われるマッサージとは異なる適切なマッサージ効果を付与可能である。

0107

さらに、マッサージコースに含まれる、腰部への揉み玉51を用いたマッサージの実行前に、同じマッサージコースで先行実施された他のマッサージの際の背もたれ部13や脚支持部15の傾動の影響を受けて使用者の身体の位置がずれたことで、背もたれ部下部のマッサージ開始位置にあって本来は腰部近傍に位置するはずの揉み玉51が、使用者のマッサージ機に支えられてマッサージ機の動きにそのまま追従する状態を維持する通常姿勢では、使用者の腰部からずれる状態となる場合に対応して、使用者に対し、第一の指示情報として「座部に深く座り直してください」旨の音声情報を指示部45が発するようにすることもできる。

0108

この指示情報の指示に従って使用者が身体を動かして深く座り直し、背もたれ部下部に位置する揉み玉51が使用者の腰部近傍に当接するように姿勢を変化させる場合、姿勢変化に伴い、それまでの通常姿勢の状態から揉み玉51に対する相対位置を変化させて揉み玉近傍に至った、マッサージ対象箇所としての使用者の腰部に対し、揉み玉51による揉み等のマッサージを実行するように制御部40が制御を行うこととなる。

0109

この場合も、使用者の姿勢変化に伴って揉み玉近傍に位置するようにされた使用者の腰部に、揉み玉51で刺激を与えることは、使用者の腰部近傍に揉み玉51が正しく位置していない姿勢変化前の状態では実現できないことから、指示情報の指示に応じた姿勢変化後の身体に対する揉み玉51によるマッサージは、使用者の姿勢を変化させない状態で行われるマッサージとは異なる適切なマッサージ効果を付与可能である。

0110

(本発明の第4の実施形態)
前記各実施形態に係るマッサージ機において、指示部45は、各指示情報を使用者の感覚器で刺激として直接受け取り可能な情報、例えば、耳で聞き取れる音声情報、として出力する構成としているが、これに限らず、第4の実施形態として、図17に示すように、指示部48が、各指示情報を、使用者に情報を伝達可能な伝達手段を有し、且つ使用者に携帯され又は使用者の身体に装着される通信端末80により、受信可能な情報として出力する構成とすることもできる。

0111

具体的には、指示部48は、指示情報を、使用者に携帯されるスマートフォンや、使用者の身体に装着されるウェアラブルデバイス等の通信端末80が受信可能な通信データとして出力するものであり、これらの通信端末に対し、ケーブルを介した直接接続による有線通信、あるいは、電波や光、音波磁界の変化等による無線通信で、指示情報を送信することとなる。

0112

そして、スマートフォンやウェアラブルデバイス等の通信端末80は、指示部48から受け取った指示情報を、伝達手段としての、スピーカーイヤホン等の音声発生部からの音声出力で使用者に伝えたり、スマートフォン等のディスプレイ部やスマートグラスウェアラブルディスプレイ)の映像表示領域などの表示部からの表示出力で使用者に伝えることができる。

0113

このように、指示部48を、使用者に携帯されるかその身体に装着される通信端末80で受信される通信データとしての指示情報を出力するものとして、通信端末80の伝達手段を用いて、指示情報に含まれる指示を音声や映像表示等の形式で使用者に伝達し、使用者が指示に従った行動を起こすようにすることから、使用者があらかじめ保有する通信端末80を指示情報の伝達に流用して、マッサージ機側に使用者が直接受け取れる形式の情報出力手段を設ける必要がなくなり、マッサージ機の構成を簡略化できる。また、指示情報に含まれる指示が通信端末80を通じて使用者のみに伝えられることで、指示を使用者が無理なく受け取れる状態を確保しつつ、マッサージ機周囲に音や光等を不用意に拡散させずに済み、マッサージ機周囲の使用者以外の人に不快感を与えることを防止できる。

0114

この他、前記各実施形態に係るマッサージ機は、マッサージ機構として、揉み玉51を揉み、叩き等のマッサージ動作に対応させて動かす機械ユニット50を背もたれ部13に搭載して、着座した使用者を支えつつマッサージを実行する椅子形のマッサージ機とされる構成であるが、これに限らず、モータで作動するマッサージ機構を備えるものであれば、他のマッサージ機器、例えば、仰向け又は俯せの姿勢の使用者を支えつつマッサージを実行するマットベッド寝台)形のもの、であってもかまわない。さらに、マッサージ機構についても、揉み玉を動かす機構やエアセルに限られるものではなく、ローラや突起等の他の刺激付与手段を適宜刺激付与の態様に応じて動かす機構を採用する構成とすることもできる。

0115

1マッサージ機
11基台部
12座部
13背もたれ部
13a背もたれ部フレーム
13bガイドフレーム
13dハンドル部
14肘掛部
15 脚支持部
30 操作部
31スタンド
40 制御部
45、48指示部
50機械ユニット
51 揉み玉
52 揉み玉支持アーム
54ベース部
57昇降用モータ
58 進退用モータ
60 駆動部
63 揉み用モータ
64 叩き用モータ
70エアポンプ
71臀部用エアセル
72太腿用エアセル
73 背中用エアセル
74腰用エアセル
75手腕用エアセル
76脚用エアセル
77足側部エアセル
80 通信端末

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 威海火峰電脳有限公司の「 手首への負担を軽減できるマウスパッド」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】手首への負担を軽減できるマウスパッドを提供する。【解決手段】手首への負担を軽減できるマウスパッドは、エアマット44を含み、エアマットの中には空気導入装置101が設置され、エアマットの上端には位... 詳細

  • 威海火峰電脳有限公司の「 手首を保護するマウスパッド」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は手首を保護するマウスパッドを開示した。【解決手段】主体を含み、前記主体の上端面にはマウスパッドが固定的に設置され、前記マウスパッドの右側には開きチャンバが設置され、前記開きチャンバの中... 詳細

  • 濱州方新電脳有限公司の「 マウスパッド」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明はマウスパッドを開示した。【解決手段】マウスパッドを含み、前記マウスパッドの前端面には手首保護ブロックが固定され、前記手首保護ブロックの中には手首保護溝が設置され、前記手首保護溝の前端壁... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ