図面 (/)

技術 鉄道車両用天井パネル取付構造及び鉄道車両

出願人 日本車輌製造株式会社東海旅客鉄道株式会社
発明者 加藤修中村征広松岡克弥藤井忠伊東隼
出願日 2018年7月4日 (2年1ヶ月経過) 出願番号 2018-127576
公開日 2020年1月16日 (6ヶ月経過) 公開番号 2020-006747
状態 未査定
技術分野 鉄道車両の細部
主要キーワード 中央天井 各締結部材 取付順序 側天井パネル 前後反転 各取付穴 取付金 ダブルスキン構造
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年1月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

パネル種別が増えることを抑制しつつ、パネルの取付性を向上させることができる鉄道車両用天井パネル取付構造及び鉄道車両を提供すること。

解決手段

天井パネル(3)に設けられた複数の取付穴(312)に、鉄道車両(1)の屋根構体(21)に支持される第2取付ねじ(56)をそれぞれ挿通して第2ナット(66)に締結することにより、天井パネル(3)を屋根構体(21)に取り付ける鉄道車両用天井パネル取付構造において、複数の取付穴(312)が、それぞれ、天井パネル(3)の端部に開口する挿入溝(3121)と、挿入溝(3121)に対して直交方向に形成されて挿入溝(3121)に連通する長溝(3122)とを有する。

概要

背景

従来、締結部材を用いて鉄道車両屋根構体天井パネルを取り付ける鉄道車両用天井パネル取付構造には、例えば、特許文献1及び特許文献2に記載されるものがある。特許文献1及び特許文献2には、天井パネルに複数の丸穴を形成し、各丸穴に屋根構体の吊り溝に保持される取付ねじをそれぞれ挿通してナット締結することにより、天井パネルを屋根構体に取り付けることが開示されている。

概要

パネル種別が増えることを抑制しつつ、パネルの取付性を向上させることができる鉄道車両用天井パネル取付構造及び鉄道車両を提供すること。天井パネル(3)に設けられた複数の取付穴(312)に、鉄道車両(1)の屋根構体(21)に支持される第2取付ねじ(56)をそれぞれ挿通して第2ナット(66)に締結することにより、天井パネル(3)を屋根構体(21)に取り付ける鉄道車両用天井パネル取付構造において、複数の取付穴(312)が、それぞれ、天井パネル(3)の端部に開口する挿入溝(3121)と、挿入溝(3121)に対して直交方向に形成されて挿入溝(3121)に連通する長溝(3122)とを有する。

目的

本発明は、上記問題点を解決するためになされたものであり、パネルの種別が増えることを抑制しつつ、パネル取付性を向上させることができる鉄道車両用天井パネル取付構造及び鉄道車両を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

天井パネルに設けられた複数の取付穴に、鉄道車両屋根構体に支持される締結部材をそれぞれ挿通して締結することにより、前記天井パネルを前記屋根構体に取り付ける鉄道車両用天井パネル取付構造において、前記複数の取付穴が、それぞれ、前記天井パネルの端部に開口する挿入溝と、前記挿入溝に対して直交方向に形成されて前記挿入溝に連通する長溝とを有すること、を特徴とする鉄道車両用天井パネル取付構造。

請求項2

請求項1に記載する鉄道車両用天井パネル取付構造において、前記取付穴は、前記長溝の両端部に、屋根構体側に凹むように形成された切欠部を有すること、を特徴とする鉄道車両用天井パネル取付構造。

請求項3

請求項1又は請求項2に記載する鉄道車両用天井パネル取付構造において、前記天井パネルが、鉄道車両前後方向に並べて配置した複数のパネル部を有すること、吊り溝が 鉄道車両前後方向に沿って設けられ、前記締結部材を移動可能に保持していること、前記複数のパネル部に前記取付穴がそれぞれ設けられていること、前記長溝が鉄道車両前後方向に沿って設けられていること、を特徴とする鉄道車両用天井パネル取付構造。

請求項4

請求項1乃至請求項3の何れか1つに記載する鉄道車両用天井パネル取付構造を備えることを特徴とする鉄道車両。

技術分野

0001

本発明は、天井パネルに設けられた複数の取付穴に、鉄道車両屋根構体に支持される締結部材をそれぞれ挿通して締結することにより、天井パネルを屋根構体に取り付ける鉄道車両用天井パネル取付構造及び鉄道車両に関する。

背景技術

0002

従来、締結部材を用いて鉄道車両の屋根構体に天井パネルを取り付ける鉄道車両用天井パネル取付構造には、例えば、特許文献1及び特許文献2に記載されるものがある。特許文献1及び特許文献2には、天井パネルに複数の丸穴を形成し、各丸穴に屋根構体の吊り溝に保持される取付ねじをそれぞれ挿通してナットに締結することにより、天井パネルを屋根構体に取り付けることが開示されている。

先行技術

0003

特開2015−093562号公報
特開2000−108899号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、従来の鉄道車両用天井パネル取付構造には、以下の問題があった。すなわち、従来の鉄道車両用天井パネル取付構造では、天井パネルを屋根構体に取り付ける場合に、天井パネルの丸穴に取付ねじをそれぞれ位置合わせして挿通しなければならず、パネル取付作業に手間がかかっていた。また、例えば、丸穴に対して取付ねじの位置が一義的に決められるため、例えば吊り溝の丸穴に対応する位置に欠損部分がある場合には、丸穴に対して取付ねじを位置合わせできないことがあった。これに対し、丸穴の位置が異なるパネルを複数種類準備することが考えられるが、パネル種別が増えると、コスト高になる。

0005

本発明は、上記問題点を解決するためになされたものであり、パネルの種別が増えることを抑制しつつ、パネル取付性を向上させることができる鉄道車両用天井パネル取付構造及び鉄道車両を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明の一態様は、次のような構成を有している。
(1)天井パネルに設けられた複数の取付穴に、鉄道車両の屋根構体に支持される締結部材をそれぞれ挿通して締結することにより、前記天井パネルを前記屋根構体に取り付ける鉄道車両用天井パネル取付構造において、前記複数の取付穴が、それぞれ、前記天井パネルの端部に開口する挿入溝と、前記挿入溝に対して直交方向に形成されて前記挿入溝に連通する長溝とを有すること、を特徴とする。

0007

上記構成を有する鉄道車両用天井パネル取付構造では、天井パネルを持ち上げて、締結部材を挿入溝にそれぞれ挿入し、天井パネルを長溝に沿ってスライドさせることにより、天井パネルの各取付穴に締結部材を挿入できる。その後、各締結部材を締結し、天井パネルを屋根構体に取り付ける。このとき、例えば、締結部材の位置に欠損部分などがある場合には、その欠損部分を避けるように締結部材の位置を長溝の範囲内でずらしてから、締結部材を締結する。よって、上記構成の鉄道車両用天井パネル構造によれば、複数の取付穴に締結部材をそれぞれ挿入して締結しやすく、また、締結部材の締結位置を長溝の範囲で自由に調整できるので、パネルの種別が増えることを抑制しつつ、パネル取付性を向上させることができる。

0008

(2)(1)に記載する鉄道車両用天井パネル取付構造において、前記取付穴は、前記長溝の両端部に、屋根構体側に凹むように形成された切欠部を有すること、を特徴とする。

0009

上記構成を有する鉄道車両用天井パネル取付構造では、長溝に挿入した締結部材を切欠部の何れかに係合させた後、天井パネルを締結部材と一体的に移動させて位置決めできるので、天井パネルを屋根構体に取り付けやすい。

0010

(3)(1)又は(2)に記載する鉄道車両用天井パネル取付構造において、前記天井パネルが、鉄道車両前後方向に並べて配置した複数のパネル部を有すること、吊り溝が 鉄道車両前後方向に沿って設けられ、前記締結部材を移動可能に保持していること、前記複数のパネル部に前記取付穴がそれぞれ設けられていること、前記長溝が鉄道車両前後方向に沿って設けられていること、を特徴とする。

0011

上記構成を有する鉄道車両用天井パネル取付構造は、各パネル部を鉄道車両前後方向にスライドさせながら、取付穴の長溝に締結部材をそれぞれ挿入し、更に、各パネル部を吊り溝に沿って移動させることにより鉄道車両前後方向に並べて配置する。よって、上記構成の鉄道車両用天井パネル取付構造によれば、各パネル部の取付穴に締結部材を係合させる方向と複数のパネル部の設置方向とが同じなので、各パネル部を位置決め固定しやすく、パネル取付性を向上させることができる。

0012

(4)(1)乃至(3)の何れか1つに記載する鉄道車両用天井パネル取付構造を備えることを特徴とする鉄道車両である。

発明の効果

0013

本発明によれば、パネルの種別が増えることを抑制しつつ、パネルの取付性を向上させることができる鉄道車両用天井パネル取付構造及び鉄道車両を実現することができる。

図面の簡単な説明

0014

本発明の実施形態に係る鉄道車両の断面図である。
図1のA部拡大図である。
図2のB部拡大図であって、遮蔽部材及び照明器具の取付部の拡大図である。
遮蔽部材の取付部の拡大図である。
天井パネルの平面図である。
図5のC部拡大図である。
中央天井パネル部の平面図である。
取付穴の拡大図である。

実施例

0015

以下に、本発明に係る鉄道車両用天井パネル取付構造及び鉄道車両について図面に基づいて説明する。図1は、本発明の実施形態に係る鉄道車両1の断面図である。図2は、図1のA部拡大図である。図3は、図2のB部拡大図である。図4は、第2遮蔽部材5の取付部の拡大図である。図5は、天井パネル3の平面図である。図6は、図5のC部拡大図である。図7は、中央天井パネル部31の平面図である。図8は、取付穴312の拡大図である。尚、図2図3図4は、図面を見やすくするためにハッチングを省略している。

0016

図1に示すように、鉄道車両1は、構体2に天井パネル3が取り付けられている。構体2は、屋根構体21と、一対の側構体22,23と、床構体24を備える。屋根構体21と一対の側構体22,23と床構体24は、ダブルスキン構造をなし、中空押出成形により形成されている。

0017

図1及び図2に示すように、屋根構体21と一対の側構体22,23には、中空押出成形時に、艤装品を取り付けるための構体側吊り溝211,212,221,231が、鉄道車両前後方向X(図中手奥方向、以下「前後方向X」ともいう)に沿ってそれぞれ一体成形されている。

0018

図1に示すように、天井パネル3は、車幅方向Y(図中左右方向)に分割されている。すなわち、天井パネル3は、車幅方向Yの中央に配置される中央天井パネル部31と、中央天井パネル部31の車幅方向Yの一端側(図中左側、側構体22側)に配置される第1側天井パネル部32と、中央天井パネル部31の車幅方向Yの他端側(図中右側、側構体23側)に配置される第2側天井パネル部33を備える。

0019

図1及び図2に示すように、中央天井パネル部31は、車幅方向Yに切ったときの断面形状が中央部分を床側に緩やかに突出させる形状をなし、車幅方向Yの両端に位置する端部が、それぞれ、第1遮蔽部材4と第2遮蔽部材5を介して屋根構体21に取り付けられている。第1側天井パネル部32は、L字形状をなし、一端(図中右端の端部)が第1遮蔽部材4を介して屋根構体21に取り付けられ、他端(図中左端の端部)が側構体22の構体側吊り溝221に取り付けられている。第2側天井パネル部33は、L字形状をなし、一端(図中左端の端部)が第2遮蔽部材5を介して屋根構体21に取り付けられ、他端(図中右端の端部)が側構体23の構体側吊り溝231に取り付けられている。第1照明器具6と第2照明器具7は、第1遮蔽部材4と第2遮蔽部材5の真下にそれぞれ配置されている。

0020

図5に示すように、天井パネル3は、中央天井パネル部31A〜31Jと、第1側天井パネル部32A〜32Hと、第2側天井パネル部33A〜33Hを、それぞれ、前後方向Xに並べて配置することにより、構成されている。中央天井パネル部31A〜31Jは、複数のパネル部の一例である。中央天井パネル部31A〜31Jと第1側天井パネル部32A〜32Hの間は、第1遮蔽部材4A〜4Jにより遮蔽されている。また、中央天井パネル部31A〜31Jと第2側天井パネル部33A〜33Hとの間は、第2遮蔽部材5A〜5Jにより遮蔽されている。第1照明器具6A〜6Jと第2照明器具7A〜7Jは、第1遮蔽部材4A〜4Jと第2遮蔽部材5A〜5Jの客室側(床側)に配置されている。

0021

尚、図5では、同一形状の部材を区別するために符号にアルファベット添え字を付けているが、他の説明及び図面において特に区別する必要がない場合には、添え字を適宜省略する。また、第1側天井パネル部32A〜32Hと第1遮蔽部材4A〜4Jと第1照明器具6A〜6Jは、第2側天井パネル部33A〜33Hと第2遮蔽部材5A〜5Jと第2照明器具7A〜7Jと同様に構成されているので、以下では、第2側天井パネル部33A〜33Hと第2遮蔽部材5A〜5Jと第2照明器具7A〜7Jを中心に説明する。

0022

中央天井パネル部31と、第2側天井パネル部33と、第2遮蔽部材5は、前後方向Xの長さL1,L2,L3が異なっている。中央天井パネル部31は、見栄え良く配置できるように、長さL1を設定される。これに対して、第2側天井パネル部33は、窓の位置に応じて長さL2を設定され、長さL2が長さL1より長い。第2遮蔽部材5は、第2照明器具7の取付位置に応じて長さL3が設定され、長さL3が長さL1より長い。中央天井パネル部31と、第2側天井パネル部33と、第2遮蔽部材5は、それぞれ取付位置が4箇所設けられ、長さL1,L2,L3の違いにより、前後方向Xの取付位置のピッチが異なっている。第2照明器具7は、前後方向Xの長さL4が第2遮蔽部材5の長さL3と同じである。

0023

図3及び図4に示す第2遮蔽部材5は、金属を押出成形したものであり、車幅方向Yの両端部を床側(図中下側)に屈曲させた細長板形状をなす。第2遮蔽部材5は、車幅方向Yの中央付近が屋根構体21に取り付けられ、車幅方向Yの両端部に中央天井パネル部31と第2側天井パネル部33がそれぞれ取り付けられている。

0024

第2遮蔽部材5は、中央天井パネル部31と第2側天井パネル部33との間に形成される隙間S1を遮蔽できるように、車幅方向Yの横幅が中央天井パネル部31と第2側天井パネル部33との設置間隔より大きくされている。

0025

図3に示すように、第2遮蔽部材5は、車幅方向Yの中央付近に貫通穴53が形成され、構体側吊り溝212に保持される第1取付ねじ55を貫通穴53に挿通して第2照明器具7側の第1ナット65に締結することにより、第2照明器具7を屋根構体21に取り付けている。

0026

また、図4に示すように、第2遮蔽部材5は、車幅方向Yの中央付近に取付穴54が貫通穴53より小さく形成され、構体側吊り溝212に保持される第4取付ねじ58を取付穴54に挿通して第4ナット68に締結することにより、屋根構体21に取り付けられている。第4取付ねじ58は、第2遮蔽部材5のみを取り付けるので、第1取付ねじ55より短い。

0027

図6に示すように、第2遮蔽部材5は、貫通穴53が前後方向Xの3箇所に均等なピッチP4で形成され、取付穴54が前後方向Xの4箇所にピッチP4と異なるピッチP3x,P3yで形成されている。

0028

第2遮蔽部材5は、車幅方向Yの一端(中央天井パネル部31側、図中左側)に第1パネル用吊り溝51が設けられている。第1パネル用吊り溝51は、吊り溝の一例である。また、第2遮蔽部材5は、車幅方向Yの他端(第2側天井パネル部33側、図中右側)に第2パネル用吊り溝52が設けられている。第1パネル用吊り溝51と第2パネル用吊り溝52は、前後方向Xに沿って設けられ、屋根構体21の構体側吊り溝212に対して平行である。第2取付ねじ56は、第1パネル用吊り溝51に頭部が挿入され、第1パネル用吊り溝51に移動可能に保持されている。第3取付ねじ57は、第2パネル用吊り溝52に頭部が挿入され、第2パネル用吊り溝52に移動可能に保持されている。

0029

図7に示すように、中央天井パネル部31は、略四角形状のパネル本体311を備える。パネル本体311は、車幅方向Y(図中左右方向)の両端部が屋根構体21側に屈曲されることにより、一対の起立部313が設けられている。パネル本体311は、裏面側(屋根構体21側に位置する面側)に複数の枠部材317が車幅方向Yと平行に配置され、起立部313の裏側に補強部材316がビスなどで固定されることにより、補強されている。

0030

中央天井パネル部31は、車幅方向Yの両端部に、取付穴312が4箇所ずつ形成されている。取付穴312は、強度のある補強部材316に設けられている。取付穴312は、前後方向X(図中上下方向)にほぼ均等なピッチP1x,P1yで形成されている。中央天井パネル部31は、第2取付ねじ56が取付穴312にそれぞれ挿通されて第2ナット66に締結されることにより、第2遮蔽部材5に取り付けられている。第2取付ねじ56と第2ナット66は、締結部材の一例である。

0031

ここで、図8に示すように、取付穴312は、それぞれ、挿入溝3121と長溝3122とをT字形状に設けたものである。挿入溝3121は、中央天井パネル部31の屋根構体21側(図中上側)に位置する縁部314から高さ方向Z(図中上下方向)に形成され、屋根構体21側に開口している。長溝3122は、前後方向X(図中左右方向)に沿って形成され、前後方向Xの中心位置に挿入溝3121が連通している。よって、中央天井パネル部31は、第2取付ねじ56が取付穴312に挿入された後、第2取付ねじ56に対して前後方向Xに移動させることができる。そして、長溝3122の両端部には、切欠部3123,3124が屋根構体21側に向かって凹むように形成され、第2取付ねじ56を中央天井パネル部31に対して位置決めできるようになっている。

0032

一方、図3及び図4に示すように、第2側天井パネル部33は、屋根構体21側に位置するパネル本体331の端部に、取付金336がビスなどで固定されている。取付金336は、第2側天井パネル部33の長さL2とほぼ同じ長さを有する断面L字形金属板である。取付金336には、取付穴332が前後方向Xに4箇所形成されている。第2側天井パネル部33は、第2パネル用吊り溝52に保持された第3取付ねじ57を取付穴332にそれぞれ挿通して第3ナット67に締結することにより、第2遮蔽部材5に取り付けられている。

0033

図3に示すように、第2照明器具7は、第2遮蔽部材5の長さL3と同じ長さL4を備えるパネル形状照明カバー71を灯具72に取り付けたものである。第2照明器具7は、第2遮蔽部材5の貫通穴53と同じピッチで固定部73が設けられている。第2照明器具7は、貫通穴53に挿通された第1取付ねじ55をそれぞれ固定部73に挿通して第1ナット65に締結することにより、屋根構体21に取り付けられている。

0034

第2照明器具7は、鉄道車両前後方向Xに沿って、照明カバー71と中央天井パネル部31との間に隙間S2が形成されている。また、第2照明器具7は、照明カバー71と第2側天井パネル部33との間に隙間S3が形成されている。第2照明器具7は、灯具72の光が隙間S2,S3を介して中央天井パネル部31と第2側天井パネル部33に照射され、その反射光により客室を照らすようになっている。

0035

続いて、天井パネル3の取付手順を説明する。

0036

先ず、作業者は、第2遮蔽部材5を持ち上げて、第2遮蔽部材5を屋根構体21に取り付ける。すなわち、作業者は、屋根構体21の構体側吊り溝212に保持される第1取付ねじ55と第4取付ねじ58を、第2遮蔽部材5の貫通穴53と取付穴54にそれぞれ挿通する。そして、第4取付ねじ58を第4ナット68に締結することにより、第2遮蔽部材5を屋根構体21に取り付ける。第1遮蔽部材4もこれと同様にして屋根構体21に取り付ける。尚、第1遮蔽部材4を取り付けてから第2遮蔽部材5を取り付けても良い。

0037

ここで、第1取付ねじ55と第4取付ねじ58は、構体側吊り溝212に移動可能に保持されている。そのため、例えば、第2遮蔽部材5Aの貫通穴53と取付穴54に第1取付ねじ55と第4取付ねじ58をそれぞれ挿通して第4取付ねじ58を第4ナット68に緩く締め込み、一方の妻側にスライドさせ、その次の第2遮蔽部材5Bを同様にしてスライドさせることにより、第2遮蔽部材5A,5Bを前後方向Xに簡単に並べて位置決めすることができる。上記のようにして第2遮蔽部材5A〜5Jの仮取り付けが完了したら、第4取付ねじ58を第4ナット68にそれぞれ本締めする。これにより、第2遮蔽部材5Aを前後方向Xに並べた状態で屋根構体21に取り付けることができる。

0038

それから、作業者は、中央天井パネル部31を持ち上げて、中央天井パネル部31を第1遮蔽部材4と第2遮蔽部材5を介して屋根構体21に取り付ける。すなわち、作業者は、第2遮蔽部材5の第1パネル用吊り溝51に保持されている第2取付ねじ56を中央天井パネル部31の取付穴312にそれぞれ挿通して第2ナット66に締結することにより、中央天井パネル部31の一端を第2遮蔽部材5を介して屋根構体21に取り付ける。中央天井パネル部31の他端も、これと同様にして、第1遮蔽部材4を介して屋根構体21に取り付ける。

0039

ここで、中央天井パネル部31の取付穴312は、それぞれ、T字形状をなす。そのため、作業者は、第1遮蔽部材4と第2遮蔽部材5に設けられた第1パネル用吊り溝51に保持される第2取付ねじ56を、中央天井パネル部31に設けられた取付穴312の挿入溝3121にそれぞれ挿入し、中央天井パネル部31を鉄道車両前後方向Xにスライドさせれば、中央天井パネル部31を第1遮蔽部材4と第2遮蔽部材5を介して屋根構体21に仮取り付けすることができる。つまり、中央天井パネル部31は、1個1個の丸穴に取付ねじを挿通しなくても、屋根構体21に仮取り付けすることができる。これと同様にして、次の中央天井パネル部31を屋根構体21に仮取り付けする。

0040

このとき、中央天井パネル部31は、第2取付ねじ56が切欠部3123,3124の何れかに係合されることにより、第2取付ねじ56を介して第1遮蔽部材4と第2遮蔽部材5にスライド可能に仮取り付けされる。そのため、例えば、中央天井パネル部31Aを仮取り付けした後に、中央天井パネル部31Bを仮取り付けする場合には、中央天井パネル部31Bを第2取付ねじ56と一緒に第1パネル用吊り溝51に沿って中央天井パネル部31A側にスライドさせることにより、中央天井パネル部31A,31Bを簡単に並べて配置できる。尚、切欠部3123,3124は、屋根構体21側に凹んで形成されているため、第2取付ねじ56に係合しやすい。

0041

中央天井パネル部31A〜31Jの仮取り付けが完了したら、作業者は、第2側天井パネル部33を持ち上げて、第2側天井パネル部33を屋根構体21と側構体23に取り付ける。すなわち、作業者は、第2遮蔽部材5の第2パネル用吊り溝52に保持されている第3取付ねじ57を第2側天井パネル部33の取付穴332にそれぞれ挿通して第3ナット67に緩く締結することにより、第2側天井パネル部33の一端を第2遮蔽部材5を介して屋根構体21に仮取り付けする。また、作業者は、第2側天井パネル部33の他端を側構体23の構体側吊り溝231に仮取り付けする。これと同様にして、作業者は、第1側天井パネル部32を屋根構体21と側構体22に仮取り付けする。第1側天井パネル部32A〜32Hと第2側天井パネル部33A〜33Hは、それぞれ、前後方向Xに並べて配置される。

0042

尚、中央天井パネル部31と第1側天井パネル部32と第2側天井パネル部33の取付順序は、これと異なっても良い。

0043

ここで、図5図7に示すように、中央天井パネル部31の鉄道車両前後方向Xの長さL1は、第1側天井パネル部32と第2側天井パネル部33の鉄道車両前後方向Xの長さL2と異なり、第1遮蔽部材4と第2遮蔽部材5と第1照明器具6と第2照明器具7の鉄道車両前後方向Xの長さL3,L4とも異なる。更に、取付位置のピッチP1x,P1y,P3x,P3y,P4が異なる。そのため、これらを前後方向Xに順番に詰めて設置して仮取り付けすると、取付位置にずれが生じる。

0044

しかし、第2遮蔽部材5は、屋根構体21の構体側吊り溝212に移動可能に保持される第4取付ねじ58を取付穴54にそれぞれ挿通されて、第4取付ねじ58が第4ナット68に締結されることにより、屋根構体21に取り付けられる。また、中央天井パネル部31と第2側天井パネル部33は、第2遮蔽部材5の第1パネル用吊り溝51と第2パネル用吊り溝52に移動可能に保持される第2取付ねじ56と第3取付ねじ57を取付穴312にそれぞれ挿通され、第2取付ねじ56と第3取付ねじ57が第2ナット66と第3ナット67にそれぞれ締結されることにより、第2遮蔽部材5に取り付けられる。よって、中央天井パネル部31と第2側天井パネル部33と第2遮蔽部材5は、長さL1,L2,L3や取付位置のピッチP1x,P1y,P3x,P3yが異なっても、第2取付ねじ56や第3取付ねじ57や第4取付ねじ58の位置を各吊り溝51,52,212に沿って任意に調節することができる。そのため、作業者は、パネル全体(中央天井パネル部31A〜31J、第1側天井パネル部32A〜32H、第2側天井パネル部33A〜33H)が仮取り付けされた状態で、各パネル(中央天井パネル部31A〜31J、第1側天井パネル部32A〜32H、第2側天井パネル部33A〜33H)を前後方向X(調整方向)に移動させ、パネル間の隙間を調整することができる。これにより、製造誤差が比較的大きい客室長のバラツキに対応することができる。各パネルの位置調整が完了したら、第2取付ねじ56と第3取付ねじ57をそれぞれ第2ナット66と第3ナット67に本締めする。

0045

尚、第1パネル用吊り溝51の一部に欠損部分があり、その欠損部分に第2取付ねじ56が配置されている場合には、その第2取付ねじ56の位置を長溝3122の範囲内で欠損部分を避けるようにずらしてから、当該第2取付ねじ56を第2ナット66に本締めする。よって、中央天井パネル部31A〜31Jは、取付穴312のピッチP1x,P1yの制約を受けずに、第2取付ねじ56を第2ナット66に締結できる。

0046

その後、作業者は、第2照明器具7を持ち上げて、第2照明器具7を屋根構体21に取り付ける。すなわち、第1取付ねじ55は、先に取り付けられた第2遮蔽部材5の貫通穴53に挿入され、下向きに突出している。そこで、作業者は、第2照明器具7の固定部73に第1取付ねじ55をそれぞれ挿通して第1ナット65に締結することにより、第2照明器具7を屋根構体21に取り付ける。第1照明器具6もこれと同様にして屋根構体21に取り付ける。

0047

以上説明したように、本形態は、鉄道車両の屋根構体21に天井パネル3を取り付ける鉄道車両用天井パネル取付構造において、屋根構体21は、構体側吊り溝212が設けられていること、天井パネル3は、中央天井パネル部31と第2側天井パネル部33に分割されていること、中央天井パネル部31は、所定のピッチで形成された取付穴312を有し、第2側天井パネル部33は、所定のピッチで形成された取付穴332を有すること、構体側吊り溝212に移動可能に保持される第4取付ねじ58と、第4取付ねじ58により屋根構体21に取り付けられる板状の第2遮蔽部材5であって、第1パネル用吊り溝51と第2パネル用吊り溝52が構体側吊り溝212と同一方向に設けられた第2遮蔽部材5と、第1パネル用吊り溝51に移動可能に保持され、取付穴312に挿通されて第2ナット66に締結されることにより中央天井パネル部31を第2遮蔽部材5に取り付ける第2取付ねじ56と、第2パネル用吊り溝52に移動可能に保持され、取付穴332に挿通されて第3ナット67に締結されることにより第2側天井パネル部33を第2遮蔽部材5に取り付ける第3取付ねじ57と、を有すること、中央天井パネル部31と第2側天井パネル部33との間の隙間S1が第2遮蔽部材5により遮蔽されていること、を特徴とする。

0048

このような鉄道車両用天井パネル取付構造では、中央天井パネル部31と第2側天井パネル部33が第2遮蔽部材5を介して屋根構体21に取り付けられる。第2遮蔽部材5は、第4取付ねじ58を介して屋根構体21の構体側吊り溝212に取り付けられるため、屋根構体21に対する取付位置を自由に調整できる。しかも、中央天井パネル部31は、第2取付ねじ56を介して第2遮蔽部材5の第1パネル用吊り溝51に取り付けられ、第2側天井パネル部33は、第3取付ねじ57を介して第2遮蔽部材5の第2パネル用吊り溝52に取り付けられるため、中央天井パネル部31と第2側天井パネル部33の取付位置を第2遮蔽部材5に対してそれぞれ自由に調整できる。このように、中央天井パネル部31と第2側天井パネル部33は、第2遮蔽部材5を介して屋根構体21に取り付けられても、屋根構体21に対する取付位置を自由に調整することができ、取付性を向上させることができる。また、板状の第2遮蔽部材5が、中央天井パネル部31と第2側天井パネル部33との間に形成される隙間S1を遮蔽するので、外部騒音が客室に漏れない。よって、本形態の鉄道車両用天井パネル取付構造によれば、分割された天井パネル3を屋根構体21に取り付ける場合でも、パネル取付性と遮音性を向上させることができる。

0049

また、本形態は、構体側吊り溝212と第1パネル用吊り溝51と第2パネル用吊り溝52は、鉄道車両前後方向Xに沿って設けられていること、中央天井パネル部31は、鉄道車両前後方向Xに並べて配置されること、第2側天井パネル部33は、鉄道車両前後方向Xに並べて配置されること、を特徴とする。

0050

このような鉄道車両用天井パネル取付構造によれば、中央天井パネル部31と第2側天井パネル部33が、鉄道車両前後方向Xに並べられて配置される。第2遮蔽部材5は、第1パネル用吊り溝51と第2パネル用吊り溝52が、屋根構体21の構体側吊り溝212と同様に、前後方向Xに沿って形成されている。そのため、中央天井パネル部31と第2側天井パネル部33は、前後方向Xに詰めて配置する場合に、第1パネル用吊り溝51と第2パネル用吊り溝52に沿って第2取付ねじ56と第3取付ねじ57を取付穴312,332の位置に合わせて自由に移動させ、第2取付ねじ56と第3取付ねじ57を第2ナット66と第3ナット67にそれぞれ締結させることができる。よって、本形態の鉄道車両用天井パネル取付構造によれば、中央天井パネル部31と第2側天井パネル部33をそれぞれ前後方向Xに並べて配置する場合でも、取付位置を自由に調整することができ、パネル取付性を向上させることができる。

0051

また、本形態は、構体側吊り溝212に移動可能に保持される第1取付ねじ55を有すること、中央天井パネル部31と第2側天井パネル部33の間に配置される第2照明器具7を有すること、第1取付ねじ55が第2遮蔽部材5に挿通されて第2照明器具7側の第1ナット65に締結されていること、を特徴とする。

0052

このような鉄道車両用天井パネル取付構造では、第1取付ねじ55を第2遮蔽部材5に挿通して第2照明器具7側の第1ナット65に締結することにより、第2遮蔽部材5の真下の位置で第2照明器具7を屋根構体21に取り付けるので、遮音性を損なうことなく、第2照明器具7を天井パネル3に設置することができる。

0053

上記鉄道車両用天井パネル取付構造を備える鉄道車両1は、遮音性が高いので、乗客が客室で快適に過ごすことができる。また、天井パネル3の取付性が向上するので、鉄道車両1の組立作業にかかる時間を短縮できる。

0054

また、本形態では、天井パネル3に設けられた複数の取付穴312に、鉄道車両1の屋根構体21に支持される第2取付ねじ56をそれぞれ挿通して第2ナット66に締結することにより、天井パネル3を屋根構体21に取り付ける鉄道車両用天井パネル取付構造において、複数の取付穴312が、それぞれ、天井パネル3(中央天井パネル部31)の端部に開口する挿入溝3121と、挿入溝3121に対して直交方向に形成されて挿入溝3121に連通する長溝3122とを有すること、を特徴とする。

0055

このような鉄道車両用天井パネル取付構造では、中央天井パネル部31を持ち上げて、第2取付ねじ56を挿入溝3121にそれぞれ挿入し、中央天井パネル部31を長溝3122に沿ってスライドさせることにより、中央天井パネル部31の各取付穴312に第2取付ねじ56を挿入できる。その後、各第2取付ねじ56を第2ナット66に締結し、中央天井パネル部31を屋根構体21に取り付ける。このとき、例えば、第2取付ねじ56の位置に欠損部分などがある場合には、その欠損部分を避けるように第2取付ねじ56の位置を長溝3122の範囲内でずらしてから、第2取付ねじ56を第2ナット66に締結する。よって、本形態の鉄道車両用天井パネル構造によれば、複数の取付穴312に第2取付ねじ56をそれぞれ挿入して第2ナット66に締結しやすく、また、第2取付ねじ56を第2ナット66に締結する締結位置を長溝3122の範囲で自由に調整できるので、パネルの種別が増えることを抑制しつつ、パネル取付性を向上させることができる。

0056

また、本形態では、取付穴312は、長溝3122の両端部に、屋根構体21側に凹むように形成された切欠部3123,3124を有すること、を特徴とする。

0057

このような鉄道車両用天井パネル取付構造では、長溝3122に挿入した第2取付ねじ56を切欠部3123,3124の何れかに係合させた後、中央天井パネル部31を第2取付ねじ56と一体的に移動させて位置決めできるので、中央天井パネル部31を屋根構体21に取り付けやすい。

0058

また、本形態では、天井パネル3が、前後方向Xに並べて配置した複数の中央天井パネル部31を有すること、第1パネル用吊り溝51が 前後方向Xに沿って設けられ、第2取付ねじ56を移動可能に保持していること、複数の中央天井パネル部31に取付穴312がそれぞれ設けられていること、長溝3122が前後方向Xに沿って設けられていること、を特徴とする。

0059

このような鉄道車両用天井パネル取付構造は、各中央天井パネル部31を前後方向Xにスライドさせながら、取付穴312の長溝3122に第2取付ねじ56をそれぞれ挿入し、更に、各中央天井パネル部31を第1パネル用吊り溝51に沿って移動させることにより前後方向Xに並べて配置する。よって、本形態の鉄道車両用天井パネル取付構造によれば、各中央天井パネル部31の取付穴312に沿って第2取付ねじ56を移動させることができる方向と複数の中央天井パネル部31の調整方向とが同じ(前後方向X)なので、各中央天井パネル部31を位置決め固定しやすく、パネル取付性を向上させることができる。

0060

上記鉄道車両用天井パネル取付構造を備える鉄道車両1は、パネルの種別を抑制しつつ、パネル取付性を向上させることができるので、鉄道車両1の組立作業にかかる時間を短縮できる。

0061

尚、本発明は、上記実施形態に限定されることなく、色々な応用が可能である。

0062

例えば、上記形態では、天井パネル3を車幅方向Yに3分割したが、天井パネル3は、車幅方向Yに2つ又は4つ以上に分割しても良い。

0063

例えば、中央天井パネル部31と第1側天井パネル部32と第2側天井パネル部33の前後方向Xの長さを同じにして、前後方向Xに並べて配置しても良い。この場合、各パネル部31,32,33の取付穴312,332のピッチを異ならせても良い。

0064

例えば、第1照明器具6と第2照明器具7は、照明カバー71とパネル部31,32,33との間に隙間を形成しないものであっても良い。

0065

例えば、照明カバー71と第2遮蔽部材5は、前後方向Xの長さが異なっても良い。ただし、照明カバー71と第2遮蔽部材5の長さを同じにすることにより、第2照明器具7と第2遮蔽部材5の取付位置を管理しやすくなる。

0066

例えば、第1取付ねじ55と貫通穴53との間の空隙部や、第4取付ねじ58と取付穴54との間の空隙部、第2取付ねじ56と取付穴312との間の空隙部や、第3取付ねじ57と取付穴332との間の空隙部など、天井パネル3の屋根構体21側の空間と客室側の空間を連通させる空隙部を防音材により塞ぎ、遮音性を高めてもよい。

0067

例えば、上記形態では、中央天井パネル部31の取付穴312を挿入溝3121と長溝3122を備えるT字形状としたが、第2側天井パネル部33の取付穴332をT字形状にしても良い。また、第2側天井パネル部33は、構体側吊り溝231に保持される締結部材を挿通される取付穴をT字形状にしても良い。

0068

例えば、上記形態では、第1及び第2遮蔽部材4,5を介して天井パネル3(中央天井パネル部31と第1側天井パネル部32と第2側天井パネル部33)を屋根構体21に取り付けたが、屋根構体21に設けた吊り溝に取付ねじを介して天井パネル3(中央天井パネル部31と第1側天井パネル部32と第2側天井パネル部33)を取り付けてもよい。

0069

例えば、上記形態では、挿入溝3121を長溝3122の中心に接続させ、中央天井パネル部31を前後反転させても取り付けることができるようにしたが、長溝3122の中心から一端側にずらして挿入溝3121を長溝3122に接続させてもよい。

0070

例えば、取付穴312は、切欠部3123,3124を省き、挿入溝3121と長溝3122のみで構成しても良い。

0071

第2遮蔽部材5の長さL3は、中央天井パネル部31の長さL1と同じ、又は、長さL1より短くても良い。

0072

1鉄道車両
3天井パネル
31中央天井パネル部
51 第1パネル用吊り溝
56 第2取付ねじ
312取付穴
3121挿入溝
3122長溝
3123切欠部
3124 切欠部
X 鉄道車両前後方向

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 川崎重工業株式会社の「 照明装置」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】2種類の光源から発せられる光を確実に区分することと、一方の光源から発せられる光を間接光とすることを簡易な構成によって両立できる照明装置を提供する。【解決手段】 照明装置は、自身が発光する第1... 詳細

  • 東日本旅客鉄道株式会社の「 車両用戸閉装置の異常検出方法」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】劣化状態や異常の兆候をとらえて車両用戸閉装置の異常を検出して、メンテナンスに要するコストを低減する。【解決手段】戸閉装置の動作状態を検出する手段から検出データを収集するデータ収集手段と、収集さ... 詳細

  • コイト電工株式会社の「 車内通信システム」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】車両内に設置された車両設備に対して、セキュリティ対策が容易で、感度良く、さらに低コストに通信できるようにする。【解決手段】通信機能付室内灯1と、座席3と、表示装置4と、を有する車内通信システム... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ