図面 (/)

技術 洗浄器

出願人 三浦工業株式会社
発明者 佐伯俊郎芝誠
出願日 2018年7月6日 (2年5ヶ月経過) 出願番号 2018-128693
公開日 2020年1月16日 (11ヶ月経過) 公開番号 2020-006307
状態 未査定
技術分野 食器の洗浄、乾燥 液体または蒸気による洗浄
主要キーワード リング取付穴 中空ボックス状 短手寸法 蒸気ヒータ 断面四角 段付き面 上下複数箇所 回転フランジ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年1月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

洗浄槽内洗浄アーム洗浄ノズルを回転可能に保持する構成において、洗浄アームと洗浄ノズルとの接続部の隙間からの液体漏れを減少させて、洗浄力を向上したり、運転に必要な保有水量を削減したりする。

解決手段

被洗浄物が収容される洗浄槽と、この洗浄槽内に設けられる洗浄アーム14と、この洗浄アームに回転可能に保持されて液体を噴射する洗浄ノズル6とを備える。洗浄アーム14と洗浄ノズル6とには、接続部において、一方に円筒部41が設けられ、他方に前記円筒部41に回転可能に外嵌するマウスリング46が設けられる。マウスリング46の内周面または前記円筒部41の外周面の少なくとも一方に、円環状または螺旋状の溝72が形成されている。

概要

背景

従来、下記特許文献1に開示されるように、噴射ノズル(1)とノズル支持体(12)とを備えた洗浄器が知られている。噴射ノズル(1)は、突円環状の回転フランジ部(7)を有すると共に、複数個噴射穴(8)から噴射する洗浄水反作用により回転する。また、ノズル支持体(12)は、噴射ノズル(1)に洗浄水を供給すると共に、噴射ノズル(1)を回転自在に支持する。さらに、洗浄器は、円筒状のノズルホルダ(20)を有し、このノズルホルダ(20)は、回転フランジ部(7)とノズル支持体(12)との間に設けられ、噴射ノズル(1)の回転を円滑にするよう回転フランジ部(7)の水平部(7a)および垂直部(7b)を被う。このノズルホルダ(20)は、噴射ノズル(1)の回転フランジ部(7)に固定手段により固定されている。

概要

洗浄槽内洗浄アーム洗浄ノズルを回転可能に保持する構成において、洗浄アームと洗浄ノズルとの接続部の隙間からの液体漏れを減少させて、洗浄力を向上したり、運転に必要な保有水量を削減したりする。被洗浄物が収容される洗浄槽と、この洗浄槽内に設けられる洗浄アーム14と、この洗浄アームに回転可能に保持されて液体を噴射する洗浄ノズル6とを備える。洗浄アーム14と洗浄ノズル6とには、接続部において、一方に円筒部41が設けられ、他方に前記円筒部41に回転可能に外嵌するマウスリング46が設けられる。マウスリング46の内周面または前記円筒部41の外周面の少なくとも一方に、円環状または螺旋状の溝72が形成されている。

目的

本発明が解決しようとする課題は、洗浄槽内の洗浄アームに洗浄ノズルを回転可能に保持する構成において、洗浄アームと洗浄ノズルとの接続部の隙間からの液体の漏れを減少させて、洗浄力を向上したり、運転に必要な保有水量を削減したりすることのできる洗浄器を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

被洗浄物が収容される洗浄槽と、この洗浄槽内に設けられる洗浄アームと、この洗浄アームに回転可能に保持されて液体噴射する洗浄ノズルとを備え、前記洗浄アームから前記洗浄ノズルへ液体を通すことができる前記洗浄アームの接続部と前記洗浄ノズルの接続部との内、一方に円筒部が設けられ、他方に前記円筒部に回転可能に外嵌するマウスリングが設けられ、前記マウスリングの内周面または前記円筒部の外周面の少なくとも一方に、円環状または螺旋状の溝が形成されていることを特徴とする洗浄器

請求項2

前記マウスリングの内周面に前記溝が形成される場合は、略円筒面状の内周面に、断面三角または断面四角の前記溝が形成されていることを特徴とする請求項1に記載の洗浄器。

請求項3

前記円環状の溝が上下に複数形成されるかまたは、前記螺旋状の溝が二巻き以上形成されていることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の洗浄器。

請求項4

前記マウスリングの内周面および前記円筒部の外周面に前記溝が形成される場合は、前記マウスリングの内周面の溝と前記円筒部の外周面の溝は、互い違いに形成されることを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載の洗浄器。

請求項5

被洗浄物を収容でき、前記洗浄槽内に格納可能な洗浄ラックを備え、前記洗浄槽内には、複数段の前記洗浄アームが設けられ、最上段および/または最下段の前記洗浄アームは前記洗浄槽に設けられており、それ以外の前記洗浄アームは前記洗浄ラックに設けられることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載の洗浄器。

技術分野

0001

本発明は、被洗浄物液体噴射して洗浄する洗浄器に関するものである。

背景技術

0002

従来、下記特許文献1に開示されるように、噴射ノズル(1)とノズル支持体(12)とを備えた洗浄器が知られている。噴射ノズル(1)は、突円環状の回転フランジ部(7)を有すると共に、複数個噴射穴(8)から噴射する洗浄水反作用により回転する。また、ノズル支持体(12)は、噴射ノズル(1)に洗浄水を供給すると共に、噴射ノズル(1)を回転自在に支持する。さらに、洗浄器は、円筒状のノズルホルダ(20)を有し、このノズルホルダ(20)は、回転フランジ部(7)とノズル支持体(12)との間に設けられ、噴射ノズル(1)の回転を円滑にするよう回転フランジ部(7)の水平部(7a)および垂直部(7b)を被う。このノズルホルダ(20)は、噴射ノズル(1)の回転フランジ部(7)に固定手段により固定されている。

先行技術

0003

実公平6−4870号公報(請求項1、第1図−第3図)

発明が解決しようとする課題

0004

洗浄槽内に設けた洗浄アーム(ノズル支持体12)に、洗浄ノズル(噴射ノズル1)を回転可能に保持し、洗浄アームから洗浄ノズルへ液体を供給して噴射する場合、洗浄アームと洗浄ノズルとの接続部からの液体の漏れをいかに防止するかについて課題がある。すなわち、洗浄ノズルは洗浄アームに回転可能に保持される関係上、両者には隙間が生じ、その隙間から液体の漏れが生じ得るので、その漏れをいかに防止するかについて課題がある。

0005

接続部における漏れを減少させることができれば、その分だけ洗浄ノズルからの噴射流量増して、洗浄力を向上することができる。あるいは、漏れを減少させる分だけ、洗浄に直接寄与しない水流循環ポンプによる無駄な循環水)を減らして、保有水量運転に必要な水量)を削減することができ、給水量、薬液投入量、加熱量などを減らせるので、省エネルギランニングコストの低減を図ることができる。

0006

従来技術では、洗浄ノズル(噴射ノズル1)の回転フランジ部(7)に円環状のノズルホルダ(20)を固定して、このノズルホルダ(20)の穴に洗浄アーム(ノズル支持体12)の円筒部をはめ込んでいる。しかしながら、ノズルホルダ(20)の内周面と前記円筒部の外周面とは、円滑な回転のために、それぞれ平滑な円筒面とされており、この間の隙間からの液体の漏れを有効に防止できない。

0007

そこで、本発明が解決しようとする課題は、洗浄槽内の洗浄アームに洗浄ノズルを回転可能に保持する構成において、洗浄アームと洗浄ノズルとの接続部の隙間からの液体の漏れを減少させて、洗浄力を向上したり、運転に必要な保有水量を削減したりすることのできる洗浄器を提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

本発明は、前記課題を解決するためになされたもので、請求項1に記載の発明は、被洗浄物が収容される洗浄槽と、この洗浄槽内に設けられる洗浄アームと、この洗浄アームに回転可能に保持されて液体を噴射する洗浄ノズルとを備え、前記洗浄アームから前記洗浄ノズルへ液体を通すことができる前記洗浄アームの接続部と前記洗浄ノズルの接続部との内、一方に円筒部が設けられ、他方に前記円筒部に回転可能に外嵌するマウスリングが設けられ、前記マウスリングの内周面または前記円筒部の外周面の少なくとも一方に、円環状または螺旋状の溝が形成されていることを特徴とする洗浄器である。

0009

請求項1に記載の発明によれば、洗浄アームに洗浄ノズルを回転可能に保持するため、洗浄アームと洗浄ノズルとの接続部には、一方に円筒部が設けられ、他方にマウスリングが設けられ、両者が回転可能にはめ合わされる。そして、マウスリングの内周面または前記円筒部の外周面の少なくとも一方に、円環状または螺旋状の溝が形成されている。この場合、マウスリングと前記円筒部との隙間から液体が漏れ出ようとしても、その漏れ流路には円環状または螺旋状の溝により形状変化が付けられているから、圧力損失が生じ、外部への漏れを防止することができる。このようにして、洗浄アームと洗浄ノズルとの接続部の隙間からの液体の漏れを減少させて、洗浄力を向上したり、運転に必要な保有水量を削減したりすることができる。

0010

請求項2に記載の発明は、前記マウスリングの内周面に前記溝が形成される場合は、略円筒面状の内周面に、断面三角または断面四角の前記溝が形成されていることを特徴とする請求項1に記載の洗浄器である。

0011

請求項2に記載の発明によれば、マウスリングの内周面に溝が形成され、その際、略円筒面状の内周面に、断面三角または断面四角の溝が形成される。これにより、簡易な構成で、洗浄アームと洗浄ノズルとの接続部の隙間からの液体の漏れを減少させて、洗浄力を向上したり、運転に必要な保有水量を削減したりすることができる。

0012

請求項3に記載の発明は、前記円環状の溝が上下に複数形成されるかまたは、前記螺旋状の溝が二巻き以上形成されていることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の洗浄器である。

0013

請求項3に記載の発明によれば、円環状の溝が上下に複数形成されるか、螺旋状の溝が二巻き以上形成されることで、一層確実に、液体の漏れを減少させて、洗浄力を向上したり、運転に必要な保有水量を削減したりすることができる。

0014

請求項4に記載の発明は、前記マウスリングの内周面および前記円筒部の外周面に前記溝が形成される場合は、前記マウスリングの内周面の溝と前記円筒部の外周面の溝は、互い違いに形成されることを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載の洗浄器である。

0015

請求項4に記載の発明によれば、マウスリングの内周面および前記円筒部の外周面に溝が形成される場合、マウスリングの内周面の溝と前記円筒部の外周面の溝を、互い違いに形成することで、液体の漏れを確実に防止することができる。

0016

さらに、請求項5に記載の発明は、被洗浄物を収容でき、前記洗浄槽内に格納可能な洗浄ラックを備え、前記洗浄槽内には、複数段の前記洗浄アームが設けられ、最上段および/または最下段の前記洗浄アームは前記洗浄槽に設けられており、それ以外の前記洗浄アームは前記洗浄ラックに設けられることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載の洗浄器である。

0017

請求項5に記載の発明によれば、被洗浄物を洗浄ラックに収容して、洗浄槽に出し入れすることができる。そして、洗浄槽および洗浄ラックの各洗浄アームに対し、洗浄ノズルを取り付けることができる。

発明の効果

0018

本発明の洗浄器によれば、洗浄槽内の洗浄アームに洗浄ノズルを回転可能に保持する構成において、洗浄アームと洗浄ノズルとの接続部の隙間からの液体の漏れを減少させて、洗浄力を向上したり、運転に必要な保有水量を削減したりすることができる。

図面の簡単な説明

0019

本発明の一実施例の洗浄器を示す概略図であり、一部を断面にして示している。
本発明の一実施例の洗浄ラックを示す概略斜視図である。
洗浄槽内への格納状態における洗浄ラックの一部を示す図であり、一部を切り欠いて断面にして示している。
配水部材に対する洗浄ノズルの取付構造を示す分解斜視図である。
洗浄アームと洗浄ノズルとの接続部を拡大して示す概略縦断面図である。

実施例

0020

以下、本発明の具体的実施例を図面に基づいて詳細に説明する。

0021

まずは、図1に基づき洗浄器1の全体構成について説明し、図2図4に基づき洗浄ラック2の具体的構成について説明し、その後、本発明の特徴部の説明として、図5に基づき洗浄ラック2(または洗浄槽4)の洗浄アーム14への洗浄ノズル6の接続構造について説明する。

0022

図1は、本発明の一実施例の洗浄器1を示す概略図であり、一部を断面にして示している。ここでは、説明の便宜上、図1における左右方向を洗浄器1の左右方向とし、図1における上下方向を洗浄器1の上下方向とし、図1における紙面と直交方向を洗浄器1の前後方向(手前側が前方つまり正面)として説明する。なお、図1において、二点鎖線は、洗浄ラック2の外形および3を示している。

0023

本実施例の洗浄器1は、被洗浄物の洗浄空間を形成する洗浄槽4と、この洗浄槽4の下部に連接される液貯留部5と、被洗浄物が載置されて洗浄槽4に出し入れされる洗浄ラック2と、洗浄槽4および洗浄ラック2に設けられる洗浄ノズル6と、液貯留部5への給水手段7と、液貯留部5からの排水手段8と、液貯留部5への薬液供給手段9と、液貯留部5の液体を加熱する加熱手段10と、液貯留部5の液体を洗浄ノズル6へ供給する循環手段11と、これら各手段7〜11を制御する制御手段(図示省略)とを備える。

0024

被洗浄物は、特に問わないが、たとえば鉗子などの医療器具である。洗浄槽4内への洗浄ラック2の格納状態において、洗浄槽4内には上下複数段に洗浄ノズル6が設けられるが、被洗浄物は上下の洗浄ノズル6間に配置される。被洗浄物は、洗浄ラック2の棚3に載せられ、洗浄ラック2ごと洗浄槽4に出し入れされる。その際、被洗浄物は、所望によりバスケットなどに収容されていてもよい。

0025

洗浄槽4は、本実施例では略矩形中空ボックス状である。洗浄槽4は、ドア(図示省略)により開閉可能とされる。ドアを開けることで、洗浄槽4に対し洗浄ラック2を出し入れすることができる。ドアは、洗浄槽4の正面に設けられるが、洗浄槽4の正面および背面の双方に設けられてもよい。

0026

洗浄槽4の下部には、液貯留部5が連接される。言い換えれば、洗浄槽4は、下部に液貯留部5を備える。本実施例では、洗浄槽4の下壁は、左右両端部が左右方向内側へ行くに従って下方へ傾斜する傾斜面12に形成されており、左右方向中央部は下方へ略矩形状に凹んで形成されており、この凹部を含んだ形で、洗浄槽4内の下部が液貯留部5とされる。

0027

洗浄ラック2は、被洗浄物が載置される棚3と、その棚3の下部に配置された洗浄ノズル6とを備える。図示例では、洗浄ラック2は、上下に複数段の棚3を備え、各棚3の下部に洗浄ノズル6が設けられる。各棚3は、線材を組み合わせて形成されている。詳細は後述するが、洗浄ラック2の一側端部に配水部材13が設けられており、その配水部材13に洗浄アーム14を介して洗浄ノズル6が回転可能に保持される。

0028

洗浄槽4内の所定位置まで洗浄ラック2を押し込んだ格納位置では、洗浄槽4の内壁に設けられた通水ダクト15と、洗浄ラック2に設けられた配水部材13とが接続され、通水ダクト15から配水部材13へ液体を供給可能とされる。

0029

洗浄ノズル6は、被洗浄物へ液体を噴射する。洗浄槽4内への洗浄ラック2の格納状態において、洗浄槽4内には上下複数段に洗浄ノズル6が洗浄アーム14を介して設けられる。本実施例では、図1において、洗浄槽4内の上下両端部に設けられる洗浄ノズル6は、洗浄アーム14を介して洗浄槽4自体に設けられ、それ以外の洗浄ノズル6は、洗浄アーム14を介して洗浄ラック2に設けられている。洗浄槽4内への洗浄ラック2の格納状態における洗浄ノズル6の保持についてより詳細には、洗浄槽4(あるいは洗浄ラック2)の前後方向中央部の一側部(図1において左側部)に、上下複数段に中空パイプ状の洗浄アーム14の基端部が保持され、各洗浄アーム14は、洗浄槽4の一側部から左右方向中央部へ向けて延出する。そして、その延出先端部に、洗浄ノズル6の長手方向中央部が縦軸まわりに回転可能に保持される。

0030

洗浄ノズル6は、洗浄アーム14内を介して供給される液体を噴射させるノズル孔16(図4)を複数形成されている。洗浄アーム14を介して洗浄ノズル6内に液体が供給されると、その液体は洗浄ノズル6のノズル孔16から噴射される。この噴流により、洗浄ノズル6は、洗浄アーム14の端部まわりに回転する。なお、洗浄槽4内の上端部に設けられる洗浄ノズル6は、下方へのみ液体を噴射し、洗浄槽4内の下端部に設けられる洗浄ノズル6は、上方へのみ液体を噴射し、上下両端部以外の洗浄ノズル6は、上下両方へ液体を噴射する。

0031

給水手段7は、液貯留部5(所望によりさらに洗浄槽4)内に、給水路17を介して水を供給する。給水路17には、給水弁18が設けられている。給水弁18を開けることで、液貯留部5内に給水することができる。なお、給水手段7は、複数種の水(たとえば水道水温水膜濾過水など)から選択された水を供給可能に構成されてもよい。

0032

洗浄槽4には、液位検出器19が設けられている。液位検出器19は、その構成を特に問わないが、たとえば、液貯留部5の底部に設置した圧力センサから構成される。この場合、液貯留部5や洗浄槽4内の液位に応じて、水圧が変わることを利用して液位を把握する。

0033

排水手段8は、液貯留部5内から排水路20を介して水を排出する。排水路20には、排水弁21が設けられている。排水弁21を開けることで、洗浄槽4や液貯留部5内から排水することができる。

0034

薬液供給手段9は、薬液タンク22から給液路23を介して、液貯留部5(または洗浄槽4)に薬液を供給する。給液路23には、薬液ポンプ24が設けられている。薬液ポンプ24を作動させることで、設定量の薬液を液貯留部5に供給することができる。なお、薬液供給手段9は、複数種の薬液(たとえばアルカリ性洗剤酵素配合洗剤潤滑防錆剤乾燥促進剤など)から選択された薬液を供給可能に構成されてもよい。

0035

加熱手段10は、液貯留部5内の貯留液を加熱する。本実施例では、加熱手段10は、液貯留部5に設けられたヒータ25から構成される。ヒータ25は、図示例では電気ヒータであるが、場合により蒸気ヒータであってもよい。電気ヒータの場合、典型的にはオンオフ制御されるが、場合により出力を調整されてもよい。一方、蒸気ヒータの場合、蒸気管内蒸気が供給可能とされ、蒸気の凝縮水蒸気トラップを介して外部へ排出される。そして、給蒸路に設けた給蒸弁の開閉または開度が制御される。

0036

液貯留部5には、温度センサ26が設けられている。温度センサ26の検出温度に基づきヒータ25を制御することで、液貯留部5内の貯留液の温度を調整することができる。

0037

循環手段11は、液貯留部5の液体を洗浄ノズル6へ循環供給する。具体的には、循環手段11は、循環配管27と循環ポンプ28とを備える。循環配管27は、液貯留部5から各洗浄ノズル6の洗浄アーム14への配管であり、前述した通水ダクト15を備える。循環配管27には、通水ダクト15よりも上流側に循環ポンプ28が設けられており、その循環ポンプ28の出口側には、逆止弁29が設けられている。循環ポンプ28を作動させると、液貯留部5の液体は、循環配管27(通水ダクト15を含む)、配水部材13および洗浄アーム14を介して、洗浄ノズル6へ供給され、洗浄ノズル6から噴射される。洗浄ノズル6から噴射された液体は、洗浄槽4下部の液貯留部5へ戻される。

0038

その他、洗浄器1には、所望により、超音波振動子30が設けられる。図示例では、洗浄槽4下部の左右の傾斜面12に、それぞれ超音波振動子30が設けられている。超音波振動子30は、超音波発振器(図示省略)に接続されて、発振を制御される。被洗浄物を浸漬した状態で超音波振動子30を作動させることで、被洗浄物を超音波洗浄することができる。

0039

制御手段は、前記各手段7〜11の他、液位検出器19および温度センサ26などに接続された制御器(図示省略)である。具体的には、給水弁18、排水弁21、薬液ポンプ24、ヒータ25、循環ポンプ28、超音波発振器、液位検出器19および温度センサ26などは、制御器に接続されている。そして、制御器は、所定の手順(プログラム)に従い、洗浄槽4内の被洗浄物の洗浄を図る。この際、少なくとも、次に述べるシャワー洗浄動作を実行可能とされる。

0040

シャワー洗浄動作では、液貯留部5内に液体を貯留し、その液体を循環手段11により洗浄ノズル6へ循環供給して、洗浄ノズル6から被洗浄物に噴射する。具体的には、まず、液位検出器19が設定水位を検出するまで、給水手段7により液貯留部5に給水する。のちに循環ポンプ28を作動させると水位は下がるので、初期給水時の設定水位は、液貯留部5よりも上方にあってもよい。

0041

液貯留部5への給水後、必要に応じて、薬液供給手段9により液貯留部5に所望の薬液を投入する。薬液供給手段9による薬液は、給水手段7による給水に対し、設定濃度になるように設定量だけ投入される。さらに、同じく必要に応じて、加熱手段10により、液貯留部5内の貯留水設定温度まで加熱する。薬液の投入や貯留水の加熱は、循環手段11の作動前に限らず、循環手段11の作動中に行ってもよい。

0042

いずれにしても、液貯留部5に所望量の液体を貯留した状態で、循環ポンプ28を作動させて、貯留液を循環配管27および洗浄アーム14を介して洗浄ノズル6へ供給して噴射し、洗浄ノズル6を回転させながら被洗浄物を洗浄する。そして、各洗浄ノズル6から噴射された液体は、洗浄槽4下部の液貯留部5へ戻される。所定の終了条件(たとえば設定時間の経過)を満たすと、循環ポンプ28を停止して、液貯留部5内の液体を排水手段8により排出する。

0043

典型的には、このようなシャワー洗浄動作を繰り返して、被洗浄物を洗浄および濯ぎする。たとえば、薬液を投入しない常温水による予備洗浄、所望により洗剤を投入した温水による本洗浄(典型的には複数回)、所望により濯ぎ剤を投入した温水による濯ぎ洗浄(典型的には複数回)などが順次になされる。

0044

つぎに、図2図4に基づき、本実施例の洗浄器1の洗浄ラック2について、具体的に説明する。

0045

図2は、本発明の一実施例の洗浄ラック2を示す概略斜視図である。また、図3は、洗浄槽4内への格納状態における洗浄ラック2の一部を示す図であり、洗浄槽4の通水ダクト15と洗浄ラック2の配水部材13との接続状態、および配水部材13への洗浄ノズル6の取付状態を示す正面視の概略図であり、一部を切り欠いて断面にして示している。さらに、図4は、配水部材13に対する洗浄ノズル6の取付構造を示す分解斜視図である。

0046

図2略立方体の洗浄ラック2において右下面を正面として説明すると、洗浄ラック2は、左右に略矩形状の枠体31を備え、この枠体31間を架け渡すように、上下複数段に棚3が設けられる。具体的には、左右の枠体31は、前後方向へそれぞれ延出して水平に配置される上片32と、この上片32の前後両端部のそれぞれから下方へ延出する前後片33と、この前後片33の下端部同士を接続する下片34とにより、全体として略矩形状に形成される。そして、左右の枠体31は、上片32同士が適宜の上材35で接続される一方、下片34同士も適宜の下材(ここでは最下段の棚3)で接続される。これにより、洗浄ラック2は、全体として、略立方体状に構成される。左右の枠体31の下片34には、前後に間隔をあけて複数の車輪36が設けられており、この車輪36を洗浄槽4内の底部(またはレール)に走行させることで、洗浄槽4に対し洗浄ラック2を容易に出し入れすることができる。

0047

洗浄ラック2には、上下複数段(図示例では上下五段)に棚3が設けられる。具体的には、左右の枠体31を架け渡すように、略矩形状の棚3が水平に保持される。各棚3は、棒材格子状に組み立てられて構成されるが、場合により、メッシュ材パンチングメタルなどにより構成されてもよい。

0048

各棚3の下部には、前述したとおり、洗浄ノズル6が回転可能に設けられる。具体的には、洗浄ラック2の前後方向中央部の一側部には、上下方向に沿って配水部材13が設けられており、この配水部材13に洗浄アーム14を介して洗浄ノズル6が設けられる。図2では、左側の枠体31に、上下方向へ沿って角パイプ状の配水部材13が固定されており、その配水部材13の上下複数箇所(最下段を除いた各棚3よりも所定寸法下方)に、洗浄アーム14が設けられる。各洗浄アーム14は、基端部(左端部)が配水部材13に着脱可能に接続され、先端部(右端部)が洗浄ラック2の左右方向中央部にまで延出する。そして、その延出先端部に、洗浄ノズル6の長手方向中央部が回転可能に保持される。

0049

図3および図4に示すように、洗浄アーム14は、本実施例では断面略矩形の角パイプ状の中空部材である。洗浄アーム14は、長手寸法を洗浄ラック2の左右方向へ向けて配置され、短手寸法幅寸法)を前後方向へ向けて配置される。また、上下方向の厚さ寸法は、前後方向の短手寸法よりも短く形成されるのがよい。ここで左右方向、前後方向および上下方向の用語は図2の略立方体の洗浄ラック2の右下面を正面とした場合の表現である。

0050

洗浄アーム14の中空穴37は、基端部(左端部)において開口する一方、先端部(右端部)において端壁38にて閉塞されている(図3参照)。洗浄アーム14の先端部の上壁39(または下壁40)には、円筒部41が突出して形成されており、この円筒部41の中空穴42を介して、洗浄アーム14内の中空部(中空穴37)が開口される(図4参照)。一方、洗浄ノズル6は、細長い中空部材から形成され、複数のノズル孔16が形成されている。また、洗浄ノズル6の長手方向中央部の下壁43(または上壁44)には、円形リング取付穴45が形成されており、このリング取付穴45には合成樹脂(たとえばフッ素樹脂)製の円環状のマウスリング46がはめ込まれる。

0051

そして、マウスリング46(リング取付穴45)に円筒部41がはめ込まれることで、洗浄アーム14に対し洗浄ノズル6が回転自在に保持され、洗浄アーム14内と洗浄ノズル6内とが連通される。なお、洗浄アーム14には、円筒部41の軸線に沿って軸部47が突設される一方、洗浄ノズル6には、リング取付穴45の軸線に沿って筒部48が突設されており、洗浄アーム14への洗浄ノズル6の組立時、軸部47に筒部48が回転自在にはめ込まれる。図3において、軸部47は、洗浄アーム14の先端部の下壁40から上方へ突出(上壁39の円筒部41よりも上方へ突出)され、筒部48は、洗浄ノズル6の上壁44から下方へ突出(下壁43のリング取付穴45よりも下方へ突出)されており、軸部47に筒部48が回転自在にはめ込まれる。

0052

洗浄アーム14の基端部には、接続部材49が固定される。接続部材49は、略矩形状の金属板略コ字形状に屈曲形成されることで、中央片50の幅方向両側に接続片51が連接された形状とされる。その際、一対の接続片51は、中央片50の板面に対し略垂直に配置される。また、接続片51間の離隔距離は、配水部材13の前後方向幅寸法と略対応している。

0053

中央片50の板面(接続片51の延出側とは逆側)の中央部には、洗浄アーム14の基端部が固定される。中央片50には、洗浄アーム14の中空穴37と対応した位置に、開口穴52が形成されている。つまり、中央片50の開口穴52と洗浄アーム14の中空穴37とは、基本的には、同じ大きさで連続的に配置される。そのため、以下、両者を区別することなく説明し、洗浄アーム14の中空穴37というとき、それには接続部材49の中央片50の開口穴52も含まれるものとする。

0054

接続部材49の接続片51は、中央片50の幅方向両端部(洗浄アーム14の短手方向となる前後両端部)に設けられ、中央片50と略垂直に、洗浄アーム14の基端側(図3および図4において左側)へ延出して設けられる。各接続片51には、係合溝53が形成されている。係合溝53は、接続片51の端辺(中央片50からの延出先端辺)に開口して、略L字形状に切り欠かれて形成される。これにより、各接続片51の上端部には、下向き略コ字形状の係合部54が形成される。

0055

一方、配水部材13には、洗浄アーム14との接続面(図3および図4において右側面)55に、開口穴56が形成されている。この開口穴56は、略矩形状とされている。また、配水部材13の幅方向両側壁前後両側壁)57には、幅方向外側(前後方向外側)へ突出してピン状の被係合部58が設けられている。この被係合部(ピン)58の太さは、接続片51の係合部(略コ字形状溝)54の溝幅と、略対応している。配水部材13の被係合部58に洗浄アーム14の接続片51の係合部54を引っ掛けることで、配水部材13に洗浄アーム14を工具なしに着脱可能に接続することができる。配水部材13への洗浄アーム14の接続状態において、配水部材13の開口穴56と洗浄アーム14の中空穴37とは、軸線が一致して配置されるのが好ましい。いずれにしても、配水部材13への洗浄アーム14の接続状態では、配水部材13の接続面55に洗浄アーム14の接続面(中央片50)が重ね合わされるよう配置され、配水部材13の開口穴56と洗浄アーム14の中空穴37とが連通される。

0056

ところで、配水部材13の外側面(図3において左側面)59には、洗浄槽4の通水ダクト15からの給水用の開口穴60が形成されている。図2では、配水部材13には、上下二箇所に開口穴60が形成されている。その際、図3に示すように、配水部材13には、合成樹脂(たとえばポリアセタール)製の略矩形板状のラックジョイント61がパッキン62を介して設けられており、それら部材61,62にも開口穴63が形成されている。

0057

一方、洗浄槽4内の一側壁左側壁)には、上下方向へ沿って角パイプ状の通水ダクト15が設けられており、この通水ダクト15には、配水部材13への給水用の開口穴64が形成されている。図示例では、通水ダクト15には、配水部材13と対応した高さ位置に、上下二箇所に開口穴64が形成されている。その際、通水ダクト15には、合成樹脂(たとえばポリアセタール)製の厚肉円筒状のダクトジョイント65が円環状パッキン66を介して設けられており、そのダクトジョイント65にも開口穴67が形成されている。

0058

洗浄槽4内に洗浄ラック2を所定位置まで押し込むと、洗浄槽4内の右側壁に内蔵した付勢手段(たとえば板バネ)により、洗浄ラック2は左側へ付勢される。この状態では、通水ダクト15のダクトジョイント65と配水部材13のラックジョイント61との各端面が当接され、各ジョイント61,65の開口穴63,67が連通される。ダクトジョイント65をパッキン66の弾性により多少揺動可能に設けておけば、ダクトジョイント65とラックジョイント61との水密状態での接続を一層確実に図ることができる。洗浄槽4内への洗浄ラック2の格納状態で、シャワー洗浄動作として、循環ポンプ28を作動させると、液貯留部5からの液体が通水ダクト15から配水部材13、ひいては洗浄アーム14を介して洗浄ノズル6へ供給され、洗浄ノズル6のノズル孔16から噴射することができる。

0059

図5は、洗浄アーム14と洗浄ノズル6との接続部を拡大して示す概略縦断面図である。
前述したとおり、洗浄アーム14の先端部の上壁39には円筒部41が設けられる一方、洗浄ノズル6の長手方向中央部にはマウスリング46が設けられる。そして、円筒部41にマウスリング46がはめ込まれることで、洗浄アーム14に対し洗浄ノズル6が回転可能に保持される。なお、好ましくは、洗浄アーム14の中空穴37の流路断面積(洗浄アーム14の軸方向と直交断面での流路断面積)は、洗浄ノズル6の中空穴73の流路断面積(洗浄ノズル6の軸方向と直交断面での流路断面積)よりも大きく形成される。これにより、洗浄アーム14から円筒部41を介して洗浄ノズル6内へ供給される液体を、洗浄ノズル6のノズル孔16から勢いよく噴射することができる。

0060

洗浄アーム14に対し洗浄ノズル6を回転可能に保持する関係上、洗浄アーム14の円筒部41と洗浄ノズル6のマウスリング46との間には、たとえば1mm以下、好ましくは0.5mm以下(本実施例では0.3mm)の僅かな隙間Aを生じ得る。この隙間Aからの液体の漏れは、洗浄に直接寄与しない水流となり、洗浄器1の運転を非効率なものとするので、その対策が望まれる。以下では、この隙間Aからの漏れの防止構造について説明する。

0061

まず、前提として、本実施例では、前述したとおり、洗浄アーム14の先端部の上壁39には、円筒部41が上方へ突出して形成されている。この円筒部41は、軸線を上下方向へ沿って配置されている。円筒部41の中空穴42は、下端部が洗浄アーム14の中空穴37と連通される一方、上端部が上方へ開口して形成されている。一方、洗浄ノズル6の長手方向中央部の下壁43には、円形のリング取付穴45が貫通形成されており、このリング取付穴45には合成樹脂(たとえばフッ素樹脂)製の円環状のマウスリング46がはめ込まれる。なお、洗浄アーム14および洗浄ノズル6は、本実施例ではステンレスのような金属製とされる。

0062

本実施例のマウスリング46は、略短円筒状に形成され、内周部は略円筒面状に形成される一方、外周部は段付き円筒状に形成されている。すなわち、マウスリング46は、軸方向中途部(図5の上下方向中央部)を境に、下方が大径部69に形成される一方、上方が小径部70に形成される。その際、大径部69と小径部70とは、内径が同一で、外径が異なるよう形成され、内周面が連続的な略円筒面状に形成される。また、小径部70の外周部下部には、断面略矩形状取付溝71が円環状に且つ径方向外側へ開口して形成されており、取付溝71の下面は大径部69の上面(大径部69と小径部70との段付き面)と連続的に配置されている。そして、取付溝71よりも上方の小径部70は、外周面70aが、上方へ行くに従って径方向内側へ傾斜するように(つまり小径部70は略円錐台状に)形成されている。この円錐台状の外周面70aの最大径(略円錐台状部の下端部の直径)は、リング取付穴45よりも大径とされる一方、取付溝71の最小径(取付溝71の底部の直径)は、リング取付穴45よりも小径とされる。

0063

このような構成のマウスリング46は、洗浄ノズル6のリング取付穴45に取り付けられる。具体的には、洗浄ノズル6のリング取付穴45にマウスリング46の小径部70をはめ込んで、マウスリング46の取付溝71に洗浄ノズル6の下壁43(リング取付穴45の周囲)をはめ込んで固定される。小径部70の外周面70aは、略円錐台状に形成されているので、リング取付穴45へのマウスリング46のはめ込みを容易に行うことができる。

0064

リング取付穴45へのマウスリング46の装着を一層容易に行うために、マウスリング46の小径部70には、周方向複数箇所(たとえば90度ごとの四箇所)に、先端面(図5の上端面)へ開口して略矩形状の切欠き(図示省略)を設けておいてもよい。切欠きを設けておくことで、小径部70を縮径するように一時的に変形させることで、リング取付穴45へのマウスリング46のはめ込みを容易に行うことができる。

0065

洗浄アーム14の円筒部41の外周面と、洗浄ノズル6のマウスリング46の内周面との隙間Aからの液体の漏れを防止するために、マウスリング46の略円筒面状の内周面には、一または複数の円環状または螺旋状の溝72が形成されている。各溝72の断面形状は、特に問わないが、好適には、断面三角(典型的には二等辺三角形)または断面四角とされる。つまり、マウスリング46の内周面に、断面三角または断面四角の溝72が、一本の円環状または螺旋状の溝として形成されるか、マウスリング46の軸方向に離隔して(典型的には溝と山とが順に連なるように)複数本形成される。なお、溝72の幅寸法(マウスリング46の内周面での溝幅)Bは、たとえば0.5〜1.5mm(本実施例では1mm)とされ、溝72の深さCは、たとえば0.2〜0.5mm(本実施例では0.3mm)とされる。

0066

マウスリング46の内周面に溝72を形成する際、円環状の溝72を上下に複数形成するか、螺旋状の溝72を二巻き以上形成するのが好ましい。円環状の溝72を上下に複数形成する場合、各溝72の大きさおよび/または形状は、互いに同一でもよいし、異ならせてもよい。たとえば、図5において、上方の溝72ほど、大きく形成してもよい。

0067

また、マウスリング46の内、取付溝71と対応した領域(取付溝71の径方向内側)には、溝72を形成しないか、溝72の底が配置されないのが好ましい。さらに、円環状の溝72を形成する場合、溝72は、マウスリング46の上面および下面へは開口されないのが好ましい。つまり、マウスリング46の上面および下面では、マウスリング46の内径が溝72により大きくならず、略円筒面状のまま残されるのが好ましい。

0068

洗浄ノズル6のリング取付穴45にマウスリング46を取り付けた状態で、マウスリング46の中空穴を洗浄アーム14の円筒部41にはめ込む。この際、前述したとおり、洗浄アーム14と洗浄ノズル6とは、軸部47と筒部48ともはめ合わされ、洗浄アーム14に洗浄ノズル6が脱落不能に保持される。

0069

本実施例では、マウスリング46の内周面に、円環状または螺旋状の溝72が形成されている。この場合、マウスリング46と円筒部41との隙間Aから液体が漏れ出ようとしても、その漏れ流路には円環状または螺旋状の溝72により急激な形状変化が付けられているから(言い換えればラビリンスシールが形成されているから)、圧力損失が生じたり、渦が生じたりして、外部への漏れを防止することができる。このようにして、洗浄アーム14と洗浄ノズル6との接続部の隙間からの液体の漏れを減少させて、洗浄力を向上したり、運転に必要な保有水量を削減したりすることができる。

0070

より具体的には、マウスリング46の内周面に溝72が形成されず、単なる平滑な円筒面である場合(以下、比較例という)と比較すると、次のようになる。すなわち、本実施例と比較例とで循環ポンプ28の回転数を同一とした場合(つまり動力統一の場合)、洗浄アーム14と洗浄ノズル6との接続部における漏れを減少させる分だけ、本実施例の方が洗浄ノズル6からの噴射流量が増し、洗浄力を向上することができる。また、本実施例と比較例とで同じ洗浄力を発揮させる場合(つまり洗浄ノズル6からの噴射流量を揃える場合)、本実施例の方が、循環ポンプ28からの吐出液体を洗浄ノズル6へ漏れなく供給できる。そのため、その漏れを減少させる分だけ、洗浄に直接寄与しない水流(循環ポンプ28による無駄な循環水)を減らして、保有水量を削減(循環ポンプ28からの吐出流量が少ないほどエアがみを防止できるので運転に必要な水量を削減)することができ、給水量、薬液投入量、加熱量などを減らせるので、省エネルギとランニングコストの低減を図ることができる。

0071

ところで、図3図5では、洗浄ラック2に上下複数段に設けられる洗浄ノズル6の内の一つを示しているが、他の箇所の洗浄ノズル6についても同様である。また、図1において、最上段および最下段の洗浄ノズル6は、洗浄槽4自体に設けられるが、洗浄槽4内への洗浄アーム14を介した洗浄ノズル6の着脱構造も同様とすることができる。そして、各洗浄アーム14への洗浄ノズル6の取付構造も同様とすることができ、その際、接続部では、図5のような構成とすることができる。

0072

また、図3図5では、洗浄アーム14の上壁39に洗浄ノズル6を回転可能に保持したが、場合により、洗浄アーム14の下壁40に洗浄ノズル6を回転可能に保持してもよい。たとえば、図1において、洗浄槽4内の最上段に設置される洗浄ノズル6は、洗浄アーム14の先端部の下壁40に回転可能に保持される。

0073

洗浄アーム14の下壁40に洗浄ノズル6を保持する場合、洗浄アーム14の下壁40には、下方へ突出して円筒部41を形成すればよい。一方、洗浄ノズル6の上壁44にはリング取付穴45が形成され、このリング取付穴45には、上述したのと同様のマウスリング46が装着される。そして、洗浄アーム14の円筒部41に洗浄ノズル6のマウスリング46をはめ込んで、洗浄アーム14に洗浄ノズル6を回転可能に保持すればよい。

0074

なお、洗浄ラック2(および洗浄槽4)には、上下複数段に洗浄ノズル6が設けられるが、配水部材13に対し洗浄アーム14が着脱可能であるから、配水部材13から洗浄アーム14を取り外すことで、洗浄アーム14や洗浄ノズル6の清掃を容易に行うことができる。さらに、洗浄ラック2は、左右の枠体31に対し棚3を着脱可能(言い換えれば棚3の設置個数を変更可能)としてもよく、その場合、被洗浄物の大きさに合わせて、棚3の設置個数および設置位置を変更すればよい。その際、取り外された棚3に対応する洗浄ノズル6も、取り外しておけばよい。配水部材13の開口穴56の内、洗浄ノズル6が設置されない箇所には、閉塞材で塞いでおけばよい。閉塞材は、接続部材49と同様の構成の部材であり、洗浄アーム14が設置されない代わりに、開口穴56が形成されない(つまり塞がれた)構成とされている。

0075

次に、本実施例の洗浄器1の変形例について説明する。
前記実施例では、洗浄アーム14に円筒部41を設ける一方、洗浄ノズル6にマウスリング46を設けて、マウスリング46の穴に円筒部41をはめ込んだが、これとは逆に構成してもよい。すなわち、洗浄アーム14の上壁39(または下壁40)にリング取付穴45を形成すると共に、そのリング取付穴45にマウスリング46を保持する一方、洗浄ノズル6の下壁43(または上壁44)に円筒部41を突出形成して、その円筒部41をマウスリング46にはめ込んでもよい。マウスリング46は、前記実施例と同様に、略円筒面状の内周面に円環状または螺旋状の溝72を形成しておくことで、円筒部41の外周面とマウスリング46の内周面との隙間Aからの液漏れを防止することができる。

0076

また、前記実施例およびその変形例では、マウスリング46の内周面に円環状または螺旋状の溝72を形成したが、これに代えてまたはこれに加えて、円筒部41の外周面(マウスリング46と対応した位置)に円環状または螺旋状の溝72を形成してもよい。マウスリング46の内周面および円筒部41の外周面に溝72を形成する場合、マウスリング46の内周面の溝72と円筒部41の外周面の溝72は、互い違いに形成するのがよい。つまり、マウスリング46の隣接する溝72間の山部と、円筒部41の隣接する溝72間の山部とは、マウスリング46や円筒部41の軸方向にずれて配置されるのがよい。また、円筒部41の外周面の一部は溝72が形成されずに円筒状面のまま残され、その円筒状面と対応した位置において、マウスリング46の内周面に溝72が形成される一方、マウスリング46の内周面の一部は溝72が形成されずに円筒状面のまま残され、その円筒状面と対応した位置において、円筒部41の外周面に溝72が形成されてもよい。

0077

本発明の洗浄器1は、前記実施例(変形例を含む)の構成に限らず適宜変更可能である。特に、(a)被洗浄物が収容される洗浄槽4と、この洗浄槽4内に設けられる洗浄アーム14と、この洗浄アーム14に回転可能に保持されて液体を噴射する洗浄ノズル6とを備え、(b)洗浄アーム14から洗浄ノズル6へ液体を通すことができる洗浄アーム14の接続部と洗浄ノズル6の接続部との内、一方に円筒部41が設けられ、他方に前記円筒部41に回転可能に外嵌するマウスリング46が設けられ、(c)マウスリング46の内周面または円筒部41の外周面の少なくとも一方に、円環状または螺旋状の溝72が形成されているのであれば、その他の構成は、適宜に変更可能である。

0078

たとえば、前記実施例では、図1において、最上段および最下段の洗浄ノズル6は、洗浄槽4自体に設けたが、これら洗浄ノズル6の内、一方または双方を、洗浄ラック2に設けてもよい。あるいは、前記実施例では、洗浄槽4内には洗浄ラック2を介して被洗浄物を出し入れ可能としたが、洗浄槽4内に設けた棚3に、直接に被洗浄物を出し入れ可能としてもよい。その場合でも、洗浄槽4内の一側壁に上下方向へ沿って設けた配水部材13に、洗浄アーム14を着脱可能に接続すればよい。

0079

さらに、前記実施例において、洗浄後の被洗浄物を乾燥可能に、送風機をさらに備えてもよい。この場合、洗浄槽4内の空気を、一部入れ替えつつ送風機との間で循環させると共に、送風機から洗浄槽4内への空気をヒータにより加熱すればよい。その際、送風機からの温風を、液体の場合と同様にして、洗浄ノズル6から噴射させてもよい。

0080

1洗浄器
2洗浄ラック
3棚
4洗浄槽
5液貯留部
6洗浄ノズル
7 給水手段
8 排水手段
9薬液供給手段
10 加熱手段
11循環手段
12 傾斜面
13配水部材
14洗浄アーム
15通水ダクト
16ノズル孔
17給水路
18給水弁
19液位検出器
20排水路
21排水弁
22薬液タンク
23給液路
24薬液ポンプ
25ヒータ
26温度センサ
27循環配管
28循環ポンプ
29逆止弁
30超音波振動子
31枠体
32上片
33 前後片
34下片
35上材
36車輪
37 (洗浄アームの)中空穴
38 (洗浄アームの)端壁
39 (洗浄アームの)上壁
40 (洗浄アームの)下壁
41円筒部
42 (円筒部の)中空穴
43 (洗浄ノズルの)下壁
44 (洗浄ノズルの)上壁
45リング取付穴
46マウスリング
47 軸部
48 筒部
49接続部材
50中央片
51接続片
52 (接続部材の中央片の)開口穴
53係合溝
54係合部
55 (配水部材の)接続面
56 (配水部材の)開口穴
57 (配水部材の)幅方向両側壁
58 被係合部
59 (配水部材の)外側面
60 (配水部材の)開口穴
61ラックジョイント
62パッキン
63 (ラックジョイントの)開口穴
64 (通水ダクトの)開口穴
65ダクトジョイント
66 パッキン
67 (ダクトジョイントの)開口穴
69 (マウスリングの)大径部
70 (マウスリングの)小径部(70a:外周面)
71取付溝
72 円環状または螺旋状の溝
73 (洗浄ノズルの)中空穴

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 广州成呈智能科技有限公司の「 ゴブレットクリーニング設備」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明はゴブレットクリーニング設備を開示した。【解決手段】本体および前記本体の中に設置される操作チャンバを含み、前記操作チャンバの右側端壁の中には外部と連通している置き孔が設置され、前記操作チ... 詳細

  • 威海瑶池工芸品有限公司の「 ネックレス洗浄設備」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明はネックレス洗浄設備を開示した。【解決手段】前記伝動チャンバの中には伝動装置が設置され、前記作動箱の中には動力チャンバが設置され、前記動力チャンバの中には動力装置が設置され、前記動力装置... 詳細

  • 大日本印刷株式会社の「 飲料充填装置の殺菌方法及び飲料充填装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】飲料の充填作業に着手するまでの時間又は生産間時間を短縮する。【解決手段】加熱殺菌部を経て充填機内へと飲料を送る飲料供給系配管を備えた飲料充填装置の殺菌方法において、飲料供給系配管に加熱液体又は... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ