図面 (/)

技術 マッサージ装置

出願人 株式会社アテックス
発明者 原島徹横田慎太郎
出願日 2018年6月26日 (2年6ヶ月経過) 出願番号 2018-120852
公開日 2020年1月9日 (11ヶ月経過) 公開番号 2020-000347
状態 未査定
技術分野 マッサージ装置
主要キーワード 運動伝達機構 正逆反転 円盤部材 腰部近傍 強度維持 ラックギヤ 大歯車 小歯車
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2020年1月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

短い時間間隔回転台正逆回転反転させることができ、安全で且つ使用感にも優れたマッサージ装置を提供する。

解決手段

揉み玉9と当該揉み玉9を支持する回転台8を備えたマッサージ装置1であって、駆動モータ3で出力された回転運動運動伝達機構4を介してラックギヤ5の往復運動に変換し、当該ラックギヤ5の往復運動により、前記揉み玉9の回転方向正逆反転することにより、使用者衣服の解れ等が前記揉み玉9の回転に巻き込まれないようにする。

概要

背景

従来、揉み玉を支持した回転台が回転することにより、使用者身体部位マッサージを施すマッサージ装置として、例えば、大揉み玉及び小揉み玉が偏心位置に取り付けられた一対の回転台を回転させることにより、使用者の肩甲骨腰部近傍等といった身体部位にマッサージを施すマッサージ装置が提供されている。(特許文献1)。

概要

短い時間間隔で回転台の正逆回転反転させることができ、安全で且つ使用感にも優れたマッサージ装置を提供する。 揉み玉9と当該揉み玉9を支持する回転台8を備えたマッサージ装置1であって、駆動モータ3で出力された回転運動運動伝達機構4を介してラックギヤ5の往復運動に変換し、当該ラックギヤ5の往復運動により、前記揉み玉9の回転方向正逆反転することにより、使用者の衣服の解れ等が前記揉み玉9の回転に巻き込まれないようにする。

目的

本発明は、短い時間間隔で回転台の正逆回転を反転させることができ、安全で且つ使用感にも優れたマッサージ装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

揉み玉及び当該揉み玉を支持する回転台を備えたマッサージ装置であって、前記回転台は、一回転するよりも前に回転方向正逆反転することを特徴とするマッサージ装置。

請求項2

前記回転台は、回転軸軸支されており、当該回転軸の周面に設けた複数の歯にラックギヤを噛み合わせ、当該ラックギヤが往復運動することにより、前記回転台が一回転するよりも前に回転方向を正逆反転する請求項1に記載のマッサージ装置

請求項3

駆動モータを備え、前記ラックギヤは、当該駆動モータの回転運動運動伝達機構により変換されて往復運動する請求項2に記載のマッサージ装置。

請求項4

前記運動伝達機構は、前記駆動モータの出力軸に設けたウォームギヤと、当該ウォームギヤに噛み合うウォームホールと、当該ウォームホイールと同じ回転方向で回転運動が伝達される平歯車と、当該平歯車と同軸に設けた円盤部材と、当該円盤部材の表面の偏心位置に一端を回転自在に固定し、他端を前記ラックギヤに回転自在に固定した棒状部材とを備えてなる請求項3に記載のマッサージ装置。

技術分野

0001

本発明は、安全で使用感にも優れたマッサージ装置に関する。

背景技術

0002

従来、揉み玉を支持した回転台が回転することにより、使用者身体部位マッサージを施すマッサージ装置として、例えば、大揉み玉及び小揉み玉が偏心位置に取り付けられた一対の回転台を回転させることにより、使用者の肩甲骨腰部近傍等といった身体部位にマッサージを施すマッサージ装置が提供されている。(特許文献1)。

先行技術

0003

実用新案登録第3183680号公報

発明が解決しようとする課題

0004

通常、前記従来のマッサージ装置は、前記マッサージ装置本体を布製等のカバーにより被覆し、使用者の身体部位に直接的に揉み玉を当接させずに使用するのが一般的であるが、より強力な揉み玉によるマッサージ効果を得たい使用者によっては、態々前記カバーを取り外し、その身体部位に直接的に揉み玉を当接させてマッサージする場合がある。当該行為は、マッサージ装置の製造者等が本来提供しようとする使用感から逸脱するだけでなく、前記回転台や揉み玉等の回転に使用者の衣服の解れ等が巻き込まれ、使用者の身体部位を締め付けて損傷させたり、使用者の首部を締め付けて死亡させたりするという問題をも生じさせる。

0005

特許文献1に記載のマッサージ装置においても同様に、使用者が前記カバー等を取り外して使用した場合には、前記回転台が同じ方向に回転することにより衣服の解れ等が巻き込まれ、使用者の身体部位を締め付けて損傷又は死亡させる問題が生じ得る。

0006

ところで、当該回転台を備えたマッサージ装置において、回転台の動力源となる駆動モータの正回転及び逆回転を切り換えることにより、前記回転台の回転方向を定期的に正逆反転させ、前記衣服の解れ等の巻き込みを防止することも考え得る。しかしながら、このような解れ等の巻き込みを防止するには、比較的短い時間間隔正逆回転を切り換える必要があるため、高頻度の当該切り換えによって前記駆動モータ又は回転台に回転運動を伝達するギヤに負担を掛け製品寿命に影響が出るという問題が生じるおそれがある。

0007

そこで、本発明は、短い時間間隔で回転台の正逆回転を反転させることができ、安全で且つ使用感にも優れたマッサージ装置を提供することを課題とした。

課題を解決するための手段

0008

上記課題を解決するために、本発明は次のように構成した。すなわち、本発明に係るマッサージ装置は、揉み玉及び当該揉み玉を支持する回転台を備えたマッサージ装置であって、前記回転台が、一回転するよりも前に回転方向を正逆反転することを特徴としている。

0009

また、マッサージ装置は、好ましくは、前記回転台が、回転軸軸支されており、当該回転軸の周面に設けた複数の歯にラックギヤを噛み合わせ、当該ラックギヤが往復運動することにより、前記回転台が一回転するよりも前に回転方向を正逆反転することを特徴としている。

0010

また、マッサージ装置は、好ましくは、駆動モータを備え、前記ラックギヤが、当該駆動モータの回転運動が運動伝達機構により変換されて往復運動することを特徴としている。

0011

さらに、マッサージ装置は、好ましくは、前記運動伝達機構が、前記駆動モータの出力軸に設けたウォームギヤと、当該ウォームギヤに噛み合うウォームホールと、当該ウォームホイールと同じ回転方向で回転運動が伝達される平歯車と、当該平歯車と同軸に設けた円盤部材と、当該円盤部材の表面の偏心位置に一端を回転自在に固定し、他端を前記ラックギヤに回転自在に固定した棒状部材とを備えてなることを特徴としている。

発明の効果

0012

本発明に係るマッサージ装置によれば、前記回転台を一回転するよりも前に正逆反転させることにより、前記使用者の衣服の解れ等を巻き込むことを防止し、使用者の身体部位を損傷又は死亡させることなく安全に、また、同じ方向に回転する回転台とは異なった使用感でマッサージを施すことができる。

0013

また、回転軸の周面に設けた複数の歯に噛み合うラックギヤを往復運動させることで前記回転台の回転方向を正逆反転させることにより、また、駆動モータの回転運動を運動伝達機構を介してラックギヤの往復運動に変換したことにより、駆動モータの出力軸の回転方向を正逆反転させて駆動モータや各ギヤに負担を掛けず、また、簡易な構成で且つ短い時間間隔、すなわち回転台を一回転させるよりも前に前記回転台の回転方向を正逆反転させることができる。

0014

また、前記運動伝達機構を上記の通りウォームギヤから棒状部材まで構成したことにより、回転運動を往復運動に変換する過程において、ウォームホイールからラックギヤまでを略水平方向に動作させるように構成し、当該運動伝達機構及びラックギヤをハウジング内にコンパクトに収容することができる。そのため、マッサージ装置1を大型化することなくコンパクトな構成で正逆反転させることができる。

図面の簡単な説明

0015

本発明に係るマッサージ装置の内部機構を示す外観斜視図である。
マッサージ装置の内部機構を示す底面図である。
マッサージ装置の内部機構を示す平面図である。
マッサージ装置の内部機構を示す平面図である。

実施例

0016

以下、図面に基づいて本発明を具体的に説明する。まず、図1は、本発明に係るマッサージ装置1の構成を示す斜視図である。マッサージ装置1は、ハウジング2と、当該ハウジング2内に収納された駆動モータ3、ウォームギヤ41乃至棒状部材46からなる運動伝達機構4、ラックギヤ5、ガイド6及び回転軸7と、当該回転軸7に支持されて前記ハウジング2の外側で回転する回転台8と、当該回転台8の上面に支持された揉み玉9とから構成されている。

0017

なお、ハウジング2と駆動モータ3を除く各構成要素は、駆動モータ3に対して左右対称に設けられているため、本文では、図1中の右側についてのみ説明する。また、図中、各構成要素の説明の都合上、ハウジング2の上蓋を表示していない。当該ハウジング2の上蓋には、図示しないが、前記回転軸7の貫通孔が設けられており、当該上蓋から回転軸7の上端、回転台8及び揉み玉9のみが露出した状態で回転するように構成され、或いは、回転台8の貫通孔を設け、回転台8及び揉み玉9を前記上蓋の上方に露出させる構成でもよい。

0018

運動伝達機構4は、前記駆動モータ3の出力軸31に設けたウォームギヤ41と、当該ウォームギヤ41の回転運動を水平方向の回転に変換して伝達するウォームホイール42と、図2の底面図に示すように当該ウォームホイール42の下方で同軸上に設けられた小歯車43と、当該小歯車43に噛み合う別軸の平歯車44と、当該大歯車44の上方で同軸上に設けられた円盤部材45と、当該円盤部材45の表面でその偏心位置に一端が回転自在に固定された棒状部材46とから構成されている。

0019

このように運動伝達機構4を構成することにより、ウォームホイール42からラックギヤ5までを略水平方向に動作させることができ、これら構成要素をハウジング内にコンパクトに収容することができる。また、前記ウォームホイール42は、その周端側が平歯車44と円盤部材45の間に一部が嵌まり込むように配置され、ハウジング2内の運動伝達機構4をよりコンパクトに構成している。

0020

ラックギヤ5は、前記棒状部材の他端に回転自在に固定され、側面に設けた複数の歯が前記回転軸7に設けた複数の歯に噛み合うように配設されている。さらに、回転軸7の上端には、回転台8が固定されており、当該回転台8の上面には、揉み玉9が支持されている。なお、当該揉み玉9は、本実施例において、大揉み玉と、当該大揉み玉の回転軸7と対向する位置に配した小揉み玉とから構成されるが、マッサージ装置1の実施態様においてこれに限られるものではなく、種々の揉み玉を1又は複数、回転台8の上面に配してもよい。また、回転台8は、本実施例では円形台座状に形成したが、特にこの形状に限られるものではなく、回転軸7と、当該回転軸7の偏心位置に支持されて回転軸7の周りを回転する揉み玉9との間を連結する部材をも含むものである。

0021

図3は、マッサージ装置1の内部機構であって回転台8及び揉み玉9を取り除いた状態を示す図である。前記駆動モータ3で出力された回転運動は、前記ウォームギヤ41からウォームホイール42、小歯車43及び平歯車44を介し、矢印Aで示す回転運動として円盤部材45へと伝達される。当該円盤部材45の回転運動は、前記棒状部材46及びガイド6によってラックギヤ5の矢印Bで示す往復運動に変換される。当該ラックギヤ5の往復運動に従い、前記回転軸7の回転方向は、図中の矢印Cで示すように正逆反転する。

0022

図4は、マッサージ装置1の内部機構であって前記回転軸7の上端に回転台8を設け、当該回転台8の上面に揉み玉9を支持した状態を示す図である。前記回転軸7の矢印C方向へ回転の正逆反転に従い、前記回転台8及び揉み玉9もその回転方向が矢印Dに示すように正逆反転する。

0023

正逆反転のタイミングは、一回転、すなわち、360°回転するよりも前に、好適には、300°〜360°、最適には359°回転したタイミングで、回転方向を正逆反転させる。当該正逆反転の設定は、複数の歯を周囲に設けた回転軸7の直径と、前記ラックギヤ5の側面に設けた複数の歯のうち、ラックギヤ5が往復運動する際に前記回転軸7の歯と噛み合う幅、すなわち往復動させる距離幅とによって決定される。

0024

当該距離幅は、マッサージ装置1のサイズ等に応じて決定すればよいが、本実施例のような、通常使用される一般的なマッサージ装置1のサイズ、回転軸7から回転台8への回転運動の伝達における回転軸7の強度維持、ラックギヤ5から回転軸7への回転運動の伝達効率、または、本実施例のマッサージ装置1の内部機構の配置を考慮すると、前記回転軸7の直径を2cm〜5cmとし、ラックギヤ5の往復運動の距離幅を約6cm〜15cmとするのが好ましく、コンパクトな内部機構でハウジング2内の空間を有効に使用し、且つ、前記ラックギヤ5の往復運動を効率的に回転軸7の正逆反転する回転運動に変換できるマッサージ装置1とすることができる。

0025

なお、前記回転軸7の強度維持及び伝達効率とは、359°回転したタイミングで正逆反転させる際、例えば、回転軸7の直径が小さすぎる場合は、僅かな往復運動の距離幅で回転軸7の回転方向を正逆反転させることができるが、回転軸7の強度に問題が生じる一方、回転軸7の直径が大きすぎる場合は、強度上問題はないが、ラックギヤ5を往復運動させる距離幅が大きくなって効率が悪化するととともに、マッサージ装置1のサイズも大きくなってしまう。このように、前記強度維持及び伝達効率を考慮すると、前述の通り、回転軸7の直径を2cm〜5cmとし、前記距離幅を約6cm〜15cmとするのが好ましい。

0026

このように、前記回転台8を一回転するよりも前に正逆反転させることにより、使用者の衣服の解れ等を巻き込むことを防止し、使用者の身体部位を損傷又は死亡させることなく安全に、また、同じ方向に回転する回転台とは異なった使用感でマッサージを施すことができる。

0027

なお、マッサージ装置1は、回転台8を一回転するよりも前に正逆反転させることができればよく、駆動モータ3自体の回転を正逆反転させてもよい。ただ、前記実施例の構成とすることにより、駆動モータ3の出力軸31の回転方向を正逆反転させて駆動モータ3や各ギヤに負担を掛けることなく、また、簡易な構成で且つ短い時間間隔、すなわち回転台を一回転させるよりも前に前記回転台の回転方向を正逆反転させることができる。また、前記運動伝達機構4等の内部機構も前記実施例の構成に限られず、駆動モータ3の回転運動を変換し、回転台8を一回転するよりも前に正逆反転させることができればどのような構成であってもよい

0028

また、本実施例では、図1に示す内部機構の右側の機構のみ説明したが、左側の機構も同様であり、左右一対の回転台8に支持された揉み玉9において、安全に、且つ、一方方向に回転する揉み玉9とは異なった優れた使用感でマッサージを施すことができる。また、本実施例のように左右対称に回転台8を設けないマッサージ装置1であっても、片方のみの回転台8及び揉み玉9を備えたマッサージ装置1であっても、前記運動伝達機構4等の内部機構により、前記効果を奏することができる。

0029

本実施例の内部機構の構成は、回転台8の上面に支持された揉み玉を回転させるマッサージ装置1であれば、どのようなマッサージ装置1においても利用可能である。

0030

1マッサージ装置
2ハウジング
3駆動モータ
31出力軸
4運動伝達機構
41ウォームギヤ
42ウォームホイール
43小歯車
44平歯車
45円盤部材
46棒状部材
5ラックギヤ
6ガイド
7回転軸
8回転台
9 揉み玉

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 濱州方新電脳有限公司の「 マウスパッド」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明はマウスパッドを開示した。【解決手段】マウスパッドを含み、前記マウスパッドの前端面には手首保護ブロックが固定され、前記手首保護ブロックの中には手首保護溝が設置され、前記手首保護溝の前端壁... 詳細

  • 威海火峰電脳有限公司の「 手首への負担を軽減できるマウスパッド」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】手首への負担を軽減できるマウスパッドを提供する。【解決手段】手首への負担を軽減できるマウスパッドは、エアマット44を含み、エアマットの中には空気導入装置101が設置され、エアマットの上端には位... 詳細

  • 威海火峰電脳有限公司の「 手首を保護するマウスパッド」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は手首を保護するマウスパッドを開示した。【解決手段】主体を含み、前記主体の上端面にはマウスパッドが固定的に設置され、前記マウスパッドの右側には開きチャンバが設置され、前記開きチャンバの中... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ