図面 (/)

技術 データ伝送方法及び装置

出願人 グァンドンオッポモバイルテレコミュニケーションズコーポレーションリミテッド
発明者 トウ、ハイ
出願日 2016年7月1日 (3年10ヶ月経過) 出願番号 2018-563656
公開日 2019年9月12日 (7ヶ月経過) 公開番号 2019-526180
状態 不明
技術分野
  • -
主要キーワード プリセット条件 区分方式 測定指示情報 ウェアラブルデバイス 車載デバイス 物理的ユニット 実施過程 間隔周期
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年9月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (18)

課題・解決手段

本発明の実施例はデータ伝送方法を提供する。該方法は、前記第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信し、前記測定結果情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質を示すことに用いられることと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と端末装置のセカンダリ接続の確立確定することと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続を確立することを含む。本発明により、第一のプライマリネットワーク装置の伝送負荷を低減することができる。

概要

背景

ノンスタンドアローン(Non−standalone)ネットワークの配置シーンにおいて、端末装置は長期進化型(Long Term Evolution:「LTE」と略称)ネットワークと新しい無線(New Radio:「NR」と略称)ネットワークを介してデータを同時に受信又は送信することができ、この技術はマルチ(二重)接続技術と呼ばれてもよい。

端末装置のマルチ(二重)接続では、一つのプライマリ接続と、一つ又は複数のセカンダリ接続が存在する。プライマリ接続は端末装置とプライマリネットワーク装置とのネットワーク接続であり、セカンダリ接続は端末装置とセカンダリネットワーク装置とのネットワーク接続であり、例えば、LTE+NRセルの配置シーンにおいて、プライマリネットワーク装置はLTEネットワークにおけるネットワーク装置であってもよく、セカンダリネットワーク装置はNRネットワークにおけるネットワーク装置であってもよい。端末装置の制御プレーンデータがプライマリ接続により伝送され、端末装置のユーザプレーンデータが2つのチャネルに分割されてプライマリ接続とセカンダリ接続によって同時に伝送されてもよく、これによりユーザプレーンデータのスループットを向上させ、又はユーザプレーンデータがセカンダリ接続のみによって伝送されてもよく、これによりプライマリネットワーク装置の負荷を軽減させ、しかし、ユーザプレーンデータ又は制御プレーンデータのバイパスデータ伝送過程のみにおいて行われ、ネットワークのスループットの増大に伴い、プライマリネットワーク装置の伝送負荷がますます重くなり、セカンダリネットワーク装置のプライマリネットワーク装置のためにデータをバイパスする能力をさらに高める必要がある。

概要

本発明の実施例はデータ伝送方法を提供する。該方法は、前記第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信し、前記測定結果情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質を示すことに用いられることと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と端末装置のセカンダリ接続の確立確定することと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続を確立することを含む。本発明により、第一のプライマリネットワーク装置の伝送負荷を低減することができる。

目的

本発明の実施例はプライマリネットワーク装置の伝送負荷を低減させることができるデータ伝送方法及び装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
- 件
牽制数
- 件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

データ伝送方法であって、第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信し、前記測定結果情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質を示すことに用いられることと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置のセカンダリ接続の確立確定することと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続を確立することとを含む、データ伝送方法。

請求項2

前記第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置から送信された、無線リソース制御(RRC)接続確立リクエストメッセージ、又はRRC接続確立完了メッセージに含まれる前記測定結果情報を受信することを含むことを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項3

前記第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記プライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置から送信された、ハンドオーバー完了メッセージに含まれる前記測定結果情報を受信し、前記ハンドオーバー完了メッセージがさらに前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置が既に第二のネットワーク装置から前記第一のネットワーク装置にハンドオーバーされたことを示すこと用いられることを含むことを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項4

前記第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記プライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が第二のプライマリネットワーク装置から送信された、ハンドオーバーリクエストメッセージに含まれる前記測定結果情報を受信し、前記ハンドオーバーリクエストメッセージがさらに前記第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーする必要があることを前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置にリクエストすることに用いられることを含むことを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項5

前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続を確立することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が第二のプライマリネットワーク装置から送信された、ハンドオーバーリクエストメッセージに含まれる前記測定結果情報を受信した後、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記第二のプライマリネットワーク装置へハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージを送信し、前記ハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージに前記セカンダリ接続の配置情報が含まれ、前記第二のネットワーク装置が前記セカンダリ接続の配置情報を前記端末装置に送信するようにし、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置との前記セカンダリ接続の確立に用いられることを特徴とする請求項4に記載の方法。

請求項6

前記第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記プライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信する前に、前記方法はさらに、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置へ第一の指示情報を送信し、前記第一の指示情報が前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように前記端末装置に指示することに用いられることを含み、ここで、第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記プライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信した前記セカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が、前記端末装置が前記第一の指示情報に基づいて送信した前記測定結果情報を受信することを含むことを特徴とする請求項1−5のいずれか一項に記載の方法。

請求項7

前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続を確立することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージを送信し、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージが前記セカンダリネットワーク装置をデータを伝送するためのネットワーク装置として追加するようにリクエストすることに用いられることと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリネットワーク装置から送信された前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージを受信し、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージに前記セカンダリ接続の配置情報が含まれ、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置との前記セカンダリ接続の確立に用いられることと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続の配置情報を取得することと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置へ前記セカンダリ接続の配置情報を送信することとを含むことを特徴とする請求項1−6のいずれか一項に記載の方法。

請求項8

前記第一のプライマリネットワーク装置が前記測定結果情報に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と端末装置とのセカンダリ接続を確定することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記第一のプライマリネットワーク装置の負荷状況と前記測定結果情報に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置とのセカンダリ接続を確立することを含むことを特徴とする請求項1−7のいずれか一項に記載の方法。

請求項9

前記方法はさらに、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置へプライマリ接続の配置情報を送信し、前記プライマリ接続の配置情報が、前記端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置とのプライマリ接続を確立することに用いられ、前記プライマリ接続がデータを伝送することに用いられることを含むことを特徴とする請求項1−8のいずれか一項に記載の方法。

請求項10

前記第一のプライマリネットワーク装置は長期進化型(LTEネットワークにおけるネットワーク装置であり、前記セカンダリネットワーク装置は5Gネットワーク装置におけるネットワーク装置であることを特徴とする請求項1−9のいずれか一項に記載の方法。

請求項11

前記セカンダリ接続は第一の制御プレーンデータ及び/又はユーザプレーンデータを伝送することに用いられることを特徴とする請求項1−10のいずれか一項に記載の方法。

請求項12

データ伝送方法であって、端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信し、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記測定結果情報に基づいてセカンダリ接続の配置情報を取得するようにし、前記測定結果情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質を示すことに用いられることと、前記端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置から送信された前記セカンダリ接続の配置情報を受信することと、前記端末装置が前記セカンダリ接続の配置情報に基づいて前記セカンダリネットワーク装置にアクセスすることとを含む、データ伝送方法。

請求項13

前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信することは、前記端末装置が無線リソース制御(RRC)接続確立リクエストメッセージ、又はRRC接続確立完了メッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信することを含むことを特徴とする請求項12に記載の方法。

請求項14

前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信することは、前記端末装置が第二のプライマリネットワーク装置を介して前記第一のプライマリネットワーク装置へ測定結果情報を送信し、前記測定結果情報が前記端末装置から前記第二のプライマリネットワーク装置へ送信される測定レポートに含まれ、前記第二のプライマリネットワーク装置が前記測定レポートに基づいて前記第一のプライマリネットワーク装置へハンドオーバーリクエストメッセージを送信するようにし、前記ハンドオーバーリクエストメッセージに前記測定結果情報が含まれ、前記ハンドオーバーリクエストメッセージがさらに前記第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーする必要があることを前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置にリクエストすることに用いられることを含むことを特徴とする請求項12に記載の方法。

請求項15

前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信することは、前記端末装置がハンドオーバー完了メッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信し、前記ハンドオーバー完了メッセージがさらに前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置が既に第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーされたことを示すことに用いられることを含むことを特徴とする請求項12に記載の方法。

請求項16

前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信する前に、前記方法はさらに、前記端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置から送信された第一の指示情報を受信し、前記第一の指示情報が前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように前記端末装置に指示することに用いられることを含み、ここで、前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信することは、前記端末装置が前記第一の指示情報に基づき、前記第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信することを含むことを特徴とする請求項12−15のいずれか一項に記載の方法。

請求項17

前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信する前に、前記方法はさらに、前記端末装置と前記セカンダリネットワーク装置の間のチャネル品質プリセット条件を満たしている場合、前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信することを含むことを特徴とする請求項12−16のいずれか一項に記載の方法。

請求項18

前記方法はさらに、前記端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置から送信されたプライマリ接続の配置情報を受信し、前記プライマリ接続の配置情報が、前記端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置とのプライマリ接続を確立することに用いられ、前記プライマリ接続がデータを伝送することに用いられることを含むことを特徴とする請求項12−17のいずれか一項に記載の方法。

請求項19

データ伝送方法であって、第二のプライマリネットワーク装置が端末装置から送信された測定結果情報を受信し、前記測定結果情報がセカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質を示すことに用いられることと、前記第二のプライマリネットワーク装置が第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信し、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記測定結果情報に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置とのセカンダリ接続の確立を確定するようにし、前記第一のネットワーク装置が前記端末装置によってハンドオーバーされるターゲットネットワーク装置であり、前記第二のネットワーク装置が前記端末装置によってハンドオーバーされるソースネットワーク装置であることとを含む、データ伝送方法。

請求項20

前記第二のプライマリネットワーク装置が端末装置から送信された測定結果情報を受信することは、前記第二のプライマリネットワーク装置が端末装置によって送信された測定レポートに含まれる前記測定結果情報を受信することを含み、ここで、前記第二のプライマリネットワーク装置が第一のプライマリネットワーク装置へのハンドオーバー過程で前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信することは、前記第二のプライマリネットワーク装置がハンドオーバーリクエストメッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信し、前記ハンドオーバーリクエストメッセージがさらに前記第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーする必要があることを前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置にリクエストすることに用いられることを含むことを特徴とする請求項19に記載の方法。

請求項21

前記第二のプライマリネットワーク装置がハンドオーバーリクエストメッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信した後、前記方法はさらに、前記第二のプライマリネットワーク装置が前記第一のプライマリネットワーク装置によって送信された前記ハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージに含まれる前記セカンダリ接続の配置情報を受信し、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置との前記セカンダリ接続の確立に用いられることと、前記第二のプライマリネットワーク装置が前記端末装置へ前記セカンダリ接続の配置情報を送信することとを含むことを特徴とする請求項20に記載の方法。

請求項22

データ伝送装置データ伝送装置であって、端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信するように構成され、前記測定結果情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質を示すことに用いられる受信モジュールと、前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置のセカンダリ接続の確立を確定するように構成される確定モジュールと、前記セカンダリ接続を確立するように構成される確立モジュールとを備える、データ伝送装置。

請求項23

前記受信モジュールは具体的に、前記端末装置から送信された、無線リソース制御(RRC)接続確立リクエストメッセージ、又はRRC接続確立完了メッセージに含まれる前記測定結果情報を受信するように構成されることを特徴とする請求項22に記載の装置。

請求項24

前記受信モジュールは具体的に、前記端末装置から送信された、ハンドオーバー完了メッセージに含まれる前記測定結果情報を受信するように構成され、前記ハンドオーバー完了メッセージがさらに前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置が既に第二のプライマリネットワーク装置から前記装置にハンドオーバーされたことを示すことに用いられることを特徴とする請求項22に記載の装置。

請求項25

前記受信モジュールは具体的に、前記第一のプライマリネットワーク装置が第二のプライマリネットワーク装置から送信された、ハンドオーバーリクエストメッセージに含まれる前記測定結果情報を受信するように構成され、前記ハンドオーバーリクエストメッセージがさらに前記第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーする必要があることを前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置にリクエストすることに用いられることを特徴とする請求項22に記載の装置。

請求項26

前記確立モジュールは具体的に、前記第二のプライマリネットワーク装置から送信された、ハンドオーバーリクエストメッセージに含まれる前記測定結果情報を受信した後、前記第二のプライマリネットワーク装置へハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージを送信するように構成され、前記ハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージに前記セカンダリ接続の配置情報が含まれ、前記第二のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続の配置情報を前記端末装置に送信するようにし、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置との前記セカンダリ接続の確立に用いられることを特徴とする請求項25に記載の装置。

請求項27

前記装置はさらに、端末装置が前記プライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信する前に、前記端末装置へ第一の指示情報を送信するように構成され、前記第一の指示情報が前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように前記端末装置に指示することに用いられる第一の送信モジュールを備え、前記受信モジュールは具体的に前記端末装置が前記第一の指示情報に基づいて送信した前記測定結果情報を受信するように構成されることを特徴とする請求項22−26のいずれか一項に記載の装置。

請求項28

前記確立モジュールは具体的に、前記セカンダリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージを送信し、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージが前記セカンダリネットワーク装置をデータを伝送するためのネットワーク装置として追加するようにリクエストすることに用いられ、前記セカンダリネットワーク装置から送信された前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージを受信し、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージに前記セカンダリ接続の配置情報が含まれ、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置との前記セカンダリ接続を確立することに用いられ、前記セカンダリ接続の配置情報を取得し、前記端末装置へ前記セカンダリ接続の配置情報を送信するように構成されることを特徴とする請求項22−27のいずれか一項に記載の装置。

請求項29

前記確定モジュールは具体的に、前記第一のプライマリネットワーク装置の負荷状況と前記測定結果情報に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置とのセカンダリ接続の確立を確定するように構成されることを特徴とする請求項22−28のいずれか一項に記載の装置。

請求項30

前記装置はさらに、前記端末装置へプライマリ接続の配置情報を送信するように構成され、前記プライマリ接続の配置情報が、前記端末装置が前記装置とのプライマリ接続を確立することに用いられ、前記プライマリ接続がデータを伝送することに用いられる第二の送信モジュールを備えることを特徴とする請求項22−29のいずれか一項に記載の装置。

請求項31

前記装置は長期進化型(LTE)ネットワークにおけるネットワーク装置であり、前記セカンダリネットワーク装置は5Gネットワーク装置におけるネットワーク装置であることを特徴とする請求項22−30のいずれか一項に記載の装置。

請求項32

前記セカンダリ接続は第一の制御プレーンデータ及び/又はユーザプレーンデータを伝送することに用いられることを特徴とする請求項22−31のいずれか一項に記載の装置。

請求項33

データ伝送装置であって、前記装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信し、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記測定結果情報に基づいてセカンダリ接続の配置情報を取得するようにするように構成され、前記測定結果情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記装置の間のリンク品質を示すことに用いられる送信モジュールと、前記第一のプライマリネットワーク装置から送信された前記セカンダリ接続の配置情報を受信するように構成される受信モジュールと、前記セカンダリ接続の配置情報に基づいて前記セカンダリネットワーク装置にアクセスするように構成されるアクセスモジュールとを備える、データ伝送装置。

請求項34

前記送信モジュールは具体的に、無線リソース制御(RRC)接続確立リクエストメッセージ、又はRRC接続確立完了メッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように構成されることを特徴とする請求項33に記載の装置。

請求項35

前記送信モジュールは具体的に、第二のプライマリネットワーク装置を介して前記第一のプライマリネットワーク装置へ測定結果情報を送信するように構成され、前記測定結果情報が前記装置から前記第二のプライマリネットワーク装置へ送信される測定レポートに含まれ、前記第二のプライマリネットワーク装置が前記測定レポートに基づいて前記第一のプライマリネットワーク装置へハンドオーバーリクエストメッセージを送信するようにし、前記ハンドオーバーリクエストメッセージに前記測定結果情報が含まれ、前記ハンドオーバーリクエストメッセージがさらに前記第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーする必要があることを前記装置にサービスを提供するネットワーク装置にリクエストすることに用いられることを特徴とする請求項33に記載の装置。

請求項36

前記送信モジュールは具体的に、ハンドオーバー完了メッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように構成され、前記ハンドオーバー完了メッセージがさらに前記装置にサービスを提供するネットワーク装置が既に第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーされたことを示すことに用いられることを特徴とする請求項33に記載の装置。

請求項37

前記受信モジュールはさらに、前記装置が第一のプライマリネットワーク装置にアクセスする過程において第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信する前に、前記第一のプライマリネットワーク装置から送信された第一の指示情報を受信するように構成され、前記第一の指示情報が前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように前記装置に指示することに用いられ、前記送信モジュールは具体的に前記第一の指示情報に基づき、前記第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように構成されることを特徴とする請求項33−36のいずれか一項に記載の装置。

請求項38

前記送信モジュールは具体的に、前記装置が第一のプライマリネットワーク装置にアクセスする過程において第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信する前に、前記装置と前記セカンダリネットワーク装置の間のチャネル品質がプリセット条件を満たしている場合、前記装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように構成されることを特徴とする請求項33−37のいずれか一項に記載の装置。

請求項39

前記受信モジュールはさらに、前記第一のプライマリネットワーク装置から送信されたプライマリ接続の配置情報を受信するように構成され、前記プライマリ接続の配置情報が、前記装置が前記第一のプライマリネットワーク装置とのプライマリ接続を確立することに用いられ、前記プライマリ接続がデータを伝送することに用いられることを特徴とする請求項33−38のいずれか一項に記載の装置。

請求項40

データ伝送装置であって、端末装置から送信された測定結果情報を受信するように構成され、前記測定結果情報がセカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質を示すことに用いられる受信モジュールと、第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信し、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記測定結果情報に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置とのセカンダリ接続の確立を確定するようにするように構成され、前記第一のネットワーク装置が前記端末装置によってハンドオーバーされるターゲットネットワーク装置であり、前記装置が前記端末装置によってハンドオーバーされるソースネットワーク装置である送信モジュールとを備える、データ伝送装置。

請求項41

前記受信モジュールは具体的に、端末装置によって送信された測定レポートに含まれる前記測定結果情報を受信するように構成され、前記送信モジュールは具体的にハンドオーバーリクエストメッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように構成され、前記ハンドオーバーリクエストメッセージがさらに前記第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーする必要があることを前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置にリクエストすることに用いられることを特徴とする請求項40に記載の装置。

請求項42

前記受信モジュールはさらに、前記装置がハンドオーバーリクエストメッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信した後、前記第一のプライマリネットワーク装置によって送信された前記ハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージに含まれる前記セカンダリ接続の配置情報を受信するように構成され、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置との前記セカンダリ接続の確立に用いられ、前記送信モジュールはさらに前記端末装置へ前記セカンダリ接続の配置情報を送信するように構成されることを特徴とする請求項41に記載の装置。

技術分野

0001

本発明は、通信分野に関し、より具体的には、データ伝送方法及び装置に関する。

背景技術

0002

ノンスタンドアローン(Non−standalone)ネットワークの配置シーンにおいて、端末装置は長期進化型(Long Term Evolution:「LTE」と略称)ネットワークと新しい無線(New Radio:「NR」と略称)ネットワークを介してデータを同時に受信又は送信することができ、この技術はマルチ(二重)接続技術と呼ばれてもよい。

0003

端末装置のマルチ(二重)接続では、一つのプライマリ接続と、一つ又は複数のセカンダリ接続が存在する。プライマリ接続は端末装置とプライマリネットワーク装置とのネットワーク接続であり、セカンダリ接続は端末装置とセカンダリネットワーク装置とのネットワーク接続であり、例えば、LTE+NRセルの配置シーンにおいて、プライマリネットワーク装置はLTEネットワークにおけるネットワーク装置であってもよく、セカンダリネットワーク装置はNRネットワークにおけるネットワーク装置であってもよい。端末装置の制御プレーンデータがプライマリ接続により伝送され、端末装置のユーザプレーンデータが2つのチャネルに分割されてプライマリ接続とセカンダリ接続によって同時に伝送されてもよく、これによりユーザプレーンデータのスループットを向上させ、又はユーザプレーンデータがセカンダリ接続のみによって伝送されてもよく、これによりプライマリネットワーク装置の負荷を軽減させ、しかし、ユーザプレーンデータ又は制御プレーンデータのバイパスデータ伝送過程のみにおいて行われ、ネットワークのスループットの増大に伴い、プライマリネットワーク装置の伝送負荷がますます重くなり、セカンダリネットワーク装置のプライマリネットワーク装置のためにデータをバイパスする能力をさらに高める必要がある。

発明が解決しようとする課題

0004

本発明の実施例はプライマリネットワーク装置の伝送負荷を低減させることができるデータ伝送方法及び装置を提供する。

課題を解決するための手段

0005

第一の態様によるデータ伝送方法は、前記第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信し、前記測定結果情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質を示すことに用いられることと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と端末装置のセカンダリ接続の確立確定することと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続を確立することとを含む。

0006

このようにして、端末装置はセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程において第一のプライマリネットワーク装置に送信することができ、第一のプライマリネットワーク装置は端末装置からの測定結果情報を受信した後、該測定結果情報に基づき、セカンダリネットワーク装置と端末装置とのセカンダリ接続を確立する必要があることを確定し、その後、該第一のプライマリネットワーク装置は該セカンダリ接続を確立し、端末装置は該セカンダリ接続によりデータを伝送し、このようにして、端末装置がアクセス過程でセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を第一のプライマリネットワーク装置に送信することにより、データをセカンダリネットワーク装置にできるだけ早くバイパスすることができ、これにより、第一のプライマリネットワーク装置によって確立されたセカンダリ接続が第一のプライマリネットワーク装置のためにできるだけ早くデータのバイパスを行って、第一のプライマリネットワーク装置の伝送負荷を低減することができる。

0007

選択可能に、セカンダリ接続が制御プレーンデータ及び/又はユーザプレーンデータを伝送することに用いられ、従来技術ではデータ接続過程で第一のプライマリネットワーク装置のためにユーザプレーンデータのみを分担し、このようにして、第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が第一のプライマリネットワーク装置にアクセスする過程において確立したセカンダリ接続は、第一のプライマリネットワーク装置のためにユーザプレーンデータのバイパスを分担することができるだけでなく、第一のプライマリネットワーク装置のために制御プレーンデータのバイパスを分担することもでき、プライマリネットワーク装置に対するセカンダリネットワーク装置のバイパス能力をさらに高め、第一のプライマリネットワーク装置の伝送負荷を低減させる。

0008

第一の態様の第一の可能な実施形態では、前記第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が無線リソース制御(RRC)接続確立リクエストメッセージ、又は前記RRC接続確立完了メッセージに含まれる前記測定結果情報を受信することを含む。

0009

本発明の実施例では、端末装置が第一のプライマリネットワーク装置にアクセスする過程は、アイドル状態にある端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へRRC接続確立リクエストメッセージ又はRRC接続確立完了メッセージを送信することであってもよく、この二つのメッセージにセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を含ませることが可能であり、このようにして、アイドル状態にある端末装置がデータを伝送する必要がある時に、アクセス過程において測定結果情報をこの二つの情報によって第一のプライマリネットワーク装置にできるだけ早く送信し、これにより、セカンダリネットワーク装置が第一のプライマリネットワーク装置のためにデータをできるだけ早くバイパスすることができ、第一のプライマリネットワーク装置の伝送負荷をさらに低減させる。

0010

第一の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第一の態様の第二の可能な実施形態では、前記第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記プライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が第二のプライマリネットワーク装置から送信された、ハンドオーバーリクエストメッセージに含まれる前記測定結果情報を受信し、前記ハンドオーバーリクエストメッセージがさらに前記第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーする必要があることを前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置にリクエストすることに用いられることを含む。

0011

本発明の実施例では、端末装置が第一のプライマリネットワーク装置にアクセスする過程は、第二のプライマリネットワーク装置から第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーする過程であってもよく、第二のプライマリネットワーク装置がソースネットワーク装置であり、第一のプライマリネットワーク装置がターゲットネットワーク装置であり、具体的には、セカンダリネットワーク装置の測定結果情報が第二のプライマリネットワーク装置から第一のプライマリネットワーク装置へ送信されたハンドオーバーリクエストメッセージに含まれてもよく、端末装置はセカンダリネットワーク装置を測定し、生成された測定結果情報を第二のプライマリネットワーク装置に送信される測定レポートに含ませ、第二のプライマリネットワーク装置が該測定レポートを受信した場合、該測定レポートにおけるセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を取得し、第二のプライマリネットワーク装置が測定レポートに基づき、ハンドオーバーする必要があることを確定した場合、セカンダリネットワーク装置の測定結果情報を第一のプライマリネットワーク装置へ送信されたハンドオーバーリクエストメッセージに含ませ、第一のプライマリネットワーク装置が該ハンドオーバーリクエストメッセージを受信した場合、ハンドオーバーリクエストメッセージに含まれるセカンダリネットワーク装置の測定結果情報をセカンダリネットワーク装置に送信し、このようにしてハンドオーバーする時に、セカンダリネットワーク装置が第一のプライマリネットワーク装置のためにデータをできるだけ早くバイパスすることを実現することができる。

0012

第一の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第一の態様の第三の可能な実施形態では、前記第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記プライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が、前記端末装置から送信された、ハンドオーバー完了メッセージに含まれる前記測定結果情報を受信し、前記ハンドオーバー完了メッセージがさらに前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置が既に第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーされたことを示すことに用いられることを含む。

0013

本発明の実施例では、端末装置が第一のプライマリネットワークにアクセスする過程は、ハンドオーバー過程で端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へハンドオーバー完了メッセージを送信する過程であってもよく、該測定情報がハンドオーバー完了メッセージに含まれて第一のプライマリネットワーク装置へ送信されてもよい。

0014

第一の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第一の態様の第四の実施形態では、前記第一のプライマリーネットワーク装置が前記セカンダリ接続を確立することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記第二のプライマリネットワーク装置から送信されたハンドオーバーリクエストメッセージを受信した後、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記第二のプライマリネットワーク装置へハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージを送信し、前記ハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージに前記セカンダリ接続の配置情報を含ませ、前記第二のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続の配置情報を前記端末装置に送信するようにし、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置との前記セカンダリ接続の確立に用いられることを含む。

0015

本発明の実施例では、第一のプライマリネットワーク装置はセカンダリ接続を確立するためにセカンダリ接続の配置情報を取得する必要があり、第二のプライマリネットワーク装置が第一のプライマリネットワーク装置へハンドオーバーリクエストメッセージを送信する場合、該セカンダリ接続の配置情報が第一のプライマリネットワーク装置から第二のプライマリネットワーク装置へ返信されたハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージに含まれてもよく、このようにして、ハンドオーバーする前に、端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程においてセカンダリネットワーク装置とセカンダリ接続をできるだけ早く確立するように、第二のプライマリネットワーク装置はセカンダリ接続の配置情報を端末装置に送信することができる。

0016

第一の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第一の態様の第五の実施形態では、前記第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記プライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信する前に、前記方法はさらに前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置へ第一の指示情報を送信し、前記第一の指示情報が前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように前記端末装置に指示することに用いられることを含み、ここで、第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記プライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信した前記セカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が、前記端末装置が前記第一の指示情報に基づいて送信した前記測定結果情報を受信することを含む。

0017

本発明の実施例では、第一のプライマリネットワーク装置は、セカンダリネットワーク装置の測定結果情報を報告するように端末装置に指示するために、端末装置へ第一の指示情報を送信する必要があり、例えば、第一の指示情報がセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を報告する方式、報告の時間を示し、具体的に報告された情報に占有されたバイトなどであってもよい。

0018

選択可能に、第一のプライマリネットワーク装置が端末装置へ第一の指示情報を送信する前に、該方法はさらに端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へ第三の指示情報を送信することができ、第一のプライマリネットワーク装置が端末装置からの第三の指示情報を受信し、第三の指示情報が、端末装置がセカンダリネットワーク装置の測定結果指示情報を記憶しているか否かを示すことに用いられることを含み、さらに、端末装置は第三の指示情報を第一のプライマリネットワーク装置へ送信されるアップリンクメッセージに含ませることができ、例えばあるアップリンクメッセージにおいて特殊バイト位置が0である場合、端末装置が測定指示情報を記憶していないことを示し、特殊バイト位置が1である場合、端末装置が測定指示情報を記憶していることを示す。第一のプライマリネットワーク装置が端末装置から送信された第三の指示情報を受信し、端末装置が測定結果指示情報を記憶していることを確定した場合、端末装置へ第一の指示情報を送信し、測定結果情報を報告するように端末装置に指示する。

0019

第一の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第一の態様の第六の実施形態では、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続を確立することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージを送信し、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージが前記セカンダリネットワーク装置をデータを伝送するためのネットワーク装置として追加するようにリクエストすることに用いられることと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリネットワーク装置から送信された前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージを受信し、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージに前記セカンダリ接続の配置情報が含まれ、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置との前記セカンダリ接続の確立に用いられることと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続の配置情報を取得することと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置へ前記セカンダリ接続の配置情報を送信することとを含む。

0020

本発明の実施例では、第一のプライマリネットワークがセカンダリ接続を確立するためにセカンダリ接続の配置情報を取得する必要があり、具体的には、第一のプライマリネットワーク装置はセカンダリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージを送信することができ、該セカンダリ接続追加リクエストメッセージに測定結果情報が含まれ、セカンダリネットワーク装置がセカンダリ接続追加リクエストメッセージを受信した場合、該セカンダリ接続追加リクエストメッセージにおける測定結果情報とそれ自体の負荷状況に基づき、セカンダリ接続の確立を許可するか否かを確定し、セカンダリ接続の確立を許可することを確定した場合、第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージを返信し、該確認メッセージにセカンダリ接続の配置情報が含まれ、セカンダリネットワーク装置がセカンダリ接続の確立を許可しないことを確定した場合、第一のプライマリネットワーク装置へ失敗指示情報を返信し、セカンダリ接続確立失敗の理由を示し、第一のプライマリネットワーク装置がセカンダリ接続確立失敗の理由に基づき、この後に同様の測定結果を受信する時に、セカンダリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージを送信しないことができるようにし、これにより、第一のプライマリネットワーク装置の電力消費をさらに低減する。

0021

第一の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第一の態様の第七の実施形態で、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記測定結果情報に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と端末装置とのセカンダリ接続を確定することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記第一のプライマリネットワーク装置の負荷状況と前記測定結果情報に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置とのセカンダリ接続を確立することを含む。

0022

具体的には、セカンダリネットワーク装置の測定結果情報が、セカンダリネットワーク装置のネットワーク状況が良いことを示し、現在の第一のプライマリネットワーク装置の負荷が大きい場合、第一のプライマリネットワーク装置のためにデータのバイパスを分担するためのセカンダリ接続を確立することを確定し、セカンダリネットワーク装置の測定結果情報が、セカンダリネットワーク装置のネットワーク状況が普通であることを示し、プライマリネットワーク装置の負荷が小さい場合、セカンダリ接続を確立しなくてもよい。

0023

第一の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第一の態様の第八の実施形態では、前記方法はさらに前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置へプライマリ接続の配置情報を送信し、前記プライマリ接続の配置情報が、前記端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置とのプライマリ接続を確立することに用いられ、前記プライマリ接続がデータを伝送することに用いられることを含む。

0024

本発明の実施例では、端末装置とセカンダリネットワーク装置とのセカンダリ接続がデータを伝送することに用いられてもよく、端末装置と第一のプライマリネットワーク装置とのプライマリ接続もデータを伝送することに用いられてもよく、第一のプライマリネットワーク装置と端末装置とのプライマリ接続がデータを伝送することに用いられる場合、プライマリ接続の配置情報とセカンダリ接続の配置情報を端末装置に送信する必要があり、具体的には、プライマリ接続の配置情報とセカンダリ接続の配置情報を一緒に端末装置に送信することができ、例えば、いずれもRRC接続再構成メッセージにプライマリ接続の配置情報とセカンダリ接続の配置情報を一緒に端末装置に送信することができ、このようにして、端末装置はこの二つの接続の配置情報を受信した後、この二つの接続の配置情報に基づいてそれぞれデータ伝送を行う。

0025

第一の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第一の態様の第九の実施形態では、前記第一のプライマリネットワーク装置は長期進化型(LTE)ネットワークにおけるネットワーク装置であり、前記セカンダリネットワーク装置は5Gネットワーク装置におけるネットワーク装置である。

0026

第一の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第一の態様の第十の実施形態では、前記セカンダリ接続は第一の制御プレーンデータ及び/又はユーザプレーンデータを伝送することに用いられる。

0027

第一の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第一の態様の第十一の実施形態では、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージに少なくとも一つのセカンダリセル識別子情報がさらに含まれ、前記少なくとも一つのセカンダリセルが前記セカンダリネットワーク装置によってサービスを提供するセルであり、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記測定情報に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と端末装置とのセカンダリ接続の確立を確定した後、前記方法はさらに、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置へ前記少なくとも一つのセカンダリセルの識別子情報を送信し、端末装置が前記識別子情報に基づいて前記少なくとも一つのセカンダリセルにアクセスするようにすることを含む。

0028

第一の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第一の態様の第十二の実施形態では、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続を確立した後、前記方法はさらに前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリネットワーク装置へ第二の指示情報を送信し、前記第二の指示情報が前記第一の制御プレーンデータを伝送するように前記セカンダリネットワーク装置に指示することに用いられることを含む。

0029

第二の態様によるデータ伝送方法は、端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信し、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記測定結果情報に基づいて前記セカンダリ接続の配置情報を取得するようにし、前記測定結果情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質を示すことに用いられることと、前記端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置から送信された前記セカンダリ接続の配置情報を受信することと、前記端末装置が前記セカンダリ接続の配置情報に基づいて前記セカンダリネットワーク装置にアクセスすることとを含む。

0030

第二の態様による第一の可能な実施形態では、前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信することは、前記端末装置が無線リソース制御(RRC)接続確立リクエストメッセージ、又はRRC接続確立完了メッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信することを含む。

0031

第二の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第二の態様の第二の可能な実施形態では、前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットネットワーク装置の測定結果情報を送信することは、前記端末装置が第二のプライマリネットワーク装置を介して前記第一のプライマリネットワーク装置へ測定結果情報を送信し、前記測定結果情報が前記端末装置から前記第二のプライマリネットワーク装置へ送信される測定レポートに含まれ、前記第二のプライマリネットワーク装置が前記測定レポートに基づいて前記第一のプライマリネットワーク装置へハンドオーバーリクエストメッセージを送信するようにし、前記ハンドオーバーリクエストメッセージに前記測定結果情報が含まれ、前記前記ハンドオーバーリクエストメッセージがさらに前記第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーする必要があることを前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置にリクエストすることに用いられることを含む。

0032

第二の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第二の態様の第三の可能な実施形態では、前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信することは、前記端末装置がハンドオーバー完了メッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信し、前記ハンドオーバー完了メッセージがさらに前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置が既に第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーされたことを示すことに用いられることを含む。

0033

第二の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第二の態様の第四の実施形態では、前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信する前に、前記方法はさらに前記端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置から送信された第一の指示情報を受信し、前記第一の指示情報が前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように前記端末装置に指示することに用いられることを含み、ここで、前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信することは、前記端末装置が前記第一の指示情報に基づき、前記第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信することを含む。

0034

第二の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第二の態様の第五の実施形態では、前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信する前に、前記方法はさらに前記端末装置と前記セカンダリネットワーク装置の間のチャネル品質プリセット条件を満たしている場合、前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信することを含む。

0035

第二の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第二の態様の第六の実施形態では、前記方法はさらに前記端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置から送信されたプライマリ接続の配置情報を受信し、前記プライマリ接続の配置情報が、前記端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置とのプライマリ接続を確立することに用いられ、前記プライマリ接続がデータを伝送することに用いられることを含む。

0036

第二の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第二の態様の第七の実施形態では、前記端末装置が前記セカンダリ接続の配置情報に基づいて前記セカンダリネットワーク装置にアクセスする前に、前記方法はさらに前記端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置から送信された少なくとも一つのセカンダリセルの識別子情報を受信することを含み、前記少なくとも一つのセカンダリセルが前記セカンダリネットワーク装置によってサービスを提供するセルであり、ここで、前記端末装置が前記セカンダリ接続の配置情報に基づいて前記セカンダリネットワーク装置にアクセスし、前記端末装置が前記セカンダリ接続の配置情報と前記少なくとも一つのセカンダリセルの識別子情報に基づいて前記セカンダリネットワーク装置にアクセスする。

0037

第三の態様によるデータ伝送方法は、第二のプライマリネットワーク装置が端末装置から送信された測定結果情報を受信し、前記測定結果情報がセカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質を示すことに用いられることと、
第二のプライマリネットワーク装置が前記第一のプライマリネットワーク装置へ測定結果情報を送信し、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記測定結果情報に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置とのセカンダリ接続の確立を確定するようにし、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置によってハンドオーバーされるターゲットネットワーク装置であり、前記第二のプライマリネットワーク装置が前記端末装置によってハンドオーバーされるソースネットワーク装置であることとを含む。

0038

第三の態様の第一の可能な実施形態では、前記第二のプライマリネットワーク装置が端末装置から送信された測定結果情報を受信することは、前記第二のプライマリネットワーク装置が測定レポートに含まれる前記測定結果情報を受信することを含み、ここで、前記第二のプライマリネットワーク装置が第一のプライマリネットワーク装置へのハンドオーバー過程で前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信することは、前記第二のプライマリネットワーク装置がハンドオーバーリクエストメッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信し、前記ハンドオーバーリクエストメッセージがさらに前記第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーする必要があることを前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置にリクエストすることに用いられることを含む。

0039

第三の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第三の態様の第二の実施形態では、前記第二のプライマリネットワーク装置がハンドオーバーリクエストメッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信した後、前記方法はさらに前記第二のプライマリネットワーク装置が前記第一のプライマリネットワーク装置から送信された前記ハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージに含まれる前記セカンダリ接続の配置情報を受信し、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置との前記セカンダリ接続の確立に用いられることと、前記第二のプライマリネットワーク装置が前記端末装置へ前記セカンダリ接続の配置情報を送信することとを含む。

0040

第四の態様によるデータ伝送方法は、セカンダリネットワーク装置が第一のプライマリネットワーク装置から送信されたセカンダリ接続追加リクエストメッセージを受信し、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージが前記セカンダリネットワーク装置と端末装置とのセカンダリ接続の確立をリクエストすることに用いられることと、前記セカンダリネットワーク装置が前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージに基づいて前記第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリ接続の配置情報を送信し、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリ接続の接続に用いられることとを含む。

0041

第四の態様の第一の可能な実施形態では、前記セカンダリネットワーク装置が前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージに基づいて前記第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリ接続の配置情報を送信することは、前記セカンダリネットワーク装置が前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージを送信し、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージに前記セカンダリ接続の配置情報が含まれることを含む。

0042

第四の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第四の態様の第二の実施形態では、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージにも少なくとも一つのセカンダリセルの識別子情報が含まれ、前記少なくとも一つのセカンダリセルが前記セカンダリネットワーク装置によってサービスを提供するセルである。

0043

第四の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第四の態様の第三の可能な実施形態では、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージに補助情報が含まれ、前記補助情報が測定結果情報、前記端末装置のアクセス能力情報とデータのサービス品質(QoS)情報のうちの少なくとも一つを含み、前記測定結果情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質情報を示すことに用いられる。

0044

第四の態様の上記の可能な実施形態と組み合わせ、第四の態様の第四の可能な実施形態では、前記セカンダリネットワーク装置が前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージに基づいて前記第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリ接続の配置情報を送信することは、前記セカンダリネットワーク装置が前記補助情報と前記セカンダリネットワーク装置の負荷状況に基づき、前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記セカンダリ接続の配置情報を送信することを含む。

0045

第五の態様によるデータ伝送装置は、上記の第一の態様又は第一の態様のいずれかの可能な実施形態における方法を実行することに用いられる。具体的には、該装置は上記の第一の態様又は第一の態様のいずれかの可能な実施形態における方法を実行するためのユニットを備える。

0046

第六の態様によるデータ伝送装置は、上記の第二の態様又は第二の態様のいずれかの可能な実施形態における方法を実行することに用いられる。具体的には、該装置は上記の第二の態様又は第二の態様のいずれかの可能な実施形態における方法を実行するためのユニットを備える。

0047

第七の態様によるデータ伝送装置は、上記の第三の態様又は第三の態様のいずれかの可能な実施形態における方法を実行することに用いられる。具体的には、該装置は上記の第三の態様又は第三の態様のいずれかの可能な実施形態における方法を実行するためのユニットを備える。

0048

第八の態様によるデータ伝送装置は、上記の第四の態様又は第四の態様のいずれかの可能な実施形態における方法を実行することに用いられる。具体的には、該装置は上記の第四の態様又は第四の態様のいずれかの可能な実施形態における方法を実行するためのユニットを備える。

0049

第九の態様によるデータ伝送装置は、受信機送信機メモリプロセッサバスシステムを備える。ここで、該受信機、該送信機、該メモリと該プロセッサは該バスシステムを介して接続され、該メモリは命令を記憶することに用いられ、該プロセッサは該メモリに記憶された命令を実行し、信号を受信するように受信機を制御し、信号を送信するように送信機を制御することに用いられ、そして該プロセッサが該メモリに記憶された命令を実行する場合、該実行により該プロセッサが第一の態様又は第一の態様のいずれかの可能な実施形態における方法を実行する。

0050

第十の態様によるデータ伝送装置は、受信機、送信機、メモリ、プロセッサとバスシステムを備える。ここで、該受信機、該送信機、該メモリと該プロセッサは該バスシステムを介して接続され、該メモリは命令を記憶することに用いられ、該プロセッサは該メモリに記憶された命令を実行し、信号を受信するように受信機を制御し、信号を送信するように送信機を制御することに用いられ、そして該プロセッサが該メモリに記憶された命令を実行する場合、該実行により該プロセッサが第二の態様又は第二の態様のいずれかの可能な実施形態における方法を実行する。

0051

第十一の態様によるデータ伝送装置は、受信機、送信機、メモリ、プロセッサとバスシステムを備える。ここで、該受信機、該送信機、該メモリと該プロセッサは該バスシステムを介して接続され、該メモリは命令を記憶することに用いられ、該プロセッサは該メモリに記憶された命令を実行し、信号を受信するように受信機を制御し、信号を送信するように送信機を制御することに用いられ、そして該プロセッサが該メモリに記憶された命令を実行する場合、該実行により該プロセッサが第三の態様又は第三の態様のいずれかの可能な実施形態における方法を実行する。

0052

第十二の態様によるデータ伝送装置は、受信機、送信機、メモリ、プロセッサとバスシステムを備える。ここで、該受信機、該送信機、該メモリと該プロセッサは該バスシステムを介して接続され、該メモリは命令を記憶することに用いられ、該プロセッサは該メモリに記憶された命令を実行し、信号を受信するように受信機を制御し、信号を送信するように送信機を制御することに用いられ、そして該プロセッサが該メモリに記憶された命令を実行する場合、該実行により該プロセッサが第四の態様又は第四の態様のいずれかの可能な実施形態における方法を実行する。

0053

第十三の態様によるデータを伝送するためのシステムは、第五の態様に記載される装置と第六の態様に記載される装置を備える。

0054

第十四の態様によるデータを伝送するためのシステムは、第五の態様に記載される装置、第六の態様に記載される装置と第七の態様に記載される装置を備える。

0055

第十五の態様によるデータを伝送するためのシステムは、第五の態様に記載される装置、第六の態様に記載される装置、第七の態様に記載される装置と第八の態様に記載される装置を備える。

0056

第十六の態様によるコンピュータ可読媒体は、第一の態様又は第一の態様のいずれかの可能な実施形態における方法を実行するための命令を含むコンピュータプログラムを記憶することに用いられる。

0057

第十七の態様によるコンピュータ可読媒体は、第二の態様又は第二の態様のいずれかの可能な実施形態における方法を実行するための命令を含むコンピュータプログラムを記憶することに用いられる。

0058

第十八の態様によるコンピュータ可読媒体は、第三の態様又は第三の態様のいずれかの可能な実施形態における方法を実行するための命令を含むコンピュータプログラムを記憶することに用いられる。

0059

第十九の態様によるコンピュータ可読媒体は、第四の態様又は第四の態様のいずれかの可能な実施形態における方法を実行するための命令を含むコンピュータプログラムを記憶することに用いられる。

図面の簡単な説明

0060

本発明の実施例の応用シーンを示す図である。
本発明の実施例によるデータ伝送方法の概略図である。
本発明の実施例によるデータ伝送方法の別の概略図である。
本発明の実施例によるデータ伝送方法の別の概略図である。
本発明の実施例によるデータ伝送方法の別の概略図である。
本発明の実施例によるデータ伝送方法の別の概略図である。
本発明の実施例によるデータ伝送装置の概略ブロック図である。
本発明の実施例によるデータ伝送装置の別の概略ブロック図である。
本発明の実施例によるデータ伝送装置の別の概略ブロック図である。
本発明の実施例によるデータ伝送装置の別の概略ブロック図である。
本発明の実施例によるデータを伝送するためのシステムの概略ブロック図である。
本発明の実施例によるデータを伝送するためのシステムの概略ブロック図である。
本発明の実施例によるデータを伝送するためのシステムの概略ブロック図である。
本発明の実施例によるデータ伝送装置の概略ブロック図である。
本発明の実施例によるデータ伝送装置の別の概略ブロック図である。
本発明の実施例によるデータ伝送装置の別の概略ブロック図である。
本発明の実施例によるデータ伝送装置の別の概略ブロック図である。

実施例

0061

本発明の実施例の技術的解決策をより明確に説明するために、以下に実施例又は従来技術の説明に必要な図面を簡単に説明し、明らかに、以下に記載される図面が本発明のくつかの実施例だけであり、当業者であれば、創造的な労力を要することなく、これらの図面に基づいて他の図面を得ることができる。

0062

以下に本発明の実施例の図面を組み合わせながら、本発明の実施例における技術的解決策を明確で、全面的に説明し、明らかに、説明される実施例は本発明の一部の実施例だけであり、全ての実施例ではない。本発明の実施例に基づき、当業者が創造的な労力を要せずに得た他の実施例は、全て本発明の保護範囲に属する。

0063

理解すべきものとして、本発明の実施例の技術的解決策は、様々な通信システム、例えばグローバルモバイル通信(Global System for Mobile Communication:「GSM」略称)システム、符号分割多元アクセス(Code Division Multiple Access:「CDMA」と略称)システム、帯域符号分割多元接続(Wideband Code Division Multiple Access:「WCDMA」と略称)システム、汎用パケット無線サービス(General Packet Radio Service:「GPRS」と略称)、長期進化型(Long Term Evolution:「LTE」と略称)システム、LTE周波数分割複信システム(Frequency Division Duplex:「FDD」と略称)、LTE時分割複信(Time Division Duplex System:「TDD」と略称)、ユニバーサル移動体通信システム(Universal Mobile Telecommunication System:「UMTS」と略称)又はグローバル相互接続マイクロ波アクセス(Worldwide Interoperability for Microwave Access:「WiMAX」と略称)通信システム、及び将来の可能な通信システムなどに応用されてもよい。

0064

また、理解すべきものとして、本発明の実施例では、端末装置はユーザ機器(User Equipment:「UE」と略称)、端末装置、移動局(Mobile Station:「MS」と略称)、移動端末(Mobile Terminal)又は将来の5Gネットワークにおける端末装置などと呼ばれてもよく、該端末装置は無線アクセスネットワーク(Radio Access Network:「RAN」と略称)を介して一つ又は複数のコアネットワークと通信を行うことができ、例えば、端末携帯電話(又は「セルラ電話と呼ばれる)又は移動端末を有しているコンピュータなどであってもよく、例えば、端末はさらにポータブルポケットハンドヘルド、コンピュータ内蔵又は車載移動装置であってもよく、それらは無線アクセスネットワークと音声及び/又はデータを交換する。

0065

第一のプライマリネットワーク装置と第二のプライマリネットワーク装置は移動端末との通信に用いられてもよく、ネットワーク装置はグローバルモバイル通信(Global System for Mobile Communication:「GSM」略称)又は符号分割多元アクセス(Code Division Multiple Access:「CDMA」と略称)における基地局(Base Transceiver Station:「BTS」と略称)であってもよいし、帯域符号分割多元接続(Wideband Code Division Multiple Access:「WCDMA」と略称)における基地局(NodeB:「NB」と略称)であってもよいし、LTEにおける進化型基地局(Evolutional Node B:「eNB」又は「eNodeB」と略称)、又は中継局又はアクセスポイント、又は車載デバイスウェアラブルデバイス及び将来の5Gネットワークにおけるアクセスネットワーク装置であってもよい。

0066

コアネットワーク装置モビリティ管理エンティティ(Mobility Management Entity:「MME」と略称)であってもよいし、サービングゲートウェイ(Serving Gateway:「S−GW」と略称)又はパケットデータゲートウェイ(PDN Gateway:「P−GW」)であってもよく、本出願はこれに限定されない。

0067

ペアラは無線アクセスネットワーク(RAN:Radio Access Network)側がユーザサービスの容量、遅延ビットレートを制御する基本単位であり、一つのユーザは複数のベアラを使用して異なるサービスを実行することができる。

0068

本発明の実施例では、第一のプライマリネットワーク装置と第二のプライマリネットワーク装置は例えばマクロセル基地局(Macrocell)であってもよく、セカンダリネットワーク装置は例えばマイクロセル基地局(Microcell)、ピコセル基地局(Picocell)、フェムトセル基地局(Femtocell)であってもよいが、本発明の実施例はこれに限定されない。

0069

より具体的には、該第一のプライマリネットワーク装置はLTEネットワーク装置であってもよく、該セカンダリネットワーク装置はNRネットワーク装置であり、理解すべきものとして、本発明の実施例はこれに限定されず、該プライマリネットワーク装置はGSMネットワーク装置、CDMAネットワーク装置などであってもよく、該セカンダリネットワーク装置もGSMネットワーク装置、CDMAネットワーク装置などであってもよく、本発明の実施例はこれに限定されない。

0070

図1は本出願の一つの応用シーンを示す図であり、端末装置周辺のネットワークは第一のプライマリネットワーク装置110と少なくとも一つのセカンダリネットワーク装置120を含み、該第一のプライマリネットワーク装置110はLTEネットワークであってもよく、該セカンダリネットワーク装置120はNRFネットワークであってもよい。端末装置130は第一のプライマリネットワーク装置110とセカンダリネットワーク装置120と同時に接続を確立することができ、端末装置130が第一のプライマリネットワーク装置110と確立した接続はプライマリ接続であり、端末装置130がセカンダリネットワーク装置120と確立した接続はセカンダリ接続であり、端末装置130の制御プレーンデータはプライマリ接続により伝送されてもよく、端末装置のユーザプレーンデータはプライマリ接続とセカンダリ接続により同時に伝送されてもよく、セカンダリ接続のみにより伝送されてもよく、本発明の実施例における第一のプライマリネットワーク装置110はプリセット条件を満たしているセカンダリネットワーク装置120を選択して端末装置110の制御プレーンデータを伝送することができ、これにより第一のプライマリネットワーク装置110の負荷をさらに低減することができ、例えば、該プリセット条件はセカンダリネットワーク装置120と端末装置130の間のリンク品質がデータ伝送条件を満たしていることであってもよい。

0071

本発明の実施例では、セカンダリネットワーク装置120はサービスニーズとユーザ密度に応じて柔軟に配置されてもよく、その作用は第一のプライマリネットワーク装置110を補助してデータ分担を行い、該データが端末装置130のユーザプレーンデータと制御プレーンデータを含むことができ、セカンダリネットワーク装置120の配備が不連続であってもよく、隣接するセカンダリセルが面積上大きく重なることもでき、本発明の実施例はこれに限定されない。

0072

図2は本発明の一つの実施例によるデータ伝送方法200の概略フローチャートであり、該方法200の実行主体は例えば図1に示す第一のプライマリネットワーク装置110であっても良く、アクセスネットワーク装置、例えばLTEにおけるeNBであってもよく、該方法200はS201〜S204を含む。

0073

S201において、端末装置は第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信し、前記測定結果情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質を示すことに用いられる。

0074

理解すべきものとして、該端末装置が第一のプライマリネットワーク装置にアクセスする過程は、端末装置が、アイドル状態においてデータを伝送する必要がある時に、第一のプライマリネットワーク装置にアクセスする過程であってもよく、もしくは、端末装置がデータ接続状態にある時に、端末装置にサービスを提供するネットワーク装置が第二のプライマリネットワーク装置から第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーする必要がある場合であっても良く、該端末装置が該第一のプライマリネットワーク装置にアクセスする過程は、具体的にアクセス過程におけるどのステップであるのは本発明の実施例でこれに限定されない。

0075

S202において、前記第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信した前記セカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信した後、前記第一のプライマリネットワーク装置は前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と端末装置とのセカンダリ接続の確立を確定する。

0076

理解すべきものとして、前記セカンダリ接続はデータを伝送することに用いられ、前記データは第一の制御プレーンデータ及び/又はユーザプレーンデータを含む。

0077

S203において、前記第一のプライマリネットワーク装置は前記セカンダリ接続を確立する。

0078

理解すべきものとして、該第一のプライマリネットワーク装置がセカンダリ接続を確立することは、該第一のプライマリネットワーク装置が端末装置とセカンダリネットワーク装置の中間装置として端末装置から送信された測定結果情報を受信し、セカンダリネットワーク装置へ測定結果情報を送信し、セカンダリネットワーク装置から送信されたセカンダリ接続の配置情報を受信し、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置とのセカンダリ接続の確立に用いられ、該セカンダリ接続の配置情報を端末装置などに送信することであってもよく、セカンダリ接続の確立過程は、第一のプライマリネットワーク装置が情報を転送する過程と理解されても良く、端末装置はセカンダリ接続の配置情報を受信した後、該セカンダリ接続の配置情報に基づいてセカンダリネットワーク装置とのセカンダリ接続を確立する。

0079

S204において、前記端末装置は前記セカンダリ接続の配置情報によって前記セカンダリネットワーク装置にアクセスする。

0080

具体的には、端末装置はセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程において第一のプライマリネットワーク装置に送信することができ、第一のプライマリネットワーク装置は端末装置の測定結果情報を受信した後、該測定結果情報に基づき、セカンダリネットワーク装置と端末装置とのセカンダリ接続を確立する必要があることを確定し、その後、該第一のプライマリネットワーク装置は該セカンダリ接続を確立し、端末装置は該セカンダリ接続によりデータを伝送し、このようにして、端末装置がアクセス過程でセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を第一のプライマリネットワーク装置に送信することにより、データをセカンダリネットワーク装置にできるだけ早くバイパスすることができ、それによって第一のプライマリネットワーク装置によって確立されたセカンダリ接続ができるだけ早く第一のプライマリネットワーク装置のためにデータをバイパスすることでき、これにより第一のプライマリネットワーク装置の伝送負荷を低減することができる。

0081

選択可能に、セカンダリ接続が制御プレーンデータ及び/又はユーザプレーンデータの伝送に用いられ、従来技術ではデータ接続過程において第一のプライマリネットワーク装置のためにユーザプレーンデータのみを分担し、このようにして、第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が第一のプライマリネットワーク装置にアクセスする過程において確立したセカンダリ接続は、第一のプライマリネットワーク装置のためにユーザプレーンデータのバイパスを分担することができるだけでなく、第一のプライマリネットワーク装置のために制御プレーンデータのバイパスを分担することもでき、プライマリネットワーク装置に対するセカンダリネットワーク装置のバイパス能力をさらに高め、第一のプライマリネットワーク装置の伝送負荷を低減させる。

0082

さらに、セカンダリ接続がデータ伝送に用いられ、データがユーザプレーンデータと制御プレーンデータを含み、第一のプライマリネットワーク装置によって確立されたセカンダリ接続により、ユーザプレーンデータだけでなく、第一の制御プレーンデータを伝送することができ、第一のプライマリネットワーク装置と端末装置との接続がプライマリ接続と呼ばれてもよく、該プライマリ接続によりユーザプレーンデータだけでなく、第二の制御プレーンデータを伝送することができ、即ち端末装置のユーザプレーンデータがプライマリ接続のみ又はセカンダリのみにより伝送されることができるだけではなく、又はユーザプレーンデータがプライマリ接続及びセカンダリ接続により共同で伝送されてもよく、端末装置の制御プレーンデータがプライマリ接続のみ又はセカンダリのみにより伝送されてもよく、又は制御プレーンデータがプライマリ接続及びセカンダリ接続により共同で伝送されてもよく、本発明の実施例はデータの伝送方式に対して限定しない。

0083

さらに、データはアップリンクデータダウンリンクデータを含み、アップリンクデータがアップリンク制御プレーンデータとアップリンクユーザプレーンデータを含み、ダウンリンクデータがダウンリンク制御プレーンデータダウンリンクユーザプレーンデータを含み、本発明における伝送がアップリンク伝送及び/又はダウンリンク伝送として理解されてもよい。

0084

一つの選択可能な実施例として、端末装置はアイドル状態にある時に、第一のプライマリネットワーク周辺のセカンダリネットワーク装置を測定し、選択可能に、端末装置はネットワークプロトコルの規定に従ってセカンダリネットワーク装置を測定することができ、第一のプライマリネットワーク装置の配置に従って測定することもでき、例えばプロトコルの規定又は第一のプライマリネットワーク装置の配置に従って一定の間隔周期内で該第一のプライマリネットワーク装置周辺のセカンダリネットワーク装置を測定することもでき、選択可能に、端末装置は受信されたシステムメッセージにおけるネットワークの配置情報に基づいてセカンダリネットワーク装置を測定することができ、本発明の実施例はこれに限定されない。

0085

一つの選択可能な実施例として、前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果を送信する前に、前記方法はさらに前記端末装置と前記セカンダリネットワークの間のチャネル品質がプリセット条件を満たしている場合、前記端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信することを含む。

0086

具体的には、該プリセット条件は、プロトコルの規定に従う特定の周期であってもよく、端末装置がセカンダリネットワーク装置とのチャネル品質が第一のプライマリネットワーク装置とのチャネル品質より高いことを検出したことであってもよいし、セカンダリネットワーク装置のチャネル品質が一定の閾値より高いことを検出したことであってもよいし、現在の基準信号電力が設定された閾値より低いことなどであってもよいし、端末装置がリアルタイムに測定したり、リアルタイムに報告したりすることなどであってもよく、本発明の実施例は端末装置が測定結果情報を報告するトリガ条件に対して限定しない。

0087

一つの選択可能な実施例として、前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信することは、前記端末装置が無線リソース制御(Radio Resource Control:「RRC」と略称)接続確立リクエストメッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信することを含む。前記第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程において送信した前記セカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が無線リソース制御(RRC)接続確立リクエストメッセージに含まれる前記測定結果情報を受信することを含む。

0088

一つの選択可能な実施例では、前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信することは、前記端末装置がRRC接続確立完了メッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信し、前記RRC接続確立完了メッセージに前記測定結果情報が含まれることを含む。前記第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記プライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信した前記セカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が無線リソース制御(RRC)接続確立完了メッセージに含まれる測定結果情報を受信することを含む。

0089

具体的には、アイドル状態において端末装置がデータを伝送する必要がある時に、端末装置は第一のプライマリネットワーク装置へRRC接続確立リクエストメッセージを送信し、セカンダリネットワーク装置の測定結果情報をRRC接続確立リクエストメッセージに含ませることができ、RRC接続確立が完了した場合、端末装置は第一のプライマリネットワーク装置へRRC接続確立完了メッセージを送信する必要がある時に、セカンダリネットワーク装置の測定結果情報をRCC接続確立完了メッセージに含ませることができ、このようにして、アクセス過程で測定結果情報を第一のプライマリネットワーク装置に送信することを実現することができる。

0090

理解すべきものして、本発明の実施例では、端末装置はセカンダリネットワーク装置の測定結果情報をいずれかのアップリンク情報に含ませて第一のプライマリネットワーク装置に送信することができ、選択可能に、該測定結果情報は端末装置が第一のプライマリネットワーク装置にアクセスする過程におけるアップリンクメッセージに含まれてもよく、別個のアップリンクメッセージで第一のプライマリネットワーク装置へ送信されてもよく、本発明の実施例はこれに限定されない。

0091

一つの選択可能な実施例として、第二のプライマリネットワーク装置が端末装置から送信された測定結果情報を受信し、前記測定結果情報がセカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質を示すことに用いられ、前記第二のプライマリネットワーク装置は前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信し、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記測定結果情報に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置とのセカンダリ接続の確立を確立するようにし、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置のハンドオーバーするターゲットネットワーク装置であり、前記第二のプライマリネットワーク装置が前記端末装置のハンドオーバーするソースネットワーク装置である。

0092

一つの選択可能な実施例として、前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信することは、前記端末装置が第二のプライマリネットワーク装置を介して前記第一のプライマリネットワーク装置へ測定結果情報を送信し、前記測定結果情報が前記端末装置から前記第二のプライマリネットワーク装置に送信される測定レポートに含まれ、前記第二のプライマリネットワーク装置が前記測定レポートに基づいて前記第一のプライマリネットワーク装置へハンドオーバーリクエストメッセージを送信するようにすることを含み、前記第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記プライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が第二のプライマリネットワーク装置から送信されたハンドオーバーリクエストメッセージに含まれる前記測定結果情報を受信し、前記ハンドオーバーリクエストメッセージがさらに前記第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーする必要があることを前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置にリクエストすることに用いられることを含む。

0093

一つの選択可能な実施例として、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続を確立することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記第二のプライマリネットワーク装置から送信されたハンドオーバーリクエストメッセージを受信した後、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記第二のプライマリネットワーク装置へハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージを送信し、前記ハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージに前記セカンダリ接続の配置情報が含まれ、前記第二のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続の配置情報を前記端末装置に送信するようにし、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置との前記セカンダリ接続の確立に用いられることと、前記第二のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続の配置情報を前記端末装置に送信することと、前記端末装置が前記セカンダリ接続の配置情報を受信することとを含む。

0094

具体的には、端末装置がデータ接続状態にあり、端末装置にサービスを提供するネットワーク装置が第二のプライマリネットワーク装置である場合、端末装置は第二のプライマリネットワーク装置へ測定レポートを送信することができ、該測定レポートが該第二のプライマリネットワーク装置の測定レポートであり、セカンダリネットワーク装置の測定結果情報を該測定レポートに含ませることができ、第二のプライマリネットワーク装置が該測定レポートを受信した場合、該測定レポートにおけるセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を取得し、第二のプライマリネットワーク装置が測定レポートに基づき、ハンドオーバーする必要があることを確定する場合、即ち端末装置にサービスを提供するネットワーク装置を第二のプライマリネットワーク装置から第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーする場合、第二のプライマリネットワーク装置は現在のネットワークトポロジ構造に基づき、第一のプライマリネットワーク装置の周辺にどのセカンダリネットワーク装置があるかを確定することができ、第一のプライマリネットワーク装置周辺のセカンダリネットワーク装置に対応する測定結果をハンドオーバーリクエストメッセージに含ませて第一のプライマリネットワーク装置に送信し、第一のプライマリネットワーク装置がハンドオーバーリクエストメッセージを受信した場合、該ハンドオーバーリクエストメッセージにおける測定結果情報をセカンダリ接続追加リクエストメッセージに含ませて該第一のプライマリネットワーク装置周辺のセカンダリネットワーク装置へ送信し、セカンダリネットワーク装置がセカンダリ接続追加リクエストメッセージを受信した後、測定結果情報とそれ自体の負荷状態に基づき、セカンダリ接続の確立を許可するか否かを確定し、セカンダリ接続の確立を確定した場合、第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージを送信し、該セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージに該セカンダリネットワーク装置のセカンダリ接続の配置情報が含まれ、第一のプライマリネットワーク装置は該セカンダリ接続の配置情報をハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージに含ませて第二のプライマリネットワーク装置へ送信し、該第二のプライマリネットワーク装置は該セカンダリ接続の
配置情報を端末装置に送信し、端末装置は該セカンダリ接続の配置情報に基づいて第一のプライマリネットワーク装置周辺のセカンダリネットワーク装置とのセカンダリ接続を確立してデータを伝送する。

0095

一つの選択可能な実施形態として、前記端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信することは、前記端末装置がハンドオーバー完了メッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信し、前記ハンドオーバー完了メッセージがさらに前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置が既に第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーされたことを示すことに用いられることを含む。前記第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記プライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置から送信された、ハンドオーバー完了メッセージに含まれる前記測定結果情報を受信することを含む。

0096

具体的には、端末装置にサービスを提供するネットワーク装置が第二のプライマリネットワーク装置から第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーする必要がある場合、セカンダリネットワーク装置の測定結果情報を端末装置から第一のプライマリネットワーク装置に送信されるハンドオーバー完了メッセージに含ませることができ、このようにして、端末装置がハンドオーバー過程でセカンダリ接続を確立することを実現でき、それによってデータ伝送の連続性をさらに保証する。

0097

一つの選択可能な実施例として、前記セカンダリネットワーク装置が前記第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリ接続の配置情報を送信し、S203は、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリネットワーク装置から送信されたセカンダリ接続の配置情報を受信し、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置との前記セカンダリ接続の確立に用いられることと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置へ前記セカンダリ接続の配置情報を送信し、前記端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置のセカンダリ接続の配置情報を受信することとを含む。

0098

選択可能に、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置へ前記セカンダリ接続の配置情報を送信することは、第一のプライマリネットワーク装置が端末装置へRRC接続再構成メッセージを送信し、該RRC接続再構成メッセージに該セカンダリ接続の配置情報が含まれることを含み、前記端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置のセカンダリ接続の配置情報を受信することは、該端末装置が該第一のプライマリネットワーク装置から送信されたRRC接続再構成メッセージを受信し、該RRC接続再構成メッセージに該セカンダリ接続の配置情報が含まれることを含む。

0099

理解すべきものとして、セカンダリ接続の配置情報は第一のプライマリネットワーク装置から端末装置へ送信されるダウンリンクメッセージに含まれてもよく、選択可能に、セカンダリ接続の配置情報は端末装置がアクセスする第一のプライマリネットワーク装置のダウンリンクメッセージに含まれてもよく、セカンダリ接続の配置情報が端末装置に個別に送信されてもよく、本発明の実施例はこれに限定されない。

0100

さらに、該セカンダリ接続の配置情報は、ベアラの配置情報、セキュリティコンテキストの配置情報などであってもよく、本発明の実施例はこれに限定されない。

0101

一つの選択可能な実施例として、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続を確立することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージを送信し、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージが前記セカンダリネットワーク装置をデータを伝送するためのネットワーク装置として追加するようにリクエストすることに用いられることと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリネットワーク装置から送信された前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージを受信し、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージに前記セカンダリ接続の配置情報が含まれ、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置との前記セカンダリ接続の確立に用いられることと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続の配置情報を取得することと、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置へ前記セカンダリ接続の配置情報を送信することとを含む。

0102

選択可能に、該セカンダリ接続追加リクエストメッセージに該セカンダリネットワーク装置の測定結果情報、端末装置のアクセス能力情報、サービス品質(Quality of Service:「QoS」と略称)のうちの少なくとも一つが含まれ、これにより、セカンダリネットワーク装置はこれらの情報に基づき、セカンダリ接続の確立を許可するか否かを確定し、セカンダリネットワーク装置がこれらの情報及びセカンダリネットワーク装置の現在の負荷状態に基づき、セカンダリ接続の確立を許可することを確定した場合、第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージを返信し、該確認メッセージにセカンダリ接続の配置情報が含まれ、該セカンダリ接続の配置情報がセカンダリ接続の確立に用いられ、セカンダリネットワーク装置がこれらの情報に基づき、セカンダリ接続の確立を許可しないことを確定した場合、第一のプライマリネットワーク装置へ失敗指示情報を返信し、該失敗指示情報に、セカンダリネットワーク装置のQoSがデータの伝送を満たしていることができないこと、セカンダリネットワーク装置のリンク品質が低すぎること、セカンダリネットワーク装置が現在輻輳状態にあることなどのセカンダリ接続の確立を許可しない理由が含まれる。第一のプライマリネットワーク装置が端末装置から報告された該セカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信した場合、該第一のプライマリネットワーク装置は該失敗指示情報における失敗理由に基づき、該セカンダリネットワーク装置へ該測定結果情報を送信するか否かを確定することができ、例えば、該セカンダリネットワーク装置の失敗理由がネットワーク輻輳であり、該セカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信した場合、該セカンダリネットワーク装置へ測定結果情報を送信しなくてもよく、このようにして電力消費を低減することができる。

0103

一つの選択可能な実施例として、前記第一のプライマリネットワークが、端末装置が前記プライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信した前記セカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信する前に、前記方法はさらに前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置へ第一の指示情報を送信し、前記第一の指示情報が前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように前記端末装置に指示することに用いられることと、前記端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置から送信された第一の指示情報を受信することとを含み、ここで、前記第一のプライマリネットワーク装置が、端末装置が前記プライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信した前記セカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信することはさらに前記第一のプライマリネットワーク装置が、前記端末装置が前記第一の指示情報に基づいて送信した前記測定結果情報を受信することを含む。

0104

さらに、該第一の指示情報はセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を報告するように端末装置に指示することに用いられてもよく、例えば測定結果情報を報告する時間、測定結果情報を報告する方式であってもよく、具体的には、該第一の指示情報はRRC接続確立リクエストメッセージに測定結果情報を含ませて報告するように端末装置に指示することができ、RRC接続確立完了メッセージに測定結果情報を含ませて報告するように端末装置に指示することもでき、測定レポートに測定結果情報を含ませて報告するように端末装置に指示することもでき、ハンドオーバー完了情報に測定結果情報を含ませて報告するように端末装置に指示することもでき、本発明の実施例はこれに限定されない。当然、第一の指示情報は上記情報における具体的な測定結果情報の具体的なバイト位置を示すこともできる。

0105

選択可能に、第一のプライマリネットワーク装置が端末装置へ第一の指示情報を送信する前に、該方法はさらに端末装置が第一のプライマリネットワーク装置へ第三の指示情報を送信することができ、第一のプライマリネットワーク装置が端末装置からの第三の指示情報を受信し、第三の指示情報が、端末装置がセカンダリネットワーク装置の測定結果指示情報を記憶しているか否かを示すことに用いられることを含み、さらに、端末装置は第三の指示情報を第一のプライマリネットワーク装置へ送信されるアップリンクメッセージに含ませることができ、例えばあるアップリンクメッセージにおいて特殊バイト位置が0である場合、端末装置が測定指示情報を記憶していないことを示し、特殊バイト位置が1である場合、端末装置が測定指示情報を記憶していることを示す。第一のプライマリネットワーク装置が端末装置から送信された第三の指示情報を受信し、端末装置が測定結果指示情報を記憶していることを確定した場合、端末装置へ第一の指示情報を送信し、測定結果情報を報告するように端末装置に指示する。

0106

一つの選択可能な実施例として、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記測定結果情報に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と端末装置とのセカンダリ接続の確立を確定することは、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記第一のプライマリネットワーク装置の負荷状況と前記測定結果情報に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置とのセカンダリ接続の確立を確定することを含む。

0107

具体的には、第一のプライマリネットワーク装置がそれ自体の負荷状態とセカンダリネットワーク装置の測定結果情報に基づき、セカンダリ接続を確立するか否かを確定することができ、例えば、第一のプライマリネットワーク装置の負荷が小さく、現在のアクセスされている端末装置が少なく、セカンダリネットワーク装置のチャネル品質が普通である場合、第一のプライマリネットワーク装置はセカンダリ接続を確立しないことを確定し、このようにしてセカンダリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージを送信する必要がなく、第一のプライマリネットワーク装置が輻輳状態にあり、セカンダリネットワーク装置のチャネル品質が第一のプライマリネットワーク装置のチャネル品質より高い場合、第一のプライマリネットワーク装置はセカンダリ接続を確立する必要があることを確定し、セカンダリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージを送信し、プライマリネットワーク装置の負荷を分担するようにセカンダリネットワーク装置にリクエストする。

0108

一つの選択可能な実施例として、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージに少なくとも一つのセカンダリセルの識別子情報がさらに含まれ、前記少なくとも一つのセカンダリセルは前記セカンダリネットワークによってサービスを提供するセルであり、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記測定結果情報に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と端末装置とのセカンダリ接続の確立を確定した後、前記方法はさらに前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置へ前記少なくとも一つのセカンダリセルの識別子情報を送信し、前記端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置から送信された少なくとも一つのセカンダリセルの識別子情報を受信し、端末装置が前記識別子情報に基づいて前記少なくとも一つのセカンダリセルにアクセスすることを含む。

0109

具体的には、セカンダリネットワーク装置がセカンダリ接続追加リクエストメッセージを受信した場合、セカンダリ接続追加リクエストメッセージに含まれるセカンダリネットワーク装置の測定結果情報及びセカンダリネットワーク装置自体の負荷状態に基づき、セカンダリ接続の確立を許可するか否かを確定し、セカンダリ接続の確立を許可する場合、第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージを返信し、該確認メッセージにセカンダリ接続の配置情報以外、少なくとも一つのセカンダリセルの識別子情報、例えばセル識別子リストが含まれてもよく、第一のプライマリネットワーク装置は該セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージを受信した後に、該少なくとも一つのセカンダリセルの識別子情報を端末装置に送信し、これにより、端末装置はセル識別子情報に基づいて対応するセカンダリセルにアクセスすることができる。

0110

一つの選択可能な実施例として、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続を確立した後、前記方法はさらに前記第一のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリネットワーク装置へ第二の指示情報を送信し、前記セカンダリネットワーク装置が前記第一のプライマリネットワーク装置から送信された第二の指示情報を受信し、前記第二の指示情報が前記第一の制御プレーンデータを伝送するように前記セカンダリネットワーク装置に指示することに用いられることを含む。

0111

具体的には、端末装置の第一の制御プレーンデータはセカンダリネットワーク装置によって直接伝送されてもよく、第一の制御プレーンデータはプライマリネットワークを介してセカンダリネットワーク装置に伝送され、セカンダリネットワーク装置によって端末装置へ伝送されてもよく、したがって、第一の制御プレーンデータがプライマリネットワークを介してセカンダリネットワーク装置に伝送され、さらに端末装置に伝送される必要がある場合、第一のプライマリネットワーク装置はセカンダリネットワーク装置へ第二の指示情報を送信することにより、第一の制御プレーンデータを伝送するようにセカンダリネットワーク装置に指示することができ、即ちネットワーク装置配置の方式により、第一の制御プレーンデータを伝送するようにセカンダリネットワーク装置に通知することができる。

0112

一つの選択可能な実施例として、前記方法はさらに前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置へプライマリ接続の配置情報を送信し、前記プライマリ接続の配置情報が、前記端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置とのプライマリ接続を確立することに用いられ、前記プライマリ接続がデータを伝送することに用いられることを含む。

0113

選択可能に、前記データパケットは第一の制御プレーンデータと第二の制御プレーンデータを含む。

0114

具体的には、ネットワーク側が端末側へ制御プレーンデータを伝送する必要がある場合、該制御プレーンデータはプライマリ接続により伝送されてもよく、この場合、第一のプライマリネットワーク装置はプライマリ接続の配置情報を端末装置に送信する必要があり、該制御プレーンデータがセカンダリ接続により伝送される場合、第一のプライマリネットワーク装置はセカンダリ接続の配置情報を端末装置に送信し、該第一の制御プレーンデータがセカンダリ接続により伝送され、第二の制御プレーンデータがプライマリ接続により伝送される場合、第一のプライマリネットワーク装置はセカンダリ接続の配置情報とプライマリ接続の配置情報を端末装置に送信し、プライマリ接続の配置情報とセカンダリ接続の配置情報が端末装置に同時に送信されてもよく、また端末装置に順次送信されてもよく、本発明の実施例はこれに限定されない。

0115

一つの選択可能な実施例として、前記第一のプライマリネットワーク装置は長期進化型(LTE)ネットワーク装置におけるネットワーク装置であり、前記セカンダリネットワーク装置は5Gネットワークにおけるネットワーク装置である。

0116

理解すべきものとして、本発明の実施例に記載される制御プレーンデータは例えばRRCシグナリングであってもよく、ユーザプレーンデータは例えばユーザの専用ペアラデータであってもよい。

0117

選択可能に、端末装置のアクセスネットワーク装置とコアネットワーク装置の間のデータは第一のプライマリネットワーク装置を介してコアネットワーク装置に直接伝送されてもよく、又は第一のプライマリネットワーク装置とセカンダリネットワーク装置を介してそれぞれコアネットワーク装置に伝送されてもよく、又はセカンダリネットワーク装置を介してコアネットワーク装置に直接伝送されてもよく、又は、部分のデータは第一のプライマリネットワーク装置を介してコアネットワーク装置に直接伝送され、別の部分のデータは第一のプライマリネットワーク装置を介してセカンダリネットワーク装置に伝送され、さらにセカンダリネットワーク装置によって端末装置に伝送され、本発明の実施例はこれに限定されない。

0118

以下に図3図6を参照しながら本発明の実施例によるデータ伝送方法を説明する。

0119

図3は該測定結果情報がRRC接続確立リクエストメッセージに含まれる時の、本発明の実施例によるデータ伝送方法の実行過程を示す。

0120

S301において、端末装置は測定結果情報を確定し、セカンダリネットワーク装置に対する測定を実行する。

0121

選択可能に、該測定結果情報が該セカンダリネットワーク装置のネットワーク状況を表し、端末装置はシステムメッセージにおける配置情報に基づいてセカンダリネットワーク装置を測定することができ、端末装置は第一のプライマリネットワーク装置の指示情報に基づいてセカンダリネットワーク装置を測定することもでき、本発明の実施例はこれに限定されない。

0122

S302において、端末装置は第一のプライマリネットワーク装置へRRC接続リクエストメッセージを送信し、該接続確立リクエストメッセージに測定結果情報が含まれる。

0123

選択可能に、端末装置はサービスを伝送する必要がある時に、第一のプライマリネットワーク装置へRRC接続確立リクエストメッセージを送信し、RRC接続確立リクエストメッセージに測定結果情報が含まれることは一つの好ましい実施例だけであり、本発明の実施例において測定結果情報は他の方式により第一のプライマリネットワーク装置に報告されてもよい。

0124

S303において、第一のプライマリネットワーク装置は端末装置へRRC接続確立メッセージを送信する。

0125

S304において、端末装置は第一のプライマリネットワーク装置へRRC接続確立完了メッセージを送信する。

0126

S305において、第一のプライマリネットワーク装置はセカンダリネットワーク装置の測定結果情報及び第一のプライマリネットワーク装置の負荷状態のうちの少なくとも一つに基づき、セカンダリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージを送信するか否かを確定し、第一のプライマリネットワーク装置が測定結果情報と負荷状態のうちの少なくとも一つに基づき、セカンダリ接続の確立を確定した場合、セカンダリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージを送信し、該セカンダリ接続追加リクエストメッセージにセカンダリネットワーク装置の測定結果情報が含まれる。

0127

理解すべきものとして、端末装置によって測定されるセカンダリネットワーク装置は一つ又は複数であってもよく、第一のプライマリネットワーク装置は測定結果情報を受信した後、該一つ又は複数のセカンダリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージを送信することができ、当然、第一のプライマリネットワーク装置は自体の負荷状態及び測定結果情報に基づき、複数のセカンダリネットワーク装置のうちの部分のセカンダリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージを送信することができ、即ち第一のプライマリネットワーク装置の現在の負荷状態が部分のセカンダリネットワークだけで分担されてもよく、本発明の実施例はこれに限定されない。

0128

S306において、セカンダリネットワーク装置が第一のプライマリネットワーク装置から送信されたセカンダリ接続追加リクエストメッセージを受信した場合、該追加リクエストメッセージにおける測定結果情報及びセカンダリネットワーク装置自体のネットワーク負荷状態に基づき、セカンダリ接続の確立を許可するか否かを確定し、セカンダリ接続の確立を許可する場合、第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージを返信し、該確認メッセージにセカンダリ接続の配置情報が含まれ、該セカンダリ接続の配置情報がセカンダリ接続の確立に用いられ、
S307において、セカンダリネットワーク装置がセカンダリ接続の確立を拒絶する場合、第一のプライマリネットワーク装置へ失敗指示情報を返信し、該失敗指示情報に、セカンダリネットワーク装置のQoSがデータの伝送を満たしていることができないこと、セカンダリネットワーク装置のリンク品質が低すぎること、セカンダリネットワーク装置が現在輻輳状態にあることなどのセカンダリ接続の確立を許可しない理由が含まれ、本発明の実施例はこれに限定されない。

0129

S308において、S306の後に、第一のプライマリネットワーク装置がセカンダリネットワーク装置から送信された第一の測定結果情報を受信した場合、該セカンダリ接続の配置情報を端末装置に送信し、選択可能に、該セカンダリ接続の配置情報をRRC接続再構成メッセージに含ませて端末装置に送信することができる。

0130

S309において、端末装置は第一のプライマリネットワーク装置へRRC接続確立再構成完了メッセージを送信し、その後端末装置は該セカンダリ接続の配置情報に基づいてセカンダリネットワーク装置とセカンダリ接続を確立してデータを伝送することができ、該データが制御プレーンデータ及び/又はユーザプレーンデータであってもよい。

0131

図4は該測定結果情報がRRC接続確立完了メッセージに含まれる時の、本発明の実施例によるデータ伝送方法の実行過程を示す。

0132

S401において、端末装置は測定結果情報を確定し、セカンダリネットワーク装置に対する測定を実行する。

0133

選択可能に、該測定結果情報が該セカンダリネットワーク装置のネットワーク状況を表し、端末装置はシステムメッセージにおける配置情報に基づいてセカンダリネットワーク装置を測定することができ、端末装置は第一のプライマリネットワーク装置の指示情報に基づいてセカンダリネットワーク装置を測定することもでき、本発明の実施例はこれに限定されない。

0134

S402において、端末装置は第一のプライマリネットワーク装置へRRC接続リクエストメッセージを送信する。

0135

S403において、第一のプライマリネットワーク装置は端末装置へRRC接続確立メッセージを送信する。

0136

S404において、端末装置は第一のプライマリネットワーク装置へRRC接続確立完了メッセージを送信し、該RRC接続確立完了メッセージにセカンダリネットワーク装置の測定結果情報が含まれる。

0137

選択可能に、RRC接続確立完了メッセージに測定結果情報が含まれることは一つの好ましい実施例だけであり、本発明の実施例において測定結果情報は他の方式により第一のプライマリネットワーク装置に報告されてもよい。

0138

理解S401とS402、S403の実行順序は限定されず、S401はS404の前でさえすればよい。

0139

S405において、第一のプライマリネットワーク装置はセカンダリネットワーク装置の測定結果情報及び第一のプライマリネットワーク装置の負荷状態のうちの少なくとも一つに基づき、セカンダリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージを送信するか否かを確定し、第一のプライマリネットワーク装置が測定結果情報と負荷状態のうちの少なくとも一つに基づき、セカンダリ接続の確立を確定した場合、セカンダリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージを送信し、該セカンダリ接続追加リクエストメッセージにセカンダリネットワーク装置の測定結果情報が含まれ、
S406において、セカンダリネットワーク装置が第一のプライマリネットワーク装置から送信されたセカンダリ接続追加リクエストメッセージを受信した場合、該追加リクエストメッセージにおける測定結果情報及びセカンダリネットワーク装置自体のネットワーク負荷状態に基づき、セカンダリ接続の確立を許可するか否かを確定し、セカンダリ接続の確立を許可する場合、第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージを返信し、該確認メッセージにセカンダリ接続の配置情報が含まれ、該セカンダリ接続の配置情報がセカンダリ接続の確立に用いられ、
S407において、セカンダリネットワーク装置がセカンダリ接続の確立を拒絶する場合、第一のプライマリネットワーク装置へ失敗指示情報を返信し、該失敗指示情報に、セカンダリネットワーク装置のQoSがデータの伝送を満たしていることができないこと、セカンダリネットワーク装置のリンク品質が低すぎること、セカンダリネットワーク装置が現在輻輳状態にあることなどのセカンダリ接続の確立を許可しない理由が含まれ、
S408において、S406の後に、第一のプライマリネットワーク装置がセカンダリネットワーク装置から送信された第一の測定結果情報を受信した場合、該セカンダリ接続の配置情報を端末装置に送信し、選択可能に、該セカンダリ接続の配置情報をRRC接続再構成メッセージに含ませて端末装置に送信することができ、
S409において、端末装置は第一のプライマリネットワーク装置へRRC接続確立再構成完了メッセージを送信し、その後端末装置は該セカンダリ接続の配置情報に基づいてセカンダリネットワーク装置とセカンダリ接続を確立してデータを伝送することができ、該データが制御プレーンデータ及び/又はユーザプレーンデータであってもよい。

0140

図5図6において本発明の実施例のハンドオーバーシーンにおけるデータ伝送方法が説明される。

0141

図5は該測定結果情報がハンドオーバーリクエストメッセージに含まれる時の、本発明の実施例によるデータ伝送方法の実行過程を示す。

0142

S501において、端末装置は測定結果情報を確定し、セカンダリネットワーク装置に対する測定を実行する。

0143

選択可能に、該測定結果情報が該セカンダリネットワーク装置のネットワーク状況を反映し、端末装置はシステムメッセージにおける配置情報に基づいてセカンダリネットワーク装置を測定することができ、端末装置は第一のプライマリネットワーク装置の指示情報に基づいてセカンダリネットワーク装置を測定することもでき、本発明の実施例はこれに限定されない。

0144

理解すべきものとして、ハンドオーバー過程において端末装置の測定するセカンダリネットワーク装置は第一のプライマリネットワーク装置110のセカンダリネットワーク装置である可能性があり、第二のプライマリネットワーク装置140のセカンダリネットワーク装置である可能性もあり、他のプライマリネットワーク装置におけるセカンダリネットワーク装置である可能性もあり、本発明の実施例はこれに限定されない。

0145

S502において、端末装置は第二のプライマリネットワーク装置140へ測定レポートを送信する時に、セカンダリネットワーク装置の測定結果情報を測定レポートに含ませて第二のプライマリネットワーク装置140に送信し、該測定レポートが、端末装置と第二のプライマリネットワーク装置がデータを伝送する過程で生成された測定レポートである。

0146

S503において、第二のプライマリネットワーク装置140は端末装置から送信された測定レポートを受信する時に、測定レポートに示される現在の通信品質情報に基づき、ハンドオーバーする必要があるか否かを確定し、ハンドオーバーする必要がある場合、測定レポートにおける測定結果情報をハンドオーバーリクエストメッセージに含ませて第一のプライマリネットワーク装置に送信し、
理解すべきものとして、第二のプライマリネットワーク装置は現在のネットワークトポロジ構造に基づき、どのセカンダリネットワーク装置が第一のプライマリネットワーク装置であるかを確定し、第一のプライマリネットワーク装置に対応する測定結果情報を第一のプライマリネットワーク装置に送信することができる。

0147

S504において、第一のプライマリネットワーク装置は、ハンドオーバーリクエストメッセージを受信する時に、ハンドオーバーリクエストメッセージに含まれる測定結果情報及びそれ自体のネットワーク状態に基づき、セカンダリ接続を確立する必要があるか否かを確定し、セカンダリ接続を確立する必要がある場合、セカンダリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージを送信し、該セカンダリ接続追加リクエストメッセージにセカンダリネットワーク装置の測定結果情報が含まれ、
S505において、セカンダリネットワーク装置が第一のプライマリネットワーク装置から送信されたセカンダリ接続追加リクエストメッセージを受信した場合、該セカンダリ接続追加リクエストメッセージにおける測定結果情報及びセカンダリネットワーク装置自体のネットワーク負荷状態に基づき、セカンダリ接続の確立を許可するか否かを確定し、セカンダリ接続の確立を許可する場合、第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージを返信し、該確認メッセージにセカンダリ接続の配置情報が含まれ、該セカンダリ接続の配置情報がセカンダリ接続の確立に用いられる。

0148

S506において、セカンダリネットワーク装置がセカンダリ接続の確立を拒絶する場合、第一のプライマリネットワーク装置へ失敗指示情報を返信し、該失敗指示情報に、セカンダリネットワーク装置のQoSがデータの伝送を満たしていることができないこと、セカンダリネットワーク装置のリンク品質が低すぎること、セカンダリネットワーク装置が現在輻輳状態にあることなどのセカンダリ接続の確立を許可しない理由が含まれる。

0149

S507において、S505の後に、第一のプライマリネットワーク装置は第二のライマリネトワーク装置へハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージを送信し、該確認メッセージにセカンダリ接続の配置情報が含まれる。

0150

S508において、第二のライマリネットワーク装置は該ハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージを受信した後に、端末装置へ該セカンダリ接続の配置情報を送信し、選択可能に、セカンダリ接続の配置情報をRRC接続再構成メッセージに含ませて端末装置に送信してもよい。

0151

S509において、端末装置は、第一のライマリネットワーク装置へRRC接続再構成完了メッセージを送信し、その後、端末装置は該セカンダリ接続の配置情報に基づいてセカンダリネットワーク装置とセカンダリ接続を確立してデータを伝送することができ、該データが制御プレーンデータ及び/又はユーザプレーンデータであってもよい。

0152

図6は該測定結果情報がハンドオーバー完了メッセージに含まれる時の、本発明の実施例によるデータ伝送方法の実行過程を示す。

0153

S601において、端末装置は測定結果情報を確定し、セカンダリネットワーク装置に対する測定を実行する。

0154

選択可能に、該測定結果情報が該セカンダリネットワーク装置のネットワーク状況を反映し、端末装置はシステムメッセージにおける配置情報に基づいてセカンダリネットワーク装置を測定することができ、端末装置は第一のプライマリネットワーク装置の指示情報に基づいてセカンダリネットワーク装置を測定することもでき、本発明の実施例はこれに限定されない。

0155

理解すべきものとして、ハンドオーバー過程において端末装置によって測定されたセカンダリネットワーク装置は第一のプライマリネットワーク装置110のセカンダリネットワーク装置である可能性があり、第二のプライマリネットワーク装置140のセカンダリネットワーク装置である可能性もあり、他のプライマリネットワーク装置におけるセカンダリネットワーク装置である可能性もあり、本発明の実施例はこれに限定されない。

0156

S602において、端末装置は第二のプライマリネットワーク装置140へ測定レポートを送信し、該測定レポートが、端末装置と第二のプライマリネットワーク装置がデータを伝送する過程で生成された測定レポートである。

0157

S603において、第二のプライマリネットワーク装置140は端末装置から送信された測定レポートを受信する時に、測定レポートに示される現在の通信品質情報に基づき、ハンドオーバーするか否かを確定し、ハンドオーバーする必要がある場合、第二のプライマリネットワーク装置は第一のプライマリネットワーク装置へハンドオーバーリクエストメッセージを送信する。

0158

理解すべきものとして、第二のプライマリネットワーク装置は現在のネットワークトポロジ構造に基づき、どのセカンダリネットワーク装置が第一のプライマリネットワーク装置であるかを確定し、第一のプライマリネットワーク装置に対応する測定結果情報を第一のプライマリネットワーク装置に送信することができる。

0159

S604において、第一のプライマリネットワーク装置がハンドオーバーできることを確定した場合、第二のプライマリネットワーク装置へハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージを送信し、
S605において、第二のプライマリネットワーク装置は端末装置へハンドオーバー指示情報を送信し、ハンドオーバー指示情報が第一のプライマリネットワーク装置にアクセスするように端末装置に指示することに用いられ、即ち第二のプライマリネットワーク装置はソースネットワーク装置として理解してもよく、第一のプライマリネットワーク装置はターゲットネットワーク装置として理解してもよい。

0160

S606において、端末装置は第一のプライマリネットワーク装置へハンドオーバー完了メッセージを送信し、該ハンドオーバー完了メッセージにセカンダリネットワーク装置の測定結果情報が含まれ、
理解すべきものとして、S601とS602、S603、S604とS605の順序が限定されず、S601がS606の前でさえすればよい。

0161

S607において、第一のプライマリネットワーク装置が該ハンドオーバー完了メッセージを受信した場合、該ハンドオーバー完了メッセージに含まれる測定結果情報及び第一のプライマリネットワーク装置の現在の負荷状態に基づき、セカンダリ接続を確立するか否かを確定し、セカンダリ接続を確立する必要があることを確定した場合、現在のネットワークトポロジ構造に基づき、該第一のプライマリネットワーク装置のセカンダリネットワーク装置へそれぞれに対応する測定結果情報を送信し、測定結果情報をセカンダリ接続追加リクエストメッセージに含ませてセカンダリネットワーク装置へ送信する。

0162

S608において、セカンダリネットワーク装置が第一のプライマリネットワーク装置から送信されたセカンダリ接続追加リクエストメッセージを受信した場合、該追加リクエストメッセージにおける測定結果情報及びセカンダリネットワーク装置自体のネットワーク負荷状態に基づき、セカンダリ接続の確立を許可するか否かを確定し、セカンダリ接続の確立を許可する場合、第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージを返信し、該確認メッセージにセカンダリ接続の配置情報が含まれ、該セカンダリ接続の配置情報がセカンダリ接続の確立に用いられる。

0163

S609において、セカンダリネットワーク装置がセカンダリ接続の確立を拒絶する場合、第一のプライマリネットワーク装置へ失敗指示情報を返信し、該失敗指示情報に、セカンダリネットワーク装置のQoSがデータの伝送を満たしていることができないこと、セカンダリネットワーク装置のリンク品質が低すぎること、セカンダリネットワーク装置が現在輻輳状態にあることなどのセカンダリ接続の確立を許可しない理由が含まれる。

0164

S610において、S608の後に、第一のプライマリネットワーク装置は端末装置へRRC接続再構成メッセージを送信し、該RRC接続再構成メッセージにセカンダリ接続の配置情報が含まれる。

0165

S611において、端末装置は、第一のライマリネットワーク装置へRRC接続再構成完了メッセージを送信し、その後端末装置は該セカンダリ接続の配置情報に基づいてセカンダリネットワーク装置とセカンダリ接続を確立してデータを伝送することができ、該データが制御プレーンデータ及び/又はユーザプレーンデータであってもよい。

0166

図7は本発明の実施例によるデータ伝送装置700の概略図であり、該装置は例えば第一のプライマリネットワーク装置であってもよく、該装置700は受信モジュール710、確定モジュール720、確立モジュール730を備える。

0167

受信モジュール710は、端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信するように構成され、前記測定結果情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質を示すことに用いられる。

0168

確定モジュール720は、前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と端末装置のセカンダリ接続の確立を確定するように構成される。

0169

確立モジュール730は、前記セカンダリ接続を確立するように構成される。

0170

一つの選択可能な実施例として、前記受信モジュール710は具体的に無線リソース制御(RRC)接続確立リクエストメッセージ、又は前記RRC接続確立完了メッセージに含まれる前記測定結果情報を受信するように構成される。

0171

一つの選択可能な実施例として、前記受信モジュール710は具体的に前記端末装置から送信された、ハンドオーバー完了メッセージに含まれる前記測定結果情報を受信するように構成され、前記ハンドオーバー完了メッセージが、さらに前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置が既に第二のプライマリネットワーク装置から前記装置700にハンドオーバーされたことを示すことに用いられる。

0172

一つの選択可能な実施例として、前記受信モジュール710は具体的に前記第一のプライマリネットワーク装置が第二のプライマリネットワーク装置から送信された、ハンドオーバーリクエストメッセージに含まれる前記測定結果情報を受信するように構成され、前記ハンドオーバーリクエストメッセージがさらに前記第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーする必要があることを前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置にリクエストすることに用いられる。

0173

一つの選択可能な実施例として、前記確立モジュール730は具体的に前記第二のプライマリネットワーク装置から送信されたハンドオーバーリクエストメッセージを受信した後、前記第二のプライマリネットワーク装置へハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージを送信するように構成され、前記ハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージに前記セカンダリ接続の配置情報が含まれ、前記第二のプライマリネットワーク装置が前記セカンダリ接続の配置情報を前記端末装置に送信するようにするように構成され、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置との前記セカンダリ接続の確立に用いられる。

0174

選択可能に、該確立モジュール730は前記第二のプライマリネットワーク装置へハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージを送信するように構成される送信ユニットを含むことができる。

0175

一つの選択可能な実施例として、前記装置700はさらに、端末装置が前記プライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信する前に、前記端末装置へ第一の指示情報を送信するように構成され、前記第一の指示情報が前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように前記端末装置に指示することに用いられる第一の送信モジュールを備え、前記受信モジュール710は具体的に前記端末装置が前記第一の指示情報に基づいて送信した前記測定結果情報を受信するように構成される。

0176

一つの選択可能な実施例として、前記確立モジュール730は具体的に前記セカンダリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージを送信し、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージが前記セカンダリネットワーク装置をデータを伝送するためのネットワーク装置として追加するようにリクエストすることに用いられ、前記セカンダリネットワーク装置から送信された前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージを受信し、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージに前記セカンダリ接続の配置情報が含まれ、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置との前記セカンダリ接続を確立することに用いられ、前記セカンダリ接続の配置情報を取得し、前記端末装置へ前記セカンダリ接続の配置情報を送信するように構成される。

0177

選択可能に、確立モジュール730は送信ユニット、受信ユニット取得ユニット、送信ユニットを含むことができ、ここで、送信ユニットが前記セカンダリネットワーク装置へセカンダリ接続追加リクエストメッセージを送信するように構成され、受信ユニットが前記セカンダリネットワーク装置から送信された前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージを受信するように構成され、取得ユニットが前記セカンダリ接続の配置情報を取得するように構成され、送信ユニットが前記端末装置へ前記セカンダリ接続の配置情報を送信するように構成される。

0178

一つの選択可能な実施例として、前記確定モジュール720は具体的に前記第一のプライマリネットワーク装置の負荷状況と前記測定結果情報に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置とのセカンダリ接続の確立を確定するように構成される。

0179

一つの選択可能な実施例として、前記装置700はさらに前記端末装置へプライマリ接続の配置情報を送信するように構成され、前記プライマリ接続の配置情報が、前記端末装置が前記装置700とのプライマリ接続を確立することに用いられ、前記プライマリ接続がデータを伝送することに用いられる第二の送信モジュールを備える。

0180

一つの選択可能な実施例として、前記装置700は長期進化型(LTE)ネットワークにおけるネットワーク装置であり、前記セカンダリネットワーク装置は5Gネットワーク装置におけるネットワーク装置である。

0181

一つの選択可能な実施例として、前記セカンダリ接続は第一の制御プレーンデータ及び/又はユーザプレーンデータを伝送することに用いられる。

0182

理解すべきものとして、ここでの装置700は機能モジュールの形態で具現化される。ここでの用語「モジュール」は特定用途向け集積回路ASIC:Application Specific IntegratedCircuit)、電子回路、一つ又は複数のソフトウェア又はファームウェアプログラムを実行するためのプロセッサ(例えば共有プロセッサプロプライエタリプロセッサ又はグループプロセッサなど)とメモリ、組み合わせ論理回路及び/又は説明される機能をサポートする他の適切な部材であってもよい。一つの選択可能な例では、当業者は、装置700が具体的に上記実施例における第一のプライマリネットワーク装置であってもよく、装置700が上記方法の実施例における、第一のプライマリネットワーク装置に対応する各過程及び/又はステップを実行することに用いられてもよく、繰り返しを回避するために、ここで説明を省略する。

0183

図8は本発明の実施例によるデータ伝送装置800の別の概略ブロック図であり、例えば該装置は端末装置であってもよく、該装置800は送信モジュール810、受信モジュール820、アクセスモジュール830を備える。

0184

送信モジュール810は、前記装置800が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信し、第一のプライマリネットワーク装置が前記測定結果情報に基づいて前記セカンダリ接続の配置情報を取得するようにするように構成され、前記測定結果情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記装置800の間のリンク品質を示すことに用いられる。

0185

受信モジュール820は、前記第一のプライマリネットワーク装置から送信された前記セカンダリ接続の配置情報を受信するように構成され、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記装置800とのセカンダリ接続の確立に用いられる。

0186

アクセスモジュール830は、前記セカンダリ接続の配置情報に基づいて前記セカンダリネットワーク装置にアクセスするように構成される。

0187

一つの選択可能な実施例として、前記送信モジュール810は具体的に無線リソース制御(RRC)接続確立リクエストメッセージ、又はRRC接続確立完了メッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように構成される。

0188

一つの選択可能な実施例として、前記送信モジュール810は具体的に第二のプライマリネットワーク装置を介して前記第一のプライマリネットワーク装置へ測定結果情報を送信し、前記測定結果情報が前記装置800から前記第二のプライマリネットワーク装置へ送信される測定レポートに含まれ、前記第二のプライマリネットワーク装置が前記測定レポートに基づいて前記第一のプライマリネットワーク装置へハンドオーバーリクエストメッセージを送信するようにし、前記ハンドオーバーリクエストメッセージに前記測定結果情報が含まれ、前記ハンドオーバーリクエストメッセージがさらに前記第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーする必要があることを前記装置800にサービスを提供するネットワーク装置にリクエストすることに用いられる。

0189

一つの選択可能な実施例として、前記送信モジュール810は具体的にハンドオーバー完了メッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように構成され、前記ハンドオーバー完了メッセージがさらに前記装置800にサービスを提供するネットワーク装置が既に第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーされたことを示すことに用いられる。

0190

一つの選択可能な実施例として、前記受信モジュール820はさらに前記装置800が第一のプライマリネットワーク装置にアクセスする過程において第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信する前に、前記第一のプライマリネットワーク装置から送信された第一の指示情報を受信するように構成され、前記第一の指示情報が前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように前記装置800に指示することに用いられ、前記送信モジュール810は具体的に前記第一の指示情報に基づき、前記第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように構成される。

0191

一つの選択可能な実施例として、前記送信モジュール810は具体的に前記装置800が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程において第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信する前に、前記装置800と前記セカンダリネットワーク装置の間のチャネル品質がプリセット条件を満たしている場合、前記装置800が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように構成される。

0192

一つの選択可能な実施例として、前記受信モジュール810はさらに
前記第一のプライマリネットワーク装置から送信されたプライマリ接続の配置情報を受信するように構成され、前記プライマリ接続の配置情報が、前記装置800が前記第一のプライマリネットワーク装置とのプライマリ接続を確立することに用いられ、前記プライマリ接続がデータを伝送することに用いられる。

0193

理解すべきものとして、ここでの装置800は機能モジュールの形態で具現化される。ここでの用語「モジュール」はASIC、電子回路、一つ又は複数のソフトウェア又はファームウェアプログラムを実行するためのプロセッサ(例えば共有プロセッサ、プロプライエタリプロセッサ又はグループプロセッサなど)とメモリ、組み合わせ論理回路及び/又は説明される機能をサポートする他の適切な部材であってもよい。一つの選択可能な例では、当業者は、装置800が具体的に上記実施例における端末装置であってもよいことを理解でき、装置800が上記方法の実施例における、端末装置に対応する各過程及び/又はステップを実行することに用いられてもよく、繰り返しを回避するために、ここで説明を省略する。

0194

図9は本発明の実施例によるデータ伝送装置900の概略ブロック図であり、例えば該装置は第二のプライマリネットワーク装置であってもよく、該装置900は、受信モジュール910、送信モジュール920を備える。

0195

受信モジュール910は、端末装置から送信された測定結果情報を受信するように構成され、前記測定結果情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質を示すことに用いられる。

0196

送信モジュール920は、前記第一のプライマリネットワーク装置へ測定結果情報を送信し、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記測定結果情報に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置とのセカンダリ接続の確立を確定するようにするように構成され、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記端末装置によってハンドオーバーされるターゲットネットワーク装置であり、前記装置が前記端末装置によってハンドオーバーされるソースネットワーク装置である。

0197

一つの選択可能な実施例として、前記受信モジュール910は具体的に測定レポートに含まれる前記測定結果情報を受信するように構成され、前記送信モジュール920は具体的に前記ハンドオーバーリクエストメッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信するように構成され、前記ハンドオーバーリクエストメッセージがさらに前記第二のプライマリネットワーク装置から前記第一のプライマリネットワーク装置にハンドオーバーする必要があることを前記端末装置にサービスを提供するネットワーク装置にリクエストすることに用いられる。

0198

一つの選択可能な実施例として、前記受信モジュール910はさらに
前記装置がハンドオーバーリクエストメッセージによって前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信した後、前記第一のプライマリネットワーク装置から送信された前記ハンドオーバーリクエストメッセージの確認メッセージに含まれる前記セカンダリ接続の配置情報を受信するように構成され、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置との前記セカンダリ接続の確立に用いられ、前記送信モジュール920はさらに前記端末装置へ前記セカンダリ接続の配置情報を送信するように構成される。

0199

理解すべきものとして、ここでの装置900は機能モジュールの形態で具現化される。ここでの用語「モジュール」はASIC、電子回路、一つ又は複数のソフトウェア又はファームウェアプログラムを実行するためのプロセッサ(例えば共有プロセッサ、プロプライエタリプロセッサ又はグループプロセッサなど)とメモリ、組み合わせ論理回路及び/又は説明される機能をサポートする他の適切な部材であってもよい。一つの選択可能な例では、当業者は、装置900が具体的に上記実施例における第二のプライマリネットワーク装置であってもよいことを理解でき、装置900が上記方法の実施例における、第二のプライマリネットワーク装置に対応する各過程及び/又はステップを実行することに用いられてもよく、繰り返しを回避するために、ここで説明を省略する。

0200

図10は本発明の実施例によるデータ伝送装置1000の概略であり、例えば該装置はセカンダリネットワーク装置であってもよく、該装置1000は受信モジュール1010、送信モジュール1020を備える。

0201

受信モジュール1010は、第一のプライマリネットワーク装置から送信されたセカンダリ接続追加リクエストメッセージを受信するように構成され、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージが前記セカンダリネットワーク装置と端末装置とのセカンダリ接続の確立をリクエストすることに用いられ、前記セカンダリ接続がデータを伝送することに用いられ、前記データが第一の制御プレーンデータとユーザプレーンデータを含む。

0202

送信モジュール1020は、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージに基づいて前記第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリ接続の配置情報を送信するように構成され、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリ接続の確立に用いられる。

0203

一つの選択可能な実施例として、送信モジュール1020は具体的に前記セカンダリネットワーク装置が前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージを送信するように構成され、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージに前記セカンダリ接続の配置情報が含まれる。

0204

一つの選択可能な実施例として、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージの確認メッセージにも少なくとも一つのセカンダリセルの識別子情報が含まれ、前記少なくとも一つのセカンダリセルが前記セカンダリネットワーク装置によってサービスを提供するセルである。

0205

一つの選択可能な実施例として、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージに補助情報が含まれ、前記補助情報が測定結果情報、前記端末装置のアクセス能力情報とデータのサービス品質(QoS)情報のうちの少なくとも一つを含み、前記測定結果情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質情報を示すことに用いられる。

0206

一つの選択可能な実施例として、前記セカンダリネットワーク装置が前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージに基づいて前記第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリ接続の配置情報を送信することは、前記セカンダリネットワーク装置が前記補助情報と前記セカンダリネットワーク装置の負荷状況に基づき、前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記セカンダリ接続の配置情報を送信することを含む。

0207

理解すべきものとして、ここでの装置1000は機能モジュールの形態で具現化される。ここでの用語「モジュール」はASIC、電子回路、一つ又は複数のソフトウェア又はファームウェアプログラムを実行するためのプロセッサ(例えば共有プロセッサ、プロプライエタリプロセッサ又はグループプロセッサなど)とメモリ、組み合わせ論理回路及び/又は説明される機能をサポートする他の適切な部材であってもよい。一つの選択可能な例では、当業者は、装置1000が具体的に上記実施例におけるセカンダリネットワーク装置であってもよいことを理解でき、装置1000が上記方法の実施例における、セカンダリネットワーク装置に対応する各過程及び/又はステップを実行することに用いられてもよく、繰り返しを回避するために、ここで説明を省略する。

0208

図11は本発明の実施例によるデータを伝送するためのシステム1100の概略構造図である。該通信システム1100は装置700と装置800を備える。

0209

図12は本発明の実施例によるデータを伝送するためのシステム1200の概略構造図である。該通信システムは装置700、装置800と装置900を備える。

0210

図13は本発明の実施例によるデータを伝送するためのシステム1300の概略構造図である。該通信システムは装置700、装置800と装置1000を備える。

0211

図14は本発明の実施例によるデータ伝送装置1400の概略図である。該装置1400は受信機1410、プロセッサ1420、送信機1430、メモリ1440とバスシステム1450を備える。ここで、受信機1410、プロセッサ1420、送信機1430とメモリ1440がバスシステム1450を介して接続され、該メモリ1440が命令を記憶することに用いられ、該プロセッサ1420が該メモリ1440に記憶された命令を実行し、信号を受信するように該受信機1410を制御し、命令を送信するように該送信機1430を制御することに用いられる。

0212

ここで、受信機1410は端末装置が前記第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で送信したセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を受信するように構成され、前記測定結果情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質を示すことに用いられ、プロセッサ1420は前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と端末装置のセカンダリ接続の確立を確定するように構成され、前記プロセッサ1420は前記セカンダリ接続を確立するように構成される。

0213

理解すべきものとして、装置1400は具体的に上記実施例における第一のプライマリネットワーク装置であってもよく、そして上記方法の実施例における第一のプライマリネットワーク装置に対応する各過程及び/又は過程を実行することに用いられてもよい。選択可能に、該メモリ1440は読み取り専用メモリランダムアクセスメモリを含み、プロセッサへ命令とデータを提供することができる。メモリの一部はさらに不揮発性ランダムアクセスメモリを含むことができる。例えば、メモリはさらに装置タイプの情報を記憶することができる。該プロセッサ1420はメモリに記憶された命令を実行することに用いられてもよく、そして該プロセッサが該命令を実行する場合、該プロセッサは上記方法の実施例における第一のプライマリネットワーク装置に対応する各ステップを実行することができる。

0214

図15は本発明の実施例によるデータ伝送装置1500の概略図である。該装置1500は受信機1510、プロセッサ1520、送信機1530、メモリ1540とバスシステム1550を備える。ここで、受信機1510、プロセッサ1520、送信機1530とメモリ1540がバスシステム1550を介して接続され、該メモリ1540が命令を記憶することに用いられ、該プロセッサ1520が該メモリ1540に記憶された命令を実行し、信号を受信するように該受信機1510を制御し、命令を送信するように該送信機1530を制御することに用いられる。

0215

ここで、送信機1530は、前記装置が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程で第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリネットワーク装置の測定結果情報を送信し、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記測定結果情報に基づいて前記セカンダリ接続の配置情報を取得するようにするように構成され、前記測定結果情報が前記セカンダリネットワーク装置と前記装置の間のリンク品質を示すことに用いられ、受信機1510は前記第一のプライマリネットワーク装置から送信された前記セカンダリ接続の配置情報を受信するように構成され、前記プロセッサ1520は前記セカンダリ接続の配置情報に基づいて前記セカンダリネットワーク装置にアクセスするように構成される。

0216

理解すべきものとして、装置1500は具体的に上記実施例における端末装置であってもよく、そして上記方法の実施例における端末装置に対応する各ステップ及び/又は過程を実行することに用いられてもよい。選択可能に、該メモリ1540は読み取り専用メモリとランダムアクセスメモリを含み、プロセッサへ命令とデータを提供することができる。メモリの一部はさらに不揮発性ランダムアクセスメモリを含むことができる。例えば、メモリはさらに装置タイプの情報を記憶することができる。該プロセッサ1520はメモリに記憶された命令を実行することに用いられてもよく、そして該プロセッサが該命令を実行する場合、該プロセッサは上記方法の実施例における端末装置に対応する各ステップを実行することができる。

0217

図16は本発明の実施例によるデータ伝送装置1600の概略図である。該装置1600は受信機1610、プロセッサ1620、送信機1630、メモリ1640とバスシステム1650を備える。ここで、受信機1610、プロセッサ1620、送信機1630とメモリ1640がバスシステム1650を介して接続され、該メモリ1640が命令を記憶することに用いられ、該プロセッサ1620が該メモリ1640に記憶された命令を実行し、信号を受信するように該受信機1610を制御し、命令を送信するように該送信機1630を制御することに用いられる。

0218

ここで、受信機1610は端末装置から送信された測定結果情報を受信するように構成され、前記測定結果情報がセカンダリネットワーク装置と前記端末装置の間のリンク品質を示すことに用いられ、送信機1630は前記装置1600が第一のプライマリネットワーク装置へのアクセス過程において、前記第一のプライマリネットワーク装置へ前記測定結果情報を送信し、前記第一のプライマリネットワーク装置が前記測定結果情報に基づき、前記セカンダリネットワーク装置と前記端末装置とのセカンダリ接続の確立を確定するようにするように構成される。

0219

理解すべきものとして、装置1600は具体的に上記実施例における第二のプライマリネットワーク装置であってもよく、そして上記方法の実施例における第二のプライマリネットワーク装置に対応する各ステップ及び/又は過程を実行することに用いられてもよい。選択可能に、該メモリ1640は読み取り専用メモリとランダムアクセスメモリを含み、プロセッサへ命令とデータを提供することができる。メモリの一部はさらに不揮発性ランダムアクセスメモリを含むことができる。例えば、メモリはさらに装置タイプの情報を記憶することができる。該プロセッサ1620はメモリに記憶された命令を実行することに用いられてもよく、そして該プロセッサが該命令を実行する場合、該プロセッサは上記方法の実施例における第二のプライマリネットワーク装置に対応する各ステップを実行することができる。

0220

図17は本発明の実施例によるデータ伝送装置1700の概略図である。該装置1700は受信機1710、プロセッサ1720、送信機1730、メモリ1740とバスシステム1750を備える。ここで、受信機1710、プロセッサ1720、送信機1730とメモリ1740がバスシステム1750を介して接続され、該メモリ1740が命令を記憶することに用いられ、該プロセッサ1720が該メモリ1740に記憶された命令を実行し、信号を受信するように該受信機1710を制御し、命令を送信するように該送信機1730を制御することに用いられる。

0221

ここで、受信機1710は第一のプライマリネットワーク装置から送信されたセカンダリ接続追加リクエストメッセージを受信するように構成され、前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージが前記セカンダリネットワーク装置と端末装置とのセカンダリ接続の確立に用いられ、送信機1730は前記セカンダリ接続追加リクエストメッセージに基づいて前記第一のプライマリネットワーク装置へセカンダリ接続の配置情報を送信するように構成され、前記セカンダリ接続の配置情報が前記セカンダリ接続の確立に用いられる。

0222

理解すべきものとして、装置1700は具体的に上記実施例におけるセカンダリネットワーク装置であってもよく、そして上記方法の実施例におけるセカンダリネットワーク装置に対応する各ステップ及び/又は過程を実行することに用いられてもよい。選択可能に、該メモリ1740は読み取り専用メモリとランダムアクセスメモリを含み、プロセッサへ命令とデータを提供することができる。メモリの一部はさらに不揮発性ランダムアクセスメモリを含むことができる。例えば、メモリはさらに装置タイプの情報を記憶することができる。該プロセッサ1720はメモリに記憶された命令を実行することに用いられてもよく、そして該プロセッサが該命令を実行する場合、該プロセッサは上記方法の実施例におけるセカンダリネットワーク装置に対応する各ステップを実行することができる。

0223

理解すべきものとして、本発明の実施例では、プロセッサ1420、プロセッサ1520、プロセッサ1620とプロセッサ1720は中央処理ユニット(CPU:Central Processing Unit)であってもよく、プロセッサは他の汎用プロセッサデジタル信号プロセッサ(DSP)、特定用途向け集積回路(ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイFPGA)又は他のプログラマブルロジックデバイスディスクリートゲート又はトランジスタであってもよい。汎用プロセッサはマイクロプロセッサであってもよく、又は該プロセッサはいずれかの従来のプロセッサなどであってもよい。

0224

理解すべきものとして、本明細書では用語「及び/又は」は、関連するオブジェクト関連関係記述するためのものだけであり、3種類の関係が存在してもよいことを示し、A及び/又はBは、Aが単独で存在すること、AとBが同時に存在すること、Bが単独で存在することの3つの状況を示すことができる。また、本明細書では文字「/」は、一般的に前後にある関連オブジェクトが「又は」の関係であることを示す。

0225

本発明の様々な実施例では、上記の各過程の番号の大きさが実行順序を意味せず、各過程の実行順序はその機能と内部ロジックによって確定されるべきであり、本発明の実施例の実施過程のいかなる限定を構成すべきではないと理解すべきである。

0226

当業者であれば、本明細書に開示される実施例と組み合わせて説明された各例のユニット及びアルゴリズムステップは、電子ハードウェア、又はコンピュータソフトウェアと電子ハードウェアとの組み合わせで実現されてもよいと理解できる。これらの機能がハードウェア又はソフトウェアで実行されるかどうかは技術的解決策の特定アプリケーション設計制約条件に依存する。専門技術者は各特定のアプリケーションに対して異なる方法を使用して説明された機能を実現することができるが、このような実現は本発明の範囲を超えていると考えられるべきではない。

0227

当業者は便利且つ簡潔で説明するために、上述したシステム、装置とユニットの具体的な動作過程について上記方法の実施例における対応する過程を参照でき、ここでは説明を省略することを明確に理解することができる。

0228

本出願が提供するいくつかの実施例では、開示されるシステム、装置及び方法は他の方式により実現されてもよいと理解すべきである。例えば、上述した装置の実施例は例示的なものだけであり、例えば、前記ユニットの区分ロジック機能的区分だけであり、実際に実施する時に他の区分方式もあり得て、例えば複数のユニット又は部材は組み合わせられてもよい又は別のシステムに統合されてもよく、又はいくつかの特徴は無視されてもよく、又は実行されなくてもよい。また、示される又は議論される相互結合又は直接結合又は通信接続はいくつかのインターフェース、装置又はユニットを介する間接的結合又は通信接続であってもよく、電気的、機械的又は他の形態であってもよい。

0229

分離部材として説明された前記ユニットは物理的に分離するものであってもよく又は物理的に分離するものでなくてもよく、ユニットとして表示された部材は物理的ユニットであってもよく又は物理的ユニットでなくてもよく、すなわち一つの箇所に位置してもよく、又は複数のネットワークユニット分布してもよい。実際のニーズに応じてその中の一部又は全てのユニットを選択して本実施例の解決策の目的を達成することができる。

0230

また、本発明の各実施例における各機能ユニットは一つの処理ユニットに統合されてもよく、個々のユニットは単独で物理的に存在してもよく、2つ又は2つ以上のユニットは一つのユニットに統合されてもよい。

0231

前記機能はソフトウェア機能ユニットの形態で実現され且つ独立した製品として販売又は使用される場合、一つのコンピュータ可読記憶媒体に格納されてもよい。このような理解に基づき、本発明の技術的解決策は本質的にソフトウェア製品の形態で実現されてもよく、又は従来技術に貢献する部分又は該技術的解決策の部分がソフトウェア製品の形態で実現されてもよく、該コンピュータソフトウェア製品は一つのコンピュータ装置パーソナルコンピュータサーバ、又はネットワーク装置などあってもよい)に本発明の各実施例に記載の方法の全部又は一部のステップを実行させるためのいくつかの命令を含む記憶媒体に記憶される。前記記憶媒体はUディスクモバイルハードディスク読み出し専用メモリ(ROM:Read−Only Memory)、ランダムアクセスメモリ(RAM:Random Access Memory)、磁気ディスク又は光ディスク等のプログラムコードを記憶できる各種の媒体を含む。

0232

以上は、本発明の具体的な実施形態だけであり、本発明の保護範囲はこれに制限されず、当業者が本発明に開示された技術範囲内で容易に想到し得る変化又は入れ替わりが全て本発明の保護範囲以内に含まれるべきである。したがって、本発明の保護範囲は特許請求の範囲に準拠するべきである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

この 技術と関連性が強い技術

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い法人

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い人物

該当するデータがありません

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ