図面 (/)

技術 下顎骨切除テンプレート

出願人 カールライビンガーメディツィンテクニックゲーエムベーハーウントコー.カーゲー
発明者 ヘルツォーク,レベッカガーベレ,ローレンツ
出願日 2017年5月2日 (4年1ヶ月経過) 出願番号 2018-553219
公開日 2019年7月18日 (1年10ヶ月経過) 公開番号 2019-520096
状態 未査定
技術分野 手術用機器
主要キーワード 位置決め補助具 一部品型 水平支柱 中央構成要素 中央部品 水平ウェブ プラグ機構 位置決め補助
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年7月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題・解決手段

本発明は、例えば下顎骨または上顎骨などの顎骨の結合部分のような部分に取り付けるために構成された中央構成要素(2)を有する下顎骨切除テンプレート(1)に関する。少なくとも2つの分離器具ガイド部分(3)が中央構成要素(2)に存在し、顎骨に対する下顎骨切除テンプレート(1)の空間的に正確な位置決めを実現するために、2つ以上の分離器具ガイド部分(3)の間に位置決め補助具(4)が設けられている。

概要

背景

最新技術から既に下顎骨切除テンプレートのような鋸引きテンプレートが知られている。例えば、国際公開第2004/039266号パンフレットは、腓骨または下顎に使用できる鋸引きテンプレートを開示している。同様の装置は、米国特許出願公開第2012/0029646号明細書、米国特許出願公開第2013/0338779号明細書および米国特許出願公開第2013/0304075号明細書からも知られている。

例えば、下顎骨のようなヒトの下顎の骨は、事故発癌性の変化によって損傷を受け、前記骨の一部を切除しなければならなくない場合がある。その後、骨を再度完全なものにしなければならない。近年では、例えば腓骨、すなわち腓骨から切除された骨の一部を、下顎骨の欠損/空洞から制限されない位置に挿入するように変わってきている。この目的のためには、下顎骨と、その後の対応する腓骨の両方において、所定の方法で正確な切断を行うことが必要である。

この目的のために、このように下顎骨における正確な分離ガイド担当する下顎骨切除テンプレートは通常、腓骨における正確な切断を担当し、同時にの領域に移植される切開された骨の正確な移動に使用される腓骨骨材料切除および移動テンプレートと同時に使用される。

以前から知られている解決法は、扱うのが非常に複雑ではあるが、十分に正確ではない。さらに、それらは比較的コス集約的である。この点で、改善が達成されるべきである。

概要

本発明は、例えば下顎骨または上顎骨などの顎骨の結合部分のような部分に取り付けるために構成された中央構成要素(2)を有する下顎骨切除テンプレート(1)に関する。少なくとも2つの分離器具ガイド部分(3)が中央構成要素(2)に存在し、顎骨に対する下顎骨切除テンプレート(1)の空間的に正確な位置決めを実現するために、2つ以上の分離器具ガイド部分(3)の間に位置決め補助具(4)が設けられている。

目的

本発明の手法は、様々なすべての潜在的な患者の中から1人の代表的な患者に最終的に適応される汎用性の下顎骨切除テンプレートを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

下顎骨切除テンプレートであって、例えば下顎骨または上顎骨などの顎骨の結合部分のような部分に取り付けるために構成された中央構成要素を備え、少なくとも2つの分離器具ガイド部分が前記中央構成要素に存在し、かつ前記顎骨に対する前記下顎骨切除テンプレートの空間的に正確な位置決めを実現するために、2つ以上の前記分離器具ガイド部分の間に位置決め補助具が設けられた下顎骨切除テンプレートにおいて、前記中央構成要素が、2つの水平ウェブを有するフレームの形態であり、前記2つの水平ウェブの少なくとも一方の前側および/または上側に中心線マーカーが存在することを特徴とする、下顎骨切除テンプレート。

請求項2

前記位置決め補助具が、ノッチビードの組み合わせ、ノッチ、穿孔プリズムカラーマーカーピン、ねじまたはナビゲーション位置決め装置および/または前記下顎骨の一部との接触状態となるように構成された位置決め用フィンとして構成されていることを特徴とする、請求項1に記載の下顎骨切除テンプレート。

請求項3

前記位置決め補助具が、前記中央構成要素から横方向に突出していることを特徴とする、請求項1または2に記載の下顎骨切除テンプレート。

請求項4

前記2つの水平ウェブが、鋸刃ガイド部分として構成された前記2つの分離器具ガイド部分を介して、前記水平ウェブの両側の末端において互いに接続されていることを特徴とする、請求項1〜3のいずれか一項に記載の下顎骨切除テンプレート。

請求項5

前記2つの分離器具ガイド部分および前記2つの水平ウェブが、少なくとも正面投影図において矩形の形状をとることを特徴とする、請求項4に記載の下顎骨切除テンプレート。

請求項6

前記2つの水平ウェブおよび前記2つの分離器具ガイド部分が、一様なおよび/または一部品型一体型のおよび/または単一材料の構成要素として構成されていることを特徴とする、請求項4または5に記載の下顎骨切除テンプレート。

請求項7

鋸刃ガイド部分の形態の前記2つの分離器具ガイド部分の少なくともいずれかが、骨分離器具を案内するように寸法決めされたスリットを含むことを特徴とする、請求項1〜6のいずれか一項に記載の下顎骨切除テンプレート。

請求項8

前記鋸スリットの両面に、前記鋸スリットに平行な骨分離器具接触面が形成されていることを特徴とする、請求項7に記載の下顎骨切除テンプレート。

請求項9

前記鋸スリットが、前記鋸スリットを形成する材料を完全に貫通するように、さらに、前記鋸スリットの長手方向延長部の延長方向における一方の側または両側が開放するように構成されていることを特徴とする、請求項7または8に記載の下顎骨切除テンプレート。

請求項10

前記鋸スリットを構成する前記材料がブロック形状である、および/または前記2つの水平ウェブの一方が矩形の梁の形態であることを特徴とする、請求項9に記載の下顎骨切除テンプレート。

技術分野

0001

本発明は、例えば下顎骨または上顎骨のような顎骨の結合部分のような一部分に取り付けるために構成された中央構成要素を含んでおり、少なくとも2つの分離器具ガイド部分が、中央構成要素に存在する下顎骨切除テンプレートに関する。

背景技術

0002

最新技術から既に下顎骨切除テンプレートのような鋸引きテンプレートが知られている。例えば、国際公開第2004/039266号パンフレットは、腓骨または下顎に使用できる鋸引きテンプレートを開示している。同様の装置は、米国特許出願公開第2012/0029646号明細書、米国特許出願公開第2013/0338779号明細書および米国特許出願公開第2013/0304075号明細書からも知られている。

0003

例えば、下顎骨のようなヒトの下顎の骨は、事故発癌性の変化によって損傷を受け、前記骨の一部を切除しなければならなくない場合がある。その後、骨を再度完全なものにしなければならない。近年では、例えば腓骨、すなわち腓骨から切除された骨の一部を、下顎骨の欠損/空洞から制限されない位置に挿入するように変わってきている。この目的のためには、下顎骨と、その後の対応する腓骨の両方において、所定の方法で正確な切断を行うことが必要である。

0004

この目的のために、このように下顎骨における正確な分離ガイド担当する下顎骨切除テンプレートは通常、腓骨における正確な切断を担当し、同時にの領域に移植される切開された骨の正確な移動に使用される腓骨骨材料切除および移動テンプレートと同時に使用される。

0005

以前から知られている解決法は、扱うのが非常に複雑ではあるが、十分に正確ではない。さらに、それらは比較的コス集約的である。この点で、改善が達成されるべきである。

0006

したがって、本発明の目的は、最先端技術の欠点を排除する、または少なくとも軽減し、腓骨の骨材料切除および移動テンプレートと協働して使用できる低コストの下顎骨切除テンプレートを利用可能にすることにより、下顎骨領域において審美的かつ機械的に魅力的な結果を達成することができることである。

0007

単独ケースの場合、下顎骨のために、特定の患者固有のテンプレートが製造される。しかし、これは非常にコスト集約的であり、かつ時間もかかるため、本発明の手法は、様々なすべての潜在的な患者の中から1人の代表的な患者に最終的に適応される汎用性の下顎骨切除テンプレートを提供することにある。

0008

特に、次に行われる微小血管腓骨移植の下顎骨再建のための下顎骨および腓骨の切除のための汎用テンプレートならびに前記技術に適合した移植の固定のためのミニプレートステムを利用可能にするべきである。

0009

この目的は、顎骨に対する下顎骨切除テンプレートの空間的に正確な位置決めを実現するために、鋸刃ガイド部分の形態のような2つ以上の分離器具ガイド部分の間に位置決め補助具が存在するという事実によって一般的な装置において達成される。このようにして、下顎骨切除テンプレートは、頭蓋骨、特に顎骨、好ましくは特定の患者の下顎骨に対して以前よりも正確かつ容易に固定することができることで、除去されるべき骨部分の高度に正確な切除を行うことができる。

0010

本発明によるプロジェクト体制において、下顎骨および腓骨の切除のための汎用テンプレートが開発された。微小血管腓骨移植を利用する下顎骨再建の臨床的介入の明確な簡素化および標準化を実現することが意図されるだけでなく、患者特有の切除テンプレートと比較してコストおよび時間の節約を実現することも意図された。これは、本発明による構成によって達成された。

0011

加えて、切除テンプレートに関しても、この技術に適合した移植固定のためのプレートシステム構成も開発されてきた。再建プレートが欠損部の架橋をするのに使用される、または移植を固定するために使用される科学の現在の状況とは対照的に、今度は1mm(1.0mm)のプロファイル厚さを有する実質的により薄いミニプレートが、得られた経験に従って材料の除去において有意な利点を伴うため、使用される。

0012

格子設計を有してもよい再建プレート(厚さが1.0mmを超えて約3.0mmまで)またはミニプレート(厚さが1.0mm以下)などのプレートは、下顎骨の平均形状に適合され、かつ切除テンプレートの切断により生じる腓骨移植に対してそれぞれ予め成形される。このようにして、高い適合精度が達成され、移植固定が著しく促進される。

0013

明らかに重要なことは、下顎骨切除テンプレートが下顎骨の平均形状に適合されるという事実である。切除テンプレートはしかしながら、複数の異なる切除パターン、すなわちいずれにしても以下のケース、すなわち三分切除(右側の下顎体−前部−左側の下顎体)、両側切除術(前部を含む右手下顎体)、両側切除術(前部を含む左手下顎摘除術)および片側切除術を網羅するために、その設定においてできる限り順応性がある。このようにして、すべての理論的に可能な切除の約80%が網羅される。

0014

切除テンプレートの後部領域において長さの適合が可能となり、これにより欠損の程度に応じて鋸スリットを移動させることが可能になる。順応性のある鋸スリットは、基底部に配置された止めねじによって固定される。止めねじは、取り扱いを容易にし、事故/紛失の危険性を低減するために取り外し可能でないことが好ましい。しかしながら、切除テンプレートの調整に関しては、単一の部品を容易に取り外すことができる、および/または消毒に使用される媒体が、簡単で効率的な清浄効果を有し得るように、隙間の発生がそのように大きい場合が好適である。

0015

切除を行うために、振動鋸が使用される。鋸スリットを、幅おおよそ1mm(+/−0.1〜0.2mm)に、かつ底部および/または頂部に開放するように設計するように検討されている。いずれの場合にも、鋸刃側方ガイドが予め定められている。

0016

切除テンプレートは主に、下顎に一体となって取り付けられるように意図されている。それに加えて、その後個々の部分のみを下顎骨に取り付けることが可能になる。プラグ機構または類似の接続用集合体を介して、右側を含む前方部分または左側を含む前方部分は、残りの部分から分離可能な状態に維持される。

0017

一体式穿孔が、例えば直径2.0mmを有する標準的なねじを利用してテンプレートを下顎骨に固定することを可能にする。

0018

前方部分における取り付けられた中心線マーカーは、下顎骨に対する切除テンプレートの位置決めおよび正確な整列に好適な効果を有する。正確な位置決めが容易になる。

0019

切除テンプレートのすべての取り外可能な構成要素は、例えば、右側の「R」および左側の「L」のようなサイドマーカーを追加で取得する。腫瘍切除または下顎骨の切除は、解剖学的領域(右下顎体、下顎結合、左下顎骨体)に従って実施され、すなわち腫瘍が、例えば下顎体の中心に位置する場合、切除は下顎骨角および下顎結合領域まで実施される。

0020

好適な実施形態は従属請求項に記載されており、以下で詳細に例示する。

0021

位置決め補助具がノッチビードの組み合わせ、ノッチ、穿孔、プリズムカラーマーカーピン、ねじまたはナビゲーション位置決めの形態である場合、および/または下顎結合部分などの下顎骨の一部に接触するように調整された位置決め用フィンとして構成されている場合が好適である。

0022

位置決め補助具および位置決め用のフィンがそれぞれ中央構成要素から横方向に、好ましくはそこから直角に突出する場合が好適である。これにより、下顎骨切除テンプレートの位置決めが容易になる。

0023

中央構成要素がフレーム形式である場合が有益である。その後、下顎に対する視界が改善される。

0024

フレームが、2つの鋸刃ガイド部を介してそれらの両側の末端で互いに好ましく接続された2つの水平ウェブを有する場合、取り扱いが改善される。

0025

特定の例示的な実施形態は、2つの分離器具ガイド部分/鋸刃ガイド部分および2つの水平ウェブが、少なくとも正面投影図において矩形の形状をとることを特徴とする。この場合、個々の構成要素の組み立てが容易になる。

0026

また、2つの水平ウェブと、2つの分離器具ガイド部分/鋸刃ガイド部分が、一様なおよび/または一部品型一体型のおよび/または単一材料の構成要素の形態である、あるいは分離器具ガイド部分/鋸刃ガイド部分の少なくとも一方、または分離器具ガイド部分/鋸刃ガイド部分が両方とも、水平ウェブから着脱可能/偏位可能/隔てられた偏位構成要素のそれぞれの部分である場合も好適である。

0027

分離器具ガイド部分/鋸刃ガイド部分の少なくとも一方が、鋸刃/丸鋸のような骨分離器具を案内するように寸法決めされた鋸スリットを有する場合、骨分離器具が、不正確に進んだり、傾斜したりすることが阻止される。

0028

特に効率的な案内は、鋸スリットの両面に、後者に平行な骨分離器具接触面が形成される場合に達成される。

0029

したがって、鋸スリットが、鋸スリットを形成する材料を完全に貫通するように、かつこれに加えて、その長手方向延長部の延長方向における片側でまたは両側で開放するように構成される場合が好適である。

0030

下顎骨切除テンプレートは、鋸スリットを構成する材料がブロック形状であり、好ましくは互いに対して(ほぼ)直交する表面を備える場合、および/または水平ウェブの一方が矩形の梁形状をとり、水平のウェブ幾何学的に全く同じに形成される場合に、特に破損に対する耐性がある。

0031

位置決め用のフィンの領域には、中心線マーカー、(貫通/)穴、突起くぼみ/凹部、隆起、溝、ひだまたは波形などの位置決め補助用のマーカーが存在する場合が好適である。例えば、スリットが下顎骨に設けられる際、このとき隆起をそこに容易に挿入することができる。構造学的な締まりによって、下顎骨切除テンプレートを、その後、正確に整列させることができる。しかし、他のグラフカルな中心線マーカーも役に立つ。

0032

マーカーがフィンの長手方向軸線に沿って延在する隆起の形態であり、例えば鋭角の、または三角形の断面の地点を有する場合が好適である。このような場合、欠陥が製造中に予測される必要があるが、骨に対するテンプレートの位置決めは、このような構成において特に迅速に、かつ傾斜しないような方法で可能である。

0033

マーカーが、一方の水平ウェブのみまたは両方の水平ウェブの前面および/または上側に、および/または位置決め用のフィンの上側に、および/または中央構成要素の下側に存在する場合、視認性が改善される。

0034

隆起が位置決め用のフィンの上側に存在することは言及するに値する。これにより、効率的な取り扱いが可能になる。

0035

位置決め用のフィンが、例えば水平ウェブの一体式の構成要素として、2つの水平ウェブのいずれかから、好ましくは2つの水平ウェブのうちの下側のウェブのみから直角に、かつ好ましくは2つの鋸スリットに対しても直角に突出する場合、下顎骨切除テンプレートを下から適切に取り付けることができる。

0036

拡張構成要素が、2つの分離器具ガイド部分/鋸刃ガイド部分のうちのいずれか、またはそれぞれを、中央部品から離れるように向いている側に隣接させる場合が証明されている。この場合、治療すべき空間を拡張することができる。

0037

拡張構成要素が中央構成要素の一体式の部品である、または接続点に着脱可能に結合されるように適合された別個の拡張構成要素である場合、これは、この文脈において有用である。

0038

1つの好適な例示的な実施形態は、接続点が、確実におよび/または不確実に相互作用する、2つの整合するように結合する幾何形状を利用することも特徴とする。

0039

特に、一方の結合用幾何学形状が突起を形成し、他方の結合用幾何学形状が整合する凹部を形成する場合、個々の構成要素の迅速な差し込みをもたらすことができる。

0040

結合用幾何学形状が、蟻継ぎ式に相互作用する場合が証明される。

0041

1つの好適な例示的な実施形態は、凹部が、その長手方向軸線に沿った一部の領域において開放する盲穴として形成されていることも特徴とする。

0042

盲穴の底部が突起のための止め具画定する場合、たとえ応力がかかった状況においてさえも、下顎骨テンプレートの単一部分の正確な組み立てが容易になる。

0043

また、切除は、下顎に面する側で測定すると、鋸スリットを貫通して延在する平面が、上下の水平支柱と約10°〜約20°、好ましくは約12°+/−5°の角度をなす場合に特に効果的な方法で実施することができる。

0044

拡張構成要素が、追加の分離器具ガイド部分/追加の鋸刃ガイド部分が末端方向に、すなわち自由端において突出している、故に接続点から離れた側部に存在している、円形の本体を有する場合が好適である。

0045

基体骨ねじ受け入れるための少なくとも1つの貫通孔が設けられる場合が証明されている。下顎骨テンプレートが、切除の間、または切除の前後に所定の場所から外れることが防止される。

0046

切除テンプレートの骨ねじを下顎骨にねじ込むときに適切な引張り作用を施すために、貫通穴は基体の表面に対して対角線上に延びる、例えば傾けられる場合が好適である。

0047

さらに旋回を避けるために、2つの貫通穴が拡張構成要素の長手方向軸線に平行に配置される、好適には拡張構成要素の外縁に対してずらして配置される場合が好適である。

0048

したがって、貫通穴が下方の外縁部に向かってずらされていることが証明されている。しかしながら、好ましくは、貫通穴は拡張構成要素の下側3分の1に配置される。

0049

より正確に言えば、貫通穴が「前面」から「後面」に向かって傾斜して上がっている場合、それは有効である。この文脈における「前面」は、患者の外側に配置される領域であり、「後面」は、患者の内側に設けられる領域である。「最下部」は、「最上部」と同様に、重力によって規定される。

0050

貫通穴の中心軸線が前後に略垂直に向いた面と約20°+/−5°の角度を成す場合、締結ねじがねじ込まれる際、テンプレートがしっかりと引っ張られて骨にぴったりと整合する。

0051

追加の分離器具ガイド部分/追加の鋸刃ガイド部分を、例えば設定機構を介して基体から取り外すことができる場合が証明されている。これにより、利用の汎用性および用途がそれぞれ拡大される。

0052

追加の鋸刃部分が2つのガイド面の間に貫通スリットを有する場合、その場合でも切断の精度を高めることができる。好ましくは、貫通スリットの上端または下端は開放されたままでなければならない。

0053

追加の鋸刃部分がブロックから突出するロッドを含み、例えば開放チャネルまたは溝内に調節可能に保持されている場合が等しく証明される。

0054

ロッドを、ねじなどのロック手段を介してチャネル内に固定することができる場合が好適である。

0055

さらに、下顎骨を支承するブロックが、拡張構成要素に存在する場合が好適である。

0056

下顎骨を支承するブロックが、その後、基体または追加の鋸刃部分の後面から(ほぼ)直角に突出していることが望ましい。

0057

その長い方の横軸線が下顎骨の穴の長手方向によって画定されるスロット付きの穴が、下顎骨の骨格内に形成される場合、容易な位置決めが可能になり、なおも精度が与えられる。

0058

また、中心面に対して鏡対称である2つの拡張構成要素が、存在し、中心面が、隆起が配置され、かつ水平支柱が直交する面である場合が好適である。

0059

1つの好適な例示的な実施形態は、両端から突出するその拡張構成要素を含む中央構成要素が、平均的なヒトの下顎骨の外側輪郭に(等距離に)従うような湾曲形状を有することをさらに特徴とする。

0060

さらに、前面などの少なくとも1つの表面上で、ロッドは、ロッドの長手方向に対して横方向に向いた波形またはスクリーニングを有することも言及される。

0061

下顎骨テンプレートが、チタン合金のような金属から、またはポリマーのようなプラスチック材料から(完全に)作られる場合、好適である。この文脈において、例えば、ステンレス鋼、チタン合金およびABSプラスチックのようなプラスチック材料が想像できる。

0062

副次的態様では、本発明はまた、それぞれの端部に骨分離器具ガイド部分が存在する中央本体を有する中央部分を有する腓骨骨材料の切除および移動テンプレートに関する。骨分離器具ガイド部分の少なくともいずれか、好ましくは両方の骨分離器具ガイド部分が、それらが中央部分から取り外すことができる、または中央部分に押し付けて閉じることができるように支持されている場合、前記腓骨骨材料切除および移動テンプレートは改善される。

0063

前記腓骨骨材料切除および移動テンプレートは、下顎骨切除テンプレートとは別に、すなわち、請求項1の特徴を持たずに主張されてもよい。

0064

前記実質的に改善された腓骨骨材料切除および移動テンプレートをさらに改善させることもできる。前記更なる改善を以下に詳細に説明する。

0065

骨分離器具ガイド部分が、2つの垂直面の間に形成され、かつその前側および後側が開放されたガイドスリットを有する場合が好適である。このようにして、腓骨から骨を切除する際に、骨分離器具が不正確に進むことが防止される。したがって、正確な切除が保証される。

0066

ガイドスリットがその下側または上側に開放されるように構成される場合、取り扱いにとって有益である。

0067

使用中/作動中に調節可能であること、および適合性は、その長手方向に沿って梁を取り巻く案内経路内に可動式に支持された梁が、中央部分から隔てられた骨分離器具ガイド部分から突出する場合に改善される。

0068

梁を固定するように設計された固定ねじ案内路内に突出している場合が、さらに有用である。その後、簡単な修正を術中に行うことができ、または少なくとも術前に構成することができる。

0069

中央部分のほぼ中央に、補助の切除ブラケット挿入可能である、または挿入されるクリップなどのブラケット収容装置が存在する場合が証明される。次いで、腓骨骨材料切除および移動テンプレートの個々の部分は、空間内で互いに対して変化しないように固定されてもよい。

0070

したがって、ブラケット収容装置内に、補助の切除ブラケットに固定されたばね部分を収容しロックするために準備された盲穴または貫通穴のような穴が存在する場合が好適である。それ故、補助の切除ブラケットの迅速な挿入および除去が可能になる。

0071

また、クリップの両側に骨ねじ用の収容穴が設けられる場合も、証明されている。

0072

適切な取付けが可能であるために、収容穴は、好ましくは中央本体を受ける中心平面に対して横方向に、好ましくは直交するように向いた対称軸線を有する場合が有益である。

0073

また、2つの骨分離器具ガイド部分のいずれかまたはそれぞれに、中央本体から離れるように向いている面に補足の構成要素が設けられる場合、適応性のある有効な利用にとって有益である。補足の構成要素の末端において、それぞれ別の骨分離器具ガイド部分が、補足の構成要素から移動可能かつ取り外可能に配置される場合、さらに好適である。

0074

好適な例示的実施形態はまた、補足の構成要素の骨分離器具ガイド部分が、中央本体の骨分離器具ガイド部分と同一または少なくとも類似することを特徴とする。

0075

好適な例示的実施形態はまた、別個の開口内で接合案内ブロックに案内される2つのガイドウェブが、補足の構成要素の末端側の自由端に存在する骨分離器具ガイド部分構成に設けられるように構成されてもよい。

0076

案内ブロックに、上部ガイドウェブのみに接触する1つ、2つまたはそれ以上の止めねじ(複数可)が挿入されるとき、ロックするおよびロックを解除するために容易にアクセス可能な領域を選択/使用することができる。止めねじは好ましくは取り外不能である。

0077

一方または両方のガイドウェブのところに、一方のガイドウェブまたは両方のガイドウェブの長手方向に対して横方向に、好ましくは長手方向に直交して延びるリブを含む、特に前面側に、スクリーニングまたはノッチが設けられる場合も証明されている。この場合、手術外科医への触覚フィードバックは、比較的容易に実現することができる。

0078

補助の切除ブラケットを収容しロックするためのブラケット収容装置が補足の構成要素に設けられる場合が好適である。

0079

好適な例示的な実施形態はまた、補足の構成要素のブラケット収容装置が、中央本体のブラケット収容装置と同一または少なくとも同様に構成されていることを特徴とする。

0080

2つの補足の構成要素が、中央本体によって中心が貫通され、中心体によって垂直方向に貫通される対称面に対して鏡対称に形成される場合がさらに証明される。

0081

補助の切除ブラケットが少なくとも2つまたは4つの(90°)段差を有する場合が好適である。これは、軟組織の変形を避けるのに役立つ。

0082

テンプレートの後側が(ヒトの)腓骨に接触するように構成される場合、本発明にとって有益である。

0083

中央本体の2つのガイドスリットが約60°+/−5°の角度を囲み、および/または補足の構成要素の2つのガイドスリットが後側の方向に約72°+/−5°の角度などの鋭角を囲む場合が望ましい。

0084

したがって、ブラケット収容装置が、剛性/堅い/非弾性/寸法的に安定な(鋼製構成要素と同様の)補助の植え込みブラケットを収容するように構成されている場合が好適である。このようにして、個々の骨片を正しい位置に移動させることができる。

0085

補助の植え込みブラケットは補助の切除ブラケットと同一または同様であるが、互いに対する補足の構成要素および中央本体上に課される位置だけが異なる場合、故に接続点において幾何学的に異なる構成を有する場合、腓骨から切除した骨の、それぞれの隙間を有する下顎骨への移動を効果的に実現することができる。

0086

さらに、補助の切除ブラケットが補足の構成要素および中央本体を接合面に押し込むが、補助の植え込みブラケットが、補足の構成要素および中央本体を強制的にU字形にするおよび/または下顎骨の輪郭と一致する向きにする場合が好適である。

0087

腓骨骨材料切除および移動テンプレートは、腓骨切除テンプレートと呼ばれる場合もあり、腓骨の平均形状に適合される。したがって、それは患者固有ではなく、平均的な患者に適されている。

0088

個々の部分および長さは、下顎骨切除テンプレートに適合される。2つのテンプレートの縮尺は、一様に設計され、互いに適合されるべきである。しかしながら、術前計画を必ずしも考慮する必要はない。

0089

個々の部分は、取り外可能なブラケットによって互いに接続される。ブラケットは、左右の腓骨に均等にテンプレートを使用できるように、頂部と底部の両方から取付可能であるように意図されている。さらに、ブラケットは、この領域が軟組織によってしばしば閉塞されるため、さらに前方へ突出するために小さな段差を設けなければならない。

0090

可撓性のスリットをロックするための止めねじは、好ましくはテンプレートに対して直角に配置されるように意図されている。

0091

切除を行うために、振動鋸が使用されるべきである。鋸スリットを下方もしくは上方に、または両側に約1.0mmの幅で開閉するように設計することが考えられている。しかしながら、いずれの場合にも、鋸刃の側方案内が必要である。

0092

テンプレートは、約2.0mmの外径を有する標準的なねじによって腓骨に固定される。各部分において、固定のために2つの穴が設けられている。

0093

テンプレートは、前方からインプラントを利用して切除された腓骨部分の固定を最良の状態で可能にするべきである。目下のところ、左右の部分の各々は、約120°の角度で湾曲したプレートによって前方部分に接続されている。プレートは上から配置される。

0094

簡単な移植固定を可能にし、下顎骨の平均形状および腓骨移植をそれぞれ介して三次元形状まで事前に成形された1.0mmのプロファイルを有するミニプレートがテストを受けている。平均の下顎骨および腓骨の輪郭は、代表的なデータセットに基づいて生成される。

0095

プレートは、様々な形態とおよび構成において利用できるようにする必要がある。それはできるだけ少ない数のプレートとうまく合うことを目指している。その後正確な変形態様がなおも、全体として確立される必要がある。しかしながら、ウェブを含む4穴プレートおよび/またはウェブを含む6穴プレートが想像可能である。プレートは共に、標準的なねじを遮り、それと相互作用することができるように、多方向に角度を成す安定したプレート穴を有する必要がある。必要に応じて、特有器具、例えばスクリュードライバーをプレートを固定するために使用することができる。

0096

本発明はまた、下顎骨切除テンプレートまたは腓骨骨材料切除および移動テンプレートとは独立して請求することができる方法に関する。この文脈では、下顎骨切除テンプレートは、下顎骨における骨部分を切除するのに使用される、および/または腓骨骨材料切除および搬送テンプレートは、腓骨から骨を切除するのに使用される、および/または腓骨骨材料切除および搬送テンプレートを利用して、腓骨から切除された骨が、下顎骨領域に搬送され、そこに植え込まれることを主張することができる。

0097

当然のことながら、本発明はまた、下顎骨切除テンプレートと、腓骨骨材料切除および搬送テンプレートとの組み合わせ、ならびにその使用に関する。

0098

以下、異なる実施形態が示されている図面を用いて本発明を詳細に説明する。

図面の簡単な説明

0099

本発明による下顎骨切除テンプレートを斜視図で示す図である。
図1の下顎骨切除テンプレートを前方から下顎骨に接触させるのをわずかに斜視的に示した図である。
図1の下顎骨切除テンプレートを右側から下顎骨に接触させるのをわずかに斜視的に示した図である。
図1の下顎骨切除テンプレートを左側から下顎骨に接触させるのをわずかに斜視的に示した図である。
図1の下顎骨切除テンプレートを上から下顎骨に接触させるのをわずかに斜視的に示した図である。
図5表現と同様の異なる下顎骨の別の表現を示す図である。
図2の表現と同様の異なる下顎骨の別の表現を示す図である。
図4の表現と同様の異なる下顎骨の別の表現を示す図である。
図3の表現と同様の異なる下顎骨の別の表現を示す図である
本発明による腓骨骨材料切除および移動テンプレートの斜視図である。
腓骨骨材料切除および搬送テンプレートを、後ろ側から、すなわち下顎側から見た図である。
低い補助の切除ブラケットを有する別の腓骨骨材料切除および移動テンプレートを示す図である。
既に達成された切断部を有する腓骨に接触している図12の腓骨骨材料切除および移動テンプレートに対する上面図である。
残った骨部分が除去され、移植されるべき骨部分がテンプレートに固定された状態の、図13の腓骨骨材料切除および搬送テンプレートを示す図である。
より高い補助切除ブラケットと、複数のスリットを合わせて収容するブロックとを含む腓骨骨材料切除および移動テンプレートの第2の実施形態を示す図であり、図12の図に対応する図である。
より高い補助切除ブラケットと、複数のスリットを合わせて収容するブロックとを含む腓骨骨材料切除および移動テンプレートの第2の実施形態を示す図であり、図13の図に対応する図である。
より高い補助切除ブラケットと、複数のスリットを合わせて収容するブロックとを含む腓骨骨材料切除および移動テンプレートの第2の実施形態を示す図であり、図14の図に対応する図である。
移植されるべき骨片が置換または修復されるべき下顎骨の形状まで移動される移動位置における、本発明による腓骨骨材料切除および移動テンプレートを示す図である。
正面図での、腓骨/腓骨に接触した状態の本発明による腓骨骨材料切除および移動テンプレートの別の図である。
側面図での、腓骨/腓骨に接触した状態の本発明による腓骨骨材料切除および移動テンプレートの別の図である。
斜視図での、腓骨/腓骨に接触した状態の本発明による腓骨骨材料切除および移動テンプレートの別の図である。
図19に対応する表示形態での、腓骨に取り付けられた腓骨骨材料切除および移動テンプレートの別の図であり、切除されるべき骨が図示されている図である。
図20に対応する表示形態での、腓骨に取り付けられた腓骨骨材料切除および移動テンプレートの別の図であり、切除されるべき骨が図示されている図である。
図21に対応する表示形態での、腓骨に取り付けられた腓骨骨材料切除および移動テンプレートの別の図であり、切除されるべき骨が図示されている図である。
図22匹敵する表示形態における、取り付けられた腓骨骨切除および移動テンプレートにおける切除された骨片を示す図である。
図23に匹敵する表示形態における、取り付けられた腓骨骨切除および移動テンプレートにおける切除された骨片を示す図である。
図24に匹敵する表示形態における、取り付けられた腓骨骨切除および移動テンプレートにおける切除された骨片を示す図である
第1の補助の切除ブラケットに対して幾何学的に修正された補助の植え込みブラケットであり、これを利用して切除された骨片は、下顎骨に類似した形状にされ、こうして移植のために構成される補助の植え込みブラケットを示す図である。
第1の補助の切除ブラケットに対して幾何学的に修正された補助の植え込みブラケットであり、これを利用して切除された骨片は、下顎骨に類似した形状にされ、こうして移植のために構成される補助の植え込みブラケットを示す別の図である。
第1の補助の切除ブラケットに対して幾何学的に修正された補助の植え込みブラケットであり、これを利用して切除された骨片は、下顎骨に類似した形状にされ、こうして移植のために構成される補助の植え込みブラケットを示すさらに別の図である。
残りの下顎骨に挿入された状態で所定の位置に動かされた腓骨骨片を上面図で示す図である。
残りの下顎骨に挿入された状態で所定の位置に動かされた腓骨骨片を正面図で示す図である。
残りの下顎骨に挿入された状態で所定の位置に動かされた腓骨骨片を斜視図で示す図である。
異なる空間表現(上から)における下顎骨領域の移植後の骨を示す図である。
異なる空間表現(正面から)における下顎骨領域の移植後の骨を示す図である。
異なる空間表現(正面からの斜視図)における下顎骨領域の移植後の骨を示す図である。
異なる空間表現(右側の側部斜視図)における下顎骨領域の移植後の骨を示す図である。
異なる空間表現(左側の側部斜視図)における下顎骨領域の移植後の骨を示す図である。

実施例

0100

図面は単なる概略図であり、本発明の理解のために役立つにすぎない。同様の要素には同様の参照番号が付されている。個々の例示的な実施形態の特徴は、互いに入れ替え可能である。

0101

図1は、本発明による下顎骨切除テンプレート1を示す。下顎骨切除テンプレート1は、中央部分/中央構成要素2を有する。前記中央構成要素2は、下顎骨の下顎結合部分に移動されるように構成される。中央構成要素2は、長手方向軸線を画定する両外側端部に、2つの分離器具ガイド部分/切断器具ガイド部分/鋸刃ガイド部分3を含む。2つの分離器具ガイド部分/鋸刃ガイド部分3の間に位置決め補助具/位置決め用のフィン4が存在する。分離器具ガイド部分は、分離器具に接触する必要はないのに対して、それに匹敵する鋸刃ガイド部分は、フライスカッター、鋸刃またはその他の金属製の分離器具などの分離器具に物理的に接触するように確実に設けられる。位置決め補助具は、必ずしも骨に物理的に接触したり、骨に当接する必要はないが、例えば、位置決めのための光学手段のみを使用してもよい。しかしながら、位置決め補助具を位置決め用のフィンとして構成する場合、骨の物理的接触が望ましい。前記位置決め補助具/位置決め用のフィン4は、本発明の特定の実施形態のために絶対的に必要ではない。

0102

いずれの場合でも、位置決め用のフィン4は、中央構成要素2を横切る平面上で下顎骨の方向に水平ウェブ5から直角に突き出ている。上部水平ウェブ6と、下部水平ウェブ7が存在する。位置決め用のフィン4は、下部水平ウェブ7から突出している。現行の例示的な実施形態では、それはプレート形状であるが、例えば円形、楕円形または多角形の断面を有するピン形状であってもよい。

0103

水平ウェブ5の末端8において、鋸刃ガイド部分3が、一体となって、かつブロック9の形態の1つの材料で配置されている。ブロック9には、鋸スリット10が設けられている。各鋸刃ガイド部分3のために、1本の鋸スリット10が設けられている。鋸スリット10は、互いに平行に延びる2つの垂直方向に整列した骨分離器具の接触面11の間に配置されている。

0104

下部水平ウェブ7の前面および/または底部には、上部水平ウェブ6の前面および/または頂部と同様に、中心線マーカーとしてマーカー12が形成されている。

0105

中心線マーカーの代わりに、上部水平ウェブ6に面した位置決め用のフィン4の表面13に、位置決め用のフィン4の長手方向に延びる、すなわち下部水平ウェブ7から下顎骨に向かって延びる隆起(図示せず)を取り付けることもできる。前記隆起は次いで、骨に設けられたノッチに係合し、位置決めするように作用することができる。

0106

1つの拡張構成要素14が、中央構成要素2の両側から突出している。2つの拡張構成要素14は、ここでは中央構成要素2の一体部分として設計されている。しかしながら、一方の拡張構成要素14または両方の拡張構成要素14が、中央構成要素2に取り外し可能に結合される場合もあり、すなわち各ブロック9の外側に結合される場合もある。この目的のために、例えば底部および止め具を形成しつつ、例えば継式構成の形態の突起および凹部などの結合形状を有する適切な接続点を設計することができる。

0107

いずれの場合でも、各拡張構成要素14は、各端部に追加の鋸刃ガイド部分16が存在する基体15を含む。設定機構17を使用して、別のブロックの形態の追加の鋸刃ガイド部分16が基体15から偏位可能であることを保護している。また、ブロックタイプの追加の鋸刃ガイド部分16にも、鋸刃ガイド部分3のスリット/鋸スリット10と同様または同一に構成された貫通スリット18が存在する。

0108

スロット付きの穴を有する下顎骨支承用ブロック19は、例えば設定機構17の領域内で基体15の両端から、またはさもなければ追加の鋸刃ガイド部分16から突出する。スロット付きの穴は図示されていない。ここに提示された例示的な実施形態では、スリット延長部20が代わりに使用される。スロット付きの穴が、こうしてスリット延長部20に置き換わり、貫通穴として構成されたスロット付きの穴の長手方向軸線は好ましくは、スリット延長部20のスリットの方向に向けられる。

0109

設定機構は、前面/前方面22に波形23が設けられたロッド21を含む。ロッド21は、開放設計のチャネル24に係合し、止めねじの形態のロック手段25によって所定位置に着脱可能に保持される。各拡張構成要素14には、下顎骨切除テンプレート1をねじを利用して、ここでは図示されない下顎骨に固定するために、少なくとも2つの貫通穴26が存在する。

0110

図2から図9において、本発明による下顎骨切除テンプレートは下顎骨27の異なる位置で示されている。

0111

図10から図38において、以下では、本発明による腓骨骨材料切除および移動テンプレート、および腓骨から切除された骨、および下顎骨に移植されるべき骨片それぞれに対して徐々に注目が集められる。

0112

例えば、図10では、腓骨骨材料切除および移動テンプレート101が示されている。前記腓骨骨材料切除および移動テンプレート101は、中央部分102を含む。その両側の末端103の各々に、骨分離器具ガイド部分104が存在する。前記骨分離器具ガイド部分104は、顎部またはブロックであってよく、中央部分102と一体式に、および中央部分102の基体と一体式にそれぞれ接続されてもよい、あるいはそこに可動式に結合される場合もある。骨分離器具ガイド部分104の少なくとも一方は、離れるように移動させることができ、例えば、折り畳まれる、および/または取り外され、押されて閉じるなどできるように支持されるべきである。

0113

各々の骨分離器具ガイド部分104は、2つの垂直面105の間にガイドスリット106を含む。前記ガイドスリット106は、前面側および後面側で開放する/通過可能である。各ガイドスリット106は、前面側および後面側において、細長い開口部を除いて材料によって完全に囲まれている。しかしながら、ガイドスリット106は、底部および/または頂部において開口していてもよい。

0114

骨分離器具ガイド部分104は偏位可能であるために、梁107を設けることが提案される。梁107は、それを包囲する案内路内に可動式に支持されている。梁107を固定するために図示しない固定ねじを使用することができる。

0115

中央部分102の中央には、ブラケット収容装置108が配置されている。ブラケット収容装置108は、ここではクリップ109であり、補助の切除ブラケット112の凸状ばね部分111が係合する貫通穴110を有する。クリップ109の左側および右側には、腓骨への取付けを実装することができる骨ねじを収容するためのそれぞれの収容穴113が設けられている。収容穴113は、穿孔の形態で構成されている。

0116

中央部分102の両側には、それぞれの補足の構成要素114が隣接している。補足の構成要素114の間に、中央部分102の中央本体115がこのように配置される。

0117

各補足の構成要素114は、別の骨分離器具ガイド部分104を含む。補足の構成要素114の前記骨分離器具ガイド部分104の各々は次いで、偏位機構116を介して偏位可能に維持される。したがって、2つのそれぞれのガイドウェブ117が使用され、その両方が、スクリーニング119を形成するように、その前面118にリブ、ノッチまたは止め具を有する。次に、補助の切除ブラケット112の端部が係合するクリップ109の形態のブラケット収容装置108が設けられる。補助の切除ブラケット112と、クリップ109との間の接続は、既に説明したものと同様にまたは全く同じに構成されている。

0118

補足の構成要素114の各々には、ねじを介して骨に固定することができるように一様な貫通穴110が設けられている。補助の切除ブラケット112は、テンプレートを固定するために取り外し可能である。可撓性のスリットを固定するために止めねじ120が使用される。

0119

図10では、腓骨骨材料切除および移動テンプレートは実質的に正面から示されているが、図11においては、実質的に後部から、すなわち腓骨から見たときが示されている。したがって、後面を見ることができる。補足の構成要素114の長さは好ましくは、45.2mmと66.2mmとの間で可変であるべきである。中央部分102の連続した長さは、好ましくは30mmであるべきであり、固定されてもよい。

0120

図12および図15では、図13および図14および図16および図17と同様に、腓骨122の一部の固定を実現するために、既に骨ねじ121が挿入されている。図18には、補助の切除ブラケット112と幾何学的にわずかに異なる補助の植え込みブラケット123が使用されている。このとき腓骨122の個々の部分は、下顎骨切除テンプレート1によって予め定められたのと同様の空間的位置に、好ましくは全く同じように、完全に新たに配置される。末端方向に最も遠い骨分離器具ガイド部分104は除去されている。これは、中央部分102の骨分離器具ガイド部分104にも当てはまる。その部分を「当接する」ように据えることができるように、鋸スリットまたはガイドスリット106は除去された。

0121

取付け、切断および切除ならびにその後の組み立ての動作は、図19から図38から明らかに推測することができる。

0122

1下顎骨切除テンプレート
2 中央部/中央構成要素
3分離器具ガイド部分/鋸刃ガイド部分
4位置決め補助具/位置決め用のフィン
5水平ウェブ
6上部水平ウェブ
7下部水平ウェブ
8 水平ウェブの末端
9ブロック
10鋸スリット
11 骨分離器具の接触面
12マーカー
13 位置決め用のフィンの表面
14拡張構成要素
15基体
16 追加の鋸刃ガイド部分
17設定機構
18貫通スリット
19下顎支承ブロック
20 スリット延長部
21ロッド
22 前面
23波形
24チャネル
25ロック手段
26貫通穴
27 下顎骨
101腓骨骨材料切除および移動テンプレート
102 中央部分
103 端部
104 骨分離器具ガイド部分
105垂直面
106ガイドスリット
107 梁
108ブラケット収容装置
109クリップ
110 貫通穴
111ばね部分
112補助の切除ブラケット
113収容穴
114補足の構成要素
115 中央本体
116偏位機構
117ガイドウェブ
118 前面側
119スクリーニング
120止めねじ
121骨ねじ
122 腓骨
123 補助の植え込みブラケット

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • テルモ株式会社の「 医療デバイス」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題・解決手段】線材で形成された拡張体において、線材の周方向へのねじれを抑制できる医療デバイスを提供する。生体組織を拡張させる医療デバイス(10)であって、長尺なシャフト部(20)と、シャフト部(2... 詳細

  • テルモ株式会社の「 医療デバイス及び処置方法」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題・解決手段】拡張体と生体組織との位置ずれを抑制し、目標部位に対して正確にエネルギーを付与できる医療デバイス及び処置方法を提供する。長尺なシャフト部(20)と、シャフト部(20)の先端部に設けられ... 詳細

  • 株式会社Alivasの「 処置方法および医療デバイス」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題・解決手段】患者の腸管の蠕動運動を亢進することにより便秘の緩和を促す低侵襲な処置方法。上腸間膜動脈(Va)、腹腔動脈(Vb)及び下腸間膜動脈(Vc)の外側には、腸管の蠕動運動を支配する自律神経系... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ