図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2019年4月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題・解決手段

記載される例において、バイオセンシングデバイス(100)は、生物物理学的測定を行なうために用いられる時間期間を較正する。デバイスは、光源検知フェーズを開始し、その後、第1の周囲検知フェーズ及び第2の周囲検知フェーズが続く。光源検知フェーズにおいて、デバイスは、光源回路(120)がイネーブルされる一方で、光検出器(122)を介する電流を表すデジタル値を受信するように構成される。第1及び第2の周囲検知フェーズの各々において、デバイスは、光源回路がディセーブルされる一方で、デジタル値を受信するように構成される。デバイスは、第1の周囲検知フェーズの間受信されるデジタル値が、第2の周囲検知フェーズの間受信されるデジタル値の閾値内となるまで、フェーズ間の時間期間を反復的に変更する。その後、これは、光源検知フェーズ及び周囲フェーズ間の同じ時間分離に、2つのフェーズにおける周囲光の大きさを等しくするために適用される。

概要

背景

概要

記載される例において、バイオセンシングデバイス(100)は、生物物理学的測定を行なうために用いられる時間期間を較正する。デバイスは、光源検知フェーズを開始し、その後、第1の周囲検知フェーズ及び第2の周囲検知フェーズが続く。光源検知フェーズにおいて、デバイスは、光源回路(120)がイネーブルされる一方で、光検出器(122)を介する電流を表すデジタル値を受信するように構成される。第1及び第2の周囲検知フェーズの各々において、デバイスは、光源回路がディセーブルされる一方で、デジタル値を受信するように構成される。デバイスは、第1の周囲検知フェーズの間受信されるデジタル値が、第2の周囲検知フェーズの間受信されるデジタル値の閾値内となるまで、フェーズ間の時間期間を反復的に変更する。その後、これは、光源検知フェーズ及び周囲フェーズ間の同じ時間分離に、2つのフェーズにおける周囲光の大きさを等しくするために適用される。

目的

コントローラ130は、デジタル値を生成するように(即ち、トランスインピーダンス増幅器124からのアナログ電圧をデジタル値に変換する)、及びデジタル値をコントローラ130に提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

バイオセンシングデバイスであって、光源回路、第1の光検出器、前記第1の光検出器に結合され、前記光検出器により生成される電流電圧に変換するように構成されるトランスインピーダンス増幅器、前記トランスインピーダンス増幅器に結合され、前記第1の光検出器からの前記電圧をデジタル値に変換するように構成されるアナログデジタルコンバータADC)、及び、前記ADC及び前記光源回路に結合されるコントローラ、を含み、前記コントローラが、その後第1の周囲検知フェーズ及び第2の周囲検知フェーズが続く、光源検知フェーズを開始することであって、前記光源検知フェーズにおいて、前記コントローラが、前記光源回路がイネーブルされる一方で前記ADCからデジタル値を受信するように構成され、及び、前記第1及び第2の周囲検知フェーズの各々において、前記コントローラが、前記光源回路がディセーブルされる一方で前記ADCからデジタル値を受信するように構成され、前記光源検知フェーズ及び前記第1の周囲検知フェーズの間の第1の時間期間が、前記第1及び第2の周囲検知フェーズ間の第2の時間期間に等しい、前記光源検知フェーズを開始するように、及び第1の周囲検知フェーズの間受信された前記デジタル値が、第2の周囲検知フェーズの間受信された前記デジタル値の閾値内となるまで、前記第1及び第2の時間期間を等しく保つ一方で、前記第2の時間期間を反復的に変更するように、構成される、バイオセンシングデバイス。

請求項2

請求項1に記載のバイオセンシングデバイスであって、前記光検知回路が単一の光検出器を含む、バイオセンシングデバイス。

請求項3

請求項1に記載のバイオセンシングデバイスであって、前記光検知回路が、第1の光検出器及び第2の光検出器を含む、バイオセンシングデバイス。

請求項4

請求項3に記載のバイオセンシングデバイスであって、更に、腕にはめるバンド及び筐体を含み、前記筐体が、前記光源回路、前記トランスインピーダンス増幅器、前記ADC、及び前記コントローラを含み、前記筐体が第1及び第2の表面を含み、前記第1の表面が、人の腕に対向して置かれるように構成され、前記第2の表面が前記第1の表面の反対であり、前記第1の光検出器が前記第1の表面上に配置され、前記第2の光検出器が前記第2の表面上に配置される、バイオセンシングデバイス。

請求項5

請求項1に記載のバイオセンシングデバイスであって、前記コントローラが、第1の周囲検知フェーズの間受信された前記デジタル値が、前記第1及び第2の周囲検知フェーズの間受信された前記デジタル値間の差の前記コントローラによる演算を通して、第2の周囲検知フェーズの間受信された前記デジタル値の前記閾値内となるかを判定するように構成される、バイオセンシングデバイス。

請求項6

請求項5に記載のバイオセンシングデバイスであって、前記コントローラが、前記差の二乗を演算するように構成される、バイオセンシングデバイス。

請求項7

請求項5に記載のバイオセンシングデバイスであって、前記コントローラが、前記差の絶対値を演算するように構成される、バイオセンシングデバイス。

請求項8

請求項5に記載のバイオセンシングデバイスであって、前記コントローラが、第1及び第2の周囲検知フェーズの複数セットを介する間、前記ADCから複数のデジタル値を読み出すように、及び、各第1の周囲検知フェーズ及び対応する第2の周囲検知フェーズの間読み出された前記デジタル値の前記差の平均を計算するように構成される、バイオセンシングデバイス。

請求項9

請求項1に記載のバイオセンシングデバイスであって、前記コントローラが、心拍数値周辺酸素飽和値、及びパルス遷移時間のうち少なくとも一つを判定するように構成される、バイオセンシングデバイス。

請求項10

ステムであって、第1のトランスインピーダンス増幅器に結合される第1の光検出器であって、前記第1の光検出器により生成される電流を電圧に変換するように構成される、前記第1の光検出器、第2のトランスインピーダンス増幅器に結合される第2の光検出器であって、前記第2の光検出器により生成される電流を電圧に変換するように構成される、前記第2の光検出器、前記第1及び第2のトランスインピーダンス増幅器からの電圧を、対応するデジタル値に変換するように構成されるアナログデジタルコンバータ(ADC)、及び、前記ADCに結合されるコントローラ、を含み、前記コントローラが、光源が、第1及び第2の周囲検知フェーズの複数のセットの間にディセーブルされる一方で、前記第2の光検出器から生成される前記ADCからデジタル値を反復的に読み出すことであって、前記第1の周囲検知フェーズが、可変時間分離により、所与のセットの前記第2の周囲検知フェーズから分離され、前記時間分離が、第1及び第2の周囲検知フェーズの各後続のセットに応じて調節される、前記反復的に読み出すように、周囲検知フェーズの各セットの間読み出された前記デジタル値間の差を計算するように、前記計算された差を処理することから、前記周囲光の前記近似期間を判定するように、及び前記判定された近似周囲光期間を用いて、前記光源がイネーブルされる光源検知フェーズと、前記光源がディセーブルされる周囲検知フェーズとの時間分離を構成するように、構成される、システム。

請求項11

請求項10に記載のシステムであって、前記コントローラが、前記構成された時間期間により分離された光源及び周囲検知フェーズの間、前記ADCから読み出されたデジタル値を用いて、人の生物物理学的パラメータを演算するように構成される、システム。

請求項12

請求項10に記載のシステムであって、更に、腕にはめるバンド及び筐体を含み、前記筐体が、前記光源回路、前記トランスインピーダンス増幅器、前記ADC、及び前記コントローラを含み、前記筐体が第1及び第2の表面を含み、前記第1の表面が、人の腕に対向して置かれるように構成され、前記第2の表面が前記第1の表面の反対であり、前記第1の光検出器が前記第1の表面上に配置され、前記第2の光検出器が前記第2の表面上に配置される、システム。

請求項13

請求項10に記載のシステムであって、前記コントローラが、最小の計算された差に対応する前記調節された時間期間の判定を介して、前記周囲光の前記期間に近似するように構成される、システム。

請求項14

請求項13に記載のシステムであって、前記コントローラが、前記周囲光の前記近似された期間の整数倍数であるように前記時間期間を構築するように構成される、システム。

請求項15

請求項10に記載のシステムであって、前記光源回路が発光ダイオードLED)を含む、システム。

請求項16

バイオセンシングデバイスを較正する方法であって、複数の反復を実施することであって、各反復が、前記バイオセンシングデバイスオフにおける光源がオフにされる第1の周囲光フェーズの間、周囲光の大きさを測定すること、構成可能な時間遅延の後、やはり前記光源がオフにされる第2の周囲光フェーズの間、周囲光の間の大きさを測定すること、前記測定された大きさ間の差が閾値より大きいと判定すること、及び、前記構成可能な時間遅延を調節すること、を含む、方法。

請求項17

請求項16に記載の方法であって、更に、測定時間期間を計算するため、前記差が前記閾値より小さくなるまで、前記複数の反復を実施することを含む、方法。

請求項18

請求項17に記載の方法であって、更に、周囲光、及び、前記バイオセンシングデバイスにおける光源により生成される、人から反射される光の測定を用いて、生物物理学的パラメータを演算することを含み、前記測定値が、前記測定時間期間に基づいて時間間隔により分離される、方法。

請求項19

請求項18に記載の方法であって、時間間隔が、前記測定時間期間の整数倍数である、方法。

請求項20

請求項16に記載の方法であって、前記差が前記閾値より大きいと判定することが、前記差の絶対値又は二乗を計算することを含む、方法。

技術分野

0001

幾つかのタイプのバイオセンシングデバイスは、光を生成するフォトダイオード、及び人体反射された光を検知する光検出器を含む。反射された光から、デバイスは、心拍数などの生物物理学的性質を判定し得る。幾つかのバイオセンシングデバイスは、心拍数を測定する腕時計形式で提供される。

0002

記載される例において、バイオセンシングデバイス及び方法が、生物物理学的測定値を行なうために用いられる時間期間を較正する。バイオセンシングデバイスは、光源検知フェーズを開始し、その後、第1の周囲検知フェーズ及び第2の周囲検知フェーズが続く。光源検知フェーズにおいて、バイオセンシングデバイスは、光源回路イネーブルされる間に光検出器を介する電流を示すデジタル値を受信するように構成される。第1及び第2の周囲検知フェーズの各々において、バイオセンシングデバイスは、光源回路がディセーブルされる間にデジタル値を受信するように構成される。バイオセンシングデバイスは、第1の周囲検知フェーズの間受信されるデジタル値が、第2の周囲検知フェーズの間受信されるデジタル値の閾値内となるまで、反復的にフェーズ間の時間期間を変える。その後、それは、光源検知フェーズ及び周囲フェーズの間に同じ時間分離を適用して、これら2つのフェーズにおける周囲光の大きさを等しくする。

図面の簡単な説明

0003

種々の例に従った光学的バイオセンシングデバイスの一実施例を示す。

0004

フェーズが周囲光信号光検知フェーズの周期性整合されない光検知フェーズの一例を示す。

0005

フェーズが周囲光信号の周期性に整合される光検知フェーズの一例を示す。

0006

種々の例に従った方法を示す。

0007

連続する周囲光サンプルの差と、周囲光サンプルを分離する時間期間との間の関係を図示する。

0008

代替の実施例に従った光学的バイオセンシングデバイスのブロック図を図示する。

0009

腕にはめるデバイスとしての光学的バイオセンシングデバイスの、そのデバイスの筐体の反対の表面にフォトダイオードを備える、一実施例を図示する。

実施例

0010

光ベースのバイオセンシングデバイスが本明細書に記載され、このデバイスは、光源及び光検出器を含み、光検出器から読み取り値を得、光源は光源検知フェーズの間イネーブルされ、その後再び周囲検知フェーズの間、光源はディセーブルされる。光源検知フェーズの間測定された光(これは、人で反射された、光源からの適切な波長で反射された光を含み、更に周囲光を含む)から、周囲光周囲検知フェーズの間測定された光を減じることにより、心拍数など、種々の生物物理学的パラメータの任意のものが計算され得る。幾つかの実施例において、光ベースのバイオセンシングデバイスは、腕にはめる時計の形式である。

0011

バイオセンシングデバイスにおけるコントローラは、光源をオン及びオフするために信号をアサートし得る。コントローラは、周囲検知フェーズの間、光源をディセーブルし(オフにし)、光源検知フェーズの間、光源をイネーブルする(オンにする)。幾つかの例において、周囲検知フェーズの間、光検出器により検出された光のみが周囲光であり得、光源からの光ではない場合がある。幾つかの場合において、周囲光(例えば、蛍光灯からの光)は、周期的であり、周波数は、周囲光が測定される周囲フェーズが、光源フェーズの間存在した周囲光の量を密に近似することを確実にするため、光源フェーズ測定に近接して従うようにするべきである。しかし、近接配置された光源及び周囲検知フェーズは、デバイスが比較的高い信号帯域幅を有することを必要とし得、これは、一層高ノイズ帯域幅、及び低い信号対雑音(SNR)比となり得る。

0012

説明される実施例に従って、コントローラは、連続(back-to-back)周囲検知フェーズの間、検知された光信号の大きさを比較し、周囲光信号の周期性(例えば、期間又は周波数)を判定するため、このような連続周囲検知フェーズ間のタイミングを反復的に変える。ほぼ等しい連続周囲測定値は、連続周囲フェーズが周囲光信号自体の周期性(例えば、期間又は周波数)に整合されることを示す。このタイミング分離は、その後、関連する生物物理学的パラメータを測定するため、光源検知フェーズ及び周囲フェーズの間に設定される。例えば、心拍数の判定の間、バイオセンシングデバイスのコントローラは、光源検知フェーズを開始し、その後、周囲光信号の周期性、又は周囲光信号の周期性の整数倍(2、3、4、...)のいずれかにおいて、周囲検知フェーズを開始する。従って、コントローラは、光源検知フェーズと周囲検知フェーズとの間の間隔が、周囲光信号の周期の期間又は周囲光信号の周期整数倍に対応するように、周囲検知フェーズを開始し得る。測定された周囲信号は、光源検知フェーズの間測定された信号から減じられ、心拍数は、結果の差から計算される。周囲検知フェーズが、周囲光信号の周期の整数倍にほぼ等しく光源検知フェーズから離間されることを確実にすることにより、2つのフェーズにおける周囲信号の強度はほぼ等しくなる。その結果、デバイスは、光源検知フェーズの間測定された光から周囲光の大きさを一層充分に取り除くことが可能である。

0013

図1は、種々の実施例に従ったバイオセンシングデバイス100の一例を示す。デバイスは、光源回路110、光検知回路120、及びコントローラ130を含む。幾つかの実施例において、コントローラは、プログラム命令(例えば、ファームウェア)を実行し得る任意のタイプのプロセッサであり得る。命令は、プロセッサ内にあるか又はその他の方式でプロセッサにアクセスし得るメモリストアされ得る。他の実施例において、コントローラは、本明細書に記載される動作を実施するように事前構成されるディスクリート回路である。

0014

光源回路110は、ドライバ114に結合される発光ダイオードLED)112(又は他のタイプの光源)を含む。ドライバ114は、光を生成するためLED112を介する電流を駆動するために、充分な電圧及び/又は電流を生成する。幾つかの実施例において、LEDは赤外LEDであるが、概してLEDは、心拍数、周辺酸素飽和値、パルス遷移時間などを測定するため、バイオセンシングデバイス100の意図される目的に適した波長の光を生成する。ドライバは、コントローラ130から光制御信号131を受け取る。光制御信号131は、光源回路110をイネーブル及びディセーブルするため2つの論理状態のいずれかにアサートされ得、又は少なくともLED112をオン又はオフさせ得る。光源検知フェーズでは、コントローラ130は、光制御信号131を、ドライバ114にLED112をオンにさせる論理状態にアサートする。周囲検知フェーズでは、コントローラ130は、光制御信号131を、ドライバ114にLED112をオフにさせる反対の論理状態にアサートする。

0015

図1の例において光検知回路120は、フォトダイオード122(又はフォトトランジスタ)、トランスインピーダンス増幅器124、及びアナログデジタルコンバータADC)126を含む。一つ又は複数のフィードバック抵抗器R1が、トランスインピーダンス増幅器124の利得を所望のレベルに設定するため含まれ得る。光検出器122上の入射光(これはLED112により生成され、人の腕で反射された光であり得る)は、光検出器122に入射光の大きさに比例する電流を生成させる。トランスインピーダンス増幅器124は、電流を電圧に変換する。その後、ADC126は、トランスインピーダンス増幅器124により生成された電圧をデジタル値に変換する。

0016

コントローラ130は、デジタル値を生成するように(即ち、トランスインピーダンス増幅器124からのアナログ電圧をデジタル値に変換する)、及びデジタル値をコントローラ130に提供するように、ADCに指令し得る。代替として、ADC126は、トランスインピーダンス増幅器124からのアナログ電圧を継続的にデジタル化し得、コントローラ130は、必要な場合、電流デジタル値を読む。コントローラ130及び/又はバイオセンシングデバイス100は、本明細書に記載される周囲光相殺手法の一つ又は複数を実装し得る。

0017

図2は、周期的周囲光信号150の一例を示す。また、図示されているのは光源検知フェーズ152、第1の周囲検知フェーズ162(AMB)、及び第2の周囲検知フェーズ172(AMB’)である。これらのフェーズの各々において、コントローラは、ADC124からデジタル値を受け取る。光源検知フェーズの間、ADCから読み出されたデジタル値は、LED112がイネーブルされた(オン)一方で、サンプリングされたフォトダイオード(例えば、電圧に変換され、デジタル化される)からの信号である。図2の例において、デジタル値は、生成され、光源検知フェーズの終わりに読み出されるが、代替として光源検知フェーズの間の任意の時間に得られ得る。デジタル値は測定された光値を表し、VLで示す。後の時間期間(tsepで示す)において、コントローラ130は、第1の周囲検知フェーズ162を実施し、光検知回路120から別のデジタル値を読み、この場合、LED112はディセーブルされる(オフ)。測定された値は、周囲検知フェーズの間に測定された光信号を知らせるためVAとして示す。コントローラは、第1の周囲検知フェーズ162に続くtsep時間期間の後、第2の周囲検知フェーズ172を実装する。第2の周囲検知フェーズの間測定された値はVA’で示す。従って、3つの測定された光信号値、VL、VA、及びVA’、が各測定の間tsepのタイミングに測定される。

0018

図2に示すように、tsepの値は、周囲光信号150の周期性(又は期間)に整合せず、その結果、VAの大きさは、VA’の大きさと著しく異なる。更に、周囲検知フェーズは、光源検知フェーズの後、周囲信号サイクルの整数倍実行されないので、測定された周囲信号(VA)の大きさは、光源検知フェーズ152の間、光検出器122へ入射する周囲光信号の大きさを充分に近似しない可能性がある。心拍数又はその他の生物物理学的パラメータの任意の結果の演算は、充分に正確ではない可能性がある。例えば、周囲光におけるトーンは更に、減じられた値(光源検知フェーズ及び周囲フェーズの間)に存在することもでき、心拍数として誤って判定され得る。

0019

説明される実施例に従って、コントローラ130は、第1の周囲検知フェーズの間ADC126から受信したデジタル値が、第2の周囲検知フェーズの間受信されるデジタル値の閾値内となるまで、tsepのサイズを反復的に変えるように構成される。比較のために用いられるデジタル値は、複数のサイクルにわたって取られる平均値であり得る。幾つかの実施例において、コントローラは、VAがVA’にほぼ等しくなるまで、tsepのサイズを反復的に増大させる。この結果の一例を図3に図示する。図3プロットは、図2のものに類似するが、VAがVA’にほぼ等しくなる地点までtsepが増大されている。光源検知フェーズ152が、第1の周囲検知フェーズ162から、周囲光信号150の周期にほぼ等しくなるtsep時間期間だけ分離され、その後、周囲検知フェーズ162の間測定された、測定された周囲信号(VA)の大きさが、光源検知フェーズ152の間、光検出器122へ入射する周囲光信号の大きさにほぼ等しくなる。測定された周囲光値VAは、LED112のみから人で反射される光の大きさに対して、充分に正確な値を生成するため、光源検知フェーズ(VL)の間、測定された光信号から減じられ得る。この後者の値を用いて成される任意の生物物理学的計算は、多くの又は任意の周囲光に基づかない可能性があり、そのため、周囲光は、測定値及び計算の範囲外に除外され内場合よりも正確となる。

0020

図4は、種々の実施例に従った方法を図示する。200において、方法は、tsepに対し特定の設定に対してVA及びVA’を測定することを含む。tsepの値は、コントローラ130により実装されるデフォルト値に設定され得る。コントローラ130は、ADC(VA)から第1のデジタル値を、時間tsepの後、第2のデジタル値(VA’)読む。コントローラは、ADC136からVA及びVA’値の複数の対を読み得、平均VA値を生成するためVA値を共に平均し、平均VA’値を生成するためVA’値を共に平均する。

0021

202において、その後、コントローラ130は、VA及びVA’値(又は平均された値)間の差を計算し、差が閾値より小さいかを判定する。閾値はコントローラ130において構成される。閾値は比較的小さく、VA及びVA’間の差より小さい値は、VA及びVA’が実質的に等しいと判定されるように充分小さいと考えられる。VA及びVA’が実質的に等しいとき、tsepの値は下にある周囲光信号の周期を表す。図4の例において、VA及びVA’間の差の絶対値は、閾値と比較される。他の実施例において、コントローラ130は、VA及びVA’間の差の二乗計算し、差の二乗を閾値と比較する。

0022

VA及びVA’間の差(その絶対値、差の二乗など)が閾値より大きい場合、204において、コントローラ204は、tsepのサイズを増大させ、制御ループは200に戻り、プロセスが反復する。プロセスは、VA及びVA’間の差が、tsepの値が周囲光信号の周期を近似する閾値より小さくなるまで反復する。tsepのその値は、光源検知フェーズの間のデジタル値、及び光源検知フェーズに続く時間のtsep期間周囲検知フェーズからのデジタル値の取得を介して、生物物理学的パラメータを演算するために用いられる。幾つかの実施例において、周囲検知フェーズは、光源検知フェーズに続く複数のtsep値の整数倍である。

0023

図5は、tsepの値を変えることにより分離された連続する周囲光サンプル(VA及びVA’)間の差間の関係を図示する。VA及びVA’間の差が差の絶対値として図5に図示されるが、代替の表現は、差の二乗を含み得る。tsep(t0)の特定の値において、VA及びVA’間の差は、示されるように最小である。図4の方法は、202において差値が閾値より小さいか否か判定することを含む。幾つかの実施例において、方法は、tsepの値を一層高い値から一層低い値まで又はその逆にスウィーピングすること、及び、差値(VA-VA’)が最低であるtsepの値を判定することを含み得る。幾つかの実施例において、tsepの所与の値に対するVA及びVA’の各測定は、本明細書において上記したようにコントローラ130により共に平均化される複数の測定値を含む。

0024

幾つかの実施例においてノイズの影響を受け難くするため、コントローラは、いずれかの側の近隣の差が所与のtsepにおける差値より大きいtsepの値をtsepの値を判定することにより判定し得る。幾つかの実施例において、コントローラは、近隣の差値が所与のtsepにおける差値より大きいtsepの値を判定する。例えば、nの値は6であり得、6つの近隣の差値(例えば、3つの値240及び3つの値260)が、後続の生物物理学的測定値のために用いられるtsepの値であると判定される250に対応するtsep値に対して値250より大きくすべきであることを意味する。

0025

幾つかの実施例において、光学的バイオセンシングデバイスが、複数のフォトダイオードを有し、一つのフォトダイオードが、tsepの値を構成するため、較正目的のために用いられ、他のフォトダイオードが、生物物理学的パラメータを測定するために用いられる。例えば、図6はバイオセンシングデバイスの一実施例を示し、バイオセンシングデバイスは、光源回路110(本明細書において上記したようにLED112及びドライバ114を含む)、コントローラ130、及び、図1に示したものと代替の光検知回路320を含む。図6における光検知回路320は、一対のフォトダイオード322及び332を含む。各フォトダイオードが、対応するトランスインピーダンス増幅器324、334に結合される。フォトダイオード322から生成される電流は、トランスインピーダンス増幅器324によりアナログ電圧に変換され、フォトダイオード332から生成される電流は、トランスインピーダンス増幅器334によりアナログ電圧に変換される。フォトダイオード電流のアナログ電圧表現は、ADC340に提供される。ADC340は、マルチチャネルADCであり得、そのため、トランスインピーダンス増幅器324及び334からの入力のような個々のアナログ入力をデジタル化することが可能であり得る。他の実装は、一つのマルチチャネルADCではなく、個別のADCを含み得る。その上更に、単一のトランスインピーダンス増幅器が、2つのフォトダイオード322、332のために用いられ得る。コントローラ130は、フォトダイオードのいずれかに対してADC340からデジタル値を読み出し得る。

0026

本明細書において上記したような一実施例において、バイオセンシングデバイスは、腕時計に類似する腕にはめるデバイスの形式で実装され、腕時計のような時間機能を含み得る。図7は、このような一実施例の一例を示し、デバイスは、腕にはめるバンド400及び筐体410を含み、筐体410は、光源(例えば、フォトダイオード122、322、332)、トランスインピーダンス増幅器(124、324、334)、ADC(126、340)、及び、図示しない、デバイスの他の構成要素(例えば、ディスプレイバッテリー)を含む。筐体410は、金属、プラスチック又はその他の適切な材料、を含み得、反対の表面410a及び410bを有し得る。表面410bは、腕時計が人の腕に巻きつけられたときに人の肌に隣り合う。表面410aは、反対の表面410aであり、そのため、腕と反対のデバイスの側上にある。

0027

図6のフォトダイオード324は、表面410b上に提供され、フォトダイオード322は、表面410a上に提供される。各フォトダイオードは、筐体410内部に搭載され得、適切な寸法のアパーチャを介して、筐体の外側に露出され得る。人の腕に隣り合うフォトダイオードは、生物物理学的パラメータを測定するために、コントローラにより使用されるフォトダイオードである。図7の例において、そうした測定フォトダイオードは、フォトダイオード324である。フォトダイオード324が、人の腕と直接的又はほぼ直接的に接触するので、周囲光は、そのフォトダイオードにあまり受信されない。しかし、充分な周囲光が、測定フォトダイオードに受信され得、デバイスにおけるコントローラは、本明細書において上記したように光源検知フェーズから周囲光信号を減じるため、周囲検知フェーズを実施する必要がある。しかし、人の腕に関連した時計のジオメトリ、すなわち、人が、彼又は彼の腕にデバイスを着用するきつさに起因して、フォトダイオード324により受け取られる周囲光の量は可変であり得、周期的周囲光信号の周期を近似させるためにtsepを計算する目的のため、周囲信号の品質に影響を与え得る。

0028

フォトダイオード322が、人の腕の反対に位置され、そのため、直接的に周囲光に露出されるので、そうしたフォトダイオードは、周囲光の周期を測定するための良好な性能を提供する。そのため、図6及び7の実施例において、フォトダイオード322は、本明細書において上記したように、VA及びVA’の値を取得及び比較するために用いられる。tsepの値が周囲光信号の周期を近似させるように判定された後、tsepのその値は、生物物理学的パラメータ測定を行うために用いられる。従って、コントローラ130は、フォトダイオード324に対し、光源検知フェーズの間、ADC340からデジタル値を読み出し、その後、tsepの整数倍数によって光源検知フェーズから離間され周囲検知フェーズの間、さらにフォトダイオード324に対し、ADCから別のデジタル値を読み出す。ここで、tsepは、フォトダイオード322を用いて判定されたものである。

0029

幾つかの実施例において、デバイスは、電源オンの際、及び/又は、動作の間ディスクリートインタバル(例えば、1分毎、5分毎など)で、本明細書に記載される較正手法を実施する。説明される較正手法は、結果として生じる計算された生物物理学的パラメータを一層正確にする。

0030

幾つかの例において、コントローラ130は、一つ又は複数の周囲光測定値に基づいて、周囲光の期間の整数倍数を示す値を判定(又は推定)し得、判定された値に基づいて、光源がイネーブルされた測定と、第1の周囲測定(即ち、光源がディセーブルされた測定)との時間インタバル(又は時間期間)を制御し得る。第1の周囲測定は、光源がイネーブルされた測定から周囲光を相殺するために用いられ得る。幾つかの例において、コントローラ130は、連続する周囲光測定値がほぼ等しくなる等しくように、二つ又はそれ以上の連続する周囲光測定間の時間インタバルを調節することにより、周囲光フェーズの周期の整数倍数を示す値を判定し得る。

0031

幾つかの例において、コントローラ130は、連続する周囲光測定、第1の周囲光測定、及び、光源がイネーブルされた測定を実施するため、単一の光検出器(例えば、フォトダイオード)を用い得る。更なる例において、コントローラ130は、連続する周囲光測定及び光源がイネーブルされた測定を実施するため、個別の光検出器(例えば、フォトダイオード)を用い得る。例えば、コントローラ130は、光源がイネーブルされた測定及び第1の周囲光測定を実施するため、デバイスのユーザの肌に近接するデバイスの第1の面上の第1の光検出器を用い得、(光源がイネーブルされた測定及び第1の周囲光測定間の時間インタバルを判定するため)連続する周囲光測定を実施するため、デバイスの第2の面上の第2の光検出器を用い得る。幾つかの例において、デバイスの第2の面は、デバイスの第1の面の反対であり得る。更なる例において、周囲光に対する、デバイスの第2の面の露出は、周囲光に対する、デバイスの第1の面の露出より大きいものであり得る。付加的な例において、デバイスの第2の面は、デバイスのユーザの肌と反対である方向に向くものであり得る。

0032

本発明の特許請求の範囲内で、説明した例示の実施例に改変が成され得、他の実施例が可能である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ