図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2019年2月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題・解決手段

本発明は、自動車100が緊急車両300と衝突することを防止する方法に関する。ここで、本方法は、自動車100の周辺領域200を光学的に検出する工程10と、自動車100の他の周辺領域210を音響学的に検出する工程20であって、この他の周辺領域210が周辺領域200を含む工程と、周辺領域200の交通参加者230を検出する工程30と、他の周辺領域210を緊急車両300の緊急信号に関して調査する工程40と、特定された各交通参加者230に関する運動軌道231を特定する工程50と、他の周辺領域210の調査40が相応の緊急信号を特定した場合、特定された運動軌道231を、周辺領域200における危険な状況を表す群れ行動に関して調査する工程41と、特定された運動軌道231の調査41が周辺領域200における相応の危険な状況を特定した場合、緊急車両300の滞在場所320を突き止める工程42と、緊急車両300の運動軌道321を特定する工程と、緊急車両300との自動車100の衝突が起こるのか否かを推定する工程44と、衝突が起こることをその推定44が示す場合、自動車100の使用者に相応の警告を出す工程45とを有する。本発明は、更に、それに対応するシステム400及びそれに対応する自動車100に関する。

概要

背景

最新自動車は、自動車の周りに対する防音が益々良くなって来ている。外部の騒音は多くの場合煩わしく感じられるので、防音性の向上は走行快適性の向上に寄与している。これによって、走行安全性も向上させることができる。こういった騒音は運転者神経質注意散漫か少なくともいずれかにする可能性があるからである。

しかし、それによって、緊急出動時の緊急車両が時として気付かれなくなるか、或いはもはや適時には気付かれなくなる。それは、緊急車両が視覚的にとらえられない場合に、音として聞こえないことと相まって危険で事故を起こし易い状況を引き起こす可能性がある。

従って、早期に緊急車両を感知することができ、それに合わせて車両の使用者通報することを可能にする手法を提供することが望まれている。

概要

本発明は、自動車100が緊急車両300と衝突することを防止する方法に関する。ここで、本方法は、自動車100の周辺領域200を光学的に検出する工程10と、自動車100の他の周辺領域210を音響学的に検出する工程20であって、この他の周辺領域210が周辺領域200を含む工程と、周辺領域200の交通参加者230を検出する工程30と、他の周辺領域210を緊急車両300の緊急信号に関して調査する工程40と、特定された各交通参加者230に関する運動軌道231を特定する工程50と、他の周辺領域210の調査40が相応の緊急信号を特定した場合、特定された運動軌道231を、周辺領域200における危険な状況を表す群れ行動に関して調査する工程41と、特定された運動軌道231の調査41が周辺領域200における相応の危険な状況を特定した場合、緊急車両300の滞在場所320を突き止める工程42と、緊急車両300の運動軌道321を特定する工程と、緊急車両300との自動車100の衝突が起こるのか否かを推定する工程44と、衝突が起こることをその推定44が示す場合、自動車100の使用者に相応の警告を出す工程45とを有する。本発明は、更に、それに対応するシステム400及びそれに対応する自動車100に関する。

目的

従って、早期に緊急車両を感知することができ、それに合わせて車両の使用者に通報することを可能にする手法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

自動車(100)が緊急車両(300)と衝突することを防止する方法であって、自動車(100)の光学的検出装置(110)を用いて、自動車(100)の周辺領域(200)を光学的に検出する工程(10)と、自動車(100)の音響学的検出装置(120)を用いて、自動車(100)の他の周辺領域(210)を音響学的に検出する工程(20)であって、この他の周辺領域(210)が周辺領域(200)を含む工程と、周辺領域(200)の交通参加者(230)を特定する工程(30)と、他の周辺領域(210)を一つの信号(310)に関して調査する工程(40)であって、この信号(310)が、緊急車両(300)の緊急信号を表すものである工程と、特定された各交通参加者(230)に関する運動軌道(231)を特定する工程(50)と、他の周辺領域(210)の調査(40)が相応の緊急信号を特定した場合に、特定された運動軌道(231)を群れ行動に関して調査する工程(41)であって、この群れ行動が周辺領域(200)における危険な状況を表すものである工程と、特定された運動軌道(231)の調査(41)が周辺領域(200)における相応の危険な状況を特定した場合に、緊急車両(300)の滞在場所(320)を突き止める工程(42)と、緊急車両(300)の突き止められた滞在場所(320)と交通参加者(230)の特定された運動軌道(231)とに基づき、緊急車両(300)の運動軌道(321)を特定する工程(43)と、緊急車両(300)の特定された運動軌道(321)に基づき、自動車(100)の実際の運動軌道(101)に関して、緊急車両(300)との自動車(100)の衝突が起こるのか否かを推定する工程(44)と、衝突が起こることをその推定(44)が示す場合に、自動車(100)の使用者に相応の警告を出す工程(45)と、を有する方法。

請求項2

それぞれ相応の交通参加者(230)に関してそれぞれ特定される相応の運動軌道(231)は、これらの相応の交通参加者(230)に関してそれぞれ可能性が最も高い相応の運動軌道に該当する請求項1に記載の方法。

請求項3

緊急車両(300)の特定される滞在場所(320)が、可能性が最も高い緊急車両(300)の滞在場所に該当し、緊急車両(300)の特定される運動軌道(321)が、可能性が最も高い緊急車両(300)の運動軌道に該当する、請求項1又は2に記載の方法。

請求項4

衝突が起こることを推定(44)が示す場合に、自動車(100)の衝突のない運動軌道(102)を特定する工程(46)をさらに有する請求項1から3までのいずれか一つに記載の方法。

請求項5

自動車(100)による衝突のない運動軌道(102)を自動で採用して実現する工程(47)をさらに有する請求項4に記載の方法。

請求項6

自動車(100)が高度に自動化されて運転可能な自動車及び/又は自律走行可能な自動車である請求項1から5までのいずれか一つに記載の方法。

請求項7

周辺領域(200)が、自動車(100)の実際の運動軌道に沿って延びており、他の周辺領域(210)が、周辺領域(200)の面積と異なる面積を有するか、他の周囲環境(210)の面積が、周囲環境(200)の面積よりも大きいかの少なくともいずれかである請求項4から6までのいずれか一つに記載の方法。

請求項8

自動車(100)が緊急車両(300)と衝突することを防止するシステム(400)であって、この自動車(100)が、自動車(100)の周辺領域(200)を光学的に検出(10)する光学的検出装置(110)と、自動車(100)の他の周辺領域(210)を音響学的に検出(20)する音響学的検出装置(120)であって、前記他の周辺領域(210)が周辺領域(200)を含む音響学的検出装置と、自動車(100)の使用者に警報を出力(45)する出力装置(130)とを備え、このシステム(400)が、周辺領域(200)の交通参加者(230)を特定(30)する第一の特定手段(410)と、他の周辺領域(210)を一つの信号(310)に関して調査(40)する調査手段(420)であって、前記信号(310)が、緊急車両(300)の緊急信号を表すものである調査手段と、特定された各交通参加者(230)に関する運動軌道(231)を特定(50)する第二の特定手段(430)と、特定された運動軌道(231)を群れ行動に関して調査(41)する他の調査手段(440)であって、この群れ行動が周辺領域(200)における危険な状況を表すものである他の調査手段と、緊急車両(300)の滞在場所(320)を突き止め(43)る位置特定手段(450)と、緊急車両(300)の突き止められた滞在場所(320)と交通参加者(230)の特定された運動軌道(231)とに基づき、緊急車両(300)の運動軌道(321)を特定(43)する第三の特定手段(460)と、緊急車両(300)の特定された運動軌道(321)に基づき、自動車(100)の実際の運動軌道(101)に関して、緊急車両(300)との自動車(100)の衝突が起こるのか否かを推定(44)する推定手段(470)と、を備え、このシステム(400)が、請求項1から7までのいずれか一つに記載の方法を実施するように構成される、システム。

請求項9

請求項8に記載のシステム(400)において、本システムが、更に、自動車(100)の衝突のない運動軌道(102)を特定(46)する第四の特定手段(480)と、自動車(100)による衝突のない運動軌道(102)を自動で採用し実現(47)する衝突回避装置(490)と、を備えているシステム。

請求項10

自動車(100)であって、当該自動車(100)の周辺領域(200)を光学的に検出(10)する光学的検出装置(110)と、当該自動車(100)の他の周辺領域(210)を音響学的に検出(20)する音響学的検出装置(120)であって、この他の周辺領域(210)が周辺領域(200)を含む音響学的検出装置と、当該自動車(100)の使用者に警報を出す出力装置(130)と、請求項8又は9に記載のシステム(400)であって、請求項1から7までのいずれか一つに記載の方法を実施するように構成されるシステム(400)と、を備えた自動車。

請求項11

請求項8又は9に記載のシステム(400)及び/又は請求項10に記載の自動車(100)用のコンピュータプログラム製品であって、このシステム(400)及び/又は自動車(100)が、請求項1から7までのいずれか一つに記載の方法に基づきそれぞれ動作可能であるコンピュータプログラム製品。

請求項12

請求項11に記載のコンピュータプログラム製品を有するデータ媒体

技術分野

0001

本発明は、自動車が緊急車両と衝突することを防止する方法と、その方法に関するシステム及び自動車とに関する。

背景技術

0002

最新の自動車は、自動車の周りに対する防音が益々良くなって来ている。外部の騒音は多くの場合煩わしく感じられるので、防音性の向上は走行快適性の向上に寄与している。これによって、走行安全性も向上させることができる。こういった騒音は運転者神経質注意散漫か少なくともいずれかにする可能性があるからである。

0003

しかし、それによって、緊急出動時の緊急車両が時として気付かれなくなるか、或いはもはや適時には気付かれなくなる。それは、緊急車両が視覚的にとらえられない場合に、音として聞こえないことと相まって危険で事故を起こし易い状況を引き起こす可能性がある。

0004

従って、早期に緊急車両を感知することができ、それに合わせて車両の使用者通報することを可能にする手法を提供することが望まれている。

発明が解決しようとする課題

0005

本発明の課題は、従来技術で分かっている欠点の少なくとも一部を防止するか、或いは少なくとも軽減する手法を提案することである。

課題を解決するための手段

0006

本課題は、本発明において、主請求項に基づく方法を用いて、並びに同列の請求項に基づくシステムを用いて解決される。

0007

この場合、主請求項の対象は、自動車が緊急車両と衝突することを防止する方法に関し、この方法は、自動車の光学的検出装置を用いて自動車の周辺領域を光学的に検出する工程と、自動車の音響学的検出装置を用いて自動車の他の周辺領域を音響学的に検出する工程であって、この他の周辺領域が前記の周辺領域を含む工程と、周辺領域の交通参加者を特定する工程と、前記の他の周辺領域を一つの信号に関して調査する工程であって、その信号が、緊急車両の緊急信号を表すものである工程と、特定された各交通参加者に関する運動軌道を特定する工程と、前記の他の周辺領域の調査が相応の緊急信号を特定した場合、特定された運動軌道を群れ行動に関して調査する工程であって、その群れ行動が周辺領域における危険な状況を表すものである工程と、特定された運動軌道の調査が周辺領域における相応の危険な状況を特定した場合、緊急車両の滞在場所を突き止める工程と、その緊急車両の突き止められた滞在場所と交通参加者の特定された運動軌道とに基づき、緊急車両の運動軌道を特定する工程と、緊急車両の特定された運動軌道に基づき、自動車の実際の運動軌道に関して、緊急車両との自動車の衝突が起こるのか否かを推定する工程と、衝突が起こることをその推定が示す場合、自動車の使用者に相応の警告を出す工程とを有する。

0008

この場合、本方法の工程は、自動的に実施することができる。

0009

ここで、本発明の意図するところでは“自動車の周辺領域”とは、自動車の周りの領域を意味してもよい。特にこの場合、光学的検出装置を用いて検出することが可能である、自動車の周りの領域を意味してもよい。その際、光学的検出装置を用いて検出することが可能な自動車周りの領域は、物体がまだ識別できるぐらいの明白さで見分けられる領域を意味してもよい。

0010

ここで、本発明の意図するところでは“光学的検出装置”とは、周辺領域を視覚的に検知することが可能な装置を意味してもよい。それは、光学手段により行なうことができるが、赤外線や、例えばレーダー及び/又はライダーを用いた走査などにより行なうこともできる。

0011

この場合、本発明の意図するところでは“自動車の他の周辺領域”とは、自動車の周りの第二の領域を意味してもよい。この領域は、周辺領域と相似の領域とすることができる。しかし、それと大きく異なる領域とすることもできる。この場合、特に、音響学的検出装置を用いて検出することが可能である、自動車の周りの領域を意味してもよい。従って、特に、都会の周辺領域において、他の周辺領域とは、周辺領域自体よりも空間的に広い領域とすることができる。

0012

この場合、本発明の意図するところでは“音響学的検出装置”とは、音響信号を検出するように構成された装置とすることができる。この場合、特に、警察消防救急医療及びそれと同等の組織の緊急車両から、然るべき緊急出動の間に送出される音響信号を検出するように構成された装置を意味してもよい。この場合、そのような音響学的検出装置は、緊急車両の所謂“ランブラーサイレン”から放出されるような音響信号も感知することができる。それらの信号は、通常人間のに音として感じることができる信号ではなく、人間には振動として感じられる。

0013

この場合、本発明の意図するところでは“周辺領域の交通参加者”とは、道路交通における参加者を意味してもよい。この場合、特に、場合によっては、自動車などのスピードの出せる道路交通参加者を意味していてもよい。しかし、歩行者や、自転車に乗る人などを意味していてもよい。

0014

この場合、本発明の意図するところでは“信号”とは、音波を意味してもよい。特に、この信号は、警察、消防、救急医療及びそれと同等の組織の緊急車両から、然るべき緊急出動の間に送出される音響警報アラーム)を意味してもよい。

0015

この場合、本発明の意図するところでは“運動軌道”とは、自動車が通る道のりを表し得る仮想的な経路とすることができる。特に、運動軌道は、自動車がどの経路を採るべきかを決めることができる。それは、特に、互いに隣接させることのできる多数の軌道によって得ることができる。

0016

ここで、本発明の意図するところでは“群れ行動”とは、の群れやの群れに似て、多数の物体が似通った行動をすることを意味してもよい。この場合、特に、少なくとも互いに連れ添って、或いは一つの運動方向に沿って動く物体は、非常に似通った、或いは一貫した運動行動を有することを意味してもよい。

0017

ここで、本発明の意図するところでは“推定”とは、それまでの情報又は行動に基づく見通しを意味してもよい。この場合、それまでの観察結果論理的な情報チェーン又は論理的に厳格な情報チェーンに基づく推定を実施することができる。

0018

この場合、本発明の意図するところでは“警報”とは、差し迫った危険に起因して実施される指示を意味してもよい。そのような警報は、聴覚的、視覚的及び/又は触覚的な指示から構成することができる。更に、一つの警報は、差し迫った危険に対して如何にして適切に対処できるのかを示す行動情報から構成することもできる。

0019

本発明による考え方によって、緊急車両の緊急出動に起因する差し迫った危険を識別することができ、それに対応して、車両の使用者に事前に警告することができるとの利点が得られる。

0020

それによって、そのような状況における事故を防止することができる。

0021

この場合、同列の請求項の対象は、自動車が緊急車両と衝突することを防止するシステムに関し、この自動車は、自動車の周辺領域を光学的に検出する光学的検出装置と、自動車の他の周辺領域を音響学的に検出する音響学的検出装置であって、この他の周辺領域が周辺領域を含む音響学的検出装置と、自動車の使用者に警報を出す出力装置とを備える。この場合、本システムは、周辺領域の交通参加者を特定する第一の特定手段と、他の周辺領域を一つの信号に関して調査する調査手段であって、この信号が、緊急車両の緊急信号を表すものである調査手段と、特定された各交通参加者に関する運動軌道を特定する第二の特定手段と、特定された運動軌道を群れ行動に関して調査する他の調査手段であって、この群れ行動が周辺領域における危険な状況を表すものである他の調査手段と、緊急車両の滞在場所を突き止める位置特定手段と、緊急車両の突き止められた滞在場所と交通参加者の特定された運動軌道とに基づき、緊急車両の運動軌道を特定する第三の特定手段と、緊急車両の特定された運動軌道に基づき、自動車の実際の運動軌道に関して、緊急車両との自動車の衝突が起こるのか否かを推定する推定手段とを備える。この場合、本システムは、本発明による何れかの方法を実施するように構成される。

0022

本発明による考え方によって、緊急車両の緊急出動に起因する差し迫った危険な状況を見分けることができ、それに対応して、車両の使用者に事前に警告することが可能なシステムを提供できるとの利点が得られる。

0023

この場合、他の同列の請求項の対象は、自動車の周辺領域を光学的に検出する光学的検出装置と、自動車の他の周辺領域を音響学的に検出する音響学的検出装置であって、この他の周辺領域が周辺領域を含むものである音響学的検出装置と、自動車の使用者に警報を出す出力装置と、本発明による何れかのシステムであって、このシステムが、本発明による何れかの方法を実施するように構成されているシステムとを備えた自動車に関する。

0024

本発明による考え方によって、自動車において、緊急車両の緊急出動に起因する差し迫った危険な状況を識別することができ、それに対応して、自動車の車両使用者に事前に警告することができるとの利点が得られる。

0025

それによって、自動車の損傷を防止することができ、そのような異常事態における車両の乗客負傷も防止することができる。

0026

この場合、他の同列の請求項の対象は、システム及び/又は自動車用コンピュータプログラム製品に関し、このシステム及び/又は自動車は、本発明による何れかの方法に基づき動作することが可能である。

0027

本発明による考え方によって、本方法を特に効率的な形で自動的に実施できるとの利点が得られる。

0028

この場合、他の同列の請求項の対象は、本発明によるコンピュータプログラム製品を有するデータ媒体に関する。

0029

本発明による考え方によって、本方法を実施する装置、システム及び/又は自動車に、本方法を特に効率的に配分または差し向けることができるとの利点が得られる。

0030

以下において本発明の実施形態を説明する前に、先ずは、本発明がここで述べる構成要素又はここで述べる方法の工程に限定されないことに留意すべきである。更に、ここで使用する技術も、限定を意味するのではなく、単に例示的な性質を有する。ここで、本明細書及び請求項において単数形が使用されている場合、その文脈が明示的に排除しない限り、それぞれ複数形も共に含まれる。場合によっては有り得る方法の工程は、その文脈が明示的に排除しない限り、自動的に実施することができる。

0031

以下において、本発明による方法の他の実施例を説明する。

0032

第一の実施例では、本方法は、更に、それぞれ相応の交通参加者に関してそれぞれ特定される相応の運動軌道は、これらの相応の交通参加者に関してそれぞれ可能性が最も高い相応の運動軌道に該当するとの手順を有する。

0033

この実施形態は、起こる可能性が最も高い出来事に対処できるとの利点を有する。本方法を繰り返し実行することによって、本方法は、本当に将来起こる出来事をほぼ体現し、それで衝突の危険があるのか否かを極めて確実に予測することができる。

0034

他の実施例では、本方法は、更に、緊急車両の特定される滞在場所は、可能性が最も高い緊急車両の滞在場所に該当するとの手順を有する。更に、本方法は、緊急車両に関して特定される運動軌道は、可能性が最も高い緊急車両の運動軌道に該当するとの手順を有する。

0035

この実施形態は、起こる可能性が最も高い出来事に対して一層精確に対処できるとの利点を有する。本方法を繰り返し実行することによって、本方法は、本当に将来起こる出来事を一層良好にほぼ体現し、それで衝突の危険があるのか否かを極めて確実に予測することができる。

0036

他の実施例では、本方法は、更に、衝突が起こることを推定が示す場合、自動車の衝突のない運動軌道を特定するとの手順を有する。

0037

この実施形態は、衝突が予測される場合に、車両の使用者に操縦指示として提示できる回避手法を決めることができるとの利点を有する。

0038

それによって、そのような異常事態において、一層良好に事故を防止することができる。

0039

他の実施例では、本方法は、更に、自動車が高度に自動化されて運転可能な自動車及び/又は自律走行可能な自動車であるとの手順を有する。

0040

この実施形態は、衝突が推定される場合に、然るべき自動車の回避行動を単独で実行できるようにするために、本方法を運転者支援システム又は自動走行システムと連携させることが可能であるとの利点を有する。

0041

他の実施例では、本方法は、更に、周辺領域が自動車の実際の運動軌道に沿って延びるという手順を有する。そのとき、他の周辺領域は、前記の周辺領域の面積と異なる面積を有し、さらに/または他の周辺領域の面積が前記の周辺領域の面積よりも大きいとの手順を有する。

0042

この実施形態は、より一層早期の危険検知が可能であるとの利点を有する。

0043

第一の実施例では、本システムは、更に、自動車の衝突のない運動軌道を特定する第四の特定手段と、自動車による衝突のない運動軌道を自動で採用して実現する衝突回避装置とを備える。

0044

この実施形態は、衝突が推定される場合に、然るべき自動車の回避行動を単独で実行可能な能力を自動車に付与できるとの利点を有する。

0045

従って、本発明は、自動車の緊急出動により道路交通で起こり得るような異常事態のために発生する可能性のある危険な状況を予測して、それが起こる前に然るべく警告することを可能にする。

0046

以下において、本発明を図面に基づき詳しく説明する。

図面の簡単な説明

0047

本発明の一つの実施例による提案にかかる方法の概略図である。
本発明の他の実施例による提案にかかる方法の概略図である。
本発明の他の実施例による提案にかかる方法の概略図である。
本発明の他の実施例による提案にかかるシステムの概略図である。
本発明の他の実施例による提案にかかるシステムの概略図である。
本発明の他の実施例による提案にかかる自動車の概略図である。

実施例

0048

図1は、本発明の一つの実施例による提案にかかるシステムの概略図を示す。

0049

ここで、図1は、自動車100が緊急車両300と衝突することを防止する方法の概略図を示す。本方法は、ここでは、次の工程を有する。自動車100の光学的検出装置110を用いて自動車100の周辺領域200を光学的に検出する工程10。自動車100の音響学的検出装置120を用いて自動車100の他の周辺領域210を音響学的に検出する工程20であって、他の周辺領域210が前記の周辺領域200を含む工程20。周辺領域200の交通参加者230を特定する工程30。他の周辺領域210を一つの信号310に関して調査する工程40であって、この信号310が、緊急車両300の緊急信号を表すものである工程。特定された各交通参加者230に関する運動軌道231を特定する工程50。他の周辺領域210の調査40が相応の緊急信号を特定した場合、特定された運動軌道231を群れ行動に関して調査する工程41であって、この群れ行動が周辺領域200における危険な状況を表すものである工程。特定された運動軌道231の調査41が周辺領域200における相応の危険な状況を特定した場合、緊急車両300の滞在場所320を突き止める工程42。この緊急車両300の突き止められた滞在場所320と交通参加者230の特定された運動軌道231とに基づき、緊急車両300の運動軌道321を特定する工程43。緊急車両300の特定された運動軌道321に基づき、自動車100の実際の運動軌道101に関して、緊急車両300との自動車100の衝突が起こるのか否かを推定する工程44。この推定44が、衝突が起こることを示す場合、自動車100の使用者に相応の警告を出す工程45。

0050

図2は、本発明の他の実施例による提案にかかる方法の概略図を示す。

0051

ここで、図2は、図1に対して更に発展させた方法の概略図を示す。従って、図1に関して前に述べたことは、図2にもあてはまる

0052

図2は、図1による方法を示し、この方法は、更に、衝突が起こることを推定44が示す場合に、自動車100の衝突のない運動軌道102を特定する工程46を有する。

0053

図3は、本発明の他の実施例による提案にかかる方法の概略図を示す。

0054

この場合、図3は、図1及び図2に対して更に発展させた方法の概略図を示している。従って、図1及び図2に関して前に述べたことは、図3にも有効である。

0055

図3は、図1による方法を示し、この方法は、更に、自動車100による衝突のない運動軌道102の自動的な採用と実現47を有する。

0056

図4は、本発明の他の実施例による提案にかかるシステムの概略図を示す。

0057

図4は、ここでは、自動車100が緊急車両300と衝突することを防止する提案にかかるシステム400の概略図を図示している。この場合、自動車100は、次のものを有する。自動車100の周辺領域200を光学的に検出10する光学的検出装置110。自動車100の他の周辺領域210を音響学的に検出20する音響学的検出装置120であって、この他の周辺領域210が周辺領域200を含む音響学的検出装置。自動車100の使用者に警報を出力45する出力装置130。この場合、本システム400は、次のものを有する。周辺領域200の交通参加者230を特定30する第一の特定手段410。他の周辺領域210を一つの信号310に関して調査40する調査手段420であって、この信号310が、緊急車両300の緊急信号を表すものである調査手段。特定された各交通参加者230に関する運動軌道231を特定50する第二の特定手段430。特定された運動軌道231を群れ行動に関して調査41する他の調査手段440であって、この群れ行動が周辺領域200における危険な状況を表すものである他の調査手段。緊急車両300の滞在場所320を突き止める位置特定手段450。緊急車両300の突き止められた滞在場所320と交通参加者230の特定された運動軌道231とに基づき、緊急車両300の運動軌道321を特定43する第三の特定手段460。緊急車両300の特定された運動軌道321に基づき、自動車100の実際の運動軌道101に関して、緊急車両300との自動車100の衝突が起こるのか否かを推定44する推定手段470とを備えている。この場合、本システム250は、本発明による何れかの方法を実施するように構成されている。

0058

図5は、本発明の他の実施例による提案にかかるシステムの概略図を示す。

0059

図5は、ここでは図4に対して更に発展させたシステムの概略図を示す。従って、図4に関して前に述べたことは、図5にもあてはまる。

0060

図5から分かるように、このシステム400は、更に、衝突のない自動車100の運動軌道102を特定46する第四の特定手段480と、自動車100による衝突のない運動軌道102を自動で採用して実現47する衝突回避装置490とを備えている。

0061

図6は、本発明の他の実施例による提案にかかる自動車の概略図を示す。

0062

ここで、図6は、次のものを備えている自動車100の概略図を示す。自動車100の周辺領域200を光学的に検出10する光学的検出装置110。自動車100の他の周辺領域210を音響学的に検出20する音響学的検出装置120であって、この他の周辺領域210が周辺領域200を含む音響学的検出装置。自動車100の使用者に警報を出す出力装置130。本発明による何れかのシステム400。このシステム400は、本発明による何れかの方法を実施するように構成されている。

0063

本発明の思想は、以下の通り要約することができる。緊急車両の緊急出動時において、そのような緊急車両との衝突を予測することができ、そのことを車両の使用者に早期に通報することができるようにする方法、それに関するシステム及び自動車が提供される。ここで、予測は、確率に基づき実施することができる。この場合、先ず緊急車両が検出されて、その滞在場所が特定される。更に、車両の周辺領域が、他の交通参加者の群れ行動に関して調査される。その際には、危険な状況を表す群れ行動が存在する場合であって且つ緊急車両の緊急信号又は出動信号に相当する信号が検出された場合に、緊急車両の緊急出動が実際に存在するということが前提となる。次に、場所を特定された緊急車両の走行運動が予測される。それに基づき、衝突予測が行なわれる。その予測が、緊急車両との自動車の衝突が起こることを示す場合、衝突警報が出される。

0064

本方法をサイクリックに繰り返すことで、自動車と緊急車両が互いに近づくほど予測の蓋然性を相応に高めることができる。更に、予測される衝突を回避できる回避手法を特定することもできる。この場合、緊急レーンの形成に相当するような形での回避を高速道路上で実施することができる。更に、回避を単独で実行することもでき、その結果、自動車は、運転者が回避を実施する必要無しに、予測される衝突を自分で回避することができる。

0065

この場合、衝突のない相応の回避軌道を決定してその軌道を走行できるようにすることで後方を走行する緊急車両に道を開けて先に行かせてやるようにして回避を行なうこともできる。また、緊急車両との衝突を防止するために、衝突のない回避軌道が自動車の停止を含むのでもよい。

0066

10自動車の周辺領域の光学的な検出
20 自動車の他の周辺領域の音響学的な検出
30 周辺領域の交通参加者の特定
40 一つの信号に関する他の周辺領域の調査
41群れ行動に関する特定した運動軌道の調査
42 緊急車両の滞在場所の特定
43 緊急車両の運動軌道の特定
44 緊急車両との自動車の衝突が起こるのか否かの推定
45 警報の出力
46 自動車の衝突のない運動軌道の特定
47 衝突のない運動軌道の自動的な採用及び実現
50 特定された各交通参加者に関する運動軌道の特定
100 自動車
101 自動車の実際の運動軌道
102 自動車の衝突のない運動軌道
110光学的検出装置
120 音響学的検出装置
130出力装置
200 自動車の周辺領域
210 自動車の他の周辺領域
230 周辺領域の交通参加者
300 緊急車両
310 信号
320 緊急車両の滞在場所
321 緊急車両の運動軌道
400 緊急車両との自動車の衝突防止システム
410 第一の特定手段
420 調査手段
430 第二の特定手段
440 他の調査手段
450位置特定手段
460 第三の特定手段
470推定手段
480 第四の特定手段
490 衝突回避装置

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • オムロン株式会社の「 運転技量評価装置、車両、およびプログラム」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】簡便な構成でドライバの運転技量を評価する技術を実現すること。【解決手段】ドライバ(200)の顔を含む撮像画像を取得する撮像画像取得部(5)と、撮像画像、および車両の走行状態を参照して、ドライバ... 詳細

  • シーキューブ株式会社の「 逆走車衝突回避システム」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】逆走車がある場合に順走車との衝突を未然に防止する逆走車衝突回避システムを提供する。【解決手段】逆走車Vrの存在を検出するセンサーカメラ1と、一方通行のランプウェイWの幅方向の一方側に、逆走車V... 詳細

  • 三菱電機株式会社の「 車間距離制御装置」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】ドライバが満足できる車間距離制御を実現した車間距離制御装置を提供する。【解決手段】車間距離、相対速度および自車の速度を受けて車速指令を演算し、車速を制御する車速制御部に入力することで自車の速度... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ