図面 (/)

技術 伐採装置

出願人 株式会社九建株式会社南王
発明者 藤本眞二平井政之
出願日 2018年4月27日 (2年10ヶ月経過) 出願番号 2018-087198
公開日 2019年10月31日 (1年3ヶ月経過) 公開番号 2019-187371
状態 特許登録済
技術分野 木材用鋸 林業
主要キーワード 取り付け架台 移動防止部材 凹凸板 取付架台 伐採作業 支持架台 操作杆 チェーンソー
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年10月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

シンプルな構造で簡単に組み立てることができるとともに、作業員の安全を確保するため、伐採位置から離れた安全な場所で遠隔作業ができる立木伐採装置を提供

解決手段

チェーンソーを固定するチェーンソー固定板を水平方向に回転自在に支持するとともに、立木に固定するチェーンソー固定板支持体とからなり、チェーンソー固定板2は、チェーンソー固定板2をチェーンソー固定板支持体3に回動自在に垂直に挿入する横断面円形挿入部材8と、チェーンソー固定板を回動させるためのロープ係止するロープ係止部材10を備え、チェーンソー固定板支持体3は、挿入部材8を回動自在支持する円筒11と、チェーンソー固定板支持体3を立木に固定する立木固定部材12を備え、ロープを引いて待機位置から回動したチェーンソー固定板2を、ロープを緩めて待機位置に戻す方向に付勢するコイルばね15を備えている伐採装置。

概要

背景

作業者立木を直接伐採作業する場合、切り口が裂け跳ね上がって当たったり、傾斜地の伐採作業では作業者が転倒したりなどして危険なため、作業者の安全を確保するために各種の伐採装置が提案されている(特許文献1〜3参照)。

前記特許文献1には、遠隔操作で立木を伐採する人肩運搬型の遠隔操作伐採装置として、樹木取付架台を取り付け、この取付架台にスライドテーブルを装着し、スライドテーブルのチェーンソー移動台にチェーンソーを搭載して組み立て、送受信機を備えた制御手段により遠隔操作できる伐採装置が記載されている。

また、前記特許文献2には、チェーンソー支持架台支持ケースにチェーンソーが支持され、チェーンソーハンドルを操作するワイヤーからなる操作杆とチェーンソー支持架台の支持ケースを回動させてチェーンソーを動かすワイヤーからなる操作ハンドルを備えた遠隔操作できる伐採装置が記載されている。

前記特許文献3には、旋回台にチェーンソーが支持され、操作部の操作によりチェーンソーを駆動するとともに、操作ワイヤーの操作により旋回台を旋回させて立木を切る遠隔操作できる伐採装置が記載されている。

概要

シンプルな構造で簡単に組み立てることができるとともに、作業員の安全を確保するため、伐採位置から離れた安全な場所で遠隔作業ができる立木の伐採装置を提供チェーンソーを固定するチェーンソー固定板を水平方向に回転自在に支持するとともに、立木に固定するチェーンソー固定板支持体とからなり、チェーンソー固定板2は、チェーンソー固定板2をチェーンソー固定板支持体3に回動自在に垂直に挿入する横断面円形挿入部材8と、チェーンソー固定板を回動させるためのロープ係止するロープ係止部材10を備え、チェーンソー固定板支持体3は、挿入部材8を回動自在支持する円筒11と、チェーンソー固定板支持体3を立木に固定する立木固定部材12を備え、ロープを引いて待機位置から回動したチェーンソー固定板2を、ロープを緩めて待機位置に戻す方向に付勢するコイルばね15を備えている伐採装置。

目的

本発明は、伐採装置の構造が簡単なので伐採現場において簡単に組み立て、立木に固定できるとともに、作業員の安全を確保するために伐採位置から離れた安全な場所で遠隔作業ができる立木の伐採装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

チェーンソーと、このチェーンソーを固定するチェーンソー固定板と、前記チェーンソー固定板を水平方向に回転自在に支持するとともに、立木に固定するチェーンソー固定板支持体とからなる伐採装置において、前記チェーンソー固定板は、前記チェーンソーを固定するチェーンソー固定部材と、前記チェーンソー固定板を前記チェーンソー固定板支持体に回動自在に垂直に挿入する横断面円形挿入部材と、前記チェーンソー固定板を回動させるためのロープ係止するロープ係止部材を備え、前記チェーンソー固定板支持体は、挿入した前記横断面円形の挿入部材を回動自在支持する円筒と、前記立木に巻き付けて前記チェーンソー固定板支持体を前記立木に固定する立木固定部材を備え、前記チェーンソー固定板と前記チェーンソー固定板支持体の間に、ロープを引いて待機位置から回動した前記チェーンソー固定板を、ロープを緩めて前記待機位置に戻す方向に付勢するコイルばねを備えていることを特徴とする伐採装置。

請求項2

前記チェーンソー固定板の前記横断面円形の挿入部材と前記チェーンソー固定板支持体の前記円筒との間に、ロープを引いて待機位置から回動した前記チェーンソー固定板を、ロープを緩めて前記待機位置に戻す方向に付勢するコイルばねを備えていることを特徴とする請求項1に記載の伐採装置。

請求項3

前記チェーンソー固定板支持体固定部材の立木側には、前記チェーンソー固定板支持体固定部材が立木に対して移動するのを防止する凹凸を有する円筒移動防止部材を備えていることを特徴とする請求項1または2に記載の伐採装置。

技術分野

0001

本発明は、立木チェーンソー伐採する伐採装置に関し、特に簡単な構造で、伐採現場での組み立て、立木への固定に手間がかからず、作業者伐採位置から離れた位置で安全に伐採作業をすることができる伐採装置に関する。

背景技術

0002

作業者が立木を直接伐採作業する場合、切り口が裂け跳ね上がって当たったり、傾斜地の伐採作業では作業者が転倒したりなどして危険なため、作業者の安全を確保するために各種の伐採装置が提案されている(特許文献1〜3参照)。

0003

前記特許文献1には、遠隔操作で立木を伐採する人肩運搬型の遠隔操作伐採装置として、樹木取付架台を取り付け、この取付架台にスライドテーブルを装着し、スライドテーブルのチェーンソー移動台にチェーンソーを搭載して組み立て、送受信機を備えた制御手段により遠隔操作できる伐採装置が記載されている。

0004

また、前記特許文献2には、チェーンソー支持架台支持ケースにチェーンソーが支持され、チェーンソーハンドルを操作するワイヤーからなる操作杆とチェーンソー支持架台の支持ケースを回動させてチェーンソーを動かすワイヤーからなる操作ハンドルを備えた遠隔操作できる伐採装置が記載されている。

0005

前記特許文献3には、旋回台にチェーンソーが支持され、操作部の操作によりチェーンソーを駆動するとともに、操作ワイヤーの操作により旋回台を旋回させて立木を切る遠隔操作できる伐採装置が記載されている。

先行技術

0006

特開2013−240959号公報
実開昭57-136701号公報
実開昭55−118702号公報

発明が解決しようとする課題

0007

前記特許文献1に記載の伐採装置においては、制御手段により遠隔操作するため、伐採装置の構造が複雑となり、また、現場でチェーンソー、スライドテーブル、取り付け架台組立が簡単でないだけでなく、手間がかかるという問題がある。

0008

また、特許文献2,3に記載の伐採装置では、ワイヤーをチェーンソーに接続して遠隔操作するために接続構造が複雑となり、その組立にも手間がかかるという欠点がある。

0009

そこで、本発明は、伐採装置の構造が簡単なので伐採現場において簡単に組み立て、立木に固定できるとともに、作業員の安全を確保するために伐採位置から離れた安全な場所で遠隔作業ができる立木の伐採装置を提供するものである。

課題を解決するための手段

0010

本願請求項1に記載の発明は、チェーンソーと、このチェーンソーを固定するチェーンソー固定板と、前記チェーンソー固定板を水平方向に回転自在に支持するとともに、立木に固定するチェーンソー固定板支持体とからなる伐採装置において、前記チェーンソー固定板は、前記チェーンソーを固定するチェーンソー固定部材と、前記チェーンソー固定板を前記チェーンソー固定板支持体に回動自在に垂直に挿入する横断面円形挿入部材と、前記チェーンソー固定板を回動させるためのロープ係止するロープ係止部材を備え、前記チェーンソー固定板支持体は、挿入した前記横断面円形の挿入部材を回動自在支持する円筒と、前記立木に巻き付けて前記チェーンソー固定板支持体を前記立木に固定する立木固定部材を備え、前記チェーンソー固定板と前記チェーンソー固定板支持体の間に、ロープを引いて待機位置から回動した前記チェーンソー固定板を、ロープを緩めて前記待機位置に戻す方向に付勢するコイルばねを備えていることを特徴とする伐採装置である。

0011

本願請求項2に記載の発明は、前記チェーンソー固定板の前記横断面円形の挿入部材と前記チェーンソー固定板支持体の前記円筒との間に、ロープを引いて待機位置から回動した前記チェーンソー固定板を、ロープを緩めて前記待機位置に戻す方向に付勢するコイルばねを備えていることを特徴とする請求項1に記載の伐採装置である。

0012

本願請求項3に記載の発明は、前記チェーンソー固定板支持体固定部材の立木側には、前記チェーンソー固定板支持体固定部材が立木に対して移動するのを防止する凹凸を有する円筒移動防止部材を備えていることを特徴とする請求項1または2に記載の伐採装置。

発明の効果

0013

本発明の伐採装置は、チェーンソーとワイヤーや制御手段と接続したりする必要がないので、チェーンソーをそのまま使用でき、チェーンソー固定板とチェーンソー固定板支持体だけなので、構造がシンプル持ち運びやすく、また、現場でチェーンソーをチェーンソー固定板に固定してチェーンソー固定板の挿入部材をチェーンソー固定板支持体の円筒に挿入して回動自在に支持するだけなので、伐採装置を現場で手間を掛けることなく簡単に組み立てることができる。

0014

また、本発明の伐採装置は、伐採装置から離れた場所でロープを引いてチェーンソーを操作できるので、作業員の安全を確保することができる。

図面の簡単な説明

0015

本発明の栽培装置を構成するチェーンソー固定板とチェーンソー固定板支持体の斜視図である。
本発明の栽培装置を立木に固定した状態を示す斜視図である。

実施例

0016

図1図2において、本発明の立木を伐採するための伐採装置は、チェーンソー1と、チェーンソー1を固定するチェーンソー固定板2と、チェーンソー固定板2を回転自在に支持して、立木に固定するチェーンソー固定板支持体3により構成される。

0017

チェーンソー固定板2は金属板4からなり、金属板表面には固定するチェーンソーの位置決めをする位置決め部材5が設けられている。チェーンソーはアーチ形あるいは門形固定金具6で押さえて固定される。裏面には、必要に応じて、強度を上げるために金属板4を補強する補強リブ7を設けてもよい。

0018

チェーンソー固定板2の一端の隅部には、チェーンソー固定板2の表面と同一平面方向且つチェーンソー固定板2の長手方向に直角に横断面円形の棒あるいは管からなる挿入部材8が接続されている。挿入部材8はチェーンソー固定板支持体3の円筒11に挿入されてチェーンソー固定板2が回動自在に支持される。

0019

チェーンソー固定板2の他端には、ロープ9(図1)を係止するため、ロープ係止部材10となるロープ9を通す孔10が形成されている。孔10にロープ9を掛けて引くことにより、チェーンソー固定板2をチェーンソー固定板支持体3の円筒11に挿入した挿入部材8を中心に回動させる。ロープ係止部材10は孔だけでなくロープを巻いて係止する突起など、チェーンソー固定板に係止できる係止部材であればよい。

0020

チェーンソー固定板支持体3は円筒11を備えており、円筒11にはチェーンソー固定板2の挿入部材8が挿入されてチェーンソー固定板2が回動自在に支持される。

0021

チェーンソー固定板支持体3は、チェーンソー固定板支持体3を立木に固定する立木固定部材12を備えている。立木固定部材12は、チェーンソー固定板支持体3をベルト13、ワイヤー、ロープあるいはチェーンを巻き付け、締め付けていき立木へ固定するものである。本実施例では、公知のラッチェト式ベルトの例で、ハンドルを往復動作させてベルト13を立木に巻き閉めていく。

0022

チェーンソー固定板支持体3には、チェーンソー固定板支持体3が移動するのを防止する移動防止部材14を備えている。移動防止部材14として、本実施例では、固定したチェーンソー固定板支持体3が作業中に上下動あるいは回動して移動しないように立木に食い込む凹凸板14が上下に配置されている。

0023

チェーンソー固定板2の挿入部材8とチェーンソー固定板支持体3の円筒11との間には、コイルばね15が配置され、コイルばね15の一端と他端がチェーンソー固定板2とチェーンソー固定板支持体3に固定されている。コイルばね15は回動したチェーンソー固定板2がコイルばね15の復元力により待機位置に戻る方向に付勢されている。ロープ9を引いてチェーンソー固定板2を待機位置からコイルばね15に抗して回動させ、ロープ9を緩めるとチェーンソー固定板2がコイルばね15の復元力により逆方向に回動して待機位置に戻る。

0024

前記構成の伐採装置の使用方法の一例について説明する。

0025

チェーンソー固定板支持体3の立木固定部材12であるラッチェト式ベルト13を立木16に巻き付けてハンドルを往復動作させて締め付け、移動防止部材14の上下の凹凸板を立木16に食い込ませチェーンソー固定板支持体3を移動しないように立木16へ強固に固定する。

0026

チェーンソー固定板支持体3の立木16への固定が終了すると、チェーンソー1を固定金具6で強固に固定したチェーンソー固定板2の挿入部材8を、立木に固定されているチェーンソー固定板支持体3の円筒11にコイルばね15を介して挿入して支持する。コイルばね15を回してコイルばね15の一端と他端をチェーンソー固定板2とチェーンソー固定板支持体3に固定する。

0027

チェーンソー固定板2とチェーンソー固定板支持体3の組立が終わると、チェーンソー固定板2の他端のロープ係止部材の孔10に、安全な作業位置までの長さのロープ9を通し、ロープ9を引いてチェーンソー固定板2を回動可能にする。

0028

こうして伐採装置の立木へのセットが完了すると、チェーンソー1を起動させて回転させた後、作業者は安全な位置に移動した後、ロープ9を引いてチェーンソー1を立木方向に移動させて伐採を開始する。

0029

伐採により立木が倒れると、ロープ9を緩めてチェーンソー固定板2をコイルばね15の作用によりに逆方向に回動させて待機位置に戻す。伐採作業終了後は、チェーンソー1を停止させ、逆の手順でチェーンソー固定板2をチェーンソー固定板支持体3から取り外し、チェーンソー固定板支持体3を立木16から取り外す。

0030

1:チェーンソー
2:チェーンソー固定板
3:チェーンソー固定板支持体
4:金属板
5:位置決め部材
6:固定金具
7:補強リブ
8:挿入部材
9:ロープ
10:ロープ係止部材(孔)
11:円筒
12:立木固定部材
13:ベルト
14:移動防止部材
15:コイルばね
16:立木

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 温州市博邁環保科技有限公司の「 天然ゴムの快速採取設備」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】天然ゴムの快速採取設備を提供する。【解決手段】ゴム加速採取器10を含み、ゴム加速採取器10の中には作動チャンバ13が設置され、作動チャンバ13の中には測量機構81が設置され、測量機構81は回転... 詳細

  • 广州思天汽車用品有限公司の「 プッシュ式防火隔離初歩成型の緊急用森林防火車」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】本発明はプッシュ式防火隔離初歩成型の緊急用森林防火車を開示した。【解決手段】主体を含み、前記主体の中には裁断チャンバが設置され、前記裁断チャンバの前後内壁の間には回転ロッドが左右対称的に回転で... 詳細

  • 王磊の「 砂漠改造に基づいた自動植樹機」が 公開されました。( 2020/12/24)

    【課題】本発明は砂漠改造に基づいた自動植樹機を開示した。【解決手段】シャーシーを含み、前記シャーシーの頂面にはボディーが固定的に設置され、前記ボディーの左側面には延伸ブロックが固定的に設置され、前記延... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ