図面 (/)

技術 吊り天秤

出願人 太平電業株式会社
発明者 杉山永
出願日 2018年3月30日 (2年3ヶ月経過) 出願番号 2018-067184
公開日 2019年10月17日 (8ヶ月経過) 公開番号 2019-177965
状態 未査定
技術分野 クレーンの荷物係合要素 クレーンの細部(制御,安全)
主要キーワード 天秤棒 火力発電設備 チェーンブロック バランスウエイト シャックル ワイヤーロープ ローター クレーン
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年10月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

例えば、火力発電設備におけるガスタービン用の上下二分割された円錐形状のダクトの下半部ダクトをローター据え付ける場合において、下半部ダクトを床に仮置きすることなく、吊り上げたままの状態で容易かつ確実にローターに据え付けることができる吊り天秤を提供する。

解決手段

クレーン2に吊り下げられる天秤棒1と、天秤棒1の一端に取り付けられた第1滑車3と、天秤棒1の他端に取り付けられた第2滑車4と、第1滑車3と第2滑車4とに掛けられた、一端に吊り具6が取り付けられ、他端に第1チェーンブロック7が掛けられた第1ワイヤーロープ5と、一端が天秤棒1の長手方向中央部に掛けられ、他端が吊り具6に掛けられた第2ワイヤーロープ8とを備え、吊り荷は、吊り具6に掛けられた第3ワイヤーロープ9と、第1チェーンブロック7に掛けられた第4ワイヤーロープ10とによって吊り下げられる。

概要

背景

吊り天秤は、作業現場において吊り荷をクレーンにより吊り上げる際に広く使用されている。

特許文献1には、吊り天秤の一例が開示されている。以下、この吊り天秤を従来天秤といい、図面を参照しながら説明する。

図11は、従来天秤を示す正面図である。

図11に示すように、従来天秤は、クレーンのフック21に、両端に滑車22、23を取り付けた天秤棒24を吊り下げ、天秤棒24の中央部にワイヤーロープ25によってバランスウエイト26をシャックル27を介して吊り下げ、一端をシャックル27に取り付けたワイヤーロープ28の他端に滑車22、23を介して吊り荷29を吊り下げるものである。

従来天秤によれば、クレーンにより天秤棒24を吊り上げると、バランスウエイト26と吊り荷29との重量がバランスするまで、吊り荷29は、下降し、バランスウエイト26は、図中矢印で示すように滑車23方向に移動する。この結果、吊り荷29が、例えば、壁部材である場合には、上階鉄骨足場があっても壁部材をクレーンにより吊り上げてビルの側面に取り付けることができる。

しかも、吊り荷29を天秤棒24から取り外した場合には、バランスウエイト26は、天秤棒24の中央部まで移動するので、天秤棒24は、水平を維持する。この結果、安全上の問題は、生じない。しかも、フック21の位置は、移動しないので、次の壁部材の取り付け作業およびクレーンの操作にも支障を来たさない。

概要

例えば、火力発電設備におけるガスタービン用の上下二分割された円錐形状のダクトの下半部ダクトをローター据え付ける場合において、下半部ダクトを床に仮置きすることなく、吊り上げたままの状態で容易かつ確実にローターに据え付けることができる吊り天秤を提供する。クレーン2に吊り下げられる天秤棒1と、天秤棒1の一端に取り付けられた第1滑車3と、天秤棒1の他端に取り付けられた第2滑車4と、第1滑車3と第2滑車4とに掛けられた、一端に吊り具6が取り付けられ、他端に第1チェーンブロック7が掛けられた第1ワイヤーロープ5と、一端が天秤棒1の長手方向中央部に掛けられ、他端が吊り具6に掛けられた第2ワイヤーロープ8とを備え、吊り荷は、吊り具6に掛けられた第3ワイヤーロープ9と、第1チェーンブロック7に掛けられた第4ワイヤーロープ10とによって吊り下げられる。

目的

この発明の目的は、例えば、火力発電設備におけるガスタービン用の上下二分割された円錐形状のダクトの下半部ダクトをローターに据え付ける場合において、下半部ダクトを床に仮置きすることなく、吊り上げたままの状態で容易かつ確実にローターに据え付けることができる吊り天秤を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

クレーン吊り下げられる天秤棒と、前記天秤棒の一端に取り付けられた第1滑車と、前記天秤棒の他端に取り付けられた第2滑車と、前記第1滑車と前記第2滑車とに掛けられた、一端に吊り具が取り付けられ、他端に第1チェーンブロックが掛けられた第1ワイヤーロープと、一端が前記天秤棒の長手方向中央部に掛けられ、他端が前記吊り具に掛けられた第2ワイヤーロープとを備え、吊り荷は、前記吊り具に掛けられた第3ワイヤーロープと、前記第1チェーンブロックに掛けられた第4ワイヤーロープとによって吊り下げられることを特徴とする吊り天秤

請求項2

請求項1に記載の発明において、前記第2ワイヤーロープには、第2チェーンブロックが掛けられていることを特徴とする、請求項1に記載の吊り天秤。

請求項3

前記吊り荷は、火力発電設備におけるガスタービン用の上下二分割された円錐形状のダクトの下半部ダクトであることを特徴とする、請求項1または2に記載の吊り天秤。

技術分野

0001

この発明は、吊り天秤、特に、例えば、火力発電設備におけるガスタービン用の上下二分割された円錐形状のダクトの下半部ダクトをローター据え付ける場合において、下半部ダクトを床に仮置きすることなく、吊り上げたままの状態で容易かつ確実にローターに据え付けることができる吊り天秤に関するものである。

背景技術

0002

吊り天秤は、作業現場において吊り荷をクレーンにより吊り上げる際に広く使用されている。

0003

特許文献1には、吊り天秤の一例が開示されている。以下、この吊り天秤を従来天秤といい、図面を参照しながら説明する。

0004

図11は、従来天秤を示す正面図である。

0005

図11に示すように、従来天秤は、クレーンのフック21に、両端に滑車22、23を取り付けた天秤棒24を吊り下げ、天秤棒24の中央部にワイヤーロープ25によってバランスウエイト26をシャックル27を介して吊り下げ、一端をシャックル27に取り付けたワイヤーロープ28の他端に滑車22、23を介して吊り荷29を吊り下げるものである。

0006

従来天秤によれば、クレーンにより天秤棒24を吊り上げると、バランスウエイト26と吊り荷29との重量がバランスするまで、吊り荷29は、下降し、バランスウエイト26は、図中矢印で示すように滑車23方向に移動する。この結果、吊り荷29が、例えば、壁部材である場合には、上階鉄骨足場があっても壁部材をクレーンにより吊り上げてビルの側面に取り付けることができる。

0007

しかも、吊り荷29を天秤棒24から取り外した場合には、バランスウエイト26は、天秤棒24の中央部まで移動するので、天秤棒24は、水平を維持する。この結果、安全上の問題は、生じない。しかも、フック21の位置は、移動しないので、次の壁部材の取り付け作業およびクレーンの操作にも支障を来たさない。

先行技術

0008

特開平9−315760号公報

発明が解決しようとする課題

0009

上述したように、従来天秤によれば、吊り荷29を天秤棒24から取り外した後でも、天秤棒24は、水平を維持するので、安全上の問題は生じない。しかも、フック21の位置は、移動しないので、次の壁部材の取り付け作業およびクレーンの操作にも支障を来たさない。

0010

しかしながら、従来天秤は、吊り荷29をバランスウエイト26とバランスさせて吊り上げるものであるので、例えば、火力発電設備におけるガスタービン用の上下二分割された円錐形状のダクトの下半部ダクトをローターに据え付けるような場合には、使用が困難である。

0011

何故なら、下半部ダクトをローターに据え付けるには、下半部のダクトをローターに据え付けた後、上半部のダクトを据え付けるが、下半部のダクトをローターに据え付けるには、下半部のダクトを床に仮置きする工程が必要である。

0012

しかしながら、下半部のダクトの形状から下半部のダクトを床に仮置きすることが困難である。このために、下半部のダクトを吊り上げたままの状態でローターに据え付ける必要があるが、従来天秤では、これが行なえない。

0013

従って、この発明の目的は、例えば、火力発電設備におけるガスタービン用の上下二分割された円錐形状のダクトの下半部ダクトをローターに据え付ける場合において、下半部ダクトを床に仮置きすることなく、吊り上げたままの状態で容易かつ確実にローターに据え付けることができる吊り天秤を提供することにある。

課題を解決するための手段

0014

この発明は、上記目的を達成するためになされたものであって、下記を特徴とするものである。

0015

請求項1に記載の発明は、クレーンに吊り下げられる天秤棒と、前記天秤棒の一端に取り付けられた第1滑車と、前記天秤棒の他端に取り付けられた第2滑車と、前記第1滑車と前記第2滑車とに掛けられた、一端に吊り具が取り付けられ、他端に第1チェーンブロックが掛けられた第1ワイヤーロープと、一端が前記天秤棒の長手方向中央部に掛けられ、他端が前記吊り具に掛けられた第2ワイヤーロープとを備え、吊り荷は、前記吊り具に掛けられた第3ワイヤーロープと、前記第1チェーンブロックに掛けられた第4ワイヤーロープとによって吊り下げられることに特徴を有するものである。

0016

請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の発明において、前記第2ワイヤーロープには、第2チェーンブロックが掛けられていることに特徴を有するものである。

0017

請求項3に記載の発明は、請求項1または2に記載の発明において、前記吊り荷は、火力発電設備におけるガスタービン用の上下二分割された円錐形状のダクトの下半部ダクトであることに特徴を有するものである。

発明の効果

0018

この発明によれば、例えば、火力発電設備におけるガスタービン用の上下二分割された円錐形状のダクトの下半部ダクトを床に仮置きすることなく、吊り上げたままの状態で容易かつ確実にローターに据え付けることができる。

図面の簡単な説明

0019

この発明の吊り天秤を示す正面図である。
この発明の吊り天秤により下半部ダクトを吊り上げた状態を示す側面図である。
この発明の吊り天秤により下半部ダクトを吊り上げた状態を示す正面図である。
この発明の吊り天秤の第1チェーンブロックを伸ばして、第1チェーンブロック側の下半部ダクトを下降させた状態を示す正面図である。
この発明の吊り天秤の第1チェーンブロックをさらに伸ばして、第1チェーンブロック側の下半部ダクトをさらに下降させた状態を示す正面図である。
この発明の吊り天秤の第1チェーンブロックを外した状態を示す正面図である。
この発明の吊り天秤により下半部ダクトをローターの下方まで移動させた後、下半部ダクトに第1チェーンブロックを掛けた状態を示す正面図である。
この発明の吊り天秤の第1チェーンブロックを縮めて第1チェーンブロック側の下半部ダクトを上昇させた状態を示す正面図である。
この発明の吊り天秤の第1チェーンブロックを縮めて第1チェーンブロック側の下半部ダクトを上昇させて、下半部ダクトの姿勢をローターの下方において水平にした状態を示す正面図である。
この発明の吊り天秤により吊り上げた下半部ダクトをローターに据え付ける状態を示す側面図である。
従来天秤を示す正面図である。

実施例

0020

この発明の吊り天秤の一実施態様を、図面を参照しながら説明する。

0021

図1は、この発明の吊り天秤を示す正面図である。

0022

図1において、1は、クレーン2に吊り下げられた天秤棒、3は、天秤棒1の一端に取り付けられた第1滑車、4は、天秤棒1の他端に取り付けられた第2滑車、5は、第1滑車3と第2滑車4とに掛けられた第1ワイヤーロープである。第1ワイヤーロープ5の一端には、吊り具6が取り付けられ、他端には、第1チェーンブロック7が掛けられている。8は、一端が天秤棒1の長手方向中央部に掛けられ、他端が吊り具6に掛けられた第2ワイヤーロープ、9は、吊り具6に掛けられた第3ワイヤーロープ、10は、第1チェーンブロック7に掛けられた第4ワイヤーロープである。

0023

なお、この例では、第2ワイヤーロープ8は、第2チェーンブロック11を介して吊り具6に掛けられているが、第2チェーンブロック11は、必ずしも必要ではない。

0024

次に、この発明の吊り天秤を使用して、火力発電設備におけるガスタービン用の上下二分割された円錐形状のダクトの下半部ダクトをローターに据え付ける場合を例にあげて説明する。

0025

なお、この発明の吊り天秤により吊り上げる吊り荷としては、上記下半部ダクトに限定されない。

0026

先ず、図2および図3に示すように、下半部ダクト12を第3ワイヤーロープ9と第4ワイヤーロープ10とによって吊り上げる。この際、下半部ダクト12の姿勢を水平にするために、吊り具6側の下半部ダクト12を第5ワイヤーロープ13により吊り上げ、第1チェーンブロック7側の下半部ダクト12を第6ワイヤーロープ14により吊り上げる。なお、第5ワイヤーロープ13および第6ワイヤーロープ14にチェーンブロックを取り付けることによって、下半部ダクト12の水平姿勢の調整が容易に行える。

0027

次に、図4に示すように、第1チェーンブロック7を伸ばして、第1チェーンブロック7側の下半部ダクト12を下降させる。図4に、下半部ダクト12の下降方向を矢印で示す。この際、第1チェーンブロック7側の下半部ダクト12が床15と接触するおそれがある場合には、第2チェーンブロック11を縮めて、下半部ダクト12の吊り上げ高さを高くする。なお、第2チェーンブロック11を縮める代わりに、クレーン2を巻き上げてもよい。

0028

次に、図5に示すように、第1チェーンブロック7をさらに伸ばして、第1チェーンブロック7側の下半部ダクト12をさらに下降させる。図5に、下半部ダクト12の下降方向を矢印で示す。

0029

次に、図6に示すように、第1チェーンブロック7を下半部ダクト12から外す。

0030

次に、図7に示すように、クレーン2を操作して下半部ダクト12をローター16の下方まで移動させた後、下半部ダクト12に第1チェーンブロック7を、第4ワイヤーロープ10および第6ワイヤーロープ14を介して掛ける。

0031

次に、図8に示すように、第1チェーンブロック7を縮めて、第1チェーンブロック7側の下半部ダクト12を上昇させる。

0032

次に、図9に示すように、第1チェーンブロック7をさらに縮めて第1チェーンブロック7側の下半部ダクト12をさらに上昇させて、下半部ダクト12の姿勢をローター16の下方において水平にする。

0033

そして、図10に示すように、クレーン2を操作して下半部ダクト12を上昇させ、下半部ダクト12をローター16に据え付ける。

0034

このようにして、下半部ダクト12をローター16に据え付けることができる。

0035

以上説明したように、この発明によれば、火力発電設備におけるガスタービン用の上下二分割された円錐形状のダクトの下半部ダクト12を床15に仮置きすることなく、吊り上げたままの状態で容易かつ確実にローター16に据え付けることができる。

0036

また、この発明によれば、狭隘な作業場所であっても下半部ダクト12の据え付けが行なえる。

0037

また、この発明によれば、下半部ダクト12を床15に仮置きする必要がないので、仮置き用の仮設材等が不要となる。

0038

また、この発明によれば、下半部ダクト12を床15に仮置きする必要がないので、下半部ダクト12の転倒のおそれがない。

0039

この発明によれば、下半部ダクト12をローター16をかわしながらローター16に据え付けることができる。

0040

1:天秤棒
2:クレーン
3:第1滑車
4:第2滑車
5:第1ワイヤーロープ
6:吊り具
7:第1チェーンブロック
8:第2ワイヤーロープ
9:第3ワイヤーロープ
10:第4ワイヤーロープ
11:第2チェーンブロック
12:下半部ダクト
13:第5ワイヤーロープ
14:第6ワイヤーロープ
15:床
16:ローター
21:フック
22:滑車
23:滑車
24:天秤棒
25:ワイヤーロープ
26:バランスウエイト
27:シャックル
28:ワイヤーロープ
29:吊り荷

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 鈴健興業株式会社の「 グラップル及びバックホウ」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】簡単な構成でありながら、結果的にはシート状となるものまでを安定して把持を可能とする。【解決手段】1対の把持部160、162を備え、1対の把持部160、162が互いに接近することで対象物を把持す... 詳細

  • 住友重機械搬送システム株式会社の「 荷役装置」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】揺脚の車輪の脱輪を防止する。【解決手段】ガーダ21と、ガーダ21を支える剛脚22と、ガーダ21を支える揺脚23と、を備え、剛脚22と揺脚23は、いずれも、レールRを走行する車輪25,26を下端... 詳細

  • 株式会社タダノの「 変形量計測装置及び変形量計測方法」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】ブームの撓み量や捻じれ量を簡単な構成で計測する。【解決手段】変形量計測装置のコントローラは、アウトリガの第1マーカを撮像することによって生成された第1画像データと、メモリに予め記憶された第1基... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ