図面 (/)

技術 改質キサンタンガムの製造方法及び改質キサンタンガム

出願人 三栄源エフ・エフ・アイ株式会社
発明者 池上聡中馬誠太田美樹前田和寛
出願日 2018年3月28日 (2年10ヶ月経過) 出願番号 2018-061739
公開日 2019年10月10日 (1年4ヶ月経過) 公開番号 2019-172789
状態 未査定
技術分野 ゼリ-、ジャム、シロップ 多糖類及びその誘導体
主要キーワード 混合対象物 手撹拌 摩擦式粉砕 B型粘度計 塩分調整 原料フィード 押出し成形物 高速粉砕機
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年10月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

分散性に優れ、塩やイオンを含む溶液に添加しても、粘度の低下が抑えられる、改質されたキサンタンガムを提供する。

解決手段

メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種の存在下において、キサンタンガムを混練処理する工程;及び 該混練処理物押出し処理する工程 を含む、改質キサンタンガムの製造方法。

概要

背景

飲食品等の各種組成物に粘度を付与することができる増粘多糖類として、キサンタンガムが知られている。キサンタンガムは、キサントモナスキャンペストリス(Xanthmonas campestris)が菌体外生産する酸性多糖類である。

キサンタンガムは、常温の水にも溶解し、他の増粘多糖類に比較して低濃度で高い粘度を示すことから、増粘化剤として優れた適性を有する。ソース類タレ類ドレッシング類等の増粘剤ローカストビーンガムとの併用でゼリー類等のゲル化剤ベーカリー類等の保水性改良剤等として、食品産業界において最も多く使用されている。さらに、食品用途以外にもオイル工業や化粧品等でも使用されており、更に高度の機能性を有するキサンタンガムが求められている。

キサンタンガムにさらにカラギナン及びアラビアガムを加えて、良質な糊料製剤を製造する方法が検討されている(例えば、特許文献1)。

概要

分散性に優れ、塩やイオンを含む溶液に添加しても、粘度の低下が抑えられる、改質されたキサンタンガムを提供する。メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種の存在下において、キサンタンガムを混練処理する工程;及び 該混練処理物押出し処理する工程 を含む、改質キサンタンガムの製造方法。

目的

本発明は、ダマの発生や粘度低下が抑制される、良好な性質の改質キサンタンガムを得ることを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種の存在下において、キサンタンガム混練処理する工程を含む、改質キサンタンガムの製造方法。

請求項2

さらに、該練処理物押出し処理する工程を含む、請求項1記載の製造方法。

請求項3

さらに、乾燥工程を含む、請求項1又は2記載の製造方法。

請求項4

前記メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種が、ヘキサメタリン酸塩である、請求項1〜3のいずれか1項記載の製造方法。

請求項5

メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種の存在下において、キサンタンガムを混練処理する工程を含む製造方法により得られた改質キサンタンガム。

請求項6

メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種の存在下において、キサンタンガムを混練処理する工程;及び該混練処理物を押出し処理する工程を含む製造方法により得られた改質キサンタンガム。

請求項7

前記メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種が、ヘキサメタリン酸塩である、請求項5又は6記載の改質キサンタンガム。

請求項8

メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種の存在下において、キサンタンガムを混練処理する工程を含む、キサンタンガムの粘度付与能の強化方法

請求項9

前記メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種が、ヘキサメタリン酸塩である、請求項8記載の強化方法。

請求項10

キサンタンガム100質量部に対して、ヘキサメタリン酸ナトリウム7~37.5質量部を含む、改質キサンタンガム。

請求項11

STW(疑似水道水)に溶解した時の粘度(STW−Vis)とDIW(脱イオン水)に溶解した時の粘度(DIW−Vis)の比率(STW−Vis/DIW−Vis)が、0.5〜2.0である、改質キサンタンガムであって、ここで、STW−Visは、該改質キサンタンガム0.6gをSTW100g及びデキストリン1.4gを含む液に添加して得られた混合物を20℃にてB型粘度計(12rpm)で測定した値を表し、DIW−Visは、該改質キサンタンガム0.6gをDIW100g及びデキストリン1.4gを含む液に添加して得られた混合物を20℃にてB型粘度計(12rpm)で測定した値を表す、改質キサンタンガム。

技術分野

0001

本発明は、改質キサンタンガムの製造方法、及び改質されたキサンタンガムに関する。

背景技術

0002

飲食品等の各種組成物に粘度を付与することができる増粘多糖類として、キサンタンガムが知られている。キサンタンガムは、キサントモナスキャンペストリス(Xanthmonas campestris)が菌体外生産する酸性多糖類である。

0003

キサンタンガムは、常温の水にも溶解し、他の増粘多糖類に比較して低濃度で高い粘度を示すことから、増粘化剤として優れた適性を有する。ソース類タレ類ドレッシング類等の増粘剤ローカストビーンガムとの併用でゼリー類等のゲル化剤ベーカリー類等の保水性改良剤等として、食品産業界において最も多く使用されている。さらに、食品用途以外にもオイル工業や化粧品等でも使用されており、更に高度の機能性を有するキサンタンガムが求められている。

0004

キサンタンガムにさらにカラギナン及びアラビアガムを加えて、良質な糊料製剤を製造する方法が検討されている(例えば、特許文献1)。

先行技術

0005

特開2017−55763号公報

発明が解決しようとする課題

0006

キサンタンガムは、混練処理により、粘度力価及び分散性を向上させることができる。
しかしながら、このような処理を行ったキサンタンガムを、塩又はイオンを含む水あるいは水性溶媒に添加することで、当該対象の粘度上昇が抑えられてしまう現象がみられる。
さらに、粉末状のキサンタンガムを水等の液体に添加すると、いわゆる「ダマ」が発生する場合がある。

0007

本発明は、ダマの発生や粘度低下が抑制される、良好な性質の改質キサンタンガムを得ることを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

本発明者らは、前記課題を解決するために鋭意検討した結果、驚くべきことに、メタリン酸又はその塩の存在下で混練処理を行うことで、キサンタンガムの性質が顕著に改善され、高粘度力価及び高分散性を有しながら、さらに塩あるいはイオンを含む溶液に添加しても、粘度上昇が良好なキサンタンガムを得られることを見出し、本発明を完成するに至った。

0009

すなわち、本発明は以下の通りである。
項1.メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種の存在下において、キサンタンガムを混練処理する工程
を含む、改質キサンタンガムの製造方法。
項2. さらに、該練処理物押出し処理する工程を含む、項1記載の製造方法。
項3. さらに、乾燥工程を含む、項1又は2記載の製造方法。
項4. 前記メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種が、ヘキサメタリン酸塩である、項1〜3のいずれか1項記載の製造方法。
項5. メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種の存在下において、キサンタンガムを混練処理する工程
を含む製造方法により得られた改質キサンタンガム。
項6. メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種の存在下において、キサンタンガムを混練処理する工程;及び
混練処理物を押出し処理する工程
を含む製造方法により得られた改質キサンタンガム。
項7. 前記メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種が、ヘキサメタリン酸塩である、項5又は6記載の改質キサンタンガム。
項8. メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種の存在下において、キサンタンガムを混練処理する工程を含む、キサンタンガムの粘度付与能の強化方法
項9. 前記メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種が、ヘキサメタリン酸塩である、項8記載の強化方法。
項10. キサンタンガム100質量部に対して、ヘキサメタリン酸ナトリウム7〜37.5質量部を含む、改質キサンタンガム。
項11. STW(疑似水道水)に溶解した時の粘度(STW−Vis)とDIW(脱イオン水)に溶解した時の粘度(DIW−Vis)の比率(STW−Vis/DIW−Vis)が、0.5〜2.0である、改質キサンタンガムであって、
ここで、
STW−Visは、該改質キサンタンガム0.6gをSTW100g及びデキストリン1.4gを含む液に添加して得られた混合物を20℃にてB型粘度計(12rpm)で測定した値を表し、
DIW−Visは、該改質キサンタンガム0.6gをDIW100g及びデキストリン1.4gを含む液に添加して得られた混合物を20℃にてB型粘度計(12rpm)で測定した値を表す、
改質キサンタンガム。

発明の効果

0010

本発明により、分散性に優れ、塩やイオンを含む溶液に添加しても、粘度の低下が抑えられる、良好なキサンタンガムを提供できる。

図面の簡単な説明

0011

実施例及び比較例で得られた粉末状のキサンタンガムの分散性を評価した結果である。

0012

本発明は、改質キサンタンガムの製造方法、改質キサンタンガム、キサンタンガムの粘度付与能の強化方法、及びキサンタンガムの分散性向上方法に関する。

0013

[改質キサンタンガムの製造方法]
本発明は、改質キサンタンガムの製造方法に関する。
本発明の改質キサンタンガムの製造方法においては、メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種の存在下において、キサンタンガムを混練処理する工程を含む。

0014

ここで、本発明の改質キサンタンガムの製造方法においては、さらに、混練処理して得られた処理物を押出し処理する工程を含むことができる。本発明の改質キサンタンガムの製造方法においては、さらに、乾燥工程を有することが好ましい。

0015

(キサンタンガム)
本発明で改質前の原料として用いるキサンタンガムは、キサントモナス属菌(Xanthmonas campestris)が菌体外に生産する多糖類である。その構造は、β-(1,4)-D-グルカン主鎖骨格とし、主鎖中のグルコース分子おきにα-D-マンノース、β-D-グルクロン酸、β-D-マンノースからなる側鎖が結合したものであり、主鎖に結合したマンノースはC6位がアセチル化され、末端のマンノースはピルビン酸アセタール結合している。キサンタンガムは、上記構造を有する酸性多糖類であれば、限定はされず、商業的に入手することもできる。かかる製品としては、例えば、三栄源エフエフアイ株式会社製の「サンサポート登録商標] P-180」等が挙げられる。

0016

(メタリン酸及びその塩)
本発明で用いられるメタリン酸及びその塩は、特に限定はされず、トリメタリン酸、ヘキサメタリン酸、ウルトラメタリン酸、及びそれらの塩が例示される。
ここで、塩とは、アルカリ金属(例えば、ナトリウムカリウム)との塩、アルカリ土類金属(例えば、マグネシウムカルシウム)との塩等が好ましい例として挙げられる。メタリン酸及びその塩は、1種又は2種以上の組み合わせで用いることができる。

0017

本発明で特に好ましいメタリン酸及びその塩は、ヘキサメタリン酸カリウム又はヘキサメタリン酸ナトリウムであり、このうち、ヘキサメタリン酸ナトリウムが最も好ましい。

0018

(混練処理)
本発明においては、改質キサンタンガムを得るために、キサンタンガムをメタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種の存在下にて、混練処理する。
混練温度としては、特に限定されないが、好ましくは、20〜140℃であり、より好ましくは、30〜130℃であり、さらに好ましくは35℃〜110℃である。

0019

混練方法としては特に制限はなく、種々の混練装置を用いる方法を採用することができるが、ブレンダーミキサーを用いる方法、エクストルーダー、特に二軸エクストルーダーを用いる方法が例示として挙げられる。
ここで、混練とは、水分を含む状態で混合と練りを同時又は交互に行うことをいう。

0020

(押出し処理)
本発明においては、限定はされないが、混練物に対して、さらに押出し処理を行うことも好ましい。

0021

押出し方法としては、特に制限はないが、狭い出口から押出す方法が好ましく、エクストルーダー、特に二軸エクストルーダーを用いて、ダイから押出す方法が最も好ましい。

0022

エクストルーダー処理
キサンタンガムをエクストルーダーにより処理することによって、混練と押出しを同時又は連続的に行うことができる。さらに、場合により、圧縮処理加熱処理も同時に行うことができる。

0023

エクストルーダーは、主に、バレル、出口に位置するダイ、及びスクリューエレメントを搭載したスクリューから構成されている。
バレルは通常複数あり、その中をスクリューが貫通している。スクリューエレメントには、台形スクリューエレメント、台形カットスクリューエレメント、台形リバースカット、ボールスクリューエレメントニーディングパドル等のタイプがあり、任意に組み合わせることができる。バレル内にキサンタンガムを供給し、加水しながら、処理を行うことが好ましい。キサンタンガムは、スクリューによりバレル内を移動し、バレル内でニーディングパドル等のスクリューエレメントにより剪断、混合等の処理がなされ、ダイから押し出される。ここで、バレル及びダイは独立して温度調節ができることが好ましい。

0024

本発明においては、食品分野で用いられる、高水分の混合機能圧縮機能加熱機能を備えたエクストルーダーであればいずれの機種でもそのまま使用することができるが、例えば、Process11Hygienic等が好ましく用いられる。

0025

本発明で用いるエクストルーダーの吐出ノズルの形状は特に限定されず、例えば、孔径1〜3mmの円形が代表的には例示される。

0026

バレル温度は、特に限定されないが、好ましくは、20〜140℃であり、より好ましくは、30〜130℃であり、さらに好ましくは35〜110℃である。

0027

混練の時間は、特に限定されないが、好ましくは15〜180秒、より好ましくは30〜120秒である。加熱の温度及び時間の組み合わせとしては、特に限定されないが、例えば、加熱の温度が90℃程度の場合、加熱の時間は、好ましくは15〜180秒、より好ましくは30〜120秒である。

0028

バレル圧力は、特に限定されないが、好ましくは0〜90barである。

0029

スクリュー回転速度は、特に限定されないが、好ましくは、二軸スクリューで同方向型回転にて、50rpm〜600rpm、より好ましくは、同回転にて70rpm〜400rpm、さらに好ましくは、同回転にて、100rpm〜300rpmである。

0030

加水速度は、特に限定されないが、好ましくは、5〜40g/分、より好ましくは、8〜30g/分、さらに好ましくは10〜20g/分である。

0031

エクストルーダー処理においては、典型的には、キサンタンガムに対して、メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種を含む水を加水しながら混練することができる。必要に応じて、さらに別の無機塩を混合してもよい。

0032

加水用の水には、典型的には、メタリン酸及びその塩の合計として4〜15質量%が含まれており、好ましくは、4.5〜10質量%、より好ましくは5〜8質量%含まれている。

0033

混合比率は、キサンタンガム100質量部に対して、水80〜250質量部、メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種を7〜37.5質量部であることが好ましい。

0034

エクストルーダーの吐出ノズルから吐出された処理物は、加熱されている場合では、室温(20〜25℃程度)まで冷却されて、改質キサンタンガムとしてそのまま使用してもよい。冷却方法は特に限定されないが、自然に冷却することが好ましい。あるいは、処理物はさらに乾燥工程に供される。乾燥は、処理物を冷却した後に行っても良いが、ノズルから吐出された処理物をそのまま乾燥工程に供することもできる。

0035

(乾燥工程)
乾燥は、乾燥機等を使用して乾燥することができる。乾燥方法としては、自然乾燥熱風乾燥真空乾燥真空又は減圧下での凍結乾燥ドラム乾燥等を挙げることができる。乾燥温度は、特に限定されないが、好ましくは、10〜120℃であり、熱風乾燥の場合は好ましくは、45〜95℃である。乾燥する工程は、好ましくは、60℃前後の温度で、10時間〜72時間、より好ましくは、20時間〜48時間かけて行う。

0036

粉砕工程)
本発明の改質キサンタンガムは、粉体又は顆粒のような粉末の状態で提供され得る。粉末の状態で提供される場合には、典型的には、上記乾燥物を粉砕することによって得られる。粉砕方法は従来公知の方法に従えばよいが、例えば、乳鉢石臼マイコロイダー、マスコロイダー)、ボールミルコーヒーミルパワーミルピンミル気流式粉砕機ジェットミル)、せん断摩擦式粉砕機、カッター粉砕機衝撃式粉砕機ハンマーミル、ボールミル)、ロール式粉砕機、ホモジナイザー超音波破砕機等の乾式破砕機を使用する方法、液体窒素を利用した凍結粉砕機を使用する方法等が挙げられる。本発明の改質キサンタンガムはまた、顆粒の状態で提供され得る。顆粒の状態で提供される場合には、上記押出し成形物を公知の方法により顆粒化することができる。

0037

サイズ選別工程)
改質キサンタンガムを粉砕して得られる粉末は、使用する態様に応じて、適切な大きさを選択すればよく特に限定されない。例えば、平均粒子径として、20〜500μm程度の範囲、好ましくは50〜300μm程度の範囲が挙げられる。このような粉末を得る方法は特に限定はされないが、例えば、粉砕後の改質キサンタンガムをにかけて、特定サイズを選択することで得られ得る。例えば、粉砕後に、50メッシュ〜150メッシュの篩で処理すること等である。一例として、60メッシュの篩を通過し、100メッシュの篩上に残る粉末を得ることもできる。

0038

改質キサンタンガムの粉末が顆粒の場合であっても、使用する態様に応じて、適切な大きさを選択すればよく特に限定されない。例えば、平均粒子径として、20〜500μm程度の範囲、好ましくは50〜300μm程度の範囲が挙げられる。このような顆粒を得る方法は特に限定はされないが、造粒機による顆粒化によって得ることができる。

0039

[改質キサンタンガム]
本発明の改質キサンタンガムは、メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種の存在下において、キサンタンガムを混練処理する工程を含む製造方法により得られた改質キサンタンガムであり得る。本発明の改質キサンタンガムはまた、メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種の存在下において、キサンタンガムを混練処理する工程;及び該混練処理物を押出し処理する工程を含む製造方法により得られた改質キサンタンガムであり得る。

0040

このような改質キサンタンガムの製造方法及び原料の詳細は、上記[改質キサンタンガムの製造方法]に準じる。

0041

本発明の改質キサンタンガムはまた、キサンタンガム100質量部に対して、ヘキサメタリン酸ナトリウム7〜37.5質量部を含む改質キサンタンガムであり得る。

0042

本発明の改質キサンタンガムは、粘度付与能が高く、また分散性も良い。ここで、粘度付与能が高いとは、通常の脱イオン水に混合した場合に良好な粘度が発現することだけでなく、塩溶液又はイオン含有溶液において良好な粘度を維持できることをいう。

0043

本明細書において、塩溶液の「塩」とは、主には金属塩を指す。例えば、塩化カルシウム塩化カリウム塩化ナトリウム塩化マグネシウム乳酸カルシウムクエン酸ナトリウムクエン酸一ナトリウム、クエン酸二ナトリウムクエン酸三ナトリウム)等が挙げられる。特に金属塩としては、塩化カルシウム、塩化カリウム及びクエン酸ナトリウムからなる群から選択される一種以上であり得るが、これに限定されない。また、本明細書で「イオン」という時には、これらの塩から生成されるイオンであり得る。例えば、塩化物イオンカルシウムイオンナトリウムイオンカリウムイオン、等であり得る。

0044

本発明の改質キサンタンガムは、STW(疑似水道水)に溶解した時の粘度(STW−Vis)とDIW(脱イオン水)に溶解した時の粘度(DIW−Vis)の比率(STW−Vis/DIW−Vis)が、0.5〜2.0であり得る。
ここで、
STW−Visは、該改質キサンタンガム0.6gをSTW100g及びデキストリン1.4gを含む液に添加して得られた混合物を20℃にてB型粘度計(12rpm)で測定した値を表し、
DIW−Visは、該改質キサンタンガム0.6gをDIW100g及びデキストリン1.4gを含む液に添加して得られた混合物を20℃にてB型粘度計(12rpm)で測定した値を表す。
STWは擬似水道水であり、塩化ナトリウム0.1質量%、塩化カルシウム・2水和物0.0147質量%含む水である。また、DIWは脱イオン水である。すなわち、STWは、DIWに塩化ナトリウム0.1質量%、塩化カルシウム・2水和物0.0147質量%が加えられた水である。
ここで、限定はされないが、本発明において、STW−Visは、好ましくは、1500〜4500mPa・s、より好ましくは2000〜4000mPa・sであり、DIW−Visは、好ましくは、1500〜4500mPa・s、より好ましくは、2000〜4000mPa・sである。

0045

[キサンタンガムの粘度付与能の強化方法]
本発明はまた、メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種の存在下において、キサンタンガムを混練処理する工程を含む、キサンタンガムの粘度付与能の強化方法に関する。本発明のキサンタンガムの粘度付与能の強化方法においては、さらに、該混練処理物を押出し処理する工程を含むこともできる。このようなキサンタンガムの粘度付与能強化方法においては、原料の詳細及び粘度付与能強化の為のキサンタンガムの処理条件は、上記[改質キサンタンガムの製造方法]に準じる。

0046

[キサンタンガムの分散性向上方法]
本発明はまた、メタリン酸及びその塩からなる群より選択される少なくとも1種の存在下において、キサンタンガムを混練処理する工程を含む、キサンタンガムの分散性向上方法に関する。本発明のキサンタンガムの分散性向上方法においては、さらに、該混練処理物を押出し処理する工程を含むこともできる。このようなキサンタンガムの分散性向上方法においては、原料の詳細及び粘度付与能強化の為のキサンタンガムの処理条件は、上記[改質キサンタンガムの製造方法]に準じる。

0047

[用途]
本発明の改質キサンタンガムは、増粘化剤として用いられる。すなわち、経口組成物医薬品又は医薬部外品を含む)や飲食品に混合し、粘度のある液状物を調製する場合の増粘剤として有用に利用できる。

0048

本発明の改質キサンタンガムは、混合対象物に対して、手撹拌(例.150〜300rpm)等の緩い撹拌条件であっても容易に拡散しダマにならず、かつ良好な粘度発現性を有する。本発明の改質キサンタンガムを用いる場合、塩やイオンを含む水性溶媒であっても適性な粘度が生じ、粘度低下が抑制される。

0049

なお本発明の改質キサンタンガムは、特に、水やお等の飲料に好適に利用できる。

0050

さらに、本発明の改質キサンタンガムは、咀嚼嚥下機能低下者向けの増粘剤としての用途に限らず、中華丼のタレ片栗粉等、一般的なトロミを付ける為の素材に含有させる成分としての利用も可能である。

0051

より詳細には、本発明の改質キサンタンガムを経口組成物(医薬品又は医薬部外品を含む)に混合し、粘度のある液状物を調製する場合の経口用組成物としては、好ましくは、シロップ剤液剤が挙げられる。さらには、散剤顆粒剤等を水等の液体に予め溶解した上で、さらに本発明の改質キサンタンガムで増粘することも可能である。

0052

本発明の改質キサンタンガムを飲食品組成物に混合し、粘度のある液状物を調製する場合の飲食品組成物としては、好ましくは、水、果実及び/又は野菜を原料とする果実及び/又は野菜系飲料;牛乳その他の乳含有飲料清涼飲料水コーヒー含有飲料茶系飲料アルコール含有飲料等の飲料組成物一般;スープ味噌汁流動食等の液状の飲食品;焼き肉焼き鳥、鰻蒲焼き等に用いられるタレ、トマトケチャップソース麺つゆ等の調味料一般;レトルト食品を含む農畜水産加工品を広く例示することができる。

0053

特に、本発明は、飲食品組成物のなかでも、水分含量が高い液状物に対して有用である。飲料組成物や食品組成物としては、流動状であっても、ゼリー状であってもよい。

0054

飲料組成物として上記果実及び/又は野菜系飲料には、例えば果実飲料果実ジュースオレンジジュース、うんしゅうかんジュースグレーフルーツジュースレモンジュース、りんごジュース、ぶどうジュース、パイアップルジュースももジュース、果実ミックスジュース果粒入り果実ジュース、果実・野菜ミックスジュース、果汁入り飲料野菜汁ジュース等が含まれる。

0055

飲料組成物として上記乳含有飲料には、加工乳コーヒーフルーツ等を含有する乳飲料乳酸菌飲料ドリンクヨーグルト乳清飲料、希釈用乳清飲料等が含まれる。

0056

飲料組成物として上記清涼飲料水には、スポーツドリンクニアウォーター機能性飲料、その他清涼飲料ドリンクスープ、ぜんざいドリンク、しるこドリンク、甘酒ゼリー飲料、味噌汁、ココアチョコレートドリンク豆乳等)等が含まれる。

0057

飲料組成物として上記コーヒー含有飲料は、コーヒー豆を原料とした飲料であり、その他の成分として、糖類、乳製品乳化された食用油脂、又はその他の可食物等を含有するものであってもよい。例えば、コーヒー、コーヒー飲料、コーヒー入り清涼飲料水及び乳飲料等が含まれる。

0058

飲料組成物として上記茶系飲料は、不発酵茶緑茶煎茶番茶、ほうじ茶、玄米茶、抹茶、玉緑茶、玉露等)に限らず、半発酵茶(烏龍茶等)、発酵茶紅茶等)等、各種茶葉から抽出された抽出物を原料とした飲料をいう。

0059

飲料組成物として上記アルコール含有飲料は、アルコールを含有する飲料であり、例えば、酒法上の「酒」を指すアルコール飲料が挙げられる。具体的には、清酒類(清酒、合成清酒)、焼酎ビール果実酒類果実酒梅酒等の甘味果実酒)、ウイスキー類(ウイスキー、ブランデー)、スピリッツ類(スピリッツ)、リキュール類雑酒発泡酒粉末酒、その他の雑酒)、その他の醸造酒等を挙げることができる。当該アルコール含有飲料には、発泡酒等のように炭酸とアルコールの両方を含む飲料も含まれる。アルコールを含有する飲料のアルコール度数は、好ましくは、飲料中アルコール含量が1度以上、好ましくは1〜20度であることが望ましい。

0060

食品組成物としては、コンソメスープポタージュスープクリームスープ、中華スープ等の各種スープ、シチュウ、カレーグラタン等の調理ソースや味噌汁、清蛋白質リン・カリウム調整食品塩分調整食品、油脂調整食品、整腸作用食品、カルシウム・鉄・ビタミン強化食品、低アレルギー食品濃厚流動食、ミキサー食、及びキザミ食等の特殊食品や治療食液状食品を挙げることができる。また、本発明の食品には、雑炊、うどん、そば、鍋料理等の固形物を含む液状食品も含まれる。

0061

本発明の改質キサンタンガムを使用した後の液状物の粘度は、特に限定はされないが、例えば、0.6質量%キサンタンガムを含むDIWにおいて、1500〜4500mPa・sの範囲とすることができ、好ましくは2000〜4000mPa・sの範囲とすることができる。

0062

本発明の改質キサンタンガムを使用した後の液状物の粘度は、特に限定はされないが、例えば、0.6質量%キサンタンガムを含む塩を含む水においても、1500〜4500mPa・sの範囲とすることができ、好ましくは2000〜4000mPa・sの範囲とすることができる。
より詳細には、限定はされないが、本発明の改質キサンタンガムをSTWに溶解した時の粘度は、好ましくは、1500〜4500mPa・s、より好ましくは2000〜4000mPa・sであり、DIWに溶解した時の粘度は、好ましくは、1500〜4500mPa・s、より好ましくは、2000〜4000mPa・sである。

0063

なお、本明細書において、「粘度」は、測定対象組成物スクリュー管瓶分注し、20℃の恒温槽にて30分間保持し、温度を20℃に調温した。次いで、B型回転粘度計を用いて、回転数12rpmの条件で各々、1分間測定することによって求めることができる。以下、本明細書で「粘度」とはかかる方法で算出される値をいう。

0064

[増粘多糖類]
本発明の改質キサンタンガムは、使用に際して、あるいは、使用する前に予め、任意に別の増粘多糖類と併用することが可能である。本発明の改質キサンタンガムと併用することができる増粘多糖類としては、例えば、カラギナン、ガラクトマンナングァーガム、ローカストビーンガム、タラガム)、グルコマンナンジェランガム脱アシル型ジェランガムネイティブジェランラム)、寒天アルギン酸アルギン酸塩類ペクチンタマリンドシードガムサイリウムシードガム大豆多糖類、アラビアガム、ガティガムトラガントガムカラヤガムカシアガムラムザンガムウェランガムマクロホモプシスガムカードランプルラン、α化澱粉、α化加工澱粉スクシノグリカン等が挙げられる。

0065

以下に、実施例を用いて本発明を更に詳しく説明する。ただし、これらの例は本発明を制限するものではない。

0066

(実施例1)
キサンタンガム(サンサポート[登録商標] P-180、三栄源エフ・エフ・アイ社製)を、2軸エクストルーダーホッパー原料フィード10g/分にて供給した。さらに、ヘキサメタリン酸ナトリウムを5質量%含む水(20℃)を20g/分加水しながら、エクストルーダー処理を行った。

0067

使用したエクストルーダーのバレルの数は8(吐出口含む)、スクリュー直径は11mm、吐出ノズル形状は孔径2.0mmの円形であった。
各バレルの温度設定は、ホッパーに近いバレルを70℃、混練部を含む吐出ノズル側のバレルを90℃とした。スクリューの回転速度を150rpmに調整し、混練時間は60秒とした。吐出ノズルから得られた加熱溶融混練物を回収して、60℃にて20時間乾燥させた。乾燥後、小型高速粉砕機(Wonder Blender WB-1、大阪ケミカル株式会社製)にて粉砕し、60メッシュパス、100メッシュオン粉砕物(150〜250μm)を回収した。

0068

(実施例2)
ヘキサメタリン酸ナトリウムを8質量%含む水(20℃)を20g/分加水しながら、エクストルーダー処理を行った以外は、実施例1と同様の操作にて改質キサンタンガムの粉砕物を得た。

0069

(実施例3)
混練部を含む吐出ノズル側のバレルを35℃にしてエクストルーダー処理を行った以外は、実施例1と同様の操作にて改質キサンタンガムの粉砕物を得た。

0070

(実施例4)
混練部を含む吐出ノズル側のバレルを50℃にしてエクストルーダー処理を行った以外は、実施例1と同様の操作にて改質キサンタンガムの粉砕物を得た。

0071

(実施例5)
混練部を含む吐出ノズル側のバレルを110℃にしてエクストルーダー処理を行った以外は、実施例1と同様の操作にて改質キサンタンガムの粉砕物を得た。

0072

(実施例6)
混練部を含む吐出ノズル側のバレルを130℃にしてエクストルーダー処理を行った以外は、実施例1と同様の操作にて改質キサンタンガムの粉砕物を得た。

0073

(比較例1)
実施例1で原料とした無処理のキサンタンガムをそのまま使用した。

0074

(比較例2)
イオン交換水(20℃)を20g/分加水しながら、エクストルーダー処理を行った以外は、実施例1と同様の操作にてキサンタンガムの粉砕物を得た。

0075

(比較例3)
クエン酸三ナトリウムを5質量%含む水(20℃)を20g/分加水しながら、エクストルーダー処理を行った以外は、実施例1と同様の操作にて粉砕物を得た。

0076

(比較例4)
比較例2の粉砕物100質量部に対し、ヘキサメタリン酸ナトリウム10質量部を粉体混合した混合物を得た。

0077

[粘度測定試験]
得られた実施例及び比較例の粉末について、粘度測定試験を行った。具体的には、100mlのビーカー溶媒を100g入れ、1秒間に4回転しつつ、実施例又は比較例で得られた粉末0.6g及びデキストリン1.4gを10秒で添加し、続けて30秒間手撹拌した。得られた混合物を30分間静置し、粘度をB型粘度計(12rpm)にて測定した。
STW(疑似水道水)に溶解した時の粘度(STW−Vis)とDIW(脱イオン水)に溶解した時の粘度(DIW−Vis)は、以下の表1に示す通りである。なお、実施例1の改質キサンタンガムでは、一般に市販されている緑茶飲料でも3130mPa・sであった。前出の通り、STWは、擬似水道水(塩化ナトリウム0.1%、塩化カルシウム・2水和物 0.0147%の溶液)、DIWは、脱イオン水を意味する。

0078

実施例

0079

[分散性評価]
実施例1の粉末、比較例1の粉末、及び何も処理を行なっていないキサンタンガムを用いて、分散性を評価した。具体的には、100mlのビーカーに溶媒を100gを入れ、1秒間に4回転しつつ、実施例又は比較例で得られた粉末0.6g及びデキストリン1.4gを一括で添加し、続けて30秒間手撹拌した。得られた混合物をシャーレに移し、ダマの有無と状態を確認する。結果を図1に示す。お茶は、一般に市販されている緑茶飲料を使用した。
結果を図1に示す。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ