図面 (/)

技術 ゴルフクラブヘッドの製造方法

出願人 復盛應用科技股分有限公司
発明者 林志南
出願日 2018年11月29日 (1年8ヶ月経過) 出願番号 2018-224141
公開日 2019年10月3日 (10ヶ月経過) 公開番号 2019-166303
状態 特許登録済
技術分野 ゴルフクラブ
主要キーワード 無機塩類水溶液 焼入れ媒体 トルク性 フェース面 有機塩類 臨界点 合金基材 降伏強度
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年10月3日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

従来のシャフトに対するゴルフクラブヘッドの角度を調整し難い問題を解決するためのゴルフクラブヘッドの製造方法を提供することにある。

解決手段

ホーゼル部を有するヘッド本体を提供し、前記ヘッド本体を800〜900℃で60〜120分加熱した後、焼入れ媒体により前記ヘッド本体に対して焼入れ処理を行い、前記ヘッド本体に対して200〜300℃で60〜120分の焼戻し処理を行うことで、前記ヘッド本体の引張強度を230〜260ksiとし、降伏強度を180〜220ksiとし、硬度をHRC45〜55とし、及び、前記ヘッド本体のホーゼル部を650〜850℃で60〜120秒間高周波加熱することで、前記ホーゼル部の硬度をHRC17〜25とする。

概要

背景

一般的に、ゴルフクラブヘッドは、繰り返す打球で変形し易くなるなどの問題で、ゴルフクラブヘッドのパフォーマンスに影響をもたらすことを避けるために、ある程度の強度が必要である。
例えば、従来のゴルフクラブヘッドは、0.31〜0.36重量%の炭素、0.7〜0.95重量%のマンガン、0.6〜0.95重量%のケイ素、0.5重量%未満のニッケル、0.95〜1.4重量%のクロム、0.5重量%未満の銅、0.15〜0.3重量%のモリブデン、残部となる鉄及び不可避的不純物を含む合金から製作されたものである。

しかしながら、上記従来の合金から製作されたゴルフクラブヘッドは、強度が高い故に、シャフトねじり力に対するゴルフクラブヘッドの抵抗値トルク値)が大きいため、ユーザー需要に合わせるようにシャフトに対するゴルフクラブヘッドの角度を調整することが難しい。
よって、従来のゴルフクラブヘッドの製造方法には、改善の必要がある。

概要

従来のシャフトに対するゴルフクラブヘッドの角度を調整し難い問題を解決するためのゴルフクラブヘッドの製造方法を提供することにある。ホーゼル部を有するヘッド本体を提供し、前記ヘッド本体を800〜900℃で60〜120分加熱した後、焼入れ媒体により前記ヘッド本体に対して焼入れ処理を行い、前記ヘッド本体に対して200〜300℃で60〜120分の焼戻し処理を行うことで、前記ヘッド本体の引張強度を230〜260ksiとし、降伏強度を180〜220ksiとし、硬度をHRC45〜55とし、及び、前記ヘッド本体のホーゼル部を650〜850℃で60〜120秒間高周波加熱することで、前記ホーゼル部の硬度をHRC17〜25とする。なし

目的

本発明は、シャフトに対するゴルフクラブヘッドの角度が調整され易いゴルフクラブヘッドの製造方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ホーゼル部を有するヘッド本体を提供し、前記ヘッド本体が、0.31〜0.36重量%の炭素、0.7〜0.95重量%のマンガン、0.6〜0.95重量%のケイ素、0.5〜0.8重量%のクロム、0.15〜0.3重量%のモリブデン、0.3重量%未満のニッケル、0.3重量%未満の銅、残部となる鉄及び不可避的不純物を含む合金基材から製作され、前記ヘッド本体を800〜900℃で60〜120分加熱した後、焼入れ媒体により前記ヘッド本体に対して焼入れ処理を行い、前記ヘッド本体に対して200〜300℃で60〜120分の焼戻し処理を行うことで、前記ヘッド本体の引張強度を230〜260ksiとし、降伏強度を180〜220ksiとし、硬度をHRC45〜55とし、及び前記ヘッド本体のホーゼル部を650〜850℃で60〜120秒間高周波加熱することで、前記ホーゼル部の硬度をHRC17〜25とすることを特徴とするゴルフクラブヘッドの製造方法。

請求項2

前記ヘッド本体が、フェース部を有し、前記フェース部の厚さが、2.2〜2.4mmであることを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッドの製造方法。

請求項3

前記ヘッド本体を850℃で90分加熱した後、前記焼入れ媒体により前記ヘッド本体に対して前記焼入れ処理を行うことを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッドの製造方法。

請求項4

前記ヘッド本体に対して250℃で90分の前記焼戻し処理を行うことを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッドの製造方法。

請求項5

前記ホーゼル部のトルク値が、80lbより小さいことを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッドの製造方法。

技術分野

0001

本発明は、ゴルフクラブヘッドの製造方法に関し、特に、シャフトに対して容易に角度調整できるゴルフクラブヘッドの製造方法に係るものである。

背景技術

0002

一般的に、ゴルフクラブヘッドは、繰り返す打球で変形し易くなるなどの問題で、ゴルフクラブヘッドのパフォーマンスに影響をもたらすことを避けるために、ある程度の強度が必要である。
例えば、従来のゴルフクラブヘッドは、0.31〜0.36重量%の炭素、0.7〜0.95重量%のマンガン、0.6〜0.95重量%のケイ素、0.5重量%未満のニッケル、0.95〜1.4重量%のクロム、0.5重量%未満の銅、0.15〜0.3重量%のモリブデン、残部となる鉄及び不可避的不純物を含む合金から製作されたものである。

0003

しかしながら、上記従来の合金から製作されたゴルフクラブヘッドは、強度が高い故に、シャフトのねじり力に対するゴルフクラブヘッドの抵抗値トルク値)が大きいため、ユーザー需要に合わせるようにシャフトに対するゴルフクラブヘッドの角度を調整することが難しい。
よって、従来のゴルフクラブヘッドの製造方法には、改善の必要がある。

先行技術

0004

中国公告第100439552号

発明が解決しようとする課題

0005

本発明は、シャフトに対するゴルフクラブヘッドの角度が調整され易いゴルフクラブヘッドの製造方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明のゴルフクラブヘッドの製造方法は、ホーゼル部を有するヘッド本体を提供し、前記ヘッド本体が、0.31〜0.36重量%の炭素、0.7〜0.95重量%のマンガン、0.6〜0.95重量%のケイ素、0.5〜0.8重量%のクロム、0.15〜0.3重量%のモリブデン、0.3重量%未満のニッケル、0.3重量%未満の銅、残部となる鉄及び不可避的不純物を含む合金基材から製作され、前記ヘッド本体を800〜900℃で60〜120分加熱した後、焼入れ媒体により前記ヘッド本体に対して焼入れ処理を行い、前記ヘッド本体に対して200〜300℃で60〜120分の焼戻し処理を行うことで、前記ヘッド本体の引張強度を230〜260ksiとし、降伏強度を180〜220ksiとし、硬度をHRC45〜55とし、及び、前記ヘッド本体のホーゼル部を650〜850℃で60〜120秒間高周波加熱することで、前記ホーゼル部の硬度をHRC17〜25とすることを特徴とする。

0007

これにより、本発明に係るゴルフクラブヘッドの製造方法は、特定の組成を有する合金を基材としてヘッド本体を形成し、このヘッド本体に対して焼入れ処理工程、焼戻し処理工程及び高周波加熱工程を行うことで、ヘッド本体の塑性及び靭性を向上させ、角度が調整され易いものとするという効果を有する。

0008

また、前記ヘッド本体は、フェース部を有し、前記フェース部の厚さが2.2〜2.4mmであることを特徴とする。
これにより、打球の需要に合致するという効果を有する。

0009

また、前記ヘッド本体を850℃で90分加熱した後、前記焼入れ媒体により前記ヘッド本体に対して前記焼入れ処理を行うことを特徴とする。
これにより、ヘッド本体の硬度を向上させる効果を有する。

0010

また、前記ヘッド本体に対して250℃で90分の前記焼戻し処理を行うことを特徴とする。
これにより、ヘッド本体の塑性及び靭性を向上させる効果を有する。

0011

また、前記ホーゼル部のトルク値が80lbより小さいことを特徴とする。
これにより、ゴルフクラブヘッドの角度を調整し易いものとするという効果を有する。

実施例

0012

本発明の実施例について、以下、実施例を挙げて説明する。
本発明の一実施例に係るゴルフクラブヘッドの製造方法は、主に、ヘッド本体を提供し、このヘッド本体に対して焼入れ処理を行い、焼入れ処理したヘッド本体に対して焼戻し処理を行い、及び、ヘッド本体を高周波加熱することで、ゴルフクラブヘッドを得ることを含む。

0013

上記ヘッド本体は、合金基材から製作される。
例えば、合金基材は、中炭素鋼であっても良く、これにより、全体の熱処理によってフェース面の強度を向上させることができる。
本実施例において、合金基材は、0.31〜0.36重量%の炭素、0.7〜0.95重量%のマンガン、0.6〜0.95重量%のケイ素、0.5〜0.8重量%のクロム、0.15〜0.3重量%のモリブデン、0.3重量%未満のニッケル、0.3重量%未満の銅、残部となる鉄及び不可避的不純物を含むことができる。
なお、材料の焼入れ性に対するクロムの影響が大きいため、少量のクロムだけ使う場合は、焼入れ性を低下させ、このとき、局部で加熱するとオーステナイトが形成し難くなるので、硬度が低下する。
これにより、得られたヘッド本体は、そのトルク値が需要にさらに合致するものとなり、シャフトに対するヘッド本体の角度が、より調整され易いものとなる。

0014

詳しく述べると、上記合金基材を鋳造することで、ゴルフクラブヘッドの外形を有するヘッド本体を形成することができる。
ヘッド本体は、相対するフェース部及びバック部、フェース部及びバック部を連接するホーゼル部を有し、ホーゼル部は、ユーザーが握って打球するためのシャフトを連接するものであり、当業者が理解できるため、ここでは、その説明を省略する。
ヘッド本体のフェース部は、厚さ2.2〜2.4mmに形成されることが好ましい。
高い強度を有するため、フェース部の厚さを薄くすることができ、且つ、衝撃試験(50m/sで3000回)を通過することができる。

0015

強い変形防止能力が必要な打球用途に用いられるように、焼入れ処理は、ヘッド本体を急速冷却することで、ヘッド本体の組織を変化させてマルテンサイトを形成させる。
焼入れ処理の工程として、ヘッド本体を臨界点温度まで加熱して所定時間に維持した後、焼入れ媒体の中で急速冷却させる。
焼入れ媒体は、例えば、水、オイル無機塩類水溶液或いは有機塩類水溶液であっても良い。
また、需要により焼入れ媒体でヘッド本体全体に対して焼入れ処理工程を行っても良く、或いは、ヘッド本体の一部に対して焼入れ処理工程を行っても良い。

0016

詳しく述べると、ヘッド本体を800〜900℃で60〜120分加熱した後、オイルを焼入れ媒体としてヘッド本体に対して焼入れ処理を行うことができる。
また、40〜50℃のオイルをヘッド本体に噴射して焼入れ処理を行い、或いは、ヘッド本体をオイルに浸して焼入れ処理を行うことができ、本発明は、これらに限定されるものではない。
本実施例では、ヘッド本体を850℃で90分加熱した後、ヘッド本体に対して焼入れ処理を行う。

0017

本実施例のヘッド本体が炭素鋼から製作され、焼入れ処理工程を経てマルテンサイト組織が形成され、ヘッド本体が硬くて脆くなるので、焼戻し処理によって硬度を適度に低下させる必要がある。
詳しく述べると、焼入れ処理されたヘッド本体を200〜300℃で60〜120分維持することで、ヘッド本体の塑性及び靭性を向上させる。
本実施例では、ヘッド本体を250℃で90分維持する。

0018

高周波加熱では、焼戻し処理されたヘッド本体のホーゼル部を加熱する。
このとき、ホーゼル部のマルテンサイト組織が、オーステナイトへ再度変化するので、ホーゼル部の硬度が、HRC17〜25となる。
本実施例では、ヘッド本体のホーゼル部を650〜850℃で60〜120秒間高周波加熱する。

0019

本発明に係るゴルフクラブヘッドの製造方法は、ゴルフクラブヘッドとシャフトとの角度が調整され易いゴルフクラブヘッドを確実に製造して獲得できることを証明するために、本発明に係るゴルフクラブヘッドの製造方法において合金基材から焼入れ処理工程、焼戻し処理工程及び高周波加熱工程を経て形成したゴルフクラブヘッド(A1組)、及び、従来の、0.31〜0.36重量%の炭素、0.7〜0.95重量%のマンガン、0.6〜0.95重量%のケイ素、0.5重量%未満のニッケル、0.95〜1.4重量%のクロム、0.5重量%未満の銅、0.15〜0.3重量%のモリブデン、残部となる鉄及び不可避的不純物を含む合金から形成したゴルフクラブヘッド(A2組)について、シャフトに対するトルク値を比較した結果を表1に示す。

0020

表1 本試験における各ゴルフクラブヘッドのトルク性

0021

上記結果によると、A1組のシャフトに対するトルク値は、60〜80であり、A2に比べて低いものとなる。
よって、本発明に係るゴルフクラブヘッドの製造方法により製作されたゴルフクラブヘッドは、角度調整性に優れ、かつ、フェース部の肉厚を適度に減少させることができる。
また、本発明に係るゴルフクラブヘッドの製造方法により製作されたゴルフクラブヘッドの機械的特性を調べた結果、引張強度が230〜260ksiであり、降伏強度が180〜220ksiであり、硬度がHRC45〜55であり、このゴルフクラブヘッドが強度に優れることを示した。

0022

以上により、本発明に係るゴルフクラブヘッドの製造方法は、特定の組成を有する合金を基材としてヘッド本体を形成し、このヘッド本体に対して焼入れ処理工程、焼戻し処理工程及び高周波加熱工程を行うことで、ヘッド本体の塑性及び靭性を向上させ、角度が調整され易いものとするという効果を有する。

0023

本発明は、その精神と必須の特徴事項から逸脱することなく、他のやり方で実施することもできる。
従って、本明細書に記載した好ましい実施形態は、例示的なものであり、本発明の範囲を限定するものではない。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 住友ゴム工業株式会社の「 ゴルフクラブシャフト」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】品質に優れたゴルフクラブシャフトの提供。【解決手段】ゴルフクラブシャフト6は、チップ端Tp及びバット端Btを有している。シャフト6は、2以上のバイアス層と1以上のストレート層とを含む複数の繊維... 詳細

  • 株式会社遠藤製作所の「 ゴルフクラブヘッドの製造方法」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】ゴルフクラブヘッドの設計自由度を向上させるゴルフクラブヘッドの製造方法を提供する。【解決手段】仕上げ加工前のゴルフクラブの素材本体14の少なくとも一部分を、鍛造によって加工して形成するゴルフク... 詳細

  • 住友ゴム工業株式会社の「 ゴルフクラブシャフト」が 公開されました。( 2020/06/04)

    【課題】違和感が抑制された異方性ゴルフクラブシャフトの提供。【解決手段】 ゴルフクラブシャフト6は、チップ端Tpと、バット端Btと、ある周方向曲げ位置での曲がりに連動して第1方向R1に捻れる第1異方... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ