図面 (/)

技術 エディブルフラワーの製造方法

出願人 森永乳業株式会社
発明者 中村悌一山内恒治
出願日 2018年3月9日 (2年11ヶ月経過) 出願番号 2018-042548
公開日 2019年9月19日 (1年4ヶ月経過) 公開番号 2019-154274
状態 未査定
技術分野 植物の栽培 温室
主要キーワード 霧発生器 微酸性次亜塩素酸水 間欠噴霧 噴霧回数 編み出し 供給段階 ミニバラ 微酸性電解水
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年9月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

花冠本来の形態を保ったまま、菌数の少ない衛生的なエディブルフラワーを提供する。また、色落ちが抑制された、賞味期限の長いエディブルフラワーを提供する。

解決手段

屋内栽培施設にてエディブルフラワーの栽培期間中、pH4.0〜6.5、有効塩素濃度10〜60ppmの次亜塩素酸水溶液栽培施設内に1日あたり連続で1時間以上噴霧することを特徴とするエディブルフラワーの栽培方法

概要

背景

ディブルフラワーの製造方法に関して、例えば、特許第5789865号に示されているように、収穫後生花花弁を1枚ごとに分解、洗浄調味、乾燥する方法や、特開2000-295962号公報に示されているように食用花に酢酸を付けて冷凍する方法などが提案されている。

概要

花冠本来の形態を保ったまま、菌数の少ない衛生的なエディブルフラワーを提供する。また、色落ちが抑制された、賞味期限の長いエディブルフラワーを提供する。屋内栽培施設にてエディブルフラワーの栽培期間中、pH4.0〜6.5、有効塩素濃度10〜60ppmの次亜塩素酸水溶液栽培施設内に1日あたり連続で1時間以上噴霧することを特徴とするエディブルフラワーの栽培方法

目的

本発明は花冠本来の形で流通する際に衛生的なエディブルフラワーを供給することを可能とした、収穫前の栽培方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ディブルフラワーの製造方法であって、屋内栽培施設において栽培されるエディブルフラワーの栽培期間中に次亜塩素酸水を1回あたり1時間以上連続で屋内栽培施設内に噴霧する工程を含む方法。

請求項2

エディブルフラワーの製造方法であって、屋内栽培施設において栽培されるエディブルフラワーの栽培期間中に次亜塩素酸水を1回あたり1時間以上断続的に屋内栽培施設内に噴霧する工程を含む方法。

請求項3

請求項1または2に記載の方法であって、次亜塩素酸水を毎日噴霧する工程を含む方法。

請求項4

請求項1から3のいずれか一項に記載の方法であって、次亜塩素酸水の連続噴霧及び/または断続噴霧を1日あたり2回以上行う工程を含む方法。

請求項5

エディブルフラワーの材料となる植物が、バラ科キク科スミレ科ラン科ナデシコ科サクラソウ科シソ科ユリ科ウリ科アブラナ科マメ科インパチェンス科、ヒユ科ツリフネソウ科ゴマノハグサ科ナス科ヒルガオ科キキョウ科オオバコ科ノウゼンハレン科キョウチクトウ科ヒガンバナ科クマツヅラ科シュウカイドウ科、及びアカネ科に属する植物からなる群から選択される植物である、請求項1から4のいずれか一項に記載の方法。

請求項6

エディブルフラワーの材料となる植物が、バラミニバラカレンジュラ、シネラリアシャスターデージーコスモス紅花キンセンカ、サイネリア、ジニア、デージー、ノースポールヒャクニチソウマリーゴールドミニヒマワリメランポジウムスミレパンジービオラ、洋ラン、デンファレ、ナデシコカーネーションプリムラジュリアンポリアンサス、ラベンダーサルビアバジルローズマリーチューリップヒョウタンゴーヤスイートアリサム、菜の花、スイートピー、インパチェンス、千日草、鳳仙花トレニアペチュニアアサガオイソトマ、キンギョソウ、ナスタチウムニチニチソウニラ、バーベナ、ベゴニア、及びペンタスからなる群から選択される植物である、請求項1から5のいずれか一項に記載の方法。

請求項7

前記次亜塩素酸水が、pH4.0〜6.5の次亜塩素酸水である、請求項1から6のいずれか一項に記載の方法。

請求項8

前記次亜塩素酸水が、有効塩素濃度10〜60ppmの次亜塩素酸水である、請求項1から7のいずれか一項に記載の方法。

請求項9

請求項1から8のいずれか一項に記載の方法で製造されたエディブルフラワー。

技術分野

0001

本発明はエディブルフラワーの製造方法に関する。

背景技術

0002

エディブルフラワーの製造方法に関して、例えば、特許第5789865号に示されているように、収穫後生花花弁を1枚ごとに分解、洗浄調味、乾燥する方法や、特開2000-295962号公報に示されているように食用花に酢酸を付けて冷凍する方法などが提案されている。

発明が解決しようとする課題

0003

しかしながら、このような従来の技術はいずれも花を収穫後に加工する方法であって、乾燥や凍結などの処理を行うものである。そのため、食卓に提供される際は花冠本来の形態は変化してしまっているという問題があった。
一方、収穫前の栽培方法については、食用であるために農薬の使用は控えられ、病気に強い品種を採用するなどの対応が知られているが、個々の栽培については農家が独自に編み出した方法で栽培されており、ノウハウも含まれることから一般に公開されていないのが実情である。
さらに、食卓を彩る目的で使用されるエディブルフラワーは、花冠本来の形態を保ったまま使われることが望ましく、加熱処理などの殺菌処理が行えないことから、供給段階雑菌の少ない衛生的な花冠の供給が求められている。そこで、本発明は花冠本来の形で流通する際に衛生的なエディブルフラワーを供給することを可能とした、収穫前の栽培方法を提供することを目的とする。
また本発明は、色落ちが抑制された、賞味期限の長いエディブルフラワーを提供することも目的とする。

課題を解決するための手段

0004

前記課題を解決するために検討を行った結果、屋内栽培施設において、次亜塩素酸水噴霧することで収穫後のエディブルフラワーの菌数を低減できることを見出し、本発明を完成させた。すなわち、本発明に係るエディブルフラワーの製造方法は、屋内栽培施設において栽培されたエディブルフラワーの衛生性向上をもたらす栽培方法であって、栽培期間中に、次亜塩素酸水を1日あたり連続で1時間以上屋栽培施設内に噴霧する工程を含む、方法である。

0005

前記次亜塩素酸水は、pH4.0〜6.5、有効塩素濃度10〜60ppmの次亜塩素酸水であることが好ましい。

発明の効果

0006

本発明によれば、菌数の少ない衛生的なエディブルフラワーを提供できる。また本発明によれば、色落ちが抑制された、賞味期限の長いエディブルフラワーを提供することができる。

図面の簡単な説明

0007

本発明のエディブルフラワーの製造方法の一実施形態を模式的に示す図である。

0008

本発明は屋内栽培施設において、菌数の少ない衛生的なエディブルフラワーの提供方法である。本明細書において「屋内栽培施設」とは、風雨遮断するための建築資材を備え、好ましくはエディブルフラワーの栽培に適した温度と採光条件とを備えた施設を意味する。
本明細書において「衛生的なエディブルフラワー」とは、花冠収穫後の菌数(カビ数または一般生菌数)が、本栽培法を用いなかった場合に比較して半分以下のエディブルフラワーであることを意味する。

0009

本発明はエディブルフラワーの栽培期間中に、次亜塩素酸水を1日あたり1時間以上連続で屋内栽培施設内に噴霧する工程を含む。ここで言う連続とは、絶えず噴霧することの他、例えば10秒噴霧して5秒停止することを繰り返すような数秒から数十秒単位で設定された間欠噴霧も含まれる。すなわちここで言う連続とは、断続的な意味も含まれる。
エディブルフラワーの材料となる植物は、屋内栽培施設にて栽培される植物であれば特に種類は限定されないが、バラ科キク科スミレ科ラン科ナデシコ科サクラソウ科シソ科ユリ科ウリ科アブラナ科マメ科インパチェンス科、ヒユ科ツリフネソウ科ゴマノハグサ科ナス科ヒルガオ科キキョウ科オオバコ科ノウゼンハレン科キョウチクトウ科ヒガンバナ科クマツヅラ科シュウカイドウ科、及びアカネ科に属する植物からなる群から選択される植物であることが好ましい。
バラ科に属する植物としては、バラミニバラが好ましい。キク科に属する植物としては、カレンジュラ、シネラリアシャスターデージーコスモス紅花キンセンカ、サイネリア、ジニア、デージー、ノースポールヒャクニチソウマリーゴールドミニヒマワリメランポジウムが好ましい。スミレ科に属する植物としては、スミレパンジービオラが好ましい。ラン科に属する植物としては、洋ラン、デンファレが好ましい。ナデシコ科に属する植物としては、ナデシコカーネーションが好ましい。サクラソウ科に属する植物としては、プリムラジュリアンポリアンサスが好ましい。シソ科に属する植物としては、ラベンダーサルビアバジルローズマリーが好ましい。ユリ科に属するとしては、チューリップが好ましい。ウリ科に属する植物としては、ヒョウタンゴーヤが好ましい。アブラナ科に属する植物としては、スイートアリサム、菜の花が好ましい。マメ科に属する植物としては、スイートピーが好ましい。インパチェンス科に属する植物としては、インパチェンスが好ましい。ヒユ科に属する植物としては、千日草が好ましい。ツリフネソウ科に属する植物としては、鳳仙花が好ましい。ゴマノハグサ科に属する植物としては、トレニアが好ましい。ナス科に属する植物としてはペチュニアが好ましい。ヒルガオ科に属する植物としては、アサガオが好ましい。キキョウ科に属する植物としては、イソトマが好ましい。オオバコ科に属する植物としては、キンギョソウが好ましい。ノウゼンハレン科に属する植物としては、ナスタチウムが好ましい。キョウチクトウ科に属する植物としては、ニチニチソウが好ましい。ヒガンバナ科に属する植物としては、ニラが好ましい。クマツヅラ科に属する植物としては、バーベナが好ましい。シュウカイドウ科に属する植物としては、ベゴニアが好ましい。アカネ科に属する植物としては、ペンタスが好ましい。
上記の通り、エディブルフラワーの材料となる花冠は屋内栽培施設にて栽培される花であれば特に種類は限定されないが、バラ、トレニア、プリムラ、パンジー、スイートピー、菊、菜の花がより好ましい。

0010

本発明において噴霧に用いる次亜塩素酸水とは、塩酸または塩化ナトリウム水溶液電気分解して得られる次亜塩素酸(HClO)を主成分とする水溶液である。次亜塩素酸水は市販の電解水製造装置(森永乳業(株)製ピュアスター)を用いて製造することが可能である。次亜塩素酸水は、「微酸性次亜塩素酸水」、「微酸性電解水」、「微酸性電解水」、「微酸性次亜塩素酸水溶液」、「微酸性電解次亜塩素酸水」とも表記することが可能である。
次亜塩素酸水のpHは4.0〜6.5が好ましい。
次亜塩素酸水の有効塩素濃度は10〜60ppm(質量基準)が好ましく、30〜40ppmがより好ましい。該有効塩素濃度は、「日本食品添加物協会発行『第8版食品添加物公定書厚生労働省刻版』第375ページ第10〜13行、2007年8月31日」に記載されている方法によって測定することができる。このpH及び有効塩素濃度の範囲内であれば、エディブルフラワーの菌数を低減することができる。
なお、2014年3月28日付で日本・農林水産省より各都道府県知事宛に発行された書面、25消安第5776号・環水大土発第1403281号によれば、特定農薬として指定された資材である、2〜6%の塩酸を無隔膜電解槽(森永乳業(株)製ピュアスターがこれに相当する)で得られた次亜塩素酸水として、pH6.5以下、有効塩素濃度10〜60ppmであることが指定されている。

0011

次亜塩素酸水の噴霧は、、昼、夜を問わず行うことが可能である。次亜塩素酸水の噴霧は毎日行うことが好ましく、1回あたりの噴霧は1時間以上連続で行うことが好ましい。1日あたりの噴霧回数は2回以上であることがより好ましい。この噴霧条件であれば、エディブルフラワーの菌数を低減することができる。
屋内栽培施設内に噴霧する方法は、液体飛沫にして散布することが可能な方法であれば特に限定されないが、例えば固定ノズルによる細霧設備スプリンクラーシャワー霧発生器等を用いて噴霧することが可能である。

0012

図1は本発明のエディブルフラワーの製造方法に好適に用いられる栽培システムの一実施形態の模式図である。
本実施形態のエディブルフラワーの製造方法は、電解水製造装置1、屋内栽培施設H(以下、「ハウス」ともいう。)内の天井部に設けられた噴霧ノズル5と、次亜塩素酸水を噴霧ノズル5に供給する送液管4を備えている。本実施形態では、電解水製造装置1で製造された次亜塩素酸水が、貯水タンク2に貯められ、送液ポンプ3によって送液管4に送られ、噴霧ノズル5からハウス内に霧状に噴霧される。

0013

<実施例1>
実施例1では、次亜塩素酸の噴霧によるバラ花冠の菌数低減効果を確認するために、図1に示す構成を有するバラ栽培ハウス内で、栽培期間中に次亜塩素酸水を噴霧した。
電解水製造装置1として森永乳業(株)製ピュアスターを用い、次亜塩素酸水(有効塩素濃度20ppm、pH6.0)を生成し、ハウス内のタンク貯水してから使用した。
栽培期間中のバラ栽培ハウス内にて、ハウス天井部に設置した細霧設備により毎日朝2時間、夕方1時間連続噴霧し、バラの花冠を摘み取りストマッカー法によりポテトデキストロースアガー培地を用いてカビ数を、標準寒天培地を用いて一般生菌数を求めた。対照として、次亜塩素酸水を噴霧していないハウスからも花冠を摘み取り同様の方法でカビ数と一般生菌数を求めた。実施例1の結果を表1に示す。

0014

実施例

0015

表1の結果に示されるように、次亜塩素酸水を噴霧していない慣行区ハウスでは花冠1gあたりカビ数で3桁、一般生菌数で3〜4桁であるのに対して、次亜塩素酸水を噴霧した試験区ではカビ数で2桁、一般生菌数で2桁以下であり、次亜塩素酸水を噴霧することによりカビ数で約10分の1、一般生菌数で約100分の1以下に菌数が減少したことが示された。

0016

1電解水製造装置
2貯水タンク
3 送液ポンプ
4 送液管
5噴霧ノズル
H 屋内栽培施設

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 佐賀県の「 アスパラガスの栽培方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】昨今の気温変動や環境異変にも左右されることなく、無病の農作物の収穫に資する最適なアスパラガス栽培方法を提供することを目的とするものであり、具体的には、年間の収量を向上させるために、下記2つの課... 詳細

  • 小泉製麻株式会社の「 茶樹用被覆シート」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】反射率を高めてシート温度の上昇を抑制しつつ遮光率の低下を抑制し、紫外光領域の波長を選択的に遮光する茶樹用被覆シートを提供する。【解決手段】シートを構成する緯糸又は経糸の少なくともいずれかが、内... 詳細

  • 静岡県の「 植物群落透過光センサユニット及び植物の生育状態判定方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】安定的に植物の生育状態を判定可能とする。【解決手段】可視光を検知する可視光センサ5と、近赤外光を検知する近赤外光センサ6とを備えて植物の生育状態を判定するための植物群落透過光センサユニット1は... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ