図面 (/)

技術 視覚及び/又は触覚フィードバックを用いてユーザインタフェースオブジェクトを操作するためのデバイス、方法、及びグラフィカルユーザインタフェース

出願人 アップルインコーポレイテッド
発明者 フォス,クリストファーピー.アンズレス,フレディー,エー.ダスコーラ,ジョナサンアール.ヤング,ローレンスワイ.ワン,ワンシーバウアー,セバスチャンジェイ.ピュー,ダニエルイー.バックマン,ウィリアムエム.チャン,ジェーウーグートネヒト,オリバーディー.アール.ハジャス,ピータージェイ.テッシュラー,ソフィアフリンジス,アレクサンダーシー.ディー.カルナムニ,チャナカジー.アポダカ,グレゴリーエム.チャウドリ,イムランエー.アロンソ,ルイス,マルコスダイ,アランシー.イブ,ジョナサンジスワリ,モハメドエヌ.ジュレウィッツ,マイケルティー.モウセッテ,カミールコシエンダ,ケネスエル.ルメイ,スティーブンオー.ヤークス,ジャンカルロキング,ニコラスヴィー.マンサーリ,ベーキッシュジェイ.ペンハ,エンリケディー.プレストン,ダニエルティー.ウィルソン,クリストファーアイ.レオナルド,アダムジェイ.トロッティエール,ローレンケー.フェデリギ,クレイグエム.マイゴス,チャールズジェイ.ロパティン,スコットスタイヤ―,アリソンエム.ロシェット,トミー
出願日 2019年3月26日 (1年3ヶ月経過) 出願番号 2019-058800
公開日 2019年9月12日 (9ヶ月経過) 公開番号 2019-153313
状態 未査定
技術分野 デジタル計算機のユーザインターフェイス 電話機の機能
主要キーワード スプリングボード 維持基準 傾斜ユニット 上方閾値 速度図 側方範囲 文書説明 押圧強度
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年9月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

ユーザからの入力の回数、程度、及び/又は性質を低減し、より効率的で、かつ低消費電力であるグラフィカルユーザインタフェースを提供する。

解決手段

第1のタッチ入力は、複数のアプリケーションアイコンのうちの第1のアプリケーションアイコン上で検出される。第1のタッチ入力が、第1の入力閾値を満たさずに第1のタッチ入力が終了したことを要求する1つまたは複数のアプリケーション起動基準を満たす場合、第1のタッチ入力に応答して第1のアプリケーション起動される。第1のタッチ入力が第1のタッチ入力が第1の入力閾値を満たすことを要求する1つまたは複数のクイックアクション表示基準を満たす場合、第1のタッチ入力に応答して、第1のアプリケーションを起動することなく、第1のアプリケーションに関連する1つまたは複数のクイックアクションオブジェクトが第1のアプリケーションアイコンと共に同時に表示される。

概要

背景

コンピュータ及び他の電子計算デバイス用の入力デバイスとしてのタッチ感知面の使用は、近年著しく増大している。例示的なタッチ感知面としては、タッチパッド及びタッチスクリーンディスプレイが挙げられる。かかる面は、ディスプレイ上のユーザインタフェースを操作するために幅広く使用されている。

例示的な操作としては、1つ以上のユーザインタフェースオブジェクトの位置及び/又はサイズを調節すること、あるいは、ボタンアクティブにする、又はユーザインタフェースオブジェクトによって表されるファイルアプリケーションを開くこと、並びに1つ以上のユーザインタフェースオブジェクトにメタデータを関連付けること、又は他の方式でユーザインタフェースを操作することが挙げられる。例示的なユーザインタフェースオブジェクトとしては、デジタル画像映像テキストアイコン、ボタンなどの制御要素、及びその他の図形が挙げられる。

いくつかの状況においては、ユーザが、ファイル管理プログラム(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のFinder)、メッセージングアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のMessages)、画像管理アプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のPhotos)、カメラアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のCamera)、地図アプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のMap)、メモ取りアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のNotes)、デジタルコンテンツ(例えば、映像及び音楽管理アプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のMusic及びiTunes)、ニュースアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のNews)、電話アプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のPhone)、電子メールアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のMail)、ブラウザアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のSafari)、描画アプリケーションプレゼンテーションアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のKeynote)、ワードプロセッシングアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のPages)、スプレッドシートアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のNumbers)、リーダーアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のiBooks)、ビデオ作成アプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のiMovie)、及び/又はジオロケーションアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のFind Friends及びFind iPhone)内のユーザインタフェースオブジェクトに対して、かかる動作を実行する必要がある。

しかしながら、これらの操作を実行するための既存の方法は、煩雑かつ非効率的である。更には、既存の方法は、必要以上に長い時間を要することにより、エネルギーを浪費する。この後者の考慮事項は、バッテリ動作デバイスにおいては特に重要である。

概要

ユーザからの入力の回数、程度、及び/又は性質を低減し、より効率的で、かつ低消費電力であるグラフィカルユーザインタフェースを提供する。第1のタッチ入力は、複数のアプリケーションアイコンのうちの第1のアプリケーションアイコン上で検出される。第1のタッチ入力が、第1の入力閾値を満たさずに第1のタッチ入力が終了したことを要求する1つまたは複数のアプリケーション起動基準を満たす場合、第1のタッチ入力に応答して第1のアプリケーションが起動される。第1のタッチ入力が第1のタッチ入力が第1の入力閾値を満たすことを要求する1つまたは複数のクイックアクション表示基準を満たす場合、第1のタッチ入力に応答して、第1のアプリケーションを起動することなく、第1のアプリケーションに関連する1つまたは複数のクイックアクションオブジェクトが第1のアプリケーションアイコンと共に同時に表示される。C

目的

いくつかの実施形態に係る、補足情報(例えば、プレビュー及びメニュー)を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

タッチ感知面及びディスプレイを備える電子デバイスにおいて、前記デバイスは、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを含み、前記ディスプレイ上に第1のユーザインタフェース内の複数のユーザインタフェースオブジェクトを表示することと、フォーカスセレクタが、前記ディスプレイ上の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の第1のユーザインタフェースオブジェクトの位置にある間に、前記タッチ感知面上の位置での接触を検出することと、前記フォーカスセレクタが、前記ディスプレイ上の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの前記位置にある間に、第1の強度閾値に達する前記接触の特性強度の増大を検出し、前記第1の強度閾値に達する前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化せず前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、前記第1のユーザインタフェース内の、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化し、前記接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値を上回って増大を継続することを検出し、前記接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値を上回って増大を継続することを検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化せず前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、前記第1のユーザインタフェース内の、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの視覚的不明瞭化の量を動的に増大させることと、を含む、方法。

請求項2

前記第1の強度閾値に達する前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェース内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトのサイズを減少させることを含む、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値を上回って増大を継続することを検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェース内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの前記サイズを動的に減少させることを含む、請求項1又は2に記載の方法。

請求項4

前記接触の前記特性強度が前記第1の強度閾値と一致する及び/又は上回るとき、前記第1のユーザインタフェース内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの前記サイズを増大させること、を含む、請求項1から3のいずれか一項に記載の方法。

請求項5

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化せず前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、前記第1のユーザインタフェース内の、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの視覚的不明瞭化の量を動的に増大させた後、かつ前記接触の前記特性強度の第2の強度閾値に達する増大を検出する前に、前記接触の前記特性強度の減少を検出することと、前記接触の前記特性強度の前記減少を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化せず前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、前記第1のユーザインタフェース内の、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの視覚的不明瞭化の量を動的に減少させることと、を含む、請求項1から4のいずれか一項に記載の方法。

請求項6

前記第1の強度閾値より大きい第2の強度閾値に達する前記接触の前記特性強度の増大を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせてプレビューエリアを表示すること、を含む、請求項1から5のいずれか一項に記載の方法。

請求項7

前記プレビューエリアは、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト上のタップジェスチャを検出することに応じて表示される、ユーザインタフェースのプレビューを表示する、請求項6に記載の方法。

請求項8

前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせてプレビューエリアを表示する間に、前記接触の前記特性強度の減少を検出することと、前記接触の前記特性強度の前記減少を検出することに応じて、前記接触のリフトオフが検出されるまで、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせた前記プレビューエリアの表示を維持することと、前記接触のリフトオフを検出することと、前記接触のリフトオフを検出することに応じて、前記プレビューエリアの表示を停止し、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの視覚的不明瞭化を停止することと、を含む、請求項6又は7に記載の方法。

請求項9

前記第2の強度閾値より大きい第3の強度閾値に達する前記接触の前記特性強度の増大を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェース及び前記重ね合わせたプレビューエリアの表示を前記第1のユーザインタフェースとは別個の第2のユーザインタフェースの表示に置き換えること、を含む、請求項6から8のいずれか一項に記載の方法。

請求項10

前記第1の強度閾値より大きい第2の強度閾値に達する前記接触の前記特性強度の増大を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせてメニューを表示すること、を含み、前記メニューは前記第1のユーザインタフェースオブジェクトと関連付けられたアクティブ化可能なメニュー項目を含む、請求項1から5のいずれか一項に記載の方法。

請求項11

前記複数のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化することが、ぼか半径を有するぼかし効果により前記複数のユーザインタフェースオブジェクトをぼかすことを含み、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの視覚的不明瞭化の量を動的に増大させることが、前記接触の前記特性強度の変化に従って前記ぼかし効果の前記ぼかし半径を増大させることを含む、請求項1から10のいずれか一項に記載の方法。

請求項12

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリ内に記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成され、前記1つ以上のプログラムは、前記ディスプレイ上に第1のユーザインタフェース内の複数のユーザインタフェースオブジェクトを表示し、フォーカスセレクタが、前記ディスプレイ上の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の第1のユーザインタフェースオブジェクトの位置にある間に、前記タッチ感知面上の位置での接触を検出し、前記フォーカスセレクタが、前記ディスプレイ上の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの前記位置にある間に、第1の強度閾値に達する前記接触の特性強度の増大を検出し、前記第1の強度閾値に達する前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化せず前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、前記第1のユーザインタフェース内の、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化し、前記接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値を上回って増大を継続することを検出し、前記接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値を上回って増大を継続することを検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化せず前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、前記第1のユーザインタフェース内の、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの視覚的不明瞭化の量を動的に増大させる、ための命令を含む、電子デバイス。

請求項13

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムは、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスによって実行されると、前記デバイスに、前記ディスプレイ上に第1のユーザインタフェース内の複数のユーザインタフェースオブジェクトを表示させ、フォーカスセレクタが、前記ディスプレイ上の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の第1のユーザインタフェースオブジェクトの位置にある間に、前記タッチ感知面上の位置での接触を検出させ、前記フォーカスセレクタが、前記ディスプレイ上の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの前記位置にある間に、第1の強度閾値に達する前記接触の特性強度の増大を検出させ、前記第1の強度閾値に達する前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化せず前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、前記第1のユーザインタフェース内の、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化させ、前記接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値を上回って増大を継続することを検出させ、前記接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値を上回って増大を継続することを検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化せず前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、前記第1のユーザインタフェース内の、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの視覚的不明瞭化の量を動的に増大させる、命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項14

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、前記ディスプレイ上に第1のユーザインタフェース内の複数のユーザインタフェースオブジェクトを表示するための手段と、フォーカスセレクタが、前記ディスプレイ上の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の第1のユーザインタフェースオブジェクトの位置にある間に、前記タッチ感知面上の位置での接触を検出するための手段と、前記フォーカスセレクタが、前記ディスプレイ上の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの前記位置にある間に、第1の強度閾値に達する前記接触の特性強度の増大を検出するための手段と、前記第1の強度閾値に達する前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて有効にされ、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化せず前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、前記第1のユーザインタフェース内の、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化するための手段と、前記接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値を上回って増大を継続することを検出するための手段と、前記接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値を上回って増大を継続することを検出することに応じて有効にされ、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化せず前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、前記第1のユーザインタフェース内の、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの視覚的不明瞭化の量を動的に増大させるための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項15

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムが、前記メモリに記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成されており、前記1つ以上のプログラムが、請求項1から11に記載の前記方法のいずれかを実行するための命令を含む、電子デバイス。

請求項16

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスによって実行されると、前記デバイスに、請求項1から11に記載の前記方法のいずれかを実行させる命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項17

ディスプレイ、タッチ感知面、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、メモリ、及び前記メモリ内に記憶された1つ以上のプログラムを実行するための1つ以上のプロセッサを備える電子デバイス上の、グラフィカルユーザインタフェースであって、請求項1から11に記載の前記方法のいずれかに従って表示されるユーザインタフェースを備える、グラフィカルユーザインタフェース。

請求項18

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、請求項1から11に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項19

電子デバイスであって、ユーザインタフェースオブジェクトを表示するように構成されたディスプレイユニットと、接触を受けるように構成されるタッチ感知面ユニットと、前記タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された、1つ以上のセンサユニットと、前記ディスプレイユニット、前記タッチ感知面ユニット及び前記1つ以上のセンサユニットに結合された処理ユニットと、を備え、前記処理ユニットが、前記ディスプレイユニット上に第1のユーザインタフェース内の複数のユーザインタフェースオブジェクトの表示を有効にし、フォーカスセレクタが、前記ディスプレイユニット上の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の第1のユーザインタフェースオブジェクトの位置にある間に、前記タッチ感知面ユニット上の位置での接触を検出し、前記フォーカスセレクタが、前記ディスプレイユニット上の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの前記位置にある間に、第1の強度閾値に達する前記接触の特性強度の増大を検出し、前記第1の強度閾値に達する前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化せず前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、前記第1のユーザインタフェース内の、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化し、前記接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値を上回って増大を継続することを検出し、前記接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値を上回って増大を継続することを検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化せず前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、前記第1のユーザインタフェース内の、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの視覚的不明瞭化の量を動的に増大させる、ように構成された、電子デバイス。

請求項20

前記処理ユニットが、前記第1の強度閾値に達する前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェース内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトのサイズを減少させるように構成された、請求項19に記載の電子デバイス。

請求項21

前記処理ユニットが、前記接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値を上回って増大を継続することを検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェース内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの前記サイズを動的に減少させるように構成された、請求項19又は20に記載の電子デバイス。

請求項22

前記処理ユニットが、前記接触の前記特性強度が前記第1の強度閾値と一致及び/又は上回るとき、前記第1のユーザインタフェース内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの前記サイズを増大させるように構成された、請求項19から21のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項23

前記処理ユニットが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化せず前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、前記第1のユーザインタフェース内の、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの視覚的不明瞭化の量を動的に増大させた後、かつ前記接触の前記特性強度の第2の強度閾値に達する増大を検出する前に、前記接触の前記特性強度の減少を検出し、前記接触の前記特性強度の前記減少を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化せず前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、前記第1のユーザインタフェース内の、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの視覚的不明瞭化の量を動的に減少させる、ように構成された、請求項19から22のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項24

前記処理ユニットが、前記第1の強度閾値より大きい第2の強度閾値に達する前記接触の前記特性強度の増大を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせたプレビューエリアの表示を有効にするように構成された、請求項19から23のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項25

前記プレビューエリアが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト上のタップジェスチャを検出することに応じて表示される、ユーザインタフェースのプレビューを表示する、請求項24に記載の電子デバイス。

請求項26

前記処理ユニットが、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせてプレビューエリアを表示する間に、前記接触の前記特性強度の減少を検出し、前記接触の前記特性強度の前記減少を検出することに応じて、前記接触のリフトオフが検出されるまで、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせた前記プレビューエリアの表示を維持し、前記接触のリフトオフを検出し、前記接触のリフトオフを検出することに応じて、前記プレビューエリアの表示を停止し、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの視覚的不明瞭化を停止する、ように構成された、請求項19から25のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項27

前記処理ユニットが、前記第2の強度閾値より大きい第3の強度閾値に達する前記接触の前記特性強度の増大を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェース及び前記重ね合わせたプレビューエリアの表示を、前記第1のユーザインタフェースとは別個の、第2のユーザインタフェースの表示に置き換えるように構成された、請求項24から26のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項28

前記処理ユニットが、前記第1の強度閾値より大きい第2の強度閾値に達する前記接触の前記特性強度の増大を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせたメニューの表示を有効にするように構成され、前記メニューは前記第1のユーザインタフェースオブジェクトと関連付けられたアクティブ化可能なメニュー項目を含む、請求項19から23のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項29

前記複数のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化することが、ぼかし半径を有するぼかし効果により前記複数のユーザインタフェースオブジェクトをぼかすことを含み、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの視覚的不明瞭化の量を動的に増大させることが、前記接触の前記特性強度の変化に従って前記ぼかし効果の前記ぼかし半径を増大させることを含む、請求項19から28のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項30

タッチ感知面及びディスプレイを備える電子デバイスにおいて、前記デバイスは、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを含み、前記ディスプレイ上に第1のユーザインタフェース内の複数のユーザインタフェースオブジェクトを表示することと、フォーカスセレクタが、前記ディスプレイ上の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の第1のユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、接触による入力を検出することと、前記入力が選択基準を満たすという判定に従って、前記入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースとは別個の第2のユーザインタフェースを表示することと、前記入力の第1の部分がプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせて、前記第2のユーザインタフェースの縮小表現を含むプレビューエリアを表示することと、前記入力の前記第1の部分の後で検出される、前記接触による前記入力の第2の部分が、ユーザインタフェース置換基準を満たすという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース及び前記重ね合わせたプレビューエリアの表示を前記第2のユーザインタフェースの表示と置き換えることと、前記接触による前記入力の前記第2の部分がプレビューエリア消滅基準を満たすという判定に従って、前記入力が終了した後、前記プレビューエリアの表示を停止し、前記第1のユーザインタフェースを表示することと、を含む方法。

請求項31

前記入力の前記第1の部分がプレビュー基準を満たすことの判定が、前記フォーカスセレクタが前記ディスプレイ上の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記接触の前記特性強度の第2の強度閾値に達する増大を検出することを含む、請求項30に記載の方法。

請求項32

前記接触による前記入力の前記第2の部分がプレビューエリア維持基準を満たすという判定に従って、前記入力が終了した後、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせた前記プレビューエリアの表示を維持すること、を含む、請求項30又は31に記載の方法。

請求項33

前記入力の前記第1の部分が前記プレビュー基準を満たす前にヒント基準を満たすという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化することを含む、請求項30から32のいずれか一項に記載の方法。

請求項34

前記入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせて前記プレビューエリアを表示することは、前記第1のユーザインタフェース内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトが更に不明瞭化されるアニメーションを表示することを含む、請求項33に記載の方法。

請求項35

前記入力の前記第1の部分がヒント基準を満たすことの判定は、前記フォーカスセレクタが前記ディスプレイ上の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記接触の前記特性強度の第1の強度閾値に達する増大を検出することを含む、請求項33又は34に記載の方法。

請求項36

前記入力の前記第1の部分を検出すること及び前記プレビューエリアを表示することの間に、経時的に変化する前記接触の前記特性強度を検出することと、経時的に変化する前記接触の前記特性強度を検出することに応じて、前記接触の前記特性強度の変化に従って前記プレビューエリアの前記サイズを動的に変更することと、を含む、請求項30から34のいずれか一項に記載の方法。

請求項37

前記ユーザインタフェース置換基準が、前記接触の前記特性強度が、前記入力の前記第2の部分の間に、第2の強度閾値より大きい第3の強度閾値まで増大するという要件を含む、請求項30から36のいずれか一項に記載の方法。

請求項38

前記ユーザインタフェース置換基準が、前記接触の前記特性強度が、前記入力の前記第2の部分の間に、第2の強度閾値を下回り減少し、その後少なくとも前記第2の強度閾値まで再度増大するという要件を含む、請求項30から37のいずれか一項に記載の方法。

請求項39

前記ユーザインタフェース置換基準が、前記接触の前記特性強度が、前記入力の前記第2の部分の間に、所定の速度又はそれを上回る速度で増大するという要件を含む、請求項30から38のいずれか一項に記載の方法。

請求項40

前記ユーザインタフェース置換基準が、前記入力の前記第2の部分の間の前記接触の前記特性強度の増大が、前記接触の移動を伴わないという要件を含む、請求項30から39のいずれか一項に記載の方法。

請求項41

前記プレビューエリア維持基準が、前記入力の前記第2の部分が、前記ディスプレイ上の既定の方向に前記フォーカスセレクタを移動させる、前記タッチ感知面にわたる前記接触の移動を含むという要件を含む、請求項32に記載の方法。

請求項42

前記プレビューエリア維持基準が、前記入力の前記第2の部分の間に、アクションアイコンが前記プレビューエリア内に表示されるという要件を含む、請求項32に記載の方法。

請求項43

前記プレビューエリア消滅基準が、前記入力の前記第2の部分の間に、アクションアイコンが前記プレビューエリア内に表示されないという要件を含む、請求項30から42のいずれか一項に記載の方法。

請求項44

前記プレビューエリア消滅基準が、前記ユーザインタフェース置換基準が満足されないという要件、及び前記プレビューエリア維持基準が満足されないという要件を含む、請求項30から43のいずれか一項に記載の方法。

請求項45

前記接触による前記入力の前記第2の部分が前記タッチ感知面にわたる前記接触の移動を含むという判定に従って、前記プレビューエリアを前記接触の前記移動に従って移動させることを含む、請求項30から44のいずれか一項に記載の方法。

請求項46

前記接触による前記入力の前記第2の部分が前記タッチ感知面にわたる前記接触の移動を含むという判定に従って、前記フォーカスセレクタを、前記接触の前記移動に従って移動させ、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた1つ以上のアクション項目を表示することと、を含む、請求項30から45のいずれか一項に記載の方法。

請求項47

前記入力の前記第1の部分がプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記プレビューエリアを表示することと併せて1つ以上のアクション項目の表示を示す触知出力を提供すること、を含む、請求項30から46のいずれか一項に記載の方法。

請求項48

前記1つ以上のアクション項目の表示を示す触知出力を提供することを含み、前記1つ以上のアクション項目の表示を示す前記触知出力は、前記プレビューエリアの表示を示す前記第1の触知出力と異なり、前記1つ以上のアクション項目の表示を示す前記触知出力は、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目を表示することと併せて提供される、請求項46に記載の方法。

請求項49

前記入力の前記第1の部分の後で検出される、前記接触による前記入力の前記第2の部分が、ユーザインタフェース置換基準を満たすという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースの置換を示す触知出力を提供することを含み、前記触知出力は、前記第1のユーザインタフェース及び前記重ね合わせたプレビューエリアの表示を前記第2のユーザインタフェースの表示と置き換えることと併せて提供される、請求項30から46のいずれか一項に記載の方法。

請求項50

前記プレビューエリアが前記ディスプレイ上に表示され、前記1つ以上のアクション項目が表示されない間に、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目が隠されていることを示すインジケータを表示することを含む、請求項46から48のいずれか一項に記載の方法。

請求項51

前記インジケータが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目の表示をトリガーするフォーカスセレクタの移動の方向を表すように構成されている、請求項50に記載の方法。

請求項52

前記タッチ感知面にわたる前記接触の前記移動が、第1の方向の前記ディスプレイ上の前記フォーカスセレクタの移動を引き起こし、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目を表示することが、前記ディスプレイ上の前記第1の方向に前記プレビューエリアをシフトすることと、前記プレビューエリアが前記第1の方向にシフトされるにつれて前記1つ以上のアクション項目を見せることと、を含む、請求項46から51のいずれか一項に記載の方法。

請求項53

前記1つ以上のアクション項目を見せた後に、前記接触の前記移動に従って、前記ディスプレイ上の前記第1の方向に前記プレビューエリアのシフトを継続することを含む、請求項52に記載の方法。

請求項54

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目を表示することが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた第1のアクション項目を表示することを含み、前記方法は、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記第1のアクション項目を表示する間に、前記接触の前記移動が、前記接触のリフトオフを検出する前に、前記フォーカスセレクタを前記ディスプレイ上で少なくとも第1の閾値量移動させることを検出することと、前記接触の前記移動が、前記フォーカスセレクタを前記ディスプレイ上で少なくとも前記第1の閾値量移動させることを検出することに応じて、前記第1のアクション項目の視覚的外観を変更することと、前記第1のアクション項目の前記視覚的外観の変更の後、前記接触のリフトオフを検出することと、前記接触の前記リフトオフを検出することに応じて、前記第1のアクション項目の表示を停止し、前記第1のアクション項目により表される第1のアクションを実行することと、を含む、請求項52又は53に記載の方法。

請求項55

前記接触による前記入力の前記第2の部分が、前記フォーカスセレクタをそれぞれの方向に移動させ、かつそれぞれの移動閾値を満たす、前記タッチ感知面にわたる前記接触の移動を含むという判定に従って、前記入力の終了を検出することに応じて前記それぞれの方向への移動に関連付けられた動作を実行することと、前記接触による前記入力の前記第2の部分が、前記フォーカスセレクタを前記それぞれの方向に移動させ、かつ前記それぞれの移動閾値を満たさない、前記タッチ感知面にわたる前記接触の移動を含むという判定に従って、前記入力の終了を検出することに応じて、前記それぞれの方向への移動に関連付けられた前記動作の実行をやめることと、を含む、請求項30から54のいずれか一項に記載の方法。

請求項56

前記フォーカスセレクタの第1の方向への移動が第1のアクションに関連付けられ、前記フォーカスセレクタの第2の方向への移動が第2のアクションに関連付けられている、請求項55に記載の方法。

請求項57

前記フォーカスセレクタの前記第1の方向への移動が第1の閾値に関連付けられ、前記フォーカスセレクタの前記第2の方向への移動が前記第1の閾値より高い第2の閾値に関連付けられている、請求項56に記載の方法。

請求項58

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリ内に記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成され、前記1つ以上のプログラムは、前記ディスプレイ上に第1のユーザインタフェース内の複数のユーザインタフェースオブジェクトを表示し、フォーカスセレクタが、前記ディスプレイ上の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の第1のユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、接触による入力を検出し、前記入力が選択基準を満たすという判定に従って、前記入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースとは別個の第2のユーザインタフェースを表示し、前記入力の第1の部分がプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせて、前記第2のユーザインタフェースの縮小表現を含むプレビューエリアを表示し、前記入力の前記第1の部分の後で検出される、前記接触による前記入力の第2の部分が、ユーザインタフェース置換基準を満たすという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース及び前記重ね合わせたプレビューエリアの表示を前記第2のユーザインタフェースの表示と置き換え、前記接触による前記入力の前記第2の部分がプレビューエリア消滅基準を満たすという判定に従って、前記入力が終了した後、前記プレビューエリアの表示を停止し、前記第1のユーザインタフェースを表示する、ための命令を含む、電子デバイス。

請求項59

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出する1つ以上のセンサを備えた電子デバイスによって実行されたとき、前記デバイスに、前記ディスプレイ上に第1のユーザインタフェース内の複数のユーザインタフェースオブジェクトを表示させ、フォーカスセレクタが、前記ディスプレイ上の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の第1のユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、接触による入力を検出させ、前記入力が選択基準を満たすという判定に従って、前記入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースとは別個の第2のユーザインタフェースを表示させ、前記入力の第1の部分がプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせて、前記第2のユーザインタフェースの縮小表現を含むプレビューエリアを表示させ、前記入力の前記第1の部分の後で検出される、前記接触による前記入力の第2の部分が、ユーザインタフェース置換基準を満たすという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース及び前記重ね合わせたプレビューエリアの表示を前記第2のユーザインタフェースの表示と置き換えさせ、前記接触による前記入力の前記第2の部分がプレビューエリア消滅基準を満たすという判定に従って、前記入力が終了した後、前記プレビューエリアの表示を停止させ、前記第1のユーザインタフェースを表示させる、命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項60

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、前記ディスプレイ上に第1のユーザインタフェース内の複数のユーザインタフェースオブジェクトを表示するための手段と、フォーカスセレクタが、前記ディスプレイ上の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の第1のユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、接触による入力を検出するための手段と、前記入力が選択基準を満たすという判定に従って、前記入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースとは別個の第2のユーザインタフェースを表示するための手段と、前記入力の第1の部分がプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせて、前記第2のユーザインタフェースの縮小表現を含むプレビューエリアを表示するための手段と、前記入力の前記第1の部分の後で検出される、前記接触による前記入力の第2の部分が、ユーザインタフェース置換基準を満たすという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース及び前記重ね合わせたプレビューエリアの表示を前記第2のユーザインタフェースの表示と置き換えるための手段と、前記接触による前記入力の前記第2の部分がプレビューエリア消滅基準を満たすという判定に従って、前記入力が終了した後、前記プレビューエリアの表示を停止し、前記第1のユーザインタフェースを表示するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項61

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムが、前記メモリに記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成されており、前記1つ以上のプログラムが、請求項30から57に記載の前記方法のいずれかを実行するための命令を含む、電子デバイス。

請求項62

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスによって実行されると、前記デバイスに、請求項30から57に記載の前記方法のいずれかを実行させる命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項63

ディスプレイ、タッチ感知面、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、メモリ、及び前記メモリ内に記憶された1つ以上のプログラムを実行するための1つ以上のプロセッサを備える電子デバイス上の、グラフィカルユーザインタフェースであって、請求項30から57に記載の前記方法のいずれかに従って表示されるユーザインタフェースを備える、グラフィカルユーザインタフェース。

請求項64

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、請求項30から57に記載の方法のいずれかを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項65

電子デバイスであって、ユーザインタフェースオブジェクトを表示するように構成されたディスプレイユニットと、接触を受けるように構成されるタッチ感知面ユニットと、前記タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された、1つ以上のセンサユニットと、前記ディスプレイユニット、前記タッチ感知面ユニット及び前記1つ以上のセンサユニットに結合された処理ユニットと、を備え、前記処理ユニットが、前記ディスプレイユニット上に第1のユーザインタフェース内の複数のユーザインタフェースオブジェクトの表示を有効にし、フォーカスセレクタが、前記ディスプレイユニット上の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の第1のユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、接触による入力を検出し、前記入力が選択基準を満たすという判定に従って、前記入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースとは別個の第2のユーザインタフェースの表示を有効にし、前記入力の第1の部分がプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせて、前記第2のユーザインタフェースの縮小表現を含むプレビューエリアの表示を有効にし、前記入力の前記第1の部分の後で検出される、前記接触による前記入力の第2の部分が、ユーザインタフェース置換基準を満たすという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース及び前記重ね合わせたプレビューエリアの表示を前記第2のユーザインタフェースの表示と置き換え、前記接触による前記入力の前記第2の部分がプレビューエリア消滅基準を満たすという判定に従って、前記入力が終了した後、前記プレビューエリアの表示を停止し、前記第1のユーザインタフェースの表示を有効にする、ように構成された、電子デバイス。

請求項66

前記入力の前記第1の部分がプレビュー基準を満たすことの判定が、前記フォーカスセレクタが前記ディスプレイユニット上の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記接触の前記特性強度の第2の強度閾値に達する増大を検出することを含む、請求項65に記載の電子デバイス。

請求項67

前記処理ユニットが、前記接触による前記入力の前記第2の部分がプレビューエリア維持基準を満たすという判定に従って、前記入力が終了した後、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせた前記プレビューエリアの表示を維持するように構成された、請求項65又は66に記載の電子デバイス。

請求項68

前記処理ユニットが、前記入力の前記第1の部分がプレビュー基準を満たす前にヒント基準を満たすという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭化するように構成された、請求項65から67のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項69

前記入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせて前記プレビューエリアを表示することが、前記第1のユーザインタフェース内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトが更に不明瞭化されるアニメーションを表示することを含む、請求項68に記載の電子デバイス。

請求項70

前記入力の前記第1の部分がヒント基準を満たすことの判定が、前記フォーカスセレクタが前記ディスプレイユニット上の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記接触の前記特性強度の第1の強度閾値に達する増大を検出することを含む、請求項68又は69に記載の電子デバイス。

請求項71

前記処理ユニットが、前記入力の前記第1の部分を検出すること及び前記プレビューエリアを表示することの間に、経時的に変化する前記接触の前記特性強度を検出し、経時的に変化する前記接触の前記特性強度を検出することに応じて、前記接触の前記特性強度の変化に従って前記プレビューエリアの前記サイズを動的に変更する、ように構成された、請求項65から69のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項72

前記ユーザインタフェース置換基準が、前記接触の前記特性強度が前記入力の前記第2の部分の間に、第2の強度閾値より大きい第3の強度閾値まで増大するという要件を含む、請求項65から71のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項73

前記ユーザインタフェース置換基準が、前記接触の前記特性強度が前記入力の前記第2の部分の間に、第2の強度閾値を下回り減少し、その後少なくとも前記第2の強度閾値まで再度増大するという要件を含む、請求項65から72のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項74

前記ユーザインタフェース置換基準が、前記接触の前記特性強度が前記入力の前記第2の部分の間に、所定の速度又はそれを上回る速度で増大するという要件を含む、請求項65から73のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項75

前記ユーザインタフェース置換基準が、前記入力の前記第2の部分の間の前記接触の前記特性強度の増大が、前記接触の移動を伴わないという要件を含む、請求項65から74のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項76

前記プレビューエリア維持基準が、前記入力の前記第2の部分が、前記ディスプレイユニット上の既定の方向に前記フォーカスセレクタを移動させる、前記タッチ感知面ユニットにわたる前記接触の移動を含むという要件を含む、請求項67に記載の電子デバイス。

請求項77

前記プレビューエリア維持基準が、前記入力の前記第2の部分の間に、アクションアイコンが前記プレビューエリア内に表示されるという要件を含む、請求項67に記載の電子デバイス。

請求項78

前記プレビューエリア消滅基準が、前記入力の前記第2の部分の間に、アクションアイコンが前記プレビューエリア内に表示されないという要件を含む、請求項65から77のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項79

前記プレビューエリア消滅基準が、前記ユーザインタフェース置換基準が満足されないという要件、及び前記プレビューエリア維持基準が満足されないという要件を含む、請求項65から78のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項80

前記処理ユニットが、前記接触による前記入力の前記第2の部分が前記タッチ感知面ユニットにわたる前記接触の移動を含むという判定に従って、前記プレビューエリアを前記接触の前記移動に従って移動させるように構成された、請求項65から79のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項81

前記処理ユニットが、前記接触による前記入力の前記第2の部分が、前記タッチ感知面ユニットにわたる前記接触の移動を含むという判定に従って、前記フォーカスセレクタを前記接触の前記移動に従って移動させ、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた1つ以上のアクション項目の表示を有効にする、ように構成された、請求項65から80のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項82

前記処理ユニットが、前記入力の前記第1の部分がプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記プレビューエリアの表示と併せて1つ以上のアクション項目の表示を示す触知出力を提供するように構成された、請求項65から81のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項83

前記処理ユニットが、前記1つ以上のアクション項目の表示を示す触知出力を提供するように構成され、前記1つ以上のアクション項目の表示を示す前記触知出力は、前記プレビューエリアの表示を示す前記第1の触知出力とは異なり、前記1つ以上のアクション項目の表示を示す前記触知出力は、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目の表示と併せて提供される、請求項81に記載の電子デバイス。

請求項84

前記処理ユニットが、前記入力の前記第1の部分の後で検出される、前記接触による前記入力の前記第2の部分が、ユーザインタフェース置換基準を満たすという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースの置換を示す触知出力を提供するように構成され、前記触知出力は、前記第1のユーザインタフェース及び前記重ね合わせたプレビューエリアの表示を前記第2のユーザインタフェースの表示と置き換えることと併せて提供される、請求項65から81のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項85

前記処理ユニットが、前記プレビューエリアが前記ディスプレイユニット上に表示され、前記1つ以上のアクション項目が表示されない間に、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目が隠されていることを示すインジケータの表示を有効にするように構成された、請求項81から83いずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項86

前記インジケータが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目の表示をトリガーするフォーカスセレクタの移動の方向を表すように構成されている、請求項85に記載の電子デバイス。

請求項87

前記タッチ感知面ユニットにわたる前記接触の前記移動が、第1の方向の前記ディスプレイユニット上の前記フォーカスセレクタの移動を引き起こし、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目を表示することが、前記ディスプレイユニット上の前記第1の方向に前記プレビューエリアをシフトすることと、前記プレビューエリアが前記第1の方向にシフトされるにつれて前記1つ以上のアクション項目を見せることと、を含む、請求項81から86のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項88

前記処理ユニットが、前記1つ以上のアクション項目を見せた後に、前記接触の前記移動に従って、前記ディスプレイユニット上の前記第1の方向に前記プレビューエリアのシフトを継続するように構成された、請求項87に記載の電子デバイス。

請求項89

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目を表示することが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた第1のアクション項目を表示することを含み、前記処理ユニットが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記第1のアクション項目を表示する間に、前記接触の前記移動が、前記接触のリフトオフを検出する前に、前記フォーカスセレクタを前記ディスプレイユニット上で少なくとも第1の閾値量移動させることを検出し、前記接触の前記移動が、前記フォーカスセレクタを前記ディスプレイユニット上で少なくとも前記第1の閾値量移動させることを検出することに応じて、前記第1のアクション項目の視覚的外観を変更し、前記第1のアクション項目の前記視覚的外観の変更の後、前記接触のリフトオフを検出し、前記接触の前記リフトオフを検出することに応じて、前記第1のアクション項目の表示を停止し、前記第1のアクション項目により表される第1のアクションを実行する、ように構成された、請求項87又は88に記載の電子デバイス。

請求項90

前記処理ユニットが、前記接触による前記入力の前記第2の部分が、前記フォーカスセレクタをそれぞれの方向に移動させ、かつそれぞれの移動閾値を満たす、前記タッチ感知面ユニットにわたる前記接触の移動を含むという判定に従って、前記入力の終了を検出することに応じて、前記それぞれの方向への移動に関連付けられた動作を実行し、前記接触による前記入力の前記第2の部分が、前記フォーカスセレクタを前記それぞれの方向に移動させ、かつ前記それぞれの移動閾値を満たさない、前記タッチ感知面ユニットにわたる前記接触の移動を含むという判定に従って、前記入力の終了を検出することに応じて、前記それぞれの方向への移動に関連付けられた前記動作の実行をやめる、ように構成された、請求項65から89のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項91

前記フォーカスセレクタの第1の方向への移動が第1のアクションに関連付けられ、前記フォーカスセレクタの第2の方向への移動が第2のアクションに関連付けられている、請求項90に記載の電子デバイス。

請求項92

前記フォーカスセレクタの前記第1の方向への移動が第1の閾値に関連付けられ、前記フォーカスセレクタの前記第2の方向への移動が前記第1の閾値より高い第2の閾値に関連付けられている、請求項91に記載の電子デバイス。

請求項93

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える、電子デバイスにおいて、前記ディスプレイ上に、第1の種類の1つ以上のユーザインタフェースオブジェクト及び前記第1の種類とは別個の第2の種類の1つ以上のユーザインタフェースオブジェクトを含む、複数の選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含む第1のユーザインタフェースを表示することと、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記複数の選択可能なユーザインタフェースオブジェクトのそれぞれのユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の第1の接触の特性強度の第1の強度閾値を上回る増大を検出することを含む第1の入力の第1の部分を検出することと、前記第1の入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた補足情報を表示することと、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報を表示する間に、前記第1の入力の終了を検出することと、前記第1の入力の終了を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を停止し、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記第1の入力の終了を検出した後、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を維持することと、を含む方法。

請求項94

前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるとき、前記補足情報は、前記第1のユーザインタフェースとは別個の、前記第1のユーザインタフェース内の前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトの選択時に表示される、第2のユーザインタフェースのプレビューを含む、請求項93に記載の方法。

請求項95

前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるとき、前記補足情報は、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられたアクションの第1のメニューを含む、請求項93又は94に記載の方法。

請求項96

前記第1の入力の前記第1の部分の後、かつ前記第1の入力の終了の前の、前記第1の入力の第2の部分を検出することであって、前記第1の入力の前記第2の部分を検出することが、前記タッチ感知面からの前記接触のリフトオフを検出することなく、前記第1の接触の前記特性強度の前記第1の強度閾値を下回る減少を検出することを含む、ことと、前記第1の入力の前記第2の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を維持することと、を含む、請求項93から95のいずれか一項に記載の方法。

請求項97

前記第1の入力の終了を検出すること及び前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報を表示することの停止の後に、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、前記フォーカスセレクタが前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の第2の接触の特性強度の前記第1の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、第2の入力の第1の部分を検出し、前記第2の入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報を再表示し、前記タッチ感知面上の前記第2の接触の前記特性強度の第2の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、前記第2の入力の第2の部分を検出し、前記第2の入力の前記第2の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース及び前記補足情報の表示を第2のユーザインタフェースに置き換え、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を維持することと、を含む、請求項93から96のいずれか一項に記載の方法。

請求項98

前記第1の入力の終了を検出すること及び前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報を表示することの停止の後に、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、前記フォーカスセレクタが前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の第2の接触の特性強度の前記第1の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、第2の入力の第1の部分を検出し、前記第2の入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報を再表示し、前記タッチ感知面上の前記第2の接触の前記特性強度の第2の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、前記第2の入力の第2の部分を検出し、前記第2の入力の前記第2の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース及び前記補足情報の表示を第2のユーザインタフェースに置き換え、前記第2のユーザインタフェースは、前記第1のユーザインタフェース内の前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトの選択時にも表示され、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース及び前記補足情報の表示を第3のユーザインタフェースに置き換えることと、を含み、前記第3のユーザインタフェースは、前記第1のユーザインタフェース内の前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトの選択時に表示されるそれぞれのユーザインタフェースとは異なる、請求項93から96のいずれか一項に記載の方法。

請求項99

前記第2の接触の前記特性強度の増大が前記第2の接触の移動を伴うという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース及び前記補足情報を前記第2のユーザインタフェースに置き換えることを無効にすることを含む、請求項97又は98に記載の方法。

請求項100

前記ディスプレイ上に前記補足情報を表示する間かつ前記第1の入力の終了を検出する前に、前記タッチ感知面上の前記第1の接触の移動を含む前記第1の入力の第2の部分を検出することと、前記第1の接触の前記移動を含む前記入力の前記第1の部分の前記第2の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記第1の接触の前記移動に従って前記補足情報を移動させ、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記補足情報の位置を維持し、前記第1の接触の前記移動に従って前記補足情報内の選択可能オブジェクト強調表示することと、を含む、請求項93から96のいずれか一項に記載の方法。

請求項101

前記第1の入力の終了を検出することかつ前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報を表示することの停止の後に、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、前記フォーカスセレクタが前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の第2の接触の特性強度の前記第1の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、第2の入力の第1の部分を検出し、前記第2の入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報を再表示し、前記ディスプレイ上の前記フォーカスセレクタの移動に対応する前記タッチ感知面上の前記第2の接触の移動を検出することを含む、前記第2の入力の第2の部分を検出し、前記第2の入力の前記第2の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた1つ以上のアクション項目を表示し、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた補足情報の再表示を維持し、前記再表示された補足情報のそれぞれの部分を強調表示することと、を含む、請求項93から96のいずれか一項に記載の方法。

請求項102

前記第1の入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示時に、第1の触知出力を提供し、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示時に、前記第1の触知出力と異なる第2の触知出力を提供すること、を含む、請求項101に記載の方法。

請求項103

前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目の表示時に、前記第2の触知出力と異なる第3の触知出力を提供すること、を含む、請求項102に記載の方法。

請求項104

前記それぞれのユーザインタフェースが、前記第1の種類のオブジェクトであり、前記方法は、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報が前記ディスプレイ上に表示され、前記1つ以上のアクション項目が表示されない間に、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目が隠されていることを示す、インジケータを表示することを含む、請求項101から103のいずれか一項に記載の方法。

請求項105

前記インジケータが、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目の表示をトリガーする接触の移動の方向を表すように構成されている、請求項104に記載の方法。

請求項106

前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のオブジェクトであり、前記タッチ感知面上の前記第2の接触の前記移動が、それぞれの方向の前記ディスプレイ上の前記フォーカスセレクタの移動に対応しており、前記第1のユーザインタフェース内の前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目を表示することが、前記ディスプレイ上の前記第1の方向に前記補足情報をシフトすることと、前記補足情報が前記第1の方向にシフトされるにつれて前記1つ以上のアクション項目を見せることと、を含む、請求項101から105のいずれか一項に記載の方法。

請求項107

前記1つ以上のアクション項目を見せた後に、前記第2の接触の前記移動に従って、前記ディスプレイ上の前記第1の方向に前記補足情報のシフトを継続することを含む、請求項106に記載の方法。

請求項108

前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目を表示することが、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた第1のアクション項目を表示することを含み、前記方法は、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記第1のアクション項目を表示した後に、前記第2の接触の前記移動が、前記第2の接触のリフトオフを検出する前の、前記ディスプレイ上での少なくとも第1の閾値量の前記フォーカスセレクタの移動に対応することを検出することと、前記第2の接触の前記移動が、前記ディスプレイ上での少なくとも前記第1の閾値量の前記フォーカスセレクタの移動に対応することを検出することに応じて、前記第1のアクション項目の視覚的外観を変更することと、前記第1のアクション項目の前記視覚的外観の変更の後に、前記第2の接触のリフトオフを検出することと、前記第2の接触の前記リフトオフを検出することに応じて、前記第1のアクション項目の表示を停止し、前記第1のアクション項目により表される第1のアクションを実行することと、を含む、請求項106又は107に記載の方法。

請求項109

前記それぞれのユーザインタフェースが、前記第1の種類のオブジェクトであり、前記方法は、それぞれの方向への移動を含む前記第1の入力の第2の部分を検出することと、前記第1の入力の終了を検出することに応じて、前記それぞれの方向への前記移動がそれぞれの移動閾値を満たすという判定に従って、前記それぞれの方向への移動に関連付けられた動作を実行し、前記それぞれの方向への前記移動が前記それぞれの移動閾値を満たさないという判定に従って、前記それぞれの方向への移動に関連付けられた前記動作の実行をやめることと、を含む、請求項93に記載の方法。

請求項110

前記フォーカスセレクタの第1の方向への移動が第1のアクションに関連付けられ、前記フォーカスセレクタの第2の方向への移動が第2のアクションに関連付けられている、請求項109に記載の方法。

請求項111

前記フォーカスセレクタの前記第1の方向への移動が第1の閾値に関連付けられ、前記フォーカスセレクタの前記第2の方向への移動が前記第1の閾値より高い第2の閾値に関連付けられている、請求項110に記載の方法。

請求項112

前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を停止した後に、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の前記第1の強度閾値を下回る前記特性強度を有する第3の接触及び前記第3の接触のリフトオフを検出することを含む、第3の入力を検出し、前記第3の入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースを前記それぞれのユーザインタフェース要素に関連付けられた第2のユーザインタフェースに置き換えること、を含む、請求項93から111のいずれか一項に記載の方法。

請求項113

前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトが、ウェブページ又は文書へのリンクを含む、請求項93から112のいずれか一項に記載の方法。

請求項114

前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトが、接触可能なエンティティの表現を含む、請求項93から113のいずれか一項に記載の方法。

請求項115

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリ内に記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成され、前記1つ以上のプログラムは、前記ディスプレイ上に、第1の種類の1つ以上のユーザインタフェースオブジェクト及び前記第1の種類とは別個の第2の種類の1つ以上のユーザインタフェースオブジェクトを含む、複数の選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースを表示し、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記複数の選択可能なユーザインタフェースオブジェクトのそれぞれのユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の第1の接触の特性強度の第1の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、第1の入力の第1の部分を検出し、前記第1の入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた補足情報を表示し、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報を表示する間に、前記第1の入力の終了を検出し、前記第1の入力の終了を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を停止し、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記第1の入力の終了を検出した後、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を維持する、ための命令を含む、電子デバイス。

請求項116

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出する1つ以上のセンサを備えた電子デバイスによって実行されたとき、前記デバイスに、前記ディスプレイ上に、第1の種類の1つ以上のユーザインタフェースオブジェクト及び前記第1の種類とは別個の第2の種類の1つ以上のユーザインタフェースオブジェクトを含む、複数の選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースを表示させ、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記複数の選択可能なユーザインタフェースオブジェクトのそれぞれのユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の第1の接触の特性強度の第1の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、第1の入力の第1の部分を検出させ、前記第1の入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた補足情報を表示させ、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報を表示する間に、前記第1の入力の終了を検出させ、前記第1の入力の終了を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を停止させ、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記第1の入力の終了を検出した後、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を維持させる、命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項117

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、前記ディスプレイ上に、第1の種類の1つ以上のユーザインタフェースオブジェクト及び前記第1の種類とは別個の第2の種類の1つ以上のユーザインタフェースオブジェクトを含む、複数の選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースを表示するための手段と、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記複数の選択可能なユーザインタフェースオブジェクトのそれぞれのユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の第1の接触の特性強度の第1の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、第1の入力の第1の部分を検出するための手段と、前記第1の入力の前記第1の部分を検出することに応じて有効にされ、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた補足情報を表示するための手段と、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報を表示する間に、前記第1の入力の終了を検出するための手段と、前記第1の入力の終了を検出することに応じて有効にされる、手段であって、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を停止し、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記第1の入力の終了を検出した後に、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を維持するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項118

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスにおいて用いるための、情報処理装置であって、前記ディスプレイ上に、第1の種類の1つ以上のユーザインタフェースオブジェクト及び前記第1の種類とは別個の第2の種類の1つ以上のユーザインタフェースオブジェクトを含む、複数の選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースを表示するための手段と、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記複数の選択可能なユーザインタフェースオブジェクトのそれぞれのユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の第1の接触の特性強度の第1の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、第1の入力の第1の部分を検出するための手段と、前記第1の入力の前記第1の部分を検出することに応じて有効にされ、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた補足情報を表示するための手段と、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報を表示する間に、前記第1の入力の終了を検出するための手段と、前記第1の入力の終了を検出することに応じて有効にされる、手段であって、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を停止し、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記第1の入力の終了を検出した後に、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を維持するための手段と、を備える、情報処理装置。

請求項119

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムが、前記メモリに記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成されており、前記1つ以上のプログラムが、請求項93から114に記載の前記方法のいずれかを実行するための命令を含む、電子デバイス。

請求項120

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスによって実行されると、前記デバイスに、請求項93から114に記載の前記方法のいずれかを実行させる命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項121

ディスプレイ、タッチ感知面、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、メモリ、及び前記メモリ内に記憶された1つ以上のプログラムを実行するための1つ以上のプロセッサを備える電子デバイス上の、グラフィカルユーザインタフェースであって、請求項93から114に記載の前記方法のいずれかに従って表示されるユーザインタフェースを備える、グラフィカルユーザインタフェース。

請求項122

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、請求項93から114に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項123

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスにおいて用いるための、情報処理装置であって、請求項93から114に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段を備える、情報処理装置。

請求項124

電子デバイスであって、コンテンツ項目を表示するように構成されたディスプレイユニットと、ユーザの入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、前記タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された、1つ以上のセンサユニットと、前記ディスプレイユニット、前記タッチ感知面ユニット及び前記1つ以上のセンサユニットに結合された処理ユニットと、を備え、前記処理ユニットが、前記ディスプレイユニット上に、第1の種類の1つ以上のユーザインタフェースオブジェクト及び前記第1の種類とは別個の第2の種類の1つ以上のユーザインタフェースオブジェクトを含む、複数の選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースの表示を有効にし、前記ディスプレイユニット上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記複数の選択可能なユーザインタフェースオブジェクトのそれぞれのユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の第1の接触の特性強度の第1の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、第1の入力の第1の部分を検出し、前記第1の入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた補足情報の表示を有効にし、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報を表示する間に、前記第1の入力の終了を検出し、前記第1の入力の終了を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を有効にすることを停止し、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記第1の入力の終了を検出した後に、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を維持する、ように構成された、電子デバイス。

請求項125

前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるとき、前記補足情報が、前記第1のユーザインタフェースとは別個の、前記第1のユーザインタフェース内の前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトの選択時に表示される、第2のユーザインタフェースのプレビューを含む、請求項124に記載の電子デバイス。

請求項126

前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるとき、前記補足情報が、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられたアクションの第1のメニューを含む、請求項124又は125に記載の電子デバイス。

請求項127

前記処理ユニットが、前記第1の入力の前記第1の部分の後かつ前記第1の入力の終了の前に、前記第1の入力の第2の部分を検出し、前記第1の入力の前記第2の部分を検出することは、前記タッチ感知面からの前記接触のリフトオフを検出することなく、前記第1の接触の前記特性強度の前記第1の強度閾値を下回る減少を検出することを含んでおり、前記第1の入力の前記第2の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を維持する、ように構成された、請求項124から126のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項128

前記処理ユニットが、前記第1の入力の終了を検出することかつ前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報を表示することの停止の後に、前記ディスプレイユニット上に前記第1のユーザインタフェースの表示を有効にする間に、前記フォーカスセレクタが前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の第2の接触の特性強度の前記第1の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、第2の入力の第1の部分を検出し、前記第2の入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の再表示を有効にし、前記タッチ感知面上の前記第2の接触の前記特性強度の第2の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、前記第2の入力の第2の部分を検出し、前記第2の入力の前記第2の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース及び前記補足情報の表示を第2のユーザインタフェースに置き換え、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を維持する、ように構成された、請求項124から127のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項129

前記処理ユニットが、前記第1の入力の終了を検出し、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を有効にするのを停止した後、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、前記フォーカスセレクタが前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の第2の接触の特性強度の前記第1の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、第2の入力の第1の部分を検出し、前記第2の入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の再表示を有効にし、前記タッチ感知面上の前記第2の接触の前記特性強度の第2の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、前記第2の入力の第2の部分を検出し、前記第2の入力の前記第2の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース及び前記補足情報の表示を第2のユーザインタフェースに置き換え、前記第2のユーザインタフェースは前記第1のユーザインタフェース内の前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトの選択時にも表示され、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース及び前記補足情報の表示を第3のユーザインタフェースに置き換える、ように構成され、前記第3のユーザインタフェースは、前記第1のユーザインタフェース内の前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトの選択時に表示されるそれぞれのユーザインタフェースとは異なる、請求項124から127のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項130

前記処理ユニットが、前記第2の接触の前記特性強度の増大が前記第2の接触の移動を伴うという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース及び前記補足情報を前記第2のユーザインタフェースに置き換えることを無効にするように構成された、請求項128又は129に記載の電子デバイス。

請求項131

前記処理ユニットが、前記ディスプレイ上に前記補足情報が表示される間かつ前記第1の入力の終了を検出する前に、前記タッチ感知面上の前記第1の接触の移動を含む、前記第1の入力の第2の部分を検出し、前記第1の接触の前記移動を含む、前記入力の前記第1の部分の前記第2の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記第1の接触の前記移動に従って前記補足情報を移動させ、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記第1の接触の前記移動に従って、前記補足情報の位置を維持し、前記補足情報内の選択可能オブジェクトを強調表示する、ように構成された、請求項124から127のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項132

前記処理ユニットが、前記第1の入力の終了を検出し、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を有効にするのを停止した後、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、前記フォーカスセレクタが前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の第2の接触の特性強度の前記第1の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、第2の入力の第1の部分を検出し、前記第2の入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の再表示を有効にし、前記ディスプレイ上の前記フォーカスセレクタの移動に対応する、前記タッチ感知面上の前記第2の接触の移動を検出することを含む、前記第2の入力の第2の部分を検出し、前記第2の入力の前記第2の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた1つ以上のアクション項目の表示を有効にし、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた補足情報の再表示を維持し、前記再表示された補足情報のそれぞれの部分を強調表示する、ように構成された、請求項124から127のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項133

前記処理ユニットが、前記第1の入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示時に第1の触知出力を提供し、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示時に、前記第1の触知出力と異なる第2の触知出力を提供する、ように構成された、請求項132に記載の電子デバイス。

請求項134

前記処理ユニットが、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目の表示時に、前記第2の触知出力と異なる第3の触知出力を提供するように構成された、請求項133に記載の電子デバイス。

請求項135

前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のオブジェクトであり、前記処理ユニットが、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報が前記ディスプレイ上に表示され、前記1つ以上のアクション項目が表示されない間に、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目が隠されていることを示すインジケータの表示を有効にするように構成された、請求項132から134のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項136

前記インジケータは、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目の表示をトリガーする接触の移動の方向を表すように構成されている、請求項135に記載の電子デバイス。

請求項137

前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のオブジェクトであり、前記タッチ感知面上の前記第2の接触の前記移動が、それぞれの方向の前記ディスプレイ上の前記フォーカスセレクタの移動に対応しており、前記第1のユーザインタフェース内の前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目の表示を有効にすることが、前記ディスプレイ上の前記第1の方向に前記補足情報をシフトすることと、前記補足情報が前記第1の方向にシフトされるにつれて前記1つ以上のアクション項目を見せることと、を含む、請求項132から136のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項138

前記処理ユニットが、前記1つ以上のアクション項目を見せた後に、前記第2の接触の前記移動に従って、前記ディスプレイ上の前記第1の方向に前記補足情報のシフトを継続するように構成された、請求項137に記載の電子デバイス。

請求項139

前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記1つ以上のアクション項目の表示を有効にすることが、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた第1のアクション項目の表示を有効にすることを含み、前記処理ユニットが、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記第1のアクション項目が表示された後に、前記第2の接触の前記移動が、前記第2の接触のリフトオフを検出する前の、前記ディスプレイ上での少なくとも第1の閾値量の前記フォーカスセレクタの移動に対応することを検出し、前記第2の接触の前記移動が、前記ディスプレイ上での少なくとも前記第1の閾値量の前記フォーカスセレクタの移動に対応することを検出することに応じて、前記第1のアクション項目の視覚的外観を変更し、前記第1のアクション項目の前記視覚的外観の変更の後に、前記第2の接触のリフトオフを検出し、前記第2の接触の前記リフトオフを検出することに応じて、前記第1のアクション項目の表示を有効にすることを停止し、前記第1のアクション項目により表される第1のアクションを実行する、ように構成された、請求項137又は138に記載の電子デバイス。

請求項140

前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の種類のオブジェクトであり、前記処理ユニットが、それぞれの方向への移動を含む前記第1の入力の第2の部分を検出し、前記第1の入力の終了を検出することに応じて、前記それぞれの方向への前記移動がそれぞれの移動閾値を満たすという判定に従って、前記それぞれの方向への移動に関連付けられた動作を実行し、前記それぞれの方向への前記移動が前記それぞれの移動閾値を満たさないという判定に従って、前記それぞれの方向への移動に関連付けられた前記動作の実行をやめる、ように構成された、請求項124に記載の電子デバイス。

請求項141

前記フォーカスセレクタの第1の方向への移動は第1のアクションに関連付けられ、前記フォーカスセレクタの第2の方向への移動は第2のアクションに関連付けられている、請求項140に記載の電子デバイス。

請求項142

前記フォーカスセレクタの前記第1の方向への移動は第1の閾値に関連付けられ、前記フォーカスセレクタの前記第2の方向への移動は前記第1の閾値より高い第2の閾値に関連付けられている、請求項141に記載の電子デバイス。

請求項143

前記処理ユニットが、前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記補足情報の表示を有効にすることを停止した後に、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの前記それぞれのユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の前記第1の強度閾値を下回る前記特性強度を有する第3の接触及び前記第3の接触のリフトオフを検出することを含む、第3の入力を検出し、前記第3の入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースを前記ディスプレイ上の前記それぞれのユーザインタフェース要素に関連付けられた第2のユーザインタフェースに置き換える、ように構成された、請求項124から142のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項144

前記第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトが、ウェブページ又は文書へのリンクを含む、請求項124から143のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項145

前記第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトが、接触可能なエンティティの表現を含む、請求項124から144のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項146

タッチ感知面、ディスプレイ、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える、電子デバイスにおいて、第1のユーザインタフェースであって、第1の外観を有する背景と、1つ以上の前景オブジェクトと、を含む、第1のユーザインタフェースを、前記ディスプレイ上に表示することと、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、第1のフォーカスセレクタが前記第1のユーザインタフェースの前記背景に対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にある間に、前記タッチ感知面上の第1の接触による第1の入力を検出することと、前記第1の接触による前記第1の入力を検出することに応じて、前記第1の接触が第1の強度閾値を上回る特性強度を有するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトの外観を変更せずに、少なくとも一部前記第1の接触の前記特性強度に基づいて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更することと、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更する間に、前記第1の接触による前記第1の入力の終了を検出することと、前記第1の接触による前記第1の入力の終了を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景を前記背景の前記第1の外観に戻すことと、を含む、方法。

請求項147

前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記動的変更が、少なくとも一部、前記ディスプレイ上の前記第1のフォーカスセレクタの位置に基づいている、請求項146に記載の方法。

請求項148

前記第1の入力が検出されるときに、前記電子デバイスが、前記デバイスがアンロック状態にあるときにアクセス可能な複数の異なる動作へのアクセスが妨げられるロックモードにある、請求項146又は147に記載の方法。

請求項149

前記背景が、前記デバイスの前記ロック状態及び前記デバイスの前記アンロック状態の両方に用いられ、前記ロック状態の間に、前記背景の前記外観が、前記第1の接触の前記特性強度に従って第1の外観から第2の外観に変更され、前記方法は、前記背景が前記第2の外観を有する間に、アンロック状態に入る要求を受け取ることと、前記アンロック状態に入る前記要求を受け取ることに応じて、前記アンロック状態に入ることと、前記アンロック状態に入った後に、前記第2の状態から前記第1の状態への前記背景の前記外観の遷移を表示することと、を含む、請求項148に記載の方法。

請求項150

前記第1の強度閾値が、前記電子デバイスのオペレーティングシステムに関連付けられており、前記電子デバイス上のそれぞれのアプリケーションのそれぞれの動作が、前記第1の強度閾値を満たすそれぞれの入力を検出することに応じてアクティブにされる、請求項146から149のいずれか一項に記載の方法。

請求項151

前記電子デバイス上のそれぞれのアプリケーションのそれぞれの動作が、第2の強度閾値を満たすそれぞれの入力を検出することに応じてアクティブにされ、前記背景の前記外観が、前記接触の前記特性強度が前記第1の強度閾値と前記第2の強度閾値との間であるときに、第1の仕方で変化し、前記背景の前記外観が、前記接触の前記特性強度が前記第2の強度閾値を上回るとき、前記第1の仕方と異なる第2の仕方で変化する、請求項150に記載の方法。

請求項152

前記1つ以上の前景オブジェクトのそれぞれの前景オブジェクトが、前記第1の強度閾値を下回る特性強度を有する接触による入力に応答する、請求項148から151のいずれか一項に記載の方法。

請求項153

前記電子デバイスの前記ロックモードを出る基準を満たす、第2の接触による第2の入力を検出することと、前記第2の接触による前記第2の入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースの表示を、前記ディスプレイ上の前記第1のユーザインタフェースとは別個の、第2のユーザインタフェースの表示に置き換えることと、を含み、前記第2のユーザインタフェースが、第1の外観を有する前記第2のユーザインタフェースの背景及び1つ以上の前景オブジェクトを含む、請求項148から152のいずれか一項に記載の方法。

請求項154

前記ディスプレイ上に前記第2のユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記第2のユーザインタフェースの前記背景に対応する前記第2のユーザインタフェース内の位置にある間に、前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有する、前記タッチ感知面上の第3の接触による、第3の入力を検出することと、前記第3の接触による前記第3の入力を検出することに応じて、前記第2のユーザインタフェースの前記背景の前記第1の外観を維持することと、を含む、請求項153に記載の方法。

請求項155

前記ディスプレイ上に前記第2のユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記第2のユーザインタフェースの前記背景に対応する前記第2のユーザインタフェース内の位置にある間に、前記タッチ感知面上の第4の接触による第4の入力を検出することと、前記第4の接触による前記第4の入力を検出することに応じて、前記第4の接触が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトの前記外観を変更せずに、前記第2のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更することと、を含み、前記第2のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記動的変更が、少なくとも一部前記第4の接触の前記特性強度に基づいている、請求項153に記載の方法。

請求項156

前記第2のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更する間に、前記第4の接触による前記第4の入力の終了を検出することと、前記第4の接触による前記第4の入力の終了を検出することに応じて、前記第2のユーザインタフェースの前記背景を前記第2のユーザインタフェースの前記背景の前記第1の外観に戻すことと、を含む、請求項155に記載の方法。

請求項157

前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記変更が、背景オブジェクト間の間隔の変更、前記第1の接触の位置に対する背景オブジェクトの半径方向の位置の変更、背景オブジェクトの不透明度の変更、背景オブジェクトの色の変更、背景オブジェクトのシミュレーションされた深さ若しくはフォーカスの変更、背景オブジェクトのコントラストの変更、及び/又は背景オブジェクトの輝度の変更を含む、請求項146から156のいずれか一項に記載の方法。

請求項158

前記第1のユーザインタフェースの前記背景が、幾何学的又は抽象的パターンを含む、請求項146から157のいずれか一項に記載の方法。

請求項159

前記第1のユーザインタフェースの前記背景が、連続画像内の代表的な画像を含み、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更することが、少なくとも一部前記第1の接触の前記特性強度に基づいて、前記連続画像の少なくともいくつかを順に表示することを含む、請求項146から158のいずれか一項に記載の方法。

請求項160

前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記変更が、前記フォーカスセレクタから発する、背景オブジェクトに加えられるさざなみ効果を含む、請求項146から158のいずれか一項に記載の方法。

請求項161

前記第1のユーザインタフェースの前記背景を前記背景の前記第1の外観に戻すことが、前記第1のユーザインタフェースの前記背景のオブジェクトの表示を、前記第1の接触による前記入力の終了を検出する直前に検出された前記第1の接触の前記特性強度の減少速度に基づくシミュレーションされた慣性を伴って、前記第1のユーザインタフェースの前記背景内の前記オブジェクトの第1の外観に戻すことを含む、請求項146から158のいずれか一項に記載の方法。

請求項162

前記第1の接触による前記第1の入力を検出する間に、前記第1の接触が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有すると判定した後に、前記第1の接触の前記特性強度の減少を検出し、前記第1の接触の前記特性強度の前記減少を検出することに応じて、前記第1の接触の前記特性強度の前記検出された減少の間の前記第1の接触の前記特性強度の変化速度が、第1の変化速度閾値を上回らないという判定に従って、前記第1の接触の前記特性強度の前記変化速度に基づいて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記変更を動的に反転し、前記第1の接触の前記特性強度の前記検出された減少の間の前記第1の接触の前記特性強度の変化速度が、第1の変化速度閾値を上回るという判定に従って、前記第1の接触の前記特性強度の前記変化速度に依存せずに、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記変更の反転をアニメーションすること、を含む、請求項146から158のいずれか一項に記載の方法。

請求項163

前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記動的変更が、前記第1の接触の前記特性強度の正の変化速度に一部基づいている、請求項146から162のいずれか一項に記載の方法。

請求項164

前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記動的変更の大きさが、前記第1の接触による衝撃力の検出に従い減衰する、請求項146から163のいずれか一項に記載の方法。

請求項165

前記第1の接触による前記第1の入力を検出する間に、前記第1の接触が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有すると判定した後に、前記第1の接触の前記特性強度の前記第1の強度閾値を下回る減少を検出し、前記第1の接触の前記特性強度の前記第1の強度閾値を下回る前記減少を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を少なくとも一部前記第1の接触の前記特性強度に基づいて動的に変更することを継続すること、を含む、請求項146から164のいずれか一項に記載の方法。

請求項166

前記第1のユーザインタフェースの前記背景を前記背景の前記第1の外観に戻すことが、前記第1の入力の終了の前の前記第1の接触の前記特性強度の前記減少の変化速度に基づいている、請求項146から165のいずれか一項に記載の方法。

請求項167

前記第1の接触による前記第1の入力を検出することを継続する間に、前記第1の接触が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有すると判定した後に、前記タッチ感知面上の前記第1の接触の移動を検出し、前記第1の接触の前記移動を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記変更を、前記タッチ感知面上の前記第1の接触の前記移動に基づいて動的に更新すること、を含む、請求項146から166のいずれか一項に記載の方法。

請求項168

前記第1の接触が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有すると判定した後に、前記タッチ感知面上の前記第1の接触の移動を検出する前に、前記接触の前記特性強度の前記第1の強度閾値を下回る減少を検出することを含む、請求項167に記載の方法。

請求項169

前記第1の接触による前記入力を検出することに応じて、前記第1の接触が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトのそれぞれの前景オブジェクトの前記外観を変更せずに、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の態様を変更することを含み、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記態様の前記変更が、前記背景内の前記フォーカスセレクタの前記位置に依存しない、請求項146から168のいずれか一項に記載の方法。

請求項170

前記タッチ感知面上の前記第1の接触による前記第1の入力を検出する間に、第2のフォーカスセレクタが前記ユーザインタフェースの前記背景に対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にある間に、前記タッチ感知面上の第2の接触による第2の入力を検出することと、前記第2の接触による前記第2の入力を検出することに応じて、前記第2の接触が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有しないという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトのそれぞれの前景オブジェクトの前記外観を変更せずに、少なくとも一部前記第1の接触の前記特性強度に基づいて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更し、前記第2の接触が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトのそれぞれの前景オブジェクトの前記外観を変更せずに、少なくとも一部、前記第1の接触の前記特性強度、前記第2の接触の前記特性強度、並びに前記ディスプレイ上の前記第1及び第2のフォーカスセレクタの位置に基づいて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更することと、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更する間に、前記第1の接触による前記第1の入力の終了及び前記第2の接触による前記第2の入力の終了を検出することと、前記第1の接触による前記第1の入力の終了及び前記第2の接触による前記第2の入力の終了を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景を前記背景の前記第1の外観に戻すことと、を含む、請求項146から169のいずれか一項に記載の方法。

請求項171

前記タッチ感知面上の前記第1の接触による前記第1の入力を検出することに応じて、前記第1の入力が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有しないという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記第1の外観を維持することを含む、請求項146から170のいずれか一項に記載の方法。

請求項172

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリ内に記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成され、前記1つ以上のプログラムは、第1のユーザインタフェースであって、第1の外観を有する背景と、1つ以上の前景オブジェクトと、を含む、第1のユーザインタフェースを、前記ディスプレイ上に表示し、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、第1のフォーカスセレクタが前記第1のユーザインタフェースの前記背景に対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にある間に、前記タッチ感知面上の第1の接触による第1の入力を検出し、前記第1の接触による前記第1の入力を検出することに応じて、前記第1の接触が第1の強度閾値を上回る特性強度を有するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトの外観を変更せずに、少なくとも一部前記第1の接触の前記特性強度に基づいて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更し、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更する間に、前記第1の接触による前記第1の入力の終了を検出し、前記第1の接触による前記第1の入力の終了を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景を前記背景の前記第1の外観に戻す、ための命令を含む、電子デバイス。

請求項173

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出する1つ以上のセンサを備えた電子デバイスによって実行されたとき、前記デバイスに、第1のユーザインタフェースであって、第1の外観を有する背景と、1つ以上の前景オブジェクトと、を含む、第1のユーザインタフェースを、前記ディスプレイ上に表示させ、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、第1のフォーカスセレクタが前記第1のユーザインタフェースの前記背景に対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にある間に、前記タッチ感知面上の第1の接触による第1の入力を検出させ、前記第1の接触による前記第1の入力を検出することに応じて、前記第1の接触が第1の強度閾値を上回る特性強度を有するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトの外観を変更せずに、少なくとも一部前記第1の接触の前記特性強度に基づいて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更させ、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更する間に、前記第1の接触による前記第1の入力の終了を検出させ、前記第1の接触による前記第1の入力の終了を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景を前記背景の前記第1の外観に戻させる、命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項174

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、第1のユーザインタフェースであって、第1の外観を有する背景と、1つ以上の前景オブジェクトと、を含む、第1のユーザインタフェースを、前記ディスプレイ上に表示するための手段と、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、第1のフォーカスセレクタが前記第1のユーザインタフェースの前記背景に対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にある間に、前記タッチ感知面上の第1の接触による第1の入力を検出するための手段と、前記第1の接触による前記第1の入力を検出することに応じて、前記第1の接触が第1の強度閾値を上回る特性強度を有するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトの外観を変更せずに、少なくとも一部前記第1の接触の前記特性強度に基づいて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更するための手段と、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更する間に、前記第1の接触による前記第1の入力の終了を検出するための手段と、前記第1の接触による前記第1の入力の終了を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景を前記背景の前記第1の外観に戻すための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項175

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムが、前記メモリに記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成されており、前記1つ以上のプログラムが、請求項146から171に記載の前記方法のいずれかを実行するための命令を含む、電子デバイス。

請求項176

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスによって実行されると、前記デバイスに、請求項146から171に記載の前記方法のいずれかを実行させる命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項177

ディスプレイ、タッチ感知面、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、メモリ、及び前記メモリ内に記憶された1つ以上のプログラムを実行するための1つ以上のプロセッサを備える電子デバイス上の、グラフィカルユーザインタフェースであって、請求項146から171に記載の前記方法のいずれかに従って表示されるユーザインタフェースを備える、グラフィカルユーザインタフェース。

請求項178

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、請求項146から171に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項179

電子デバイスであって、ユーザインタフェース、背景、及び前景オブジェクトを表示するように構成されたディスプレイユニットと、入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、前記タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された、1つ以上のセンサユニットと、前記ディスプレイユニット、前記タッチ感知面ユニット及び前記1つ以上のセンサユニットに結合された処理ユニットと、を備え、前記処理ユニットが、第1のユーザインタフェースであって、第1の外観を有する背景と、1つ以上の前景オブジェクトと、を含む、第1のユーザインタフェースの、前記ディスプレイ上への表示を有効にし、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、第1のフォーカスセレクタが前記第1のユーザインタフェースの前記背景に対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にある間に、前記タッチ感知面ユニット上の第1の接触による第1の入力を検出し、前記第1の接触による前記第1の入力を検出することに応じて、前記第1の接触が第1の強度閾値を上回る特性強度を有するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトの外観を変更せずに、少なくとも一部前記第1の接触の前記特性強度に基づいて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更し、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更する間に、前記第1の接触による前記第1の入力の終了を検出し、前記第1の接触による前記第1の入力の終了を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景を前記背景の前記第1の外観に戻す、ように構成された、電子デバイス。

請求項180

前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記動的変更が、少なくとも一部、前記ディスプレイ上の前記第1のフォーカスセレクタの位置に基づいている、請求項179に記載の電子デバイス。

請求項181

前記第1の入力が検出されるときに、前記電子デバイスが、前記デバイスがアンロック状態にあるときにアクセス可能な複数の異なる動作へのアクセスが妨げられるロックモードにある、請求項179又は180に記載の電子デバイス。

請求項182

前記背景が、前記デバイスの前記ロック状態及び前記デバイスの前記アンロック状態の両方に用いられ、前記ロック状態の間に、前記背景の前記外観が、前記第1の接触の前記特性強度に従って第1の外観から第2の外観に変更され、前記処理ユニットが、前記背景が前記第2の外観を有する間に、アンロック状態に入る要求を受け取り、前記アンロック状態に入る前記要求を受け取ることに応じて、前記アンロック状態に入り、前記アンロック状態に入った後、前記第2の状態から前記第1の状態への前記背景の前記外観の遷移を表示することを有効にする、ように構成された、請求項181に記載の電子デバイス。

請求項183

前記第1の強度閾値が、前記電子デバイスのオペレーティングシステムに関連付けられており、前記電子デバイス上のそれぞれのアプリケーションのそれぞれの動作が、前記第1の強度閾値を満たすそれぞれの入力を検出することに応じてアクティブにされる、請求項179から182のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項184

前記電子デバイス上のそれぞれのアプリケーションのそれぞれの動作は、第2の強度閾値を満たすそれぞれの入力を検出することに応じてアクティブにされ、前記背景の前記外観が、前記接触の前記特性強度が前記第1の強度閾値と前記第2の強度閾値との間であるときに、第1の仕方で変化し、前記背景の前記外観が、前記接触の前記特性強度が前記第2の強度閾値を上回るときに、前記第1の仕方と異なる第2の仕方で変化する、請求項183に記載の電子デバイス。

請求項185

前記1つ以上の前景オブジェクトのそれぞれの前景オブジェクトが、前記第1の強度閾値を下回る特性強度を有する接触による入力に応答する、請求項148から184のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項186

前記処理ユニットが、前記電子デバイスの前記ロックモードを出る基準を満たす、第2の接触による第2の入力を検出し、前記第2の接触による前記第2の入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースの表示を、前記ディスプレイ上の前記第1のユーザインタフェースとは別個の第2のユーザインタフェースの表示に置き換える、ように構成され、前記第2のユーザインタフェースが、第1の外観を有する前記第2のユーザインタフェースの背景及び1つ以上の前景オブジェクトを含む、請求項148から185のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項187

前記処理ユニットが、前記ディスプレイ上に前記第2のユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記第2のユーザインタフェースの前記背景に対応する前記第2のユーザインタフェース内の位置にある間に、前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有する、前記タッチ感知面ユニット上の第3の接触による、第3の入力を検出し、前記第3の接触による前記第3の入力を検出することに応じて、前記第2のユーザインタフェースの前記背景の前記第1の外観を維持する、ように構成された、請求項186に記載の電子デバイス。

請求項188

前記処理ユニットが、前記ディスプレイ上に前記第2のユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記第2のユーザインタフェースの前記背景に対応する前記第2のユーザインタフェース内の位置にある間に、前記タッチ感知面ユニット上の第4の接触による第4の入力を検出し、前記第4の接触による前記第4の入力を検出することに応じて、前記第4の接触が第1の強度閾値を上回る特性強度を有するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトの前記外観を変更せずに、前記第2のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更する、ように構成され、前記第2のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記動的変更が、少なくとも一部前記第4の接触の前記特性強度に基づいている、請求項186に記載の電子デバイス。

請求項189

前記処理ユニットが、前記第2のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更する間に、前記第4の接触による前記第4の入力の終了を検出し、前記第4の接触による前記第4の入力の終了を検出することに応じて、前記第2のユーザインタフェースの前記背景を、前記第2のユーザインタフェースの前記背景の前記第1の外観に戻す、ように構成された、請求項188に記載の電子デバイス。

請求項190

前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記変更が、背景オブジェクト間の間隔の変更、前記第1の接触の位置に対する背景オブジェクトの半径方向の位置の変更、背景オブジェクトの不透明度の変更、背景オブジェクトの色の変更、背景オブジェクトのシミュレーションされた深さ若しくはフォーカスの変更、背景オブジェクトのコントラストの変更、及び/又は背景オブジェクトの輝度の変更を含む、請求項179から189のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項191

前記第1のユーザインタフェースの前記背景が、幾何学的又は抽象的パターンを含む、請求項179から190のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項192

前記第1のユーザインタフェースの前記背景が、連続画像内の代表的な画像を含み、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更することが、少なくとも一部前記第1の接触の前記特性強度に基づいて、前記連続画像の少なくともいくつかを順に表示することを含む、請求項179から191のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項193

前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記変更が、前記フォーカスセレクタから発する、背景オブジェクトに加えられるさざなみ効果を含む、請求項179から191のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項194

前記第1のユーザインタフェースの前記背景を前記背景の前記第1の外観に戻すことが、前記第1のユーザインタフェースの前記背景のオブジェクトの表示を、前記第1の接触による前記入力の終了を検出する直前に検出された前記第1の接触の前記特性強度の減少速度に基づくシミュレーションされた慣性を伴って、前記第1のユーザインタフェースの前記背景内の前記オブジェクトの第1の外観に戻すことを含む、請求項179から191のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項195

前記処理ユニットが、前記第1の接触による前記第1の入力を検出する間に、前記第1の接触が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有すると判定した後に、前記第1の接触の前記特性強度の減少を検出し、前記第1の接触の前記特性強度の前記減少を検出することに応じて、前記第1の接触の前記特性強度の前記検出された減少の間の前記第1の接触の前記特性強度の変化速度が、第1の変化速度閾値を上回らないという判定に従って、前記第1の接触の前記特性強度の前記変化速度に基づいて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記変更を動的に反転し、前記第1の接触の前記特性強度の前記検出された減少の間の前記第1の接触の前記特性強度の変化速度が、第1の変化速度閾値を上回るという判定に従って、前記第1の接触の前記特性強度の前記変化速度に依存せず、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記変更の反転をアニメーションする、ように構成された、請求項179から191のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項196

前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記動的変更が、前記第1の接触の前記特性強度の正の変化速度に一部基づいている、請求項179から195のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項197

前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記動的変更の大きさが、前記第1の接触による衝撃力の検出に従い減衰する、請求項179から196のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項198

前記処理ユニットが、前記第1の接触による前記第1の入力を検出する間に、前記第1の接触が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有すると判定した後に、前記第1の接触の前記特性強度の前記第1の強度閾値を下回る減少を検出し、前記第1の接触の前記特性強度の前記第1の強度閾値を下回る前記減少を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を、少なくとも一部前記第1の接触の前記特性強度に基づいて動的に変更することを継続する、ように構成された、請求項179から197のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項199

前記第1のユーザインタフェースの前記背景を前記背景の前記第1の外観に戻すことが、前記第1の入力の終了の前の前記第1の接触の前記特性強度の前記減少の変化速度に基づいている、請求項179から198のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項200

前記処理ユニットが、前記第1の接触による前記第1の入力を検出することを継続する間に、前記第1の接触が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有すると判定した後に、前記タッチ感知面ユニット上の前記第1の接触の移動を検出し、前記第1の接触の前記移動を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記変更を、前記タッチ感知面ユニット上の前記第1の接触の前記移動に基づいて動的に更新する、ように構成された、請求項179から199のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項201

前記処理ユニットが、前記第1の接触が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有すると判定した後、前記タッチ感知面ユニット上の前記第1の接触の移動を検出する前に、前記接触の前記特性強度の前記第1の強度閾値を下回る減少を検出するように構成された、請求項200に記載の電子デバイス。

請求項202

前記処理ユニットが、前記第1の接触による前記入力を検出することに応じて、前記第1の接触が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトのそれぞれの前景オブジェクトの前記外観を変更せずに、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の態様を変更するように構成され、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記態様の前記変更が、前記背景内の前記フォーカスセレクタの前記位置に依存しない、請求項179から201のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項203

前記処理ユニットが、前記タッチ感知面ユニット上の前記第1の接触による前記第1の入力を検出する間に、第2のフォーカスセレクタが前記ユーザインタフェースの前記背景に対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にある間に、前記タッチ感知面ユニット上の第2の接触による第2の入力を検出し、前記第2の接触による前記第2の入力を検出することに応じて、前記第2の接触が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有しないという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトのそれぞれの前景オブジェクトの前記外観を変更せずに、少なくとも一部前記第1の接触の前記特性強度に基づいて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更し、前記第2の接触が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトのそれぞれの前景オブジェクトの前記外観を変更せずに、少なくとも一部、前記第1の接触の前記特性強度、前記第2の接触の前記特性強度、並びに前記ディスプレイ上の前記第1及び第2のフォーカスセレクタの位置に基づいて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更し、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更する間に、前記第1の接触による前記第1の入力の終了及び前記第2の接触による前記第2の入力の終了を検出し、前記第1の接触による前記第1の入力の終了及び前記第2の接触による前記第2の入力の終了を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景を前記背景の前記第1の外観に戻す、ように構成された、請求項179から202のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項204

前記処理ユニットが、前記タッチ感知面ユニット上の前記第1の接触による前記第1の入力を検出することに応じて、前記第1の入力が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有しないという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記第1の外観を維持するように構成された、請求項179から203のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項205

タッチ感知面、ディスプレイ、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える、電子デバイスにおいて、第1のユーザインタフェースであって、第1の外観を有する背景と、1つ以上の前景オブジェクトと、を含む、第1のユーザインタフェースを、前記ディスプレイ上に表示することと、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、前記タッチ感知面上の、第1の強度閾値を上回る特性強度を有する、第1の接触による入力を検出することと、前記第1の接触による前記入力を検出することに応じて、前記入力の間フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェースの前記背景に対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトの外観を変更せずに、少なくとも一部前記第1の接触の前記特性強度に基づいて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更し、フォーカスセレクタが前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトのそれぞれの前景オブジェクトに対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記第1の外観を維持することと、を含む、方法。

請求項206

前記入力が検出されるときに、前記電子デバイスが、前記デバイスがアンロック状態にあるときにアクセス可能な複数の異なる動作へのアクセスが妨げられるロックモードにある、請求項205に記載の方法。

請求項207

前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更する間に、前記第1の接触による前記入力の終了を検出することと、前記第1の接触による前記入力の終了を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景を前記背景の前記第1の外観に戻すことと、を含む、請求項205又は206に記載の方法。

請求項208

前記第1の接触による前記入力が、前記入力の第1の部分を含み、前記タッチ感知面上の前記第1の接触による前記入力を検出することは、前記第1の入力の前記第1の部分を検出することを含み、前記方法は、前記入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記入力の前記第1の部分の間、前記フォーカスセレクタが前記1つ以上の前景オブジェクトのうちの第1の前景オブジェクトに対応する、前記第1のユーザインタフェース内の位置にあることと、前記入力の前記第1の部分がプレビュー基準を満たすという判定に従って、プレビューエリアを前記第1のユーザインタフェースの前記背景の少なくともいくらかの上に重ね合わせて表示することと、を含む、請求項205から207のいずれか一項に記載の方法。

請求項209

前記第1の入力の前記第1の部分を検出した後、前記第1の接触による前記入力の第2の部分を検出することと、前記第1の接触による前記入力の前記第2の部分を検出することに応じて、前記第1の接触による前記入力の前記第2の部分が、ユーザインタフェース置換基準を満たすという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース及び前記重ね合わせたプレビューエリアの表示を、前記第1の前景オブジェクトに関連付けられた第2のユーザインタフェースの表示と置き換え、前記接触による前記入力の前記第2の部分がプレビューエリア消滅基準を満たすという判定に従って、前記入力が終了した後、前記プレビューエリアの表示を停止し、前記第1のユーザインタフェースを表示することと、を含む、請求項208に記載の方法。

請求項210

前記第1の接触による前記入力を検出することに応じて、前記フォーカスセレクタが前記1つ以上の前景オブジェクトの第2の前景オブジェクトに対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にあるという判定に従って、前記第2の前景オブジェクトに関連付けられた追加情報を表示することと、それぞれの第2の前景オブジェクトに関連付けられた前記追加情報を表示する間に、前記第1の接触による前記入力の終了を検出することと、前記第1の接触による前記入力の終了を検出することに応じて、前記第2の前景オブジェクトに関連付けられた前記追加情報の表示を停止することと、を含む、請求項205から209のいずれか一項に記載の方法。

請求項211

前記第2の前景オブジェクトが、通知であり、前記第2の前景オブジェクトを展開することは、前記通知に関連付けられた追加のコンテンツを表示することを含む、請求項210に記載の方法。

請求項212

前記第2の前景オブジェクトが、日付及び/又は時刻の表現であり、前記第2の前景オブジェクトを展開することは、前記日付及び/又は時刻に対応する、前記デバイスのユーザの期待されるアクティビティに関する情報を表示することを含む、請求項210に記載の方法。

請求項213

前記第1の接触による前記入力を検出することに応じて、前記フォーカスセレクタが前記1つ以上の前景オブジェクトの第3の前景オブジェクトに対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にあるという判定に従って、メニューエリアを前記第1のユーザインタフェースの前記背景の少なくともいくらかの上に重ね合わせて表示することを含み、前記メニューエリアは、前記第3の前景オブジェクトに対応する第1のアプリケーションにより実行される複数の選択可能なアクションを表示する、請求項205から212のいずれか一項に記載の方法。

請求項214

前記第3の前景オブジェクトが、示唆されるアプリケーションの表現であり、前記メニューエリアが、追加の示唆されるアプリケーションの表現を含む、請求項213に記載の方法。

請求項215

前記第3の前景オブジェクトが、示唆されるアプリケーションの表現であり、前記メニューエリアが、前記示唆されるアプリケーションに関連付けられたアクションの表現を含む、請求項213に記載の方法。

請求項216

前記第3の前景オブジェクトが、メディアキャプチャアプリケーションの表現であり、前記メニューエリアが、前記メディアキャプチャアプリケーションのための追加の動作モードの表現を含む、請求項213に記載の方法。

請求項217

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリ内に記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成され、前記1つ以上のプログラムは、第1のユーザインタフェースであって、第1の外観を有する背景と、1つ以上の前景オブジェクトと、を含む、第1のユーザインタフェースを、前記ディスプレイ上に表示し、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、前記タッチ感知面上の、第1の強度閾値を上回る特性強度を有する、第1の接触による入力を検出し、前記第1の接触による前記入力を検出することに応じて、前記入力の間フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェースの前記背景に対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトの外観を変更せずに、少なくとも一部前記第1の接触の前記特性強度に基づいて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更し、フォーカスセレクタが前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトのそれぞれの前景オブジェクトに対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記第1の外観を維持する、ための命令を含む、電子デバイス。

請求項218

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出する1つ以上のセンサを備えた電子デバイスによって実行されたとき、前記デバイスに、第1のユーザインタフェースであって、第1の外観を有する背景と、1つ以上の前景オブジェクトと、を含む、第1のユーザインタフェースを、前記ディスプレイ上に表示させ、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、前記タッチ感知面上の、第1の強度閾値を上回る特性強度を有する、第1の接触による入力を検出させ、前記第1の接触による前記入力を検出することに応じて、前記入力の間フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェースの前記背景に対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトの外観を変更せずに、少なくとも一部前記第1の接触の前記特性強度に基づいて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更させ、フォーカスセレクタが前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトのそれぞれの前景オブジェクトに対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記第1の外観を維持させる、命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項219

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、第1のユーザインタフェースであって、第1の外観を有する背景と、1つ以上の前景オブジェクトと、を含む、第1のユーザインタフェースを、前記ディスプレイ上に表示するための手段と、前記ディスプレイ上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、前記タッチ感知面上の、第1の強度閾値を上回る特性強度を有する、第1の接触による入力を検出するための手段と、前記第1の接触による前記入力を検出することに応じて、前記入力の間フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェースの前記背景に対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトの外観を変更せずに、少なくとも一部前記第1の接触の前記特性強度に基づいて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更するための手段と、フォーカスセレクタが前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトのそれぞれの前景オブジェクトに対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記第1の外観を維持するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項220

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムが、前記メモリに記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成されており、前記1つ以上のプログラムが、請求項205から216に記載の前記方法のいずれかを実行するための命令を含む、電子デバイス。

請求項221

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスによって実行されると、前記デバイスに、請求項205から216に記載の前記方法のいずれかを実行させる命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項222

ディスプレイ、タッチ感知面、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、メモリ、及び前記メモリ内に記憶された1つ以上のプログラムを実行するための1つ以上のプロセッサを備える電子デバイス上の、グラフィカルユーザインタフェースであって、請求項205から216に記載の前記方法のいずれかに従って表示されるユーザインタフェースを備える、グラフィカルユーザインタフェース。

請求項223

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、請求項205から216に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項224

電子デバイスであって、ユーザインタフェース、背景、及び前景オブジェクトを表示するように構成されたディスプレイユニットと、入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、前記タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された、1つ以上のセンサユニットと、前記ディスプレイユニット、前記タッチ感知面ユニット及び前記1つ以上のセンサユニットに結合された処理ユニットと、を備え、前記処理ユニットが、第1のユーザインタフェースであって、第1の外観を有する背景と、1つ以上の前景オブジェクトと、を含む、第1のユーザインタフェースの、前記ディスプレイユニット上への表示を有効にし、前記ディスプレイユニット上に前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、前記タッチ感知面ユニット上の、第1の強度閾値を上回る特性強度を有する、第1の接触による入力を検出し、前記第1の接触による前記入力を検出することに応じて、前記入力の間フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェースの前記背景に対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトの外観を変更せずに、少なくとも一部前記第1の接触の前記特性強度に基づいて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更し、フォーカスセレクタが前記第1のユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトのそれぞれの前景オブジェクトに対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記第1の外観を維持する、ように構成された、電子デバイス。

請求項225

前記入力が検出されるときに、前記電子デバイスが、前記デバイスがアンロック状態にあるときにアクセス可能な複数の異なる動作へのアクセスが妨げられるロックモードにある、請求項224に記載の電子デバイス。

請求項226

前記処理ユニットが、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更する間に、前記第1の接触による前記入力の終了を検出し、前記第1の接触による前記入力の終了を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースの前記背景を前記背景の前記第1の外観に戻す、ように構成された、請求項205から225のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項227

前記第1の接触による前記入力が、前記入力の第1の部分を含み、前記タッチ感知面ユニット上の前記第1の接触による前記入力を検出することが、前記第1の入力の前記第1の部分を検出することを含み、前記処理ユニットが、前記入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記入力の前記第1の部分の間前記フォーカスセレクタが前記1つ以上の前景オブジェクトの第1の前景オブジェクトに対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にあること、及び、前記入力の前記第1の部分がプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の少なくともいくらかの上に重ね合わせたプレビューエリアの表示を有効にする、ように構成された、請求項205から226のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項228

前記処理ユニットが、前記第1の入力の前記第1の部分を検出した後、前記第1の接触による前記入力の第2の部分を検出し、前記第1の接触による前記入力の前記第2の部分を検出することに応じて、前記第1の接触による前記入力の前記第2の部分が、ユーザインタフェース置換基準を満たすという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース及び前記重ね合わせたプレビューエリアの表示を前記第1の前景オブジェクトに関連付けられた第2のユーザインタフェースの表示と置き換え、前記接触による前記入力の前記第2の部分がプレビューエリア消滅基準を満たすという判定に従って、前記入力が終了した後、前記プレビューエリアの表示を停止し、前記第1のユーザインタフェースの表示を有効にする、ように構成された、請求項227に記載の電子デバイス。

請求項229

前記処理ユニットが、前記第1の接触による前記入力を検出することに応じて、前記フォーカスセレクタが前記1つ以上の前景オブジェクトの第2の前景オブジェクトに対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にあるという判定に従って、前記第2の前景オブジェクトに関連付けられた追加情報の表示を有効にし、それぞれの第2の前景オブジェクトに関連付けられた前記追加情報を表示する間に、前記第1の接触による前記入力の終了を検出し、前記第1の接触による前記入力の終了を検出することに応じて、前記第2の前景オブジェクトに関連付けられた前記追加情報の表示を停止する、ように構成された、請求項205から228のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項230

前記第2の前景オブジェクトが、通知であり、前記第2の前景オブジェクトを展開することは、前記通知に関連付けられた追加のコンテンツを表示することを含む、請求項229に記載の電子デバイス。

請求項231

前記第2の前景オブジェクトが、日付及び/又は時刻の表現であり、前記第2の前景オブジェクトを展開することは、前記日付及び/又は時刻に対応する、前記デバイスのユーザの期待されるアクティビティに関する情報を表示することを含む、請求項229に記載の電子デバイス。

請求項232

前記処理ユニットが、前記第1の接触による前記入力を検出することに応じて、前記フォーカスセレクタが前記1つ以上の前景オブジェクトの第3の前景オブジェクトに対応する前記第1のユーザインタフェース内の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースの前記背景の少なくともいくらかの上に重ね合わせたメニューエリアの表示を有効にする、ように構成され、前記メニューエリアが、前記第3の前景オブジェクトに対応する第1のアプリケーションにより実行される複数の選択可能なアクションを表示する、請求項205から231のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項233

前記第3の前景オブジェクトが、示唆されるアプリケーションの表現であり、前記メニューエリアが、追加の示唆されるアプリケーションの表現を含む、請求項232に記載の電子デバイス。

請求項234

前記第3の前景オブジェクトが、示唆されるアプリケーションの表現であり、前記メニューエリアが、前記示唆されるアプリケーションに関連付けられたアクションの表現を含む、請求項232に記載の電子デバイス。

請求項235

前記第3の前景オブジェクトが、メディアキャプチャアプリケーションの表現であり、前記メニューエリアが、前記メディアキャプチャアプリケーションのための追加の動作モードの表現を含む、請求項232に記載の電子デバイス。

請求項236

1つ以上のプロセッサ、メモリ、タッチ感知面、ディスプレイ、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える、電子デバイスにおいて、第1のユーザインタフェースであって、背景を含み、前記背景の一部分に重なる前景エリアを含み、前記前景エリアが、複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースを、前記ディスプレイ上に表示することと、第1のフォーカスセレクタが、前記前景エリア内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の第1のユーザインタフェースオブジェクトにある間に、前記タッチ感知面上の接触による入力を検出することと、前記接触による前記入力を検出することに応じて、前記接触による前記入力が、前記接触の特性強度が前記入力の間第1の強度閾値を下回っているとき満たされる基準を含む、1つ以上の第1の押圧基準を満たすという判定に従って、前記前景エリア内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する第1の所定のアクションを実行し、前記接触による前記入力が、前記接触の前記特性強度が前記入力の間に前記第1の強度閾値を上回って増大するとき満たされる基準を含む、1つ以上の第2の押圧基準を満たすという判定に従って、前記第1の所定のアクションとは別個の、前記前景エリア内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する第2のアクションを実行することと、を含む、方法。

請求項237

前記入力が検出されるときに、前記電子デバイスが、前記デバイスがアンロック状態にあるときにアクセス可能な複数の異なる動作へのアクセスが妨げられるロックモードにある、請求項236に記載の方法。

請求項238

前記第1の所定のアクションが、前記前景エリア内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する設定を変更する、請求項236又は237に記載の方法。

請求項239

前記第1の所定のアクションが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応するアプリケーションを開く、請求項236又は237に記載の方法。

請求項240

前記第2の所定のアクションが、前記前景の一部分に重ね合わせてメニューエリアを表示し、前記メニューエリアが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応するアプリケーションにより実行される1つ以上の選択可能なアクションを表示する、請求項236から239のいずれか一項に記載の方法。

請求項241

前記接触による前記入力を検出することに応じて、前記接触による前記入力が、前記入力の間に前記接触の特性強度が前記第1の強度閾値より大きい第2の強度閾値を上回って増大するとき満たされる基準を含む、1つ以上の第3の押圧基準を満たすという判定に従って、前記第1の所定のアクション及び前記第2の所定のアクションとは別個の、前記前景エリア内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する第3の所定のアクションを実行することを含む、請求項236から240のいずれか一項に記載の方法。

請求項242

前記前景エリアを表示する前に、第1のユーザインタフェースであって、第1の外観を有する背景と、1つ以上の前景オブジェクトと、を含む、ロックスクリーンユーザインタフェースである前記第1のユーザインタフェースを、前記ディスプレイ上に表示することと、前記ディスプレイ上に前記ロックスクリーンユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記ロックスクリーンユーザインタフェースの前記背景に対応する前記ロックスクリーンユーザインタフェース内の位置にある間に、前記タッチ感知面上の第2の接触による入力を検出することと、前記第2の接触による前記入力を検出することに応じて、前記第2の接触が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有するという判定に従って、前記ロックスクリーンユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトの外観を変更せずに、前記ロックスクリーンユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更することと、を含み、前記ロックスクリーンユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記動的変更は、少なくとも一部前記第2の接触の前記特性強度に基づいている、請求項236から241のいずれか一項に記載の方法。

請求項243

前記前景エリアが、前記タッチ感知面の端部から開始されるジェスチャを検出することに応じて、前記背景の前記部分に重ね合わせて表示される、請求項236から242のいずれか一項に記載の方法。

請求項244

前記第1の所定のアクションが、無線接続トグルすることを含み、前記第2の所定のアクションが、接続する無線ネットワークを選択するためのユーザインタフェースを表示することを含む、請求項236から243のいずれか一項に記載の方法。

請求項245

前記第1の所定のアクションが、限定通知動作モードをトグルすることを含み、前記第2の所定のアクションが、前記限定通知動作モードに関連付けられたタイマを設定するためのユーザインタフェースを表示することを含む、請求項236から243のいずれか一項に記載の方法。

請求項246

前記第1の所定のアクションが、フラッシュライト機能をトグルすることを含み、前記第2の所定のアクションが、前記フラッシュライト機能のための動作モードを選択するためのユーザインタフェースを表示することを含む、請求項236から243のいずれか一項に記載の方法。

請求項247

前記第1の所定のアクションが、タイマアプリケーションを起動することを含み、前記第2の所定のアクションが、前記タイマアプリケーションを起動せずにタイマ管理動作を実行するためのユーザインタフェースを表示することを含む、請求項236から243のいずれか一項に記載の方法。

請求項248

前記第1の所定のアクションが、アラームアプリケーションを起動することを含み、前記第2の所定のアクションが、前記アラームアプリケーションを起動せずにアラーム管理動作を実行するためのユーザインタフェースを表示することを含む、請求項236から243のいずれか一項に記載の方法。

請求項249

前記第1の所定のアクションが、対応するアプリケーションを起動することを含み、前記第2の所定のアクションが、前記対応するアプリケーションを起動せずに前記対応するアプリケーションに関連付けられた動作を実行するためのユーザインタフェースを表示することを含む、請求項236から243のいずれか一項に記載の方法。

請求項250

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリに記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成され、前記1つ以上のプログラムは、第1のユーザインタフェースであって、背景を含み、前記背景の一部分に重なる前景エリアを含み、前記前景エリアが、複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースを、前記ディスプレイ上に表示し、第1のフォーカスセレクタが、前記前景エリア内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の第1のユーザインタフェースオブジェクトにある間に、前記タッチ感知面上の接触による入力を検出し、前記接触による前記入力を検出することに応じて、前記接触による前記入力が、前記接触の特性強度が前記入力の間第1の強度閾値を下回っているとき満たされる基準を含む、1つ以上の第1の押圧基準を満たすという判定に従って、前記前景エリア内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する第1の所定のアクションを実行し、前記接触による前記入力が、前記接触の前記特性強度が前記入力の間に前記第1の強度閾値を上回って増大するとき満たされる基準を含む、1つ以上の第2の押圧基準を満たすという判定に従って、前記第1の所定のアクションとは別個の、前記前景エリア内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する第2のアクションを実行する、ための命令を含む、電子デバイス。

請求項251

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出する1つ以上のセンサを備えた電子デバイスによって実行されたとき、前記デバイスに、第1のユーザインタフェースであって、背景を含み、前記背景の一部分に重なる前景エリアを含み、前記前景エリアが、複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースを、前記ディスプレイ上に表示させ、第1のフォーカスセレクタが、前記前景エリア内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の第1のユーザインタフェースオブジェクトにある間に、前記タッチ感知面上の接触による入力を検出させ、前記接触による前記入力を検出することに応じて、前記接触による前記入力が、前記接触の特性強度が前記入力の間第1の強度閾値を下回っているとき満たされる基準を含む、1つ以上の第1の押圧基準を満たすという判定に従って、前記前景エリア内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する第1の所定のアクションを実行させ、前記接触による前記入力が、前記接触の前記特性強度が前記入力の間に前記第1の強度閾値を上回って増大するとき満たされる基準を含む、1つ以上の第2の押圧基準を満たすという判定に従って、前記第1の所定のアクションとは別個の、前記前景エリア内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する第2のアクションを実行させる、命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項252

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、第1のユーザインタフェースであって、背景を含み、前記背景の一部分に重なる前景エリアを含み、前記前景エリアが、複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースを、前記ディスプレイ上に表示するための手段と、第1のフォーカスセレクタが、前記前景エリア内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の第1のユーザインタフェースオブジェクトにある間に、前記タッチ感知面上の接触による入力を検出するための手段と、前記接触による前記入力を検出することに応じて、前記接触による前記入力が、前記接触の特性強度が前記入力の間第1の強度閾値を下回っているとき満たされる基準を含む、1つ以上の第1の押圧基準を満たすという判定に従って、前記前景エリア内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する第1の所定のアクションを実行するための手段と、前記接触による前記入力が、前記接触の前記特性強度が前記入力の間に前記第1の強度閾値を上回って増大するとき満たされる基準を含む、1つ以上の第2の押圧基準を満たすという判定に従って、前記第1の所定のアクションとは別個の、前記前景エリア内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する第2のアクションを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項253

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムが、前記メモリに記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成されており、前記1つ以上のプログラムが、請求項236から249に記載の前記方法のいずれかを実行するための命令を含む、電子デバイス。

請求項254

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスによって実行されると、前記デバイスに、請求項236から249に記載の前記方法のいずれかを実行させる命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項255

ディスプレイ、タッチ感知面、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、メモリ、及び前記メモリ内に記憶された1つ以上のプログラムを実行するための1つ以上のプロセッサを備える電子デバイス上の、グラフィカルユーザインタフェースであって、請求項236から249に記載の前記方法のいずれかに従って表示されるユーザインタフェースを備える、グラフィカルユーザインタフェース。

請求項256

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、請求項236から249に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項257

電子デバイスであって、ユーザインタフェース、及びユーザインタフェースオブジェクトを表示するように構成されたディスプレイユニットと、入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、前記タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された、1つ以上のセンサユニットと、前記ディスプレイユニット、前記タッチ感知面ユニット及び前記1つ以上のセンサユニットに結合された処理ユニットと、を備え、前記処理ユニットが、第1のユーザインタフェースであって、背景を含み、前記背景の一部分に重なる前景エリアを含み、前記前景エリアが、複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースの、前記ディスプレイユニット上への表示を有効にし、第1のフォーカスセレクタが、前記前景エリア内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の第1のユーザインタフェースオブジェクトにある間に、前記タッチ感知面ユニット上の接触による入力を検出し、前記接触による前記入力を検出することに応じて、前記接触による前記入力が、前記接触の特性強度が前記入力の間第1の強度閾値を下回っているとき満たされる基準を含む、1つ以上の第1の押圧基準を満たすという判定に従って、前記前景エリア内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する第1の所定のアクションを実行し、前記接触による前記入力が、前記接触の前記特性強度が前記入力の間に前記第1の強度閾値を上回って増大するとき満たされる基準を含む、1つ以上の第2の押圧基準を満たすという判定に従って、前記第1の所定のアクションとは別個の、前記前景エリア内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する第2のアクションを実行する、ように構成された、電子デバイス。

請求項258

前記入力が検出されるときに、前記電子デバイスが、前記デバイスがアンロック状態にあるときにアクセス可能な複数の異なる動作へのアクセスが妨げられるロックモードにある、請求項224に記載の電子デバイス。

請求項259

前記第1の所定のアクションが、前記前景エリア内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する設定を変更する、請求項224から258のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項260

前記第1の所定のアクションが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応するアプリケーションを開く、請求項224から258のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項261

前記第2の所定のアクションが、前記前景の一部分に重ね合わせてメニューエリアを表示し、前記メニューエリアが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応するアプリケーションにより実行される1つ以上の選択可能なアクションを表示する、請求項224から260のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項262

前記処理ユニットが、前記接触による前記入力を検出することに応じて、前記接触による前記入力が、前記入力の間に前記接触の特性強度が前記第1の強度閾値より大きい第2の強度閾値を上回って増大するとき満たされる基準を含む、1つ以上の第3の押圧基準を満たすという判定に従って、前記第1の所定のアクション及び前記第2の所定のアクションとは別個の、前記前景エリア内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する第3の所定のアクションを実行するように構成された、請求項224から261のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項263

前記処理ユニットが、前記前景エリアを表示する前に、第1の外観を有する背景と、1つ以上の前景オブジェクトと、を含む、ロックスクリーンユーザインタフェースである前記第1のユーザインタフェースの、前記ディスプレイユニット上への表示を有効にし、前記ディスプレイユニット上に前記ロックスクリーンユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記ロックスクリーンユーザインタフェースの前記背景に対応する前記ロックスクリーンユーザインタフェース内の位置にある間に、前記タッチ感知面ユニット上の第2の接触による入力を検出し、前記第2の接触による前記入力を検出することに応じて、前記第2の接触が前記第1の強度閾値を上回る特性強度を有するという判定に従って、前記ロックスクリーンユーザインタフェース内の前記1つ以上の前景オブジェクトの前記外観を変更せずに、前記ロックスクリーンユーザインタフェースの前記背景の前記外観を動的に変更する、ように構成され、前記ロックスクリーンユーザインタフェースの前記背景の前記外観の前記動的変更は、少なくとも一部前記第2の接触の前記特性強度に基づいている、請求項224から262のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項264

前記前景エリアが、前記タッチ感知面ユニットの端部から開始されるジェスチャを検出することに応じて、前記背景の前記部分に重ね合わせて表示される、請求項224から263のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項265

前記第1の所定のアクションが、無線接続をトグルすることを含み、前記第2の所定のアクションが、接続する無線ネットワークを選択するためのユーザインタフェースを表示することを含む、請求項224から264のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項266

前記第1の所定のアクションが、限定通知動作モードをトグルすることを含み、前記第2の所定のアクションが、前記限定通知動作モードに関連付けられたタイマを設定するためのユーザインタフェースを表示することを含む、請求項224から264のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項267

前記第1の所定のアクションが、フラッシュライト機能をトグルすることを含み、前記第2の所定のアクションが、前記フラッシュライト機能のための動作モードを選択するためのユーザインタフェースを表示することを含む、請求項224から264のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項268

前記第1の所定のアクションが、タイマアプリケーションを起動することを含み、前記第2の所定のアクションが、前記タイマアプリケーションを起動せずにタイマ管理動作を実行するためのユーザインタフェースを表示することを含む、請求項224から264のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項269

前記第1の所定のアクションが、アラームアプリケーションを起動することを含み、前記第2の所定のアクションが、前記アラームアプリケーションを起動せずにアラーム管理動作を実行するためのユーザインタフェースを表示することを含む、請求項224から264のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項270

前記第1の所定のアクションが、対応するアプリケーションを起動することを含み、前記第2の所定のアクションが、前記対応するアプリケーションを起動せずに前記対応するアプリケーションに関連付けられた動作を実行するためのユーザインタフェースを表示することを含む、請求項224から264のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項271

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える、電子デバイスにおいて、前記ディスプレイ上に、対応するアプリケーションを起動するための複数のアプリケーションアイコンを含むアプリケーション起動ユーザインタフェースを表示することと、前記アプリケーション起動ユーザインタフェースを表示する間に、前記複数のアプリケーションアイコンのうちの、1つ以上の対応するクイックアクションに関連付けられた第1のアプリケーションを起動するためのアイコンである、第1のアプリケーションアイコンに対応する、前記タッチ感知面上の位置での第1の接触を検出することを含む第1のタッチ入力を検出することと、前記第1のタッチ入力を検出することに応じて、前記第1のタッチ入力が、1つ以上のアプリケーション起動基準を満たすという判定に従って、前記第1のアプリケーションを起動し、前記第1のタッチ入力が、前記第1の接触の前記特性強度がそれぞれの強度閾値を上回って増大するとき満たされる基準を含む、1つ以上のクイックアクション表示基準を満たすという判定に従って、前記第1のアプリケーションを起動せずに、前記第1のアプリケーションに関連付けられた1つ以上のクイックアクションオブジェクトを前記第1のアプリケーションアイコンと共に同時に表示することと、を含む、方法。

請求項272

前記アプリケーション起動基準が、前記接触の前記特性強度が前記それぞれの強度閾値を上回って増大しないとき満たされるように構成された基準である、請求項271に記載の方法。

請求項273

前記第1のタッチ入力を検出することに応じて、前記第1のタッチ入力が前記クイックアクション表示基準を満たすという判定に従って、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトの表示と併せて、複数の前記アプリケーションアイコンを前記第1のアプリケーションアイコンに対して非強調化することを含む、請求項271又は272に記載の方法。

請求項274

前記第1のタッチ入力の間に、前記クイックアクション表示基準を満たす前の前記第1の接触の前記特性強度の変化を検出し、前記第1の接触の前記特性強度に基づいて、前記第1の接触の前記特性強度が増大するにつれて、前記第1のアプリケーションアイコン以外の前記複数のアプリケーションアイコンを漸次非強調化するように、他のアプリケーションアイコンの外観を動的に調整することを含む、請求項273に記載の方法。

請求項275

前記第1のタッチ入力を検出することに応じて、前記第1のタッチ入力が、前記第1の接触の前記特性強度が前記それぞれの強度閾値を上回って増大する前に前記第1の接触の閾値量を上回る移動が検出されたときを満たす基準を含む、1つ以上のインタフェースナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記アプリケーション起動ユーザインタフェースの少なくとも一部分の表示を停止し、前記第1のタッチ入力を検出する直前に前記アプリケーション起動ユーザインタフェース内の前記複数のアプリケーションアイコンによりそれまで占められていた前記ディスプレイの一部分の上に、異なるユーザインタフェースの少なくとも一部分を表示することを含む、請求項271から274のいずれか一項に記載の方法。

請求項276

前記第1の接触の前記特性強度が前記それぞれの強度閾値を上回って増大する前の前記第1の接触の移動を検出することに応じて、複数のアプリケーションアイコンを前記第1の接触の前記移動に従って移動させることを含む、請求項275に記載の方法。

請求項277

前記第1のタッチ入力を検出することに応じて、前記第1のタッチ入力が、前記第1の接触の前記特性強度が前記それぞれの強度閾値を上回って増大する前に、前記第1の接触が前記タッチ感知面上で再構成時間閾値より長い時間検出されるとき満たされる基準を含む、アイコン再構成基準を満たすという判定に従って、1つ以上のアプリケーションアイコンが前記アプリケーション起動インタフェース内で再編成され得る、アイコン再構成モードに入ることを含む、請求項271から276のいずれか一項に記載の方法。

請求項278

前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトを前記アプリケーションアイコンと同時に表示する間に、前記第1のアプリケーションアイコンに対応し前記アプリケーション起動基準を満たす、前記タッチ感知面上の位置での第2の接触を検出することを含む第2のタッチ入力を検出することと、前記第2のタッチ入力を検出することに応じて、前記第1のアプリケーションを起動することと、を含む、請求項271から277のいずれか一項に記載の方法。

請求項279

前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトを前記アプリケーションアイコンと同時に表示する間に、前記第1のアプリケーションアイコンに対応する前記タッチ感知面上の位置での第3接触を検出することを含み、前記第3の接触の前記特性強度が前記それぞれの強度閾値を上回って増大する前に前記第3の接触が前記タッチ感知面上で再構成時間閾値より長い時間検出されるとき満たされる基準を含む、アイコン再構成基準を満たす、第3のタッチ入力を検出することと、前記第3のタッチ入力を検出することに応じて、アプリケーションアイコンが前記アプリケーション起動インタフェース内で再編成され得る、アイコン再構成モードに入ることと、を含む、請求項271から278のいずれか一項に記載の方法。

請求項280

前記第3のタッチ入力を検出することに応じて前記アイコン再構成モードに入ることが、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトの表示を停止することを含む、請求項279に記載の方法。

請求項281

前記クイックアクションオブジェクトを前記第1のアプリケーションアイコンと同時に表示する間に、前記クイックアクションオブジェクト及び前記第1のアプリケーションアイコンから離れた前記タッチ感知面上の位置での、第4の接触を検出することを含む、第4のタッチ入力を検出することと、前記第4のタッチ入力を検出することに応じて、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトの表示を停止することと、を含む、請求項271から280のいずれか一項に記載の方法。

請求項282

前記クイックアクション表示基準を満たしたという判定に応じて、前記クイックアクション表示基準を満たしたことを示す第1の触知出力を生成することを含む、請求項271から281のいずれか一項に記載の方法。

請求項283

前記アプリケーション起動ユーザインタフェースを表示する間に、いずれの対応するクイックアクションにも関連付けられていない第2のアプリケーションを起動するためのアイコンである、前記複数のアプリケーションアイコンの第2のアプリケーションアイコンに対応する、前記タッチ感知面上の位置での第5の接触を検出することを含む、第5のタッチ入力を検出することと、前記第5のタッチ入力を検出することに応じて、前記第5のタッチ入力が、アプリケーション起動基準を満たすという判定に従って、前記第2のアプリケーションを起動し、前記第5のタッチ入力が、前記クイックアクション表示基準を満たすという判定に従って、前記第5のタッチ入力が前記クイックアクション表示基準を満たしたが、前記第2のアプリケーションがいずれのクイックアクションにも関連付けられていないことを示す、視覚及び/又は触知出力を生成することと、を含む、請求項271から282のいずれか一項に記載の方法。

請求項284

前記第1の接触が前記それぞれの強度閾値に近づくときに、前記ディスプレイ上に、複数のアプリケーションアイコンの前記外観のそれぞれの変化を表示することと、前記第5の接触が前記それぞれの強度閾値に近づくときに、前記ディスプレイ上に、前記複数のアプリケーションアイコンの前記外観の前記それぞれの変化を表示することと、を含む、請求項283に記載の方法。

請求項285

前記第5の接触が前記それぞれの強度閾値に近づくときに、前記ディスプレイ上に、前記第2のアプリケーションアイコン以外の前記複数のアプリケーションアイコンの前記外観の変化を表示することと、前記第5のタッチ入力が前記クイックアクション表示基準を満たすことを検出することに応じて、前記アプリケーション起動インタフェースを前記第5のタッチ入力を検出する直前に表示されていたように再表示するために、前記複数のアプリケーションアイコンの外観の前記変化を反転させることと、を含む、請求項283又は284に記載の方法。

請求項286

前記アプリケーション起動ユーザインタフェースを表示する間に、それぞれのアプリケーションアイコンに対応する前記タッチ感知面上の位置での、前記クイックアクション表示基準を満たす第6の接触を検出することを含む、第6のタッチ入力を検出することと、前記第6のタッチ入力を検出することに応じて、前記それぞれのアプリケーションアイコンが1つ以上のクイックアクションに関連付けられたという判定に従って、前記それぞれのアプリケーションアイコンに対するクイックアクションオブジェクトを表示し、前記第6のタッチ入力が前記クイックアクション表示基準を満たしたこと、及び前記それぞれのアプリケーションアイコンがクイックアクションに関連付けられていることを示す、第1の触知出力を生成し、前記それぞれのアプリケーションアイコンがいずれのクイックアクションにも関連付けられていないという判定に従って、前記第6のタッチ入力が前記クイックアクション表示基準を満たしたが、前記それぞれのアプリケーションアイコンがいずれのクイックアクションにも関連付けられていないことを示す、第2の触知出力を生成し、前記それぞれのアプリケーションアイコンに対するクイックアクションオブジェクトを表示しないことと、を含み、前記第1の触知出力が前記第2の触知出力とは異なる、請求項271から285のいずれか一項に記載の方法。

請求項287

前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトを前記第1のアプリケーションアイコンと同時に表示することが、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトを複数のクイックアクションオブジェクトを含むメニュー内に表示することを含む、請求項271から286のいずれか一項に記載の方法。

請求項288

前記メニューを表示する前に、前記アプリケーションアイコンの下に層を表示することと、前記第1の入力が前記クイックアクション表示基準を満たすことを検出することに応じて、前記メニューの背景になるように前記層を展開することと、を含む、請求項287に記載の方法。

請求項289

前記第2の接触が前記それぞれの強度閾値に近づくと、前記第1の接触の強度が変化するように、前記層のサイズを動的に変更することを含む、請求項288に記載の方法。

請求項290

前記メニュー内の前記クイックアクションオブジェクトが、前記アプリケーション起動ユーザインタフェース内の前記アイコンの前記位置に基づいて前記メニュー内に順序付けされる、請求項287から289のいずれか一項に記載の方法。

請求項291

前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトを表示する間に、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトのそれぞれのクイックアクションオブジェクトに対応する、前記タッチ感知面上のそれぞれの位置への前記第1の接触の移動を検出し、前記第1の接触が前記タッチ感知面上の前記それぞれの位置にある間に、前記タッチ感知面からの前記第1の接触のリフトオフを検出することと、前記第1の接触のリフトオフを検出することに応じて、前記それぞれのクイックアクションを実行することと、を含む、請求項271から290のいずれか一項に記載の方法。

請求項292

前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトを表示する間に、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトのそれぞれのクイックアクションオブジェクトに対応する、前記タッチ感知面上のそれぞれの位置への前記第1の接触の移動を検出し、前記第1の接触が前記タッチ感知面上の前記それぞれの位置にある間に、アクション選択基準を満たす前記接触の前記特性強度の増大を検出することと、前記第1の接触が前記アクション選択基準を満たすことを検出することに応じて、前記それぞれのクイックアクションを実行することと、を含む、請求項271から290のいずれか一項に記載の方法。

請求項293

前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトを表示した後、前記タッチ感知面からの前記接触のリフトオフを検出し、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトのそれぞれのクイックアクションオブジェクトに対応する位置での前記タッチ感知面上の次のタッチ入力を検出することと、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトに対応する位置での前記タッチ感知面上の前記次のタッチ入力を検出することに応じて、前記それぞれのクイックアクションを実行することと、を含む、請求項271から290のいずれか一項に記載の方法。

請求項294

前記アプリケーションアイコンが、いくつかの通知の表示を含み、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトが、1つ以上の前記通知に関連付けられたクイックアクションオブジェクトを含む、請求項271から293のいずれか一項に記載の方法。

請求項295

前記第1のタッチ入力を検出することに応じて前記第1のアプリケーションを起動することが、前記アプリケーションの既定のビューを表示することを含み、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトが、前記アプリケーションの既定でないビューに関連付けられたそれぞれのクイックアクションオブジェクトを含み、前記方法は、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出することと、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出することに応じて、前記アプリケーションの前記既定でないビューを表示することと、を含む、請求項271から293のいずれか一項に記載の方法。

請求項296

前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトが、前記第1のアプリケーションの機能に関連付けられたクイックアクションオブジェクトを含み、前記方法は、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出することと、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出することに応じて、前記機能を実行することと、を含む、請求項271から295のいずれか一項に記載の方法。

請求項297

前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトが、前記第1のアプリケーション以外のアプリケーションの機能に関連付けられたクイックアクションオブジェクトを含み、前記方法は、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出することと、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出することに応じて、前記機能を実行することと、を含む、請求項271から296のいずれか一項に記載の方法。

請求項298

前記第1のアプリケーションが、コンテンツ生成アプリケーションであり、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトが、新しいコンテンツの生成に関連付けられたそれぞれのクイックアクションオブジェクトを含み、前記方法は、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出することと、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出することに応じて、新しい白紙のコンテンツオブジェクトを生成し、前記ディスプレイ上に前記新しい白紙のコンテンツオブジェクトを編集動作モードで表示することと、を含む、請求項271から297のいずれか一項に記載の方法。

請求項299

前記第1のアプリケーションが、コンテンツ生成アプリケーションであり、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトが、前に生成したコンテンツを開くことに関連付けられたそれぞれのクイックアクションオブジェクトを含み、前記方法は、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出することと、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出することに応じて、前記アプリケーションを開き、前記アプリケーション内で前記前に生成したコンテンツを表示することと、を含む、請求項271から298のいずれか一項に記載の方法。

請求項300

前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトが、前記第1のアプリケーション内の最近のアクティビティに基づいて選択されたクイックアクションに対応する、それぞれのクイックアクションオブジェクトを含む、請求項271から299のいずれか一項に記載の方法。

請求項301

前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトが、前記デバイスの現在の位置に基づいて動的に判定される、それぞれのクイックアクションオブジェクトを含む、請求項271から300のいずれか一項に記載の方法。

請求項302

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリ内に記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成され、前記1つ以上のプログラムは、前記ディスプレイ上に、対応するアプリケーションを起動するための複数のアプリケーションアイコンを含むアプリケーション起動ユーザインタフェースを表示し、前記アプリケーション起動ユーザインタフェースを表示する間に、前記複数のアプリケーションアイコンの、1つ以上の対応するクイックアクションに関連付けられた第1のアプリケーションを起動するためのアイコンである、第1のアプリケーションアイコンに対応する、前記タッチ感知面上の位置での第1の接触を検出することを含む、第1のタッチ入力を検出し、前記第1のタッチ入力を検出することに応じて、前記第1のタッチ入力が、1つ以上のアプリケーション起動基準を満たすという判定に従って、前記第1のアプリケーションを起動し、前記第1のタッチ入力が、前記第1の接触の前記特性強度がそれぞれの強度閾値を上回って増大するとき満たされる基準を含む、1つ以上のクイックアクション表示基準を満たすという判定に従って、前記第1のアプリケーションを起動せずに、前記第1のアプリケーションに関連付けられた1つ以上のクイックアクションオブジェクトを、前記第1のアプリケーションアイコンと共に同時に表示する、ための命令を含む、電子デバイス。

請求項303

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出する1つ以上のセンサを備えた電子デバイスによって実行されたとき、前記デバイスに、前記ディスプレイ上に、対応するアプリケーションを起動するための複数のアプリケーションアイコンを含むアプリケーション起動ユーザインタフェースを表示させ、前記アプリケーション起動ユーザインタフェースを表示する間に、前記複数のアプリケーションアイコンの、1つ以上の対応するクイックアクションに関連付けられた第1のアプリケーションを起動するためのアイコンである、第1のアプリケーションアイコンに対応する、前記タッチ感知面上の位置での第1の接触を検出することを含む、第1のタッチ入力を検出させ、前記第1のタッチ入力を検出することに応じて、前記第1のタッチ入力が、1つ以上のアプリケーション起動基準を満たすという判定に従って、前記第1のアプリケーションを起動させ、前記第1のタッチ入力が、前記第1の接触の前記特性強度がそれぞれの強度閾値を上回って増大するとき満たされる基準を含む、1つ以上のクイックアクション表示基準を満たすという判定に従って、前記第1のアプリケーションを起動せずに、前記第1のアプリケーションに関連付けられた1つ以上のクイックアクションオブジェクトを、前記第1のアプリケーションアイコンと共に同時に表示させる、命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項304

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、前記ディスプレイ上に、対応するアプリケーションを起動するための複数のアプリケーションアイコンを含むアプリケーション起動ユーザインタフェースを表示するための手段と、前記アプリケーション起動ユーザインタフェースを表示する間に、前記複数のアプリケーションアイコンの、1つ以上の対応するクイックアクションに関連付けられた第1のアプリケーションを起動するためのアイコンである、第1のアプリケーションアイコンに対応する、前記タッチ感知面上の位置での第1の接触を検出することを含む、第1のタッチ入力を検出するための手段と、前記第1のタッチ入力を検出することに応じて、前記第1のタッチ入力が、1つ以上のアプリケーション起動基準を満たすという判定に従って、前記第1のアプリケーションを起動するための手段と、前記第1のタッチ入力が、前記第1の接触の前記特性強度がそれぞれの強度閾値を上回って増大するとき満たされる基準を含む、1つ以上のクイックアクション表示基準を満たすという判定に従って、前記第1のアプリケーションを起動せずに、前記第1のアプリケーションに関連付けられた1つ以上のクイックアクションオブジェクトを、前記第1のアプリケーションアイコンと共に同時に表示するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項305

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムが、前記メモリに記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成されており、前記1つ以上のプログラムが、請求項271から301に記載の前記方法のいずれかを実行するための命令を含む、電子デバイス。

請求項306

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスによって実行されると、前記デバイスに、請求項271から301に記載の前記方法のいずれかを実行させる命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項307

ディスプレイ、タッチ感知面、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、メモリ、及び前記メモリ内に記憶された1つ以上のプログラムを実行するための1つ以上のプロセッサを備える電子デバイス上の、グラフィカルユーザインタフェースであって、請求項271から301に記載の前記方法のいずれかに従って表示されるユーザインタフェースを備える、グラフィカルユーザインタフェース。

請求項308

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、請求項271から301に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項309

電子デバイスであって、ユーザインタフェースオブジェクトを表示するように構成されたディスプレイユニットと、接触を受けるように構成されるタッチ感知面ユニットと、前記タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された、1つ以上のセンサユニットと、前記ディスプレイユニット、前記タッチ感知面ユニット及び前記1つ以上のセンサユニットに結合された処理ユニットと、を備え、前記処理ユニットが、前記ディスプレイユニット上への、対応するアプリケーションを起動するための複数のアプリケーションアイコンを含むアプリケーション起動ユーザインタフェースの表示を有効にし、前記アプリケーション起動ユーザインタフェースを表示する間に、前記複数のアプリケーションアイコンの、1つ以上の対応するクイックアクションに関連付けられた第1のアプリケーションを起動するためのアイコンである、第1のアプリケーションアイコンに対応する、前記タッチ感知面ユニット上の位置での第1の接触を検出することを含む、第1のタッチ入力を検出し、前記第1のタッチ入力を検出することに応じて、前記第1のタッチ入力が、1つ以上のアプリケーション起動基準を満たすという判定に従って、前記第1のアプリケーションを起動し、前記第1のタッチ入力が、前記第1の接触の前記特性強度がそれぞれの強度閾値を上回って増大するとき満たされる基準を含む、1つ以上のクイックアクション表示基準を満たすという判定に従って、前記第1のアプリケーションを起動せずに、前記第1のアプリケーションに関連付けられた1つ以上のクイックアクションオブジェクトの前記第1のアプリケーションアイコンと共に同時の表示を有効にする、ように構成された、電子デバイス。

請求項310

前記アプリケーション起動基準が、前記接触の前記特性強度が前記それぞれの強度閾値を上回って増大しないとき満たされるように構成された基準である、請求項309に記載の電子デバイス。

請求項311

前記処理ユニットが、前記第1のタッチ入力を検出することに応じて、前記第1のタッチ入力が前記クイックアクション表示基準を満たすという判定に従って、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトの表示と併せて、複数の前記アプリケーションアイコンを前記第1のアプリケーションアイコンに対して非強調化するように構成された、請求項309又は310に記載の電子デバイス。

請求項312

前記処理ユニットが、前記第1のタッチ入力の間に、前記クイックアクション表示基準を満たす前の前記第1の接触の前記特性強度の変化を検出し、前記第1の接触の前記特性強度に基づいて、前記第1の接触の前記特性強度が増大するにつれて、前記第1のアプリケーションアイコン以外の前記複数のアプリケーションアイコンを漸次非強調化するように、他のアプリケーションアイコンの外観を動的に調整するように構成された、請求項311に記載の電子デバイス。

請求項313

前記処理ユニットが、前記第1のタッチ入力を検出することに応じて、前記第1のタッチ入力が、前記第1の接触の前記特性強度が前記それぞれの強度閾値を上回って増大する前に前記第1の接触の閾値量を上回る移動が検出されたときを満たす基準を含む、1つ以上のインタフェースナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記アプリケーション起動ユーザインタフェースの少なくとも一部分の表示を停止し、前記第1のタッチ入力を検出する直前に前記アプリケーション起動ユーザインタフェース内の前記複数のアプリケーションアイコンによりそれまで占められていた前記ディスプレイユニットの一部分の上に、異なるユーザインタフェースの少なくとも一部分の表示を有効にするように構成された、請求項309から312のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項314

前記処理ユニットが、前記第1の接触の前記特性強度が前記それぞれの強度閾値を上回って増大する前の前記第1の接触の移動を検出することに応じて、複数のアプリケーションアイコンを前記第1の接触の前記移動に従って移動させるように構成された、請求項313に記載の電子デバイス。

請求項315

前記処理ユニットが、前記第1のタッチ入力を検出することに応じて、前記第1のタッチ入力が、前記第1の接触の前記特性強度が前記それぞれの強度閾値を上回って増大する前に、前記第1の接触が前記タッチ感知面ユニット上で再構成時間閾値より長い時間検出されるとき満たされる基準を含む、アイコン再構成基準を満たすという判定に従って、1つ以上のアプリケーションアイコンが前記アプリケーション起動インタフェース内に再編成され得る、アイコン再構成モードに入るように構成された、請求項309から314のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項316

前記処理ユニットが、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトを前記アプリケーションアイコンと同時に表示する間に、前記第1のアプリケーションアイコンに対応し前記アプリケーション起動基準を満たす、前記タッチ感知面ユニット上の位置での第2の接触を検出することを含む、第2のタッチ入力を検出し、前記第2のタッチ入力を検出することに応じて、前記第1のアプリケーションを起動する、ように構成された、請求項309から315のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項317

前記処理ユニットが、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトを前記アプリケーションアイコンと同時に表示する間に、前記第1のアプリケーションアイコンに対応する前記タッチ感知面ユニット上の位置での第3接触を検出することを含み、前記第3の接触の前記特性強度が前記それぞれの強度閾値を上回って増大する前に、前記第3の接触が前記タッチ感知面ユニット上で再構成時間閾値より長い時間検出されるとき満たされる基準を含む、アイコン再構成基準を満たす、第3のタッチ入力を検出し、前記第3のタッチ入力を検出することに応じて、アプリケーションアイコンが前記アプリケーション起動インタフェース内で再編成され得る、アイコン再構成モードに入る、ように構成された、請求項309から316のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項318

前記第3のタッチ入力を検出することに応じて前記アイコン再構成モードに入ることが、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトの表示を停止することを含む、請求項317に記載の電子デバイス。

請求項319

前記処理ユニットが、前記クイックアクションオブジェクトを前記第1のアプリケーションアイコンと同時に表示する間に、前記クイックアクションオブジェクト及び前記第1のアプリケーションアイコンから離れた、前記タッチ感知面ユニット上の位置での第4の接触を検出することを含む、第4のタッチ入力を検出し、前記第4のタッチ入力を検出することに応じて、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトの表示を停止する、ように構成された、請求項309から318のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項320

前記処理ユニットが、前記クイックアクション表示基準を満たしたという判定に応じて、前記クイックアクション表示基準を満たしたことを示す第1の触知出力を生成するように構成された、請求項309から319のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項321

前記処理ユニットが、前記アプリケーション起動ユーザインタフェースを表示する間に、いずれの対応するクイックアクションにも関連付けられていない第2のアプリケーションを起動するためのアイコンである、前記複数のアプリケーションアイコンの第2のアプリケーションアイコンに対応する、前記タッチ感知面ユニット上の位置での第5の接触を検出することを含む、第5のタッチ入力を検出し、前記第5のタッチ入力を検出することに応じて、前記第5のタッチ入力が、アプリケーション起動基準を満たすという判定に従って、前記第2のアプリケーションを起動し、前記第5のタッチ入力が、前記クイックアクション表示基準を満たすという判定に従って、前記第5のタッチ入力が前記クイックアクション表示基準を満たしたが、前記第2のアプリケーションがいずれのクイックアクションにも関連付けられていないことを示す、視覚及び/又は触知出力を生成する、ように構成された、請求項309から320のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項322

前記処理ユニットが、前記第1の接触が前記それぞれの強度閾値に近づくとき、前記ディスプレイユニット上の、複数のアプリケーションアイコンの前記外観のそれぞれの変化の表示を有効にし、前記第5の接触が前記それぞれの強度閾値に近づくとき、前記ディスプレイユニット上の、前記複数のアプリケーションアイコンの前記外観の前記それぞれの変化の表示を有効にする、ように構成された、請求項321に記載の電子デバイス。

請求項323

前記処理ユニットが、前記第5の接触が前記それぞれの強度閾値に近づくとき、前記ディスプレイユニット上の、前記第2のアプリケーションアイコン以外の前記複数のアプリケーションアイコンの前記外観の変化の表示を有効にし、前記第5のタッチ入力が前記クイックアクション表示基準を満たすことを検出することに応じて、前記アプリケーション起動インタフェースを前記第5のタッチ入力を検出する直前に表示されていたように再表示するために、前記複数のアプリケーションアイコンの外観の前記変化を反転する、ように構成された、請求項321又は322に記載の電子デバイス。

請求項324

前記処理ユニットが、前記アプリケーション起動ユーザインタフェースを表示する間に、それぞれのアプリケーションアイコンに対応する前記タッチ感知面ユニット上の位置での、前記クイックアクション表示基準を満たす第6の接触を検出することを含む、第6のタッチ入力を検出し、前記第6のタッチ入力を検出することに応じて、前記それぞれのアプリケーションアイコンが1つ以上のクイックアクションに関連付けられているという判定に従って、前記それぞれのアプリケーションアイコンに対するクイックアクションオブジェクトの表示を有効にし、前記第6のタッチ入力が前記クイックアクション表示基準を満たしたこと、及び前記それぞれのアプリケーションアイコンがクイックアクションに関連付けられていることを示す、第1の触知出力を生成し、前記それぞれのアプリケーションアイコンがいずれのクイックアクションにも関連付けられていないという判定に従って、前記第6のタッチ入力が前記クイックアクション表示基準を満たしたこと、及び前記それぞれのアプリケーションアイコンがいずれのクイックアクションにも関連付けられていないことを示す、第2の触知出力を生成し、前記それぞれのアプリケーションアイコンに対するクイックアクションオブジェクトの表示を有効にしない、ように構成され、前記第1の触知出力が前記第2の触知出力とは異なる、請求項309から323のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項325

前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトを前記第1のアプリケーションアイコンと同時に表示することが、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトを複数のクイックアクションオブジェクトを含むメニュー内に表示することを含む、請求項309から324のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項326

前記処理ユニットが、前記メニューを表示する前に、前記アプリケーションアイコンの下に層の表示を有効にし、前記第1の入力が前記クイックアクション表示基準を満たすことを検出することに応じて、前記メニューの背景になるように前記層を展開するように構成された、請求項325に記載の電子デバイス。

請求項327

前記処理ユニットが、前記第2の接触が前記それぞれの強度閾値に近づくと、前記第1の接触の強度が変化するにつれて、前記層のサイズを動的に変更するように構成された、請求項326に記載の電子デバイス。

請求項328

前記メニュー内の前記クイックアクションオブジェクトが、前記アプリケーション起動ユーザインタフェース内の前記アイコンの前記位置に基づいて前記メニュー内に順序付けされる、請求項325から327のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項329

前記処理ユニットが、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトを表示する間に、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトのそれぞれのクイックアクションオブジェクトに対応する、前記タッチ感知面ユニット上のそれぞれの位置への前記第1の接触の移動を検出し、前記第1の接触が前記タッチ感知面ユニット上の前記それぞれの位置にある間に、前記タッチ感知面ユニットからの前記第1の接触のリフトオフを検出し、前記第1の接触のリフトオフを検出することに応じて、前記それぞれのクイックアクションを実行する、ように構成された、請求項309から328のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項330

前記処理ユニットが、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトを表示する間に、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトのそれぞれのクイックアクションオブジェクトに対応する、前記タッチ感知面ユニット上のそれぞれの位置への前記第1の接触の移動を検出し、前記第1の接触が前記タッチ感知面ユニット上の前記それぞれの位置にある間に、アクション選択基準を満たす前記接触の前記特性強度の増大を検出し、前記第1の接触が前記アクション選択基準を満たすことを検出することに応じて、前記それぞれのクイックアクションを実行する、ように構成された、請求項309から328のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項331

前記処理ユニットが、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトを表示した後、前記タッチ感知面ユニットからの前記接触のリフトオフを検出し、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトのそれぞれのクイックアクションオブジェクトに対応する位置での前記タッチ感知面上の次のタッチ入力を検出し、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトに対応する位置での前記タッチ感知面上の前記次のタッチ入力を検出することに応じて、前記それぞれのクイックアクションを実行する、ように構成された、請求項309から328のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項332

前記アプリケーションアイコンが、いくつかの通知の表示を含み、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトが、1つ以上の前記通知に関連付けられたクイックアクションオブジェクトを含む、請求項309から331のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項333

前記第1のタッチ入力を検出することに応じて前記第1のアプリケーションを起動することが、前記アプリケーションの既定のビューを表示することを含み、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトが、前記アプリケーションの既定でないビューに関連付けられたそれぞれのクイックアクションオブジェクトを含み、前記処理ユニットが、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出し、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出することに応じて、前記アプリケーションの前記既定でないビューの表示を有効にする、ように構成された、請求項309から332のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項334

前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトが、前記第1のアプリケーションの機能に関連付けられたクイックアクションオブジェクトを含み、前記処理ユニットが、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出し、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出することに応じて、前記機能を実行する、ように構成された、請求項309から333のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項335

前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトが、前記第1のアプリケーション以外のアプリケーションの機能に関連付けられたクイックアクションオブジェクトを含み、前記処理ユニットが、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出し、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出することに応じて、前記機能を実行する、ように構成された、請求項309から334のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項336

前記第1のアプリケーションが、コンテンツ生成アプリケーションであり、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトが、新しいコンテンツの生成に関連付けられたそれぞれのクイックアクションオブジェクトを含み、前記処理ユニットが、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出し、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出することに応じて、新しい白紙のコンテンツオブジェクトを生成し、前記ディスプレイユニット上への前記新しい白紙のコンテンツオブジェクトの編集動作モードでの表示を有効にする、ように構成された、請求項309から335のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項337

前記第1のアプリケーションが、コンテンツ生成アプリケーションであり、前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトが、前に生成したコンテンツを開くことに関連付けられたそれぞれのクイックアクションオブジェクトを含み、前記処理ユニットが、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出し、前記それぞれのクイックアクションオブジェクトの選択を検出することに応じて、前記アプリケーションを開き、前記アプリケーション内で前記前に生成したコンテンツの表示を有効にする、ように構成された、請求項309から336のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項338

前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトが、前記第1のアプリケーション内の最近のアクティビティに基づいて選択されたクイックアクションに対応する、それぞれのクイックアクションオブジェクトを含む、請求項309から337のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項339

前記1つ以上のクイックアクションオブジェクトが、前記デバイスの現在の位置に基づいて動的に判定される、それぞれのクイックアクションオブジェクトを含む、請求項309から338のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項340

ディスプレイと、1つ以上の入力デバイスと、を備える電子デバイスにおいて、前記ディスプレイ上に、それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが対応するメニューオプションのセットに関連付けられている、複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む第1のユーザインタフェースを表示することと、前記1つ以上の入力デバイスにより、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの第1のユーザインタフェースオブジェクトに対するメニューオプションを表示する要求に対応する、第1の入力を検出することと、前記第1の入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応するメニュー内のメニュー項目を表示することと、を含み、前記メニューを表示することは、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、前記第1のユーザインタフェース内の第1の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目を第1の順序で表示することと、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、前記第1の位置とは異なる、前記第1のユーザインタフェース内の第2の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目を、前記第1の順序とは異なる、第2の順序で表示することと、を含む、方法。

請求項341

前記第2の順序が前記第1の順序と反対である、請求項340に記載の方法。

請求項342

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、前記第1のユーザインタフェース内の前記第1の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニューを、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトから離すように第1の方向に延伸することと、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、前記第2の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニューを、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトから離すように、前記第1の方向とは異なる第2の方向に延伸することと、を含む、請求項340又は341に記載の方法。

請求項343

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目が、互いに対する関連付けられた優先度を有し、前記メニュー内の最も優先度の高いメニュー項目が、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの最も近くに表示される、請求項340から342のいずれか一項に記載の方法。

請求項344

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の複数のメニュー項目が、各々、それぞれのグラフィック及びそれぞれのテキストを含み、前記メニュー内の前記複数のメニュー項目の前記それぞれのグラフィック及び前記それぞれのテキストの表示される配置が、前記第1のユーザインタフェース内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの前記位置に基づいて決定される、請求項340から343のいずれか一項に記載の方法。

請求項345

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の位置にあるという判定に従って、各メニュー項目の前記それぞれのテキストが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目の前記それぞれのグラフィックの右に配置される、請求項344に記載の方法。

請求項346

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の位置にあるという判定に従って、各メニュー項目の前記それぞれのテキストが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目の前記それぞれのグラフィックの左に配置される、請求項344又は345に記載の方法。

請求項347

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが第3の位置にあるという判定に従って、各メニュー項目の前記それぞれのテキストが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目の前記それぞれのグラフィックの左に配置され、前記メニュー内の前記メニュー項目が前記第1の順序で並ぶ、請求項344から346のいずれか一項に記載の方法。

請求項348

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが第4の位置にあるという判定に従って、各メニュー項目の前記それぞれのテキストが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目の前記それぞれのグラフィックの右に配置され、前記メニュー内の前記メニュー項目が前記第2の順序で並ぶ、請求項344から347のいずれか一項に記載の方法。

請求項349

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトがそれぞれのアイコングラフィックを含み、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの前記それぞれのアイコングラフィックが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目の前記それぞれのグラフィックと整列される、請求項344から348のいずれか一項に記載の方法。

請求項350

前記複数のユーザインタフェースオブジェクトが、前記第1のユーザインタフェース内の格子内に配置され、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、前記格子内の第1の位置に位置し、前記メニューが、前記第1の位置の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを覆わずに前記第1のユーザインタフェースの一部分を覆うように、前記メニューが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対してそれぞれの方向で垂直方向に及びそれぞれの方向で水平方向に延伸される、請求項340から349のいずれか一項に記載の方法。

請求項351

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニューを表示する間に、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の他のユーザインタフェースオブジェクトに対して、視覚的に強調することを含む、請求項340から350のいずれか一項に記載の方法。

請求項352

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトがアプリケーション起動アイコンであり、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトのための前記メニューが、アクティブにされると、前記アプリケーション起動アイコンに対応するアプリケーションのための取得情報を第2の電子デバイスに送る処理を開始する、メニュー項目を含む、請求項340から351のいずれか一項に記載の方法。

請求項353

前記電子デバイスのオペレーティングシステムにより、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられたアプリケーションから、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトのための前記メニュー内に含まれるべき前記メニュー項目及び前記第1のユーザインタフェースオブジェクトのための前記メニュー内に含まれるべき前記メニュー項目に関連付けられた優先度情報を含む、メニュー生成データを受け取ることと、前記オペレーティングシステムにより、前記第1のユーザインタフェース上に表示するための前記第1のユーザインタフェースオブジェクトのための前記メニューを、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記アプリケーションから受け取った前記メニュー生成データに基づいて、生成することと、を含む、請求項340から352のいずれか一項に記載の方法。

請求項354

前記第1のユーザインタフェース上の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを、前記第1の位置から、前記第1の位置とは異なる、前記第1のユーザインタフェース内の新しい位置に移動することと、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを前記第1のユーザインタフェース内の前記新しい位置に移動した後に、前記1つ以上の入力デバイスにより、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対する前記メニューオプションを表示する第2の要求に対応する、第2の入力を検出し、前記第2の入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目を、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの前記新しい位置に従って、前記第1の順序とは異なる新しい順序で表示することと、を含む、請求項340から353のいずれか一項に記載の方法。

請求項355

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、第1のアプリケーションプログラムに対応するアプリケーションアイコンである、請求項340から354のいずれか一項に記載の方法。

請求項356

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目を表示する間に、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを選択する要求に対応する第2の入力を検出することと、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを選択する前記要求に対応する前記第2の入力を検出することに応じて、前記第1のアプリケーションプログラムを起動し、前記第1のユーザインタフェース、及び前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニューの表示を停止することと、を含む、請求項355に記載の方法。

請求項357

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニューを表示せずに前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、前記第1のユーザインタフェースを選択する要求に対応するそれぞれの入力が、前記第1のアプリケーションプログラムを起動する、請求項356に記載の方法。

請求項358

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目を表示する間に、ユーザインタフェース再構成モードに入る要求に対応する第3の入力の第1の部分を検出することと、前記ユーザインタフェース再構成モードに入る前記要求に対応する前記第3の入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記ユーザインタフェース再構成モードに入り、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニューの表示を停止することと、を含む、請求項340から357のいずれか一項に記載の方法。

請求項359

前記ユーザインタフェース再構成モードの間に、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを前記第1のユーザインタフェース内の第1の位置から前記第1のユーザインタフェース内の第2の位置に移動する要求に対応する前記第3の入力の第2の部分を検出し、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを前記第1のユーザインタフェース内の前記第1の位置から前記第1のユーザインタフェース内の前記第2の位置に移動する要求に対応する前記第3の入力の前記第2の部分を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースを再構成すること、を含む、請求項358に記載の方法。

請求項360

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニューを表示せずに前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、前記ユーザインタフェース再構成モードに入る要求に対応するそれぞれの入力が、前記電子デバイスを前記再構成モードに入らせる、請求項359に記載の方法。

請求項361

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目を表示する間に、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの1つ以上のユーザインタフェースオブジェクトを不明瞭化する視覚効果を加えることを含む、請求項340から360のいずれか一項に記載の方法。

請求項362

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリ内に記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成され、前記1つ以上のプログラムは、前記ディスプレイ上に、それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが対応するメニューオプションのセットに関連付けられている、複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースを表示し、前記1つ以上の入力デバイスにより、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの第1のユーザインタフェースオブジェクトに対するメニューオプションを表示する要求に対応する、第1の入力を検出し、前記第1の入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応するメニュー内のメニュー項目を表示する、ための命令を含み、前記メニューを表示することは、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、前記第1のユーザインタフェース内の第1の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目を第1の順序で表示することと、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、前記第1の位置とは異なる、前記第1のユーザインタフェース内の第2の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目を前記第1の順序とは異なる第2の順序で表示することと、を含む、電子デバイス。

請求項363

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出する1つ以上のセンサを備えた電子デバイスによって実行されたとき、前記デバイスに、前記ディスプレイ上に、それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが対応するメニューオプションのセットに関連付けられている、複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースを表示させ、前記1つ以上の入力デバイスにより、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの第1のユーザインタフェースオブジェクトに対するメニューオプションを表示する要求に対応する、第1の入力を検出させ、前記第1の入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応するメニュー内のメニュー項目を表示させる、命令を含み、前記メニューを表示することは、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、前記第1のユーザインタフェース内の第1の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目を第1の順序で表示することと、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、前記第1の位置とは異なる、前記第1のユーザインタフェース内の第2の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目を前記第1の順序とは異なる第2の順序で表示することと、を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項364

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、前記ディスプレイ上に、それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが対応するメニューオプションのセットに関連付けられている、複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースを表示するための手段と、前記1つ以上の入力デバイスにより、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの第1のユーザインタフェースオブジェクトに対するメニューオプションを表示する要求に対応する、第1の入力を検出するための手段と、前記第1の入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応するメニュー内のメニュー項目を表示するための手段と、を備え、前記メニューを表示することは、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、前記第1のユーザインタフェース内の第1の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目を第1の順序で表示することと、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、前記第1の位置とは異なる、前記第1のユーザインタフェース内の第2の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目を前記第1の順序とは異なる第2の順序で表示することと、を含む、電子デバイス。

請求項365

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムが、前記メモリに記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成されており、前記1つ以上のプログラムが、請求項340から361に記載の前記方法のいずれかを実行するための命令を含む、電子デバイス。

請求項366

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスによって実行されると、前記デバイスに、請求項340から361に記載の前記方法のいずれかを実行させる命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項367

ディスプレイ、タッチ感知面、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、メモリ、及び前記メモリ内に記憶された1つ以上のプログラムを実行するための1つ以上のプロセッサを備える電子デバイス上の、グラフィカルユーザインタフェースであって、請求項340から361に記載の前記方法のいずれかに従って表示されるユーザインタフェースを備える、グラフィカルユーザインタフェース。

請求項368

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、請求項340から361に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項369

電子デバイスであって、ユーザインタフェース、及びユーザインタフェースオブジェクトを表示するように構成されたディスプレイユニットと、入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、前記タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された、1つ以上のセンサユニットと、前記ディスプレイユニット、前記タッチ感知面ユニット及び前記1つ以上のセンサユニットに結合された処理ユニットと、を備え、前記処理ユニットが、前記ディスプレイユニット上に、それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが対応するメニューオプションのセットに関連付けられている、複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースの表示を有効にし、前記1つ以上の入力デバイスにより、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの第1のユーザインタフェースオブジェクトに対するメニューオプションを表示する要求に対応する、第1の入力を検出し、前記第1の入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応するメニュー内のメニュー項目の表示を有効にする、ように構成され、前記メニューを表示することは、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、前記第1のユーザインタフェース内の第1の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目を第1の順序で表示することと、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、前記第1の位置とは異なる、前記第1のユーザインタフェース内の第2の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目を前記第1の順序とは異なる第2の順序で表示することと、を含む、電子デバイス。

請求項370

前記第2の順序が前記第1の順序と反対である、請求項369に記載の電子デバイス。

請求項371

前記処理ユニットが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、前記第1のユーザインタフェース内の前記第1の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニューを、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトから離すように、第1の方向に延伸し、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、前記第2の位置にあるという判定に従って、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニューを、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトから離すように、前記第1の方向とは異なる第2の方向に延伸する、ように構成された、請求項369又は370に記載の電子デバイス。

請求項372

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目が、互いに対する関連付けられた優先度を有し、前記メニュー内の最も優先度の高いメニュー項目が前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの最も近くに表示される、請求項369から371のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項373

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の複数のメニュー項目が、各々、それぞれのグラフィック及びそれぞれのテキストを含み、前記メニュー内の前記複数のメニュー項目の前記それぞれのグラフィック及び前記それぞれのテキストの表示される配置が、前記第1のユーザインタフェース内の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの前記位置に基づいて決定される、請求項369から372のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項374

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが前記第1の位置にあるという判定に従って、各メニュー項目の前記それぞれのテキストが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目の前記それぞれのグラフィックの右に配置される、請求項373に記載の電子デバイス。

請求項375

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが前記第2の位置にあるという判定に従って、各メニュー項目の前記それぞれのテキストが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目の前記それぞれのグラフィックの左に配置される、請求項373又は374に記載の電子デバイス。

請求項376

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが第3の位置にあるという判定に従って、各メニュー項目の前記それぞれのテキストが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目の前記それぞれのグラフィックの左に配置され、前記メニュー内の前記メニュー項目が前記第1の順序で並ぶ、請求項373から375のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項377

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが第4の位置にあるという判定に従って、各メニュー項目の前記それぞれのテキストが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目の前記それぞれのグラフィックの右に配置され、前記メニュー内の前記メニュー項目が前記第2の順序で並ぶ、請求項373から376のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項378

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトがそれぞれのアイコングラフィックを含み、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの前記それぞれのアイコングラフィックが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目の前記それぞれのグラフィックと整列される、請求項373から377のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項379

前記複数のユーザインタフェースオブジェクトが、前記第1のユーザインタフェース内の格子内に配置され、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、前記格子内の第1の位置に位置し、前記メニューが、前記第1の位置の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを覆わずに前記第1のユーザインタフェースの一部分を覆うように、前記メニューが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対してそれぞれの方向で垂直方向に及びそれぞれの方向で水平方向に延伸される、請求項369から378のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項380

前記処理ユニットが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニューを表示する間に、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数のユーザインタフェースオブジェクト内の他のユーザインタフェースオブジェクトに対して、視覚的に強調するように構成された、請求項369から379のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項381

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトがアプリケーション起動アイコンであり、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトのための前記メニューが、アクティブにされると、前記アプリケーション起動アイコンに対応するアプリケーションのための取得情報を第2の電子デバイスに送る処理を開始する、メニュー項目を含む、請求項369から380のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項382

前記処理ユニットが、前記電子デバイスのオペレーティングシステムにより、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられたアプリケーションから、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトのための前記メニュー内に含まれるべき前記メニュー項目及び前記第1のユーザインタフェースオブジェクトのための前記メニュー内に含まれるべき前記メニュー項目に関連付けられた優先度情報を含む、メニュー生成データを受け取り、前記オペレーティングシステムにより、前記第1のユーザインタフェース上に表示するための前記第1のユーザインタフェースオブジェクトのための前記メニューを、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに関連付けられた前記アプリケーションから受け取った前記メニュー生成データに基づいて生成する、ように構成された、請求項369から381のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項383

前記処理ユニットが、前記第1のユーザインタフェース上の前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを、前記第1の位置から、前記第1の位置とは異なる、前記第1のユーザインタフェース内の新しい位置に移動し、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを前記第1のユーザインタフェース内の前記新しい位置に移動した後に、前記1つ以上の入力デバイスにより、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対する前記メニューオプションを表示する第2の要求に対応する、第2の入力を検出し、前記第2の入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目の、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトの前記新しい位置に従った、前記第1の順序とは異なる新しい順序での表示を有効にする、ように構成された、請求項369から382のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項384

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトが、第1のアプリケーションプログラムに対応するアプリケーションアイコンである、請求項369から383のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項385

前記処理ユニットが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目を表示する間に、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを選択する要求に対応する第2の入力を検出し、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを選択する前記要求に対応する前記第2の入力を検出することに応じて、前記第1のアプリケーションプログラムを起動し、前記第1のユーザインタフェース、及び前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニューの表示を停止する、ように構成された、請求項384に記載の電子デバイス。

請求項386

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニューを表示せずに前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、前記第1のユーザインタフェースを選択する要求に対応するそれぞれの入力が、前記第1のアプリケーションプログラムを起動する、請求項385に記載の電子デバイス。

請求項387

前記処理ユニットが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目を表示する間に、ユーザインタフェース再構成モードに入る要求に対応する第3の入力の第1の部分を検出し、前記ユーザインタフェース再構成モードに入る前記要求に対応する前記第3の入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記ユーザインタフェース再構成モードに入り、前記第1のユーザインタフェース、及び前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニューの表示を停止する、ように構成された、請求項384から386のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項388

前記処理ユニットが、前記ユーザインタフェース再構成モードの間に、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを前記第1のユーザインタフェース上の第1の位置から前記ユーザインタフェース上の第2の位置に移動する要求に対応する前記第3の入力の第2の部分を検出し、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトを前記第1のユーザインタフェース上の前記第1の位置から前記第1のユーザインタフェース上の前記第2の位置に移動する要求に対応する前記第3の入力の前記第2の部分を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースを再構成する、ように構成された、請求項387に記載の電子デバイス。

請求項389

前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニューを表示せずに前記第1のユーザインタフェースを表示する間に、前記ユーザインタフェース再構成モードに入る要求に対応するそれぞれの入力が、前記電子デバイスを前記再構成モードに入らせる、請求項388に記載の電子デバイス。

請求項390

前記処理ユニットが、前記第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する前記メニュー内の前記メニュー項目を表示する間に、前記第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の前記複数のユーザインタフェースオブジェクトの1つ以上のユーザインタフェースオブジェクトを不明瞭化する視覚効果を加えるように構成された、請求項369から389のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項391

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える、電子デバイスにおいて、前記ディスプレイ上に、ユーザインタフェースと相互作用するための、直接選択アクション及び1つ以上の他のアクションを含む、複数のアクションに関連付けられた選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含むユーザインタフェースを表示することと、前記選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含む前記ユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記選択可能なユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の接触を検出することを含む、入力を検出することと、前記接触を検出することを含む前記入力を検出することに応じて、前記入力が選択基準を満たすという判定に従って、前記ディスプレイ上に、前記直接選択アクション及び前記1つ以上の他のアクションを含む前記複数のアクションのグラフカル表現を含む、メニューを表示し、前記入力が、前記接触の特性強度がそれぞれの強度閾値を上回って増大するとき満たされる基準を含む、直接選択基準を満たすという判定に従って、前記直接選択アクションを実行することと、を含む、方法。

請求項392

前記直接選択アクション及び前記1つ以上の他のアクションのそれぞれが、前記ユーザインタフェース上に表示される前記メニュー内で個々に選択可能である、請求項391に記載の方法。

請求項393

前記メニューが、前記接触のリフトオフが検出された後に表示される、請求項391又は392に記載の方法。

請求項394

前記接触の前記特性強度が、前記直接選択基準に用いられる前記それぞれの強度閾値より低い第1の強度値に達したときに、前記メニューが表示される、請求項391又は392に記載の方法。

請求項395

前記直接選択アクション及び前記1つ以上の他のアクションを含む前記複数のアクションのグラフィカル表現を含む、前記メニューを表示することが、前記直接選択アクションを前記メニュー内の前記1つ以上の他のアクションと視覚的に区別する視覚効果を加えることを含む、請求項391から394のいずれか一項に記載の方法。

請求項396

前記直接選択アクション及び前記1つ以上の他のアクションを含む前記複数のアクションのグラフィカル表現を含む、前記メニューを表示することが、前記メニューを、前記接触の強度の増大に従って漸次提示することを含む、請求項391から395のいずれか一項に記載の方法。

請求項397

前記入力が直接選択基準を満たすという判定に従って、前記直接選択アクションを前記メニュー内の前記1つ以上の他のアクションと視覚的に区別する、第2の視覚効果を前記直接選択アクションに加えることを含む、請求項391から396のいずれか一項に記載の方法。

請求項398

前記入力が直接選択基準を満たすという判定に従って、前記メニュー内の前記直接選択アクションを視覚的に強調するように、前記他のアクションを漸次フェードアウトさせることを含む、請求項391から397のいずれか一項に記載の方法。

請求項399

前記入力が直接選択基準を満たすという判定に従って、前記直接選択アクションが前記メニュー内に表示されている間に、前記メニュー内の前記他のアクションを隠すように、前記メニューを漸次縮小することを含む、請求項391から398のいずれか一項に記載の方法。

請求項400

前記入力が直接選択基準を満たすという判定に従って、前記直接選択アクションを前記フォーカスセレクタのより近くに移動することを含む、請求項391から399のいずれか一項に記載の方法。

請求項401

前記入力が選択基準を満たすという判定に従って、前記メニューを表示する間に、前記入力の終了を検出し、前記フォーカスセレクタが前記表示されたメニューの外側にある間に、前記タッチ感知面上の第2の接触を検出することを含む、第2の入力を検出し、前記第2の入力を検出することに応じて、前記メニューの表示を停止すること、を含む、請求項391から400のいずれか一項に記載の方法。

請求項402

前記メニューが、前記ユーザインタフェースの一部分の上に、及び前記選択可能なユーザインタフェースオブジェクトに隣接して、重ね合わせて表示される、請求項391から401のいずれか一項に記載の方法。

請求項403

前記入力が選択基準を満たすという判定に従って、前記メニューを表示する間に、前記1つ以上の他のアクションの第1のアクション上への前記フォーカスセレクタの移動に対応する、前記接触の移動を検出し、前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記第1のアクションを実行すること、を含む、請求項391から402のいずれか一項に記載の方法。

請求項404

前記直接選択アクションを実行することが、前記ユーザインタフェースを更新することを含む、請求項391から403のいずれか一項に記載の方法。

請求項405

前記選択可能なユーザインタフェースオブジェクトが、メッセージインタフェースに対応し、前記メニューが、前記直接選択アクションとしての返信アクション、並びに前記他のアクションとしての全員に返信アクション及び転送アクションを含む、請求項391から404のいずれか一項に記載の方法。

請求項406

前記選択可能なユーザインタフェースオブジェクトが、カメラアイコンに対応し、前記メニューが、前記直接選択アクションとしてのスチルカメラモード、並びに前記他のアクションとしてのビデオカメラモード及びパノラマモードを含む、請求項391から404のいずれか一項に記載の方法。

請求項407

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリ内に記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成され、前記1つ以上のプログラムは、前記ディスプレイ上に、ユーザインタフェースと相互作用するための、直接選択アクション及び1つ以上の他のアクションを含む、複数のアクションに関連付けられた選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含むユーザインタフェースを表示し、前記選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含む前記ユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記選択可能なユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の接触を検出することを含む入力を検出し、前記接触を検出することを含む前記入力を検出することに応じて、前記入力が選択基準を満たすという判定に従って、前記ディスプレイ上に、前記直接選択アクション及び前記1つ以上の他のアクションを含む前記複数のアクションのグラフィカル表現を含む、メニューを表示し、前記入力が、前記接触の特性強度がそれぞれの強度閾値を上回って増大するとき満たされる基準を含む、直接選択基準を満たすという判定に従って、前記直接選択アクションを実行する、ための命令を含む、電子デバイス。

請求項408

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出する1つ以上のセンサを備えた電子デバイスによって実行されたとき、前記デバイスに、前記ディスプレイ上に、ユーザインタフェースと相互作用するための、直接選択アクション及び1つ以上の他のアクションを含む、複数のアクションに関連付けられた選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含むユーザインタフェースを表示させ、前記選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含む前記ユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記選択可能なユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の接触を検出することを含む入力を検出させ、前記接触を検出することを含む前記入力を検出することに応じて、前記入力が選択基準を満たすという判定に従って、前記ディスプレイ上に、前記直接選択アクション及び前記1つ以上の他のアクションを含む前記複数のアクションのグラフィカル表現を含む、メニューを表示させ、前記入力が、前記接触の特性強度がそれぞれの強度閾値を上回って増大するとき満たされる基準を含む、直接選択基準を満たすという判定に従って、前記直接選択アクションを実行させる、命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項409

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、前記ディスプレイ上に、ユーザインタフェースと相互作用するための、直接選択アクション及び1つ以上の他のアクションを含む、複数のアクションに関連付けられた選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含むユーザインタフェースを表示するための手段と、前記選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含む前記ユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記選択可能なユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の接触を検出することを含む入力を検出するための手段と、前記接触を検出することを含む前記入力を検出することに応じて、前記入力が選択基準を満たすという判定に従って、前記ディスプレイ上に、前記直接選択アクション及び前記1つ以上の他のアクションを含む前記複数のアクションのグラフィカル表現を含む、メニューを表示するための手段と、前記入力が、前記接触の特性強度がそれぞれの強度閾値を上回って増大するとき満たされる基準を含む、直接選択基準を満たすという判定に従って、前記直接選択アクションを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項410

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムが、前記メモリに記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成されており、前記1つ以上のプログラムが、請求項391から406に記載の前記方法のいずれかを実行するための命令を含む、電子デバイス。

請求項411

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスによって実行されると、前記デバイスに、請求項391から406に記載の前記方法のいずれかを実行させる命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項412

ディスプレイ、タッチ感知面、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、メモリ、及び前記メモリ内に記憶された1つ以上のプログラムを実行するための1つ以上のプロセッサを備える電子デバイス上の、グラフィカルユーザインタフェースであって、請求項391から406に記載の前記方法のいずれかに従って表示されるユーザインタフェースを備える、グラフィカルユーザインタフェース。

請求項413

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、請求項391から406に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項414

電子デバイスであって、ユーザインタフェース、及びユーザインタフェースオブジェクトを表示するように構成されたディスプレイユニットと、入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、前記タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された、1つ以上のセンサユニットと、前記ディスプレイユニット、前記タッチ感知面ユニット及び前記1つ以上のセンサユニットに結合された処理ユニットと、を備え、前記処理ユニットが、前記ディスプレイユニット上への、ユーザインタフェースと相互作用するための、直接選択アクション及び1つ以上の他のアクションを含む、複数のアクションに関連付けられた選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含むユーザインタフェースの表示を有効にし、前記選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含む前記ユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記選択可能なユーザインタフェースオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面ユニット上の接触を検出することを含む入力を検出し、前記接触を検出することを含む前記入力を検出することに応じて、前記入力が選択基準を満たすという判定に従って、前記ディスプレイユニット上への、前記直接選択アクション及び前記1つ以上の他のアクションを含む前記複数のアクションのグラフィカル表現を含む、メニューの表示を有効にし、前記入力が、前記接触の特性強度がそれぞれの強度閾値を上回って増大するとき満たされる基準を含む、直接選択基準を満たすという判定に従って、前記直接選択アクションを実行する、ように構成された、電子デバイス。

請求項415

前記直接選択アクション及び前記1つ以上の他のアクションのそれぞれが、前記ユーザインタフェース上に表示される前記メニュー内で個々に選択可能である、請求項414に記載の電子デバイス。

請求項416

前記メニューが、前記接触のリフトオフが検出された後に表示される、請求項414又は415に記載の電子デバイス。

請求項417

前記接触の前記特性強度が、前記直接選択基準に用いられる前記それぞれの強度閾値より低い第1の強度値に達したときに、前記メニューが表示される、請求項414又は415に記載の電子デバイス。

請求項418

前記直接選択アクション及び前記1つ以上の他のアクションを含む前記複数のアクションのグラフィカル表現を含む、前記メニューを表示することが、前記直接選択アクションを前記メニュー内の前記1つ以上の他のアクションと視覚的に区別する視覚効果を加えることを含む、請求項414から417のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項419

前記直接選択アクション及び前記1つ以上の他のアクションを含む前記複数のアクションのグラフィカル表現を含む、前記メニューを表示することが、前記メニューを、前記接触の強度の増大に従って漸次提示することを含む、請求項414から418のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項420

前記処理ユニットが、前記入力が直接選択基準を満たすという判定に従って、前記直接選択アクションを前記メニュー内の前記1つ以上の他のアクションと視覚的に区別する、第2の視覚効果を前記直接選択アクションに加えるように構成された、請求項414から419のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項421

前記処理ユニットが、前記入力が直接選択基準を満たすという判定に従って、前記メニュー内の前記直接選択アクションを視覚的に強調するように、前記他のアクションを漸次フェードアウトさせるように構成された、請求項414から420のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項422

前記処理ユニットが、前記入力が直接選択基準を満たすという判定に従って、前記直接選択アクションが前記メニュー内に表示されている間に、前記メニュー内の前記他のアクションを隠すように、前記メニューを漸次縮小するように構成された、請求項414から421のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項423

前記処理ユニットが、前記入力が直接選択基準を満たすという判定に従って、前記直接選択アクションを前記フォーカスセレクタのより近くに移動するように構成された、請求項414から422のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項424

前記処理ユニットが、前記入力が選択基準を満たすという判定に従って、前記メニューを表示する間に、前記入力の終了を検出し、前記フォーカスセレクタが前記表示されたメニューの外側にある間に、前記タッチ感知面ユニット上の第2の接触を検出することを含む、第2の入力を検出し、前記第2の入力を検出することに応じて、前記メニューの表示を停止する、ように構成された、請求項414から423のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項425

前記メニューが、前記ユーザインタフェースの一部分の上に、及び前記選択可能なユーザインタフェースオブジェクトに隣接して、重ね合わせて表示される、請求項414から424のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項426

前記処理ユニットが、前記入力が選択基準を満たすという判定に従って、前記メニューを表示する間に、前記1つ以上の他のアクションの第1のアクション上への前記フォーカスセレクタの移動に対応する、前記接触の移動を検出し、前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記第1のアクションを実行する、ように構成された、請求項414から425のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項427

前記直接選択アクションを実行することが、前記ユーザインタフェースを更新することを含む、請求項414から426のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項428

前記選択可能なユーザインタフェースオブジェクトが、メッセージインタフェースに対応し、前記メニューが、前記直接選択アクションとしての返信アクション、並びに前記他のアクションとしての全員に返信アクション及び転送アクションを含む、請求項414から427のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項429

前記選択可能なユーザインタフェースオブジェクトが、カメラアイコンに対応し、前記メニューが、前記直接選択アクションとしてのスチルカメラモード、並びに前記他のアクションとしてのビデオカメラモード及びパノラマモードを含む、請求項414から427のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項430

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える、電子デバイスにおいて、前記ディスプレイ上に、接触強度の変化によりトリガーされるそれぞれのオブジェクト固有の動作に関連付けられている、複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む、ユーザインタフェースを表示することであって、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトは、前記ユーザインタフェース内の第1の位置に表示される第1のオブジェクト及び前記ユーザインタフェース内の第2の位置に表示される第2のオブジェクトを含む、ことと、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む前記ユーザインタフェースを表示する間に、前記タッチ感知面上の第1の接触を検出すること及び前記第1の接触の特性強度の第1の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、第1の入力を検出することと、前記第1の入力を検出することに応じて、フォーカスセレクタが、前記第1のオブジェクトが表示される前記ユーザインタフェース内の前記第1の位置にあるという判定に従って、前記ディスプレイ上に前記第1のオブジェクトに関連付けられた追加情報を表示することを含む、前記第1のオブジェクトに関連付けられた第1の動作を実行し、フォーカスセレクタが、前記第2のオブジェクトが表示される前記ユーザインタフェース内の前記第2の位置にあるという判定に従って、前記ディスプレイ上に前記第2のオブジェクトに関連付けられた追加情報を表示することを含む、前記第1のオブジェクトに関連付けられた前記第1の動作とは別個の、前記第2のオブジェクトに関連付けられた第2の動作を実行し、フォーカスセレクタが、接触強度の変化によりトリガーされるオブジェクト固有の動作に関連付けられたいずれのオブジェクトからも離れた、前記ユーザインタフェース内の前記位置にあるという判定に従って、前記ユーザインタフェース内の前記第1及び第2のオブジェクトを同時に視覚的に区別するように、前記ディスプレイ上の前記ユーザインタフェースを更新することを含む、第3の動作を実行することと、を含む、方法。

請求項431

前記第1のオブジェクトに関連付けられた前記第1の動作が、前記第1のオブジェクトを前記第2のオブジェクトに対して強調することを含む、請求項430に記載の方法。

請求項432

前記第2のオブジェクトに関連付けられた前記第2の動作が、前記第2のオブジェクトを前記第1のオブジェクトに対して強調することを含む、請求項430又は431に記載の方法。

請求項433

前記第3の動作が、前記第1のオブジェクト及び前記第2のオブジェクトを強調することを含む、請求項430から432のいずれか一項に記載の方法。

請求項434

前記第3の動作で前記強調することが、前記第1の動作が前記第1のオブジェクトを強調するのと同じ方法で前記第1のオブジェクトを強調すること、及び前記第2の動作が前記第2のオブジェクトを強調するのと同じ方法で前記第2のオブジェクトを強調することを含む、請求項433に記載の方法。

請求項435

前記第1のオブジェクトを前記第2のオブジェクトに対して強調するために加えられる視覚効果の量が、前記接触の前記特性強度の現在の変化に従って動的に変更される、請求項431から434のいずれか一項に記載の方法。

請求項436

前記第1のオブジェクトが、第1の種類の強度トリガー動作に関連付けられている、請求項430から435のいずれか一項に記載の方法。

請求項437

前記第2のオブジェクトが、前記第1の種類の強度トリガー動作とは別個の、第2の種類の強度トリガー動作に関連付けられている、請求項436に記載の方法。

請求項438

前記第1のオブジェクトが、前記第1のオブジェクトに関連付けられた第1のコンテンツを見せるための、第1の種類の強度トリガー動作に関連付けられている、請求項430から435のいずれか一項に記載の方法。

請求項439

前記第2のオブジェクトが、前記第2のオブジェクトに関連付けられた第2のコンテンツを見せるための、第1の種類の強度トリガー動作に関連付けられている、請求項438に記載の方法。

請求項440

前記第1のオブジェクトが、接触強度の変化に関連付けられた第1の種類のアクションAPIに関連付けられている、請求項430から439のいずれか一項に記載の方法。

請求項441

前記第1のオブジェクトに関連付けられた前記第1の動作を実行することが、前記接触の前記特性強度が前記第1の強度閾値を上回って増大するときに、前記第1のオブジェクトに対応する第1の情報を提示することと、前記接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値より大きい第2の強度閾値を上回って増大するときに、前記第1のオブジェクトに対応する、前記第1の情報とは別個の、第2の情報を提示することと、を含む、請求項430から440のいずれか一項に記載の方法。

請求項442

前記第1のオブジェクトに対応する前記第1の情報が、前記第1のオブジェクトに関連付けられたプレビューであり、前記第1のオブジェクトに対応する前記第2の情報が、前記第1のオブジェクトに関連付けられた第2のユーザインタフェースである、請求項441に記載の方法。

請求項443

前記第2のオブジェクトに関連付けられた前記第2の動作を実行することが、前記接触の前記特性強度が前記第1の強度閾値を上回って増大するときに、前記第2のオブジェクトに対応する第1の情報を提示することと、前記接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値より大きい第2の強度閾値を上回って増大するときに、前記第2のオブジェクトに対応する前記第1の情報内に表されたアクションを実行することと、を含む、請求項430から442のいずれか一項に記載の方法。

請求項444

前記第2のオブジェクトに対応する前記第1の情報が、前記第2のオブジェクトに関連付けられたアクションメニューであり、前記第2のオブジェクトに対応する前記第1の情報内に表された前記アクションが、前記第2のオブジェクトに関連付けられた前記アクションメニュー内に表された直接選択アクションである、請求項443に記載の方法。

請求項445

前記ユーザインタフェースを前記ディスプレイ上に表示する間に、前記タッチ感知面上の第2の接触を検出し、続いて、前記第2の接触の特性強度の前記第1の強度閾値を上回る増大を検出することなく、前記第2の接触のリフトオフを検出することを含む、第2の入力を検出することと、第2の入力を検出することに応じて、フォーカスセレクタが、前記第1のオブジェクトが表示される前記ユーザインタフェース内の前記第1の位置にあるという判定に従って、前記第1のオブジェクトに関連付けられた前記第1の動作とは別個の、前記第1のオブジェクトに関連付けられた第2の動作を実行し、フォーカスセレクタが、接触強度の変化によりトリガーされるオブジェクト固有の動作に関連付けられた、いずれのオブジェクトからも離れた、前記ユーザインタフェース内の前記位置にあるという判定に従って、前記ユーザインタフェースの残部内のユーザインタフェース要素に対応する、第4の動作を実行することと、を含む、請求項430から444のいずれか一項に記載の方法。

請求項446

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリ内に記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成され、前記1つ以上のプログラムは、前記ディスプレイ上に、接触強度の変化によりトリガーされるそれぞれのオブジェクト固有の動作に関連付けられている、複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む、ユーザインタフェースを表示し、これにおいて、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトは、前記ユーザインタフェース内の第1の位置に表示される第1のオブジェクト及び前記ユーザインタフェース内の第2の位置に表示される第2のオブジェクトを含み、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む前記ユーザインタフェースを表示する間に、前記タッチ感知面上の第1の接触を検出すること及び前記第1の接触の特性強度の第1の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、第1の入力を検出し、前記第1の入力を検出することに応じて、フォーカスセレクタが、前記第1のオブジェクトが表示される前記ユーザインタフェース内の前記第1の位置にあるという判定に従って、前記ディスプレイ上に前記第1のオブジェクトに関連付けられた追加情報を表示することを含む、前記第1のオブジェクトに関連付けられた第1の動作を実行し、フォーカスセレクタが、前記第2のオブジェクトが表示される前記ユーザインタフェース内の前記第2の位置にあるという判定に従って、前記ディスプレイ上に前記第2のオブジェクトに関連付けられた追加情報を表示することを含む、前記第1のオブジェクトに関連付けられた前記第1の動作とは別個の、前記第2のオブジェクトに関連付けられた第2の動作を実行し、フォーカスセレクタが、接触強度の変化によりトリガーされるオブジェクト固有の動作に関連付けられたいずれのオブジェクトからも離れた、前記ユーザインタフェース内の前記位置にあるという判定に従って、前記ユーザインタフェース内の前記第1及び第2のオブジェクトを同時に視覚的に区別するように、前記ディスプレイ上の前記ユーザインタフェースを更新することを含む、第3の動作を実行する、ための命令を含む、電子デバイス。

請求項447

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出する1つ以上のセンサを備えた電子デバイスによって実行されたとき、前記デバイスに、前記ディスプレイ上に、接触強度の変化によりトリガーされるそれぞれのオブジェクト固有の動作に関連付けられている、複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む、ユーザインタフェースを表示させ、これにおいて、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトは、前記ユーザインタフェース内の第1の位置に表示される第1のオブジェクト及び前記ユーザインタフェース内の第2の位置に表示される第2のオブジェクトを含み、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む前記ユーザインタフェースを表示する間に、前記タッチ感知面上の第1の接触を検出すること及び前記第1の接触の特性強度の第1の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、第1の入力を検出させ、前記第1の入力を検出することに応じて、フォーカスセレクタが、前記第1のオブジェクトが表示される前記ユーザインタフェース内の前記第1の位置にあるという判定に従って、前記ディスプレイ上に前記第1のオブジェクトに関連付けられた追加情報を表示することを含む、前記第1のオブジェクトに関連付けられた第1の動作を実行させ、フォーカスセレクタが、前記第2のオブジェクトが表示される前記ユーザインタフェース内の前記第2の位置にあるという判定に従って、前記ディスプレイ上に前記第2のオブジェクトに関連付けられた追加情報を表示することを含む、前記第1のオブジェクトに関連付けられた前記第1の動作とは別個の、前記第2のオブジェクトに関連付けられた第2の動作を実行させ、フォーカスセレクタが、接触強度の変化によりトリガーされるオブジェクト固有の動作に関連付けられた、いずれのオブジェクトからも離れた、前記ユーザインタフェース内の前記位置にあるという判定に従って、前記ユーザインタフェース内の前記第1及び第2のオブジェクトを同時に視覚的に区別するように、前記ディスプレイ上の前記ユーザインタフェースを更新することを含む、第3の動作を実行させる、命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項448

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、前記ディスプレイ上に、接触強度の変化によりトリガーされるそれぞれのオブジェクト固有の動作に関連付けられた、複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む、ユーザインタフェースを表示するための手段であって、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトは、前記ユーザインタフェース内の第1の位置に表示される第1のオブジェクト及び前記ユーザインタフェース内の第2の位置に表示される第2のオブジェクトを含む、手段と、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む前記ユーザインタフェースを表示する間に、前記タッチ感知面上の第1の接触を検出すること及び前記第1の接触の特性強度の第1の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、第1の入力を検出するための手段と、前記第1の入力を検出することに応じて有効にされる、手段であって、フォーカスセレクタが、前記第1のオブジェクトが表示される前記ユーザインタフェース内の前記第1の位置にあるという判定に従って、前記ディスプレイ上に前記第1のオブジェクトに関連付けられた追加情報を表示することを含む、前記第1のオブジェクトに関連付けられた第1の動作を実行し、フォーカスセレクタが、前記第2のオブジェクトが表示される前記ユーザインタフェース内の前記第2の位置にあるという判定に従って、前記ディスプレイ上に前記第2のオブジェクトに関連付けられた追加情報を表示することを含む、前記第1のオブジェクトに関連付けられた前記第1の動作とは別個の、前記第2のオブジェクトに関連付けられた第2の動作を実行し、フォーカスセレクタが、接触強度の変化によりトリガーされるオブジェクト固有の動作に関連付けられた、いずれのオブジェクトからも離れた、前記ユーザインタフェース内の前記位置にあるという判定に従って、前記ユーザインタフェース内の前記第1及び第2のオブジェクトを同時に視覚的に区別するように、前記ディスプレイ上の前記ユーザインタフェースを更新することを含む、第3の動作を実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項449

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムが、前記メモリに記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成されており、前記1つ以上のプログラムが、請求項430から445に記載の前記方法のいずれかを実行するための命令を含む、電子デバイス。

請求項450

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスによって実行されると、前記デバイスに、請求項430から445に記載の前記方法のいずれかを実行させる命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項451

ディスプレイ、タッチ感知面、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、メモリ、及び前記メモリ内に記憶された1つ以上のプログラムを実行するための1つ以上のプロセッサを備える電子デバイス上の、グラフィカルユーザインタフェースであって、請求項430から445に記載の前記方法のいずれかに従って表示されるユーザインタフェースを備える、グラフィカルユーザインタフェース。

請求項452

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、請求項430から445に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項453

電子デバイスであって、ユーザインタフェース、及びユーザインタフェースオブジェクトを表示するように構成されたディスプレイユニットと、入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、前記タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された、1つ以上のセンサユニットと、前記ディスプレイユニット、前記タッチ感知面ユニット及び前記1つ以上のセンサユニットに結合された処理ユニットと、を備え、前記処理ユニットが、前記ディスプレイユニット上への、接触強度の変化によりトリガーされるそれぞれのオブジェクト固有の動作に関連付けられた、複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む、ユーザインタフェースの表示を有効にし、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトは、前記ユーザインタフェース内の第1の位置に表示される第1のオブジェクト及び前記ユーザインタフェース内の第2の位置に表示される第2のオブジェクトを含み、前記複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む前記ユーザインタフェースの表示を有効にする間に、前記タッチ感知面ユニット上の第1の接触を検出すること及び前記第1の接触の特性強度の第1の強度閾値を上回る増大を検出することを含む、第1の入力を検出し、前記第1の入力を検出することに応じて、フォーカスセレクタが、前記第1のオブジェクトが表示される前記ユーザインタフェース内の前記第1の位置にあるという判定に従って、前記ディスプレイユニット上に前記第1のオブジェクトに関連付けられた追加情報を表示することを含む、前記第1のオブジェクトに関連付けられた第1の動作を実行し、フォーカスセレクタが、前記第2のオブジェクトが表示される前記ユーザインタフェース内の前記第2の位置にあるという判定に従って、前記ディスプレイユニット上に前記第2のオブジェクトに関連付けられた追加情報を表示することを含む、前記第1のオブジェクトに関連付けられた前記第1の動作とは別個の、前記第2のオブジェクトに関連付けられた第2の動作を実行し、フォーカスセレクタが、接触強度の変化によりトリガーされるオブジェクト固有の動作に関連付けられた、いずれのオブジェクトからも離れた、前記ユーザインタフェース内の前記位置にあるという判定に従って、前記ユーザインタフェース内の前記第1及び第2のオブジェクトを同時に視覚的に区別するように、前記ディスプレイユニット上の前記ユーザインタフェースを更新することを含む、第3の動作を実行する、ように構成された、電子デバイス。

請求項454

前記第1のオブジェクトに関連付けられた前記第1の動作が、前記第1のオブジェクトを前記第2のオブジェクトに対して強調することを含む、請求項453に記載の電子デバイス。

請求項455

前記第2のオブジェクトに関連付けられた前記第2の動作が、前記第2のオブジェクトを前記第1のオブジェクトに対して強調することを含む、請求項453又は454に記載の電子デバイス。

請求項456

前記第3の動作が、前記第1のオブジェクト及び前記第2のオブジェクトを強調することを含む、請求項453から455のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項457

前記第3の動作で前記強調することが、前記第1の動作が前記第1のオブジェクトを強調するのと同じ方法で前記第1のオブジェクトを強調すること、及び前記第2の動作が前記第2のオブジェクトを強調するのと同じ方法で前記第2のオブジェクトを強調することを含む、請求項456に記載の電子デバイス。

請求項458

前記第1のオブジェクトを前記第2のオブジェクトに対して強調するために加えられる視覚効果の量が、前記接触の前記特性強度の現在の変化に従って動的に変更される、請求項454から457のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項459

前記第1のオブジェクトが、第1の種類の強度トリガー動作に関連付けられている、請求項453から458のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項460

前記第2のオブジェクトが、前記第1の種類の強度トリガー動作とは別個の、第2の種類の強度トリガー動作に関連付けられている、請求項459に記載の電子デバイス。

請求項461

前記第1のオブジェクトが、前記第1のオブジェクトに関連付けられた第1のコンテンツを見せるための、第1の種類の強度トリガー動作に関連付けられている、請求項453から458のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項462

前記第2のオブジェクトが、前記第2のオブジェクトに関連付けられた第2のコンテンツを見せるための、第1の種類の強度トリガー動作に関連付けられている、請求項461に記載の電子デバイス。

請求項463

前記第1のオブジェクトが、接触強度の変化に関連付けられた第1の種類のアクションAPIに関連付けられている、請求項453から462のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項464

前記第1のオブジェクトに関連付けられた前記第1の動作を実行することが、前記接触の前記特性強度が前記第1の強度閾値を上回って増大するときに、前記第1のオブジェクトに対応する第1の情報を提示することと、前記接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値より大きい第2の強度閾値を上回って増大するときに、前記第1のオブジェクトに対応する、前記第1の情報とは別個の、第2の情報を提示することと、を含む、請求項453から463のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項465

前記第1のオブジェクトに対応する前記第1の情報が、前記第1のオブジェクトに関連付けられたプレビューであり、前記第1のオブジェクトに対応する前記第2の情報が、前記第1のオブジェクトに関連付けられた第2のユーザインタフェースである、請求項464に記載の電子デバイス。

請求項466

前記第2のオブジェクトに関連付けられた前記第2の動作を実行することが、前記接触の前記特性強度が前記第1の強度閾値を上回って増大するときに、前記第2のオブジェクトに対応する第1の情報を提示することと、前記接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値より大きい第2の強度閾値を上回って増大するときに、前記第2のオブジェクトに対応する前記第1の情報内に表されたアクションを実行することと、を含む、請求項453から465のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項467

前記第2のオブジェクトに対応する前記第1の情報が、前記第2のオブジェクトに関連付けられたアクションメニューであり、前記第2のオブジェクトに対応する前記第1の情報内に表された前記アクションが、前記第2のオブジェクトに関連付けられた前記アクションメニュー内に表された直接選択アクションである、請求項466に記載の電子デバイス。

請求項468

前記処理ユニットが、前記ユーザインタフェースの前記ディスプレイユニット上への表示を有効にする間に、前記タッチ感知面ユニット上の第2の接触を検出し、続いて、前記第2の接触の特性強度の前記第1の強度閾値を上回る増大を検出することなく、前記第2の接触のリフトオフを検出することを含む、第2の入力を検出し、第2の入力を検出することに応じて、フォーカスセレクタが、前記第1のオブジェクトが表示される前記ユーザインタフェース内の前記第1の位置にあるという判定に従って、前記第1のオブジェクトに関連付けられた前記第1の動作とは別個の、前記第1のオブジェクトに関連付けられた第2の動作を実行し、フォーカスセレクタが、接触強度の変化によりトリガーされるオブジェクト固有の動作に関連付けられた、いずれのオブジェクトからも離れた、前記ユーザインタフェース内の前記位置にあるという判定に従って、前記ユーザインタフェースの残部内のユーザインタフェース要素に対応する、第4の動作を実行する、ように構成された、請求項453から467のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項469

方法であって、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える、電子デバイスにおいて、ユーザインタフェースを、前記ディスプレイ上に表示することであって、前記ユーザインタフェースは、第1のユーザインタフェース要素のセットを含み、前記第1のユーザインタフェース要素のセット内のそれぞれのユーザインタフェース要素に対して、前記デバイスが、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する位置での第1の入力種類のユーザ入力に、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行することにより、応答するように構成されており、前記ユーザインタフェースの残部に対して、前記デバイスが、前記ユーザインタフェースの前記残部内のユーザインタフェース要素に対応する位置での前記第1の入力種類のユーザ入力に、前記ユーザインタフェースの前記残部内の前記ユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行することにより、応答するように構成されていない、ことと、フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェース内の第1の位置にある間に、前記第1の入力種類の第1のユーザ入力を検出することと、前記フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェース内の前記第1の位置にある間に、前記第1の入力種類の前記第1のユーザ入力を検出することに応じて、前記第1の位置が前記第1のユーザインタフェース要素のセット内の第1のユーザインタフェース要素に対応するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行し、前記第1の位置が前記第1のユーザインタフェース要素のセット内のいずれのユーザインタフェース要素にも対応しないという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース要素のセットを前記ディスプレイ上の前記ユーザインタフェースの前記残部から区別するための視覚効果を加えることと、を含む、方法。

請求項470

前記第1の位置が、前記第1のユーザインタフェース要素のセット内の前記第1のユーザインタフェース要素に対応するか判定することが、前記第1の位置が、前記第1の入力種類に関連付けられた第1の種類のアクションAPIを有するユーザインタフェース要素に対応するか判定することを含む、請求項469に記載の方法。

請求項471

前記第1の入力種類が、前記タッチ感知面上の接触による押圧入力であり、前記デバイスが、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する前記位置での前記接触による前記押圧入力に対して、前記接触の前記強度が第1の強度閾値を上回るときに、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する第1の動作を実行することにより、応答するように構成されており、前記デバイスが、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する前記位置での前記接触による前記押圧入力に対して、前記接触の前記強度が前記第1の強度閾値より大きい第2の強度閾値を上回るときに、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する、前記第1の動作とは別個の第2の動作を実行することにより、応答するように構成された、請求項469又は470に記載の方法。

請求項472

前記第1の動作が、前記それぞれのユーザインタフェース要素に関連付けられたプレビューを表示し、前記第2の動作が、前記それぞれのユーザインタフェース要素に関連付けられた第2のユーザインタフェースを表示する、請求項471に記載の方法。

請求項473

前記第1の動作が、前記それぞれのユーザインタフェース要素に関連付けられたアクションメニューを表示し、前記第2の動作が、前記それぞれのユーザインタフェースに関連付けられた前記アクションメニュー内に表されるアクションを実行する、請求項471に記載の方法。

請求項474

前記第1のユーザインタフェース要素のセットを前記ディスプレイ上の前記ユーザインタフェースの前記残部から区別するために前記視覚効果を加えることが、前記ディスプレイ上の前記ユーザインタフェースの前記残部内のユーザインタフェース要素の外観を維持しながら、前記第1のユーザインタフェース要素のセットの外観をエンハンスすることを含む、請求項469から473のいずれか一項に記載の方法。

請求項475

前記第1のユーザインタフェース要素のセットを前記ディスプレイ上の前記ユーザインタフェースの前記残部から区別するために前記視覚効果を加えることが、前記ディスプレイ上の前記第1のユーザインタフェース要素のセットの外観を維持しながら、前記ディスプレイ上の前記ユーザインタフェースの前記残部内のユーザインタフェース要素を不明瞭化することを含む、請求項469から473のいずれか一項に記載の方法。

請求項476

前記第1のユーザインタフェース要素のセットを前記ディスプレイ上の他のユーザインタフェース要素から区別するために前記視覚効果を加えることが、前記第1のユーザインタフェース要素のセットの外観をエンハンスすることと、前記ディスプレイ上の前記ユーザインタフェースの前記残部内のユーザインタフェース要素を不明瞭化することと、を含む、請求項469から473のいずれか一項に記載の方法。

請求項477

前記ディスプレイ上に前記ユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェース内の前記第1の位置にある間に、前記第1の入力種類とは別個の、第2の入力種類の第2のユーザ入力を検出することと、前記フォーカスセレクタが、前記ユーザインタフェース内の前記第1の位置にある間に、前記第2の入力種類の前記第2のユーザ入力を検出することに応じて、前記第1の位置が、前記第1のユーザインタフェース要素のセット内の前記第1のユーザインタフェース要素に対応するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース要素に対応する動作を実行し、前記第1の位置が、前記ユーザインタフェースの前記残部内のユーザインタフェース要素に対応するという判定に従って、前記ユーザインタフェースの前記残部内の前記ユーザインタフェース要素に対応する動作を実行することと、を含む、請求項469から476のいずれか一項に記載の方法。

請求項478

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリ内に記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成され、前記1つ以上のプログラムは、ユーザインタフェースを前記ディスプレイ上に表示し、これにおいて、前記ユーザインタフェースは、第1のユーザインタフェース要素のセットを含み、前記第1のユーザインタフェース要素のセット内のそれぞれのユーザインタフェース要素に対して、前記デバイスが、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する位置での第1の入力種類のユーザ入力に、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行することにより、応答するように構成されており、前記ユーザインタフェースの残部に対して、前記デバイスが、前記ユーザインタフェースの前記残部内のユーザインタフェース要素に対応する位置での前記第1の入力種類のユーザ入力に、前記ユーザインタフェースの前記残部内の前記ユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行することにより、応答するように構成されておらず、フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェース内の第1の位置にある間に、前記第1の入力種類の第1のユーザ入力を検出し、前記フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェース内の前記第1の位置にある間に、前記第1の入力種類の前記第1のユーザ入力を検出することに応じて、前記第1の位置が前記第1のユーザインタフェース要素のセット内の第1のユーザインタフェース要素に対応するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行し、前記第1の位置が前記第1のユーザインタフェース要素のセット内のいずれのユーザインタフェース要素にも対応しないという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース要素のセットを、前記ディスプレイ上の前記ユーザインタフェースの前記残部から区別するための視覚効果を加える、ための命令を含む、電子デバイス。

請求項479

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出する1つ以上のセンサを備えた電子デバイスによって実行されたとき、前記デバイスに、ユーザインタフェースを、前記ディスプレイ上に表示させ、これにおいて、前記ユーザインタフェースは、第1のユーザインタフェース要素のセットを含み、前記第1のユーザインタフェース要素のセット内のそれぞれのユーザインタフェース要素に対して、前記デバイスが、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する位置での第1の入力種類のユーザ入力に、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行することにより、応答するように構成されており、前記ユーザインタフェースの残部に対して、前記デバイスが、前記ユーザインタフェースの前記残部内のユーザインタフェース要素に対応する位置での前記第1の入力種類のユーザ入力に、前記ユーザインタフェースの前記残部内の前記ユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行することにより、応答するように構成されておらず、フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェース内の第1の位置にある間に、前記第1の入力種類の第1のユーザ入力を検出させ、前記フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェース内の前記第1の位置にある間に、前記第1の入力種類の前記第1のユーザ入力を検出することに応じて、前記第1の位置が前記第1のユーザインタフェース要素のセット内の第1のユーザインタフェース要素に対応するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行させ、前記第1の位置が、前記第1のユーザインタフェース要素のセット内のいずれのユーザインタフェース要素にも対応しないという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース要素のセットを、前記ディスプレイ上の前記ユーザインタフェースの前記残部から区別するための視覚効果を加えさせる、命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項480

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、前記ディスプレイ上にユーザインタフェースを表示するための手段であって、前記ユーザインタフェースは第1のユーザインタフェース要素のセットを含み、前記第1のユーザインタフェース要素のセット内のそれぞれのユーザインタフェース要素に対して、前記デバイスが、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する位置での第1の入力種類のユーザ入力に、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行することにより、応答するように構成されており、前記ユーザインタフェースの残部に対して、前記デバイスが、前記ユーザインタフェースの前記残部内のユーザインタフェース要素に対応する位置での前記第1の入力種類のユーザ入力に、前記ユーザインタフェースの前記残部内の前記ユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行することにより、応答するように構成されていない、手段と、フォーカスセレクタが、前記ユーザインタフェース内の第1の位置にある間に、前記第1の入力種類の第1のユーザ入力を検出するための手段と、前記フォーカスセレクタが、前記ユーザインタフェース内の前記第1の位置にある間に、前記第1の入力種類の前記第1のユーザ入力を検出することに応じて有効にされる、手段であって、前記第1の位置が、前記第1のユーザインタフェース要素のセット内の第1のユーザインタフェース要素に対応するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行し、前記第1の位置が、前記第1のユーザインタフェース要素のセット内のいずれのユーザインタフェース要素にも対応しないという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース要素のセットを、前記ディスプレイ上の前記ユーザインタフェースの前記残部から区別するための視覚効果を加えるための手段と、を含む、電子デバイス。

請求項481

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムが、前記メモリに記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成されており、前記1つ以上のプログラムが、請求項469から477に記載の前記方法のいずれかを実行するための命令を含む、電子デバイス。

請求項482

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスによって実行されると、前記デバイスに、請求項469から477に記載の前記方法のいずれかを実行させる命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項483

ディスプレイ、タッチ感知面、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、メモリ、及び前記メモリ内に記憶された1つ以上のプログラムを実行するための1つ以上のプロセッサを備える電子デバイス上の、グラフィカルユーザインタフェースであって、請求項469から477に記載の前記方法のいずれかに従って表示されるユーザインタフェースを備える、グラフィカルユーザインタフェース。

請求項484

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、請求項469から477に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項485

電子デバイスであって、ユーザインタフェース、及びユーザインタフェース要素を表示するように構成されたディスプレイユニットと、入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、前記タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された、1つ以上のセンサユニットと、前記ディスプレイユニット、前記タッチ感知面ユニット及び前記1つ以上のセンサユニットに結合された処理ユニットと、を備え、前記処理ユニットが、前記ディスプレイユニット上へのユーザインタフェースの表示を有効にし、これにおいて、前記ユーザインタフェースは第1のユーザインタフェース要素のセットを含み、前記第1のユーザインタフェース要素のセット内のそれぞれのユーザインタフェース要素に対して、前記デバイスが、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する位置での第1の入力種類のユーザ入力に、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行することにより、応答するように構成されており、前記ユーザインタフェースの残部に対して、前記デバイスが、前記ユーザインタフェースの前記残部内のユーザインタフェース要素に対応する位置での前記第1の入力種類のユーザ入力に、前記ユーザインタフェースの前記残部内の前記ユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行することにより、応答するように構成されておらず、フォーカスセレクタが、前記ユーザインタフェース内の第1の位置にある間に、前記第1の入力種類の第1のユーザ入力を検出し、前記フォーカスセレクタが、前記ユーザインタフェース内の前記第1の位置にある間に、前記第1の入力種類の前記第1のユーザ入力を検出することに応じて、前記第1の位置が、前記第1のユーザインタフェース要素のセット内の第1のユーザインタフェース要素に対応するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行し、前記第1の位置が、前記第1のユーザインタフェース要素のセット内のいずれのユーザインタフェース要素にも対応しないという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース要素のセットを、前記ディスプレイユニット上の前記ユーザインタフェースの前記残部から区別するための視覚効果を加える、ように構成された、電子デバイス。

請求項486

前記第1の位置が、前記第1のユーザインタフェース要素のセット内の前記第1のユーザインタフェース要素に対応するか判定することが、前記第1の位置が、前記第1の入力種類に関連付けられた第1の種類のアクションAPIを有するユーザインタフェース要素に対応するか判定することを含む、請求項485に記載の電子デバイス。

請求項487

前記第1の入力種類が、前記タッチ感知面ユニット上の接触による押圧入力であり、前記デバイスが、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する前記位置での前記接触による前記押圧入力に対して、前記接触の前記強度が第1の強度閾値を上回るときに、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する第1の動作を実行することにより、応答するように構成されており、前記デバイスが、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する前記位置での前記接触による前記押圧入力に対して、前記接触の前記強度が前記第1の強度閾値より大きい第2の強度閾値を上回るときに、前記それぞれのユーザインタフェース要素に対応する、前記第1の動作とは別個の第2の動作を実行することにより、応答するように構成された、請求項485又は486に記載の電子デバイス。

請求項488

前記第1の動作が、前記それぞれのユーザインタフェース要素に関連付けられたプレビューを表示し、前記第2の動作が、前記それぞれのユーザインタフェース要素に関連付けられた第2のユーザインタフェースを表示する、請求項487に記載の電子デバイス。

請求項489

前記第1の動作が、前記それぞれのユーザインタフェース要素に関連付けられたアクションメニューを表示し、前記第2の動作が、前記それぞれのユーザインタフェースに関連付けられた前記アクションメニュー内に表されるアクションを実行する、請求項487に記載の電子デバイス。

請求項490

前記第1のユーザインタフェース要素のセットを前記ディスプレイユニット上の前記ユーザインタフェースの前記残部から区別するために前記視覚効果を加えることが、前記ディスプレイユニット上の前記ユーザインタフェースの前記残部内のユーザインタフェース要素の外観を維持しながら、前記第1のユーザインタフェース要素のセットの外観をエンハンスすることを含む、請求項485から489のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項491

前記第1のユーザインタフェース要素のセットを前記ディスプレイユニット上の前記ユーザインタフェースの前記残部から区別するために前記視覚効果を加えることが、前記ディスプレイユニット上の前記第1のユーザインタフェース要素のセットの外観を維持しながら、前記ディスプレイユニット上の前記ユーザインタフェースの前記残部内のユーザインタフェース要素を不明瞭化することを含む、請求項485から489のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項492

前記第1のユーザインタフェース要素のセットを前記ディスプレイユニット上の他のユーザインタフェース要素から区別するために前記視覚効果を加えることが、前記第1のユーザインタフェース要素のセットの外観をエンハンスすることと、前記ディスプレイユニット上の前記ユーザインタフェースの前記残部内のユーザインタフェース要素を不明瞭化することと、を含む、請求項485から489のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項493

前記処理ユニットが、前記ディスプレイユニット上に前記ユーザインタフェースを表示する間に、フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェース内の前記第1の位置にある間に、前記第1の入力種類とは別個の、第2の入力種類の第2のユーザ入力を検出し、前記フォーカスセレクタが、前記ユーザインタフェース内の前記第1の位置にある間に、前記第2の入力種類の前記第2のユーザ入力を検出することに応じて、前記第1の位置が、前記第1のユーザインタフェース要素のセット内の前記第1のユーザインタフェース要素に対応するという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース要素に対応する動作を実行し、前記第1の位置が、前記ユーザインタフェースの前記残部内のユーザインタフェース要素に対応するという判定に従って、前記ユーザインタフェースの前記残部内の前記ユーザインタフェース要素に対応する動作を実行する、ように構成された、請求項485から492のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項494

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える、電子デバイスにおいて、前記ディスプレイ上に、第1の1つ以上のメディア項目のセットを表す第1のメディアオブジェクトと第2の1つ以上のメディア項目のセットを表す第2のメディアオブジェクトとを含み、前記第1のメディア項目のセットは前記第2のメディア項目のセットとは異なる、複数のメディアオブジェクトを含む、ユーザインタフェースを表示することと、フォーカスセレクタが前記第1のメディアオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の接触の移動を含む入力を検出することと、前記タッチ感知面上での前記接触の前記移動を含む前記入力を検出することに応じて、前記入力が、前記フォーカスセレクタが前記第1のメディアオブジェクト上にある間のメディアプレビュー強度閾値を上回る前記接触の特性強度の増大を前記入力が含むとき満たされる基準を含む、メディアプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記第1のメディア項目のセットからメディア項目のプレビューを出力し、前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記第1のメディア項目のセットからの前記メディア項目の前記プレビューの出力を停止し、前記第2のメディア項目のセットからのメディア項目のプレビューを出力し、前記入力が前記メディアプレビュー基準を満たさないという判定に従って、前記タッチ感知面上の前記接触の前記移動に従って、前記ディスプレイ上の前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動することと、を含む、方法。

請求項495

前記タッチ感知面上での前記接触の前記移動を含む前記入力を検出することに応じて、前記入力が前記メディアプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記タッチ感知面上の前記接触の前記移動の間、前記ディスプレイ上の前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトの位置を維持することを含む、請求項494に記載の方法。

請求項496

前記メディアプレビュー基準が、前記フォーカスセレクタが閾値距離を超えて移動される前に、前記メディアプレビュー強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大が起こるとき満たされる基準を含む、請求項494又は495に記載の方法。

請求項497

前記第1のメディアオブジェクトを、前記接触の前記移動に従って、前記第1のメディアオブジェクトの第1の向きから前記第1のメディアオブジェクトの第2の向きに傾けることを含む、請求項494から496のいずれか一項に記載の方法。

請求項498

前記第1のメディア項目のセットから前記メディア項目の前記プレビューを出力するのと共に、前記第1のメディアオブジェクトを、前記複数のメディアオブジェクトのうちの前記第1のメディアオブジェクト以外の1つ以上のメディアオブジェクトから視覚的に区別することを含む、請求項494から497のいずれか一項に記載の方法。

請求項499

前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記第1のメディア項目のセットからの前記メディア項目の前記プレビューの出力を停止するのと共に、前記第1のメディアオブジェクトを、前記複数のメディアオブジェクトのうちの前記第1のメディアオブジェクト以外の前記1つ以上のメディアオブジェクトから視覚的に区別することを停止し、前記第2のメディア項目のセットから前記メディア項目の前記プレビューを出力するのと共に、前記第2のメディアオブジェクトを、前記複数のメディアオブジェクトのうちの前記第2のメディアオブジェクト以外の1つ以上のメディアオブジェクトから視覚的に区別すること、を含む、請求項498に記載の方法。

請求項500

前記第2のメディア項目のセットからの前記メディア項目の前記プレビューの前記出力が開始された後に、所定の持続時間後に前記第2のメディア項目のセットからの前記メディア項目の前記プレビューの出力を停止することを含む、請求項494から499のいずれか一項に記載の方法。

請求項501

前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットのうちの1つから前記メディア項目の前記プレビューを出力する間に、プレビュー終了強度閾値を下回る前記接触の前記特性強度の減少を検出し、前記プレビュー終了強度閾値を下回る前記接触の前記特性強度の前記減少を検出することに応じて、前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットのうちの前記1つからの前記メディア項目の前記プレビューの出力を停止すること、を含む、請求項494から500のいずれか一項に記載の方法。

請求項502

前記プレビュー終了強度閾値が、前記メディアプレビュー強度閾値より低い強度閾値である、請求項501に記載の方法。

請求項503

前記タッチ感知面上の前記接触の前記移動が、前記複数のメディアオブジェクトを含む前記ユーザインタフェースの既定領域への、前記フォーカスセレクタの移動を引き起こし、前記方法は、前記フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェースの前記既定領域内にある間に、前記ディスプレイ上で前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動させることを含む、請求項494から502のいずれか一項に記載の方法。

請求項504

前記フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェースの前記既定領域内にある間に、前記ディスプレイ上で前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動させることが、前記フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェースの前記既定領域内で実質的に静止している間に、前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動させることを含む、請求項503に記載の方法。

請求項505

前記フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェースの前記既定領域内にある間に、前記ディスプレイ上で前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動させることが、前記ユーザインタフェースの前記既定領域内の前記フォーカスセレクタの現在の位置に応じた速度で、前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動させることを含む、請求項503又は504に記載の方法。

請求項506

前記フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェースの前記既定領域内にある間に、前記ディスプレイ上で前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動させることが、前記第1のメディア項目のセット及び前記第2のメディア項目のセットのうちの1つから前記メディア項目の前記プレビューを出力するのと共に、前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動させることを含む、請求項503から505のいずれか一項に記載の方法。

請求項507

前記タッチ感知面上の前記接触の前記移動が、前記ユーザインタフェースの前記既定領域内から前記既定領域の外側の位置への、前記フォーカスセレクタの移動を引き起こし、前記方法は、前記接触の前記移動が、前記ユーザインタフェースの前記既定領域内から前記既定領域の外側の位置への、前記フォーカスセレクタの前記移動を引き起こしたことを検出することに応じて、前記ディスプレイ上の前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトの移動を停止することを含む、請求項503から506のいずれか一項に記載の方法。

請求項508

前記第1のメディアオブジェクトが、複数のメディア項目を含む第1のメディアコレクションを表し、前記第2のメディアオブジェクトが、複数のメディア項目を含む第2のメディアコレクションを表す、請求項494から507のいずれか一項に記載の方法。

請求項509

前記入力が前記メディアプレビュー基準を満たすという判定に従って、少なくとも1つの選択基準に基づいて、前記第1のメディア項目のセットから前記メディア項目の前記プレビューを出力するために、前記第1のメディア項目のセットから前記メディア項目を選択することを含む、請求項494から505のいずれか一項に記載の方法。

請求項510

前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットの1つから前記メディア項目の前記プレビューを出力する間に、前記入力が、前記入力が拡張したプレビュー強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を含むとき満たされる基準を含む、拡張したメディアプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つに対応する前記第1又は第2のメディアオブジェクトのうちの1つの拡張したプレビューを表示することを含む、請求項494から509のいずれか一項に記載の方法。

請求項511

前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つに対応する前記第1又は第2のメディアオブジェクトのうちの前記1つの前記拡張したプレビューを表示する間に、前記タッチ感知面上の前記接触の更なる移動を検出することと、前記タッチ感知面上の前記接触の前記更なる移動を検出することに応じて、前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットのうちの前記1つからの前記メディア項目の前記プレビューの出力を停止し、前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットのうちの前記1つから異なるメディア項目のプレビューを出力することと、を含む、請求項510に記載の方法。

請求項512

前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つに対応する前記第1又は第2のメディアオブジェクトのうちの1つの拡張したプレビューを出力することが、前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つの表現を表示することを含む、請求項510又は511に記載の方法。

請求項513

前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットのうちの前記1つから第1のそれぞれのメディア項目の前記プレビューを出力する間に、前記第1のそれぞれのメディア項目が、前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つからの前記第1のそれぞれのメディア項目以外の1つ以上のメディア項目から視覚的に区別される、請求項512に記載の方法。

請求項514

前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットのうちの前記1つから前記第1のそれぞれのメディア項目の前記プレビューを出力する間に、前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つからの前記第1のそれぞれのメディア項目以外の1つ以上のメディア項目のそれぞれの表現の外観を変更することを含む、請求項513に記載の方法。

請求項515

前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットのうちの前記1つからの、前記第1のそれぞれのメディア項目とは別個の、第2のそれぞれのメディア項目への前記フォーカスセレクタの移動を引き起こす、前記接触の移動を検出することと、前記第2のそれぞれのメディア項目への前記フォーカスセレクタの前記移動を引き起こす、前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記第2のそれぞれのメディア項目の前記外観を変更することと、を含む、請求項512から514のいずれか一項に記載の方法。

請求項516

前記第2のそれぞれのメディア項目への前記フォーカスセレクタの前記移動を引き起こす、前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットのうちの前記1つからの前記第1のそれぞれのメディア項目の前記プレビューの出力を停止し、前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットのうちの前記1つからの前記第2のそれぞれのメディア項目のプレビューを出力すること、を含む、請求項515に記載の方法。

請求項517

現在プレビューされているメディア項目に対するプレビューを出力する間に、前記入力がメディア選択基準を満たすという判定に従って、前記現在プレビューされているメディア項目の前記表現が選択されていることの表示を表示することを含む、請求項510から516のいずれか一項に記載の方法。

請求項518

前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つに対応する前記第1又は第2のメディアオブジェクトのうちの前記1つの前記拡張したプレビューを表示する間に、前記接触の特性強度がそれぞれの強度閾値を下回り減少したという判定に従って、前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つに対応する、前記第1又は第2のメディアオブジェクトのうちの前記1つの前記拡張したプレビューの表示を維持することを含む、請求項510から517のいずれか一項に記載の方法。

請求項519

前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つに対応する前記第1又は第2のメディアオブジェクトのうちの前記1つの前記拡張したプレビューを表示する間に、前記接触のリフトオフが検出されたという判定に従って、前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つに対応する、前記第1又は第2のメディアオブジェクトのうちの前記1つの前記拡張したプレビューの表示を維持することを含む、請求項510から517のいずれか一項に記載の方法。

請求項520

前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つに対応する前記第1又は第2のメディアオブジェクトのうちの前記1つの前記拡張したプレビューを表示する間に、前記接触のリフトオフが検出されたという判定に従って、前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つに対応する、前記第1又は第2のメディアオブジェクのうちトの前記1つの前記拡張したプレビューの表示を停止することを含む、請求項510から517のいずれか一項に記載の方法。

請求項521

前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットの1つから前記メディア項目の前記プレビューを出力する間に、前記入力が、前記入力が前記フォーカスセレクタの移動に対応する前記接触の移動を含むとき満たされる基準を含む、メニュー提示基準を満たすという判定に従って、オプションのメニューを表示することを含む、請求項494から509のいずれか一項に記載の方法。

請求項522

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリ内に記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成され、前記1つ以上のプログラムは、前記ディスプレイ上に、第1の1つ以上のメディア項目のセットを表す第1のメディアオブジェクトと第2の1つ以上のメディア項目のセットを表す第2のメディアオブジェクトとを含み、前記第1のメディア項目のセットは前記第2のメディア項目のセットとは異なる、複数のメディアオブジェクトを含む、ユーザインタフェースを表示し、フォーカスセレクタが前記第1のメディアオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の接触の移動を含む入力を検出し、前記タッチ感知面上での前記接触の前記移動を含む前記入力を検出することに応じて、前記入力が、前記フォーカスセレクタが前記第1のメディアオブジェクト上にある間のメディアプレビュー強度閾値を上回る前記接触の特性強度の増大を前記入力が含むとき満たされる基準を含む、メディアプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記第1のメディア項目のセットからメディア項目のプレビューを出力し、前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記第1のメディア項目のセットからの前記メディア項目の前記プレビューの出力を停止し、前記第2のメディア項目のセットからのメディア項目のプレビューを出力し、前記入力が、前記メディアプレビュー基準を満たさないという判定に従って、前記タッチ感知面上の前記接触の前記移動に従って、前記ディスプレイ上の前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動する、ための命令を含む、電子デバイス。

請求項523

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスによって実行されたとき、前記デバイスに、前記ディスプレイ上に、第1の1つ以上のメディア項目のセットを表す第1のメディアオブジェクトと第2の1つ以上のメディア項目のセットを表す第2のメディアオブジェクトとを含み、前記第1のメディア項目のセットは前記第2のメディア項目のセットとは異なる、複数のメディアオブジェクトを含む、ユーザインタフェースを表示させ、フォーカスセレクタが前記第1のメディアオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の接触の移動を含む入力を検出させ、前記タッチ感知面上での前記接触の前記移動を含む前記入力を検出することに応じて、前記入力が、前記フォーカスセレクタが前記第1のメディアオブジェクト上にある間のメディアプレビュー強度閾値を上回る前記接触の特性強度の増大を前記入力が含むとき満たされる基準を含む、メディアプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記第1のメディア項目のセットからメディア項目のプレビューを出力させ、前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記第1のメディア項目のセットからの前記メディア項目の前記プレビューの出力を停止させ、前記第2のメディア項目のセットからのメディア項目のプレビューを出力させ、前記入力が、前記メディアプレビュー基準を満たさないという判定に従って、前記タッチ感知面上の前記接触の前記移動に従って、前記ディスプレイ上の前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動させる、命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項524

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、前記ディスプレイ上に、第1の1つ以上のメディア項目のセットを表す第1のメディアオブジェクトと第2の1つ以上のメディア項目のセットを表す第2のメディアオブジェクトとを含み、前記第1のメディア項目のセットは前記第2のメディア項目のセットとは異なる、複数のメディアオブジェクトを含む、ユーザインタフェースを表示するための手段と、フォーカスセレクタが前記第1のメディアオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の接触の移動を含む入力を検出するための手段と、前記タッチ感知面上での前記接触の前記移動を含む前記入力を検出することに応じて有効にされる、手段であって、前記入力が、前記フォーカスセレクタが前記第1のメディアオブジェクト上にある間のメディアプレビュー強度閾値を上回る前記接触の特性強度の増大を前記入力が含むとき満たされる基準を含む、メディアプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記第1のメディア項目のセットからメディア項目のプレビューを出力し、前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記第1のメディア項目のセットからの前記メディア項目の前記プレビューの出力を停止し、前記第2のメディア項目のセットからのメディア項目のプレビューを出力し、前記入力が、前記メディアプレビュー基準を満たさないという判定に従って、前記タッチ感知面上の前記接触の前記移動に従って、前記ディスプレイ上の前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項525

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスで用いるための、情報処理装置であって、前記ディスプレイ上に、第1の1つ以上のメディア項目のセットを表す第1のメディアオブジェクトと第2の1つ以上のメディア項目のセットを表す第2のメディアオブジェクトとを含み、前記第1のメディア項目のセットは前記第2のメディア項目のセットとは異なる、複数のメディアオブジェクトを含む、ユーザインタフェースを表示するための手段と、フォーカスセレクタが前記第1のメディアオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面上の接触の移動を含む入力を検出するための手段と、前記タッチ感知面上での前記接触の前記移動を含む前記入力を検出することに応じて有効にされる、手段であって、前記入力が、前記フォーカスセレクタが前記第1のメディアオブジェクト上にある間のメディアプレビュー強度閾値を上回る前記接触の特性強度の増大を前記入力が含むとき満たされる基準を含む、メディアプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記第1のメディア項目のセットからメディア項目のプレビューを出力し、前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記第1のメディア項目のセットからの前記メディア項目の前記プレビューの出力を停止し、前記第2のメディア項目のセットからのメディア項目のプレビューを出力し、前記入力が、前記メディアプレビュー基準を満たさないという判定に従って、前記タッチ感知面上の前記接触の前記移動に従って、前記ディスプレイ上の前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動するための手段と、を備える、情報処理装置。

請求項526

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムが、前記メモリに記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成されており、前記1つ以上のプログラムが、請求項494から521に記載の前記方法のいずれかを実行するための命令を含む、電子デバイス。

請求項527

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスによって実行されると、前記デバイスに、請求項494〜521に記載の前記方法のうちのいずれかを実行させる命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項528

ディスプレイ、タッチ感知面、前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、メモリ、及び前記メモリ内に記憶された1つ以上のプログラムを実行するための1つ以上のプロセッサを備える電子デバイス上の、グラフィカルユーザインタフェースであって、請求項494から521に記載の前記方法のいずれかに従って表示されるユーザインタフェースを備える、グラフィカルユーザインタフェース。

請求項529

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、請求項494から521に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項530

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスで用いるための、情報処理装置であって、請求項494から521に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段を備える、情報処理装置。

請求項531

電子デバイスであって、ディスプレイユニットと、タッチ感知面ユニットと、前記タッチ感知面ユニット上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサユニットと、前記ディスプレイユニット、前記タッチ感知面ユニット及び前記1つ以上のセンサユニットに結合された処理ユニットと、を備え、前記処理ユニットが、前記ディスプレイユニット上に、第1の1つ以上のメディア項目のセットを表す第1のメディアオブジェクトと第2の1つ以上のメディア項目のセットを表す第2のメディアオブジェクトとを含み、前記第1のメディア項目のセットは前記第2のメディア項目のセットとは異なる、複数のメディアオブジェクトを含む、ユーザインタフェースの表示を有効にし、フォーカスセレクタが前記第1のメディアオブジェクト上にある間に、前記タッチ感知面ユニット上の接触の移動を含む入力を検出し、前記タッチ感知面ユニット上での前記接触の前記移動を含む前記入力を検出することに応じて、前記入力が、前記フォーカスセレクタが前記第1のメディアオブジェクト上にある間のメディアプレビュー強度閾値を上回る前記接触の特性強度の増大を前記入力が含むとき満たされる基準を含む、メディアプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記第1のメディア項目のセットからメディア項目のプレビューを出力し、前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記第1のメディア項目のセットからの前記メディア項目の前記プレビューの出力を停止し、前記第2のメディア項目のセットからのメディア項目のプレビューを出力し、前記入力が、前記メディアプレビュー基準を満たさないという判定に従って、前記タッチ感知面ユニット上の前記接触の前記移動に従って、前記ディスプレイユニット上の前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動する、ように構成された、電子デバイス。

請求項532

前記処理ユニットが、前記タッチ感知面ユニット上での前記接触の前記移動を含む前記入力を検出することに応じて、前記入力が、前記メディアプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記タッチ感知面ユニット上の前記接触の前記移動の間に、前記ディスプレイユニット上の前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトの位置を維持するように構成された、請求項531に記載の電子デバイス。

請求項533

前記メディアプレビュー基準が、前記フォーカスセレクタが閾値距離を超えて移動される前に、前記メディアプレビュー強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大が起こるとき満たされる基準を含む、請求項531又は532に記載の電子デバイス。

請求項534

前記処理ユニットが、前記第1のメディアオブジェクトを、前記接触の前記移動に従って、前記第1のメディアオブジェクトの第1の向きから前記第1のメディアオブジェクトの第2の向きに傾けるように構成された、請求項531から533のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項535

前記処理ユニットが、前記第1のメディア項目のセットから前記メディア項目の前記プレビューを出力する間に、前記第1のメディアオブジェクトを、前記複数のメディアオブジェクトのうちの前記第1のメディアオブジェクト以外の1つ以上のメディアオブジェクトから視覚的に区別するように構成された、請求項531から534いずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項536

前記処理ユニットが、前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記第1のメディア項目のセットからの前記メディア項目の前記プレビューの出力を停止する間に、前記第1のメディアオブジェクトを、前記複数のメディアオブジェクトのうちの前記第1のメディアオブジェクト以外の前記1つ以上のメディアオブジェクトから視覚的に区別することを停止し、前記第2のメディア項目のセットから前記メディア項目の前記プレビューを出力する間に、前記第2のメディアオブジェクトを、前記複数のメディアオブジェクトのうちの前記第2のメディアオブジェクト以外の1つ以上のメディアオブジェクトから視覚的に区別する、ように構成された、請求項535に記載の電子デバイス。

請求項537

前記処理ユニットが、前記第2のメディア項目のセットからの前記メディア項目の前記プレビューの前記出力が開始された後、所定の持続時間後に前記第2のメディア項目のセットからの前記メディア項目の前記プレビューの出力を停止するように構成された、請求項531から536のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項538

前記処理ユニットが、前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットのうちの1つから前記メディア項目の前記プレビューを出力する間に、プレビュー終了強度閾値を下回る前記接触の前記特性強度の減少を検出し、前記プレビュー終了強度閾値を下回る前記接触の前記特性強度の前記減少を検出することに応じて、前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットのうちの前記1つからの前記メディア項目の前記プレビューの出力を停止する、ように構成された、請求項531から537のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項539

前記プレビュー終了強度閾値が、前記メディアプレビュー強度閾値より低い強度閾値である、請求項538に記載の電子デバイス。

請求項540

前記タッチ感知面ユニット上の前記接触の前記移動が、前記複数のメディアオブジェクトを含む前記ユーザインタフェースの既定領域への、前記フォーカスセレクタの移動を引き起こし、前記処理ユニットが、前記フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェースの前記既定領域内にある間に、前記ディスプレイユニット上で前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動するように構成された、請求項531から539のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項541

前記フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェースの前記既定領域内にある間に、前記ディスプレイユニット上で前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動させることが、前記フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェースの前記既定領域内で実質的に静止している間に、前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動させることを含む、請求項540に記載の電子デバイス。

請求項542

前記フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェースの前記既定領域内にある間に、前記ディスプレイユニット上で前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動させることが、前記ユーザインタフェースの前記既定領域内の前記フォーカスセレクタの現在の位置に応じた速度で、前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動させることを含む、請求項540又は541に記載の電子デバイス。

請求項543

前記フォーカスセレクタが前記ユーザインタフェースの前記既定領域内にある間に、前記ディスプレイユニット上で前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動させることが、前記第1のメディア項目のセット及び前記第2のメディア項目のセットのうちの1つから前記メディア項目の前記プレビューを出力する間に、前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトを移動させることを含む、請求項540から542のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項544

前記タッチ感知面ユニット上の前記接触の前記移動が、前記既定領域内から前記ユーザインタフェースの前記既定領域の外側の位置への、前記フォーカスセレクタの移動を引き起こし、前記処理ユニットが、前記接触の前記移動が、前記ユーザインタフェースの前記既定領域内から前記既定領域の外側の位置への、前記フォーカスセレクタの前記移動を引き起こしたことを検出することに応じて、前記ディスプレイユニット上の前記第1のメディアオブジェクト及び前記第2のメディアオブジェクトの移動を停止するように構成された、請求項540から543のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項545

前記第1のメディアオブジェクトが、複数のメディア項目を含む第1のメディアコレクションを表し、前記第2のメディアオブジェクトが、複数のメディア項目を含む第2のメディアコレクションを表す、請求項531から544のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項546

前記処理ユニットが、前記入力が前記メディアプレビュー基準を満たすという判定に従って、少なくとも1つの選択基準に基づいて、前記第1のメディア項目のセットから前記メディア項目の前記プレビューを出力するために、前記第1のメディア項目のセットから前記メディア項目を選択するように構成された、請求項531から545のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項547

前記処理ユニットが、前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットの1つから前記メディア項目の前記プレビューを出力する間に、前記入力が、前記入力が拡張したプレビュー強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を含むとき満たされる基準を含む、拡張したメディアプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つに対応する前記第1又は第2のメディアオブジェクトのうちの1つの拡張したプレビューの表示を有効にするように構成された、請求項531から546のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項548

前記処理ユニットが、前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つに対応する前記第1又は第2のメディアオブジェクトのうちの前記1つの前記拡張したプレビューを表示する間に、前記タッチ感知面ユニット上の前記接触の更なる移動を検出し、前記タッチ感知面ユニット上の前記接触の前記更なる移動を検出することに応じて、前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットのうちの前記1つからの前記メディア項目の前記プレビューの出力を停止し、前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットのうちの前記1つから異なるメディア項目のプレビューを出力する、ように構成された、請求項547に記載の電子デバイス。

請求項549

前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つに対応する前記第1又は第2のメディアオブジェクトのうちの1つの拡張したプレビューを出力することが、前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つの表現の表示を有効にすることを含む、請求項547又は548に記載の電子デバイス。

請求項550

前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットのうちの前記1つから第1のそれぞれのメディア項目の前記プレビューを出力する間に、前記第1のそれぞれのメディア項目が、前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つからの前記第1のそれぞれのメディア項目以外の1つ以上のメディア項目から視覚的に区別される、請求項549に記載の電子デバイス。

請求項551

前記処理ユニットが、前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットのうちの前記1つから前記第1のそれぞれのメディア項目の前記プレビューを出力する間に、前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つからの前記第1のそれぞれのメディア項目以外の1つ以上のメディア項目のそれぞれの表現の外観を変更するように構成された、請求項550に記載の電子デバイス。

請求項552

前記処理ユニットが、前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットのうちの前記1つからの、前記第1のそれぞれのメディア項目とは別個の、第2のそれぞれのメディア項目への前記フォーカスセレクタの移動を引き起こす、前記接触の移動を検出し、前記第2のそれぞれのメディア項目への前記フォーカスセレクタの前記移動を引き起こす、前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記第2のそれぞれのメディア項目の前記外観を変更する、ように構成された、請求項549から551のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項553

前記処理ユニットが、前記第2のそれぞれのメディア項目への前記フォーカスセレクタの前記移動を引き起こす、前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットの前記1つからの前記第1のそれぞれのメディア項目の前記プレビューの出力を停止し、前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットのうちの前記1つからの前記第2のそれぞれのメディア項目のプレビューを出力する、ように構成された、請求項552に記載の電子デバイス。

請求項554

前記処理ユニットが、現在プレビューされているメディア項目に対するプレビューを出力する間に、前記入力がメディア選択基準を満たすという判定に従って、前記現在プレビューされているメディア項目の表現が選択されていることの表示を表示することを有効にするように構成された、請求項547から553のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項555

前記処理ユニットが、前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つに対応する前記第1又は第2のメディアオブジェクトのうちの前記1つの前記拡張したプレビューを表示する間に、前記接触の特性強度がそれぞれの強度閾値を下回り減少したという判定に従って、前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つに対応する、前記第1又は第2のメディアオブジェクトのうちの前記1つの前記拡張したプレビューの表示を維持する、ように構成された、請求項547から554のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項556

前記処理ユニットが、前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つに対応する前記第1又は第2のメディアオブジェクトのうちの前記1つの前記拡張したプレビューを表示する間に、前記接触のリフトオフが検出されたという判定に従って、前記第1又は第2のメディア項目のセットのうちの前記1つに対応する、前記第1又は第2のメディアオブジェクトのうちの前記1つの前記拡張したプレビューの表示を停止するように構成された、請求項547から555のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項557

前記処理ユニットが、前記第1のメディア項目のセット又は前記第2のメディア項目のセットの1つから前記メディア項目の前記プレビューを出力する間に、前記入力が、前記入力が前記フォーカスセレクタの移動に対応する前記接触の移動を含むとき満たされる基準を含む、メニュー提示基準を満たすという判定に従って、オプションのメニューの表示を有効にするように構成された、請求項531から546のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項558

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える、電子デバイスにおいて、前記ディスプレイ上に、ユーザインタフェース内にページ分割されたコンテンツの第1の部分を表示することであって、前記ページ分割されたコンテンツは複数のセクションを含み、前記複数のセクション内のそれぞれのセクションは、それぞれの複数のページを含み、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分は前記複数のセクションの第1のセクションの一部であり、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分は、前記第1のセクション内の一連の前のページと前記第1のセクション内の一連の後のページとの間にある、ことと、フォーカスセレクタが、前記ディスプレイ上の前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分の第1の既定領域内にある間に、前記タッチ感知面上の接触を検出することを含む、入力の第1の部分を検出することと、前記入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記入力の前記第1の部分が、前記接触の特性強度が第1の閾値強度に到達する前に前記タッチ感知面からの前記接触のリフトオフを前記デバイスが検出するとき満たされる基準を含む、第1のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記ディスプレイ上の、前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分を、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分に連続して隣接する、前記ページ分割されたコンテンツの第2の部分と置き換え、前記入力の前記第1の部分が、前記フォーカスセレクタが前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分の前記第1の既定領域内にある間の、前記第1の強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を前記デバイスが検出するとき満たされる基準を含む、第2のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内のページ数の表示を表示すること、又は、前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内のページ数の表示を表示することと、を含む、方法。

請求項559

前記入力の前記第1の部分の間の前記フォーカスセレクタの位置に基づいて、前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内の前記ページ数の前記表示を表示するか、前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内の前記ページ数の前記表示を表示するか判定することを含む、請求項558に記載の方法。

請求項560

前記ページ分割されたコンテンツの前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内の前記ページ数の前記表示を表示することが、前記ユーザインタフェース内に、前記一連の後のページ内の複数のそれぞれのページに対するそれぞれの端部を同時に表示することを含む、請求項558又は559に記載の方法。

請求項561

前記入力の前記第1の部分が前記第2のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記接触の現在の強度に応じて、前記ユーザインタフェース内に表示される前記一連の後のページの前記それぞれの端部のサイズを動的に変更することを含む、請求項560に記載の方法。

請求項562

前記入力の前記第1の部分が前記第2のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記接触の現在の強度に応じて、前記一連の後のページのそれぞれの端部を連続的に表示することを含む、請求項560に記載の方法。

請求項563

前記入力の前記第1の部分が前記第2のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記一連の後のページの前記表示されたそれぞれの端部のための場所を空けるために、前記ユーザインタフェース内の前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分を動的に移動することを含む、請求項560から562のいずれか一項に記載の方法。

請求項564

前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内の前記ページ数の前記表示、又は前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内の前記ページ数の前記表示、及び、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分の少なくともいくらかを、表示する間に、前記入力の第2の部分を検出することと、前記入力の前記第2の部分が第3のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内の前記ページ数の前記表示、又は前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内の前記ページ数の前記表示、及び、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分の少なくともいくらかの表示を、前記第1のセクションに連続して隣接する第2のセクションの最初のページを含む、前記ページ分割されたコンテンツの第3の部分の表示に置き換えることと、を含む、請求項558から563のいずれか一項に記載の方法。

請求項565

前記第3のコンテンツナビゲーション基準が、前記第1の強度閾値より高い第2の強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を前記デバイスが検出するとき満たされる基準を含む、請求項564に記載の方法。

請求項566

前記第3のコンテンツナビゲーション基準が、前記デバイスが、前記第1の強度閾値を下回る前記接触の前記特性強度の減少を検出し、続いて所定の時間内に、前記第1の強度閾値を上回る第3の強度閾値に達する前記接触の前記特性強度の増大を検出するとき満たされる基準を含む、請求項564又は565に記載の方法。

請求項567

前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内の前記ページ数の前記表示、又は前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内の前記ページ数の前記表示、及び、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分の少なくともいくらかを、表示する間に、前記入力の第2の部分を検出することと、前記入力の前記第2の部分が、前記デバイスが前記第1の強度閾値を下回る前記接触の前記特性強度の減少を検出し、続いて前記接触のリフトオフを検出するとき満たされる基準を含む、第4のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内の前記ページ数の前記表示を表示することを停止し、又は前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内の前記ページ数の前記表示を表示することを停止し、前記ディスプレイ上の前記ユーザインタフェース内の前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分の前記表示を、前記入力の前記第1の部分を検出する直前の外観に復元することと、を含む、請求項558から563のいずれか一項に記載の方法。

請求項568

前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内の前記ページ数を示す後のページのそれぞれの端部、又は前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内の前記ページ数を示す前のページのそれぞれの端部、及び前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分の少なくともいくらかを、表示する間に、前記入力の第2の部分を検出することと、前記入力の前記第2の部分が、前記デバイスが前記ディスプレイ上の前記フォーカスセレクタの移動を検出するとき満たされる基準を含む、第5のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、それぞれの端部を動的に拡張することと、を含む、請求項558から563のいずれか一項に記載の方法。

請求項569

前記それぞれの端部を動的に拡張することが、前記フォーカスセレクタが前記それぞれの端部上にある間起こる、請求項568に記載の方法。

請求項570

前記フォーカスセレクタが所定の量移動するとき、前記動的に拡張されたそれぞれの端部が前記フォーカスセレクタの下に移動される、請求項568に記載の方法。

請求項571

前記入力の前記第2の部分を検出した後、前記フォーカスセレクタが前記第1のセクションの第2のページの端部上にある間に、前記入力の第3の部分を検出することと、前記入力の前記第3の部分が第6のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記それぞれの端部及び前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分の表示を停止し、前記ディスプレイ上に、前記第1のセクション内の前記第2のページを含む、前記ページ分割されたコンテンツの第3の部分を表示することと、を含む、請求項568から570のいずれか一項に記載の方法。

請求項572

前記第6のコンテンツナビゲーション基準が、前記デバイスが、前記第2の強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を検出するとき満たされる基準を含む、請求項571に記載の方法。

請求項573

前記第6のコンテンツナビゲーション基準が、前記デバイスが、前記第1の強度閾値を下回る前記特性強度の減少を検出し、続いて所定の時間内に、前記第1の強度閾値を上回る第3の強度閾値に達する前記特性強度の増大を検出するとき満たされる基準を含む、請求項571又は572に記載の方法。

請求項574

前記第6のコンテンツナビゲーション基準が、前記デバイスが、前記タッチ感知面からの前記入力内の前記接触のリフトオフを検出するとき満たされる基準を含む、請求項571に記載の方法。

請求項575

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリ内に記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成され、前記1つ以上のプログラムは、前記ディスプレイ上に、ユーザインタフェース内にページ分割されたコンテンツの第1の部分を表示し、これにおいて、前記ページ分割されたコンテンツは複数のセクションを含み、前記複数のセクション内のそれぞれのセクションは、それぞれの複数のページを含み、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分は前記複数のセクションの第1のセクションの一部であり、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分は、前記第1のセクション内の一連の前のページと前記第1のセクション内の一連の後のページとの間にあり、フォーカスセレクタが、前記ディスプレイ上の前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分の第1の既定領域内にある間に、前記タッチ感知面上の接触を検出することを含む、入力の第1の部分を検出し、前記入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記入力の前記第1の部分が、前記接触の特性強度が第1の閾値強度に到達する前に前記タッチ感知面からの前記接触のリフトオフを前記デバイスが検出するとき満たされる基準を含む、第1のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記ディスプレイ上の、前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分を、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分に連続して隣接する、前記ページ分割されたコンテンツの第2の部分と置き換え、前記入力の前記第1の部分が、前記フォーカスセレクタが前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分の前記第1の既定領域内にある間の、前記第1の強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を前記デバイスが検出するとき満たされる基準を含む、第2のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内のページ数の表示を表示する、又は、前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内のページ数の表示を表示する、ための命令を含む、電子デバイス。

請求項576

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出する1つ以上のセンサを備えた電子デバイスによって実行されたとき、前記デバイスに、前記ディスプレイ上での、ユーザインタフェース内へのページ分割されたコンテンツの第1の部分の表示を有効にさせ、これにおいて、前記ページ分割されたコンテンツは複数のセクションを含み、前記複数のセクション内のそれぞれのセクションは、それぞれの複数のページを含み、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分は前記複数のセクションの第1のセクションの一部であり、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分は、前記第1のセクション内の一連の前のページと前記第1のセクション内の一連の後のページとの間にあり、フォーカスセレクタが、前記ディスプレイ上の前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分の第1の既定領域内にある間に、前記タッチ感知面上の接触を検出することを含む、入力の第1の部分を検出させ、前記入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記入力の前記第1の部分が、前記接触の特性強度が第1の閾値強度に到達する前に前記タッチ感知面からの前記接触のリフトオフを前記デバイスが検出するとき満たされる基準を含む、第1のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記ディスプレイ上の、前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分を、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分に連続して隣接する、前記ページ分割されたコンテンツの第2の部分と置き換えさせ、前記入力の前記第1の部分が、前記フォーカスセレクタが前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分の前記第1の既定領域内にある間の、前記第1の強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を前記デバイスが検出するとき満たされる基準を含む、第2のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内のページ数の表示を表示することを有効にさせる、又は、前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内のページ数の表示を表示することを有効にさせる、命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項577

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、前記ディスプレイ上に、ユーザインタフェース内にページ分割されたコンテンツの第1の部分を表示するための手段であって、前記ページ分割されたコンテンツは複数のセクションを含み、前記複数のセクション内のそれぞれのセクションは、それぞれの複数のページを含み、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分は前記複数のセクションの第1のセクションの一部であり、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分は前記第1のセクション内の一連の前のページと前記第1のセクション内の一連の後のページとの間にある、手段と、フォーカスセレクタが、前記ディスプレイ上の前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分の第1の既定領域内にある間に、前記タッチ感知面上の接触を検出することを含む、入力の第1の部分を検出するための手段と、前記入力の前記第1の部分を検出することに応じて有効にされる、手段であって、前記入力の前記第1の部分が、前記接触の特性強度が第1の閾値強度に到達する前の前記タッチ感知面からの前記接触のリフトオフを前記デバイスが検出するとき満たされる基準を含む、第1のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記ディスプレイ上の、前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分を、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分に連続して隣接する、前記ページ分割されたコンテンツの第2の部分と置き換え、前記入力の前記第1の部分が、前記デバイスが、前記フォーカスセレクタが前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分の前記第1の既定領域内にある間の、前記第1の強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を検出するとき満たされる基準を含む、第2のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内のページ数の表示を表示する、又は、前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内のページ数の表示を表示する、ための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項578

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスにおいて用いるための、情報処理装置であって、前記ディスプレイ上に、ユーザインタフェース内にページ分割されたコンテンツの第1の部分を表示するための手段であって、前記ページ分割されたコンテンツは複数のセクションを含み、前記複数のセクション内のそれぞれのセクションは、それぞれの複数のページを含み、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分は前記複数のセクションの第1のセクションの一部であり、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分は前記第1のセクション内の一連の前のページと前記第1のセクション内の一連の後のページとの間にある、手段と、フォーカスセレクタが、前記ディスプレイ上の前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分の第1の既定領域内にある間に、前記タッチ感知面上の接触を検出することを含む、入力の第1の部分を検出するための手段と、前記入力の前記第1の部分を検出することに応じて有効にされる、手段であって、前記入力の前記第1の部分が、前記接触の特性強度が第1の閾値強度に到達する前の前記タッチ感知面からの前記接触のリフトオフを前記デバイスが検出するとき満たされる基準を含む、第1のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記ディスプレイ上の、前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分を、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分に連続して隣接する、前記ページ分割されたコンテンツの第2の部分と置き換え、前記入力の前記第1の部分が、前記デバイスが、前記フォーカスセレクタが前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分の前記第1の既定領域内にある間の、前記第1の強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を検出するとき満たされる基準を含む、第2のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内のページ数の表示を表示する、又は、前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内のページ数の表示を表示する、ための手段と、を備える、情報処理装置。

請求項579

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムが、前記メモリに記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成されており、前記1つ以上のプログラムが、請求項558から574に記載の前記方法のいずれかを実行するための命令を含む、電子デバイス。

請求項580

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスによって実行されると、前記デバイスに、請求項558から574に記載の前記方法のいずれかを実行させる命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項581

ディスプレイ、タッチ感知面、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、メモリ、及び前記メモリ内に記憶された1つ以上のプログラムを実行するための1つ以上のプロセッサを備える電子デバイス上の、グラフィカルユーザインタフェースであって、請求項558から574に記載の前記方法のいずれかに従って表示されるユーザインタフェースを備える、グラフィカルユーザインタフェース。

請求項582

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、請求項558から574に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項583

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスにおいて用いるための、情報処理装置であって、請求項558から574に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段を備える、情報処理装置。

請求項584

電子デバイスであって、コンテンツ項目を表示するように構成されたディスプレイユニットと、ユーザの入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、前記タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された、1つ以上のセンサユニットと、前記ディスプレイユニット、前記タッチ感知面ユニット及び前記1つ以上のセンサユニットに結合された処理ユニットと、を備え、前記処理ユニットが、前記ディスプレイユニット上での、ユーザインタフェース内へのページ分割されたコンテンツの第1の部分の表示を有効にし、これにおいて、前記ページ分割されたコンテンツは複数のセクションを含み、前記複数のセクション内のそれぞれのセクションは、それぞれの複数のページを含み、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分は前記複数のセクションの第1のセクションの一部であり、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分は前記第1のセクション内の一連の前のページと前記第1のセクション内の一連の後のページとの間にあり、フォーカスセレクタが、前記ディスプレイユニット上の前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分の第1の既定領域内にある間に、前記タッチ感知面ユニット上の接触を検出することを含む、入力の第1の部分を検出し、前記入力の前記第1の部分を検出することに応じて、前記入力の前記第1の部分が、前記接触の特性強度が第1の閾値強度に到達する前の前記タッチ感知面ユニットからの前記接触のリフトオフを前記デバイスが検出するとき満たされる基準を含む、第1のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記ディスプレイユニット上の、前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分を、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分に連続して隣接する、前記ページ分割されたコンテンツの第2の部分と置き換え、前記入力の前記第1の部分が、前記デバイスが、前記フォーカスセレクタが前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分の前記第1の既定領域内にある間の、前記第1の強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を検出するとき満たされる基準を含む、第2のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内のページ数の表示を表示することを有効にする、又は、前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内のページ数の表示を表示することを有効にする、ように構成された、電子デバイス。

請求項585

前記処理ユニットが、前記入力の前記第1の部分の間の前記フォーカスセレクタの位置に基づいて、前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内の前記ページ数の前記表示を表示するか、前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内の前記ページ数の前記表示を表示するか判定するように構成された、請求項584に記載の電子デバイス。

請求項586

前記ページ分割されたコンテンツの前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内の前記ページ数の前記表示を表示することが、前記ユーザインタフェース内に、前記一連の後のページ内の複数のそれぞれのページに対するそれぞれの端部を同時に表示することを含む、請求項584又は585に記載の電子デバイス。

請求項587

前記処理ユニットが、前記入力の前記第1の部分が前記第2のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記接触の現在の強度に応じて、前記ユーザインタフェース内に表示される前記一連の後のページの前記それぞれの端部のサイズを動的に変更するように構成された、請求項586に記載の電子デバイス。

請求項588

前記処理ユニットが、前記入力の前記第1の部分が前記第2のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記接触の現在の強度に応じて、前記一連の後のページのそれぞれの端部を連続的に表示するように構成された、請求項586に記載の電子デバイス。

請求項589

前記処理ユニットが、前記入力の前記第1の部分が前記第2のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記一連の後のページの前記表示されたそれぞれの端部のための場所を空けるために、前記ユーザインタフェース内の前記ページ分割されたコンテンツの前記表示された第1の部分を動的に移動するように構成された、請求項586から588のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項590

前記処理ユニットが、前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内の前記ページ数の前記表示、又は前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内の前記ページ数の前記表示、及び前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分の少なくともいくらかの表示を有効にする間に、前記入力の第2の部分を検出し、前記入力の前記第2の部分が第3のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内の前記ページ数の前記表示、又は前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内の前記ページ数の前記表示、及び前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分の少なくともいくらかの表示を、前記第1のセクションに連続して隣接する第2のセクションの最初のページを含む、前記ページ分割されたコンテンツの第3の部分の表示に置き換える、ように構成された、請求項584から589のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項591

前記第3のコンテンツナビゲーション基準が、前記第1の強度閾値より高い第2の強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を前記デバイスが検出するとき満たされる基準を含む、請求項590に記載の電子デバイス。

請求項592

前記第3のコンテンツナビゲーション基準が、前記デバイスが、前記第1の強度閾値を下回る前記接触の前記特性強度の減少を検出し、続いて所定の時間内に、前記第1の強度閾値を上回る第3の強度閾値に達する前記接触の前記特性強度の増大を検出するとき満たされる基準を含む、請求項590又は591に記載の電子デバイス。

請求項593

前記処理ユニットが、前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内の前記ページ数の前記表示、又は前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内の前記ページ数の前記表示、及び前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分の少なくともいくらかの表示を有効にする間に、前記入力の第2の部分を検出し、前記入力の前記第2の部分が、前記デバイスが前記第1の強度閾値を下回る前記接触の前記特性強度の減少を検出し、続いて前記接触のリフトオフを検出するとき満たされる基準を含む、第4のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内の前記ページ数の前記表示を表示することを有効にすることを停止、又は前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内の前記ページ数の前記表示を表示することを停止し、前記ディスプレイユニット上の前記ユーザインタフェース内の前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分の前記表示を、前記入力の前記第1の部分を検出する直前の外観に復元する、ように構成された、請求項584から589のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項594

前記処理ユニットが、前記第1のセクション内の前記一連の後のページ内の前記ページ数を示す後のページのそれぞれの端部、又は前記第1のセクション内の前記一連の前のページ内の前記ページ数を示す前のページのそれぞれの端部、及び、前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分の少なくともいくらかの表示を有効にする間に、前記入力の第2の部分を検出し、前記入力の前記第2の部分が、前記デバイスが前記ディスプレイ上の前記フォーカスセレクタの移動を検出するとき満たされる基準を含む、第5のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、それぞれの端部を動的に拡張する、ように構成された、請求項584から589のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項595

前記それぞれの端部を動的に拡張することが、前記フォーカスセレクタが前記それぞれの端部上にある間起こる、請求項594に記載の電子デバイス。

請求項596

前記フォーカスセレクタが所定の量移動するとき、前記動的に拡張されたそれぞれの端部が前記フォーカスセレクタの下に移動される、請求項594に記載の電子デバイス。

請求項597

前記処理ユニットが、前記入力の前記第2の部分を検出した後、前記フォーカスセレクタが前記第1のセクションの第2のページの端部上にある間に、前記入力の第3の部分を検出し、前記入力の前記第3の部分が第6のコンテンツナビゲーション基準を満たすという判定に従って、前記それぞれの端部及び前記ページ分割されたコンテンツの前記第1の部分の表示を停止し、前記ディスプレイユニット上に、前記第1のセクション内の前記第2のページを含む、前記ページ分割されたコンテンツの第3の部分の表示を有効にする、ように構成された、請求項594から596のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項598

前記第6のコンテンツナビゲーション基準が、前記デバイスが、前記第2の強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を検出するとき満たされる基準を含む、請求項597に記載の電子デバイス。

請求項599

前記第6のコンテンツナビゲーション基準が、前記デバイスが、前記第1の強度閾値を下回る前記特性強度の減少を検出し、続いて所定の時間内に、前記第1の強度閾値を上回る第3の強度閾値に達する前記特性強度の増大を検出するとき満たされる基準を含む、請求項597又は598に記載の電子デバイス。

請求項600

前記第6のコンテンツナビゲーション基準が、前記デバイスが、前記タッチ感知面ユニットからの前記入力内の前記接触のリフトオフを検出するとき満たされる基準を含む、請求項597に記載の電子デバイス。

請求項601

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える、電子デバイスにおいて、前記ディスプレイ上の第1のユーザインタフェース内に、複数の対象地点を含む地図のビューを表示することと、前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューを表示する間に、かつフォーカスセレクタがそれぞれの対象地点の位置にある間に、プレビュー強度閾値を上回る前記タッチ感知面上の前記接触の特性強度の増大を検出することと、前記プレビュー強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記それぞれの対象地点の近傍のコンテキスト情報を表示するために前記地図をズームすることと、前記地図をズームした後、所定の強度閾値を下回る前記タッチ感知面上の前記接触の前記特性強度の減少を検出することを含む、それぞれの入力を検出することと、前記接触の前記特性強度の前記減少を検出することを含む前記それぞれの入力を検出することに応じて、前記それぞれの入力を検出する前に、前記接触の前記特性強度がコンテキスト維持強度閾値を上回って増大したという判定に従って、前記それぞれの対象地点の近傍の前記コンテキスト情報の表示を継続し、前記それぞれの入力を検出する前に、前記接触の前記特性強度が前記コンテキスト維持強度閾値を上回って増大しなかったという判定に従って、前記対象地点の近傍の前記コンテキスト情報の表示を停止し、前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューを再表示することと、を含む、方法。

請求項602

前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューを表示する間に、かつ前記フォーカスセレクタが前記それぞれの対象地点の前記位置にある間に、前記プレビュー強度閾値より低い、ヒント強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を検出することと、前記ヒント強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記それぞれの対象地点の外観を変更することと、を含む、請求項601に記載の方法。

請求項603

前記それぞれの対象地点の前記外観を変更することが、前記それぞれの対象地点の第1の外観から前記それぞれの対象地点の第2の外観へのアニメーション化された遷移を表示することを含む、請求項602に記載の方法。

請求項604

前記それぞれの対象地点の前記第1の外観から前記それぞれの対象地点の前記第2の外観への前記アニメーション化された遷移を表示することが、前記接触の前記強度が前記ヒント強度閾値と前記プレビュー強度閾値との間で変化する間に、前記接触の現在の強度に応じて、前記それぞれの対象地点の連続する中間の外観を動的に表示することを含む、請求項603に記載の方法。

請求項605

前記それぞれの対象地点の近傍の前記コンテキスト情報を表示するために前記地図をズームすることが、前記地図の第1のズームレベルから前記地図の第2のズームレベルへのアニメーション化された遷移を表示することを含む、請求項601から604のいずれか一項に記載の方法。

請求項606

前記地図の前記第1のズームレベルから前記地図の前記第2のズームレベルへの前記アニメーション化された遷移が、前記地図の前記第1のズームレベルから前記地図の第3のズームレベルへの増大を示す第1の部分と、それに続く、前記地図の前記第3のズームレベルから前記地図の第2のズームレベルへの減少を示す第2の部分とを含む、請求項605に記載の方法。

請求項607

前記地図をズームした後に、前記タッチ感知面上の前記接触の移動を検出することと、前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記接触の前記移動に従って、前記地図の前記ズームしたビューをシフトすることと、含む、請求項601から606のいずれか一項に記載の方法。

請求項608

前記複数の対象地点が、第1の対象地点及び第2の対象地点を含み、前記それぞれの対象地点の近傍のコンテキスト情報を表示するように前記地図をズームすることが、前記フォーカスセレクタが、前記第2の対象地点より前記第1の対象地点により近い位置にあるという判定に従って、前記第1の対象地点の近傍の第1のコンテキスト情報を表示するように前記地図をズームすることと、前記フォーカスセレクタが、前記第1の対象地点より前記第2の対象地点により近い位置にあるという判定に従って、前記第2の対象地点の近傍の第2のコンテキスト情報を表示するように前記地図をズームすることと、を含む、請求項601から607のいずれか一項に記載の方法。

請求項609

前記それぞれの対象地点が、前記地図上の固定された対象地点である、請求項601から608のいずれか一項に記載の方法。

請求項610

前記それぞれの対象地点が、動的な対象地点である、請求項601から608のいずれか一項に記載の方法。

請求項611

前記それぞれの対象地点の近傍のコンテキスト情報を表示するように前記地図をズームすることが、所定のズームレベルに前記地図をズームすることを含む、請求項601から610のいずれか一項に記載の方法。

請求項612

前記それぞれの対象地点の近傍のコンテキスト情報を表示するように前記地図をズームすることが、動的に選択されたズームレベルに前記地図をズームすることを含む、請求項601から610のいずれか一項に記載の方法。

請求項613

前記それぞれの対象地点の近傍のコンテキスト情報を表示するように前記地図をズームすることが、第1のズームレベルに前記地図をズームすることを含み、前記方法は、前記第1のズームレベルに前記地図をズームした後に、前記コンテキスト維持強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を検出することと、前記コンテキスト維持強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記第1のズームレベルを上回る第2のズームレベルに前記地図をズームすることと、を含む、請求項601から610のいずれか一項に記載の方法。

請求項614

前記接触の前記特性強度の前記減少を検出することを含む前記それぞれの入力を検出することに応じて、前記第1のズームレベル以上のそれぞれのズームレベルに前記地図の表示を維持することを含む、請求項613に記載の方法。

請求項615

前記第1のズームレベル以上の前記それぞれのズームレベルに前記地図の前記表示を維持する間に、前記ズームした地図に向けた所定のジェスチャを検出することと、前記ズームした地図に向けた前記所定のジェスチャを検出することに応じて、前記第1のズームレベル以上の前記それぞれのズームレベルでの前記地図の表示を停止し、前記それぞれのズームレベルを下回る第4のズームレベルに前記地図をズームすることと、を含む、請求項614に記載の方法。

請求項616

前記コンテキスト維持強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記第1のズームレベルを上回る前記第2のズームレベルに前記地図をズームすることが、前記第1のユーザインタフェースを、前記第2のズームレベルに前記ズームした地図、及び前記第1のユーザインタフェースに戻るためのアフォーダンスを含む、第2のユーザインタフェースに置き換えることを含む、請求項613から615のいずれか一項に記載の方法。

請求項617

前記第2のユーザインタフェースを表示する間に、前記第1のユーザインタフェースに戻るための前記アフォーダンスを起動するための入力を検出することと、前記第1のユーザインタフェースに戻るための前記アフォーダンスを起動するための前記入力を検出することに応じて、前記第2のユーザインタフェースの表示を停止し、前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューと共に、前記第1のユーザインタフェースを再表示することと、前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューが前記第1のユーザインタフェース内に再表示される間に、フォーカスセレクタが前記それぞれの対象地点の前記位置にある間の、前記タッチ感知面上のタップ入力を検出することと、前記フォーカスセレクタが前記それぞれの対象地点の前記位置にある間のタップ入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースを、前記第2のズームレベルに前記ズームした地図及び前記第1のユーザインタフェースに戻るための前記アフォーダンスを含む、前記第2のユーザインタフェースに置き換えることと、を含む、請求項616に記載の方法。

請求項618

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリ内に記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成され、前記1つ以上のプログラムは、前記ディスプレイ上の第1のユーザインタフェース内に、複数の対象地点を含む地図のビューを表示し、前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューを表示する間に、かつフォーカスセレクタがそれぞれの対象地点の位置にある間に、プレビュー強度閾値を上回る前記タッチ感知面上の前記接触の特性強度の増大を検出し、前記プレビュー強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記それぞれの対象地点の近傍のコンテキスト情報を表示するために前記地図をズームし、前記地図をズームした後、所定の強度閾値を下回る前記タッチ感知面上の前記接触の前記特性強度の減少を検出することを含む、それぞれの入力を検出し、前記接触の前記特性強度の前記減少を検出することを含む前記それぞれの入力を検出することに応じて、前記それぞれの入力を検出する前に、前記接触の前記特性強度がコンテキスト維持強度閾値を上回って増大したという判定に従って、前記それぞれの対象地点の近傍の前記コンテキスト情報の表示を継続し、前記それぞれの入力を検出する前に、前記接触の前記特性強度が前記コンテキスト維持強度閾値を上回って増大しなかったという判定に従って、前記対象地点の近傍の前記コンテキスト情報の表示を停止し、前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューを再表示する、ための命令を含む、電子デバイス。

請求項619

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスによって実行されたとき、前記デバイスに、前記ディスプレイ上の第1のユーザインタフェース内に、複数の対象地点を含む地図のビューを表示させ、前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューを表示する間に、かつフォーカスセレクタがそれぞれの対象地点の位置にある間に、プレビュー強度閾値を上回る前記タッチ感知面上の前記接触の特性強度の増大を検出させ、前記プレビュー強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記それぞれの対象地点の近傍のコンテキスト情報を表示するように前記地図をズームさせ、前記地図をズームした後、所定の強度閾値を下回る前記タッチ感知面上の前記接触の前記特性強度の減少を検出することを含む、それぞれの入力を検出させ、前記接触の前記特性強度の前記減少を検出することを含む前記それぞれの入力を検出することに応じて、前記それぞれの入力を検出する前に、前記接触の前記特性強度がコンテキスト維持強度閾値を上回って増大したという判定に従って、前記それぞれの対象地点の近傍の前記コンテキスト情報の表示を継続させ、前記それぞれの入力を検出する前に、前記接触の前記特性強度が前記コンテキスト維持強度閾値を上回って増大しなかったという判定に従って、前記対象地点の近傍の前記コンテキスト情報の表示を停止させ、前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューを再表示させる、命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項620

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、前記ディスプレイ上の第1のユーザインタフェース内に、複数の対象地点を含む地図のビューを表示するための手段と、前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューを表示する間に、かつフォーカスセレクタがそれぞれの対象地点の位置にある間に、プレビュー強度閾値を上回る前記タッチ感知面上の前記接触の特性強度の増大を検出するための手段と、前記プレビュー強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて有効にされ、前記それぞれの対象地点の近傍のコンテキスト情報を表示するために前記地図をズームするための手段と、前記地図をズームした後、所定の強度閾値を下回る前記タッチ感知面上の前記接触の前記特性強度の減少を検出することを含む、それぞれの入力を検出するための手段と、前記接触の前記特性強度の前記減少を検出することを含む前記それぞれの入力を検出することに応じて有効にされる、手段であって、前記それぞれの入力を検出する前に、前記接触の前記特性強度がコンテキスト維持強度閾値を上回って増大したという判定に従って、前記それぞれの対象地点の近傍の前記コンテキスト情報の表示を継続し、前記それぞれの入力を検出する前に、前記接触の前記特性強度が前記コンテキスト維持強度閾値を上回って増大しなかったという判定に従って、前記対象地点の近傍の前記コンテキスト情報の表示を停止し、前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューを再表示するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項621

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスで用いるための、情報処理装置であって、前記ディスプレイ上の第1のユーザインタフェース内に、複数の対象地点を含む地図のビューを表示するための手段と、前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューを表示する間に、かつフォーカスセレクタがそれぞれの対象地点の位置にある間に、プレビュー強度閾値を上回る前記タッチ感知面上の前記接触の特性強度の増大を検出するための手段と、前記プレビュー強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて有効にされ、前記それぞれの対象地点の近傍のコンテキスト情報を表示するために前記地図をズームするための手段と、前記地図をズームした後、所定の強度閾値を下回る前記タッチ感知面上の前記接触の前記特性強度の減少を検出することを含む、それぞれの入力を検出するための手段と、前記接触の前記特性強度の前記減少を検出することを含む前記それぞれの入力を検出することに応じて有効にされる、手段であって、前記それぞれの入力を検出する前に、前記接触の前記特性強度がコンテキスト維持強度閾値を上回って増大したという判定に従って、前記それぞれの対象地点の近傍の前記コンテキスト情報の表示を継続し、前記それぞれの入力を検出する前に、前記接触の前記特性強度が前記コンテキスト維持強度閾値を上回って増大しなかったという判定に従って、前記対象地点の近傍の前記コンテキスト情報の表示を停止し、前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューを再表示するための手段と、を備える、情報処理装置。

請求項622

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムが、前記メモリに記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成されており、前記1つ以上のプログラムが、請求項601から617に記載の前記方法のいずれかを実行するための命令を含む、電子デバイス。

請求項623

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスによって実行されると、前記デバイスに、請求項601から617に記載の前記方法のいずれかを実行させる命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項624

ディスプレイ、タッチ感知面、前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、メモリ、及び前記メモリ内に記憶された1つ以上のプログラムを実行するための1つ以上のプロセッサを備える電子デバイス上の、グラフィカルユーザインタフェースであって、請求項601から617に記載の前記方法のいずれかに従って表示されるユーザインタフェースを備える、グラフィカルユーザインタフェース。

請求項625

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、請求項601から617に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項626

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスで用いるための、情報処理装置であって、請求項601から617に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段を備える、情報処理装置。

請求項627

電子デバイスであって、ディスプレイユニットと、タッチ感知面ユニットと、前記タッチ感知面ユニット上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサユニットと、前記ディスプレイユニット、前記タッチ感知面ユニット及び前記1つ以上のセンサユニットに結合された処理ユニットと、を備え、前記処理ユニットが、前記ディスプレイユニット上の第1のユーザインタフェース内に、複数の対象地点を含む地図のビューの表示を有効にし、前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューの表示を有効にする間に、かつフォーカスセレクタがそれぞれの対象地点の位置にある間に、プレビュー強度閾値を上回る前記タッチ感知面ユニット上の前記接触の特性強度の増大を検出し、前記プレビュー強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記それぞれの対象地点の近傍のコンテキスト情報を表示するように前記地図をズームし、前記地図をズームした後、所定の強度閾値を下回る前記タッチ感知面ユニット上の前記接触の前記特性強度の減少を検出することを含む、それぞれの入力を検出し、前記接触の前記特性強度の前記減少を検出することを含む前記それぞれの入力を検出することに応じて、前記それぞれの入力を検出する前に、前記接触の前記特性強度がコンテキスト維持強度閾値を上回って増大したという判定に従って、前記それぞれの対象地点の近傍の前記コンテキスト情報の表示を有効にすることを継続し、前記それぞれの入力を検出する前に、前記接触の前記特性強度が前記コンテキスト維持強度閾値を上回って増大しなかったという判定に従って、前記対象地点の近傍の前記コンテキスト情報の表示を有効にすることを停止し、前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューを再表示する、ように構成された、電子デバイス。

請求項628

前記処理ユニットが、前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューの表示を有効にする間に、かつ前記フォーカスセレクタが前記それぞれの対象地点の前記位置にある間に、前記プレビュー強度閾値より低い、ヒント強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を検出し、前記ヒント強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記それぞれの対象地点の外観を変更する、ように構成された、請求項627に記載の電子デバイス。

請求項629

前記それぞれの対象地点の前記外観を変更することが、前記それぞれの対象地点の第1の外観から前記それぞれの対象地点の第2の外観へのアニメーション化された遷移の表示を有効にすることを含む、請求項628に記載の電子デバイス。

請求項630

前記それぞれの対象地点の前記第1の外観から前記それぞれの対象地点の前記第2の外観への前記アニメーション化された遷移の表示を有効にすることが、前記接触の前記強度が前記ヒント強度閾値と前記プレビュー強度閾値との間で変化する間に、前記接触の現在の強度に応じて、前記それぞれの対象地点の連続する中間の外観の表示を動的に有効にすることを含む、請求項629に記載の電子デバイス。

請求項631

前記それぞれの対象地点の近傍の前記コンテキスト情報を表示するために前記地図をズームすることが、前記地図の第1のズームレベルから前記地図の第2のズームレベルへのアニメーション化された遷移の表示を有効にすることを含む、請求項627から630のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項632

前記地図の前記第1のズームレベルから前記地図の前記第2のズームレベルへの前記アニメーション化された遷移が、前記地図の前記第1のズームレベルから前記地図の第3のズームレベルへの増大を表す第1の部分と、それに続く、前記地図の前記第3のズームレベルから前記地図の第2のズームレベルへの減少を表す第2の部分とを含む、請求項631に記載の電子デバイス。

請求項633

前記処理ユニットが、前記地図をズームした後に、前記タッチ感知面ユニット上の前記接触の移動を検出し、前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記接触の前記移動に従って、前記地図の前記ズームしたビューをシフトする、ように構成された、請求項627から632のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項634

前記複数の対象地点が、第1の対象地点及び第2の対象地点を含み、前記それぞれの対象地点の近傍のコンテキスト情報を表示するように前記地図をズームすることが、前記フォーカスセレクタが、前記第2の対象地点より前記第1の対象地点により近い位置にあるという判定に従って、前記第1の対象地点の近傍の第1のコンテキスト情報を表示するように前記地図をズームすることと、前記フォーカスセレクタが、前記第1の対象地点より前記第2の対象地点により近い位置にあるという判定に従って、前記第2の対象地点の近傍の第2のコンテキスト情報を表示するように前記地図をズームすることと、を含む、請求項627から633のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項635

前記それぞれの対象地点が、前記地図上の固定された対象地点である、請求項627から634のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項636

前記それぞれの対象地点が、動的な対象地点である、請求項627から634のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項637

前記それぞれの対象地点の近傍のコンテキスト情報を表示するように前記地図をズームすることが、所定のズームレベルに前記地図をズームすることを含む、請求項627から636のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項638

前記それぞれの対象地点の近傍のコンテキスト情報を表示するように前記地図をズームすることが、動的に選択されたズームレベルに前記地図をズームすることを含む、請求項627から637のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項639

前記それぞれの対象地点の近傍のコンテキスト情報を表示するように前記地図をズームすることが、第1のズームレベルに前記地図をズームすることを含み、前記処理ユニットが、前記第1のズームレベルに前記地図をズームした後に、前記コンテキスト維持強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を検出し、前記コンテキスト維持強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記第1のズームレベルを上回る第2のズームレベルに前記地図をズームする、ように構成された、請求項627から638のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項640

前記処理ユニットが、前記接触の前記特性強度の前記減少を検出することを含む前記それぞれの入力を検出することに応じて、前記第1のズームレベル以上のそれぞれのズームレベルに前記地図の表示を維持するように構成された、請求項639に記載の電子デバイス。

請求項641

前記処理ユニットが、前記第1のズームレベル以上の前記それぞれのズームレベルに前記地図の前記表示を維持する間に、前記ズームした地図に向けた所定のジェスチャを検出し、前記ズームした地図に向けた前記所定のジェスチャを検出することに応じて、前記第1のズームレベル以上の前記それぞれのズームレベルでの前記地図の表示を停止し、前記それぞれのズームレベルを下回る第4のズームレベルに前記地図をズームする、ように構成された、請求項640に記載の電子デバイス。

請求項642

前記コンテキスト維持強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記第1のズームレベルを上回る前記第2のズームレベルに前記地図をズームすることが、前記第1のユーザインタフェースを、前記第2のズームレベルに前記ズームした地図、及び前記第1のユーザインタフェースに戻るためのアフォーダンスを含む、第2のユーザインタフェースに置き換えることを含む、請求項639から641のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項643

前記処理ユニットが、前記第2のユーザインタフェースを表示する間に、前記第1のユーザインタフェースに戻るための前記アフォーダンスを起動するための入力を検出し、前記第1のユーザインタフェースに戻るための前記アフォーダンスを起動するための前記入力を検出することに応じて、前記第2のユーザインタフェースの表示を停止し、前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューと共に、前記第1のユーザインタフェースを再表示し、前記複数の対象地点を含む前記地図の前記ビューが前記第1のユーザインタフェース内に再表示される間に、フォーカスセレクタが前記それぞれの対象地点の前記位置にある間の、前記タッチ感知面ユニット上のタップ入力を検出し、前記フォーカスセレクタが前記それぞれの対象地点の前記位置にある間のタップ入力を検出することに応じて、前記第1のユーザインタフェースを、前記第2のズームレベルに前記ズームした地図及び前記第1のユーザインタフェースに戻るための前記アフォーダンスを含む、前記第2のユーザインタフェースに置き換える、ように構成された、請求項642に記載の電子デバイス。

請求項644

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える、電子デバイスにおいて、前記ディスプレイ上のユーザインタフェース内に、複数の対象地点を含む地図ビュー、並びに、前記地図ビューとは別個の、前記複数の対象地点からの第1の対象地点の表現及び前記複数の対象地点からの第2の対象地点の表現を含む、コンテキスト領域を、同時に表示することと、前記地図ビュー及び前記コンテキスト領域を前記ディスプレイ上に同時に表示する間に、それぞれの強度閾値を上回る前記タッチ感知面上の接触の特性強度の増大を検出することと、前記それぞれの強度閾値を上回る前記タッチ感知面上の前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大が検出されたときに、フォーカスセレクタが、前記コンテキスト領域内の前記第1の対象地点の前記表現の位置にあったという判定に従って、前記地図ビュー内の前記第1の対象地点の周囲に、前記第1の対象地点に対するそれぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームし、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大が検出されたときに、フォーカスセレクタが、前記コンテキスト領域内の前記第2の対象地点の前記表現の位置にあったという判定に従って、前記地図ビュー内の前記第2の対象地点の周囲に、前記第2の対象地点に対するそれぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームすることと、を含む、方法。

請求項645

前記地図ビューをズームするとき、前記コンテキスト領域はズームされない、請求項644に記載の方法。

請求項646

前記コンテキスト領域内の前記第1及び第2の対象地点の前記表現が、前記地図ビュー内に表示されない、前記第1及び第2の対象地点に関する追加情報を含む、請求項644又は645に記載の方法。

請求項647

前記地図ビュー内の前記フォーカスセレクタの移動に対応する、前記タッチ感知面上の前記接触の移動を検出することと、前記地図ビュー内の前記フォーカスセレクタの前記移動に対応する前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記フォーカスセレクタの前記移動に従って、前記地図ビューをシフトすることと、を含み、前記シフトした地図ビューが、前記地図ビューの前記シフトの前には前記コンテキスト領域及び前記地図ビュー内に表された前記複数の対象地点の中になかった、第3の対象地点を含む、請求項644から646のいずれか一項に記載の方法。

請求項648

前記地図ビュー内の前記第1の対象地点の周囲に、前記第1の対象地点に対する前記それぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームすることが、前記電子デバイスの位置及び前記第1の対象地点を同時に表示するように、第1のズームレベルに前記地図をズームすることを含み、前記地図ビュー内の前記第2の対象地点の周囲に、前記第2の対象地点に対する前記それぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームすることが、前記電子デバイスの位置及び前記第2の対象地点を同時に表示するように、第2のズームレベルに前記地図をズームすることを含む、請求項644から647のいずれか一項に記載の方法。

請求項649

前記地図ビュー内の前記第1の対象地点の周囲に、前記第1の対象地点に対する前記それぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームすることが、前記ズームした地図ビュー内の前記第2の対象地点の表示を停止することを含む、請求項644から648のいずれか一項に記載の方法。

請求項650

前記地図ビュー内の前記第2の対象地点の周囲に、前記第2の対象地点に対する前記それぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームすることが、前記ズームした地図ビュー内の前記第1の対象地点の表示を停止することを含む、請求項644から648のいずれか一項に記載の方法。

請求項651

前記第1又は第2の対象地点の1つに対する前記それぞれのコンテキスト情報と共に前記地図ビューを表示する間に、前記フォーカスセレクタが前記第1又は第2の対象地点の前記1つの前記表現の前記位置にある間の、第2のそれぞれの強度閾値を下回る前記タッチ感知面上の前記接触の強度の減少を検出することと、前記第2のそれぞれの強度閾値を下回る前記接触の強度の前記減少を検出することに応じて、前記地図ビューを前記ズームすることを反転することと、を含む、請求項644から650のいずれか一項に記載の方法。

請求項652

前記地図ビューを前記ズームすることを反転した後、前記第1又は第2の対象地点のうちの前記1つの前記表現の前記位置から、前記地図ビュー内の前記コンテキスト領域内に示された異なる対象地点の表現の位置への、前記フォーカスセレクタの移動に対応する、前記タッチ感知面上の前記接触の移動を検出することと、前記フォーカスセレクタが、前記コンテキスト領域内の前記異なる対象地点の前記表現の前記位置にある間に、前記それぞれの強度閾値を上回る前記タッチ感知面上の前記接触の前記特性強度の増大を検出することと、前記フォーカスセレクタが、前記コンテキスト領域内の前記異なる対象地点の前記表現の前記位置にある間の、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記地図ビュー内の前記異なる対象地点の周囲に、前記異なる対象地点に対するそれぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームすることと、を含む、請求項651に記載の方法。

請求項653

前記フォーカスセレクタが、前記第1又は第2の対象地点の1つの前記表現の前記位置にある間に、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記コンテキスト領域内の前記第1又は第2の対象地点のうちの前記1つの外観を変更することを含む、請求項644から652のいずれか一項に記載の方法。

請求項654

前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の特性強度の前記増大を検出する前に、前記コンテキスト領域内の前記フォーカスセレクタの移動に対応する、前記タッチ感知面上の前記接触の移動を検出することと、前記コンテキスト領域内の前記フォーカスセレクタの前記移動に対応する、前記タッチ感知面上の前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記コンテキスト領域内の前記フォーカスセレクタの前記対応する移動に従って、前記コンテキスト領域をスクロールすることと、を含む、請求項644から653のいずれか一項に記載の方法。

請求項655

前記地図ビュー内の前記第1又は第2の対象地点の1つに対する前記それぞれのコンテキスト情報を表示するように前記地図ビューをズームした後に、かつ前記フォーカスセレクタが前記第1又は第2の対象地点のうちの前記1つの前記表現の前記位置にある間に、位置カード表示強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を検出することと、前記位置カード表示強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記第1又は第2の対象地点のうちの前記1つに対する位置カードを表示することと、を含む、請求項644から654のいずれか一項に記載の方法。

請求項656

前記フォーカスセレクタが、前記第1又は第2の対象地点のうちの1つの前記表現の前記位置にある間に、前記それぞれの強度閾値を上回る前記タッチ感知面上の前記接触の前記特性強度の前記増大を検出する前に、前記それぞれの強度閾値より低い、ヒント強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を検出し、前記ヒント強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記接触の前記強度に応じて、前記コンテキスト領域内の前記第1又は第2の対象地点のうちの前記1つの外観を変更すること、を含む、請求項644から655のいずれか一項に記載の方法。

請求項657

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリ内に記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成され、前記1つ以上のプログラムは、前記ディスプレイ上のユーザインタフェース内に、複数の対象地点を含む地図ビュー、並びに、前記地図ビューとは別個の、前記複数の対象地点からの第1の対象地点の表現及び前記複数の対象地点からの第2の対象地点の表現を含む、コンテキスト領域を、同時に表示し、前記地図ビュー及び前記コンテキスト領域を前記ディスプレイ上に同時に表示する間に、それぞれの強度閾値を上回る前記タッチ感知面上の接触の特性強度の増大を検出し、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大が検出されたときに、フォーカスセレクタが、前記コンテキスト領域内の前記第1の対象地点の前記表現の位置にあったという判定に従って、前記地図ビュー内の前記第1の対象地点の周囲に、前記第1の対象地点に対するそれぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームし、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大が検出されたとき、前記フォーカスセレクタが、前記コンテキスト領域内の前記第2の対象地点の前記表現の位置にあったという判定に従って、前記地図ビュー内の前記第2の対象地点の周囲に、前記第2の対象地点に対するそれぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームする、ための命令を含む、電子デバイス。

請求項658

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスによって実行されたとき、前記デバイスに、前記ディスプレイ上のユーザインタフェース内に、複数の対象地点を含む地図ビュー、並びに、前記地図ビューとは別個の、前記複数の対象地点からの第1の対象地点の表現及び前記複数の対象地点からの第2の対象地点の表現を含む、コンテキスト領域を、同時に表示させ、前記地図ビュー及び前記コンテキスト領域を前記ディスプレイ上に同時に表示する間に、それぞれの強度閾値を上回る前記タッチ感知面上の接触の特性強度の増大を検出させ、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大が検出されたときに、フォーカスセレクタが、前記コンテキスト領域内の前記第1の対象地点の前記表現の位置にあったという判定に従って、前記地図ビュー内の前記第1の対象地点の周囲に、前記第1の対象地点に対するそれぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームさせ、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大が検出されたときに、前記フォーカスセレクタが、前記コンテキスト領域内の前記第2の対象地点の前記表現の位置にあったという判定に従って、前記地図ビュー内の前記第2の対象地点の周囲に、前記第2の対象地点に対するそれぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームさせる、命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項659

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、前記ディスプレイ上のユーザインタフェース内に、複数の対象地点を含む地図ビュー、並びに、前記地図ビューとは別個の、前記複数の対象地点からの第1の対象地点の表現及び前記複数の対象地点からの第2の対象地点の表現を含む、コンテキスト領域を、同時に表示するための手段と、前記地図ビュー及び前記コンテキスト領域を前記ディスプレイ上に同時に表示する間に、それぞれの強度閾値を上回る前記タッチ感知面上の接触の特性強度の増大を検出するための手段と、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて有効にされる、手段であって、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大が検出されたときに、フォーカスセレクタが、前記コンテキスト領域内の前記第1の対象地点の前記表現の位置にあったという判定に従って、前記地図ビュー内の前記第1の対象地点の周囲に、前記第1の対象地点に対するそれぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームし、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大が検出されたときに、前記フォーカスセレクタが、前記コンテキスト領域内の前記第2の対象地点の前記表現の位置にあったという判定に従って、前記地図ビュー内の前記第2の対象地点の周囲に、前記第2の対象地点に対するそれぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームするための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項660

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスで用いるための、情報処理装置であって、前記ディスプレイ上のユーザインタフェース内に、複数の対象地点を含む地図ビュー、並びに、前記地図ビューとは別個の、前記複数の対象地点からの第1の対象地点の表現及び前記複数の対象地点からの第2の対象地点の表現を含む、コンテキスト領域を、同時に表示するための手段と、前記地図ビュー及び前記コンテキスト領域を前記ディスプレイ上に同時に表示する間に、それぞれの強度閾値を上回る前記タッチ感知面上の接触の特性強度の増大を検出するための手段と、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて有効にされる、手段であって、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大が検出されたときに、フォーカスセレクタが、前記コンテキスト領域内の前記第1の対象地点の前記表現の位置にあったという判定に従って、前記地図ビュー内の前記第1の対象地点の周囲に、前記第1の対象地点に対するそれぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームし、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大が検出されたときに、前記フォーカスセレクタが、前記コンテキスト領域内の前記第2の対象地点の前記表現の位置にあったという判定に従って、前記地図ビュー内の前記第2の対象地点の周囲に、前記第2の対象地点に対するそれぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームするための手段と、を備える、情報処理装置。

請求項661

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムが、前記メモリに記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成されており、前記1つ以上のプログラムが、請求項644から656に記載の前記方法のいずれかを実行するための命令を含む、電子デバイス。

請求項662

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスによって実行されると、前記デバイスに、請求項644から656に記載の前記方法のいずれかを実行させる命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項663

ディスプレイ、タッチ感知面、前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、メモリ、及び前記メモリ内に記憶された1つ以上のプログラムを実行するための1つ以上のプロセッサを備える電子デバイス上の、グラフィカルユーザインタフェースであって、請求項644から656に記載の前記方法のいずれかに従って表示されるユーザインタフェースを備える、グラフィカルユーザインタフェース。

請求項664

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、請求項644から656に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項665

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスで用いるための、情報処理装置であって、請求項644から656に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段を備える、情報処理装置。

請求項666

電子デバイスであって、ディスプレイユニットと、タッチ感知面ユニットと、前記タッチ感知面ユニット上の接触の強度を検出するための1つ以上のセンサユニットと、前記ディスプレイユニット、前記タッチ感知面ユニット及び前記1つ以上のセンサユニットに結合された処理ユニットと、を備え、前記処理ユニットが、前記ディスプレイユニット上のユーザインタフェース内への、複数の対象地点を含む地図ビュー、並びに、前記地図ビューとは別個の、前記複数の対象地点からの第1の対象地点の表現及び前記複数の対象地点からの第2の対象地点の表現を含む、コンテキスト領域の、同時の表示を有効にし、前記地図ビュー及び前記コンテキスト領域の前記ディスプレイユニット上への同時の表示を有効にする間に、それぞれの強度閾値を上回る前記タッチ感知面ユニット上の接触の特性強度の増大を検出し、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大が検出されたときに、フォーカスセレクタが、前記コンテキスト領域内の前記第1の対象地点の前記表現の位置にあったという判定に従って、前記地図ビュー内の前記第1の対象地点の周囲に、前記第1の対象地点に対するそれぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームし、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大が検出されたときに、前記フォーカスセレクタが、前記コンテキスト領域内の前記第2の対象地点の前記表現の位置にあったという判定に従って、前記地図ビュー内の前記第2の対象地点の周囲に、前記第2の対象地点に対するそれぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームする、ように構成された、電子デバイス。

請求項667

前記地図ビューをズームするときに、前記コンテキスト領域はズームされない、請求項666に記載の電子デバイス。

請求項668

前記コンテキスト領域内の前記第1及び第2の対象地点の前記表現が、前記地図ビュー内に表示されない、前記第1及び第2の対象地点に関する追加情報を含む、請求項666又は667に記載の電子デバイス。

請求項669

前記処理ユニットが、前記地図ビュー内の前記フォーカスセレクタの移動に対応する、前記タッチ感知面ユニット上の前記接触の移動を検出し、前記地図ビュー内の前記フォーカスセレクタの前記移動に対応する前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記フォーカスセレクタの前記移動に従って、前記地図ビューをシフトする、ように構成され、前記シフトした地図ビューが、前記地図ビューの前記シフトの前に前記コンテキスト領域及び前記地図ビュー内に表された前記複数の対象地点の中になかった、第3の対象地点を含む、請求項666から668のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項670

前記地図ビュー内の前記第1の対象地点の周囲に、前記第1の対象地点に対する前記それぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームすることが、前記電子デバイスの位置及び前記第1の対象地点を同時に表示するように、第1のズームレベルに前記地図をズームすることを含み、前記地図ビュー内の前記第2の対象地点の周囲に、前記第2の対象地点に対する前記それぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームすることが、前記電子デバイスの位置及び前記第2の対象地点を同時に表示するように、第2のズームレベルに前記地図をズームすることを含む、請求項666から669のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項671

前記地図ビュー内の前記第1の対象地点の周囲に、前記第1の対象地点に対する前記それぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームすることが、前記ズームした地図ビュー内の前記第2の対象地点の表示を有効にすることを停止することを含む、請求項666から670のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項672

前記地図ビュー内の前記第2の対象地点の周囲に、前記第2の対象地点に対する前記それぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームすることが、前記ズームした地図ビュー内の前記第1の対象地点の表示を有効にすることを停止することを含む、請求項666から670のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項673

前記処理ユニットが、前記第1又は第2の対象地点の1つに対する前記それぞれのコンテキスト情報と共に前記地図ビューの表示を有効にする間に、前記フォーカスセレクタが前記第1又は第2の対象地点の前記1つの前記表現の前記位置にある間の、第2のそれぞれの強度閾値を下回る前記タッチ感知面上の前記接触の強度の減少を検出し、前記第2のそれぞれの強度閾値を下回る前記接触の強度の前記減少を検出することに応じて、前記地図ビューを前記ズームすることを反転する、ように構成された、請求項666から672のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項674

前記処理ユニットが、前記地図ビューを前記ズームすることを反転した後、前記第1又は第2の対象地点のうちの前記1つの前記表現の前記位置から、前記地図ビュー内の前記コンテキスト領域内に表された異なる対象地点の表現の位置への、前記フォーカスセレクタの移動に対応する、前記タッチ感知面ユニット上の前記接触の移動を検出し、前記フォーカスセレクタが、前記コンテキスト領域内の前記異なる対象地点の前記表現の前記位置にある間に、前記それぞれの強度閾値を上回る前記タッチ感知面ユニット上の前記接触の前記特性強度の増大を検出し、前記フォーカスセレクタが、前記コンテキスト領域内の前記異なる対象地点の前記表現の前記位置にある間の、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記地図ビュー内の前記異なる対象地点の周囲に、前記異なる対象地点に対するそれぞれのコンテキスト情報を表示するように、前記地図ビューをズームする、ように構成された、請求項673に記載の電子デバイス。

請求項675

前記処理ユニットが、前記フォーカスセレクタが、前記第1又は第2の対象地点の1つの前記表現の前記位置にある間に、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記コンテキスト領域内の前記第1又は第2の対象地点のうちの前記1つの外観を変更するように構成された、請求項666から674のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項676

前記処理ユニットが、前記それぞれの強度閾値を上回る前記接触の特性強度の前記増大を検出する前に、前記コンテキスト領域内の前記フォーカスセレクタの移動に対応する、前記タッチ感知面ユニット上の前記接触の移動を検出し、前記コンテキスト領域内の前記フォーカスセレクタの前記移動に対応する、前記タッチ感知面ユニット上の前記接触の前記移動を検出することに応じて、前記コンテキスト領域内の前記フォーカスセレクタの前記対応する移動に従って、前記コンテキスト領域をスクロールする、ように構成された、請求項666から675のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項677

前記処理ユニットが、前記地図ビュー内の前記第1又は第2の対象地点の1つに対する前記それぞれのコンテキスト情報を表示するように前記地図ビューをズームした後に、かつ前記フォーカスセレクタが前記第1又は第2の対象地点の前記1つの前記表現の前記位置にある間に、位置カード表示強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を検出し、前記位置カード表示強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記第1又は第2の対象地点のうちの前記1つに対する位置カードの表示を有効にする、ように構成された、請求項666から676のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項678

前記処理ユニットが、前記フォーカスセレクタが、前記第1又は第2の対象地点の1つの前記表現の前記位置にある間に、前記それぞれの強度閾値を上回る前記タッチ感知面ユニット上の前記接触の前記特性強度の前記増大を検出する前に、前記それぞれの強度閾値より低い、ヒント強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の増大を検出し、前記ヒント強度閾値を上回る前記接触の前記特性強度の前記増大を検出することに応じて、前記接触の前記強度に応じて、前記コンテキスト領域内の前記第1又は第2の対象地点のうちの前記1つの外観を変更する、ように構成された、請求項666から677のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項679

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える、電子デバイスにおいて、前記ディスプレイ上に、連絡先情報に関連付けられた複数の選択可能オブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースを表示することと、前記複数の選択可能オブジェクトを表示する間に、かつフォーカスセレクタがそれぞれの選択可能オブジェクトに対応する位置にある間に、前記タッチ感知面上の接触を検出することを含む入力を検出することと、前記入力を検出することに応じて、前記入力を検出することが、それぞれの強度閾値を上回って前記接触の特性強度が増大するとき満たされる基準を含む、強度基準を満たす、前記接触の強度の増大を検出することを含むという判定に従って、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記連絡先情報を含む前記それぞれの選択可能オブジェクトに対するメニューを、前記複数の選択可能オブジェクトを含む前記第1のユーザインタフェースの上に重ね合わせて表示し、前記入力を検出することが、前記強度基準を満たすことなく、前記接触のリフトオフを検出することを含むという判定に従って、前記複数の選択可能オブジェクトを含む前記第1のユーザインタフェースの表示を、前記それぞれの選択可能オブジェクトに関連付けられた第2のユーザインタフェースの表示に置き換えることと、を含む、方法。

請求項680

前記入力を検出することに応じて、前記入力を検出することが、前記強度基準を満たす前記接触の強度の増大を検出することを含むという判定に従って、前記それぞれの選択可能オブジェクトを記述する追加記述情報を表示することを含む、請求項679に記載の方法。

請求項681

前記メニューを表示する間に、前記複数の選択可能オブジェクトを含む前記第1のユーザインタフェースを不明瞭化する視覚効果を加えることを含む、請求項679又は680に記載の方法。

請求項682

前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記メニューを表示する間に、前記第1のユーザインタフェース上の前記メニューの外側の位置に向けた所定の解除ジェスチャを検出することと、前記所定の解除ジェスチャを検出することに応じて、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記メニューの表示を停止し、前記複数の選択可能オブジェクトを含む、前記第1のユーザインタフェースの表示を復元することと、を含む、請求項679から681のいずれか一項に記載の方法。

請求項683

前記メニューが1つ以上の通信オブジェクトを含み、前記方法は、前記タッチ感知面上の前記接触が維持される間に、前記ディスプレイ上の前記1つ以上の通信オブジェクトのそれぞれの通信オブジェクトへの前記フォーカスセレクタの移動に対応する、前記タッチ感知面上の前記接触の移動を検出することと、前記フォーカスセレクタが、前記それぞれの通信オブジェクト上にある間に、選択基準を満たす前記入力の一部分を検出することと、前記選択基準を満たす前記入力の前記一部分を検出することに応じて、前記それぞれの通信オブジェクトに対応する通信機能を起動することと、を含む、請求項679から681のいずれか一項に記載の方法。

請求項684

前記選択基準を満たす前記入力の前記一部分が、前記入力の終端部分である、請求項683に記載の方法。

請求項685

前記選択基準を満たす前記入力の前記一部分が、前記接触の強度の変化に対応する、請求項683に記載の方法。

請求項686

前記それぞれの通信オブジェクトに対応する前記通信機能を起動することが、前記それぞれの通信オブジェクトに対応する通信を開始することを含む、請求項683から685のいずれか一項に記載の方法。

請求項687

前記選択基準を満たす前記入力の前記一部分を検出することに応じて、前記それぞれの通信オブジェクトに対応する前記通信機能を起動することが、前記選択基準を満たす前記入力の前記一部分を検出することに応じて、前記フォーカスセレクタが、前記それぞれの通信オブジェクトの第1の部分に位置するという判定に従って、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する、前記それぞれの通信オブジェクトに関連付けられた、複数の選択肢の中の既定の選択肢で通信を開始し、前記フォーカスセレクタが、前記それぞれの通信オブジェクトの第2の部分に位置するという判定に従って、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する、前記それぞれの通信オブジェクトに関連付けられた、前記複数の選択肢を表示すること、を含む、請求項683から685のいずれか一項に記載の方法。

請求項688

前記それぞれの通信オブジェクトに関連付けられた前記複数の選択肢が、前記それぞれの通信オブジェクトから展開する、請求項687に記載の方法。

請求項689

前記それぞれの通信オブジェクトに関連付けられた、前記複数の選択肢のそれぞれの選択肢の選択を検出することと、前記それぞれの選択肢の前記選択を検出することに応じて、前記それぞれの選択肢に対応する通信を開始することと、を含む、請求項687又は688に記載の方法。

請求項690

前記連絡先情報が、1つ以上の電話番号、1つ以上の電子メールアドレス、1つ以上の地理住所、及び1つ以上のメッセージ連絡先アドレス又は識別情報のうちの1つ以上を含む、請求項679から689のいずれか一項に記載の方法。

請求項691

連絡先情報に関連付けられた前記複数の選択可能オブジェクトが、前記連絡先情報に関連付けられたユーザの表現を含む、請求項679から690のいずれか一項に記載の方法。

請求項692

前記それぞれの選択可能オブジェクトが、アバターであり、前記方法は、前記入力を検出することが、前記強度基準を満たす前記接触の強度の増大を検出することを含むという判定に従って、前記メニュー内に前記アバターの拡大したバージョンを表示することを含む、請求項679から691のいずれか一項に記載の方法。

請求項693

連絡先情報に関連付けられた前記複数の選択可能オブジェクトが、前記連絡先情報に関連付けられた位置の表現を含む、請求項679から692のいずれか一項に記載の方法。

請求項694

前記メニューがヘッダーを含み、前記ヘッダーが、前記それぞれの選択可能オブジェクトに関する追加情報を含む、請求項679から693のいずれか一項に記載の方法。

請求項695

前記それぞれの選択可能オブジェクトが、第2の選択可能オブジェクトの一部分を占め、前記方法は、前記複数の選択可能オブジェクトを表示する間に、かつフォーカスセレクタが前記第2の選択可能オブジェクトのそれぞれの部分に対応するそれぞれの位置にある間に、前記タッチ感知面上の前記それぞれの強度閾値を上回る第2の接触の特性強度の増大を検出することを含む、第2の入力を検出することと、前記第2の入力を検出することに応じて、前記それぞれの位置が前記それぞれの選択可能オブジェクトに対応するという判定に従って、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記連絡先情報を含む、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記メニューを、前記複数の選択可能オブジェクトを含む前記第1のユーザインタフェースの上に重ね合わせて表示し、前記それぞれの位置が、前記それぞれの選択可能オブジェクト以外の前記第2の選択可能オブジェクトの一部分に対応するという判定に従って、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記メニューとは異なる、前記第2の選択可能オブジェクトに関連付けられたコンテンツを表示することと、を含む、請求項679から694のいずれか一項に記載の方法。

請求項696

前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記メニューとは異なる、前記第2の選択可能オブジェクトに関連付けられたコンテンツを表示することが、前記第2の入力の第1の部分がプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数の選択可能オブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせて、前記第2のユーザインタフェースの縮小表現を含むプレビューエリアを表示することと、前記入力の前記第1の部分の後で検出される、前記第2の入力の第2の部分が、ユーザインタフェース置換基準を満たすという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース及び前記重ね合わせたプレビューエリアの表示を前記第2のユーザインタフェースの表示と置き換えることと、前記第2の入力の前記第2の部分がプレビューエリア消滅基準を満たすという判定に従って、前記入力が終了した後に、前記プレビューエリアを表示することを停止し、前記第1のユーザインタフェースを表示することと、を含む、請求項695に記載の方法。

請求項697

前記第2の入力の前記第1の部分がプレビュー基準を満たすという判定をすることが、前記第2の入力の前記第1の部分の間の前記第2の接触の前記特性強度が、第1の強度閾値まで増大することを検出することを含む、請求項696に記載の方法。

請求項698

前記第2の入力の前記第2の部分がユーザインタフェース置換基準を満たすという判定をすることが、前記第2の入力の前記第2の部分の間の前記第2の接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値より大きい、第2の強度閾値まで増大することを検出することを含む、請求項696又は697に記載の方法。

請求項699

前記第2の入力の前記第2の部分がプレビューエリア消滅基準を満たすという判定をすることが、前記第2の入力の前記第2の部分の間に、前記ユーザインタフェース置換基準を満たすことなく、前記第2の接触のリフトオフを検出することを含む、請求項696から698のいずれか一項に記載の方法。

請求項700

前記プレビューエリアを表示する間に、前記第1のユーザインタフェースを不明瞭化する視覚効果を加えることを含む、請求項696から699のいずれか一項に記載の方法。

請求項701

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムは、前記メモリ内に記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成され、前記1つ以上のプログラムは、前記ディスプレイ上に、連絡先情報に関連付けられた複数の選択可能オブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースを表示し、前記複数の選択可能オブジェクトを表示する間に、かつフォーカスセレクタがそれぞれの選択可能オブジェクトに対応する位置にある間に、前記タッチ感知面上の接触を検出することを含む入力を検出し、前記入力を検出することに応じて、前記入力を検出することが、それぞれの強度閾値を上回って前記接触の特性強度が増大するとき満たされる基準を含む、強度基準を満たす、前記接触の強度の増大を検出することを含むという判定に従って、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記連絡先情報を含む前記それぞれの選択可能オブジェクトに対するメニューを、前記複数の選択可能オブジェクトを含む前記第1のユーザインタフェースの上に重ね合わせて表示し、前記入力を検出することが、前記強度基準を満たすことなく、前記接触のリフトオフを検出することを含むという判定に従って、前記複数の選択可能オブジェクトを含む前記第1のユーザインタフェースの表示を、前記それぞれの選択可能オブジェクトに関連付けられた第2のユーザインタフェースの表示に置き換える、ための命令を含む、電子デバイス。

請求項702

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出する1つ以上のセンサを備えた電子デバイスによって実行されたとき、前記デバイスに、前記ディスプレイ上に、連絡先情報に関連付けられた複数の選択可能オブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースを表示させ、前記複数の選択可能オブジェクトを表示する間に、かつフォーカスセレクタがそれぞれの選択可能オブジェクトに対応する位置にある間に、前記タッチ感知面上の接触を検出することを含む入力を検出させ、前記入力を検出することに応じて、前記入力を検出することが、それぞれの強度閾値を上回って前記接触の特性強度が増大するとき満たされる基準を含む、強度基準を満たす、前記接触の強度の増大を検出することを含むという判定に従って、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記連絡先情報を含む前記それぞれの選択可能オブジェクトに対するメニューを、前記複数の選択可能オブジェクトを含む前記第1のユーザインタフェースの上に重ね合わせて表示させ、前記入力を検出することが、前記強度基準を満たすことなく、前記接触のリフトオフを検出することを含むという判定に従って、前記複数の選択可能オブジェクトを含む前記第1のユーザインタフェースの表示を、前記それぞれの選択可能オブジェクトに関連付けられた第2のユーザインタフェースの表示に置き換えさせる、命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項703

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、前記ディスプレイ上に、連絡先情報に関連付けられた複数の選択可能オブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースを表示するための手段と、前記複数の選択可能オブジェクトを表示する間に、及びフォーカスセレクタがそれぞれの選択可能オブジェクトに対応する位置にある間に、有効にされ、前記タッチ感知面上の接触を検出することを含む入力を検出するための手段と、前記入力を検出することに応じて有効にされる、手段であって、前記入力を検出することが、それぞれの強度閾値を上回って前記接触の特性強度が増大するとき満たされる基準を含む、強度基準を満たす、前記接触の強度の増大を検出することを含むという判定に従って有効にされ、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記連絡先情報を含む前記それぞれの選択可能オブジェクトに対するメニューを、前記複数の選択可能オブジェクトを含む前記第1のユーザインタフェースの上に重ね合わせて表示するための手段と、前記入力を検出することが、前記強度基準を満たすことなく、前記接触のリフトオフを検出することを含むという判定に従って有効にされ、前記複数の選択可能オブジェクトを含む前記第1のユーザインタフェースの表示を、前記それぞれの選択可能オブジェクトに関連付けられた第2のユーザインタフェースの表示に置き換えるための手段と、を含む手段と、を備える、電子デバイス。

請求項704

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスにおいて用いるための、情報処理装置であって、前記ディスプレイ上に、連絡先情報に関連付けられた複数の選択可能オブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースを表示するための手段と、前記複数の選択可能オブジェクトを表示する間に、及びフォーカスセレクタがそれぞれの選択可能オブジェクトに対応する位置にある間に、有効にされ、前記タッチ感知面上の接触を検出することを含む入力を検出するための手段と、前記入力を検出することに応じて有効にされる、手段であって、前記入力を検出することが、それぞれの強度閾値を上回って前記接触の特性強度が増大するとき満たされる基準を含む、強度基準を満たす、前記接触の強度の増大を検出することを含むという判定に従って有効にされ、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記連絡先情報を含む前記それぞれの選択可能オブジェクトに対するメニューを、前記複数の選択可能オブジェクトを含む前記第1のユーザインタフェースの上に重ね合わせて表示するための手段と、前記入力を検出することが、前記強度基準を満たすことなく、前記接触のリフトオフを検出することを含むという判定に従って有効にされ、前記複数の選択可能オブジェクトを含む前記第1のユーザインタフェースの表示を、前記それぞれの選択可能オブジェクトに関連付けられた第2のユーザインタフェースの表示に置き換えるための手段と、を含む手段と、を備える、情報処理装置。

請求項705

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、1つ以上のプロセッサと、メモリと、1つ以上のプログラムと、を備え、前記1つ以上のプログラムが、前記メモリに記憶され、前記1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成されており、前記1つ以上のプログラムが、請求項679から700に記載の前記方法のいずれかを実行するための命令を含む、電子デバイス。

請求項706

1つ以上のプログラムを記憶するコンピュータ可読記憶媒体であって、前記1つ以上のプログラムが、ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスによって実行されると、前記デバイスに、請求項679から700に記載の前記方法のいずれかを実行させる命令を含む、コンピュータ可読記憶媒体。

請求項707

ディスプレイ、タッチ感知面、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、メモリ、及び前記メモリ内に記憶された1つ以上のプログラムを実行するための1つ以上のプロセッサを備える電子デバイス上の、グラフィカルユーザインタフェースであって、請求項679から700に記載の前記方法のいずれかに従って表示されるユーザインタフェースを備える、グラフィカルユーザインタフェース。

請求項708

電子デバイスであって、ディスプレイと、タッチ感知面と、前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、請求項679から700に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段と、を備える、電子デバイス。

請求項709

ディスプレイ、タッチ感知面、及び前記タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスにおいて用いるための、情報処理装置であって、請求項679から700に記載の前記方法のいずれかを実行するための手段を備える、情報処理装置。

請求項710

電子デバイスであって、ユーザインタフェースを表示するように構成されたディスプレイユニットと、ユーザの入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、前記タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された、1つ以上のセンサユニットと、前記ディスプレイユニット、前記タッチ感知面ユニット及び前記1つ以上のセンサユニットに結合された処理ユニットと、を備え、前記処理ユニットが、前記ディスプレイユニット上に、連絡先情報に関連付けられた複数の選択可能オブジェクトを含む、第1のユーザインタフェースの表示を有効にし、前記複数の選択可能オブジェクトの表示を有効にする間に、かつフォーカスセレクタがそれぞれの選択可能オブジェクトに対応する位置にある間に、前記タッチ感知面ユニット上の接触を検出することを含む入力を検出し、前記入力を検出することに応じて、前記入力を検出することが、それぞれの強度閾値を上回って前記接触の特性強度が増大するとき満たされる基準を含む、強度基準を満たす、前記接触の強度の増大を検出することを含むという判定に従って、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記連絡先情報を含む前記それぞれの選択可能オブジェクトに対するメニューの、前記複数の選択可能オブジェクトを含む前記第1のユーザインタフェースの上に重ね合わせた表示を有効にし、前記入力を検出することが、前記強度基準を満たすことなく、前記接触のリフトオフを検出することを含むという判定に従って、前記複数の選択可能オブジェクトを含む前記第1のユーザインタフェースの表示を、前記それぞれの選択可能オブジェクトに関連付けられた第2のユーザインタフェースの表示に置き換える、ように構成された、電子デバイス。

請求項711

前記処理ユニットが、前記入力を検出することに応じて、前記入力を検出することが、前記強度基準を満たす前記接触の強度の増大を検出することを含むという判定に従って、前記それぞれの選択可能オブジェクトを記述する追加記述情報の表示を有効にするように構成された、請求項710に記載の電子デバイス。

請求項712

前記処理ユニットが、前記メニューの表示を有効にする間に、前記複数の選択可能オブジェクトを含む前記第1のユーザインタフェースを不明瞭化する視覚効果を加えるように構成された、請求項710又は711に記載の電子デバイス。

請求項713

前記処理ユニットが、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記メニューの表示を有効にする間に、前記第1のユーザインタフェース上の前記メニューの外側の位置に向けた所定の解除ジェスチャを検出し、前記所定の解除ジェスチャを検出することに応じて、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記メニューの表示を有効にすることを停止し、前記複数の選択可能オブジェクトを含む、前記第1のユーザインタフェースの表示を復元する、ように構成された、請求項710から712のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項714

前記メニューが1つ以上の通信オブジェクトを含み、前記処理ユニットが、前記タッチ感知面ユニット上の前記接触が維持される間に、前記ディスプレイユニット上の前記1つ以上の通信オブジェクトのそれぞれの通信オブジェクトへの前記フォーカスセレクタの移動に対応する、前記タッチ感知面ユニット上の前記接触の移動を検出し、前記フォーカスセレクタが、前記それぞれの通信オブジェクト上にある間に、選択基準を満たす前記入力の一部分を検出し、前記選択基準を満たす前記入力の前記一部分を検出することに応じて、前記それぞれの通信オブジェクトに対応する通信機能を起動する、ように構成された、請求項710から712のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項715

前記選択基準を満たす前記入力の前記一部分が、前記入力の終端部分である、請求項714に記載の電子デバイス。

請求項716

前記選択基準を満たす前記入力の前記一部分が、前記接触の強度の変化に対応する、請求項714に記載の電子デバイス。

請求項717

前記それぞれの通信オブジェクトに対応する前記通信機能を起動することが、前記それぞれの通信オブジェクトに対応する通信を開始することを含む、請求項714から716のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項718

前記選択基準を満たす前記入力の前記一部分を検出することに応じて、前記それぞれの通信オブジェクトに対応する前記通信機能を起動することが、前記選択基準を満たす前記入力の前記一部分を検出することに応じて、前記フォーカスセレクタが、前記それぞれの通信オブジェクトの第1の部分に位置するという判定に従って、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する、前記それぞれの通信オブジェクトに関連付けられた、複数の選択肢の中の既定の選択肢で通信を開始し、前記フォーカスセレクタが、前記それぞれの通信オブジェクトの第2の部分に位置するという判定に従って、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する、前記それぞれの通信オブジェクトに関連付けられた、前記複数の選択肢の表示を有効にすること、を含む、請求項714から716のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項719

前記それぞれの通信オブジェクトに関連付けられた前記複数の選択肢が、前記それぞれの通信オブジェクトから展開する、請求項718に記載の電子デバイス。

請求項720

前記処理ユニットが、前記それぞれの通信オブジェクトに関連付けられた、前記複数の選択肢のそれぞれの選択肢の選択を検出し、前記それぞれの選択肢の前記選択を検出することに応じて、前記それぞれの選択肢に対応する通信を開始する、ように構成された、請求項718又は719に記載の電子デバイス。

請求項721

前記連絡先情報が、1つ以上の電話番号、1つ以上の電子メールアドレス、1つ以上の地理的住所、及び1つ以上のメッセージ連絡先アドレス又は識別情報のうちの1つ以上を含む、請求項710から720のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項722

連絡先情報に関連付けられた前記複数の選択可能オブジェクトが、前記連絡先情報に関連付けられたユーザの表現を含む、請求項710から721のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項723

前記それぞれの選択可能オブジェクトがアバターであり、前記処理ユニットが、前記入力を検出することが、前記強度基準を満たす前記接触の強度の増大を検出することを含むという判定に従って、前記メニュー内に前記アバターの拡大したバージョンの表示を有効にするように構成された、請求項710から722のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項724

連絡先情報に関連付けられた前記複数の選択可能オブジェクトが、前記連絡先情報に関連付けられた位置の表現を含む、請求項710から723のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項725

前記メニューがヘッダーを含み、前記ヘッダーが、前記それぞれの選択可能オブジェクトに関する追加情報を含む、請求項710から724のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項726

前記それぞれの選択可能オブジェクトが第2の選択可能オブジェクトの一部分を占め、前記処理ユニットが、前記複数の選択可能オブジェクトの表示を有効にする間に、かつフォーカスセレクタが前記第2の選択可能オブジェクトのそれぞれの部分に対応するそれぞれの位置にある間に、前記タッチ感知面ユニット上の前記それぞれの強度閾値を上回る第2の接触の特性強度の増大を検出することを含む、第2の入力を検出し、前記第2の入力を検出することに応じて、前記それぞれの位置が前記それぞれの選択可能オブジェクトに対応するという判定に従って、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記連絡先情報を含む、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記メニューの、前記複数の選択可能オブジェクトを含む前記第1のユーザインタフェースの上に重ね合わせた表示を有効にし、前記それぞれの位置が、前記それぞれの選択可能オブジェクト以外の前記第2の選択可能オブジェクトの一部分に対応するという判定に従って、前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記メニューとは異なる、前記第2の選択可能オブジェクトに関連付けられたコンテンツの表示を有効にする、ように構成された、請求項710から725のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項727

前記それぞれの選択可能オブジェクトに対する前記メニューとは異なる、前記第2の選択可能オブジェクトに関連付けられたコンテンツの表示を有効にすることが、前記第2の入力の第1の部分がプレビュー基準を満たすという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース内の前記複数の選択可能オブジェクトの少なくともいくつかの上に重ね合わせた、前記第2のユーザインタフェースの縮小表現を含むプレビューエリアの表示を有効にすることと、前記入力の前記第1の部分の後で検出される、前記第2の入力の第2の部分が、ユーザインタフェース置換基準を満たすという判定に従って、前記第1のユーザインタフェース及び前記重ね合わせたプレビューエリアの表示を前記第2のユーザインタフェースの表示と置き換えることと、前記第2の入力の前記第2の部分がプレビューエリア消滅基準を満たすという判定に従って、前記入力が終了した後、前記プレビューエリアを表示することを停止し、前記第1のユーザインタフェースの表示を有効にすることと、を含む、請求項726に記載の電子デバイス。

請求項728

前記第2の入力の前記第1の部分がプレビュー基準を満たすという判定をすることが、前記第2の入力の前記第1の部分の間の前記第2の接触の前記特性強度が、第1の強度閾値まで増大することを検出することを含む、請求項727に記載の電子デバイス。

請求項729

前記第2の入力の前記第2の部分がユーザインタフェース置換基準を満たすという判定をすることが、前記第2の入力の前記第2の部分の間の前記第2の接触の前記特性強度が、前記第1の強度閾値より大きい、第2の強度閾値まで増大することを検出することを含む、請求項727又は728に記載の電子デバイス。

請求項730

前記第2の入力の前記第2の部分がプレビューエリア消滅基準を満たすという判定をすることが、前記第2の入力の前記第2の部分の間に、前記ユーザインタフェース置換基準を満たすことなく、前記第2の接触のリフトオフを検出することを含む、請求項727から729のいずれか一項に記載の電子デバイス。

請求項731

前記処理ユニットが、前記プレビューエリアの表示を有効にする間に、前記第1のユーザインタフェースを不明瞭化する視覚効果を加えるように構成された、請求項727から730のいずれか一項に記載の電子デバイス。

技術分野

0001

本出願は、全般的に、タッチ感知面を備える電子デバイスに関し、その電子デバイスとしては、ユーザインタフェースを操作するための入力を検出するタッチ感知面を備える、電子デバイスが挙げられるが、これに限定されない。

背景技術

0002

コンピュータ及び他の電子計算デバイス用の入力デバイスとしてのタッチ感知面の使用は、近年著しく増大している。例示的なタッチ感知面としては、タッチパッド及びタッチスクリーンディスプレイが挙げられる。かかる面は、ディスプレイ上のユーザインタフェースを操作するために幅広く使用されている。

0003

例示的な操作としては、1つ以上のユーザインタフェースオブジェクトの位置及び/又はサイズを調節すること、あるいは、ボタンアクティブにする、又はユーザインタフェースオブジェクトによって表されるファイルアプリケーションを開くこと、並びに1つ以上のユーザインタフェースオブジェクトにメタデータを関連付けること、又は他の方式でユーザインタフェースを操作することが挙げられる。例示的なユーザインタフェースオブジェクトとしては、デジタル画像映像テキストアイコン、ボタンなどの制御要素、及びその他の図形が挙げられる。

0004

いくつかの状況においては、ユーザが、ファイル管理プログラム(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のFinder)、メッセージングアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のMessages)、画像管理アプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のPhotos)、カメラアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のCamera)、地図アプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のMap)、メモ取りアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のNotes)、デジタルコンテンツ(例えば、映像及び音楽管理アプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のMusic及びiTunes)、ニュースアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のNews)、電話アプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のPhone)、電子メールアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のMail)、ブラウザアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のSafari)、描画アプリケーションプレゼンテーションアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のKeynote)、ワードプロセッシングアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のPages)、スプレッドシートアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のNumbers)、リーダーアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のiBooks)、ビデオ作成アプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のiMovie)、及び/又はジオロケーションアプリケーション(例えば、California州CupertinoにあるApple Inc.のFind Friends及びFind iPhone)内のユーザインタフェースオブジェクトに対して、かかる動作を実行する必要がある。

0005

しかしながら、これらの操作を実行するための既存の方法は、煩雑かつ非効率的である。更には、既存の方法は、必要以上に長い時間を要することにより、エネルギーを浪費する。この後者の考慮事項は、バッテリ動作デバイスにおいては特に重要である。

0006

したがって、ユーザインタフェースを操作するための、より速く、より効率的な方法及びインタフェースを備える、電子デバイスが必要とされている。かかる方法及びインタフェースは、任意選択的に、ユーザインタフェースを操作するための従来の方法を補完するか、又は置き換える。かかる方法及びインタフェースは、ユーザからの入力の回数、程度、及び/又は性質を低減し、より効率的なヒューマンマシンインタフェースを作り出す。バッテリ動作デバイスの場合、かかる方法及びインタフェースにより、電力が節約され、バッテリ充電時間間隔が延びる。

0007

タッチ感知面を備える電子デバイス用のユーザインタフェースに関連付けられた、上記の欠陥及び他の問題点は、開示されるデバイスによって低減されるか、又は取り除かれる。いくつかの実施形態において、このデバイスは、デスクトップコンピュータである。いくつかの実施形態において、このデバイスは、ポータブル(例えば、ノートブックコンピュータタブレットコンピュータ、又はハンドヘルドデバイス)である。いくつかの実施形態において、このデバイスは、パーソナル電子デバイス(例えば、腕時計などのウェアラブル電子デバイス)である。いくつかの実施形態において、このデバイスは、タッチパッドを有する。いくつかの実施形態において、このデバイスは、タッチ感知ディスプレイ(「タッチスクリーン」又は「タッチスクリーンディスプレイ」としても知られる)を有する。いくつかの実施形態において、このデバイスは、グラフィカルユーザインタフェースGUI)、1つ以上のプロセッサメモリ、及び複数の機能を実行するためにメモリに記憶された1つ以上のモジュールプログラム、又は命令セットを有する。いくつかの実施形態において、ユーザはタッチ感知面上で、主にスタイラス及び/又は指の接触並びにジェスチャを介してGUIと対話する。いくつかの実施形態において、これらの機能は、画像編集、描画、プレゼンティング、ワードプロセッシングスプレッドシートの作成、ゲームプレイ電話をかけること、ビデオ会議電子メール送信インスタントメッセージングトレーニングサポートデジタル写真撮影デジタルビデオ撮影ウェブブラウジングデジタル音楽再生メモ取り、及び/又はデジタルビデオの再生を任意選択的に含む。これらの機能を実行するための実行可能命令は、非一時的コンピュータ可読記憶媒体又は1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成された他のコンピュータプログラム製品に、任意選択的に含まれる。

0008

いくつかの実施形態によれば、タッチ感知面及びディスプレイを備えた電子デバイスで、ある方法が実行される。デバイスは、タッチ感知面との接触の強度を検出するための、1つ以上のセンサを含む。デバイスは、ディスプレイ上の第1のユーザインタフェースに複数のユーザインタフェースオブジェクトを表示する。デバイスは、フォーカスセレクタが、ディスプレイ上のこれら複数のユーザインタフェースオブジェクトにおける第1のユーザインタフェースオブジェクトの場所にあるときに、タッチ感知面上のある場所で接触を検出する。フォーカスセレクタがディスプレイの第1のユーザインタフェースオブジェクトの場所にあるときに、デバイスは、その接触の特性強度が第1の強度閾値に増大したことを検出し、接触の特性強度が第1の強度閾値に増大したことを検出したことに応じて、デバイスは、第1のユーザインタフェースにおいて、第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭にすることなく第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の複数のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭にし、デバイスは、接触の特性強度が引き続き増大して第1の強度閾値を上回ったことを検出し、接触の特性強度が引き続き増大して第1の強度閾値を上回ったことを検出したことに応じて、デバイスは、第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭にすることなく第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、第1のユーザインタフェースにおける第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の複数のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不鮮明にする量を動的に増やす。

0009

いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、ユーザインタフェースオブジェクトを表示するように構成されたディスプレイユニットと、接触を受けるように構成されたタッチ感知面ユニットと、接触の強度を検出するように構成された1つ以上のセンサユニットと、タッチ感知面ユニットと、ディスプレイユニット、タッチ感知面ユニット、及び1つ以上のセンサユニットに連結された処理ユニットと、を含む。処理ユニットは、ディスプレイユニット上の第1のユーザインタフェースにおいて複数のユーザインタフェースオブジェクトの表示を可能化し、フォーカスセレクタが、ディスプレイユニット上の複数のユーザインタフェースオブジェクトにおいて、第1のユーザインタフェースオブジェクトの場所にある間にタッチ感知面ユニット上のある場所での接触を検出し、フォーカスセレクタがディスプレイユニット上の第1のユーザインタフェースオブジェクトの場所にある間に、接触の特性強度が第1の強度閾値に増大したことを検出し、接触の特性強度が第1の強度閾値に増大したことを検出したことに応じて、第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭にすることなく第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、第1のユーザインタフェースにおける第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の複数のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭にし、接触の特性強度が引き続き増大して第1の強度閾値を上回ったことを検出し、接触の特性強度が引き続き増大して第1の強度閾値を上回ったことを検出したことに応じて、第1のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭にすることなく第1のユーザインタフェースオブジェクトの表示を維持しながら、第1のユーザインタフェースにおける第1のユーザインタフェースオブジェクト以外の複数のユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不鮮明にする量を動的に増やす、ように構成されている。

0010

いくつかの実施形態によれば、タッチ感知面及びディスプレイを備えた電子デバイスで、ある方法が実行される。デバイスは、タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを含む。デバイスは、ディスプレイ上の第1のユーザインタフェースに複数のユーザインタフェースオブジェクトを表示する。デバイスは、フォーカスセレクタがディスプレイ上の複数のユーザインタフェースオブジェクトにおける第1のユーザインタフェースオブジェクトの上にある間に、接触による入力を検出する。その入力が選択基準を満たしているという判定に従って、デバイスは、その入力を検出したことに応じて、第1のユーザインタフェースとは別個である第2のユーザインタフェースを表示する。その入力の第1の一部分がプレビュー基準を満たしているという判定に従って、デバイスは、その入力の第1の一部分を検出したことに応じて、第1のユーザインタフェース内の複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重なった、第2のユーザインタフェースの縮小表現を含むプレビューエリアを表示する。その入力の第1の一部分の後に検出された、その接触による入力の第2の一部分がユーザインタフェース置換基準を満たしているという判定に従って、デバイスは、第1のユーザインタフェース及び重なったプレビュー領域の表示を第2のユーザインタフェースの表示に置き換える。その接触による入力の第2の一部分がプレビューエリア非表示化基準を満たしているという判定に従って、デバイスは、プレビュー領域を表示するのを停止し、その入力が終了した後に第1のユーザインタフェースを表示する。

0011

いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、ユーザインタフェースオブジェクトを表示するように構成されたディスプレイユニットと、接触を受けるように構成されたタッチ感知面ユニットと、タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された1つ以上のセンサユニットと、ディスプレイユニット、タッチ感知面ユニット、及び1つ以上のセンサユニットに連結された処理ユニットと、を含む。処理ユニットは、ディスプレイユニット上の第1のユーザインタフェースにおいて複数のユーザインタフェースオブジェクトの表示を可能化するように構成されている。処理ユニットは、フォーカスセレクタがディスプレイユニット上の複数のユーザインタフェースオブジェクトにおける第1のユーザインタフェースオブジェクトの上にある間に、接触による入力を検出するように構成されている。その入力が選択基準を満たしているという判定に従って、処理ユニットは、その入力を検出したことに応じて、第1のユーザインタフェースとは別個である第2のユーザインタフェースの表示を可能化するように構成されている。入力の第1の一部分がプレビュー基準を満たしているという判定に従って、処理ユニットは、入力の第1の一部分を検出したことに応じて、第1のユーザインタフェース内の複数のユーザインタフェースオブジェクトのうちの少なくともいくつかの上に重なった、第2のユーザインタフェースのプレビューエリア縮小表現を含むプレビュー領域の表示を可能化するように構成されている。その入力の第1の一部分の後に検出された、その接触による入力の第2の一部分がユーザインタフェース置換基準を満たしているという判定に従って、処理ユニットは、第1のユーザインタフェース及び重なったプレビュー領域の表示を第2のユーザインタフェースの表示に置き換えるように構成されている。その接触による入力の第2の一部分がプレビュー領域非表示化基準を満たしているという判定に従って、処理ユニットは、プレビューエリアを表示するのを停止し、その入力が終了した後に第1のユーザインタフェースの表示を可能化するように構成されている。

0012

いくつかの実施形態によれば、タッチ感知面及びディスプレイを備えた電子デバイスで、ある方法が実行される。デバイスは、タッチ感知面との接触の強度を検出するための、1つ以上のセンサを含む。デバイスは、ディスプレイ上の第1のユーザインタフェースに複数のユーザインタフェースオブジェクトを表示する。デバイスは、ディスプレイ上のそれら複数のユーザインタフェースオブジェクトにおける第1のユーザインタフェースオブジェクトの場所に対応するタッチ感知面上の場所での接触による押圧入力の第1の一部分を検出する。ディスプレイ上の複数のユーザインタフェースオブジェクトにおける第1のユーザインタフェースオブジェクトの場所に対応するタッチ感知面上の場所での接触による押圧入力の第1の一部分を検出している間に、デバイスは、第1のユーザインタフェースオブジェクトを選択し、接触の強度が第2の強度閾値まで増大したことを検出する。その接触の強度が第2の強度閾値まで増大したことを検出したことに応じて、デバイスは、複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重なったプレビューエリアを第1のユーザインタフェースに表示する。その押圧入力の第1の一部分を検出した後、デバイスは、その接触の押圧入力の第2の一部分を検出する。その接触による押圧入力の第2の一部分を検出したことに応じて、その接触による押圧入力の第2の一部分がユーザインタフェース置換基準を満たしているという判定に従って、デバイスは、第1のユーザインタフェースの表示を、第1のユーザインタフェースとは別個である第2のユーザインタフェースに置き換える。その接触による押圧入力の第2の一部分がプレビューエリア維持基準を満たしているという判定に従って、デバイスは、押圧入力が終了した後も、第1のユーザインタフェース内の複数のユーザインタフェースオブジェクトの少なくともいくつかの上に重なったプレビュー領域の表示を維持する。その接触による押圧入力の第2の一部分がプレビューエリア非表示化基準を満たしているという判定に従って、デバイスは、プレビュー領域に表示するのを停止し、押圧入力が終了した後も第1のユーザインタフェースの表示を維持する。

0013

いくつかの実施形態によれば、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスで、ある方法が実行される。この方法は、第1の種類の1つ以上のユーザインタフェースオブジェクトと、第1の種類とは別個である第2の種類の1つ以上のユーザインタフェースオブジェクトと、を含む複数の選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含む第1のユーザインタフェースをディスプレイ上に表示することを含む。デバイスは、ディスプレイ上に第1のユーザインタフェースを表示している間に、フォーカスセレクタが複数の選択可能なユーザインタフェースオブジェクトのそれぞれのユーザインタフェースオブジェクトの上にある間にタッチ感知面上での第1の接触の特性強度が増大して第1の強度閾値を上回ったことを検出することを含む、第1の入力の第1の一部分の検出を行う。デバイスは、第1の入力の第1の一部分を検出したことに応じて、それぞれのユーザインタフェースオブジェクトと関連付けられた補足情報を表示する。デバイスは、それぞれのユーザインタフェースオブジェクトと関連付けられた補足情報を表示している間に、第1の入力の終了を検出する。第1の入力の終了を検出したことに応じて、それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、デバイスは、それぞれのユーザインタフェースオブジェクトと関連付けられた補足情報を表示するのを取り止め、それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、デバイスは、第1の入力の終了を検出した後もそれぞれのユーザインタフェースオブジェクトと関連付けられた補足情報の表示を維持する。

0014

いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、コンテンツ項目を表示するように構成されたディスプレイユニットと、ユーザ入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された1つ以上のセンサユニットと、ディスプレイユニット、タッチ感知面ユニット、及び1つ以上のセンサユニットに連結された処理ユニットと、を備える。処理ユニットは、第1の種類の1つ以上のユーザインタフェースオブジェクトと、第1の種類とは別個である第2の種類の1つ以上のユーザインタフェースオブジェクトと、を含む複数の選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含む第1のユーザインタフェースの表示をディスプレイユニット上で可能化し、第1のユーザインタフェースがディスプレイユニット上に表示されている間に、フォーカスセレクタが複数の選択可能なユーザインタフェースオブジェクトのそれぞれのユーザインタフェースオブジェクトの上にある間にタッチ感知面上で第1の接触の特性強度が増大して第1の強度閾値を上回ったことを検出することを含む、第1の入力の第1の一部分を検出し、第1の入力の第1の一部分を検出したことに応じて、それぞれのユーザインタフェースオブジェクトと関連付けられた補足情報の表示を可能化し、それぞれのユーザインタフェースオブジェクトと関連付けられた補足情報が表示されている間に、第1の入力の終了を検出し、第1の入力の終了を検出したことに応じて、それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが第1の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、それぞれのユーザインタフェースオブジェクトと関連付けられた補足情報の表示を可能化するのを取り止め、それぞれのユーザインタフェースオブジェクトが第2の種類のユーザインタフェースオブジェクトであるという判定に従って、第1の入力の終了を検出した後もそれぞれのユーザインタフェースオブジェクトと関連付けられた補足情報の表示を維持する、ように構成されている。

0015

いくつかの実施形態によれば、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスで、ある方法が実行される。デバイスは、第1の外観及び1つ以上の前景オブジェクトを有する背景を含む第1のユーザインタフェースをディスプレイ上に表示する。デバイスは、第1のユーザインタフェースをディスプレイ上に表示している間に、第1のフォーカスセレクタが第1のユーザインタフェースの背景に対応する第1のユーザインタフェース内の場所にある間にタッチ感知面上での第1の接触による第1の入力を検出する。第1の接触による第1の入力を検出したことに応じて、第1の接触が第1の強度閾値を上回る特性強度を有するという判定に従って、デバイスは、第1のユーザインタフェースにおいて1つ以上の前景オブジェクトの外観を変化させることなく、第1のユーザインタフェースの背景の外観を動的に変化させる。第1のユーザインタフェースの背景の外観の動的な変化は、第1の接触の特性強度に少なくとも部分的に基づく。デバイスは、第1のユーザインタフェースの背景の外観を動的に変化させている間に、第1の接触による第1の入力の終了を検出し、第1の接触による第1の入力の終了を検出したことに応じて、第1のユーザインタフェースの背景を、その背景の第1の外観に戻す。

0016

いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、ユーザインタフェースを表示するように構成されたディスプレイユニットと、背景及び前景オブジェクトと、ユーザ入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された1つ以上のセンサユニットと、ディスプレイユニット、タッチ感知面ユニット、及び1つ以上のセンサユニットに連結された処理ユニットと、を備える。処理ユニットは、ディスプレイ上での、第1の外観及び1つ以上の前景オブジェクトを有する背景を含む第1のユーザインタフェースの表示を可能化するように構成されている。第1のユーザインタフェースをディスプレイ上に表示している間に、処理ユニットは、第1のフォーカスセレクタが第1のユーザインタフェースの背景に対応する第1のユーザインタフェース内の場所にある間に、タッチ感知面ユニット上での第1の接触による第1の入力を検出するように構成されている。第1の接触による第1の入力を検出したことに応じて、第1の接触が第1の強度閾値を上回る特性強度を有するという判定に従って、処理ユニットは、第1のユーザインタフェースにおいて1つ以上の前景オブジェクトの外観を変化させることなく、第1のユーザインタフェースの背景の外観を動的に変化させるように構成されている。第1のユーザインタフェースの背景の外観の動的な変化は、第1の接触の特性強度に少なくとも部分的に基づく。処理ユニットは、第1のユーザインタフェースの背景の外観を動的に変化させている間に、第1の接触による第1の入力の終了を検出し、処理ユニットは、第1の接触による第1の入力の終了を検出したことに応じて、第1のユーザインタフェースの背景を、その背景の第1の外観に戻すように構成されている。

0017

いくつかの実施形態によれば、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスで、ある方法が実行される。デバイスは、第1の外観及び1つ以上の前景オブジェクトを有する背景を含む第1のユーザインタフェースをディスプレイ上に表示する。ディスプレイ上に第1のユーザインタフェースを表示している間に、デバイスは、第1の強度閾値を上回る特性強度を有する第1の接触によるタッチ感知面上での入力を検出する。第1の接触による入力を検出したことに応じて、その入力の間、フォーカスセレクタがユーザインタフェースの背景に対応する第1のユーザインタフェース内の場所にあるという判定に従って、デバイスは、第1のユーザインタフェースにおいて1つ以上の前景オブジェクトの外観を変化させることなく、第1のユーザインタフェースの背景の外観を動的に変化させる。第1のユーザインタフェースの背景の外観の動的な変化は、第1の接触の特性強度に少なくとも部分的に基づき、フォーカスセレクタが、第1のユーザインタフェース内の1つ以上の前景オブジェクトのそれぞれの前景オブジェクトに対応する第1のユーザインタフェース内の場所にあるという判定に従って、デバイスは、第1のユーザインタフェースの背景の第1の外観を維持する。

0018

いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、ユーザインタフェースを表示するように構成されたディスプレイユニットと、背景及び前景オブジェクトと、ユーザ入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された1つ以上のセンサユニットと、ディスプレイユニット、タッチ感知面ユニット、及び1つ以上のセンサユニットに連結された処理ユニットと、を備える。処理ユニットは、ディスプレイユニット上での、第1の外観及び1つ以上の前景オブジェクトを有する背景を含む第1のユーザインタフェースの表示を可能化するように構成されている。処理ユニットは、ディスプレイユニット上に第1のユーザインタフェースを表示している間に、第1の強度閾値を上回る特性強度を有する第1の接触による入力をタッチ感知面ユニット上で検出するように構成されている。第1の接触による入力を検出したことに応じて、その入力の間、フォーカスセレクタが、ユーザインタフェースの背景に対応する第1のユーザインタフェース内の場所にあるという判定に従って、処理ユニットは、第1のユーザインタフェース内の1つ以上の前景オブジェクトの外観を変化させることなく、第1のユーザインタフェースの背景の外観を動的に変化させるように構成されている。第1のユーザインタフェースの背景の外観の動的な変化は、第1の接触の特性強度に少なくとも部分的に基づく。フォーカスセレクタが、第1のユーザインタフェース内の1つ以上の前景オブジェクトのそれぞれの前景オブジェクトに対応する第1のユーザインタフェース内の場所にあるという判定に従って、処理ユニットは、第1のユーザインタフェースの背景の第1の外観を維持するように構成されている。

0019

いくつかの実施形態によれば、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスで、ある方法が実行される。デバイスは、背景と、背景の一部分と重なり、複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む前景エリアと、を含む第1のユーザインタフェースをディスプレイ上に表示する。デバイスは、第1のフォーカスセレクタが前景エリア内の複数のユーザインタフェースオブジェクトにおける第1のユーザインタフェースオブジェクトにある間に、接触による入力をタッチ感知面上で検出する。接触による入力を検出したことに応じて、その接触による入力が、入力中にその接触の特性強度が第1の強度閾値を依然として下回る場合に満たされる基準を含む1つ以上の第1の押圧基準を満たしているという判定に従って、デバイスは、前景領域内の第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する第1の所定のアクションを実行し、接触による入力が、入力中にその接触の特性強度が増大して第1の強度閾値を上回った場合に満たされる基準を含む1つ以上の第2の押圧基準を満たすという判定に従って、デバイスは、前景エリア内の第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応する、第1の所定のアクションとは別個の第2のアクションを実行する。

0020

いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、ユーザインタフェース及びユーザインタフェースオブジェクトを表示するように構成されたディスプレイユニットと、ユーザ入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された1つ以上のセンサユニットと、ディスプレイユニット、タッチ感知面ユニット、及び1つ以上のセンサユニットに連結された処理ユニットと、を備える。処理ユニットは、ディスプレイユニット上での、第1の外観及び1つ以上の前景オブジェクトを有する背景を含む第1のユーザインタフェースの表示を可能化するように構成されている。ディスプレイユニット上に第1のユーザインタフェースを表示している間に、処理ユニットは、第1の強度閾値を上回る特性強度を有する第1の接触による入力をタッチ感知面ユニット上で検出するように構成されている。第1の接触による入力を検出したことに応じて、その入力の間、フォーカスセレクタが、ユーザインタフェースの背景に対応する第1のユーザインタフェース内の場所にあるという判定に従って、処理ユニットは、第1のユーザインタフェース内の1つ以上の前景オブジェクトの外観を変化させることなく、第1のユーザインタフェースの背景の外観を動的に変化させるように構成されている。第1のユーザインタフェースの背景の外観の動的な変化は、第1の接触の特性強度に少なくとも部分的に基づく。フォーカスセレクタが、第1のユーザインタフェース内の1つ以上の前景オブジェクトのそれぞれの前景オブジェクトに対応する第1のユーザインタフェース内の場所にあるという判定に従って、処理ユニットは、第1のユーザインタフェースの背景の第1の外観を維持するように構成されている。

0021

いくつかの実施形態によれば、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスで、ある方法が実行される。デバイスは、対応するアプリケーションを起動するための複数のアプリケーションアイコンを含むアプリケーション起動ユーザインタフェースをディスプレイ上に表示する。アプリケーション起動ユーザインタフェースを表示している間に、デバイスは、複数のアプリケーションアイコンのうちの第1のアプリケーションアイコンに対応するタッチ感知面上の場所で第1の接触を検出することを含む、第1の接触入力を検出する。第1のアプリケーションアイコンは、1つ以上の対応するクイックアクションと関連付けられている第1のアプリケーションを起動するためのアイコンである。第1の接触入力が1つ以上のアプリケーション起動基準を満たしているという判定に従って第1の接触入力を検出したことに応じて、デバイスは第1のアプリケーションを起動する。第1の接触の特性強度が増大してそれぞれの強度閾値を上回った場合に満たされる基準を含む1つ以上のクイックアクション表示基準を第1の接触入力が満たしているという判定に従って、デバイスは、第1のアプリケーションを起動することなく、第1のアプリケーションと関連付けられた1つ以上のクイックアクションオブジェクトを第1のアプリケーションアイコンと同時に表示する。

0022

いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、ユーザインタフェースオブジェクトを表示するように構成されたディスプレイユニットと、ユーザ入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された1つ以上のセンサユニットと、ディスプレイユニット、タッチ感知面ユニット、及び1つ以上のセンサユニットに連結された処理ユニットと、を備える。処理ユニットは、対応するアプリケーションを起動するための複数のアプリケーションアイコンを含むアプリケーション起動ユーザインタフェースの表示をディスプレイユニット上で可能化するように構成されている。アプリケーション起動ユーザインタフェースを表示している間に、処理ユニットは、複数のアプリケーションアイコンのうちの第1のアプリケーションアイコンであって、1つ以上の対応するクイックアクションと関連付けられている第1のアプリケーションを起動するためのアイコンである第1のアプリケーションアイコンに対応するタッチ感知面ユニット上の場所で第1の接触を検出することを含む第1の接触入力を検出するように構成されている。第1の接触入力を検出したことに応じて、第1の接触入力が1つ以上のアプリケーション起動基準を満たしているという判定に従って、処理ユニットは、第1のアプリケーションを起動するように構成されている。第1の接触の特性強度が増大してそれぞれの強度閾値を上回った場合に満たされる基準を含む1つ以上のクイックアクション表示基準を第1の接触入力が満たしているという判定に従って、処理ユニットは、第1のアプリケーションを起動することなく、第1のアプリケーションと関連付けられた1つ以上のクイックアクションオブジェクトの表示を第1のアプリケーションアイコンと同時に可能化する。

0023

いくつかの実施形態によれば、ディスプレイ及び1つ以上の入力デバイスを備えた電子デバイスで、ある方法が実行される。電子デバイスは、それぞれが対応するメニューオプションセットと関連付けられている複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む第1のユーザインタフェースをディスプレイ上に表示する。デバイスは、この1つ以上の入力デバイスを介して、この複数のユーザインタフェースオブジェクトのうちの第1のユーザインタフェースオブジェクト用のメニューオプションを表示するリクエストに対応する第1の入力を検出する。第1の入力を検出したことに応じて、デバイスは、第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応するメニュ項目をメニューに表示する。メニューを表示することは、第1のユーザインタフェースオブジェクトが第1のユーザインタフェース内の第1の場所にあるという判定に従って、第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応するメニュー項目を第1の順序でメニューに表示することと、第1のユーザインタフェースオブジェクトが、第1の場所とは異なる第1のユーザインタフェース内の第2の場所にあるという判定に従って、第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応するメニュー項目を、第1の順序とは異なる第2の順序でメニューに表示することと、を含む。

0024

いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、コンテンツ項目を表示するように構成されたディスプレイユニットと、ユーザ入力を受け取るように構成された1つ以上の入力デバイスと、ディスプレイユニット及び1つ以上の入力デバイスに連結された処理ユニットと、を含む。処理ユニットは、それぞれが対応するメニューオプションセットと関連付けられている複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む第1のユーザインタフェースの表示をディスプレイユニット上で可能化するように構成されている。処理ユニットは、1つ以上の入力デバイスを介して、複数のユーザインタフェースオブジェクトのうちの第1のユーザインタフェースオブジェクト用のメニューオプションを表示するリクエストに対応する第1の入力を検出するように構成されている。第1の入力を検出したことに応じて、メニューにおける、第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応するメニュー項目の表示を可能化する。メニューを表示することは、第1のユーザインタフェースオブジェクトが第1のユーザインタフェース内の第1の場所にあるという判定に従って、第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応するメニュー項目を第1の順序でメニューに表示することと、第1のユーザインタフェースオブジェクトが、第1の場所とは異なる第1のユーザインタフェース内の第2の場所にあるという判定に従って、第1のユーザインタフェースオブジェクトに対応するメニュー項目を、第1の順序とは異なる第2の順序でメニューに表示することと、を含む。

0025

いくつかの実施形態によれば、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスで、ある方法が実行される。デバイスは、ユーザインタフェースと対話するための複数のアクションであって、直接選択アクション及び1つ以上の他のアクションを含む複数のアクションと関連付けられている選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含むユーザインタフェースをディスプレイ上に表示する。デバイスは、選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含むユーザインタフェースを表示している間に、フォーカスセレクタが選択可能なユーザインタフェースオブジェクトの上にある間にタッチ感知面上で接触を検出することを含む、入力を検出する。その接触を検出することを含む、入力を検出したことに応じて、その入力が選択基準を満たしているという判定に従って、デバイスは、直接選択アクション及び1つ以上の他のアクションを含む複数のアクションのグラフカル表現を含むメニューをディスプレイ上に表示し、その入力が、接触の特性強度が増大してそれぞれの強度閾値を上回った場合に満たされる基準を含む直接選択基準を満たしているという判定に従って、デバイスは、直接選択アクションを実行する。

0026

いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、コンテンツ項目を表示するように構成されたディスプレイユニットと、ユーザ入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された1つ以上のセンサユニットと、ディスプレイユニット、タッチ感知面ユニット、及び1つ以上のセンサユニットに連結された処理ユニットと、を備える。処理ユニットは、ユーザインタフェースと対話するための複数のアクションであって、直接選択アクション及び1つ以上の他のアクションを含む複数のアクションと関連付けられている選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含むユーザインタフェースの表示をディスプレイユニット上で可能化するように構成されている。処理ユニットは、選択可能なユーザインタフェースオブジェクトを含むユーザインタフェースを表示している間に、フォーカスセレクタが選択可能なユーザインタフェースオブジェクトの上にある間にタッチ感知面ユニット上で接触を検出することを含む、入力を検出するように構成されている。その接触を検出することを含む、入力を検出したことに応じて、その入力が選択基準を満たしているという判定に従って、処理ユニットは、直接選択アクション及び1つ以上の他のアクションを含む複数のアクションのグラフィカル表現を含むメニューの表示をディスプレイユニット上で可能化するように構成されており、その入力が、接触の特性強度が増大してそれぞれの強度閾値を上回った場合に満たされる基準を含む直接選択基準を満たしているという判定に従って、処理ユニットは、直接選択アクションを実行するように構成されている。

0027

新しい接触強度ベースの機能及び特徴など、新しいユーザインタフェース機能及び特徴をユーザに教えるための改善された方法及びインタフェースを備えた電子デバイスが必要とされている。かかる方法及びインタフェースは、任意選択的に、新しいユーザインタフェース機能及び特徴をユーザに教えるための従来の方法を補完するか、又は置き換える。かかる方法は、ユーザからの入力の回数、程度、及び/又は性質を減らし、より効率的なヒューマンマシンインタフェースを作り出す。バッテリ動作デバイスの場合、かかる方法及びインタフェースにより、電力が節約され、バッテリ充電の時間間隔が延びる。

0028

いくつかの実施形態によれば、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスで、ある方法が実行される。デバイスは、接触強度の変化によってトリガーされるそれぞれのオブジェクト固有の動作と関連付けられている複数のユーザインタフェースオブジェクトであって、ユーザインタフェース内の第1の場所に表示された第1のオブジェクトと、ユーザインタフェース内の第2の場所に表示された第2のオブジェクトと、を含む複数のユーザインタフェースオブジェクトを含む、ユーザインタフェースをディスプレイ上に表示する。複数のユーザインタフェース要素を含むユーザインタフェースを表示している間に、デバイスは、タッチ感知面上での第1の接触を検出することと、第1の接触の特性強度が増大して第1の強度閾値を上回ったことを検出することと、を含む、第1の入力を検出する。第1の入力を検出したことに応じて、フォーカスセレクタが、第1のオブジェクトが表示されているユーザインタフェース内の第1の場所にあるという判定に従って、デバイスは、第1のオブジェクトと関連付けられた追加情報をディスプレイ上に表示することを含む、第1のオブジェクトと関連付けられた第1の動作を実行し、フォーカスセレクタが、第2のオブジェクトが表示されているユーザインタフェース内の第2の場所にあるという判定に従って、デバイスは、第2のオブジェクトと関連付けられた追加情報をディスプレイ上に表示することを含む、第2のオブジェクトと関連付けられた第2の動作であって、第1のオブジェクトと関連付けられた第1の動作とは別個である、第2のオブジェクトと関連付けられた第2の動作を実行し、フォーカスセレクタが、接触強度の変化によってトリガーされるオブジェクト固有の動作と関連付けられたどのオブジェクトからも離れているユーザインタフェース内の場所にあるという判定に従って、デバイスは、ユーザインタフェースにおいて第1のオブジェクトと第2のオブジェクトとを同時に視覚的に区別するために、ディスプレイ上でユーザインタフェースを更新することを含む第3の動作を実行する。

0029

いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、ユーザインタフェース及びユーザインタフェースオブジェクトを表示するように構成されたディスプレイユニットと、ユーザ入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された1つ以上のセンサユニットと、ディスプレイユニット、タッチ感知面ユニット、及び1つ以上のセンサユニットに連結された処理ユニットと、を備える。処理ユニットは、接触強度の変化によってトリガーされるそれぞれのオブジェクト固有の動作と関連付けられている複数のユーザインタフェースオブジェクトであって、ユーザインタフェース内の第1の場所に表示された第1のオブジェクトと、ユーザインタフェース内の第2の場所に表示された第2のオブジェクトと、を含む複数のユーザインタフェース要素を含むユーザインタフェースの表示をディスプレイユニット上で可能化し、複数のユーザインタフェース要素を含むユーザインタフェースを表示している間に、タッチ感知面ユニット上での第1の接触を検出することと、第1の接触の特性強度が増大して第1の強度閾値を上回ったことを検出することと、を含む、第1の入力を検出し、第1の入力を検出したことに応じて、フォーカスセレクタが、第1のオブジェクトが表示されているユーザインタフェース内の第1の場所にあるという判定に従って、第1のオブジェクトと関連付けられた追加情報をディスプレイ上に表示することを含む、第1のオブジェクトと関連付けられた第1の動作を実行し、フォーカスセレクタが、第2のオブジェクトが表示されているユーザインタフェース内の第2の場所にあるという判定に従って、第2のオブジェクトと関連付けられた追加情報をディスプレイユニット上に表示することを含む、第2のオブジェクトと関連付けられた第2の動作であって、第1のオブジェクトと関連付けられた第1の動作とは別個である、第2のオブジェクトと関連付けられた第2の動作を実行し、フォーカスセレクタが、接触強度の変化によってトリガーされるオブジェクト固有の動作と関連付けられたどのオブジェクトからも離れているユーザインタフェース内の場所にあるという判定に従って、ユーザインタフェースにおいて第1のオブジェクトと第2のオブジェクトとを同時に視覚的に区別するために、ディスプレイユニット上でユーザインタフェースを更新することを含む第3の動作を実行するように構成されている。

0030

いくつかの実施形態によれば、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスで、ある方法が実行される。デバイスは、第1のユーザインタフェース要素セットを含むユーザインタフェースをディスプレイ上に表示し、第1のユーザインタフェース要素セット内のそれぞれのユーザインタフェース要素について、デバイスは、それぞれのユーザインタフェース要素に対応する場所で、それぞれのユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行することによって第1の入力種類のユーザ入力に応答するように構成されており、ユーザインタフェースの残りについて、デバイスは、ユーザインタフェースの残り内のユーザインタフェース要素に対応する場所で、ユーザインタフェースの残り内のユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行することによって第1の入力種類のユーザ入力に応答するように構成されてはいない。デバイスは、フォーカスセレクタがユーザインタフェース内の第1の場所にある間に、第1の入力種類の第1のユーザ入力を検出する。フォーカスセレクタがユーザインタフェース内の第1の場所にある間に第1の入力種類の第1のユーザ入力を検出したことに応じて、第1の場所が第1のユーザインタフェース要素セット内の第1のユーザインタフェース要素に対応するという判定に従って、デバイスは、第1のユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行し、第1の場所が第1のユーザインタフェース要素セット内のユーザインタフェース要素に対応しないという判定に従って、デバイスは、第1のユーザインタフェース要素セットとユーザインタフェースの残りとをディスプレイ上で区別するための視覚的効果を適用する。

0031

いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、ユーザインタフェース及びユーザインタフェース要素を表示するように構成されたディスプレイユニットと、ユーザ入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された1つ以上のセンサユニットと、ディスプレイユニット、タッチ感知面ユニット、及び1つ以上のセンサユニットに連結された処理ユニットと、を備える。処理ユニットは、第1のユーザインタフェース要素セットを含むユーザインタフェースの表示をディスプレイユニット上で可能化するように構成されており、第1のユーザインタフェース要素セット内のそれぞれのユーザインタフェース要素について、デバイスは、それぞれのユーザインタフェース要素に対応する場所で、それぞれのユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行することによって第1の入力種類のユーザ入力に応答するように構成されており、ユーザインタフェースの残りについて、デバイスは、ユーザインタフェースの残り内のユーザインタフェース要素に対応する場所で、ユーザインタフェースの残り内のユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行することによって第1の入力種類のユーザ入力に応答するように構成されてはいない。処理ユニットは、フォーカスセレクタがユーザインタフェース内の第1の場所にある間に、第1の入力種類の第1のユーザ入力を検出するように構成されており、フォーカスセレクタがユーザインタフェース内の第1の場所にある間に第1の入力種類の第1のユーザ入力を検出したことに応じて、第1の場所が第1のユーザインタフェース要素セット内の第1のユーザインタフェース要素に対応するという判定に従って、第1のユーザインタフェース要素に対応する複数の動作を実行し、第1の場所が第1のユーザインタフェース要素セット内のどのユーザインタフェース要素にも対応しないという判定に従って、第1のユーザインタフェース要素セットとユーザインタフェース内の残りとをディスプレイユニット上で区別するための視覚的効果を適用する。

0032

こうして、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスに、どのユーザインタフェース要素が接触強度ベースの機能及び特徴を有するかを示す迅速かつ効率的な方法及びインタフェースが提供され、それにより、かかるデバイスによる有効性、効率、及びユーザ満足度が向上する。かかる方法及びインタフェースは、新たな能力及び機能(例えば、力感知型又は圧力感知型ユーザインタフェース要素)をユーザに教えるための従来の方法を補完するか、又は置き換え得る。

0033

メディアコンテンツをプレビューするための改善された方法及びインタフェースを備えた電子デバイスが必要とされている。かかる方法及びインタフェースは、任意選択的に、メディアコンテンツをプレビューするための従来の方法を補完するか、又は置き換える。かかる方法は、ユーザからの入力の回数、程度、及び/又は性質を減らし、より効率的なヒューマンマシンインタフェースを作り出す。バッテリ動作デバイスの場合、かかる方法及びインタフェースにより、電力が節約され、バッテリ充電の時間間隔が延びる。

0034

いくつかの実施形態によれば、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面上で接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスで、ある方法が実行される。この方法は、第1の組の1つ以上のメディア項目を表す第1のメディアオブジェクトと、メディア項目の第2のセットとは異なる第2の組の1つ以上のメディア項目を表す第2のメディアオブジェクトと、を含む複数のメディアオブジェクトを含むユーザインタフェースをディスプレイ上で表示することを含む。この方法は、フォーカスセレクタが第1のメディアオブジェクトの上にある間に、タッチ感知面上での接触の移動を含む入力を検出することを更に含む。この方法は、タッチ感知面上でその接触の移動を含む入力を検出したことに応じて、フォーカスセレクタが第1のメディアオブジェクトの上にある間にその接触の特性強度が増大してメディアプレビュー強度閾値を上回ることをその入力が含む場合に満たされる基準を含むメディアプレビュー基準をその入力が満たしているという判定に従って、メディア項目の第1のセットからメディア項目のプレビュー出力することと、その接触の移動を検出したことに応じて、メディア項目の第1のセットからメディア項目のプレビューを出力するのを停止すること、及びメディア項目の第2のセットからメディア項目のプレビューを出力することと、その入力がメディアプレビュー基準を満たしていないという判定に従って、タッチ感知面上でのその接触の移動に従って第1のメディアオブジェクト及び第2のメディアオブジェクトをディスプレイ上で移動させることと、を更に含む。

0035

いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、ユーザインタフェースを表示するように構成されたディスプレイユニットと、接触を受信するためのタッチ感知面ユニット、タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するための1つ以上のセンサユニットと、ディスプレイユニット、タッチ感知面ユニット、及び1つ以上のセンサユニットと連結された処理ユニットと、を含む。フォーカスセレクタが第1のメディアオブジェクトの上にある間に、タッチ感知面上での接触の移動を含む入力を検出する。処理ユニットは、1つ以上のメディア項目第1のセットを表す、メディア項目の第2のセットとは異なる第1のメディアオブジェクトと、1つ以上のメディア項目の第2のセットを表す第2のメディアオブジェクトと、を含む複数のメディアオブジェクトを含む、ユーザインタフェースの表示をディスプレイユニット上で可能化するように構成されている。処理ユニットは、フォーカスセレクタが第1のメディアオブジェクトの上にある間にタッチ感知面上での接触の移動を含む入力を検出し、タッチ感知面上でのその接触の移動を含む入力を検出したことに応じて、フォーカスセレクタが第1のメディアオブジェクトの上にある間にその接触の特性強度が増大してメディアプレビュー強度閾値を上回ることをその入力が含む場合に満たされる基準を含むメディアプレビュー基準をその入力が満たしているという判定に従って、メディア項目の第1のセットからメディア項目のプレビューを出力し、その接触の移動を検出したことに応じて、メディア項目の第1のセットからメディア項目のプレビューを出力するのを停止し、メディア項目の第2のセットからメディア項目のプレビューを出力し、その入力がメディアプレビュー基準を満たしていないという判定に従って、タッチ感知面上でのその接触の移動に従って第1のメディアオブジェクト及び第2のメディアオブジェクトをディスプレイ上で移動させるように構成されている。

0036

こうして、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスに、メディアコンテンツをプレビューするための、より速く、より効率的な方法及びインタフェースが提供され、それにより、有効性、効率、及びかかるデバイスに対するユーザ満足度が向上する。かかる方法及びインタフェースは、メディアコンテンツをプレビューするための従来の方法を補完し得るか、又は置き換え得る。

0037

いくつかの実施形態によれば、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスで、ある方法が実行される。この方法は、ユーザインタフェース内のページ分割されたコンテンツであって、複数のセクションを含み、この複数のセクション内のそれぞれのセクションがそれぞれの複数のページを含み、ページ分割されたコンテンツの第1の一部分がこの複数のセクションの第1のセクションの一部であり、ページ分割されたコンテンツの第1の一部分が、第1のセクション内の連続する前のページと第1のセクション内の連続する後のページとの間にある、ページ分割されたコンテンツの第1の一部分をディスプレイ上に表示することと、フォーカスセレクタがディスプレイ上のページ分割されたコンテンツの表示された第1の一部分の第1の既定の領域内にある間に、タッチ感知面上で接触を検出することを含む、その入力の第1の一部分を検出することと、その入力の第1の一部分を検出したことに応じて、接触の特性強度が第1の閾値強度に達する前に、タッチ感知面からのその接触のリフトオフをデバイスが検出した場合に満たされる基準を含む第1のコンテンツナビゲーション基準をその入力の第1の一部分が満たしているという判定に従って、ページ分割されたコンテンツの表示された第1の一部分を、ページ分割されたコンテンツの第1の一部分と連続的に隣接しているページを含むページ分割されたコンテンツの第2の一部分にディスプレイ上で置き換えることと、その接触の特性強度が増大して第1の強度閾値を上回ったことをデバイスが検出した場合に満たされる基準を含む第2のコンテンツナビゲーション基準をその入力の第1の一部分が満たしているという判定に従って、フォーカスセレクタがページ分割されたコンテンツの表示された第1の一部分の第1の既定の領域内にある間に、第1のセクションにおける連続する後のページ内でのページ数の明示を表示すること、又は第1のセクションにおける連続する前のページ内でのページ数の明示を表示することと、を含む。

0038

いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、コンテンツ項目を表示するように構成されたディスプレイユニットと、ユーザ入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された1つ以上のセンサユニットと、ディスプレイユニット、タッチ感知面ユニット、及び1つ以上のセンサユニットに連結された処理ユニットと、を備える。処理ユニットは、ユーザインタフェース内のページ分割されたコンテンツであって、複数のセクションを含み、この複数のセクション内のそれぞれのセクションがそれぞれの複数のページを含み、ページ分割されたコンテンツの第1の一部分がこの複数のセクションの第1のセクションの一部であり、ページ分割されたコンテンツの第1の一部分が、第1のセクション内の連続する前のページと第1のセクション内の連続する後のページとの間にある、ページ分割されたコンテンツの第1の一部分の表示をディスプレイ上で可能化し、フォーカスセレクタがディスプレイ上のページ分割されたコンテンツの表示された第1の一部分の第1の既定の領域内にある間に、タッチ感知面上で接触を検出することを含む、その入力の第1の一部分を検出し、その入力の第1の一部分を検出したことに応じて、その接触の特性強度が第1の閾値強度に達する前に、タッチ感知面からのその接触のリフトオフをデバイスが検出した場合に満たされる基準を含む第1のコンテンツナビゲーション基準をその入力の第1の一部分が満たしているという判定に従って、ページ分割されたコンテンツの表示された第1の一部分を、ページ分割されたコンテンツの第1の一部分と連続的に隣接しているページを含むページ分割されたコンテンツの第2の一部分にディスプレイ上で置き換え、その接触の特性強度が増大して第1の強度閾値を上回ったことをデバイスが検出した場合に満たされる基準を含む第2のコンテンツナビゲーション基準を、その入力の第1の一部分が満たしているという判定に従って、フォーカスセレクタがページ分割されたコンテンツの表示された第1の一部分の第1の既定の領域内にある間に、第1のセクションにおける連続する後のページ内でのページ数の明示の表示を可能化するか、又は第1のセクションにおける連続する前のページ内でのページ数の明示の表示を可能化するように構成されている。

0039

地図内対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための改善された方法及びインタフェースを備えた電子デバイスが必要とされている。かかる方法及びインタフェースは、任意選択的に、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための従来の方法を補完するか、又は置き換える。かかる方法は、ユーザからの入力の回数、程度、及び/又は性質を減らし、より効率的なヒューマンマシンインタフェースを作り出す。バッテリ動作デバイスの場合、かかる方法及びインタフェースにより、電力が節約され、バッテリ充電の時間間隔が延びる。

0040

いくつかの実施形態によれば、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面上で接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスで、ある方法が実行される。この方法は、複数の対象地点を含む地図のビューをディスプレイ上の第1のユーザインタフェース内に表示することを含む。この方法は、複数の対象地点を含む地図のビューを表示している間、及びフォーカスセレクタがそれぞれの対象地点の場所にある間にタッチ感知面上でのその接触の特性強度が増大してプレビュー閾値強度を上回ったことを検出することを更に含む。この方法は、その接触の特性強度が増大してプレビュー閾値強度を上回ったことを検出したことに応じて、地図をズームしてそれぞれの対象地点付近にコンテキスト情報を表示することを更に含む。この方法は、地図をズームした後に、タッチ感知面上でのその接触の特性強度が低下して既定の強度閾値を下回ったことを検出することを含むそれぞれの入力を検出することと、その接触の特性強度の低下を検出することを含むそれぞれの入力を検出したことに応じて、それぞれの入力を検出する前にその接触の特性強度が増大してコンテキスト維持強度閾値を上回ったという判定に従って、それぞれの対象地点付近にコンテキスト情報を引き続き表示することと、それぞれの入力を検出する前にその接触の特性強度がコンテキスト維持強度閾値を上回るまで増大しなかったという判定に従って、対象地点付近にコンテキスト情報を表示するのを停止し、複数の対象地点を含む地図のビューを再表示することと、を更に含む。

0041

いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、ディスプレイユニットと、タッチ感知面ユニットと、タッチ感知面ユニット上での接触の強度を検出するための1つ以上のセンサユニットと、ディスプレイユニット、タッチ感知面ユニット、及び1つ以上のセンサユニットに連結された処理ユニットと、を含む。この処理ユニットは、複数の対象地点を含む地図のビューの表示をディスプレイユニット上の第1のユーザインタフェース内で可能化し、複数の対象地点を含む地図のビューの表示を可能化している間、及びフォーカスセレクタがそれぞれの対象地点の場所にある間にタッチ感知面上での接触の特性強度が増大してプレビュー閾値強度を上回ったことを検出し、その接触の特性強度が増大してプレビュー閾値強度を上回ったことを検出したことに応じて、地図をズームしてそれぞれの対象地点付近にコンテキスト情報を表示し、地図をズームした後に、タッチ感知面上でのその接触の特性強度が低下して既定の強度閾値を下回ったことを検出することを含む、それぞれの入力を検出し、その接触の特性強度の低下を検出することを含む、それぞれの入力を検出したことに応じて、それぞれの入力を検出する前にその接触の特性強度が増大してコンテキスト維持強度閾値を上回ったという判定に従って、それぞれの対象地点付近でのコンテキスト情報の表示を引き続き可能化し、それぞれの入力を検出する前にその接触の特性強度がコンテキスト維持強度閾値を上回るまで増大しなかったという判定に従って、対象地点付近でコンテキスト情報の表示を可能化するのを停止し、複数の対象地点を含む地図のビューを再表示するように構成されている。

0042

それゆえ、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える、電子デバイスには、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための、より速く、より効率的な方法及びインタフェースが提供され、それにより、有効性、効率、及びかかるデバイスに対するユーザ満足度が向上する。かかる方法及びインタフェースは、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための従来の方法を補完し得るか、又は置き換え得る。

0043

地図をズームして対象地点付近にコンテキスト情報を表示するための改善された方法及びインタフェースを備えた電子デバイスが必要とされている。かかる方法及びインタフェースは、任意選択的に、地図をズームするための従来の方法を補完するか、又は置き換える。かかる方法は、ユーザからの入力の回数、程度、及び/又は性質を減らし、より効率的なヒューマンマシンインタフェースを作り出す。バッテリ動作デバイスの場合、かかる方法及びインタフェースにより、電力が節約され、バッテリ充電の時間間隔が延びる。

0044

いくつかの実施形態によれば、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面上で接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスで、ある方法が実行される。この方法は、複数の対象地点を含む地図ビューと、地図ビューとは別個であり、複数の対象地点からの第1の対象地点の表現及び複数の対象地点からの第2の対象地点の表現を含むコンテキスト領域と、をディスプレイ上のユーザインタフェース内に同時に表示することを含む。この方法は、地図ビュー及びコンテキスト領域をディスプレイ上に同時に表示している間に、タッチ感知面上での接触の特性強度が増大してそれぞれの強度閾値を上回ったことを検出することを更に含む。この方法は、接触の特性強度が増大してそれぞれの強度閾値を上回ったことを検出したことに応じて、接触の特性強度が増大してそれぞれの強度閾値を上回ったことが検出されたときにフォーカスセレクタがコンテキスト領域内の第1の対象地点の表現の場所にあったという判定に従って、地図ビュー内の第1の対象地点のそれぞれのコンテキスト情報を第1の対象地点付近に表示するために地図ビューをズームすることと、フォーカスセレクタがコンテキスト領域内の第2の対象地点の表現の場所にあったという判定に従って、接触の特性強度が増大してそれぞれの強度閾値を上回ったことが検出されたときに、地図ビューをズームして、地図ビュー内の第2の対象地点のそれぞれのコンテキスト情報を第2の対象地点付近に表示することと、を更に含む。

0045

いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、ディスプレイユニットと、タッチ感知面ユニットと、タッチ感知面上での接触の強度を検出するための1つ以上のセンサユニットと、ディスプレイユニット、タッチ感知面ユニット、及び1つ以上のセンサユニットに連結された処理ユニットであって、ディスプレイユニット上のユーザインタフェース内で複数の対象地点を含む地図ビューと、地図ビューとは別個であり、複数の対象地点からの第1の対象地点の表現及び複数の対象地点からの第2の対象地点の表現を含むコンテキスト領域と、の同時表示を可能化し、ディスプレイユニット上での地図ビュー及びコンテキスト領域の同時表示を可能化している間に、タッチ感知面上での接触の特性強度が増大してそれぞれの強度閾値を上回ったことを検出し、接触の特性強度が増大してそれぞれの強度閾値を上回ったことを検出したことに応じて、接触の特性強度が増大してそれぞれの強度閾値を上回ったことが検出されたときにフォーカスセレクタがコンテキスト領域内の第1の対象地点の表現の場所にあったという判定に従って、地図ビューをズームして、地図ビュー内の第1の対象地点のそれぞれのコンテキスト情報を第1の対象地点付近に表示し、フォーカスセレクタがコンテキスト領域内の第2の対象地点の表現の場所にあったという判定に従って、接触の特性強度が増大してそれぞれの強度閾値を上回ったことが検出されたときに、地図ビューをズームして、地図ビュー内の第2の対象地点のそれぞれのコンテキスト情報を第2の対象地点付近に表示する、ように構成された処理ユニットと、を含む。

0046

こうして、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスに、地図をズームするための、より速く、より効率的な方法及びインタフェースが提供され、それにより、有効性、効率、及びかかるデバイスに対するユーザ満足度が向上する。かかる方法及びインタフェースは、地図をズームするための従来の方法を補完するか、又は置き換える。

0047

連絡先情報を含むメニューを表示及び使用するための改善された方法及びインタフェースを備えた電子デバイスが必要とされている。かかる方法及びインタフェースは、任意選択的に、連絡先情報を含むメニューを表示及び使用するための従来の方法を補完するか、又は置き換える。かかる方法は、ユーザからの入力の回数、程度、及び/又は性質を減らし、より効率的なヒューマンマシンインタフェースを作り出す。バッテリ動作デバイスの場合、かかる方法及びインタフェースにより、電力が節約され、バッテリ充電の時間間隔が延びる。

0048

いくつかの実施形態によれば、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備える電子デバイスで、ある方法が実行される。この方法は、連絡先情報と関連付けられている複数の選択可能なオブジェクトを含む第1のユーザインタフェースをディスプレイ上に表示することと、複数の選択可能なオブジェクトを表示している間、及びフォーカスセレクタがそれぞれの選択可能なオブジェクトに対応する場所にある間に、タッチ感知面上で接触を検出することを含む、入力を検出することと、入力を検出したことに応じて、入力を検出することが、その接触の特性強度が増大してそれぞれの強度閾値を上回った場合に満たされる基準を含む強度基準を満たす接触の強度の増大を検出することを含むという判定に従って、複数の選択可能なオブジェクトを含む第1のユーザインタフェースの上に重なったそれぞれの選択可能なオブジェクトの連絡先情報を含むそれぞれの選択可能なオブジェクトのメニューを表示することと、入力を検出することが、その強度基準を満たさずにその接触のリフトオフを検出することを含むという判定に従って、複数の選択可能なオブジェクトを含む第1のユーザインタフェースの表示を、それぞれの選択可能なオブジェクトと関連付けられている第2のユーザインタフェースの表示と置き換えることと、を含む。

0049

いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、ユーザインタフェースを表示するように構成されたディスプレイユニットと、ユーザ入力を受け取るように構成されたタッチ感知面ユニットと、タッチ感知面ユニットとの接触の強度を検出するように構成された1つ以上のセンサユニットと、ディスプレイユニット、タッチ感知面ユニット、及び1つ以上のセンサユニットに連結された処理ユニットと、を含む。処理ユニットは、連絡先情報と関連付けられている複数の選択可能なオブジェクトを含む第1のユーザインタフェースの表示をディスプレイユニット上で可能化し、複数の選択可能なオブジェクトの表示を可能化している間、及びフォーカスセレクタがそれぞれの選択可能なオブジェクトに対応する場所にある間に、タッチ感知面ユニット上で接触を検出することを含む、入力を検出し、入力を検出したことに応じて、入力を検出することが、その接触の特性強度が増大してそれぞれの強度閾値を上回った場合に満たされる基準を含む強度基準を満たす接触の強度の増大を検出することを含むという判定に従って、複数の選択可能なオブジェクトを含む第1のユーザインタフェースの上に重なったそれぞれの選択可能なオブジェクトの連絡先情報を含むそれぞれの選択可能なオブジェクトのメニューの表示を可能化し、入力を検出することが、その強度基準を満たさずにその接触のリフトオフを検出することを含むという判定に従って、複数の選択可能なオブジェクトを含む第1のユーザインタフェースの表示を、それぞれの選択可能なオブジェクトと関連付けられている第2のユーザインタフェースの表示と置き換える、ように構成されている。

0050

こうして、ディスプレイ、タッチ感知面、及びタッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスに、連絡先情報を含むメニューを表示するための、より速く、より効率的な方法及びインタフェースが提供され、それにより、有効性、効率、及びかかるデバイスに対するユーザ満足度が向上する。かかる方法及びインタフェースは、連絡先情報を含むメニューを表示するための従来の方法を補完するか、又は置き換え得る。

0051

いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、ディスプレイ、タッチ感知面、任意選択的に、タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、1つ以上のプロセッサ、メモリ、及び1つ以上のプログラムを含み、この1つ以上のプログラムは、メモリ内に記憶され、1つ以上のプロセッサによって実行されるように構成されており、この1つ以上のプログラムは、本明細書に記載の方法のいずれかの動作を実行するか、又は動作の実行をもたらすための命令を含む。いくつかの実施形態によれば、コンピュータ可読記憶媒体は、その内部に命令を記憶しており、その命令は、ディスプレイ、タッチ感知面、及び任意選択的にタッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスによって実行されると、本明細書に記載の方法のいずれかの動作をそのデバイスに実行させるか、又はその動作の実行をもたらす。いくつかの実施形態によれば、グラフィカルユーザインタフェースディスプレイ、タッチ感知面、任意選択的に、タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサ、メモリ、及びメモリ内に記憶された1つ以上のプログラムを実行するための1つ以上のプロセッサを備えた電子デバイスは、本明細書に記載の方法のいずれかで表示された要素のうちの1つ以上を含み、それらの要素は、本明細書に記載の方法のいずれかにおいて説明されるように、入力に応じて更新される。いくつかの実施形態によれば、電子デバイスは、ディスプレイ、タッチ感知面、及び任意選択的に、タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサと、本明細書に記載の方法のいずれかの動作の動作を実行するか、又は実行をもたらすための手段と、を含む。いくつかの実施形態によれば、ディスプレイ及びタッチ感知面、並びに任意選択的に、タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスで使用するための情報処理装置は、本明細書に記載の方法のいずれかの動作の動作を実行するか、又は実行をもたらすための手段を含む。

0052

こうして、ディスプレイ、タッチ感知面、及び任意選択的に、タッチ感知面との接触の強度を検出するための1つ以上のセンサを備えた電子デバイスに、ユーザインタフェースを操作するためのより速く、より効率的な方法及びインタフェースが提供され、それにより、有効性、効率、及びかかるデバイスに対するユーザ満足度が向上する。かかる方法及びインタフェースは、ユーザインタフェースを操作するための従来の方法を補完するか、又は置き換え得る。

図面の簡単な説明

0053

説明される様々な実施形態のより良好な理解のために、以下の図面と併せて、以下の「実施形態の説明」を参照されたく、類似の参照番号は、それらの図の全体を通じて対応する部分を指す。

0054

いくつかの実施形態に係る、タッチ感知ディスプレイを備えたポータブル多機能デバイスを示すブロック図である。

0055

いくつかの実施形態に係る、イベント処理のための例示的な構成要素を示すブロック図である。

0056

いくつかの実施形態に係る、タッチスクリーンを備えたポータブル多機能デバイスを示す。

0057

いくつかの実施形態による、ディスプレイ及びタッチ感知面を備える例示的な多機能デバイスのブロック図である。

0058

いくつかの実施形態に係る、ポータブル多機能デバイスにおけるアプリケーションのメニューのための例示的なユーザインタフェースを示す。

0059

いくつかの実施形態に係る、ディスプレイとは別個であるタッチ感知面を有する多機能デバイスのための例示的なユーザインタフェースを示す。

0060

いくつかの実施形態に係る例示的な動的強度閾値を示す。
いくつかの実施形態に係る例示的な動的強度閾値を示す。
いくつかの実施形態に係る例示的な動的強度閾値を示す。

0061

いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、最初にそれぞれのアプリケーションを起動することなく、それぞれのアプリケーションと関連付けられたいくつかのアクションのうちの1つを速やかに呼び出すための例示的なユーザインタフェースを示す。

0062

いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。

0063

いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーション内及びアプリケーション間をナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。

0064

いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。

0065

いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させるための例示的なユーザインタフェースを示す。

0066

いくつかの実施形態に係る、入力接触特性に基づいて異なるアクション間トグルするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、入力接触特性に基づいて異なるアクション間のトグルするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、入力接触特性に基づいて異なるアクション間のトグルするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、入力接触特性に基づいて異なるアクション間のトグルするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、入力接触特性に基づいて異なるアクション間のトグルするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、入力接触特性に基づいて異なるアクション間のトグルするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、入力接触特性に基づいて異なるアクション間のトグルするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、入力接触特性に基づいて異なるアクション間のトグルするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、入力接触特性に基づいて異なるアクション間のトグルするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、入力接触特性に基づいて異なるアクション間のトグルするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、入力接触特性に基づいて異なるアクション間のトグルするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、入力接触特性に基づいて異なるアクション間のトグルするための例示的なユーザインタフェースを示す。

0067

いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。

0068

いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。

0069

いくつかの実施形態に係る、いくつかのユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭にする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、いくつかのユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭にする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、いくつかのユーザインタフェースオブジェクトを視覚的に不明瞭にする方法を示す流れ図である。

0070

いくつかの実施形態に係る、電子デバイスの機能ブロック図である。

0071

いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、第1のユーザインタフェースと第2のユーザインタフェースとの間をナビゲートする方法を示す流れ図である。

0072

いくつかの実施形態に係る、電子デバイスの機能ブロック図である。

0073

いくつかの実施形態に係る、補足情報(例えば、プレビュー及びメニュー)を提供する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、補足情報(例えば、プレビュー及びメニュー)を提供する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、補足情報(例えば、プレビュー及びメニュー)を提供する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、補足情報(例えば、プレビュー及びメニュー)を提供する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、補足情報(例えば、プレビュー及びメニュー)を提供する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、補足情報(例えば、プレビュー及びメニュー)を提供する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、補足情報(例えば、プレビュー及びメニュー)を提供する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、補足情報(例えば、プレビュー及びメニュー)を提供する方法を示す流れ図である。

0074

いくつかの実施形態に係る、電子デバイスの機能ブロック図である。

0075

いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させる方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させる方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させる方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させる方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させる方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させる方法を示す流れ図である。

0076

いくつかの実施形態に係る、電子デバイスの機能ブロック図である。

0077

いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させる方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させる方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースの背景を動的に変化させる方法を示す流れ図である。

0078

いくつかの実施形態に係る、電子デバイスの機能ブロック図である。

0079

いくつかの実施形態に係る、入力接触特性に基づいて異なるアクション間のトグルする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、入力接触特性に基づいて異なるアクション間のトグルする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、入力接触特性に基づいて異なるアクション間のトグルする方法を示す流れ図である。

0080

いくつかの実施形態に係る、電子デバイスの機能ブロック図である。

0081

いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、アプリケーションを起動するか、又はクイックアクションメニューを表示する方法を示す流れ図である。

0082

いくつかの実施形態に係る、電子デバイスの機能ブロック図である。

0083

いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースオブジェクトの場所に基づいて配置された項目のリストを有するメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースオブジェクトの場所に基づいて配置された項目のリストを有するメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースオブジェクトの場所に基づいて配置された項目のリストを有するメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースオブジェクトの場所に基づいて配置された項目のリストを有するメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェースオブジェクトの場所に基づいて配置された項目のリストを有するメニューを表示する方法を示す流れ図である。

0084

いくつかの実施形態に係る、電子デバイスの機能ブロック図である。

0085

いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、メニューからデフォルトオプションを選択するか、又はオプションのメニューを表示する方法を示す流れ図である。

0086

いくつかの実施形態に係る、電子デバイスの機能ブロック図である。

0087

いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別するための例示的なユーザインタフェースを示す。

0088

いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内の強度感知オブジェクトを視覚的に区別する方法を示す流れ図である。

0089

いくつかの実施形態に係る、電子デバイスの機能ブロック図である。

0090

いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内のオブジェクトを視覚的に区別する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内のオブジェクトを視覚的に区別する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ユーザインタフェース内のオブジェクトを視覚的に区別する方法を示す流れ図である。

0091

いくつかの実施形態に係る、電子デバイスの機能ブロック図である。

0092

いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツ(例えば、音声コンテンツ及び/又は映像コンテンツ)をプレビューするための例示的なユーザインタフェースを示す。

0093

いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツをプレビューする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツをプレビューする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツをプレビューする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツをプレビューする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツをプレビューする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツをプレビューする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツをプレビューする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、メディアコンテンツをプレビューする方法を示す流れ図である。

0094

いくつかの実施形態に係る、電子デバイスの機能ブロック図である。

0095

いくつかの実施形態に係る、ページ分割されたコンテンツをナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ページ分割されたコンテンツをナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ページ分割されたコンテンツをナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ページ分割されたコンテンツをナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ページ分割されたコンテンツをナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ページ分割されたコンテンツをナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ページ分割されたコンテンツをナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ページ分割されたコンテンツをナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ページ分割されたコンテンツをナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ページ分割されたコンテンツをナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、ページ分割されたコンテンツをナビゲートするための例示的なユーザインタフェースを示す。

0096

いくつかの実施形態に係る、様々なコンテンツナビゲーション基準を満たす受け取った入力(又はその部分(単数又は複数))に応じて生じる動作を示す例示的な流れ図を示す。

0097

いくつかの実施形態に係る、ページ分割されたコンテンツをナビゲートする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ページ分割されたコンテンツをナビゲートする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ページ分割されたコンテンツをナビゲートする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ページ分割されたコンテンツをナビゲートする方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、ページ分割されたコンテンツをナビゲートする方法を示す流れ図である。

0098

いくつかの実施形態に係る、電子デバイスの機能ブロック図である。

0099

いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。

0100

いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、地図内の対象地点と関連付けられたコンテキスト情報を表示する方法を示す流れ図である。

0101

いくつかの実施形態に係る、電子デバイスの機能ブロック図である。

0102

いくつかの実施形態に係る、地図をズームして対象地点付近のコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図をズームして対象地点付近のコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図をズームして対象地点付近のコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図をズームして対象地点付近のコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図をズームして対象地点付近のコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図をズームして対象地点付近のコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図をズームして対象地点付近のコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図をズームして対象地点付近のコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図をズームして対象地点付近のコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図をズームして対象地点付近のコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図をズームして対象地点付近のコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、地図をズームして対象地点付近のコンテキスト情報を表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。

0103

いくつかの実施形態に係る、地図をズームして対象地点付近のコンテキスト情報を表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、地図をズームして対象地点付近のコンテキスト情報を表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、地図をズームして対象地点付近のコンテキスト情報を表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、地図をズームして対象地点付近のコンテキスト情報を表示する方法を示す流れ図である。

0104

いくつかの実施形態に係る、電子デバイスの機能ブロック図である。

0105

いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示するための例示的なユーザインタフェースを示す。

0106

いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示する方法を示す流れ図である。
いくつかの実施形態に係る、連絡先情報を含むメニューを表示する方法を示す流れ図である。

0107

いくつかの実施形態に係る、電子デバイスの機能ブロック図である。

実施例

0108

本明細書で説明される方法、デバイス、及びGUIは、ユーザインタフェースオブジェクトの操作を、より効率的かつユーザにとって直感的にさせる、視覚フィードバック及び/又は触知フィードバックを提供する。

0109

いくつかの実施形態においては、トラックパッド又はタッチスクリーンディスプレイが、1つ又は2つよりも多くの(例えば、単純なオンオフ2値強度判定よりも多くの)特定の強度値を含む、接触強度の範囲を感知するシステムにおいて、ユーザインタフェースは、その範囲内での接触の強度を示す応答(例えば、視覚及び/又は触覚キュー)を提供する。これは、ユーザの接触の力又は圧力に対する継続的応答をユーザに提供するものであり、このことにより、より豊かでより直感的な視覚及び/又は触覚フィードバックがユーザに提供される。例えば、かかる継続的な力応答は、軽く押圧することによって動作をプレビューし、かつ/又は深く押圧することによってその動作に対応する既定のユーザインタフェース状態に至ることが可能であるという経験をユーザに与える。

0110

いくつかの実施形態においては、接触強度の範囲を感知するタッチ感知面を有するデバイスに関して、複数の接触強度閾値がそのデバイスによって監視され、異なる応答が接触強度閾値にマッピングされる。

0111

いくつかの実施形態において、接触強度の範囲を感知するタッチ感知面を有するデバイスの場合、そのデバイスは、ユーザが単一の継続的接触で複雑な動作を実行できるようにすることによって追加機能を提供する。

0112

いくつかの実施形態において、接触強度の範囲を感知するタッチ感知面を有するデバイスの場合、そのデバイスは、従来の機能を補完する追加機能を提供する。例えば、強度ベースの入力によって提供される追加機能(例えば、軽い押圧及び/又は深い押圧ジェスチャによって提供されるユーザインタフェースプレビュー及び/又はナビゲーションショートカット)が、従来のタップ及びスワイプジェスチャによって提供される従来の機能とシームレス統合されている。ユーザは、引き続き従来のジェスチャを使用して、偶発的に追加機能をアクティブ化することなく、従来の機能(例えば、ホーム画面上のアプリケーションアイコンをタップして、対応するアプリケーションを起動すること)を実行することができる。ただしユーザは、強度ベースの入力及び追加機能を簡単に発見、理解及び使用することもできる(例えば、ホーム画面上のアプリケーションアイコンを押せばアプリケーションのクイックアクションメニューが立ち上がり、メニュー項目上でリフトオフすれば、そのアプリケーション内でアクションを実行する)。

0113

ユーザインタフェースを操作するためのいくつかの異なる手法が本明細書に記載されている。これらの手法のうちの1つ以上を(任意選択的に、互いに併用して)使用することは、追加の情報及び機能をユーザに直感的に提供するユーザインタフェースの提供を支援する。これらの手法のうちの1つ以上を(任意選択的に、互いに併用して)使用することにより、ユーザからの入力の回数、程度、及び/又は性質が減り、より効率的なヒューマンマシンインタフェースが提供される。これにより、ユーザは、タッチ感知面を有するデバイスを、より速く、より効率良く使用できるようになる。バッテリ動作デバイスに関しては、これらの改善により、電力が節約され、バッテリ充電の時間間隔が延びる。
例示的なデバイス

0114

ここで、添付図面に実施例が示される実施形態を、詳細に参照する。以下の詳細な説明では、説明されている様々な実施形態の完全な理解を提供するために数多くの具体的な詳細が記載されている。しかしながら、説明されている様々な実施形態は、これらの具体的な詳細を伴わずとも実践し得ることが、当業者には明らかであろう。他の例においては、周知の方法、手続き、構成要素、回路、及びネットワークは、実施形態の態様を不必要に不明瞭なものとしないよう、詳細には説明されていない。

0115

本明細書では、第1、第2などの用語は、一部の実施例で、様々な要素を説明するために使用されるが、これらの要素は、それらの用語によって限定されるべきではないことも理解されるであろう。これらの用語は、ある要素を別の要素と区別するためにのみ使用される。例えば、説明されている様々な実施形態の範囲から逸脱することなく、第1の接触は、第2の接触と称することができ、同様に、第2の接触は、第1の接触と称し得る。第1の接触及び第2の接触は共に接触だが、文脈別途明確に示さない限り、これらは同じ接触ではない。

0116

本明細書で説明される様々な実施形態の説明で使用される用語法は、特定の実施形態を説明することのみを目的とするものであって、限定することを意図するものではない。様々な記載の実施形態の説明、及び添付の終了特許請求の範囲で使用されるときに、単数形「a」、「an」、及び「the」は、文脈が別途明確に示さない限り、複数形も含むことが意図されている。本明細書で使用されるときに、用語「及び/又は」が、関連する列挙された項目のうちの1つ以上の全ての可能な任意の組み合わせを指し、かつこれを含むことをもまた理解されたい。更に、用語「includes(含む)」、「including(含む)」、「comprises(備える)」、及び/又は「comprising(備える)」は、本明細書で使用される場合、記述される特徴、整数、ステップ、動作、要素、及び/又は構成要素の存在を指定するが、1つ以上の他の特徴、整数、ステップ、動作、要素、構成要素、及び/又はそれらの群の存在若しくは追加を排除するものではないことが理解されるであろう。

0117

本明細書で使用されるとき、用語「if(〜の場合には)」は、任意選択的に、文脈に応じて「when(〜のとき)」、「upon(〜すると)」、「in response to determining(〜という判定に応じて)」、又は「in response to detecting(〜の検出に応じて)」を意味するものと解釈される。同様に、語句「if it is determined(〜と判定される場合には)」又は「if(a stated condition or event)is detected((記述される条件又はイベント)が検出される場合には)」は、任意選択的に、文脈に応じて「upon determining(〜と判定されると)」、又は「in response to determining(〜との判定に応じて)」、又は「upon detecting(the stated condition or event)((記述される条件又はイベント)が検出されると)」、又は「in response to detecting(the stated condition or event)((記述される条件又はイベント)の検出に応じて)」を意味するものと解釈される。

0118

電子デバイス、そのようなデバイス用のユーザインタフェース、及びそのようなデバイスを使用するための関連プロセスの、実施形態を説明する。いくつかの実施形態において、このデバイスは、PDA機能及び/又は音楽再生機能などの、他の機能をも含む、モバイル電話機などのポータブル通信デバイスである。ポータブル多機能デバイスの例示的な実施形態は、限定を伴わずに、California州CupertinoのApple Inc.のiPhone(登録商標)、iPod Touch(登録商標)、及びiPad(登録商標)デバイスを含む。タッチ感知面(例えば、タッチスクリーンディスプレイ及び/又はタッチパッド)を有するラップトップ又はタブレットコンピュータなど他のポータブル電子デバイスも、任意選択的に使用される。また、いくつかの実施形態において、このデバイスは、ポータブル通信デバイスではなく、タッチ感知面(例えば、タッチスクリーンディスプレイ及び/又はタッチパッド)を有するデスクトップコンピュータであることも理解されたい。

0119

以下の論考では、ディスプレイ及びタッチ感知面を備える電子デバイスを説明する。しかし、この電子デバイスが、物理キーボードマウス、及び/又はジョイスティックなどの1つ以上の他の物理ユーザインタフェースデバイスを任意選択的に含むことを理解されたい。

0120

このデバイスは一般的に、描画アプリケーション、プレゼンテーションアプリケーション、ワードプロセッシングアプリケーション、ウェブサイト作成アプリケーション、ディスクオーサリングアプリケーション、スプレッドシートアプリケーション、ゲームアプリケーション、電話アプリケーション、ビデオ会議アプリケーション、電子メールアプリケーション、インスタントメッセージングアプリケーション、トレーニングサポートアプリケーション写真管理アプリケーションデジタルカメラアプリケーションデジタルビデオカメラアプリケーション、ウェブブラウジングアプリケーション、デジタル音楽再生アプリケーション、及び/又はデジタルビデオ再生アプリケーションのうちの1つ以上など、様々なアプリケーションをサポートする。

0121

このデバイス上で実行される様々なアプリケーションは、タッチ感知面などの、少なくとも1つの共通の物理ユーザインタフェースデバイスを、任意選択的に使用する。タッチ感知面の1つ以上の機能並びにデバイス上に表示される対応する情報は、1つのアプリケーションから次のアプリケーションへ、及び/又はそれぞれのアプリケーションの中で、任意選択的に、調整、及び/又は変化する。この方式で、そのデバイスの共通の(タッチ感知面などの)物理アーキテクチャは、ユーザにとって直観的かつ透過的なユーザインタフェースを有する様々なアプリケーションを、任意選択的にサポートする。

0122

ここで、タッチ感知ディスプレイを備えるポータブルデバイスの実施形態に注意を向ける。図1Aは、いくつかの実施形態に係る、タッチ感知ディスプレイシステム112を備えたポータブル多機能デバイス100を示すブロック図である。タッチ感知ディスプレイシステム112は、時に便宜上「タッチスクリーン」と称され、単にタッチ感知ディスプレイと称されることもある。デバイス100は、メモリ102(任意選択的に、1つ以上のコンピュータ可読記憶媒体を含む)、メモリコントローラ122、1つ以上の処理ユニット(CPU)120、周辺機器インタフェース118、RF回路108、オーディオ回路110、スピーカ111、マイクロフォン113、入出力(I/O)サブシステム106、他の入力又は制御デバイス116、及び外部ポート124を含む。デバイス100は、1つ以上の光センサ164を、任意選択的に含む。デバイス100は、デバイス100(例えば、デバイス100のタッチ感知ディスプレイシステム112などのタッチ感知面)上の接触の強度を検出するための、1つ以上の強度センサ165を、任意選択的に含む。デバイス100は、デバイス100上に触知出力を生成する(例えば、デバイス100のタッチ感知ディスプレイシステム112又はデバイス300のタッチパッド355などの、タッチ感知面上に触知出力を生成する)ための、1つ以上の触知出力生成器167を、任意選択的に含む。これらの構成要素は、1つ以上の通信バス又は信号ライン103を介して、任意選択的に通信する。

0123

本明細書及び特許請求の範囲で使用されるとき、用語「触知出力」は、ユーザの触覚でユーザによって検出されることになる、デバイスの従前の位置に対するデバイスの物理的変位、デバイスの構成要素(例えば、タッチ感知面)の、デバイスの別の構成要素(例えば、筐体)に対する物理的変位、又はデバイスの質量中心に対する構成要素の変位を指す。例えば、デバイス又はデバイスの構成要素が、タッチに敏感なユーザの表面(例えば、ユーザの手の指、手のひら、又は他の部分)に接触している状況において、物理的変位によって生成された触知出力は、デバイス又はデバイスの構成要素の物理的特性の認識された変化に相当する触感として、ユーザによって解釈される。例えば、タッチ感知面(例えば、タッチ感知ディスプレイ又はトラックパッド)の移動は、ユーザによって、物理アクチュエータボタンの「ダウンクリック」又は「アップクリック」として、任意選択的に解釈される。いくつかの場合、ユーザの移動により物理的に押された(例えば、変位された)タッチ感知面に関連付けられた物理アクチュエータボタンの移動がないときでさえ、ユーザは「ダウンクリック」又は「アップクリック」などの触感を感じる。別の例として、タッチ感知面の移動は、タッチ感知面の平滑度に変化がないときでさえ、タッチ感知面の「粗さ」としてユーザによって、任意選択的に解釈又は感じられる。かかるユーザによるタッチの解釈は、ユーザの個別の感覚認知によるが、大多数のユーザに共通したタッチの感覚認知が数多くある。したがって、触知出力が、ユーザの特定の感覚認知(例えば、「アップクリック」「ダウンクリック」、「粗さ」)に対応するものと記述される場合、別途記載のない限り、生成された触知出力は、典型的な(又は、平均的な)ユーザの記述された感覚認知を生成するデバイス、又はデバイスの構成要素の物理的変位に対応する。

0124

デバイス100は、ポータブル多機能デバイスの一実施例に過ぎず、デバイス100は、示されるものよりも多いか又は少ない構成要素を任意選択的に有するか、2つ以上の構成要素を任意選択的に組み合わせるか、又は構成要素の異なる構成若しくは配置を任意選択的に有することを理解されたい。図1Aに示す様々な構成要素は、1つ以上の信号処理及び/又は特定用途向け集積回路を含む、ハードウェアソフトウェアファームウェア、又はそれらの組み合わせで実装される。

0125

メモリ102は、任意選択的に高速ランダムアクセスメモリを含み、また任意選択的に、1つ以上の磁気ディスク記憶デバイスフラッシュメモリデバイス、又は他の不揮発性半導体メモリデバイスなどの、不揮発性メモリも含む。CPU(単数又は複数)120及び周辺機器インタフェース118など、デバイス100の他の構成要素によるメモリ102へのアクセスは、任意選択的にメモリコントローラ122によって制御される。

0126

周辺機器インタフェース118を使用して、このデバイスの入力及び出力周辺機器を、CPU(単数又は複数)120及びメモリ102に連結することができる。1つ以上のプロセッサ120は、デバイス100のための様々な機能を実行するため並びにデータ処理を行うために、メモリ102に記憶された様々なソフトウェアプログラム及び/若しくは命令セットを走らせたり、又は実行したりする。

0127

いくつかの実施形態において、周辺機器インタフェース118、CPU(単数又は複数)120、及びメモリコントローラ122は、任意選択的にチップ104などの単一チップ上に実装される。いくつかの他の実施形態において、これらは、個別のチップ上に、任意選択的に実装される。

0128

RF(無線周波数)回路108は、電磁信号とも呼ばれるRF信号送受信する。RF回路108は、電気信号を電磁信号に、又は電磁信号を電気信号に変換し、電磁信号を介して通信ネットワーク及び他の通信デバイスと通信する。RF回路108は、アンテナシステムRF送受信機、1つ以上の増幅器同調器、1つ以上の発振器、デジタル信号プロセッサCODECチップセット加入者識別モジュールSIMカード、メモリなどを含むがこれらに限定されない、上記の機能を実行するための周知の回路を、任意選択的に含む。RF回路108は、インターネット情報検索システム(WWW)とも呼ばれるインターネットなどのネットワーク、セルラー電話ネットワークなどのイントラネット及び/又は無線ネットワークワイアレスローカルエリアネットワーク(LAN)及び/又はメトロポリタンエリアネットワークMAN)、及び他のデバイスと無線通信によって、任意選択的に通信する。無線通信は、複数の通信規格通信プロトコル、及び通信技術のうちのいずれかを、任意選択的に使用し、それらの通信規格、通信プロトコル、及び通信技術としては、移動通信用グローバルシステム(GSM)、拡張データGSM環境(EDGE)、高速ダウンリンクパケット接続(HSDPA)、高速アップリンクパケット接続(HSUPA)、Evolution,Data−Only(EVDO)、HSPA、HSPA+、2重セルHSPA(DC−HSPDA)、ロングタームエボリューションLTE)、近距離無線通信(NFC)、広帯域符号分割多元接続(W−CDMA)、符号分割多元接続(CDMA)、時分割多元接続TDMA)、Bluetooth(登録商標)、Wireless Fidelity(Wi−Fi)(登録商標)(例えば、IEEE 802.11a、IEEE 802.11ac、IEEE 802.11ax、IEEE 802.11b、IEEE 802.11g及び/又は IEEE 802.11n)、ボイスオーバーインターネットプロトコル(VoIP)、Wi−MAX、電子メール用のプロトコル(例えば、インターネットメッセージアクセスプロトコルIMAP)及び/又はポストオフィスプロトコル(POP))、インスタントメッセージング(例えば、拡張可能メッセージング及びプレゼンスプロトコル(XMPP)、インスタントメッセージング及びプレゼンス利用拡張向けセッション開始プロトコル(SIMPLE)、インスタントメッセージング及びプレザンスサービス(IMPS))、及び/又はショートメッセージサービス(SMS)、あるいは本文書の出願日現在までに未だ開発されていない通信プロトコルを含めた任意の他の好適な通信プロトコルが挙げられるが、これらに限定されない。

0129

オーディオ回路110、スピーカ111、及びマイクロフォン113は、ユーザとデバイス100との間のオーディオインタフェースを提供する。音声回路110は、周辺機器インタフェース118から音声データを受信し、音声データを電気信号に変換し、電気信号をスピーカ111に送信する。スピーカ111は、電気信号を人間の可聴音波に変換する。音声回路110は、マイクロフォン113により音波から変換された電気信号も受信する。音声回路110は、電気信号を音声データに変換し、処理するために音声データを周辺機器インタフェース118に送出する。音声データは、周辺機器インタフェース118によって任意選択的に、メモリ102及び/若しくはRF回路108から取り込まれ、並びに/又はメモリ102及び/若しくはRF回路108へ送出される。いくつかの実施形態において、オーディオ回路機構110は更にヘッドセットジャック(例えば、図2の212)を備える。ヘッドセットジャックは、オーディオ回路110と、出力専用ヘッドホン又は出力(例えば、片又は両耳用のヘッドホン)及び入力(例えば、マイクロホン)の両方を持つヘッドセットなどの、取り外し可能なオーディオ入出力周辺機器との間のインタフェースを提供する。

0130

I/Oサブシステム106は、タッチ感知ディスプレイシステム112及び他の入力又は制御デバイス116など、デバイス100の入出力周辺機器を周辺機器インタフェース118と連結する。I/Oサブシステム106は、ディスプレイコントローラ156、光センサコントローラ158、強度センサコントローラ159、触覚フィードバックコントローラ161、及び他の入力又は制御デバイス用の1つ以上の入力コントローラ160を任意選択的に含む。1つ以上の入力コントローラ160は、他の入力又は制御デバイス116から/へ電気信号を受信/送信する。他の入力又は制御デバイス116は、物理ボタン(例えば、プッシュボタン、ロッカボタンなど)、ダイヤルスライダスイッチ、ジョイスティック、クリックホイールなどを任意選択的に含む。いくつかの代替的実施形態において、入力コントローラ(単数又は複数)160は、キーボード赤外線ポートUSBポート、スタイラス、及び/又はマウスなどのポインタデバイスのうちのいずれかに任意選択的に連結される(又はいずれにも連結されない)。1つ以上のボタン(例えば、図2の208)は、スピーカ111及び/又はマイクロフォン113の音量調節のためのアップ/ダウンボタンを、任意選択的に含む。1つ以上のボタンは、プッシュボタン(例えば、図2の206)を、任意選択的に含む。

0131

タッチ感知ディスプレイシステム112は、デバイスとユーザとの間の入力インタフェース及び出力インタフェースを提供する。ディスプレイコントローラ156は、タッチ感知ディスプレイシステム112から/へ電気信号を受信及び/又は送信する。タッチ感知ディスプレイシステム112は、ユーザに視覚出力を表示する。視覚出力は、グラフィック、テキスト、アイコン、ビデオ、及びこれらの任意の組み合わせ(総称して「グラフィック」と称する)を、任意選択的に含む。いくつかの実施形態においては、視覚出力の一部又は全てが、ユーザインタフェースオブジェクトに対応する。本明細書で使用するとき、用語「アフォーダンス」は、ユーザ対話グラフィカルユーザインタフェースオブジェクト(例えば、そのグラフィカルユーザインタフェースオブジェクトに向けられた入力に応答するように構成されているグラフィカルユーザインタフェースオブジェクト)を指す。ユーザ対話式グラフィカルユーザインタフェースオブジェクトの例としては、ボタン、スライダ、アイコン、選択可能なメニュー項目、スイッチ、又は他のユーザインタフェースコントロールが挙げられるが、これらに限定されない。

0132

タッチ感知ディスプレイシステム112は、触覚及び/又は触知接触に基づくユーザからの入力を受け付けるタッチ感知面、センサ、又はセンサのセットを有する。タッチ感知ディスプレイシステム112及びディスプレイコントローラ156(メモリ102内の任意の関連モジュール及び/又は命令セット)は、タッチ感知ディスプレイシステム112上で接触(及び任意の移動又は接触の中断)を検出し、検出された接触を、タッチ感知ディスプレイシステム112上に表示されたユーザインタフェースオブジェクト(例えば、1つ以上のソフトキー、アイコン、ウェブページ、又は画像)との対話に変換する。ある例示的実施形態においては、タッチ感知ディスプレイシステム112とユーザとの間の接触点が、ユーザの指又はスタイラスに対応する。

0133

タッチ感知ディスプレイシステム112は、任意選択的に、LCD(液晶ディスプレイ)技術、LPD(発光ポリマーディスプレイ)技術、又はLED(発光ダイオード)技術を使用するが、他の実施形態においては、他のディスプレイ技術が使用される。タッチ感知ディスプレイシステム112及びディスプレイコントローラ156は、静電容量技術、抵抗性技術、赤外線技術、及び表面超音波技術、並びに、タッチ感知ディスプレイシステム112との1つ以上の接触点を判定するための他の近接センサ又は他の要素を含むが、これらに限定されない、現在公知の若しくは後日に開発される複数のタッチ感知技術のうちのいずれかを使用して、接触及び任意の移動又はその中断を、任意選択的にを検出する。ある例示的な実施形態において、California州CupertinoのAppleInc.からのiPhone(登録商標)、iPod Touch(登録商標)、及びiPad(登録商標)などにおいて見られるような、投影された相互キャパシタンス検知技術が使用されている。

0134

タッチ感知ディスプレイシステム112は、任意選択的に、100dpiを超えるビデオ解像度を有する。いくつかの実施形態において、タッチスクリーンのビデオ解像度は、400dpiを超える(例えば、500dpi、800dpi、又はそれ以上)。ユーザは、任意選択的に、スタイラス、指など、任意の適切なオブジェクト又は付属器を使用して、タッチ感知ディスプレイシステム112と接触する。いくつかの実施形態において、ユーザインタフェースは、指に基づく接触及びジェスチャで機能するように設計されており、タッチスクリーン上での指の接触面積が広いために、スタイラスに基づく入力よりも精度が低いことがある。いくつかの実施形態において、デバイスは、粗い指に基づく入力を正確なポインタカーソル位置又はユーザの望むアクションを実行するためのコマンドに変換する。

0135

いくつかの実施形態において、タッチスクリーンに加えて、デバイス100は、特定の機能をアクティブ化又は非アクティブ化させるためのタッチパッド(図示せず)を、任意選択的に含む。いくつかの実施形態において、タッチパッドは、タッチスクリーンとは異なり、視覚出力を表示しない、デバイスのタッチ感知エリアである。タッチパッドは、任意選択的に、タッチ感知ディスプレイシステム112とは別個であるタッチ感知面、又はタッチスクリーンによって形成されたタッチ感知面の延長である。

0136

デバイス100はまた、様々な構成要素に電力を供給するための電力システム162をも含む。電力システム162は、任意選択的に、電力管理システム、1つ以上の電源(例えば、バッテリ交流(AC))、再充電システム停電検出回路電力コンバータ又はインバータ電力状態標識(例えば、発光ダイオード(LED))、並びにポータブルデバイス内での電力の生成、管理、及び分配に関連付けられた任意の他の構成要素を含む。

0137

デバイス100はまた、1つ以上の光センサ164をも、任意選択的に含む。図1Aは、I/Oサブシステム106内の光センサコントローラ158と連結された光センサを示す。光センサ(単数又は複数)164は、電荷結合デバイス(CCD)又は相補的金属酸化物半導体(CMOS)フォトトランジスタを任意選択的にを含む。光センサ(単数又は複数)164は、1つ以上のレンズを通して投影された、環境からの光を受光し、その光を、画像を表すデータに変換する。撮像モジュール143(カメラモジュールとも称する)と併用して、光センサ(単数又は複数)164は、静止画像及び/又は映像を任意選択的にキャプチャする。いくつかの実施形態において、タッチスクリーンを静止画像及び/又は映像取得のためのビューファインダとして使用できるように、デバイスの前面のタッチ感知ディスプレイシステム112の反対側である、デバイス100の背面に光センサが配置されている。いくつかの実施形態においては、ユーザの画像が(例えば、自撮りのため、ユーザがタッチスクリーン上で他のビデオ会議参加者を見ながらビデオ会議を行うためなどに)得られるように、デバイスの前面に別の光センサが配置されている。

0138

デバイス100はまた、1つ以上の接触強度センサ165をも任意選択的に含む。図1Aは、I/Oサブシステム106内の強度センサコントローラ159と連結された接触強度センサを示す。接触強度センサ(単数又は複数)165は、1つ以上のピエゾ抵抗ひずみゲージ電気容量力センサ電気力センサ、圧電力センサ光学力センサ、容量式タッチ感知面、又は他の強度センサ(例えば、タッチ感知面上の接触の力(又は圧力)を測定するために使用するセンサ)を任意選択的に含む。接触強度センサ(単数又は複数)165は、環境から接触強度情報(例えば、圧力情報又は圧力情報のプロキシ)を受信する。いくつかの実施形態においては、少なくとも1つの接触強度センサが、タッチ感知面(例えば、タッチ感知ディスプレイシステム112)に併置されているか、又は近接している。いくつかの実施形態においては、少なくとも1つの接触強度センサが、デバイス100の前面に配置されたタッチスクリーンディスプレイシステム112の反対側である、デバイス100の背面に配置されている。

0139

デバイス100は、1つ以上の近接センサ166をも、任意選択的に含む。図1Aは、周辺機器インタフェース118と連結された近接センサ166を示す。あるいは、近接センサ166は、I/Oサブシステム106内の入力コントローラ160と連結されている。いくつかの実施形態において、多機能デバイスがユーザの耳の近くに配置されている場合(例えば、ユーザが電話通話を行っている場合)には、近接センサがオフになり、タッチ感知ディスプレイシステム112が無効になる。

0140

デバイス100はまた、1つ以上の触知出力生成器167をも任意選択的に含む。図1Aは、I/Oサブシステム106内の触覚フィードバックコントローラ161と連結された触知出力生成器を示す。触知出力生成器(単数又は複数)167は、スピーカ又は他の音声構成要素など1つ以上の電気音響デバイス、及び/又はモータソレノイド電気活性ポリマ圧電アクチュエータ静電アクチュエータ、若しくは他の触知出力構成要素(例えば、デバイス上で電気信号を触知出力に変換する構成要素)など、エネルギーを直線運動に変換する電気機械デバイスを、任意選択的にを含む。触知出力生成器(単数又は複数)167は、触覚フィードバックモジュール133から触知フィードバック生成命令を受信し、デバイス100のユーザが感知できる触知出力をデバイス100上で生成する。いくつかの実施形態においては、少なくとも1つの触知出力生成器が、タッチ感知面(例えば、タッチ感知ディスプレイシステム112)と併置されているか、又は近接しており、任意選択的に、タッチ感知面を垂直方向に(例えば、デバイス100の表面の内/外)又は横方向(例えば、デバイス100の表面と同じ平面の前後方向)に移動することによって、触知出力を生成する。いくつかの実施形態においては、少なくとも1つの触知出力生成器センサが、デバイス100の前面に配置されたタッチ感知ディスプレイシステム112の反対側である、デバイス100の背面に配置されている。

0141

デバイス100はまた、1つ以上の加速度計168をも任意選択的に含む。図1Aは、周辺機器インタフェース118と連結された加速度計168を示す。あるいは、加速度計168は、任意選択的に、I/Oサブシステム106内の入力コントローラ160と連結されている。いくつかの実施形態においては、1つ以上の加速度計から受信したデータの分析に基づいて、タッチスクリーンディスプレイ上にポートレートビュー又はランドスケープビューで情報が表示される。デバイス100は、必要に応じて、加速度計(単数又は複数)168に加えて、磁力計(図示せず)並びにデバイス100の場所及び向き(例えば、ポートレート又はランドスケープ)に関する情報を取得するためのGPS(又はGLONASS又は他のグローバルナビゲーションシステム)受信部(図示せず)を、任意選択的に含む。

0142

いくつかの実施形態において、メモリ102に記憶されたソフトウェアコンポーネントは、オペレーティングシステム126、通信モジュール(又は命令セット)128、接触/動きモジュール(又は命令セット)130、グラフィックスモジュール(又は命令セット)132、触覚フィードバックモジュール(又は命令セット)133、テキスト入力モジュール(又は命令セット)134、グローバルポジショニングシステム(GPS)モジュール(又は命令セット)135、及びアプリケーション(又は命令セット)136を含む。更に、いくつかの実施形態において、メモリ102は、図1A及び図3に示すように、デバイス/グローバル内部状態157を記憶する。デバイス/グローバル内部状態157は、現在アクティブ状態のアプリケーションがあれば、どのアプリケーションがアクティブかを示す、アクティブアプリケーション状態、どのアプリケーション、ビュー、又は他の情報がタッチ感知ディスプレイシステム112の様々な領域を占領しているかを示す表示状態、デバイスの様々なセンサ及び他の入力又は制御デバイス116から得られる情報を含むセンサ状態、並びに、デバイスの場所及び/又は姿勢に関する場所及び/又は位置情報、のうちの1つ以上を含む。

0143

オペレーティングシステム126(例えば、iOS(登録商標)、Darwin(登録商標)、RTXC(登録商標)、LINUX(登録商標)、UNIX(登録商標)、OS X(登録商標)、WINDOWS(登録商標)、又はVxWorks(登録商標)などの組み込みオペレーティングシステム)は、一般的なシステムタスク(例えば、メモリ管理記憶装置デバイス制御、電力管理など)を制御及び管理するための様々なソフトウェアコンポーネント及び/又はドライバを含み、様々なハードウェアと、ソフトウェアコンポーネントとの間の通信を容易にする。

0144

通信モジュール128は、1つ以上の外部ポート124を介して他のデバイスとの通信を容易にし、RF回路108及び/又は外部ポート124が受信したデータを処理するための様々なソフトウェア構成要素を含む。外部ポート124(例えば、ユニバーサルシリアルバス(USB)、FIREWIRE(登録商標)など)は、直接的に、又はネットワーク(例えば、インターネット、無線LANなど)を介して間接的に他のデバイスに連結するように適合される。いくつかの実施形態において、外部ポートは、California州CupertinoにあるApple Inc.の一部のiPhone(登録商標)、iPod Touch(登録商標)、及びiPad(登録商標)デバイスにおいて使用される30ピンコネクタと同一又は類似の、及び/若しくは互換性のあるマルチピン(例えば、30ピン)コネクタである。いくつかの実施形態において、外部ポートは、California州CupertinoにあるApple Inc.の一部のiPhone(登録商標)、iPod Touch(登録商標)、及びiPad(登録商標)デバイスにおいて使用されるLightning(登録商標)コネクタと同一又は類似の、及び/若しくは互換性のあるLightningコネクタである。

0145

接触/動きモジュール130は、任意選択的に、(ディスプレイコントローラ156と併せて)タッチ感知ディスプレイシステム112との接触、及び他のタッチ感知デバイス(例えば、タッチパッド又は物理クリックホイール)との接触を検出する。接触/動きモジュール130は、接触が生じたか否かを判定すること(例えば、指を下ろすイベントを検出する)、接触の強度(例えば、接触の力若しくは圧力、又は接触の力若しくは圧力の代替物)を判定すること、接触の移動が存在するか否かを判定すること、及びタッチ感知面を横切る移動を追跡すること(例えば、1つ以上の指をドラッグするイベントを検出すること)、及び接触が停止したか否かを判定すること(例えば、指を上げるイベント又は接触の中断を検出する)など、(例えば、指又はスタイラスによる)接触の検出に関する様々な動作を実行するための様々なソフトウェアコンポーネントを含む。接触/動きモジュール130は、タッチ感知面から接触データを受信する。一連の接触データにより表される接触点の移動を判定することは、接触点の速さ(大きさ)、速度(大きさ及び方向)、及び/又は加速度(大きさ及び/又は方向の変化)を判定することを、任意選択的に含む。これらの動作は、任意選択的に、単一回の接触(例えば、1回の指接触又はスタイラス接触)又は複数回の同時接触(例えば、「マルチタッチ」/複数回の指接触)に適用される。いくつかの実施形態において、接触/移動モジュール130及びディスプレイコントローラ156は、タッチパッド上の接触を検出する。

0146

接触/移動モジュール130は、任意選択的に、ユーザによるジェスチャ入力を検出する。タッチ感知面上の異なるジェスチャは、異なる接触パターン(例えば、異なる動き、タイミング、及び/又は検出された接触の強度)を有する。したがって、ジェスチャは、特定の接触パターンを検出することによって、任意選択的に検出される。例えば、指のタップジェスチャを検出することは、指を下ろすイベントを検出し、続いて(例えば、アイコンの位置での)その指を下ろすイベントと同じ位置(又は、実質的に同じ位置)で指を上げる(リフトオフする)イベントを検出することを含む。他の実施例として、タッチ感知面でのフィンガスワイプジェスチャの検出は、フィンガダウンイベントを検出し、続いて1つ以上のフィンガドラッグイベントを検出し、その後、フィンガアップ(リフトオフ)イベントを検出することを含む。同様に、スタイラスのタップ、スワイプ、ドラッグ、及び他のジェスチャも、スタイラスの特定の接触パターンを検出することによって任意選択的に検出される。

0147

グラフィックモジュール132は、表示されるグラフィックの視覚的効果(例えば、輝度透明度彩度コントラスト、又は他の視覚特性)を変化させるための構成要素を含めた、タッチ感知ディスプレイシステム112又は他のディスプレイ上にグラフィックをレンダリングして表示するための、様々な既知のソフトウェア構成要素を含む。本明細書で使用するとき、用語「グラフィック」は、ユーザに対して表示することができる任意のオブジェクトを含み、それらのオブジェクトとしては、テキスト、ウェブページ、アイコン(ソフトキーを含むユーザインタフェースオブジェクトなど)、デジタル画像、ビデオ、アニメーションなどが挙げられるが、これらに限定されない。

0148

いくつかの実施形態において、グラフィックモジュール132は、使用されるグラフィックを表すデータを記憶する。それぞれのグラフィックには、対応するコードが、任意選択的に割り当てられる。グラフィックモジュール132は、アプリケーションなどから、必要に応じて、座標データ及び他のグラフィックプロパティデータと共に、表示されるグラフィックを指定する1つ以上のコードを受信し、ディスプレイコントローラ156に出力する画面画像データを生成する。

0149

触覚フィードバックモジュール133は、デバイス100とのユーザ対話に応じて、デバイス100上の1つ以上の場所で触知出力を生成するために、触知出力生成器(単数又は複数)167によって使用される命令を生成するための、様々なソフトウェア構成要素を含む。

0150

テキスト入力モジュール134は、任意選択的に、グラフィックモジュール132の構成要素であり、様々なアプリケーション(例えば、連絡先137、電子メール140、IM141、ブラウザ147、及びテキスト入力を必要とする任意の他のアプリケーション)でテキストを入力するための、ソフトキーボードを提供する。

0151

GPSモジュール135は、デバイスの場所を判断し、この情報を様々なアプリケーションで使用するために提供する(例えば、ロケーションベースダイアル発呼で使用するための電話138へ、ピクチャ/ビデオのメタデータとしてカメラ143へ、並びに気象ウィジェット地方イエローページウィジェット、及び地図/ナビゲーションウィジェットなどのロケーションベースのサービスを提供するアプリケーションへ)。

0152

アプリケーション136は、任意選択的に以下のモジュール(又は命令のセット)、又はそれらの部分集合若しくは上位集合を含む。
●連絡先モジュール137(アドレス帳又は連絡先リストと称されることもある)、
電話モジュール138、
●ビデオ会議モジュール139、
●電子メールクライアントモジュール140、
●インスタントメッセージング(IM)モジュール141、
●トレーニングサポートモジュール142、
●静止画像及び/又はビデオ画像用カメラモジュール143、
画像管理モジュール144、
ブラウザモジュール147、
カレンダーモジュール148、
●気象ウィジェット149−1、株価ウィジェット149−2、計算機ウィジェット149−3、アラーム時計ウィジェット149−4、辞書ウィジェット149−5、及びユーザによって取得された他のウィジェット、並びにユーザ作成ウィジェット149−6のうちの1つ以上のを任意選択的にを含む、ウィジェットモジュール149、
●ユーザ作成ウィジェット149−6を作成するためのウィジェット作成モジュール150、
検索モジュール151、
●任意選択的に、ビデオ再生モジュール及び音楽再生モジュールから構成されるビデオ及び音楽再生モジュール152、
●メモモジュール153、
●地図モジュール154、及び/又は
オンラインビデオモジュール155。

0153

任意選択的にメモリ102内に記憶される他のアプリケーション136の例としては、他のワードプロセッシングアプリケーション、他の画像編集アプリケーション、描画アプリケーション、プレゼンテーションアプリケーション、JAVA(登録商標)対応アプリケーション、暗号化、デジタル著作権管理音声認識、及び音声複製が挙げられる。

0154

タッチ感知ディスプレイシステム112、ディスプレイコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックスモジュール132、及びテキスト入力モジュール134と併せて、接触モジュール137は、(例えば、メモリ102又はメモリ370内の接触モジュール137のアプリケーション内部状態192に記憶された)アドレス帳又は連絡先リストを管理するための実行可能命令を含み、アドレス帳又は連絡先リストを管理することは、アドレス帳に名前(単数又は複数)を加えることと、アドレス帳から名前(単数又は複数)を削除すること、電話番号(単数又は複数)、メールアドレス(単数又は複数)、住所(単数又は複数)、又は他の情報を名前と関連付けること、画像を名前と関連付けること、名前を分類して振り分けること、電話番号及び/又は電子メールアドレスを提供して、電話138、ビデオ会議139、電子メール140、若しくはIM141による通信を開始させ、かつ/又は容易にすること、などを含む。

0155

電話モジュール138は、RF回路108、オーディオ回路110、スピーカ111、マイクロフォン113、タッチ感知ディスプレイシステム112、ディスプレイコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックスモジュール132、及びテキスト入力モジュール134と併せて、電話番号に対応する一連の文字を入力し、アドレス帳137内の1つ以上の電話番号にアクセスし、入力された電話番号を修正し、それぞれの電話番号をダイヤルし、会話遂行し、会話が完了した際に接続を切るか、又は電話を切るための実行可能命令を含む。上述のように、無線通信は、複数の通信規格、プロトコル、及び技術のうちのいずれかを、任意選択的に使用する。

0156

ビデオ会議モジュール139は、RF回路108、オーディオ回路110、スピーカ111、マイクロフォン113、タッチ感知ディスプレイシステム112、ディスプレイコントローラ156、光センサ(単数又は複数)164、光センサコントローラ158、接触モジュール130、グラフィックスモジュール132、テキスト入力モジュール134、連絡先リスト137、及び電話モジュール138と併せて、ユーザの指示に従ってユーザと1人以上の他の参加者との間でビデオ会議を開始し、遂行し、終了するための実行可能命令を含む。

0157

電子メールクライアントモジュール140は、RF回路108、タッチ感知ディスプレイシステム112、ディスプレイコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックスモジュール132、及びテキスト入力モジュール134と併せて、ユーザの指示に従って電子メールを作成し、送信し、受信し、管理するための実行可能命令を含む。画像管理モジュール144と併せて、電子メールクライアントモジュール140により、カメラモジュール143で撮影した静止画像又は映像を作成し、電子メールを送信することが非常に簡単になる。

0158

インスタントメッセージングモジュール141は、RF回路108、タッチ感知ディスプレイシステム112、ディスプレイコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックスモジュール132、及びテキスト入力モジュール134と併せて、インスタントメッセージに対応する一連の文字を入力し、入力済みの文字を修正し、対応するインスタントメッセージを送信し(例えば、電話ベースのインスタントメッセージのためのショートメッセージサービス(SMS)若しくはマルチメディアメッセージサービス(MMS)プロトコルを使用して、又はインターネットベースのインスタントメッセージのためのXMPP、SIMPLE、アップルプッシュ通知サービス(APN)、若しくはIMPSを使用して)、インスタントメッセージを受信し、受信したインスタントメッセージを表示するための実行可能命令を含む。いくつかの実施形態において、送信及び/又は受信されたインスタントメッセージは、MMS及び/又は拡張メッセージングサービス(EMS)でサポートされるように、グラフィック、写真オーディオファイル映像ファイル、及び/又は他の添付を、任意選択的に含む。本明細書で使用するとき、「インスタントメッセージング」とは、電話ベースのメッセージ(例えば、SMS又はMMSを使用して送信されるメッセージ)及びインターネットベースのメッセージ(例えば、XMPP、SIMPLE、APN、又はIMPSを使用して送信されるメッセージ)の双方を示す。

0159

トレーニングサポートモジュール142は、RF回路108、タッチ感知ディスプレイシステム112、ディスプレイコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックスモジュール132、テキスト入力モジュール134、GPSモジュール135、地図モジュール154、及び音楽再生モジュール146と併せて、(例えば、時間、距離、及び/又はカロリー消費目標を有する)トレーニングを作成し、(スポーツデバイス及びスマートウォッチ内の)トレーニングセンサと通信し、トレーニングセンサデータを受信し、トレーニングをモニタリングするために用いられるセンサを測定し、トレーニング用の音楽を選択して再生し、並びに、トレーニングデータを表示、記憶、及び送信するための実行可能命令を含む。

0160

カメラモジュール143は、タッチ感知ディスプレイシステム112、ディスプレイコントローラ156、光センサ(単数又は複数)164、光センサコントローラ158、接触モジュール130、グラフィックスモジュール132、及び画像管理モジュール144と併せて、静止画像又はビデオ(ビデオストリームを含む)をキャプチャしてメモリ102にそれらを記憶し、静止画像又はビデオの特徴を変化させ、かつ/又はメモリ102から静止画像又はビデオを削除するための実行可能命令を含む。

0161

画像管理モジュール144は、タッチ感知ディスプレイシステム112、ディスプレイコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックスモジュール132、テキスト入力モジュール134、及びカメラモジュール143と併せて、静止画像及び/又はビデオ画像を配置し、修正し(例えば、編集し)、又は他の方法で操作し、ラベルを付け、削除し、(例えば、デジタルスライドショー又はアルバム内で)提示し、並びに記憶するための実行可能命令を含む。

0162

ブラウザモジュール147は、RF回路108、タッチ感知ディスプレイシステム112、ディスプレイシステムコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックスモジュール132、及びテキスト入力モジュール134と併せて、ウェブページ又はそれらの一部、並びにウェブページにリンクされた添付及び他のファイルを検索し、リンク付けし、受信し、表示することを含むユーザの指示に従ってインターネットを閲覧するための実行可能命令を含む。

0163

カレンダーモジュール148は、RF回路108、タッチ感知ディスプレイシステム112、ディスプレイシステムコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックスモジュール132、テキスト入力モジュール134、電子メールクライアントモジュール140、及びブラウザモジュール147と併せて、カレンダー及びカレンダーと関連付けられたデータ(例えば、カレンダー項目ToDoリストなど)をユーザの指示に従って作成し、表示し、修正し、記憶するための実行可能命令を含む。

0164

ウィジェットモジュール149は、RF回路108、タッチ感知ディスプレイシステム112、ディスプレイシステムコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックスモジュール132、テキスト入力モジュール134、及びブラウザモジュール147と併せて、ユーザによって任意選択的にダウンロード及び使用されるミニアプリケーション(例えば、気象ウィジェット149−1、株価ウィジェット149−2、計算機ウィジェット149−3、アラーム時計ウィジェット149−4、及び辞書ウィジェット149−5)、又はユーザによって作成されるミニアプリケーション(例えば、ユーザ作成ウィジェット149−6)である。いくつかの実施形態において、ウィジェットは、HTML(ハイパーテキストマークアップ言語)ファイル、CSS(カスケーディングスタイルシート)ファイル、及びJavaScriptファイルを含む。いくつかの実施形態において、ウィジェットは、XML(拡張可能マークアップ言語)ファイル及びJavaScript(登録商標)ファイル(例えば、Yahoo!(登録商標)ウィジェット)を含む。

0165

ウィジェット作成モジュール150は、RF回路108、タッチ感知ディスプレイシステム112、ディスプレイシステムコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックスモジュール132、テキスト入力モジュール134、及びブラウザモジュール147と併せて、ウィジェットを作成する(例えば、ウェブページのユーザ指定部分をウィジェットに変える)ための実行可能命令を含む。

0166

検索モジュール151は、タッチ感知ディスプレイシステム112、ディスプレイシステムコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックスモジュール132、及びテキスト入力モジュール134と併せて、ユーザの指示に従って、1つ以上の検索基準(例えば、1つ以上のユーザ指定の検索語句)と一致するメモリ102内のテキスト、音楽、音、画像、ビデオ、及び/又は他のファイルを検索するための実行可能命令を含む。

0167

ビデオ及び音楽再生モジュール152は、タッチ感知ディスプレイシステム112、ディスプレイシステムコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックスモジュール132、オーディオ回路110、スピーカ111、RF回路108、及びブラウザモジュール147と併せて、MP3又はAACファイルなど1つ以上のファイル形式で記憶された録音済みの音楽及び他のサウンドファイルをユーザがダウンロード及び再生できるようにする実行可能命令、及び映像を(例えば、タッチ感知ディスプレイシステム112上に、又は無線若しくは外部ポート124を介して接続された外部ディスプレイ上に)表示、提示、又は他の方法で再生するための実行可能命令を含む。いくつかの実施形態において、デバイス100は、任意選択的に、iPod(Apple Inc.の登録商標)などのMP3プレーヤの機能を含む。

0168

メモモジュール153は、タッチ感知ディスプレイシステム112、ディスプレイコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックスモジュール132、及びテキスト入力モジュール134と併せて、ユーザの指示に従ってメモ、ToDoリストなどを作成及び管理するための実行可能命令を含む。

0169

地図モジュール154は、RF回路108、タッチ感知ディスプレイシステム112、ディスプレイシステムコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックスモジュール132、テキスト入力モジュール134、GPSモジュール135、及びブラウザモジュール147と併せて、地図及び地図と関連付けられたデータ(例えば、運転方向、特定の場所若しくはその付近の店舗及び他の対象地点についてのデータ、並びに場所に基づく他のデータ)、を受信し、表示し、修正し、記憶するための実行可能命令を含む。

0170

オンラインビデオモジュール155は、タッチ感知ディスプレイシステム112、ディスプレイシステムコントローラ156、接触モジュール130、グラフィックスモジュール132、オーディオ回路110、スピーカ111、RF回路108、テキスト入力モジュール134、電子メールクライアントモジュール140、及びブラウザモジュール147と併せて、ユーザが、特定のオンラインビデオにアクセスし、閲覧し、(例えば、ストリーミング及び/又はダウンロードによって)受信し、(例えば、タッチスクリーン112上、又は無線で、若しくは外部ポート124を介して接続された外部ディスプレイ上で)再生し、その特定のオンラインビデオへのリンクを有する電子メールを送信し、H.264など1つ以上のファイル形式のオンラインビデオを他の方法で管理できるようにするための実行可能命令を含む。いくつかの実施形態においては、電子メールクライアントモジュール140ではなく、インスタントメッセージモジュール141が、特定のオンライン映像へのリンクを送信するために用いられる。

0171

上記で識別されたモジュール及びアプリケーションのそれぞれは、1つ又はそれ以上の上記の機能を実行するための実行可能命令セット及び本出願に記載の方法(例えば、コンピュータにより実行される方法及び本明細書に記載の他の情報処理方法)に対応する。これらのモジュール(すなわち命令セット)は、別個のソフトウェアプログラム、手順、又はモジュールとして実装される必要はなく、したがって、これらのモジュールの様々なサブセットは、様々な実施形態におい