図面 (/)

技術 数値制御装置

出願人 ファナック株式会社
発明者 木村聡金丸智
出願日 2018年3月2日 (1年9ヶ月経過) 出願番号 2018-037318
公開日 2019年9月12日 (3ヶ月経過) 公開番号 2019-153042
状態 未査定
技術分野 数値制御
主要キーワード 実行所要 加工単位 プログラム実行情報 呼び出されたプログラム 動的解析 呼び出されるプログラム 呼び出し対象 データ入出力装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年9月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

加工プログラム動的解析機能を有する数値制御装置を提供する。

解決手段

加工プログラムの中でサブプログラム呼出すサブプログラム呼び出し機能を備えた数値制御装置1は、サブプログラムを呼び出した場合に、サブプログラムの呼び出しに関する情報を通知するプログラム解読部101と、プログラム解読部から通知されたサブプログラムの呼び出しに関する情報を集約し、記憶するプログラム呼び出し情報記憶部102と、サブプログラムを実行した場合に、サブプログラムの実行に関する情報を通知するプログラム実行部103と、プログラム実行部から通知されたサブプログラムの実行に関する情報を集約し、記憶するプログラム実行情報記憶部104と、を有することを特徴とする。

概要

背景

数値制御装置で使用される加工プログラム(以下、単にプログラム)では、プログラム中で他のプログラムの呼び出しが行われることがある。以降、数値制御装置の運転で最初に実行されるプログラムをメインプログラム、それにともなって呼び出される他のプログラムをサブプログラム呼称する。例えばメインプログラムの中で、MSTBコード(Mxxx,Sxxx,Txxx,Bxxxなどの形式を取るコードの総称。xxxには呼び出し対象のサブプログラムを指すコードが入る)によるサブプログラム呼び出しや、Gコード(Gxxxなる形式を取り、xxxには呼び出し対象のサブプログラムを指すコードが入る)によるサブプログラム呼び出しが行われている。また、サブプログラムの中からサブプログラムを呼び出すなど、呼び出しが多重に実行される場合がある。例えば、加工単位で作成された複数のプログラムをサブプログラムとして作成し、メインプログラムから呼び出す形態のプログラムがある。

上述のような形態においては多くのプログラムが数値制御装置内に存在することとなるため、それらを容易に管理するための手法が種々提案されている。例えば、特許文献1及び2には、多重呼び出しを含むプログラムを静的に解析し、プログラムの階層構造視覚的に表示する技術が記載されている。

概要

加工プログラムの動的解析機能を有する数値制御装置を提供する。加工プログラムの中でサブプログラムを呼出すサブプログラム呼び出し機能を備えた数値制御装置1は、サブプログラムを呼び出した場合に、サブプログラムの呼び出しに関する情報を通知するプログラム解読部101と、プログラム解読部から通知されたサブプログラムの呼び出しに関する情報を集約し、記憶するプログラム呼び出し情報記憶部102と、サブプログラムを実行した場合に、サブプログラムの実行に関する情報を通知するプログラム実行部103と、プログラム実行部から通知されたサブプログラムの実行に関する情報を集約し、記憶するプログラム実行情報記憶部104と、を有することを特徴とする。

目的

本発明はこのような問題点を解決するためになされたものであって、加工プログラムの動的解析機能を有する数値制御装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

加工プログラムの中でサブプログラム呼出すサブプログラム呼び出し機能を備えた数値制御装置であって、前記サブプログラムを呼び出した場合に、前記サブプログラムの呼び出しに関する情報を通知するプログラム解読部と、前記プログラム解読部から通知された前記サブプログラムの呼び出しに関する情報を集約し、記憶するプログラム呼び出し情報記憶部と、前記サブプログラムを実行した場合に、前記サブプログラムの実行に関する情報を通知するプログラム実行部と、前記プログラム実行部から通知された前記サブプログラムの実行に関する情報を集約し、記憶するプログラム実行情報記憶部と、を有することを特徴とする数値制御装置。

請求項2

前記プログラム呼び出し情報記憶部及び前記プログラム実行情報記憶部で集約した情報をもとに、前記サブプログラムの呼び出し構造をツリー表示するプログラム呼び出し情報表示部を有することを特徴とする請求項1記載の数値制御装置。

請求項3

前記プログラム実行情報記憶部で集約した情報をもとに、実行された前記サブプログラムのリストを出力するプログラム呼び出し情報表示部を有することを特徴とする請求項1記載の数値制御装置。

請求項4

前記プログラム呼び出し情報記憶部及び前記プログラム実行情報記憶部で集約した情報をもとに、呼び出し予約がなされたが実行されなかった前記サブプログラムのリストを出力するプログラム呼び出し情報表示部を有することを特徴とする請求項1記載の数値制御装置。

請求項5

1以上の前記サブプログラムを格納するプログラム管理部と、前記プログラム管理部が格納する前記サブプログラムのリストと、前記プログラム実行情報記憶部で集約した情報をもとに、実行されなかった前記サブプログラムのリストを出力するプログラム呼び出し情報表示部を有することを特徴とする請求項1記載の数値制御装置。

技術分野

0001

本発明は数値制御装置に関し、特に加工プログラム動的解析機能を有する数値制御装置に関する。

背景技術

0002

数値制御装置で使用される加工プログラム(以下、単にプログラム)では、プログラム中で他のプログラムの呼び出しが行われることがある。以降、数値制御装置の運転で最初に実行されるプログラムをメインプログラム、それにともなって呼び出される他のプログラムをサブプログラム呼称する。例えばメインプログラムの中で、MSTBコード(Mxxx,Sxxx,Txxx,Bxxxなどの形式を取るコードの総称。xxxには呼び出し対象のサブプログラムを指すコードが入る)によるサブプログラム呼び出しや、Gコード(Gxxxなる形式を取り、xxxには呼び出し対象のサブプログラムを指すコードが入る)によるサブプログラム呼び出しが行われている。また、サブプログラムの中からサブプログラムを呼び出すなど、呼び出しが多重に実行される場合がある。例えば、加工単位で作成された複数のプログラムをサブプログラムとして作成し、メインプログラムから呼び出す形態のプログラムがある。

0003

上述のような形態においては多くのプログラムが数値制御装置内に存在することとなるため、それらを容易に管理するための手法が種々提案されている。例えば、特許文献1及び2には、多重呼び出しを含むプログラムを静的に解析し、プログラムの階層構造視覚的に表示する技術が記載されている。

先行技術

0004

特開平5−113818号公報
特開平8−063218号公報

発明が解決しようとする課題

0005

特許文献1及び2に記載されているような静的解析によるプログラムの解析の場合、マクロ変数パラメータ設定、数値制御装置ソフトウェア実行条件内部パラメータ)等が考慮されておらず、数値制御装置において実際にプログラムを動作させたときの状況を確認することができない。

0006

すなわち、プログラムを実際に実行すると、プログラムコードに記載されてはいるものの呼び出されることのないサブプログラムが存在することがある。例えば、上述のマクロ変数、パラメータ及び内部パラメータが分岐条件に含まれており、ある分岐先でサブプログラムの呼び出しが定義されている場合、マクロ変数、パラメータ及び内部パラメータのとる値によっては、実際には呼び出されることがないサブプログラムが存在することがあり得る。

0007

このような事象は、例えばプログラムのテストの場面で問題となる。実際には呼び出されることがないプログラムは不要であるため削除したいが、数値制御装置内に存在するプログラムのうちどれが実際に実行され、又は実行されないかを確認することは容易ではない。これは、テスト漏れの有無を確認することが困難だということでもある。特に、1つの数値制御装置を複数のオペレータが使用するような環境においては、数値制御装置内に多数のプログラムが登録されることが多々あるため、このような問題が発生しやすい。もしどのプログラムが実際に実行され、又は実行されないかを容易に確認できれば、数値制御装置の記憶領域を有効活用できるし、テストの網羅性を確実なものにすることも可能である。

0008

本発明はこのような問題点を解決するためになされたものであって、加工プログラムの動的解析機能を有する数値制御装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0009

本発明の一実施の形態にかかる数値制御装置は、加工プログラムの中でサブプログラムを呼出すサブプログラム呼び出し機能を備えた数値制御装置であって、前記サブプログラムを呼び出した場合に、前記サブプログラムの呼び出しに関する情報を通知するプログラム解読部と、前記プログラム解読部から通知された前記サブプログラムの呼び出しに関する情報を集約し、記憶するプログラム呼び出し情報記憶部と、前記サブプログラムを実行した場合に、前記サブプログラムの実行に関する情報を通知するプログラム実行部と、前記プログラム実行部から通知された前記サブプログラムの実行に関する情報を集約し、記憶するプログラム実行情報記憶部と、を有することを特徴とする。
本発明の一実施の形態にかかる数値制御装置は、前記プログラム呼び出し情報記憶部及び前記プログラム実行情報記憶部で集約した情報をもとに、前記サブプログラムの呼び出し構造をツリー表示するプログラム呼び出し情報表示部を有することを特徴とする。
本発明の一実施の形態にかかる数値制御装置は、前記プログラム実行情報記憶部で集約した情報をもとに、実行された前記サブプログラムのリストを出力するプログラム呼び出し情報表示部を有することを特徴とする。
本発明の一実施の形態にかかる数値制御装置は、前記プログラム呼び出し情報記憶部及び前記プログラム実行情報記憶部で集約した情報をもとに、呼び出し予約がなされたが実行されなかった前記サブプログラムのリストを出力するプログラム呼び出し情報表示部を有することを特徴とする。
本発明の一実施の形態にかかる数値制御装置は、1以上の前記サブプログラムを格納するプログラム管理部と、前記プログラム管理部が格納する前記サブプログラムのリストと、前記プログラム実行情報記憶部で集約した情報をもとに、実行されなかった前記サブプログラムのリストを出力するプログラム呼び出し情報表示部を有することを特徴とする。

発明の効果

0010

本発明によれば、加工プログラムの動的解析機能を有する数値制御装置を提供することが可能である。

図面の簡単な説明

0011

数値制御装置1のハードウェア構成を示すブロック図である。
数値制御装置1の機能構成を示すブロック図である。
プログラム呼び出し情報記憶部102が記憶するプログラム呼び出し情報の一例を示す図である。
プログラム実行情報記憶部104が記憶するプログラム実行情報の一例を示す図である。
プログラム呼び出し情報表示部105が、プログラム呼び出し情報記憶部102及びプログラム実行情報記憶部104を統合して作成した情報の一例を示す図である。
プログラム呼び出し情報表示部105が表示する動的解析結果の一例を示す図である。
プログラム呼び出し情報表示部105が表示する動的解析結果の一例を示す図である。

0012

本発明の実施の形態にかかる数値制御装置1の構成について説明する。
図1は、本発明の実施の形態にかかる数値制御装置1の要部の概略的なハードウェア構成図である。

0013

数値制御装置1が備えるCPU11は、数値制御装置1を全体的に制御するプロセッサである。CPU11は、不揮発性メモリ14に格納されたプログラムをバス20を介して読み出し、プログラムに従って数値制御装置1全体を制御する。

0014

不揮発性メモリ14は、例えば図示しないバッテリバックアップされるなどして、数値制御装置1の電源オフされても記憶状態が保持されるメモリとして構成される。不揮発性メモリ14に記憶されているプログラム、データは、利用時には揮発性メモリ13に展開されても良い。揮発性メモリ13には、不揮発性メモリ14から展開されたプログラム、データの他、一時的な計算データや表示データ、入力装置を介して入力されたデータ等が格納される。

0015

表示器MDIユニット70はディスプレイキーボード等を備えたデータ入出力装置である。表示器/MDIユニット70のキーボードから入力された指令やデータは、インタフェース15を介してCPU11に渡される。また、CPU11から出力された表示データは、インタフェース15を介して表示器/MDIユニット70のディスプレイに表示される。

0016

図2は、本発明の実施の形態に係る数値制御装置1の概略的な機能構成を示すブロック図である。

0017

数値制御装置1は、プログラム解読部101、プログラム呼び出し情報記憶部102、プログラム実行部103、プログラム実行情報記憶部104、プログラム呼び出し情報表示部105、プログラム管理部106、プログラム探索部107、プログラム一覧表示部108を有する。このうち、プログラム解読部101、プログラム呼び出し情報記憶部102、プログラム実行部103プログラム実行情報記憶部104、プログラム呼び出し情報表示部105は、本発明の特徴であるプログラムの動的解析処理を実行する。なおプログラム探索部107、プログラム一覧表示部108は、本発明の課題解決には直接的には関与しない。プログラム探索部107、プログラム一覧表示部108は従来技術によりプログラムを静的に解析する。

0018

プログラム管理部106は、メインプログラム、サブプログラムを含む複数のプログラムを格納する記憶領域である。

0019

プログラム探索部107は、プログラム管理部106が管理するプログラムを探索する処理を行う。

0020

プログラム一覧表示部108は、プログラム探索部107の探索結果を表示する。すなわちプログラムの静的解析処理の実行結果を表示する。

0021

プログラム解読部101は、プログラム管理部106からプログラムを読み出し、プログラム実行の前処理としてプログラムコードを解釈して、実行すべき命令をプログラム実行部103に対し出力する。プログラムコードにマクロ変数、パラメータ及び内部パラメータへの参照が含まれている場合、プログラム解読部101は現在のマクロ変数、パラメータ及び内部パラメータを取得したうえでプログラムコードを解釈する。

0022

また、プログラム解読部101は、プログラムコードにサブプログラム呼び出しが含まれる場合、呼び出しに用いられた手段、変数呼び出されるプログラム名などの呼び出しに関する情報をプログラム呼び出し情報記憶部102に通知する。

0023

プログラム呼び出し情報記憶部102は、通知された情報をもとに、サブプログラムの呼び出し情報としてテーブル化し、記憶する。
図3に、プログラム呼び出し情報記憶部102が記憶するプログラム呼び出し情報の一例を示す。この例では、呼び出されたサブプログラム名である「プログラム名」、サブプログラムを呼び出したプログラム名である「呼び元」、サブプログラムを呼び出した際に使用されたコード(命令、変数名など)を示す「手段」、サブプログラムを呼び出した際に使用された変数の値を示す「設定値」等が対応付けられて記憶されている。図3で「手段」カラムに記録されている「M98」「M50」等の値は命令、命令に続く「#100」「Prm6042」等の値は変数名を示している。「設定値」カラムに記録されている「#100=1001」「Prm6042=2001」等の値はそれぞれ、変数(この場合はマクロ変数)#100の値が1001であったこと、変数(この場合は数値制御装置のパラメータ)Prm6042の値が2001であったことを示している。

0024

プログラム実行部103は、プログラム解読部101によるプログラムコードの解釈結果を受けて、命令を実行する。この際、プログラム実行部103は、実行したプログラム名、プログラムの実行時間などの実行に関する情報をプログラム実行情報記憶部104に通知する。

0025

プログラム実行情報記憶部104は、通知された情報をもとに、サブプログラムの実行情報としてテーブル化し、記憶する。
図4に、プログラム実行情報記憶部104が記憶するプログラム実行情報の一例を示す。この例では、実行されたプログラム名である「プログラム名」、実行されたプログラムが他のプログラムから呼び出されて実行された場合において、呼び出した側のプログラム名を示す「呼び元」、1つの命令によって何回プログラムを実行したかを示す「実行回数」、プログラムを1回実行するのに要した時間を示す「実行時間」(sec/回)等が対応付けられて記憶されている。

0026

図4に示すようなプログラム実行情報の作成手法は種々考えられる。例えば、プログラム実行部103が、実際にプログラムを実行した際の情報に基づいて、プログラム実行情報を一から作成することができる。この場合、プログラム実行情報に含まれるレコードは、実際に実行されたプログラムに関するもののみとなる。すなわち「実行回数」が0のレコードは作成されない。

0027

又は、プログラム実行部103は、プログラム呼び出し情報記憶部102が記憶するプログラム呼び出し情報に情報を付加する形で、プログラム実行情報を作成することもできる。すなわち、プログラム実行部103がプログラムを実行したときに、そのプログラムの「実行回数」及び「実行時間」を、プログラム呼び出し情報の該当レコードに追記する。例えば、プログラム解読部101がコードを解釈した際にはサブプログラムの呼び出し予約が行われるにとどまり、プログラム実行情報記憶部104が外部信号などのトリガを受けたときに実際に呼び出しが実行されるようなケースが存在する。本手法によれば、このようなケースでは、呼び出し予約が行われたものの実際には呼び出しが行われなかったサブプログラムも、プログラム実行情報中に「実行回数」が0のレコードとして現れる。

0028

あるいは、プログラム管理部106が保持している全プログラム名のリストを作成し、このリストに追記する形で、プログラム実行部103がプログラム実行情報を作成することもできる。この場合も、呼び出し予約が行われたものの実際には呼び出しが行われなかったサブプログラムは、プログラム実行情報中に「実行回数」が0のレコードとして現れる。加えて、呼び出し予約すら行われない、すなわち他のプログラムから呼び出されるケースが存在しないプログラムについても、プログラム実行情報中に「実行回数」が0のレコードとして現れる。

0029

プログラム呼び出し情報表示部105は、プログラム呼び出し情報記憶部102及びプログラム実行情報記憶部104に記録された情報に従って、複数のプログラム間呼び出し関係を整理して表示する。プログラム呼び出し情報表示部105は、プログラム呼び出し情報記憶部102及びプログラム実行情報記憶部104を統合することにより、実際に呼び出しが行われたサブプログラムを特定することができる。また、実際に呼び出しが行われた際の状況(呼び出しが行われた条件や実際の実行状況など)を特定することもできる。これらの様々な情報を盛り込むことで、プログラム呼び出し情報表示部105は従来にない有用な情報をユーザに提供することが可能である。

0030

図5に示すテーブルは、プログラム呼び出し情報表示部105が、プログラム呼び出し情報記憶部102及びプログラム実行情報記憶部104を統合して作成したものである。図5によれば、呼び出された「プログラム名」、そのプログラムを呼び出した「呼び元」、呼び出しが行われた際の条件を示す「手段」及び「設定値」、そしてプログラムの実行状況を示す「実行回数」及び「実行時間」等が一元的に把握可能である。プログラム呼び出し情報表示部105は、こうして統合された情報に基づいて、プログラム同士の関係を視覚的に表現することができる。以下に幾つかの表現方法を例示する。

0031

図6に示すグラフは、プログラム呼び出し情報表示部105が表示する動的解析結果の一例であって、プログラムの呼び出し関係をツリー構造で表現したものである。この例において、ツリー構造の根にあたるノード「O0001」はメインプログラム名である。「O0001」を起点として延びる線分は、プログラムの実行に伴う時間経過を示している。この線分から分岐する線分の先にあるノード「O1001」「O1002」・・・等は、それぞれメインプログラムから呼びされて実際に実行されたサブプログラム名を示している。線分上に記載されている条件「M98 #100」「#100=1001」「#100=1002」・・・等は、それぞれ当該線分が示す実行ルートが選択されたときの条件(命令や変数の値など)を示している。また、各ノード「O0001」「O1001」・・・等に併記されている「100回」「50回」等は、当該ノードにかかるプログラムが実行された回数を示している。また、分岐先のノード「O1001」「O1002」・・・等に併記されている実行率「50%」「50%」等は、分岐先のノードが複数存在する場合に、各ノードにかかるプログラムが実行される割合がどれほどであったかを示している。

0032

例えば図6からは、「O0001(100回)」という記述から、メインプログラム「O0001」が通算100回実行されたことが分かる。そして、メインプログラム「O0001」からサブプログラム「O1101」に至るまでのルート上には、「M98 #100」「#100=1001」という条件が記載されている。ここから、メインプログラム「O0001」においてコード「M98 #100」が実行され、その際にマクロ変数「#100」の値が「=1001」であった場合に、サブプログラム「O1001」が呼び出されて実行されたことがわかる。同様にして、メインプログラム「O0001」においてコード「M98 #100」が実行され、その際にマクロ変数「#100」の値が「=1002」であった場合には、サブプログラム「O1002」が呼び出されて実行されたことがわかる。そして「O1001(50回、50%)」「O1002(50回、50%)」という記述から、サブプログラム「O1001」及び「O1002」はいずれも通算50回実行され、両者の実行回数の比は50:50であったことがわかる。

0033

図7に示すグラフも、プログラム呼び出し情報表示部105が表示する動的解析結果の一例であって、プログラムの呼び出し関係をツリー構造で表現したものである。プログラムの呼び出し関係をツリー構造で表現したものである。この例において、ツリー構造のルートにあたるノード「O0001」はメインプログラム名である。「O0001」を起点として延びる線分は、プログラムの実行に伴う時間経過を示している。この線分から分岐する線分の先にあるノード「O1001」「O1002」は、それぞれメインプログラムから呼びされて実際に実行されたサブプログラム名を示している。そして、サブプログラム「O1101」からさらに延びて分岐した先にあるノード「O2001」「O2002」は、それぞれサブプログラム「O1101」から呼びされて実際に実行されたサブプログラム名を示している。以下同様にして、プログラムの多重呼び出し構造がツリー状に表現されていく。ツリー構造の末端ノード「O3001」「O3002」・・・等に併記された時間「500sec」「490sec」・・・等は、それぞれの系列根ノード「O0001」から末端ノードに至るプログラム実行ルート)の実行所要時間を示している。

0034

例えば図7からは、メインプログラム「O0001」からサブプログラム「O1001」「O1002」が呼び出されて実行され、サブプログラム「O1001」からさらにサブプログラム「O2001」「O2002」が呼び出されて実行され、「O2001」からは「O3001」が呼び出され、「O3001」からは「O3011」「O3021」が呼び出されたことがわかる。そして、「O0001」から「O3011」までを実行した場合の所要時間は「500sec」、「O0001」から「O3021」までを実行した場合の所要時間は「490sec」であったことがわかる。これらの情報は、例えばどのようなプログラムを作成すれば実行時間を短縮できるかを検討するための材料として利用できる。

0035

また、プログラム呼び出し情報表示部105は、呼び出されたプログラムのリストや、呼び出されなかったプログラムのリストを作成して表示することもできる。例えば、プログラム呼び出し情報表示部105は、プログラム管理部106が保持している全プログラム名のリストと、図4に示すプログラム実行情報又は図5に示す統合情報において「実行回数」が1以上であるプログラム名のリストとを比較する。この比較において一致したプログラム名は、呼び出されたプログラムのリストに加えられる。一方、プログラム管理部106が保持している全プログラム名のリストにのみ存在するプログラム名は、実行された記録がないのであるから、呼び出されなかったプログラムのリストに加えられる。プログラム呼び出し情報表示部105は、このようなリストを例えば一覧表の形でユーザに提示することができる。

0036

さらに、プログラム呼び出し情報表示部105は、呼び出し予約が行われたものの実際には呼び出しが行われなかったサブプログラムのリストを作成して表示することもできる。例えば、プログラム呼び出し情報表示部105は、プログラム実行部103が一から作成したプログラム実行情報(実際に実行されたプログラム名のみが含まれる)と、プログラム呼び出し情報記憶部102が記憶するプログラム呼び出し情報と、を比較する。ここでプログラム呼び出し情報内にのみ存在するプログラム名は、実行された記録がないのであるから、呼び出し予約が行われたものの実際には呼び出しが行われなかったプログラムのリストに加えられる。プログラム呼び出し情報表示部105は、このようなリストを例えば一覧表の形でユーザに提示することができる。

0037

本実施の形態によれば、数値制御装置1は、実際にプログラムが呼び出された際の条件や実行状況などを記録する。そして、その記録に基づいてプログラム間の現実の呼び出し構造を視覚的に表示したり、実際に呼び出しが行われた又は行われなかったプログラムのリストを表示したり、呼び出し予約が行われたものの実行されなかったプログラムのリストを表示したりすることができる。これらはいずれも、従来の静的解析では知ることのできなかった情報である。

0038

なお、本発明は上述の実施の形態に限定されることなく、適宜の変更を加えることにより様々な態様で実施することができる。例えば、上述の実施の形態で示した視覚的表現方法はあくまで一例であり、プログラム呼び出し情報及びプログラム実行情報から得られる種々の情報は、他の任意の手法で提示することが可能である。

0039

また、上述の実施の形態では、プログラム解読部101、プログラム呼び出し情報記憶部102、プログラム実行部103、プログラム実行情報記憶部104、プログラム呼び出し情報表示部105、プログラム管理部106は全て数値制御装置1内に存在するものとして説明したが、本発明はこれに限定されず、1以上の処理部が、数値制御装置1とネットワーク等を介して通信可能に接続された他の装置に存在していても良い。例えば、プログラム呼び出し情報記憶部102、プログラム実行情報記憶部104、プログラム呼び出し情報表示部105等は、数値制御装置1以外の任意の装置内に配置され得る。

0040

あるいは、プログラム解読部101、プログラム呼び出し情報記憶部102、プログラム実行部103、プログラム実行情報記憶部104、プログラム呼び出し情報表示部105、プログラム管理部106は、数値制御装置のシミュレータ内に存在していても構わない。この場合も、1以上の処理部が、シミュレータとネットワーク等を介して通信可能に接続された他の装置に存在していても良い。

0041

1数値制御装置
11 CPU
13揮発性メモリ
14不揮発性メモリ
15インタフェース
20バス
70表示器/MDIユニット
101プログラム解読部
102プログラム呼び出し情報記憶部
103プログラム実行部
104プログラム実行情報記憶部
105 プログラム呼び出し情報表示部
106プログラム管理部
107 プログラム探索部
108プログラム一覧表示部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 蛇の目ミシン工業株式会社の「 ロボット、制御方法およびプログラム」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】命令やつなぎ情報を用いることなく、ポイント種別の組込クラスにループ開始あるいはループ終了の性質をもったクラスを用意し、ポイント種別の組込クラスにループ開始あるいはループ終了の性質をもったクラス... 詳細

  • ファナック株式会社の「 工作機械の加工シミュレーション装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】時間の増加を抑制しつつ、高い精度で加工シミュレーションを行うことが可能な工作機械の加工シミュレーション装置を提供する。【解決手段】加工シミュレーション装置30は、加工プログラムに基づいて工具を... 詳細

  • ファナック株式会社の「 数値制御装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】シリアルバス接続されたデバイスを容易に取り外すことができる数値制御装置を提供する。【解決手段】シリアルバスに複数のデバイスをディジーチェーン接続することが可能な数値制御装置1は、デバイスから、... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ