図面 (/)

技術 悪臭化合物を低減するための組成物

出願人 クラシエホームプロダクツ株式会社
発明者 宮下哲郎
出願日 2018年3月1日 (2年2ヶ月経過) 出願番号 2018-036920
公開日 2019年9月12日 (7ヶ月経過) 公開番号 2019-151715
状態 未査定
技術分野 医薬品製剤 脂肪類、香料 化粧料 食品の調整及び処理一般
主要キーワード 漬加工 消臭材料 処理器具 家畜舎 ガスクロマトグラフィー分析装置 消臭製品 車内用 芳香製品
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年9月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

一つ消臭成分の臭いを使用者が強く感じることによる嗜好性の低下を抑えた悪臭を低減するための組成物を提供する。

解決手段

本発明の一態様に係るインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物は、アルデヒド化合物及び有機酸を含み、前記アルデヒド化合物は、ベンズアルデヒドと、当該ベンズアルデヒドとは異なる他のアルデヒド化合物である。

概要

背景

一般に、臭気は環境の至るところに存在している。ある種の臭気は心地よいものとしてとらえられるが、不快な感覚を引き起こす臭気である悪臭も存在するため、悪臭を多くの方法で制御することが継続的に検討されている。

例えば、悪臭の1つの原因は、あらゆる種類の廃棄されたヒトおよび動物体内排泄物液体および分泌物である。制御される必要のある不快な臭気の他の原因としては、例えば乳製品、肉およびのような食物、または織物家具、および壁材によって引き起こされるものもある。

ヒトおよび動物の体内排泄物、液体及び分泌物に関しては、臭気としてインドール化合物が知られており、臭気を制御する継続的な必要性を満たすために、例えば、生理用ナプキンパンティライナー大人用失禁用品乳児用おむつ、ペーパータオルトイレットペーパーおよび化粧紙のような個人用衛生用品が存在する。このような物品はしばしば体液および人体によって排泄される他の滲出物を吸収し、廃棄することで臭気による不快感和らげるために使用される。

特許文献1では、表面反応炭酸カルシウム臭気物質と接触させ、排尿により生じる臭気物質を制御する手法が記載されている。

特許文献2では、アルデヒド、α,β‐不飽和アルデヒドアルコールケトンから選択される芳香物質により、糞便及び尿汚れ由来悪臭源であるインドール及びインドール関連物質による悪臭物質の発生を防止するフレグランス組成物とその使用方法について記載されている。

特許文献3では、大環状ケトンを有効成分とするβ−グルクロニダーゼ阻害剤を適用することにより、尿に酵素活性が作用することによって生じる揮発性成分の生成を抑制する方法について記載されている。

特許文献4では、口腔内のインドール、スカトールフェノール、p−クレゾールなどの臭い成分を効果的に洗浄することを目的とした口腔用組成物について記載されている。

特許文献5では、硫化水素およびインドールにより引き起こされる口臭を低減するためにセリンを用いた口腔ケア組成物が記載されている。

概要

一つ消臭成分の臭いを使用者が強く感じることによる嗜好性の低下を抑えた悪臭を低減するための組成物を提供する。本発明の一態様に係るインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物は、アルデヒド化合物及び有機酸を含み、前記アルデヒド化合物は、ベンズアルデヒドと、当該ベンズアルデヒドとは異なる他のアルデヒド化合物である。なし

目的

特許文献4では、口腔内のインドール、スカトール、フェノール、p−クレゾールなどの臭い成分を効果的に洗浄することを目的とした

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

インドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物であって、アルデヒド化合物及び有機酸を含み、前記アルデヒド化合物は、ベンズアルデヒドと、当該ベンズアルデヒドとは異なる他のアルデヒド化合物である、インドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物。

請求項2

前記他のアルデヒド化合物は、芳香族アルデヒド化合物である、請求項1に記載のインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物。

請求項3

前記他のアルデヒド化合物がヘキシルシンナミックアルデヒドフェニルアセトアルデヒドフェニルプロピルアルデヒド、シンナミックアルデヒド、α−アミルシンナミックアルデヒド、ヒドラトロピックアルデヒドアニスアルデヒド、p−メチルフェニルアセトアルデヒドクミンアルデヒドシクラメンアルデヒド、3−(p−t−ブチルフェニル)−プロピルアルデヒド、p−エチル−2,2−ジメチルヒドロシンナムアルデヒド、2−メチル−3−(p−メトキシフェニル)−プロピルアルデヒド、p−t−ブチル−α−メチルヒドロシンナミックアルデヒド、サリチルアルデヒドヘリオトロピンヘリナールバニリンエチルバニリン、及び、メチルバニリンから選ばれる少なくとも一つである、請求項2に記載のインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物。

請求項4

前記ベンズアルデヒドと前記他のアルデヒド化合物のモル比の範囲が1:1/3〜100である、請求項1〜3のいずれか1項に記載のインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物。

請求項5

前記有機酸はヒドロキシカルボン酸である、請求項1〜4のいずれか1項に記載のインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物。

請求項6

前記ヒドロキシカルボン酸は、乳酸リンゴ酸クエン酸及びサリチル酸からなる群より選ばれる少なくとも一つである、請求項5に記載のインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物。

請求項7

前記悪臭化合物は、インドール、1−メチルインドール、2−メチルインドール、5−メチルインドール、7−メチルインドール、及び、スカトールから選ばれる少なくとも一つである、請求項1〜6のいずれか1項に記載のインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物。

請求項8

請求項1〜7のいずれか1項に記載のインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物を含む化粧料医薬部外品医薬品、食品、飲料、衛生用品芳香製品、又は、消臭製品

請求項9

前記悪臭化合物が存在する箇所に対して請求項1〜7のいずれか1項に記載のインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物、請求項8に記載の化粧料、医薬部外品、医薬品、食品、飲料、衛生用品、芳香製品、及び、消臭製品から選ばれる少なくとも一つを供給する、インドール骨格を有する悪臭化合物の低減方法

技術分野

0001

本発明はインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物に関する。

背景技術

0002

一般に、臭気は環境の至るところに存在している。ある種の臭気は心地よいものとしてとらえられるが、不快な感覚を引き起こす臭気である悪臭も存在するため、悪臭を多くの方法で制御することが継続的に検討されている。

0003

例えば、悪臭の1つの原因は、あらゆる種類の廃棄されたヒトおよび動物体内排泄物液体および分泌物である。制御される必要のある不快な臭気の他の原因としては、例えば乳製品、肉およびのような食物、または織物家具、および壁材によって引き起こされるものもある。

0004

ヒトおよび動物の体内排泄物、液体及び分泌物に関しては、臭気としてインドール化合物が知られており、臭気を制御する継続的な必要性を満たすために、例えば、生理用ナプキンパンティライナー大人用失禁用品乳児用おむつ、ペーパータオルトイレットペーパーおよび化粧紙のような個人用衛生用品が存在する。このような物品はしばしば体液および人体によって排泄される他の滲出物を吸収し、廃棄することで臭気による不快感和らげるために使用される。

0005

特許文献1では、表面反応炭酸カルシウム臭気物質と接触させ、排尿により生じる臭気物質を制御する手法が記載されている。

0006

特許文献2では、アルデヒド、α,β‐不飽和アルデヒドアルコールケトンから選択される芳香物質により、糞便及び尿汚れ由来悪臭源であるインドール及びインドール関連物質による悪臭物質の発生を防止するフレグランス組成物とその使用方法について記載されている。

0007

特許文献3では、大環状ケトンを有効成分とするβ−グルクロニダーゼ阻害剤を適用することにより、尿に酵素活性が作用することによって生じる揮発性成分の生成を抑制する方法について記載されている。

0008

特許文献4では、口腔内のインドール、スカトールフェノール、p−クレゾールなどの臭い成分を効果的に洗浄することを目的とした口腔用組成物について記載されている。

0009

特許文献5では、硫化水素およびインドールにより引き起こされる口臭を低減するためにセリンを用いた口腔ケア組成物が記載されている。

先行技術

0010

特表2017−528172号公報(2017年9月28日公表
特開2008−36434(2008年2月21日公開
特開2014−195696(2014年10月16日公開)
特開2004−203872(2004年7月22日公開)
特表2013−508453(2013年3月7日公表)

発明が解決しようとする課題

0011

ところで、或る消臭成分で消臭を行なう場合、当該消臭成分の臭いを使用者が強く感じることによって嗜好性が低下する虞がある。

0012

本発明はこのような事情に鑑みて成された発明であり、一つ消臭成分の臭いを使用者が強く感じることによる嗜好性の低下を抑えた悪臭を低減するための組成物を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0013

前記課題を解決するために、本発明の一態様に係る組成物は、インドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物であって、アルデヒド化合物及び有機酸を含み、前記アルデヒド化合物は、ベンズアルデヒドと、当該ベンズアルデヒドとは異なる他のアルデヒド化合物である。

発明の効果

0014

本発明の一態様によれば、一つ消臭成分の臭いを使用者が強く感じることによる嗜好性の低下を抑えた悪臭を低減するための組成物を提供することができる。

0015

<インドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物>
本発明の一態様に係るインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物(以下、インドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物を単に「組成物」という。)は、アルデヒド化合物及び有機酸を含み、前記アルデヒド化合物は、ベンズアルデヒドと、当該ベンズアルデヒドとは異なる他のアルデヒド化合物である。他のアルデヒド化合物の臭いによりベンズアルデヒドの臭いが際立つことを抑制できる。よって、一つの消臭成分のみを使用者が強く感じることによる嗜好性の低下を抑えることができる。なお、本明細書において悪臭化合物とは悪臭の原因となる化合物をいい、具体的には後述するインドール骨格を有する化合物である。

0016

〔アルデヒド化合物〕
本発明の一態様の組成物に含まれるベンズアルデヒドは、悪臭化合物と反応して当該悪臭化合物を別化合物に変換する。ベンズアルデヒドを含むことによりインドール骨格を有する悪臭化合物を低減し、悪臭を除去できる。

0017

本発明の一態様の組成物に含まれる他のアルデヒド化合物は、ベンズアルデヒドとは異なるアルデヒド化合物であればよい。例えば、ベンズアルデヒドとは臭いが異なるアルデヒド化合物であることが好ましく、中でも芳香族アルデヒド化合物が好ましく、より好ましくはヘキシルシンナミックアルデヒドフェニルアセトアルデヒドフェニルプロピルアルデヒド、シンナミックアルデヒド、α−アミルシンナミックアルデヒド、ヒドラトロピックアルデヒド、アニスアルデヒド、p−メチルフェニルアセトアルデヒドクミンアルデヒドシクラメンアルデヒド、3−(p−t−ブチルフェニル)−プロピルアルデヒド、p−エチル−2,2−ジメチルヒドロシンナムアルデヒド、2−メチル−3−(p−メトキシフェニル)−プロピルアルデヒド、p−t−ブチル−α−メチルヒドロシンナミックアルデヒド、サリチルアルデヒドヘリオトロピンヘリナールバニリンエチルバニリン、メチルバニリン等であり、さらに好ましくはヘキシルシンナミックアルデヒドである。これらは単独で用いてもよく複数種を組み合わせてもよい。このようなアルデヒド化合物を含むことによりベンズアルデヒドの臭いを軽減することができる。

0018

ベンズアルデヒドのみを用いると当該ベンズアルデヒドの香りが際立つため、使用者によっては香りに不満を持ち、より良い香りを求める可能性があるが、ベンズアルデヒドに他のアルデヒド化合物を組み合わせることでお互いが他方の香りを和らげて嗜好性がより向上する。また、ベンズアルデヒド、他のアルデヒド化合物を組み合わせる場合、ベンズアルデヒド:他のアルデヒド化合物のモル比は目的とする嗜好性等に応じて適宜設定すればよいが、1:1/3〜100の範囲で用いることが好ましい。ベンズアルデヒド及び他のアルデヒド化合物をこれらの範囲のモル比で用いることにより、悪臭化合物を低減させるだけでなく、より嗜好性を高めた悪臭化合物を低減するための組成物を提供できる。

0019

本発明の別の態様において、アルデヒド化合物として、ベンズアルデヒド及び他のアルデヒド化合物の他に、別のアルデヒド化合物を含んでもよい。別のアルデヒド化合物は、嗜好性を高めるために含まれてもよい。

0020

本発明の一態様において、組成物に含まれるアルデヒド化合物の量は、特に限定されないが、組成物全体の0.0001重量%〜90重量%であることが好ましく、0.001重量%〜80重量%がさらに好ましい。

0021

〔有機酸〕
本発明の一態様の組成物に含まれる有機酸は、前記アルデヒド化合物が悪臭化合物と反応して当該悪臭化合物を別化合物に変換する効率を高めるものであればよい。

0022

有機酸としては、例えば、カルボン酸スルホン酸等が挙げられ、中でもカルボン酸が好ましい。カルボン酸とは、分子内にカルボキシル基を一つ以上有している化合物である。カルボン酸としては、例えば、飽和脂肪カルボン酸、不飽和脂肪カルボン酸、ヒドロキシカルボン酸芳香族カルボン酸などが挙げられる。特に、分子内にヒドロキシル基を有するヒドロキシカルボン酸が好ましい。

0023

ヒドロキシカルボン酸の中でも、例えば、炭素数2〜4の飽和脂肪ヒドロキシカルボン酸、複数のカルボキシル基を有するヒドロキシカルボン酸、芳香族ヒドロキシカルボン酸が好ましい。炭素数2〜4の飽和脂肪ヒドロキシカルボン酸としては乳酸、複数のカルボキシル基を有するヒドロキシカルボン酸としてはリンゴ酸クエン酸、また、芳香族ヒドロキシカルボン酸としてはサリチル酸が挙げられる。

0024

組成物がアルデヒド化合物と共に有機酸を含むことにより、有機酸が含まれないアルデヒド化合物のみを含む組成物と比べて、より効果的に悪臭化合物を低減させることができる。

0025

本発明の一態様において、組成物に含まれる有機酸の量は、特に限定されないが、組成物全体の0.001重量%〜90重量%であることが好ましく、0.01重量%〜80重量%がさらに好ましい。

0026

本発明の一態様において、アルデヒド化合物と有機酸とのモル比は、特に限定されないが、1:1/1000〜100であることが好ましく、1:1/500〜50であることがさらに好ましい。

0027

〔その他の材料〕
また、本発明の一態様に係る組成物は、アルデヒド化合物及び有機酸以外のその他の材料を含んでもよい。その他の材料としては、溶媒、消臭補助剤防腐剤界面活性剤変色防止剤酸化防止剤着色料香料樹脂可塑剤などが挙げられる。その他の成分の量は、その他の成分が溶媒である場合は1重量%〜99.9重量%、消臭補助剤、界面活性剤、香料、又は樹脂である場合は0.001重量%〜80重量%、防腐剤、変色防止剤、酸化防止剤、着色料、又は可塑剤の場合は0.00001重量%〜1重量%であることが好ましい。

0028

〔インドール骨格を有する悪臭化合物〕
インドール骨格を有する化合物とは、インドール骨格を基本骨格として有する化合物を指し、同一分子内に各種置換基が導入されていてもよい。例えば、インドール、1−メチルインドール、2−メチルインドール、5−メチルインドール、7−メチルインドール、スカトールなどが挙げられる。

0029

インドール骨格を有する悪臭化合物を本発明の一態様に係る組成物によって処理することにより、効果的に悪臭を低減させることができる。

0030

〔組成物の形態〕
本発明の一態様に係る組成物は、種々の形態であってよい。形態としては、例えば、液状、ゲル状、クリーム状、顆粒状などが挙げられる。

0031

〔組成物の製造方法〕
本発明の一態様に係る組成物を製造する方法は特に限定されない。例えば、アルデヒド化合物と、有機酸と、その他の材料とを混合して製造すればよい。また、当該組成物は、アルデヒド化合物と、有機酸と、その他の材料とを混合した後、種々の形態にすることができる。形態としては、例えば、液状、ゲル状、クリーム状、顆粒状などが挙げられる。

0032

〔組成物の用途〕
本発明の一態様に係る組成物は、種々の用途に用いることができる。例えば、化粧料医薬部外品医薬品、食品、飲料、衛生用品芳香製品、及び、消臭製品が挙げられる。すなわち、当該組成物を含む化粧料、医薬部外品、医薬品、食品、飲料、衛生用品、芳香製品、及び、消臭製品も本発明の範囲内である。また、各用途の使用態様に応じて、種々の剤型、形態を選択することが可能である。

0034

医薬品の剤型であれば、経口投与製剤又は非経口投与製剤のいずれであっても構わない。具体的には、エアゾール剤液剤エキス剤エリキシル剤カプセル剤ハードカプセルソフトカプセルマイクロカプセル)、顆粒剤丸剤眼軟膏剤経皮吸収型製剤懸濁剤乳剤坐剤(含剤)、散剤酒精剤錠剤素錠コーティング錠、特殊錠)、シロップ剤浸剤煎剤注射剤水溶性注射剤、非水溶性注射剤)、貼付剤チンキ剤点眼剤トローチ剤軟膏剤パップ剤芳香水剤リニメント剤リモナーデ剤流エキス剤ローション剤などが挙げられる。これらの製剤は、製剤技術分野における慣用方法にて製造でき、例えば日本薬局方記載の方法で製造することができる。

0035

食品の形態としては、例えば、ジェル粉末、液体、顆粒、クリーム状、ペースト状、固形等を挙げることができる。また、本発明の飲食品組成物の種類としても特に限定されず、例えば、菓子類チューインガムキャンディグミタブレットチョコレートゼリー等)、氷菓アイスキャンディーアイスクリームシャーベット等)、冷菓(ゼリー、プリン、水ようかん等)、麺類をはじめとする澱粉系食品粉末飲食品、飲料(スープコーヒー茶類ジュース炭酸飲料ココアアルコール飲料ゼリー状ドリンク等)、ベーカリー食品クッキービスケットパンパイ、ケーキ等)、油脂食品マーガリンショートニングファットスプレッド等)、乳製品(牛乳ヨーグルト乳清飲料、乳酸菌飲料バター、クリーム、チーズ等)等を挙げることができる。

0036

衛生用品の種類は特に限定されず、例えば、生理用ナプキン、パンティライナー、大人用失禁用品、乳児用おむつ、ペーパータオル、トイレットペーパー、化粧紙等の個人用衛生用品等を挙げることができる。

0037

なお、芳香製品とは消臭性を有する製品を指す。芳香製品の形態としては、例えば、ジェル、粉末、液体、顆粒、クリーム状、ペースト状、固形等を挙げることができる。また、本発明の芳香製品の種類としても特に限定されず、例えば、トイレ用、部屋用、または自動車車内用などの芳香剤住居用洗剤衣類用洗剤、衣類用仕上剤食器用洗剤等を挙げることができる。

0038

また、消臭製品とは消臭性を有する製品を指す。消臭製品の形態としては、例えば、ジェル、粉末、液体、顆粒、クリーム状、ペースト状、固形等を挙げることができる。また、本発明の消臭製品の種類としても特に限定されず、例えば、トイレ用、部屋用、または自動車の車内用などの消臭剤、住居用洗剤、衣類用洗剤、衣類用仕上剤、食器用洗剤等を挙げることができる。

0039

また、本発明の一態様に係る組成物は、繊維製品消臭材料にも使用できる。繊維製品に組成物を浸漬加工パッディング加工、塗付加工、スクリーン加工等により繊維表面に塗布することができる。このように、本発明に係る組成物を塗布された消臭製品も本発明の範囲内である。

0040

<悪臭化合物の低減方法
本発明の一態様に係る低減方法は、インドール骨格を有する悪臭化合物が存在する箇所に対して当該組成物、当該組成物を含む化粧料、当該組成物を含む医薬部外品、当該組成物を含む医薬品、当該組成物を含む食品、当該組成物を含む飲料、及び、当該組成物を含む消臭製品から選ばれる少なくとも一つを供給する方法である。

0041

〔悪臭化合物が存在する箇所〕
インドール骨格を有する悪臭化合物が存在する箇所として、例えば、を生じる人間の皮膚表面、生ごみが溜まり易い台所の排水口、人間の排泄物が付着しやすいトイレ、動物の排泄物が付着しやすい家畜舎家庭用排泄処理器具口腔や腸などの消化器官内などが挙げられる。

0042

〔組成物の供給方法
(供給方法)
本発明の一態様に係る低減方法において、供給の方法としては特に限定されるものではないが、例えば、組成物を対象箇所に塗布する方法、スプレーとして散布する方法、洗浄剤などの化粧料で清浄する方法、マイクロカプセルの形態で塗布する方法などが挙げられる。また、組成物を供給して、インドール骨格を有する悪臭化合物を別の化合物に変換して低減させた後は、例えば水で流すなどして除去してもよい。

0043

(組成物の供給量
本発明の一態様において、組成物の供給量所望の消臭効果等に応じて適宜設定すればよい。すなわち、組成物の供給量は、インドール骨格を有する悪臭化合物を別の化合物に変換して低減させることができる量のアルデヒド化合物、及びアルデヒド化合物が当該悪臭化合物と反応して当該悪臭化合物を別化合物に変換する効率を高めることができる量の有機酸を含む量であればよい。アルデヒド化合物の供給量は、例えば、インドール骨格を有する悪臭化合物1モルに対して0.01モル〜1000モルであることが好ましく、0.1モル〜100モルであることがさらに好ましい。また、有機酸の供給量は、例えば、インドール骨格を有する悪臭化合物1モルに対して0.01モル〜100モルであることが好ましく、0.1モル〜10モルであることがさらに好ましい。なお、使用者が容易に使用量を特定できるようにするために、組成物を使用者に提供する者は対応箇所毎に目安となる量を設定してもよい。前記提供する者は、例えば、その他に共に供給する成分も含めた組成物の総量に基づいて、頭皮に何mLを供給すればよいかを設定したり、供給する箇所の単位面積当たりの使用量を設定したりして、それらの使用量を使用者に知らせてもよい。

0044

インドール骨格を有する悪臭化合物が存在する箇所に対して、当該悪臭化合物と有機酸とアルデヒド化合物とが前記のモル比となるように供給することによって、効果的に悪臭化合物を低減することができる。

0045

〔まとめ〕
本発明は、これに制限されるものではないが、以下の発明を包含する。
(1)インドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物であって、アルデヒド化合物及び有機酸を含み、前記アルデヒド化合物は、ベンズアルデヒドと、当該ベンズアルデヒドとは異なる他のアルデヒド化合物である、インドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物。
(2)前記他のアルデヒド化合物は、芳香族アルデヒド化合物である、(1)に記載のインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物。
(3)前記他のアルデヒド化合物がヘキシルシンナミックアルデヒド、フェニルアセトアルデヒド、フェニルプロピルアルデヒド、シンナミックアルデヒド、α−アミルシンナミックアルデヒド、ヒドラトロピックアルデヒド、アニスアルデヒド、p−メチルフェニルアセトアルデヒド、クミンアルデヒド、シクラメンアルデヒド、3−(p−t−ブチルフェニル)−プロピルアルデヒド、p−エチル−2,2−ジメチルヒドロシンナムアルデヒド、2−メチル−3−(p−メトキシフェニル)−プロピルアルデヒド、p−t−ブチル−α−メチルヒドロシンナミックアルデヒド、サリチルアルデヒド、ヘリオトロピン、ヘリオナール、バニリン、エチルバニリン、及び、メチルバニリンから選ばれる少なくとも一つである、(2)に記載のインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物。
(4)前記ベンズアルデヒドと前記他のアルデヒド化合物のモル比の範囲が1:1/3〜100である、(1)〜(3)のいずれかに記載のインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物。
(5)前記有機酸はヒドロキシカルボン酸である、(1)〜(4)のいずれかに記載のインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物。
(6)前記ヒドロキシカルボン酸は、乳酸、リンゴ酸、クエン酸及びサリチル酸からなる群より選ばれる少なくとも一つである、(5)に記載のインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物。
(7)前記悪臭化合物は、インドール、1−メチルインドール、2−メチルインドール、5−メチルインドール、7−メチルインドール、及び、スカトールから選ばれる少なくとも一つである、(1)〜(6)のいずれかに記載のインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物。
(8)(1)〜(7)のいずれかに記載のインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物を含む化粧料、医薬部外品、医薬品、食品、飲料、衛生用品、芳香製品、又は、消臭製品。
(9)前記悪臭化合物が存在する箇所に対して(1)〜(7)のいずれかに記載のインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物、(8)に記載の化粧料、医薬部外品、医薬品、食品、飲料、衛生用品、芳香製品、及び、消臭製品から選ばれる少なくとも一つを供給する、インドール骨格を有する悪臭化合物の低減方法。

0046

本発明は上述した各実施形態に限定されるものではなく、請求項に示した範囲で種々の変更が可能であり、異なる実施形態にそれぞれ開示された技術的手段を適宜組み合わせて得られる実施形態についても本発明の技術的範囲に含まれる。

0047

〔実施例:インドール様臭及びベンズアルデヒド臭の低減試験
本発明の一態様に係る組成物において、ベンズアルデヒド及びヘキシルシンナミックアルデヒドをどのようなモル比で用いた場合、インドール様臭及びベンズアルデヒド臭に対して有効であるかを検討するため、以下の試験を行った。インドール様臭とは、反応後の悪臭(例えば、未反応のインドール臭、及びインドールそのものの臭気ではないが、インドールと似た臭気だと被験者が感じた臭気)を指す。

0048

インドール、ベンズアルデヒド、ヘキシルシンナミックアルデヒド(以降、HCAとも称する)、及び乳酸を表1に示すモル濃度になるようメタノールに溶解させ、溶液の全体量が1mLになるようにサンプルを調製した。試料を35℃で、24時間静置した後、試験を行った。試料のインドール様臭及びベンズアルデヒド臭の強さを20名の被験者により5段階で評価した。なお、5段階評価は「1」が非常に強くわかる、「2」が強くわかる、「3」が分かる、「4」が弱いが分かる、「5」がほとんど分からない、として行い、被験者の評価の平均値を算出した。平均値が4.0〜5.0の場合を◎、2.0〜4.0の場合を○、1.0〜2.0の場合を△として、評価した。結果を表1に示す。

0049

表1に示す通り、ベンズアルデヒド:ヘキシルシンナミックアルデヒドのモル比の範囲が1:1/3〜100であるときに、インドール様臭及びベンズアルデヒド臭が良好に抑制されることが示された。

0050

〔参考例:アルデヒド化合物の性能試験
アルデヒド化合物の悪臭低減効果を確認するため、各種香料を用いて以下の定量試験を行った。

0051

次に、インドール、各種化合物、及び乳酸を表2に示す濃度になるようにメタノールに溶解させ、溶液の全体量が1mLになるようにサンプルを調製した。各種化合物は、(3)ベンズアルデヒド、(4)ヘキシルシンナミックアルデヒド、(5)ベンジルサリシレート、(6)リモネン、及び(7)ヘキシルサリシレートを使用した。サンプルを45℃で1日間静置して測定試料として、インドールの減少率を算出した。

0052

減少率は次の方法で算出した。まず、インドール0.1mol/Lを含むメタノール溶液1mLをアジレントテクノロジー社ガスクロマトグラフィー分析装置にて分析し、インドール由来のピーク面積を算出し、これをインドールが100%存在するときの参照試料面積とする。次に、測定試料をガスクロマトグラフィー分析装置にて分析し、インドール由来のピーク面積を計測した。参照試料の面積と測定試料の面積とを比較し、インドールの減少率を算出した。減少率が0〜25%のときに1、26〜50%のときに2、51〜75%のときに3、76〜100%のときに4として、4段階で評価した。結果を表2に示す。

0053

表2に示す通り、比較例においては、試験後のインドールの量が、参照試料と比較して0〜25%減少した。それに対し、ベンズアルデヒド又はヘキシルシンナミックを含む試料を用いた参考例において、試験後のインドールの量が、参照試料と比較して、51〜75%減少した。すなわち、アルデヒド化合物によってインドールの量が低減したことが示された。

0054

〔参考例:有機酸の種類の評価〕
どの種類の有機酸が効果的であるかを検討するため、以下の試験を行った。

0055

有機酸の種類とモル濃度が異なること以外は、〔参考例:アルデヒド化合物の性能試験〕と同じ方法で試験を行った。測定試料をガスクロマトグラフィー分析装置にて分析し、インドール由来のピーク面積を計測した。参照試料の面積と測定試料の面積とを比較し、インドールの減少率を算出した。減少率が0〜25%のときに1、26〜50%のときに2、51〜75%のときに3、76〜100%のときに4として、4段階で評価した。結果を表3に示す。

0056

表3に示す通り、有機酸非存在である比較例3−1においては、インドールの量が、参照試料と比較して全く減少しなかった。それに対し、有機酸が存在する参考例において、測定試料のインドールの量が、参照試料と比較して減少した。ベンズアルデヒドが、有機酸の存在下において効果的にインドールと反応し、インドールの量を低減していることが示された。

0057

また、分子内にヒドロキシル基を有するヒドロキシカルボン酸を含む試料を用いた参考例3−1〜3−4において、試験後のインドールの量が参照試料と比較して26%以上減少した。すなわち、有機酸の中でもヒドロキシカルボン酸が有効であることが示された。

0058

〔実施例:インドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物を含む化粧料〕
以下に、本発明のインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物として製造した化粧料の実施例を示す。組成は重量%で示す。

0059

実施例4−1シャンプー
1.ラウロイルヒドロキシエチルβ−アラニンナトリウム3.0重量%
2.ラウロイルメチルアラニンナトリウム 3.0重量%
3.N−ラウロイルサルコシントリエタノールアミン2.0重量%
4.N−ヤシ油脂肪酸グルタミン酸トリエタノールアミン 2.0重量%
5.パーム核油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0重量%
6.ココイルメチルタウリンナトリウム1.0重量%
7.コカミドプロピルベタイン2.0重量%
8.ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド1.0重量%
9.PPG−2コカミド1.0重量%
10.ラウラミドMIPA 1.0重量%
11.ポリクオタニウム−10(電荷密度:1.3meq/g) 0.1重量%
12.カチオン化グァーガム(電荷密度:0.4meq/g) 0.1重量%
13.ポリクタオニウム−7 1.0重量%
14.ポリオキシエチレン(7)ヤシ油脂肪酸グリセリン1.0重量%
15.ジステアリン酸グリコール1.0重量%
16.ステアリルトリモニウムクロリド 0.5重量%
17.BG 0.1重量%
18.グリセリン0.1重量%
19.クエン酸0.1重量%
20.安息香酸ナトリウム0.1重量%
21.フェノキシエタノール0.1重量%
22.メチルパラベン0.1重量%
23.エタノール0.1重量%
24.ラクトフェリン0.1重量%
25.ホエイ0.1重量%
26.グリチルリチン酸ジカリウム0.1重量%
27.グルタミン酸ナトリウム0.1重量%
28.カラメル0.01重量%
29.黄色5号 0.001重量%
30.水バランス
31.ベンズアルデヒド0.005重量%
32.フェニルアセトアルデヒド0.01重量%
33.ヘキシルシンナミックアルデヒド0.05重量%
34.バニリン0.001重量%
35.ヘリオナール0.05重量%
36.シクラメンアルデヒド0.05重量%

0060

常法により上記組成のシャンプーを調製した。

0061

実施例4−2ヘアコンディショナー
1.セチルアルコール2.0重量%
2.ベヘニルアルコール2.0重量%
3.セチルトリメチルアンモニウムクロリド1.0重量%
4.ステアリルトリメチルアンモニウムクロリド1.0重量%
5.ジステアリルジメチルアンモニウムクロリド1.0重量%
6.ヒドロキシエチルセルロース0.2重量%
7.ヒドロキシプロピルメチルセルロース0.2重量%
8.パラフィン1.0重量%
9.流動パラフィン1.0重量%
8.セバシン酸ジエチル1.0重量%
9.高重合メチルポリシロキサン0.5重量%
10.アミノエチルアミノプロピルシロキサンジメチルシロキサン共重合物エマルション1.0重量%
11.ラウレス−4 0.1重量%
12.ラウレス−23 0.1重量%
13.グルタミン酸0.4重量%
14.セテス−6 0.3重量%
14.水添ポリイソブテン0.5重量%
15.乳酸0.2重量%
16.クエン酸0.1重量%
17.安息香酸ナトリウム0.1重量%
18.フェノキシエタノール0.1重量%
19.メチルパラベン0.1重量%
20.エタノール0.1重量%
21.ラクトフェリン0.1重量%
22.ホエイ0.1重量%
23.グリチルリチン酸ジカリウム0.1重量%
24.グルタミン酸ナトリウム0.1重量%
25.カラメル0.01重量%
26.黄色5号 0.001重量%
27.水バランス
28.ベンズアルデヒド0.15重量%
29.3−(p−t−ブチルフェニル)−プロピルアルデヒド 0.001重量%
30.ヘキシルシンナミックアルデヒド0.002重量%
31.エチルバニリン0.03重量%
32.ヘリオトロピン0.03重量%
33.α−アミルシンナミックアルデヒド 0.002重量%

0062

常法により上記組成のコンディショナーを調製した。

0063

実施例4−3ヘアトリートメント
1.セトステアリルアルコール3.0重量%
2.ベヘニルアルコール3.0重量%
3.ベヘン酸アミドプロピルジメチルアミン1.0重量%
4.PPG−1/PEG−1ステアラミン 1.0重量%
5.ベヘニルPGトリモニウムクロリド 1.0重量%
6.ヒドロキシエチルセルロース0.2重量%
7.ヒドロキシプロピルデンプンリン酸0.2重量%
8.アジピンジグリセリル脂肪酸エステル1.0重量%
9.流動パラフィン1.0重量%
10.ネオペンタン酸イソデシル1.0重量%
11.メチルポリシロキサン1.0重量%
12.(ビスイソブチルPEG−14/アモジメチコンコポリマー1.0重量%
13.(C12−14)パレス−7 0.2重量%
14.(C12−14)パレス−5 0.2重量%
15.グルタミン酸0.3重量%
16.イソドデカン0.5重量%
17.乳酸0.5重量%
18.クエン酸0.3重量%
19.安息香酸ナトリウム0.2重量%
20.フェノキシエタノール0.2重量%
21.メチルパラベン0.2重量%
22.エタノール0.1重量%
23.ラクトフェリン0.1重量%
24.ホエイ0.1重量%
25.グリチルリチン酸ジカリウム0.1重量%
26.グルタミン酸ナトリウム0.1重量%
27.カラメル0.01重量%
28.黄色5号 0.001重量%
29.水バランス
30.ベンズアルデヒド0.08重量%
31.フェニルプロピルアルデヒド0.1重量%
32.ヘキシルシンナミックアルデヒド0.3重量%
33.アニスアルデヒド0.01重量%
34.p−エチル−2,2−ジメチルヒドロシンナムアルデヒド0.01重量%
35.α−アミルシンナミックアルデヒド 0.01重量%

実施例

0064

常法により上記組成のヘアトリートメントを調製した。

0065

本発明は、悪臭化合物の低減に利用することができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ