図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2019年9月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

有害生物防除剤、特に殺菌剤及び殺線虫剤の提供。

解決手段

式(I)で表されるフェニルアセチレン置換アミド化合物、それらのN−オキシド又は塩、及びそれらを含有する有害生物防除剤。[G1はG1-1、G1-3等で表される構造を表し、G2は、G2-1、G2-4等で表される構造を表し、Aは窒素原子又はC-YAを表し、X1はハロゲン原子トリフルオロメチル等を表し、X2は水素原子フッ素原子等を表し、YAは水素原子、ハロゲン原子等を表し、Y1及びY2は、各々独立してハロゲン原子等を表し、R1及びR2は、各々独立して水素原子、フッ素原子、メチルメトキシ等を表し、R3は水素原子、メチル等を表し、R4は水素原子等を表し、R5は水素原子等を表し、Zはハロゲン原子、C1〜C4ハロアルキル等を表し、nは、0、1、2、3又は4を表し、mは、0、1、2、3、4を表す。]

概要

背景

従来、フェニルアセチレン置換アミド化合物に関しては、例えば、N−[1−[4−[4−(ピリミジン−5−イルオキシフェニルエチニル]フェニル]プロパン−2−イルシクロプロパンカルボキサミド、N−[1−[4−[[4−(ピリジン−4−イルオキシ)フェニル]エチニル]フェニル]プロパン−2−イル]アセトアミド、N−[1−[4−[[4−(ピリミジン−5−イルオキシ)]フェニル]エチニル]フェニル]プロパン−2−イル]アセトアミド及びN−[1−[4−[(4−フェノキシフェニル)エチニル]フェニル]プロパン−2−イル]アセトアミド等がアセチルCoAカルボキシラーゼ阻害活性を有することが知られている(特許文献1参照。)。

また、フェニルアセチレン置換アミド化合物に関しては、N−[2−[3−クロロ−5−[(2−フルオロフェニル)エチニル]ピリジン−2−イル]−2,2−ジフルオロエチル]−3−(ジフルオロメチル)−5−フルオロ−1−メチル−1H−ピラゾール−4−カルボキサミド(特許文献2参照。)、N−[2−[3−クロロ−5−(フェニルエチニル)ピリジン−2−イル]−2,2−ジフルオロエチル]−2−(トリフルオロメチルベンズアミド(特許文献3参照。)、N−[2−[3−クロロ−5−[(4−フルオロフェニル)エチニル]ピリジン−2−イル]−2−[イソプロポキシイミノエチル]−2−(トリフルオロメチル)ベンズアミド(特許文献4参照。)、N−[1−[3−クロロ−5−(フェニルエチニル)ピリジン−2−イル]プロパン−2−イル]−3−(ジフルオロメチル)−1−メチル−1−H−ピラゾールカルボキシアミド(特許文献5参照。)及び、3−メチル−N−[2−メチル−1−[2−メチル−4−(フェニルエチニル)フェニル]−1−オキソプロパノン−2−イル]チオフェンカルボキサミド(特許文献6参照)等が殺菌活性及び殺線虫活性を示すことが知られている。

しかしながら、本発明に係るフェニルアセチレン置換アミド化合物に関しては何ら開示されておらず、また、それらの有害生物防除剤としての有用性は知られていない。

概要

有害生物防除剤、特に殺菌剤及び殺線虫剤の提供。式(I)で表されるフェニルアセチレン置換アミド化合物、それらのN−オキシド又は塩、及びそれらを含有する有害生物防除剤。[G1はG1-1、G1-3等で表される構造を表し、G2は、G2-1、G2-4等で表される構造を表し、Aは窒素原子又はC-YAを表し、X1はハロゲン原子、トリフルオロメチル等を表し、X2は水素原子フッ素原子等を表し、YAは水素原子、ハロゲン原子等を表し、Y1及びY2は、各々独立してハロゲン原子等を表し、R1及びR2は、各々独立して水素原子、フッ素原子、メチル、メトキシ等を表し、R3は水素原子、メチル等を表し、R4は水素原子等を表し、R5は水素原子等を表し、Zはハロゲン原子、C1〜C4ハロアルキル等を表し、nは、0、1、2、3又は4を表し、mは、0、1、2、3、4を表す。]なし

目的

故に、それら有害生物の有効な防除は、効率的・安定的な農作物生産を達成するために、極めて重要な課題である

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

式(I):[式中、G1は、G1-1〜G1-13で表される構造を表し、G2はG2-1〜G2-4で表される構造を表しAは、窒素原子又はC-YAを表し、X1は、ハロゲン原子ニトロ、C1〜C4アルキル、C1〜C4ハロアルキル、C1〜C4アルキルチオ、C1〜C4アルキルスルフィニル、C1〜C4アルキルスルホニル、C1〜C4ハロアルキルチオ、C1〜C4ハロアルキルスルフィニル又はC1〜C4ハロアルキルスルホニルを表し、X2は、水素原子、ハロゲン原子又はC1〜C4アルキルを表し、X3は、水素原子又はC1〜C4アルキルを表し、YAは、水素原子、ハロゲン原子又はメチルを表し、Y1は、水素原子、ハロゲン原子、C1〜C4アルキル又はC1〜C4ハロアルキルを表しY2は、ハロゲン原子、シアノ、ニトロ、C1〜C6アルキル、C1〜C6ハロアルキル、C1〜C6アルコキシ又はC1〜C6ハロアルコキシを表し、mが2以上を表す場合には、各々のY2は互いに同一でもあっても又は相異なっていてもよいことを表し、R1及びR2は、各々独立して水素原子、ハロゲン原子、シアノ、C1〜C6アルキル、C1〜C6ハロアルキル、C1〜C6アルコキシ、C1〜C6ハロアルコキシ又はC1〜C4アルコキシカルボニルを表すか、或いは、R1とR2とが一緒になってC2〜C5アルキレン鎖を形成することにより、R1及びR2が結合する炭素と共に3〜6員環を形成することを表し、R3及びR4は、各々独立して水素原子又はC1〜C6アルキルを表すか、或いは、R3とR4とが一緒になってエチレン鎖を形成することにより、R3及びR4が結合する炭素原子とともにシクロプロピル環を形成することを表し、R5は、水素原子、C1〜C6アルキル、C1〜C6ハロアルキル、R6によって置換された(C1〜C2)アルキル、C3〜C6シクロアルキル、C2〜C6アルケニル、C3〜C6アルキニル、-OH、C1〜C4アルコキシ、C1〜C4ハロアルコキシ、C1〜C4ハロアルキルチオ、-C(O)R7又はC1〜C4アルコキシカルボニルを表し、R6はシアノ、C1〜C6アルコキシ、C1〜C6アルキルチオ、C1〜C6アルコキシカルボニル、-C(O)NH2又は-C(S)NH2を表し、R7は、C1〜C4アルキル又はC1〜C4アルコキシメチルを表し、Zは、ハロゲン原子、シアノ、ニトロ、C1〜C4アルキル、C1〜C4ハロアルキル、C1〜C4アルコキシ、C1〜C4ハロアルコキシ、C1〜C4アルキルチオ、C1〜C4アルキルスルフィニル、C1〜C4アルキルスルホニル、C1〜C4ハロアルキルチオ、C1〜C4ハロアルキルスルフィニル又はC1〜C4ハロアルキルスルホニルを表し、nが2以上を表す場合には、各々のZは互いに同一であっても又は相異なっていてもよく、さらに、2つのZが隣接する場合には、隣接する2つのZは一緒になって-CH=CH-CH=CH-を形成することにより、それぞれのZが結合する炭素原子と共に6員環を形成し、且つ、2つのZによって形成される-CH=CH-CH=CH-上の水素原子はR8によって置換されてもよいことを表し、R8は、ハロゲン原子、C1〜C4アルキル又はC1〜C4ハロアルキルを表しnは、0、1、2、3又は4の整数を表し、rは、0、1又は2の整数を表し、mは、0、1、2、3又は4の整数を表す。]で表されるフェニルアセチレン置換アミド化合物、そのN−オキシド又はそれらの塩。

請求項2

G1は、G1-1〜G1-4、G1-7、G1-8、G1-10又はG1-11を表し、G2は、G2-1又はG2-4を表し、X1は、ハロゲン原子又はC1〜C4ハロアルキルを表し、X2は、水素原子又はハロゲン原子を表し、X3は、メチルを表しYAは、水素原子を表し、Y1は、ハロゲン原子を表し、Y2は、ハロゲン原子を表し、R1及びR2は、各々独立して水素原子、ハロゲン原子、C1〜C6アルキル又はC1〜C6アルコキシを表すか、或いは、R1とR2とが一緒になってエチレン鎖を形成することにより、R1及びR2が結合する炭素原子とともにシクロプロピル環を形成することを表し、R3及びR4は、各々独立して水素原子またはメチルを表すか、或いは、R3とR4とが一緒になってエチレン鎖を形成することにより、R3及びR4が結合する炭素原子とともにシクロプロピル環を形成することを表し、R5は、水素原子を表し、Zは、ハロゲン原子又はC1〜C4ハロアルキルを表し、nが2を表す場合には、各々のZは互いに同一であっても又は相異なっていてもよく、さらに、2つのZが隣接する場合には、隣接する2つのZは一緒になって-CH=CH-CH=CH-を形成することにより、それぞれのZが結合する炭素原子と共に6員環を形成し、且つ、2つのZによって形成される-CH=CH-CH=CH-上の水素原子はR8によって置換されてもよいことを表し、R8は、ハロゲン原子を表し、nは、1又は2の整数を表し、mは、0又は1の整数を表す。請求項1記載のフェニルアセチレン置換アミド化合物、そのN−オキシド又はそれらの塩。

請求項3

式(II):[式中、G2はG2-1又はG2-4を表し、Aは、窒素原子又はC-YAを表し、YAは、水素原子を表し、Y1は、ハロゲン原子を表し、Y2は、ハロゲン原子を表し、R1及びR2は、各々独立して、水素原子、フッ素、メチル又はメトキシを表すか、或いはR1とR2が一緒になってエチレン鎖を形成することにより、R1及びR2が結合する炭素原子と共にシクロプロピル環を形成することを表し、R3及びR4は、各々独立して、水素原子又はメチルを表し、R5は、水素原子を表し、Zは、ハロゲン原子又はC1〜C4ハロアルキルを表し、nが2を表す場合には、各々のZは互いに同一であっても又は相異なっていてもよく、さらに、2つのZが隣接する場合には、隣接する2つのZは一緒になって-CH=CH-CH=CH-を形成することにより、それぞれのZが結合する炭素原子と共に6員環を形成し、且つ、2つのZによって形成される-CH=CH-CH=CH-上の水素原子はR8によって置換されてもよいことを表し、R8は、ハロゲン原子を表し、nは、0、1又は2の整数を表しmは、0又は1の整数を表す。]で表される請求項1乃至請求項2に記載のフェニルアセチレン置換アミド化合物、そのN−オキシド又はそれらの塩の製造中間体

請求項4

請求項1乃至請求項2に記載のフェニルアセチレン置換アミド化合物、それらのN−オキシド又は塩から選ばれる1種以上を有効性分として含有する有害生物防除剤組成物

請求項5

請求項1乃至請求項2に記載のフェニルアセチレン置換アミド化合物、それらのN−オキシド又は塩から選ばれる1種以上を有効成分として含有する哺乳動物又は鳥類抗真菌剤又は寄生虫防除剤組成物

請求項6

哺乳動物又は鳥類に経口投与するための請求項5に記載の抗真菌剤又は寄生虫防除剤組成物。

請求項7

哺乳動物又は鳥類に非経口投与するための請求項5に記載の抗真菌剤又は寄生虫防除剤組成物。

請求項8

哺乳動物又は鳥類に非経口投与する方法が、注射による投与である請求項7に記載の抗真菌剤又は寄生虫防除剤組成物。

請求項9

哺乳動物又は鳥類に非経口投与する方法が、経皮投与である請求項7に記載の抗真菌剤又は寄生虫防除剤組成物。

請求項10

請求項1乃至請求項2に記載のフェニルアセチレン置換アミド化合物、それらのN−オキシド又は塩から選ばれる1種以上を有効成分として含有する農園芸用殺菌剤又は殺線虫剤組成物

請求項11

植物に茎葉散布するための請求項10に記載の農園芸用殺菌剤又は殺線虫剤組成物。

請求項12

植物が生育する土壌を処理するための請求項10に記載の農園芸用殺菌剤又は殺線虫剤組成物。

請求項13

植物の種子、塊根及び根茎を処理するための請求項10に記載の農園芸用殺菌剤又は殺線虫剤組成物。

技術分野

0001

本発明は、新規フェニルアセチレン置換アミド化合物、そのN−オキシド、又はその塩、及びこれらの化合物を有効成分として含有する有害生物防除剤に関する。

背景技術

0002

従来、フェニルアセチレン置換アミド化合物に関しては、例えば、N−[1−[4−[4−(ピリミジン−5−イルオキシフェニルエチニル]フェニル]プロパン−2−イルシクロプロパンカルボキサミド、N−[1−[4−[[4−(ピリジン−4−イルオキシ)フェニル]エチニル]フェニル]プロパン−2−イル]アセトアミド、N−[1−[4−[[4−(ピリミジン−5−イルオキシ)]フェニル]エチニル]フェニル]プロパン−2−イル]アセトアミド及びN−[1−[4−[(4−フェノキシフェニル)エチニル]フェニル]プロパン−2−イル]アセトアミド等がアセチルCoAカルボキシラーゼ阻害活性を有することが知られている(特許文献1参照。)。

0003

また、フェニルアセチレン置換アミド化合物に関しては、N−[2−[3−クロロ−5−[(2−フルオロフェニル)エチニル]ピリジン−2−イル]−2,2−ジフルオロエチル]−3−(ジフルオロメチル)−5−フルオロ−1−メチル−1H−ピラゾール−4−カルボキサミド(特許文献2参照。)、N−[2−[3−クロロ−5−(フェニルエチニル)ピリジン−2−イル]−2,2−ジフルオロエチル]−2−(トリフルオロメチルベンズアミド(特許文献3参照。)、N−[2−[3−クロロ−5−[(4−フルオロフェニル)エチニル]ピリジン−2−イル]−2−[イソプロポキシイミノエチル]−2−(トリフルオロメチル)ベンズアミド(特許文献4参照。)、N−[1−[3−クロロ−5−(フェニルエチニル)ピリジン−2−イル]プロパン−2−イル]−3−(ジフルオロメチル)−1−メチル−1−H−ピラゾールカルボキシアミド(特許文献5参照。)及び、3−メチル−N−[2−メチル−1−[2−メチル−4−(フェニルエチニル)フェニル]−1−オキソプロパノン−2−イル]チオフェンカルボキサミド(特許文献6参照)等が殺菌活性及び殺線虫活性を示すことが知られている。

0004

しかしながら、本発明に係るフェニルアセチレン置換アミド化合物に関しては何ら開示されておらず、また、それらの有害生物防除剤としての有用性は知られていない。

先行技術

0005

国際公開第2012/028676号
特開第2017−39722号公報
特開第2017−36275号公報
特開第2016−11286号公報
国際公開第2015/125824号
国際公開第2006/016708号

発明が解決しようとする課題

0006

病原菌寄生虫といった有害生物の感染や寄生は、宿主殻類果樹野菜鑑賞植物等の植物である場合、農作物品質の低下、収量の大幅な低下、さらに、場合によって植物の枯死といった深刻な被害を庄子、生産者のみならず、消費者に対しても多大な経済損失を与える。故に、それら有害生物の有効な防除は、効率的・安定的な農作物の生産を達成するために、極めて重要な課題である。また、宿主が伴侶動物愛玩動物家畜家禽動物である場合には、対象となる動物の健康を維持する目的で、さらに、対象となる動物が家畜・家禽等である場合には、安全な食料や高品質な羊毛羽毛皮革などの生活資材を安定して生産するという目的からも、それら有害生物の有効な防除は課題である。このような観点から、従来、病原菌や寄生虫の防除を目的とする有害生物防除剤の開発が進み、多数の有効な薬剤が今日まで実用に供されてきた。

0007

しかしながら、こうした薬剤の長年にわたる使用により、近年、病原菌や寄生虫が薬剤抵抗性を獲得し、従来用いられてきた既存の有害生物防除剤による防除が困難となる場面が増えてきている。また、既存の有害生物防除剤の一部のものは、毒性が高く、或いはあるものは環境中に長期間残留することにより、生態系を撹乱するという問題も顕在化しつつある。このような状況下、病原菌や寄生虫に対する優れた防除活性を有するのみならず、低毒性且つ低残留性等の高度な防除特性を併せ持つ新規な有害生物防除剤並びに有効防除方法の開発が常に期待されている。

課題を解決するための手段

0008

本発明者らは、上記の課題解決を目標に鋭意研究を重ねた結果、下記(I)で表される新規なフェニルアセチレン置換アミド化合物が優れた有害生物防除活性、特に抗真菌線虫活性を示し、且つ、植物やホ乳動物、魚類、有用昆虫及び天敵等の非標的生物に対してほとんど悪影響の無い、極めて有用な化合物であることを見い出し、本発明を完成した。

0009

すなわち、本発明は〔1〕〜〔13〕に関するものである。

0010

〔1〕
式(I):

0011

0012

[式中、G1は、G1-1〜G1-13で表される構造を表し、

0013

0014

G2はG2-1〜G2-4で表される構造を表し

0015

0016

Aは、窒素原子又はC-YAを表し、
X1は、ハロゲン原子ニトロ、C1〜C4アルキル、C1〜C4ハロアルキル、C1〜C4アルキルチオ、C1〜C4アルキルスルフィニル、C1〜C4アルキルスルホニル、C1〜C4ハロアルキルチオ、C1〜C4ハロアルキルスルフィニル又はC1〜C4ハロアルキルスルホニルを表し、
X2は、水素原子、ハロゲン原子又はC1〜C4アルキルを表し、
X3は、水素原子又はC1〜C4アルキルを表し、
YAは、水素原子、ハロゲン原子又はメチルを表し、
Y1は、水素原子、ハロゲン原子、C1〜C4アルキル又はC1〜C4ハロアルキルを表し
Y2は、ハロゲン原子、シアノ、ニトロ、C1〜C6アルキル、C1〜C6ハロアルキル、C1〜C6アルコキシ又はC1〜C6ハロアルコキシを表し、mが2以上を表す場合には、各々のY2は互いに同一でもあっても又は相異なっていてもよいことを表し、
R1及びR2は、各々独立して水素原子、ハロゲン原子、シアノ、C1〜C6アルキル、C1〜C6ハロアルキル、C1〜C6アルコキシ、C1〜C6ハロアルコキシ又はC1〜C4アルコキシカルボニルを表すか、或いは、R1とR2とが一緒になってC2〜C5アルキレン鎖を形成することにより、R1及びR2が結合する炭素と共に3〜6員環を形成することを表し、
R3及びR4は、各々独立して水素原子又はC1〜C6アルキルを表すか、
或いは、R3とR4とが一緒になってエチレン鎖を形成することにより、R3及びR4が結合する炭素原子とともにシクロプロピル環を形成することを表し、
R5は、水素原子、C1〜C6アルキル、C1〜C6ハロアルキル、R6によって置換された(C1〜C2)アルキル、C3〜C6シクロアルキル、C2〜C6アルケニル、C3〜C6アルキニル、-OH、C1〜C4アルコキシ、C1〜C4ハロアルコキシ、C1〜C4ハロアルキルチオ、-C(O)R7又はC1〜C4アルコキシカルボニルを表し、
R6はシアノ、C1〜C6アルコキシ、C1〜C6アルキルチオ、C1〜C6アルコキシカルボニル、-C(O)NH2又は-C(S)NH2を表し、
R7は、C1〜C4アルキル又はC1〜C4アルコキシメチルを表し、
Zは、ハロゲン原子、シアノ、ニトロ、C1〜C4アルキル、C1〜C4ハロアルキル、C1〜C4アルコキシ、C1〜C4ハロアルコキシ、C1〜C4アルキルチオ、C1〜C4アルキルスルフィニル、C1〜C4アルキルスルホニル、C1〜C4ハロアルキルチオ、C1〜C4ハロアルキルスルフィニル又はC1〜C4ハロアルキルスルホニルを表し、nが2以上を表す場合には、各々のZは互いに同一であっても又は相異なっていてもよく、さらに、2つのZが隣接する場合には、隣接する2つのZは一緒になって-CH=CH-CH=CH-を形成することにより、それぞれのZが結合する炭素原子と共に6員環を形成し、且つ、2つのZによって形成される-CH=CH-CH=CH-上の水素原子はR8によって置換されてもよいことを表し、
R8は、ハロゲン原子、C1〜C4アルキル又はC1〜C4ハロアルキルを表し
nは、0、1、2、3又は4の整数を表し、
rは、0、1又は2の整数を表し、
mは、0、1、2、3又は4の整数を表す。]
で表されるフェニルアセチレン置換アミド化合物、そのN−オキシド又はそれらの塩。

0017

〔2〕
G1は、G1-1〜G1-4、G1-7、G1-8、G1-10又はG1-11を表し、
G2は、G2-1又はG2-4を表し、
X1は、ハロゲン原子又はC1〜C4ハロアルキルを表し、
X2は、水素原子又はハロゲン原子を表し、
X3は、メチルを表し
YAは、水素原子を表し、
Y1は、ハロゲン原子を表し、
Y2は、ハロゲン原子を表し、
R1及びR2は、各々独立して水素原子、ハロゲン原子、C1〜C6アルキル又はC1〜C6アルコキシを表すか、或いは、R1とR2とが一緒になってエチレン鎖を形成することにより、R1及びR2が結合する炭素原子とともにシクロプロピル環を形成することを表し、
R3及びR4は、各々独立して水素原子またはメチルを表すか、或いは、R3とR4とが一緒になってエチレン鎖を形成することにより、R3及びR4が結合する炭素原子とともにシクロプロピル環を形成することを表し、
R5は、水素原子を表し、
Zは、ハロゲン原子又はC1〜C4ハロアルキルを表し、nが2を表す場合には、各々のZは互いに同一であっても又は相異なっていてもよく、さらに、2つのZが隣接する場合には、隣接する2つのZは一緒になって-CH=CH-CH=CH-を形成することにより、それぞれのZが結合する炭素原子と共に6員環を形成し、且つ、2つのZによって形成される-CH=CH-CH=CH-上の水素原子はR8によって置換されてもよいことを表し、
R8は、ハロゲン原子を表し、
nは、1又は2の整数を表し、
mは、0又は1の整数を表す。
〔1〕記載のフェニルアセチレン置換アミド化合物、そのN−オキシド又はそれらの塩。

0018

〔3〕
式(II):

0019

0020

[式中、G2はG2-1又はG2-4を表し、

0021

0022

Aは、窒素原子又はC-YAを表し、
YAは、水素原子を表し、
Y1は、ハロゲン原子を表し、
Y2は、ハロゲン原子を表し、
R1及びR2は、各々独立して、水素原子、フッ素、メチル又はメトキシを表すか、
或いはR1とR2が一緒になってエチレン鎖を形成することにより、R1及びR2が結合する炭素原子と共にシクロプロピル環を形成することを表し、
R3及びR4は、各々独立して、水素原子又はメチルを表し、
R5は、水素原子を表し、
Zは、ハロゲン原子又はC1〜C4ハロアルキルを表し、nが2を表す場合には、各々のZは互いに同一であっても又は相異なっていてもよく、さらに、2つのZが隣接する場合には、隣接する2つのZは一緒になって-CH=CH-CH=CH-を形成することにより、それぞれのZが結合する炭素原子と共に6員環を形成し、且つ、2つのZによって形成される-CH=CH-CH=CH-上の水素原子はR8によって置換されてもよいことを表し、
R8は、ハロゲン原子を表し、
nは、0、1又は2の整数を表し
mは、0又は1の整数を表す。]
で表される〔1〕乃至〔2〕に記載のフェニルアセチレン置換アミド化合物、そのN−オキシド又はそれらの塩の製造中間体

0023

〔4〕
〔1〕乃至〔2〕に記載のフェニルアセチレン置換アミド化合物、それらのN−オキシド又は塩から選ばれる1種以上を有効性分として含有する有害生物防除剤組成物
〔5〕
〔1〕乃至〔2〕に記載のフェニルアセチレン置換アミド化合物、それらのN−オキシド又は塩から選ばれる1種以上を有効成分として含有する哺乳動物又は鳥類抗真菌剤又は寄生虫防除剤組成物

0024

〔6〕
哺乳動物又は鳥類に経口投与するための〔5〕に記載の抗真菌剤又は寄生虫防除剤組成物。

0025

〔7〕
哺乳動物又は鳥類に非経口投与するための〔5〕に記載の抗真菌剤又は寄生虫防除剤組成物。

0026

〔8〕
哺乳動物又は鳥類に非経口投与する方法が、注射による投与である〔7〕に記載の抗真菌剤又は寄生虫防除剤組成物。

0027

〔9〕
哺乳動物又は鳥類に非経口投与する方法が、経皮投与である〔7〕に記載の抗真菌剤又は寄生虫防除剤組成物。

0028

〔10〕
〔1〕乃至〔2〕に記載のフェニルアセチレン置換アミド化合物、それらのN−オキシド又は塩から選ばれる1種以上を有効成分として含有する農園芸用殺菌剤又は殺線虫剤組成物

0029

〔11〕
植物に茎葉散布するための〔10〕に記載の農園芸用殺菌剤又は殺線虫剤組成物。

0030

〔12〕
植物が生育する土壌を処理するための〔10〕に記載の農園芸用殺菌剤又は殺線虫剤組成物。

0031

〔13〕
植物の種子、塊根及び根茎を処理するための〔10〕に記載の農園芸用殺菌剤又は殺線虫剤組成物。

発明の効果

0032

式(I)で表される本発明化合物及び該化合物を有効成分として含有する有害生物防除剤は農園芸分野又は畜産・衛星分野などにおける有害生物、特に真菌類及び線形動物に対して優れた防除効果を発揮し、既存の薬剤に対して抵抗性を獲得したそれらの有害生物に対しても十分な防除効果を発揮する。さらに、植物やホ乳動物、魚類、有用昆虫及び点滴等の標的生物に対してほとんど悪影響を及ぼさず、低残留性で環境に対する負荷も軽い。
従って、本発明は有用な新規有害生物防除剤を提供することができる。

0033

本発明に包含される式(I)で表されるフェニルアセチレン置換アミド化合物においては、置換基によっては1個又は2個以上の不斉炭素原子の存在に起因する光学活性体が存在する場合があるが、本発明は全ての光学活性体又はラセミ体を包含するものである。

0034

本明細書におけるハロゲン原子としては、フッ素原子塩素原子臭素原子又はヨウ素原子が挙げられる。尚、本明細書中の「ハロ」の表記もこれらハロゲン原子を表す。

0035

本明細書における置換基の具体的な説明において、以下「n-」との表記は「ノルマル」を、「i-」は「イソ」を、「sec-」は「セカンダリー」を、「tert-」は「ターシャリー」を各々意味する。

0036

本明細書における「Ca〜Cbアルキル」の表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる直鎖状又は分岐鎖上の炭化水素を表し、例えばメチル、エチル、n-プロピル、i-プロピル、n-ブチル、i-ブチル、sec-ブチル、tert-ブチル、ペンチル、1-エチルプロピル、2,2−ジメチルプロピルヘキシル等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。

0037

本明細書における「Ca〜Cbハロアルキル」の表記は、炭素原子に結合した水素原子がハロゲン原子によって任意に置換された、炭素原子数がa〜b個よりなる直鎖状又は分岐鎖状の炭化水素基を表し、このとき、2個以上のハロゲン原子によって置換されている場合、それらのハロゲン原子は互いに同一でも、または互いに相異なっていてもよい。例えばフルオロメチルクロロメチルブロモメチルヨードメチル、ジフルオロメチル、ジクロロメチル、トリフルオロメチル、クロロジフルオロメチルトリクロロメチルブロモジフルオロメチル、1-フルオロエチル、2-フルオロエチル、2-クロロエチル、2-ブロモエチル、2,2-ジフルオロエチル、2,2,2-トリフルオロエチル、2-クロロ-2,2-ジフルオロエチル、2,2,2-トリクロロエチル、2-ブロモ-2,2-ジフルオロエチル、1,1,2,2-テトラフルオロエチル、2-クロロ-1,1,2-トリフルオロエチル、ペンタフルオロエチル、2,2-ジフルオロプロピル、3,3,3-トリフルオロプロピル、3-ブロモ-3,3-ジフルオロプロピル、2,2,3,3-テトラフルオロプロピル、2,2,3,3,3-ペンタフルオロプロピル、1,1,2,3,3,3-ヘキサフルオロプロピル、ヘプタフルオロプロピル、1-フルオロ-1-(メチル)エチル、1-クロロ-1-(メチル)エチル、2,2,2-トリフルオロ-1-(メチル)エチル、2,2,2-トリフルオロ-1-(トリフルオロメチル)エチル、1,2,2,2-テトラフルオロ-1-(トリフルオロメチル)エチル、2,2,3,4,4,4-ヘキサフルオロブチル、2,2,3,3,4,4,4-ヘプタフルオロブチル、ノナフルオロブチル等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。

0038

本明細書における「Ca〜Cbシクロアルキル」の表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる環状の炭化水素基を表し、3員環から10員環までの単環又は複合環構造を形成することが出来る。また、各々の環は指定の炭素原子数の範囲でアルキル基によって任意に置換されていてもよい。例えばシクロプロピル、シクロブチル、1-メチルシクロプロピル、2-メチルシクロプロピル、シクロペンチル、2,2-ジメチルシクロプロピル、1-メチルシクロブチルシクロヘキシル等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。

0039

本明細書における「Ca〜Cbアルケニル」の表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる直鎖状又は分岐鎖状で、且つ分子内に1個又は2個以上の二重結合を有する不飽和炭化水素基を表し、例えばビニル、1-プロペニル、2-プロペニル、1-メチルエテニル、1-ブテニル、2-ブテニル、1-メチル-1-プロペニル、2-メチル-1-プロペニル、2-メチル-2-プロペニル、3-メチル-3-ブテニル等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。

0040

本明細書における「Ca〜Cbアルキニル」の表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる直鎖状又は分岐鎖状で、且つ分子内に1個又は2個以上の三重結合を有する不飽和炭化水素基を表し、例えばエチニル、1-プロピニル、2-プロピニル、1-ブチニル、2-ブチニル、3-ブチニル、1-メチル-2-プロピニル、1-ペンチニル、2-ペンチニル、1-ヘキシニル、3-ヘキシニル、3-メチル-1-ペンチニル、4-メチル-1-ペンチニル、3,3-ジメチル-1-ブチニル等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。

0041

本明細書における「Ca〜Cbアルコキシ」の表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前の意味であるアルキル-O-基を表し、例えばメトキシ、エトキシ、n-プロピルオキシ、i-プロピルオキシ、n-ブチルオキシ、i-ブチルオキシ、sec-ブチルオキシ、tert-ブチルオキシ、ペンチルオキシヘキシルオキシ等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。

0042

本明細書における「Ca〜Cbハロアルコキシ」の表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるハロアルキル-O-基を表し、例えばジフルオロメトキシトリフルオロメトキシ、クロロジフルオロメトキシ、ブロモジフルオロメトキシ、2-フルオロエトキシ、2-クロロエトキシ、2,2,2-トリフルオロエトキシ、1,1,2,2-テトラフルオロエトキシ、2-クロロ-1,1,2-トリフルオロエトキシ、3,3,3-トリフルオロプロピルオキシ、1,1,2,3,3,3-ヘキサフルオロプロピルオキシ等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。

0043

本明細書における「Ca〜Cbアルキルチオ」の表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるアルキル-S-基を表し、例えばメチルチオエチルチオ、n-プロピルチオ、i-プロピルチオ、n-ブチルチオ、i-ブチルチオ、sec-ブチルチオ、tert-ブチルチオ等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。

0044

本明細書における「Ca〜Cbアルキルスルフィニル」の表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるアルキル-S(O)-基を表し、例えばメチルスルフィニル、エチルスルフィニル、n-プロピルスルフィニル、i-プロピルスルフィニル等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。

0045

本明細書における「Ca〜Cbアルキルスルホニル」の表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるアルキル-SO2-基を表し、例えばメチルスルホニルエチルスルホニル、n-プロピルスルホニル、i-プロピルスルホニル等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。

0046

本明細書における「Ca〜Cbハロアルキルチオ」の表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるハロアルキル-S-基を表し、例えばジフルオロメチルチオ、トリフルオロメチルチオ、クロロジフルオロメチルチオ、トリクロロメチルチオ、ブロモジフルオロメチルチオ、2,2,2-トリフルオロエチルチオ、1,1,2,2-テトラフルオロエチルチオ、2-クロロ-1,1,2-トリフルオロエチルチオ、ペンタフルオロエチルチオ、1,1,2,3,3,3-ヘキサフルオロプロピルチオ、ヘプタフルオロプロピルチオ、1,2,2,2-テトラフルオロ-1-(トリフルオロメチル)エチルチオ、ノナフルオロブチルチオ等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。

0047

本明細書における「Ca〜Cbハロアルキルスルフィニル」の表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるハロアルキル-S(O)-基を表し、例えばジフルオロメチルスルフィニル、トリフルオロメチルスルフィニル等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。

0048

本明細書における「Ca〜Cbハロアルキルスルホニル」の表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるハロアルキル-SO2-基を表し、例えばジフルオロメチルスルホニル、トリフルオロメチルスルホニル等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。

0049

本明細書における「Ca〜Cbアルコキシカルボニル」の表記は、炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるアルキル-O-C(O)-基を表し、例えばメトキシカルボニルエトキシカルボニル、 n-プロピルオキシカルボニル、i-プロピルオキシカルボニル、n-ブトキシカルボニル、i-ブトキシカルボニル、tert-ブトキシカルボニル等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。

0050

本明細書における「R6によって置換された(Ca〜Cb)アルキル」の表記は、任意のR6によって、炭素原子に結合した水素原子が任意に置換された炭素原子数がa〜b個よりなる前記の意味であるアルキル基を表し、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。このとき、それぞれの(Ca〜Cb)アルキル基上の置換基R6が2個以上存在するとき、それぞれのR6は互いに同一でも、または互いに相異なっていてもよい。

0051

本明細書における「Ca〜Cbアルコキシメチル」の表記は、前記の意味である任意のCa〜Cbアルコキシ基によって置換されたメチル基を表し、例えばメトキシメチルエトキシメチル等が具体例として挙げられ、各々の指定の炭素原子数の範囲で選択される。

0052

本明細書における「R1とR2とが一緒になってC2〜C5アルキレン鎖を形成することにより、R1及びR2が結合する炭素原子と共に3〜6員環を形成することにより、R1及びR2が結合する炭素と共に3〜6員環を形成してもよいことを表し、」の表記の具体例として、例えばシクロプロパンシクロブタンシクロペンタンシクロヘキサン等の環が挙げられ、各々の指定の原子数の範囲で選択される。

0053

本発明に包含される化合物において、G1で表される置換基の好ましい範囲として、例えば下記の各群が挙げられる。

0054

すなわち、G1-I:G1-I[ここで、X1はハロゲン原子、ニトロ、メチル又はトリフルオロメチルを表し、X2は水素原子を表す。]。

0055

G1-II:G1-I[ここで、X1及びX2はフッ素原子を表す。]。

0056

G1-III:G1-2又はG1-3[ここで、X1はハロゲン原子、ジフルオロメチル、トリフルオロメチル又はメタンスルホニルを表す。]。

0057

G1-IV:G1-4[ここで、X1はトリフルオロメチルを表す。]。

0058

G1-V:G1-7又はG1-8[ここで、X1はハロゲン原子、メチル又はトリフルオロメチルを表す。]。

0059

G1-VI:G1-9[ここで、X1はトリフルオロメチルを表し、X3はメチルを表す。]。

0060

G1-VII:G1-10[ここで、X1はジフルオロメチル又はトリフルオロメチルを表し、X2は水素原子を表し、X3はメチルを表す。]。

0061

G1-VIII:G1-11[ここで、X1はジフルオロメチル又はトリフルオロメチルを表し、X3はメチルを表す。]。

0062

G1-IX:G1-13[ここで、X1はトリフルオロメチルを表し、rは0を表す。]。

0063

G1-X:G1-1[ここで、X1は塩素原子を表し、X2はフッ素原子又は塩素原子を表す。
]。

0064

G1-XI:G1-2又はG1-3[ここで、X1はメチルを表し、X2は水素原子を表す。]。

0065

G1-XII:G1-4[ここで、X1はハロゲン原子、メチル又はジフルオロメチルを表す。
]。

0066

G1-XIII:G1-5又はG1-6[ここで、X1はジフルオロメチル又はトリフルオロメチル
を表す。]。

0067

G1-XIV:G1-7又はG1-8[ここで、X1はジフルオロメチルを表す。]。

0068

G1-XV:G1-9[ここで、X1はジフルオロメチルを表し、X3はメチルを表す。]。

0069

G1-XVI:G1-10[ここで、X1はメチル、エチル又はトリフルオロメチルを表し、X2はフッ素原子又は塩素原子を表し、X3はメチルを表す。]。

0070

G1-XVII:G1-12[ここで、X1はジフルオロメチル又はトリフルオロメチルを表し、X3はメチルを表す。]。

0071

G1-XVIII:G1-13[ここで、X1はメチル又はトリフルオロメチルを表し、rは0、1
又は2を表す。]。

0072

これらのうち、G1で表される置換基の範囲としてはG1-I〜G1-IX、G1-XIII、G1-XV
、G1-XVII又はG1-XVIIIがより好ましく、さらに、G1-I〜G1-IXが特に好ましい。

0073

本発明に包含される化合物において、A、Y1及びY2で表される置換基の好ましい範囲としては、例えば下記Y-1〜Y-Vの各群が挙げられる。

0074

すなわち、Y-I:Aは窒素原子、Y1がハロゲン原子、且つY2が水素原子。

0075

Y-II:Aは窒素原子、Y1がハロゲン原子、且つY2がハロゲン原子。

0076

Y-III:Aが窒素原子、Y1がメチル、且つY2が水素原子。

0077

Y-IV:AがC-Y1、Y1がハロゲン原子、且つY2が水素原子。

0078

Y-V:AがC-Y1、Y1がハロゲン原子、且つY2がハロゲン原子。

0079

これらのうち、A、Y1及びY2で表される置換基の組み合わせとしては、Y-1、Y-II又はY-IVが好ましく、さらにY-I又はY-IVが特に好ましい。

0080

本発明に包含される化合物においてR1、R2、R3及びR4で表される置換基の好ましい範囲の組み合わせとして、例えば下記R-I〜R-VIの各群が挙げられる。

0081

すなわち、R-I:R1及びR2が水素原子、R3が水素原子又はメチル、且つR4が水素原子。

0082

R-II:R1及びR2がフッ素原子、R3が水素原子又はメチル、且つR4が水素原子。

0083

R-III:R1がC1〜C6アルコキシ、R2及びR4が水素原子、且つR3がメチル。

0084

R-IV:R1とR2が一緒になってエチレン鎖を形成することにより、R1及びR2が結合する炭素原子と共にシクロプロピル環を形成し、且つR3、R4が水素原子。

0085

R-V:R3とR4が一緒になってエチレン鎖を形成することにより、R2及びR3が結合する炭素原子と共にシクロプロピル環を形成し、且つR1、R2が水素原子。

0086

R-VI:R1、R2がメチル、且つR3、R4が同時に水素原子。

0087

これらのうち、R1、R2、R3又はR4で表される置換基の組み合わせとしてはR-I〜R-IVが好ましく、さらにR-II又はR-IIIが特に好ましい。

0088

本発明に包含される化合物において、R5で表される置換基の好ましい範囲として、例えば下記R5-I〜R5-IVの各群が挙げられる。

0089

すなわち、R5-I:水素原子。

0090

R5-II:シクロプロピル。

0091

R5-III:C1〜C4アルコキシカルボニル。

0092

R5-IV:C1〜C6アルキル。

0093

これらのうち、R5で表される置換基の範囲としては、R5-I又はR5-IIが好ましく、さらにR5-Iが特に好ましい。

0094

本発明に包含されるG2で表される置換基の好ましい範囲として、例えば下記G2-I〜G2-IXの各群が挙げられる。

0095

すなわち、G2-I:G2-1[ここで、nは1を表し、Zはハロゲン原子を表す。]。

0096

G2-II:G2-1[ここで、nは1を表し、Zはトリフルオロメチルを表す。]
G2-III:G2-1[ここで、nは2を表し、Zはハロゲン原子を表す。]
G2-IV:G2-1[ここで、nは2を表し、Zはハロゲン原子又はトリフルオロメチルを表す。]。

0097

G2-V:G2-3[ここで、nは1を表し、Zはハロゲン原子を表す。]。

0098

G2-VI:G2-3[ここで、nは2を表し、Zは-CH=CH-CH=CH-を形成することにより、それぞれのZが結合する炭素原子と6員環を形成することを表す。]。

0099

G2-VII:G2-4[ここで、nは1を表し、Zはハロゲン原子を表す。]。

0100

G2-VIII:G2-4[ここで、nは2を表し、Zは-CH=CH-CH=CH-を形成することにより、それぞれのZが結合する炭素原子と6員環を形成することを表す。]。

0101

G2-IX:G2-4[ここでnは2を表し、Zは-CH=CH-CH=CH-を形成することにより、それぞれのZが結合する炭素原子と6員環を形成することを表し、且つ、2つのZによって形成される-CH=CH-CH=CH-上の水素原子はR8によって置換されてもよいことを表し、R8はハロゲン原子を表す。]。

0102

これらのうち、G2で表される置換基の範囲としては、G2-I〜G2-IV又はG2-IXが好ましく、さらに、G2-II〜G2-IVが特に好ましい。

0103

これらの本発明に包含される化合物における各置換基の好ましい範囲を示す各群は、それぞれ任意に組み合わせることができ、それぞれ本発明化合物の好ましい範囲を第1表に示す。
第1表
—————————————————— ———————————————————
G1 A, Y1〜Y8 R1-R4 G2 G1 A, Y1〜Y8 R1-R4 G2
—————————————————— ———————————————————
G1-I Y-I R-I G2-I G1-I Y-I R-I G2-II
G1-I Y-I R-I G2-III G1-I Y-I R-I G2-IV
G1-I Y-I R-I G2-VIII G1-I Y-I R-I G2-IX
G1-I Y-II R-I G2-I G1-I Y-II R-I G2-II
G1-I Y-II R-I G2-III G1-I Y-II R-I G2-IV
G1-I Y-II R-I G2-VIII G1-I Y-II R-I G2-IX
G1-I Y-IV R-I G2-I G1-I Y-IV R-I G2-II
G1-I Y-IV R-I G2-III G1-I Y-IV R-I G2-IV
G1-I Y-IV R-I G2-VIII G1-I Y-IV R-I G2-IX
G1-I Y-V R-I G2-I G1-I Y-V R-I G2-II
G1-I Y-V R-I G2-III G1-I Y-V R-I G2-IV
G1-I Y-V R-I G2-VIII G1-I Y-V R-I G2-IX
G1-I Y-I R-II G2-I G1-I Y-I R-II G2-II
G1-I Y-I R-II G2-III G1-I Y-I R-II G2-IV
G1-I Y-I R-II G2-VIII G1-I Y-I R-II G2-IX
G1-I Y-II R-II G2-I G1-I Y-II R-II G2-II
G1-I Y-II R-II G2-III G1-I Y-II R-II G2-IV
G1-I Y-II R-II G2-VIII G1-I Y-II R-II G2-IX
G1-I Y-IV R-II G2-I G1-I Y-IV R-II G2-II
G1-I Y-IV R-II G2-III G1-I Y-IV R-II G2-IV
G1-I Y-IV R-II G2-VIII G1-I Y-IV R-II G2-IX
G1-I Y-V R-II G2-I G1-I Y-V R-II G2-II
G1-I Y-V R-II G2-III G1-I Y-V R-II G2-IV
G1-I Y-V R-II G2-VIII G1-I Y-V R-II G2-IX
G1-I Y-I R-III G2-I G1-I Y-I R-III G2-II
G1-I Y-I R-III G2-III G1-I Y-I R-III G2-IV
G1-I Y-I R-III G2-VIII G1-I Y-I R-III G2-IX
G1-I Y-II R-III G2-I G1-I Y-II R-III G2-II
G1-I Y-II R-III G2-III G1-I Y-II R-III G2-IV
G1-I Y-II R-III G2-VIII G1-I Y-II R-III G2-IX
G1-I Y-IV R-III G2-I G1-I Y-IV R-III G2-II
G1-I Y-IV R-III G2-III G1-I Y-IV R-III G2-IV
G1-I Y-IV R-III G2-VIII G1-I Y-IV R-III G2-IX
G1-I Y-V R-III G2-I G1-I Y-V R-III G2-II
G1-I Y-V R-III G2-III G1-I Y-V R-III G2-IV
G1-I Y-V R-III G2-VIII G1-I Y-V R-III G2-IX
G1-I Y-I R-IV G2-I G1-I Y-I R-III G2-II
G1-I Y-I R-IV G2-III G1-I Y-I R-III G2-IV
G1-I Y-I R-IV G2-VIII G1-I Y-I R-III G2-IX
G1-I Y-II R-IV G2-I G1-I Y-II R-III G2-II
G1-I Y-II R-IV G2-III G1-I Y-II R-IV G2-IV
G1-I Y-II R-IV G2-VIII G1-I Y-II R-IV G2-IX
G1-I Y-IV R-IV G2-I G1-I Y-IV R-IV G2-II
G1-I Y-IV R-IV G2-III G1-I Y-IV R-IV G2-IV
G1-I Y-IV R-IV G2-VIII G1-I Y-IV R-IV G2-IX
G1-I Y-V R-IV G2-I G1-I Y-V R-IV G2-II
G1-I Y-V R-IV G2-III G1-I Y-V R-IV G2-IV
G1-I Y-V R-IV G2-VIII G1-I Y-V R-IV G2-IX
G1-II Y-I R-I G2-I G1-II Y-I R-I G2-II
G1-II Y-I R-I G2-III G1-II Y-I R-I G2-IV
G1-II Y-I R-I G2-VIII G1-II Y-I R-I G2-IX
G1-II Y-II R-I G2-I G1-II Y-II R-I G2-II
G1-II Y-II R-I G2-III G1-II Y-II R-I G2-IV
G1-II Y-II R-I G2-VIII G1-II Y-II R-I G2-IX
G1-II Y-IV R-I G2-I G1-II Y-IV R-I G2-II
G1-II Y-IV R-I G2-III G1-II Y-IV R-I G2-IV
G1-II Y-IV R-I G2-VIII G1-II Y-IV R-I G2-IX
G1-II Y-V R-I G2-I G1-II Y-V R-I G2-II
G1-II Y-V R-I G2-III G1-II Y-V R-I G2-IV
G1-II Y-V R-I G2-VIII G1-II Y-V R-I G2-IX
G1-II Y-I R-II G2-I G1-II Y-I R-II G2-II
G1-II Y-I R-II G2-III G1-II Y-I R-II G2-IV
G1-II Y-I R-II G2-VIII G1-II Y-I R-II G2-IX
G1-II Y-II R-II G2-I G1-II Y-II R-II G2-II
G1-II Y-II R-II G2-III G1-II Y-II R-II G2-IV
G1-II Y-II R-II G2-VIII G1-II Y-II R-II G2-IX
G1-II Y-IV R-II G2-I G1-II Y-IV R-II G2-II
G1-II Y-IV R-II G2-III G1-II Y-IV R-II G2-IV
G1-II Y-IV R-II G2-VIII G1-II Y-IV R-II G2-IX
G1-II Y-V R-II G2-I G1-II Y-V R-II G2-II
G1-II Y-V R-II G2-III G1-II Y-V R-II G2-IV
G1-II Y-V R-II G2-VIII G1-II Y-V R-II G2-IX
G1-II Y-I R-III G2-I G1-II Y-I R-III G2-II
G1-II Y-I R-III G2-III G1-II Y-I R-III G2-IV
G1-II Y-I R-III G2-VIII G1-II Y-I R-III G2-IX
G1-II Y-II R-III G2-I G1-II Y-II R-III G2-II
G1-II Y-II R-III G2-III G1-II Y-II R-III G2-IV
G1-II Y-II R-III G2-VIII G1-II Y-II R-III G2-IX
G1-II Y-IV R-III G2-I G1-II Y-IV R-III G2-II
G1-II Y-IV R-III G2-III G1-II Y-IV R-III G2-IV
G1-II Y-IV R-III G2-VIII G1-II Y-IV R-III G2-IX
G1-II Y-V R-III G2-I G1-II Y-V R-III G2-II
G1-II Y-V R-III G2-III G1-II Y-V R-III G2-IV
G1-II Y-V R-III G2-VIII G1-II Y-V R-III G2-IX
G1-II Y-I R-IV G2-I G1-II Y-I R-III G2-II
G1-II Y-I R-IV G2-III G1-II Y-I R-III G2-IV
G1-II Y-I R-IV G2-VIII G1-II Y-I R-III G2-IX
G1-II Y-II R-IV G2-I G1-II Y-II R-III G2-II
G1-II Y-II R-IV G2-III G1-II Y-II R-IV G2-IV
G1-II Y-II R-IV G2-VIII G1-II Y-II R-IV G2-IX
G1-II Y-IV R-IV G2-I G1-II Y-IV R-IV G2-II
G1-II Y-IV R-IV G2-III G1-II Y-IV R-IV G2-IV
G1-II Y-IV R-IV G2-VIII G1-II Y-IV R-IV G2-IX
G1-II Y-V R-IV G2-I G1-II Y-V R-IV G2-II
G1-II Y-V R-IV G2-III G1-II Y-V R-IV G2-IV
G1-II Y-V R-IV G2-VIII G1-II Y-V R-IV G2-IX
G1-III Y-I R-I G2-I G1-III Y-I R-I G2-II
G1-III Y-I R-I G2-III G1-III Y-I R-I G2-IV
G1-III Y-I R-I G2-VIII G1-III Y-I R-I G2-IX
G1-III Y-II R-I G2-I G1-III Y-II R-I G2-II
G1-III Y-II R-I G2-III G1-III Y-II R-I G2-IV
G1-III Y-II R-I G2-VIII G1-III Y-II R-I G2-IX
G1-III Y-IV R-I G2-I G1-III Y-IV R-I G2-II
G1-III Y-IV R-I G2-III G1-III Y-IV R-I G2-IV
G1-III Y-IV R-I G2-VIII G1-III Y-IV R-I G2-IX
G1-III Y-V R-I G2-I G1-III Y-V R-I G2-II
G1-III Y-V R-I G2-III G1-III Y-V R-I G2-IV
G1-III Y-V R-I G2-VIII G1-III Y-V R-I G2-IX
G1-III Y-I R-II G2-I G1-III Y-I R-II G2-II
G1-III Y-I R-II G2-III G1-III Y-I R-II G2-IV
G1-III Y-I R-II G2-VIII G1-III Y-I R-II G2-IX
G1-III Y-II R-II G2-I G1-III Y-II R-II G2-II
G1-III Y-II R-II G2-III G1-III Y-II R-II G2-IV
G1-III Y-II R-II G2-VIII G1-III Y-II R-II G2-IX
G1-III Y-IV R-II G2-I G1-III Y-IV R-II G2-II
G1-III Y-IV R-II G2-III G1-III Y-IV R-II G2-IV
G1-III Y-IV R-II G2-VIII G1-III Y-IV R-II G2-IX
G1-III Y-V R-II G2-I G1-III Y-V R-II G2-II
G1-III Y-V R-II G2-III G1-III Y-V R-II G2-IV
G1-III Y-V R-II G2-VIII G1-III Y-V R-II G2-IX
G1-III Y-I R-III G2-I G1-III Y-I R-III G2-II
G1-III Y-I R-III G2-III G1-III Y-I R-III G2-IV
G1-III Y-I R-III G2-VIII G1-III Y-I R-III G2-IX
G1-III Y-II R-III G2-I G1-III Y-II R-III G2-II
G1-III Y-II R-III G2-III G1-III Y-II R-III G2-IV
G1-III Y-II R-III G2-VIII G1-III Y-II R-III G2-IX
G1-III Y-IV R-III G2-I G1-III Y-IV R-III G2-II
G1-III Y-IV R-III G2-III G1-III Y-IV R-III G2-IV
G1-III Y-IV R-III G2-VIII G1-III Y-IV R-III G2-IX
G1-III Y-V R-III G2-I G1-III Y-V R-III G2-II
G1-III Y-V R-III G2-III G1-III Y-V R-III G2-IV
G1-III Y-V R-III G2-VIII G1-III Y-V R-III G2-IX
G1-III Y-I R-IV G2-I G1-III Y-I R-III G2-II
G1-III Y-I R-IV G2-III G1-III Y-I R-III G2-IV
G1-III Y-I R-IV G2-VIII G1-III Y-I R-III G2-IX
G1-III Y-II R-IV G2-I G1-III Y-II R-III G2-II
G1-III Y-II R-IV G2-III G1-III Y-II R-IV G2-IV
G1-III Y-II R-IV G2-VIII G1-III Y-II R-IV G2-IX
G1-III Y-IV R-IV G2-I G1-III Y-IV R-IV G2-II
G1-III Y-IV R-IV G2-III G1-III Y-IV R-IV G2-IV
G1-III Y-IV R-IV G2-VIII G1-III Y-IV R-IV G2-IX
G1-III Y-V R-IV G2-I G1-III Y-V R-IV G2-II
G1-III Y-V R-IV G2-III G1-III Y-V R-IV G2-IV
G1-III Y-V R-IV G2-VIII G1-III Y-V R-IV G2-IX
G1-IV Y-I R-I G2-I G1-IV Y-I R-I G2-II
G1-IV Y-I R-I G2-III G1-IV Y-I R-I G2-IV
G1-IV Y-I R-I G2-VIII G1-IV Y-I R-I G2-IX
G1-IV Y-II R-I G2-I G1-IV Y-II R-I G2-II
G1-IV Y-II R-I G2-III G1-IV Y-II R-I G2-IV
G1-IV Y-II R-I G2-VIII G1-IV Y-II R-I G2-IX
G1-IV Y-IV R-I G2-I G1-IV Y-IV R-I G2-II
G1-IV Y-IV R-I G2-III G1-IV Y-IV R-I G2-IV
G1-IV Y-IV R-I G2-VIII G1-IV Y-IV R-I G2-IX
G1-IV Y-V R-I G2-I G1-IV Y-V R-I G2-II
G1-IV Y-V R-I G2-III G1-IV Y-V R-I G2-IV
G1-IV Y-V R-I G2-VIII G1-IV Y-V R-I G2-IX
G1-IV Y-I R-II G2-I G1-IV Y-I R-II G2-II
G1-IV Y-I R-II G2-III G1-IV Y-I R-II G2-IV
G1-IV Y-I R-II G2-VIII G1-IV Y-I R-II G2-IX
G1-IV Y-II R-II G2-I G1-IV Y-II R-II G2-II
G1-IV Y-II R-II G2-III G1-IV Y-II R-II G2-IV
G1-IV Y-II R-II G2-VIII G1-IV Y-II R-II G2-IX
G1-IV Y-IV R-II G2-I G1-IV Y-IV R-II G2-II
G1-IV Y-IV R-II G2-III G1-IV Y-IV R-II G2-IV
G1-IV Y-IV R-II G2-VIII G1-IV Y-IV R-II G2-IX
G1-IV Y-V R-II G2-I G1-IV Y-V R-II G2-II
G1-IV Y-V R-II G2-III G1-IV Y-V R-II G2-IV
G1-IV Y-V R-II G2-VIII G1-IV Y-V R-II G2-IX
G1-IV Y-I R-III G2-I G1-IV Y-I R-III G2-II
G1-IV Y-I R-III G2-III G1-IV Y-I R-III G2-IV
G1-IV Y-I R-III G2-VIII G1-IV Y-I R-III G2-IX
G1-IV Y-II R-III G2-I G1-IV Y-II R-III G2-II
G1-IV Y-II R-III G2-III G1-IV Y-II R-III G2-IV
G1-IV Y-II R-III G2-VIII G1-IV Y-II R-III G2-IX
G1-IV Y-IV R-III G2-I G1-IV Y-IV R-III G2-II
G1-IV Y-IV R-III G2-III G1-IV Y-IV R-III G2-IV
G1-IV Y-IV R-III G2-VIII G1-IV Y-IV R-III G2-IX
G1-IV Y-V R-III G2-I G1-IV Y-V R-III G2-II
G1-IV Y-V R-III G2-III G1-IV Y-V R-III G2-IV
G1-IV Y-V R-III G2-VIII G1-IV Y-V R-III G2-IX
G1-IV Y-I R-IV G2-I G1-IV Y-I R-III G2-II
G1-IV Y-I R-IV G2-III G1-IV Y-I R-III G2-IV
G1-IV Y-I R-IV G2-VIII G1-IV Y-I R-III G2-IX
G1-IV Y-II R-IV G2-I G1-IV Y-II R-III G2-II
G1-IV Y-II R-IV G2-III G1-IV Y-II R-IV G2-IV
G1-IV Y-II R-IV G2-VIII G1-IV Y-II R-IV G2-IX
G1-IV Y-IV R-IV G2-I G1-IV Y-IV R-IV G2-II
G1-IV Y-IV R-IV G2-III G1-IV Y-IV R-IV G2-IV
G1-IV Y-IV R-IV G2-VIII G1-IV Y-IV R-IV G2-IX
G1-IV Y-V R-IV G2-I G1-IV Y-V R-IV G2-II
G1-IV Y-V R-IV G2-III G1-IV Y-V R-IV G2-IV
G1-IV Y-V R-IV G2-VIII G1-IV Y-V R-IV G2-IX
G1-V Y-I R-I G2-I G1-V Y-I R-I G2-II
G1-V Y-I R-I G2-III G1-V Y-I R-I G2-IV
G1-V Y-I R-I G2-VIII G1-V Y-I R-I G2-IX
G1-V Y-II R-I G2-I G1-V Y-II R-I G2-II
G1-V Y-II R-I G2-III G1-V Y-II R-I G2-IV
G1-V Y-II R-I G2-VIII G1-V Y-II R-I G2-IX
G1-V Y-IV R-I G2-I G1-V Y-IV R-I G2-II
G1-V Y-IV R-I G2-III G1-V Y-IV R-I G2-IV
G1-V Y-IV R-I G2-VIII G1-V Y-IV R-I G2-IX
G1-V Y-V R-I G2-I G1-V Y-V R-I G2-II
G1-V Y-V R-I G2-III G1-V Y-V R-I G2-IV
G1-V Y-V R-I G2-VIII G1-V Y-V R-I G2-IX
G1-V Y-I R-II G2-I G1-V Y-I R-II G2-II
G1-V Y-I R-II G2-III G1-V Y-I R-II G2-IV
G1-V Y-I R-II G2-VIII G1-V Y-I R-II G2-IX
G1-V Y-II R-II G2-I G1-V Y-II R-II G2-II
G1-V Y-II R-II G2-III G1-V Y-II R-II G2-IV
G1-V Y-II R-II G2-VIII G1-V Y-II R-II G2-IX
G1-V Y-IV R-II G2-I G1-V Y-IV R-II G2-II
G1-V Y-IV R-II G2-III G1-V Y-IV R-II G2-IV
G1-V Y-IV R-II G2-VIII G1-V Y-IV R-II G2-IX
G1-V Y-V R-II G2-I G1-V Y-V R-II G2-II
G1-V Y-V R-II G2-III G1-V Y-V R-II G2-IV
G1-V Y-V R-II G2-VIII G1-V Y-V R-II G2-IX
G1-V Y-I R-III G2-I G1-V Y-I R-III G2-II
G1-V Y-I R-III G2-III G1-V Y-I R-III G2-IV
G1-V Y-I R-III G2-VIII G1-V Y-I R-III G2-IX
G1-V Y-II R-III G2-I G1-V Y-II R-III G2-II
G1-V Y-II R-III G2-III G1-V Y-II R-III G2-IV
G1-V Y-II R-III G2-VIII G1-V Y-II R-III G2-IX
G1-V Y-IV R-III G2-I G1-V Y-IV R-III G2-II
G1-V Y-IV R-III G2-III G1-V Y-IV R-III G2-IV
G1-V Y-IV R-III G2-VIII G1-V Y-IV R-III G2-IX
G1-V Y-V R-III G2-I G1-V Y-V R-III G2-II
G1-V Y-V R-III G2-III G1-V Y-V R-III G2-IV
G1-V Y-V R-III G2-VIII G1-V Y-V R-III G2-IX
G1-V Y-I R-IV G2-I G1-V Y-I R-III G2-II
G1-V Y-I R-IV G2-III G1-V Y-I R-III G2-IV
G1-V Y-I R-IV G2-VIII G1-V Y-I R-III G2-IX
G1-V Y-II R-IV G2-I G1-V Y-II R-III G2-II
G1-V Y-II R-IV G2-III G1-V Y-II R-IV G2-IV
G1-V Y-II R-IV G2-VIII G1-V Y-II R-IV G2-IX
G1-V Y-IV R-IV G2-I G1-V Y-IV R-IV G2-II
G1-V Y-IV R-IV G2-III G1-V Y-IV R-IV G2-IV
G1-V Y-IV R-IV G2-VIII G1-V Y-IV R-IV G2-IX
G1-V Y-V R-IV G2-I G1-V Y-V R-IV G2-II
G1-V Y-V R-IV G2-III G1-V Y-V R-IV G2-IV
G1-V Y-V R-IV G2-VIII G1-V Y-V R-IV G2-IX
G1-VII Y-I R-I G2-I G1-VII Y-I R-I G2-II
G1-VII Y-I R-I G2-III G1-VII Y-I R-I G2-IV
G1-VII Y-I R-I G2-VIII G1-VII Y-I R-I G2-IX
G1-VII Y-II R-I G2-I G1-VII Y-II R-I G2-II
G1-VII Y-II R-I G2-III G1-VII Y-II R-I G2-IV
G1-VII Y-II R-I G2-VIII G1-VII Y-II R-I G2-IX
G1-VII Y-IV R-I G2-I G1-VII Y-IV R-I G2-II
G1-VII Y-IV R-I G2-III G1-VII Y-IV R-I G2-IV
G1-VII Y-IV R-I G2-VIII G1-VII Y-IV R-I G2-IX
G1-VII Y-V R-I G2-I G1-VII Y-V R-I G2-II
G1-VII Y-V R-I G2-III G1-VII Y-V R-I G2-IV
G1-VII Y-V R-I G2-VIII G1-VII Y-V R-I G2-IX
G1-VII Y-I R-II G2-I G1-VII Y-I R-II G2-II
G1-VII Y-I R-II G2-III G1-VII Y-I R-II G2-IV
G1-VII Y-I R-II G2-VIII G1-VII Y-I R-II G2-IX
G1-VII Y-II R-II G2-I G1-VII Y-II R-II G2-II
G1-VII Y-II R-II G2-III G1-VII Y-II R-II G2-IV
G1-VII Y-II R-II G2-VIII G1-VII Y-II R-II G2-IX
G1-VII Y-IV R-II G2-I G1-VII Y-IV R-II G2-II
G1-VII Y-IV R-II G2-III G1-VII Y-IV R-II G2-IV
G1-VII Y-IV R-II G2-VIII G1-VII Y-IV R-II G2-IX
G1-VII Y-V R-II G2-I G1-VII Y-V R-II G2-II
G1-VII Y-V R-II G2-III G1-VII Y-V R-II G2-IV
G1-VII Y-V R-II G2-VIII G1-VII Y-V R-II G2-IX
G1-VII Y-I R-III G2-I G1-VII Y-I R-III G2-II
G1-VII Y-I R-III G2-III G1-VII Y-I R-III G2-IV
G1-VII Y-I R-III G2-VIII G1-VII Y-I R-III G2-IX
G1-VII Y-II R-III G2-I G1-VII Y-II R-III G2-II
G1-VII Y-II R-III G2-III G1-VII Y-II R-III G2-IV
G1-VII Y-II R-III G2-VIII G1-VII Y-II R-III G2-IX
G1-VII Y-IV R-III G2-I G1-VII Y-IV R-III G2-II
G1-VII Y-IV R-III G2-III G1-VII Y-IV R-III G2-IV
G1-VII Y-IV R-III G2-VIII G1-VII Y-IV R-III G2-IX
G1-VII Y-V R-III G2-I G1-VII Y-V R-III G2-II
G1-VII Y-V R-III G2-III G1-VII Y-V R-III G2-IV
G1-VII Y-V R-III G2-VIII G1-VII Y-V R-III G2-IX
G1-VII Y-I R-IV G2-I G1-VII Y-I R-III G2-II
G1-VII Y-I R-IV G2-III G1-VII Y-I R-III G2-IV
G1-VII Y-I R-IV G2-VIII G1-VII Y-I R-III G2-IX
G1-VII Y-II R-IV G2-I G1-VII Y-II R-III G2-II
G1-VII Y-II R-IV G2-III G1-VII Y-II R-IV G2-IV
G1-VII Y-II R-IV G2-VIII G1-VII Y-II R-IV G2-IX
G1-VII Y-IV R-IV G2-I G1-VII Y-IV R-IV G2-II
G1-VII Y-IV R-IV G2-III G1-VII Y-IV R-IV G2-IV
G1-VII Y-IV R-IV G2-VIII G1-VII Y-IV R-IV G2-IX
G1-VII Y-V R-IV G2-I G1-VII Y-V R-IV G2-II
G1-VII Y-V R-IV G2-III G1-VII Y-V R-IV G2-IV
G1-VII Y-V R-IV G2-VIII G1-VII Y-V R-IV G2-IX
G1-VIII Y-I R-I G2-I G1-VIII Y-I R-I G2-II
G1-VIII Y-I R-I G2-III G1-VIII Y-I R-I G2-IV
G1-VIII Y-I R-I G2-VIII G1-VIII Y-I R-I G2-IX
G1-VIII Y-II R-I G2-I G1-VIII Y-II R-I G2-II
G1-VIII Y-II R-I G2-III G1-VIII Y-II R-I G2-IV
G1-VIII Y-II R-I G2-VIII G1-VIII Y-II R-I G2-IX
G1-VIII Y-IV R-I G2-I G1-VIII Y-IV R-I G2-II
G1-VIII Y-IV R-I G2-III G1-VIII Y-IV R-I G2-IV
G1-VIII Y-IV R-I G2-VIII G1-VIII Y-IV R-I G2-IX
G1-VIII Y-V R-I G2-I G1-VIII Y-V R-I G2-II
G1-VIII Y-V R-I G2-III G1-VIII Y-V R-I G2-IV
G1-VIII Y-V R-I G2-VIII G1-VIII Y-V R-I G2-IX
G1-VIII Y-I R-II G2-I G1-VIII Y-I R-II G2-II
G1-VIII Y-I R-II G2-III G1-VIII Y-I R-II G2-IV
G1-VIII Y-I R-II G2-VIII G1-VIII Y-I R-II G2-IX
G1-VIII Y-II R-II G2-I G1-VIII Y-II R-II G2-II
G1-VIII Y-II R-II G2-III G1-VIII Y-II R-II G2-IV
G1-VIII Y-II R-II G2-VIII G1-VIII Y-II R-II G2-IX
G1-VIII Y-IV R-II G2-I G1-VIII Y-IV R-II G2-II
G1-VIII Y-IV R-II G2-III G1-VIII Y-IV R-II G2-IV
G1-VIII Y-IV R-II G2-VIII G1-VIII Y-IV R-II G2-IX
G1-VIII Y-V R-II G2-I G1-VIII Y-V R-II G2-II
G1-VIII Y-V R-II G2-III G1-VIII Y-V R-II G2-IV
G1-VIII Y-V R-II G2-VIII G1-VIII Y-V R-II G2-IX
G1-VIII Y-I R-III G2-I G1-VIII Y-I R-III G2-II
G1-VIII Y-I R-III G2-III G1-VIII Y-I R-III G2-IV
G1-VIII Y-I R-III G2-VIII G1-VIII Y-I R-III G2-IX
G1-VIII Y-II R-III G2-I G1-VIII Y-II R-III G2-II
G1-VIII Y-II R-III G2-III G1-VIII Y-II R-III G2-IV
G1-VIII Y-II R-III G2-VIII G1-VIII Y-II R-III G2-IX
G1-VIII Y-IV R-III G2-I G1-VIII Y-IV R-III G2-II
G1-VIII Y-IV R-III G2-III G1-VIII Y-IV R-III G2-IV
G1-VIII Y-IV R-III G2-VIII G1-VIII Y-IV R-III G2-IX
G1-VIII Y-V R-III G2-I G1-VIII Y-V R-III G2-II
G1-VIII Y-V R-III G2-III G1-VIII Y-V R-III G2-IV
G1-VIII Y-V R-III G2-VIII G1-VIII Y-V R-III G2-IX
G1-VIII Y-I R-IV G2-I G1-VIII Y-I R-III G2-II
G1-VIII Y-I R-IV G2-III G1-VIII Y-I R-III G2-IV
G1-VIII Y-I R-IV G2-VIII G1-VIII Y-I R-III G2-IX
G1-VIII Y-II R-IV G2-I G1-VIII Y-II R-III G2-II
G1-VIII Y-II R-IV G2-III G1-VIII Y-II R-IV G2-IV
G1-VIII Y-II R-IV G2-VIII G1-VIII Y-II R-IV G2-IX
G1-VIII Y-IV R-IV G2-I G1-VIII Y-IV R-IV G2-II
G1-VIII Y-IV R-IV G2-III G1-VIII Y-IV R-IV G2-IV
G1-VIII Y-IV R-IV G2-VIII G1-VIII Y-IV R-IV G2-IX
G1-VIII Y-V R-IV G2-I G1-VIII Y-V R-IV G2-II
G1-VIII Y-V R-IV G2-III G1-VIII Y-V R-IV G2-IV
G1-VIII Y-V R-IV G2-VIII G1-VIII Y-V R-IV G2-IX
—————————————————— ———————————————————
本発明に包含される式(I)で表される化合物のうちで、常法に従って酸付加塩にすることができるものは、例えば、フッ化水素酸塩酸臭化水素酸沃化水素酸等のハロゲン化水素酸の塩、硝酸硫酸燐酸塩素酸過塩素酸等の無機酸の塩、メタンスルホン酸エタンスルホン酸トリフルオロメタンスルホン酸ベンゼンスルホン酸p-トルエンスルホン酸等のスルホン酸の塩、ギ酸酢酸プロピオン酸トリフルオロ酢酸フマール酸酒石酸蓚酸マレイン酸リンゴ酸コハク酸安息香酸マンデル酸アスコルビン酸乳酸グルコン酸クエン酸等のカルボン酸の塩又はグルタミン酸アスパラギン酸等のアミノ酸の塩とすることができる。

0104

或いは、本発明に包含される式(I)で表される化合物のうちで、常法に従って金属塩にすることができるものは、例えば、リチウムナトリウムカリウムといったアルカリ金属の塩、カルシウムバリウムマグネシウムといったアルカリ土類金属の塩又はアルミニウムの塩とすることができる。

0105

本明細書における「有害生物防除剤」とは、植物又は動物に感染・寄生する有害な病原菌及び寄生虫を防除対象とした殺菌剤及び寄生虫防除剤を意味し、より具体的には、農園芸分野における殺菌剤及び殺線虫剤、或いは動物の抗真菌剤及び内部寄生虫防除剤を意味する。

0106

本明細書における「病原菌」とは、植物の病害及び動物の感染症病原となる微生物を意味し、具体的に例えば、以下の微生物が挙げられるが、微生物の具体例はこれらのみに限定されるものではない。

0107

Taphrina spp.(例えばTaphrina deformans、T. pruni等)、Pneumocystis spp.、Geotrichum spp.、Candida spp.(例えばCandida albicans、C. sorbosa等)、Pichia spp.(例えばPichia kluyveri等)、Capnodium spp.、Fumago spp.、Hypocapnodium spp.、Cercospora spp.(例えばCercospora apii、C. asparagi、C. beticola、C. capsici、C. carotae、C. kaki、C. kikuchii、C. zonata等)、Cercosporidium spp.、Cladosporium spp.(例えばCladosporium colocasiae、C. cucumerinum、C. variabile等)、Davidiella spp.、Didymosporium spp.、Heterosporium spp.(例えばHeterosporium allii等)、Mycosphaerella spp.(例えばMycosphaerella arachidis、M. berkeleyi、M. cerasella、M. fijiensis、M. fragariae、M. graminicola、M. nawae、M. pinodes、M. pomi、M. zingiberis等)、Mycovellosiella spp.(例えばMycovellosiella fulva、M. nattrassii等)、Paracercospora spp.(例えばParacercospora egenula等)、Phaeoisariopsis spp.、Phaeoramularia spp.、Pseudocercospora spp.(例えばPseudocercospora abelmoschi、P. fuligena、P. vitis等)、Pseudocercosporella spp.(例えばPseudocercosporella capsellae等)、Ramichloridium spp.、Ramularia spp.、Septogloeum spp.、Septoria spp.(例えばSeptoria albopunctata、S. apiicola、S. chrysanthemella、S. helianthi、S. obesa等)、Sphaerulina spp.、Aureobasidium spp.、Kabatiella spp.、Plowrightia spp.、Stigmina spp.、Elsinoe spp.(例えばElsinoe ampelina、E. araliae、E. fawcettii等)、Sphaceloma spp.(例えばSphaceloma caricae等)、Ascochyta spp.(例えばAscochyta pisi等)、Corynespora spp.(例えばCorynespora cassiicola等)、Leptosphaeria spp.(例えばLeptosphaeria coniothyrium、L. maculans等)、Saccharicola spp.、Phaeosphaeria spp.、Ophiosphaerella spp.、Setophoma spp.、Helminthosporium spp.、Alternaria spp.(例えばAlternaria alternata、A. brassicae、A. brassicicola、A. citri、A. dauci、A. helianthi、A. japonica、A. kikuchiana、A. mali、A. panax、A. porri、A. radicina、A. solani等)、Bipolaris spp.(例えばBipolaris sorghicola等)、Cochliobolus spp.(例えばCochliobolus heterostrophus、C. lunatus、C. miyabeanus等)、Curvularia spp.(例えばCurvularia geniculata、C. verruculosa等)、Drechslera spp.、Pleospora spp.(例えばPleospora herbarum等)、Pyrenophora spp.(例えばPyrenophora graminea、P. teres等)、Setosphaeria spp.(例えばSetosphaeria turcica等)、Stemphylium spp.(例えばStemphylium botryosum、S. lycopersici、S. solani、S. vesicarium等)、Fusicladium spp.、Venturia spp.(例えばVenturia carpophila、V. Inaequalis、V. nashicola、V. pirina等)、Didymella spp.(例えばDidymella bryoniae、D. fabae等)、Hendersonia spp.、Phoma spp.(例えばPhoma erratica var. mikan、P. exigua var. exigua、P. wasabiae等)、Pyrenochaeta spp.(例えばPyrenochaeta lycopersici等)、Stagonospora spp.(例えばStagonospora sacchari等)、Botryosphaeria spp.(例えばBotryosphaeria berengeriana f. sp. piricola、B. dothidea等)、Dothiorella spp.、Fusicoccum spp.、Guignardia spp.、Lasiodiplodia spp.(例えばLasiodiplodia theobromae等)、Macrophoma spp.、Macrophomina spp.、Neofusicoccum spp.、Phyllosticta spp. (例えばPhyllosticta zingiberis等)、Schizothyrium spp.(例えばSchizothyrium pomi等)、Acrospermum spp.、Leptosphaerulina spp.、Aspergillus spp.、Penicillium spp.(例えばPenicillium digitatum、P. italicum、P. sclerotigenum等)、Microsporum spp.、Trichophyton spp.(例えばTrichophyton mentagrophytes、T. rubrum等)、Histoplasma spp.、Blumeria spp.(例えばBlumeria graminis f. sp. hordei、B. g. f. sp. tritici等)、Erysiphe spp.(例えばErysiphe betae、E. cichoracearum、E. c. var. cichoracearum、E. heraclei、E. pisi等)、Golovinomyces spp.(例えばGolovinomyces cichoracearum var. latisporus等)、Leveillula spp.(例えばLeveillula taurica等)、Microsphaera spp.、Oidium spp.(例えばOidium neolycopersici等)、Phyllactinia spp.(例えばPhyllactinia kakicola、P. mali、P. moricola等)、Podosphaera spp.(例えばPodosphaera fusca、P. leucotricha、P. pannosa、P. tridactyla var. tridactyla、P. xanthii等)、Sphaerotheca spp.(例えばSphaerotheca aphanis var. aphanis、S. fuliginea等)、Uncinula spp.(例えばUncinula necator、U. n. var. necator等)、Uncinuliella spp.(例えばUncinuliella simulans var. simulans、U. s. var. tandae等)、Blumeriella spp.(例えばBlumeriella jaapii等)、Cylindrosporium spp.、Diplocarpon spp.(例えばDiplocarpon mali、D. mespili、D. rosae等)、Gloeosporium spp.(例えばGloeosporium minus等)、Marssonina spp.、Tapesia spp.(例えばTapesia acuformis、T. yallundae等)、Lachnum spp.、Scleromitrula spp.、Botryotinia spp.(例えばBotryotinia fuckeliana等)、Botrytis spp.(例えばBotrytis allii、B. byssoidea、B. cinerea、B. elliptica、B. fabae、B. squamosa等)、Ciborinia spp.、Grovesinia spp.、Monilia mumecola、Monilinia spp.(例えばMonilinia fructicola、M. fructigena、M. laxa、M. mali、M. vaccinii-corymbosi等)、Sclerotinia spp.(例えばSclerotinia borealis、S. homoeocarpa、S. minor、S. sclerotiorum等)、Valdensia spp.(例えばValdensia heterodoxa等)、Claviceps spp.(例えばClaviceps sorghi、C. sorghicola等)、Epichloe spp.、Ephelis japonica、Villosiclava virens、Hypomyces spp.(例えばHypomyces solani f. sp. mori、H. s. f. sp. pisi等)、Trichoderma spp.(例えばTrichoderma viride等)、Calonectria spp.(例えばCalonectria ilicicola等)、Candelospora spp.、Cylindrocarpon spp.、Cylindrocladium spp.、Fusarium spp.(例えばFusarium arthrosporioides、F. crookwellense、F. culmorum、F. cuneirostrum、F. oxysporum、F. o. f. sp. adzukicola、F. o. f. sp. allii、F. o. f. sp. asparagi、F. o. f. sp. batatas、F. o. f. sp. cepae、F. o. f. sp. colocasiae、F. o. f. sp. conglutinans、F. o. f. sp. cubense、F. o. f. sp. cucumerinum、F. o. f. sp. fabae、F. o. f. sp. fragariae、F. o. f. sp. lactucae、F. o. f. sp. lagenariae、F. o. f. sp. lycopersici、F. o. f. sp. melongenae、F. o. f. sp. melonis、F. o. f. sp. nelumbinicola、F. o. f. sp. niveum、F. o. f. sp. radicis-lycopersici、F. o. f. sp. raphani、F. o. f. sp. spinaciae、F. sporotrichioides、F. solani、F. s. f. sp. cucurbitae、F. s. f. sp. eumartii、F. s. f. sp. pisi、F. s. f. sp. radicicola等)、Gibberella spp.(例えばGibberella avenacea、G. baccata、G. fujikuroi、G. zeae等)、Haematonectria spp.、Nectria spp.、Ophionectria spp.、Caldariomyces spp.、Myrothecium spp.、Trichothecium spp.、Verticillium spp.(例えばVerticillium albo-atrum、V. dahliae、V. longisporum等)、Ceratocystis spp.(例えばCeratocystis ficicola, C. fimbriata等)、Thielaviopsis spp.(例えばThielaviopsisbasicola等)、Adisciso spp.、Monochaetia spp.、Pestalotia spp.(例えばPestalotia eriobotrifolia等)、Pestalotiopsis spp.(例えばPestalotiopsis funerea、P. longiseta、P. neglecta、P. theae等)、Physalospora spp.、Nemania spp.、Nodulisporium spp.、Rosellinia spp.(例えばRosellinia necatrix等)、Monographella spp.(例えばMonographella nivalis等)、Ophiostoma spp.、Cryphonectria spp.(例えばCryphonectria parasitica等)、Diaporthe spp.(例えばDiaporthe citri、D. kyushuensis、D. nomurai、D. tanakae等)、Diaporthopsis spp.、Phomopsis spp.(例えばPhomopsis asparagi、P. fukushii、P. obscurans、P. vexans等)、Cryptosporella spp.、Discula spp.(例えばDiscula theae-sinensis等)、Gnomonia spp.、Coniella spp.、Coryneum spp.、Greeneria spp.、Melanconis spp.、Cytospora spp.、Leucostoma spp.、Valsa spp.(例えばValsa ceratosperma等)、Tubakia spp.、Monosporascus spp.、Clasterosporium spp.、Gaeumannomyces spp.(例えばGaeumannomyces graminis等)、Magnaporthe spp.(例えばMagnaporthe grisea等)、Pyricularia spp.(例えばPyricularia zingiberis等)、Monilochaetes infuscans、Colletotrichum spp.(例えばColletotrichum acutatum、C. capsici、C. cereale、C. destructivum、C. fragariae、C. lindemuthianum、C. nigrum、C. orbiculare、C. spinaciae等)、Glomerella spp.(例えばGlomerella cingulata等)、Khuskia oryzae、Phyllachora spp.(例えばPhyllachora pomigena等)、Ellisembia spp.、Briosia spp.、Cephalosporium spp.(例えばCephalosporium gramineum等)、Epicoccum spp.、Gloeocercospora sorghi、Mycocentrospora spp.、Peltaster spp.(例えばPeltaster fructicola等)、Phaeocytostroma spp.、Phialophora spp.(例えばPhialophora gregata等)、Pseudophloeosporella dioscoreae、Pseudoseptoria spp.、Rhynchosporium spp.(例えばRhynchosporium secalis等)、Sarocladium spp.、Coleophoma spp.、Helicoceras oryzae等の子嚢菌門(Ascomycota)菌類

0108

Septobasidium spp.(例えばSeptobasidium bogoriense、S. tanakae等)、Helicobasidium spp.(例えばHelicobasidium longisporum等)、Coleosporium spp.(例えばColeosporium plectranthi等)、Cronartium spp.、Phakopsora spp.(例えばPhakopsora artemisiae、P. nishidana、P. pachyrhizi等)、Physopella spp.(例えばPhysopella ampelopsidis等)、Kuehneola spp.(例えばKuehneola japonica等)、Phragmidium spp.(例えばPhragmidium fusiforme、P. mucronatum、P. rosae-multiflorae等)、Gymnosporangium spp.(例えばGymnosporangium asiaticum、G. yamadae等)、Puccinia spp.(例えばPuccinia allii、P. brachypodii var. poae-nemoralis、P. coronata、P. c. var. coronata、P. cynodontis、P. graminis、P. g. subsp. graminicola、P. hordei、P. horiana、P. kuehnii、P. melanocephala、P. recondita、P. striiformis var. striiformis、P. tanaceti var. tanaceti、P. tokyensis、P. zoysiae等)、Uromyces spp.(例えばUromyces phaseoli var. azukicola、U. p. var. phaseoli、Uromyces viciae-fabae var. viciae-fabae等)、Naohidemyces vaccinii、Nyssopsora spp.、Leucotelium spp.、Tranzschelia spp.(例えばTranzschelia discolor等)、Aecidium spp.、Blastospora spp.(例えばBlastospora smilacis等)、Uredo spp.、Sphacelotheca spp.、Urocystis spp.、Sporisorium spp.(例えばSporisorium scitamineum等)、Ustilago spp.(例えばUstilago maydis、U. nuda等)、Entyloma spp.、Exobasidium spp.(例えばExobasidium reticulatum、E. vexans等)、Microstroma spp.、Tilletia spp.(例えばTilletia caries、T. controversa、T. laevis等)、Itersonilia spp.(例えばItersonilia perplexans等)、Cryptococcus spp.、Bovista spp.(例えばBovista dermoxantha等)、Lycoperdon spp.(例えばLycoperdon curtisii、L. perlatum等)、Conocybe spp.(例えばConocybe apala等)、Marasmius spp.(例えばMarasmius oreades等)、Armillaria spp.、Helotium spp.、Lepista spp.(例えばLepista subnuda等)、Sclerotium spp.(例えばSclerotium cepivorum等)、Typhula spp.(例えばTyphula incarnata、T. ishikariensis var. ishikariensis等)、Athelia spp.(例えばAthelia rolfsii等)、Ceratobasidium spp.(例えばCeratobasidium cornigerum等)、Ceratorhiza spp.、Rhizoctonia spp.(例えばRhizoctonia solani等)、Thanatephorus spp.(例えばThanatephorus cucumeris等)、Laetisaria spp.、Waitea spp.、Fomitiporia spp.、Ganoderma spp.、Chondrostereum purpureum、Phanerochaete spp.等の担子菌門(Basidiomycota)菌類。

0109

Olpidium spp.等のツボカビ門(Chitridiomycota)菌類。

0110

Physoderma spp.等のコウマクノウキン門(Blastocladiomycota)菌類。

0111

Choanephora spp.、Choanephoroidea cucurbitae、Mucor spp.(例えばMucor fragilis等)、Rhizopus spp.(例えばRhizopus arrhizus、R. chinensis、R. oryzae、R. stolonifer var. stolonifer等)等のケカビ亜門(Mucoromycotina)菌類。

0112

Plasmodiophora spp.(例えばPlasmodiophora brassicae等)、Spongospora subterranea f. sp. subterranea等のケルコゾア門(Cercozoa)原生生物

0113

Aphanomyces spp.(例えばAphanomyces cochlioides、A. raphani等)、Albugo spp.(例えばAlbugo macrospora、A. wasabiae等)、Bremia spp.(例えばBremia lactucae等)、Hyaloperonospora spp.、Peronosclerospora spp.、Peronospora spp.(例えばPeronospora alliariae-wasabi、P. chrysanthemi-coronarii、P. destructor、P. farinosa f. sp. spinaciae、P. manshurica、P. parasitica、P. sparsa等)、Plasmopara spp.(例えばPlasmopara halstedii、P. nivea、P. viticola等)、Pseudoperonospora spp.(例えばPseudoperonospora cubensis等)、Sclerophthora spp.、Phytophthora spp.(例えばPhytophthora cactorum、P. capsici、P. citricola、P. citrophthora、P. cryptogea、P. fragariae、P. infestans、P. melonis、P. nicotianae、P. palmivora、P. porri、P. sojae、P. syringae、P. vignae f. sp. adzukicola等)、Pythium spp.(例えばPythium afertile、P. aphanidermatum、P. apleroticum、P. aristosporum、P. arrhenomanes、P. buismaniae、P. debaryanum、P. graminicola、P. horinouchiense、P. irregulare、P. iwayamai、P. myriotylum、P. okanoganense、P. paddicum、P. paroecandrum、P. periplocum、P. spinosum、P. sulcatum、P. sylvaticum、P. ultimum var. ultimum、P. vanterpoolii、P. vexans、P. volutum等)等の不等毛植物門(Heterokontophyta)卵菌類(Oomycetes)。

0114

Clavibacter spp.(例えばClavibacter michiganensis subsp. michiganensis等)、Curtobacterium spp.、Leifsonia spp.(例えばLeifsonia xyli subsp. xyli等)、Streptomyces spp.(例えばStreptomyces ipomoeae等)等の放線菌門(Actinobacteria)グラム陽性菌類。

0115

Clostridium sp.等のフィルクテス門(Firmicutes)グラム陽性菌類。

0116

Phytoplasma等のテネリクテス門(Tenericutes)グラム陽性菌類。

0117

Rhizobium spp.(例えばRhizobium radiobacter等)、Acetobacter spp.、Burkholderia spp.(例えばBurkholderia andropogonis、B. cepacia、B. gladioli、B. glumae、B. plantarii等)、Acidovorax spp.(例えばAcidovorax avenae subsp. avenae、A. a. subsp. citrulli、A. konjaci等)、Herbaspirillum spp.、Ralstonia spp.(例えばRalstonia solanacearum等)、Xanthomonas spp.(例えばXanthomonas albilineans、X. arboricola pv. pruni、X. axonopodis pv. vitians、X. campestris pv. campestris、X. c. pv. cucurbitae、X. c. pv. glycines、X. c. pv. mangiferaeindicae、X. c. pv. nigromaculans、X. c. pv. vesicatoria、X. citri subsp. citri、X. oryzae pv. oryzae等)、Pseudomonas spp.(例えばPseudomonas cichorii、P. fluorescens、P. marginalis、P. m. pv. marginalis、P. savastanoi pv. glycinea、P. syringae、P. s. pv. actinidiae、P. s. pv. eriobotryae、P. s. pv. helianthi、P. s. pv. lachrymans、P. s. pv. maculicola、P. s. pv. mori、P. s. pv. morsprunorum、P. s. pv. spinaciae、P. s. pv. syringae、P. s. pv. theae、P. viridiflava等)、Rhizobacter spp.、Brenneria spp.(例えばBrenneria nigrifluens等)、Dickeya spp.(例えばDickeya dianthicola、D. zeae等)、Erwinia spp.(例えばErwinia amylovora、E. rhapontici等)、Pantoea spp.、Pectobacterium spp.(例えばPectobacterium atrosepticum、P. carotovorum、P. wasabiae等)等のプロテオバクテリア門(Proteobacteria)グラム陰性菌類。

0118

これら病原菌の感染・増殖によって引き起こされる植物病害、動物感染症の具体例としては、例えば、以下の植物病害、動物感染症が挙げられるが、植物病害、動物感染症の具体例はこれらのみに限定されるものではない。

0119

植物病害:
モモ縮葉病Leaf curl(Taphrina deformans)、スモモくろ実病Plum pockets(Taphrina pruni)、アスパラガス病Leaf spot(Cercospora asparagi)、テンサイ褐斑病Cercospora leaf spot(Cercospora beticola)、ピーマン斑点病Frogeye leaf spot(Cercospora capsici)、カキ角斑落葉病Angular leaf spot(Cercospora kaki)、ダイズ紫斑病Purple stain(Cercospora kikuchii)、ラッカセイ褐斑病Brown Leaf spot(Mycosphaerella arachidis)、オウトウ褐色せん孔病Cylindrosporium leaf spot(Mycosphaerella cerasella、Blumeriella jaapii)、コムギ葉枯病Speckled leaf blotch(Mycosphaerella graminicola)、カキ円星落葉病Circular leaf spot(Mycosphaerella nawae)、エンドウ褐紋病Mycosphaerella blight(Mycosphaerella pinodes)、ミョウガ葉枯病Leaf spot(Mycosphaerella zingiberis)、トマト葉かび病Leaf mold(Mycovellosiella fulva)、ナスすすかび病Leaf mold(Mycovellosiellanattrassii)、トマトすすかび病Cercospora leaf mold(Pseudocercospora fuligena)、ブドウ褐斑病Isariopsis leaf spot(Pseudocercospora vitis)、ハクサイ白斑病Leaf spot(Pseudocercosporella capsellae)、キク黒斑病Leaf spot(Septoria chrysanthemella)、キク褐斑病Leaf blight(Septoria obesa)、ブドウ黒とう病Anthracnose(Elsinoe ampelina)、タラノキそうか病Spot anthracnose(Elsinoe araliae)、カンキツそうか病Scab(Elsinoe fawcettii)、エンドウ褐斑病Leaf spot(Ascochyta pisi)、キュウリ褐斑病Corynespora leaf spot(Corynespora cassiicola)、バラ枝枯病Stem canker(Leptosphaeria coniothyrium)、バラ黒斑病Leaf spot(Alternaria alternata)、ニンジン黒葉枯病Leaf blight(Alternaria dauci)、ナシ黒斑病Black spot(Alternaria kikuchiana)、リンゴ斑点落葉病Alternaria blotch(Alternaria mali)、ネギ黒斑病Alternaria leaf spot(Alternaria porri)、ソルガム紫斑点病Target spot(Bipolaris sorghicola)、トウモロコシごま葉枯病Southern leaf blight(Cochliobolus heterostrophus)、イネごま葉枯病Brown spot(Cochliobolus miyabeanus)、ニンニク葉枯病Tip blight(Pleospora herbarum)、オオムギ斑葉病Stripe(Pyrenophora graminea)、オオムギ網斑病Net blotch(Pyrenophora teres)、ソルガムすす紋病Leaf blight(Setosphaeria turcica)、トウモロコシすす紋病Northern leaf blight(Setosphaeria turcica)、アスパラガス斑点病Leaf spot(Stemphylium botryosum)、バラ科サクラ亜科の黒星病Scab(Venturia carpophila)、リンゴ黒星病Scab(Venturia Inaequalis)、ナシ黒星病Scab(Venturia nashicola)、ウリ科のつる枯病Gummy stem blight(Didymella bryoniae)、ゴボウ黒斑病Leaf spot(Phoma exigua var. exigua)、ワサビ入病Streak(Phoma wasabiae)、バラ科ナシ亜科輪紋病Ring rot(Botryosphaeria berengeriana f. sp. piricola)、キウイフルーツ果実軟腐病Soft rot(Botryosphaeria dothidea, Lasiodiplodia theobromae, Diaporthe sp.)、カンキツ緑かび病Common green mold(Penicillium digitatum)、カンキツ青かび病Blue mold(Penicillium italicum)、オオムギうどんこ病Powdery mildew(Blumeria graminis f. sp. hordei)、コムギうどんこ病Powdery mildew(Blumeria graminis f. sp. tritici)、キュウリうどんこ病Powdery mildew(Erysiphe betae, Leveillula taurica, Oidium sp., Podosphaera xanthii)、ナスうどんこ病Powdery mildew(Erysiphe cichoracearum, Leveillula taurica, Sphaerotheca fuliginea)、ニンジン、パセリのうどんこ病Powdery mildew(Erysiphe heraclei)、エンドウうどんこ病Powdery mildew(Erysiphe pisi)、トマトうどんこ病Powdery mildew(Leveillula taurica, Oidium neolycopersici, Oidium sp.)、ピーマンうどんこ病Powdery mildew(Leveillula taurica)、カボチャうどんこ病Powdery mildew(Oidium sp., Podosphaera xanthii)、ニガウリうどんこ病Powdery mildew(Oidium sp.)、カキうどんこ病Powdery mildew(Phyllactinia kakicola)、ゴボウうどんこ病Powdery mildew(Podosphaera fusca)、リンゴうどんこ病Powdery mildew(Podosphaera leucotricha)、バラうどんこ病Powdery mildew(Podosphaera pannosa, Uncinuliella simulans var. simulans, U. s. var. tandae)、ズッキーニマクワウリのうどんこ病Powdery mildew(Podosphaera xanthii)、イチゴうどんこ病Powdery mildew(Sphaerotheca aphanis var. aphanis)、スイカメロンのうどんこ病Powdery mildew(Sphaerotheca fuliginea)、ブドウうどんこ病Powdery mildew(Uncinula necator, U. n. var. necator)、リンゴ褐斑病Blotch(Diplocarpon mali)、バラ黒星病Black spot(Diplocarpon rosae)、タマネギ灰色腐敗病Gray mold neck rot(Botrytis allii)、灰色かび病Gray mold、Botrytis blight(Botrytis cinerea)、ニラ白斑葉枯病Leaf blight(Botrytis cinerea, B. byssoidea, B. squamosa)、ソラマメ赤色斑点病Chocolate spot(Botrytis cinerea, B. elliptica, B. fabae)、バラ科の灰星病Brown rot(Monilinia fructicola, M. fructigena, M. laxa)、リンゴモニリア病Blossom blight(Monilinia mali)、シバダラースポット病Dollar spot(Sclerotinia homoeocarpa)、菌核病Cottony rot、Sclerotinia rot、Stem rot(Sclerotinia sclerotiorum)、稲こうじ病False smut(Villosiclava virens)、ダイズ黒根腐病Root necrosis(Calonectria ilicicola)、コムギ赤かび病Fusarium blight(Fusarium crookwellense, F. culmorum, Gibberella avenacea, G. zeae, Monographella nivalis)、オオムギ赤かび病Fusarium blight(Fusarium culmorum, Gibberella avenacea, G. zeae)、コンニャク乾腐病Dry rot(Fusarium oxysporum, F. solani f. sp. radicicola)、ヤマノイモ褐色腐敗病Brown rot(Fusarium oxysporum, F. solani f. sp. pisi, F. s. f. sp. radicicola)、アズキ萎凋病Fusarium wilt(Fusarium oxysporum f. sp. adzukicola)、ラッキョウ乾腐病Fusarium basal rot(Fusarium oxysporum f. sp. allii, F. solani f. sp. radicicola)、サツマイモつる割病Stem rot(Fusarium oxysporum f. sp. batatas, F. solani)、サトイモ乾腐病Dry rot(Fusarium oxysporum f. sp. colocasiae)、キャベツコマツナ萎黄病Yellows(Fusarium oxysporum f. sp. conglutinans)、バナナパナマ病Panama disease(Fusarium oxysporum f. sp. cubense)、イチゴ萎黄病Fusarium wilt(Fusarium oxysporum f. sp. fragariae)、レタス根腐病Root rot(Fusarium oxysporum f. sp. lactucae)、スイカつる割病Fusarium wilt(Fusarium oxysporum f. sp. lagenariae, F. o. f. sp. niveum)、トマト萎凋病Fusarium wilt(Fusarium oxysporum f. sp. lycopersici)、メロンつる割病Fusarium wilt(Fusarium oxysporum f. sp. melonis)、ダイコン萎黄病Yellows(Fusarium oxysporum f. sp. raphani)、ホウレンソウ萎凋病Fusarium wilt(Fusarium oxysporum f. sp. spinaciae)、イネばか苗病“Bakanae”disease(Gibberella fujikuroi)、ダイコンバーティシリウム黒点病Verticillium black spot(Verticillium albo-atrum, V. dahliae)、トマト、ナス、フキ半身萎凋病Verticillium wilt(Verticillium dahliae)、イチジク株枯病Ceratocystis canker(Ceratocystis ficicola)、サツマイモ黒斑病Black rot(Ceratocystis fimbriata)、チャ輪斑病Gray blight(Pestalotiopsis longiseta, P. theae)、クリ胴枯病Endothia canker(Cryphonectria parasitica)、カンキツ黒点病Melanose(Diaporthe citri)、アスパラガス茎枯病Stem blight(Phomopsis asparagi)、ナシ胴枯病Phomopsis canker(Phomopsis fukushii)、ナス褐紋病Brown spot(Phomopsis vexans)、チャ炭疽病Anthracnose(Discula theae-sinensis)、リンゴ腐らん病Valsa canker(Valsa ceratosperma)、イネいもち病Blast(Magnaporthe grisea)、イチゴ炭疽病Crown rot(Colletotrichum acutatum, C. fragariae, Glomerella cingulata)、リンゴ炭疽病Bitter rot(Colletotrichum acutatum, Glomerella cingulata)、オウトウ炭疽病Anthracnose(Colletotrichum acutatum, Glomerella cingulata)、スモモ炭疽病Anthracnose(Colletotrichum acutatum)、ブドウ晩腐病Ripe rot(Colletotrichum acutatum, Glomerella cingulata)、シュンギク炭疽病Anthracnose(Colletotrichum acutatum)、インゲンマメ炭疽病Anthracnose(Colletotrichum lindemuthianum)、ウリ科の炭疽病Anthracnose(Colletotrichum orbiculare)、ヤマノイモ炭疽病Anthracnose(Glomerella cingulata)、クリ炭疽病Anthracnose(Glomerella cingulata)、カキ炭疽病Anthracnose(Glomerella cingulata)、アズキ落葉病Brown stem rot(Phialophora gregata)、ナガイモ病Leaf spot(Pseudophloeosporella dioscoreae)、オオムギ雲形病Scald(Rhynchosporium secalis)、
イチジクさび病Rust(Phakopsora nishidana)、ダイズさび病Rust(Phakopsora pachyrhizi)、バラさび病Rust(Kuehneola japonica, Phragmidium fusiforme, P. mucronatum, P. rosae-multiflorae)、ナシ赤星病Rust(Gymnosporangium asiaticum)、リンゴ赤星病Rust(Gymnosporangium yamadae)、ネギ科のさび病Rust(Puccinia allii)、キク白さび病Rust(Puccinia horiana)、コムギ赤さび病Brown rust(Puccinia recondita)、キク黒さび病Rust(Puccinia tanaceti var. tanaceti)、ソラマメさび病Rust(Uromyces viciae-fabae var. viciae-fabae)、サトウキビ黒穂病Smut(Sporisorium scitamineum)、トウモロコシ黒穂病Smut(Ustilago maydis)、オオムギ裸黒穂病Loose smut(Ustilago nuda)、チャ網もち病Net blister blight(Exobasidium reticulatum)、チャもち病Blister blight(Exobasidium vexans)、白病Stem rot、Southern blight(Athelia rolfsii)、キク立枯病Root and stem rot(Ceratobasidium cornigerum, Rhizoctonia solani)、ショウガ紋枯病(Rhizoctonia solani)、キャベツ苗立枯病Damping-off(Rhizoctonia solani)、ミツバ立枯病Damping-off(Rhizoctonia solani)、レタスすそ枯病Bottom rot(Rhizoctonia solani)、シバ葉腐病Brown patch、Large patch(Rhizoctonia solani)、イネ紋枯病Sheath blight(Thanatephorus cucumeris)、テンサイ根腐病Root rot・葉腐病Leaf blight(Thanatephorus cucumeris)、
イチジク黒かび病Rhizopus rot(Rhizopus stolonifer var. stolonifer)、
アブラナ科根こぶ病Clubroot(Plasmodiophora brassicae)、
テンサイ黒根病Aphanomyces root rot(Aphanomyces cochlioides)、アブラナ科の白さび病White rust(Albugo macrospora)、レタスべと病Downy mildew(Bremia lactucae)、シュンギクべと病Downy mildew(Peronospora chrysanthemi-coronarii)、タマネギ、ネギのべと病Downy mildew(Peronospora destructor)、ホウレンソウべと病Downy mildew(Peronospora farinosa f. sp. spinaciae)、ダイズべと病Downy mildew(Peronospora manshurica)、アブラナ科のべと病Downy mildew(Peronospora parasitica)、バラべと病Downy mildew(Peronospora sparsa)、ヒマワリべと病Downy mildew(Plasmopara halstedii)、ミツバべと病Downy mildew(Plasmopara nivea)、ブドウべと病Downy mildew(Plasmopara viticola)、ウリ科のべと病Downy mildew(Pseudoperonospora cubensis)、タラノキ立枯疫病Phytophthora root rot(Phytophthora cactorum)、スイカ褐色腐敗病Brown rot(Phytophthora capsici)、カボチャ疫病Phytophthora rot(Phytophthora capsici)、ピーマン疫病Phytophthora blight(Phytophthora capsici)、スイカ疫病Phytophthora rot(Phytophthora cryptogea)、トマト、ジャガイモの疫病Late blight(Phytophthora infestans)、イチジク疫病White powdery rot(Phytophthora palmivora)、ネギ科の白色疫病Leaf blight(Phytophthora porri)、ダイズ茎疫病Phytophthora root and stem rot(Phytophthora sojae)、アズキ茎疫病Phytophthora stem rot(Phytophthora vignae f. sp. adzukicola)、ホウレンソウ立枯病Damping-off(Pythium aphanidermatum, P. myriotylum, P. paroecandrum, P. ultimum var. ultimum)、コンニャク根腐病Root rot(Pythium aristosporum)、トウモロコシ根腐病Browning root rot(Pythium arrhenomanes, P. graminicola)、キャベツ苗立枯病Damping-off(Pythium buismaniae, P. myriotylum)、ミョウガ根茎腐敗病Root rot(Pythium myriotylum)、ショウガ根茎腐敗病Root rot(Pythium myriotylum, P. ultimum var. ultimum)、ニンジンしみ腐病Brown blotted root rot(Pythium sulcatum)、
トマトかいよう病Bacterial canker(Clavibacter michiganensis subsp. michiganensis)、ジャガイモそうか病Scab(Streptomyces spp.)、
バラ根頭がんしゅ病Crown gall(Rhizobium radiobacter)、ソルガム条斑細菌病Bacterial stripe(Burkholderia andropogonis)、タマネギ腐敗病Soft rot(Burkholderia cepacia, Pseudomonas marginalis pv. marginalis, Erwinia rhapontici)、イネもみ枯細菌病Bacterial grain rot(Burkholderia gladioli, B. glumae)、スイカ果実汚斑細菌病Bacterial fruit blotch(Acidovorax avenae subsp. citrulli)、コンニャク葉枯病Bacterial leaf blight(Acidovorax konjaci)、青枯病Bacterial wilt(Ralstonia solanacearum)、モモせん孔細菌病Bacterial shot hole(Xanthomonas arboricola pv. pruni, Pseudomonas syringae pv. syringae, Brenneria nigrifluens)、スモモ黒斑病Bacterial leaf spot(Xanthomonas arboricola pv. pruni)、レタス斑点細菌病Bacterial spot(Xanthomonas axonopodis pv. vitians)、アブラナ科の黒腐病Black rot(Xanthomonas campestris pv. campestris)、ダイズ葉焼病Bacterial pustule(Xanthomonas campestris pv. glycines)、ゴボウ黒斑細菌病Bacterial spot(Xanthomonas campestris pv. nigromaculans)、ピーマン斑点細菌病Bacterial spot(Xanthomonas campestris pv. vesicatoria)、カンキツかいよう病Citrus canker(Xanthomonas citri subsp. citri)、ニンニク腐病(Pseudomonas cichorii, P. marginalis pv. marginalis, Erwinia sp.)、レタス腐敗病Bacterial rot(Pseudomonas cichorii, P. marginalis pv. marginalis, P. viridiflava)、キウイフルーツ花腐細菌病Bacterial blossom blight(Pseudomonas marginalis pv. marginalis, P. syringae pv. syringae, P. viridiflava)、キウイフルーツかいよう病Bacterial canker(Pseudomonas syringae pv. actinidiae)、ビワがんしゅ病Canker(Pseudomonas syringae pv. eriobotryae)、ウリ科の斑点細菌病Bacterial spot(Pseudomonas syringae pv. lachrymans)、アブラナ科の黒斑細菌病Bacterial black spot(Pseudomonas syringae pv. maculicola)、ウメかいよう病Bacterial canker(Pseudomonas syringae pv. morsprunorum, Erwinia sp.)、チャ赤焼病Bacterial shoot blight(Pseudomonas syringae pv. theae)、ネギ軟腐病Bacterial soft rot(Dickeya sp., Pectobacterium carotovorum)、バラ科ナシ亜科の火傷病Fire blight(Erwinia amylovora)、コンニャク腐敗病Soft rot(Pectobacterium carotovorum)、軟腐病Bacterial soft rot(Pectobacterium carotovorum)。

0120

動物感染症:
ニューシスチ肺炎Pneumocystis pneumonia(Pneumocystis jirovecii)、カンジダ症Candidiasis(Candida albicans)、アスペルギルス症Aspergillosis(Aspergillus fumigatus)、白癬菌症Trichophytosis(Microsporum canis、M. gypseum、Trichophyton mentagrophytes、T. rubrum、T. tonsurans、T. verrucosum)、ヒストプラズマ症Histoplasmosis(Histoplasma capsulatum)、クリプトコッカス症Cryptococcosis(Cryptococcus neoformans)。

0121

本明細書における「寄生虫」とは、植物に寄生する植物寄生性の線形動物、動物に寄生する動物寄生性の線形動物、頭動物、扁形動物及び原生動物等を意味し、具体的に例えば、以下の寄生虫が挙げられるが、寄生虫の具体例はこれらのみに限定されるものではない。

0122

腎虫Giant kidney worm(Dioctophyma renale)、有環毛細線虫Thread worms(Capillaria annulata)、捻転毛細線虫Cropworm(Capillaria contorta)、肝毛細線虫Capillary liver worm(Capillaria hepatica)、穿通毛細線虫(Capillaria perforans)、フィリピン毛細線虫(Capillaria philippinensis)、豚毛細線虫(Capillaria suis)、鞭虫Whipworm(Trichuris discolor)、鞭虫Whipworm(Trichuris ovis)、豚鞭虫Pig whipworm(Trichuris suis)、ヒト鞭虫Human whipworm(Trichuris trichiura)、鞭虫Dog whipworm(Trichuris vulpis)、旋毛虫Pork worm(Trichinella spiralis)等のエノプルス目(Enoplida)線虫

0123

乳頭糞線虫Intestinal threadworm(Strongyloides papillosus)、糞線虫(Strongyloides planiceps)、豚糞線虫Pig threadworm(Strongyloides ransomi)、ヒト糞線虫Threadworm(Strongyloides stercoralis)、ミクロネマ属(Micronema spp.)等の桿線虫目(Rhabditida)線虫。

0124

ブラジル鉤虫Hookworm(Ancylostoma braziliense)、犬鉤虫Dog hookworm(Ancylostoma caninum)、ズビニ鉤虫Old World hookworm(Ancylostoma duodenale)、猫鉤虫Cat hookworm(Ancylostoma tubaeforme)、狭頭鉤虫The Northern hookworm of dogs(Uncinaria stenocephala)、牛鉤虫Cattle hookworm(Bunostomum phlebotomum)、羊鉤虫Small ruminant hookworm(Bunostomum trigonocephalum)、アメリカ鉤虫New World hookworm(Necator americanus)、シアトストーマム属(Cyathostomum spp.)、シリコクラス属(Cylicocyclus spp.)、シリコドントフォラス属(Cylicodontophorus spp.)、シリコステファナス属(Cylicostephanus spp.)、ロバ円虫(Strongylus asini)、無歯円虫(Strongylus edentatus)、円虫Blood worm(Strongylus equinus)、普通円虫Blood worm(Strongylus vulgaris)、羊縮小線虫Large-mouthed bowel worm(Chabertia ovina)、インド結節虫Nodular worm(Oesophagostomum brevicaudatum)、コロンビア腸結節虫Nodule worm(Oesophagostomum columbianum)、腸結節虫Nodule worm(Oesophagostomum dentatum)、アメリカ腸結節虫Nodular worm(Oesophagostomum georgianum)、腸結節虫Nodular worm(Oesophagostomum maplestonei)、豚結虫Nodular worm(Oesophagostomum quadrispinulatum)、牛腸結節虫Nodular worm(Oesophagostomum radiatum)、山羊腸結節虫Nodular worm(Oesophagostomum venulosum)、スクリジャビン虫(Syngamus skrjabinomorpha)、鶏開嘴虫Gapeworm(Syngamus trachea)、豚腎虫Swine kidney worm(Stephanurus dentatus)、クーペリアCattle bankrupt worm(Cooperia oncophora)、紅色毛様線虫Red stomach worm(Hyostrongylus rubidus)、皺胃毛様線虫Stomach hair worm(Trichostrongylus axei)、蛇状毛様線虫(Trichostrongylus colubriformis)、東洋毛様線虫Oriental trichostrongylus(Trichostrongylus orientalis)、捻転虫Red stomach worm(Haemonchus contortus)、牛捻転胃虫Cattle stomach worm(Mecistocirrus digitatus)、オステルターグ胃虫Brown stomach worm(Ostertagia ostertagi)、糸状肺虫Common lungworm(Dictyocaulus filaria)、牛肺虫Bovine lungworm(Dictyocaulus viviparus)、細毛円虫Thin-necked intestinal worm(Nematodirus filicollis)、豚肺虫Swine lungworm(Metastrongylus elongatus)、犬肺虫Lungworm(Filaroides hirthi)、毛細線虫Lungworm(Crenosoma aerophila)、キツネ肺虫Fox lungworm(Crenosoma vulpis)、広東住血線虫Rat lung worm(Angiostrongylus cantonensis)、住血線虫French heartworm(Angiostrongylus vasorum)、プロトストロンギラス属(Protostrongylus spp.)等の円虫目(Strongylida)線虫。

0125

イネシンガレセンチュウRice white tip nematode(Aphelenchoides besseyi)、イチゴセンチュウStrawberry foliar nematode(Aphelenchoides fragariae)、ハガレセンチュウChrysanthemum foliar nematode(Aphelenchoides ritzemabosi)、マツノザイセンチュウPine wood nematode(Bursaphelenchus xylophilus)等の葉線虫目(Aphelenchida)線虫。

0126

ジャガイモシロシストセンチュウWhite potato cyst nematode(Globodera pallida)、ジャガイモシストセンチュウPotato cyst nematode(Globodera rostochiensis)、ムギシストセンチュウCereal cyst nematode(Heterodera avenae)、ダイズシストセンチュウSoybean cyst nematode(Heterodera glycines)、テンサイシストセンチュウSugarbeet cyst nematode(Heterodera schachtii)、クローバシストセンチュウClover cyst nematode(Heterodera trifolii)、アレナリアネコブセンチュウPeanut root-knot nematode(Meloidogyne arenaria)、キタネコブセンチュウNorthern root-knot nematode(Meloidogyne hapla)、サツマイモネコブセンチュウSouthern root-knot nematode(Meloidogyne incognita)、ジャワネコブセンチュウJavanese root-knot nematode(Meloidogyne javanica)、リンゴネコブセンチュウApple root-knot nematode(Meloidogyne mali)、ミナミネグサレセンチュウCoffee root-lesion nematode(Pratylenchus coffeae)、ノコギリネグサレセンチュウ(Pratylenchus drenatus)、チャネグサレセンチュウTea root-lesion nematode(Pratylenchus loosi)、ムギネグサレセンチュウCalifornia root-lesion nematode(Pratylenchus neglectus)、キタネグサレセンチュウCobb's root-lesion nematode(Pratylenchus penetrans)、クルミネグサレセンチュウWalnut root-lesion nematode(Pratylenchus vulnus)、カンキツネモグリセンチュウCitrus burrowing nematode(Radopholus citrophilus)、バナナネモグリセンチュウBanana burrowing nematode(Radopholus similis)等のハリセンチュウ目(Tylenchida)線虫。

0127

ヒト蟯虫Pinworm(Enterobius vermicularis)、馬蟯虫Equine pinworm(Oxyuris equi)、ウサギ蟯虫Rabbit pinworm(Passalurus ambiguus)等の蟯虫目(Oxyurida)線虫、
豚回虫Pig roundworm(Ascaris suum)、馬回虫Horse roundworm(Parascaris equorum)、犬小回虫Dog roundworm(Toxascaris leonina)、犬回虫Dog intestinal roundworm(Toxocara canis)、猫回虫Feline roundworm(Toxocara cati)、牛回虫Large cattle roundworm(Toxocara vitulorum)、アニサキス属(Anisakis spp.)、シュードテラノーバ属(Pseudoterranova spp.)、鶏盲腸虫Caecal worm(Heterakis gallinarum)、鶏回虫Chicken roundworm(Ascaridia galli)等の回虫目(Ascaridida)線虫。

0128

メジナ虫Guinea worm(Dracunculus medinensis)、ドロレス口虫(Gnathostoma doloresi)、剛顎口虫(Gnathostoma hispidum)、日本顎口虫(Gnathostoma nipponicum)、有棘顎口虫Reddish‐coloured worm(Gnathostoma spinigerum)、犬胃虫Dog stomach worm(Physaloptera canis)、猫胃虫Cat stomach worm(Physaloptera felidis, P. praeputialis)、ラーラ胃虫Feline/canine stomach worm(Physaloptera rara)、東洋眼虫Eye worm(Thelazia callipaeda)、ロデシア眼虫Bovine eyeworm(Thelazia rhodesi)、大口馬胃虫Large mouth stomach worm(Draschia megastoma)、小口胃虫Equine stomach worm(Habronema microstoma)、ハエ胃虫Stomach worm(Habronema muscae)、美麗食道虫Gullet worm(Gongylonema pulchrum)、類円豚胃虫Thick stomach worm(Ascarops strongylina)、牛パラフィラリアParafilaria(Parafilaria bovicola)、多乳頭糸状虫(Parafilaria multipapillosa)、縄糸状虫(Stephanofilaria okinawaensis)、バンクロフト糸状虫Bancroft filaria(Wuchereria bancrofti)、マレー糸状虫(Brugia malayi)、頸部糸状虫Neck threadworm(Onchocerca cervicalis)、ギブソン糸状虫(Onchocerca gibsoni)、咽頭糸状虫Cattle filarial worm(Onchocerca gutturosa)、回旋糸状虫(Onchocerca volvulus)、指状糸状虫Bovine filarial worm(Setaria digitata)、馬糸状虫Peritoneal worm(Setaria equina)、乳頭糸状虫(Setaria labiatopapillosa)、マーシャル糸状虫(Setaria marshalli)、犬糸状虫Dog heartworm(Dirofilaria immitis)、ロア糸状虫African eye worm(Loaloa)等の旋尾線虫目(Spirurida)線虫。

0129

鎖状鉤頭虫(Moniliformis moniliformis)、大鉤頭虫Giant thorny-headed worm(Macracanthorhynchus hirudinaceus)等の鉤頭虫類

0130

広節裂頭条虫Fish tapeworm(Diphyllobothrium latum)、日本海裂頭条虫(Diphyllobothrium nihonkaiense)、マンソン裂頭条虫Manson tapeworm(Spirometra erinaceieuropaei)、大複殖門条虫(Diplogonoporus grandis)等の擬葉目(Pseudophyllidea)条虫。

0131

有線条虫(Mesocestoides lineatus)、有輪条虫Chicken tapeworm(Raillietina cesticillus)、棘溝条虫Fowl tapeworm(Raillietina echinobothrida)、方形条虫Chicken tapeworm(Raillietina tetragona)、胞状条虫Canine tapeworm(Taenia hydatigena)、多頭条虫Canine tapeworm(Taenia multiceps)、羊条虫Sheep measles(Taenia ovis)、豆状条虫Dog tapeworm(Taenia pisiformis)、無鉤条虫Beef tapeworm(Taenia saginata)、連節条虫Tapeworm(Taenia serialis)、有鉤条虫Pork tapeworm(Taenia solium)、猫条虫Feline tapeworm(Taenia taeniaeformis)、単包条虫Hydatid tapeworm(Echinococcus granulosus)、多包条虫Small fox tapeworm(Echinococcus multilocularis)、ヤマネ包条虫(Echinococcus oligarthrus)、フォゲル包条虫(Echinococcus vogeli)、縮小条虫Rat tapeworm(Hymenolepis diminuta)、小型条虫Dwarf tapeworm(Hymenolepis nana)、瓜実条虫Double-pored dog tapeworm(Dipylidium caninum)、楔状条虫(Amoebotaenia sphenoides)、漏斗状条虫(Choanotaenia infundibulum)、ウズラ条虫(Metroliasthes coturnix)、大条虫Equine tapeworm(Anoplocephala magna)、葉状条虫Cecal tapeworm(Anoplocephala perfoliata)、乳頭条虫Dwarf equine tapeworm(Paranoplocephala mamillana)、ベネデン条虫Common tapeworm(Moniezia benedeni)、拡張条虫Sheep tapeworm(Moniezia expansa)、スティレシア属(Stilesia spp.)等の円葉目(Cyclophyllidea)条虫。

0132

吸虫(Pharyngostomum cordatum)、ビルハルツ住血吸虫Blood fluke(Schistosoma haematobium)、日本住血吸虫Blood fluke(Schistosoma japonicum)、マンソン住血吸虫Blood fluke(Schistosoma mansoni)等の有壁吸虫目(Strigeidida)吸虫。

0133

移睾棘口吸虫(Echinostoma cinetorchis)、浅田棘口吸虫(Echinostoma hortense)、巨大肝蛭Giant liver fluke(Fasciola gigantica)、肝蛭Common liver fluke(Fasciola hepatica)、肥大吸虫(Fasciolopsis buski)、平腹双口吸虫(Homalogaster paloniae)等の棘口吸虫目(Echinostomida)吸虫。

0134

大陸型吸虫(Dicrocoelium chinensis)、槍型吸虫Lancet liver fluke(Dicrocoelium dendriticum)、アフリカ槍型吸虫African lancet fluke(Dicrocoelium hospes)、小型(Eurytrema coelomaticum)、膵蛭Pancreatic fluke(Eurytrema pancreaticum)、肺吸虫(Paragonimus miyazakii)、大平肺吸虫(Paragonimus ohirai)、ウエステルマン肺吸虫Lung fluke(Paragonimus westermani)等の斜睾吸虫目(Plagiorchiida)吸虫。

0135

アンフィメルス属(Amphimerus spp.)、肝吸虫Chinese liver fluke(Clonorchis sinensis)、猫肝吸虫Cat liver fluke(Opisthorchis felineus)、タイ肝吸虫Southeast Aasian liver fluke(Opisthorchis viverrini)、シュードアフィストーマム属(Pseudamphistomum spp.)、メトロキス属(Metorchis spp.)、パラメトロキス属(Parametorchis spp.)、異形吸虫Intestinal fluke(Heterophyes heterophyes)、横川吸虫(Metagonimus yokokawai)、前腸異形吸虫(Pygidiopsis summa)等の後睾吸虫目(Opisthorchiida)吸虫。

0136

赤痢アメーバ(Entamoeba histolytica, E. invadens)等のアメーバ類

0137

フタバベシア(Babesia bigemina)、牛バベシア(Babesia bovis)、大形馬バベシア(Babesia caballi)、犬バベシア(Babesia canis)、猫バベシア(Babesia felis)、ギブソン犬バベシア(Babesia gibsoni)、大型ピロプラズマ(Babesia ovata)、サイタウクスゾーンフェリス(Cytauxzoon felis)、熱帯ピロプラズマ病タイレリア(Theileria annulata)、仮性沿岸熱タイレリア(Theileria mutans)、小型ピロプラズマ(Theileria orientalis)、東沿岸熱タイレリア(Theileria parva)等のピロプラズマ目(Piroplasmida)胞子虫類

0138

ヘモプロテウス・マンソニ(Haemoproteus mansoni)、鶏ロイコチトゾーン(Leucocytozoon caulleryi)、熱帯熱マラリア原虫(Plasmodium falciparum)、四日熱マラリア原虫(Plasmodium malariae)、卵形マラリア原虫(Plasmodium ovale)、三日熱マラリア原虫(Plasmodium vivax)等の住血胞子虫目(Haemosporida)胞子虫類。

0139

カリオスポラ属(Caryospora spp.)、エイメリアアセルブリナ(Eimeria acervulina)、エイメリア・ボビス(Eimeria bovis)、エイメリア・ブルネッチ(Eimeria brunetti)、エイメリア・マクシマ(Eimeria maxima)、エイメリア・ネカトリクス(Eimeria necatrix)、エイメリア・オビノイリス(Eimeria ovinoidalis)、ウサギ肝コクシジウム(Eimeria stiedae)、鶏盲腸コクシジウム(Eimeria tenella)、犬イソスポーラ(Isospora canis)、猫イソスポーラ(Isospora felis)、豚イソスポーラ(Isospora suis)、ティゼリア・アレニ(Tyzzeria alleni)、ティゼリア・アンセリス(Tyzzeria anseris)、ティゼリア・パーニシオサ(Tyzzeria perniciosa)、ウェニョネラ・アナティス(Wenyonella anatis)、ウェニョネラ・ガガリ(Wenyonella gagari)、犬クリプトスポリジウム(Cryptosporidium canis)、猫クリプトスポリジウム(Cryptosporidium felis)、ヒトクリプトスポリジウム(Cryptosporidium hominis)、シチメンチョウクリプトスポリジウム(Cryptosporidium meleagridis)、ネズミクリプトスポリジウム(Cryptosporidium muris)、小形クリプトスポリジウム(Cryptosporidium parvum)、サルコシスチスカニス(Sarcocystis canis)、クルーズ胞子虫(Sarcocystis cruzi)、サルコシスチス・フェリス(Sarcocystis felis)、ヒト肉胞子虫(Sarcocystis hominis)、サルコシスチス・ミーシェリアナ(Sarcocystis miescheriana)、サルコシスチス・ニューロナ(Sarcocystis neurona)、サルコシスチス・テネラ(Sarcocystis tenella)、サルコシスチス・オバリス(Sarcocystis ovalis)、トキソプラズマ(Toxoplasma gondii)、犬ヘパトゾーン(Hepatozoon canis)、猫ヘパトゾーン(Hepatozoon felis)等の真コクシジウム目(Eucoccidiorida)胞子虫類。

0140

大腸バランチジウム(Balantidium coli)等の前庭目(Vestibuliferida)繊毛虫類

0141

ヒストモナス(Histomanas meleagridis)、腸トリコモナス(Pentatrichomonas hominis)、口腔トリコモナス(Trichomonas tenax)等のトリコモナス目(Trichomonadida)鞭毛虫類

0142

ランブル鞭毛虫(Giardia intestinalis)、ジアルディア・ムリス(Giardia muris)、シチメンチョウヘキサミタ(Hexamita meleagridis)、ヘキサミタ・パルバ(Hexamita parva)等のディプロモナス目(Diplomonadida)鞭毛虫類。

0143

ドノバンリーシュマニア(Leishmania donovani)、幼児リーシュマニア(Leishmania infantum)、大形リーシュマニア(Leishmania major)、熱帯リーシュマニア(Leishmania tropica)、ガンビアトリパノソーマ(Trypanosoma brucei gambiense)、ローデシアトリパノソーマ(Trypanosoma brucei rhodesiense)、クルーズトリパノソーマ(Trypanosoma cruzi)、媾疫トリパノソーマ(Trypanosoma equiperdum)、エバンストリパノソーマ(Trypanosoma evansi)等のキネトプラスト目(Kinetoplastida)鞭毛虫類。

0144

本明細書における「植物」とは、ヒトの食料として栽培される穀類や果樹・野菜、家畜・家禽等の飼料作物、その姿や形をでる鑑賞植物、或いは公園街路等の植栽等の維管束植物(Tracheophyta)を意味し、具体的に例えば、以下の植物が挙げられるが、植物の具体例はこれらのみに限定されるものではない。

0145

アカマツJapanese Red Pine(Pinus densiflora)、ヨーロッパアカマツScots Pine(Pinus sylvestris)、クロマツJapanese Black Pine(Pinus thunbergii)等のマツ科(Pinaceae)等に属するマツ目(Pinales)植物。

0146

コショウPepper(Piper nigrum)等のコショウ科(Piperaceae)、アボカドAvocado(Persea americana)等のクスノキ科(Lauraceae)等に属するモクレン類(magnoliids)、
コンニャクKonjac(Amorphophallus konjac)、サトイモEddoe(Colocasia esculenta)等のサトイモ科(Araceae)、ナガイモChinese yam(Dioscorea batatas)、ヤマノイモJapanese yam(Dioscorea japonica)等のヤマノイモ科(Dioscoreaceae)、リーキLeek(Allium ampeloprasum var. porrum)、タマネギOnion(Allium cepa)、ラッキョウRakkyo(Allium chinense)、ネギWelsh onion(Allium fistulosum)、ニンニクGarlic(Allium sativum)、チャイブChives(Allium schoenoprasum)、アサツキChive(Allium schoenoprasum var. foliosum)、ニラOriental garlic(Allium tuberosum)、ワケギScallion(Allium x wakegi)等のネギ科(Alliaceae)、アスパラガスAsparagus(Asparagus officinalis)等のクサスギカズラ科(Asparagaceae)、ココヤシCoconut palm(Cocos nucifera)、ギニアアブラヤシOil palm(Elaeis guineensis)等のヤシ科(Arecaceae)アレカヤシ亜科(Arecoideae)、ナツメヤシDate palm(Phoenix dactylifera)等のヤシ科(Arecaceae)タリポットヤシ亜科(Coryphoideae)、パイナップルPineapple(Ananas comosus)等のパイナップル科(Bromeliaceae)、イネRice(Oryza sativa)等のイネ科(Poaceae)エールハルタ亜科(Ehrhartoideae)、ベントグラスBent grass(Agrostis spp.)、ブルーグラスBlue grass(Poa spp.)、オオムギBarley(Hordeum vulgare)、コムギWheat(Triticum aestivum, T. durum)、ライムギRye(Secale cereale)等のイネ科(Poaceae)イチゴツナギ亜科(Pooideae)、ギョウギシバBermuda grass(Cynodon dactylon)、シバGrass(Zoysia spp.)等のイネ科(Poaceae)ヒゲシバ亜科(Chloridoideae)、サトウキビSugarcane(Saccharum officinarum)、ソルガムSorgum(Sorghum bicolor)、トウモロコシCorn(Zea mays)等のイネ科(Poaceae)キビ亜科(Panicoideae)、バナナBanana(Musa spp.)等のバショウ科(Musaceae)、ミョウガMyoga(Zingiber mioga)、ショウガGinger(Zingiber officinale)等のショウガ科(Zingiberaceae)等に属する単子葉類(monocots)。

0147

レンコンLotus root(Nelumbo nucifera)等のハス科(Nelumbonaceae)、ラッカセイPeanut(Arachis hypogaea)、ヒヨコマメChickpea(Cicer arietinum)、ヒラマメLentil(Lens culinaris)、エンドウPea(Pisum sativum)、ソラマメBroad bean(Vicia faba)、ダイズSoybean(Glycine max)、インゲンマメCommon bean(Phaseolus vulgaris)、アズキAdzuki bean(Vigna angularis)、ササゲCowpea(Vigna unguiculata)等のマメ科Fabaceae)、ホップHop(Humulus lupulus)等のアサ科(Cannabaceae)、イチジクFig Tree(Ficus carica)、クワMulberry(Morus spp.)等のクワ科(Moraceae)、ナツメCommon jujube(Ziziphus jujuba)等のクロウメモドキ科(Rhamnaceae)、イチゴStrawberry(Fragaria)、バラRose(Rosa spp.)等のバラ科(Rosaceae)バラ亜科(Rosoideae)、ビワJapanese loquat(Eriobotrya japonica)、リンゴApple(Malus pumila)、セイヨウナシEuropean Pear(Pyrus communis)、ナシNashi Pear(Pyrus pyrifolia var. culta)等のバラ科(Rosaceae)ナシ亜科(Maloideae)、モモPeach(Amygdalus persica)、アンズApricot(Prunus armeniaca)、オウトウCherry(Prunus avium)、プルーンPrune(Prunus domestica)、アーモンドAlmond(Prunus dulcis)、ウメJapanese Apricot(Prunus mume)、スモモJapanese Plum(Prunus salicina)、オオシマザクラ(Cerasus speciosa)、ソメイヨシノ(Cerasus x yedoensis‘Somei-yoshino’)等のバラ科(Rosaceae)サクラ亜科(Prunoideae)、トウガンWinter melon(Benincasa hispida)、スイカWatermelon(Citrullus lanatus)、ユウガオBottle gourd(Lagenaria siceraria var. hispida)、ヘチマLuffa(Luffa cylindrica)、カボチャPumpkin(Cucurbita spp.)、ズッキーニZucchini(Cucurbita pepo)、ニガウリBitter melon(Momordica charantia var. pavel)、メロンMuskmelon(Cucumis melo)、シロウリOriental pickling melon(Cucumis melo var. conomon)、マクワウリOriental melon(Cucumis melo var. makuwa)、キュウリCucumber(Cucumis sativus)等のウリ科(Cucurbitaceae)、クリJapanese Chestnut(Castanea crenata)等のブナ科(Fagaceae)、クルミWalnut(Juglans spp.)等のクルミ科(Juglandaceae)、カシューナッツCashew(Anacardium occidentale)、マンゴーMango(Mangifera indica)、ピスタチオPistachio(Pistacia vera)等のウルシ科(Anacardiaceae)、サンショウJapanese pepper(Zanthoxylum piperitum)等のミカン科(Rutaceae)ヘンルーダ亜科(Rutoideae)、ダイダイBitter orange(Citrus aurantium)、ライムLime(Citrus aurantifolia)、ハッサクHassaku orange(Citrus hassaku)、ユズYuzu(Citrus junos)、レモンLemon(Citrus limon)、ナツミカンNatsumikan(Citrus natsudaidai)、グレーフルーツGrapefruit(Citrus x paradisi)、オレンジOrange(Citrus sinensis)、カボスKabosu(Citrus sphaerocarpa)、スダチSudachi(Citrus sudachi)、ポンカンMandarin Orange(Citrus tangerina)、ウンシュウミカンSatsuma(Citrus unshiu)、キンカンKumquat(Fortunella spp.)等のミカン科(Rutaceae)ミカン亜科(Aurantioideae)、セイヨウワサビHorseradish(Armoracia rusticana)、カラシナMustard(Brassica juncea)、タカナTakana(Brassica juncea var. integrifolia)、セイヨウアブラナRapeseed(Brassica napus)、カリフラワーCauliflower(Brassica oleracea var. botrytis)、キャベツCabbage(Brassica oleracea var. capitata)、メキャベツBrussels sprout(Brassica oleracea var. gemmifera)、ブロッコリーBroccoli(Brassica oleracea var. italica)、チンゲンサイGreen pak choi(Brassica rapa var. chinensis)、ノザワナNozawana(Brassica rapa var. hakabura)、アブラナNapa cabbage(Brassica rapa var. nippo-oleifera)、ミズナPotherb Mustard(Brassica rapa var. nipposinica)、ハクサイNapa cabbage(Brassica rapa var. pekinensis)、コマツナTurnip leaf(Brassica rapa var. perviridis)、カブTurnip(Brassica rapa var. rapa)、ルッコラGarden rocket(Eruca vesicaria)、ダイコンDaikon(Raphanus sativus var. longipinnatus)、ワサビWasabi(Wasabia japonica)等のアブラナ科(Brassicaceae)、パパイアPapaya(Carica papaya)等のパパイア科(Caricaceae)、オクラOkra(Abelmoschus esculentus)、ワタCotton plant(Gossypium spp.)、カカオCacao(Theobroma cacao)等のアオイ科(Malvaceae)、ブドウGrape(Vitis spp.)等のブドウ科(Vitaceae)、テンサイSugar beet(Beta vulgaris ssp. vulgaris var. altissima)、テーブルビートTable beet(Beta vulgaris ssp. vulgaris var. vulgaris)、ホウレンソウSpinach(Spinacia oleracea)等のヒユ科(Amaranthaceae)、ソバBuckweat(Fagopyrum esculentum)等のタデ科(Polygonaceae)、カキKaki Persimmon(Diospyros kaki)等のカキノキ科(Ebenaceae)、チャTea plant(Camellia sinensis)等のツバキ科(Theaceae)、キウイフルーツKiwifruit(Actinidia deliciosa, A. chinensis)等のマタタビ科(Actinidiaceae)、ブルーベリーBlueberry(Vaccinium spp.)、クランベリーCranberry(Vaccinium spp.)等のツツジ科(Ericaceae)、コーヒーノキCoffee plants(Coffea spp.)等のアカネ科(Rubiaceae)、レモンバームLemon balm(Melissa officinalis)、ミントMint(Mentha spp.)、バジルBasil(Ocimum basilicum)、シソShiso(Perilla frutescens var. crispa)、エゴマ(Perilla frutescens var. frutescens)、セージCommon Sage(Salvia officinalis)、タイムThyme(Thymus spp.)等のシソ科(Lamiaceae)、ゴマSesame(Sesamum indicum)等のゴマ科(Pedaliaceae)、オリーブOlive(Olea europaea)等のモクセイ科(Oleaceae)、サツマイモSweet potato(Ipomoea batatas)等のヒルガオ科(Convolvulaceae)、トマトTomato(Solanum lycopersicum)、ナスEggplant(Solanum melongena)、ジャガイモPotato(Solanum tuberosum)、トウガラシChili pepper(Capsicum annuum)、ピーマンBell pepper(Capsicum annuum var. 'grossum')、タバコTobacco(Nicotiana tabacum)等のナス科(Solanaceae)、セロリCelery(Apium graveolens var. dulce)、コリアンダーCoriander(Coriandrum sativum)、ミツバJapanese honeywort(Cryptotaenia Canadensis subsp. japonica)、ニンジンCarrot(Daucus carota subsp. sativus)、パセリParsley(Petroselium crispum)、イタリアンパセリItalian parsley(Petroselinum neapolitanum)等のセリ科(Apiaceae)、ウドUdo(Aralia cordata)、タラノキ(Aralia elata)等のウコギ科(Araliaceae)、アーティチョークArtichoke(Cynara scolymus)等のキク科(Asteraceae)アザミ亜科(Carduoideae)、キクニガナChicory(Cichorium intybus)、レタスLettuce(Lactuca sativa)等のキク科(Asteraceae)タンポポ亜科(Asteraceae)、キクFlorists’ daisy(Dendranthema grandiflorum)、シュンギクCrown daisy(Glebionis coronaria)、ヒマワリSunflower(Helianthus annuus)、フキFuki(Petasites japonicus)、ゴボウBurdock(Arctium lappa)等のキク科(Asteraceae)キク亜科(Asteraceae)等に属する真正双子葉類(eudicots)。

0148

本明細書における「動物」とは、ヒト又は伴侶動物・愛玩動物や家畜・家禽、さらには研究・実験動物等の脊椎動物(Vertebrata)を意味し、具体的に例えば、以下の動物が挙げられるが、動物の具体例はこれらのみに限定されるものではない。

0149

サオマキザルTufted capuchin(Cebus apella)等のオマキザル科(Cebidae)、カニクイザルCrab-eating macaque(Macaca fascicularis)、アカゲザルRhesus macaque(Macaca mulatta)等のオナガザル科(Cercopithecidae)、チンパンジーChimpanzee(Pan troglodytes)、ヒトHuman(Homo sapiens)等のヒト科(Hominidae)、アナウサギEuropean rabbit(Oryctolagus cuniculus)等のウサギ科(Leporidae)、チンチラLong-tailed chinchilla(Chinchillalanigera)等のチンチラ科(Chinchillidae)、モルモットGuinea pig(Cavia porcellus)等のテンジクネズミ科(Caviidae)、ゴールデンハムスターGolden hamster(Mesocricetus auratus)、ヒメキヌゲネズミDjungarian hamster(Phodopus sungorus)、モンゴルキヌゲネズミChinese hamster(Cricetulus griseus)等のキヌゲネズミ科(Cricetidae)、スナネズミMongolian gerbil(Meriones unguiculatus)、ハツカネズミHouse mouse(Mus musculus)、クマネズミBlack rat(Rattus rattus)等のネズミ科(Muridae)、シマリスChipmunk(Tamias sibiricus)等のリス科(Sciuridae)、ヒトコブラクダDromedary(Camelus dromedarius)、フタコブラクダBactrian camel(Camelus bactrianus)、アルパカAlpaca(Vicugna pacos)、リャマLlama(Lama glama)等のラクダ科(Camelidae)、ブタPig(Sus scrofa domesticus)等のイノシシ科(Suidae)、トナカイReindeer(Rangifer tarandus)、アカシカRed deer(Cervus elaphus)等のシカ科(Cervidae)、ヤクYak(Bos grunniens)、ウシCattle(Bos taurus)、アジアスイギュウWater buffalo(Bubalus arnee)、ヤギGoat(Capra hircus)、ヒツジSheep(Ovis aries)等のウシ科(Bovidae)、イエネコCat(Felis silvestris catus)等のネコ科(Felidae)、イエイヌDog(Canis lupus familiaris)、アカギツネRed fox(Vulpes vulpes)等のイヌ科(Canidae)、ヨーロッパミンクEuropean mink(Mustela lutreola)、アメリカミンクAmerican mink(Mustela vison)、フェレットFerret(Mustela putorius furo)等のイタチ科(Mustelidae)、ロバDonkey(Equus asinus)、ウマHorse(Equus caballus)等のウマ科(Equidae)、アカカンガルーRed kangaroo(Macropus rufus)等のカンガルー科(Macropodidae)等に属する哺乳類(Mammalia)。

0150

ダチョウOstrich(Struthio camelus)等のダチョウ科(Struthionidae)、アメリカレアAmerican rhea(Rhea americana)等のレア科(Rheidae)、エミューEmu(Dromaius novaehollandiae)等のエミュー科(Dromaiidae)、ライチョウPtarmigan(Lagopus muta)、シチメンチョウWild turkey(Meleagris gallopavo)、ウズラJapanese quail(Coturnix japonica)、ニワトリChicken(Gallus gallus domesticus)、コウライキジCommon pheasant(Phasianus colchicus)、キンケイGolden pheasant(Chrysolophus pictus)、インドクジャクIndian peafowl(Pavo cristatus)等のキジ科(Phasianidae)、ホロホロチョウHelmeted guineafowl(Numida meleagris)等のホロホロチョウ科(Numididae)、マガモMallard(Anas platyrhynchos)、アヒルDomesticated duck(Anas platyrhynchos var.domesticus)、カルガモSpot-billed duck(Anas poecilorhyncha)、ハイイロガンGreylag goose(Anser anser)、サカツラガンSwan goose(Anser cygnoides)、オオハクチョウWhooper swan(Cygnus cygnus)、コブハクチョウMute swan(Cygnus olor)等のカモ科(Anatidae)、カワラバトRock dove(Columba livia)、キジバトOriental turtle dove(Streptopelia orientalis)、コキジバトEuropean turtle dove(Streptopelia turtur)等のハト科(Columbidae)、キバタンSulphur-crested cockatoo(Cacatua galerita)、モモイロインコGalah(Eolophus roseicapilla)、オカメインコCockatiel(Nymphicus hollandicus)等のオウム科(Cacatuidae)、コザクラインコRosy-faced lovebird(Agapornis roseicollis)、ルリコンゴウインコBlue-and-yellow macaw(Ara ararauna)、コンゴウインコScarlet Macaw(Ara macao)、セキセイインコBudgerigar(Melopsittacus undulatus)、ヨウムAfrican grey parrot(Psittacus erithacus)等のインコ科(Psittacidae)、キュウカンチョウCommon hill myna(Gracula religiosa)等のムクドリ科(Sturnidae)、ベニスズメRed avadavat(Amandava amandava)、キンカチョウZebra finch(Taeniopygia guttata)、ジュウシマツBengalese finch(Lonchura striata var. domestica)、ブンチョウJava sparrow(Padda oryzivora)等のカエデチョウ科(Estrildidae)、カナリアDomestic canary(Serinus canaria domestica)、ゴシキヒワEuropean goldfinch(Carduelis carduelis)等のアトリ科(Fringillidae)等に属する鳥類(Aves)。

0151

エボシカメレオンVeiled chameleon(Chamaeleo calyptratus)等のカメレオン科(Chamaeleonidae)、グリーンイグアナGreen iguana(Iguana iguana)、グリーンアノールCarolina anole(Anolis carolinensis)等のイグアナ科(Iguanidae)、ナイルオオトカゲNile monitor(Varanusniloticus)、ミズオオトカゲWater monitor(Varanus salvator)等のオオトカゲ科(Varanidae)、オマキトカゲSolomon islandsskink(Corucia zebrata)等のトカゲ科(Scincidae)、スジオナメラBeauty rat snake(Elaphe taeniura)等のナミヘビ科(Colubridae)、アカオボアBoa constrictor(Boa constrictor)等のボア科(Boidae)、インドニシキヘビIndian python(Python molurus)、アミメニシキヘビReticulated python(Python reticulatus)等のニシキヘビ科(Pythonidae)、カミツキガメCommon snappingturtle(Chelydra serpentina)等のカミツキガメ科(Chelydridae)、キスイガメDiamondback terrapin(Malaclemys terrapin)、アカミミガメPond slider(Trachemys scripta)等のヌマガメ科(Emydidae)、ニホンイシガメJapanese pond turtle(Mauremys japonica)等のイシガメ科(Geoemydidae)、ヨツユビリクガメCentral Asian tortoise(Agrionemys horsfieldii)等のリクガメ科(Testudinidae)、スッポンSoft-shelled turtle(Pelodiscus sinensis)等のスッポン科(Trionychidae)、アメリカアリゲーターAmerican alligator(Alligator mississippiensis)、クロカイマンBlack caiman(Melanosuchus niger)等のアリゲータ科(Alligatoridae)、シャワニSiamese crocodile(Crocodylus siamensis)等のクロコダイル科(Crocodylidae)等に属する爬虫類(Reptilia)。

0152

コイCarp(Cyprinus carpio)、キンギョGoldfish(Carassius auratus auratus)、ゼブラフィッシュZebrafish(Daniorerio)等のコイ科(Cyprinidae)、クーリーローチKuhli loach(Pangio kuhlii)等のドジョウ科(Cobitidae)、ピラニア・ナッテリーRed piranha(Pygocentrusnattereri)、ネオンテトラNeon tetra(Paracheirodon innesi)等のカラシン科(Characidae)、シナノユキマスMaraena whitefish(Coregonus lavaretus maraena)、ギンザケCoho salmon(Oncorhynchus kisutsh)、ニジマスRainbow trout(Oncorhynchus mykiss)、マスノスケChinook salmon(Oncorhynchus tshawytscha)、タイセイヨウサケAtlantic salmon(Salmo salar)、ブラウントラウトBrown trout(Salmo trutta)等のサケ科(Salmonidae)、タイリクスズキSpotted sea bass(Lateolabrax maculatus)等のスズキ科(Percichthyidae)、キンギョハナダイSea goldie(Pseudanthias squamipinnis)、クエLongtooth grouper(Epinephelus bruneus)、マハタConvict grouper(Epinephelus septemfasciatus)等のハタ科(Serranidae)、ブルーギルBluegill(Lepomis macrochirus)等のサンフィッシュ科(Centrarchidae)、シマアジWhite trevally(Pseudocaranx dentex)、カンパチGreater amberjack(Seriola dumerili)、ブリJapanese amberjack(Seriola quinqueradiata)等のアジ科(Carangidae)、マダイRed sea bream(Pagrus major)等のタイ科(Sparidae)、ナイルティラピアNile tilapia(Oreochromisniloticus)、スカラレ・エンゼルAngelfish(Pterophyllum scalare)等のシクリッド科(Cichlidae)、クロマグロPacific bluefin tuna(Thunnus orientalis)等のサバ科(Scombridae)、トラフグJapanese pufferfish(Takifugu rubripes)等のフグ科(Tetraodontidae)等に属する真骨魚類(Actinopterygii)。

0153

本明細書における「有用昆虫」とは、その生産物を利用することで人間の生活に役立てたり、果樹・野菜の受粉に用いる等の農作業の効率化等に役立つ昆虫を意味し、具体的に例えば、ニホンミツバチJapanese honeybee(Apis cerana japonica)、セイヨウミツバチWestern honey bee(Apis mellifera)、マルハナバチBumblebee(Bombus consobrinus wittenburgi、B. diversus diversus、B. hypocrita hypocrita、B. ignitus、B. terrestris)、マメコバチHornfaced bee(Osmia cornifrons)、カイコSilkworm(Bombyx mori)等が挙げられるが、有用昆虫の具体例はこれらに限定されるものではない。

0154

本明細書における「天敵」とは、捕食や寄生によって特定の種の生物、特に農作物を加害する特定の種の生物を死に至らしめる又はその繁殖を抑制する生物を意味し、具体的に例えば、以下の生物が挙げられるが、天敵の具体例はこれらのみに限定されるものではない。

0155

ササカワハモグリコマユバチ(Dacnusa sasakawai)、ハモグリコマユバチ(Dacnusa sibirica)、コレマンアブラバチ(Aphidius colemani)、アオムシコマユバチ(Apanteles glomeratus)等のコマユバチ科(Braconidae)、キアシアブラコバチ(Aphelinus albipodus)、チャバラアブラコバチ(Aphelinus asychis)、ワタアブラコバチ(Aphelinus gossypii)、クロスジアブラコバチ(Aphelinus maculatus)、アブラコバチ(Aphelinus varipes)、オンシツツヤコバチ(Encarsia formosa)、サバクツヤコバチ(Eretmocerus eremicus)、チチュウカイツヤコバチ(Eretmocerus mundus)等のツヤコバチ科(Aphelinidae)及びハモグリヤドリヒメコバチ(Chrysocharis pentheus)、ハモグリミドリヒメコバチ(Neochrysocharis formosa)、イサエアヒメコバチ(Diglyphus isaea)、カンムリヒメコバチ(Hemiptarsenus varicornis)等のヒメコバチ科(Eulophidae)等に属する寄生蜂Parasitic wasp;ショクガタバエAphidophagous gall midge(Aphidoletes aphidimyza);ナナホシテントウSeven-spot ladybird(Coccinella septempunctata);ナミテントウAsian lady beetle(Harmonia axyridis);ヒメカメノコテントウPredatory beetle(Propylea japonica);コヒメハナカメムシ(Orius minutus)、ツヤヒメハナカメムシ(Orius nagaii)、ナミヒメハナカメムシ(Orius sauteri)、タイリクヒメハナカメムシMinute pirate bug(Orius strigicollis)等のハナカメムシ科(Anthocoridae)に属する捕食性カメムシAnthocorid predatory bug;クロヒョウタンカスミカメ(Pilophorus typicus)、タバコカスミカメ(Nesidiocoris tenuis)等のカスミカメムシ科(Miridae)に属する捕食性カメムシPredatory mirid;アリガタシマアザミウマ(Franklinothrips vespiformis)等のシマアザミウマ科(Aeolothripidae)に属する捕食性アザミウマPredatory thrips;フタモンクサカゲロウ(Dichochrysa formosanus)、ヤマトクサカゲロウ(Chrysoperla nipponensis)等のクサカゲロウ科(Chrysopidae)に属するクサカゲロウGreen lacewing;ミヤコカブリダニ(Neoseiulus californicus)、ククメリスカブリダニ(Amblyseius cucumeris)、デジェネランスカブリダニ(Amblyseius degenerans)、スワルスキーカブリダニ(Amblyseius swirskii)、チリカブリダニ(Phytoseiulus persimilis)等のカブリダニ科(Phytoseiidae)に属するカブリダニPredatory mite;キクヅキコモリグモWolf spider(Pardosa pseudoannulata);ハナグモCrab spider(Misumenops tricuspidatus)。

0156

式(I)で表される本発明化合物は、例えば以下の方法により製造することが出来る。

0157

製造法

0158

0159

式(II)[式中、G2、A、Y1、Y2、R1、R2、R3、R4、R5及びmは前記と同じ意味を表す。]で表される化合物又はその塩(例えば塩酸塩臭化水素酸塩トリフルオロ酢酸塩、p−トルエンスルホン酸塩等)と式(III)[式中、G1は前記の意味を表す。]で表される化合物とを、例えば、テトラへドロン[Tetraheadron]2001年、57巻、1551項、テトラへドロン・レターズ[Tetraheadron Lett.]1997年、38巻、4853項、テトラへドロン・レターズ[Tetraheadron Lett.]1994年、31巻、5603項、ザ・ジャーナルオブオーガニックケミストリー[J. Org. Chem]2004年、69巻、55項等に記載の一般的な縮合剤を用いた縮合反応の方法条件を用いて反応させることにより、式(I)[式中、G1、G2、A、Y1、Y2、R1、R2,R3、R4、R5及びmは前記と同じ意味を表す。]で表される本発明化合物を得ることができる。

0160

ここで用いられる(III)で表される化合物の或るものは公知化合物であり、一部は市販品として入手できる。また、それ以外のものも文献記載の公知の方法を用いて合成することができる。

0161

製造法B

0162

0163

式(I)においてR5が水素原子である式(Ia)[式中、G1、G2、A、Y1、Y2、R1、R2,R3、R4及びmは前記と同じ意味を表す。]で表される本発明化合物1等量と1〜10等量の式(IV)[式中、R5は水素原子、-OH、C1〜C4アルコキシ及びC1〜C4ハロアルコキシ以外の前記と同じ意味を表し、J1は塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子、C1〜C4アルキルカルボニルオキシ(例えば、ピバロイルオキシ等)、C1〜C4アルキルスルホネート(例えば、メタンスルホニルオキシ等)、C1〜C4ハロアルキルスルホネート(例えば、トリフルオロメタンスルホニルオキシ等)、アリールスルホネート(例えば、ベンゼンスルホニルオキシ、p-トルエンスルホニルオキシ等)又はアゾリル(例えば、イミダゾール-1-イル等)等の良好な脱離基を表す。]で表される化合物とを、必要ならばtert-ブチルメチルエーテルテトラヒドロフラン、1,4−ジオキサンアセトニトリル又はN,N−ジメチルホルムアミド等の極性溶媒を用い、必要ならば、式(Ia)で表される化合物1等量に対して、1〜3等量の水素化ナトリウム、カリウムtert-ブトキシド水酸化カリウム炭酸カリウムトリエチルアミン又はピリジン等の塩基存在下、0〜90℃の温度範囲で10分から24時間反応させることにより、式(I)[式中、G1、G2、A、Y1、Y2、R1、R2,R3、R4、R5及びmは前記と同じ意味を表す。]で表される本発明化合物を得ることができる。

0164

ここで用いられる式(IV)で表される化合物の或るものは公知化合物であり、一部は市販品として購入できる。また、それ以外のものも、公知文献記載の一般的な合成法に準じて合成できる。

0165

製造法C

0166

0167

式(V)[式中、G1、A、Y1、R1、R2、R3、R4及びR5は前記と同じ意味を表し、J2は塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子、C1〜C4ハロアルキルスルホネート基(例えば、トリフルオロメタンスルホニルオキシ基等を表す。]で表される化合物と式(VI)[式中、G2、Y2及びmは前記と同じ意味を表し、Raはメチル又はエチルを表す。]で表される化合物とを、例えば、シンセティックコミュニケーションズ[Synthetic communications]2012年、42巻、1622項等に記載の方法に準じて、テトラブチルアンモニウムフルオリド等の存在下、園頭カップリング反応条件を用いて反応させることにより、式(I)[式中、G1、G2、A、Y1、Y2、R1、R2,R3、R4、R5及びmは前記と同じ意味を表す。]で表される本発明化合物を得ることができる。

0168

製造法A〜製造法Cにおいて、反応終了後反応混合物は、直接濃縮、又は有機溶媒に溶解し、水洗、又は氷水投入有機溶媒抽出後濃縮といった通常の後処理を行い、目的のフェニルアセチレン置換アミド化合物を得ることができる。また、精製の必要が生じたときには、再結晶カラムクロマトグラフ薄層クロマトグラフ液体クロマトグラフ等の任意の精製方法によって分離、精製することができる。

0169

製造法Aで用いられる式(II)で表される化合物は、例えば反応式1のようにして合成することができる。

0170

反応式1

0171

0172

式(VII)[式中、A、Y1、R1、R2、R3、R4、R5及びJ2は前記と同じ意味を表す。]で表される化合物と式(VI)[式中、G2、Y2、Ra及びmは前記と同じ意味を表す。]で表される化合物とを、製造法Cと同様にして反応させることにより、式(VIII)[式中、G2、A、Y1、Y2、R1、R2、R3、R4、R5及びmは前記の意味を表す。]で表される化合物を得ることができる。

0173

このようにして得られた式(VIII)で表される化合物を、例えば欧州特許公報(EP 1,574,511号公報)、国際特許出願公報(WO 2008/021927号公報)、国際特許出願公報(WO 2010/075200号公報)等に記載の方法に準じて、塩酸、臭化水素酸、トリフルオロ酢酸等と反応させて脱保護することにより、式(II)[式中、G2、A、Y1、Y2、R1、R2、R3、R4、R5及びmは前記と同じ意味を表す。]で表される化合物又はその塩(例えば塩酸塩、臭化水素酸塩、トリフルオロ酢酸塩等)を得ることができる。

0174

ここで用いられる式(VII)で表される化合物の或るものは、例えば、国際特許出願公報(WO 2015/125824号公報)等に記載の公知の化合物であり、それ以外の化合物についても公知の化合物に関する合成法、あるいは反応式2の様にして合成することができる。

0175

反応式2

0176

0177

式(IX)[式中、Y1、R1、R2及びJ2は前記と同じ意味を表す。]で表される化合物を、例えば、シンセティック・コミュニケーションズ[Synthetic communications] 2014年、44巻、1600項、バイオオーガニック・アンド・メディシナル・ケミストリー・レターズ[Bioorganic & Med. Chem. Lett]2011年、21巻、1434項等に記載の方法に準じて、式(X)[式中、R3は前記と同じ意味を表し、J3は塩素原子、臭素原子、又はヨウ素原子を表す。]で表される公知のグリニャール反応剤と反応させるか、又は、式(XI)[式中、R3は前記の意味を表す。]で表される公知のリチウム反応剤と反応させた後、水素化ホウ素ナトリウム等を用いて還元することにより、式(XII)[式中、A、Y1、R1、R2、R3及びJ2は前記と同じ意味を表す。]で表される化合物を得ることができる。

0178

このようにして得られた式(XII)で表される化合物を、例えば、国際特許出願公報(WO2016/187384号公報)の方法に準じて、二炭酸ジ−tert−ブチルと反応させることにより、式(VII)においてR5が水素原子である(VIIa)[式中、A、Y1、R1、R2、R3及びJ2は前記と同じ意味を表す。]で表される化合物を得ることができる。

0179

ここで用いられる式(IX)で表される化合物の或るものは、例えば、国際特許出願公報(WO 2015/125824号公報)等に記載の公知の化合物であり、またそれ以外の化合物についても、公知化合物の合成法を用いて合成することができる。

0180

製造法C及び反応式1で用いられる式(VI)で表される化合物の或るものは公知化合物であり、それ以外のものは、反応式3の様にして合成することができる。

0181

反応式3

0182

0183

式(XIII)[式中、Y2及びmは前記と同じ意味を表し、J4は塩素原子、臭素原子又はヨウ素原子を表す。]で表される化合物と、式(XIV)[式中G2は前記と同じ意味を表し、J5はフッ素原子、塩素原子、臭素原子を表す。]で表される化合物とを、例えば、国際特許出願公報(WO2013/064883号公報)、ジャーナル・オブ・メディシナル・ケミストリー[J. Med. Chem.]2014年、57巻、3818項に記載の方法に準じて、炭酸カリウム等の塩基存在下反応させるか、又は、銅触媒及びピコリン酸等のリガンドと共に反応させることにより、式(XV)[式中、G2、Y2、m及びJ4は前記と同じ意味を表す。]を得ることができる。

0184

次いで、式(XV)で表される化合物と式(XVI)[式中、Raは前記と同じ意味を表す。]で表される化合物とを、例えば、国際特許出願公報(WO 2008/093065号公報)等に記載の、一般的な園頭カップリングの反応条件を用いで反応させることにより、式(VI)[式中、G2、Y2、m及びRaは前記と同じ意味を表す。]で表される化合物を得ることができる。

0185

反応式3で用いられる式(XIII)、式(XIV)及び式(XVI)で表される化合物の或るものは、公知化合物であり、一部は市販品として入手できる。また、それ以外の化合物についても公知化合物の合成法を用いて合成することができる。

0186

製造法Cで用いられる式(V)で表される化合物の或るものは、例えば国際特許出願公報(WO 2015/125824)等に記載の公知化合物であり、その他のものは反応式4の様にして合成することができる。

0187

反応式4

0188

0189

式(IX)[式中、A、Y1、R1、R2及びJ2は前記と同じ意味を表す。]で表される化合物を、例えば、ケミカルコミュニケーションズ[Chem.Commun]2001年、1792項等に記載の方法に準じてチタニウム(IV)テトライソプロポキシド及び三フッ化ホウ素ジエチルエーテル錯体存在下エチルグリニャール反応剤と反応させることにより、式(XVII)[式中、A、Y1、R1、R2及びJ2は前記と同じ意味を表す。]で表される化合物を得ることができる。

0190

このようにして得られた、式(XVII)で表さる化合物と式(XVIII)[式中、G1は前記と同じ意味を表し、J6は塩素原子、臭素原子、C1〜C4アルキルカルボニルオキシ基(例えば、ピバロイルオキシ)。C1〜C4アルコキシカルボニルオキシ基(例えば、イソブチルオキシカルボニルオキシ)又は、アゾリル基(例えば、イミダゾール−1−イル)を表す。]で表される化合物とを、例えば、国際特許出願公報(WO 2014/177473号公報)等に記載の一般的な縮合条件を用いて反応させることにより、式(V)においてR3及びR4が一緒になってエチレン鎖を形成することにより、R3及びR4が結合する炭素原子と共にシクロプロパン環を形成し、R5が水素原子である式(Va)[式中、G1、Y1、R1、R2及びJ2は前記の意味を表す。]で表される化合物を得ることができる。

0191

ここで用いられる式(XVIII)で表される化合物の或る物は公知化合物であり、一部は市販品として入手できる。またそれ以外のものも文献記載の方法、例えばジャーナル・オブ・メディシナル・ケミストリー[J. Med. Chem]1991年、34巻、1630項、テトラへドロン・レターズ[Tetraheadron Lett.]2003年、44巻、4819項、ジャーナル・オブ・メディシナル・ケミストリー[J. Med. Chem]1991年、34巻、222項、ザ・ジャーナル・オブ・オーガニック・ケミストリー[J. Org. Chem]1989年、54巻、5620項等に記載の方法を用いて合成することが出来る。

0192

これらの各反応においては、反応終了後、通常の後処理を行うことにより製造法A〜製造法Cの原料化合物となる各々の製造中間体を得ることができる。

0193

また、これらの方法により製造された各々の製造中間体は、単離・精製することなく、それぞれそのまま次工程の反応に用いることもできる。

0194

これらの方法を用いて製造できる本発明に包含される式(I)で表されるフェニルアセチレン置換アミド化合物としては、具体的に例えば下記の[I]-1〜[I]-42の構造式で表される化合物が挙げられる。但し、[I]-1〜[I]-42の構造式で表される化合物は例示のためのものであって、本発明に包含されるフェニルアセチレン置換アミド型化合物はこれらのみに限定されるものではない。

0195

0196

0197

0198

0199

0200

上記の[I]-1〜[I]-42の構造式で表される化合物に於いて、A 、Y1 、R1 、R2、R3、R4、R5、Y2、m及びG2で表される置換基の具体的な組み合わせの例としては、例えば第2表に示す組み合わせが挙げられる。

0201

尚、表中、Etとの記載はエチルを、n-Prはノルマルプロピルを、i-Prはイソプロピルをそれぞれ表し、置換基Y2の欄における「−」との表記は対応する置換基が存在しないことを表し、各置換基に付された数字は、上記の[I]-1〜[I]-42の構造式中の数字で示された置換位置に対応することを表し、置換基G2の欄におけるG2-1-a〜G2-4-bとの表記は、それぞれ下記の具体的な構造を表し、

0202

0203

例えば、(G2-4-b)-6-Clとの表記は、6−クロローキノキサリン−2−イルを表す。

0204

但し、第2表に示されるA 、Y1 、R1 、R2、R3、R4、R5、Y2 、m2 及びG2で表される置換基の組み合わせは例示のためのものであって、上記の[I]-1〜[I]-42の構造式における各置換基の組み合わせはこれらのみに限定されるものではない。
第2表
--------------------------------------------------------------------------------
A Y1 R1 R2 R3 R4 R5 Y2 m G2
--------------------------------------------------------------------------------
N Cl H H H H H - 0 G2-1-a
N Cl H H H H H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
N Cl H H H H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl H H H H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl H H H H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl H H H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
N Cl H H H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
N Cl H H H H H - 0 G2-4-b
N Cl H H H H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl H H H H H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
CH Cl H H H H H - 0 G2-1-a
CH Cl H H H H H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
CH Cl H H H H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl H H H H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl H H H H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl H H H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
CH Cl H H H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
CH Cl H H H H H - 0 G2-4-b
CH Cl H H H H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl H H H H H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
N Cl F F H H H - 0 G2-1-a
N Cl F F H H H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
N Cl F F H H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F H H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F H H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
N Cl F F H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
N Cl F F H H H - 0 G2-4-b
N Cl F F H H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F H H H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
CH Cl F F H H H - 0 G2-1-a
CH Cl F F H H H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
CH Cl F F H H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F H H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F H H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
CH Cl F F H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
CH Cl F F H H H - 0 G2-4-b
CH Cl F F H H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F H H H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
N Cl F F CH3 H H - 0 G2-1-a
N Cl F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
N Cl F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F CH3 H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
N Cl F F CH3 H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
N Cl F F CH3 H H - 0 G2-4-b
N Cl F F CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
CH Cl F F CH3 H H - 0 G2-1-a
CH Cl F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
CH Cl F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F CH3 H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
CH Cl F F CH3 H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
CH Cl F F CH3 H H - 0 G2-4-b
CH Cl F F CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
N Cl H H CH3 H H - 0 G2-1-a
N Cl H H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
N Cl H H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl H H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl H H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl H H CH3 H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
N Cl H H CH3 H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
N Cl H H CH3 H H - 0 G2-4-b
N Cl H H CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl H H CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
CH Cl H H CH3 H H - 0 G2-1-a
CH Cl H H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
CH Cl H H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl H H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl H H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl H H CH3 H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
CH Cl H H CH3 H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
CH Cl H H CH3 H H - 0 G2-4-b
CH Cl H H CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl H H CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
N Cl OCH3 H CH3 H H - 0 G2-1-a
N Cl OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
N Cl OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
N Cl OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
N Cl OCH3 H CH3 H H - 0 G2-4-b
N Cl OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
CH Cl OCH3 H CH3 H H - 0 G2-1-a
CH Cl OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
CH Cl OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
CH Cl OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
CH Cl OCH3 H CH3 H H - 0 G2-4-b
CH Cl OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
N Cl CH3 H H H H - 0 G2-1-a
N Cl CH3 H H H H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
N Cl CH3 H H H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl CH3 H H H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl CH3 H H H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl CH3 H H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
N Cl CH3 H H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
N Cl CH3 H H H H - 0 G2-4-b
N Cl CH3 H H H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl CH3 H H H H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
CH Cl CH3 H H H H - 0 G2-1-a
CH Cl CH3 H H H H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
CH Cl CH3 H H H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl CH3 H H H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl CH3 H H H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl CH3 H H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
CH Cl CH3 H H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
CH Cl CH3 H H H H - 0 G2-4-b
CH Cl CH3 H H H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl CH3 H H H H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
N Cl OCH3 H H H H - 0 G2-1-a
N Cl OCH3 H H H H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
N Cl OCH3 H H H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl OCH3 H H H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl OCH3 H H H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl OCH3 H H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
N Cl OCH3 H H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
N Cl OCH3 H H H H - 0 G2-4-b
N Cl OCH3 H H H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl OCH3 H H H H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
CH Cl OCH3 H H H H - 0 G2-1-a
CH Cl OCH3 H H H H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
CH Cl OCH3 H H H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl OCH3 H H H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl OCH3 H H H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl OCH3 H H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
CH Cl OCH3 H H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
CH Cl OCH3 H H H H - 0 G2-4-b
CH Cl OCH3 H H H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl OCH3 H H H H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
N Cl -CH2CH2- H H H - 0 G2-1-a
N Cl -CH2CH2- H H H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
N Cl -CH2CH2- H H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl -CH2CH2- H H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl -CH2CH2- H H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl -CH2CH2- H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
N Cl -CH2CH2- H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
N Cl -CH2CH2- H H H - 0 G2-4-b
N Cl -CH2CH2- H H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl -CH2CH2- H H H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
CH Cl -CH2CH2- H H H - 0 G2-1-a
CH Cl -CH2CH2- H H H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
CH Cl -CH2CH2- H H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl -CH2CH2- H H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl -CH2CH2- H H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl -CH2CH2- H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
CH Cl -CH2CH2- H H H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
CH Cl -CH2CH2- H H H - 0 G2-4-b
CH Cl -CH2CH2- H H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl -CH2CH2- H H H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
N Cl H H -CH2CH2- H - 0 G2-1-a
N Cl H H -CH2CH2- H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
N Cl H H -CH2CH2- H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl H H -CH2CH2- H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl H H -CH2CH2- H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl H H -CH2CH2- H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
N Cl H H -CH2CH2- H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
N Cl H H -CH2CH2- H - 0 G2-4-b
N Cl H H -CH2CH2- H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl H H -CH2CH2- H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
CH Cl H H -CH2CH2- H - 0 G2-1-a
CH Cl H H -CH2CH2- H - 0 (G2-1-a)-4-Cl
CH Cl H H -CH2CH2- H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl H H -CH2CH2- H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl H H -CH2CH2- H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl H H -CH2CH2- H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-F4
CH Cl H H -CH2CH2- H - 0 (G2-1-c)-2,3,5,6-Cl4
CH Cl H H -CH2CH2- H - 0 G2-4-b
CH Cl H H -CH2CH2- H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl H H -CH2CH2- H - 0 (G2-4-b)-6-CF3
N F OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N F OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N F OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N F OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH F OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH F OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH F OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH F OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N F F F H H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N F F F H H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N F F F H H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N F F F H H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH F F F H H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH F F F H H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH F F F H H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH F F F H H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N F F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N F F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N F F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N F F F CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH F F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH F F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH F F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH F F F CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N CH3 OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N CH3 OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N CH3 OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N CH3 OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH CH3 OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH CH3 OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH CH3 OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH CH3 OCH3 H CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N CH3 F F H H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N CH3 F F H H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N CH3 F F H H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N CH3 F F H H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH CH3 F F H H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH CH3 F F H H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH CH3 F F H H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH CH3 F F H H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N CH3 F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N CH3 F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N CH3 F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N CH3 F F CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH CH3 F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH CH3 F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH CH3 F F CH3 H H - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH CH3 F F CH3 H H - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F H H CH3 - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F H H CH3 - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F H H CH3 - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F H H CH3 - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F H H CH3 - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F H H CH3 - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F H H CH3 - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F H H CH3 - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F H H Et - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F H H Et - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F H H Et - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F H H Et - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F H H Et - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F H H Et - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F H H Et - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F H H Et - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F H H n-Pr - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F H H n-Pr - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F H H n-Pr - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F H H n-Pr - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F H H n-Pr - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F H H n-Pr - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F H H n-Pr - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F H H n-Pr - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F H H CH2OCH3 - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F H H CH2OCH3 - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F H H CH2OCH3 - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F H H CH2OCH3 - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F H H CH2OCH3 - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F H H CH2OCH3 - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F H H CH2OCH3 - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F H H CH2OCH3 - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F H H CH2CN - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F H H CH2CN - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F H H CH2CN - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F H H CH2CN - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F H H CH2CN - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F H H CH2CN - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F H H CH2CN - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F H H CH2CN - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F H H CH2C≡CH - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F H H CH2C≡CH - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F H H CH2C≡CH - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F H H CH2C≡CH - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F H H CH2C≡CH - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F H H CH2C≡CH - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F H H CH2C≡CH - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F H H CH2C≡CH - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F H H C(O)CH3 - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F H H C(O)CH3 - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F H H C(O)CH3 - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F H H C(O)CH3 - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F H H C(O)CH3 - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F H H C(O)CH3 - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F H H C(O)CH3 - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F H H C(O)CH3 - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F H H C(O)OCH3 - 0 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F H H C(O)OCH3 - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F H H C(O)OCH3 - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F H H C(O)OCH3 - 0 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F H H C(O)OCH3 - 0 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F H H C(O)OCH3 - 0 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F H H C(O)OCH3 - 0 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F H H C(O)OCH3 - 0 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl H H H H H 2-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl H H H H H 2-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl H H H H H 2-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl H H H H H 2-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl H H H H H 2-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl H H H H H 2-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl H H H H H 2-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl H H H H H 2-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl H H CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl H H CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl H H CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl H H CH3 H H 2-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl H H CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl H H CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl H H CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl H H CH3 H H 2-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl OCH3 H CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl OCH3 H CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl OCH3 H CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl OCH3 H CH3 H H 2-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl OCH3 H CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl OCH3 H CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl OCH3 H CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl OCH3 H CH3 H H 2-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F H H H 2-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F H H H 2-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F H H H 2-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F H H H 2-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F H H H 2-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F H H H 2-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F H H H 2-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F H H H 2-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F CH3 H H 2-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F CH3 H H 2-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F CH3 H H 2-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl H H H H H 3-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl H H H H H 3-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl H H H H H 3-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl H H H H H 3-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl H H H H H 3-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl H H H H H 3-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl H H H H H 3-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl H H H H H 3-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl H H CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl H H CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl H H CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl H H CH3 H H 3-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl H H CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl H H CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl H H CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl H H CH3 H H 3-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl OCH3 H CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl OCH3 H CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl OCH3 H CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl OCH3 H CH3 H H 3-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl OCH3 H CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl OCH3 H CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl OCH3 H CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl OCH3 H CH3 H H 3-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F H H H 3-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F H H H 3-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F H H H 3-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F H H H 3-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F H H H 3-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F H H H 3-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F H H H 3-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F H H H 3-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F CH3 H H 3-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F CH3 H H 3-F 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F CH3 H H 3-F 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl H H H H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl H H H H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl H H H H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl H H H H H 2-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl H H H H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl H H H H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl H H H H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl H H H H H 2-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl H H CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl H H CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl H H CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl H H CH3 H H 2-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl H H CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl H H CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl H H CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl H H CH3 H H 2-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl OCH3 H CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl OCH3 H CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl OCH3 H CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl OCH3 H CH3 H H 2-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl OCH3 H CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl OCH3 H CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl OCH3 H CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl OCH3 H CH3 H H 2-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F H H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F H H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F H H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F H H H 2-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F H H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F H H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F H H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F H H H 2-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F CH3 H H 2-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F CH3 H H 2-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F CH3 H H 2-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl H H H H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl H H H H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl H H H H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl H H H H H 3-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl H H H H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl H H H H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl H H H H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl H H H H H 3-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl H H CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl H H CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl H H CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl H H CH3 H H 3-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl H H CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl H H CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl H H CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl H H CH3 H H 3-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl OCH3 H CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl OCH3 H CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl OCH3 H CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl OCH3 H CH3 H H 3-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl OCH3 H CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl OCH3 H CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl OCH3 H CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl OCH3 H CH3 H H 3-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F H H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F H H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F H H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F H H H 3-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F H H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F H H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F H H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F H H H 3-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F CH3 H H 3-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F CH3 H H 3-Cl 1 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F CH3 H H 3-Cl 1 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl H H H H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl H H H H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl H H H H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl H H H H H 3,5-F2 2 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl H H H H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl H H H H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl H H H H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl H H H H H 3,5-F2 2 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl H H CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl H H CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl H H CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl H H CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl H H CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl H H CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl H H CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl H H CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl OCH3 H CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl OCH3 H CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl OCH3 H CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl OCH3 H CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl OCH3 H CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl OCH3 H CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl OCH3 H CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl OCH3 H CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F H H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F H H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F H H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F H H H 3,5-F2 2 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F H H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F H H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F H H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F H H H 3,5-F2 2 (G2-4-b)-6-Cl
N Cl F F CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-4-CF3
N Cl F F CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2,4-Cl2
N Cl F F CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
N Cl F F CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-4-b)-6-Cl
CH Cl F F CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-4-CF3
CH Cl F F CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2,4-Cl2
CH Cl F F CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-1-a)-2-Cl4-CF3
CH Cl F F CH3 H H 3,5-F2 2 (G2-4-b)-6-Cl
--------------------------------------------------------------------------------
本発明化合物は、マツ目(Pinales)、モクレン類(magnoliids)、単子葉類(monocots)、真正双子葉類(eudicots)等の維管束植物(Tracheophyta)に発生する植物病害及び哺乳類(Mammalia)、鳥類(Aves)、爬虫類(Reptilia)、真骨魚類(Actinopterygii)等の脊椎動物(Vertebrata)感染症の病原菌、さらに植物寄生性又は動物寄生性の線形動物、鉤頭動物、扁形動物及び原生動物等の有害生物を駆除できる。

0205

植物の有害生物としては、子嚢菌門(Ascomycota)菌類、担子菌門(Basidiomycota)菌類、ツボカビ門(Chitridiomycota)菌類、コウマクノウキン門(Blastocladiomycota)菌類、ケカビ亜門(Mucoromycotina)菌類、ケルコゾア門(Cercozoa)原生生物、不等毛植物門(Heterokontophyta)卵菌類(Oomycetes)、放線菌門(Actinobacteria)グラム陽性菌類、テネリクテス門(Tenericutes)グラム陽性菌類、プロテオバクテリア門(Proteobacteria)グラム陰性菌類及び葉線虫目(Aphelenchida)線虫、ハリセンチュウ目(Tylenchida)線虫等が挙げられるが、本発明化合物は、これらのうち特に子嚢菌門及び担子菌門に属する植物病原性真菌類、葉線虫目及びハリセンチュウ目に属する植物寄生性線虫類に対して低濃度で優れた防除効果を発揮する。

0206

動物の有害生物としては、子嚢菌門(Ascomycota)菌類、担子菌門(Basidiomycota)菌類、放線菌門(Actinobacteria)グラム陽性菌類、フィルミクテス門(Firmicutes)グラム陽性菌類、テネリクテス門(Tenericutes)グラム陽性菌類、プロテオバクテリア門(Proteobacteria)グラム陰性菌類及びエノプルス目(Enoplida)線虫、桿線虫目(Rhabditida)線虫、円虫目(Strongylida)線虫、回虫目(Ascaridida)線虫、旋尾線虫目(Spirurida)線虫、鉤頭虫類、擬葉目(Pseudophyllidea)条虫、円葉目(Cyclophyllidea)条虫、有壁吸虫目(Strigeidida)吸虫、棘口吸虫目(Echinostomida)吸虫、斜睾吸虫目(Plagiorchiida)吸虫、後睾吸虫目(Opisthorchiida)吸虫、アメーバ類、ピロプラズマ目(Piroplasmida)胞子虫類、住血胞子虫目(Haemosporida)胞子虫類、真コクシジウム目(Eucoccidiorida)胞子虫類、前庭目(Vestibuliferida)繊毛虫類、トリコモナス目(Trichomonadida)鞭毛虫類、ディプロモナス目(Diplomonadida)鞭毛虫類、キネトプラスト目(Kinetoplastida)鞭毛虫類等が挙げられるが、本発明化合物は、これらのうち特にオマキザル科(Cebidae)、オナガザル科(Cercopithecidae)、ヒト科(Hominidae)、ウサギ科(Leporidae)、チンチラ科(Chinchillidae)、テンジクネズミ科(Caviidae)、キヌゲネズミ科(Cricetidae)、ネズミ科(Muridae)、リス科(Sciuridae)、ラクダ科(Camelidae)、イノシシ科(Suidae)、シカ科(Cervidae)、ウシ科(Bovidae)、ネコ科(Felidae)、イヌ科(Canidae)、イタチ科(Mustelidae)、ウマ科(Equidae)、カンガルー科(Macropodidae)等に属する哺乳類(Mammalia)の内部寄生虫、とりわけイノシシ科、ウシ科、ネコ科、イヌ科及びウマ科哺乳動物に寄生するエノプルス目、桿線虫目、円虫目、葉線虫目、ハリセンチュウ目、回虫目、旋尾線虫目に属する動物寄生性線虫の駆除に優れた効果を示す。

0207

また、本発明化合物は、既存の殺菌剤・殺線虫剤に対して抵抗性の発達した有害生物に対しても有効であり、さらに、本発明化合物はホ乳類、魚類、甲殻類天敵類及び有用昆虫等の非標的生物に対してはほとんど悪影響の無い極めて有用な特長を有している。

0208

本発明化合物を使用するにあたっては、通常適当な固体担体又は液体担体と混合し、更に所望により界面活性剤浸透剤展着剤増粘剤凍結防止剤結合剤、固結防止剤崩壊剤消泡剤防腐剤および分解防止剤等を添加して、液剤(soluble concentrate)、乳剤(emulsifiable concentrate)、水和剤(wettable powder)、水溶剤(water soluble powder)、顆粒水和剤(water dispersible granule)、顆粒水溶剤(water soluble granule)、懸濁剤(suspension concentrate)、乳濁剤(concentrated emulsion)、サスポエマルジョン(suspoemulsion)、マイクロエマルジョン(microemulsion)、粉剤(dustable powder)、粒剤(granule)、錠剤(tablet)および乳化性ゲル剤(emulsifiable gel)等任意の剤型の製剤にて実用に供することができる。また、省力化および安全性向上の観点から、上記任意の剤型の製剤を、水溶性カプセルおよび水溶性フィルムの袋等の水溶性包装体に封入して供することもできる。

0209

固体担体としては、例えば石英方解石海泡石ドロマイトチョークカオリナイトパイロフィライトセリサイト、ハロサイトメタハロサイト、木節粘土蛙目粘土陶石ジークライトアロフェンシラス、きら、タルクベントナイト活性白土酸性白土軽石アタパルジャイトゼオライトおよび珪藻土等の天然鉱物質、例えば焼成クレーパーライトシラスバルーンバーミキュライト、アタパルガスクレーおよび焼成珪藻土等の天然鉱物質の焼成品、例えば炭酸マグネシウム炭酸カルシウム炭酸ナトリウム炭酸水素ナトリウム硫酸アンモニウム硫酸ナトリウム硫酸マグネシウムリン酸水素二アンモニウムリン酸二水素アンモニウムおよび塩化カリウム等の無機塩類、例えばブドウ糖果糖しょ糖および乳糖などの糖類、例えば澱粉粉末セルロースおよびデキストリン等の多糖類、例えば尿素尿素誘導体、安息香酸および安息香酸の塩等の有機物、例えば木粉コルク粉トウモロコシ穂軸、クルミ殻およびタバコ等の植物類、フライアッシュホワイトカーボン(例えば、含水合成シリカ無水合成シリカおよび含水合成シリケート等)ならびに肥料等が挙げられる。

0210

液体担体としては、例えばキシレン、アルキル(C9またはC10等)ベンゼンフェニルキシリルエタンおよびアルキル(C1またはC3等)ナフタレン等の芳香族炭化水素類マシン油ノルマルパラフィンイソパラフィンおよびナフテン等の脂肪族炭化水素類ケロシン等の芳香族炭化水素脂肪族炭化水素の混合物エタノールイソプロパノールシクロヘキサノールフェノキシエタノールおよびベンジルアルコール等のアルコールエチレングリコールプロピレングリコールジエチレングリコールヘキシレングリコールポリエチレングリコールおよびポリプロピレングリコール等の多価アルコール、プロピルセロソルブブチルセロソルブフェニルセロソルブプロピレングリコールモノメチルエーテルプロピレングリコールモノエチルエーテルプロピレングリコールモノプロピルエーテルプロピレングリコールモノブチルエーテルおよびプロピレングリコールモノフェニルエーテル等のエーテル、アセトフェノンシクロヘキサノンおよびγ−ブチロラクトン等のケトン脂肪酸メチルエステルコハク酸ジアルキルエステルグルタミン酸ジアルキルエステルアジピン酸ジアルキルエステルおよびフタル酸ジアルキルエステル等のエステル、N−アルキル(C1、C8またはC12等)ピロリドン等の酸アミド大豆油アマニ油ナタネ油ヤシ油綿実油およびヒマシ油等の油脂、ジメチルスルホキシドならびに水が挙げられる。

0211

これら固体および液体担体は、単独で用いても2種以上を併用してもよい。

0212

界面活性剤としては、例えばポリオキシエチレンアルキルエーテルポリオキシエチレンアルキルモノまたはジ)フェニルエーテル、ポリオキシエチレン(モノ、ジまたはトリ)スチリルフェニルエーテル、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンブロックコポリマー、ポリオキシエチレン脂肪酸(モノまたはジ)エステル、ソルビタン脂肪酸エステルポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル、ヒマシ油エチレンオキサイド付加物アセチレングリコールアセチレンアルコール、アセチレングリコールのエチレンオキサイド付加物、アセチレンアルコールのエチレンオキサイド付加物およびアルキルグリコシド等のノニオン性界面活性剤アルキル硫酸エステル塩アルキルベンゼンスルホン酸塩リグニンスルホン酸塩、アルキルスルホコハク酸塩ナフタレンスルホン酸塩アルキルナフタレンスルホン酸塩ナフタレンスルホン酸ホルマリン縮合物の塩、アルキルナフタレンスルホン酸のホルマリン縮合物の塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸または燐酸エステル塩、ポリオキシエチレン(モノまたはジ)アルキルフェニルエーテル硫酸または燐酸エステル塩、ポリオキシエチレン(モノ、ジまたはトリ)スチリルフェニルエーテル硫酸または燐酸エステル塩、ポリカルボン酸塩(例えば、ポリアクリル酸塩ポリマレイン酸塩およびマレイン酸とオレフィンとの共重合物等)およびポリスチレンスルホン酸塩等のアニオン性界面活性剤アルキルアミン塩およびアルキル4級アンモニウム塩等のカチオン性界面活性剤、アミノ酸型およびベタイン型等の両性界面活性剤シリコーン系界面活性剤ならびにフッ素系界面活性剤が挙げられる。

0213

これら界面活性剤の含有量は、特に限定されるものではないが、本発明の製剤100重量部に対し、通常0.05〜20重量部の範囲が望ましい。また、これら界面活性剤は、単独で用いても2種以上を併用してもよい。

0214

本発明化合物の施用薬量は適用場面、施用時期、施用方法栽培作物等により差異は有るが、一般には有効成分量としてヘクタール(ha)当たり0.005〜50kg程度が適当である。

0215

一方、家畜・家禽及び愛玩動物としての哺乳動物及び鳥類の内部寄生虫の防除に本発明化合物を使用するにあたっては、有効量の本発明化合物を製剤用添加物とともに経口投与、注射(筋肉内、皮下、静脈内、腹腔内)などの非経口投与;浸漬、スプレー入浴洗浄滴下(pouring-on)およびスポッティング(spotting-on)並びにダスティング(dusting)などの経皮投与;経鼻投与により投与することができる。本発明化合物はまた、細片プレートバンドカラーイヤーマーク(ear mark)、リム(limb)・バンド、標識装置などを用いた成形製品により投与することができる。投与にあたっては本発明化合物を投与経路に適した任意の剤型とすることができる。

0216

調製される任意の剤型としては、粉剤、粒剤、水和剤、ペレット、錠剤、大丸薬、カプセル剤活性化合物を含む成形製品などの固体調製物注射用液剤、経口用液剤、皮膚上または体腔中に用いる液剤;滴下(Pour-on)剤、点下(Spot-on)剤、フロアブル剤、乳剤などの溶液調製物;軟膏剤、ゲルなどの半固体調製物などが挙げられる。

0217

固体調製物は、主に経口投与あるいは水などで希釈して経皮投与にあるいは環境処理にて用いることができる。固体調製物は、活性化合物を必要ならば補助剤を加えて適当な賦形剤と共に混合し、そして所望の形状に変えることにより調製できる。適当な賦形剤としては、例えば炭酸塩炭酸水素塩リン酸塩酸化アルミニウムシリカ粘土などの無機物質、糖、セルロース粉砕された穀物、澱粉などの有機物質がある。

0218

注射用液剤は、静脈内、筋肉内および皮下に投与できる、注射用液剤は、活性化合物を適当な溶媒に溶解させ、そして必要ならば可溶化剤、酸、塩基、緩衝用塩、酸化防止剤および保護剤などの添加剤を加えることにより調製できる。適当な溶媒としては、水、エタノール、ブタノール、ベンジルアルコール、グリセリン、プロピレングリコール、ポリエチレングリコール、N−メチルピロリドン並びにこれらの混合物、生理学的に許容しうる植物油、注射に適する合成油などがあげられる。可溶化剤としては、ポリビニルピロリドンポリオキシエチル化されたヒマシ油およびポリオキシエチル化されたソルビタンエステルなどがあげられる。保護剤には、ベンジルアルコール、トリクロロブタノール、p−ヒドロキシ安息香酸エステルおよびn−ブタノールなどがある。

0219

経口液剤は直接または希釈して投与することができる。注射用液剤と同様に調製することができる。

0220

フロアブル剤、乳剤、などは直接または希釈して経皮的に、または環境処理にて投与できる。

0221

皮膚上で用いる液剤は、滴下し、広げ、すり込み、噴霧し、散布するか、または浸漬(浸漬、入浴または洗浄)により塗布することにより投与できる。これらの液剤は注射用液剤と同様に調製できる。

0222

滴下(Pour-on)剤および点下(Spot-on)剤は皮膚の限定された場所に滴下するか、または噴霧し、これにより活性化合物を皮膚に浸漬させそして全身的に作用させることができる。滴下剤および点下剤は、有効成分を適当な皮膚適合性溶媒または溶媒混合物に溶解するか、懸濁させるかまたは乳化することにより調製できる。必要ならば、界面活性剤、着色剤吸収促進物質、酸化防止剤、光安定剤および接着剤などの補助剤を加えてもよい。

0223

適当な溶媒としては、水、アルカノールグリコール、ポリエチレングリコール、ポリプロピレングリコール、グリセリン、ベンジルアルコール、フェニルエタノール、フェノキシエタノール、酢酸エチル酢酸ブチル安息香酸ベンジルジプロピレングリコールモノメチルエーテルジエチレングリコールモノブチルエーテルアセトンメチルエチルケトン芳香族および/または脂肪族炭化水素、植物または合成油、DMF流動パラフィン軽質流動パラフィンシリコーンジメチルアセトアミド、N−メチルピロリドンまたは2,2−ジメチル−4−オキシ−メチレン−1,3−ジオキソランが挙げられる。吸収促進物質には、DMSO、ミリスチン酸イソプロピルペラルゴン酸ジプロピレングリコールシリコーン油脂肪族エステルトリグリセリドおよび脂肪アルコールが挙げられる。酸化防止剤には、亜硫酸塩メタ重亜硫酸塩、アスコルビン酸、ブチルヒドロキシトルエンブチルヒドロキシアニソールおよびトコフェロールが挙げられる。

0224

乳剤は、経口投与、経皮投与または注射として投与できる。乳剤は、有効成分を疎水性相または親水性相に溶解させ、このものを適当な乳化剤により、必要ならばさらに着色剤、吸収促進物質、保護剤、酸化防止剤、遮光剤および増粘物質などの補助剤と共に他の相の溶媒と均質化することにより調製できる。

0225

疎水性相(油)としては、パラフィン油、シリコーン油、ゴマ油、アーモンド油、ヒマシ油、合成トリグリセリドステアリン酸エチルアジピン酸ジーn−ブチリルラウリル酸ヘキシル、ペラルゴン酸ジプロピレングリコール、分枝鎖状の短鎖長脂肪酸と鎖長C16〜C18の飽和脂肪酸とのエステル、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸イソプロピル、鎖長C12〜C18の飽和脂肪アルコールのカプリルカプリン酸エステルステアリン酸イソプロピル、オレイン酸オレイルオレイン酸デシルオレイン酸エチル乳酸エチルワックス状脂肪酸エステルフタル酸ジブチルアジピン酸ジイソプロピルイソトリデシルアルコール、2−オクチルドデカノールセチルステアリルアルコールオレイルアルコールが挙げられる。

0226

親水性相としては、水、プロピレングリコール、グリセリン、ソルビトールが挙げられる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ