図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2019年9月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

インクホルダーにとって特に好適な、湿潤性高強度エーテル発泡体を提供する。

解決手段

発泡体配合物の他の成分に加えられる前にプレポリマーが形成され、次いで、プレポリマーが少なくとも1種のポリオールイソシアネート、及び湿潤添加剤に加えられる。プレポリマーに使用されるポリオールは、ポリプロピレングリコールであり、プレポリマー及びプレポリマーを含む発泡体配合物において使用されるイソシアネートは、トルエンジイソシアネートである。

概要

背景

インクジェットシステムを備えるプリンターにおいて使用されるインクジェットカートリッジは、典型的には、インクを保持するためにインク貯蔵容器の内部にインクホルダーを有する。背圧を制御するためおよび/または印刷ノズルへのインクの流れを調整するために、インクホルダー用に、インクジェットカートリッジにおいて長年にわたって、網状のポリウレタン発泡体が使用されてきた。発泡体孔径および発泡体の圧縮比を制御することにより、背圧(すなわち、毛管現象)を、発泡体が使用されるであろう特定の用途に適合させることが可能となることは、当技術分野において周知である。典型的には、網状
ウレタン発泡体は、97%の空隙容積を有し、このことは、当該発泡体が体積の3%しか占有せずに、インクカートリッジ全体を満たすことを可能にする。しかしながら、インクジェット用途において網状ポリウレタン発泡体を使用する利点にもかかわらず、いくつかの欠点も存在する。

第一に、当該発泡体にとって的確な剛性を得ることは、困難である。インクジェットカートリッジは、自動化された製造ラインにおいて組み立てられ、インクホルダーを含む発泡体部分は、インクカートリッジ中に、非常に迅速にかつ機械的に詰め込まれるかもしくは挿入されなければならない。いくつかのインクカートリッジの設計は、一様な形状ではなく、先細りした壁部を有し得る。発泡体が的確な剛性または一体化強度を有していない場合、当該発泡体は変形し、発泡体部分におけるいかなる変形も、その達成能力に不具合を生じ得る。さらに、当該発泡体が硬すぎる場合、それはより困難であり、挿入するにはより大きな力を必要とするであろう。

次に、当該発泡体は、急速に湿潤する必要があるが、ポリエーテルウレタン発泡体は、本質的に疎水性である。インクカートリッジに、インクホルダーを含む発泡体部分が装着されると、それは、自動化されたインク充填工程と送られ、そこで、インクカートリッジ内に収容された発泡体インクホルダーにインクが注入される。当該インクは、非常に速い速度で発泡体インクホルダー中に注入され、すなわち、典型的には、一瞬で注入される。発泡体の疎水性の性質にもかかわらず、インクホルダーをインクで完全に満たすために、発泡体は、急速で完全なインクの吸収を可能にするために急速に湿潤することが求められ
る。

これらの欠点または問題は、インクジェット用途ならびに他の用途において使用される標準的ポリエーテルウレタン発泡体によく見受けられる。したがって、その強度特性を失うことなく、用途に応じて、理想的な量の剛性およびモジュラスヤング率によって定義される)を有する湿潤性高強度発泡材料が必要とされている。

概要

インクホルダーにとって特に好適な、湿潤性高強度エーテル発泡体を提供する。発泡体配合物の他の成分に加えられる前にプレポリマーが形成され、次いで、プレポリマーが少なくとも1種のポリオールイソシアネート、及び湿潤添加剤に加えられる。プレポリマーに使用されるポリオールは、ポリプロピレングリコールであり、プレポリマー及びプレポリマーを含む発泡体配合物において使用されるイソシアネートは、トルエンジイソシアネートである。なし

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ポリオールイソシアネート、および金属触媒を含む変性イソシアネートであるプレポリマーと;少なくとも1種のポリオールと;少なくとも1種のイソシアネートと;湿潤添加剤と;を含み、該プレポリマーは、プレポリマー全量に対して、ポリオールとして30〜45質量%のポリプロピレングリコール、イソシアネートとして55〜65質量%のトルエンジイソシアネートを含み、該プレポリマーを該少なくとも1種のポリオール、該少なくとも1種のイソシアネート、および該湿潤添加剤と組み合わせる前に、該プレポリマーが形成され、該少なくとも1種のポリオールとして、グリセロールプロポキシレート−ブロックエトキシレート及びスチレンアクリロニトリルを含み、該少なくとも1種のポリオールの量が、全ポリオール100重量部に対して80〜90重量部であり、該少なくとも1種のイソシアネートとして、全ポリオール100重量部に対して45.1〜55.4重量部のトルエンジイソシアネートを含み、該プレポリマーの量が、全ポリオール100重量部に対して約25〜50重量部である、湿潤性高強度発泡体インクホルダー

請求項2

前記湿潤添加剤の量が、全ポリオール100重量部に対して約0.2〜5.0重量部である、請求項1に記載の湿潤性高強度発泡体インクホルダー。

請求項3

224.8kPa以上の引張強度を有する、請求項1に記載の湿潤性高強度発泡体インクホルダー。

請求項4

23.4kPa以上の引裂強度を有する、請求項1に記載の湿潤性高強度発泡体インクホルダー。

請求項5

92.5kPa以上の弾性率を有する、請求項1に記載の湿潤性高強度発泡体インクホルダー。

請求項6

4.5以上の比剛性を有する、請求項1に記載の湿潤性高強度発泡体インクホルダー。

請求項7

前記プレポリマーが、約0.01〜0.15重量パーセントの金属触媒を含む、請求項1に記載の湿潤性高強度発泡体インクホルダー。

請求項8

前記プレポリマーが、約21.7%のNCOを有する、請求項1に記載の湿潤性高強度発泡体インクホルダー。

請求項9

約16.0kg/m3〜48.1kg/m3の密度を有する、請求項1に記載の湿潤性高強度発泡体インクホルダー。

請求項10

その表面上に位置された水滴を88秒以内に吸収することができる、請求項1に記載の湿潤性高強度発泡体インクホルダー。

請求項11

4.5以上の比剛性を有し、表面上に位置された10%イソプロピルアルコール水溶液の液滴を約1.8秒以内に吸収することができる、請求項1に記載の湿潤性高強度発泡体インクホルダー。

請求項12

以下の工程:最初に、ポリオール、イソシアネート、および金属触媒を含む変性イソシアネートを含むプレポリマーを形成する工程と;該プレポリマーを、少なくとも1種のポリオール、少なくとも1種のイソシアネート、および湿潤添加剤に加える工程と、を含み、該プレポリマーは、プレポリマー全量に対して、ポリオールとして30〜45質量%のポリプロピレングリコール、イソシアネートとして55〜65質量%のトルエンジイソシアネートを含み、該プレポリマーを該少なくとも1種のポリオール、該少なくとも1種のイソシアネート、および該湿潤添加剤と組み合わせる前に、該プレポリマーが形成され、該少なくとも1種のポリオールとして、グリセロールプロポキシレート−ブロックエトキシレート及びスチレンアクリロニトリルを含み、該少なくとも1種のポリオールの量が、全ポリオール100重量部に対して80〜90重量部であり、該少なくとも1種のイソシアネートとして、全ポリオール100重量部に対して45.1〜55.4重量部のトルエンジイソシアネートを含み、該プレポリマーの量が、全ポリオール100重量部に対して約25〜50重量部である、発泡体インクホルダーの製造方法。

請求項13

最初にプレポリマーを形成する前記工程が、反応チャンバーにおいてイソシアネートをポリ—ルおよび金属触媒と反応させて液体を形成する工程およびそれを冷却する工程を含んでいてもよい、請求項12に記載の方法。

請求項14

前記プレポリマーを加える前記工程が、発泡体を形成するために、発泡装置ミックスヘッドを使用して、ポンプで送られたある量の該プレポリマー、前記少なくとも1種のポリオール、および前記湿潤添加剤を同時にミックスする工程を含んでいてもよい、請求項13に記載の方法。

請求項15

前記発泡体に熱および圧力を適用することによって該発泡体をフェルト化する工程をさらに含む、請求項14に記載の方法。

請求項16

ポリオール、イソシアネート、および金属触媒を含む変性イソシアネートであるプレポリマーと;少なくとも1種のポリオールと;イソシアネートと;湿潤添加剤と;を含み、該プレポリマーは、プレポリマー全量に対して、ポリオールとして30〜45質量%のポリプロピレングリコール、イソシアネートとして55〜65質量%のトルエンジイソシアネートを含み、該プレポリマーを該少なくとも1種のポリオール、該少なくとも1種のイソシアネート、および該湿潤添加剤と組み合わせる前に、該プレポリマーが形成され、該少なくとも1種のポリオールとして、グリセロールプロポキシレート−ブロックエトキシレート及びスチレンアクリロニトリルを含み、該少なくとも1種のポリオールの量が、全ポリオール100重量部に対して80〜90重量部であり、該少なくとも1種のイソシアネートとして、全ポリオール100重量部に対して45.1〜55.4重量部のトルエンジイソシアネートを含み、該プレポリマーの量が、全ポリオール100重量部に対して約25〜50重量部である、湿潤性高強度エーテル発泡体。

請求項17

前記湿潤添加剤の量が、全ポリオール100重量部に対して約5重量部である、請求項16に記載の湿潤性高強度エーテル発泡体。

請求項18

4.5以上の比剛性および224.8kPa以上の引張強度を有する、請求項16に記載の湿潤性高強度エーテル発泡体。

請求項19

4.5以上の比剛性および23.4kPa以上の引裂強度を有する、請求項16に記載の湿潤性高強度エーテル発泡体。

請求項20

4.5以上の比剛性及び92.5kPa以上の弾性率を有する、請求項16に記載の湿潤性高強度エーテル発泡体。

技術分野

0001

本発明は、概して、向上した強度特性と併せて、特にインクホルダーにとっての、向上した剛性を有するフリーライズ湿潤性高強度エーテル発泡材料に関する。とりわけ、本発明は、ポリオールイソシアネート、および金属触媒から作製されたプレポリマーを含む、特にインクホルダー用として良好に機能するフリーライズの湿潤性高強度エーテル発泡体であって、当該プレポリマーが、1種または複数種のポリオール、イソシアネート、および湿潤性添加剤と組み合わせる(発泡)前に形成される発泡体、に関する。

背景技術

0002

インクジェットシステムを備えるプリンターにおいて使用されるインクジェットカートリッジは、典型的には、インクを保持するためにインク貯蔵容器の内部にインクホルダーを有する。背圧を制御するためおよび/または印刷ノズルへのインクの流れを調整するために、インクホルダー用に、インクジェットカートリッジにおいて長年にわたって、網状のポリウレタン発泡体が使用されてきた。発泡体の孔径および発泡体の圧縮比を制御することにより、背圧(すなわち、毛管現象)を、発泡体が使用されるであろう特定の用途に適合させることが可能となることは、当技術分野において周知である。典型的には、網状
ウレタン発泡体は、97%の空隙容積を有し、このことは、当該発泡体が体積の3%しか占有せずに、インクカートリッジ全体を満たすことを可能にする。しかしながら、インクジェット用途において網状ポリウレタン発泡体を使用する利点にもかかわらず、いくつかの欠点も存在する。

0003

第一に、当該発泡体にとって的確な剛性を得ることは、困難である。インクジェットカートリッジは、自動化された製造ラインにおいて組み立てられ、インクホルダーを含む発泡体部分は、インクカートリッジ中に、非常に迅速にかつ機械的に詰め込まれるかもしくは挿入されなければならない。いくつかのインクカートリッジの設計は、一様な形状ではなく、先細りした壁部を有し得る。発泡体が的確な剛性または一体化強度を有していない場合、当該発泡体は変形し、発泡体部分におけるいかなる変形も、その達成能力に不具合を生じ得る。さらに、当該発泡体が硬すぎる場合、それはより困難であり、挿入するにはより大きな力を必要とするであろう。

0004

次に、当該発泡体は、急速に湿潤する必要があるが、ポリエーテルウレタン発泡体は、本質的に疎水性である。インクカートリッジに、インクホルダーを含む発泡体部分が装着されると、それは、自動化されたインク充填工程と送られ、そこで、インクカートリッジ内に収容された発泡体インクホルダーにインクが注入される。当該インクは、非常に速い速度で発泡体インクホルダー中に注入され、すなわち、典型的には、一瞬で注入される。発泡体の疎水性の性質にもかかわらず、インクホルダーをインクで完全に満たすために、発泡体は、急速で完全なインクの吸収を可能にするために急速に湿潤することが求められ
る。

0005

これらの欠点または問題は、インクジェット用途ならびに他の用途において使用される標準的ポリエーテルウレタン発泡体によく見受けられる。したがって、その強度特性を失うことなく、用途に応じて、理想的な量の剛性およびモジュラスヤング率によって定義される)を有する湿潤性高強度発泡材料が必要とされている。

0006

本発明は、プレポリマーを含む湿潤性高強度発泡体インクホルダーであって、最初にプレポリマーが形成され、次いで、当該プレポリマーが、少なくとも1種のポリオール、イソシアネート、および湿潤添加剤に加えられる、インクホルダーを対象とする。当該プレポリマーは、ポリオール、イソシアネート、および金属触媒を含む、変性イソシアネートである。一例示的実施形態において、プレポリマーにおいて使用されるポリオールは、ポリプロピレングリコールであり、プレポリマーおよびプレポリマーを含む発泡体配合物において使用されるイソシアネートは、トルエンジイソシアネートである。

0007

湿潤性高強度発泡体インクホルダーの別の例示的実施形態において、当該プレポリマーは、全ポリオール100重量部に対して約5〜75重量部である。さらに、当該湿潤性高強度発泡体インクホルダーにおける湿潤添加剤の量は、全ポリオール100重量部に対して約0.2〜5.0重量部である。

0008

本発明の湿潤性高強度発泡体インクホルダーは、その強度特性を維持もしくは向上させつつ、10.5以上の比剛性を有することが可能である。例えば、本発明の湿潤性高強度発泡体インクホルダーは、32.6psi以上の引張強度および3.4psi以上の引裂強度を有することができる。さらに、当該湿潤性高強度発泡体インクホルダーは、13.4psi以上の弾性率を有することができる。

0009

本発明の湿潤性高強度発泡体インクホルダーのさらなる別の例示的実施形態において、当該プレポリマーは、約30〜45重量部のポリオール、約55〜65重量部のイソシアネート、および約0.01〜0.15重量部の金属触媒を含み得る。本発明の湿潤性高強度発泡体インクホルダーのさらなる別の例示的実施形態において、当該プレポリマーは、約40.03重量部のポリプロピレングリコール、約59.92重量部のトルエンジイソシアネート、および約0.05重量部の金属触媒を含み得る。さらに、当該湿潤性高強度発泡体インクホルダーにおいて使用されるプレポリマーは、約21.7の%NCOを有し
得る。

0010

本発明の湿潤性高強度発泡体インクホルダーは、インクホルダーにとって特に有利な比剛性を有することに加え、さらに、高湿潤性でもある。例えば、本発明の発泡体インクホルダーは、その表面上に位置された水滴を約104秒以内に吸収することができ、ならびにその表面上に位置された10%イソプロピルアルコール水溶液の液滴を約5.1秒以内に吸収することもできる。

0011

本発明はさらに、発泡体の強度特性を維持もしくは向上させつつも当該発泡体においてある比剛性が必要とされ、ならびに液体を保持するために当該発泡体が高湿潤性であることを必要とするような、様々な用途に使用することができる湿潤性高強度エーテル発泡体を対象とする。例えば、そのような用途の1つは、液体アプリケ−ターおよびスタンプパッドとして液体を貯蔵および移送するために使用される湿潤性発泡体である。一例示的実施形態において、当該湿潤性高強度エーテル発泡体は、ポリオール、イソシアネート、および金属触媒を含む変性イソシアネートであるプレポリマーを含み、この場合、当該プレ
ポリマーは、少なくとも1種のポリオール、イソシアネート、および湿潤添加剤を加える前に形成される。湿潤性高強度エーテル発泡体の一例示的実施形態において、プレポリマーにおいて使用されるポリオールは、ポリプロピレングリコールであり、ならびにプレポリマーにおいておよび当該プレポリマーを含む発泡体配合物において使用されるイソシアネートは、トルエンジイソシアネートである。

0012

湿潤性高強度エーテル発泡体の別の例示的実施形態において、プレポリマーは、全ポリオール100重量部に対して約25〜75重量部である。加えて、湿潤性高強度エーテル発泡体中の湿潤添加剤の量は、全ポリオール100重量部に対して約5重量部である。

0013

本発明の湿潤性高強度エーテル発泡体は、その強度特性を維持もしくは向上させつつ、10.5以上の比剛性を有することができる。例えば、本発明の湿潤性高強度エーテル発泡体は、32.6psi以上の引張強度および3.4psi以上の引裂強度を有することができる。加えて、当該湿潤性高強度エーテル発泡体は、13.4psi以上の弾性率を有することができる。

0014

本発明の湿潤性高強度エーテル発泡体のさらなる別の例示的実施形態において、プレポリマーは、約30〜45重量部のポリオール、約55〜65重量部のイソシアネート、および約0.01〜0.15重量部の金属触媒を含み得る。本発明の湿潤性高強度エーテル発泡体のさらなる別の例示的実施形態において、プレポリマーは、約40.03重量部のポリプロピレングリコール、約59.92重量部のトルエンジイソシアネート、および約0.05重量部の金属触媒を含み得る。さらに、当該湿潤性高強度エーテル発泡体において使用されるプレポリマーは、約21.7の%NCOを有し得る。

0015

本発明の湿潤性高強度エーテル発泡体はさらに、インクホルダーにとって特に有利な比剛性を有することに加え、高湿潤性でもある。例えば、本発明のエーテル発泡体は、その表面上に位置された水滴を約104秒以内に吸収することができ、ならびに、その表面上に位置された10%イソプロピルアルコール水溶液の液滴を約5.1秒以内に吸収することができる。

0016

本発明はさらに、インクジェットホルダーを含む多くの用途において使用することができる湿潤性高強度エーテル発泡体を製造する方法も対象とする。本発明の湿潤性高強度エーテル発泡体を製造する方法は、最初に、ポリオール、イソシアネート、および金属触媒を含む変性イソシアネートであるプレポリマーを形成する工程と、次に当該プレポリマーを少なくとも1種のポリオール、イソシアネート、および湿潤添加剤と組み合わせる工程とを含む。最初にプレポリマーを形成する工程は、反応チャンバーにおいてイソシアネートをポリオールおよび金属触媒と反応させて液体を形成する工程と、それを冷却する工程
とを含み得る。プレポリマーを加える工程は、ポンプで送られたある量のプレポリマー、少なくとも1種のポリオール、および湿潤添加剤を発泡装置ミックスヘッドを使用して同時にミックスして発泡体を形成する工程を含み得る。本発明の湿潤性高強度エーテル発泡体を製造する方法はさらに、当該発泡体を(当該発泡体に圧力および温度を適用することによって)フェルト化する追加の工程も含んでいてもよい。

実施例

0017

本発明は、湿潤性高強度発泡体インクホルダーならびに、プレポリマーを含む湿潤性高強度エーテル発泡体であって、当該プレポリマーが最初に形成され、次いで当該プレポリマーが少なくとも1種のポリオール、イソシアネート、および湿潤添加剤に加えられる、
湿潤性高強度エーテル発泡体を対象とする。当該プレポリマーは、ポリオール、イソシアネート、および金属触媒を含む変性イソシアネートである。プレポリマーを形成するために使用されるポリオールは、好ましくは、約40〜1000の平均分子量および約1.5〜6の官能価を有するべきであり、一例示的実施形態においては、約700の分子量および約3の官能価を有する。プレポリマーを形成するために使用することができるポリオールの例としては、これらに限定されるわけではないが、ポリエーテルポリオールポリエステルポリオールポリエステル−ポリエーテルポリオール、および他の変性ポリオールもしくはイソシアネートが挙げられる。さらに、当該ポリオールは、任意の活性ヒドロキシル含有化合物、例えば、グリコールおよびアミンなど、を含んでいてもよい。一例示的実施形態において、プレポリマーを形成するために使用されるポリオールは、ポリプロピレングリコール、例えば、Huntsman Hollandから「FX31−240」として市販されているものなど、である。

0018

プレポリマーを形成するために使用することができるイソシアネートの例としては、これらに限定されるわけではないが、トルエンジイソシアネート、メチレンジフェニルジイソシアネートMDI)、ジフェニルメタンジイソシアネートトリフェニルジイソシアネートキシレンジイソシアネート、ポリメチレンポリフェニレンポリイソシアネートヘキサメチレンジイソシアネート、およびイソホロンジイソシアネートが挙げられ得る。一例示的実施形態において、プレポリマーを形成するために使用されるイソシアネートは、トルエンジイソシアネート、例えば、Mitsui Chemicals,Inc.から「TDI−65」として市販されていることが知られているものなど、である。

0019

プレポリマーを形成するために使用される金属触媒は、これらに限定されるわけではないが、有機スズ触媒、例えば、Cascat 83などのビスマスネオデカノエート、またはCotin 200などのジブチルスズジラウレートなど(両方ともCosan Chemical製)、を含み得る。一例示的実施形態において、プレポリマーを形成するために使用される金属触媒は、有機スズ触媒、例えば、Evonik Industriesから「K−29」として市販されていることが知られているものなど、である。

0020

最初にプレポリマーが形成され、その後に、当該プレポリマーが他の化合物に加えられて、本発明の湿潤性高強度発泡体インクホルダーを形成する。当該プレポリマーは、反応チャンバーにおいてイソシアネートをポリオールおよび金属触媒と反応させて液体を形成し、それを冷却することによって形成することができる。当該プレポリマーは、約35〜45重量パーセントのポリオール、約55〜65重量パーセントのイソシアネート、および約0.01〜0.15重量パーセントの金属触媒から作製することができる。一例示的実施形態において、当該プレポリマーは、40.03質量パーセントのポリプロピレングリコール、59.92質量パーセントのトルエンジイソシアネート、および0.05質量パーセントの有機スズ触媒を含む。

0021

プレポリマーが形成され、次いで、当該プレポリマーが、少なくとも1種のポリオール、イソシアネート、および湿潤添加剤を含む他の化合物と組み合わせられる。プレポリマーを含む発泡体配合物において使用されるポリオールは、これらに限定されるわけではないが、ポリエーテルポリオール、ポリエステルポリオール、ポリエステル−ポリエーテルポリオール、グラフトポリオール、および他の変性ポリオールを含み得る。使用されるポリオールは、好ましくは約2,000〜10,000の分子量を有する。一例示的実施形態において、使用されるポリオールは、分子量3000のトリオール、例えば、Shell Chemicalsから「SC56−16」として市販されていることが知られているものなど、および分子量3000のコポリマーポリオール、例えば、Bayer Material Scienceから「HS−100」として市販されていることが知られているものなど、を含む。

0022

プレポリマーを含む発泡体配合物において使用することができるイソシアネートの例としては、これらに限定されるわけではないが、トルエンジイソシアネート、ジフェニルメタンジイソシアネート、トリフェニルジイソシアネート、キシレンジイソシアネート、ポリメチレンポリフェニレンポリイソシアネート、ヘキサメチレンジイソシアネート、およびイソホロンジイソシアネートが挙げられる。一例示的実施形態において、プレポリマーを含む発泡体配合物において使用されるイソシアネートは、トルエンジイソシアネート、例えば、Mitsui Chemicals,Inc.から「TDI−80」として市販されていることが知られているものなど、である。

0023

プレポリマーを含む発泡体配合物において使用することができる湿潤添加剤は、これらに限定されるわけではないが、アニオン性非イオン性、およびカチオン性界面活性剤、ならびにそれらの混合物を含み得る。一例示的実施形態において、プレポリマーを含む発泡体配合物において使用される湿潤添加剤は、専売の界面活性剤、例えば、Evonik Industriesから「ORTEGAL HPH1」として市販されていることが知られているものなど、である。

0024

表1は、表2に一覧される実施例1、2、および3において発泡体インクホルダーを形成するために使用したプレポリマー配合物を示している。結果として得られる発泡体インクホルダーは、好ましくは、約1.0ポンド立方フィート〜3.0ポンド/立方フィートの密度を有する。

0025

0026

表2は、発泡体インクホルダーの3つの実施例(実施例1、2、3)を作製するために使用した配合物を示しており、これらの実施例のための配合物は、形成されたプレポリマーを含んでいる。表2はさらに、プレポリマーを使用せずに形成しているがその代わりにプレポリマーに使用したポリオール(すなわち、ポリプロピレングリコール)を未反応状態において含む発泡体インクホルダーの実施例(B)の配合も示す。表2はさらに、標準的なエーテル発泡体配合物で形成された発泡体インクホルダーの対照実施例(A)も含む。成分の量は、全ポリオール100部に対する部で表されていることに注意されたい。

0027

0028

表3は、表2に示された配合物で作製した発泡体インクホルダーの物理特性を示している。

0029

注:水の量および触媒作用は、結果として得られる発泡体密度を可能な限り1.3ポンド/立方フィート近くに維持するように変えた。

0030

表3から分かるように、プレポリマーを使用して本発明に従って作製した発泡体インクホルダーは、発泡体インクホルダー対照実施例およびプレポリマーを形成するために使用したポリオールを未反応で用いて作製した発泡体インクホルダーと比較して、増加した比剛性を有している。増加した比剛性に加えて、プレポリマーにより作製した発泡体インクホルダーは、発泡体インクホルダー対照実施例およびプレポリマーを形成するために使用したポリオールを未反応で用いて作製した発泡体インクホルダーと比較して、増加した強度特性を有している。

0031

表4は、試験液体の液滴を発泡体インクホルダー上に位置した時にそれが発泡体の表面に吸収されるまでの時間を記録した、湿潤性の試験結果を示している。試験は点眼器を使用して実施し、示された結果は、試料毎に3回の試験の平均である。

0032

0033

結果から分かるように、本発明に従ってプレポリマーによって作製した発泡体インクホルダーの湿潤時間は、発泡体インクホルダー対照より優れている。さらに、それらの湿潤時間は、プレポリマーを形成するために使用したポリオールを未反応で用いて作製した発泡体インクホルダーほど速くはないが、プレポリマーを形成するために使用したポリオールを未反応で用いて作製した発泡体インクホルダーは、プレポリマーで作製した発泡体インクホルダーが有する増加した比剛性および強度特性は示していない。

0034

本明細書における本発明の例示的実施形態の詳細な説明は、本発明の様々な例示的実施形態および現時点で本発明者が知るベストモードを示している。これらの例示的実施形態およびモードは、当業者による本発明の実施を可能にするほど十分詳細に説明されており、ならびに、いずれにおいても本発明の範囲、適用性、または構成を限定することを意図するものではない。むしろ、以下の開示は、例示的実施形態およびモードならびに当業者にとって既知もしくは明白である任意の等価モードまたは実施形態の両方の実践を教示することを意図している。さらに、含まれる全ての実施例は、例示的実施形態および様式を非限定的に説明するものであり、同様に、当業者にとって既知もしくは明白である任意の等価モードまたは実施形態に役立つものである。

0035

本発明の実施において使用される構造、配置、適用、割合、要素、材料、または成分の他の組み合わせおよび/または修正は、具体的に列挙されていないものに加えて、本発明の範囲から逸脱することなく、変更することも、または他の方法で特定の環境、製造要件設計パラメータ、または他の作動要件に特に適合させることもでき、ならびにこれらは本開示に含まれることが意図される。

0036

特に明記されない限り、本明細書および特許請求の範囲における言葉および語句が一般的に認められている一般的な意味、あるいは利用可能な分野における当業者によって使用される通常のおよび慣習的な意味を与えられることは、出願人の意図するところである。それらの意味が異なる場合には、本明細書および特許請求の範囲における言葉および語句は、最も広い、可能な一般的意味を与えられるべきである。任意の言葉もしくは語句に対して他の任意の特殊な意味が意図される場合には、本明細書は、特殊な意味について明確に言及し定義するであろう。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • サカタインクス株式会社の「 水性インクジェット用インク組成物」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】非吸収性メディアに印刷しても、高ギャップ時の吐出安定性、防汚性、接着性、乾燥性、耐擦過性、吐出安定性、及び、保存安定性に優れる水性インクジェット用インク組成物を提供すること。【解決手段】顔料、... 詳細

  • サカタインクス株式会社の「 水性インクジェット用インク組成物」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】非吸収性メディアに印刷しても、高ギャップ時の吐出安定性、防汚性、接着性、乾燥性、耐擦過性、吐出安定性、及び、保存安定性に優れる水性インクジェット用インク組成物を提供すること。【解決手段】顔料、... 詳細

  • ブラザー工業株式会社の「 液体排出装置」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】第1液室や第2液室に貯留された液体の量を、蒸発を加味して正確に把握することが可能な液体排出装置を提供する。【解決手段】プリンタ10のコントローラ130は、受け付けた排出指示で排出が指示されたイ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ