図面 (/)

技術 車両用表示装置

出願人 株式会社デンソー
発明者 藤田克己田村覚種盛吾
出願日 2019年6月3日 (1年8ヶ月経過) 出願番号 2019-103809
公開日 2019年9月5日 (1年5ヶ月経過) 公開番号 2019-148604
状態 未査定
技術分野 計器板 計測器の細部
主要キーワード トリップ距離 透光性材 運転レベル 多角錐状 パルス電力 数字画像 走行モード選択スイッチ 案内設定
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年9月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

奥行き感を持たせた表示を可能とする車両用表示装置を提供する。

解決手段

車両に関連する車両情報を表示する情報表示部140を備える車両用表示装置において、光源部180と、透光性を有し、情報表示部140の視認側に配置される表示板170と、表示板170に形成されて、光源部180からの光によって所定形状に発光する反射部171とを設け、発光された反射部171が、情報表示部140による車両情報に重畳されて視認側に視認されるようにする。これにより、表示板170は、透光性を有するので、情報表示部140によって表示される本来の車両情報は、表示板170を透過して視認されることになる。そして、光源部180によって発光された反射部171が、車両情報に対して重畳されて視認側に視認されるので、奥行き感のある表示が可能となる。

概要

背景

従来の車両用表示装置として、例えば、特許文献1に記載されたものが知られている。特許文献1の車両用表示装置には、表示領域内に指針表示部と液晶表示部とが設けられている。指針表示部は、複数設けられており、それぞれ指針回動によって、車速エンジン回転数燃料残量、およびエンジン水温等をアナログ表示するものとなっている。また、液晶表示部は、液晶パネルに形成される画像によって、走行距離平均燃費シフト位置、およびウォーニング等をデジタル表示するものとなっている。

概要

奥行き感を持たせた表示を可能とする車両用表示装置を提供する。車両に関連する車両情報を表示する情報表示部140を備える車両用表示装置において、光源部180と、透光性を有し、情報表示部140の視認側に配置される表示板170と、表示板170に形成されて、光源部180からの光によって所定形状に発光する反射部171とを設け、発光された反射部171が、情報表示部140による車両情報に重畳されて視認側に視認されるようにする。これにより、表示板170は、透光性を有するので、情報表示部140によって表示される本来の車両情報は、表示板170を透過して視認されることになる。そして、光源部180によって発光された反射部171が、車両情報に対して重畳されて視認側に視認されるので、奥行き感のある表示が可能となる。

目的

本発明の目的は、上記問題に鑑み、奥行き感を持たせた表示を可能とする車両用表示装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

指針(143)を用いて、車両に関連する車両情報を表示する指針表示部(140)と、光源部(180)と、前記車両情報の画像を表示する表示面を有する情報表示部(150)と、透光性を有し、前記表示面の視認側に配置される表示板(170)と、前記表示板のうち、前記表示面に対応する側において、前記画像の外周側に位置して形成され、前記光源部からの光によって前記画像を内側に囲むように所定形状に発光する反射部(171)と、前記情報表示部に基づく表示内容を異なる複数の表示モードのいずれかに切替えるスイッチと、前記光源部および前記情報表示部を制御し、前記スイッチの切替えにより前記情報表示部に基づく表示内容を異なる複数の前記表示モードのいずれかに選択して表示させるようにし、かつ前記光源部の点灯による前記反射部を前記視認側に視認させる反射部発光状態と、前記光源部の消灯による前記反射部の非発光状態とを、複数の前記表示モードのいずれが選択されているかに基づいて切替え可能とする制御部(160)と、を備え、前記反射部が発光した状態においては、前記反射部の内側に前記画像が囲まれた態様で前記表示板を透過して前記画像が視認者側に視認される車両用表示装置

請求項2

前記反射部は、前記表示板の反視認側から視認側に窪み、前記光源部からの光を反射する凹部(171a)によって形成されている請求項1に記載の車両用表示装置。

請求項3

前記表示板は、前記指針表示部の視認側にも配置されており、前記表示板のうち、前記指針表示部に対応する側には、前記光源部からの光によって発光することにより、前記指針表示部の前記指針が指し示す目盛を表わす反射部が形成されている請求項1または請求項2に記載の車両用表示装置。

請求項4

前記反射部の前記所定形状は、前記画像の情報内容隠蔽されないように、前記画像の外周側を囲むように設定されている請求項1〜請求項3のいずれか1つに記載の車両用表示装置。

請求項5

前記スイッチは、前記車両の異なる走行モードの選択スイッチである請求項1〜請求項4のいずれか1つに記載の車両用表示装置。

請求項6

前記反射部は、前記光源部が点灯されていない状態では、視認されないように前記凹部の集合体により形成されている請求項2に記載の車両用表示装置。

請求項7

指針(143)を用いて、車両に関連する車両情報を表示する指針表示部(140)と、光源部(180)と、前記車両情報の画像を表示する表示面を有する情報表示部(150)と、透光性を有し、前記表示面の視認側に配置される表示板(170)と、前記表示板のうち、前記表示面に対応する側において、前記画像の外周側に位置して形成され、前記光源部からの光によって前記画像を内側に囲むように所定形状に発光する反射部(171)と、を備え、前記反射部が発光した状態においては、前記反射部の内側に前記画像が囲まれた態様で前記表示板を透過して前記画像が視認者側に視認されるようになっており、前記光源部の点灯、消灯を制御する制御部を備えており、前記制御部に基づいて前記光源部が点灯されることによって前記反射部が発光する状態と、前記光源部が消灯されることによって前記反射部が発光しない状態とが制御され、前記制御部は、前記情報表示部に基づく表示内容を異なる複数の表示モードのいずれかに切替えるスイッチの選択結果に基づいて、前記光源部の点灯、消灯を制御する車両用表示装置。

技術分野

0001

本発明は、車両に関連する車両情報を表示する車両用表示装置に関するものである。

背景技術

0002

従来の車両用表示装置として、例えば、特許文献1に記載されたものが知られている。特許文献1の車両用表示装置には、表示領域内に指針表示部と液晶表示部とが設けられている。指針表示部は、複数設けられており、それぞれ指針回動によって、車速エンジン回転数燃料残量、およびエンジン水温等をアナログ表示するものとなっている。また、液晶表示部は、液晶パネルに形成される画像によって、走行距離平均燃費シフト位置、およびウォーニング等をデジタル表示するものとなっている。

先行技術

0003

特開2012−58027号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、従来の車両用表示装置では、指針表示部、および液晶表示部は、表示領域内において、平坦表示板上に配置されているので、視認者側からの見栄えは、単なる平面的なものになっている。

0005

本発明の目的は、上記問題に鑑み、奥行き感を持たせた表示を可能とする車両用表示装置を提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

本発明は上記目的を達成するために、以下の技術的手段を採用する。

0007

本発明では、車両用表示装置において、
指針(143)を用いて、車両に関連する車両情報を表示する指針表示部(140)と、
光源部(180)と、
車両情報の画像を表示する表示面を有する情報表示部(150)と、
透光性を有し、表示面の視認側に配置される表示板(170)と、
表示板のうち、表示面に対応する側において、画像の外周側に位置して形成され、光源部からの光によって画像を内側に囲むように所定形状に発光する反射部(171)と、
情報表示部に基づく表示内容を異なる複数の表示モードのいずれかに切替えるスイッチと、
光源部および情報表示部を制御し、スイッチの切替えにより情報表示部に基づく表示内容を異なる複数の表示モードのいずれかに選択して表示させるようにし、かつ光源部の点灯による反射部を視認側に視認させる反射部発光状態と、光源部の消灯による反射部の非発光状態とを、複数の表示モードのいずれが選択されているかに基づいて切替え可能とする制御部(160)と、を備え、
反射部が発光した状態においては、反射部の内側に画像が囲まれた態様で表示板を透過して画像が視認者側に視認されることを特徴としている。

0008

この発明によれば、表示板(170)は、透光性を有するので、情報表示部(150)によって表示される本来の車両情報の画像は、表示板(170)を透過して視認されることになる。そして、光源部(180)によって発光された反射部(171)の内側に車両情報の画像が囲まれた態様で視認側に視認されるので、奥行き感のある表示が可能となる。

0009

尚、上記各手段の括弧内の符号は、後述する実施形態記載の具体的手段との対応関係を示すものである。

図面の簡単な説明

0010

第1実施形態におけるコンビネーションメータを示す正面図である。
図1におけるII−II部を示す断面図である。
図1におけるIII−III部を示す断面図である。
第1実施形態の透明表示板における反射部を示す拡大図である。
第1実施形態における反射部の作動状態を示す正面図である。
第2実施形態の透明表示板、および反射部を示す拡大図である。
第2実施形態における反射部の作動状態を示す正面図である。
第3実施形態における指針表示部を示す正面図である。

実施例

0011

以下に、図面を参照しながら本発明を実施するための複数の形態を説明する。各形態において先行する形態で説明した事項に対応する部分には同一の参照符号を付して重複する説明を省略する場合がある。各形態において構成の一部のみを説明している場合は、構成の他の部分については先行して説明した他の形態を適用することができる。各実施形態で具体的に組み合わせが可能であることを明示している部分同士の組み合わせばかりではなく、特に組み合わせに支障が生じなければ、明示していなくても実施形態同士を部分的に組み合せることも可能である。

0012

(第1実施形態)
本発明の第1実施形態について、図1図5を用いて説明する。第1実施形態の車両用表示装置は、コンビネーションメータ100に適用したものであり、車両のユーザ(視認者)に対して、図1図5に示すように、車両に関連する各種車両情報を表示する装置となっている。コンビネーションメータ(以下、メータ)100は、車両のインストルメントパネル(以下、インパネ)において、ステアリングと対向する位置に設けられている。

0013

メータ100は、図1図4に示すように、ケース110、基板120、表示板130、指針表示部140、液晶表示部150、制御部160、透明表示板170、および光源180等を備えている。

0014

ケース110は、例えば、全体形状有底筒状を成すと共に、ユーザ側から見た正面形状が横方向に延びる長円形を成す樹脂製の容器となっている。ケース110は、メータ100の本体部を形成している。ケース110の底に対応する部位が底部111となっており、外周部分が外周壁112となっている。上記のユーザ側というのは、本発明の視認側に対応する方向であり、図2図4中における左側となっている。

0015

基板120は、例えば、ガラスエポキシ基板等から成り、メータ100の電気回路部を形成している。基板120は、ケース110に対応する長円形を成して、ケース110の底部111側に配置されて、外周壁112に固定されている。基板120には、後述するモータ144、光源146a、146b、147a、147b、および制御部160等が設けられている。

0016

表示板130は、例えば、透明なポリカーボネートあるいはアクリル等の透光性材から形成された長円形の薄い板部材であり、ケース110において基板120よりもユーザ側に配置されて、外周壁112に固定されている。表示板130のユーザとは反対側(以下、反ユーザ側)の面において、後述する数字部141、および目盛部142を除く部位には、遮光性印刷塗装(例えば黒色塗装)が施されている。そして、表示板130のユーザ側の面には、後述する指針表示部140、および液晶表示部150等が形成されている。表示板130の指針表示部140に対応する中心部には、指針143(軸部143a)用の円形の開口部131が形成され、液晶表示部150に対応する領域には、四角形の開口部132が形成されている。

0017

指針表示部140は、指針を用いて車両情報を表示する表示部となっている。指針表示部は、本発明の情報表示部に対応する。ここでは、指針表示部140は、各種車両情報のうち、エンジンの回転速度を表示する部位となっており、円形状を成して表示板130の左側に配置されている。指針表示部140は、数字部141、目盛部142、指針143、モータ144、加飾部145、および光源146a、146b、147a、147b等を備えている。

0018

数字部141、および目盛部142は、表示板130に形成されて、エンジンの回転速度を表示するための数字、および目盛となっており、円形の指針表示部140領域の外周側で周方向に並ぶように形成されている。数字部141は、指針表示部140の左下側から時計回転方向に、その表示値が順に大きくなるように配置されている。目盛部142は、数字部141の外側に配置されている。数字部141、および目盛部142は、表示板130における、遮光性の印刷塗装(例えば黒色塗装)が施されない部位として形成されている。

0019

数字部141、および目盛部142が形成される部位の表示板130の反ユーザ側の面には、光の拡散効果を有するインク印刷(例えば、白色のインク印刷)が施されている。数字部141、および目盛部142は、後述する光源146a、146bからの光がユーザ側へ透過することにより発光するようになっている。数字部141、および目盛部142は、光源146a、146bの点灯、消灯の切替えによって、それぞれ独立して発光することが可能となっている。

0020

指針143は、指針表示部140において、回動することでエンジン回転速度値指し示す針となっている。指針143は、透光性材(例えば、透明なポリカーボネート樹脂アクリル樹脂等)から形成されている。

0021

指針143は、軸部143a、針部143b、およびキャップ部143cを有している。軸部143a、および針部143bは、一体的に形成されている。軸部143aは、表示板130の表側から基板120側に延びる棒状の部材であり、表示板130の開口部131を貫通するように配置されている。針部143bは、軸部143aのユーザ側となる先端部から表示板130の面に沿って目盛部142側に延びる棒状の部材となっている。キャップ部143cは、偏平円筒状を成して、軸部143aのユーザ側先端部、および針部143bの付け根部を覆うように設けられている。

0022

針部143b、およびキャップ部143cは、後述する光源147a、147bによって、発光するようになっている。針部143b、およびキャップ部143cは、光源147a、147bの点灯、消灯の切替えによって、それぞれ独立して発光することが可能となっている。

0023

モータ144は、指針143を回動させる指針用の駆動部であり、指針表示部140に対応する基板120の反ユーザ側の面に配置されている。モータ144は、例えば、パルス電力に同期して動作する同期電動機としてのステッパモータが使用されている。モータ144は、後述する制御部160によって回転制御されるようになっている。

0024

モータ144のシャフト144aは、指針143の軸部143a側に延びて、軸部143aと接続されている。よって、モータ144によって軸部143aが回転されると、針部143bは、表示板130上(指針表示部140上)で回動するようになっている。

0025

加飾部145は、筒状、あるいはリング状を成して、表示板130においてユーザ側の面で、指針表示部140(目盛部142)の外周部に配置、固定されている。加飾部145は、ユーザに対して、指針表示部140の外周側の見栄えを向上させるための部材となっている。加飾部145は、樹脂材から成り、例えば、表面に金属色(銀色)の塗装が施されている。

0026

光源146a、146b、147a、147bは、数字部141、目盛部142、および指針143を照明する(発光させる)ものであり、基板120のユーザ側の面に設けられている。光源146a、146b、147a、147bは、例えば、発光ダイオードLED)が使用されている。

0027

光源146aは、数字部141を照明する光源であり、光源146bは、目盛部142を照明する光源である。光源146a、146bは、数字部141、および目盛部142に対応して、それぞれ周方向に複数、設けられている。また、光源147aは、針部143bを照明する光源であり、光源147bは、キャップ部143cを照明する光源である。各光源146a、146b、147a、147bは、後述する制御部160によって、点灯、消灯が制御されるようになっている。

0028

液晶表示部150は、デジタル画像によって各種車両情報を表示する表示部となっている。液晶表示部150は、本発明の情報表示部に対応する。液晶表示部150は、液晶パネル151、およびバックライト等を備えている。

0029

液晶パネル151は、例えば、マトリックス状に配列された複数の画素を有するドットマトリクス型の透過型液晶パネルが使用されている。液晶パネル151は、表示板130の開口部132から表示面が視認されるように配置されている。液晶パネル151は、後述する制御部160からの制御信号によって各画素が駆動されることで、各種車両情報(車両情報の画像)を表示するようになっている。

0030

液晶パネル151によって、形成される車両情報の画像は、例えば、図1図5に示すような、車速画像151a、シフトポジション画像151b、充電量画像151c、燃料残量画像151d、航続可能距離画像151e、トリップ距離画像151f、平均燃費画像151g、走行距離画像151h、数字画像151i、指針画像151j、水温画像151k、および油温画像151l等である。数字画像151i、および指針画像151jは、車速画像151aと共に、車速を表示するための画像である。

0031

尚、バックライトは、液晶パネル151の反ユーザ側に配置され、液晶パネル151を背面側から透過照明するようになっている。バックライトは、発光ダイオードおよび拡散板を有しており、液晶パネル151をムラなく照明するようになっている。バックライトから放出される光によって、液晶パネル151に形成される各種車両情報の画像が発光表示されるようになっている。

0032

制御部160は、車両に設けられた各種センサ等から各種車両信号を取得し、指針表示部140、および液晶表示部150を制御することにより、取得した車両信号に対応する車両情報を指針表示部140、および液晶表示部150に表示させるようになっている。制御部160は、各種の演算処理を行うプロセッサ、当該演算処理に用いられるプログラム、車両に関する情報等が格納されたフラッシュメモリ、および演算の作業領域として機能するRAM等によって構成されている。

0033

加えて、制御部160は、モータ144の回転を制御するための駆動回路、光源146a、146b、147a、147bの発光を制御するレギュレータ回路を有している。また、制御部160は、液晶パネル151の各画素を制御するための駆動回路、バックライトの発光を制御するためのレギュレータ回路を有している。

0034

透明表示板170は、透光性を有する板部材であり、表示板130、即ち、指針表示部140、および液晶表示部150のユーザ側に配置されて、外周壁112に固定されている。透明表示板170は、本発明の表示板に対応する。透明表示板170には、後述する光源180からの光によって、所定の形状に発光する反射部171が形成されている。

0035

反射部171は、ここでは、透明表示板170の反ユーザ側(表示部140、150側)の面に形成された、微細な多数の凹部171aの集合体によって形成されている。凹部171aの集合体が形成する所定の形状というのは、例えば、ユーザ側から見て、指針表示部140の目盛部142に重なる位置、および液晶表示部150の車速画像151aの外周部に重なる位置で(2カ所)、目盛を形成するものとなっている。凹部171aの集合体が形成する目盛は、例えば、指針表示部140における目盛部142よりも密度感の増しスポティな目盛となっている。

0036

上記の多数の凹部171aの集合体のうち、1つ1つの凹部171aの断面形状は、例えば、図4に示すように、反ユーザ側からユーザ側に向けて先細となる形状、例えば、三角形状を呈している。1つ1つの凹部171aの全体形状は、図4紙面に対して垂直方向に延びる三角柱状を成すものとなっている。つまり、1つ1つの凹部171aによる空間部が微細なプリズムのような形状を成している。このような微細な凹部171aが多数設けられて、目盛の中の1つの目盛を形成し、更に全体の目盛を形成している。

0037

光源180は、点灯されることで上記反射部171を発光させるものであり、透明表示板170に対して板面方向の端部側に配置されている。ここでは、光源180は、透明表示板170の下側に配置されている。光源180は、反射部171の全体形状(目盛全体)に対応するように、左右方向に複数設けられている。光源180は、例えば、赤色の発光ダイオード(LED)が使用されている。

0038

上記のように、透明表示板170における反射部171は、微細な凹部171aから形成されていることから、光源180が点灯されていない状態では、ユーザに視認されないようになっている。つまり、透明表示板170は、本来の透明な板として視認される。しかしながら、光源180が点灯されると、光は凹部171aの三角形状の斜面で反射されて、ユーザ側に届く形となって、透明表示板170には、反射部171の発光による目盛が視認されるようになっている。

0039

尚、車両には、走行状態を通常の走行モード、あるいは、走りを重視したスポーツ走行モードのいずれかを選択可能とする走行モード選択スイッチが設けられている。

0040

本メータ100の構成は、上記のようになっており、以下、メータ100の作動について図1図5を用いて説明する。

0041

1.通常走行モード図1
通常走行モードは、走行モード選択スイッチによって、ユーザが通常走行モードを選択した場合に設定される走行モードである。

0042

指針表示部140においては、制御部160によって、光源146a、146bが点灯されて、数字部141、および目盛部142が発光される。また、制御部160によって光源147aが点灯されて、針部143bが発光される。そして、制御部160は、車両センサから得られるエンジンの回転速度信号に応じて、モータ144を作動させて、針部143bを回動させる。数字部141、および目盛部142に対する針部143bの回動位置に応じて、エンジン回転速度が指し示される。

0043

また、液晶表示部150においては、各種センサから得られる各種車両信号から、制御部160によって、車速値シフトポジション、充電量、燃料残量、航続可能距離、トリップ距離、平均燃費および走行距離が演算される。そして、制御部160によって、液晶パネル151に、車両情報としての各種画像151a〜151hが形成され、表示される。

0044

本通常走行モードにおいては、光源180は点灯されず、透明表示板170の反射部171は、発光しないため、指針表示部140、および液晶表示部150の表示内容は、透明表示板170を通してユーザに視認される。

0045

2.スポーツ走行モード(図5
スポーツ走行モードは、走行モード選択スイッチによって、ユーザがスポーツ走行モードを選択した場合に設定される走行モードである。

0046

指針表示部140においては、制御部160によって、光源146aが点灯されて、数字部141、および目盛部142のうち、数字部141のみが発光される。また、制御部160によって光源147a、147bが点灯されて、針部143bに加えてキャップ部143cも発光される。

0047

また、液晶表示部150においては、制御部160によって、各種センサから得られる各種車両信号から、車速値、シフトポジション、充電量、燃料残量、水温、および油温が演算される。そして、制御部160によって、液晶パネル151に、車両情報としての各種画像151a〜151d、151i〜151lが形成され、表示される。

0048

更に、制御部160によって、光源180が点灯される。すると、透明表示板170における反射部171(凹部171a)によって光が反射して、反射した光はユーザ側に届く形となる。よって、反射部171は、上記で説明した目盛を形成するように発光する。光源180は、赤色のLEDが使用されているので、反射部171(目盛)はスポーツ走行相応しい赤色に発光する。反射部171による目盛は、ユーザ側から見て、指針表示部140において消灯されている目盛部142の位置、および、液晶表示部150の数字画像151iの外周位置で発光し、ユーザには、反射部171(目盛)が、指針表示部140、および液晶表示部150において表示される車両情報に対して重畳されるように視認される。

0049

そして、制御部160は、車両センサから得られるエンジンの回転速度信号に応じて、モータ144を作動させて、針部143bを回動させる。数字部141、および反射部171による目盛に対する針部143bの回動位置に応じて、エンジン回転速度が指し示される。

0050

また、制御部160は、液晶パネル151において、車両センサから得られる車速に応じて、数字画像151iに対する指針画像151jの表示位置を変化させる。よって、数字画像151i、および反射部171による目盛に対する指針画像151jの回動位置に応じて、車速が指し示される。同時に、車速画像151aによっても車速が表示される。

0051

以上のように、本実施形態では、指針表示部140と、液晶表示部150のユーザ側に、反射部171の形成された透明表示板170と、光源180とを設けるようにしている。透明表示板170は、透光性を有するので、各表示部140、150によって表示される本来の車両情報は、透明表示板170を透過して視認されることになる。そして、光源180を点灯させると、反射部171が目盛を形成するように発光されて、この発光された反射部171が、各表示部140、150における車両情報に対して、重畳されてユーザ側に視認されるので、奥行き感のある表示が可能となる。

0052

また、反射部171は、透明表示板170の各表示部140、150側の面に形成されて、ユーザ側に向けて先細となる凹部171aによって形成されており、光源180は、透明表示板170に対して板面方向の端部側に配置されている。

0053

これにより、透明表示板170の板面方向の端部側に配置された光源180の光を、反射部171によって、確実にユーザ側に反射させることが可能となる。このとき、奥行き方向に光源180の設置スペースを確保する必要がない。

0054

(第2実施形態)
第2実施形態におけるメータ100Aを図6図7に示す。第2実施形態は、上記第1実施形態に対して、透明表示板170、反射部171、および光源180の組み合わせを複数組み設けるようにしたものである。

0055

本メータ100Aでは、図7に示すように、液晶表示部150には、上記第1実施形態の各種画像151a〜151lに加えて、オーディオ機器携帯電話接続機器、およびナビゲーション装置等の作動を選択するためのメニュー画像151mが表示されるようになっている。ユーザは、例えば、ステアリングに設けられた選択スイッチを操作すると、液晶表示部150にメニュー画像151mが表示されるようになっている。そして、ユーザは、メニュー画像151mを見ながら、選択スイッチを操作することで、各機器のいずれかを選択作動させることが可能となっている。例えば、ラジオ局の選択、携帯電話フリーハンズ操作設定カーナビによる目的地案内設定、CD内の好みの曲の再生等である。

0056

そして、上記第1実施形態で説明した透明表示板170、反射部171、および光源180に加えて、液晶表示部150のメニュー画像151mに対応する位置に、もう一組の透明表示板170A、反射部171A、および光源180Aが形成されている。

0057

一組めの透明表示板170、反射部171、および光源180と、もう一組めの透明表示板170A、反射部171A、および光源180Aは、表示板130側からユーザ側に向けて並ぶように配置されている。透明表示板170、および透明表示板170Aは、互いに当接するように配置されている。

0058

透明表示板170Aにおける反射部171Aは、透明表示板170における反射部171とは異なるもの(異なるデザイン)となっている。具体的には、反射部171Aは、多数の凹部171aAの集合体として、図7におけるメニュー画像151mの左右位置で、上下方向に並ぶ複数の水平線を有する装飾部を形成しており、光源180Aの点灯により、発光するようになっている。

0059

本実施形態での作動は、以下のようになっている。スポーツ走行モード時における反射部171による重畳表示は、上記第1実施形態と同じである。

0060

加えて、ユーザがステアリングの選択スイッチを操作すると、制御部160によって、液晶表示部150にメニュー画像151mが表示される。この時、併せて制御部160によって、光源180Aが点灯され、反射部171Aが発光される。

0061

本実施形態においても、反射部171Aが発光されることで、メニュー画像151mに対して奥行き感のある表示が可能となる。また、光源180、および光源180Aの点灯切替えにより、スポーツ走行モード時における目盛の重畳表示と、メニュー画像151mに対する装飾部の重畳表示とを切替えることが可能となり、異なる反射部171、171Aをユーザに視認させることができる。

0062

(第3実施形態)
第3実施形態におけるメータ100Bを図8に示す。上記各実施形態では、指針表示部140では、エンジン回転速度を表示するものとして説明したが、本実施形態のメータ100Bのように、エンジン回転速度表示に加えて、他の車両情報を切替え表示可能とするものとしてもよい。他の車両情報としては、例えば、図8に示すように、通常走行モードにおいて、どの程度のECO運転が実施されているかを表示するECO運転情報とすることができる。

0063

指針表示部140に対応する表示板130には、数字部141、目盛部142に加えて、ECO運転状態にあることを示す文字部148、およびECO運転レベルを表示するための複数の輪から成るECO表示部149が形成されている。ECO表示部149は、予め定めたECO運転条件を満たしたときに、中心部が緑色に発光されて、更に、ECO運転のレベルが高くなる程、中心部から外側に向けて、緑色の領域が拡がるように発光される表示部となっている。そして、文字部148、およびECO表示部149を発光させるためのECO表示用光源がそれぞれ設けられている。

0064

本実施形態では、通常走行モードにおいて、制御部160は、ユーザによる運転状態がECO運転状態にあると判定すると、指針表示部140において、光源146a、146b、147a、147bを消灯させて、ECO表示用光源を点灯させることで、ECO表示に切り替え、ECO運転情報を表示する。これにより、同一の指針表示部140内に異なる車両情報を切替え表示させることが可能となる。

0065

(その他の実施形態)
上記各実施形態では、反射部171を形成する凹部171a(凹部171aA)は、三角柱状(プリズム状)となるものとして説明したが、これに限らず、ユーザ側に向けて頂角の形成される円錐状、あるいは多角錐状となるものとしてもよい。

0066

また、上記各実施形態では、指針表示部140には、車両情報としてエンジン回転速度が表示されるものとしたが、これに限定されることなく、液晶表示部150に表示させる各種車両情報との関係から、他の車両情報を表示するものとしてもよい。
上述した実施形態の技術的特徴まとめると、以下の通りである。
(技術的特徴1)
車両に関連する車両情報を表示する情報表示部(140、150)を備える車両用表示装置は、
光源部(180)と、
透光性を有し、情報表示部(140、150)の視認側に配置される表示板(170)と、
表示板(170)に形成されて、光源部(180)からの光によって所定形状に発光する反射部(171)と、を備え、
発光された反射部(171)が、情報表示部(140、150)による車両情報に重畳されて視認側に視認される。
(技術的特徴2)
技術的特徴1において、
反射部(171)は、表示板(170)の情報表示部(140、150)側の面に形成されて、視認側に向けて先細となる凹部(171a)によって形成されており、
光源部(180)は、表示板(170)に対して板面方向の端部側に配置されている。
(技術的特徴3)
技術的特徴1または技術的特徴2において、
反射部(171)の所定形状は、車両情報を示すための目盛りの形状である。
(技術的特徴4)
技術的特徴1〜技術的特徴3のいずれか1つにおいて、
光源部(180)、表示板(170)、および反射部(171)の組み合わせが、情報表示部(140、150)側から視認側に向けて複数組、設けられ、
複数組において、反射部(171)の所定形状が、それぞれ異なるように形成されている。

0067

100、100A、100Bコンビネーションメータ(車両用表示装置)
140指針表示部(情報表示部)
150液晶表示部(情報表示部)
170 透明表示板(表示板)
171反射部
171a 凹部
180光源(光源部)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • マツダ株式会社の「 車両用メーター表示装置」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】自車両と先行車両との距離感を認識できるようにしながら、先行車両表示を表示できる先行車両と自車両との車間距離の増大を図ることができる車両用メーター表示装置を提供する。【解決手段】メーター表示部1... 詳細

  • マツダ株式会社の「 車両用メーター表示装置」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】メーター表示部の表示内容を認識し易くすることができる車両用メーター表示装置を提供する。【解決手段】全表示面が液晶画面をもって横長形状に形成されたメーター表示部1が備えられる車両用メーター表示装... 詳細

  • 本田技研工業株式会社の「 運転者状態検出装置」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】運転者の視線方向の検出範囲が車幅方向に関して広角であっても、視線方向を広角に且つ高精度に検出する。【解決手段】、運転者200の視線方向202を検出するための第1視線検出部21及び第2視線検出部... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ