図面 (/)

技術 遊技機

出願人 株式会社三共
発明者 小倉敏男
出願日 2018年2月26日 (2年2ヶ月経過) 出願番号 2018-031525
公開日 2019年9月5日 (7ヶ月経過) 公開番号 2019-146626
状態 未査定
技術分野 弾玉遊技機の表示装置
主要キーワード 更新制限 色変化パターン 通常カウンタ 所定順番 初期表示画像 減速構造 導出表 繰返し動作
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2019年9月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

有利な権利を逃すことを防止可能な遊技機を提供する。

解決手段

入賞装置遊技媒体入賞したことに基づいて識別情報可変表示を行い、表示結果導出表示する可変表示装置と、未だ開始されていない可変表示に関する保留情報を記憶する保留記憶手段と、有利状態終了後の所定期間において、入賞装置への遊技媒体の入賞を促す促進報知を実行する促進報知手段と、所定期間において、保留記憶手段により記憶された保留情報の数が、保留記憶手段において記憶可能な保留情報の上限数に到達すると、上限数に到達したことを示す到達報知を実行する到達報知手段と、を備えたことを特徴とする。

概要

背景

近年の遊技機は、スペック遊技方法多様化しており、例えば大当り終了後の所定期
間内に再度大当りとなると、より有利な状態に移行するものがある(例えば、特許文献1
参照)。

概要

有利な権利を逃すことを防止可能な遊技機を提供する。入賞装置遊技媒体入賞したことに基づいて識別情報可変表示を行い、表示結果導出表示する可変表示装置と、未だ開始されていない可変表示に関する保留情報を記憶する保留記憶手段と、有利状態終了後の所定期間において、入賞装置への遊技媒体の入賞を促す促進報知を実行する促進報知手段と、所定期間において、保留記憶手段により記憶された保留情報の数が、保留記憶手段において記憶可能な保留情報の上限数に到達すると、上限数に到達したことを示す到達報知を実行する到達報知手段と、を備えたことを特徴とする。−10

目的

本発明は、かかる実情に鑑み考え出されたものであり、その目的は、有利な権利を逃す
ことを防止可能な遊技機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

有利状態に制御可能な遊技機であって、入賞装置遊技媒体入賞したことに基づいて識別情報可変表示を行い、表示結果導出表示する可変表示装置と、未だ開始されていない可変表示に関する保留情報を記憶する保留記憶手段と、有利状態終了後の所定期間において、前記入賞装置への遊技媒体の入賞を促す促進報知を実行する促進報知手段と、前記所定期間において、前記保留記憶手段により記憶された保留情報の数が、前記保留記憶手段において記憶可能な保留情報の上限数に到達すると、上限数に到達したことを示す到達報知を実行する到達報知手段と、を備えたことを特徴とする遊技機。

技術分野

0001

本発明は、パチンコ遊技機等の遊技機に関する。

背景技術

0002

近年の遊技機は、スペック遊技方法多様化しており、例えば大当り終了後の所定期
間内に再度大当りとなると、より有利な状態に移行するものがある(例えば、特許文献1
参照)。

先行技術

0003

特開2013−94242号公報

発明が解決しようとする課題

0004

このような遊技機では、遊技者がよく分からないまま遊技してしまい、遊技者が有利な
権利を逃すことがあるという問題点があった。

0005

本発明は、かかる実情に鑑み考え出されたものであり、その目的は、有利な権利を逃す
ことを防止可能な遊技機を提供することである。

課題を解決するための手段

0006

(1) 有利状態に制御可能な遊技機(パチンコ遊技機1等)であって、
入賞装置遊技媒体入賞したことに基づいて識別情報可変表示を行い、表示結果
導出表示する可変表示装置(可変表示装置68SH009等)と、
未だ開始されていない可変表示に関する保留情報を記憶する保留記憶手段(第2保留
バッファ等)と、
有利状態終了後の所定期間において、前記入賞装置への遊技媒体の入賞を促す促進報知
を実行する促進報知手段(演出制御用マイクロコンピュータ100等)と、
前記所定期間において、前記保留記憶手段により記憶された保留情報の数が、前記保留
記憶手段において記憶可能な保留情報の上限数(4個等)に到達すると、上限数に到達し
たことを示す到達報知(「到達」を出力等)を実行する到達報知手段(演出制御用マイ
コンピュータ100等)と、
を備えたことを特徴とする遊技機。

0007

このような構成によれば、促進報知と到達報知とを実行するので、遊技者が所定期間内
の有利な権利を逃すことを防止することができる。

0008

(2) (1)に記載の遊技機であって、
有利状態終了後に、可変表示が前記上限数以上の所定回数(5回、または11回等)実
行されるまでに再度有利状態(小当り経由11(10)R時短あり大当り、および小当り
経由6(5)R時短あり大当り等)に制御された場合には、当該有利状態終了後に特別状
態(チャンスタイムB等)に制御可能である。

0009

(3)手段1 (1)または(2)に記載の遊技機であって、
前記促進報知手段は、識別情報(促進報知図柄等)を仮停止させることによって促進報
知を実行する。

0010

このような構成によれば、報知態様を識別情報の仮停止とすることで興趣を向上できる

0011

(4) (1)から(3)のいずれかに記載の遊技機であって、
遊技媒体が入賞することにより、前記可変表示装置における可変表示の開始が可能とな
る他の入賞装置(第1始動入賞口13等)と、
前記他の入賞装置に遊技媒体が入賞したことにより開始可能となった可変表示のうちで
、未だ開始されていない可変表示について保留情報を記憶する他の保留記憶手段(第1保
記憶バッファ等)と、
有利状態終了後に前記他の保留記憶手段に記憶された保留情報に基づいて実行される可
変表示の実行時間(2000ms等)は、有利状態終了後に前記保留記憶手段に記憶され
た保留情報に基づいて実行される可変表示の実行時間(60000ms等)より短い時間
であり、
前記促進報知手段は、有利状態終了後に前記他の保留記憶手段に記憶された保留情報に
基づいて実行される可変表示の実行中は、前記促進報知とは異なる他の促進報知(「右打
ち」を出力等)を実行する。

0012

このような構成によれば、短い可変表示の時間に応じた他の促進報知を実行することが
できる。

0013

(5) (1)から(4)のいずれかに記載の遊技機であって、
前記所定期間は、有利状態後に最初に実行される識別情報の可変表示が開始されてから
終了するまでの期間である。

0014

(6) (5)に記載の遊技機であって、
有利状態後に最初に実行される識別情報の可変表示によって有利状態に制御されること
が決定されている場合(保留連が決定されている場合)には、前記到達報知手段は、前記
到達報知の報知態様とは異なる特定態様(「おめでとう」を出力等)で報知する。

0015

このような構成によれば、促進報知により遊技者が所定期間内の有利な権利を逃すこと
を防止できるとともに、特定態様によって有利状態に制御されること報知することができ
るので、遊技者の昂揚感を高めることができる。

0016

(7) (5)に記載の遊技機であって、
前記到達報知手段は、前記識別情報(到達報知図柄等)を仮停止させることによって到
達報知を実行する。

0017

このような構成によれば、報知態様を識別情報の仮停止とすることで興趣を向上できる

0018

(8) (1)から(7)のいずれかに記載の遊技機であって、
前記可変表示装置は、表面に複数種類の識別情報(青7、赤7、促進報知図柄、到達報
知図柄、ブランク図柄等)が付された回胴(リール)を複数有し、前記複数の回胴が回転
することで前記複数種類の識別情報が順次更新される複数の表示領域が形成されており、
前記所定期間の残り時間が特定時間(15秒等)以下である場合に、前記保留記憶手段
により記憶された保留情報の数が、前記保留記憶手段において記憶可能な保留情報の上限
数に到達したときは、前記到達報知手段は、識別情報を仮停止させずに、音声による到達
報知を実行する。

0019

このような構成によれば、回胴の停止動作時間を担保しつつ、到達報知を行うことがで
きる。

0020

(6) (1) 第1可変表示(第1特別図柄の可変表示等)を行う第1可変表示手段
(第1特別図柄表示器8a等)と、第2可変表示(第2特別図柄の可変表示等)を行う第
2可変表示手段(第2特別図柄表示器8b等)とを備え、前記第1可変表示手段と前記第
2可変表示手段とのいずれかにおける表示結果が特定表示結果(大当り表示結果等)とな
ったときに、遊技者にとって有利な有利状態(大当り遊技状態等)に制御可能な遊技機(
パチンコ遊技機1等)であって、
前記第1可変表示手段による第1可変表示に関する情報を保留記憶情報として記憶する
第1保留記憶手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560、RAM55、第1保留記憶
バッファ等)と、
前記第2可変表示手段による第2可変表示に関する情報を保留記憶情報として記憶する
第2保留記憶手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560、RAM55、第2保留記憶
バッファ等)と、
前記第2保留記憶手段の保留記憶情報に基づく前記第2可変表示手段の第2可変表示を
、前記第1保留記憶手段の保留記憶情報に基づく前記第1可変表示手段の第1可変表示よ
りも優先して実行する制御を行なう優先制御手段(遊技制御用マイクロコンピュータ56
0、図12のS52〜S54等)と、
所定条件成立に基づいて、所定可変表示回数に亘り、少なくとも前記第2可変表示が
通常状態よりも可変表示がされやすい時短状態に制御する時短制御手段(遊技制御用マイ
クロコンピュータ560、図14のS163〜S170等)と、
前記時短状態中に実行可能な可変表示の残回数を表示する時短残回数表示手段(演出
示装置9、時短残回数画像96等)と、
前記残回数の表示を制御可能な残回数表示制御手段(演出制御用マイクロコンピュータ
100、図33−2(B)のS925〜S929等)とを備え、
前記時短制御手段は、少なくとも、前記時短状態中における前記第1可変表示および前
記第2可変表示の合計回数が第1回数(11回等)になった第1条件と、前記時短状態中
における前記第2可変表示の回数が前記第1回数よりも少ない第2回数(7回等)になっ
た第2条件とのいずれか一方の条件が成立したことに基づいて前記時短状態を終了させ(
遊技制御用マイクロコンピュータ560、図2の時短状態の設定、図13のS142〜S
151等)、
前記残回数表示制御手段は、前記時短状態中において前記第2可変表示についての前記
残回数の表示がされているときに、前記第1可変表示が実行された場合は、当該残回数の
表示を行わないように表示制御をすることが可能である(図33−1(C)、(D)、図
33−2のS912の時短残回数表示消去設定)。

0021

このような構成によれば、時短状態中に実行可能な可変表示の残回数を遊技者に違和感
を与えることなく表示することができる。

0022

(7) 第1可変表示(第1特別図柄の可変表示等)を行う第1可変表示手段(第1特
別図柄表示器8a等)と、第2可変表示(第2特別図柄の可変表示等)を行う第2可変
示手段(第2特別図柄表示器8b等)とを備え、前記第1可変表示手段と前記第2可変表
示手段とのいずれかにおける表示結果が特定表示結果(大当り表示結果等)となったとき
に、遊技者にとって有利な有利状態(大当り遊技状態等)に制御可能な遊技機(パチンコ
遊技機1等)であって、
前記第1可変表示手段による第1可変表示に関する情報を保留記憶情報として記憶する
第1保留記憶手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560、RAM55、第1保留記憶
バッファ等)と、
前記第2可変表示手段による第2可変表示に関する情報を保留記憶情報として記憶する
第2保留記憶手段(遊技制御用マイクロコンピュータ560、RAM55、第2保留記憶
バッファ等)と、
前記第2保留記憶手段の保留記憶情報に基づく前記第2可変表示手段の第2可変表示を
、前記第1保留記憶手段の保留記憶情報に基づく前記第1可変表示手段の第1可変表示よ
りも優先して実行する制御を行なう優先制御手段(遊技制御用マイクロコンピュータ56
0、図12のS52〜S54等)と、
所定条件の成立に基づいて、所定可変表示回数に亘り、少なくとも前記第2可変表示が
通常状態よりも可変表示がされやすい時短状態に制御する時短制御手段(遊技制御用マイ
クロコンピュータ560、図14のS163〜S170等)と、
前記時短状態中に実行可能な可変表示の残回数を表示する時短残回数表示手段(演出表
示装置9、時短残回数画像96等)と、
前記残回数の表示を制御可能な残回数表示制御手段(演出制御用マイクロコンピュータ
100、図33−4(B)のS925〜S929等)とを備え、
前記時短制御手段は、少なくとも、前記時短状態中における前記第1可変表示および前
記第2可変表示の合計回数が第1回数(11回等)になった第1条件と、前記時短状態中
における前記第2可変表示の回数が前記第1回数よりも少ない第2回数(7回等)になっ
た第2条件とのいずれか一方の条件が成立したことに基づいて前記時短状態を終了させ(
遊技制御用マイクロコンピュータ560、図2の時短状態の設定、図13のS142〜S
151等)、
前記残回数表示制御手段は、前記時短状態中において前記第2可変表示についての前記
残回数の表示がされているときに、前記第1可変表示が実行された場合は、当該残回数の
表示を更新しない表示制御をすることが可能である(図33−3(C)、(D)、図33
−4(A)のS912Aの時短残回数更新制限表示設定)。

0023

このような構成によれば、時短状態中に実行可能な可変表示の残回数を遊技者に違和感
を与えることなく表示することができる。

図面の簡単な説明

0024

パチンコ遊技機を正面からみた正面図である。
当り種別表を示す図である。
主基板遊技制御基板)における回路構成の一例を示すブロック図である。
乱数を示す説明図である。
当り判定テーブルおよび大当り種別判定テーブルを示す説明図である。
第1時短状態における第1,第2特別図柄の変動例を示す説明図である。
演出制御コマンドの内容の一例を示す説明図である。
演出制御コマンドの内容の一例を示す説明図である。
タイマ割込処理を示すフローチャートである。
特別図柄プロセス処理を示すフローチャートである。
始動口スイッチ通過処理を示すフローチャートである。
特別図柄通常処理を示すフローチャートである。
特別図柄停止処理を示すフローチャートである。
大当り終了処理を示すフローチャートである。
小当り開放前処理を示すフローチャートである。
小当り開放中処理を示すフローチャートである。
小当り終了処理を示すフローチャートである。
演出制御メイン処理を示すフローチャートである。
演出制御プロセス処理を示すフローチャートである。
ラウンド示唆演出演出画像を示す演出表示装置表示画面図である。
保留連報知演出の演出画像を示す演出表示装置の表示画面図である。
保留連報知演出のタイミングチャートである。
ラウンド数示唆演出演出態様を選択するときに用いられるデータテーブルを示す説明図である。
保留連報知演出有無決定テーブルを示す説明図である。
保留連・ラウンド数示唆演出選択処理を示すフローチャートである。
ラウンド数示唆演出処理を示すフローチャートである。
保留連報知演出第1処理を示すフローチャートである。
保留連報知演出第2処理を示すフローチャートである。
特定演出の演出画像を示す演出表示装置の表示画面図である。
特定演出のタイミングチャートである。
特定演出第1処理を示すフローチャートである。
特定演出第2処理を示すフローチャートである。
時短残回数の第1表示制御例を示す演出表示装置の表示画面図である。
図33−1に示す時短残回数の演出表示を実行するために演出制御マイクロコンピュータにより実行される処理を示すフローチャートである。
時短残回数の第2表示制御例を示す演出表示装置の表示画面図である。
図33−3に示す時短残回数の演出表示を実行するために演出制御マイクロコンピュータにより実行される処理を示すフローチャートである。
時短残回数更新ロック表示制御例を示す時短残回数表示部の近傍の表示領域の拡大図である。
特定報知例を示す演出表示装置の表示画面図である。
パチンコ遊技機を正面からみた正面図である。
主基板(遊技制御基板)における回路構成の一例を示すブロック図である。
リールの図柄配列を示す図である。
当り種別表および大当り種別判定テーブルを示す説明図である。
遊技状態遷移を示す図である。
演出制御コマンドの内容の一例を示す説明図である。
演出制御コマンドの内容の一例を示す説明図である。
変動パターンの一例を示す図である。
促進報知、到達報知の一例を示す図である。
保留個数と報知態様の関係を示す図である。
特1保留がない場合の時短中タイミングチャートを示す図である。
区間A、Bや達成演出における可変表示装置等の態様を示す図である。
特1保留がある場合の時短中タイミングチャートを示す図である。
右リールを停止させない場合の時短中タイミングチャートを示す図である。
特別図柄停止処理を示すフローチャートである。
大当り終了処理を示すフローチャートである。
時短1回目変動中処理を示すフローチャートである。
小当り終了処理を示すフローチャートである。
時短変動処理を示すフローチャートである。

実施例

0025

以下、本発明の実施の形態を、図面を参照して説明する。なお、遊技機の一例としてパ
チンコ遊技機を示すが、本発明はパチンコ遊技機に限られず、コイン遊技機等のその他の
遊技機であってもよい。

0026

図1はパチンコ遊技機1を正面からみた正面図である。パチンコ遊技機1は、縦長の方
形状に形成された外枠(図示せず)と、外枠の内側に開閉可能に取付けられた遊技枠(図
示せず)と、遊技枠に開閉可能に設けられている額縁状に形成されたガラス扉枠2とを有
する。

0027

ガラス扉枠の下部表面には打球供給皿上皿)3がある。打球供給皿3の下部には、打
球供給皿3に収容しきれない遊技媒体としての遊技球貯留する余剰球受皿4、および遊
媒体としての遊技球を打球として打球発射装置から発射するときに操作する打球操作
ドル操作ノブ)5が設けられている。ガラス扉枠2の奥手には、打込まれた遊技球が
流下可能な遊技領域7が形成された遊技盤6が着脱可能に取付けられている。遊技領域7
には、多数の遊技釘植設されている。遊技領域7には、遊技釘のうち一部の遊技釘が示
されている。打球発射装置は、発射モータにより駆動されるものであり、打球操作ハンド
ル5の回動操作位置に応じて、遊技球を打出す力(発射強度)が調整される。これにより
、遊技者は、遊技領域7において希望する場所を狙って遊技球を発射することが可能であ
る。

0028

遊技領域7の中央付近には、各々を識別可能な複数種類の識別情報としての演出図柄を
変動表示(可変表示ともいう)可能な演出表示装置9が設けられている。遊技領域7にお
いては、遊技球が流下する流下経路のうちの第1経路が、正面から見て演出表示装置9よ
りも左側の領域に主に設けられ、遊技球が流下する流下経路のうち第1経路とは異なる第
2経路が、正面から見て演出表示装置9よりも右側の領域に主に設けられている。

0029

第1経路に遊技球を流下させるために演出表示装置9の左側領域左側遊技領域)に遊
技球を打込むことが左打ちと呼ばれる。第2経路に遊技球を流下させるために演出表示装
置9の右側領域右側遊技領域)に遊技球を打込むことが右打ちと呼ばれる。第1経路は
、遊技領域7の左側に遊技球を打ち込むことにより遊技球が流下可能となる経路であるの
で、左打ち経路と呼ばれてもよい。また、第2経路は、遊技領域7の右側に遊技球を打ち
込むことにより遊技球が流下可能となる経路であるので、右打ち経路と呼ばれてもよい。

0030

なお、第1経路と第2経路とは、別の経路により構成されてもよく、一部が共有化され
た経路であってもよい。左遊技領域右遊技領域とは、たとえば、遊技領域7内における
演出表示装置9の端面や遊技釘の配列等により区分けされていればよい。

0031

打球操作ハンドル5の操作に応じて打球発射装置から発射されて遊技領域7に打込まれ
た遊技球は、左遊技領域へと誘導された場合に、たとえば遊技釘の配列に沿って誘導され
ることにより、右遊技領域へは誘導不可能または誘導困難となる。また、遊技球は、右遊
技領域へと誘導された場合に、たとえば遊技釘の配列に沿って誘導されることにより、左
遊技領域へは誘導不可能または誘導困難となる。

0032

遊技領域7のうちの左遊技領域に打分けられた遊技球が進入可能な構造物として、第1
始動入賞口13が設けられている。第1始動入賞口13は、演出表示装置9の下方に配置
されている。第1始動入賞口13には、進入した遊技球を検出するためのスイッチとして
、内部に第1始動入賞口スイッチ13aが設けられている。

0033

遊技領域7のうちの右遊技領域に打分けられた遊技球が進入可能な構造物として、ゲー
ト32、可変入賞球装置15、および、V判定入賞装置87が設けられている。可変入賞
球装置15は、遊技球が入賞可能な第2始動入賞口14を有する。また、それぞれに進入
した遊技球を検出するためのスイッチとして、ゲート32の内部にはゲートスイッチ32
aが、第2始動入賞口14の内部には第2始動入賞口スイッチ14aが、V判定入賞装置
87の内部にはV入賞スイッチ87a、V判定入賞スイッチ15aおよびV判定排出スイ
ッチ15bが、それぞれ設けられている。以下では、第1始動入賞口13に遊技球が入賞
(進入)することを第1始動入賞、第2始動入賞口14に遊技球が入賞(進入)すること
を第2始動入賞とも称する。

0034

第1始動入賞口13は、変動表示手段(可変表示手段)としての第1特別図柄の変動表
示(可変表示)を開始するための始動入賞装置として、遊技球(始動入賞球)が進入(入
賞)可能な入賞口構造物である。第2始動入賞口14は、変動表示手段(可変表示手段)
としての第2特別図柄の変動表示(可変表示)を開始するための始動入賞装置として、遊
技球(始動入賞球)が進入(入賞)可能な入賞口構造物である。

0035

ゲート32は、遊技球が進入(通過)可能なゲート構造物である。遊技球がゲート32
を通過すると、普通図柄が変動表示する。普通図柄については後述する。左遊技領域では
、入賞口構造物のうち第1始動入賞口13に遊技球が誘導されてくるように遊技釘が植設
されている。このため、第1始動入賞口13に遊技球を進入させることを狙うときに、遊
技者は、遊技球を左打ちすればよい。また、右遊技領域では、入賞口構造物のうち第2始
動入賞口14、およびゲート32に遊技球が誘導されてくるように遊技釘が植設されてい
る。このため、第2始動入賞口14、およびゲート32に遊技球を進入させることを狙う
ときに、遊技者は、遊技球を右打ちすればよい。

0036

なお、右遊技領域に打分けられた遊技球が第1始動入賞口13に進入する可能性がある
ようにしてもよいが、遊技性の観点から、その可能性は左遊技領域に打分けられた遊技球
がそれらに進入する可能性に比べて極端に低くすることが望ましい。逆に、左遊技領域に
打分けられた遊技球がゲート32、および、第2始動入賞口14に進入する可能性がある
ようにしてもよいが、遊技性の観点から、その可能性は右遊技領域に打分けられた遊技球
がそれらに進入する可能性に比べて極端に低くすることが望ましい。

0037

V判定入賞装置87は、小当りが発生したときに大当りを発生させるための条件となる
遊技球のV入賞を判定するための装置である。

0038

V判定入賞装置87は、透明の部材で形成され、内部を遊技球が通過する様子が視認
能である。V判定入賞装置87は、上部に、前後方向に遊技球が通過可能な幅が設けられ
、右から左に向かって傾斜し左右方向に延在した通路の両側(手前側と奥側)に壁部が設
けられ、その通路に沿って遊技球が誘導される誘導路が形成されている。導路の中央部に
は、小当りとなったときに所定期間(たとえば、0.1秒間×10回の開放期間+1秒間
閉鎖期間インターバル期間)×9回+終了期間1秒間)に亘り開放と閉鎖とが繰返さ
れることにより、開放されている所定期間内に合計約10個数以上の遊技球が入賞可能な
開口部としての作動口が形成されている。V判定入賞装置87における遊技球の通路には
、誘導される遊技球を減速させるための減速手段としての突起が壁部の両側に交互に複数
突出する態様で設けられることにより、右打ち時において、V判定入賞装置87上部の作
動口上の通路に遊技球がゆっくりと流れるような構造(以下減速構造という)が形成され
ている。

0039

小当り遊技状態においては、V判定入賞装置87内への10個の遊技球の進入が検出さ
れるまで、または、所定期間が経過するまでの比較的長期間に亘り、V判定入賞装置87
開放制御が実行される。このような開放制御期間中には、開放制御が間延びしていると
遊技者が感じにくくなるように、後述の図20に示すラウンド数示唆演出、および、図2
1に示す保留連報知演出のような特定の演出が実行可能である。V判定入賞装置87にお
いて、誘導路における作動口が形成されていない部分は、固定部873とよばれる固定さ
れた通路をなす。作動口を開閉可能な位置には、作動口上を前後方向に進退移動可能な可
動部872が設けられている。

0040

可動部872は、ソレノイド22により駆動され、作動口を開閉するための進退動作
可能である。可動部872の状態により作動口が閉鎖された状態においては、遊技球が可
動部872および固定部873の上面を誘導路として通過可能となり、当該誘導路上を右
端から左端に誘導されて左端から落下する。可動部872の動作状態により作動口が開放
された状態においては、誘導路において作動口が開口するので、誘導路に誘導される遊技
球が作動口からV判定入賞装置87の内部に落下可能となる。

0041

V判定入賞装置87(作動口)の内部においては、作動口から進入した遊技球が入賞可
能な入賞領域として、特定領域としてのV入賞領域870がV判定入賞装置87の底部に
おける左右方向の中央部に設けられ、さらに、作動口から進入した遊技球のすべてを傾斜
した経路によりV入賞領域870上に誘導する傾斜路871が設けられている。V入賞領
域870は、遊技球が進入可能なV入賞口を有し、V入賞口から進入した遊技球を下方へ
誘導可能である。

0042

V入賞領域870の入賞口(V入賞口)最上端には、V入賞領域870を開放状態と閉
鎖状態とのいずれかの状態に切替え可能な板状態の開閉部材(図示省略)が設けられてい
る。開閉部材は、ソレノイド24により駆動され、V入賞口を開閉するための進退動作が
可能である。開閉部材の状態によりV入賞口が開放された状態においては、V入賞領域8
70上に誘導された遊技球がV入賞領域870内に落下可能な状態となる。一方、開閉部
材の状態によりV入賞口が閉鎖された状態においては、V入賞領域870上に誘導された
遊技球が開閉部材上を通過して、V入賞領域870の下流側近傍に開口する態様で設けら
れ、遊技を下方へ誘導可能な入賞球領域(図示省略)内に落下可能な状態となる。

0043

具体的に、V判定入賞装置87のV入賞領域870は、基本的に開放状態とされており
、V判定入賞装置87の作動口が開放される小当り遊技状態において、1個の遊技球がV
入賞領域870内に進入して入賞すると、その遊技球がV入賞領域870に設けられたV
入賞スイッチ15aにより検出される。小当り遊技状態において、1個の遊技球がV入賞
スイッチ15aにより検出されると、開閉部材が閉鎖状態に制御され、以降にV入賞領域
870上に誘導された遊技球は、入賞球領域内に進入することとなる。入賞球領域内に進
入した遊技球は、入賞球領域に設けられたV判定入賞スイッチ15bにより検出される。
これにより、V判定入賞装置87内に進入した遊技球は、1個の遊技球がV入賞スイッチ
15aにより検出され、その後の遊技球がV判定入賞スイッチ15bにより検出される。

0044

小当り遊技状態において開放されたV判定入賞装置87は、V入賞スイッチ15aおよ
びV判定入賞スイッチ15bにより検出された球の合計個数が10個に達すると、作動口
が閉鎖され、遊技球が進入不可能な状態とされる。V入賞領域870と入賞球領域とは、
下方において合流する構成とされており、その合流された排出通路を通り、V判定入賞装
置87内に進入した遊技球は、遊技盤6内部の所定の排出路に排出される。排出通路には
、排出される遊技球を検出可能なV判定排出スイッチが設けられ、当該スイッチにより排
出されるすべての遊技球が検出される。

0045

小当りが発生してV判定入賞装置87の作動口が開放されたときにおいて、V入賞領域
870に遊技球が入賞して所定の有効期間中にV入賞スイッチ87aで遊技球が検出され
ると、大当りの発生条件が成立し、大当り遊技状態に制御される。このようなV入賞領域
870への遊技球の入賞がV入賞と呼ばれる。パチンコ遊技機1では、前述のように小当
りが発生してV判定入賞装置87の作動口が開放される期間中においては、特殊な操作を
要することなく平均的に合計10個程度の遊技球がV判定入賞装置87内に進入可能なよ
うに構造設計および制御設計がされており、さらに、V判定入賞装置87内に遊技球が進
入可すると、遊技球が必ず(100%)V入賞領域870に進入するように構造設計がさ
れている。また、パチンコ遊技機1では、小当りが発生したときに、遊技者が容易に遊技
球をV判定入賞装置87に打込むことができるように、右打ちを指示する右打ち促進報知
が実行される。

0046

したがって、小当りが発生したときには、V判定入賞装置87の作動口の開放期間中に
、遊技者が遊技球を発射しない場合、および、遊技者が左打ちをする場合を除き、右打ち
をすれば、必ず(100%)遊技球がV入賞領域870に進入して大当りが発生すること
となる。

0047

なお、この実施の形態では、V判定入賞装置87に遊技球の減速構造を設けた例を示し
た。しかし、このような減速構造を設けず、V判定入賞装置87における遊技球の誘導路
のうちの一部に遊技球を落下させることが可能となる作動口を設け、小当り遊技状態の期
間中に10個程度の遊技球をV入賞領域870に進入させるために、作動口を10回開放
させる構成を用いてもよい。

0048

V判定入賞装置87の前面側の一部には、「V」という文字形状で構成されたLEDよ
るなる発光体であるVランプ875が設けられている。Vランプ875は、小当り遊技
態においてV入賞が発生したときに基本的に白色で発光される。Vランプ875は、たと
えば、基本的に白色で発光可能であるが、保留連を報知するときのように、遊技状況に応
じた演出により、青色、赤色、および、虹色に発光色が変化可能である。なお、Vランプ
875は、遊技者により視認可能な位置であれば、V判定入賞装置87において、前面部
に設けられてもよく、内部に設けられてもよい。また、Vランプ875は、V判定入賞装
置87とは異なる位置(たとえば、V判定入賞装置87の近傍位置等)に設けられてもよ
い。

0049

可変入賞球装置15は、遊技球が進入可能な遊技者にとって有利な状態(開状態)と、
遊技球が進入不可能な遊技者にとって不利な状態(閉状態)とに変化する可変入賞球装置
としての役物であり、入口部分にチューリップ状開成翼片左右一対形状)を備え、開
翼片の上方に、開成翼片が閉鎖状態での遊技球の進入を制限するストッパ部材が設けら
れている。この開成翼片は、ソレノイド16により駆動される。可変入賞球装置15は、
普通図柄の表示結果が当りになると一定期間(たとえば、1秒間)開成することによって
、遊技者にとって不利な状態から有利な状態に変化する。なお、可変入賞球装置15が閉
状態になっている状態において、入賞はしづらいものの、入賞することは可能である(す
なわち、遊技球が入賞しにくい)ように構成されていてもよい。以下、第1始動入賞口1
3と第2始動入賞口14とを総称して始動入賞口または始動口ということがある。

0050

右遊技領域では、可変入賞球装置15およびV判定入賞装置87に遊技球が誘導されて
くるように遊技釘が植設されている。このため、これら可変入賞球装置15およびV判定
入賞装置87に遊技球を進入させることを狙うときに、遊技者は、遊技球を右打ちすれば
よい。

0051

なお、左遊技領域に打分けられた遊技球が可変入賞球装置15、および、V判定入賞装
置87のいずれかに進入する可能性があるようにしてもよいが、遊技性の観点から、その
可能性は右遊技領域に打分けられた遊技球がそれらに進入する可能性に比べて極端に低く
することが望ましい。

0052

遊技領域7の中央付近には、特別図柄の変動表示に対応した演出等の各種の演出表示を
することが可能な演出表示装置9が設けられている。遊技領域7における演出表示装置9
の右側方には、各々を識別可能な複数種類の識別情報としての特別図柄を変動表示する変
動表示手段として、第1特別図柄を変動表示する第1特別図柄表示器8aと、各々を識別
可能な複数種類の識別情報としての第2特別図柄を変動表示する第2特別図柄表示器8b
とが設けられている。

0053

第1特別図柄表示器8aおよび第2特別図柄表示器8bのそれぞれは、数字および文字
を変動表示可能な簡易で小型の表示器(たとえば7セグメントLED)で構成されている
。演出表示装置9は、液晶表示装置(LCD)で構成されている。演出表示装置9の表示
画面において、第1特別図柄または第2特別図柄の変動表示に同期して、各々を識別可能
な複数種類の識別情報としての演出図柄の変動表示等の各種画像を表示する表示領域が設
けられている。このような表示領域には、たとえば「左」、「中」、「右」の3つの装飾
用(演出用)の演出図柄(飾り図柄とも呼ばれる)を変動表示する図柄表示領域(図柄表
エリア)が形成される。

0054

第1特別図柄表示器8aおよび第2特別図柄表示器8bのそれぞれは、主基板(遊技制
基板)に搭載されている遊技制御用マイクロコンピュータによって制御される。演出表
示装置9は、演出制御基板に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータによって制
御される。第1特別図柄表示器8aで第1特別図柄の変動表示が実行されているときに、
その変動表示に伴なって演出表示装置9で演出表示を実行し、第2特別図柄表示器8bで
第2特別図柄の変動表示が実行されているときに、その変動表示に伴なって演出表示装置
9で演出表示を実行すれば、遊技の進行状況を把握しやすくすることができる。

0055

以下、第1特別図柄と第2特別図柄とを特別図柄と総称することがあり、第1特別図柄
表示器8aと第2特別図柄表示器8bとを特別図柄表示器(変動表示部)と総称すること
がある。

0056

なお、この実施の形態では、2つの特別図柄表示器8a,8bを備える場合を示してい
るが、遊技機は、特別図柄表示器を1つのみ備えるものであってもよい。特別図柄表示器
を1つのみ備える場合には、始動入賞口を1つのみ設ければよい。また、特別図柄表示器
を1つのみ備える場合であっても、始動入賞口を2つ(複数)設け、いずれの始動入賞口
に遊技球が入賞したときにも、1つの特別図柄表示器を変動表示させる制御をしてもよい
。また、特別図柄表示器を2つ(複数)備える場合に、始動入賞口を1つ設け、所定の順
番で2つの特別図柄表示器を変動表示させる(たとえば1回の始動入賞ごとに変動表示さ
せる特別図柄表示器を切替える等)制御をしてもよい。

0057

遊技領域7の下方には、大当り可変入賞球装置20が設けられている。大当り可変入賞
球装置20は、右打ちされた遊技球が、右遊技領域に植設された遊技釘によって誘導され
る。また、大当り可変入賞球装置20は、遊技釘の植設状態により、左遊技領域からは遊
技球が進入しないように構成されている。

0058

大当り可変入賞球装置20は、前面が長方形の扉で覆われた大入賞口を備えており、大
当りが発生すると、ソレノイド21によって、底辺を軸として扉が前方に傾動し、大入賞
口が現れる(開口する)。大当り可変入賞球装置20の内部には、進入した遊技球を検出
するためのカウントスイッチ23が設けられている。大当り可変入賞球装置20へは、右
遊技領域に遊技球を打込んだ場合にのみ、大入賞口への遊技球の入賞が可能となるように
、遊技釘やその他の構造物によって入賞ルートが制限されている。なお、左遊技領域およ
び右遊技領域のいずれに遊技球を打込んだ場合であっても、大入賞口へ入賞できるように
してもよい。

0059

第1始動入賞口13、第2始動入賞口14、大当り可変入賞球装置20、および、V判
定入賞装置87のいずれかに遊技球が入賞すると、それぞれに応じて予め定められた数の
賞球払出される。なお、ゲート32を遊技球が通過した場合にも賞球を払出すようにし
てもよい。また、第1始動入賞口13、および、第2始動入賞口14のうちの少なくとも
いずれかについては、遊技球が入賞しても賞球が払出されないようにしてもよい。

0060

遊技盤6の下部には、入賞しなかった打球が取込まれるアウト口26がある。また、遊
技領域7の外側の左右上部および左右下部には、所定の音声出力として効果音や音声を発
声する4つのスピーカ27が設けられている。遊技領域7の外周には、前面枠に設けられ
た枠LED28が設けられている。

0061

大当りは、第1特別図柄表示器8aに大当り図柄(大当り表示結果)が導出表示された
とき、および、第2特別図柄表示器8bに大当り図柄(大当り表示結果)が導出表示され
たときのそれぞれで発生する。第1始動入賞口13に遊技球が入賞したことに基づく抽選
により大当りとする決定がされたときに、第1特別図柄表示器8aに大当り図柄が導出表
示される。第2始動入賞口14に遊技球が入賞したことに基づく抽選により大当りとする
決定がされたときに、第2特別図柄表示器8bに大当り図柄が導出表示される。

0062

大当りは、小当り遊技状態となることによってV判定入賞装置87の作動口が開放して
いるときに進入した遊技球が、V入賞領域870に進入した場合にも発生する。以下、遊
技球がV入賞領域870に進入してV入賞スイッチ87aで検出されることをV入賞と呼
ぶ。小当りとは、所定の価値付与として、V判定入賞装置87の作動口が開放する当りで
あり、V入賞を条件として大当りが発生可能となる。V判定入賞装置87において、作動
口が開放する遊技状態を「小当り遊技状態」と呼ぶ。そして、小当り遊技状態において、
遊技球がV入賞したことに基づいて発生する大当りを、「小当り経由の大当り」と呼ぶ。
これに対し、第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bによる特別図柄の変
動表示の表示結果に基づいて大当り遊技状態となることを、「特別図柄による大当り」と
称する。

0063

大当り遊技状態は、所定の価値付与として、遊技者にとって有利な特定遊技状態(有利
状態)であり、大当り可変入賞球装置20が開放状態と閉鎖状態とを所定回数繰返す繰返
継続制御が行なわれる。繰返し継続制御において、大当り可変入賞球装置20が開放(
大入賞口が開放)されている状態が、ラウンドと呼ばれる。繰返し継続制御は、ラウンド
制御とも呼ばれる。

0064

大当り遊技状態では、大当り可変入賞球装置20が、開放状態とされた後、所定の開放
状態の終了条件(開放状態において所定期間(たとえば29秒間)が経過したこと、また
は、所定個数(たとえば10個)の入賞球が発生したという開放終了条件)が成立したこ
とに応じて閉鎖状態とされる。そして、開放終了条件が成立すると、継続権が発生し、大
当り可変入賞球装置20の開放が再度行なわれる。継続権の発生は、大当り遊技状態にお
ける開放回数が予め定められた上限値となる15ラウンド(最終ラウンド)に達するまで
繰返される。

0065

第1特別図柄または第2特別図柄の変動表示は、変動表示の実行条件である第1始動条
件(第1実行条件)または第2始動条件(第2実行条件)が成立(たとえば、遊技球が始
動入賞領域としての第1始動入賞口13または第2始動入賞口14を通過(入賞を含む)
したこと)した後、変動表示の開始条件(たとえば、第1特別図柄および第2特別図柄の
変動表示が実行されていない状態であり、かつ、大当り遊技が実行されていない状態)が
成立したことに基づいて開始され、変動表示時間(変動時間)が経過すると表示結果(停
止図柄)を導出表示する。なお、遊技球が通過するとは、入賞口やゲート等の予め入賞領
域として定められている領域を遊技球が通過したことであり、入賞口に遊技球が入った(
入賞した)ことを含む概念である。また、表示結果を導出表示するとは、図柄(識別情報
の例)を最終的に停止表示確定表示)させることである。

0066

また、第1始動入賞口13および第2始動入賞口14のような始動領域に遊技球が進入
したにもかかわらず未だ開始条件が成立していない変動表示について、所定の上限数の範
囲内で未だ開始条件が成立していない変動表示に関する情報を記憶することが保留記憶と
呼ばれる。また、このような保留記憶という用語は、保留記憶された情報を示す(特定す
る)場合にも用いられる。保留記憶は、始動記憶または始動入賞記憶とも呼ばれる。

0067

第1特別図柄については、第1始動入賞口13への遊技球の進入に基づく保留記憶とし
ての第1保留記憶に基づいて変動表示が実行される。第2特別図柄については、第2始動
入賞口14への遊技球の進入に基づく保留記憶としての第2保留記憶に基づいて変動表示
が実行される。このような第1保留記憶または第2保留記憶が存在している状態で大当り
が発生した場合、大当り発生前に存在していた保留記憶は、そのまま維持され、大当たり
遊技状態の終了後において変動表示のために用いられる。

0068

第2始動入賞口14への第2始動入賞が発生したときには、第1始動入賞の保留記憶が
あっても、当該第2始動入賞に基づく第2特別図柄の変動表示の方が優先して実行される
。このように第2特別図柄の変動表示は、第1特別図柄の変動表示よりも優先して実行さ
れる。

0069

第1特別図柄表示器8bおよび第2特別図柄表示器8bの上方には、第2始動入賞口1
4に入った有効入賞球数すなわち第2保留記憶数を表示する1つの表示器からなる第2特
図柄保留記憶表示器18bが設けられている。第2特別図柄保留記憶表示器18bは、
有効始動入賞がある毎に、第2特別図柄保留記憶表示器18bを点灯し、第2特別図柄表
示器8bでの変動表示が開始される毎に、第2特別図柄保留記憶表示器18bを消灯する

0070

第2特別図柄保留記憶表示器18bのさらに上方には、第1始動入賞口13に入った有
効入賞球数すなわち第1保留記憶数を表示する4つの表示器からなる第1特別図柄保留記
憶表示器18aが設けられている。第1特別図柄保留記憶表示器18aは、有効始動入賞
がある毎に点灯する表示器の数を1増やす。そして、第1特別図柄表示器8aでの変動表
示が開始される毎に、点灯する表示器の数を1減らす。

0071

演出表示装置9の左方には、各々を識別可能な普通図柄を変動表示する普通図柄表示器
10が設けられている。この実施の形態では、普通図柄表示器10は、0〜9の数字を変
表示可能な簡易で小型の表示器(たとえば7セグメントLED)で実現されている。す
なわち、普通図柄表示器10は、0〜9の数字(または、記号)を変動表示するように構
成されている。また、小型の表示器は、たとえば方形状に形成されている。

0072

遊技球がゲート32を通過すると、普通図柄表示器10の表示の変動表示が開始される
。普通図柄表示器10における停止図柄が所定の図柄(当り図柄。たとえば、図柄「7」
。)である場合に当りとなり、可変入賞球装置15が遊技者にとって不利な閉状態から所
定時間に限って遊技者にとって有利な開状態に変化する。普通図柄表示器10の近傍には
、ゲート32を通過した入賞球数を表示する4つのLEDによる表示部を有する普通図柄
保留記憶表示器41が設けられている。ゲート32への遊技球の通過がある毎に、普通図
柄保留記憶表示器41は点灯するLEDを1増やす。そして、普通図柄表示器10の変動
表示が開始される毎に、点灯するLEDを1減らす。

0073

パチンコ遊技機1には、遊技者が把持して複数方向(前後左右)に傾倒する操作が可能
スティックコントローラ122が取付けられている。スティックコントローラ122に
は、遊技者がスティックコントローラ122の操作桿操作手(たとえば左手等)で把持
した状態において、所定の操作指(たとえば人差し指等)で押引操作すること等により所
定の指示操作が可能なトリガボタン125(図3参照)が設けられ、スティックコントロ
ーラ122の操作桿の内部には、トリガボタン125に対する押引操作等による所定の指
示操作を検知するトリガセンサ121(図3参照)が内蔵されている。また、スティック
コントローラ122の下部における下皿の本体内部等には、操作桿に対する傾倒操作を検
知する傾倒方向センサユニット123(図3参照)が設けられている。また、スティック
コントローラ122には、スティックコントローラ122を振動動作させるためのバイブ
レータ用モータ126(図3参照)が内蔵されている。

0074

打球供給皿(上皿)3を形成する部材には、たとえば上皿本体の上面における手前側の
所定位置(たとえばスティックコントローラ122の上方)等に、遊技者が押下操作等に
より所定の指示操作を可能なプッシュタン120が設けられている。プッシュボタン1
20は、遊技者からの押下操作等による所定の指示操作を、機械的、電気的、あるいは、
電磁的に、検出できるように構成されていればよい。プッシュボタン120の設置位置に
おける上皿の本体内部等には、プッシュボタン120に対してなされた遊技者の操作行
を検知するプッシュセンサ124(図3参照)が設けられている。

0075

パチンコ遊技機1においては、遊技状況に応じて、遊技者が左遊技領域を狙う「左打ち
」と右遊技領域を狙う「右打ち」とを使い分けるように遊技球を発射することにより、変
化に富んだ遊技を楽しむことができるように遊技状態および演出状態が制御される。以下
に、遊技者がパチンコ遊技機1において遊技を開始してからの遊技の流れについて説明す
る。

0076

遊技者は、パチンコ遊技機1に着席して最初に遊技を開始するときに、まず左打ちによ
って第1始動入賞口13に遊技球が入賞するように遊技を行なう。そして、第1特別図柄
の変動表示が実行され、表示結果が大当り(特別図柄による大当り)となれば、左打ちか
ら右打ちに切替えて、開放される大当り可変入賞球装置20を狙い遊技を行なう。大当り
遊技状態が終了した後は、演出表示装置9の画面上で遊技者に右打ちによって遊技を行な
うことを促す右打ち促進報知が行なわれる。具体的には、演出表示装置9の画面上で「右
を狙え」等の表示が行なわれる。

0077

大当り遊技状態中は、開口した大当り可変入賞球装置20を右打ちにより狙う遊技を行
なう。大当り遊技状態中は、右打ち促進報知が行なわれる。大当り遊技状態の終了後は、
後述する時短状態となれば、引き続き右打ちにより遊技を行なう。大当り遊技終了後、時
短状態となっていれば時短状態が開始されることを報知する時短報知が演出表示装置9の
画面上で行なわれる。また、時短状態中には、右打ち促進報知も行なわれる。大当り遊技
状態の終了後に時短状態とならなければ、大当り遊技状態中に実行される右打ち促進報知
が終了することにより、右打ちから左打ちに切替えて第1始動入賞口13に遊技球が入賞
するように遊技を行なう。なお、時短状態とならなかった場合には、演出表示装置9の画
面上で遊技者に左打ちに戻して遊技を行なうことを促す左打ち促進報知(左打ち報知とも
呼ばれる)が行なわれるようにしてもよい。

0078

大当り遊技終了後の時短状態中は、右打ちにより第2始動入賞口14を有する可変入賞
球装置15を狙い遊技を行なう。第2始動入賞口14に遊技球が入賞し、表示結果が大当
り(特別図柄による大当り)となれば、右打ちのまま大当り可変入賞球装置20を狙い遊
技を行なう。また、第2始動入賞口14に遊技球が入賞し、表示結果が小当り表示結果と
なれば、小当り遊技状態においてV判定入賞装置87の作動口が開放されるので、右打ち
のままV判定入賞装置87を狙い遊技を行なう。小当り遊技状態の開始時には、演出表示
装置9の画面上で小当り遊技状態が開始されることを報知する小当り開始報知が行なわれ
る。また、小当り遊技状態に制御されるときには、特定のタイミング(遊技状況に応じて
、後述するような、小当りに応じてV判定入賞装置87の作動口が開放される前に実行さ
れる小当り表示の開始タイミング、または、小当り表示が実行されるよりも前の所定のタ
イミング。)で、右打ち促進報知も行なわれる。

0079

小当り遊技状態によりV判定入賞装置87の作動口が開状態のときに、遊技球が、作動
口からV判定入賞装置87の内部に落下し、V入賞領域870に進入して検出されて、V
入賞が発生した場合に、小当り経由の大当りが発生する。V入賞が発生したときには、演
表示装置9の画面上でV入賞が発生したことを報知するV入賞報知が行なわれる。また
、小当り遊技状態の終了時は、演出表示装置9の画面上で小当り遊技状態が終了したこと
を報知する小当り終了報知が行なわれる。そして、小当り終了後に、大当り遊技状態とな
って大当り可変入賞球装置20が開放されるので、遊技者は、右打ちのまま大当り可変入
賞球装置20を狙い遊技を行なう。

0080

また、小当り遊技状態においてV判定入賞装置87を狙い遊技を行なったときに、遊技
球がV入賞領域870に進入せず、V入賞領域870以外の不図示の非特定領域に進入し
た場合には、大当りが発生しない。このように小当り遊技状態中にV入賞が発生しなかっ
たときには、演出表示装置9の画面上でV入賞に失敗したことを報知するV入賞失敗報知
が行なわれる。また、小当り遊技状態の終了時には、演出表示装置9の画面上で小当り遊
技状態が終了したことを報知する小当り終了報知が行なわれる。そして、小当り遊技状態
の終了後、時短状態が継続しているときに、遊技者は、引続き右打ちのまま可変入賞球装
置15を狙い遊技を行なう。時短状態が終了した場合は、右打ちから左打ちに切替えて第
1始動入賞口13に遊技球が入賞するように遊技を行なう。時短状態の終了時には、演出
表示装置9の画面上で時短が終了したことを報知する時短終了報知と、遊技者に左打ちに
戻して遊技を行なうことを促す左打ち促進報知とが行なわれる。

0081

図2は、当り種別表を示す図である。当り種別表には、当りの種別ごとに、大当り発生
条件、大当り後の制御状態(遊技状態)、大当りにおける開放回数(ラウンド数)、およ
び、大当りにおける各ラウンドの開放時間が示されている。この実施の形態では、大当り
当り種別として、図柄15R時短大当り、図柄4R時短大当り、小当り経由16(15)
R時短大当り、小当り経由9(8)R時短大当り、および、小当り経由5(4)R時短大
当りが設けられている。小当り経由の大当りの括弧内は、大当り可変入賞球装置20が開
放する回数を示している。

0082

小当りは、可変入賞球装置15に設けられた第2始動入賞口14に遊技球が入賞し、第
2特別図柄の表示結果が小当り図柄になった場合に発生する。特別図柄の表示結果を小当
り図柄にするか否かの判定は、乱数抽選によって事前に行なわれる(特別図柄の小当り判
定)。小当りが発生すると、小当り遊技状態となり、開放回数が10回で開放時間が0.
1秒という開放パターンでV判定入賞装置87の作動口が開放する。小当り遊技状態の終
了後の遊技制御状態(後述する大当り確率、小当り確率、ベース)は、小当り前と同じで
ある。小当りにおいては、小当り遊技状態中にV判定入賞装置87内のV入賞領域870
に入賞した遊技球に対して賞球が払出される。小当り遊技状態中には、約10個の入賞球
が生じる得ることが設定されており、その入賞球に応じて、約30個の賞球が払出され得
ることが設定されている。

0083

V判定入賞装置87の作動口が開放中に、作動口へ遊技球を入賞させ、遊技球がV判定
入賞装置87の内部のV入賞領域870に進入(V入賞)した場合は、大当りが発生する
。このような小当りを経由した大当りは、上述したように小当り経由大当りと呼ばれる。
小当り経由大当りには、大当りでのラウンド数が異なる小当り経由16(15)R時短大
当り、小当り経由9(8)R時短大当り、および、小当り経由5(4)R時短大当りが含
まれる。16(15)R時短大当りとなり得るように紐付けられた小当りは、第1小当り
と呼ばれる。9(8)R時短大当りとなり得るように紐付けられた小当りは、第2小当り
と呼ばれる。5(4)R時短大当りとなり得るように紐付けられた小当りは、第3小当り
と呼ばれる。

0084

一方、小当りを経由せずに、特別図柄の変動表示により直接的に発生する大当りは、図
柄大当りと呼ばれる。図柄大当りとしては、第1特別図柄または第2特別図柄の変動表示
に基づいて直接発生する図柄15R時短大当り、および、図柄4R時短大当りがある。

0085

このように、大当りとしては、第1特別図柄または第2特別図柄の変動表示に基づいて
直接発生する図柄大当りと、第2特別図柄の変動表示に基づく小当りを経由してV入賞に
より発生する小当り経由大当りとが含まれる。図柄大当りおよび小当り経由大当りの各大
当りは、大当り遊技状態の終了後に時短状態に制御される大当りであり、時短大当りとい
名称が付けられている。本実施形態における遊技者にとって有利な有利状態には、大当
り可変入賞球装置20が開放することも含まれる。

0086

ここで、時短状態を説明する。時短状態は、遊技者にとって有利な特別遊技状態(有利
状態)の一例である。時短状態は、特別図柄(演出図柄)の変動時間(変動表示期間)が
非時短状態(通常状態)よりも短縮される制御状態である。このように、時短状態に移行
することによって、特別図柄や演出図柄の変動時間が短縮されるので、時短状態となった
ときには、有効な始動入賞が発生しやすくなり大当り遊技が行なわれる可能性が高まる。

0087

なお、時短状態では、可変入賞球装置15が開状態になる頻度を高くすることにより可
変入賞球装置15に遊技球が進入する頻度を高くして可変入賞球装置15への入賞を容易
化(高進入化、高頻度化)する高ベース状態に制御される。

0088

ここで、「ベース」とは、発射球数に対して入賞に応じて賞球として払出される遊技球
数の割合である。この割合を高める積極的な制御が行なわれる状態が「高ベース状態」で
ある。一方、このような制御が行なわれない状態が「低ベース状態」である。このような
制御は、たとえば、特別図柄の変動開始契機となる始動入賞の発生を高める制御として
実現される。このため、本実施の形態でいえば、可変入賞球装置15(いわゆる電動チュ
リップ)の開放頻度や開放回数を増加させ、あるいは1回の開放時間を長くすることに
よって、その可変入賞球装置への入賞を容易化する制御として実現できる。このような制
御は、「電チューサポート制御」とも呼ばれる。つまり、高ベース状態とは、特別図柄の
変動契機となる可変入賞球装置15が開状態になる頻度を高くすることにより、その可変
入賞球装置15に遊技球が進入する頻度を高くして可変入賞球装置15への入賞が容易化
(高進入化、高頻度化)される制御状態である。「電チューサポート制御」は、「電サポ
」という略語で一般的に呼ばれており、本実施形態でも「電サポ」という略語を用いる場
合がある。

0089

さらに、高ベース制御(電チューサポート制御)について詳述する。高ベース制御(電
チューサポート制御)としては、普通図柄の変動時間(変動表示開始時から表示結果の導
出表示時までの時間)を短縮して早期に表示結果を導出表示させる制御(普通図柄短縮制
御)、普通図柄の停止図柄が当り図柄になる確率を高める制御(普通図柄確変制御)、可
変入賞球装置15(普通電動役物)の開放時間を長くする制御(開放時間延長制御)、お
よび、特別図柄の変動契機となる可変入賞球装置の開放回数を増加させる制御(開放回数
増加制御)が行なわれる。このような制御が行なわれると、当該制御が行なわれていない
ときと比べて、特別図柄の変動契機となる可変入賞球装置が開状態となっている時間比率
が高くなるので、遊技球が始動入賞しやすくなる(特別図柄表示器8a,8bや演出表示
装置9における変動表示の実行条件が成立しやすくなる)。

0090

また、図柄15R時短大当りは、大入賞口が15回(15R)開放される大当りである
。図柄4R時短大当りは、大入賞口が4回(4R)開放される大当りである。小当り経由
16(15)R時短大当りは、V判定入賞装置87が1回(0.1秒×10回)開放され
た後、V入賞を条件として大入賞口が15回(15R)開放される大当りであり、16ラ
ウンド分入賞装置が開放するが、実質的に大入賞口の開放回数は、15回であり、遊技者
は、大入賞口の開放に関して、図柄15R時短大当りと同様の大当り種別と感じる。小当
り経由9(8)R時短大当りは、V判定入賞装置87が(0.1秒×10回)開放された
後、V入賞を条件として大入賞口が8回(8R)開放される大当りである。小当り経由5
(4)R時短大当りは、V判定入賞装置87が1回(0.1秒×10回)開放された後、
V入賞を条件として大入賞口が4回(4R)開放される大当りであり、5ラウンド分入賞
装置が開放するが、実質的に大入賞口の開放回数は、4回であり、遊技者は、大入賞口の
開放に関して、図柄4R時短大当りと同様の大当り種別と感じる。

0091

図柄4R時短大当り後の時短状態は、第2特別図柄の変動表示回数が1回という終了条
件と、第1特別図柄と第2特別図柄との変動表示回数の合計回数が5回という終了条件と
の2つの終了状態が設定されている。このような、第2特別図柄の変動表示回数が1回と
いう時短の終了条件の回数は、V判定入賞装置87に進入した遊技球が100%の割合で
V入賞領域870に進入することを考慮して設定されている。第2特別図柄の変動表示で
は、約1/7という割合で小当りが発生する。よって、第2特別図柄の変動表示回数が1
回という終了条件は、第2特別図柄の変動表示が実行されるときに、約1/7という割合
で、小当り経由の大当りを発生させる可能性がある回数としている。

0092

第2特別図柄の変動表示回数が1回という時短の終了条件の回数は、次のような理由で
設定されている。図柄4R時短大当りの場合には、基本的に第2特別図柄の変動表示が1
実行完了するまで時短状態(電サポ状態含む)を継続させるが、第2特別図柄を変動表
示させるには、右打ちをして遊技球をゲート32に進入させて可変入賞球装置15を開状
態にし、その状態で遊技球を可変入賞球装置15に入賞させる必要があり、そのような可
変入賞球装置15へ遊技球を入賞させるまでに時間がかかってしまい、保留記憶されてい
た第1特別図柄が先に変動表示される場合がある。

0093

したがって、第1特別図柄と第2特別図柄との変動表示回数の合計回数が5回という終
了条件は、時短状態の開始直後において、第2特別図柄の変動表示開始条件が成立する前
に、大当り遊技状態前に最大4個記憶可能な第1始動入賞に基づく保留記憶による第1特
別図柄の変動表示が開始されてしまっても、遊技者にとって有利な大当りに決定されやす
い第2特別図柄の1回分の変動表示を確実に実行可能にするための条件である。このよう
にすることで、時短状態開始直後において第1始動入賞に基づく保留記憶による第1特別
図柄の変動表示が開始されてしまうことで、時短状態において、遊技者にとって有利な大
当りに決定されやすい第2特別図柄の変動表示が行なわれなくなってしまうのを防ぐこと
ができる。

0094

図柄4R時短大当り以外の大当り後は、第2特別図柄の変動表示回数が7回という終了
条件と、第1特別図柄と第2特別図柄との変動表示回数の合計回数が11回という終了条
件との2つの終了状態が設定されている。このような、時短状態の終了条件の7回という
回数は、V判定入賞装置87に進入した遊技球が100%の割合でV入賞領域870に進
入することを考慮して設定されている。第2特別図柄の変動表示では、約1/7という割
合で小当りが発生する。よって、第2特別図柄の変動表示回数が7回という終了条件は、
第2特別図柄の変動表示が実行されるときに、図柄4R時短大当りと比べて、小当り経由
の大当りを発生させる可能性が大幅に高くなる回数としている。これにより、小当り経由
の大当りの発生に遊技者を注目させることができるとともに、小当り経由の大当りの発生
についての遊技者の期待感を高めることができる。

0095

また、第1特別図柄と第2特別図柄との変動表示回数の合計回数が11回という終了条
件は、時短状態の開始直後において、第2特別図柄の変動表示開始条件が成立する前に、
大当り遊技状態前に最大4個記憶可能な第1始動入賞に基づく保留記憶による第1特別図
柄の変動表示が開始されてしまっても、遊技者にとって有利な大当りに決定されやすい第
2特別図柄の7回分の変動回数の変動表示を確実に実行可能にするためである。このよう
にすることにより、時短状態開始直後において第1始動入賞に基づく保留記憶による第1
特別図柄の変動表示が開始されてしまうことで、時短状態において、遊技者にとって有利
な大当りに決定されやすい第2特別図柄の変動回数が減少してしまうことを防ぐことがで
きる。

0096

この実施の形態においては、通常状態である低ベース状態においては、第1始動入賞口
13が第1経路から入賞可能に設けられているので、第1経路を遊技球が流下した方が、
第2経路を遊技球が流下するよりも、始動入賞の点で遊技者にとって有利である。一方、
大当り遊技状態のような有利状態では、開放される大当り可変入賞球装置20が第2経路
から入賞可能に設けられているので、第2経路を遊技球が流下した方が、第1経路を遊技
球が流下するよりも、大当り時入賞の点で遊技者にとって有利である。また、小当り遊技
状態のような特定状態では、開放されるV判定入賞装置87が第2経路から入賞可能に設
けられているので、第2経路を遊技球が流下した方が、第1経路を遊技球が流下するより
も、大当り発生の点で遊技者にとって有利である。

0097

なお、このような有利さの比較に限らず、たとえば、その他の入賞口(たとえば、別の
可変入賞口始動入賞用であっても、非始動入賞用であってもよい)が第1経路と第2経
路とに設けられており、通常状態としての低ベース状態では第1経路の方が第2経路より
も当該可変入賞口に入賞しやすく、高ベース状態、大当り遊技状態、および、小当り遊技
状態のようなその他の状態では、第2経路の方が第1経路よりも当該可変入賞口に入賞し
やすいというような、その他の観点から、通常状態においては第1経路を遊技媒体が流下
した方が遊技者にとって有利であり、その他の遊技状態では第2経路を遊技媒体が流下し
た方が遊技者にとって有利である構成を採用してもよい。

0098

図3は、主基板(遊技制御基板)31における回路構成の一例を示すブロック図である
。なお、図3は、払出制御基板37および演出制御基板80等も示されている。主基板3
1には、プログラムにしたがってパチンコ遊技機1を制御する遊技制御用マイクロコン
ュータ(遊技制御手段に相当)560が搭載されている。遊技制御用マイクロコンピュ
タ560は、ゲーム制御遊技進行制御)用のプログラム等を記憶するROM54、ワー
メモリとして使用される記憶手段としてのRAM55、プログラムにしたがって制御動
作を行なうCPU56およびI/Oポート部57を含む。遊技制御用マイクロコンピュー
タ560は、ROM54およびRAM55が内蔵された1チップマイクロコンピュータ
ある。遊技制御用マイクロコンピュータ560には、さらに、ハードウェア乱数ハード
ウェア回路が発生する乱数)を発生する乱数回路503が内蔵されている。

0099

また、RAM55は、その一部または全部が電源基板において作成されるバックアップ
電源によってバックアップされている不揮発性記憶手段としてのバックアップRAMであ
る。すなわち、遊技機に対する電力供給が停止しても、所定期間(バックアップ電源とし
てのコンデンサ放電してバックアップ電源が電力供給不能になるまで)は、RAM55
の一部または全部の内容は保存される。特に、少なくとも、遊技状態すなわち遊技制御手
段の制御状態に応じたデータ(特別図柄プロセスフラグ等)と未払出賞球数を示すデータ
は、バックアップRAMに保存される。

0100

なお、遊技制御用マイクロコンピュータ560においてCPU56がROM54に格納
されているプログラムにしたがって制御を実行するので、以下、遊技制御用マイクロコン
ピュータ560(またはCPU56)が実行する(または、処理を行なう)ということは
、具体的には、CPU56がプログラムにしたがって制御を実行することである。このこ
とは、主基板31以外の他の基板に搭載されているマイクロコンピュータについても同様
である。

0101

乱数回路503は、特別図柄の変動表示の表示結果により小当りとするか否か判定する
ための判定用の乱数を発生するために用いられるハードウェア回路である。乱数回路50
3は、初期値(たとえば、0)と上限値(たとえば、65535)とが設定された数値
囲内で、数値データを、設定された更新規則にしたがって更新し、ランダムなタイミング
で発生する始動入賞時が数値データの読出(抽出)時であることに基づいて、読出される
数値データが乱数値となる乱数発生機能を有する。また、遊技制御用マイクロコンピュー
タ560は、乱数回路503が更新する数値データの初期値を設定する機能を有している

0102

また、ゲートスイッチ32a、第1始動入賞口スイッチ13a、第2始動入賞口スイッ
チ14a、V入賞スイッチ87a、V判定入賞スイッチ15a、および、V判定排出スイ
ッチ15bのそれぞれからの検出信号を遊技制御用マイクロコンピュータ560に与える
入力ドライバ回路58も主基板31に搭載されている。また、可変入賞球装置15を開閉
するソレノイド16、大当り可変入賞球装置20を開閉するソレノイド21、V判定入賞
装置87(可動部872)を開閉するソレノイド22、および、V入賞判定入賞装置87
(領域870可動部87)を開閉するソレノイド22、V入賞領域870(開閉部材)を
開閉するソレノイド24、および、遊技制御用マイクロコンピュータ560からの指令
したがって駆動する出力回路59も主基板31に搭載されている。払出制御基板37は、
球払出装置97を制御することで、出玉の払出を制御する。

0103

また、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、特別図柄を変動表示する第1特別図
柄表示器8a、第2特別図柄表示器8b、普通図柄を変動表示する普通図柄表示器10、
第1特別図柄保留記憶表示器18a、第2特別図柄保留記憶表示器18bおよび普通図柄
保留記憶表示器41の表示制御を行なう。

0104

演出制御基板80は、演出制御用マイクロコンピュータ100、ROM102、RAM
103、VDP109、および、I/Oポート部105等を搭載している。ROM102
は、表示制御等の演出制御用のプログラムおよびデータ等を記憶する。RAM103は、
ワークメモリとして使用される。ROM102およびRAM103は、演出制御用マイク
ロコンピュータ100に内蔵されてもよい。VDP109は、演出制御用マイクロコンピ
ュータ100と共動して演出表示装置9の表示制御を行なう。

0105

演出制御用マイクロコンピュータ100は、主基板31から演出制御基板80の方向へ
の一方向にのみ信号を通過させる中継基板77を介して、遊技制御用マイクロコンピュー
タ560から演出内容を指示する演出制御コマンドを受信し、演出表示装置9の変動表示
制御を行なう他、ランプドライバ基板35を介して、枠側に設けられている枠LED28
の表示制御、Vランプ875の表示制御を行なうとともに、音声出力基板70を介してス
ピーカ27からの音出力の制御を行なう等、各種の演出制御を行なう。

0106

また、演出制御用CPU101は、スティックコントローラ122のトリガボタン12
5に対する遊技者の操作行為を検出したことを示す情報信号としての操作検出信号を、ト
リガセンサ121から、I/Oポート部105を介して入力する。また、演出制御用CP
U101は、プッシュボタン120に対する遊技者の操作行為を検出したことを示す情報
信号としての操作検出信号を、プッシュセンサ124から、I/Oポート部105を介し
て入力する。また、演出制御用CPU101は、スティックコントローラ122の操作桿
に対する技者の操作行為を検出したことを示す情報信号としての操作検出信号を、傾倒方
向センサユニット123から、I/Oポート部105を介して入力する。また、演出制御
用CPU101は、I/Oポート部105を介してバイブレータ用モータ126に駆動信
号を出力することにより、スティックコントローラ122を振動動作させる。

0107

図4は、各乱数を示す説明図である。図4においては、乱数の種別更新範囲、用途、
および、加算条件が示されている。各乱数は、以下のように使用される。

0108

(1)ランダム1:大当りにするか否か、および、小当りにするか否かを判定する当り
判定用のランダムカウンタである。ランダム1は、10MHzで1ずつ更新され、0から
加算更新されてその上限である65535まで加算更新された後再度0から加算更新され
る。(2)ランダム2:大当りの種類(種別、図柄15R時短大当り、図柄4R時短大当
り、小当り経由16(15)R時短大当り、小当り経由9(8)R時短大当り、および、
小当り経由5(4)R時短大当りのいずれかの種別)および大当り図柄を決定する(大当
種別判定用、大当り図柄決定用)。(3)ランダム3:変動パターンの種類(種別)を
決定する(変動パターン種別判定用)。(4)ランダム4:変動パターン(変動時間)を
決定する(変動パターン判定用)。(5)ランダム5:普通図柄に基づく当りを発生させ
るか否か決定する(普通図柄当り判定用)。(6)ランダム6:ランダム5の初期値を決
定する(ランダム5初期値決定用)。

0109

この実施の形態では、特定遊技状態である大当りとして、図柄15R時短大当り、図柄
4R時短大当り、小当り経由16(15)R時短大当り、小当り経由9(8)R時短大当
り、および、小当り経由5(4)R時短大当りという複数の種別が含まれている。したが
って、当り判定用乱数(ランダムR)の値に基づいて、大当りとする決定がされたとき、
または、小当りとする決定がされたときには、大当り種別判定用乱数(ランダム1)の値
に基づいて、大当りの種別が、これらいずれかの大当り種別に決定される。ただし、小当
り経由の大当りの場合は、V入賞が発生しなければ、決定された大当りは無効となる。さ
らに、大当りの種別が決定されるときに、同時に大当り種別判定用乱数(ランダム1)の
値に基づいて、大当り図柄も決定される。したがって、ランダム1は、大当り図柄決定用
乱数でもある。

0110

また、小当りの種別とすることが決定されるときに、同時に小当り図柄が決定される。
したがって、ランダム1は、小当り図柄決定用乱数でもある。

0111

また、変動パターンは、まず、変動パターン種別判定用乱数(ランダム2)を用いて変
パターン種別を決定し、変動パターン判定用乱数(ランダム3)を用いて、決定した変
動パターン種別に含まれるいずれかの変動パターンに決定する。そのように、この実施の
形態では、2段階の抽選処理によって変動パターンが決定される。変動パターン種別とは
、複数の変動パターンをその変動態様の特徴にしたがってグループ化したものである。変
動パターン種別には、1または複数の変動パターンが属している。

0112

この実施の形態では、変動パターンが、リーチを伴なわない変動パターン種別である通
常変動パターン種別と、リーチを伴なう変動パターン種別であるリーチ変動パターン種別
とに種別分けされている。

0113

このような変動パターン種別は、表示結果がはずれとなる場合に、時短状態であるとき
と、時短状態でないときとで、変動パターン種別の選択割合が異なるように設定されてい
ることにより、時短状態であるときには、時短状態でないときと比べて、変動時間が短縮
される。たとえば、時短状態では、時短状態でないときと比べて、変動時間の平均時間を
短くするために、所定の変動パターンの変動時間が時短でないときよりも短く設定された
り、変動パターン種別のうち最も変動時間が短い変動パターン種別が選択される割合が高
くなり、リーチ種別が選択されるときでも変動パターン種別のうち最も変動時間が短いノ
マルリーチの変動パターンが選択される割合が高くなるように設定されたりすることで
、時短状態でないときと比べて、変動時間の平均時間が短くなる。

0114

また、このような変動パターン種別には、小当りとなるときに選択可能な変動パターン
種別(たとえば、小当りと関連性がある演出が実行される変動パターン種別等)と、小当
りとなるときに選択不可能な変動パターン種別(たとえば、小当りと関連性がない演出が
実行される変動パターン種別等)とが含まれている。このような、小当りとなるときに選
択可能な変動パターン種別は、特定の演出が実行される変動パターンであり、小当りに関
する所定の示唆演出が実行される変動パターンが含まれている。しがって、このような小
当りに関する所定の示唆演出が実行される変動パターンが実行されたときには、遊技者の
期待感を盛上げることが可能となる。小当りとなるときに選択可能な変動パターン種別は
、小当りとなるときと、小当りとならないときとの両方で選択可能であり、小当りとなる
ときの方が、小当りとならないときよりも選択される割合が高くなるように設定される。
これにより、小当りとなるときに選択可能な変動パターン種別であっても、小当りとなら
ないときも生じるので、実行される変動パターンの種別から小当りとなることが遊技者に
予め認知されてしまうことがないようにすることができる。一方、小当りとなるときに選
択不可能な変動パターン種別は、たとえば、小当りを経由せずに直接大当りとなることを
示唆するような小当りと関連性がない演出がされる変動パターン等であり、小当りとなる
ときに選択不可能とすることにより、変動パターンの演出と、表示結果との関連性が複雑
化しないようにすることができる。なお、小当りとなるときに選択可能な変動パターンは
、V判定入賞装置87の開放制御との対応関係に基づいて、特定の変動時間に設定された
ものが選択されるように設定されている。このような小当りに関する所定の示唆演出が実
行される変動パターンが、小当りとなるときに実行可能となるようにすれば、変動表示時
における遊技者の小当りへの期待感を高めることができる。さらに、大当りを得るために
所定期間内にV判定入賞装置87へ遊技球を進入させる必要があるという、小当り遊技状
特有の遊技に遊技者が容易に対応可能な状態となることにより、遊技者がV判定入賞装
置87へ遊技球を進入させる有利状態を逃がしにくいようにすることが可能となる。

0115

また、小当りとなるときに選択可能な変動パターンは、特定の変動時間に限定されない
ものとしてもよい。また、小当りとなるときに選択可能な変動パターンは、小当りに関す
る所定の示唆演出が実行されるものでなくてもよい。また、小当りとなるときと、はずれ
となるときと、大当りとなるときとで、変動パターンを分けて設けてもよい。また、変動
パターンは、小当りとなるときと、はずれとなるときと、大当りとなるときとで、変動パ
ターンを分けず、いずれの変動表示結果となるときにも、選択対象の変動パターンの種類
の範囲が同じとなるようにしてもよい。

0116

また、変動パターン種別と変動パターンとを別々に設定し、2段階の抽選処理によって
変動パターンを決定するのではなく、変動パターン種別を設けずに変動パターン判定用乱
数のみを用いて、1段段階で変動パターンを決定するようにしてもよい。

0117

図5は、第1特図当り判定テーブル、第2特図当り判定テーブル、および、各種大当り
種別判定テーブルを示す説明図である。これらテーブルは、ROM54に記憶されている

0118

図5(A)は、第1特図当り判定テーブルを示す説明図である。第1特図当り判定テー
ブルは、第1特別図柄について大当り判定をするためのデータテーブルであって、ラン
ム1と比較される大当り判定値が設定されているテーブルである。図5(A)に示す「確
率」は、大当りになる確率(割合)を示す。

0119

図5(B)は、第2特図当り判定テーブルを示す説明図である。第2特図当り判定テー
ブルは、第2特別図柄について大当り判定および小当り判定をするためのデータテーブル
であって、ランダム1と比較される大当り判定値、および、小当り判定値が設定されてい
るテーブルである。図5(B)における上段大当り判定テーブル部であり、図5(B)
における下段が、小当り判定テーブル部である。図5(B)上段に示す「確率」は、大当
りになる確率(割合)を示す、図5(B)下段に示す「確率」は、小当りになる確率(割
合)を示す。

0120

CPU56は、第1始動入賞口13への始動入賞(第1始動入賞)、または、第2始動
入賞口14への始動入賞(第2始動入賞)が検出されると、所定のタイミングで、乱数回
路503のカウント値(ランダムR)を抽出する。第1始動入賞については、抽出値を第
1特図当り判定テーブルに設定された大当り判定値と比較し、抽出値がいずれかの大当り
判定値と一致すると、第1特別図柄に関して大当りにすることに決定する。第2始動入賞
については、抽出値を第2特図当り判定テーブルに設定された大当り判定値と比較し、抽
出値がいずれかの大当り判定値と一致すると、第2特別図柄に関して大当りにすることに
決定する。そして、抽出値がいずれかの大当り判定値と一致しないときは、抽出値を第2
特図当り判定テーブルに設定された小当り判定値と比較し、抽出値がいずれかの小当り判
定値と一致すると、第2特別図柄に関して小当りにすることに決定する。小当りにするこ
とに決定することは、小当り経由の大当りにすることに仮決定(小当り中にV入賞が生じ
なければ大当りに制御されないため、仮決定と記載する)することも意味する。

0121

なお、大当りにするか否か決定するということは、大当り遊技状態に移行させるか否か
決定するということであるが、第1特別図柄または第2特別図柄の変動表示による停止図
柄を大当り図柄にするか否か決定するということでもある。また、小当りにするか否か決
定するということは、小当り遊技状態に移行させるか否か決定するということであるが、
第2特別図柄の変動表示による停止図柄を小当り図柄にするか否か決定するということで
もある。

0122

なお、第1特別図柄については、小当りとする判定がされないように設定されているが
、第1特別図柄について、所定の確率で小当りとする判定がされるように設定してもよい

0123

図5(C),(D),(E)は、ROM54に記憶されている大当り種別判定テーブル
を示す説明図である。図5(C)は、第1特別図柄により大当りと判定されたときの図柄
大当りの大当り種別を決定するために用いる第1特図大当り種別判定テーブルである。図
5(D)は、第2特別図柄により大当りと判定されたときの図柄大当りの大当り種別を決
定するために用いる第2特図大当り種別判定テーブルである。

0124

図5(C)の第1特図大当り種別判定テーブルには、大当り種別判定用のランダム1の
値と比較される数値であって、「図柄15R時短大当り」と「図柄4R時短大当り」との
それぞれに対応した大当り判定値が設定されている。図5(D)の第2特別図柄大当り種
別判定テーブルには、ランダム1の値と比較される数値であって、「図柄15R時短大当
り」に対応した大当り判定値が設定されている。

0125

また、図5(C),(D)に示すように、大当り種別判定値は、第1特別図柄および第
2特別図柄の大当り図柄を決定する判定値(大当り図柄判定値)としても用いられる。た
とえば、「8R時短大当り」に対応した判定値は、大当り図柄の「3」に対応した判定値
としても設定されている。「15R時短大当り」に対応した判定値は、大当り図柄の「7
」に対応した判定値としても設定されている。

0126

このような各種の大当り種別判定テーブルを用いて、CPU56は、大当り種別として
、ランダム1の値が一致した大当り種別判定値に対応する種別を決定するともに、大当り
図柄として、ランダム1の値が一致した大当り図柄を決定する。これにより、大当り種別
と、大当り種別に対応する大当り図柄とが同時に決定される。

0127

図5(E)の小当り経由大当り種別判定テーブルには、大当り種別判定用のランダム2
の値と比較される数値であって、「小当り経由16(15)R時短大当り」と「小当り経
由9(8)R時短大当り」と「小当り経由5(4)R時短大当り」とのそれぞれに対応し
た大当り判定値が設定されている。ただし、小当り経由大当り種別判定テーブルで決定さ
れる大当り種別は、第1小当り(16(15)R時短大当りとなるもの)、第2小当り(
9(8)R時短大当りとなるもの)、第3小当り(5(4)R時短大当りとなるもの)の
それぞれに紐付けられた仮の大当り種別であり、小当り遊技状態においてV入賞が発生し
なければ無効となる。

0128

図2および図5に示すように、時短状態(高ベース状態)に制御される変動表示の回数
が異なる、第1時短状態(変動表示1回〜5回)、および、第2時短状態(変動表示7回
〜11回)のような複数種類の時短状態が存在することにより、時短状態での遊技がバラ
ティに富み、遊技の興趣が向上する。

0129

次に、各種大当りの大当り遊技状態の終了後に制御される時短状態における第1特別図
柄および第2特別図柄の変動表示の実行態様を説明する。ここでは、図柄4R時短大当り
の大当り遊技状態の終了後に制御される時短状態を代表例として説明する。図6は、図柄
4R時短大当りの大当り遊技状態の終了後に制御される時短状態における第1特別図柄お
よび第2特別図柄の変動表示の実行態様の一例を表形式で示す図である。

0130

4R時短大当りの大当り遊技状態の終了後に、比較的少ない変動表示回数(1回〜5回
)に亘り時短状態に制御される第1時短状態のときの第1特別図柄および第2特別図柄の
変動表示については、大当り遊技状態の発生前に第1特別図柄の保留記憶が存在していた
場合と、大当り遊技状態の発生前に第1特別図柄の保留記憶が存在していない場合とを比
較すると、図6(A),(B)に示すように、大当り遊技状態の終了後の時短状態におけ
る第1特別図柄および第2特別図柄の変動表示の実行バランス態様が異なる。

0131

図6(A)には、時短状態制御開始時に第1特別図柄の保留記憶が1個ある場合の第1
特別図柄および第2特別図柄の変動表示例が示されている。図6(B)には、時短状態制
御開始時に第1特別図柄の保留記憶がない場合の第1特別図柄および第2特別図柄の変動
表示例が示されている。

0132

パチンコ遊技機1においては、第1保留記憶または第2保留記憶が存在している状態で
大当り遊技状態に制御されると、大当り遊技状態への制御前において存在していた保留記
憶は、大当り遊技状態中において記憶状態が継続されて大当り遊技状態の終了後まで持ち
越され、大当り遊技状態の終了後において、変動表示に用いられる。

0133

図6(A)に示すように、4R時短大当りの大当り遊技状態終了後における第1時短状
態の開始時において、大当り遊技状態への制御前において存在していた保留記憶に基づく
第1特別図柄の保留記憶があるときには、優先的に実行させるべき第2特別図柄を変動表
示のための第2始動入賞口14への遊技球の始動入賞がまだされていないので、時短状態
においては、まず、1回目の変動表示として、大当り遊技状態の発生前から持ち越された
第1特別図柄の保留記憶に基づく第1特別図柄の変動表示が実行される。8R時短大当り
の大当り遊技状態終了後における時短状態は、右打ちがなされてゲート32および第2始
動入賞口14に遊技球を進入させる遊技が行なわれるので、その後、図6(A)に示すよ
うに、第2始動入賞口14への始動入賞に基づく第2特別図柄の変動表示が実行され得る

0134

時短状態の開始後、第2始動入賞口14への始動入賞が発生するまでの間においては、
第1特別図柄の保留記憶が存在するときに、その保留記憶に基づき第1特別図柄の変動表
示が実行される。図6(A)では、時短状態の開始後、第2始動入賞口14への始動入賞
が発生するまでの間において、大当り遊技状態への制御前において存在していた第1特別
図柄の1個の保留記憶に基づき第1特別図柄の変動表示が1回実行された例が示されてい
る。図6(A)では、時短状態の開始後、2回目に第2始動入賞口14への始動入賞に基
づく変動表示が1回実行されたことに基づいて、時短状態の開始後、2回目の変動表示に
おいて時短制御が終了した例が示されている。

0135

第2始動入賞口14への始動入賞については、前述のように4個の保留記憶情報が可能
である。したがって、第1時短状態の開始後、たとえば第2始動入賞口14への始動入賞
に基づく変動表示の1回の実行が終了するまでの間に実行される電サポ状態での可変入賞
球装置15の開放制御状態中において、図6(A)に示すように、最大限4個の第2保留
記憶情報が生じ得る。この実施の形態では、第1時短状態の場合は、第2保留記憶情報が
溜まりやすいように、変動表示時間がある程度長い変動表示が、1回目の第2始動入賞口
14への始動入賞に基づいて実行される。なお、そのように変動表示時間がある程度長い
変動表示は実行しないようにしてもよい。

0136

その後、第2始動入賞口14への始動入賞に基づく変動表示の1回の実行が終了するま
での間に、第2保留記憶情報が記憶されているときには、たとえば図6(A)の3回目〜
6回目の第2特別図柄の変動表示欄に示すように、最大限4個の第2保留記憶情報に基づ
く変動表示が実行され、約1/7の当選確率の小当り抽選が第2保留記憶情報個数分だけ
実行可能となる。これにより、第1時短状態が終了しても、第1時短状態中に生じた第2
保留記憶情報に基づく小当り経由の大当り発生について、遊技者の期待感を高めることが
できる。

0137

一方、図6(B)に示すように、時短状態の開始時において、大当り遊技状態への制御
前において存在していた保留記憶に基づく第1特別図柄の保留記憶がないときには、4R
時短大当りの大当り遊技状態終了後における時短状態で、右打ちがなされてゲート32お
よび第2始動入賞口14に遊技球を進入させる遊技が行なわれ、第1始動入賞口13には
遊技球が進入し得ない遊技状態となるので、図6(B)に示すように、1回目の変動表示
から第2始動入賞口14への始動入賞に基づく第2特別図柄の変動表示が実行され得る。
この場合においても、図6(A)の保留記憶ありの場合と同様に、図6(B)に示すよう
な最大限4個の第2保留記憶情報が生じ得る。これにより、第1時短状態が終了しても、
第1時短状態中に生じた第2保留記憶情報に基づく小当り経由の大当り発生について、遊
技者の期待感を高めることができる。

0138

4R時短大当りの大当り遊技状態終了後における第1時短状態の終了条件は、前述のよ
うに、第2特別図柄の変動表示が1回実行されたか、または、第1特別図柄および第2特
別図柄の変動表示が合計5回実行されたときに成立する。

0139

図6(A)のように、時短状態の開始時において、当該開始時に存在していた第1特別
図柄の1個の保留記憶に基づく第1特別図柄の変動表示が1回実行された後、2回目に第
2特別図柄の変動表示が実行された場合には、2回目の変動表示が実行されることにより
、第2特別図柄の変動表示回数が1回実行されたことにより、終了条件が成立し、第1時
短状態の制御が終了される。

0140

図6(B)のように、時短状態の開始時において、当該開始時に第1特別図柄の保留記
憶が存在せず、1回目から第2特別図柄の変動表示が実行された場合には、1回目の変動
表示において第2特別図柄の変動表示回数が1回実行されたことにより、時短状態の終了
条件が成立し、時短状態の制御が終了される。

0141

4R時短大当りの大当り遊技状態終了後における第1時短状態の終了条件が、第2特別
図柄の変動表示回数が1回実行されたか、または、第1特別図柄および第2特別図柄の変
動表示の合計回数が5回実行されたときに成立するように設定されている。これにより、
たとえば、図6(A)に示すように、第1時短状態の開始時において第1特別図柄の保留
記憶が存在しても、第1時短状態において、第1特別図柄の変動表示よりも遊技者にとっ
て有利な第2特別図柄の変動表示が、第1時短状態の開始時において第1特別図柄の保留
記憶が存在しない場合と同じ回数(1回)実行されたことにより、第1時短状態が終了す
る。

0142

また、たとえば、第1時短状態の開始時において最大4個の第1特別図柄の保留記憶が
存在しても、第1時短状態において、その4個の保留記憶に基づく第1特別図柄の変動表
示が実行された後、第1時短状態の開始時において第1特別図柄の保留記憶が存在しない
場合と同じ回数(1回)実行されたことにより、第1時短状態が終了する。

0143

このように、4R時短大当りの大当り遊技状態終了後における第1時短状態の終了条件
が、第2特別図柄の変動表示回数が1回実行されたか、または、第1特別図柄および第2
特別図柄の変動表示の合計回数が5回実行されたときに成立するように設定されているこ
とにより、第1時短状態の開始時における第1特別図柄の保留記憶があるときと、ないと
きとで、第1時短状態の制御期間中において、遊技者にとって有利な第2特別図柄の変動
表示の実行可能回数が同じ回数となり得るので、時短状態(高ベース状態)における遊技
者にとっての有利不利に差が出ることを防止し、遊技の公平性を担保することができる。

0144

図5図6等に示すように、第1特別図柄および第2特別図柄の合計変動表示回数によ
り規定される第1時短状態の終了条件が、第1保留記憶による変動表示が行なわれる最大
回数(4回)と、第2特別図柄について予め定められた変動表示が実行される特定回数
1回)との合計回数に設定されているので、第1時短状態において、第1保留記憶による
変動表示がある程度の回数行なわれても、第1保留記憶情報によって遊技者にとって有利
不利に差が出ることを防止し、遊技の公平性を担保できる。

0145

また、図柄4R時短大当り以外の大当り種別については、前述した図柄4R時短大当り
における時短状態での最小変動表示回数「1」を「7」に置換え、前述した図柄4R時短
大当りにおける時短状態での最大変動表示回数「5」を「11」に置換えたものである。
したがって、図柄4R時短大当り以外の大当り種別でも、8R時短大当りの場合と同様に
、図柄4R時短大当りの大当り遊技状態終了後の第1時短状態の開始時における第1特別
図柄の保留記憶数の有無および多少にかかわらず、同じ7回という第2特別図柄の変動表
示が実行されるまで、第2時短状態が継続する。これにより、図柄4R時短大当り以外の
大当り種別については、前述した図柄4R時短大当りについて得られる効果と同様の効果
を得ることができる。

0146

図6に示すように、大当り後の時短(電サポ)回数が比較的少ない回数に設定される場
合には、前述したように、大当り遊技状態終了直後の第1保留記憶情報の数によって遊技
者に不利となるような時短(電サポ)回数とならないようにすることが好ましい。

0147

図7および図8は、遊技制御用マイクロコンピュータ560が送信する演出制御コマン
ドの内容の一例を示す説明図である。図7および図8においては、演出制御コマンドにつ
いて具体的なコマンドデータと、コマンドの名称およびコマンドの指定内容との関係が示
されている。遊技制御用マイクロコンピュータ560においては、図7および図8に示す
ように、遊技制御状態に応じて、各種の演出制御コマンドを演出制御用マイクロコンピュ
ータ100へ送信する。

0148

図7および図8のうち、主なコマンドを説明する。コマンド80XX(H)は、特別図
柄の変動表示に対応して演出表示装置9において変動表示される変動パターンを指定する
演出制御コマンド(変動パターンコマンド)である(それぞれ変動パターンXXに対応)
。複数の変動パターンのそれぞれに対して一意な番号を付した場合に、その番号で特定さ
れる変動パターンのそれぞれに対応する変動パターンコマンドがある。「(H)」は16
進数であることを示す。また、変動パターンを指定する演出制御コマンドは、変動開始を
指定するためのコマンドでもある。したがって、演出制御用CPU101は、コマンド8
0XX(H)を受信すると、演出表示装置において特別図柄の変動表示に対応した演出を
開始するように制御する。

0149

コマンド8C01(H)〜8C06(H)は、はずれ表示結果、大当り種別、小当り種
別ごとの大当り表示結果、および小当り表示結果を含む表示結果を示す表示結果指定コマ
ンドである。

0150

コマンド8D01(H)は、第1特別図柄の変動表示を開始することを示す第1図柄変
動指定コマンドである。コマンド8D02(H)は、第2特別図柄の変動表示を開始する
ことを示す第2図柄変動指定コマンドである。コマンド8F00(H)は、第1,第2特
別図柄の変動を終了することを指定する図柄確定指定コマンドである。

0151

コマンドA001〜A005(H)は、大当りの種別ごとに大当り遊技状態の開始を指
定する当り開始指定コマンドである。

0152

コマンドA1XX(H)は、XXで示す回数目(ラウンド)の大入賞口開放中の表示を
示す大入賞口開放中指定コマンドである。A2XX(H)は、XXで示す回数目(ラウン
ド)の大入賞口開放後(閉鎖)を示す大入賞口開放後指定コマンドである。

0153

コマンドA301〜A305(H)は、大当りの種別ごとに大当り遊技状態の終了を指
定する当り終了指定コマンドである。

0154

コマンドA401(H)は、第1始動入賞があったことを指定する第1始動入賞指定コ
マンドである。コマンドA402(H)は、第2始動入賞があったことを指定する第2始
動入賞指定コマンドである。

0155

コマンドB000(H)は、遊技状態が通常状態(低ベース状態)であることを指定す
る通常状態指定コマンドである。コマンドB001(H)は、遊技状態が第1時短状態(
高ベース状態)であることを指定する第1時短状態指定コマンドである。コマンドB00
2(H)は、遊技状態が第2時短状態(高ベース状態)であることを指定する第2時短状
態指定コマンドである。

0156

コマンドC0XX(H)は、第1保留記憶数を指定する第1保留記憶数指定コマンドで
ある。コマンドC0XX(H)における「XX」が第1保留記憶数を示す。コマンドC1
XX(H)は、第2保留記憶数を指定する第2保留記憶数指定コマンドである。コマンド
C0XX(H)における「XX」が第2保留記憶数を示す。

0157

なお、この実施の形態では、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、保留記憶数を
減算する場合には、減算後の保留記憶数を指定する保留記憶数指定コマンドを送信するが
、これに限らず、第1保留記憶数および第2保留記憶数のそれぞれについて、保留記憶数
を1減算することを指定する保留記憶数減算指定コマンドを用いてもよい。

0158

コマンドC2XX(H)およびコマンドC3XX(H)は、第1始動入賞口13または
第2始動入賞口14への始動入賞時における大当り判定、大当り種別判定、変動パターン
種別判定等の入賞時判定結果の内容を示す演出制御コマンドである。このうち、コマンド
C2XX(H)は、入賞時判定結果のうち、大当りとなるか否か、小当りとなるか否か、
および、大当りの種別の判定結果を示す図柄指定コマンドである。また、コマンドC3X
X(H)は、入賞時判定結果のうち、変動パターン種別判定用乱数の値がいずれの判定値
の範囲となるかの判定結果(変動パターン種別の判定結果)を示す変動種別コマンドであ
る。

0159

コマンドC401(H)は、第1小当りを開始することを指定するコマンドである。コ
マンドC402(H)は、第2小当りを開始することを指定するコマンドである。コマン
ドC403(H)は、第3小当りを開始することを指定するコマンドである。コマンドC
501(H)は、第1小当りを開始することを指定するコマンドである。コマンドC50
2(H)は、第2小当りを開始することを指定するコマンドである。コマンドC503(
H)は、第3小当りを開始することを指定するコマンドである。コマンドC601(H)
は、V入賞があったことを指定するV入賞指定コマンドである。コマンドC602(H)
は、V判定入賞装置87への入賞球(V入賞球とV入賞球以外の入賞球との両方を含む)
を検出したことを指定するV入賞球検出指定コマンドである。

0160

遊技制御用マイクロコンピュータ560においては、RAM55に、第1特別図柄の保
留記憶情報を記憶するための第1保留記憶バッファが設けられている。第1保留記憶バッ
ファには、第1保留記憶数の上限値(この例では4)に対応した保存領域が確保されてい
る。第1保留記憶バッファには、ハードウェア乱数である大当り判定用乱数(ランダムR
)、および、ソフトウェア乱数である大当り種別決定用乱数(ランダム1)、変動パター
ン種別判定用乱数(ランダム2)、および、変動パターン判定用乱数(ランダム3)が記
憶される。

0161

第2特別図柄については、RAM55に、第2特別図柄の保留記憶情報を記憶するため
の第2保留記憶バッファが設けられている。第2保留記憶バッファには、第2保留記憶数
の上限値(この例では4)に対応した保存領域が確保されている。第2保留記憶バッファ
には、ハードウェア乱数である大当り判定用乱数(ランダムR)、および、ソフトウェア
乱数である大当り種別決定用乱数(ランダム1)、変動パターン種別判定用乱数(ランダ
ム2)、および、変動パターン判定用乱数(ランダム3)が記憶される。

0162

第1始動入賞口13への入賞に基づいて、CPU56は、乱数回路503およびソフト
ウェア乱数を生成するためのランダムカウンタのそれぞれから乱数値を抽出し、それらを
、第1保留記憶バッファにおける保存領域に保存(格納)する処理を実行する。具体的に
、第1始動入賞口13への入賞に基づいて、これら乱数値が抽出されて第1保留記憶バッ
ファに保存(記憶)される。また、第2始動入賞口14への入賞に基づいて、CPU56は
、乱数回路503およびソフトウェア乱数を生成するためのランダムカウンタのそれぞれ
から乱数値を抽出し、それらを、第2保留記憶バッファにおける保存領域に保存(格納)
する処理を実行する。具体的に、第2始動入賞口14への入賞に基づいて、これら乱数値
が抽出されて第2保留記憶バッファに保存(記憶)される。

0163

このように保留記憶バッファに前述のような始動入賞に関する情報が記憶されることを
「保留記憶される」と示す場合がある。なお、変動パターン種別判定用乱数(ランダム2
)および変動パターン判定用乱数(ランダム3)は、始動入賞時において抽出して保留記
憶バッファに予め格納しておくのではなく、後述する変動パターン設定処理(特別図柄の
変動開始時)に抽出するようにしてもよい。

0164

次に、パチンコ遊技機1の動作について説明する。パチンコ遊技機1においては、主基
板31における遊技制御用マイクロコンピュータ560が予め定められたメイン処理を実
行すると、所定時間(たとえば2ms)毎に定期的にタイマ割込がかかりタイマ割込処理
が実行されることにより、各種の遊技制御が実行可能となる。

0165

メイン処理においては、たとえば、必要な初期設定処理、通常時の初期化処理、通常時
以外の遊技状態復旧処理、乱数回路設定処理(乱数回路503を初期設定)、表示用乱数
更新処理(変動パターンの種別決定、変動パターン決定等の各種乱数の更新処理)、およ
び、初期値用乱数更新処理(普通図柄当り判定用乱数発生カウンタのカウント値の初期値
の更新処理)等が実行される。

0166

図9は、タイマ割込処理を示すフローチャートである。タイマ割込が発生すると、CP
U56は、図9に示すステップS(以下、単に「S」と示す)20〜S34のタイマ割込
処理を実行する。タイマ割込処理において、まず、電源断信号が出力されたか否か(オン
状態になったか否か)を検出する電源断検出処理を実行する(S20)。次いで、入力ド
ライバ回路58を介して、ゲートスイッチ32a、第1始動入賞口スイッチ13a、第2
始動入賞口スイッチ14a、カウントスイッチ23、V入賞スイッチ87a、V判定入賞
スイッチ15a、および、V判定排出スイッチ15bの検出信号を入力し、それらの状態
判定を行なう(スイッチ処理:S21)。

0167

次に、CPU56は、第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8b、普通図柄表
示器10、第1特別図柄保留記憶表示器18a、第2特別図柄保留記憶表示器18b、普
通図柄保留記憶表示器41の表示制御を行なう表示制御処理を実行する(S22)。第1
特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8bおよび普通図柄表示器10については、S
32,S33で設定される出力バッファの内容に応じて各表示器に対して駆動信号を出力
する制御を実行する。

0168

また、遊技制御に用いられる普通図柄当り判定用乱数および小当り種別判定用乱数等の
各判定用乱数を生成するための各カウンタのカウント値を更新する処理を行なう(判定用
乱数更新処理:S23)。CPU56は、さらに、初期値用乱数および表示用乱数を生成
するためのカウンタのカウント値を更新する処理を行なう(初期値用乱数更新処理,表示
用乱数更新処理:S24,S25)。

0169

さらに、CPU56は、特別図柄プロセス処理を行なう(S26)。特別図柄プロセス
処理では、第1特別図柄表示器8a、第2特別図柄表示器8bおよび大入賞口を所定の順
序で制御するための特別図柄プロセスフラグにしたがって該当する処理を実行し、特別図
柄プロセスフラグの値を、遊技状態に応じて更新する。

0170

次いで、普通図柄プロセス処理を行なう(S27)。普通図柄プロセス処理では、CP
U56は、普通図柄表示器10の表示状態を所定の順序で制御するための普通図柄プロセ
スフラグにしたがって該当する処理を実行し、普通図柄プロセスフラグの値を、遊技状態
に応じて更新する。

0171

また、CPU56は、演出制御用マイクロコンピュータ100に演出制御コマンドを送
出する処理を行なう(演出制御コマンド制御処理:S28)。さらに、CPU56は、た
とえばホール管理用コンピュータに供給される大当り情報始動情報確率変動情報等の
データを出力する情報出力処理を行なう(S29)。

0172

また、CPU56は、第1始動入賞口スイッチ13a、第2始動入賞口スイッチ14a
および役物入賞スイッチ25aの検出信号に基づく賞球個数の設定等を行なう賞球処理を
実行する(S30)。

0173

この実施の形態では、出力ポート出力状態に対応したRAM領域(出力ポートバッフ
ァ)が設けられているのであるが、CPU56は、出力ポートの出力状態に対応したRA
M領域におけるソレノイドのオン/オフに関する内容を出力ポートに出力する(S31:
出力処理)。

0174

また、CPU56は、特別図柄プロセスフラグの値に応じて特別図柄の演出表示を行な
うための特別図柄表示制御データを特別図柄表示制御データ設定用の出力バッファに設定
する特別図柄表示制御処理を行なう(S32)。

0175

さらに、CPU56は、普通図柄プロセスフラグの値に応じて普通図柄の演出表示を行
なうための普通図柄表示制御データを普通図柄表示制御データ設定用の出力バッファに設
定する普通図柄表示制御処理を行なう(S33)。また、CPU56は、出力バッファに
設定された表示制御データに応じて、S22において駆動信号を出力することによって、
普通図柄表示器10における普通図柄の演出表示を実行する。

0176

その後、割込許可状態に設定し(S34)、処理を終了する。以上の制御によって、こ
の実施の形態では、遊技制御処理は所定時間毎起動されることになる。

0177

図10は、特別図柄プロセス処理(S26)を示すフローチャートである。特別図柄プ
ロセス処理では第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bおよび大入賞口を
制御するための処理が実行される。特別図柄プロセス処理においては、始動口スイッチ通
過処理を実行する(S311)。そして、内部状態に応じて、S300〜S310のうち
のいずれかの処理を行なう。

0178

遊技制御用マイクロコンピュータ560において、RAM55には、前述したように、
第1始動入賞口13への始動入賞に基づいて得られる大当り判定用乱数等の保留記憶デー
タ(第1保留記憶データ)が記憶される第1保留記憶バッファと、第2始動入賞口14へ
の始動入賞に基づいて得られる大当り判定用乱数等の保留記憶データ(第2保留記憶デー
タ)が記憶される第2保留記憶バッファとが設けられている。これら各保留記憶バッファ
には、各保留記憶の記憶数の上限値(第1保留記憶データでは4、第2保留記憶データで
は4)に対応した保存領域が確保されている。

0179

始動口スイッチ通過処理では、第1始動口スイッチ13aがオンしていれば、第1保留
記憶数が上限値(たとえば、4)に達していないことを条件として、第1保留記憶データ
の記憶数を計数する第1保留記憶数カウンタの値を1増やし、乱数回路503やソフトウ
ェア乱数を生成するためのカウンタから数値データ(たとえば、大当り判定用乱数、変動
パターン種別判定用乱数、および、変動パターン判定用乱数)を抽出し、それらを、第1
保留記憶バッファにおける保存領域に保存(格納)する処理を実行する。一方、第2始動
口スイッチ14aがオンしていれば、第2保留記憶数が上限値(たとえば、4)に達して
いないことを条件として、第2保留記憶データの記憶数を計数する第2保留記憶数カウ
タの値を1増やし、乱数回路503やソフトウェア乱数を生成するためのカウンタから数
値データ(たとえば、大当り判定用乱数、変動パターン種別判定用乱数、および、変動パ
ターン判定用乱数)を抽出し、それらを、第2保留記憶バッファにおける保存領域に保存
(格納)する処理を実行する。

0180

以下の保留記憶に関する説明に関しては、第1保留記憶バッファまたは第2保留記憶バ
ッファに前述のような始動入賞に関する情報が記憶されることを「保留記憶される」と示
す場合がある。また、第1保留記憶バッファに記憶される数値データを第1保留記憶情報
と呼び、第2保留記憶バッファに記憶される数値データを第2保留記憶情報と呼ぶ場合が
あることがあることは上述した通りである。

0181

S300〜S307の処理は、以下のような処理である。
特別図柄通常処理(S300)は、変動表示の表示結果を小当りとするか否かの決定、
および、小当りとする場合の小当り種別の決定等を行なう処理である。変動パターン設定
処理(S301)は、変動パターンの決定および変動時間タイマ計時開始等の制御を行
なう処理である。

0182

表示結果指定コマンド送信処理(S302)は、演出制御用マイクロコンピュータ10
0に、表示結果指定コマンドを送信する制御を行なう処理である。特別図柄変動中処理(
S303)は、変動パターン設定処理で選択された変動パターンの変動時間が経過すると
、特別図柄停止処理にプロセスを進める処理である。特別図柄停止処理(S304)は、
決定された変動パターンに対応する変動時間の経過が変動時間タイマにより計時されたと
きに第1特別図柄表示器8aまたは第2特別図柄表示器8bにおける変動表示を停止して
停止図柄を導出表示させる処理である。

0183

大入賞口開放前処理(S305)は、大当り遊技状態となったときに、大当り可変入賞
球装置20において大入賞口を開放する制御等を行なう処理である。大入賞口開放中処理
(S306)は、大当り遊技状態中のラウンド表示の演出制御コマンドを演出制御用マイ
クロコンピュータ100に送信する制御や大入賞口の閉成条件の成立を確認する処理等を
行なう処理である。大入賞口の閉成条件が成立し、かつ、まだ残りラウンドがない場合に
は、大当り終了処理に移行する。大当り終了処理(S307)は、大当り遊技状態の終了
時の表示制御を演出制御用マイクロコンピュータ100に行なわせるための制御等を行な
う処理である。

0184

小当り開放前処理(S308)は、小当り遊技状態となったときに、V判定入賞装置8
7において作動口を開放する制御等を行なう処理である。小当り開放中処理(S309)
は、V判定入賞装置87内のV入賞領域870に遊技球がV入賞したか否かを確認し、V
入賞したときにV入賞指定コマンドを送信する処理、および、小当りの終了タイミング
なったときに小当り終了指定コマンドを送信する処理等の処理を行なう処理である。

0185

小当り終了処理(S310)は、大当り可変入賞球装置20内のV入賞領域870に遊
技球がV入賞したときに、大当り遊技状態に移行させるための処理(大当り開始指定コマ
ンドの送信、大当り表示時間の設定、大当り開放態様の設定、大入賞口開放前処理のプロ
セスフラグの移行設定等)を実行し、一方、当該V入賞がされていないときに、大当り遊
技状態に移行させずに、特別図柄通常処理(S300)に移行させるための処理を実行す
る処理である。

0186

図11は、S312の始動口スイッチ通過処理を示すフローチャートである。始動口ス
イッチ通過処理において、CPU56は、まず、第1始動口スイッチ13aがオン状態
あるか否かを確認する(S1211)。第1始動口スイッチ13aがオン状態でなければ
、S1221に移行する。第1始動口スイッチ13aがオン状態であれば、CPU56は
、第1保留記憶数が上限値に達しているか否か(具体的には、第1保留記憶数をカウント
するための第1保留記憶数カウンタの値が4であるか否か)を確認する(S1212)。
第1保留記憶数が上限値に達していれば、S1221に移行する。

0187

第1保留記憶数が上限値に達していなければ、CPU56は、第1保留記憶数カウンタ
の値を1増やす(S1213)。次いで、CPU56は、乱数回路503やソフトウェア
乱数を生成するためのカウンタから値を抽出し、それらを、第1保留記憶バッファにおけ
る保存領域に格納する処理を実行する(S1214)。S1214の処理では、大当り判
定用乱数(ランダムR)、大当り種別決定用乱数(ランダム1)、変動パターン種別判定
用乱数(ランダム2)、および、変動パターン判定用乱数(ランダム3)が抽出され、保
存領域に格納される。

0188

次いで、CPU56は、検出した第1特別図柄の始動入賞に基づく変動がその後実行さ
れたときの変動表示結果や変動パターン種別を始動入賞時に予め判定する入賞時演出処理
を実行する(S1215)。

0189

この実施の形態では、第1始動入賞口13または第2始動入賞口14への始動入賞が発
生し、当該始動入賞時に得られた各種データが保留記憶情報として記憶された後、変動表
示の開始条件が成立すると、変動表示を開始するタイミングにおいて、特別図柄通常処理
(S300)で、当該保留記憶情報に基づき、変動表示を開始する特別図柄(第1特別図
柄または第2特別図柄)について、変動表示結果を大当り表示結果とするか否かの決定、
および、大当り種別の決定を、前述した各種乱数値に対応して設定された大当り判定値、
および、大当り種別判定値に基づいて行なう。そして、変動パターン設定処理(S301
)において変動パターン(変動パターン種別の決定も含む)の決定を、前述した各種乱数
値に対応して設定された変動パターン種別判定値、および、変動パターン判定値に基づい
て行なう。

0190

一方、このような決定とは別に、第1始動入賞口13または第2始動入賞口14への始
動入賞に基づく変動表示が開始される前のタイミング、具体的には、遊技球が第1始動入
賞口13または第2始動入賞口14に始動入賞したタイミング(保留記憶情報が記憶され
たタイミング)で、その始動入賞時に得られた各種データを記憶した保留記憶情報を先読
みし、その先読みした保留記憶情報に基づいて、予め大当りとなるか否かの決定、小当り
となるか否かの決定、大当りの種別の決定、および、変動パターン種別の決定を、前述し
た各種乱数値に対応して設定された大当り判定値、大当り種別判定値、および、変動パタ
ーン種別判定値に基づいて先読み判定する入賞時演出処理を実行する。そのようにするこ
とによって、演出制御用マイクロコンピュータ100では、演出図柄の変動表示が実行さ
れるよりも前に予め変動表示結果を予測し、始動入賞時の各種判定結果に基づいて、演出
図柄の変動表示中に大当りとなること(大当りとなる可能性)を予告する先読み予告等の
先読み演出を実行することが可能である。

0191

そして、CPU56は、入賞時演出処理の判定結果に基づいて、図柄指定コマンドを演
制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行なう(S1216)とともに、
変動種別コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行なう(S
1217)。また、CPU56は、第1始動入賞指定コマンドを演出制御用マイクロコン
ピュータ100に送信する制御を行なう(S1218)とともに、第1保留記憶数カウン
タの値をEXTデータに設定して第1保留記憶数指定コマンドを演出制御用マイクロコン
ピュータ100に送信する制御を行なう(S1219)。

0192

S1216,S1217の処理を実行することによって、この実施の形態では、遊技状
態(高確率状態低確率状態、高ベース状態、低ベース状態、大当り遊技状態等の遊技状
態)にかかわらず、第1始動入賞口13に始動入賞するごとに、必ず図柄指定コマンドお
よび変動種別コマンドの両方が、演出制御用マイクロコンピュータ100に送信される。

0193

また、この実施の形態では、S1216〜S1219の処理が実行されることによって
、第1始動入賞口13への始動入賞が発生したときに、図柄指定コマンド、変動種別コマ
ンド、第1始動入賞指定コマンドおよび第1保留記憶数指定コマンドの4つのコマンドの
セットが1タイマ割込内に一括して送信される。

0194

次いで、CPU56は、第2始動口スイッチ14aがオン状態であるか否かを確認する
(S1221)。第2始動口スイッチ14aがオン状態でなければ、そのまま処理を終了
する。第2始動口スイッチ14aがオン状態であれば、CPU56は、第2保留記憶数が
上限値に達しているか否か(具体的には、第2保留記憶数をカウントするための第2保留
記憶数カウンタの値が4であるか否か)を確認する(S1222)。第2保留記憶数が上
限値に達していれば、そのまま処理を終了する。

0195

第2保留記憶数が上限値に達していなければ、CPU56は、第2保留記憶数カウンタ
の値を1増やす(S1223)。次いで、CPU56は、乱数回路503やソフトウェア
乱数を生成するためのカウンタから値を抽出し、それらを、第2保留記憶バッファにおけ
る保存領域に格納する処理を実行する(S1224)。S1224の処理では、大当り判
定用乱数(ランダム1)、大当り種別決定用乱数(ランダム2)、変動パターン種別判定
用乱数(ランダム3)、および、変動パターン判定用乱数(ランダム4)が抽出され、保
存領域に格納される。

0196

次いで、CPU56は、検出された第2特別図柄の始動入賞について、S1215で説
明したような入賞時演出処理と同様の入賞時演出処理を実行する(S1225)。そして
、CPU56は、入賞時演出処理の判定結果に基づいて図柄指定コマンドを演出制御用マ
イクロコンピュータ100に送信する制御を行なう(S1226)とともに、変動種別コ
マンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行なう(S1227)
。また、CPU56は、第2始動入賞指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ1
00に送信する制御を行なう(S1228)とともに、第2保留記憶数カウンタの値をE
XTデータに設定して第2保留記憶数指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ1
00に送信する制御を行なう(S1229)。

0197

S1226,S1227の処理を実行することによって、この実施の形態では、遊技状
態(高確率状態、低確率状態、高ベース状態、低ベース状態、大当り遊技状態等の遊技状
態)にかかわらず、第2始動入賞口14に始動入賞するごとに、必ず図柄指定コマンドお
よび変動種別コマンドの両方を演出制御用マイクロコンピュータ100に対して送信する

0198

また、この実施の形態では、S1226〜S1229の処理が実行されることによって
、第2始動入賞口14への始動入賞が発生したときに、図柄指定コマンド、変動種別コマ
ンド、第2始動入賞指定コマンドおよび第2保留記憶数指定コマンドの4つのコマンドの
セットが1タイマ割込内に一括して送信される。

0199

図12は、特別図柄プロセス処理における特別図柄通常処理(S300)を示すフロー
チャートである。特別図柄通常処理において、CPU56は、第1保留記憶バッファまた
は第2保留記憶バッファに保留記憶データがあるかどうかを確認する(S51)。第1保
留記憶バッファおよび第2保留記憶バッファのどちらにも保留記憶データがない場合には
、処理を終了する。

0200

S51で保留記憶バッファに保留記憶データがない場合には、客待ちデモ指定コマンド
を送信するための処理(S80)を行なった後、処理を終了する。一方、S51で第1保
留記憶バッファまたは第2保留記憶バッファに保留記憶データがあるときには、CPU5
6は、第2保留記憶バッファの方に保留記憶データがあるか否か確認する(S52)。第
2保留記憶バッファに保留記憶データがあれば、特別図柄ポインタ(第1特別図柄につい
て特別図柄プロセス処理を行なっているのか第2特別図柄について特別図柄プロセス処理
を行なっているのかを示すフラグ)に「第2」を示すデータを設定する(S54)。一方
、第2保留記憶バッファに保留記憶データがなければ、特別図柄ポインタに「第1」を示
すデータを設定する(S53)。

0201

この実施の形態では、以下、特別図柄ポインタに「第1」を示すデータが設定されたか
「第2」を示すデータが設定されたかに応じて、第1特別図柄表示器8aにおける第1特
別図柄の変動表示と、第2特別図柄表示器8bにおける第2特別図柄の変動表示とを、共
通の処理ルーチンを用いて実行する。特別図柄ポインタに「第1」を示すデータが設定さ
れたときには、第1保留記憶バッファに記憶された保留記憶データに基づいて、第1特別
図柄表示器8aにおける第1特別図柄の変動表示が行なわれる。一方、特別図柄ポインタ
に「第2」を示すデータが設定されたときには、第2保留記憶バッファに記憶された保留
記憶データに基づいて、第2特別図柄表示器8bにおける第2特別図柄の変動表示が行な
われる。

0202

S52〜S54の制御により、第2保留記憶バッファ内に第2保留記憶のデータが1つ
でも存在すれば、その第2保留記憶のデータに基づいた第2特別図柄表示器8bの変動表
示が、第1保留記憶のデータに基づいた第1特別図柄表示器8aの変動表示に優先して実
行される。

0203

次いで、CPU56は、RAM55において、特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数
=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読出してRAM55の保留記憶バッ
ファに格納する(S55)。具体的には、CPU56は、特別図柄ポインタが「第1」を
示している場合には、第1保留記憶バッファにおける第1保留記憶数=1に対応する保存
領域に格納されている各乱数値を読出してRAM55の乱数バッファに格納する。また、
CPU56は、特別図柄ポインタが「第2」を示している場合には、第2保留記憶バッフ
ァにおける第2保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読出して
RAM55の乱数バッファに格納する。

0204

そして、CPU56は、特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数カウンタのカウント値
を1減算し、かつ、各保存領域の内容をシフトする(S56)。具体的には、CPU56
は、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合には、第1保留記憶数カウンタのカウ
ント値を1減算し、かつ、第1保留記憶バッファにおける各保存領域の内容をシフトする
。また、特別図柄ポインタが「第2」を示している場合に、第2保留記憶数カウンタのカ
ウント値を1減算し、かつ、第2保留記憶バッファにおける保存領域の内容を消去する。

0205

すなわち、CPU56は、特別図柄ポインタが「第1」を示している場合に、RAM5
5の第1保留記憶バッファにおいて第1保留記憶数=n(n=2,3,4)に対応する保
存領域に格納されている各乱数値を、第1保留記憶数=n−1に対応する保存領域に格納
する。また、特別図柄ポインタが「第2」を示している場合に、RAM55の第2保留記
憶バッファにおいて第1保留記憶数=n(n=2,3,4)に対応する保存領域に格納さ
れている各乱数値を、第1保留記憶数=n−1に対応する保存領域に格納する。

0206

よって、各第1保留記憶数に対応するそれぞれの保存領域に格納されている各乱数値が
抽出された順番は、常に、第1保留記憶数=1,2,3,4の順番と一致するようになっ
ている。また、各第2保留記憶数に対応するそれぞれの保存領域に格納されている各乱数
値が抽出された順番は、常に、第2保留記憶数=1,2,3,4の順番と一致するように
なっている。

0207

また、CPU56は、減算後の特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数カウンタの値に
基づいて、特別図柄ポインタが示す方の保留記憶数指定コマンドを演出制御用マイクロコ
ンピュータ100に送信する制御を行なう(S59)。この場合、特別図柄ポインタに「
第1」を示す値が設定されている場合には、CPU56は、第1保留記憶数指定コマンド
を送信する制御を行なう。また、特別図柄ポインタに「第2」を示す値が設定されている
場合には、CPU56は、第2保留記憶数指定コマンドを送信する制御を行なう。

0208

特別図柄通常処理では、最初に、第1始動入賞口13を対象として処理を実行すること
を示す「第1」を示すデータすなわち第1特別図柄を対象として処理を実行することを示
す「第1」を示すデータ、または第2始動入賞口14を対象として処理を実行することを
示す「第2」を示すデータすなわち第2特別図柄を対象として処理を実行することを示す
「第2」を示すデータが、特別図柄ポインタに設定される。そして、特別図柄プロセス処
理における以降の処理では、特別図柄ポインタに設定されているデータに応じた処理が実
行される。よって、S300〜S307の処理を、第1特別図柄を対象とする場合と第2
特別図柄を対象とする場合とで共通化することができる。

0209

次いで、CPU56は、乱数バッファからランダム1(大当り判定用乱数)を読出し、
大当り判定モジュールを実行する(S61)。この場合、CPU56は、始動口スイッチ
通過処理のS1214や始動口スイッチ通過処理のS1224で抽出し保留記憶バッファ
や乱数バッファに格納した大当り判定用乱数を読出し、大当り判定を行なう。大当り判定
モジュールは、予め決められている大当り判定値(図5参照)や小当り判定値(図5参照
)と大当り判定用乱数とを比較し、それらが一致したら大当りや小当りとすることに決定
する処理を実行するプログラムである。すなわち、大当り判定の処理や小当り判定の処理
を実行するプログラムである。

0210

大当り判定の処理では、第1特別図柄については図5(A)に示すいずれかの大当り判
定値に一致すると、第2特別図柄については図5(B)に示すいずれかの大当り判定値に
一致すると、特別図柄に関して大当りとすることに決定する。大当りとすることに決定し
た場合には(S60のY)、S71に移行する。大当りとするか否か決定するということ
は、大当り遊技状態に移行させるか否か決定するということであるが、特別図柄表示器に
おける停止図柄を大当り図柄とするか否か決定するということでもある。

0211

S61で大当りとすることに決定した場合には(S61のY)、大当りであることを示
す大当りフラグをセットする(S71)。

0212

次に、特別図柄ポインタが「第1」を示しているか否かを判定する(S72)。特別図
柄ポインタが「第1」のときは、図5(C)の第1特図大当り種別判定テーブルを選択し
(S73)、S75に進む。一方、特別図柄ポインタが「第1」を示していない場合(「
第2」を示している場合)は、図5(D)の第2特図大当り種別判定テーブルを選択し(
S74)、S75に進む。

0213

S75では、S73またはS74で選択した大当り種別判定テーブルを用いて、乱数バ
ッファ領域に格納された大当り種別判定用の乱数(ランダム1)の値と一致する値に対応
した大当り種別を大当りの種別に決定し(S75)、S81に進む。

0214

また、S61で大当り判定用乱数(ランダム1)の値がいずれの大当り判定値にも一致
しなければ(S61のN)、特別図柄ポインタに設定されているデータが「第2」を示す
データであるか否かを確認することにより、大当り判定対象が第2特別図柄の変動表示で
あるか否か確認する(S76)。S76で特別図柄ポインタに設定されているデータが「
第2」を示すデータでない(第1特別図柄の変動表示である)ときは、後述するS82に
進む。一方、S76で特別図柄ポインタに設定されているデータが「第2」を示すデータ
である(第2特別図柄の変動表示である)ときは、図5(B)の第2特図当り判定テーブ
ルを使用して、大当り判定用乱数(ランダム1)の値がいずれの小当り判定値に一致する
か否かを判定することにより、小当り判定の処理を行なう(S76)。すなわち、大当り
判定用乱数(ランダム1)の値が図5(B)に示すいずれかの小当り判定値に一致すると
(S76のY)、第2特別図柄に関して小当りとすることに決定する。そして、小当りと
することに決定した場合には(S77Y)、小当りであることを示す小当りフラグをセッ
トする(S78)。

0215

小当りフラグをセットした後は、図5(E)の小当り経由大当り種別判定テーブルを選
択し(S79)、乱数バッファ領域に格納された大当り種別判定用の乱数(ランダム1)
の値と一致する値に対応した大当り種別を小当り経由大当りの種別として決定する(S8
0)。そして、S81に移行する。一方、S77で小当り判定用乱数(ランダム1)の値
がいずれの小当り判定値にも一致しなければ(S77のN)、後述するS82に移行する

0216

S81では、S75またはS80で決定した大当りの種別を示すデータをRAM55に
おける大当り種別バッファに記憶し(S81)、S82に進む。たとえば、大当り種別が
「図柄15R時短大当り」の場合には大当り種別を示すデータとして大当り種別バッファ
に「01」が設定され、大当り種別が「図柄4R時短大当り」の場合には大当り種別を示
すデータとして大当り種別バッファに「02」が設定される。一方、大当り種別が「小当
り経由16(15)R時短大当り」の場合には大当り種別を示すデータとして大当り種別
バッファとは別の仮大当り種別バッファに「03」が設定される。大当り種別が小当り経
由9(8)R時短大当りの場合には大当り種別を示すデータとして仮大当り種別バッファ
に「04」が設定される。大当り種別が小当り経由5(4)R時短大当りの場合には大当
り種別を示すデータとして仮大当り種別バッファに「05」が設定される。これらのうち
、小当り経由16(15)R時短大当り、小当り経由9(8)R時短大当り、および、小
当り経由5(4)R時短大当りを示すデータは、小当り遊技状態においてV入賞が生じな
ければ大当りが発生せずに無効となるデータあり、仮設定される。

0217

S82では、特別図柄の停止図柄を設定する(S78)。具体的には、大当りフラグお
よび小当りフラグのいずれもセットされていない場合には、はずれ図柄となる「−」を特
別図柄の停止図柄に設定する。小当りフラグがセットされている場合には、S80で選択
決定した小当り種別に応じた小当り図柄となる「1」、「5」、「9」のいずれかを特別
図柄の停止図柄に決定する。大当りフラグがセットされている場合には、S75で選択決
定した大当り種別に応じた大当り図柄となる「3」、「7」のいずれかを特別図柄の停止
図柄に決定する。そして、特別図柄プロセスフラグの値を変動パターン設定処理(S30
1)に対応した値に更新する(S79)。

0218

図13は、特別図柄プロセス処理における特別図柄停止処理(S304)を示すフロー
チャートである。

0219

特別図柄停止処理において、CPU56は、S32の特別図柄表示制御処理で参照され
る終了フラグをセットして特別図柄の変動表示を終了させ、第1特別図柄表示器8aまた
は第2特別図柄表示器8bに停止図柄を導出表示する制御を行なう(S131)。特別図
柄ポインタに「第1」を示すデータが設定されている場合には第1特別図柄表示器8aで
の第1特別図柄の変動を終了させ、特別図柄ポインタに「第2」を示すデータが設定され
ている場合には第2特別図柄表示器8bでの第2特別図柄の変動を終了させる。また、演
出制御用マイクロコンピュータ100に送信する図柄確定指定コマンドをセットする(S
132)。これにより、図柄確定指定コマンドが図6のS28において、演出制御用マイ
クロコンピュータ100に送信される。そして、大当りフラグがセットされていない場合
には、S139に移行する(S133)。

0220

図柄15R時短大当りまたは図柄4R時短大当りとすることが決定されたときのように
、大当りフラグがセットされている場合、CPU56は、時短状態に制御されるときにセ
ットされるフラグである時短フラグがセットされているときには、その時短フラグをリセ
ットし(S134)、演出制御用マイクロコンピュータ100に、決定された大当りの種
別に応じて、大当り開始1指定コマンド、または、大当り開始2指定コマンドのいずれか
のコマンド(大当り開始指定コマンド)を送信するための処理をする(S135)。

0221

これにより、セットされた大当り開始指定コマンドが図9のS28において、演出制御
用マイクロコンピュータ100に送信される。具体的には、大当りの種別が図柄4R時短
大当りである場合には、大当り開始1指定コマンドを送信する。大当りの種別が図柄15
R時短大当りである場合には大当り開始2指定コマンドを送信する。大当りの種別がいず
れの種別に該当するかは、RAM55に記憶されている大当り種別を示すデータ(大当り
種別バッファに記憶されているデータ)に基づいて判定される。

0222

また、大入賞口制御タイマに、大当り表示時間(大当りが発生したことをたとえば、演
出表示装置9において報知する時間)に相当する値を設定する(S136)。以降、大入
賞口開放前処理において、大入賞口制御タイマが1減算されて、0になると大入賞口が開
放されてラウンドが開始される。

0223

また、RAM55に記憶されている大当り種別を示すデータにより特定される大当りの
種別に応じて、前述したROM54に記憶されている大当り種類別開放パターンデータ
を参照し、開放回数(たとえば、15回、または、4回)、開放時間(たとえば、29秒
)、ラウンド間のインターバル時間(たとえば、5秒)等の開放態様を示すデータを所定
の記憶領域にセット(設定)する(S137)。このようなデータのうち、開放回数のデ
ータは、開放回数を計数するための開放回数カウンタにセットされる。そして、特別図柄
プロセスフラグの値を大入賞口開放前処理(S305)に対応した値に更新し(S138
)、処理を終了する。これにより、特別図柄プロセスは、大入賞口開放前処理に移行する

0224

また、前述のS133で大当りフラグがセットされていない場合に、CPU56は、小
当りフラグがセットされているか否かを確認する(S139)。S139で小当りフラグ
がセットされているときは、ROM54に記憶されている小当りの開放パターンデータを
参照し、小当りの開放制御に用いる小当り開放制御タイマの設定を含む開放回数(たとえ
ば、10回)、開放時間(たとえば、0.1秒)、および、開放間のインターバル時間等
の開放態様を示すデータを特定の記憶領域にセット(設定)する(S140)。そして、
特別図柄プロセスフラグの値を小当り開放前処理(S308)に対応した値に更新し(S
141)、処理を終了する。これにより、特別図柄プロセスは、小当り開放前処理に移行
する。

0225

一方、S139で小当りフラグがセットされていないときは、第1時短状態または第2
時短状態による時短状態であることを示す時短フラグがセットされているか否かを確認す
る(S142)。S142で、時短フラグがセットされていないときは、時短状態ではな
いので、後述するS152に進む。一方、S142で、時短フラグがセットされていると
きは、時短状態であるので、時短状態における第1特別図柄の変動表示回数と第2特別図
柄の変動表示回数との合計値を計数するための計数手段としての合計時短回数カウンタ
−1減算更新する(S143)。

0226

S143で減算更新する合計時短回数カウンタは、図14の大当り終了処理において、
R図柄時短大当り後の第1時短状態に制御されるときにはS165により5回にセット
され、4R図柄時短大当り以外の種別の大当り後の第2時短状態に制御されるときにはS
168により11回にセットされ、S143により、はずれ表示結果となる変動表示が1
回実行されるごとに減算更新される。合計時短回数カウンタは、第1時短状態の終了条件
の成立の有無の判断と、第2時短状態の終了条件の成立の有無の判断との両方の判断をす
るために用いられる。

0227

次に、特別図柄ポインタが「第2」を示すデータであるか否かを確認することに基づい
て、第2特別図柄の変動表示の終了時であるか否かを確認する(S145)。S145で
、第2特別図柄ではなく、第1特別図柄の変動表示の終了時であるときは、後述するS1
48に進む。一方、S145で、第2特別図柄の変動表示の終了時であるときは、特図2
時短回数カウンタを−1減算更新する(S146)。S146で減算更新する特図2時短
回数カウンタは、大当り遊技終了後に第1時短状態または第2時短状態に制御されたとき
の第2特別図柄の変動表示回数を計数する計数手段である。特図2時短回数カウンタは、
図14の大当り終了処理において、第1時短状態に制御されるときにS165により5回
にセットされ、第2時短状態に制御されるときにS168により11回にセットされる。
図2時短回数カウンタは、S146により、第2特別図柄がはずれ表示結果となる変動
表示が1回実行されるごとに減算更新される。

0228

次に、S146で更新された特図2時短回数カウンタの計数値が「0」になったか否か
を確認する(S147)。S147で、特図2時短回数カウンタの計数値が「0」になっ
たときは、第1時短状態の終了条件の1つが成立したとき、または、第2時短状態の終了
条件の1つが成立したときであるので、実行中の第1時短状態または第2時短状態を終了
させるために、後述するS149に進む。一方、S147で、特図2時短回数カウンタの
計数値が「0」になっていないときは、第1時短状態の終了条件の他の1つの終了条件が
成立しているか否かを確認するために、S148に進む。

0229

S148では、時短状態における第1特別図柄および第2特別図柄の合計の変動表示回
数に基づいて、実行中の第1時短状態または第2時短状態の終了条件が成立したか否かを
確認するために、S143で減算更新された合計時短回数カウンタの計数値が「0」にな
ったか否かを確認する(S148)。S148で、合計時短回数カウンタの計数値が「0
」になっていないときは、後述するS152に進む。一方、S148で、合計時短回数
ウンタの計数値が「0」になっているときは、S149に進む。

0230

S149,S150は、第1時短状態と第2時短状態とのそれぞれにおいて、S147
により第2特別図柄の変動表示回数が終了条件の回数となったと判定されたときと、S1
48により第1特別図柄および第2特別図柄の合計の変動表示回数が終了条件の回数とな
ったと判定されたときとのいずれかのときに、実行中の第1時短状態または第2時短状態
を終了させるために実行される。

0231

S149では、セットされている時短フラグをリセットする(S149)。次に、S1
50では、セットされている時短回数カウンタをリセットする(S150)。そして、時
短状態での変動表示回数に基づいて時短条件が終了したことに応じて、通常状態指定コマ
ンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信するための処理をし(S151)、
S152に進む。

0232

S152では、特別図柄プロセスフラグの値を特別図柄通常処理(S300)に対応し
た値に更新し(S152)、処理を終了する。これにより、特別図柄プロセスは、特別図
柄通常処理に移行する。

0233

このような特別図柄停止処理においては、S142〜S151により、第1時短状態の
ときは、第2特別図柄の1回のはずれ変動表示の実行と、第1特別図柄および第2特別図
柄の合計5回のはずれ変動表示の実行とのいずれかが成立したときに、第1時短状態を終
了させる処理が行なわれる。また、S142〜S151により、第2時短状態のときは、
第2特別図柄の7回のはずれ変動表示の実行と、第1特別図柄および第2特別図柄の合計
11回のはずれ変動表示の実行とのいずれかが成立したときに、第2時短状態を終了させ
る処理が行なわれる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】遊技において興趣を盛上げることができる遊技機を提供することである。【解決手段】例えば大当り確率を設定値1〜設定値3のような複数の設定値のうちのいずれかの設定値に設定可能な構成において、設定手段... 詳細

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】遊技において興趣を盛上げることができる遊技機を提供することである。【解決手段】例えば大当り確率を設定値1〜設定値3のような複数の設定値のうちのいずれかの設定値に設定可能な構成において、設定手段... 詳細

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】遊技において興趣を盛上げることができる遊技機を提供することである。【解決手段】例えば大当り確率を設定値1〜設定値3のような複数の設定値のうちのいずれかの設定値に設定可能な構成において、設定手段... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ